FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子「行きますわよ!」蒼星石「はいマスター!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:49:00.88 ID:Jsg7AJRy0 [1/54]
初春「白井さん!」

黒子「どうしましたの?」

初春「こないだの書類、白井さんだけサインしてませんでしたよ!あれだけ目を通しておけと・・・」

黒子「まぁ」

初春「まぁじゃありません!他にもこんなに!」バサッ!

黒子「・・・ちょ、ちょっと最近目を通す暇が無かったんですの」

初春「いい機会です。全部目を通して・・・」

黒子「私もちょっと手が離せませんの。書類の内容だけ教えてくださらない?」

初春「・・・もう!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:52:27.38 ID:Jsg7AJRy0
初春「えーと、人事発令」

黒子「関係ないですわね。サインしておいて下さいまし」

初春「新人の歓迎会のお知らせ」

黒子「この支部には関係ないですわね。サイン」

初春「もう!えーと、まきますか?まきませんか?」

黒子「はいはいまきますまきます」

初春「真面目に聞いてるんですか・・・まきますっと」

黒子「もうおしまいですの?」

初春「まだです!次は定期集会の連絡・・・」

黒子「日にちだけ教えてくださいまし」

初春「日にちはですね・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:55:31.00 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

ガチャ

黒子「ただいま帰りました」

美琴「お帰り。最近忙しいみたいね」

黒子「暇なときは暇なんですが、最近は色々とごたごたがあるんですのよ・・・」

美琴「風紀委員も楽じゃないわね」

黒子「楽な仕事なんてありませんのよ」

美琴「まぁね・・・あ、そうそう」

黒子「?」

美琴「黒子宛に荷物が届いてたわよ。ほら」ゴソゴソ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:59:20.06 ID:Jsg7AJRy0
ドン!

黒子「パソコン部品、白井黒子様・・・??」

美琴「で、今度は何を企んでるのかしら?」バチッ

黒子「いえいえいえいえいえ!!!!覚えがありませんの!!!」

美琴「よく言うわよ・・・個人から来てるみたいだけど住所も何も書いてない。怪しさの極みじゃない!!!」

黒子「いや、ほんとに・・・送り主はスィドリームとレンピカ?外国の方?」

美琴「ホントに心当たりないの?開けてみれば?」

黒子「ですわね」

ビリビリー・・・

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:03:19.78 ID:Jsg7AJRy0
美琴「うっわ!高そうな鞄・・・」

黒子「やっぱり覚えがありませんの。何かの間違いでしょうね」

美琴「ふん!」カパン

黒子「ちょ、勝手に開けては・・・!」

美琴「・・・見てみて黒子!」

黒子「何ですの・・・人形?」

美琴「すごい・・・こんなきれいな人形初めて見た」

黒子「とすると、もう片方の鞄も?」カパン

美琴「そっちは違う人形みたいね」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:06:47.04 ID:Jsg7AJRy0
美琴「へぇー、ほー、ふぅーん」さわさわ

黒子「これは男の子でしょうか?」さわさわ

美琴「そういや私、こんなお人形持ってなかったわ」

黒子「そうなんですの?お姉様はお人形遊びが御得意だと」

美琴「なんでよ・・・あれ?薇も入ってる」

黒子「本当ですの?・・・あら、こちらにもありましたわ」

美琴「薇・・・わかったわ!どこかに薇を巻けるような仕掛けがあるのよ!」ピコーン

黒子(ちょっと考えれば分かりそうなことを・・・)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:09:59.76 ID:Jsg7AJRy0
美琴「どこですかーっと」さわさわ

黒子「あ、この背中のあたりにありましたわ!」さわさわ

美琴「でかしたわ黒子!ほら、巻きましょ」

黒子「・・・いいんでしょうか?もしかしたら他人のものかもしれませんのに・・・」

美琴「ちょっとだけよ。ね?」

黒子「・・・まぁちょっとだけなら構いませんけれど」

美琴「決まりね。せーので巻くわよ」

美・黒「せーの!」

キリキリキリキリ・・・

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:16:02.20 ID:Jsg7AJRy0
美琴「よし。さて、動くかな~」

黒子「巻きすぎとかはありませんわよね?」

美琴「大丈夫なんじゃないの?ホラホラ動け動け!」ガクガク

黒子「お姉様、乱暴ですのよ・・・」

美琴「・・・おっかしいわね。動かないわよ?」

パチ

黒子「ん?」

蒼星石「ん・・・」

翠星石「ふわぁ~あ・・・よく寝たです・・・ん?」

美琴「・・・」

翠星石「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!人間ですうううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:21:02.79 ID:Jsg7AJRy0
美琴「え!何これ!喋ったああああああああああああ!!!!」

翠星石「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ!離しやがれですうううううううううううううう!!!!!」

美琴「KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!」

黒子「お姉様!落ち着いて下さいまし!!」

蒼星石「やぁ、君が僕の薇を巻いたのかい?」

黒子「こっちも喋ったあああああああああああああああああああ!!!!!」ギュウウウウウ

蒼星石「ちょ、落ち着いtあいだだだだだだだだだ!絞まってる絞まってる!!!」




ぎゃあああああああああああああああああああああああああああ・・・!!

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:27:24.00 ID:Jsg7AJRy0
バーーーン!!!

寮監「うるさいぞ!何時だと思ってるんだ!」

美琴「すみませーん。ちょっとクラスの出し物の練習を・・・」

黒子「私も練習に付き合ってましたの」

寮監「・・・練習は確かにいい事だ。だが、時間帯くらい考えろ!次はペナルティだぞ」

美琴「はーい」

黒子「気をつけますのー」

バタン

美琴「・・・行ったわね」

黒子「ええ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:32:45.85 ID:Jsg7AJRy0
美琴「よいしょ!」ズルズルー

翠星石「プハァ!ベッドの下に放りこむなんて野蛮です」

蒼星石「掃除はしてる?埃まみれだったよ」

黒子「最近してないですわね・・・じゃなくて!」

美琴「そうよ!何よアンタたちは!」

翠星石「ヒィィ!吠えたです、怖いですぅ・・・」

蒼星石「大丈夫だよ。多分」

美琴「・・・別に噛み付きはしないわよ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:38:47.96 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「ごめんね、翠星石は人見知りだから」

黒子「・・・あなた達、人形ですわよね?」

蒼星石「そうだよ。手紙か何かこなかったかい?まきますと応えたから僕らはやってきたんだ」

黒子「まきます・・・もしかして!」

美琴「何?心当たりがあるの?」

黒子「えぇ・・・確かにまきます、と。そんなに大事な手紙だったなんて・・・」

翠星石「自分のテキトーさを恨むがいいです」

黒子「何ですって?」

翠星石「ヒィィ!近寄るんじゃねぇです!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:45:07.29 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「コホン、僕の名前は蒼星石。ローゼンメイデンの第4ドール」

翠星石「・・・私は翠星石。第3ドールで蒼星石の双子の姉です」

美琴「双子?人形なのに?」

翠星石「そういう決め付けはやめた方がいいです」

黒子「なるほど。で、何が目的ですの?」

蒼星石「そうだね・・・とりあえず、契約がしたいかな?」

黒子「契約?お金の話ですの?」

蒼星石「お金の話じゃないよ。もっと大切な話さ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:52:27.03 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「とりあえず誓いを立てよう。その指輪にキスをしてくれないかい?」

美琴「指輪・・・あっ!」

黒子「左手に指輪が!何なんですのこれは!?」

翠星石「抜いてみたらどうですか?肉も一緒に持ってかれちゃいますがね~」

美琴「うぎぎぎぎ・・・!外れない」

蒼星石「別に死にはしないよ。それどころか外そうと思えば外すことも出来る」

黒子「じゃあ・・・」

蒼星石「でも、マスターが居ないと僕たちも困るんだ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:57:18.83 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「です。願わくば大人しくキスをして欲しいのです。人間」

美琴「マスターって何よ。この指輪と関係がある訳?」

蒼星石「・・・マスターになったら説明してあげる。マスターにならないのなら新しいマスターを探すだけだよ」

黒子「・・・見つかるんですの?」

蒼星石「さあ?探すのは間違いなく大変だろうけどね」

翠星石「もしかしたら変態にじっくり舐め回されるのかもしれないです。怖いですぅ・・・!」

蒼星石「犯罪者と契約して犯罪の手助けをさせられるかも・・・」

翠星石「いやいや、もしかしたら引篭もりと契約してつまらん毎日を・・・」

黒子「・・・ふん!」チュ

美琴「黒子!?」

蒼・翠(イエス!)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:01:27.12 ID:Jsg7AJRy0
ピカッ!

黒子「キャ!」

蒼星石「・・・誓いを立ててくれた証拠だよ。これで君がマスターだ」

黒子「・・・よく分かりませんが、他の人間よりかは私はいくらか安全ですの。風紀委員のプライドがありますのよ!」

翠星石「蒼星石はいいなぁー。翠星石もマスターだ欲しいですぅ」チラ

美琴「・・・」

翠星石「・・・」チラチラ

美琴「・・・分かったわよ!キスすればいいんでしょキス!」チュ

ピカッ!

翠星石「分かればいいのですぅ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:14:43.91 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「さてマスター」

黒子「な、何だか照れますわね」

美琴「私もマスターになったのよね?」

翠星石「そうです、人間」

美琴「私はマスターと呼んでくれないの?」

翠星石「仕方なく契約してあげたんですよ?マスターだなんて呼べるはずが・・・」

美琴「何ですって!!!!・・・モゴ」

黒子「お姉様!また寮監が来ますわよ」

蒼星石「楽しそうだね・・・おや?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:20:36.20 ID:Jsg7AJRy0
黒子「何ですの?」

蒼星石「もう九時だね」

美琴「もご・・・ホントね。気がつかなかったわ」

翠星石「それは大変です!眠りの時間です」

美琴「はぁ?」

翠星石「薔薇乙女にとって眠りは欠かすことの出来ない大切な時間なのです」

蒼星石「夢をみることが神聖な行為なんだよ」

黒子「ロマンチックですわね。じゃあベッドを・・・」

蒼星石「お構いなく。鞄で寝なきゃダメなんだ。薔薇乙女はね」カパン

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:25:54.08 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「それじゃお休みです。明日からよろしく頼むですよ」

蒼星石「他のことは追々説明するから」

バタン!

黒子「・・・」

美琴「・・・」

黒子「夢じゃありませんわよね?」

美琴「ほっぺつねってあげようか?」

黒子「いえ、お構いなく・・・」



美・黒「不幸だ・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:31:11.00 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

黒子「ん・・・」パチ

黒子「ふわ~ぁ・・・いい朝ですの」

黒子「・・・ん?」

蒼星石「おはよう、マスター。早いんだね」

黒子「・・・夢じゃない、ですのよね」

蒼星石「そう、現実さ」

翠星石「まぁーーーーったく・・・翠星石のマスターはまだ寝てるんですか」

黒子「お姉様!朝ですわよ!」

美琴「あと5分・・・」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:37:33.57 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

黒子「いいですわね?決してここからでないように!」

美琴「面倒事はゴメンだからね」

蒼星石「分かってるよ」

翠星石「しょーが無いですねぇ・・・」

黒子「じゃあ学校に行ってくるのので、後は宜しく頼みましたわよ?」

蒼星石「行ってらっしゃい」

翠星石「早く行きやがれです、人間」

美琴「く・・・可愛くないわね・・・!!」

バタン

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:39:45.95 ID:Jsg7AJRy0
美琴「・・・あ」

黒子「どうしましたの?」

美琴「いや、指輪・・・」

黒子「!そういやそうですわね・・・困りましたわ」

美琴「どうにかして誤魔化さないとね」

黒子「そうですわね。手袋でも・・・」

美琴「そっちの方が不自然じゃない」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:44:10.30 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「レンピカ!」

翠星石「何をしてるのですか?」

蒼星石「この時代で目覚めてるのは僕たちだけかな?それとも・・・」

翠星石「・・・どうでしょうね。少なくとも全員が目覚めたことは無いです」

蒼星石「レンピカ、他に誰かが目覚めてないか調べてくれないかい?」

レンピカ「!」チカチカ

シューン・・・

翠星石「水銀燈と会うのだけは勘弁です。アイツは危険すぎです」

蒼星石「そうだね。僕もそれだけは避けたいよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:48:31.19 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「しかし、この時代は何なんでしょうね」

蒼星石「分からないよ。情報収集が必要だね」

翠星石「ここはまず何処なんでしょうか?何も無い部屋ですね」

蒼星石「ルームメイトかな?」

翠星石「キッチンとか無いんでしょうか?探しに・・・」

蒼星石「だめだよ。マスターのいいつけは守らないと」

翠星石「ちょっとだけですよ。それに情報は必要でしょう?」

蒼星石「それはそうだけど・・・」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:54:53.98 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「・・・ちょっとだけだよ?」

翠星石「流石蒼星石!話がわかるですぅ!」

ガチャ

蒼星石「・・・同じドアが並んでるね」

翠星石「何かの施設・・・寮?」

蒼星石「学生寮か!」

翠星石「なるほど。それならみんな学校に行ってるはずです!」

蒼星石「確かに・・・思ったより楽に動き回れそうだ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:59:26.35 ID:Jsg7AJRy0
御坂様が指輪・・・

結婚・・・

まさか!まだ中学生・・・

いえいえ!もう中学生・・・

政略結婚・・・

美琴(・・・噂がひどいことになりそうだわ)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 19:07:41.63 ID:Jsg7AJRy0
黒子「いやだからこれは諸事情でですね」

教師「指輪に何の事情があるんだ!」

教師「風紀委員が何を・・・」

黒子「・・・私も不本意なのですのよ」

教師「ガミガミガミ・・・」

黒子(包帯でも巻けばいいのでしょうか・・・)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 19:10:13.41 ID:Jsg7AJRy0
飯くってきます

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:21:11.09 ID:Jsg7AJRy0
たでま

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:24:31.32 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

蒼星石「びっくりするくらい静かだね」

翠星石「そりゃあ誰も居ないのですからね」

蒼星石「今度は真っ直ぐ行ってみよう」

翠星石「了解ですぅ」

寮監「・・・ん?」

翠星石「え?」

蒼星石「あ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:29:27.10 ID:Jsg7AJRy0
寮監「なんだお前達は?というか何処から入ってきた!」

翠星石「えぇ~・・・っと・・・ですねぇ?」

蒼星石「あわわわ・・・あ、ミサカさーん」

寮監「御坂?お前学校はどうした!」クル

蒼星石「今だ!」ダッ

翠星石「です!」ダッ

寮監「!?騙したな!!」

蒼星石「外に出よう!捕まったらおしまいだよ!なんとなく!」

翠星石「はいなのです!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:34:47.32 ID:Jsg7AJRy0
寮監「まて・・・!くそ、すばしっこい!」

翠星石「スィドリーム!」

ピカッ!

寮監「あっ!?目が・・・!」

蒼星石「いいよ翠星石!3分間は待っててくれそうだ」

翠星石「あ、あそこが出口みたいですね」

ガ~ッ

蒼星石「うわっ、ドアが一人でに・・・」

翠星石「とりあえず、右に逃げるです!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:41:18.66 ID:Jsg7AJRy0
美琴「変な噂流れて散々だったわ」

黒子「私も色んな方からお説教を・・・」

美琴「今日はどうするの?流石に風紀委員の仕事は休んだ方がいいんじゃないの?」

黒子「お構いなく。風紀委員に安息の日々はありませんの!」

美琴「はぁ、変なとこでカタいわねぇ」

黒子「ですので、あの二人の事、よろしくお願いしますの」

美琴「押し付けてんじゃないわよ!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:47:35.47 ID:Jsg7AJRy0
黒子「事情はよく伺ってませんが、喋って動く人形ですのよ?良からぬことを考えてる連中に捉えられたら・・・おおう」

美琴「それはそうだけど・・・部屋から出るなって言ってあるし」

黒子「いえ、何があるかわかりませんのよ!」

美琴「・・・分かったわよ。少し早めに帰るわ」

黒子「分かっていただいて何よりですの」

美琴「ハイハイ。じゃ、私は帰るわね。仕事頑張って」

黒子「はい!では私も行きますの」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:54:13.64 ID:Jsg7AJRy0
美琴「・・・とは言ったものの、今日はジャンプの発売日だし・・・ちょっとくらい立ち読みしても良いわよね?」

美琴「決めた!コンビに行こうっと」

prrrrrrrr・・・

美琴「電話?えーと・・・佐天さん?」

美琴「はいもしもーし」

『あ、こんにちはー。今大丈夫ですか?』

美琴「大丈夫よ。どうかしたの?」

『えっと・・・何と言うかですね、その・・・二人組が』

美琴「二人組?佐天さんと初春さんじゃ・・・」



美琴「・・・まて、二人???」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 20:59:51.59 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

がやがや・・・

蒼星石「うっわぁ・・・」

翠星石「何ですかここは。今までとはぜんぜん違う世界です」

蒼星石「技術が進歩したんだろうね。それでもこれは・・・すごいや」

翠星石「見るです!鉄の馬車が走ってるですよ!」

蒼星石「原理が気になるね・・・あ、あそこ!」

翠星石「ひぃ!絵が動いてるです!音も出てるです!!」

ウィーン・・・

蒼星石「ん?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 21:08:55.77 ID:Jsg7AJRy0
清掃ロボ「・・・」

翠星石「な、なんですか!やる気ですか!!」

蒼星石「落ち着いて。ほら、よく見てよ」

翠星石「何をですか・・・?」

蒼星石「この変なの、ゴミを集めてるみたい」

翠星石「へぇ、人間が掃除をしなくてもいいのですね」

蒼星石「変な感じだね。掃除くらい普通にやればいいのにさ」

翠星石「余計な心配ですよ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 21:27:21.12 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「って、そんなこと言ってる場合じゃないよ!これからどうするか考えないと・・・」

翠星石「そうですねぇ。何も考えずに脱出してしまいましたが、下手すりゃマスターに会えない可能性も・・・」

蒼星石「そうなれば薇も巻いてもらえずに、動きが止まり・・・」

翠星石「そしてアリスにもなれないまま朽ち果てるのですぅ・・・」

蒼・翠「・・・」

蒼星石「どうしよう!」

翠星石「一番嫌な死に方ですぅ!そんなのゴメンですぅ・・・!」オロオロ

「・・・あのー」

蒼・翠「!!」

佐天「どうしたの?困ってるのかな・・・?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 21:35:33.66 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「な、なんですか!?人間!」

佐天「はぁ・・・私は確かに人間だけど」

蒼星石「あの・・・実は人を探してるんです。名前は・・・・ミサカとクロコ?」

佐天「ミサカとクロコ?・・・どう考えてもあの二人だ」

翠星石「そう!二人とも同じ部屋でした!」

佐天「・・・二人とも私の友達だよ。連絡してあげようか?」

蒼星石「本当に!?助かるよ!」

翠星石「でも、どうやってですか?」

佐天「何って、ケータイで」

翠星石「何ですかそれ、間抜けな響きですぅ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 21:45:10.75 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

佐天「連絡したよ。あと20分くらいでくるって」

蒼星石「良かった・・・」

翠星石「助かったです!ありがとうです人間!」

佐天「・・・人間人間言われるのは流石に嫌だなぁ。私には佐天涙子って名前があるんだよ?」

蒼星石「ありがとう、ルイコさん」

翠星石「細かいことは気にしないですよルイコ!」

佐天「で、二人の名前は?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 21:50:51.12 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「私は翠星石です」

蒼星石「で、僕は蒼星石」

佐天「翠星石に蒼星石・・・?変わった名前だね」

蒼星石「よく言われるよ」

翠星石「ですぅ」

佐天「二人はもしかして双子かな?顔が似てるような・・・」

翠星石「その通りです!ルイコはなかなか見る目があるようですね、気に入ったです!」

佐天「それはどうも」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 22:13:00.21 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

美琴「ぜぇ、ぜぇ・・・」

佐天「あ、御坂さーん!」

翠星石「まったく・・・遅いったらありゃしないです」

美琴「・・・人が全力で迎えに来たって言うのに、何呑気にジュース飲んでるのよ!」

蒼星石「いや、ルイコさんにご馳走に・・・」

美琴「ごめんね佐天さん。迷惑だったでしょ?」

佐天「いえいえ、私も暇だったし。気にしてませんよ」

美琴「ほら、帰るわよ。あれだけ部屋から出るなと言ったのに・・・」

翠星石「しゃーねーな、ですぅ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 22:23:22.91 ID:Jsg7AJRy0
よく考えたらそうだよな・・・
クロコとミコトで統一させるか

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 22:29:22.05 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「んじゃルイコ、世話になったです」

蒼星石「ミコトと友達ならまた会えるかもね」

美琴「え?アンタ私のこと呼び捨てにするの?」

佐天「仲いいですね~。親戚か何か?ですか?」

翠星石「いえ、翠星石はローz」

美琴「あああああああああああああ!!!早く帰らなきゃ!じゃ、そういう事で!」

タタタタッ・・・

佐天「ローz・・・?あ、行っちゃった」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 22:36:47.50 ID:Jsg7AJRy0
美琴「ああああああアンタねぇ!あんなところで自分が人形だなんて言うんじゃないわよ!」

翠星石「やかましい女ですね。言ってないじゃないですか。未遂ですよ未遂」

蒼星石「止めなかったら言ってたクセに・・・」

美琴「自分たちが人形だと言うことは伏せておきなさい!」

蒼星石「いや、ただの人形じゃなくて薔薇乙女・・・」

美琴「い い わ ね ?」

蒼星石「・・・はい」

翠星石「細かいことは気にしないで、寮に帰るですぅ!」

美琴「言われなくても分かってるわよ・・・」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 22:45:37.72 ID:Jsg7AJRy0
ーーーー・・・

美琴「誰も居ないわね・・・いまのうちよ」

蒼星石「今日は逃げるとき大変だったんだから」

翠星石「メガネをかけたオバサンに見つかって・・・」

美琴「寮監に見つかったの!?」

翠星石「大丈夫です。逃げてきたですから」

美琴「そんな問題じゃないわよ!あぁ、なんて言い訳しよう・・・」

蒼星石(・・・僕が思ってるよりまずい人に見つかったのかも)

ハラリ

美琴「はぁ・・・ん?なにか落ちてる?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 22:58:38.73 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「これは・・・」

美琴「あら、カラスの羽かしら?にしてもどうやって・・・」

翠星石「・・・カラスじゃないです。性格はカラス並みかもしれませんが」

美琴「何訳わかんないことを・・・」

蒼星石「ミコト、僕たちから離れないで」

美琴「・・・分かったわ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:05:01.28 ID:Jsg7AJRy0
ガチャ

蒼星石「・・・やっぱり君か」

「あら、早かったのねぇ?」

翠星石「目覚めるなりすぐにアリスゲームですか。落ち着きの無いやつに乙女を語る資格なぞ無いですよ・・・水銀燈」

水銀燈「お久しぶりね、お二人さん・・・相変わらず仲良しで何よりだわ」

美琴「・・・何、こいつ・・・?」

翠星石「薔薇乙女の第1ドール、水銀燈・・・翠星石達の姉になるです」

水銀燈「あなたがこの二人のマスターかしら?よろしくねぇ・・・!」

美琴(不気味ね・・・この人形)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:09:32.31 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「で、何の用だい?お茶会でもあるのかな?」

水銀燈「私は誘う側じゃないわよ。いっつも誘われる側・・・こんな風に」

パァッ!

