FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンダ「小岩井さん、よつばを俺に下さいよ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:40:05.27 ID:fyepaUGF0 [1/43]
小岩井
「…………」

よつば
「ヤンダ、”不順異性交遊”ってしってるか」

ヤンダ
「お前年々生意気になっていくな。高校で友達いねーだろ」

よつば
「いる!いっぱいいるからな!ふざけんな!」

ヤンダ
「嘘つけ!ならなんで休みの昼間っから家で寝てんだよ!」

よつば
「ヤンダこそ仕事しろ!ばーか!万年平社員!」

小岩井
「…………あーうるせー……あさぎ、お茶くれ」

あさぎ
「……じゃーんけーん」

小岩井
「……………」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:41:02.48 ID:fyepaUGF0
ヤンダ
「第一、まず俺は未だにこの状況を認めてないですよ」

小岩井
「あー……万年平の状況か」

ヤンダ
「違う!いや、それもだけど!よつばてめー笑うな!」

あさぎ
「はいどーぞ。一杯八千円」

小岩井
「うわ……地味な値段だな。ありがとう」

ヤンダ
「それだよ!それ!その状況!なんで結婚しちゃったかなー……」

よつば
「……稼ぎがちがう」

ヤンダ
「ぐっ……!」

あさぎ
「あ、怯んだ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:42:18.89 ID:fyepaUGF0
よつば
「ヤンダ、毛を落とすな」

ヤンダ
「気だろ!よく見ろハゲてねーよ!」

よつば
「うわっまぶしっ」

あさぎ
「やだ目がちかちかする」

小岩井
「なんだ蛍光灯いらずだな」

ヤンダ
「なんだこの一家!ともかく!よつばを俺に下さいよ小岩井さん」

よつば
「なんでそーなる!!」

ヤンダ
「俺はあさぎさんを奪われた!だから俺も小岩井さんの大事なものを奪う」

あさぎ
「あー……なるほど」

よつば
「納得すんな!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:43:14.13 ID:fyepaUGF0
小岩井
「なぁ、その話今じゃなきゃ駄目か?今仕事が佳境なんだけど……」

ヤンダ
「えぇー……これで父親かよ……」

小岩井
「うむ。なにせズボンもはいている」

よつば
「おー……今日のとーちゃんは出来る日だな」

ヤンダ
「関心する所おかしいだろ!はいてて普通だからな?」

よつば
「あさぎー、お腹空いた」

あさぎ
「あら、もうこんな時間かー……どうりでちょっと眠い……」

よつば
「はっ!寝る気か!寝る気なのか!」

あさぎ
「んー……あ、ヤンダさんと食べに行っておいで」

よつば
「えぇー!!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:44:11.03 ID:fyepaUGF0
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ヤンダ
「あれ?よつば?早く乗れよ」

よつば
「ヤンダの運転怖いから乗らない!あるく!」

ヤンダ
「く……歩くのめんどくせェー……」

よつば
「あ、歩いたらまたハゲるか?」

ヤンダ
「ハゲねーっつってんだろ!あーもーいい!歩いていくぞ!」

よつば
「はー……ヤンダとご飯か……」

ヤンダ
「いーじゃねーかたまには。ていうかこの辺久しぶりだなー。あんなビルあったっけ?」

よつば
「痴呆か?ハゲの上に痴呆なのか?」

ヤンダ
「違う!俺が引っ越したの何年前だと思ってんだ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:45:34.08 ID:fyepaUGF0
>>3
結構前にそういうの書いてたよー。三つくらい書いたよー。その辺は妄想してよー。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:47:45.84 ID:fyepaUGF0
よつば
「よつば興味ない事は覚えない主義」

