FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士「塩と砂糖を間違えるなんてありえないよ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:07:53.60 ID:E6eDRhnL0 [1/40]

博士「さて、今日の研究はここまで!」

助手「疲れましたねー。おやつでもつくりましょうか?」

博士「頼むわ。」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:09:58.12 ID:E6eDRhnL0 [2/40]

助手「じゃあ、コンビニで飲み物でも買ってきてください。」

博士「わかった。ファンタでいい?」

助手「グレープでお願いします!」

博士「わかった。」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:13:08.38 ID:E6eDRhnL0

がー

てれてれてれてーてれてれてー

博士「えーと、飲み物飲み物・・・。」

男「あ!パシリ博士だ!」

博士「誰がパシリ博士だ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:15:50.39 ID:E6eDRhnL0

博士「って男くんじゃないか。」

男「こんにちは博士。」

博士「今日は平日だけど学校は?」

男「今日は早帰りなんです。先生方が大事な会議があるって。」

博士「なるほど。」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:18:21.54 ID:E6eDRhnL0

男「博士こそ何してるんですか?」

博士「聞いて驚くな・・・?」

男「助手さんのパシリでしょどうせ。」

博士「この中学生め・・・!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:24:27.12 ID:E6eDRhnL0

prprprprprpr・・・・・

博士「お、メールだ。」

カパッ

博士「なになに・・・・」

Frm:助手
Sb:お菓子

お菓子作りすぎた!男くんとかよんで下さい!


博士「一応、研究者の一員なんだから分量ぐらいちゃんと図れよ・・・。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:26:30.01 ID:E6eDRhnL0

助手「さて、砂糖を入れて完成なわけだけど・・・」

助手「砂糖がなくなった!」

助手「確か博士の部屋に研究用の砂糖があったような・・」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:29:44.26 ID:E6eDRhnL0

がさごそがさごそ

助手「あ!あったった!」

助手「ん、まてよ・・・塩と間違えるなんて下手名な展開になりそうだな・・・。」

ぺろっ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:32:13.63 ID:E6eDRhnL0

助手「うげ!しょっぱい!」

助手「博士ったらちゃんとビンのラベルに名前書いとけばいいのに・・・」

助手「それじゃこっちかな・・・?」

ぺろっ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:35:05.24 ID:E6eDRhnL0

助手「甘い!ラベルにも砂糖って書いてあるから大丈夫だよね!」

助手「さて、これで完成・・・」

ガクンッ

助手「あれ・・・?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:38:23.83 ID:E6eDRhnL0

助手「なんか・・・眠い・・・」

バタッ





博士「助手ー帰ったぞー?」

男「お邪魔しまーす。」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:40:43.44 ID:E6eDRhnL0

博士「助手?」

男「台所にはいませんね。」

博士「おかしいな・・料理はもう終わっててもいい時間なのに?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:43:32.12 ID:E6eDRhnL0

博士「まさか研究室か?」

男「この家の一番奥のですか?」

博士「いってみよう!」

タッタッタッ



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:45:09.32 ID:E6eDRhnL0

ガチャ

博士「助手ー、いるのかー?」

男「助手さーん?」




助手「・・・・・ん・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:49:02.06 ID:E6eDRhnL0

博士「あれ、なんで床なんかで寝てるんだ?」

男「キタナイですよ?」

博士「いや。キタナクはないよ?」

男「わかりやすい嘘はやめてください。」




助手「・・・・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:51:47.22 ID:E6eDRhnL0

男「女性がこんな床で寝ててははしたないですよ。早く起きてください。」

助手「うん・・・・」

むくっ





博士「あれ・・・ここにあったビンが空いてるだと・・?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:55:30.83 ID:E6eDRhnL0

男「あれ?助手さんって髪切りました?」

助手「切ってないけど・・・・」

男「それに髭・・・・・」

男「あれ・・・・・」

助手「・・・・?」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 21:58:51.20 ID:E6eDRhnL0

博士「おい助手、おまえここにあった砂糖のビン・・・・」

助手「舐めましたよ?」

博士「・・・・え」



博士「なんだとぉおぉぉぉぉぉぉぉ!???」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:00:35.15 ID:E6eDRhnL0

博士「そういえばお前・・・なんか筋肉質になってないか!?」

助手「そうですか?」

博士「それに髭が生えてきてるぞ!?」

男「洗面所へGO!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:03:43.92 ID:E6eDRhnL0

博士「ほら鏡!」

助手「・・・・・・・えぇ・・・」

男「どうゆうことですか博士?」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:09:03.05 ID:E6eDRhnL0

博士「助手が間違えて舐めたのはここ数日で私が開発した『性転換剤』だ。」

男「えぇ!?じゃあ、助手さんはまさか・・・・!?」

博士「そう。『女性』から『男性』になったわけだ。」

男「な・・・!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:15:14.22 ID:E6eDRhnL0

男(ぼ・・・僕の憧れの助手さんが・・・・)

