FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンッ_佐天「いたっ!?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:36:31.35 ID:1k6IkZjpO [1/21]
ダイジョーブ「ハーイ!ワタシどいつからキマシタ、ダイジョーブ博士デース!」

佐天「ダイジョーブ博士?」

ダイジョーブ「アナタ、無能力者デスネ? 今ノ自分ニ不満ハアリマセンカ?」

佐天「…あります」

ダイジョーブ「ワタシガぐれーとナ能力開発、シテアゲマース」

佐天「いや、いいです」

ダイジョーブ「遠慮ハイリマセーン。げどー君、確保デース」

ゲド「ギョギョ」ガシッ

佐天「うわっ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:41:23.84 ID:1k6IkZjpO


佐天「ここは…?」

ダイジョーブ「ワタシノ研究所デース」

ダイジョーブ「サ、治療メニューヲ選ブデース」

佐天「治療メニュー…、どれどれ」


疲労回復コース

怪我病気治療コース

耐久力向上コース

能力強化コース

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:45:35.66 ID:1k6IkZjpO
佐天「この能力強化コースってのは?」

ダイジョーブ「ぐれいと! アナタノ能力ヲ飛躍的ニあっぷサセル手術デース!」

佐天「しゅ、手術!?」

ダイジョーブ「成功確率は40%デース、完璧デース」

佐天「40%? それって完璧って言わな…」

ダイジョーブ「デハ、げどー君」

ゲド「ギョギョ」ガシ

佐天「へ?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:52:47.81 ID:1k6IkZjpO
佐天「あのー、なんだかノコギリみたいなのが降りてきてるんですが…」

ダイジョーブ「げどー君、すいっちおんデース」

ゲド「ギョッ」ポチ

佐天「うわああああああああああ」



ダイジョーブ「科学ノ進歩ニハ尊イ犠牲モ必要デース…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 16:59:32.73 ID:1k6IkZjpO
佐天「ハッ!?」ガバッ

佐天「なんだ…夢か」

佐天「なんだかとても悪い夢だった気がするけど、まぁいっか!」


ミートカーソルが小さくなった

パワーが下がった

走力が下がった

肩力が下がった

守備力が下がった

エラー率が下がった

野球センス×になった


多才能力になった

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:03:36.85 ID:1k6IkZjpO
…次の日

佐天「ゼェゼェ…」

初春「佐天さん、体力落ちました?」

佐天「うーん…最近運動不足なのかなぁ」

キンコンカンコン

初春「あ、授業終わりですよ」

佐天「私に水を~」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:07:16.25 ID:1k6IkZjpO


ゴクゴク

佐天「ぷはーっ 生き返るわ!」

初春「本当ですねー」

佐天「こう暑いと買ってきたアイスもすぐ溶けちゃうね」

初春「それなら私の能力で保温しますよ」

佐天「あ、そっか」



佐天「ね、それってどういうイメージでやってるの?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:15:25.76 ID:1k6IkZjpO
初春「んーと、例えばこのアイスなら、こう…周りを膜で覆うような…」

佐天「ふーん…あむ」

初春「アイス美味しいですねー」

佐天「そうだねー」




初春「あれ? 佐天さんのアイス、全然溶けませんね」

佐天「あ、本当だ。初春の保温が効いてるんじゃない?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:18:31.25 ID:1k6IkZjpO
初春「私の能力じゃ離れた対象まで保温できないんです」

佐天「じゃあ…私?」

初春「きっとそうですよ!」

佐天「ウソ、やったやった!」

初春「早速確かめましょう!」

佐天「理科室へ急行だ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:25:06.88 ID:1k6IkZjpO
佐天「むむむー」

初春「熱湯を溜めた洗面器に氷を入れたビーカーを漬けても溶けない…」

佐天「ど、どうかな」

初春「実験成功です! 間違いなくレベル1はあります!」

佐天「ホント!」


保温能力を覚えた!

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:31:22.26 ID:1k6IkZjpO


佐天「私も能力者かぁ…嬉しいな」

佐天「お母さん達、喜んでくれるかな」


キキーッ!!


