FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「オーバースキル!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:10:18.38 ID:vUeoZXZtO [1/44]
ズバン!

ギュイーン

ズドン!

?「もらったァ!」

スカッ

?「なンだとォ!?」

佐天「スキあり!」ドカッ

?「ぐはァ!」

佐天「いえーい! また私の勝ち!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:15:00.38 ID:vUeoZXZtO
?「クソがァ…また負けちまったァ」

佐天「悪いね! ゲームぐらいは勝たせてよ」

?「俺は負けず嫌いなンだ。もう一勝負だ」

佐天「ごめん、もう朝だし寝るよ」

?「ツレねェなァ」

佐天「ごめんごめん、『いっつー』さんとゲームしてると時間が過ぎるのが早くて」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:21:47.24 ID:vUeoZXZtO
佐天「ふぁぁぁ…」

ピロン

佐天「ん? メッセージ?」

『200連勝を称え、チャンプの称号を贈ります』

佐天「このゲーム、もうそんなにやったんだ…」

佐天「ふぁ…眠い…」

バンッ


黒子「ジャッジメントですの!」

佐天「はい?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:24:03.24 ID:vUeoZXZtO
黒子「佐天涙子さん、テロ容疑で逮捕ですの」

佐天「はぁ!? 私テロなんt」

ドカッ

佐天「かはっ」

バタリ

黒子「連行してくださいまし」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:27:29.99 ID:vUeoZXZtO


佐天「ここは…」

佐天「そうだ、私逮捕されて…」

カシャン

看守「ほら、飯だ」


おじさん「ほら、君の分」

佐天「どうも…」

看守「おいお前、飯食えるか?」

男「…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:36:02.75 ID:vUeoZXZtO
佐天「あの人…どうしたんです?」

おじさん「なんでも、不法侵入で捕まったらしいね」

おじさん「目的をしゃべらないから尋問が日に日に…」

バキンッ

看守「がっ」ドサッ

男「…ふぃー」コキコキ

佐天「な、何を…」

男「ここから出るかい?」

皆「…」

男「…学園都市のピープルも飼い慣らされた家畜みたいだな」

佐天「…」

佐天「私、出ます」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:39:43.42 ID:vUeoZXZtO
男「見かけによらず度胸があるね、お嬢さん」

佐天「お嬢さんじゃありません、佐天涙子です」

ゲイン「ゲイン・ビジョウだ。ミス佐天」

佐天「私はここにいなければならない理由がない。だから出ます」

ゲイン「よし、ついて来い」

ガキュンッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:44:56.94 ID:vUeoZXZtO
ゲイン「俺の情報が正しければこの先に…」

バシュウッ

ゲイン「この部屋のどこかにヘッドギアがあるハズだ」

佐天「それを探せばいいんですね」

ゲイン「ああ、頼むぞ」



佐天「そんなに重要なヘッドギアなの?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:49:02.92 ID:vUeoZXZtO
佐天「あ、これがそのヘッドギアかな」

佐天「ゲインさ…」



佐天「かぶっちゃえ」カパ

ヒュイイイイイン

佐天「!?」


『please ID』

佐天「ぷ、ぷれず?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:54:27.50 ID:vUeoZXZtO
佐天「ID…なんにしよう」

佐天「over girl…と」

キュイーン

佐天「わ、わっ」

ゲイン「でかした! それがあればエクソダスは上手くいくぞ」

佐天「エクソダス?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 20:57:32.85 ID:vUeoZXZtO
佐天「わっ なんか輪っかが!」

ゲイン「そのアーティファクトは、人の精神エネルギーを使ってオーバースキルを施行できるようにするんだ」

佐天「ちょっとわかんないです…わわっ浮いた!」

ゲイン「俺の指示通りにするんだ、ここから出るぞ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:06:05.13 ID:vUeoZXZtO
黒子「容疑者二人に逃げられましたの!?」

看守「はい…例のエクソダス請負人とテロリストに」

黒子「不味いですわね…早く見つけ出さないと」


ズズズ…

ゲイン「そうだ、ゆっくり上昇しろ」

佐天「ゲインさん重い~っ」

ゲイン「この程度で重いとは…ギアを使いこなせてないな」



黒子「見つけましたわ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:11:43.94 ID:vUeoZXZtO
佐天「げっ 見つかった!」

