FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「澪ちゃん最近調子に乗ってるよねー」


一応、閲覧注意ですの

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 18:24:30.19 ID:LwpJwYhx0 [1/22]
澪「え?」

唯「だって部長でもないのに勝手に仕切り始めるし、修学旅行の時だってちょっとふざけただけで起こるし、
 その癖怖いものが苦手だったり、恥ずかしがりだったりさー、可愛い子ぶっちゃってるとかないよねー
 性格悪すぎだよ澪ちゃん」

澪「そんな…何でそんな言い方するんだよ…私は…ただ…みんなの為を思って…」

唯「偽善の押しつけなんじゃない?それ」

バタン

律「うーっす!…ってあれ?二人だけ?」

唯「そだよー!」

澪「…」

律「どした?澪?」

澪「…ッ」ダッ

律「お、おい澪!?」

唯「…あーせいせいする」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 18:28:43.92 ID:LwpJwYhx0
律「どういう事だよ…唯」

唯「ちょっとお説教してあげたんだよ。あんな性格じゃこの先苦労するよね」

律「意味わかんねぇよ…唯、お前澪に何したんだよ…?」

唯「だーかーらー…お説教だよ」

紬「あらどうしたの二人とも」

梓「澪先輩は?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 19:09:28.00 ID:LwpJwYhx0
律「…澪のところに行ってくる!」ダッ

梓「…あっ」

紬「何があったの?唯ちゃん」

唯「うんとねー…」





澪「うっ…ぅう………ひっぐ…」

律「…こんな処にいたのか…」

澪「律…?」

律「こんなに瞼腫らして…」ぎゅぅ

澪「………////」ぎゅ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 19:17:29.76 ID:LwpJwYhx0
律「唯の事なんて、気にすること無いんだからな?」

澪「でも…あんな風に思われてたなんて…もう部活行けないよ…」

律「そんな事無いよ…唯には私が怒っておく」

澪「やめてっ…?」

律「え?」

澪「これ以上関係をこじらせたくないし…唯にも嫌な思いさせたくないし…」

律「優しいな…澪は」

澪「そんなんじゃないよ…ただ、人が傷つくのは怖いし、それ以上に自分が傷つくのは怖いんだ…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 19:28:31.73 ID:LwpJwYhx0
律「なぁ…今日ウチに泊まるか?」

澪「え?」

律「いや、気分転換に良いかなーなんて思ってさ。嫌なら良いんだけどな」

澪「泊まる…泊まりたい」

律「じゃあ決まりだな!」

澪「久しぶりだな…律んち…」

律「そういえば高校に入ってから澪泊まりに来てないよなー」

澪「そういえばそうだな…色々忙しかったしな」

律「なぁ、覚えてるか?中学二年の時にさ…ww」

澪「中二…?おいまさかあの話じゃ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 20:13:00.30 ID:LwpJwYhx0
律「澪ってば…夜中眠れなくてさ…プフっww」

澪「や、やめろよお…もう//////」

律「一時頃にさあ…」

バシャーーン

律「……?水?」

澪「唯……!?」

律「え…?…」

澪「今窓から唯が…」

バフン
ドスン

律「いてっ…私の荷物!?」

澪「私のも…そっかこの上…音楽室…!」

律「………絶対にゆるさねぇ…!」

?「キャあッ」

律「悲鳴!?唯の野郎!!」

澪「もうやだ…!もう帰ろうよ…律…!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 20:34:21.54 ID:LwpJwYhx0
唯「何二人でイチャついてんのアイツら…ムカつくー」

梓「どうしたんですか先輩!?今日おかしいですよ!」

唯「よいしょっと」

梓「バケツなんか持ってどうするつもりですか…?」

唯「掃除だよー」





唯「ふぅ…重かったぁ」

梓「先輩…?」

唯「よっと」

バシャアアアン

梓「何するですか先輩!?」

唯「だから掃除だよー」

梓「はあ!?」

唯「あ、ゴミ…捨てなきゃねー」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 20:51:02.11 ID:LwpJwYhx0
唯「ほれ」