佐天「え」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:42:26.41 ID:1k6IkZjpO
佐天(え、ここは歩道だよね?)

佐天(なんでカローラがこっちに??)

佐天(ヤバい、私、死ぬ)



佐天(避けなきゃ死ぬ!)

シュン

ドカァァァアン!



佐天「ハッ…ハッ……ハッ……助かっ…た?」

バタッ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:52:33.81 ID:1k6IkZjpO


佐天「あれ…ここは?」

初春「佐天さん!」

佐天「初春?」

初春「良かった…気が付いたんですね」

佐天「私…生きてる?」

初春「もちろんです」

佐天「あれ、でも私カローラを避けれなくて、うっ」ズキッ

初春「ああっ 寝てなきゃ駄目ですよ」

佐天「…うん。ありがとう初春」


空間移動を覚えた!

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 17:59:39.49 ID:1k6IkZjpO


冥土返し「気分はどうだい?」

初春「先生」

佐天「大分いいです」

冥土返し「そりゃ良かった。私も肩の荷が降りたよ」

佐天「でも事故当時の事を思い出そうとすると頭痛が…」

冥土返し「事故のショックかな? 一応脳に異常がないのは確認済みだからね」

佐天「そうですか…」ホッ

冥土返し「ああそうそう、ついでに面白いことが分かったよ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:12:17.54 ID:1k6IkZjpO
冥土返し「佐天君の脳を調べてる内にある事が分かったんだ」

初春「佐天さんの脳…」

佐天「…一体、なんですか?」

冥土返し「これだよ」パサッ

佐天「なんです? このカラフルな写真は」

冥土返し「運ばれてきて直ぐに撮った、佐天君の脳の活動状況だよ」

初春「随分とばらつきがあるようですが…」

冥土返し「こっちが一般的な脳の活動状況」パサッ

初春「ほとんど灰色ですね」

冥土返し「そう、事故直後佐天君の脳味噌はとんでもない稼働率だったんだ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:21:10.85 ID:1k6IkZjpO
佐天「それって…まずいんですかね」

冥土返し「普通ならパンクしてるね」

初春「そ、そんな!」

冥土返し「まあまあ落ち着いて。今こうして無事なのにも理由があるんだよ」

佐天「なんなんです?」

冥土返し「演算の圧縮だよ」

初・佐「演算の圧縮…?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:26:03.65 ID:1k6IkZjpO
冥土返し「人は日常的な手続きも知らず知らずの内に演算を行っている」

冥土返し「これは経験する事である程度短縮できるんだけど、いざという時に手間取る」

冥土返し「それは演算式の取り出しに時間がかかるからなんだ」

冥土返し「人間の記憶の中に、おそらく乱雑に置かれているんだろうね」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:32:30.71 ID:1k6IkZjpO
冥土返し「しかし、佐天君の脳の波形を見てみると非常に興味深いことが分かった」
冥土返し「これは計測器の針を複数に増やしてみたものなんだけど」ペラ

冥土返し「普通の波形は全て同じ軌道を描くのに対し、佐天君のは各々が複雑に動いている」

冥土返し「これは複数の演算を独立して行っているということ」

冥土返し「しかも波形を描く時間が非常に短い」


冥土返し「僕は、演算にかかる時間が短いと推測しているんだ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:37:23.56 ID:1k6IkZjpO
佐天「難しくてよくわからないよー」

初春「それで、圧縮っていうのはどういう関係が…」

冥土返し「つまり、佐天君は演算式をツール別に圧縮して整理整頓している為、低負担で能力を使えるって事だよ」

佐天「それってすごい! …の?」

初春「すごいんだと思いますよ」

冥土返し「すごいのなんの、多重能力の課題をクリアしてるんだからね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/17(土) 18:41:24.09 ID:1k6IkZjpO [21/21]
冥土返し「ただ、野球のツールだけは壊れてるみたいだね」

佐天「野球!?」

冥土返し「プロ入りは諦めた方がいいよ」
初春「佐天さん、可哀想…」

佐天「いや、目指してないから!」




出掛けてくる

続く?

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。