レンピカ「・・・!」

蒼星石「レンピカ!」

水銀燈「nのフィールドでさまよっていたのを 偶 然 見つけて保護してあげたのよ。クスクス・・・」

翠星石「ハン、相変わらず趣味の悪いヤツです」

水銀燈「あなたこそ・・・その口の悪さは相変わらずだこと。毒でも漏れてるんでしょうねぇ?」

翠星石「ふざけんじゃないです!ムッキーーー!!!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:15:32.43 ID:Jsg7AJRy0
美琴「な、何よアンタ!勝手に人の部屋に上がり込んで!しかもどこから入ってきたのよ・・・!」

水銀燈「さぁ?忘れちゃったわぁ?」

美琴「・・・」イラッ

翠星石「乗せられるんじゃないです、人間」

蒼星石「レンピカを連れて返してもらったのは感謝するよ。で、要件はそれだけかい?」

水銀燈「そうね・・・後は確認よ。あなた達が寝ぼけてないかどうか、ね?」

ヒュンッ!

美琴「!?」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:24:15.07 ID:Jsg7AJRy0
バチィ!

水銀燈「・・・?」

美琴「なによコレ・・・羽?危ないわねぇ」

翠星石「な・・・どうやって弾いたのですか!?」

美琴「何って・・・あれ?言ってなかったかしら?まぁいいや」バチバチィ

蒼星石「翠星石のマスターも不思議な力を持ってるし・・・どうだい?今日はここで手を引いてくれればお互い無傷で済むんだけど」

水銀燈「・・・面白いわねぇ、あなた。もっと遊んでみる?」

翠星石「水銀燈!!」

美琴「何よ・・・やる気?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:33:50.43 ID:Jsg7AJRy0
水銀燈「冗談よ。今日はこれくらいで失礼させてもらうわぁ」

蒼星石「分かってもらえて何よりだよ」

水銀燈「ま。他にも行かなきゃならないところがあるのよ。ブサイクな妹の所とか、ね?」

蒼星石「・・・まさか」

翠星石「真紅・・・のことですよね?」

水銀燈「さぁ?でも、忠告してあげるわぁ。薔薇乙女が、一斉に目覚めようとしている」

美琴(えっ・・・こいつらあと何人居るのよ!)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:39:27.84 ID:Jsg7AJRy0
翠星石「アリスゲームが始まると言いたいのですか?」

水銀燈「ふふ、それくらい自分で考えなさいな。体が小さいとおつむまで小さくなっちゃうのかしら?」

翠星石「ムッキーーーーー!!!」

水銀燈「メイメイ」

ピカッ!

美琴「窓ガラスが・・・?」

蒼星石「nのフィールド・・・あんな所に接点が」

水銀燈「じゃぁね、お馬鹿さん達。また会いましょう・・・クスクス」

シュン!

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 23:53:06.51 ID:Jsg7AJRy0
蒼星石「行ったみたいだね・・・」

翠星石「ふぅぅ~~・・・」ヘナヘナ

美琴「ちょっと翠星石!大丈夫!?」

翠星石「力が抜けただけですよ・・・ミコト」

美琴「あら、やっと名前で呼んでくれたわね」

翠星石「ふん、たまたまですよ。そういうおめーだって初めて翠星石の名前を呼んだじゃないですか」

美琴「・・・そうだったかしら?」

蒼星石「全く・・・調べろとは言ったけど捕まれと入ってないよね?」

レンピカ「・・・」ビクビク

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 00:07:15.49 ID:/NVZ/JdF0 [1/70]
蒼星石「・・・しかし、全ての薔薇乙女が目覚める、とか言ってたね」

翠星石「アリスゲームが始めるのでしょうか・・・」

美琴「ねぇ、薔薇乙女って何体いるの?」

蒼星石「薔薇乙女は全部で7体。第1ドールから第7ドールまでだね」

翠星石「第7ドールは顔も名前も分からない異質な存在ですが・・・他のヤツらは全員面識があるです」

美琴「・・・じゃぁ、アリスゲームって?」

翠星石「アリスゲームとは・・・アリスになる為の薔薇乙女同士の戦いのことです」

美琴「・・・物騒な話ねぇ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 00:08:43.00 ID:/NVZ/JdF0 [2/70]
さるさんじゃないよ!半分寝てるだけだよ!

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 00:23:55.20 ID:/NVZ/JdF0 [3/70]
蒼星石「アリスとは、全てを兼ね備えた完璧なる少女。全てを凌駕する至高の存在」

翠星石「もともと私たちローゼンメイデンは、アリスを目指して作られたドールなのです」

美琴「・・・でも、アリスじゃないわよね?」

蒼星石「そう。最初に水銀燈を作って、次は別のドール。翠星石、僕・・・そして7体作ってもアリスは完成しなかった」

翠星石「お父様は嘆き、悲しんだです。そして、どこかに消えてしまったのです」

美琴「お父様?製作者のことかしら」

蒼星石「そう。人形師ローゼン・・・それが僕らのお父様。そのかたにお会いするために僕たちはアリスゲームを行ってるんだ」

翠星石「お父様はアリスとしか会う気にならないらしいのです」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 00:41:40.63 ID:/NVZ/JdF0 [4/70]
美琴「・・・アリスゲームに勝てばいいのよね?じゃあ・・・」

翠星石「勝つだけじゃあダメなのです」

美琴「ダメなの?」

蒼星石「アリスゲームの勝者は、敗者のローザミスティカを取り込むんだ。ローザミスティカとは、薔薇乙女の力の源」

翠星石「取り込んだ物は著しいパワーアップ、取り込まれたものは・・・物言わぬ、人形になってしまうのです」

美琴「なっ・・・!それじゃあアンタたちは・・・」

蒼星石「解釈は君に任せるよ。色んな捉え方があるしね」

翠星石「です。一旦此の話はお終いにしましょう。クロコもまだ帰って来てないみたいですから」

美琴「・・・っ」



美琴(死ぬのも全て運命だと言いたいの!?それじゃあまるで・・・あの子たちと・・・一緒じゃない!!)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 00:44:00.33 ID:/NVZ/JdF0 [5/70]
眠たいので寝ます。
残ってたら書きます。落ちたら落ちたで後日書き直すと思います
一旦乙っした!

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 08:26:44.57 ID:/NVZ/JdF0 [6/70]
おはよう

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 08:30:27.56 ID:/NVZ/JdF0 [7/70]
ーーーー・・・

初春「調べ物ですか?」

黒子「えぇ。ちょっと気になることがありまして・・・簡単でいいので調べてもらっていいですの?」

初春「それはいいんですけど、白井さんは私に頼みごと多すぎませんか?昨日の今日ですし・・・」

黒子「そう言わないでくださいまし。ジュースか何か奢ってあげますわよ」

初春「忘れないでくださいよ、その言葉。で、何を調べたいんですか?」

黒子「ローゼンメイデンについて、簡単にお願いしますのよ」

初春「ローゼンメイデン?何かの事件の総称ですか?」

黒子「そんなすごいものじゃありませんわよ」

初春「ふーん、分かりました。少し待ってて下さい」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 08:40:09.00 ID:/NVZ/JdF0 [8/70]
prrrrrrr

黒子「ハイ、白井ですの・・・えぇ・・・分かりました。ただちに向かいますの」

初春「出動ですか?」

黒子「スキルアウトが暴れてるから他の風紀委員と一緒に制圧してくれ、ですって」

初春「気をつけてくださいよ?」

黒子「ええ。あなたも調べ物が終わる頃には戻ってくると思いますわ」

シュン!

初春「ローゼンメイデン・・・検索」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 08:44:44.96 ID:/NVZ/JdF0 [9/70]
パッ!

黒子「・・・あら?」

固法「遅かったわね。もう終わったわよ」

黒子「まぁ、もう少し待っててくれても良かったんですのに」

固法「仕方ないでしょう。思ったより応援が多かったんだから」

黒子「これじゃ無駄足ですの・・・支部に戻りますわ」

固法「あら、じゃあ出てきたついでに警らに行くわよ」

黒子「えー・・・」

固法「えーじゃない!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 08:52:56.83 ID:/NVZ/JdF0 [10/70]
固法「それじゃあまずはこの付近を・・・」

黒子「了解ですの。まぁさっきまで風紀委員がドンパチやってた箇所で暴れるバカはいないと思いますが」

固法「人聞き悪いわねぇ。・・・あら?白井さん」

黒子「なんでしょうか?」

固法「その指輪はどうかと思うわよ。お気に入りなワケ?」

黒子「・・・そ、そうなんですの」

固法「ま、私はそこまでうるさく言うつもりはないけど・・・言う人は言うわよ。気を付けなさい」

黒子「既に散々言われましたのよ」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:01:14.53 ID:/NVZ/JdF0 [11/70]
ーーーー・・・

初春「どうぞ。資料を纏めておきましたよ」

黒子「そういえば頼んでましたわね・・・助かりますのよ、初春」

初春「構いませんよ。でも、調べてみたら人形のことじゃないですか・・・」

黒子「まぁまぁ、私にはこの情報が欲しいのですから」

初春「まぁいいです。それじゃ行きましょうか」

黒子「へ?何処に?」

初春「ジュース奢ってくれるって行ったじゃないですか。カフェで何か飲みましょうよ」

黒子「カフェ!?それはちょっと・・・お高いんじゃあありませんの・・・?」

初春「前言撤回はカッコ悪いですよ!行きましょう!」

黒子「え・・・えぇ~・・・」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:05:31.30 ID:/NVZ/JdF0 [12/70]
ーーーー・・・

初春「・・・」わくわく

黒子「はいはいお待たせしましたわよ~っと」

初春「わぁ!抹茶ラテ~」

黒子「ふん、私はエスプレッソで十分ですの」

初春「ムクれないでくださいよ。資料は読まなくても大丈夫なんですか?」

黒子「そうですわね・・・少しだけ目を通しておきますわ」

初春「私は一通り読みましたが・・・不思議な存在なんですね、ローゼンメイデンって」

黒子「そうなんですの?」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:35:49.76 ID:/NVZ/JdF0 [13/70]
黒子「ふむ・・・」ズズ

初春「人形師ローゼンが手がけた人形のシリーズを総称としてローゼンメイデンと呼ぶらしいです」

黒子「ローゼンなんて聞いたことありませんわよ?」

初春「はい・・・確かにその素性は謎に包まれてるらしいです」

黒子「佐天さんが泣いて喜ぶようなネタですわね」

初春「それで奇妙なことに、その薔薇乙女と言うのは・・・製作時期がバラバラなんです」

黒子「シリーズ物でしょう?そりゃ期間くらい開く事もあるでしょうに」

初春「その期間が問題なんですよ」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:41:06.76 ID:/NVZ/JdF0 [14/70]
黒子「と、いいますと?」

初春「数年、数十年ならまだ分かります。しかし、薔薇乙女は数百年の期間が開いてるらしいのです」

黒子「数百年!?そんなバカな!!」

初春「もしかしたらローゼンの子孫が制作を引き継いでるのかもと思いましたが、ローゼンが結婚した、子供を授かったと言う記録は残ってません」

黒子「・・・これはちょっとした不思議ですわね。七不思議に入ってもおかしく無いレベルですの」

初春「薔薇乙女達の目撃情報は多々あれど、その情報は不確かなものが多く、また記録としても曖昧なためその存在自体が疑問視されてるともいいます」

黒子「簡単に言えば、眉唾モノだと言う事ですわね」

初春「そういう事ですね」

黒子(そんなものが何故ウチに・・・それも二体)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:48:38.73 ID:/NVZ/JdF0 [15/70]
初春「で、まずはローゼンの素性を調べたんですがどうも上手く引っかかってくれませんでした」

黒子「まぁ・・・初春の腕を持ってしても、ですの?」

初春「私は大したことありませんよ・・・で、辛うじて手に入れた情報によりますと」

黒子「何か分かったんですの?」ズズズ

初春「サンジェルマン伯爵はご存じですか?」

黒子「サンジェルマン・・・確か18世紀のヨーロッパに実在した人物ですわよね?」

初春「その方は稀代の天才で、多彩な言語を操り、パンと麦しか口にしなかったり、かと思えばヴァイオリンの名手で作曲も手がけるほどの才能を持ち合わせていたそうです」

黒子「・・・お姉様でも敵わないかもしれませんわね」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:57:15.92 ID:/NVZ/JdF0 [16/70]
初春「天才と馬鹿は紙一重といいますしね・・・とにかく変わった人だったらしいです」

黒子「で、その方とローゼンに何の関係が・・・」

初春「どうやら、不老不死らしいんです」

黒子「はぁ?」

初春「自分は不老不死なので、霊薬以外口にする必要がない!と言って他人の目の前じゃ食事を一切摂らなかったらしいです」

黒子「流石にそれは・・・」

初春「他の著名人にも「死ぬことの出来ない人間」「全てを知ってる人物」と評価しています」

黒子「・・・一周回って面白いですわね」

初春「これが事実だとすれば、ローゼンはまだこの現代社会に身を潜めてる!かもしれません」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 09:58:05.19 ID:/NVZ/JdF0 [17/70]
×初春「他の著名人にも「死ぬことの出来ない人間」「全てを知ってる人物」と評価しています」
◯初春「他の著名人にも「死ぬことの出来ない人間」「全てを知ってる人物」と評価されてます」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 10:03:11.15 ID:/NVZ/JdF0 [18/70]
初春「とまぁ、要約したらこんな感じでしょうか」

黒子「興味深いような、そうでもないような・・・」

初春「でも調べれば調べるほどワケの分かんない情報ばかりでした。肝心の薔薇乙女はほぼ情報なしですし」

黒子「契約のことなどは・・・書いてないみたいですね」

初春「契約?」

黒子「あ・・・う、何でもありませんの!」

初春「・・・どうして急に薔薇乙女のことを調べる気になったんですか?もしかして欲しいとか?」

黒子(これ以上はお断りですの・・・)

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 10:07:24.84 ID:/NVZ/JdF0 [19/70]
ちょっと用事があるので出かけてきます。
昼過ぎかそれ以降から再開します

にしても需要あるのかコレ・・・

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 15:24:46.54 ID:/NVZ/JdF0 [20/70]
思ったより遅くなってごめんなさい

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 15:30:48.08 ID:/NVZ/JdF0 [21/70]

ーーーー・・・

黒子「なかなかいい資料ですわねコレ・・・お姉様にも見せて差し上げましょう」

黒子「流石黒子!頼りになるわ・・・もう抱いちゃいたい!とかなったら・・・!ウヒヒヒヒ」くねくね

黒子「そんなことになった時の為に今日は念入りに体を洗わなければ!」

ガチャ

黒子「ただいま帰りましたの!」

寮監「うむ」

黒子「ヒィィィィィィィ!?」

美琴「・・・おかえり」

蒼星石「・・・」クスン

翠星石「・・・」ブルブル

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 15:35:10.59 ID:/NVZ/JdF0 [22/70]
寮監「人の顔を見て叫ぶのか。ずいぶん偉くなったな白井?」

黒子「あ、いえ・・・ご機嫌麗しゅう?寮監様」

寮監「ふん、手を見せろ」

黒子「手?はぁ・・・」

寮監「・・・なるほど、確かに指輪があるな。御坂と同じ扱いになるのか?」

美琴「はい・・・その通りでございます」

黒子「!指輪・・・!!」

寮監「隠さなくてもいい。指輪が取れないのは御坂で実証済みだからな」

翠星石「血がでるまで引っ張ってたです。ありゃ人間の皮を被った悪魔です・・・」

寮監「何?」

翠星石「ヒィィ!怖いですぅ!」

蒼星石(僕だって怖いよ・・・)

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 15:44:19.76 ID:/NVZ/JdF0 [23/70]
寮監「この二人の姿が監視カメラにバッチリ映っていてな。この部屋から出てくるのも綺麗に」

黒子「・・・部屋から出たんですの!?」

翠星石「蒼星石と一緒に・・・」

蒼星石「僕は止めたんだけどなぁ・・・」

黒子「あれだけ出るなと言っておいたのに・・・」

美琴「私が部屋に入った途端絞められて落ちちゃって、そして拷問が・・・」

黒子「・・・大変でしたのね」

寮監「人聞きが悪いな。ただの実験だ」

美琴「一緒じゃないですか・・・」クスン

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 15:51:37.90 ID:/NVZ/JdF0 [24/70]
寮監「まぁ良い。寮の全員に連絡しよう。小さい子供二人も寮の中で生活すると」

黒子「え?」

翠星石「本当ですか!?」

寮監「仕方が無いのだろう。契約というものがイマイチ分からんが、交わしてしまったものは仕方がない」

美琴「あ、ありがとうございます!」

寮監「・・・人形は食事をするのか?」

蒼星石「いえ、僕らは食べなくても・・・」

翠星石「もりもり!もりもり食べるです!」

寮監「じゃあ厨房に連絡しておこう。その代わり、寮の規則はきちんと守ってもらうからな」

翠星石「お茶の子さいさいですぅ!」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 15:56:52.37 ID:/NVZ/JdF0 [25/70]
寮監「良い返事だ。では私は失礼するぞ」

バタン

黒子「ふぅ」

美琴「はぁ~~~・・・疲れた」バタッ

蒼星石「ゴメンなさい、マスター」

黒子「ゴメンですんだらアンチスキルは要らないですの!勝手なことして!!」

翠星石「まぁまぁ、結果オーライです」

黒子「フン!」

ゴン!

翠星石「オギャア!殴るなです!!」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 16:04:37.57 ID:/NVZ/JdF0 [26/70]
黒子「で、何処に行ってたんですの?」

翠星石「わかんないですけど、あっち行ったりこっち行ったり」

蒼星石「ルイコさんと会ったんだよ」

黒子「ルイコ・・・佐天さん?」

美琴「私に電話がかかってきたのよ、佐天さんから」

黒子「今度お礼を言わないといけませんわね・・・お姉様、これを」

美琴「なに・・・文書?」

黒子「薔薇乙女について多少調べてもらいましたの。それの纏めですわ」

翠星石「んまぁなんと手の早い人間です」

黒子「あなたはもう少し口の聞き方を・・・!」

蒼星石「ごめん、翠星石はいつもこうだから・・・」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 16:13:24.11 ID:/NVZ/JdF0 [27/70]
ーーーー・・・

美琴「ローゼンねぇ、ホントに実在したのかしら?」

蒼星石「したよ。でもその素性は僕たち薔薇乙女でも全く分からないんだ」

翠星石「顔も、容姿も、名前も、性別さえ分からないのです」

黒子「でもお父様って・・・」

蒼星石「一応そう呼んでるだけだよ。お母様かもしれないしね」

翠星石「お父様はいくつもの偽名を使って、そして今でもnのフィールドで静かにアリスの誕生を待っているのです」

美琴「そうそう、nのフィールドって何?あのカラスがそこの窓から入ってきたけれど」

黒子「カラス?」

翠星石「カラ水銀燈・・・プッ」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 16:24:17.79 ID:/NVZ/JdF0 [28/70]
蒼星石「入ってみるかい?」

黒子「何処にですの・・・?」

蒼星石「レンピカ」

ピカッ!

美琴「うわっ・・・今度は何よ?」

翠星石「nのフィールドの入口を開いただけですよ。あそこの窓を見るです」

黒子「窓・・・あら?波打ってますわね」

蒼星石「さ、少しだけなら大丈夫だよ」

スッ

黒子「ちょ・・・!何をやってますの!?」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 16:28:28.69 ID:/NVZ/JdF0 [29/70]
蒼星石「何って・・・入り口に入ってるだけだよ」

黒子「そんな得体のしれないところに誰が・・・」

グイッ

黒子「あら?手が勝手に・・・」グググ

蒼星石「そう、それでいいんだ。手を離さないでね?」

翠星石「そんじゃ翠星石達も行くです!クロコにしがみつくです!」

美琴「えっと・・・ごめんね黒子」ギュ

黒子「ふおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

蒼星石「行くよ・・・!」

カッ!