ボフン
ドスン

唯「ちょっと外しちゃった…悔しいなぁ…」

梓「…最低ですよ…先輩…最低です!!」

唯「何その口の聞き方」

バシーン

梓「キャあッ」

唯「ゴキブリみたいに這い蹲ってないでさ、謝ってよ。私先輩なんだよ?生意気な口聞いて…」

パシーン

梓「…さようなら」ダッ

唯「何あれ…いったーい…憂に言いつけてやる…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 21:06:58.89 ID:LwpJwYhx0
唯「あれ、ムギちゃんまだ居たんだ」

紬「え、ええ…」

唯「みんな帰っちゃったし、今日は部活無しだねー」

紬「そ、そうね…」

唯「私もかーえろ…じゃーねームギちゃん!」

紬「じゃあ…ね」





唯「こんな感じだったけど、良いんですかい憂どのー?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 21:12:59.68 ID:LwpJwYhx0
憂「良いよ!お姉ちゃん!」

唯「えへへー…」

憂(軽音部なんて…無くなってしまえば良いんだわ…ずっと一緒だよ…お姉ちゃん///)

唯「ういー、ご褒美のアイスー」

憂「はーい」

唯「でも本当に良かったのかなあ…みんな怒ってるよねきっと」

憂「うふふ…そんな心配は無用だよお姉ちゃん」

唯「へ?」

憂「お姉ちゃんは明日から学校に行かないんだから…」

バフ

唯「う~ん…」ドサ

憂「さすがはクロロホルム♪」

36 名前:三次炉収集楽しかったお スレスト氏ね[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:05:14.14 ID:LwpJwYhx0
憂「麻酔をしようね…お姉ちゃん」

憂「お姉ちゃんが痛がる姿なんて見たくないもんね…」

憂「これでもう…外の世界で汚れずに済むんだよ?」

キュイイイイン

憂「うふふ…綺麗な足…」

憂「冷凍しておけば平気だよね?」

憂「ちゃんと皮膚を縫いつけないとね…」

憂「次は手ね…やっぱり綺麗…うふふ」





憂「止血よし、縫合よし。暫くは痛み止めが必要だけど、綺麗に仕上がって良かった」

憂「愛してるよ…お姉ちゃん…////」ちゅっ

38 名前:>>37さすがにメンタル弱すぎるんでないかい?[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:15:14.82 ID:LwpJwYhx0
澪「律…」

律「ん?」

澪「一緒のベッドで…寝て良いか…?////」

律「…うん///」

澪「ありがと///…なあ、明日は学校…」

律「学校は行く。だけど部活へは行かない」

澪「…そうだな。私もそうする」

律「お休み」

澪「おやすみ/////」ぎゅぅ

律「…////」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:26:30.26 ID:LwpJwYhx0



さわ子「あら、今日は平沢さん休みなの?軽音部員は何か知ってるかしら?」

律「知りませーん」

さわ子「そう…」

律(あんな奴…)

澪(唯…何か理由があったんじゃ…?)

紬(良かった…今日は怖い思いはしなくて済むのね…)

澪(何かイヤな予感がする…)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:40:05.82 ID:LwpJwYhx0




唯「……ん?………」

憂「目が覚めたね、お姉ちゃん…」

唯「あれ?私何してたんだろう…?…痛い…!」

憂「やっぱり痛むよね…これ飲んで?」

唯「く、口移し…!?///恥ずかしいよぉ…自分で飲むよ…」

憂「飲めないでしょ?」

唯「手が動かない?何で?」

憂「…だって無いんだもん」

唯「へ?…本当に無い…足も?…ふぇ?何で…?」

憂「知り合いのKGB将校に、やり方を教わって、道具も貸してもらったの」

唯「けー…?」

憂「KGB…ソ連の機関。澪ちゃんのお父さんもあそこの工作員だよ?」

唯「分けわかんないよ……何で…意味わかんない…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:47:42.84 ID:LwpJwYhx0
>>44
秋山澪ちゃんの達磨スレなら

達磨ってそんなにヤバいか…?

