FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉「そんなこと言われてもなぁ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 13:36:27.15 ID:EYsoeg3kO [1/53]
弟「そんなこと言われてもなぁ、じゃないよ! いつまでそんな風に喋るのさ!」

姉「はぁ、仕方ねーだろ、この口調に慣れちまったんだから、今更変えられるかよ」

弟「じゃあ無理にでも変えてよ!」

姉「無茶苦茶言うなよ、ったく、急にどうしたんだ? いきなりそんなこと言うんだ、理由くらいあるだろ?」

弟「……だって」

姉「だって?」

弟「友達がお前の姉ちゃん男みたいな言葉使って変だって言うんだもん」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 13:44:17.91 ID:EYsoeg3kO
姉「そんなこと別に気にすんなって、言葉遣い悪いやつなんていくらでもいるし」

弟「それに……」

姉「それにって、まだなにかあんのか?」

弟「言葉が男みたいだから胸も男みたいなんだって……」

姉「よし、殺しに行くぞ」

弟「え、ちょっとお姉ちゃん!?」

姉「そいつの家は何処だ? なに、お前のためだ、さあ言え」

弟「お、お姉ちゃん人殺しは駄目だよぉ!」

姉「良いから行くぞ」

弟「ま、待って! お願いだからやめてぇぇ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 13:52:08.05 ID:EYsoeg3kO
姉「せっかく私はお前のためを思って殺りに行こうと思ったのに、全く」

弟「僕のためを思うなら少しは女の子らしくしてよ……」

姉「女らしくってもなぁ? 何しろっつーんだよ?」

弟「その言葉遣い! まずそこだよ!」

姉「言葉遣いはパス、次」

弟「その服装! Tシャツ一枚にジーパンじゃなくてもっと女の子らしいの着てよ!」

姉「んなもん持ってないし馬鹿みたいに金掛かるからパス」

弟「パスばっかりじゃなくて少しくらい努力してよ!」

姉「努力ねぇ……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:02:24.20 ID:EYsoeg3kO
姉「あ、そうだ、いっつもお前の料理作ってやってんだろ? 女らしいだろ?」

弟「チャーハンだけ、カツ丼だけみたいに一皿だけで出さないでもうちょっとおかず作ってよ! 男らし過ぎるよ!」

姉「えっとほら、お前の服のボタン直してやってるだろ? 裁縫出来るって女らしいだろ?」

弟「お姉ちゃんが縫ったらボタンが使えないくらい生地にくっ付いてるんだよ! もうちょっと普通に塗ってよ!」

姉「じゃっ、じゃあほら! えっと……ほら!」

弟「何にもなんじゃん!」

姉「……う、うるせー!」

弟「っ!」ビクッ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:10:02.58 ID:EYsoeg3kO
姉「私は私なんだよ! 私に文句があるならどっかで女らしい姉ちゃんでも探せば良いだろ!」

弟「お、お姉ちゃん?」

姉「男みたいなんだろ? だったら私のことは兄貴とでも呼んでろよ!」

弟「ちょっと待ってよお姉ちゃん! 何処行くのさ!?」

姉「関係ねーだろ!」

ガチャ、バタン!!

弟「お姉ちゃんっ! ……行っちゃった」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:17:11.86 ID:EYsoeg3kO
友「……で、それでなんでうちに来るのよ?」

姉「し、仕方ねーだろ、ついキレて出てったから携帯も財布もないんだよ、頼れるのは友だけなんだよ、頼むっ!」

友「はぁ……全く、あんたは何も考えないで行動するんだから、仕方ないわね」

姉「良いのか?」

友「仮にも友達なんだから、ほっとけないじゃない」

姉「友ぉぉおおお!!」

友「こ、こら姉! 飛び付かないでよっ! 離しなさいってばぁ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:28:31.32 ID:EYsoeg3kO
女『もしもし?』