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 16:59:05.82 ID:/NVZ/JdF0 [30/70]
ーーーー・・・

ーーー・・・

ーー・・

蒼星石「マスター、目を開けて」

黒子「・・・死ぬかと思いましたわ」

蒼星石「そんな物騒なもんじゃないよ。ほら、翠星石達も」

翠星石「翠星石は大丈夫ですよ。ミコト!」

美琴「なに?何なの?見えない!」

翠星石「そりゃおめーが目を瞑ったまんまだからでしょうが」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:11:54.76 ID:/NVZ/JdF0 [31/70]
美琴「ん・・・あっ!何ここ!?真っ白じゃない!」

翠星石「うるさいですねぇ・・・ここは9秒前の白と呼ばれるところです」

黒子「ここがnのフィールドなんですの?」

蒼星石「いや、まだnのフィールドじゃないよ。ここから更に扉を見つけなければならない」

黒子「扉・・・?」

蒼星石「ここは君が導いた世界だから君に質問するよ、マスター」

『扉を開く?開かない?』

黒子「・・・どういう・・・?」

翠星石「だぁー!いいからさっさと答えるです!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:16:39.37 ID:/NVZ/JdF0 [32/70]
美琴「でも、扉なんか何処にも・・・」

翠星石「そういう問題じゃないのです!答えを出すことによって扉を探し出すのです!」

黒子「そんなこと言われても・・・ワケが分かりませんわ」

蒼星石「・・・まぁ、こうなっちゃうよね」

ズルッ

黒子「ん?」

蒼星石「ごらん、下は何もない闇だよ。このままじゃ全員呑まれちゃう」

黒子「キャアアアアアアアアアア!!!足場が消えたああああああああああああああ!!!」

翠星石「あーあ、めんどくさい事になっちゃったです・・・」

美琴「何でそんなに余裕なの!?落ちてる!死ぬ!死んじゃう!!!」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:20:41.85 ID:/NVZ/JdF0 [33/70]
黒子「そうですわ!テレポートで・・・」

美琴「どうやって演算するのよ!座標は!?」

黒子「・・・何処に行っても一緒ですわね。いやああああああああああああああ!!」

蒼星石「落ち着いて。この世界には無数の扉が存在する。どれか一つを開けばいいんだよ」

翠星石「このままじゃ翠星石達は永遠に迷子です」

黒子「くぅ・・・!どこか、扉・・・!」

ガチャ・・・

蒼星石「うん、扉が開いたよマスター」

美琴「真下じゃないの!突っ込むわよ!?」

翠星石「大丈夫ですよ。多分」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:25:03.90 ID:/NVZ/JdF0 [34/70]
ドシン!

黒子「ぐぇっ!?」

美琴「ふぅ・・・良いクッションだわ、ありがと黒子」

黒子「ぐふぅぅぅ・・・お構いなく・・・ですの・・・」ピクピク

翠星石「何とかなったですね」

蒼星石「ここは・・・誰かの世界のようだね」

黒子「・・・誰かの世界?」

蒼星石「第84032世界か・・・」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:27:36.33 ID:/NVZ/JdF0 [35/70]
翠星石「誰かの記憶の断片、と考えれば分かりやすいですね」

美琴「へぇー・・・でも誰の?」

翠星石「そこまでは分からんです」

黒子「ここは何処でしょうか?研究所?」

蒼星石「綺麗な施設だね」

美琴(研究所・・・?)

ウィーン

美琴「!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:31:07.83 ID:/NVZ/JdF0 [36/70]
『はぁ・・・まともな休みが欲しいわね』

『ですね。こんなところにいつまでもいたら息が詰まっちゃう』

黒子「隠れましょう!」

蒼星石「大丈夫、記憶の断片を見ているだけだから僕らの姿は見えてないよ」

美琴「映像を見てるようなものね」

『あ、私今度長期休暇貰っちゃったんだ』

『へー、何処かいくんですか?』

『そうねー、ハワイとか行こうかしら?』

黒子「他愛の無い話ですのね」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:33:27.05 ID:/NVZ/JdF0 [37/70]
『いいなー。お土産買ってきてくださいよ』

『覚えてたらね』

『・・・ケチですね』

『冗談よ冗談!』

『そういや、もう少しで施設内の実験は終了なんですよね』

『ええ。あと数カ月もすれば学園と市内のあらゆる箇所での実験が行われるそうよ』

美琴「・・・う・・・!」

翠星石「?ミコト・・・?」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:36:45.01 ID:/NVZ/JdF0 [38/70]
『それって危険じゃないですか?一般人に見られたら・・・』

『大丈夫よ。あらゆるケースを想定してあるし、もし見られても口止めすればいいだけだしね』

『まぁ・・・そもそも誰かに喋る気にもならないでしょうね』

『言えてるわ』

美琴(誰・・・これは誰の記憶・・・!?)

『そろそろ時間ね。身体検査に移るわよ』

『髪も切ったし、準備万端ですね』

美琴(まさか・・・この記憶は・・・!!)

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:42:43.44 ID:/NVZ/JdF0 [39/70]
黒子「何なんでしょうか・・・実験?」

蒼星石「この街は本当に色んな事をやってるんだね」

黒子「そりゃあもう、実験都市ですから」

翠星石「まって、ミコトの様子が・・・」

『行くわよ、9982号』

『了解しました、とミs』

美琴「うわああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

バチバチバチバチバチィィィィ!!!!!!

黒子「きゃああああああああああ!!!」

翠星石「ミコト!?」

蒼星石「く・・・マスター!」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 17:51:59.60 ID:/NVZ/JdF0 [40/70]
パリーーーン!

黒子「う、うぅぅ・・・!」

蒼星石「マスター、しっかり!」

美琴「ハァ、ハァ、・・・嫌・・・いや・・・」バチバチ

翠星石「おバカ!しっかりするです!」

美琴「うううぅ・・・」バチバチ

翠星石「翠星石の目を見るです!おめーは誰ですか!答えるです!!」

美琴「・・・私は・・・」

ガクッ

翠星石「あ!?何気絶してるんですか!」ペチペチ

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:03:15.07 ID:/NVZ/JdF0 [41/70]
黒子「う・・・いたた・・・」

蒼星石「マスター!」

黒子「大丈夫ですの・・・ちょっと痺れましたが・・・」

翠星石「ふむ、ミコトは体から何かを出せるんですね?」

黒子「お姉様は学園都市が誇るレベル5の電撃使いですの」

蒼星石「・・・初めて聞いたよ。ところで・・・」

翠星石「です、さっきの世界から弾かれちまったですね」

ククク・・・

蒼星石「・・・君か、ラプラスの魔」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:13:07.39 ID:/NVZ/JdF0 [42/70]
ラプラス「おやおや、これはこれは双子人形にその媒介。ご機嫌麗しゅう」

黒子「な・・・何ですのアレは!」

翠星石「ふん、悪戯好きの食えないウサギです」

ラプラス「食えないウサギなぞ存在しません。食えるウサギという表現は致しません。はてさて、どういう事でしょうか?」

蒼星石「君の謎かけは心底腹がたつよ」

ラプラス「ククッ」

翠星石「さっきの世界はおめーが仕組んだんですか?おかげで翠星石のマスターは気絶しちまったです」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:28:26.01 ID:/NVZ/JdF0 [43/70]
ラプラス「仕組んだ?私は仕組みなぞ致しません。悪戯は好物ですが・・・」

蒼星石「御託はいいよ。何の用だい?」

ラプラス「いえ、面白いものを観れたと思いましてね。まるで先日のお二人のようだ」

翠星石「誰の話ですか?」

ラプラス「二人と言えば?夫婦?親子?双子?他にはなにがありましょう?」

黒子「・・・私たちのように、他のドールとマスターが来た、という事ですの?」

ラプラス「世界は自分たちの見えないところでも廻ってるのです。幸も不幸も、あらゆる箇所で行き交ってる・・・さて、あなた方はどちら?」

翠星石「おめーとこうやって喋ってる事自体が不幸です!」

ラプラス「おや、これを不幸と?そうなるともう後はありません。不幸とはもっと深く、暗く、汚く、臭うモノです」

ラプラス「さて、本当の不幸とは?」

黒子「何をごちゃごちゃと・・・」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:32:05.51 ID:/NVZ/JdF0 [44/70]
ラプラス「しっ、お静かに」

蒼星石「・・・?」

ラプラス「お連れ様が目覚めてしまいでしょう?無粋なことは戴けない」

ジィィーーー・・・

黒子「ジッパー?」

翠星石「あれは・・・寮の部屋です!元の世界です!」

ラプラス「一度開いた扉は締め付けが悪くなるでしょう、ご注意を・・・ククッ」

ピカッ!

蒼星石「うわっ!?」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:43:49.64 ID:/NVZ/JdF0 [45/70]
ドサッ!

黒子「おぎゃあああああ!!!」

美琴「う・・・」

翠星石「あいったたた・・・あのウサギめ!今度あったら皮を剥いで部屋に飾ってやるです!」

蒼星石「それはそれで趣味悪いでしょ・・・」

黒子「はっ!お姉様はご無事ですの!?」

翠星石「気絶してるだけっぽいですね。ベッドに運んでそのまま休ませ・・・」

黒子「無防備なお姉様の寝顔・・・肢体・・・肢体をあれしたい・・・!」

蒼星石「ん?」

黒子「ふおおおおおおおおおおおおおおおほほほほほほほ!!!」

チュッチュッチュッチュッチュ・・・

蒼・翠「うわあ・・・」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 18:46:12.59 ID:/NVZ/JdF0 [46/70]
飯くってきます。
今日中には確実に終わらない予感!

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 20:36:33.04 ID:/NVZ/JdF0 [47/70]
何度も席外してごめんなしあ

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 20:54:18.89 ID:/NVZ/JdF0 [48/70]
ーーーー・・・

美琴「ん・・・?」

美琴「私・・・寝てたの?いつの間に・・・」ムクリ

黒子「もう大丈夫ですの?お・ね・え・さ・ま?」ツヤツヤ

美琴「・・・何でそんなに輝いてるの?」

蒼星石「ミコトさん、大丈夫かい?」

翠星石「全く・・・気絶するなんてだらしないですね」

美琴(気絶・・・そうか、あの世界で・・・)

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 21:01:28.62 ID:/NVZ/JdF0 [49/70]
美琴「ごめん、私まだ少し疲れてるみたい・・・」

黒子「まぁ、それはいけませんわ」

翠星石「寝てた方がいいんじゃないですか?」

美琴「そうするわ。ご飯はいらないって言っといて」

黒子「了解いたしましたの。さ、私たちも食事に行きましょう」

蒼星石「そういや僕らもご飯を食べていいんだよね?」

翠星石「おお!ラッキーです!クロコ、食堂はどこですか!?」

黒子「落ち着いてくださいまし・・・」

バタン

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 21:09:44.52 ID:/NVZ/JdF0 [50/70]
美琴「ふぅ・・・あの記憶・・・」

行くわよ、9982号

『9982号』

美琴(間違いないわ。あれは妹達の記憶。それも9982号?)

美琴「あの時の、私に会った・・・ゲコ太バッジをあげたあの娘じゃない!」

『誰かの記憶の断片、と考えれば分かりやすいですね』

美琴「何でよりによって、あんなの・・・!」

美琴「私に見せるのよ!・・・ぐ・・・うぅ・・・!」ポロポロ

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 21:23:47.31 ID:/NVZ/JdF0 [51/70]
黒子「それにしても、あれは誰の記憶だったのでしょうか?」

蒼星石「それは誰も分からない。本人だけが知っている・・・」

翠星石「他人の記憶を覗くのはあまり気持ちの良いもんじゃないですがね」

黒子「それより・・・お姉様ですの。あの動揺の仕方は普通じゃありませんの」

蒼星石「・・・何かあったんだよ。ミコトさんの記憶ではないと思うけど、ミコトさんは何かを知っている」

翠星石「あまりミコトを攻めないでやって下さいです・・・」

黒子「まさか!心配してるだけですの」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 21:30:49.75 ID:/NVZ/JdF0 [52/70]
黒子「・・・私は何も聞きません。お姉様から話してくれるはずですの」

蒼星石「マスターはミコトさんを・・・とっても大事に思ってるんだね」

黒子「想い人ですから」

翠星石「・・・まぁ何も言わないです」

黒子「とりあえず今日はゆっくり休んで、また明日からがんばりましょう!」

翠星石「おー!」もぐもぐ

蒼星石「・・・うん」



蒼星石(・・・調べてみる必要はあるのだろうか?)

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 21:45:58.47 ID:/NVZ/JdF0 [53/70]
ーーーー・・・

蒼星石「やあ、来たね」

翠星石「蒼星石は相変わらず早いです。自慢の妹です」

蒼星石「そうかい?君が遅すぎるだけのような・・・」

翠星石「あーあー!聞こえない!でーすー!」

蒼星石「・・・ふふっ、準備はいいかい?」

翠星石「はいなのです!ミコトの心の樹を探すです!」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 21:50:03.14 ID:/NVZ/JdF0 [54/70]
蒼星石「ミコトさんは今日の出来事で少なからず心の樹に変化が起きているだろうしね」

翠星石「・・・ですね」

蒼星石「それにしても、君がこんな短期間にマスターに慣れるなんて珍しいね。いつもならもっとビクビクしてるのにさ」

翠星石「・・・そういやそうですね。翠星石にもよく分からんです」

蒼星石「・・・扉だ。開けるよ」

翠星石「はーいですぅ」

ギィィ・・・

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:00:42.74 ID:/NVZ/JdF0 [55/70]
からっ!

蒼星石「おおう、いい天気だ」

翠星石「昼夜逆転生活とはまさにこの事ですね」

蒼星石「誰がうまいこと言えと」

翠星石「ミコトの性格がいい具合に反映されてるんでしょうね」

蒼星石「かもね。ほら、空気が美味しいような・・・」

翠星石「綺麗な緑です。翠のマスターなだけに」

蒼星石「そういうのはもういいから」

翠星石「ちぇ・・・」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:09:07.59 ID:/NVZ/JdF0 [56/70]
蒼星石「さて、心の樹を探そうっと・・・」

翠星石「ひゃあ!水が冷たいです!」

蒼星石「遊んでないで!!!早く!!!」

翠星石「ヒィィ!!」ビクッ

蒼星石「はしゃぎたくなる気持ちは分かるけどさ・・・ん?」

美琴「うわぁ・・・どうしよ、泳ごうかな・・・」うずうず

蒼星石「コラァ!!」

美琴「ヒィ!」ビクッ

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:17:50.08 ID:/NVZ/JdF0 [57/70]
美琴「な・・・何でアンタたちが居るのよ!」

蒼星石「・・・ここはミコトさんの夢の世界だよ」

翠星石「全く・・・自覚するのは難しいですがね」

美琴「夢?これって夢?」

翠星石「そうです。おめーが今見てる夢、おめーだけの夢の世界」

美琴「へー、私の世界ね」

蒼星石「・・・もっと驚くものじゃないの?」

美琴「もう何でもござれって感じ?」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:25:59.53 ID:/NVZ/JdF0 [58/70]
ーーーー・・・

美琴「・・・これ?」

蒼星石「みたいだね。心の樹だよ」

翠星石「ほぉー、これはなかなか大きい樹です!」

美琴「そうなの?樹だと言うもんだからこんなもんじゃないの?」

蒼星石「大きさは人それぞれだよ。人間性ももちろんだけど、様々な経験等で樹はどんどん大きくなるんだ」

翠星石「学生でこの大きさはたいしたものです。・・・ミコトは18歳くらいですか?」

美琴「失礼な。私は14歳よ」

蒼星石「へ?」

翠星石「14?」

美琴「・・・何よ」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:31:59.18 ID:/NVZ/JdF0 [59/70]
翠星石「いやいやいや・・・あぁ、でもその幼児体型なら・・・」

美琴「何よ!」バチバチ

蒼星石「大人っぽいね、ミコトさん」

美琴「そ、そう?言われた事ないから・・・何か照れるなぁ」

翠星石「それは置いといて・・・雑草が目立ちますね」

蒼星石「うん。今日の出来事で若干心が不安定になってるせいだね」

美琴「雑草?確かに少し背が高いけど・・・これくらいいいんじゃないの?」

蒼星石「そういうワケにもいかないんだよ」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:47:33.56 ID:/NVZ/JdF0 [60/70]
翠星石「雑草は伸び続けるといずれは心の樹の成長を妨げるようになるのです」

美琴「なるほど・・・じゃあ抜いちゃいましょう」

グッ!

美琴「ん?抜けない・・・ふんぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ!!!!」

翠星石「無駄ですよ。普通のやり方じゃ抜けないですよ」

美琴「あがががががが・・・ぜぇ、ぜぇ・・・雑草一つ抜けないレベル5だなんて!」

蒼星石「ここからは僕らの領分だよ」

美琴「へ?」

翠星石「『夢の庭師』、それが私達のもう一つの名前です!」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 22:54:27.93 ID:/NVZ/JdF0 [61/70]
蒼星石「さ、一仕事だね。レンピカ!」

ピカッ!

美琴「・・・それは?」

蒼星石「庭師の鋏だよ」

翠星石「心の樹の手入れをするのに必要不可欠な道具です。この世に二つとない貴重なものなのです」

蒼星石「そういう事。さ、雑草を手入れしよう」

翠星石「そんじゃ翠星石達はそこらで遊んでくるです」

美琴「はぁ!?」

蒼星石「うん。こんな大きな樹を手入れするのには結構時間がかかるだろうしね」

美琴「・・・翠星石、アンタ結構薄情よね」

翠星石「そうですか?」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:02:34.74 ID:/NVZ/JdF0 [62/70]
蒼星石「さーて、目にみえるところからチョキチョキと」

チョキチョキ・・・

翠星石「あ、あそこから水が湧いてるです!」

美琴「ホントね。やるじゃん私!もとい私の夢!」

翠星石「ミコト、ミコト!」うずうず

美琴「はいはい、行こうか」

翠星石「うっし!うっし!早く行くですよ!」タタタタ

美琴(いつもあんな感じなら可愛いんだけどなぁ・・・)



蒼星石(・・・羨ましいだなんて思ってないもん!)

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:12:32.08 ID:/NVZ/JdF0 [63/70]
蒼星石「・・・」チョキチョキ

翠星石「うわ・・・飲めるですかね?」

美琴「すごいコレ、美味しい!」

蒼星石「うっわ、ここすごいな」チョキチョキ

翠星石「あ!魚です!」

美琴「翠星石、捕ってみれば?」

蒼星石「樹を傷つけないようにしないとね」チョキチョキ

美琴「あー・・・もうちょっと深かったら泳ぐのになぁ」

翠星石「もっと奥まで行ってみるです?」

蒼星石「・・・やっぱこっちに居てもらっていいかい」イライラ

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:19:22.53 ID:/NVZ/JdF0 [64/70]
ーーーー・・・

蒼星石「こんなもんかな?」

美琴「さっぱりしたわねー」

蒼星石「これだけ綺麗にしておけば当分は大丈夫なはずだよ」

翠星石「ですね。あとは仕上げです!」

美琴「へ?まだやるの?」

蒼星石「僕が鋏を使うように、翠星石も道具を使うんだ」

翠星石「次は翠星石の番です。スィドリーム、出てくるです!」

ピカッ!

