FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワプロ「茜ちゃん、デラたこ食べに行こうよ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 17:02:51.96 ID:XEvT8LixP [1/31]
茜「お、ええなー行く行くー」

パワプロ「無料券が当たったんだよね」

矢部「オイラも食べたいでやんすー」

パワプロ「うん、無料券あるから、一緒に食べよう」

茜「あたしの取り分減るやん…」

パワプロ「おいしいからいっぱい食べたいよねー」

矢部「でも、高いでやんすからねー」

茜「矢部は買いーな!」

矢部「ひどいでやんす!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 17:04:56.35 ID:XEvT8LixP
パワプロ「いいよいいよ、俺が買うからさ」

茜「え、ええの?」

パワプロ「矢部くんも俺のやつ半分こでいいでしょ?」

矢部「半分くれるだけでもうれしいでやんす」

とは言っても、正直に行って、デラたこ高いんだよなぁ…。

パワプロ「よし、それじゃあいこっか」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:07:26.14 ID:XEvT8LixP
・ ・ ・

「まいどー」

パワプロ「はふはふ」パクッ

パワプロ「うまい!」

茜「やっぱデラたこやなー」

矢部「口の中でとろけるでやんしゅ!」

パワプロ「矢部くん、青海苔つけすぎ」

茜「ほんまやー」

矢部「…ちょっと急ぎすぎちゃったでやんす、テヘ☆」

パワプロ・茜「キモッ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:11:37.23 ID:XEvT8LixP
パワプロ「って、うわー! 半分以上食べたなー!!」

矢部「ご馳走様でやんした! それじゃあ!」

パワプロ「猛スピードで逃げていった! 畜生っ!」

茜「矢部はいやしいやつやなぁ」

パワプロ「そうだねぇ」

茜「しゃーないな。あたしのあげるは、ほれ、あーん」

パワプロ「あ、あーん」

パクッ

茜「『あたしにもらった』&『あーんしてもらった』っていう素晴らしい特典付きやでっ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:17:31.17 ID:XEvT8LixP
パワプロ「ふむふむ…美味しいよ」

茜「どれくらい美味しい?」

パワプロ「えっ、普通だけど」

茜「特典意味ないやん! なんかないんかいっ?」

パワプロ「いや、特には…」

茜「女の子が勇気出してあーんしたのにそれだけとか、あんたわかってへんわ」

パワプロ「ご、ごめん、ついついデラたこに集中しちゃったよ」

茜「もうええわ、なんか自分でも悲しくなってきたし」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:28:48.62 ID:XEvT8LixP
茜「そうや、今度お礼するわ」

茜「んー…何がええかなぁ」

パワプロ「そんな、別にいいよ」

茜「いや、それはあかんよ。アンフェアや」

パワプロ「そうかなぁ」

無料券だからどうせ俺は払ってないんだけど…。

茜「じゃあ、何してほしい?」

パワプロ「それじゃあ、今度どこかにおでかけなんかどう?」

茜「で、デート!?」

パワプロ「あ、え、で、デート?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:35:40.79 ID:XEvT8LixP
茜「い、いや、パワプロくんがええんやったら、ええんやけど…」

おでかけ=デートなのかな?

パワプロ「いや、普通にいいけど。なんで?」

茜「いや、な、なんでもない…」

そう言って俺に背中を向ける、茜ちゃん。

パワプロ「うーん、ダメかな?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:43:24.96 ID:XEvT8LixP
茜「よーし、あたしが提案したことや! パワプロくんのしたいことをしたるっ」

パワプロ「う、うん」

茜「て、歯切れ悪いなぁ!」

パワプロ「うっひょー! すっごく楽しみぃ!」

茜「なんやその変なテンション!」

パワプロ「結局突っ込むじゃないか!」

茜「パワプロくんの演技が下手やからや!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:48:35.41 ID:XEvT8LixP
パワプロ「ほほう、俺の演技力を知らんとな…?」

茜「むむ、なんか含みのある言い方やな…」

パワプロ「仕方ない、見せてやろう…!」

さて、何を見せようかな?

