FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「蒼星石…?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:06:44.71 ID:nxEIdVLs0 [1/55]


蒼星石「はい…今日からお世話になります」

男「……え何で?」

蒼星石「え、あの、まきますと答えたので…」

男「…ああ、そう…でも」

蒼星石「はい?」

男「…つまんない、と思うよ。俺の所にいても…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:11:54.38 ID:nxEIdVLs0 [2/55]
―朝8時 蒼星石 起床

蒼「ふぁー…おはようございます!」

男「………」

蒼「寝てる…」

蒼「………」

蒼「………」

蒼(いつ起きるんだろう…)

―昼2時 

男「……」ムク

蒼「あ、おはようございますマスター!」

男「…あ、うん…」

蒼「あのご飯、作ろうと思ったんですが、その、何もなくて…」

男「うん…」バタッ

蒼「え、また寝るんですか?」

男「……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:16:27.05 ID:nxEIdVLs0

―夕方5時


蒼「…………」

男「……」ムク

蒼「あ、・・・」

男「…何してるの…?」

蒼「え、その、マスターが起きるのを…、待ってました…」

男「…何してたの…?」

蒼「え、ずっと、待ってました…」

男「……………」

蒼「…あ、……その…」

男「コンビニ行ってくるけど何か食べたいもの、ある…?」

蒼「え、なんでも、いいです…!」

男「そう」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:21:15.69 ID:nxEIdVLs0


蒼「あ、おかえりなさい!」

男「……え…うん」ガサガサ

蒼「何を買ってきたんです?」

男「…カップラーメン…だけど」

蒼「カップ…?」

男「…知らないの…か?」ガサガサ バリッ

蒼「何ですか、それ?」

男「ラーメンだよ」

蒼「それがラーメン?」

男「ラーメン」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:24:13.91 ID:nxEIdVLs0

男「…あ、…お湯…沸かさなきゃ…」

蒼「お湯ですか?お湯なら僕が沸かします!えっと…」

男「…大丈夫か?」

蒼「はい!昔いっぱいやってたから大丈夫です!」

男「…そう」

蒼「えっと…あれ?つかない…なぜだろう。あれ」

男「ガス…使えないんだ。」

蒼「え?使えない…って…」

男「水を電子レンジで温めるんだよ。これに入れて」

蒼「電子…レンジで?」

男「そう」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:27:39.05 ID:nxEIdVLs0


ピッピッ ブーーーーン

蒼「卵は入れませんよね?」

男「卵…?」

蒼「あ、いえ、なんでもないです」

ピッ ピッ ピッ

男「できた。」 ザーー

男「三分待つんだよ」

蒼「なぜですか?」

男「…え、そういうことになってるから…」

蒼「へぇー」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:29:22.18 ID:nxEIdVLs0

男「で、その、君は…なん…だっけ」

蒼「蒼星石といいます」

男「いや、その、ローゼン…」

蒼「はい、ローゼンメイデン第4ドールです」

男「…ややこしい?」

蒼「ややこしい…って?」

男「ややこしい話?」

蒼「…え、いや、えっと…そう、かなぁ…」

男「じゃあいいよ…」

蒼「でもそのアリスゲームが…っ」

男「出来たよ。蓋、とりな」

蒼「あう…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:32:44.34 ID:nxEIdVLs0


蒼「あ、おいしいです!」

男「そうか」

蒼「こんな便利なものがあるんですね!」

男「うん」


男「……その服、高そうだね」

蒼「え、あ、ありがとうございます…」

男「…」ピッ

蒼「テレビだ…」

テレビ『名探偵コナン!』

蒼「探偵?」

男「?」

蒼「あ、いえ…」

男「変える?チャンネル」

蒼「あ、いえ…大丈夫です」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:36:24.97 ID:nxEIdVLs0


深夜3時

テレビ『チャンチャンチャンチャチャン』

蒼「ずーっと…街を映し・・…てる」

男「今日はもう終わりなんだ」

蒼「そう……なん……です…か」

男「………」

蒼「……………」

男「眠たかったら寝てもいいんだよ」

蒼「でも…」

男「何?」

蒼「…今日……何も、役に…立って…」

男「…?え、君は何か役に立たないと眠っちゃいけないの?」

蒼「え、…いや……」

男「おやすみ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:40:02.97 ID:nxEIdVLs0
―深夜4時

