FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「兄さん、キスしてもいいですか?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:01:37.34 ID:bhEezi+C0 [1/30]
妹「これ、沈黙をもって肯定とします…」

兄「すーすー」

妹「寝息は発言に含みませんので、肯定ということで」

兄「むにゃ…」

妹「では、いただきます…んっ…ちゅ」

兄「んんっ…」

妹「ふぅ…」ドキドキ

妹「こんなに胸が高鳴るとは思いませんでした…はぁ、はぁ」

妹「じゃあ次は、舌を…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:04:05.09 ID:bhEezi+C0
妹「あむっ…んちゅ、ん…」

兄「ん…んんっ」

妹「んっ、ちゅう!れろれろ」

兄「んっ!んん!?」

妹「んはっ!あ、兄さん…」

兄「苦しいわ!なにしてんだ、ボケ!」

妹「おはようございます」

兄「あぁ、おはよう…ってなんか口がベタベタなんだが」

妹「いえ、兄さんよだれ出てたので、拭いてあげていたんです」

兄「そうなのか、悪いな」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:05:39.86 ID:bhEezi+C0
妹「いえ、いいんですよ」

兄「じゃあ、俺寝るから、そもそも勝手に部屋に入ってくんなよ?」

妹「はい、おやすみなさい」

兄「おぉ、おやすみ」

妹「…」

兄「…」

妹「寝ましたか?」

兄「…」

妹「寝たようですね、では…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:08:13.99 ID:bhEezi+C0
妹「ちゅ」

兄「おい」

妹「あっ…」

兄「なにしてんだ、お前」

妹「狸寝入りですか?最低ですね」

兄「最低はどっちだっつの、朝っぱらから何してんだよ…」

妹「キスですよ、分かりませんか?」

兄「いや、んなこた分かってるよ!」

妹「ちゃんと、了承をもらってからしましたよ」

兄「は?俺は知らんが」

妹「ちゃんと聞いてからしましたよ…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:10:43.70 ID:bhEezi+C0
兄「いや、んなこと言われても知らん」

妹「兄さんいいって言ったのに…」

兄「…」

妹「だから、キスしたのに…うっ…ひぐっ…」

兄「お、おい泣くなよ…」

妹「だって、だって嬉しかったのに…うぅ…」

兄「あぁ、もう分かったよ、どうせ俺が寝言で頷いたんだろ?」

妹「……そうです」

兄「やっぱりな…まぁ、悪かったよ」

妹「私の気持ちを裏切ったんですよ?許しません」

兄「どうしたらいいってんだよ…」

妹「ちゅーです。兄さんからちゅーしてください。」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:14:49.40 ID:bhEezi+C0
兄「なんで、んなことになるんだよ…」

妹「じゃないと、二度と口を聞いてあげません」

兄「それは困る」

妹「ですよね。じゃあ、ドンとしちゃってください!はい、んー♪」

兄「…少しだけだからな…」

妹「…ん」

妹の唇に、俺の唇が軽く触れる
すぐに離そうとした瞬間、妹の腕が俺の手首に巻き付き、ベッドに押し倒される

妹「んー♪んっ、ちゅ、ちゅう!あむっ…んっ!」

兄「んっ?!、ちょ、うぐっ!んんん!」

妹「んちゅ、んっ…はぁ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:18:36.98 ID:bhEezi+C0
妹「はぁ…、兄さんったら、大胆なキスですね…」

兄「うぅ…なにすんだボケが…俺じゃねぇだろ…」

妹「兄さん…」

兄「そんな潤んだ目で俺を見るな!」

妹「好き…」

また妹の唇が俺の唇を覆う

妹「あむっ…ちゅ、ちゅ…」

妹「ふぅ…なんだかトロンとしますね…」

兄「…」

正直、俺もだ
妹に唇を重ねられると、思考が飛んで頭が真っ白になる

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:23:13.03 ID:bhEezi+C0
妹「はぁ…はぁ…兄さん…」