男「治す方法はないんですか!??」

博士「残念だが、解毒剤はまだ出来上がってないのだよ。」

男「そんな!」




助手「・・・・・眠い・・」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:20:04.82 ID:E6eDRhnL0
>>28
ふふふ
>>29

男「そうだ!もう一回舐めれば性別も元に戻るんじゃ・・」

博士「それも無理だ。あれは一回舐めると、体の中で抗体ができてしまう。」

男「ちくしょおおおおお!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:23:05.15 ID:E6eDRhnL0

男「なんで博士はそんな発明ばっかするんですか!!」

博士「だっておもしろいんだもん。」

男「他人を実験台にしてまででもですか!?」

博士「勘違いするな!これは助手が勝手に舐めたんだ!」

男「砂糖のビンに入ってれば誰だって勘違いしますよ!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:25:24.97 ID:E6eDRhnL0

博士「なにこの中学生こえぇ・・・」

男「・・・・博士、そのビンちょっとみせてください。」

博士「え?なんで?」

男「いいから!」

博士「わ、わかったよ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:31:52.35 ID:E6eDRhnL0

男「この粉を舐めれば・・・性別が変わるんですよね。」

博士「そうだ。肉体的に変わるから、個人としての特徴は残るけどね。」

男(助手さんが男になった以上、進む道はこれしかない!)

博士「まあ、まだ開発段階だからどんな問題が起こるかわからn」

男「助手さんのため!」

ペロッ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:37:08.31 ID:E6eDRhnL0

博士「何するんだ男ぉぉぉ!!!」

男「・・・く・・」

バタッ

博士「男ぉぉぉ!!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:42:06.18 ID:E6eDRhnL0
>>37
男性で想像してたのならすまんね。



男「・・・・・・・あれ」

助手「ここは?」

博士「居間だよ。二人とも運ぶの大変だったんだぞ・・」

助手「すいません・・・また勝手に博士の発明を・・・」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:44:40.87 ID:E6eDRhnL0

博士「今回は私も悪かった。普通の砂糖ビンに入れといたから・・・」

助手「ほんとにくだらない発明しかしませんね博士は・・・。」

博士「おまえ反省する気ないだろ。」




男「え・・・・・え・・・?」さわ・・さわ・・・・・

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:48:46.15 ID:E6eDRhnL0

男「本当に女になってるじゃないですかァァァァ!!」

博士「だからさっきいったでしょ・・・」

助手「とりあえず着替えたいです。パンツきつい。」

博士「ちょっとまってろ。」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 22:54:52.43 ID:E6eDRhnL0

どさどさどさ

博士「私の服だ。好きなのを着ていいぞ。」

助手「なんで白衣ばっかなんですか・・・。」

男「あのう・・・ぼくのは?」

博士「既に呼んでいる。」

男「え?呼んでって?」



バタンッ

妹「お兄ちゃん!女になったって本当!?」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:01:04.01 ID:E6eDRhnL0

男「え!?なんで妹が!?」

博士「私が呼んだ。」

妹「ほら!服なら私に任せなさい!」バリバリバリ

男「やめて!」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:06:33.26 ID:E6eDRhnL0

助手「とりあえず着てみたけど・・・。」

妹「きゃー!!!!助手さんかっこいー!!!」

妹「白衣、すごくにあってます!」

助手「あ・・ありがと。。」

男「スカートってスースーするな・・・」

博士「お前・・・本当女の子だなw」

男「や・・やめてくださいよ恥ずかしい!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:17:21.02 ID:E6eDRhnL0

博士「えーとICレコーダー・・・あった。」

ピッ

博士「O月O日、『性転換剤』効果を発揮。」

博士「その効果はすばらしく、服用したものは忠実に変換される。」

博士「解毒剤は完成してない。これからさせる予定だ。」

博士「やはり問題は『服』のようだ。今後の課題にする。」

ピッ

男「映画の博士ってそう言う事やりますよね?」

博士「だろ?」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:20:22.02 ID:E6eDRhnL0

助手「で、これからどうします?」

男女「ちゃんと元に戻れるんですよね!?」

博士「わかってるって!まず解毒剤を完成させますよ!」

妹「今度から『お姉ちゃん』呼ばなきゃね!」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:27:03.24 ID:E6eDRhnL0
>>50
やっぱり服って重要。知恵の実食べたその瞬間から。



男女「解毒剤ってどのくらいで完成しますか?」

博士「早くて三日かな。」

男女「えぇ!?僕学校どうすればいいんですか!?今日月曜日ですよ!」

妹「そのままいけばいいじゃない。」

男女「だれだと思われるよ!」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:42:14.47 ID:E6eDRhnL0