男「…………………」

テレビ『チャンチャンチャチャンチャン』

男「…………………」

携帯『ブルルルルルル』

男「…………」 パカッ

男「…………」

男「………」 パタッ

テレビ『チャンチャンチャチャンチャン』

男「……布団、に入れた方がいいよな…んしょ」

男「………重い…意外と」

男「………………」

男「…ふぅ」

男「………」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:43:29.03 ID:nxEIdVLs0


蒼「……あれ?ここは…布団?何で僕布団に…」

男「…」グー

蒼「マスターが床で寝てる…!?え?何故だ!?昨日何があったっけー…」

男「…」グー

蒼「とりあえずマスターにはここで寝てもらわないと体が冷えてしまう!
でも、起こして…いいものか…うーん……どうするべきか…!」

蒼「どうしようどうしようどうしようどうしよう…っ」

蒼「……どうし…よ……あれ…?」

蒼「…なんか、目が、重い……」バタッ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:47:09.20 ID:nxEIdVLs0

―昼3時

蒼「…………うーん…………」

ピッ ピッ ピッ ピッ

バタン ペリペリ ザーーー…

蒼「あっ!!!!!」

男「起きたか」

蒼「ご、ごめんなさいこ、こんな時間までねっ、寝てしまっっ…てっ…」

男「いや、いいよ俺もさっき起きたから」

蒼「それにマスターの寝る場所で…寝て…しまって…」

男「俺が運んだんだよ。」

蒼「え、ええ…?その、あの…」

男「とんこつか味噌どっちがいい?」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:49:59.43 ID:nxEIdVLs0


男「じゃあその鞄で寝なくちゃいけなかったのか」

蒼「まあ、普段はそこではい、寝てます…」

男「じゃあそっちに運んだ方がよかったのか。ごめんな」

蒼「いえそんな!言ってなかったし、
別にそこで寝なくちゃいけないってわけじゃないし…
その、ありがとうございます…」

男「ふーん…」

蒼「それでごめんなさい…ずっと寝てしまって…」

男「まあ…夜更かししたら起きにくくなるよ」

蒼「ああ…僕ほんと駄目だ…」

男「なんで?」

蒼「え、だって…その」

男「君、意味わかんないね。はは」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:53:39.86 ID:nxEIdVLs0

男「そんなん言ったら俺もっと駄目じゃん」

蒼「いえマスターは駄目なんかじゃないです!
何のお役にも立てない僕の方が…よっぽど…」

男「なんで自分のこと僕って言うの?」

蒼「え?い、いきなり何です…か?」

男「いや気になって。女の子なんでしょ?」

蒼「え、…なんでだろ…うーん…えっと…
ごめんなさい、やっぱりおかしい、ですよね」

男「いやいいんじゃない」

蒼「えっ?」

男「いいんじゃない。別に」

蒼「はあ…」

男「うん」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:56:16.41 ID:nxEIdVLs0


―夕方6時

テレビ『ニュースです』 ピッ

テレビ『ニュースです』 ピッ

テレビ『ニュースです』 ピッ

蒼「どこもニュースですね」

男「だろ?6時はつまんないんだ」

蒼「へぇー。ニュース見ないんですか?」

男「見ない」

蒼「なぜですか?」

男「え。なぜって…つまんないから」

蒼「へぇー。やっぱり若い人は見ないんですね」

男「若い人?」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:00:53.96 ID:nxEIdVLs0


―夜7時

テレビ『え、こうちゃ?こうちゃってどう書いたっけ?
えー、ちょっとまってわかんないわかんないあーーーっ ドーン!』

蒼「紅茶かー」

男「書ける?」

蒼「書けますよー」カキカキ

テレビ『おれに まーかせとーけー!!!!』

男「おー。書けてる」

蒼「でしょ?」

テレビ『…… ばら…?!』

蒼「…ばら…」

男「書ける?」

蒼「……うー……」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:02:59.01 ID:nxEIdVLs0

男「こうだよ」カキカキ

蒼「あー、そうだこんな感じだこんな感じ」

テレビ『うわーーーー ドーン! 正解はこれです』

蒼「あれ、…なんか感じだけで全然違いますね…」

男「はー」

蒼「でたらめですか?さっきの」

男「うん」

蒼「あー」

男「でもさっきそうそうこんな感じって…」

蒼「ああーっ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:05:36.68 ID:nxEIdVLs0