妹の手が俺の体を撫でる
肩から、胸、腹、腰へ…

兄「ちょ、おい!」

妹「兄さん、私もっとキスしたい…」

兄「お前、目がやばいって!冷静になれ!」

妹が動けないように、きつく抱き寄せる

妹「兄さん…うん、落ち着く…」

兄「そうだ、俺たち兄妹なんだぞ?落ち着け、な?」

妹「うん…あぁ、いい匂い…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:26:09.59 ID:bhEezi+C0
すんすん、と妹が俺の匂いを嗅ぐ

妹「ダメですよ、兄さん、こんなことしたらもっと…興奮しちゃいます」

兄「えっ?」

妹「ふぅ…」

耳元に息を吹きかけられる

兄「ひゃう!?」

妹「あはは、なんですかその声…かわいいです…あむっ」

首筋に柔らかい感触が

妹「んっ、ちゅ、んっ、んんっ!」

次第にじんわりと痛みが走る

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:30:29.82 ID:bhEezi+C0
兄「なに、してんだよ」

妹「私の、しるしですよ」

兄「ちょ、おい!そんなところに!学校どうすんだよ!」

妹「妹に食べられたって言えばいいじゃないですか」

兄「確かにそうだが、そんなこと言えるわけないだろ!」

妹「じゃあ、どこだったらいいんですか?」

兄「服の下だったら…って違うわ!どこもダメだっての!」

妹「分かりました」

そう言って、パジャマの前ボタンを外しに掛かる

兄「だからダメだ!」

俺は妹の腕を掴んで静止させる

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:36:18.79 ID:bhEezi+C0
妹「じゃあ、何もしませんから、私の言うことを聞いてください」

兄「は?意味が分からん」

妹「私が言うことに対して全て肯定して答えてください」

兄「そう言って、はいとか答えたら何かするんだろ!」

妹「大丈夫ですよ、ちょっとした遊びですから、何もしません」

兄「まぁいいや、よく分からんが付き合ってやるよ」

妹「じゃあ、キスしてもいいですか?」

兄「ダメ」

妹「ダメじゃないですか、ちゃんと肯定してくれないと!」

兄「信用できん」

妹「お願いします」

兄「…真顔で言うなよ…分かったよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:40:15.52 ID:bhEezi+C0
妹「兄さん、キスしてもいいですか?」

兄「……あぁ」

妹「本当に?」

兄「いいよ」

妹「じゃあ、しますね?」

兄「…」コクリ

本当に何もしないみたいだ

妹「…上手できましたね」

なでなで
頭を撫でられる

兄「何だこれは…」

妹「じゃあ、続きです…私の言うことを聞いてください」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:43:22.76 ID:bhEezi+C0
妹「まずは深呼吸からです」

妹「息を大きく吸って~」

兄「すぅ~」

妹「吐いて~」

兄「はぁ~」

妹「吸って~、吐いて~」

妹「そのまま深呼吸を続けてください」

妹は俺の上からどくと、
俺の横に寝そべり、俺の頭に腕を伸ばして
腕枕をして、寄り添ってきた

兄「なんだよ、むさくるしいぞ」

妹「ダメですよ、深呼吸続けてください」

兄「気になって出来ないんだが」

妹「そのうち気にならなくなりますよ…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:48:22.61 ID:bhEezi+C0
俺は深呼吸を続ける
妹は耳元で囁き続ける

妹「はい、兄さん次は体の力を抜きましょうね?」

兄「…分かった」

妹「じゃあ、まずは足に意識を集中してみてください」

妹「深呼吸するたびに、兄さんの足の裏から力が抜けていきます」

妹「はい、吸って~、吐いて~」

妹「息をするたびに、力が抜けていきます。力が抜けるたびに、段々と足が重くなっていくのを感じます」

兄「!?(マジでなんか重くなってるんだが…)」

妹「どうですか?重くなっていくのを感じてますか?」

兄「あぁ…」

妹「では、次は腕です」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 01:54:06.81 ID:bhEezi+C0
妹「腕に意識を集中してください」

妹「深呼吸するたびに、手のひらから力が段々と抜けていきます」

妹「すぅ~っと、すぅ~っと、力が抜けていきます」

妹「力が抜けるたびに、段々と体が重くなっていきます」

兄「(マジかコイツ…超能力かよ!?)」

妹「では、次は体です」

妹「お腹に意識を集中しましょう」

妹「息を吸って~、吐いて~、深呼吸するたびに力が抜けていきます」

妹「おへそから、体中の力が抜けていきます」

兄「(やばい、なんだか体全体が重く…)」

妹「深呼吸をするたびに、段々と、体の力が抜け、体が重くなり、動かせなくなります」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:02:04.07 ID:bhEezi+C0
妹「もう、指も動かすことはできません」