弟「女ちゃんのバカッ!」

女『うわあっ! って弟くん? いきなりバカなんて酷いよー』

弟「女ちゃんがお姉ちゃんのこと男みたいって言うからお姉ちゃん怒っちゃったじゃん!」

女『だって本当のことだもん、弟くんのお姉ちゃんの言葉って男の子みたいで変だもん』

弟「問題はそっちじゃないの!」

女『? そっちじゃないって?』

弟「男みたいな言葉使っているから胸も男みたいなんだって言ったじゃん!」

女『なに言ってるの? ボクはそんなこと言ってないと思うけど?』

弟「……え?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:35:51.43 ID:EYsoeg3kO
女『確かにボクは言葉遣いが変だって言ったけどさ、胸の話はボクのお姉ちゃんが言ったはずだよ?』

弟「……そうだったっけ?」

女『そうだよー、文句ならお姉ちゃんに言ってよね?』

弟「じゃあ、お姉さん呼んでもらって良い?」

女『ごめんね、お姉ちゃんは今友達といるから出られないんだ』

弟「そっか……はぁ」

女『ね、ねぇ弟くん? 今からボクのうちに遊びに来ない? そしたらお姉ちゃんとも直接話せるしさ』

弟「うーん……うん、そうしよっかな」

女『! じゃあ早く来てね! 待ってるからね!』

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:47:00.66 ID:EYsoeg3kO
姉「さて、それじゃ何するー?」

友「こら姉、聞きながら部屋を漁らないでよ……」

姉「だって友の家に格ゲーねーんだから他に何しろっつーんだよ?」

友「……とりあえずなんか飲み物持ってくるから、あんまりぐちゃぐちゃにしないでよね?」

姉「へーい」

ガチャ、バンッ!

女「ぎゃあっ!」

友「!?」

女「……」

友「ちょっ、女大丈夫!?」

女「えへへぇ、全然へーき♪ じゃあね♪」

友「すごくにやけてた……もしかして頭を強く打ったのかしら?」

女「♪~」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 14:57:06.98 ID:EYsoeg3kO
友「ただいまー」

姉「ああお帰り、ところでさっきの悲鳴は何だったんだ?」

友「妹よ、それよりもあんたはなんで人のタンスを漁ってるのよ……一応同性でしょうに……」

姉「悪い悪い、だけど女らしい服とか知らねーから参考にしようと思ったんだよ」

友「! ついに女の子らしくちゃんとした服装をするの!?」

姉「な、なんだよいきなり? 別にそういう訳じゃねーよ」

友「……そう、はぁ……はぁ」

姉「二度も溜め息吐くほど残念がらなくても……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 15:08:16.66 ID:EYsoeg3kO
ピンポーン、ドタドタドタ……ガチャッ!
女「い、いらっしゃい弟く……ん?」

セールスマン「えっと、お父さんかお母さんはいるかい?」

女「紛らわしいからこんな時に来ないでよ! 帰れっ!」

…………

ピンポーnガチャ!

女「弟くんいらっしゃっ……」

配達人「お届けものでーす」

カリカリカリ!

女「サイン! 書いたから帰れっ!」

…………

ピンpガチャ!

女「今度は何っ!」

弟「え、えっと、遊びに来たんだけど……どうしたの?」

女「!! な、なんでもないよっ! いらっしゃい!」

弟「う、うん……えと、お邪魔しまーす」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 15:14:00.74 ID:EYsoeg3kO
姉「なあ、イカサマしてないか?」

友「そんなことするわけないでしょ?」

姉「じゃあなんでさっきからすぐにツモるんだよ! おかしいだろ!」

友「まだ三回目じゃない」

姉「くそぉ……!?」

友「? なにかあった?」

姉「友! 今弟の声がしたぞ!」

友「まさか、なんであんたの弟が……もしかして女かしら?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 15:21:44.60 ID:EYsoeg3kO
女「こっ、ここがボクの部屋だよっ! 何か持ってくるからベッドにでも座って待っててね!」

弟「うん、分かったよ」

カチャ、パタン。

女「よ、よし、遂にお姉ちゃんから貰った無味無臭の媚薬を使う時が……」

女「そして弟くんはボクを……えへっ、えへへ……」




友「飲み物のお代わりを持って来ようと思って部屋を出たら妹がにやけながら立ってた……やっぱり打ち所が悪かったのかしら?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 15:30:48.66 ID:EYsoeg3kO
女「た、ただいま、の、飲み物持って来たよ!」

弟「うん、ありがとう、それじゃ何しよっか?」

女「ジュース! ジュース飲みながら考えよっ、ねっ? はいこれ!」

弟「え、ああ、うん」

女(飲んだっ! は、早く効果出ないかな?)