テレビ『 けいご? 簡単よそんな漢字!』

男「なんで君は敬語なの?」

蒼「え、その…ご、ごめんなさい、駄目、ですよね」

男「んー、まあ、駄目ってわけじゃないけど…敬語しか話せない、の?」

蒼「いえ、そんなわけじゃ、ないです、けど…」

男「君が、その姉妹…?に話してるみたいにちょっと俺に話してみなよ」

蒼「え…?」

男「俺、薔薇って言う字書ける」

蒼「さ、さっき書けてなかったじゃないか!」

男「はははー」

蒼「……な、なんでかわかんないけどすごい、なんか恥ずかしい、というか…あの」

男「まあ無理しなくていいよー」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:10:18.22 ID:nxEIdVLs0


蒼「マスターは、敬語じゃない方が、いい、ですよね?」

男「いや、別にそうじゃないけど、
君が話しやすいほうで話してくれれば一番いいかな」

蒼「話しやすい…」

男「俺、すごい薔薇マニア」

蒼「………」

男「………」

蒼「じゃ…じゃあ何で漢字は書けなかったのさ!」

男「ははー」

蒼「う…あ…」

男「ははは」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:13:21.47 ID:nxEIdVLs0

―夜9時


男「寝なくていいの?」

蒼「えっと…なんだかあんまり眠くないです」

男「まあ起きた時間があれだったしなー」

蒼「ごめんなさい…」

男「いや別にいいんだけどさ。寝る時間とか決まってないんだろ?」

蒼「まあ…」

男「眠くなったら寝なよ」

蒼「はい。眠くなったら寝ます。マスターはいつ寝るんですか?」

男「眠くなったら」

蒼「へへへー」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:16:45.82 ID:nxEIdVLs0


―深夜4時

男「…………………」

テレビ『チャンチャンチャチャンチャン』

男「…………………」

携帯『………』

男「…………」 パカッ


男「…………」


男「………」 パタッ


鞄「うぅーあー…」

男「?」

鞄「翠星石……」

男「すい?…そうせいせきじゃなかった?名前…」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:20:47.94 ID:nxEIdVLs0

――朝8時

鞄「………」グー

男「………」グー



―昼4時

蒼「ふぁ……」カチャ

男「……ああぁー…」

蒼「おはようございます……」

男「ん」

蒼「あー……何味がいいですか?」

男「あー……さっぱりした、やつ」

蒼「…塩でいいですね。僕もそれにしよっと…」

男「ああー……んーふぁー」

蒼「ふぁー…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:24:17.80 ID:nxEIdVLs0

蒼「あー……んー」ズルズル

男「…んー」ズルズル

蒼「……今日暖かいですね」

男「んー」

蒼「テレビつけていいですか?」

男「んー」ズルズル

蒼「えっとリモコン…」ズルズル

男「ん」

蒼「ありがとうございます」

ピッ

テレビ『桜木~!!!!』

蒼「あ、さくらぎだって」

男「……」 ピッ

テレビ『いや~やっぱりご当地グルメは最高』

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:29:20.31 ID:nxEIdVLs0
>>40そんな感じ。あと漫画とか

蒼「今の何のアニメですか?」

男「あー…うん」ゴクゴク

蒼「…?」ズルズル

男「ふぅー。さて…あ、まだか」

蒼「あ、ごめんなさい…」ズルズル ゴクゴク

男「それ飲んじゃホントは体に悪いんだけどな」

蒼「ええ?そうなんですか?何でマスターは…」

男「もったいないから」

蒼「あ、ああなるほど…」

男「で、今からマックスバリュー行ってくる」

蒼「マックス…?」

男「来る?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:36:36.77 ID:nxEIdVLs0
蒼「マックス?場所の名前ですか?」

男「コンビニはわかる?」

蒼「はい」

男「それのでかい版」

蒼「はあー」

男「行く?」

蒼「え、迷惑じゃないん、なら…」

男「じゃ行こう」

ガチャン

男「後ろ乗れるだろ」

蒼「自転車…初めて乗ります」

男「背中捕まっててな」

蒼「はい」

男「じゃ、行く」 シャー

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:38:10.03 ID:nxEIdVLs0

―マックスバリュー

蒼「うわぁー!広い!」

男「お尻痛くなかった?」

蒼「…ちょ、ちょっと…」

男「帰り立って乗ってみな。多分大丈夫でしょ」

蒼「ああ、はい…」

男「こっち」

蒼「あれ?野菜とかはいいんですか?」

男「んー」

―お惣菜コーナー

男「…ん、半額ついてるな」ヒョイ ヒョイ

蒼「あっ、ハンバーグだ」

男「食べる?」ヒョイ

蒼「あっえ?」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:40:40.58 ID:nxEIdVLs0