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 22:58:39.67 ID:LwpJwYhx0




澪「パパ…話があるの」

パパ「ん?何だ?」

澪「平沢唯って知ってるよね?」

パパ「ヒラサワユイ…ああ、外務官僚の長女か…前に話したな、あの家の次女には気を付けろと…大丈夫か?」

澪「…調査して欲しいの」

パパ「え?」

澪「最近様子がおかしくて…イヤな予感がして…」

パパ「…姉妹の様子がか?…そうか友達だったな、お前とあそこの娘とは…じゃあ詳しく聞かせてくれるか?」

澪「…うん」





48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 23:12:07.07 ID:LwpJwYhx0
パパ「同志ジューコフ…君はヒラサワとやけに親密なようだが…あの家に何か変わったことはあったかね」

ジュ「…次女に達磨の作り方を教えてやったくらいだなぁ」

パパ「達磨…?」

ジュ「同志ロシュトクよ…達磨も知らんのか?」

パパ「…四肢切断の事か?」

ジュ「分かるんじゃないか。一通りの道具も貸してやったが」

パパ「…ガキが一体何をするつもりなんだ」

ジュ「姉を切るとか言ってたぜ…もうあの家は用済みだ。好きなだけ引っかき回してくれて構わんよ」

パパ「そうか。ありがとう」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 23:18:03.88 ID:LwpJwYhx0




ピンポーン

憂『はい?…澪さんのお父さんですね?』

パパ「そうだ」

カチャ

憂「どうぞ」



憂「今日はどのような用件で?」

パパ「…お姉さんはどこかな?」

憂「…聞いたのですね?姉なら地下室です」

パパ「拝見したい」

憂「ダメです」

パパ「ならば君には死あるのみだ」

憂「!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 23:21:56.81 ID:LwpJwYhx0
パシュン

パパ「地下室に鍵は…無いのか」

ガチャ

パパ「…酷いな…かわいそうに」

唯「…誰?」

パパ「澪の親父だよ」

唯「澪ちゃん…ごめんねって言っておいて下さい…」

パパ「…分かった」

パパ(これじゃあ…娘には見せられないな…)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 23:31:29.47 ID:LwpJwYhx0
唯「りっちゃんにも…あずにゃんにも…ムギちゃんにも…ごめんねって言っておいて下さい」

パパ「…分かったよ」

ジャキ

唯「私、死ぬんですね…憂なんて、大嫌い…」

パパ「…」

パシュン





澪「…唯は、どうしたの?」

パパ「頭をどこかに打ち付けたようで、それが原因で亡くなったそうだ」

澪「そん…な…?」

パパ「ユイは最期に、ミオ、律、梓、紬にごめんねと伝えてくれと、言ったそうだよ」

澪「…唯…」

澪(もうあの楽しい学校生活には…戻れない)

澪「…お休みなさい」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 23:36:26.31 ID:LwpJwYhx0
さわ子「平沢さんの家が、火事になりました…」

律「な…!?」

紬「唯ちゃんは!?」

澪「…」

さわ子「唯ちゃんは…前日に脳内出血でお亡くなりになっていたそうよ……でも、火事で家族の方は全員…」

ざわざわ

澪(……微妙な気分だな)

-完-

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/04(火) 23:48:01.44 ID:LwpJwYhx0
律「っていうストーリーで自主制作映画を作ってみないか!?」

唯「おもしろそうー!やろーよー!」

澪「却下!」

梓「重すぎますよ…」

紬「撮影とか特殊メイクとかCGとかはウチで出来るわよ?」

唯澪律梓(すげー…)

澪「と、とにかく私はイヤだぞ!?」

律「怖いんだろー?」

澪「ち、ちが…!」

唯(いつも通りだ♪)


-本当に完-

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。