ヤンダ
「てめー……飯食わせてやんねーぞ……」

よつば
「そういうのはいい。何食べに行く?」

ヤンダ
「……好きなもんにしろよ。よつばが決めてくれ」

よつば
「決断力のない男は駄目だってあさぎが言ってた」

ヤンダ
「……お前ほんとに憎たらしく育ったな」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

店員
「いらっしゃいませー。二名様ですか?」

ヤンダ
「はい。大人一人とまだ子供一人。喫煙席で」

よつば
「いちいち恥ずかしい事言うな!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:49:11.10 ID:fyepaUGF0
店員
「あはは……こちらの席にどうぞー」

ヤンダ
「ユーモアだろユーモア。さーて何食おっかなー……」

恵那
「いらっしゃいまー……あ!よつばちゃん!あっ、ヤンダさんも…こんにちは」

よつば
「おー恵那ー!!」

ヤンダ
「あれ?恵那ちゃんここで働いてたの?」

よつば
「そう。ヤンダと違って恵那は今日も働いてる」

ヤンダ
「俺だって働いてるっつーの!」

恵那
「あ、あはは……。はいお水です。でも珍しい組み合わせですねー。小岩井さんは?」

よつば
「あさぎのせいでこうなった……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:50:15.10 ID:fyepaUGF0
恵那
「お姉ちゃんの?」

よつば
「そう。あさぎがよつばをヤンダに売りつけた……」

ヤンダ
「おいやめろ。恵那ちゃんなら信じかねない」

よつば
「恵那ーどれがおいしい?」

ヤンダ
「あ、じゃあ俺も恵那ちゃんのお勧めにしよ」

恵那
「う…プレッシャーが……んー、これは?おいしいよ?」

よつば
「あー海系かー……よつばは今山な気分だなー…」

恵那
「え、えーっとー……」

ヤンダ
「海系ってなんだ……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:51:06.81 ID:fyepaUGF0
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ヤンダ
「あ……ライター忘れた……よつば」

よつば
「持ってるわけがない」

ヤンダ
「んだよ不良みたいな髪の色してるくせに……すいませーん、マッチくださーい」

店員
「はい、今お持ちしますー」

よつば
「これは地毛!いちいちうるさい!タバコ止めないとハゲるぞヤンダ」

ヤンダ
「タバコにそんな効果など無い!うめータバコうめー!」

よつば
「嘘付け!そんな煙がうまいわけない!」

ヤンダ
「まだまだガキだなーよつばは。背も大してでかくなってねーし」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:51:56.36 ID:fyepaUGF0
よつば
「なったから!もうすぐジャンボと一緒くらいになる予定」

ヤンダ
「そこまでいったら逆にこえーよ…。しっかし、まさかお前が高校生になるとはなー」

よつば
「そりゃなるよ。時間は止まってくれないからな!ヤンダもおっさんになったなー」

ヤンダ
「うるせーまだ二十代で通る!で、高校はどーなんだよ。楽しいか?」

よつば
「楽しい!前、風香が教育実習で来てた」

ヤンダ
「へぇー……風香ちゃんが教師かー…」

よつば
「なんかもう……大変だった……」

ヤンダ
「そ、そうか……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:55:49.98 ID:fyepaUGF0
よつば
「ヤンダは結婚しないのかー?」

ヤンダ
「だからよつばを嫁に」

よつば
「そーゆーのじゃなくて!真面目に!」

ヤンダ
「……さーなー。相手がいりゃーそのうちすんだろ」

よつば
「……ふーん…」

恵那
「はーい、お待たせしましたー!よつばちゃんはこっちでー、ヤンダさんはこっち」

よつば
「おぉー…これはいいな……」

ヤンダ
「あ、なんだお前のが美味そうだな」

恵那
「ど、どっちも美味しいですよ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 04:57:28.44 ID:fyepaUGF0
よつば
「ふふん…見る目が違う!目が!なー恵那!」

恵那
「そ、そーだね…あはは…。じゃあごゆっくりどうぞー。またねよつばちゃん」

よつば
「うん!またなー」

ヤンダ
「……よりにもよって一番高いステーキ膳とは教育がなっとらん」

よつば
「よつばはもうタン塩ばかり食べる子供じゃありませんので」

ヤンダ
「あーあ……タン塩だったら胸がでかくなる効果があったのに」

よつば
「……そ……それはほ…」

ヤンダ
「嘘だ。いただきまーす」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:01:11.30 ID:fyepaUGF0
よつば
「………!」

ゴンッ!