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:25:41.36 ID:/NVZ/JdF0 [65/70]
翠星石「ほいほい、取出したる庭師の如雨露!」

美琴「翠星石は如雨露なのね。百均のぞうさんジョウロを思い出すわ」

翠星石「・・・何故かは分からないですが、イラっとくるですね」

蒼星石「それじゃあお願いね。僕も少しだけ散歩して・・・」

翠星石「大丈夫ですよ、すぐに終わるですから」

蒼星石「・・・ああそう」

翠星石「それじゃあいくですよ」

ポワ・・・

美琴「如雨露に・・・光が?」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:38:02.43 ID:/NVZ/JdF0 [66/70]
翠星石「私の如雨露を満たしておくれ。甘ぁいお水で満たしておくれ・・・」

美琴「水が・・・如雨露に湧いてきた!」

蒼星石「いつ見ても綺麗だよ。さすがは僕の姉だよ」

美琴(そういや蒼星石の方が妹なのよね・・・逆でしょ普通)

翠星石「健やかにぃ~、のびやかにィ~・・・」

シャアアアア・・・

翠星石「緑の葉っぱをキラキラ広げて・・・!」

美琴「綺麗・・・!」

ぐぐぐ・・・

美琴「ん?」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:43:58.60 ID:/NVZ/JdF0 [67/70]
美琴「樹が少し大きくなったような・・・」

蒼星石「そうだよ。庭師の如雨露は心の樹を成長を促す効果があるんだ」

翠星石「ふぃ~、終わったですよ」

美琴「ご苦労さん。綺麗だったわよ」

翠星石「そんなことより・・・どうですか?今の気持ちは」

美琴「気持ち?」

蒼星石「なにか変化はない?」

美琴「・・・何だか、胸が暖かくなって、優しい気持ち・・・かも」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:50:15.69 ID:/NVZ/JdF0 [68/70]
蒼星石「楽になったでしょ?」

翠星石「庭師の力です!ミコトの心の樹はこれからももっともっと大きくなるように手入れをしたのですから、それにともなって心情にも多少の変化があるはずです」

美琴「うん。さっきよりずっと楽ね・・・でも、なんでこんな事を?」

翠星石「クロコが心配してたんですよ」

美琴「・・・黒子が?」

蒼星石「マスターは、自分が導いてしまった世界のせいでミコトさんが落ち込んだって・・・」

美琴「いや、黒子のせいじゃないんだけど・・・」

翠星石「・・・翠星石も蒼星石もクロコも、ミコトから話してくれるのを待ってるです」

美琴「!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:56:16.15 ID:/NVZ/JdF0 [69/70]
美琴「・・・心配かけたわね。ありがと、二人とも」

蒼星石「僕らは庭師の仕事を果たしたまでだよ。一番心配していたクロコさんにお礼を言わないとね」

美琴「目が覚めたらお礼を言うわね」

翠星石「じゃあ翠星石達は戻るですよ」

蒼星石「そうだね・・・おやすみ、ミコトさん」

美琴「・・・えぇ、おやすみ」

翠星石「アバヨですぅ!」

スタタタタタター・・・

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/18(日) 23:59:18.88 ID:/NVZ/JdF0 [70/70]
美琴「・・・これが私の樹。かなり大きい方なのね」

美琴「そりゃそうでしょ。そこらの人間よりかはずっと濃い生活送ってるわよ」

美琴「レベル5って大変ねぇ・・・」

・・・

美琴「でも・・・ごめん。コレばかりは話せないわ」

美琴「私のクローンを2万人殺す実験だなんて、話せるわけ・・・無いじゃない・・・」



・・・私の手で、何とかするわ。

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 00:03:17.83 ID:PdOqkMSH0 [1/42]
ーーーー・・・

美琴「・・・」パチ

黒子「お姉様、今日はお早いんですのね」

美琴「黒子・・・」

黒子「何ですの?もうすぐ朝食の時間ですから、早く・・・」

ぎゅ

黒子「へ!?えええええ!?お姉様!?!?」

美琴「ごめんね、余計な心配させちゃって」

黒子「・・・いえ、お姉様があんな事になってしまったのは、私のせいですわ」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 00:13:49.97 ID:PdOqkMSH0 [2/42]
美琴「もう少しだけ待ってて・・・いつか話すから」

黒子「お姉様の頼みとあらばいつまでも待ちますわ。その言葉、忘れませんわよ?」

美琴「私が嘘ついたことある?」

黒子「ええ。割と」

美琴「あ、あれ~?」

翠星石「・・・いつまでミコトは抱きついてるのですか?」

蒼星石「マスター、食事に行かないの?」

美琴「こら黒子!手を離しなさい!」

黒子「ダメ!もうちょっと!もうちょっとこのままで!!ハアハアハアハアハア・・・」

蒼・翠「うっわ・・・」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 00:38:53.32 ID:PdOqkMSH0 [3/42]
ラプラス「クク・・・」

「その笑い方はどうにかならないの?不快だわ」

ラプラス「不快でない笑いなぞ・・・何処にあるのでしょうか?」

「・・・ここの扉は少し緩かった。まるで、誰かが入った後、カギを閉め忘れたような・・・」

ラプラス「アリスゲームは間近に迫っておりますが?」

「そうね。それがお父様の意思・・・水銀燈は目覚めてた。雛苺も」

ラプラス「ほう、お会いになりましたか?感動の再会に仕立てられなく、残念に思います」

「・・・あとは、双子と・・・誰だったかしら?か、か・・・」

ラプラス「ククッ・・・」



真紅「どうしたものかしらね。合わないに越したことはないけれど・・・そういうワケにもいかないでしょう?ね、ホーリエ?」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:17:07.93 ID:PdOqkMSH0 [6/42]
僕の名前は蒼星石。誇り高い薔薇乙女の第4ドール。

この時代に目覚めて、もう2週間以上は経った・・・と思う。正確な日にちは数えてないけれど。

その間にマスターやミコトさんから色々教えてもらった。

ここは学園都市と言う場所で、最先端の技術を用いた実験都市。

そこで学生たちは日々「能力開発」に励んでいると言うこと等々・・・

マスターはレベル4の空間移動、ミコトさんはレベル5の電撃使い。

特にミコトさんは学園都市で7人しか居ないレベル5の第三位らしく、僕が思ってる以上にエリートだったみたいだ。

そのことを話すときのマスターは、それはもう誇らしげに胸を張り、羨望のまなざしで僕に話しかけていた。

本当にミコトさんのことを尊敬してるんだと思った。行き過ぎた感情もちらほら見受けられるけど・・・

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:24:09.20 ID:PdOqkMSH0 [7/42]
マスターはマスターでレベル5も遠くはない能力者らと、ミコトさんは言っていた。

お互い信頼しあい、認め合っている。この関係は素敵だ。

・・・まぁ、マスターに対して呆れてる場面も少なくはないけれどね。

僕らは最初の頃に街を出歩いたのを最後に寮から一歩も出ていない。

寮監さんが厳しいというのも勿論ある。

でも、まずはこの世界の知識、情勢、その他もろもろを取り入れた方がいいだろうというマスターの判断だった。

翠星石は文句を言ってたみたいだけど、何だかんだで言いつけは守っているみたいで僕はほっとした。

・・・気になることといえば、nのフィールドで見た記憶の断片とミコトさんの関係。

コレばっかりは追求しようがない。いや、してはいけないとミコトさんからの無言の圧力がかかってる・・・気がする。

いつか話してくれると言っていたし、その時期を待とう。僕はそれでいいと思ってる。

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:31:42.91 ID:PdOqkMSH0 [8/42]
ーーーー・・・

翠星石「パイロキネシス?火を使い能力ですって。野蛮極まりないです」

蒼星石「能力一覧のリストとかないのかな?」

翠星石「えーと、たしか「バンク」ってとこに学園都市の能力者の記録が全て載ってるらしいですね」

蒼星石「へぇ、便利だね」

翠星石「ですです。でも、一般人はそこにアクセスしたらダメなんですって」

蒼星石「そうだろうね。個人情報の宝庫だし」

翠星石「翠星石も能力欲しいですぅ」

蒼星石「庭師の力があるじゃない」

コンコン

蒼星石「はい、誰ですか?」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:37:19.53 ID:PdOqkMSH0 [9/42]
ガチャ

寮監「私だ」

翠星石「お前だったのか」

蒼星石「どうしたんですか?」

寮監「いや、部屋の掃除でもしたらどうだ?と提案に・・・」

翠星石「掃除ですか。確かに・・・綺麗なようで埃がこんなに」ツツー

蒼星石「・・・僕らがここに来て一度も掃除をしてるとこ見たことないね」

寮監「はぁ・・・掃除用具を持ってきた。やってくれるな?」

翠星石「構わんですよ。どーせ暇ですし」

寮監「うむ、頼んだぞ。後で見に来るからな」

バタン

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:43:08.40 ID:PdOqkMSH0 [10/42]
ーーーー・・・

パタパタ

翠星石「ゲホ!オエエ!!」

蒼星石「もっと静かに掃除できないのかい?」

翠星石「いや、だって棚の上とかすごい埃まみれ・・・ゴホッ!」

蒼星石「登ったはいいけど、どうやって降りるのさ」

翠星石「ベッドにダイブすれば大丈夫ですよ。多分」

蒼星石「・・・大変だね」フキフキ

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:55:05.33 ID:PdOqkMSH0 [11/42]
蒼星石「さて、大体終わったかな?」

翠星石「どりゃー!」

バイン!

翠星石「ヒィーーー!」バタン

蒼星石「そりゃあの高さから飛び降りたら跳ねるに決まってるよ・・・」

翠星石「いだだ・・・ん?」

蒼星石「どうしたの?」

翠星石「まだここが残ってるですよ!ベッドの下!」

蒼星石「あぁ、すっかり忘れてたね」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 10:09:31.68 ID:PdOqkMSH0 [12/42]
蒼星石「じゃあそれぞれ分かれようか。僕はこっちを」

翠星石「じゃあ翠星石はこっちを掃除するですぅ!」もぞもぞ

蒼星石「翠星石、ドレスを汚さないようにね」

翠星石「無茶言うんじゃないです」

蒼星石「うっわ!埃まみれ・・・」

翠星石「あいつら、ズボラですよね・・・」

蒼星石「・・・まぁ、拭こうよ」

翠星石「合点です!」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 10:22:23.15 ID:PdOqkMSH0 [13/42]
蒼星石「暗いな・・・よく見えないや。レンピカ!」

ピカッ!

蒼星石「うん、ありがとう」

翠星石「おお、そんな手があったですか!スィドリーム、おめーも真似するです!」

ビッカーーーーー!!!!

翠星石「おぎゃあ!やりすぎです!!!」

蒼星石「騒がしいなぁ・・・」

ぽふ

蒼星石「ん?」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 10:28:52.19 ID:PdOqkMSH0 [14/42]
ぬいぐるみ「おいっすー」

蒼星石「うわあああああああ!」ゴン!

蒼星石「あだっ!!!」

翠星石「・・・おめーも騒がしいですよ、蒼星石」

蒼星石「ヒィ・・・ん?ぬいぐるみ?」

翠星石「ぬいぐるみで騒いでんじゃねぇですよ・・・ぬいぐるみ?ベッドの下に?」

蒼星石「・・・ここはミコトさんのベッドだよね?」

翠星石「隠す必要があるんでしょうか?」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 10:38:37.61 ID:PdOqkMSH0 [15/42]
蒼星石「ほら、見て」ズルズル

翠星石「でかっ!質量も半端じゃないです!」

蒼星石「でも・・・隠す必要な無いよね。何度も言うようだけど」

翠星石「アレじゃないですか?こんなに大きいのは寮監に見つかるとエラいことになるとか」

蒼星石「それが分かってるのなら始めから買わないでしょ」

翠星石「・・・言われてみればそうですね」

蒼星石「なにかあるんじゃないかな?秘密とかさ」

翠星石「ぬいぐるみにですかぁ?まさか・・・」

コンコン

翠星石「うわ!もう来たです!」

蒼星石「しょうがない、とりあえず元の場所に戻しておこうか」ズルズル

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 10:47:28.52 ID:PdOqkMSH0 [16/42]
ガチャ

寮監「どうだ、はかどってるか?」

翠星石「はかどってるも何も、もう完璧ですぅ!」

蒼星石「埃一つ落ちてませんよ!」

寮監「ふむ・・・確かに綺麗になってるな」ツツー

翠星石「薔薇乙女は掃除も完璧なのです!」ムフー

寮監「ご苦労。ご褒美にこれをやろう」

蒼星石「・・・お金?」

翠星石「翠星石達にですか?」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 10:53:43.42 ID:PdOqkMSH0 [17/42]
寮監「ずっと寮の中に篭ってるのも辛いだろう。たまには外出したらどうだ」

翠星石「いいんですか!?」

寮監「今までのお前たちはこの時代での生活に不慣れだった。だが今は違う・・・そうだろ?」

蒼星石「確かに、マスターにこの時代の知識を取り入れろとは言われましたが・・・」

寮監「あれは私が指示したことだ」

蒼・翠「おお!」

寮監「今のお前達ならもう大丈夫だろう。外出を許可しよう。このお金は祝い金として取っておくがいい」

翠星石「ありがとですぅ!やはり寮監さんは良い御人だったのですぅ!」

蒼星石(掌変えたように・・・)

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 11:05:17.90 ID:PdOqkMSH0 [18/42]
ーーーー・・・

蒼星石「とはいったものの、何処に行こうか」

翠星石「そうですねぇ・・・あ!前に行ったとこらへんに行きたいです!」

蒼星石「ルイコさんと会ったところだね。そういえばアレから一度も会ってないね」

翠星石「ミコトは翠星石たちが人形だと言う事を隠してるんでしょうか?」

蒼星石「かもね。寮でも寮監さん意外は親戚の子供と思ってるみたいだし」

翠星石「球体関節見れば一発ですのにね」

蒼星石「とりあえず行こうか。ルイコさんが見つかればいいけれど」

翠星石「ですぅ!」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 11:24:48.88 ID:PdOqkMSH0 [19/42]
>>309
ホントだwwwww
変えたってなんだよ・・・

ざわざわ・・・

翠星石「・・・こう、街まで来ると・・・やっぱ目立つんでしょうか?」

蒼星石「そうだね。見た目は子供だし、この格好は・・・その・・・」

翠星石「お父様がお作りになったドレスとはいえ、それが現代社会に合うのかといえば別問題ですね」

蒼星石「・・・折角お金をもらったんだ。何か買おうよ」

翠星石「何か・・・?そうだ!」

蒼星石「?」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 11:35:53.44 ID:PdOqkMSH0 [20/42]
でん!

蒼星石「自動販売機?」

翠星石「略して自販機です!」

蒼星石「何?飲み物が欲しいのかい?」

翠星石「いやいや、ボタン一つで飲み物が出てくるんですよ!?流石学園都市、時代の最先端を行ってるですね!」

蒼星石「君って結構ミーハーだよね」

翠星石「・・・うるさいですよ」

蒼星石「まあいいか。買ってみよう・・・ん?」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 11:41:48.22 ID:PdOqkMSH0 [21/42]
蒼星石「届かない・・・」プルプル

翠星石「え!?」

蒼星石「いやホントだよ。お金が入れられないんだ」

翠星石「そりゃ蒼星石の努力が足りないのです!翠星石がやってやるです!」

蒼星石「無理だって・・・」

翠星石「ふんぎぎぎぎぎ・・・!」プルプル

蒼星石「・・・」

翠星石「どりゃああああああああ・・・!!」プルプル

蒼星石「・・・」

翠星石「ぜぇ、ぜぇ・・・無理です!」

蒼星石「だから言ったじゃないか」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 11:48:00.83 ID:PdOqkMSH0 [22/42]
翠星石「ムッキーーーー!無機質の機械の癖に生意気な!」ダンダン!

蒼星石「地団駄踏まないでよ。薔薇乙女なのに・・・」

翠星石「そうだ!スィドリームに頼んでですねぇ」

蒼星石「人工精霊は物質に触れないよ」

翠星石「いや、やらなきゃ分からないです!」

スィドリーム「・・・」ムリダッテ

翠星石「甘えんじゃねぇです!チクショウ・・・」

蒼星石「もう諦めて他の場所に行こうよ。ね?」



「あ、あのー・・・君たち、どうしたの?」

翠星石「へ?」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 11:52:02.14 ID:PdOqkMSH0 [23/42]
蒼星石「・・・飲み物を買おうとしてるんだけど、届かなくてね」

「なんだ、そんな事か。俺が押してやるよ」

翠星石「おお!本当ですか!?」

「そんな反応されるとは・・・押すくらいお安い御用だよ」

蒼星石「助かるよ。はい、コレがお金」

「はいよっと・・・ん?コレ万札じゃないか。自販機は使えないぞ?」

翠星石「なんですと!?」

「しゃーねー、奢ってあげましょう」

蒼星石「そんな、悪いよ・・・」

「いいっていいって、そこまで落ちぶれてませんよ」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 12:15:17.58 ID:PdOqkMSH0 [24/42]
「どれが欲しいんだ?」

翠星石「・・・よく見えんです」

蒼星石「僕らの身長じゃあね・・・」

「そうか・・・抱っこしてやろうか?」

翠星石「えー?初対面の人間に抱っこですか?それはちょっと・・・」

蒼星石「デリカシー無いね」

「・・・すんません」シュン

翠星石「ま、奢ってもらうのですからおめーにお任せするです!!!」

「そうか。そんじゃ適当に・・・」

ガコン!

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 12:25:37.57 ID:PdOqkMSH0 [25/42]
翠星石「ありがとうです、にn・・・こほん」

「に?」

蒼星石「えっと、僕の名前は蒼星石で、こっちが姉の翠星石」

翠星石「おめーの名前は何ですか?」

「名前?・・・そういや言ってなかったけ?」

上条「上条当麻だ、よろしくな。」

翠星石「こちらこそよろしくです、ウニ頭!」

上条「・・・」ズーン

蒼星石「翠星石!!」くわっ!

翠星石「おっと」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 12:31:20.87 ID:PdOqkMSH0 [26/42]
ーーーー・・・

翠星石「いちごおでん・・・?」

蒼星石「こっちはゆず煮込み味」

上条「おかしいんだよ学園都市は。なんでこんなワケの分かんないものしか無いんだ?」

翠星石「翠星石はおでんと言うものを食べたことが無いのでピンと来ないです」カシュ!

上条「そりゃまた珍しいな」

蒼星石「世の中は広いんだ。自分が知ってるものが全てだと思ったら大間違いだよ」

上条「はは・・・手厳しいお嬢さんだ」

翠星石「蒼星石はちょっぴり冷たい言い方をするんですよね~」

蒼星石「そんなつもりじゃ・・・」カシュ

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 12:37:06.72 ID:PdOqkMSH0 [27/42]
ゴク・・・

翠星石「・・・う~ん、不思議な味です」

上条「俺はヤシの実サイダーくらいしか飲めなさそうだ」

蒼星石「お、こっちはまぁまぁ・・・」

上条「えぇ!?ゆず煮込みなのにか!?」

蒼星石「さっぱりとしていると見せかけて、意外と口に残る・・・あ、やっぱ微妙かも」

上条「・・・一口くれないか?」

蒼星石「いいよ。ハイ」

上条「それじゃあいただきまーす」ゴク

上条「まっずうううううううううううう!!!」

蒼星石「そんなに!?」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 12:51:05.65 ID:PdOqkMSH0 [28/42]
翠星石「ふむ」ゴクゴク

上条「結構ごくごく飲んでらっしゃる・・・」

蒼星石「ご馳走になってるんだからね」

上条「気にしなくてもいいのに・・・お二人は何処に住んでるんだ?」

翠星石「何処にすんでると言うか・・・まぁ場所は言えませんね。個人情報なので」

上条「しっかりしてるな」

蒼星石「居候・・・みたいなものかな?学校にも行ってないけど、色々勉強してるよ」

上条「こんなに小さいのに勉強!?・・・ウチの不良債権にも見習って欲しいもんですよ」

蒼星石「トウマさんの家にも居候が?」

上条「・・・そんなとこかな」

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 13:06:01.23 ID:PdOqkMSH0 [29/42]
上条「よく食うし、文句は言うし、よく食うし、寝ておきたら食うし・・・」

翠星石「食ってばっかりじゃないですか!」

上条「そう、食ってばかりなんだよ」

蒼星石「男の人だよね?」

上条「うんにゃ、小柄な女の子だよ」

翠星石「・・・胃袋は宇宙にでもつながってるんじゃないんですか?」

上条「かもな・・・」

翠星石「ほいっ!」

カコン!

翠星石「ナイッシュ!」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 13:24:47.53 ID:PdOqkMSH0 [30/42]
上条「んじゃ上条さんはこの辺で失礼するよ。あんまり長居すると居候に怒られちまうからな」

蒼星石「ジュース、ごちそうさまでした」

翠星石「ありがとですぅ」

上条「いいって事よ。それじゃ、機会があったらまた!」

タタタ・・・

蒼星石「いい人だね」

翠星石「でも、何だかひょろっちぃ感じですね」

蒼星石「あくまで第一印象ってだけでしょ?」

翠星石「ですね。さ、もう少し歩いて回るです!」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 13:58:01.76 ID:PdOqkMSH0 [31/42]
タタタタ・・・

上条「アイツら、何でこんなところにいるんだ?」

上条「確か、全部で七体、アリスゲームが始まる・・・って言ってたよな?」

上条「でも、アイツらは大分仲が良いみたいだな。どういう事だ?」

上条「・・・帰ったら詳しく聞く必要があるな」

prrrrrr・・・

上条「はい?」

『とーまー、ごはーん』

上条「だああああああああ!今帰ってるって!!」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:11:53.23 ID:PdOqkMSH0 [32/42]
蒼星石「・・・さっきのトウマさん」

翠星石「何ですか?」

蒼星石「いや、よく考えたらずっと右手を出さなかったね」

翠星石「んー?そういや小銭もポケットから出してたみたいですし・・・怪我でもしてるんじゃないんですか?」

蒼星石「そうかもしれない。でも、違うかもしれない」

翠星石「・・・何が言いたいんですか」

蒼星石「それを僕の口から言わせるのかい?君は意地悪だね」

翠星石「まだ決まったわけじゃないですよ。まだ・・・」

「あー!二人とも!」

翠星石「ん?・・・おお!誰かと思えばルイコじゃないですか!」

佐天「お久しぶり!」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:21:42.28 ID:PdOqkMSH0 [33/42]
ーーーー・・・

初春「それじゃ私は上がりますね。お疲れ様です~」

黒子「あら、えらく早いお帰りですのね」

初春「佐天さんからお誘いがあったので・・・もう今日の分の仕事は全て終わってるので」

黒子「ま、たまにはいいですわね。お疲れ様」

初春「白井さんは来ないんですか?」

黒子「生憎、報告書を纏めなければなりませんのよ」

初春「うわぁ・・・頑張ってください。じゃ!」

バタン

黒子「なんですの、冷たすぎやしませんの?」

固法「あなたもさっさと仕上げればいいじゃないの」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:29:45.16 ID:PdOqkMSH0 [34/42]
黒子「私、報告書はいつまでたっても苦手でして・・・」

固法「しっかりしなさいよ・・・添削する私の身にもなって頂戴」

黒子「・・・申し訳なく思ってますのよ」

固法「で、どれくらい済んでるの?」

黒子「ほぼ出来上がってますのよ。いまから抜けが無いかを見直して・・・」

固法「なんだ、そのくらいなら・・・うんうん、上がっていいわよ。私がやっておいてあげる」

黒子「まぁ!?本当ですの?」

固法「最近頑張ってるみたいだしね。たまには羽を伸ばしなさい」

黒子「あ、ありがとうございます!」



『え?白井さんも来るんですか?いいですよ~。場所は・・・』

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:36:34.26 ID:PdOqkMSH0 [35/42]
ーーーー・・・

翠星石「おいっす」

黒子「・・・」

蒼星石「お疲れ様、マスター」

初春「ますたぁ?」

黒子「気にしないでくださいまし。あなた方!また佐天さんにたかってるんですの!?」

佐天「違いますよ。ちゃんと自分たちで払ってましたし」

蒼星石「寮監さんからお小遣いを貰ったんだよ」

黒子「はぁ?そりゃまたどうして・・・」

翠星石「部屋の掃除をしたらくれたです。てか座ったらどうですか?」

黒子「そ、そうですわね」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:48:08.94 ID:PdOqkMSH0 [36/42]
蒼星石「・・・!」

翠星石「・・・?」

黒子「・・・」

佐天「!・・・」

初春「!!!」



水銀燈「あらあら・・・平和ボケしてるわね。全く・・・アリスになる気があるのかしら?」

水銀燈「真紅も雛苺も、自ら戦う気にもならないみたいだし・・・仕方ないわね。ちょっと挑発してあげようかしらねぇ?フフフ・・・」

ヒュ!