ゲイン「まさかこんなところでミーティングとはな」

黒子「ジャッジメントですの、あなた方を拘束しますの」

ゲイン「佐天、オーバースキルを使うんだ」

佐天「何ですかそれ!」

ゲイン「超能力みたいなもんだ、ここを突破するぞ」

黒子「参りますの」シュン

佐天「消えた!?」

ゲイン「テレポートか!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:14:32.38 ID:vUeoZXZtO
黒子「せいっ」ドカッ

佐天「痛っ」

黒子「はっ」シュン

佐天「超能力って、私レベル0…」

黒子「それっ」ガッ

佐天「くうっ」

ゲイン「ちっ、ゲームチャンプと言うからどの程度かと思えば…」


佐天(このままじゃ…)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:18:41.86 ID:vUeoZXZtO
黒子「トドメですのっ」

佐天(そうだ…飛んだり出来るんだ…あのゲームだったら)

黒子「せあっ」ビッ

佐天「よッ」スッ

黒子「かわした!?」

佐天「テレポ見てから回避余裕でしたッ」バシッ

黒子「あうっ」



風紀「あの白井さんが食らった…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:21:31.92 ID:vUeoZXZtO
佐天「い、いけるぞ…!」

黒子「たかだか一発で!」シュン

佐天「見えたッ!」

バキッ

黒子「かはっ」

佐天「完璧にカウンター入ったね」

風紀「白井さん!」

風紀「避難して下さい!」

黒子「ぐう…」シュン

風紀「弾幕用意!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:24:43.58 ID:vUeoZXZtO
佐天「ちょっ、銃とか洒落になんないって!」

風紀「安心しろ、ゴム弾だ」

風紀「骨折ぐらいはするだろうがな」

風紀「白井さんのテレポートを避けるんだ、手加減無用だ」

黒子「てぇっ!」

ガンガンガンガンガンッ

佐天「ちぃッ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:39:36.84 ID:vUeoZXZtO
ヒュンヒュンッ

佐天「わわっ」スカッ

風紀「これでも避けるか!」

佐天「そっちがその気なら!」

キュイイイイイイッ

風紀「光がッ!?」

黒子「まずいですの!」シュン

佐天「やあああああああああ!」

ドカカカカカッ

風紀達「ぐはぁぁッ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:44:45.01 ID:vUeoZXZtO
佐天「やった…?」



黒子(これは厄介な相手ですの)

黒子(悪いですが、手足に直接打ち込ませてもらいますのっ!)

シュン

佐天「!?」

ザザッ カカッ


黒子「!? 何故今のがかわせますの!?」

佐天「視線を消さない限り、その攻撃は当たらないッ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:47:38.27 ID:vUeoZXZtO
佐天「やあああああああああ!」グオオオッ

黒子「速い!?」シュン


黒子「お、応援を」パッ

佐天「せいっ!」

黒子「な、何故ワープ先にっ」

バキッ

黒子「がはっ」ドサッ


佐天「はあ…はあ……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:49:53.07 ID:vUeoZXZtO
ゲイン「やるじゃないか、佐天」

佐天「ぐ…気持ち悪い」

ゲイン「飛行酔いしたか、肩を貸そう」

佐天「おえ…」





黒子「や…ヤッサバ隊長に連絡を…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:59:10.15 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「何ぃ!? 白井がやられただあ?」

風紀「はい、なんでも飛行系能力者らしく…」

ヤッサバ「それだけで白井を倒せるとは思えん…俺のオーバーマンを出せ!」

風紀「い、いいのですか?」

ヤッサバ「犯罪者は確実に仕留めるのだ!」

風紀「ハッ!」


ヤッサバ「ゲイン・ビジョウ…貴様が能力者とはな」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:08:06.25 ID:vUeoZXZtO
佐天「うええ…気持ち悪い…」

ゲイン「そんな様子じゃ戦えないな、ヘッドギアを貸せ」


ズドオオオオオン


ヤッサバ「見つけたぞ!ゲイン・ビジョウ!」

ゲイン「もう追っ手が来たか…」

ヤッサバ「黒いサザンクロスが能力欲しさに学園都市に来るとは…ガッカリさせやがる!」

ゲイン「…何の話だ?」

ヤッサバ「とぼけるなッ 銃撃を得意とするお前が白井を倒すとは、何か仕掛けがあるはずだッ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:12:53.04 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「尋問をした時、お前はレベル0だった…」

ヤッサバ「まさかレベルアッパーに手を出すとはなぁ!」

ゲイン「待て、俺は今でもレベル0だ」

ヤッサバ「問答無用!」

佐天「危ない!」


ギィンッ


ヤッサバ「誰だお前?」

佐天「…テレポの人を倒したのは私です」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:15:45.12 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「フォトンマット…貴様、どうやって」