ヤンダ
「いてえ!スネはいてーだろーが!」

よつば
「わあおいしそう」

ヤンダ
「おい無視すんな!」

よつば
「お客様店内ではおしずかに……」

ヤンダ
「く……!お前は存在がうるさいだろ」

よつば
「意味がわからん!」

ヤンダ
「ん、なんかこう……もさっと」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:04:59.39 ID:fyepaUGF0
よつば
「もさっと……それはどういう……」

ヤンダ
「………隙アリっ!」

よつば
「あっ!あーっ!!よつばの!」

ヤンダ
「んぐんぐ……。お客様、店内ではおしずかに」

よつば
「ーっ…!全く大人はどうしようもないな!」

ヤンダ
「はっはっは、ガキに言われてもなんともねーな!!」

恵那
「え、えっと、店内ではお静かにお願いします……」

よつば
「……ごめんなさい」

ヤンダ
「……すんませんした」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:10:34.20 ID:fyepaUGF0
ヤンダ
「ほれみろよつばのせいで怒られた」

よつば
「人のせいにしちゃ駄目ってとーちゃんが言ってた」

ヤンダ
「それ嘘だぜ、小岩井さんは嘘しか言わないから」

よつば
「とーちゃんがヤンダは嘘しか言わないって言ってた」

ヤンダ
「…………」

よつば
「うん、おいしいな!流石恵那の店だなー」

ヤンダ
「恵那ちゃんが作ってるわけじゃないだろ」

よつば
「ヤンダは静かに!肉の声が聞こえない」

ヤンダ
「何お前そんなの聞こえんの!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:18:51.00 ID:fyepaUGF0
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

小岩井
「んー……」

あさぎ
「ふぁぁ………あれ、まだ起きてるの?」

小岩井
「……まだ昼過ぎだけどな」

あさぎ
「! 時計壊れてるよ」

小岩井
「それは体内時計の話だよな?」

あさぎ
「仕事は?」

小岩井
「一応終わりました」

あさぎ
「パチパチパチパチ。で、幾らの仕事?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:27:24.88 ID:fyepaUGF0
小岩井
「……牛乳二ヶ月ぶんぐらいかな」

あさぎ
「……牛乳そんなにいらないけどね」

小岩井
「あー……疲れた……」

あさぎ
「あたしも」

小岩井
「? なんかしてたっけ?」

あさぎ
「………DVね」

小岩井
「えっ!それは……すいませんでした…」

あさぎ
「判ればよろしい。さーお昼寝しよーっと」

小岩井
「ん、俺もちょっと寝よう」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:31:22.44 ID:fyepaUGF0
あさぎ
「布団ってさ、眠い時に敷くの面倒よね?」

小岩井
「うん」

あさぎ
「あたしは今すごく眠いです」

小岩井
「………」

あさぎ
「判った、一つで手を打ちましょう」

小岩井
「それは……一緒に寝るという事で合ってるのかな」

あさぎ
「おおむね」

小岩井
「……あさぎ寝相悪いしなぁ」

あさぎ
「……DVね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:35:52.15 ID:fyepaUGF0
ゴソゴソ……

小岩井
「あー……大きい布団買おうか」

あさぎ
「? あたしはこれでいいけど」

小岩井
「俺が半分はみ出てる事を知っての上で言ってるよな」

あさぎ
「いーじゃない暖かいでしょ?」

小岩井
「それは…まぁ。いかん、本格的に眠くなってきた」

あさぎ
「ふふっ…昼間から夫婦で昼寝ってどんな家よね」

小岩井
「それが小岩井家の正しい姿だ。おやすみ」

あさぎ
「おやすみー」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:40:40.86 ID:fyepaUGF0
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ジャンボ
「……よつば、携帯は持ってるか?」