蒼「いいんですか?」

男「食べたいなら」

蒼「あ、ありがとうございます…」

男「他にある?食べたいの」

蒼「…えっと…えーんー、うー…」

男「…、まあ次行こうか」

―カップ麺コーナー

蒼「おああああーー」

男「好きなの選んで」

蒼「え、す、好きなのですかー!?」

男「………………あ」

蒼「え?」

男「…、先に、飲み物んとこ行こうか」

蒼「え?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:44:59.55 ID:nxEIdVLs0

―飲み物コーナー

蒼「ここもいろんなのがあるんですねー」

男「何がいい?俺、コーラ買うけど…」ヒョイ

蒼「これ、…中にお茶が入ってるんですか?すごい黄色いですけど」

男「ああ、なんかそういう色のペットボトルだからな」

蒼「…ふーん…」

男「これ?」

蒼「え、あ、はい…」

男「……」

蒼「どうかしましたか?」

男「ん、いや、別に…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:49:46.75 ID:nxEIdVLs0
>>52ごめんわかりにくくて…蒼星石がお茶のペットボトル選んだ。

―カップ麺コーナー

男「5個くらいね」

蒼「ぼっ、ぼ、僕が選んでいいんですか…!?」

男「え、いいよ」

蒼「で、でもこんなに多いと、その、すごく迷う…!」

男「ほらー俺もう選んじゃったよー」

蒼「ええええええ!?!?!?えっと…じゃあ、こ、これ」

男「うん」

蒼「とー…これ、 と…これ、あ違う、これ、かな。
これ美味しそう…あ、でもこれは…」

男「別に値段気にしなくていいよ。ちょっとくらい高くても…」

蒼「あ、はい…ごめんなさい」

男「あーでもその坦々麺辛くないよ」

蒼「これ辛いやつなんですか!?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:51:13.32 ID:nxEIdVLs0


レジ「以上で3200円になりまーす」

男「……」

レジ「レジ袋ご利用になりますか?」

男「……ぁ、はぃ…」

レジ「はーい」

蒼「袋に入れるの手伝います」

男「届く?」

蒼「ぎ、ギリギリ…」

男「お、おお…」

男「よし、じゃあ行こうか」

蒼「持ちますよ?」

男「地面ついちゃうだろ」

蒼「うぅー…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 20:55:18.75 ID:nxEIdVLs0

シャー

蒼「今日暖かいですねー」

男「そうだなー…」

蒼「あ、カラス」

男「カラスだな」

蒼「カラスって何で黒いんでしょうねー」

男「あー、なんでだろうな。なんか悪っぽいよな」

蒼「…そう、ですよねー」

男「ついたぞ」

蒼「わー」スタ

男「どうだった?帰りは」

蒼「立ってたほうが気持ちいいです!」

男「ははー」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:01:25.03 ID:nxEIdVLs0


男「自転車入れてくるから先入ってて」

蒼「あ、はいー」

男「はい鍵」

蒼「はーい」タッタッタッ…

男「………」


―男宅

ガチャガチャ…ギィー

蒼「よいしょっと…あれ?」

携帯『ブルルルルルルルルルルル』

蒼「うっうわぁっ何だこれ!!」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:06:19.62 ID:nxEIdVLs0


男「ん?あれ?何やってるんだ?」

蒼「その、これが突然、震えだして、
あの、僕何していいかわかんなくて……その……
ごめんなさい、どこか触っちゃったかもしれないです…!」

男「…!」

蒼「ああぁぁぁああぁあ…っ」

携帯『男?え、その声…誰?誰?!』

男「!!!!!!」 ピッ


蒼「ご、… …ごめん…なさい…」

男「…………」

蒼「……」

男「ご飯、食べるか」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:11:06.73 ID:nxEIdVLs0

テレビ『素敵やん』

蒼「…」モグモグ

男「どう?そのハンバーグ」

蒼「ああ、おいしい、です」

男「ふーん…」

蒼「それはなんていう食べ物ですか?」

男「これ?これは天丼」

蒼「てんどん…」

男「天ぷらが入ってるんだよ」

蒼「天ぷら…」

男「食べる?」

蒼「あ、はい…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:14:41.12 ID:nxEIdVLs0