姉「……なあ、友」

友「どうしたの?」

姉「神経衰弱って一回お手つきしただけで相手が勝つ遊びだっけ?」

友「たまたまよ」

姉「だからおかしいだろ! 絶対イカサマしてるだろ!?」

友「まさか」

姉「くそぉ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 15:38:13.35 ID:EYsoeg3kO
…………

女「お姉ちゃん!」

友「どうしたの女?」

姉「あ、邪魔してるぞ」

女「ああいらっしゃい……じゃなくてお姉ちゃん! これなんの効果も出ないよ!?」

姉「小瓶?」

友「? ……あー、それね」

女「なんで何にも効果出ないの!」

友「だってそれただの水だから」

女「!?」

姉「?」




弟「女ちゃんのトイレ遅いなぁ……大きい方かな?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 15:49:53.85 ID:EYsoeg3kO
友「まさか随分前の冗談をまだ真に受けてるとは思わなかったわ」

女「冗談って……」

姉「なぁ、なんなんだそれ?」

友「ああ、これね、妹に媚薬って言って渡したのよ」

姉「媚薬ってお前……」

友「真に受けるとは思わなかったのよ。それで……今、媚薬を使ってでも落としたい子がいるのね?」

女「! い、いないよ! そんなの!」

友「姉、ちょっと妹の彼氏候補見に行ってくるわ」

姉「あーはいはい、さあ女ちゃん、少し私とお話してようか」

女「待って! お姉ちゃん! 待ってよ!」



弟「大きい方か、暇だなぁ……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 16:02:45.11 ID:EYsoeg3kO
ガチャ。

弟「あ、おかえり」

友「ただいま」

弟「あれ……女ちゃんのお姉さん?」

友「ええ、そうよ、君は確か前にも来ていたわね?」

弟「はい……そうだ! お姉さんが言った言葉のせいで大変なんですよ!」

友「?」




姉「媚薬なんてふざけたものに頼るなよ」

女「ご、ごめんなさい……」

姉「第一、そんなものに頼らなくても十分な容姿してるんだから、ありのままの自分でぶつかれよ!」

女「……」

姉「返事っ!」

女「は、はいっ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 16:16:03.26 ID:EYsoeg3kO
友「……で、今に至ると」

弟「はい」

友(男みたいな言葉遣いって聞いて姉に当てはめて言ったけど、まさか本当に姉の弟だったなんて……)

弟「あの、お姉さん?」

友「はぁ……仕方ないわね、私がなんとかしてあげるわ」

弟「なんとかって、なんとか出来るんですか?」

友「ええ、任せなさい」

友(なんとかしないと私が困るもの)




姉「だから女が押し倒しゃそいつは絶対落ちる!」

女「はい! 姐さん!」

姉「後は気合いでなんとでもなる! 頑張れ!」

女「はいっ!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 16:23:04.94 ID:EYsoeg3kO
友「姉!」

姉「おお、友おかえり」

女「お姉ちゃんおかえり!」

友「……姉、なんで女は気合い入ってるのかしら?」

姉「ちょっとばかし応援してやっただけだ」

女「それでは姐さん! 行って参ります!」

姉「ああ! 頑張れ!」

友「……色々と頭が痛いわ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 16:34:55.70 ID:EYsoeg3kO
姉「なるほど……ぶち殺すぞ」

友「ご、ごめんね、まさか姉の弟だったなんて思わなかったのよ」

姉「だからといって何故男みたいな胸だと言ったぁ!」

友「だって事実じゃない」

姉「シャラップ!! ぶち殺す!」

友「ま、待った! 姉待った!」

姉「なんだぁ! 遺言かぁっ!」

友「弟くんに女らしいところ見せたくないかしら?」

姉「!!」




女「大丈夫大丈夫、私だから大丈夫、すーはー」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 16:38:03.88 ID:EYsoeg3kO
ガチャッ!