よつば
「もってる!これ!このストラップが可愛い」

ジャンボ
「よし、偉いぞ。すぐ110番に電話するんだ」

ヤンダ
「待てよ!おいよつばほんとに押してんじゃねー!」

ジャンボ
「黙らんかこの変質者が!!!」

ヤンダ
「そんなナリで花束作ってるおっさんに言われたくねー!」

ジャンボ
「でかくてもいーじゃねーか!花に罪はねー!!!」

よつば
「いじめんな!ジャンボいじめんな!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:46:13.26 ID:fyepaUGF0
ジャンボ
「なんでお前がよつばと一緒に居るんだ!」

ヤンダ
「小岩井(妻)に押し付けられたんだって」

ジャンボ
「…………………」

よつば
「? ジャンボ?どーした?」

ヤンダ
「……いい加減慣れろよ」

ジャンボ
「はっ!いかん、花畑が見えた」

ヤンダ
「まぁ、大体合ってるよ。花屋だし」

ジャンボ
「いやー、相手がコイじゃなかったら死んでたな。旦那が」

ヤンダ
「あんたが言ったら冗談に聞こえない所が恐ろしいな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:50:04.27 ID:fyepaUGF0
よつば
「ジャンボ!ジャンボ!何食べたの?って聞いて!」

ジャンボ
「? 何食べたんだーよつば」

よつば
「ス」

ヤンダ
「ステーキ膳だよな。俺の金で一番高いの食いやがるんすよこいつ」

よつば
「ハゲ!よつばの台詞とんな!」

ジャンボ
「うん、どう見ても立派なハゲだ。栄養剤いるか?花用だけど」

ヤンダ
「だからハゲてねーよ!!栄養も足りてるっつーの!」

よつば
「あー……ヤンダは頭がお花畑だからなー…」

ヤンダ
「てめー!吐け!さっきの肉を吐け!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 05:56:26.51 ID:fyepaUGF0
みうら
「ういー配達おわ……おわ!よつばじゃん」

よつば
「おー!みうらー!!」

みうら
「何してんの?つーかお前でかくなってないなー」

ジャンボ
「おーご苦労。籠はそっち置いといてな」

ヤンダ
「…………」

ジャンボ
「……バイトだ。勘違いすんな」

ヤンダ
「へぇー……」

みうら
「いや、ほんとマジで違いますから」

よつば
「?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 06:05:31.28 ID:fyepaUGF0
みうら
「なんかコレが手伝えって言ってきたんで……」

ジャンボ
「おい、雇い主にコレはねーだろみうらよ」

みうら
「? じゃあなんて呼べばいーんだよ」

ジャンボ
「こう、店長!とか社長!とかだな」

よつば
「社長!ジャンボ社長!あははははは!」

ヤンダ
「すげー馬鹿っぽいなジャンボ社長」

みうら
「……ジャンボ社長、レジ開けて下さい」

ジャンボ
「いや、すまん止めようかそれ」

よつば
「あはははははは!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 06:18:15.61 ID:fyepaUGF0
みうら
「しかしよつばがヤンダさんと付き合ってるとはなー」

よつば
「! 違う!」

ジャンボ
「みうら、写真撮っとけ。後で警察に持っていくから」

ヤンダ
「撮んな!いやカメラも持ってこなくていいから!」

よつば
「よつばがこんなのと付き合うわけがない!死ぬ!死んでもいい!」

ヤンダ
「なんだ照れんなよよつばー」

よつば
「ぎゃー!!さわんな!ヤンダさわんな!!ハゲがうつる!!」

ゴンッ!