佐天「答える義務はありません」

ヤッサバ「なら、力ずくで吐かせるだけだ!」

バルバルバルッ

佐天「避けるッ」シュインシュイン

ヤッサバ「速い…ならばっ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:20:36.60 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「食らえっ」

バルバルバルバルッ

佐天「何度やってもッ」シュイン

ヤッサバ「もう一丁ッ」ボウッ

佐天「火炎放射!?」シュイシュイン

ヤッサバ「時よ、止まれ!」


佐天「炎も弾丸も止まった!?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:26:59.37 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「さあ、踊ってくれよ」


ヤッサバ「時よ、動けッ」


佐天「くッ」

シュイン

キュィィン

キュキュィィン

ヤッサバ「はははははァッ 次々いくぞッ」

バルバルバルバルバルバルッ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:31:41.96 ID:vUeoZXZtO
バルバルバルバルバルバルバルバルバルバル

ヤッサバ「あ、あいつ…」

ゲイン「加速している…!」


佐天「見える!これならいくらでも避けれる!」


ゲイン「まるで攻撃しただけ速くなるみたいだな」

ヤッサバ「クソッ 当たれぇぇぇぇッ!!」

ギュイン

ヤッサバ「!」

佐天「貴方より私の方が速い!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:40:40.45 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「へッ 生身の人間に何が出来る!」

佐天「この加速した拳、受けてみなさい!」

メゴッ

ヤッサバ「はっ…?」

ボゴォォォォォッッ!


ヤッサバ「ばっ馬鹿なぁぁぁ!」


ズウウウウン


ゲイン「俺の出る幕はなかったな」チャキッ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:46:59.26 ID:vUeoZXZtO
佐天「や、やった…」

バタリ

ゲイン「おい、…オーバースキルの使いすぎで眠ってしまったか」

ゲイン「…なかなかの初陣だったぞ」





ヤッサバ「クソッ 同じレベル0で何故こうも差がつくッ」


ヤッサバ「強くなきゃ生きていけねぇのに…!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:50:05.11 ID:vUeoZXZtO


ヤッサバ「今日は初めてのシステムスキャンだ」

ヤッサバ「時を止める能力とか、衝撃を跳ね返す能力とかがいいな」




ヤッサバ「レベル…0?」


「あいつレベル0だって」

「無能とか生きてても仕方ないよな」

「才能ないから努力しても無駄だよ」


ヤッサバ「うあああああああああああ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:53:13.26 ID:vUeoZXZtO
黒子「まさか、アレを使うんですの?」

ヤッサバ「無論だ」

黒子「アレはまだ試作段階で…」

ヤッサバ「わかっている」

黒子「危険です! お考え直しを!」バッ

ヤッサバ「どけえ!」ドンッ

黒子「きゃっ」



ヤッサバ「能力者に、俺の気持ちが分かるかあああああ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:58:07.15 ID:vUeoZXZtO
佐天「ここは…」

ゲイン「依頼人の家だ」

佐天「あ、私…倒れたんですか」

ゲイン「初めてであれだけ動き回って倒れたない奴はいないさ」

佐天「敵は?」

ゲイン「ボス格を倒したら逃げてったよ」

佐天「そっか…」



佐天「変なことしてませんよね」

ゲイン「どうかな?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:05:49.63 ID:vUeoZXZtO
ガチャ

初春「あ、ゲインさん」

ゲイン「おかえり」

初春「お仲間さんの容態は?」

ゲイン「さっき目を覚ましたよ」

初春「それは良かったですね」

ゲイン「佐天、こちらが俺の仕事の依頼人だ」

佐天「ベッドを貸してくれてありがとうございます」


初春「佐天…さん?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:07:46.46 ID:vUeoZXZtO
初春「佐天さんですよね?」

佐天「はい?」

初春「ほら、同じクラスの初春ですよ」

佐天「あー…そういえばそうだね?」

ゲイン「なんだ、二人とも知り合いか」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:13:01.15 ID:vUeoZXZtO
初春「佐天さん、システムスキャンの日以来学校来ないから心配してたんですよ」

佐天「…」

ゲイン「なんだ、レベル0なのを気にしているのか」

佐天「き、気にしちゃ駄目ですか!?」

ゲイン「超能力なんて、才能の現れ方の一つに過ぎないぞ?」

初春「そうですよ、オーバーマンバトルの話聞きましたよ」

佐天「わ、私は超能力者を目指して…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:17:14.33 ID:vUeoZXZtO
ゲイン「佐天、人には沢山の可能性がある」