女「弟くんっ!」

弟「あ、女ちゃん、遅いよ」

女「ごめんね……よしっ!」

弟「そうだ、僕もちょっとトイレ行ってくるね」

女「うん! 行ってらっしゃい!」




女「……あれっ?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 16:53:48.85 ID:EYsoeg3kO
友「……本当にこれだけで良いの?」

姉「あんまり面倒なのも嫌だし、化粧なんかする気ないからな」

友「だからって、ワンピースだけじゃなくてもっと他にもあるでしょ?」

姉「うるせー! 友のじゃ乳のサイズが合わねーんだよ! ぶかぶかなんだよ!」

友「あ、ごめん」

姉「謝るな! 余計惨めだから謝るなぁっ!」




女「落ち着いて、ボク……じゃない、私は可愛い、私は魅力的、私なら行ける……」

ガチャ。

弟「すっきりしたぁ、ただいま」

女「弟くんっ!」

弟「ふぇっ、ちょっ待っ……うわぁっ!」

ドサッ!

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 17:06:38.09 ID:EYsoeg3kO
弟「いたた、何するのさ女ちゃん……」

女「お、弟くん!」

弟「何? 重いからとりあえず早く退けてよ……」

女「! ボクは重く無いもん! 弟くんの馬鹿!」

弟「バカはそっちだよ! 早く退けてよ!」

女「いやだ退けない! 重くないって言うまで退けないもん!」



姉「じゃあ着替えるか、よっと」

友「姉、いくらないからってノーブラは……」

姉「うるせー!」

友「それに着替えも男の子みたいに早いし」

姉「面倒なもんがねーから早いんだよ、ふふん」

友「ブラを面倒なもの扱いだなんて……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 17:20:45.03 ID:EYsoeg3kO
姉「こんなもんか……友、どう思う?」

友「いつもの姉と比べたら雲泥の差よ」

姉「そうか、だからこんなもん着たくなかったんだ」

友「いやいやいや! 今のあんたが雲よ雲! どれだけいつもの服装に自信持ってるのよ!?」

姉「そうか……よし、じゃあ乗り込むか」




女「ボクがどんな気持ちで弟くんを押し倒したと思ってるのさ!」

弟「知らないよ! いきなり倒された僕の気持ちも考えてよ!」

女「じゃあボクの気持ちも考えてよ馬鹿!」

弟「だからバカは女ちゃんだよ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 17:39:15.46 ID:EYsoeg3kO
ガチャ。

姉「弟!」

弟「早く退けてよ!」

女「退けないもん!」

姉「……弟になにやってんだこらぁっ!!」

女「え、ちょっ姐さんっ!?」

姉「そぉいっ!!」

女「きゃあっ!」

ぼふっ。

姉「大丈夫か弟!」

弟「だ、大丈夫だけど……」

友「あんたこそ人の妹になにを……ベッドにだしまあ良いわ」

女「良くないよお姉ちゃん!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 17:53:58.75 ID:EYsoeg3kO
弟「えっと、お姉ちゃんがなんでここに?」

姉「ここは私の友達の家でもあるんだよ」

弟「そっか、そうだったんだ……ところでその格好」

姉「あっ、いやこれはそのだな……どうだ! お前の姉ちゃんだって女らしい格好出来るんだぞ!」

弟「そ、そうだね……」

姉「おいこらなんで顔を背けるんだ」

弟「な、なんでもないよ?」

姉「……ねぇ、どうかな? これ、私に似合ってる?」

弟「あ、あぅぅ」

姉「なんつって! どうだ? お前の姉ちゃんは綺麗だろ?」



女「むー! むー!」

友「うるさいわよ女……それにしても姉は弟くんが真っ赤になってるのに気付いてるように見えないわね……余裕がないのね」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 18:40:08.16 ID:EYsoeg3kO
友「姉、弟くんをからかうのは構わないけれど、それは自分の家でしてくれないかしら?」