ヤンダ
「いってえええ!ジャンボ社長やめてくださいよ!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 06:25:53.49 ID:fyepaUGF0
ジャンボ
「よつばは俺の娘でもある!」

よつば
「そーだったのか……おとうさん!」

ジャンボ
「よつば!!」

ギュウウ…

みうら
「うん、良い親子愛だ」

ヤンダ
「なんでだよ!なんでくそでけーおっさんと抱き合うのはいいんだよ!」

ジャンボ
「みうら、塩もってこい」

みうら
「めんどいから水でいい?」

ヤンダ
「二度とこねーよこんな店!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 06:44:38.67 ID:fyepaUGF0
ジャンボ
「? そういえば何で来たんだ、よつば」

よつば
「! 花!花瓶の花が無くなった!」

みうら
「よつば花とか好きだったっけ?」

よつば
「よつば花好きだよ!でもあさぎに頼まれた。マイブームで」

ヤンダ
「マイブームなのか!ていうかお前難しい言葉しってんな」

みうら
「難しいか?」

よつば
「1000円貰ったからこれで」

ドンッ!

ジャンボ
「1000円ならこれぐらい買える。もっていけよつば」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 06:49:55.84 ID:fyepaUGF0
よつば
「おー……なんという…」

みうら
「おい!足りてない!ゼロが一個足りてないだろ!ジャンボ社長!」

ジャンボ
「うるせー決めるのは俺だ!俺の店だ!!」

ヤンダ
「大丈夫かこの店。ていうかこのおっさん」

よつば
「ジャンボは優しいなー!はい1000円!」

ジャンボ
「かーいらねえいらねえ!もってけドロ」

ガスンッ!

ジャンボ
「いてえ!!」

みうら
「貰って!それぐらいは貰ってくれないと!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 06:58:06.94 ID:fyepaUGF0
みうら
「大丈夫か?持てるか?」

よつば
「持てる!ハゲもいるから!」

ジャンボ
「ちゃんと水やれよー」

よつば
「ほらヤンダ!帰るぞ!半分持って!」

ヤンダ
「勝手に先行くなよ……。んじゃ行きますわジャンボ社長」

ジャンボ
「うい。よつばに手出すんじゃねーぞ」

みうら
「……ヤンダさんってそういう」

ヤンダ
「ねーよ!!……あ、そこの花綺麗だな。一個くださいよ」

ジャンボ
「? これか?いいよもってけ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:15:05.58 ID:fyepaUGF0
ヤンダ
「いいの?んじゃまた。今度飯いきましょーよ」

ジャンボ
「おう。またな」

みうら
「ありがとーざいましたー」

ジャンボ
「……ふー」

みうら
「あれ?なんか暗い?」

ジャンボ
「誰が?全然?」

みうら
「………大人げないなーあんた」

ジャンボ
「うるせーぞバイト!お前あれだ!一生ここでバイトだ!」

みうら
「なっ!なんでそーなるんだよ!いやだよ一生こことか!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:26:12.10 ID:fyepaUGF0
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

ヤンダ
「……お前、花が歩いてるみたいだぞ」

よつば
「平気!ただ前が見えないのが難点」

ヤンダ
「それ平気って言わないよよつばちゃん」

よつば
「はーいい香り……」

ヤンダ
「……ほれ、半分もってやるからかせ」

よつば
「! 荷物持ちかー。不況だからなー」

ヤンダ
「……」

よつば
「あー!花で叩くな!花が可哀想でしょ!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:35:25.88 ID:fyepaUGF0
ヤンダ
「時によつば」

よつば
「んー」

ヤンダ
「お前彼氏とかいねーんだろどうせ」

よつば
「! ハゲには関係ない!」

ヤンダ
「街中でハゲはやめろ!そうかそうか居ないのか」

よつば
「そんなもんいらん!とーちゃんもいらんって言ってたからな」

ヤンダ
「へー…小岩井さんでも親父っぽいとこあんだな」

よつば
「とーちゃんはとーちゃんだからなー!ヤンダだって彼女居ないくせに」

ヤンダ
「いるっつーの!正確にはいただけど!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:41:57.73 ID:fyepaUGF0
よつば
「まーヤンダならフラれても仕方ないかな」