兄「(何!?マジかよ…!?ピクリとも動かねぇ!?)」

妹「次に、首から上の力を抜いていきましょう」

妹「おでこに意識を集中」

妹「深呼吸を続けてください」

妹「息をするたびに、頭の力が抜けていきます」

妹「吸って~、吐いて~」

妹「段々と、頭の中が真っ白になっていきます」

妹「息をするたびに、だんだんと、考えるのが面倒くさくなってきます」

妹「私の声に思考を預けましょう」

妹「私の、声に全てを委ねましょう」

妹「兄さんは、何も考えなくてもいいんだよ?」

妹「何も考えないって、とても気持ちがいいよね?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:10:38.48 ID:bhEezi+C0
俺は妹の声に、都度頷いている
妹の声だけが俺の頭に響く

妹「私の声は、とても気持ちがいい」

妹「だから兄さんは私の言葉は全て受け入れてしまう」

妹「兄さんは私のことが好きになります」

兄「はい」

妹「私も兄さんのことが好きだよ、好き、大好き」

妹「私の声を聞くと、妹の言いなりになりたくなります」

妹「どんなに恥ずかしくても受け入れてしまいます」

妹「でもそれは、大好きな妹の声だから、どんなに恥ずかしくても嬉しい」

コクリと頷く

妹「兄さん、キスしてもいいですか?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:15:06.28 ID:bhEezi+C0
妹「これ、沈黙をもって肯定とします…」

兄「…」

妹「んっ…ちゅ」

全身に電気が走る!
全身に力が戻ってくる、妹から逃げるように、ベッドから立ち上がる

兄「んっ!?ちょ、何するんだ!!」

妹「キス、したいです」

兄「なんで…!?」

妹「兄さんもしたいですよね?」

妹の顔が近づいてくるが、
俺の体は意思に反して動かない
いや、俺の意思は、妹の唇を求めている

ほしい、欲しい、妹の可愛い唇が…!


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:17:52.84 ID:bhEezi+C0
妹「ふぅ…」

妹の息が顔に吹きかかる

妹「ダメです、おあずけです」

兄「なっ!」

妹「して欲しかったんですか?」

図星なので反論ができず、無言になる

妹「じゃあ、いいですよ、他のところにしてあげますね」

プチプチと、パジャマの前ボタンを外していく

妹「今度は、抵抗しないんですね?」

兄「うぅ…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:22:08.33 ID:bhEezi+C0
上半身が妹の目の前にはだけられる

妹「じゃあ、乳首からしてあげますね」

妹「んちゅ…んっ…」

片手を腰に回すと、乳首に唇と舌を這わせ
空いた手で、もう片方の乳首を転がしてくる

兄「うっ、うぅ!」

妹「んーれろれろ…あはっ、可愛いですよ、兄さん」

兄「くぅ!や、めろ…」

妹「どうですか?気持ちいですよね?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:29:51.02 ID:bhEezi+C0
ゆっくりと乳首を舐めあげると、
徐々に舌を首の上へと這わせていく…

妹「鳥肌立ってますね、そんなによかったですか?」

兄「別に…んなこたねぇよ」

妹「う~ん、なんか生意気ですね…甘かったかな」

妹「まぁ、いいや。ほら、兄さん今度こそちゅーしましょ?」

妹「そうだなぁ、ひざ立てて座ってください」

妹に言われるがまま膝立ちの格好になる

妹「上向いてくださいね…?あむっ、んちゅう♪」

俺の顔を両手で抱えると、
上から頭をかぶせる様に、唇を押し当ててくる

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:34:04.92 ID:bhEezi+C0
妹の舌が口内に侵入してくる

妹「んっ、んっ、んん♪」

俺の舌や歯茎を舐めあげてくる

妹「舌、出してください」

妹「ダメ、もっと突き出して?…そう、そう」

俺が舌を上に突き出すと、
妹はそれにしゃぶりつく様に、唇で覆った

妹「んちゅ、んちゅ…あむあむ」

頭を上下に動かし、まるでフェラしているかのように

妹「はぁ…」

妹は一息つくと、俺の耳を両手で塞ぐと、
再度唇を重ねてきた

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:39:23.73 ID:bhEezi+C0
んちゅ!ぐちゅ!ぢゅるうる!