姉「え、あ、ああっ! いやあ悪い悪い」

友「全く、いくら自分の弟が可愛いからって近親相姦はダメよ?」

姉「ばっ! おまっ! んなことする訳ねーだろ!!」

友「女もそう思うわよねー?」

女「むぐ……うぐぐ……」

姉「女がすっげー苦しそうだから離してやれっ! 今すぐ!」

友「ええ、だけど弟くんもあんたのせいでショートしてるわよ?」

弟「あうあうあう……」

姉「弟ーっ!?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/01(土) 18:53:23.32 ID:EYsoeg3kO
姉「友、今日はありがとうな」

友「なによいきなり」

姉「お前のおかげで弟と仲直り出来そうだ、本当にありがとう」

友「やぁね、私は何にもしてないわよ、何にもね」

姉「いや、お前のおかげだよ」

友「ふふっ、じゃあそういうことにしておくわ」

姉「ああ、それじゃ私はそろそろ弟連れて帰るよ」

友「ええ、寝てるから起こさないように気を付けてね」

姉「おう、それじゃあ本当にありがとう、じゃあなっ!」

友「じゃあね姉と弟くん、ばいばい」




友「良く考えると元凶が私なんだけどね、姉が気付かなくて良かったわ……」



おわり

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 18:57:01.73 ID:EYsoeg3kO
なんか予定を大きく逸れたから困った困った、書いてる途中でちまちまと邪魔が入るし
ここまで読んだ人はお疲れさまでした
さて、後は適当に妄想するお

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 18:58:21.88 ID:EYsoeg3kO
それとネタくれる人がいたらネタを置いていけ
ネタは持ってるけどやらないよって人は書いてくれ!

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 19:26:49.22 ID:EYsoeg3kO
姉「それじゃ行ってくる!」

弟「待ってお姉ちゃん!」

姉「なんだよ弟、菓子なら買って来ねーぞ?」

弟「今日は僕が晩御飯作るよっ!」

姉「そっかそっか、それは楽しみだな、じゃあ行ってくるな」

弟「真面目に聞いてよ!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 19:32:44.98 ID:EYsoeg3kO
姉「だってお前今まで料理なんてしたことねーだろ? 任せられっかよ」

弟「大丈夫だよっ! 今日学校で調理実習があってね、美味しいの作ったの」

姉「調理実習か、よく班の女子に任せてたっけ……」

弟「だからね、お姉ちゃんに作ってあげたいの……ダメ?」

姉「……し、仕方ねーな、そこまで言うなら任せてやるよ」

弟「! うんっ! とっても美味しいの作ってあげるからねっ!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 19:37:51.68 ID:EYsoeg3kO
姉「で、何を買うんだ?」

弟「えっと……あった、この紙に書いてきたよっ」

姉「へぇ、分量も書いてんのか……ん?」

弟「どうしたの?」

姉「なあ、どうして飯作るのに針が必要なんだ?」

弟「料理に使うんだよ?」

姉「そうか……なあ、どうして飯作るのに毛糸が必要なんだ?」

弟「料理に使うんだよ?」

姉「そうか……なあ、どうして飯作るのに(ry

…………

……

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 19:49:44.18 ID:EYsoeg3kO
弟「ねぇお姉ちゃん、どうして八百屋さんを素通りするの?」

姉「野菜はスーパーにも売ってんだろ」

弟「ねぇお姉ちゃん、どうしてお肉屋さんを素通りするの?」

姉「肉もスーパーに売ってんだろ」

弟「ねぇお姉ちゃん、いつもスーパーで済ませてるの?」

姉「ああ、当然だろ?」

弟「……ね、たまには八百屋さんとかお肉屋さんとか行こうよ!」

姉「一々回るのが面倒だ、ちょっと遠いけどスーパーだとまとめて買えるからスーパーに行くぞ」

弟「一つずつ回ろうよ、ね?」

姉「……わーったよ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 20:02:11.65 ID:EYsoeg3kO
オヤジ「らっしゃいらっしゃい!」