ヤンダ
「いっちょ前に女みたいな事言ってんなお前」

よつば
「よつばどこからどう見ても可憐な女の子ですけど?」

ヤンダ
「どこからどう見ても小生意気なチビだろ」

よつば
「生意気なハゲ」

ヤンダ
「…………それじゃ彼氏なんて出来るわけねーな」

よつば
「うるさい!大きなお世話!」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

よつば
「ただいまー!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:44:38.33 ID:fyepaUGF0
ヤンダ
「ただいまー」

よつば
「お帰りなさい」

ヤンダ
「お、なんだ出迎え?」

よつば
「違う。お帰り、なさい」

ヤンダ
「?……あぁ、そういう……心配しなくてももう帰る。ちょっとお茶くれ」

よつば
「麦茶しかないよ?」

ヤンダ
「そんなに茶にこだわりはねー」

よつば
「節操が無いな!」

ヤンダ
「お前昔から無駄に言葉知ってるよな」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:47:49.01 ID:fyepaUGF0
よつば
「花はここね!ここに置く」

ヤンダ
「へーい……。あれ?小岩井さんは?」

よつば
「あっちで寝てる」

ヤンダ
「……鍵も閉めずに夫婦で昼寝かよ……大丈夫かこの家」

コト

よつば
「これ飲んだら帰れな?」

ヤンダ
「お前俺の事嫌いだろ」

よつば
「好きな訳が無い!」

ヤンダ
「……正直でよろしい」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:53:44.05 ID:fyepaUGF0
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

よつば
「よつばちょっと自分の部屋行くからなー」

ヤンダ
「え、お前自分の部屋あんのかよ!」

よつば
「ふっふっふ、よつばもう大人ですからー」

ヤンダ
「………じゃあこれでも飾っとけ」

よつば
「! ……………」

ヤンダ
「花だろ!どう見ても花!どんだけ疑うんだよ」

よつば
「……よつばに?」

ヤンダ
「どーせよつばの部屋なんてなんもねーんだろ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 07:57:57.58 ID:fyepaUGF0
よつば
「そんなことないもん!ジュラルミンがいる!」

ヤンダ
「あー……あれまだ持ってんのか。物持ちいいなー」

よつば
「………こ、これは貰っておこうかな?仕方ないからな」

ヤンダ
「? お前顔赤くね?え?」

よつば
「! 熱!よつば今熱あるから!すぐに寝ないと!」

ドタドタドタ……!

ヤンダ
「………ふー…。やっぱガキだなー」

よつば
「ガキ違う!ハゲ!」

ヤンダ
「……。じゃー俺適当に帰るから小岩井さんに言っといてなー」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 08:02:01.41 ID:fyepaUGF0
よつば
「わかったー!き……気をつけて帰ると良い事がある!」

ヤンダ
「なんだそりゃ……。はー麦茶うまかったなー」

コト…

ヤンダ
「? うわ、二人で寝てるよ馬鹿夫婦……」

小岩井
「Zzzz……」

ヤンダ
「……あさぎさん寝顔キレーだなちくしょう」

あさぎ
「くー………」

ヤンダ
「………小岩井さん、やっぱよつば、俺に下さいよ」

小岩井
「………んー……Zzz……」
                      続く

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 08:03:27.78 ID:fyepaUGF0
よし、おやすみなさい。
次書くなら同じ感じで立てるから落としてね

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 08:07:37.81 ID:fyepaUGF0
小岩井
「? あれ?いつの間によつばの部屋に花が…」

よつば
「! これは!ジャンボ!ジャンボがくれたから!」

小岩井
「そ、そうか……。ならいいけど」

あさぎ
「よつばちゃん、ヤンダさんに変な事されなかった?」

よつば
「ヤンダはいつも変!あんなのは生意気なハゲだよ」

小岩井
「うむ。さすが俺の子だな」

あさぎ
「……ま、いい子には違いないわね」

小岩井
「あさぎの子供でもあるからな」

よつば
「………あはは……花きれーなー」       今度こそ続く

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 08:15:06.43 ID:fyepaUGF0 [42/43]
コミック一話分ぐらいを目安に書いたんだよ!ていうか眠いからな!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。