蒼「美味しい…」

男「そうか」

蒼「………」

男「………」

テレビ『せやねん』


蒼「…………え!?」

男「どうした?」

蒼「今窓に…なんか影が…あ、いや、なんでもないです」

男「ふーん」

―夜9時

男「寝よう、かな」

蒼「え、もう、ですか?」

男「うん…テレビ見る?見るなら電気つけとくけど」

蒼「あ、じゃあ僕も寝ます!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:16:31.95 ID:nxEIdVLs0

男「おやすみ、あれ、鞄入らないのか?」

蒼「えっと…やっぱりちょっとテレビ見てから、寝ます…」

男「そっか。おやすみ」

蒼「お、おやすみなさい」

男「……」グー




蒼「…………」

翆星石「もぉーこの人間寝るの遅すぎですぅー!!!!」

蒼「やっぱり翆星石…」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:23:09.41 ID:nxEIdVLs0
―男宅 外

翆「蒼星石ー!!!会いたかったです!!!!」

蒼「翆星石…よくここがわかったね。
そもそも僕が目覚めていること、知っていたのかい?」

翆「そうその話です!
翆星石も蒼星石が目覚めていることをさっき知ったです!」

蒼「え、どういうことだい…?」

翆「蒼星石、さっき、携帯電話に出たですね…?」

蒼「携帯電話……あの小さい、機械のこと…?」

翆「そうですぅ!やっぱり翆星石の耳は間違ってなかったです♪
あれはやっぱり蒼星石の声だったですねー」

蒼「え、…何言ってるんだ翆星石?言ってる意味が…」

翆「だーから、翆星石のマスターが電話をかけた人間こそ、
蒼星石のマスターだったってことですぅ!!」

蒼「…え?」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:26:27.34 ID:nxEIdVLs0


>>75
ああごめん…すいで変換してたら間違えた…



蒼「それって…」

翠「つまりー!翠星石のマスターと蒼星石のマスターは
お友達同士ってことデスよー!」

蒼「…なるほど…」

翠「いやーよかったですぅー!これからは、蒼星石と毎日会えるです♪」

蒼「え…?」

翠「いやえじゃなくて!
これからは、お互いの家にお泊まりとか色々できるってことですぅ!」

蒼「あ、ああなるほど…」

翠「いやーよかったです!」

蒼「…」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:33:55.11 ID:nxEIdVLs0


翠「じゃあ、蒼星石のマスターにもちゃんと言っとくですよ!」

蒼「ん、ああ。わかった。言っとくよ」

翠「じゃあ今日は眠いからお別れですー。また明日ですー」

蒼「うん、バイバイ、翠星石」


蒼「…お友達同士………そんな風には見えなかったな…
マスターに聞くべきなのか…でも、聞いちゃいけないような気もする…うーん…
どうするべきなんだろう……」

蒼「…眠い…寝よう………」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:37:22.27 ID:nxEIdVLs0


―昼3時

蒼「…うぅーん……そろそろ起きよう…」

男「お、起きたか」

蒼「おはようございます」

男「今日は選ぶやついっぱいあるぞー」

蒼「あ、そっか!じゃあー…えっとー…
これにしようかな!」

男「お湯はまだあるよ」

蒼「はい!」

男「…ん?あれ?今窓に何か……」

蒼「!」

男「…鞄?」

蒼(…翠星石…もう来たのか!?また明日ってそういうこと!?)

翠「おーいですぅー」コツン コツン


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:41:27.73 ID:nxEIdVLs0

蒼(なんだかまずい気がする……どうしよう)

翠「おーい」コツン コツン

男「…あれは、蒼星石の姉妹ってやつか?」

蒼「え、ええ。えっと…」

男「入れてやった方がいいんじゃないか?窓開けるぞ」

蒼「え、ああ…はい…」

翠「もーなんでさっさと開けねーですか!夜更かし人間!」

男「……夜更かし人間?」

蒼「…翠星石っ!」

男「へぇー皆蒼星石と同じ性格ってわけじゃないんだな」

翠「あ、当たり前ですぅ!」

男「…カップラーメン食べる?」

翠「え、ん、まあ、食べてやらんこともないです」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:49:16.84 ID:nxEIdVLs0