弟「おじさーん!」

オヤジ「おうっ! ぼうず、一人でお使いかいっ?」

弟「ううんっ、お姉ちゃんと来てるの!」

オヤジ「お姉ちゃん? おおっ! らっしゃい姉ちゃん! 今日は姉弟で来てくれたのかい!」

姉「……どうも」

弟「今日、は?」

姉「気にすんな! おい、この紙に書いてある野菜をくれ!」

オヤジ「おうっ! えーと、これとこれとこれに……よしっ! オマケだ! 全部で五百万円だ!」

姉「はいっ、ちょっきりだ! じゃあな!」

弟「ちょっ、引っ張らないでよぉっ!」

オヤジ「毎度ありぃ! また姉弟で来てくれよーっ!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 20:11:47.66 ID:EYsoeg3kO
…………

……

弟「ねぇ、お姉ちゃん?」

姉「んだよ?」

弟「いつもスーパーで済ませてるのに、なんでみんなお姉ちゃんを知ってたの」

姉「……」

弟「お姉ちゃん?」

姉「はぁ……あれを見ろ」

弟「親子? あれがどうしたの?」

姉「あれみたいに」

ぎゅっ。

弟「あ……」

姉「手、繋ぎたかったんだよ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 20:17:55.63 ID:EYsoeg3kO
弟「でも、それなら別にスーパーにいかなくても……」

姉「言っただろ? スーパーはちょっと遠いんだ」

弟「? だから?」

姉「ああもう! 遠いほうがお前と長い間手繋げるだろっ!」

弟「……」

姉「だから、少しでも長くって思ったのに……」

弟「ねぇ……お姉ちゃん?」

姉「……んだよ?」

弟「ちょっとだけ寄り道しよっか」

姉「……どこに?」

弟「何処でも良いよ、このままちょっとお散歩、ねっ?」

姉「あ……し、仕方ねーな! ちょっとだけだからなっ!」

弟「うんっ!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 20:25:20.57 ID:EYsoeg3kO
弟「……くぅ……くぅ」

姉「ったく、帰ってきてすぐに寝ちまいやがって、飯作るんじゃなかったのかよ?」

弟「……くぅ……くぅ」

姉「……全く、期待させやがって」

なでなで。

姉「さて、仕方ねーな、私が作るか」



おわり。






姉「針に毛糸に目薬にビニールに……その他諸々」

姉「……何を作るつもりだったんだよ!?」

おわれ。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 20:42:26.97 ID:EYsoeg3kO
母性本能……母乳でも出せばあるいは……

風呂入りながら考えてくる
風呂と言えば姉弟で風呂とか、あとで妄想するか

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 21:46:28.78 ID:EYsoeg3kO
姉「……すまん」

弟「別に良いよ、そのかわり早く治ってね?」

姉「ああ……」

弟「それじゃあ僕は家事をやってくるね」

姉「……」

姉「……まさか私が風邪なんてな」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 21:55:28.24 ID:EYsoeg3kO
姉「心配だ……すごく心配だ」

姉「今まで家事は私がやってきたが……弟に家事をさせた覚えがない、あいつはちゃんと出来るのか?」

姉「まあ、一日くらいなら流石に……」

ガシャン、ワー! オサラガ-!

姉「……駄目かもな」





弟「はぁ、幸先が悪いなぁ……」

弟「……ううんっ、大丈夫! このくらいなんでもないよ、うんっ!」

弟「さて、今日は頑張らなくちゃ!」

…………

……

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:05:46.45 ID:EYsoeg3kO
弟「まずはお粥! 風邪の時の定番だよね?」

弟「……ところでお粥ってどう作るの?」

弟「……電話電話、そしてその間にお洗濯」

ぷるるるる。

女『もしもし?』

弟「女ちゃん、お粥の作り方教えてー」(……洗濯機はとりあえずボタンを押せば良いのかな?)