>>18
1あやしい医者の真似
2ゴスロリを着る威圧感のある女

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 17:55:44.14 ID:vQEdAoPm0
2

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:00:05.66 ID:XEvT8LixP
パワプロ「むふー!」ピュゴォォォォォン

茜「!?」

パワプロ「茜様ー!」

茜「キモいっ! な、なんやねんそれっ!?」

パワプロ「パワプロは茜様のために手編みのマフラーを編んできましたぁ!」

茜「やめてっ! 気持ち悪いっ!」

傷つくからあんまり言わないでほしい。

パワプロ「どうだった? 俺の演技力は?」

茜「ぜ、ぜんぜんやなー。あたしの方がすごいし」ウルウル

とか言いながら涙目じゃないか。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:07:39.66 ID:XEvT8LixP
パワプロ「じゃあ、やってみてよ」

茜「じゃ、じゃあ…」

茜「ガンダーロボでやんすっ!」

パワプロ「…」

あれ、誰のマネしてるの?

パワプロ「も、もう一回」

茜「え…えっと…目指せ甲子園でやんす~!」

パワプロ「…かわいい」

茜「えっ!?」

いや、正直、矢部くんもこれくらいかわいければいいのに。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:19:35.70 ID:XEvT8LixP
茜「可愛いって、あたしが?」

パワプロ「茜ちゃんがなんか本気で矢部くんの真似してるからさ」

茜「それの、どこが可愛いねんっ! ま、まさかパワプロくんは…」

パワプロ「そ、それはないよ!? いやーそんな伊達メガネまでかけてやってるから…」

茜「あ、これ? ちょっとオシャレやろ?」

パワプロ「うん、とっても可愛いよ。似合ってる」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:27:02.19 ID:XEvT8LixP
茜「そ、そうかなぁ?」ニヘラニヘラ

パワプロ「なんか不気味だよ…笑顔が」

茜「それじゃあ、デートのことなんやけど…」

あ、無視された。

茜「明日でいい?」

パワプロ「俺はいいけど。あした休みだし」

茜「なら、決まりやな。楽しみにしてるわーバイバイ」

パワプロ「うん、じゃあねー」

歩きながら話してたから、もう別れるところまで来てたのか。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:36:27.92 ID:XEvT8LixP
茜ちゃんわかる人いたら言ってくれる?

あと、知らない人は、画像検索すれば出ると思います。


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:46:11.69 ID:XEvT8LixP
パワプロ「お、阿畑先輩、ニュースに出てる」

「お得意のナックルボールで打者を圧倒!」

パワプロ「おお、すごいなー。俺もがんばろっと」

阿畑「ナックルボールちゃう、アバタボール…」

うわっ、まさか、これインタビューでも言ってるのか!?

恥ずかしい…。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 18:52:04.58 ID:XEvT8LixP
・ ・ ・

茜「おっ~~~っそい!!!」

パワプロ「いや、時間通りだよ! 逆に茜ちゃんが遅刻したのに!」

茜「うるさーい! あたしが正義や!」

パワプロ「いきなり理不尽だな!」

茜「あはは! ええ、突っ込みや、パワプロくん!」

パワプロ「よし、ほめられた!」

パワプロ「っと、そういえば、なんでメガネかけてるの?」

茜「え!? あ、えっと…な、なんでやろーなー?」

パワプロ「ま、いっか。とりあえず、レッツゴー!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 19:03:29.36 ID:XEvT8LixP
茜「バッティングセンター行かへん?」

パワプロ「いいけど、茜ちゃん打てるの?」

茜「これでも野球部のマネージャーやで!? 打てるに決まってるやろ!」

うーん俺はきっと、茜ちゃんは…。

>>32
1打てると思う
2打てないと思う

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 19:16:58.69 ID:jIhlgHKoO
1

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 19:37:01.72 ID:XEvT8LixP
キーン キーン

パワプロ「うわ…140キロをバカバカと…」

茜「どうや、パワプロくん! すごいやろ!」

パワプロ「うん、驚いたよ。なんでそんなに打てるの?」

茜「来たら打てばええねん!」

それができれば苦労しないよ…!

茜「さ、次はパワプロくんの番やで」

パワプロ「え!? 俺はほら…ピッチャーだから…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 19:57:32.74 ID:XEvT8LixP
茜「なんや、なんや? 言い訳して打たへんつもりか?」

パワプロ「い、いやあ…」

最近阿畑先輩が残した練習ばっかりしてるから、野球してないんだよなぁ。

パワプロ「わ、わかったよ…」

今日だって刀振り回してたのに…。

パワプロ「だったら俺のすごさを見せてやる!」

>>38
1 150キロに挑戦!
2 160キロに挑戦だぁ!!