ゲイン「君のように優れたオーバースキルを持つ者もいれば、超能力に目覚める者もいる」

ゲイン「君だってふとしたきっかけで超能力や格闘技、魔術に開花していたかも知れない」

ゲイン「それがたまたま今回はオーバースキルだっただけさ」

佐天「…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:24:35.16 ID:vUeoZXZtO
ゲイン「今の学園都市は科学崇拝に狂っている」

初春「ゲインさんには私達学園都市のピープルの、科学崇拝からのエクソダスを手伝ってもらいたいんです」

ゲイン「佐天、エクソダスするかい?」

佐天「…」



ズガガガガガ

初春「きゃっ」

ゲイン「何の音だ?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:30:07.52 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「やい!ドレッド女!出てこい!勝負しろ!」

佐天「あの声は…」

初春「風紀委員第177支部隊長のヤッサバ・ジンです」

佐天「仕方ない隊長さんだなー」フワッ



佐天「隊長さーん」

ヤッサバ「出たなドレッド女!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:33:59.92 ID:vUeoZXZtO
佐天「私は貴方と戦う理由が無いんですけど」

ヤッサバ「お前になくても俺にはあんだよおおおおお!」

佐天「何です、理由って」

ヤッサバ「強くなきゃ、生きていけないだろ」

佐天「はい?」

ヤッサバ「お前だって学園都市の学生だ。レベルの重さが分かる筈だ」

佐天「!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:41:05.09 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「レベル5に認定されただけで人生勝ち組、レベル0なら道はない」

ヤッサバ「そんな馬鹿げた事認められるかよッ!!」

ヤッサバ「強さだ!無能力者でも強けりゃ認められる!」

ヤッサバ「俺は…負けらんねぇんだよおおおおおお!」シュン

佐天「消えた!?」

ゲイン「テレポートか?」


バキッ

佐天「いたっ!?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:46:11.83 ID:vUeoZXZtO
佐天「違うっ テレポじゃない!」

ゲイン「ステルスか!」


ヤッサバ「そうだ! このブラックメールは姿を消せるんだよ!」



佐天「ヤッサバさん!」


ヤッサバ「あ?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:56:07.54 ID:vUeoZXZtO
佐天「私も、レベル0を嘆いていました!」

佐天「才能がない事を知らされたシステムスキャンの翌日から27日、引きこもってずっとゲームばかりしてました!」

佐天「でも、今回の一件で分かったんです!」


佐天「私はただ逃げてたんだって!」


佐天「才能がない事にいじけてただけだって!」


佐天「他の可能性を探すのをやめてしまってただけだって!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:00:30.08 ID:vUeoZXZtO
ヤッサバ「だから何だ!」

佐天「ヤッサバさんだってオーバースキルの持ち主でしょ?」

ヤッサバ「だがレベル0だ!」

佐天「いいじゃないですかレベル0でも!」

ヤッサバ「駄目だ!俺は…ッ 強く…」

佐天「お願いです!私、ヤッサバさんとは戦いたくない!」

ヤッサバ「うるせぇよおおおおおお!」

バキッ


初春「佐天さん!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:03:40.08 ID:LDgJP9yjO [1/4]
佐天「かはっ」


ヤッサバ「へへ…姿が見えなきゃ攻撃できないだろ…」

ヤッサバ「俺は勝つ…勝ち続けるんだ…」
ヤッサバ「ははははははははははははは」


佐天「わかりました、あくまでヤッサバさんが才能に拘るなら」

佐天「まずはそのトラウマをぶち破るッ!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:10:11.29 ID:LDgJP9yjO [2/4]
キュイーン

ヤッサバ「ははッ やけっぱちの体当たりか!」

キーン

ヤッサバ「おっと 惜しかったな!」


キーン キーン キーン

ヤッサバ「はは…」

キーン キーン キーンキーン キーン キーンキーン キーン キーンキーン キーン キーン キーン キーン キーン

ヤッサバ「手数で勝負かああッ!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:21:20.08 ID:LDgJP9yjO [3/4]
佐天「原子まで加速するッ」

ヤッサバ「奴の動きが…見えねええええ!?」

チッ

ヤッサバ「掠ったッ」

ブウン

ゲイン「奴の姿が!」

佐天「そこおおおおおおおおお!」

ズバァァアンッ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:23:19.52 ID:LDgJP9yjO [4/4]
次回「オーバースキル攻撃!」



おやすみなさい

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。