ピッ。

女『お粥?』

弟「うん、お粥」(あ、洗剤……ま、いっか)

女『えっとねー』

…………

……

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:18:02.60 ID:EYsoeg3kO
弟「何だかんだで僕ってスゴいよね、お粥出来たしお洗濯も出来た」

弟「とりあえずお粥を……っと、その前に、塩とか梅とかはー……あれ?」

弟「どっちが塩だろう?」

弟「……どちらにしようかな神様の言う通り……こっち!」

弟「これを入れて混ぜて、梅干し……カリカリ梅でも言いかな? のせて、と」

弟「かんせー! わー!」

弟「さっ、お腹空いてるだろうし食べさせてあげよーっと♪」

弟「お姉ちゃーん!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:25:59.76 ID:EYsoeg3kO
姉「……弟、これは?」

弟「お粥だよっ!」

姉(馬鹿な、お粥が甘い匂いを放つのか!?)

姉(……お粥も作れないのか、仕方ねーな)

姉(やっぱり私が弟の飯作らねーと駄目だな)

姉(全く、世話の掛かる奴だな)

弟「お姉ちゃん……もしかしてお腹減ってなかった?」

姉「いやむしろ腹減って死にそうだ、いただきます」

弟「えへへ、召し上がれ」

姉(……あめぇ)

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:29:56.17 ID:EYsoeg3kO
姉「ご、ごっそさん……」

弟「全部食べちゃうなんて、よっぽどお腹空いてたんだね?」

姉「あ、ああ、そう、だな……」

弟「お姉ちゃんの食いしん坊、それじゃお皿片付けて来るねっ!」

姉「ああ……」

姉「…………」

姉「私は……頑張った……うぇ……」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:48:37.10 ID:EYsoeg3kO
…………

……

姉「たった一日、たった一日弟に任せただけなんだ」

姉「汚れが残った食器、しわしわ且つぐちゃぐちゃな衣服」

姉「そして何者かが暴れたような状態の部屋」

姉「私のパンツを一枚大事そうに抱え、一枚を枕にしてうつ伏せで寝ている弟」

姉「やっぱり、弟には私がいないとダメだな」

弟「……おねえ、ちゃん」

姉「なんだ、起きたか?」

弟「……ううん……くぅ」

姉「全く、人のパンツがそんなに良いのかよ、変態め」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:49:54.20 ID:EYsoeg3kO
よし、母性本能どこいった

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:09:18.77 ID:EYsoeg3kO
弟「けほっ、こほっ……」

姉「まさかお前にうつるなんてな、すまん」

弟「え、えへへ、その分早くお姉ちゃんの風邪が治ったから良いのっ」

姉「ああ、ありがとな」

弟「どう致しましてっ」

姉「それじゃ姉ちゃんはちょっくら色々やってくっから、安静にしてろよ?」

弟「はーい」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:19:00.69 ID:EYsoeg3kO
姉「おい、弟」

弟「ん、なぁに?」

姉「飯だ、座れ」

弟「ご飯? でも今はお腹減ってないから食べられないよ……」

姉「そう言うと思ったが、食わないと体に悪い、だから食えそうなものを持ってきた」

弟「これは……缶の桃?」

姉「ああ、これでも食えないなら仕方ねーから私が食うけどどうすんだ?」

弟「食べるっ!」

姉「フッ、食えるだけ食えよ」

弟「うんっ!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:27:53.97 ID:EYsoeg3kO
姉「おい、弟」

弟「お姉ちゃん?」

姉「飯だ、座れ」

弟「もうそんな時間なんだ……あんまりお腹すかないや」

姉「昼は粥だ」

弟「お粥なら少しは食べられるかな、うん」

姉「よし、それじゃあ食え」

弟「あの、お姉ちゃん、スプーンは?」

姉「素手だ、お前は素手で食うんだよ」

弟「え……」

姉「ふー……ほれ」

弟「……え?」

姉「ほら、口開けろ」

弟「あ、あーん……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:36:09.70 ID:EYsoeg3kO
弟「あ、あの、お姉ちゃん?」