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 20:08:22.79 ID:JND1z3Rq0
2

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 20:20:51.08 ID:XEvT8LixP
パワプロ「160キロに挑戦じゃあ!」

茜「あ、あの、パワプロくん、無理はせんでええよ?」

パワプロ「いいや、する! 見ててくれ!」

チャリン

パワプロ「さあ、来い!」

茜「はわわ…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 20:25:21.26 ID:XEvT8LixP
パワプロ「…」

正直、打てるとは思っていない。

ギギギ…

パワプロ「…」

ビシュン

パワプロ「!」

キィーン!

茜「!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 20:54:57.42 ID:XEvT8LixP
パワプロ「…ん?」

なんだこれ?

子供の投げる球みたいに遅いぞ?

ビシュン

キィン

茜「…すご……」

パワプロ「…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 20:58:38.62 ID:XEvT8LixP
・ ・ ・

パワプロ「ご、ごめん…間違えて100キロくらいのを…」

茜「何言ってんねんっ、パワプロくん!」

パワプロ「はい?」

茜ちゃんが指差す方向には、160キロの文字。

パワプロ「…えええええええええええええええええ!?」

あんなに遅いのに…?

いや、160キロなんだろう…。

あれ? なんで打てるんだ?

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 21:03:03.06 ID:XEvT8LixP
パワプロ「え、でも…」

パワプロ「!」

まさか…阿畑先輩の練習!?

そんなこと、あるのかな?

茜「パワプロくん凄い! 恐ろしいほどに!」

パワプロ「い、今俺もびっくりしてるよ…うひゃぁ…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 21:11:03.31 ID:XEvT8LixP
パワプロ「え、えっと…」

茜「パワプロくん! ストライクアウトやりぃな!」

パワプロ「う、うん」

茜「…」ワクワク

うーん…ボール触るの何ヶ月ぶりだろ…。

パワプロ「とりあえず、4番」

バシン

茜「当たりや!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 21:17:08.14 ID:XEvT8LixP
茜「次は!? 次は!?」

パワプロ「えっと…7番」

バシンバシン

茜「うわー! 2マス抜きや!」

なんか茜ちゃんテンション高いなぁ。

茜「変化球投げてみて!」

パワプロ「う、うん」

ククッ バシン

茜「また当たったー!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 21:33:05.12 ID:XEvT8LixP
結果は全部成功。

コントロールまで向上してる…。

茜「な、なんやねんパワプロくん…!」

パワプロ「は、はい?」

茜「恐ろしい子やわ…」

パワプロ「俺も本当に怖いよ…野球部らしいことしてないのに」

茜「たしかにそうやなー」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 21:48:24.64 ID:XEvT8LixP
・ ・ ・

パワプロ「いやあ、今日は調子よかったね」

茜「パワプロくん…」

パワプロ「は、はい?」

茜「パワプロくんの、彼女になりたい」

パワプロ「!?」

い、今なんと!?

パワプロ「…な、なんて?」

茜「パワプロくんと、一緒にいたいねん」

パワプロ「な、なぜに?」

茜「さっきの見てて、惚れてもうたわ。パワプロくんに」

パワプロ「…」

モジモジする茜ちゃんは、とても可愛く見える。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 21:53:52.86 ID:XEvT8LixP
パワプロ「い、いやあ…その…なんだろ…」

ポニーテールの髪型も、とても可愛い。

パワプロ「お、俺も…と、いうか…茜ちゃんが良いなら…」

すっごく、うれしいけど。

茜「なんや! ならオーケーやんかっ!」

パワプロ「えっ」

茜「これからよろしくなっ、パワプロくん」

パワプロ「…うん! よろしくっ!」

なんだか、阿畑先輩には悪いけど、これはこれで…。

-END-

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 22:10:49.31 ID:XEvT8LixP [30/31]
まあ、これが俺の限界かと。

やっぱり、彼女候補の一人ともなると、そのシリーズをやっていない人にはわからないですからねぇ…。
とりあえず、見てくれた方、ありがとうございました!

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 22:34:30.10 ID:XEvT8LixP [31/31]
とりあえず、また日を置いて、エリリンスレを立てたいと思います。

では。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。