博士「大丈夫だ!学校に知り合いがいる。」

助手「知り合い・・・ですか。」

博士「ちょっとまってろ・・・。」

ピッポッパ・・・

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:45:32.64 ID:E6eDRhnL0

rrrrrrrr・・・・

ガチャ

博士「あ、もしもし?」

理科教師『もしもし?』

博士「私だ。博士だ。」

理科『おお。博士か。久しぶりだな。』


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:49:50.95 ID:E6eDRhnL0

博士「・・・というわけでさ。」

理科『男が?ただでさえ可愛いおとこが女に・・・。』

博士「おまえ男の担任だよな?」

理科『いかにも。』

博士「一週間くらいどうにかしてくれない?」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/23(金) 23:52:42.38 ID:E6eDRhnL0 [40/40]

理科『OK。どうにかしてやる。』

博士「よっしゃ!流石理科!」

理科『その代わりに条件がある。』

博士「条件?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:04:13.90 ID:2k7SReAr0 [1/14]

理科『それはだな・・・・』

博士「はぁ?別にいいけど・・ってか私そんな服持ってないんだけど・・・」

理科『男の妹に聞け。あいつが持ってるはずだ。」

博士「嘘!?妹ちゃんってそんな趣味もってるの!?」



妹「博士、誰と喋ってるんだろう・・・?」

助手「であるから、ブラジャーを付けたほうがいい理由は・・・」

男女「ふむふむ・・・」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:18:38.61 ID:2k7SReAr0 [2/14]

理科『じゅあな。絶対着せてこいよ。』

博士「わかったよ。」

プツッ

男女「誰と℡してたんですか?」

博士「お前の担任。」

男女「え!?あの変態理科教師の!?」

博士「よかったな男君。一週間くらいはどうにかしてくれるそうだ。」

男女「えぇ・・・あいつに借りをつくるとなぁ・・・。」


博士「男くん、

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:28:31.92 ID:2k7SReAr0 [3/14]

博士「そこで少し条件があるんだが・・。」

男女「なんですか?」

博士「えーと・・・理科が言ってたんだけど・・・」



男女「はぁ!?なんで僕がそんな格好しなきゃいけないんですか!!!」

博士「私に言われても・・・」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:31:28.59 ID:2k7SReAr0 [4/14]

男女「しかも僕そんなの持ってないですよ!!」

博士「それは・・・妹ちゃんが持ってるとか言ってたんだけど・・・」

男女「え、妹が?」

妹「ギクッ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:38:43.60 ID:2k7SReAr0 [5/14]

男女「お前・・・」

妹「あ!!!そろそろ帰らないとテレビ始まっちゃう!!」

妹「いろいろありがと博士!助手ちゃんも頑張ってね!!」

助手「う・・うん・・・。」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:45:02.69 ID:2k7SReAr0 [6/14]

妹「じゅあね!!!」

男女「あ!まって妹!」

男女「じゃまた、博士!解毒薬できたら連絡してくださいね!!」

バタン



博士「すごい勢いで帰ったな・・・。」

助手「ですね・・・。」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:50:49.32 ID:2k7SReAr0 [7/14]

助手「さて、私も帰ります。」

博士「そうか。あ、ちょっとまってろ・・・。」

助手「はい・・・?」



博士「はいこれ。髭剃りとか男の道具セット。」

助手「ありがとございます。」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 00:56:53.98 ID:2k7SReAr0 [8/14]

助手「それじゃ、また明日。」

博士「すまないな、私の実験でこんなことになってしまって・・・。」

助手「いえいえ、いつものことですよ。それに、私はちゃんと博士のことを尊敬してます。」

博士「助手・・・」

博士「それじゃ、失礼します。」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 01:09:01.02 ID:2k7SReAr0 [9/14]

博士「よし。解毒剤を作る準備くらいしてからねるか・・・。」



理科「男君・・・明日は楽しみにしとくように・・・。」



助手「男・・・か。あまり実感がないな・・・。」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 01:13:10.16 ID:2k7SReAr0 [10/14]

妹「ただいまー。」

母「おかえり。」

男女「・・・ただいま。」

母「おかえり男。」

男女「あれ?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 01:22:09.96 ID:2k7SReAr0 [11/14]

男女「母さん、僕がわかるの?」

母「当たり前じゃない。おかしなこという子ね。」

母「でもなんで女の子のカッコウなんかしてるの?」

男女「これは・・・」

妹「あれだよ!罰ゲーム!お兄ちゃんゲームで負けたんだよ!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 01:26:42.39 ID:2k7SReAr0 [12/14]

男女「ふぅー。本当に女の子のなる日がくるとは・・・。」

コンコン

妹「お姉ちゃん、はいるよ?」

男女「お姉ちゃんって・・・。」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 01:36:03.03 ID:2k7SReAr0 [13/14]

妹「いいじゃんお姉ちゃん。」

男女「でも僕的に違和感が・・・」

妹「なら一緒にお風呂でも入る?」

男女「あのね、中身は男だからね?」

妹「冗談だよ冗談!」ゲラゲラ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/24(土) 01:38:16.71 ID:2k7SReAr0 [14/14]

男女「さて・・・そろそろ寝るか・・・」

男女「明日学校行くのやだなぁ・・・」

男女「・・・・寝よ・・。」



男女「・・スピー」

ここでスレ落ち

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。