頭の中に妹の音が響く
唇と唇の重なり、擦れる音、
妹が吸い上げる俺の唾液をすする音
絡ませる舌の粘液が発する音

んぢゅっ!

一際大きな音が頭の中で響くと、
妹は俺の唇から口を離していた

妹「どう、でしたか?」

兄「はぁ…はぁ…」

頭が真っ白で何も考えられない

妹「まぁ、顔を見れば分かりますけどね」

からかうように笑うと、俺の正面に座り込む

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:44:24.85 ID:bhEezi+C0
妹「次は、ココですね」

既に限界まで怒張した俺のモノに
指をツツツ、と上から下に這わせていく

兄「くぅっ!?」

妹「ちゃんとおねだりできたら、お口で舐めてあげますよ?」

兄「んなことは…!」

妹「大丈夫ですよ、兄さんならできます」

妹「私に兄さんの一番恥ずかしいところ見せてください」

妹「ほら、自分で出して、私の口でしゃぶって欲しいって言ってください」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:51:26.52 ID:bhEezi+C0
俺の指がズボンに掛かる、
心は躊躇しているが、体は躊躇せず、
一気にズボンを降ろした

妹「わ、わぁ…!おっきぃ…」

興味津々に俺の先端を指でツンツンと触る

妹「もう、何かお汁が出てきてますよ…?」

妹は期待する目で俺を見てくる

妹「はぁ…はぁ…早く言ってください…」

兄「はぁ…んっ!」

下半身に電気が走る
妹が亀頭にキスを浴びせている

妹「ちゅ、ちゅ…うぅ、早く舐めさせてください…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 02:56:40.33 ID:bhEezi+C0
妹は俺の言葉を待っているのか、
涙目で俺を見つめてくる

兄「うぅ…お前の、口でしゃぶってくれ…」

妹は返事もせず、
視線を俺から離すと、俺の下半身に視線を落とす

妹「んっちゅ、はぁ…れろっ」

兄「んっく!」

妹の柔らかい舌が俺の亀頭を舐め上げ
スグにぬめっとした滑りのある色に変わる

舌だけを器用に動かし、亀頭の裏まで
自分の唾液で俺を濡らす

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 03:00:47.75 ID:bhEezi+C0
もう限界が近い
先ほどの行為から妹に舐められただけで
俺はもう果てようとしていた

妹「あむっ…」

不意に、全体が生あたたかいモノで包まれる

兄「うっ!くぅ!」

妹が俺のものを咥え込み、
非常ゆっくりと、全体をストロークしている

妹「んっ…んっ…」

二往復したところで、俺は腰に痺れを感じ、
思わず腰を引いてしまう

妹「んっ!きゃ!?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 03:04:56.83 ID:bhEezi+C0
ビュル!ビュルルル!

俺は我慢できず、妹の顔に精の全てを吐き出す

妹「んんんっ!?」

妹は、避けもせず、ソレが出終わるのをじっと待っている

兄「はぁ、はぁ…うっ!」

妹「大丈夫…?」

兄「あ、あぁ…」

妹「…あむっ…ちゅ、ちゅう!」

あらかた出し終わると、妹はまた咥え込んでくる

兄「おい、ちょっと…待てって!うぅ!」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 03:07:27.83 ID:bhEezi+C0
眠気と精神的に俺もイッちまったからモチベが死んだ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/29(木) 03:19:09.42 ID:bhEezi+C0
本当は本番まで書きたかったが
あと100レスは余裕でかまさないと到達しそうにないので
もう落ちますね

需要があって残ってたら続き書きたいですが
昨今のSSスレと同じくスレストに会うだろうなと思われます

ちなみにクソ久々に書いたので
他の二人称兄さん妹の人とは違う人です
間違えてあげないようにしてくださいです

それでは、読んでくれた方々ありがとうごぜいますた。です。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。