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:51:36.83 ID:PdOqkMSH0 [37/42]
佐天「そしたらなんと!初春が・・・」

初春「ちょ!それは言わないでくださいよ!」

翠星石「何々?翠星石は聞きたいのです!」

佐天「でしょう?」

蒼星石「僕はあんまり興味は・・・」ズズ

パンッ!

蒼星石「うわっ!?」

黒子「蒼星石!大丈夫ですの?」

蒼星石「うん、カップが割れただけ・・・!!」

翠星石(水銀燈の羽!)

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 14:55:44.73 ID:PdOqkMSH0 [38/42]
水銀燈「ふふ」ヒラヒラ

蒼星石「向かいの建物の屋根・・・!」

黒子「・・・」

ヒュン!

佐天「あれ?白井さん!?」

初春「空間移動・・・ですよね?」

翠星石(迂闊でした。まさかこんな人の多いところで仕掛けてくるとは・・・)

蒼星石(ダメだマスター!近寄っては!!)

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 15:04:41.20 ID:PdOqkMSH0 [39/42]
ヒュン!

黒子「ジャッジメントですの!何ですのあなたは?いきなり攻撃だなんて」

水銀燈「!?・・・どうやってここまで来たのかしら?」

黒子「説明する義務はありませんの。大人しくしてくださいまし!拘束しますわ」

水銀燈「ふふ、そんな怖い顔しないで・・・蒼星石のマスターさん?」

黒子「あなたが水銀燈ですのね?野蛮な薔薇乙女と伺ってますわよ」

水銀燈「野蛮だなんて失礼だわ。お父様の意思に従ってアリスゲームを展開してるだけよ」

黒子「・・・話はじっくり後で聞かせてもらいますわ!」

水銀燈「ふっふふ・・・少しだけ遊びましょう?」

バサァッ!

黒子「翼・・・!?」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 15:13:36.76 ID:PdOqkMSH0 [40/42]
水銀燈「喰らいなさぁいッ!」

ブワッ!!

黒子「・・・っ」

シュン!

水銀燈(また消えた!?)

黒子「フッ!」

ガッ!

水銀燈「乱暴な子ね、蹴りだなんて。わざわざガードなんかさせないで頂戴」

黒子(何ですのあの翼・・・攻撃が通らない?)

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/19(月) 15:21:21.11 ID:PdOqkMSH0 [41/42]
水銀燈「さて・・・面倒な事になりそうだわ。空間移動かしら?まるでnのフィールドねぇ・・・」

黒子「さぁ?どうでしょうね?」

ヒュ!

水銀燈「また消えた・・・芸がないわね」

シーン・・・

水銀燈「・・・?」

水銀燈「諦めたのかしら?骨がないわねぇ・・・つまらなぁい」

ヒュ!

蒼星石「レンピカアアアア!!『庭師の鋏』!!!」

水銀燈「・・・蒼星石ッ!?」

蒼星石(マスターの空間移動は、他の物質も飛ばせるんだよ!水銀燈!!)

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:03:13.42 ID:e5vwRd3W0 [2/37]
黒子「初春!ここは危険ですの、避難してくださいまし!」

初春「危険!?え、えぇ・・・?」オロオロ

佐天「そういや蒼星石は何処に行ったんですか?白井さんが飛ばしたんですか?」

翠星石「クロコ、翠星石もあそこまで飛ばせるですか!?」

黒子「・・・飛ばしても構いませんの?」

翠星石「翠星石は戦いは嫌いですが、薔薇乙女の相手は薔薇乙女がするもんです!」

黒子「危なくなったら私も手伝いますのよ?」

翠星石「心配にゃ及ばんですよ。さ、頼むです」

黒子「ええ!」

ヒュ!

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:09:18.64 ID:e5vwRd3W0 [3/37]
ブンッ!

蒼星石(躱されたッ!)

水銀燈「いきなり斬りかかってくるなんて、乱暴ねぇ・・・蒼星石」

蒼星石「君は何を考えてるんだい?薔薇乙女は人間を傷つけてはいけない。そんなに不幸な存在じゃないはずだ」

水銀燈「ふふ、不幸ねぇ・・・何を持って不幸と捉えるかは分からないわ」

蒼星石「・・・」チャキ

水銀燈「私たちは呪われてるの。幸運とは真逆の位置・・・幸運なら、殺し合いなんかしなくても済むのにねぇ」

蒼星石「黙るんだ。神聖なるアリスゲームを汚すことは許されない」

パッ!

水銀燈「あら、今度は翠星石?あの人間・・・便利ね」

翠星石「おめーより遥かに有能ですよ、クロコは」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:14:33.05 ID:e5vwRd3W0 [4/37]
蒼星石「・・・大人しく帰って欲しいんだけど、そうもいかないみたいだね」

翠星石「ここからは、双子人形がお相手してやるです!」

水銀燈「いいわぁ・・・いいわよ!面白くなってきた!お父様はこういう啀み合いをご所望なのよ!!」

バサッ!

水銀燈「あなた達のローザミスティカ、ちょうだぁい・・・!!」

翠星石「ミコト、力を貰うです!」

蒼星石「マスター、ちょと我慢して・・・」

キィィィ・・・!

黒子(何ですの?指輪が・・・熱い!)

佐天「・・・初春、アレ見て?」

初春「・・・翼?」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:17:43.38 ID:e5vwRd3W0 [5/37]
美琴「ん?」

キィィィ・・・!

美琴「指輪が光ってる?あ、あつ!あっつい!!!!!!」

美琴「こんな事今まで無かったわよね・・・何かしら?」

パチッ!

美琴「!?」

『あなた達のローザミスティカ、ちょうだぁい・・・!!』

美琴(一瞬だけ見えた・・・あれは確か、水銀燈!)

美琴「探しに行かなきゃ!」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:23:32.18 ID:e5vwRd3W0 [6/37]
黒子「ジャッジメントですの。正体不明の何かが上空で交戦してますの!ただちに避難を・・・」

初春「こっちです!急いで下さい!」

佐天「えーと、えーと・・・おいでやす~」

初春「何言ってるんですか!?」

佐天「いや、手伝いたいけれど何もできないこのもどかしさ・・・」

初春「じゃあ避難誘導をして下さい!」

佐天「おうよ!」ビシ


おい・・・なんだあれ?・・・
映画の撮影?・・・
すげー翼・・・
子ども?・・・

黒子(まさかこんな街中でドンパチやるとは・・・油断してましたの)

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:35:46.51 ID:e5vwRd3W0 [7/37]
蒼星石「はぁっ!」

ブン!

水銀燈「だめだめ、そんな大ぶりじゃ当たらないわよぉ・・・」

ブワァッ!

蒼星石「!く・・・前が・・・」

スパッ!

翠星石「ぎゃああああ!翠星石のヘッドドレスが!」

水銀燈「ふふ・・・余所見なんて余裕ね」

蒼星石「上だ!」

翠星石「へ?」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 10:43:39.83 ID:e5vwRd3W0 [8/37]
水銀燈「ほぉら」

ガッ!

翠星石「くぅ!人の如雨露を足蹴にするんじゃねぇです!」

水銀燈「よく受け止めたわね、腐っても薔薇乙女・・・ってとこかしら」

ビュ!

翠星石「!?」ドスッ

水銀燈「あら、刺さっちゃったぁ・・・痛い?ねぇ痛い?アッハハハハ!!」

蒼星石(今だ!)

ブンッ!

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:05:17.48 ID:e5vwRd3W0 [9/37]
水銀燈「!?」

翠星石「・・・庭師の如雨露で!」

水銀燈(鋏を投げた!?)

ガッ!

水銀燈「・・・危ないわねぇ。普通投げないわよ」

蒼星石「やっぱりその翼・・・鬱陶しいね」

水銀燈「この翼を抜けれない限り、私にダメージは無い。知ってるでしょう?」

翠星石「じゃあ・・・その翼ごと捕まえればいいんです!」

ぐおっ!

水銀燈(世界樹の根?現実世界なのに何故!?)

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:16:07.58 ID:e5vwRd3W0 [10/37]
翠星石「大人しくお縄につくですぅ!!!」

ぐおおおおお!!

初春「・・・何ですか、あれ」

佐天「あの子、能力者なの!?」

ザクッ!

初春「きゃあ!・・・鋏?」

黒子(・・・蒼星石のでしょうか?)

蒼星石「マスター!」

黒子「ええ」

ヒュ!

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:27:26.34 ID:e5vwRd3W0 [11/37]
水銀燈「面倒なものを!」

翠星石「人の肩に羽刺しといてよくもそんなことが言えるですねぇ!!」

水銀燈(・・・引き時かしら?)

蒼星石「そちらから仕掛けておいて引こうとか・・・虫のいい話だね」チャキ

翠星石「いくです、根よ!」

水銀燈「く・・・!」

ビュオッ!

蒼星石「・・・どうやら鬼ごっこがやりたいらしい」

水銀燈(上空に逃げて、撒くしかない!)

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:33:56.97 ID:e5vwRd3W0 [12/37]
翠星石「上に逃げやがったです!」

蒼星石「届くかい?」

翠星石「・・・いっぱいいっぱい力を使ってますが、届くかどうかわからないです。あまり長距離の使用をするのは無いのですから」

蒼星石「でも、いつもより調子がイイみたいだね」

翠星石「恐らく、ミコトの力が影響してるのです。さすがはレベル5です!」

蒼星石「・・・ちゃんと見極めないとだめだよ。ミコトさんがカラカラになっちゃうから」

翠星石「分かってるですよ!」



美琴「あっぢゃあああああああああ!!!!何なのよこれええええええええええええ!!」じゅううううう

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:41:59.53 ID:e5vwRd3W0 [13/37]
ビュオオオオッ!

水銀燈「ここまでくれば大丈夫ね・・・」

ひょろ~ん

水銀燈「流石にこんな長距離は制御出来ないのね。危なかったわぁ」

水銀燈「にしても、あの二人・・・身体能力が上がってるのかしら?マスターの力が影響してるのか、それとも・・・興味深いわね」

水銀燈(ここから突っ込んでやるわぁ!奇襲は私の十八番よ!)



黒子「どこまで飛んでるんですの?もうここからじゃ姿がイマイチ確認できないですのよ」

佐天「まるで妖怪大戦争ですね・・・」

初春「応援は本当に呼ばなくても良かったんですか?」

黒子「呼んだところで・・・混乱が増えるだけですわ」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:47:06.50 ID:e5vwRd3W0 [14/37]
キィィィィ・・・ン・・・

翠星石「・・・?」

蒼星石「この音は?」

佐天「あれ?・・・落ちてきてますよ!」

黒子「奇襲・・・?でも、直線上に降りてきたら格好の的ですのよ?」

翠星石「降りてきやがったです!!」

蒼星石「垂直落下か・・・捕まったらおしまいだよ」

水銀燈「メイメイ!今よぉ!」

カッ!!

初春「うわっ!?まぶし・・・!!」

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 11:58:11.95 ID:e5vwRd3W0 [15/37]
翠星石「!?」

蒼星石「・・・目眩ましか」

水銀燈(必要な時間はほんの一瞬!そう、コンマ1秒で十分なのよ!!)

黒子「・・・全く、姑息な手を使いますのね。レンピカもに多用な真似が出来るのだから、対策は容易ですのよ」

翠星石「目がちかちかするですぅ・・・」

蒼星石「翠星石、余所見をしちゃダメだ!」

水銀燈(翠星石!隙だらけよぉ!)

黒子「はいどーん」

ヒュ!

水銀燈「えっ?」

蒼星石(・・・テーブルが水銀燈の目の前に)

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 12:04:18.47 ID:e5vwRd3W0 [16/37]
水銀燈「ちょ、これはないでしょおおおおおおおお!!!」

黒子「馬鹿正直に突っ込んでくるのが悪いんですのよ」

バキバキィィ!!!

水銀燈「キャアアアアアッ!!」

蒼星石「・・・いい声で鳴くじゃないか、水銀燈」

水銀燈「く・・・人間!調子に乗るんじゃないわよぉ!!」

黒子「失敗したら人のせい、小物のすることですのよ・・・情けないですわ」

翠星石「同感ですぅ。ヒッヒヒヒ・・・」

ヒュ!

蒼星石「あ、マスター!」

黒子「それじゃあ私も入れて3人。まだやりますの?」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 12:10:53.39 ID:e5vwRd3W0 [17/37]
水銀燈(ふざけんじゃないわよ・・・3人も相手にしていたら体力が持たない!)

水銀燈「・・・舐めないで頂戴。薔薇乙女最恐の私が屈すると思ってるの?」

蒼星石「口だけはよく回るね」チャキ

水銀燈「かかってきなさい!」

ビュオッ!

翠星石「!?」

黒子「この風は・・・?」



「・・・沈黙のレクイエム」



初春「きゃあああ!すごい風です!」

佐天「ほうほう、とうとう自らパンチラ解禁ですか」

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 12:20:02.10 ID:e5vwRd3W0 [18/37]
ゴオオオオッ・・・!!

翠星石「あわわわわ!何ですかコレは!?」

蒼星石「分からない。でも自然の力じゃないね」

黒子「高い箇所はまずいですわ!一旦下に降りますわよ!」

水銀燈「ま・・・まち・・・!」

ゴッ!

水銀燈「きゃあああああああっ!!」

黒子「ほら、飛ばされる前に早く!」

パッ!

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 12:29:56.14 ID:e5vwRd3W0 [19/37]
水銀燈「くぅっ・・・何よこの風!」

ビュオオオオオオオッ!

水銀燈(風が強すぎる!飛べない!)

「コレはおまけよ。追撃のカノン!」

水銀燈「!これは・・・」

水銀燈(ヴァイオリンの音?)

ビシィ!

水銀燈「翼が!折れ・・・!?」

ジィィィ・・・

「空間に裂け目が・・・?あ!水銀燈が!!」

水銀燈「・・・!!」

フッ!

「・・・呑まれちゃったかしら」

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 12:41:46.05 ID:e5vwRd3W0 [20/37]
パッ!

黒子「・・・何ですの、この風は」

蒼星石「こんな能力はあるのかな?学園都市内には」

黒子「風を操る能力は腐るほどありますわ。ですが・・・こんな広範囲に加えこの威力、少なくともレベル3と見積もっても良さそうですの」

初春「あ、みんな大丈夫でしたか!?」

翠星石「大丈夫・・・です・・・よ!」ブチッ!

蒼星石「うわっ!羽が刺さってたのかい!?」

翠星石「うぅ・・・痛いですぅ・・・」

佐天「あーあー、傷口見せて。処置してあげる・・・」

翠星石「え?あ!ダメ・・・!!」

佐天「何がよ・・・ん?血が出てない?」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 12:55:26.40 ID:e5vwRd3W0 [21/37]
佐天「へー綺麗な肌してるね。まるでお人形さんみたい」

翠星石「・・・」

初春「うわぁ、本当ですね!羨ましいな~」

蒼星石「ね、本人が大丈夫だと言ってるから・・・」

佐天「肩なんか見てよ!まるで人形のような関節!」

初春「ホントですね!可動域が広そうですね!」

黒子「あ、あ、あー・・・」

佐・初「・・・人形・・・!?」

蒼星石「・・・二人とも、ちょっと深呼吸を」

うわああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 13:05:16.10 ID:e5vwRd3W0 [22/37]
「ふぅ、ちょっとお仕置きするつもりだったけど、まさかnのフィールドに吹き飛ばされるとは・・・」

「流石に意外だったかしら。・・・でも、たまには力を使わないとね!」

「・・・よくよく考えたら、ローザミスティカを奪うチャンスだったのかも。失敗したかしら・・・」

「いや、今日はこれくらいにしておくかしら!」

金糸雀「薔薇乙女一の頭脳派、この金糸雀は全てを手中に収める超絶エリートなのかしら!」

金糸雀「ふっふっふ、覚悟するかしら・・・翠星石に蒼星石!」

上条「その水銀燈ってのは相手にしないのか?」

金糸雀「だって怖いんだもの」

上条「・・・そうですか」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 13:12:49.44 ID:e5vwRd3W0 [23/37]
上条「で、アリスゲームってのにみんなノリノリじゃなかったのか?」

金糸雀「カナは色んなドールズと戦ってきたかしら。その時は双子以外は割と好戦的だったような・・・?」

上条「よく憶えてないんだな」

金糸雀「仕方ないじゃない!久しぶりに目覚めたんだから!!」

上条(ま、記憶喪失の上条さんが言えたもんじゃ無いですがね)

金糸雀「あの双子・・・翠星石と蒼星石はいつの時代でも仲良しだから別に変なことじゃないかしら~」

上条「ふぅん・・・アリスゲームって大変だな」

金糸雀「ま、あの二人以外で一緒にドールがつるむなんて考えられないかしら」

禁書「そんなことはどうでもいいんだよ。ごはんは?」

金糸雀「そ、そんなことって何かしらーーー!?」

上条「はいはい、作りますよっと」

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 13:49:41.65 ID:e5vwRd3W0 [24/37]
ーーーー・・・

水銀燈「う・・・ここは?」

パン、パン、パン・・・!

ラプラス「ブラヴォ!」

水銀燈「・・・ふん、道化に助けられたってわけね」

ラプラス「私はただ、観てただけです。あの啀み合いこそ神聖なるアリスゲーム!ククッ・・・」

水銀燈「貴方にアリスゲームを語って貰いたくないわぁ」

ラプラス「威勢がいいのは口先だけのようですね、お嬢さん」

水銀燈「・・・消えなさい!」

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 13:59:31.14 ID:e5vwRd3W0 [25/37]
ラプラス「まぁいいでしょう。今回は落とし穴に助けられたようですが、次はどうなるか・・・誰のみぞ知る?」

水銀燈「あんなヘマ、二度とやらないわよ・・・!」

ラプラス「おやおや・・・ところで、あなたは何人の薔薇乙女にお合いになった?」

水銀燈「はぁ?・・・双子、真紅、雛苺・・・4人ね」

ラプラス「七つの薔薇、季節は違えど・・・手入れさえすれば全て一斉に花開くものです」

水銀燈「庭師の双子にでも頼みなさいな」

ラプラス「少なくとも、今は6つ咲いてる。7つ目はどうでしょうか・・・?」

水銀燈「何ですって!?」

ラプラス「では、御機嫌よう。向こう見ずのお嬢さん」フッ

水銀燈「あっ、話は終わってないわよ・・・」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:06:04.39 ID:e5vwRd3W0 [26/37]
シィィーン・・・

水銀燈「ちっ、また訳の分かんないことをペラペラと」

ピカッ!