翠「三分間でーさーようなーらはじめまーしてー♪」

蒼「ちょっと翠星石!」コソコソ

翠「なんです?」

蒼「その、君のマスターと僕のマスターのことは、今日は、
あんまり喋らないで欲しいんだ…」

翠「なぜですか?蒼星石のマスターもなかなかいい人間ですのに」

蒼「いいから!」

翠「はぁ…」

男「翠星石は誰がマスターなんだい?」

蒼「マスタァァァァ!!ぼ、ぼくマスターのラーメン食べてみたいな!」

男「ん、ああ、いいよ」

蒼「翠星石!今日はちょっと帰ってくれるかな!?ね?ね?」

翠「え、でもまだラーメン…」

蒼「僕が食べとくからさ!ね!」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:52:48.26 ID:nxEIdVLs0


男「どうしたんだ蒼星石…今日なんかおかしかったぞ・・?」

蒼「そ、そう、ですか…?」

男「……………まあ、…いいけど」

蒼「…………」

男「じゃ、寝るよ俺」

蒼「おやすみなさい」

男「おやすみ」

蒼「あ、あの!」

男「ん?」

蒼「マスターは…僕に何か…隠してること…あります…か?」

男「え?」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:54:24.35 ID:nxEIdVLs0

男「…どうしたんだ急に?」

蒼「あります…か?」

男「そりゃいっぱいあるよ」

蒼「うっ……」

男「隠してるっていうか……言ってないだけのことはたくさんある」

蒼「………」

男「聞きたいんだろ?何が知りたいんだ?」

蒼「……………」

男「………」

蒼「この前電話してきた人のこと…」

男「……」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 21:56:01.86 ID:nxEIdVLs0

蒼「今日来た翠星石のマスターが…その人、なんです…」

男「………」

蒼「だから、その…」

男「…」

蒼「マスターが…何か、その人のことで…」

男「…」

蒼「なら、もう、翠星石には来ないように…言っておきます」

男「………そうか……君の姉のマスター……」

蒼「………」


男「俺は…」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:00:54.31 ID:nxEIdVLs0

蒼「マスター……………」

男「俺、蒼星石が今ここにいてくれて凄い嬉しいんだ」

蒼「……………」

男「…だから、…これでいいんだよ」

蒼「………マスター」

男「おやすみ」

蒼「………………」

男「…」グー


水銀燈「あらあらまだ逃げる気なのぉ?」

蒼「!!!」

水銀燈「お久しぶりねぇ蒼星石。初めましてねぇそっちの人間とは」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:09:01.78 ID:nxEIdVLs0

蒼「水銀燈何故ここに…っ!!」

銀「あらぁ?今日は戦いに来たんじゃないわ。顔を見に来たのよ。
あなたのマスターの、顔、をね」

男「……」グー

蒼「どういうことだ!」

銀「あら知らないのぉ?何も聞かされてないのねぇ」

蒼「…!?」

銀「あなたのマスター、私のマスターの夢を打ち砕いてしまったのよぉ」

蒼「……なにを言ってるんだ…君は」

銀「本当に何も知らないのね。可哀想だわあ。じゃあ一から説明してあげる」

蒼「…………」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:11:07.30 ID:nxEIdVLs0

銀「あなたのマスター、男は私のマスターの友と同じバスケのサークルにいるのよぉ」

蒼「サークル…」

銀「要するに部活よ部活」

蒼「ああ…」

銀「友はそのサークルのエース的存在で、大会でも活躍していた…
男はというと、ただ友と友達というだけで、実力は大したことなかった…
まあその顔を見ればその通りと言ったところかしら…?」

蒼「……」

銀「友はスカウトの話も来ていたわぁ。でもね、練習の時に、男との接触で…
骨を折ってしまったの」

蒼「!!!」

銀「将来をつぶされてしまったのね友は。可哀想に……」

蒼「…でもマスターだって悪気があってやったわけじゃ…」

銀「どうかしらね。疑わしいものだわ」

蒼「水銀燈!!!」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:13:59.03 ID:nxEIdVLs0
銀「あーらごめんなさい。でね、当時男と友が二人とも好きだった女の子がいてね」