姉「ん、なんだ?」

弟「じ、自分で食べれるから……ね?」

姉「知るか、ほれ」

弟「や、やだってばぁ」

姉「はぁ、全く……仕方ねーな、ほら」

弟「!? な、なんで指で掬ったの?」

姉「言うこと聞かないなら、もっと恥ずかしいぞ? ほら食えよ」

弟「わ、わかったから! だからスプーンで食べさせて?」

姉「ああ」

弟「ほっ……」

姉「だけどこの一口だけは食ってくれ」

弟「ちょっと待ってそれだけは……むぐっ!?」

姉「洗うのは面倒だから綺麗に食えよな」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:46:43.87 ID:EYsoeg3kO
姉「よし、完食したな、偉いぞ」

弟「……お姉ちゃんのばかぁ」

姉「はぁ……バカはお前だ、風邪の時くらいはとことん甘えろよな」

弟「でも、恥ずかしいもん……もうやだ」

姉「弟の羞恥心なんて知るか、ほら寝るなら詰めろ」

弟「お姉ちゃん? 詰めろって……!?」

姉「寒いだろ? 心細いだろ? 一緒に寝てやる、安心して暖まれ」

弟「べっ、別に寒くないし、心細くもないからいいよっ!」

姉「そうか、なら姉ちゃんがお前と寝たいから寝るんだ、我慢しろ」

弟「……ばか」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:57:38.20 ID:EYsoeg3kO
弟「……んん、寒い……あれ?」

弟「お姉ちゃん? 何処? お姉ちゃん?」

弟「布団に入ってるのにまだ寒い、お姉ちゃん……」

弟「嫌がってばっかりだったからどこか行っちゃったのかな……お姉ちゃん……」

弟「寒い、寂しい……お姉ちゃん……」

姉「私が何だって?」

弟「あ……お姉ちゃんっ!」

姉「全く、寂しがり屋な弟を持つと大変だ、少し離れたら泣かれちまうんだからな?」

弟「な、泣いてなんかないもんっ!」

姉「はいはい、わかったからだから目から流れる汗をとめてくれ」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 00:19:20.83 ID:1ujK1z77O [1/5]
姉「で、寂しがりな弟よ、飯だ」

弟「もう晩御飯の時間なの?」

姉「ああ、晩飯はうどんにしたかったが麺が無くてな、また粥だ」

弟「今度は自分で食べるからね?」

姉「よし、飯抜きだ」

弟「……あーん」

姉「ほれ」

弟「!? ん、ちゅっ、はむっ……な、なんで指なのっ!?」

姉「ん? 餌付けしてる気分と謎の感触が楽しめるから」

弟「ふ、普通に食べさせてよぉ……」

姉「なあ、口移しと手、どっちが良い?」

弟「うぅ……もうやだぁ……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 00:30:34.22 ID:1ujK1z77O [2/5]
弟「……また一緒に寝るの?」

姉「嫌なら別々で寝るけどな」

弟「……ううん、嫌じゃないよ」

姉「そうか……」



姉「なぁ、弟?」

弟「なぁに?」

姉「お前は、私が必要だったか?」

弟「……うん、お姉ちゃんがいなかったら多分、今日一日生きてられなかった」

姉「そうか……」

弟「今日だけじゃなくても、僕が僕なのはお姉ちゃんのおかげ、お姉ちゃんがいなかったら僕は僕じゃないし」

姉「……」

弟「甘えてばかりだけど……これからも一緒にいてね、お姉ちゃん」

ぎゅっ。

姉「……ああ」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 00:33:56.06 ID:1ujK1z77O [3/5]
姉「……弟」

姉「寝たか……」

姉「弱ってる時は本音が出やすいからな、フフッ、仕方ねー奴だな」

姉「……一生大事にしてやっから、一生私に甘えてろよな?」


おわり。

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 00:37:03.68 ID:1ujK1z77O [4/5]
どう考えてもおかしい所があったりする
眠いから仕方ないとはいえ、そういうところがあったら言ってくれるとありがたい、直しようはないけど一応ね
それと母性本能どこいった

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。