水銀燈「・・・そうね、翼も傷ついてしまった、鞄で休むしかなわ」

水銀燈「にしても・・・七番目?今まで誰も会ったことの無いドールズのはず」

『少なくとも、今は6つ咲いてる。7つ目はどうでしょうか・・・?』

水銀燈「あの言い方なら、七番目は目覚めてないみたいね。だけど、それ以外は目覚めてる・・・」

水銀燈「・・・ふふ、何百年と生きていて、ここまでわくわくするのは滅多に無いわ」



水銀燈「チャンスは必ずモノにする・・・そうでしょう、メイメイ?」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:13:46.13 ID:e5vwRd3W0 [27/37]
ーーーー・・・

美琴「・・・」プシュー

翠星石「あ、ミコトです」

黒子「お姉様!お姉様~~~!」

美琴「・・・ふぁい?」

蒼星石「あーあ、からっからのペランペランになってる」

佐天「どういう事?」

蒼星石「翠星石が、ミコトさんの力をいっぱい使ったからその反動で、ね」

初春「呪い人形・・・あ、ウォッホン!!」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:28:38.97 ID:e5vwRd3W0 [28/37]
美琴「なーんかさ、もう歩くのもめんどくさい・・・」

翠星石「そこまで無気力にならなくても・・・」

蒼星石「翠星石のせいでしょ?何も考えずに力を使っちゃうから・・・」

翠星石「・・・面目ないです」

美琴「しゃてんひゃんにういひゃるさんおいっしょなんら~・・・あんで?」

佐天「な、何?なんて?」

初春「もっとシャキッとして下さいよ!ね?」

黒子「何か買ってきますわ!」

美琴「はぁぁ~~~~」グデー

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:32:53.58 ID:e5vwRd3W0 [29/37]
翠星石「ほらほらほらほら!!」ペシペシ

美琴「ふぐお!」

初春「ちょ、乱暴ですよ!」

佐天「それじゃあ私も」グッ

蒼星石「やめなよ・・・」

黒子「買ってきましたわ!お姉様、これをお飲みになってくださいまし!」

美琴「ん?なにこれ・・・」ゴク

黒子「ドクターペッパーですの」

美琴「ブーーーーーー!!!」

蒼星石「うわっ!?」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:36:55.33 ID:e5vwRd3W0 [30/37]
美琴「あああああああんたねぇ!なんてもん飲ますのよ!!!」ドキドキ

黒子「でもすっきりしたでしょう?」

美琴「そ、それはそうかも知れないけれど・・・後味悪すぎ」

蒼星石「僕にも一口ちょうだい?」

美琴「一口と言わず全部あげるわよ」

蒼星石「ありがとう」ゴク

翠星石「じゃあ次は翠星石が・・・」

蒼星石「まじゅい・・・」ダー

翠星石「あぁ!口から漏れてる!ダダ漏れですぅ!」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:47:05.57 ID:e5vwRd3W0 [31/37]
ーーーー・・・

美琴「そう・・・バラしたのね」

黒子「バラしたと言うか、何と言うか・・・」

佐天「確かにビックリしましたけど・・・まぁ別にいいんじゃないんですか?」

初春「そうそう、学園都市は何でもアリなんですから」

蒼星石「そんなもんなの?」

美琴「・・・って、そんな事はどうでもいいわよ。アイツがまた来たの!?」

翠星石「そうなのです、まぁ翠星石がちぎっては投げ、ちぎっては投げ、ちぎって鼻毛・・・」

蒼星石「止めはマスターだったけどね」

美琴「・・・翠星石、あんた活躍したの?」

翠星石「ムッキーーーーー!!」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 14:56:08.12 ID:e5vwRd3W0 [32/37]
佐天「なんというか、すごい戦いでしたよ。まるで高レベル同士の戦いみたいでした!」

初春「ちょっと暴れ過ぎた感がありますけど・・・」

佐天「薔薇乙女ってのはみんなあんな能力者みたいなことが出来るの?」

蒼星石「僕らは普通は現実世界で力は使えないんだ」

美琴「・・・どういう事?」

翠星石「そのままの意味ですよ。現実世界で能力を使うにはマスターとの契約を済ませ、媒介から力を貰わないと無理なのですぅ」

黒子「・・・ん?つまり、この指輪が熱くなったのは力を吸われてたからってことですの?」

蒼星石「人聞き悪いなぁ・・・翠星石は力をミコトさんから吸いすぎたから、ミコトさんはあんな抜け殻みたいになったんだ」

翠星石「・・・テヘ」

美琴「おい」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 15:01:30.54 ID:e5vwRd3W0 [33/37]
蒼星石「ま、力加減を間違えちゃうとマスターを殺しかねないんだけどね」

黒・美「はぁ!?」

翠星石「そうなのですぅ。今度からもうちょい加減するです」

美琴「私、下手したら死んでたの・・・?」

蒼星石「大丈夫だよ、流石にその辺りの加減は」ゴク

蒼星石「おええぇ・・・」ダー

佐天「何でまた飲むの!?」

黒子「私の負担がお姉様より少なかったのは、蒼星石が加減してくれたからですのね」

蒼星石「そういう事だね」

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 15:05:16.00 ID:e5vwRd3W0 [34/37]
蒼星石「それよりも気になるのは、水銀燈が消えたこととあの風の正体だね」

黒子「あの風は不思議でしたわね・・・まるで誰かが操ってるかのような」

美琴「風?そんなの吹いてたっけ?」

初春「まるで台風でしたよ!」

美琴「・・・私は何も感じなかったわ。能力者の仕業じゃないの?」

佐天「そういえば、風車の羽が一斉に回る都市伝説が・・・」

黒子「それならもっと広範囲になるはずですの。そもそもどうやったらあんな強風になるんですのよ」

佐天「・・・ですよねー」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 15:12:53.58 ID:e5vwRd3W0 [35/37]
翠星石「可能性の話をするです。まずは能力者。それもレベル3以上の」

美琴「普通はそうだけれど・・・」

翠星石「もしくは・・・薔薇乙女の能力か」

黒子「・・・学園都市に、他の薔薇乙女が?」

翠星石「以前水銀燈は、他の姉妹に会いに行く、ということを言ってたのです」

蒼星石「僕の妹、第5ドールの真紅・・・もしかしたら、その子が目覚めているのかも」

佐天「真紅かか、なんかおしとやかな感じじゃない?」

初春「あー、分かりますよ!」

翠星石(アイツの何処がお淑やかなんですか)



真紅「だわっ!」デュクシ

「何やってるの?」

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/20(火) 15:16:31.19 ID:e5vwRd3W0 [36/37]
蒼星石「・・・まぁ警戒するに越したことはないよ。真紅は割と好戦的だったし」

黒子「そうですわね・・・水銀燈のようにいきなり襲いかかってくる可能性もあるのですから」

翠星石「びくついても一緒ですけどね」

美琴「分かったわ。気を付ける。初春さんと佐天さんも気をつけてね」

佐天「へ?」

初春「こうやって関わってしまった以上、何があるかは分からないでしょう?」

蒼星石「う・・・ごめんね」シュン

黒子(もうちょっと物の言い方ってもんがあるでしょう!)バシッ

初春「あだっ!す、すみません・・・」

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 10:59:46.21 ID:f6YyhxE50 [1/22]

ーーーー・・・

黒子「う~~~~~~~む・・・」カタカタ

固法「・・・」

黒子「・・・ん~~~~~~~・・・」カタカタ

固法「・・・白井さん」

黒子「はぁ~~~~~~・・・」カタカタ

固法「白井さん!」

黒子「は、はいっ!?」

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:06:33.99 ID:f6YyhxE50 [2/22]
黒子「な、なんですの固法先輩?いきなり声を掛けるなんて卑怯千万・・・」

固法「何でよ。ずっと悩んでるみたいだけど?」

黒子「そういうワケじゃありませんの。ただ、思い通りの情報が得られないのに少々不安が隠せない・・・と言ったところでしょうか」

固法「・・・ここはネットカフェじゃないのよ?」

黒子「存じておりますのよ。ですがもう少しだけ・・・」

固法「はぁ、調べ物は分かったからもう少し静かにお願いね」

黒子「・・・スミマセン」カタカタ

504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:09:39.23 ID:f6YyhxE50 [3/22]
固法「・・・何について調べてるの?手伝ってもいいわよ?」

黒子「お構いなく。私事ですので」

固法「私事なのにそんな声出すんだ・・・ふーん」

黒子(こればっかりは先輩に見せられないんですの。かと言ってお姉様にも見せられない・・・)

黒子「・・・」カタカタ



黒子「うう~~~~~~~~ん・・・」カタカタ

固法「うるっさい!!」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:19:43.30 ID:f6YyhxE50 [4/22]
黒子(学園都市にある無数の研究所の内、いくつかの研究所が閉鎖してる?)

黒子(時期は・・・微妙なラグはありますが、ほぼ同時期ですのね。数カ月離れてるモノはない)

黒子(実験の内容・・・までは分かりませんわね)

黒子「初春は帰りましたのよね?」

固法「ええ。風邪を引いたからって言ってたから帰らせたわ」

黒子「・・・初春がいれば、もう少し情報が手に入れられたかもしれませんのに」ボソ

黒子(確か・・・9982号?とか言ってましたわね、あの研究者)

黒子(ぱっと思い浮かぶのは木山春生・・・でも、あの実験は木山一人で行ってたはず)

黒子(・・・ああ!考えれば考えるほど分かりませんの!!)

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:26:37.54 ID:f6YyhxE50 [5/22]
ーーーー・・・

黒子「ただいまですの」ゲッソリ

蒼星石「おかえり・・・どうしたの?」

黒子「お構いなく・・・お姉様は?」

蒼星石「まだ帰って来てないね」

黒子「・・・またですの?」

翠星石「あの野郎!またちょこまか逃げやがって!ですぅ!」

蒼星石「はは、ちょっと似てるね」

翠星石「でしょう?」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:33:09.17 ID:f6YyhxE50 [6/22]
黒子「・・・寮監には、また補習とでも言い訳しないと」

蒼星石「最近ミコトさん、帰ってくるの遅い日が多いよね」

翠星石「翠星石のマスターにあるまじき失態ですぅ!」

黒子「お姉様は、その殿方さんをずいぶん気に入ってらっしゃるようですしぃ?フン!」

蒼星石「そんなに怒ること無いじゃないか・・・」

黒子「いえ!お姉様が汚される前に対策を!キィィィィィ!!!」

翠星石「やかましいです」

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:41:27.69 ID:f6YyhxE50 [7/22]
翠星石「あーお腹減ったです。もうすぐ夕食ですよね?」

蒼星石「うん、そういやそんな時間だね」

翠星石「待ちきれないから食堂に行ってくるです!二人とも行くですよ!」

黒子「あ、先に行ってて欲しいんですの」

翠星石「はえ?」

黒子「いいから!」

翠星石「むぅ、なんですか・・・早く来るですよ」

バタン

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 11:55:29.89 ID:f6YyhxE50 [8/22]
蒼星石「どうしたの?マスター?」

黒子「ちょっと聞きたいことがあったんですの。よろしくて?」

蒼星石「それは構わないけど・・・何?」

黒子「実は最近、ある調べ事をしてて・・・」

蒼星石「へぇ、何について?」

黒子「以前、nのフィールドで見た・・・あの世界。誰かの記憶の断片」

蒼星石「・・・あの世界だね。ミコトさんの動揺が半端じゃなかった」

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 12:07:42.53 ID:f6YyhxE50 [9/22]
黒子「待っておくとか言いながら・・・結局私なりに色々調べてみましたの」

蒼星石「なるほど・・・いいと思うよ。ミコトさんにバレないようにやるのならね」

黒子「ですが、やはり私の情報収集には限界がありますのよ」

蒼星石「また、連れていけというのかい?」

黒子「・・・私、あの世界の記憶に嫌な予感しかしませんのよ。何か、見てはいけないモノのような・・・」

蒼星石「それじゃあ、何故調べたがるだい?マスター」

黒子「・・・それは・・・」

蒼星石「ふふ、まぁいいよ。僕は君の忠実なお人形・・・今晩、誘ってあげるよ」

黒子「ええ、お願いしますの」

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 12:22:32.78 ID:f6YyhxE50 [10/22]
ーーーー・・・

上条「おい・・・嘘だろ?金戻ってこねえぞ!」ゴン

美琴「何やってんのよ、アンタ」

上条(・・・?)

美琴「どーせしょーもないことに引っかかってんでしょ?」

上条「・・・誰だコイツ?」

美琴「・・・っ」ピキッ

上条「ん?」

ドオオオオオオオオン!!!

上条「うわっ!?」

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 12:32:02.32 ID:f6YyhxE50 [11/22]
美琴「私には御坂美琴って名前があるの!いつになったら覚えるのよ!!」

上条(右手が反応した・・・すごい能力者だな)

美琴「全く・・・どきなさいよ・・・ん?」

上条「・・・なんでしょうか?」

美琴「おしゃれな指輪してるじゃないアンタ」

上条「!・・・ええーと・・・気に入ってるんだコレ」

美琴「ふぅ~ん・・・男のくせに?」

上条「ほっといてくださいよ・・・」

美琴(嘘でしょ!?まさかコイツ・・・ドールのマスターなの!?)

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 12:49:24.96 ID:f6YyhxE50 [12/22]
美琴(どうしよう・・・左手を出しちゃまずいかしら?)

上条「ん?どうしたんだ?」

美琴「!い、いやー、何でも無いわ!・・・てか早くどきなさいよ」

上条「いや・・・入れたお金が戻ってこないんですよ」

美琴「いくら入れたの?」

上条「・・・にせんえん」

美琴「・・・え?二千円札?」

上条「・・・」コクリ

美琴「ぷっ、アッハッハッハッハッハ!w?今時二千円札!?おっかしー!アッハハ!!」

上条「だから言いたくなかったんだよ・・・」

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 13:02:02.79 ID:f6YyhxE50 [13/22]
美琴「しょうがないわねぇ・・・私に任せなさい」

上条「へ、任せるって何を?」

美琴「二千円分ね・・・加減が難しいわね」

バチィ!

ガコンガコンガコンガコンガコン・・・!

上条「え!?うわああああああ何やってんだお前!?」

美琴「コッチのほうが手っ取り早いでしょ?20回も足蹴りしたら流石に痛いっての」

上条「・・・犯罪だと思いますが?」

美琴「気にしない気にしない。そもそもあんたはお金入れたんだから貰って当然よ」

上条「お釣りが欲しい・・・」ガックリ

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 13:11:55.70 ID:f6YyhxE50 [14/22]
どん!

上条「いちごおでん・・・またこいつか」

美琴「私も一本貰い!」

上条「あ!何やってんだてめー!!」

美琴「いいじゃない、20本もあるんだから」

上条「・・・まぁ、そうだけどさ」

美琴「私はコレ、ヤシの実サイダー!」カシュ

上条「・・・!」

上条(コイツの左手・・・この指輪・・・まさか)

美琴「何よ・・・あ!」

美琴(指輪隠すの忘れてた!!)

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 13:44:42.14 ID:f6YyhxE50 [15/22]
上条「お前・・・その指輪・・・」

美琴「・・・」バッ

上条「か、かわいいなぁ!」

美琴「そ、そうでしょ?あんまり可愛かったから着けちゃってるの!」

上条「うんうん、いいセンスだ!」

美琴「そうよねー!」

上・美「あっはっはっは!」



上・美「なワケあるかあああああああああああああああ!!!!」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 13:58:55.67 ID:f6YyhxE50 [16/22]
上条「お前、その指輪、どう見ても・・・」

美琴「あんたこそ、その右手!何であんたが・・・」

上条「・・・薔薇乙女のマスターか」

美琴「そうよ。もう隠す必要もないわね・・・」

上条「敵同士、って事になるのか?」

美琴「知らないわよ。薔薇乙女のいざこざは薔薇乙女の問題なんだし、私はただ契約してるってだけでしょ?」

上条「ふぅん、そんな考えもあるのか。他のマスターに見つかったら問答無用で襲われるのかと思ってたぜ」

美琴「そんなに野蛮じゃないわよ!」ビリ

上条「電気!電気漏れてる!!」

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 14:17:15.13 ID:f6YyhxE50 [17/22]
上条「?ってことは・・・こないだの双子か?」

美琴「はぁ!?会ってるの!?」

上条「あぁ、自販機のジュースが買えないって言ってたんだよ」

美琴「もしかして、2~3日前?」

上条「そうそう、その位だな」

美琴(たしか、水銀燈がと交戦した日・・・)

美琴「もしかして、アンタのドールは・・・水銀燈なの?」

上条「水銀燈?なんだそれ」

美琴「・・・違うのならいいわよ」

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/21(水) 14:29:57.08 ID:f6YyhxE50 [18/22]
美琴「それにしてもアンタがマスターねぇ・・・どんなドールなの」

上条「え?それ言わなきゃだめなのか?」

美琴「私だって他のドールに興味があるのよ。・・・もしかして、真紅ってヤツ?」

上条「違うざ。第2ドールの金糸雀ってんだ」

美琴「・・・誰それ」

上条「だから、薔薇乙女」

美琴「そんな名前のヤツ居るって聞いてないわよ。そもそも金糸雀って鳥の名前じゃない」

上条「確かに、キーキーやかましい時はあるな」



金糸雀「なんか知らないけれど、イラッときたかしら・・・」

禁書「何が?」

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 14:40:39.67 ID:f6YyhxE50 [19/22]
違うざって何だよwwww
違うな、の間違いです

上条「しかし・・・学園都市内にマスターが居るとは。意外と狭いもんですなぁ」

美琴「・・・他にもマスターがいるかも知れないわね。検討つかないけれど・・・」

「お姉様」

美琴「黒子?」

「こんにちは、とミサカは挨拶を交わします」

上条「・・・え?あれ??」

美琴「・・・!」

上条「御坂・・・2号?」

御坂妹「2号ではなく妹です。とミサカは間髪入れずに答えました」

美琴(い・・・妹・・・!)

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/21(水) 14:45:22.37 ID:f6YyhxE50 [20/22]
翠星石「ふ?」ピクッ

黒子「どうなさいましたの?」

翠星石「・・・いえ、何でもないです」

蒼星石「行儀が悪いよ、翠星石」

黒子「まったく、乙女の名が泣きますわね」

翠星石「何ですか!失礼なヤツらですぅ!」

寮監「ウオッホン!」

翠星石「ヒィッ!」ビク

黒子「プッ」



翠星石(今のは何なんでしょうか?感情の揺らぎ?不安?動揺?畏怖?)

翠星石(・・・何やってるですか、ミコトは?)

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 14:26:26.81 ID:UENfaIBb0 [2/51]
だいたいのまとめ

水銀燈―?
金糸雀―上条さん
翠星石―ビリビリ
蒼星石―黒子
真紅―?
雛苺―?
雪華綺晶―?

?多すぎワロタ

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 14:30:42.36 ID:UENfaIBb0 [3/51]

上条「妹か・・・そっくりだな。双子か?」

御坂妹「その表現は正しくありません、とミサカは指摘します」

上条「?」

御坂妹「ミサカとお姉様は遺伝子レベルで同質なのです」

上条「は、はぁ・・・」

美琴「・・・あんたッ!こんなところでなにブラブラしてるのよッ!!」

御坂妹「・・・研修中です」

上条「??お、おい御坂、何カリカリしてるんだ?」

647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 14:34:25.85 ID:UENfaIBb0 [4/51]
美琴「カリカリなんか・・・あぁもう!」

上条(カリカリしてんじゃねーか・・・)

美琴「妹、ちょっとこっちにおいで。話があるわ」

御坂妹「いえ、ミサカにもスケジュールがありますので」

美琴「いいから・・・来なさい」

上条「・・・!」ゾクッ

御坂妹「・・・分かりました、とミサカはお姉様の脅しに屈します」

グイッ!

美琴「じゃ、私たちはこっちの道だから・・・アンタも早く帰りなさいよ」

上条「あ、あぁ。じゃあな」

648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 14:39:40.29 ID:UENfaIBb0 [5/51]
美琴「アンタ、検体番号は?」

御坂妹「10032号です」

美琴「・・・ッ、実験は進んでるのね」

御坂妹「はい。滞り無く進んでます。このペースを維持出来れば、予定通り・・・」

美琴「何が滞りなく進んでますよ!!殺されるのを何とも思ってないの!?」

御坂妹「それがミサカの存在意義ですから、とミサカは言い放ちます」

美琴「アンタねぇ!!!!」

御坂妹「・・・何でしょうか?」

美琴「く・・・!」

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 14:43:52.71 ID:UENfaIBb0 [6/51]
美琴「・・・アンタに当たっても仕方ないのは分かってるわよ」

御坂妹「はぁ」

美琴「で?今日も実験は行われるわけ?ターゲットはアンタ?」

御坂妹「機密事項ですが、この情報は大して実験に影響は無いかとミサカは思案します」

美琴「場所を聞いてる訳じゃないんだからさ、それくらい教えなさいよ」

御坂妹「・・・私の実験はまた後日です。本日の実験は別の姉妹達となります、とミサカは説明します」

美琴「・・・そう」

御坂妹「もういいでしょうか?とミサカは時間を気にしつつ質問します」

650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 14:56:58.35 ID:UENfaIBb0 [7/51]
美琴「ホントに、何も感じないの?死にたくないとかさ」

御坂妹「・・・何故、そんなことを思わなければならないのでしょうか?とミサカは疑問をいだきます」

美琴「な、何故って・・・」

御坂妹「妹達は、実験のために生まれてきたクローン。実験に貢献することによって初めて意味を持ちます」

美琴「・・・」

御坂妹「もう少しわかりやすく言うと、死ぬための存在なのです。とミサカは・・・」

美琴「もういいわ・・・行きなさい」

御坂妹「分かりました。それではお姉様、御機嫌よう」ペコ

スタスタ・・・



美琴「・・・ッ!」

ガンッ!!

美琴「痛っ・・・」

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 15:11:31.53 ID:UENfaIBb0 [8/51]
ーーーー・・・

黒子「では蒼星石、お願いしますの」

蒼星石「うん、分かったよ」

ピカッ!

翠星石「翠星石も行きたいですぅ・・・」

蒼星石「だめだよ。ミコトさんが帰ってくるかもしれないし、マスター抜きでnのフィールドに入るのは危険だからさ」

黒子「そういう事ですの。翠星石はお留守番を頑張って下さいまし」

翠星石「むぅ、仕方ないですね・・・さっさと戻ってくるですよ」

蒼星石「はいはい。じゃ、行くよ?マスター」

黒子「ええ」

パッ!

652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 15:19:59.44 ID:UENfaIBb0 [9/51]
ーーーー・・・

黒子「う・・・やっぱり慣れませんわね」

蒼星石「さ、マスター・・・何処の世界に行きたいんだい?」

黒子「以前の世界・・・と思いましたが」

蒼星石「違うのかい?」

黒子「9982号の記憶・・・というものを知りたいのです」

蒼星石「うーん・・・難しいね」

黒子「とにかく知りたいのは、その実験の内容と9982号の正体。この二つですの?」

蒼星石「なるほど・・・そうだったら」

黒子「何かありますの?」

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 15:41:12.42 ID:UENfaIBb0 [10/51]
蒼星石「無意識の海、記憶の扉、9秒前の白からも当たれる可能性がある・・・かな?」

黒子「かな?って・・・なんですのよ」

蒼星石「nのフィールドとはとても曖昧な存在なんだ。どこからがどこまでが誰の世界?誰の記憶?」

黒子「はぁ・・・」

蒼星石「もっと分かりやすく言えば、右の反対は左かどうかさえ怪しいんだ。上の反対が下かどうか、確かめる術はない」

黒子「いえ、上下左右という言葉があるでしょう?」

蒼星石「そんなもの、結局誰かが便宜上そう使ってるだけだ。名前というのは大事なんだよ・・・誰かを呼ぶには名前が必要だ」

黒子「名前?」

蒼星石「・・・以前の世界に行ってみよう。何か手がかりがあるかも」

655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 15:44:02.29 ID:UENfaIBb0 [11/51]
黒子「でも、何も無かったら?」

蒼星石「・・・それは、マスターの努力次第だよ」

黒子「まぁ、結局そういう方向に持って行きますのね?」

蒼星石「ふふ、冗談でも無いよ」

パッ!

黒子「・・・扉が」

蒼星石「さぁマスター、好きな扉を開いて。そこがあなたの望む世界かもしれない」

黒子「・・・」

ギィ・・・

657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 15:52:19.01 ID:UENfaIBb0 [12/51]
黒子「・・・ん?」

蒼星石「・・・何も無いね」

黒子「ハズレですわね・・・戻りましょう」

黒子「あら?扉がない?」

蒼星石「おかしいな・・・どういう事だろう?」

黒子「やっぱりおかしいんですの?」

蒼星石「扉は接点。扉があるから世界は繋がるんだ。その扉が消えると言うことは・・・」

黒子「誰かの仕業ですの?」

蒼星石「・・・どうせ悪戯好きの兎の事だろう。先に進もう、マスター」

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 15:58:53.97 ID:UENfaIBb0 [13/51]
黒子「先に進もうったって・・・前は真っ暗ですのよ」

蒼星石「恐れることはないさ。きっとどこかに通じて」

ズルッ

蒼星石「ん?」

黒子「あ」

蒼星石「うわああああああああああああ!!!!」ヒュウウウウウ

黒子「あぁっ!?何落ちてるんですの!?ここ道じゃない!?」

蒼星石「いや、これは・・・予想外」

黒子「言ってる場合じゃないですの!・・・ええい、助けに行きますのよ!」

ヒュ!