蒼「…?」

銀「名前を女、というんだけど…」

蒼「まさか…」

銀「あらわかってきた?そう。それが翠星石のマスターねぇ」

蒼「…………」

銀「でも男は友に対する罪悪感から女からは身をひいた…それで今は友と女はとっても親密よぉ
でもね、もう友の将来は終わってしまったの」

蒼「…………」

銀「現実から逃げて逃げて、それでどうなるのかしら?」

蒼「………」

銀「もう一度あなたも考え直した方がいいんじゃない?
本当にその人間が、あなたのマスターとして、相応しいかどうか。
その、たくさんのカップ麺の容器を片づけながらねぇ」

蒼「………っ」

銀「じゃあ、ばいばいー」

蒼「マスター………」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:18:48.84 ID:nxEIdVLs0

―昼4時

男「ふわぁ……」

蒼「あ。おはようございます!」

男「んぁ…」

蒼「作りますよ、どれにしますか?」

男「なんでもいい…さっぱりしたやつ…」

蒼「はーい」

男「…………蒼星石」

蒼「はい?」


男「出てっても、いいぞ」

蒼「…………………え?」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:20:14.72 ID:nxEIdVLs0
男「昨日の姉ちゃんの言うとおり、俺はただ逃げてるだけなんだ」

蒼「え、昨日って…昨日のこと…なんで…」

男「今までも不安だったんだ。蒼星石に俺、合ってんのかなって。
どう考えてもこんな生活してる奴には相応しくないよ。君はさ」

蒼「マスター…!その…あの…!」

男「わかってる。君はもっと、いい人に付くべきなんだ。
君も、けっこう幻滅したんじゃないか…?こんな、駄目な人間…にさ」

蒼「ち、違う!!!」

男「…」

蒼「ぼ、僕はここにいたいからいるんだ…!君と一緒にいたいから、ここにいるんだよ!」

男「……」

蒼「君に何があったのかなんて分からなかった、けど、
君がすごく苦しんでいるのはわかるんだ!!!
それでも君は僕がいてくれてうれしいって言ってくれた!
それがすごいうれしくて……少しでも、君にうれしいと思って欲しくて…」

男「蒼星石…」

蒼「僕は、ずっと君といたい………」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:24:17.68 ID:nxEIdVLs0

男「……………」

蒼「……あ、………その………」

男「やっぱ、敬語ない方がいいな」

蒼「…え……」

男「うん、いい」

蒼「そ、そう…………かな……」

男「うん」

蒼「ありがとう…」

男「もう三分過ぎたんじゃないか?」

蒼「え、あっ!ご、ごめん!!計るの忘れてた!」

男「いやいいんじゃない、別に。俺デロデロの麺も好きだし」

蒼「ご、ごめんね…」

男「いいよー」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:28:36.82 ID:nxEIdVLs0

―煙突の上

翠「じゃあお泊まりできねーわけですかぁ?」

蒼「うん、ごめんね翠星石」

翠「むぅー…どうしてもって言うならしょうがないです。
我慢するですぅ。」

蒼「でも、こうして会えるわけだし」

翠「、まあ、そうですね、平和に会えるだけ幸せですよね。
それにしても蒼星石、よっぽどあの夜更かし人間の事が好きなのですね?」

蒼「え、そ、それは…」


銀「ちょっとぉ、あんなに言ってあげたのに何も変わってないじゃないのぉ」

翠「すっ水銀燈!!」

蒼「やあ」

銀「やあじゃないわよぉ。何か変わるかと思って言ってやったのに」

蒼「ああ…へへへ…」

銀「へへへじゃないわよぉ。ん、気持ち悪いわねぇなんか…」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:32:29.86 ID:nxEIdVLs0

―昼4時


男「………ふぅわぁ……」

蒼「ふわぁ……おはよう…」

男「おはよう…」

蒼「ぁあー……」

男「どれ?」

蒼「じゃあ、塩…」

男「はいよ…俺もそれにしよ…」

蒼「ふわぁー………んぅー…」

男「重い」

蒼「んー」

男「お湯かかるよ」

蒼「んぁー………」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/16(金) 22:35:42.50 ID:nxEIdVLs0
男「よし多分三分」

蒼「いただきます…ふぁ」

男「うん」ズルズル

蒼「んん」ズルズル

男「昨日何時に寝た?」

蒼「えっと……ふぁ…2時ぐらい、かな」

男「あじゃ俺と同じくらいか」ズルズル

蒼「そうだね」ズルズル

男「マリオカートしようか」

蒼「いいねー」ゴクゴク

男「俺ヨッシー」

蒼「あーずるい!ずるい!ずーるーいー!」


とりあえずおわり

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。