FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守ネタ

342 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 20:56:55.22 ID:XyNcWyQ0
一通さん×上嬢さんとか妄想してみた…って需要なさそうだな
ネタ的にはエンゼルフォールを応用した術で上条さんの体を乗っ取り→幻想殺し略奪を狙った魔術が、右手のせいで変に歪んで女体化って流れで…
いやすまん悪かった

365 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/27(火) 01:42:06.50 ID:ACaVET20

登校中
上嬢「あ-…朝から不幸だ-…」

土「どーしたにゃー?上やん」

青ピ「どうせまたいつものパンチラサービスでもしたんちゃう?」

上「いつものってなんだよ!つかサービスなんてしてねぇっ!!」

青ピ「またまたーww風の強い日はとりあえず上やんみとけ言うんは、もううちらの学校で常識やん?」

土「そーだにゃー。知らないのはもう上やんくらいですぜい」

上「ちょっ!?ふざけんなよ!なんだよそれはぁ!!」

土「まぁまぁ落ち着くにゃー。スカートの中身見えてるぜぃ」

青「実は見られる快感に目覚めとるんやない?ww」

上「」プルプル

上「ふ!ざ!け!る!なぁぁぁぁ!!!」

379 名前:342です[] 投稿日:2010/04/27(火) 04:01:42.25 ID:3ISTu0E0 [1/2]

そんなこんなで数日が経過したある日、敵魔術師による上空からの長距離狙撃術式が発動する。

間一髪の所で神裂が気づき上条へ知らせる。

神「!?上です!上条当麻!!」

上条「なっ!?くそっ!」パシィ

上条「なんだっ…こいつ消しきれねぇ!次から次へと魔術が発動してやがんのか!?」

神裂「上条当麻!!」

上条「来るな神裂っ!…ぐ…くあっ…」カッ!
上条「ち、ちく…しょ…」トサッ

神裂「!?しっかり!しっかりしなさい上条当麻!!」ユサユサ

上条「かん…ざき…すまねぇ…しくじっ…た…」ガクッ

380 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 04:32:02.69 ID:skru8L60

とある病室

上「ん…ここは…?」モゾモゾ

土「お?目が覚めたかにゃ-上やん…ククッw」プルプル

ねーちん「よかった、い、一次はどうなることかと」アセアセ

上「ん?どうしたんだ二人とも。なんか様子が変だぞ」

ねーちん「い、いえそのようなことは…それよりも体の方は大丈夫なのですか?」

上条「あれ?そういえばどこも痛く無いな。まだ麻酔でも効いてんのか」

土「…なー上やん。落ち着いて自分の体、よくみてみるんだ」

上「…おい、なんなんでせうかその不安を煽る言い方は…どうしてお前シリアスモードになってんだよ」アセアセ

土「…」

土「神裂、すまん後は任せた。俺は席を外そう」

ねーちん「はい、後は任せて下さい」

上「え?え?何この空気?ちょっとまて、今の俺ってもしかしてそんなにやばいのか?そういえばさっきから声おかしいし胸が重いし締め付けられるしこれって重症?」

385 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 05:33:46.75 ID:z9BxuSQ0 [2/2]

その後いくつかの検査を終え、特にこれといった異常も無かったため退院する上条。病室の前で笑い転げていた土御門を連れ小萌宅にて事情説明をするはめに。

本来ならば事件解決まで黙っていたい所だが、そこは出席日数ギリギリの男。これしきの事で休む訳にはいかないのである

小萌「なるほどー。それで女の子になっちゃったと言う訳ですねー」

上条「はい、そうなんです。でも俺ってほら自分で言うのもなんですけど、出席日数ヤバイんで休む訳にもいかずどうしたらいいのかと…」アセアセ
土御門「にゃー、それなら心配することないぜい。留年したら俺の事は先輩♪と呼んでくれればいいにゃー」

上条「うっさい黙れ貴様なんぞには死んでも言わんわ!」

小萌「ん-そーですね-。だったらメタモルフォーゼ系の能力者さんのいたずら、って事にしちゃうのはどうです?これならクラスの皆さんも納得してくれると思うのですよー?」

上条「いや、そういう問題では無いと思うんですけど…」

小萌「むー!つべこべ言わずとりあえず服を脱いで下さ-い。制服用に採寸が必要なのですよー」

土御門「おっと、ならば俺はここらで退散するぜい。また明日にゃー上やん」

386 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 05:43:15.94 ID:3ISTu0E0 [2/2]

上条「く…すっかり夜遅くなってしまった。てか小萌先生に下着買えって言われたけど、どうしよう。流石に恥ずかしいよな…神裂にでもお願いするか、いやいややっぱ無理だろ」トボトボ



スキルアウトA「おい、見たか?今の女」

B「ああ、見た見た!ノーブラだったよな」
C「なぁ?やっちまわね?」ニヤ

A「賛成~んじゃいつも通りな」





上条「…ん?おいあんたどうしたんだ、そんな所で?」

B「いや、その、財布を落としてしまって探してる所なんですよ」アセアセ

上条「そうか、それは大変だな。よし!俺も手伝うぜ!!」

387 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 05:48:35.33 ID:aFxtmnc0 [1/2]
B「本当ですか!じゃあ向こう側をお願いします」

上条「オッケー。早いとこ見つけないとな」クルッ

B「そーですね。誰かに見つかる前に、ね」ビリィ!

上条「かっ!?」トサッ

A「よしさっさと車に運び込め!」

B「うるせーよ!テメエこそちんたらしてんじゃねーよ!」

C「よし!んじゃ車だすぞ!」

388 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 05:52:29.97 ID:aFxtmnc0 [2/2]
サッサトシロヨ!

ウルセ-ヨ!テメェコソチンタラシテンジャネ-ヨ!

ヨシ!クルマヲダスゾ!!



???「あァ?なンだァあれ。チッ…下らねェ事しやがってクズ共が。ま、俺には関係ねェけどよォ」

389 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 06:00:39.89 ID:hWEe3.20 [1/2]
上条「むぅ…ここは…?」

スキルアウトA「よぉお目覚めかい?おじょーさん」

上条「なんだお前は!?ってなんだこれ!?縛られて…!」

B「いやー悪いねぇ。財布さ、よくみたらポケットん中入ってたわ」

上条「てめえはっ!くそっ騙したのか!!」
C「おーおー強がっちゃってまあ。怖い怖い」

上条「…いいぜ、おまえらが力づくで女に好き勝手するってんなら、まずはそのふざけた幻想を」ゲシッ

A「うるせーよ。ちったぁ立場ってもん弁えろ」

上条「ごふっ…こ、この野郎…」

390 名前:342です[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 06:13:11.03 ID:hWEe3.20 [2/2]
A「さて、大人しくなった所でさっさと済ませちゃいますか」カチャカチャ

上条「おい、嘘だろ、冗談はよせ…」

C「冗談な訳ねーだろ。馬鹿かよテメエは」
A「それじゃあいっただっきまーs」グシャァ!

上条「っ!?地面が破裂した…なんだ、何が起こった!?」

???「よォ、随分楽しそうな事してンじゃねェかよ。俺も混ぜろ」

B「こ、この、なんだテメエ!能力者か!?」

C「くそっ!よくもAをやりやがったな!ぶっころしてやる!!」

???「はッ!いいねェ殺れるもんなら殺ッてみろよクズ共が!!」カチッ

上条「お前は…一方通行!!」

てな感じでフラグ立ちそうな気がしました。駄文投下失礼しました

続く?

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。