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 16:10:46.08 ID:UENfaIBb0 [14/51]
パッ!

蒼星石「あ、マスター」

黒子「何でそんなに呑気ですのよ!落ちてるんですのよ」

蒼星石「いやあ、為す術もないし・・・ね?」

黒子「ああもう!テレポート、テレポート・・・」

蒼星石「何処に?」

黒子「何処か・・・何処か・・・この世界の何処か!」

ヒュン!



ラプラス「ククク・・・」

660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 16:20:38.04 ID:UENfaIBb0 [15/51]
パッ!

黒子「ぜぇ、ぜぇ・・・」

蒼星石「大丈夫?」

黒子「ええ・・・てか、何で助けられた側が平然としてますの!?」

蒼星石「・・・ん?ここは?」

黒子「適当にテレポートしたから・・・分かりませんわ」

バチッ!

蒼星石「・・・何これ?」

黒子「電気?」

663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 16:28:07.29 ID:UENfaIBb0 [16/51]
黒子「何でこんなところに電気が・・・」

蒼星石「レンピカ、照らしてくれないかい?」

ピカッ!

蒼星石「うん、ありがとう」

黒子「・・・まぁ、何ですのコレ!?」

バチバチ・・・バチッ!

蒼星石「電気の集合体・・・なのかな?」

黒子「・・・何故、こんなところに・・・??」



「それは・・・ここが墓場だからです」

蒼星石「っ!?誰だ!」

664 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 16:33:54.37 ID:UENfaIBb0 [17/51]
「そんなに慌てないで下さい・・・時間はあります」

スタスタ・・・

黒子「この声は・・・」

蒼星石「・・・!」

「?何故、そのような顔をしているのですか?とミサカは少し驚きます」

黒子「お姉様!」

蒼星石「ミコトさん!?」

御坂妹「・・・お姉様。御坂美琴のお知り合いでしょうか?」

黒子「・・・な、何を言ってるんですの?」

御坂妹「私は検体番号9982号であって、オリジナルのお姉様ではありません。とミサカはざっくばらんに説明します」

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 16:43:12.36 ID:UENfaIBb0 [18/51]
黒子「9982号・・・?」

蒼星石「・・・」

御坂妹「それで、何故このような場所に?」

黒子「ちょと待ってくださいまし。9982号とは何ですの?」

御坂妹「いわゆる製造順の通しナンバーです。ミサカは妹達の第9982番目の検体、という事です」

蒼星石「な・・・何を言ってるんだ・・・?」

黒子「・・・っ」

御坂妹「つまり、クローンです。御坂美琴を元に作られたクローン「妹達」の9982号、それがこのミサカです」



黒子「・・っ、はっ・・・、はっ・・・!!」ゾクッ

蒼星石(クローン?9982号?何だそれは!?)

666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 16:52:09.76 ID:UENfaIBb0 [19/51]
黒子(何を言ってるんですの・・・!クローン?)

御坂妹「そしてここは墓場です。正確には妹達の記憶、魂の成れの果て・・・記憶の海に近いものがあります」

蒼星石「墓場・・・墓場だって!?」

黒子「もしかして・・・あなた・・・!!」

御坂妹「お察しのとおりです」

蒼星石「死・・・!?」



御坂妹「ミサカは現実世界では、死亡しています。とミサカは淡々と事実を述べます」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:01:30.63 ID:UENfaIBb0 [20/51]
ーーーー・・・

ガチャ

美琴「ただいま」

翠星石「あ、おかえりですー!」

美琴「うん・・・あれ?黒子と蒼星石は?」

翠星石「二人でnのフィールドに行っちゃったんです」

美琴「ふぅん・・・まぁいいわ。もう寝るから」

翠星石「今日はオセロを・・・はぁ!?」

美琴「疲れてるのよ。お風呂入ってくる」

パタン

翠星石「・・・え、えぇー・・・?」ガックリ

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:10:23.87 ID:UENfaIBb0 [21/51]
翠星石「ふん、何なんですか!みんなして・・・」

翠星石「やっぱり翠星石もついていけば良かったです」

翠星石「・・・そうだ!翠星石もお風呂に入るです!」

ガチャ!

翠星石「ミコト~」

ビリビリビリビリ!!!!!

翠星石「な、なぜ・・・」ガク

美琴「あっ・・・ご、ごめん。黒子だと思って・・・」

671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:30:59.82 ID:UENfaIBb0 [22/51]
ーーーー・・・

御坂妹「気がつきませんか?」

黒子「・・・何に、ですの?」

御坂妹「この電気的なもの・・・1つ1つが妹達の魂みたいなもの。それが繋がり、新たなネットワークを形成しているのです」

蒼星石「・・・死してなお、記憶を形成している・・・ということかい?」

御坂妹「少し違いますが・・・そのようなものです」

黒子「!シナプス・・・ですの?」

御坂妹「名称・・・分かりません。シナプスに例えるのも間違いじゃないでしょう、とミサカは感心しつつ答えます」

黒子「と、いうことは・・・あなたの記憶はここにある、という事ですの?」

御坂妹「・・・その表現は若干正しくありません」

673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:39:07.13 ID:UENfaIBb0 [23/51]
御坂妹「ミサカの検体番号は9982号・・・つまり、それ以前の妹達の記憶が全て存在し、さらにはそれ以降の妹達の記憶のスペースが用意されています」

黒子「・・・ちょっと待って、妹達はまだ居るんですの?」

御坂妹「はい・・・全部で20001体存在します。既に死亡しているのは私含めて10030体です、とミサカは述べます」

蒼星石「な・・・そんなに!?」

黒子「っ・・・、頭が痛くなってきましたの」

御坂妹「そして本日は10031号がやってくると思われます。実験が滞りなく進んでいれば、本日死亡するはずです」

黒子「死亡するはずの実験・・・?」

御坂妹「ええ。【量産異能者「妹達」の運用における超能力者「一方通行」の絶対能力への進化方】」

バチバチッ!!

蒼星石「うわっ!?」

―ミサカ達の記憶をご覧になれば、理解は早いと思われます。リンクしましょう

黒子「ま、まっ・・・!!」

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:43:37.45 ID:UENfaIBb0 [24/51]
ジジッ・・・!

黒子「はっ!?」

蒼星石「ここは?」

御坂妹「妹達の記憶・・・そして周辺の出来事を客観的に観ることが出来ます」

黒子「研究所?」



「・・・」

「はァッ、タリーなァ・・・毎日毎日こんな事やらされちゃア普通はおかしくなるぜ?」

「・・・それではこれより、第1081次実験を開始します」

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:47:51.30 ID:UENfaIBb0 [25/51]
「開始しますたァ偉くなったな、クローンよォ?」

「・・・」チャキ

「クク、ダメだろォ?そんなエモノじゃ俺ァ殺せねェ」

タタタッ・・・

「一旦距離をとり、安全圏からの射撃を試みます、とミサカは拳銃を構えつつ足を動かします」

「ほう、一応距離は取るのか・・・イイねェ」

黒子「あれは・・・拳銃」

蒼星石「何故あんなものを!?」

御坂妹「・・・実験では、様々な武器が支給されます。それにより、戦場の少なさをカバーしているのです」

黒子「戦場?ここは研究所ですのよ?」

678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 17:57:55.95 ID:UENfaIBb0 [26/51]
「・・・!!」

パンパンッ!

黒子「キャ!」

御坂妹「ご心配なく、記憶ですので当たりません」

ビスビスッ!!

「オイオイ・・・しっかり狙いを定めろよ。当たってねェぞ」

「く・・・」

パンパンパンッ!!

「!」

黒子「ひっ!?」

蒼星石「男に当たった!」

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 18:00:59.97 ID:UENfaIBb0 [27/51]
「ンー、イイねェイイねェ!見事命中ってとこか?」

バスバスバスッ!

「!?!?ぐっ・・・!?」

「ダメだ・・・俺を殺すには足りねェな!!!」

黒子「・・・無傷ですの?どうして?」

「・・・っ!」

バタッ・・・

蒼星石「え!?どうしてあの人が倒れちゃうの・・・?」

御坂妹「・・・ベクトル操作」

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 18:11:20.11 ID:UENfaIBb0 [28/51]
蒼星石「それがあの男の能力かい?」

御坂妹「そうです。この世のあらゆるベクトルを操作出来る・・・それが学園都市最強の能力者、一方通行」

黒子「先程の・・・妹達運用におけるどうのこうのっていうアレですの?」

御坂妹「そうです。とミサカは返答します」

「あーあ・・・今日はアッサリイかれちまッたなァ」

「あ・・・う・・・」ビクン

「そうだ、今日は五体不満足にでもしてやろうかァ?」

黒子「あ、お姉様!・・・じゃないのですよね。複雑ですの」

「まずは右腕からイきましょうか!ヒャッハハハハ!!!」

ブチブチブチ!

「アガアアアアァァァァァァァ!!!!!!!」

黒子「・・・え?」

蒼星石「な、何をやってるんだあああああああああ!!!!!やめろッ!やめるんだッ!」

684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 18:17:53.85 ID:UENfaIBb0 [29/51]
「い・・・痛・・・」ポロポロ

「オイオイ、人形が泣いてどうすんだァ!?俺に殺される運命だってのによォ!!!」

黒子「くっ!やめるんですのッ!!!」

ヒュン!

「さァ、次はどうしましょうかァ?バランスは大事だから・・・足、イっとくか?」

黒子「やめなさい!貴方!!」

スカッ!

黒子(掴めない!?)

御坂妹「言ったでしょう?記憶だと・・・触れることなど絶対にできない。止めることは出来ないのです」

蒼星石「冗談じゃない・・・まだコレが続くのかい!?正気じゃ無い!!」

686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 18:23:13.80 ID:UENfaIBb0 [30/51]
ブチブチブチブチィ!

黒子「あ・・・ダメ・・・!やめて・・・!!」

「あ・・・う・・・」

「まだ死なねェのか?しぶといねェ」

スカッ!スカッ!

黒子「掴めない!どうして!?私はジャッジメントですのよ!?」

蒼星石「マ、マスター・・・!」

御坂妹「・・・」

黒子「どうして!?どうして!?どうして!?!?」

スカッ!スカッ!スカッ!

688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 18:29:22.80 ID:UENfaIBb0 [31/51]
「・・・」ピクピクッ

「はい、ダメ押し~」

ブチブチブチィ!

「!!!!」ビクンッ

黒子「あぁ・・・!やめてくださいまし・・・!!」

御坂妹「御覧下さい」

蒼星石「何で君はそんなに余裕なんだ!?」

御坂妹「死亡しましたよ」

黒子「・・・死んだ・・・?」

「はァ、終了終了っと。後片付け頼むわ~」

スタスタ・・・

692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 19:06:35.33 ID:UENfaIBb0 [32/51]
シィィーーーン・・・

黒子「う・・・うぅぅ・・・!」ポロポロ

蒼星石「酷い・・・」

御坂妹「酷い?これはまだマシな方です」

蒼星石「・・・何だって?」

御坂妹「例えば・・・」

パッ!

蒼星石「場面が・・・!?」

御坂妹「このように、脳天を打ち抜かれ、即死した検体も入れば・・・」

パッ!

御坂妹「胴体を真っ二つにされた検体」

黒子「あ・・・あぁ・・・」ガタガタ

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 19:13:57.39 ID:UENfaIBb0 [33/51]
パッ!

御坂妹「更に、川に無理やり沈められた検体」

パッ!

御坂妹「他は・・・」

蒼星石「もういい。やめるんだ!」

御坂妹「・・・分かりました、とミサカは素直に従います」

パッ!

蒼星石「ここは・・・さっきの墓墓か」

黒子「・・・こ、この実験・・・平たく言えば、どういう事ですの?」

蒼星石「マスター!」

黒子「大丈夫、私は大丈夫ですの・・・蒼星石」

695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 19:28:59.16 ID:UENfaIBb0 [34/51]
御坂妹「簡単に言います。学園都市最強のレベル5、一方通行は、2万通りの戦場で、妹達を殺害することによってレベル6へと進化する」

黒子「・・・2万・・・?」

蒼星石「・・・僕は、何百年と生きてるけど・・・こんなに怒りを覚えたことはそうそうないね」

御坂妹「そして、この実験の事はお姉様も把握済みです」

黒子「何ですって!?」

御坂妹「ですが、お姉様が動いたところによって実験は止まりません。一方通行の前には同じレベル5も赤子同然・・・」

蒼星石「ミコトさん・・・知ってたんだ。それならあの動揺も納得出来る」

黒子「大事なのはそこじゃありませんの!!」

御坂妹「と、言いますと?」

黒子「お姉様は、実験に協力していたんですの!?クローンと言うことは、何かしらの形でDNAマップを提供しているのでしょう!!」

蒼星石「・・・それは・・・」

696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 19:34:31.01 ID:UENfaIBb0 [35/51]
御坂妹「そこまでは分かりません、とミサカは項垂れます」

黒子「く・・・お姉様!!」

御坂妹「ですが、お姉様はそんな方なのですか?」

蒼星石「そうだよマスター、ミコトさんのことはあなたが一番知ってるでしょう?」

黒子「・・・お姉様・・・ですの?」



黒子「お姉様は、常盤台中学のエースなのに・・・その自覚が欠けてるとしか思えない言動、しかも品のないお召し物・・・」

黒子「ですが、正義感に溢れ!悪者は見逃さず!誰にでも優しく接してくださるお方ですの!あの方は!!」

蒼星石「・・・」


黒子「お姉様は私の恩人であり、憧れであり、心の拠り所ですの!お姉様は、そんな実験に手を貸すはずが有りませんの!私はお姉様を信じてますのよ!!!」

699 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 19:39:31.58 ID:UENfaIBb0 [36/51]
黒子「・・・確かにちょっと感情的になる所とかもありますけれどね」

蒼星石「マスターは、ミコトさんを信じるんだね?」

黒子「ええ」

御坂妹「・・・お姉様は、幸せですね。とミサカはしんみりします」

黒子「ですが、それを知ったからってお姉様には言えませんのよ・・・」

蒼星石「じゃあ、止めよう」

黒子「へ?」

蒼星石「実験を止めるんだ、マスター」

黒子「・・・どうやってですの?」

蒼星石「それは僕が考えることじゃない。マスター、君が考えるんだ」

黒子「実験を・・・止める・・・」

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 19:40:25.61 ID:UENfaIBb0 [37/51]
めしくってきます

711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 20:24:28.58 ID:UENfaIBb0 [38/51]
たでま

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:32:41.21 ID:UENfaIBb0 [39/51]
ーーーー・・・

パパパパパ・・・!

金糸雀「こ・・・これは・・・どうしようかしら」

バスッ!

「くぅ・・・!!」

「あーらら、もう壊れちまったか」

金糸雀(あれは・・・機関銃ってヤツかしら?でもなんでそんなものが?)

「!」

ガガガガガ!!!

金糸雀「きゃあ!!こっちまで飛んできたかしら!!!」

「さァて問題。一方通行は果たして何をやってるんでしょォかァ?」

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:37:13.31 ID:UENfaIBb0 [40/51]
金糸雀「・・・聞き取れない。流石に屋根の上だと距離がありすぎるわね」

「・・・反射?」

「残念。・・・」

金糸雀「ピチカート」

ピカッ!

金糸雀(何が何だか分からないけれど、ただ事じゃないかしら。いざとなったら・・・)

バチバチバチッ!!!

金糸雀「!!まずいかしら!あの子を助ける!」

金糸雀「沈黙のレクイエム・・・!」


スタッ

真紅「させると思う?」

金糸雀「なっ・・・!?」

719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:42:50.46 ID:UENfaIBb0 [41/51]
ドカッ!!

金糸雀「かはっ・・・!!」

真紅「今突っ込んではダメよ。死にたいの?」

金糸雀「ピ、ピチカート!!」

真紅「・・・この真紅相手に人工精霊?バカな真似はおよしなさいな」

金糸雀「く・・・何かしら。久しぶりにあったと思ったら!」

真紅「あなたが余計な真似をやりそうだったから・・・つい、ね」

金糸雀「そ、そうかしら!あの子を助けなきゃ!!」

真紅「無駄よ」

金糸雀「・・・何ですって?」

真紅「あなたごときじゃ・・・何も変わらないのだわ」

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:45:16.71 ID:UENfaIBb0 [42/51]
パァンッ!!

金糸雀「!!」

真紅「・・・」

金糸雀「どきなさい、真紅!!」

真紅「そうね、もう良いかもしれないわ」

スッ

金糸雀「・・・?どうして急に素直に」

真紅「ともかく、あなたが先走らないで良かったわ。それじゃあ」

金糸雀「え!?ちょっと、まち・・・!」

ブワッ!

金糸雀(薔薇の花弁!?)

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:49:35.27 ID:UENfaIBb0 [43/51]
金糸雀「く・・・離れなさい!!」

バッ!

金糸雀「真紅!・・・居ない」

金糸雀(なんだったのかしら?そもそも真紅も目覚めてるだなんて・・・)

金糸雀「そ、そうだ!さっきの女の子!」

ふわふわ・・・



上条「猫の本か・・・どれがいいかな?・・・種類ありすぎだろ」

上条「ま、コレでいいか。そんなにお高くないし」

722 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:56:48.59 ID:UENfaIBb0 [44/51]
金糸雀「・・・そ、そんな・・・!」

金糸雀「ちょっと!しっかりして!」

「・・・」

金糸雀「血・・・血が出てるかしら!止血しないと・・・」

金糸雀「・・・いや、こんなに出血して助かるはずが無いかしら」

金糸雀(心臓も止まってる・・・完全に、死んでる)

金糸雀「あ・・・!!さっきの男!何処かしら!探さないと!!」

タタタタタタ・・・!!



上条「・・・ん?アレは??」

金糸雀「はぁ、はぁ・・・!とうま!?」

723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:10:58.12 ID:UENfaIBb0 [45/51]
ーーーー・・・

翠星石「はぁ、またミコトは帰ってこない。クロコと蒼星石は何処かに出かけてしまったし・・・」

翠星石「何なんですか?何か最近翠星石の扱いが悪い気がするです」

翠星石「・・・そういや、クロコ達はnのフィールドで何を見たのでしょうかねぇ?」

翠星石「・・・暇ですねぇ」

翠星石「そうです!一人オセロでもするです!」

ピンポーン・・・

翠星石「インターホーン?・・・出てもいいですよね?」

ガチャ

翠星石「はいはい、何処の馬の骨です?」

上条「あ・・・上条だけど、御坂か?」

724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:18:35.01 ID:UENfaIBb0 [46/51]
翠星石「・・・上条・・・ああ!とうまじゃないですか!」

上条「あれ?・・・翠星石か?」

翠星石「です。何のようですか?」

上条「・・・御坂に話があるんだ」

翠星石「はぁ・・・でも、ミコトはいま居ないですよ」

上条「何?困ったな・・・」

翠星石「中で待ってればいいじゃないですか。えーと・・・」

ゴゴゴ・・・

上条「うわっ!?」

翠星石「ほれ、とっとと入ってくるです」

725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:20:40.08 ID:UENfaIBb0 [47/51]
ガチャ

翠星石「お、トウマ・・・久しぶりですかね?」

上条「さぁな。・・・お前、ここに住んでたのか?」

翠星石「です。翠星石は・・・」

金糸雀「ふっふっふ・・・お久しぶりね、翠星石!」

翠星石「・・・お、おめーは!!!!」



翠星石「誰ですかね?」

金糸雀「かしらーーーー!!!」

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:27:35.28 ID:UENfaIBb0 [48/51]
翠星石「冗談ですよ。神奈川・・・ん?てことは?」

上条「ああ。俺はカニ味噌のマスターなんだ。指輪もあるぞ」

金糸雀「・・・」グスッ

翠星石「・・・も、もしかして・・・アリスゲームを仕掛けに来たですか!?」

上条「いや、そんなワケじゃ・・・」

翠星石「蒼星石!あ、居ないんだった・・・ミコト!クロコ!!あぁ、誰も居ないですぅ!!!」

翠星石「もういいです。煮るなり焼くなり好きにするです」ゴロン

上条「落ち着け」

金糸雀「アリスゲームの話じゃないかしら。今日は別件かしら」

728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:33:11.70 ID:UENfaIBb0 [49/51]
翠星石「とすると・・・もしかして、おめーがミコトといざこざを起こしてる無能力者ですか?」

上条「あ、あぁ・・・(憶えてないけどな)

翠星石「ふぅ~ん・・・ミコトはトウマの事、いっつも話してるですよ」

上条「そうなのか?」

翠星石「ですぅ」

あの馬鹿・・・腹が立つ
あの馬鹿ったら逃げ足だけはレベル5よね~
あの馬鹿、すましやがって・・・ムカつくわ
あの馬鹿ったら自販機に2000円札入れたのよ?
あの馬鹿・・・
あの馬鹿・・・

翠星石「そりゃあもう嬉しそうに」

金糸雀「うっわ・・・」

上条「そ、そんなにか・・・」ガクリ

729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:38:44.22 ID:UENfaIBb0 [50/51]
翠星石「ふふ、本気で嫌いならそんなこと言わないです」

上条「・・・そうかぁ?」

翠星石「ミコトは学園都市に七人しか居ないレベル5、しかも第3位で常盤台のエースです。ミコトは常にみんなの上に立つ、そんな存在なのです」

翠星石「そんなミコトにとって、おめーみたいなミコトと対等に渡り合える存在が・・・どれほど救いになってるのか、分かってるですか?」

上条「・・・っ!」

上条(くそ・・・品の欠片もないお嬢様、異端な実験の協力者。どっちが本当の・・・!!)

金糸雀「・・・とうま?」

コツコツ・・・

翠星石「・・・げぇっ、この音は!」

上条「・・・帰ってきたか?」

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:41:12.23 ID:UENfaIBb0 [51/51]
翠星石「やばばば・・・!寮監の抜き打ち巡回です!ここは男子禁制ですから・・・あわわわわ!!」

上条「・・・見つかったらまずいか?」

翠星石「磔の刑ですぅ!」

上条「おいいいいいいいいいい!!やべーじゃねーか!!」

翠星石「トウマ、金糸雀!そこのベッドの下に隠れるですぅ!」

上条「お、おう!金糸雀、猫を持っててくれ!」

金糸雀「あいあいさー!」

もぞもぞ・・・

翠星石「・・・隠れたですね」

ガチャ!

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 21:48:35.76 ID:UENfaIBb0 [2/29]
寮監「む・・・翠星石か」

翠星石「おやおや寮監さん。厨房はこちらじゃないですよ?もうすぐ夕食だからと言って部屋を間違っちゃあいけないのです」

寮監「ふん、白井と御坂は?」

翠星石「補習とか言ってたですね」

寮監「外出届は出てないな・・・もし嘘なら、お前共々減点だぞ?分かってるのか?」

翠星石「何を今さら。掃除でも何でもしてやるのです!」

寮監「その言葉、忘れるなよ。・・・夕食の時間だ。食堂に集合せよ」

翠星石「合点ですぅ!」

バタン!

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:50:51.92 ID:UENfaIBb0 [3/29]
翠星石「・・・行ったですかね?」

翠星石「・・・おーい、行ったみたい」

ガチャ

翠星石「ヒィ!!」

寮監「蒼星石は?」

翠星石「え、えーと・・・クロコについて行ったです」

寮監「・・・そうか。分かった」

バタン

翠星石「・・・心臓、もといローザミスティカに悪いですね・・・」ドキドキ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 21:55:04.87 ID:UENfaIBb0 [4/29]
あれ?sageてなかった



翠星石「おーい・・・何やってるですか?」

シィィーーーン・・・

翠星石(も、もしかして・・・ベッドの下が狭くて窒息してしまったですか!!)



前代未聞!前科持ちの薔薇乙女!!

蒼星石「はい、はい、いつかやると思ってました。ろくな姉じゃなかったです」

水銀燈「うっふふ、私はおとなしいからそんな気持ち分からないけどぉ・・・愚かよね?」

金糸雀「愚の骨頂かしら」

美琴「さいってー」



翠星石「ヒィィィィィ!!!しっかりするです!傷は浅いですぅ!!」ズリズリ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:00:58.43 ID:UENfaIBb0 [5/29]
上条「・・・」

金糸雀「・・・こ、こんなのって・・・!!」

翠星石「やいやい、狭いところが好きなんですか?猫なんですか?」

上条「!!」ビク

翠星石「・・・何ですか、その紙」

金糸雀「!な、何でもない・・・」

翠星石「とりゃ」バッ

上条「あ、馬鹿!読むんじゃない!!」

翠星石「えーと?【量産異能者「妹達」の運用における超能力者「一方通行」の絶対能力への進化方】・・・何ですかコレ」ペラ

上条「・・・っ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:04:11.33 ID:UENfaIBb0 [6/29]
ーーーー・・・

黒子「・・・どうぞ、私の奢りですわ」

蒼星石「ありがとう。マスターは?」

黒子「私はいいですわ。蒼星石のを一口貰いますけれど」

蒼星石「うん」

黒子「・・・で、まだですの?」

蒼星石「レンピカはまだ戻ってこない。もう少し・・・もう少しだけ待ってて」

黒子「・・・えぇ。もう後戻りは出来ませんのよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:09:19.14 ID:UENfaIBb0 [7/29]
いいですの?

この実験は、お姉様をベースに計算してありますの。レベル5の第三位を何回殺せば・・・と言う風に。

つまり、実験を狂わせる、もしくは中止させるには・・・そうですわね・・・

1つ、研究所を潰す。・・・これは現実的じゃありませんわね。

研究所を潰したところで他の研究所に引き継がれるでしょうし。

2つ、妹達を殺させないために保護する。

・・・約1万人もいる妹達を保護するのは不可能ですわ

となると・・・3つ、一方通行を倒す。

・・・上に、レベル0が一方通行を倒した、という知らせが届けばこの実験は中止するはずですの。

一方通行が学園都市最強だと言うのが過程ですので。

・・・蒼星石、私とあなたで、一方通行を倒しますわよ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:17:44.66 ID:UENfaIBb0 [8/29]
蒼星石「いいのかい?あの能力・・・下手したら、死ぬよ?」

黒子「・・・妹達は、何千回と殺されたんですのよ、下らない実験のために」

黒子「私は誓いましたのよ。どうやってでも倒す。倒す術を見つける」

黒子「・・・見つからなかったら、妹達を連れて逃げますわ」

蒼星石「ふふ、君は強いね、マスター」

黒子「そんなことありませんわよ。ホントは今すぐ逃げ出したい位怯えてますのよ」

蒼星石「僕もだよ。でも・・・僕は君のお人形。君が誓うのなら僕も誓うよ。一緒に倒そう、マスター」

黒子「・・・ありがとうですの。あなたのマスターで・・・良かったですわ」

ピカッ!

蒼星石「見つけたかい?」

黒子「レンピカ、導いてくださいまし!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:21:01.87 ID:UENfaIBb0 [9/29]
ーーーー・・・

美琴「・・・」

美琴「・・・っ」

美琴「・・・たすけてよ・・・!」

みー

美琴「?」

美琴(・・・ねこ?)



翠星石「何やってるですか、ミコト」

上条「・・・っ」

美琴「・・・アンタたち」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:25:07.57 ID:UENfaIBb0 [10/29]
美琴「・・・翠星石、コイツと知り合いだったのえ、忘れてたわ」

上条「何やってんだ、お前」

美琴「ふん、夜に出歩くことはそんなに悪いことなのかしら?」

翠星石「寮監に言い訳する翠星石の身にもなりやがれです。まったく・・・ダメダメなマスターです、おめーは」

美琴「言ってくれるじゃない。アンタたちに言われる筋合いはないわよ」

上条「・・・やめろよ」

美琴「何をよ。翠星石は私の人形なよ?マスターの・・・」

翠星石「おめー、この資料は何ですか。バカ人間」

美琴「・・・っ!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:28:30.83 ID:UENfaIBb0 [11/29]
美琴「・・・あーあ、男を部屋の中に連れ込んで、秘密のチャック開けて、大事な資料を読んじゃったの?」

上条「・・・ああ」

美琴「バッカじゃない?泥棒よ?犯罪よ?死刑だわ」

上条「・・・」

美琴「で、どう思ったの?許せないとでも思った?」

翠星石「許せないのなら・・・」

美琴「ん?」

翠星石「許せないのなら、こんなとこ来るはず無いですッ!そんなことも分からないのですか!!!」

美琴「・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:33:33.30 ID:UENfaIBb0 [12/29]
翠星石「・・・最近、夜遅くまで帰ってこなかったのもコレ絡みなんですよね?」

美琴「そうよ。その地図、バッテンがついてるでしょ?」

上条「・・・研究所を潰したのか?」

美琴「ええ。と言っても無駄足だったけれど」

翠星石「でしょうね。この資料を読む限りでは、レベル6ってのは相当貴重らしいですから」

美琴「その通り。お偉いさんも必死なんでしょうね」

翠星石「・・・この資料も、正式なルートで得たものじゃない。持ってるのがバレたら、おめーだって危ないのでしょう?」

美琴「分かってるじゃない。嬉しいわ・・・さ、どいて」

上条「何処に行くんだ?」

美琴「実験は今夜も行われる」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:39:37.27 ID:UENfaIBb0 [13/29]
翠星石「・・・どくもんですか」

上条「ああ。翠星石も俺もどかねーよ」

美琴「ふざけんじゃないわよ。私が止めなきゃ誰が止めるのよ!」

翠星石「何となく気づいてたです。いつものおめーなら飛んで行って、一方通行をやっつけるでしょう?」

上条「ああ。だけど、それが出来ない理由は何か?・・・簡単だ、戦力差だろ」

美琴「っ・・・そうよ。私じゃ一方通行に勝てない。絶対に」

翠星石「死ぬ気なのでしょう、おめーの考える事は浅はかで、短絡的で、愚かなものばかりです」

美琴「!!」

上条「超電磁砲を三十八回殺せば・・・と書いてあった。お前は自ら死にに行き、その計算自体をやり直させるつもりか・・・そんなとこか?」

美琴「ふふ・・・翠星石、アンタはよく気がつくわね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:44:30.73 ID:UENfaIBb0 [14/29]
翠星石「契約しているせいですかね、おめーの考えが少しだけ読めるのです」

美琴「・・・この指輪ね。全く」

上条「お前が死ねば解決?ふざけた事言ってんじゃねぇ!!」

翠星石「そもそも、その樹形図の設計者が再演算したら同じ結果がでるでしょう!」

美琴「それはないわ。樹形図の設計者は二週間前に撃墜されてるの。再演算は不可能よ」

翠星石「・・・」

美琴「分かったらどいて、チャンスは今しかないの」

上条「・・・どかねぇよ」

美琴「・・・何ですって?」バチバチ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:48:35.30 ID:UENfaIBb0 [15/29]
美琴「考えなさい!他の方法は無いのよ!私が行かなければ、他の妹達は殺されるのよ!!」

翠星石「考えるのはおめーです、バカ人間!!」

上条「あぁ、全くだ」

美琴「・・・そう、じゃあ力づくで止めてみなさいよ!」

バチバチィ!!

美琴「アンタの能力は未だに分からないけれど、今回は負けるわけにはいかない!!!!」

ボンッ!

翠星石「おーおー、怖いですね」

美琴「あんたもどきなさい、翠星石。いくら契約してるからって・・・容赦はしないわよ」

翠星石「・・・はぁ、スィドリーム」

ピカッ!

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:51:39.26 ID:UENfaIBb0 [16/29]
美琴「・・・っ、戦うのね。嬉しいわ」

翠星石「庭師の如雨露、ちょっとだけ・・・使うです」

サァァ・・・

美琴「それが世界樹の根ってやつかしら?でも私の電撃に・・・」

翠星石「トウマ、手を後ろに組むです」

上条「あぁ」

ビシィ!

美琴「・・・何の真似よ」

翠星石「おめーがビビッてたトウマの手は封じたです」

上条「・・・戦わねぇ。それが俺たちの意思だ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 22:57:09.19 ID:UENfaIBb0 [17/29]
美琴「・・・戦えって言ってるのよ!死ぬわよ!!」

翠星石「・・・嫌です」

上条「あぁ、嫌だね」

バチバチバチバチバチッ!!!

翠星石「くっ・・・」

上条「ヤベェなこれ・・・死ぬかも」

美琴「くっ・・・戦えって・・・言ってるのよーーーーーーー!!!!!!!」

ズガガガガガガガガガガガガガガガッ!!!!

翠星石「く・・・」

上条「がぁっ・・・!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:00:21.68 ID:UENfaIBb0 [18/29]
ドサッ!

美琴「・・・な、なんで・・・」

翠星石「戦わないと言ったら・・・戦わないのです。薔薇乙女を見くびるんじゃないです」

上条「そうだ。何でお前が死ななきゃ・・・」

美琴「うるさい!」

バチィ!

翠星石「きゃあ!!」

上条「翠星石!」

美琴「私のせいで・・・一万人の妹達が死んだ!私は悪党なの。死んで当然なの!!」

翠星石「悪党・・・悪党ですか・・・」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:04:56.61 ID:UENfaIBb0 [19/29]
翠星石「悪党が、電撃をセーブするのですか?普通ならさっきの一撃でトウマは死んでるはずです。でも、生きてる」

上条「お前は気づいてるんだ。本当は・・・」

美琴「う、うるさい・・・」

翠星石「こんな方法じゃ誰も救われない。おめーが救いたかった妹達ってのは・・・おめーが死んだら感謝してくれるような、そんな浅はかな存在なのですか?」

美琴「そこをどきなさい!でないと本当に・・・!!」

翠星石「・・・ふふ、キーキー喚かれちゃなんて喋ってるのか分からんです」

美琴「う、うぅ、うわあああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

ドゴォォォォォォォォォン!!!!

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:09:32.68 ID:UENfaIBb0 [20/29]
ーーーー・・・

「~・・・」

「~・・・」

黒子「あれですわね」

蒼星石「間違いない。一方通行に妹達だ」

黒子「・・・さて、どうしましょうか?」

蒼星石「戦いが始まったら・・・僕を飛ばしてくれないかい?」

黒子「まさか!私も一緒に・・・」

蒼星石「そっちの方が好都合なんだよ。マスターが手を貸しちゃ、この作戦は失敗なんだ」

黒子「っ・・・分かりましたの」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:13:39.32 ID:UENfaIBb0 [21/29]
黒子「・・蒼星石」

蒼星石「何だい?」

黒子「翠星石は呼ばなくても良かったんですの?」

蒼星石「翠星石は戦いに向いてないい。それに今回はアリスゲームでも何でもないんだ・・・呼ぶ必要はないよ」

黒子「あなた、優しいんですのね」

蒼星石「・・・そんなことないよ。僕は・・・」

バチバチッ!

黒子「・・・始まってますわね」

蒼星石「レンピカ」

ピカッ!

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:17:50.52 ID:UENfaIBb0 [22/29]
蒼星石「庭師の鋏・・・ホントはこんな事に使いたくないんだけどね」チャキ

黒子「ごめんなさい、私のせいで・・・」

蒼星石「謝る必要はないよ」

黒子「・・・そうでしたわね」

蒼星石「ふふ、あなたは、いいマスターだ」

黒子「へ?」

グオッ!

蒼星石(攻撃が始まった!!)

黒子「行きますわよ!」

蒼星石「はいマスター!」

ヒュン!

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:21:09.87 ID:UENfaIBb0 [23/29]
一方「さァて質問だ」

御坂妹「・・・!」

一方「オマエは何回殺されてェンだっつの!!」

ドン!

御坂妹「カッ・・・は・・・!!」

一方「ヒャッハハハハハハ!!!」

パッ!

蒼星石「汚い笑い声だね」

一方「・・・アァ!?なっ・・・」

メキッ!!!

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:25:33.30 ID:UENfaIBb0 [24/29]
蒼星石「!?」

一方「・・・何だオメェ、どこから入ってきた?」

蒼星石「ベクトル操作・・・厄介だ」

一方「ったく、こんな子ども・・・ん?何だそのバカでかい鋏は。面白いなァオマエ!!」

蒼星石「僕は・・・ただのお人形さ」

御坂妹「あなたは・・・誰ですか・・・?」

蒼星石「離れて」

御坂妹「で、ですが実験が・・・」

蒼星石「はあああああっ!!!」ダッ

一方「オイオイ、シザーマンかよ・・・まl無駄だけどなァ」

メキィ!!

蒼星石「ぐ・・・!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:29:15.25 ID:UENfaIBb0 [25/29]
一方「・・・そんな力いっぱい斬りかかってるのに、オメェの腕は折れないのか。面白れェ!!」

蒼星石「冗談じゃない・・・ホントに反射するのか」

一方「俺の能力を知ってるんなら話は早ェな」

ドンッ!

蒼星石「消え・・・」

一方通行「何処見てんだ?」

蒼星石(横!?)

スカッ!

一方「お?」

蒼星石「反射する上に素早い。でも躱せない速度じゃあないね」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:34:30.02 ID:UENfaIBb0 [26/29]
蒼星石(マスター、力を借りるよ!)

キィィィ・・・!

御坂妹「・・・青く光ってる?」

蒼星石「契約者から力を貰ってるんだ、ある程度の能力は上がるし、耐久力も上昇する」

一方「ちょこまか逃げてんじゃねェぞ!」

ブンッ!ブンッ!

蒼星石(今度は頭上から行く!)

一方「逃げンじゃねェって・・・言ってンだろォ!!!」

パァンッ!!

蒼星石「い、石が!?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:38:44.05 ID:UENfaIBb0 [27/29]
メキィ!!

蒼星石「!?」

一方「ヒャッハ!!イイねぇ・・・肩か。ここからじわじわ追い詰めてやるゼェ?」

蒼星石「く・・・」


「離れろ」

「ですぅ!」


一方「・・・ア?」

蒼星石「・・・あ!!」

御坂妹「・・・あなたは」


上条「蒼星石と御坂妹から離れろッつってんだよ!!!」

翠星石「そうですそうです!このモヤシ人間!!!」

蒼星石「・・・トウマさんと、翠星石!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:47:15.66 ID:UENfaIBb0 [28/29]
真紅「まだ?まだ分からないの?」

ピカッ!

真紅「そう・・・急いで。もう戦いは始まってるかもしれないわ」

シューン・・・

真紅「学園都市ね・・・こんなところ、行きが詰まりそうだわ」

真紅「科学が発展したところで、おいしい紅茶が飲めるとは限らないのにね」

真紅「そう思わない?ホーリエ」

シーン・・・

真紅「・・・そうだ、使いに出してるんだったわ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 23:54:21.66 ID:UENfaIBb0 [29/29]
一方「何だ何だァ?一般人のオンパレードじゃねェか!」

上条「御坂妹、無事か?」

御坂妹「・・・えぇ」

翠星石「おバカな妹です!翠星石をもっと頼りやがれです!!!」

蒼星石「・・・翠星石」

一方「オーイ、何だ?口封じってヤツか・・・気がひけるぜ。人形を殺すのならともかく人間を」

上条「いいからさっさと離れろつってんだよ三下ァ!!!!!」

翠星石「やーいやーい、モヤシ人間ー」

一方「・・・おもしれェな、お前ら・・・!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/24(土) 00:01:10.24 ID:iVQNKn8A0 [1/6]
御坂妹「・・・皆さん、何を・・・やってるのですか、とミサカは問いかけます」

上条「・・・」

御坂妹「ミ―サカは、いくらでも替えの作ることの出来る、模造品です。人形なのです。そんなものの為に・・何を・・・しようと・・・!」

上条「黙ってろ」

御坂妹「っ・・・、ミサカは必要な機材と薬品さえあればボタン1つで自動生成されるのです。作り物の心に、作り物の体・・・」

蒼星石「作り物の何が悪いのさ」

翠星石「こんな風に作ってくれたお父様に、翠星石は感謝してるです。おめーは・・・誰にも感謝しないのですか?」

御坂妹「・・・?」

上条「作り物とか関係ねぇ。俺達は、お前を助けるためにここに居るんだ!ここに立ってるんだよ!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/24(土) 00:07:04.22 ID:iVQNKn8A0 [2/6]
御坂妹「・・・で、ですが・・・」

翠星石「ああああああああ!!!!うるさい女です!文句ばかり言う当たりミコトとそっくりです!!」

蒼星石「・・・ふふ、そうかもしれないね」

上条「勝手に死ぬんじゃねぇぞ。お前にはまだ文句が、山ほど残ってんだよ」

御坂妹「いけません、と、ミサカ・・・は・・・」

バタッ!


一方「オイオイ、泣かせるねぇ。そんな人形のために命を張るのか?見返りなンかねェぞ?」

上条「そんなチャチなもんで、俺らは動かないんだよ!!」グッ

翠星石「さぁ、おめーを懲らしめてやるです。スィドリーム!」

蒼星石「・・・あぁ、翠星石が居れば百人力さ」チャキ



一方「いいゼェ・・・そんなに死にたきゃかかってこいよォ。三下共ォ!!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/24(土) 00:13:11.47 ID:iVQNKn8A0 [3/6]
真紅「・・・」

ピカッ!

真紅「見つけたですって?でかしたわホーリエ」

真紅「場所は・・・そんなに遠くないみたいね」


真紅「行くわよ雛苺!戦いは始まってるみたいだから、急いで!!」

雛苺「うぃっさ!」

真紅「ジュンも、なるべく急いで頂戴!!」

ジュン「分かってるよ、人使い荒いぞ・・・全く・・・」

真紅「フンッ!」

ピシィ!

ジュン「あいだ!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/24(土) 00:17:13.24 ID:iVQNKn8A0 [4/6]
「~~~・・・」

「~~~~・・・!」

水銀燈「ふふ、ふふふ・・・いいわぁ。いいわよぉ!」

水銀燈「私には分かる、薔薇乙女がここに集まる」

水銀燈「人間どものいざこざに興味はないわ。でも・・・漁夫の利は狙えそうね」



水銀燈「集中して、狙いを絞って、一撃必殺を狙えば・・・どんなドールズでも倒せる」

水銀燈「さぁ、私の時間みたいねぇ?クスクスクス・・・」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/24(土) 00:20:41.88 ID:iVQNKn8A0 [5/6]
美琴「・・・」

金糸雀「・・・」

美琴「・・・ねぇ」

金糸雀「何かしら」

美琴「いつまで見張るつもりなの?」

金糸雀「いつまでも。現場に行くようなら怒るかしら」

美琴「怒ってる?」

金糸雀「そりゃあ怒るかしら!とうまをあんな目に合わせておいて!!」

美琴「・・・でも、ほっておいたら・・・アイツ死んじゃうかもよ?」

金糸雀「ええええええええええええええええ!?それは困るかしら!助太刀に行くかしら!!」

美琴(チョロイわね)

金糸雀「とうまー!今行くかしらーーー!!」

ここでスレスト……

コメント

No title

ここでスレスト……・・・

No title

これはほんとに残念。続き読みたいな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。