FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「なぁ妹……もしかして俺ってキモいのか?」

1 名前:自転車 ◆x1uhMp/0TmMS [] 投稿日:2010/04/05(月) 12:40:26.04 ID:T3CzxjvFO [1/45]
妹「そ、そんな事ないと思うよ?」

男「本当か?正直に言ってくれ!」

妹「本当だよ!!お兄ちゃんはカッコイイよ!!」

男「………それは身内贔屓じゃなく?」

妹「もちろん!!」

男「そうか……じゃあ……」

妹「じゃあ?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 12:46:10.45 ID:T3CzxjvFO [3/45]
男「じゃあなんで、皆俺を見て露骨に嫌な顔や、指差して笑ったりするんだ?」

妹「き、気のせいじゃないかな?」

男「気のせいじゃない!!さっきなんか、俺と目があった幼女が泣きながら逃げたんだぞ!!」バンッ

妹「お、お兄ちゃん落ち着いて…」

男「落ち着いてられるか!その後、その母親に通報されて、警官と1時間も鬼ごっこをしてたんだぞ!!」

ガチャッ

姉「ただいま~」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 12:50:31.40 ID:T3CzxjvFO [4/45]
妹「あ、お姉ちゃんだ!」

姉「妹ちゃんただいま~♪」

妹「お帰り、お姉ちゃん!」

姉「う~ん、ちゃんとお帰りできて、妹ちゃんはいいこでちゅね~w」ナデナデ

妹「えへへ」

姉「………それにひきかえ……」

男「………お、お帰り」

姉「………本当可愛くない!こんなのが弟とか認めたくないわね」

男「………くっ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:14:34.07 ID:T3CzxjvFO [5/45]
姉「しかも、さっき怒鳴り声が聞こえたんだけど?」

妹「な、何でもないよ!」

姉「いいのよ、妹ちゃん。こんなブサイクなんか庇わなくて」

男「………」

姉「あんた……妹ちゃんに変な事してないでしょうね」

妹「し、してないよ!!お話してただけだよ!!」

姉「うんうん、妹ちゃんは本当に優しいねwこんな馬鹿でデブでブサイクなお兄ちゃんを庇うなんてw」

妹「え……ほ、本当に……」

男「………」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 13:41:40.33 ID:T3CzxjvFO [7/45]
姉「で?何で怒鳴ったりしてたのかしら?」

男「………えっと…あの…」

姉「ハッキリ喋りなさいよ!!」

男「や……あ、あの……」

妹「あのね!お姉ちゃん!!」

姉「ん?何かな?w」

妹「お兄ちゃんって、カッコイイよね!!ね?」

姉「は??」

男「………」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 13:46:22.22 ID:T3CzxjvFO [8/45]
姉「い、妹ちゃんは、急に何言ってるのか…な?」

妹「だから!!お兄ちゃんって、カッコイイよね?!ね?ね!」

姉「………」

男「………」

姉「ぶ………」

妹「ぶ??」

姉「ぶははははぁ!!い、妹ちゃん…ひぃ…くくく……」

妹「え?何?何??」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 13:55:52.67 ID:T3CzxjvFO [9/45]
姉「そっかそっかw妹ちゃんはお兄ちゃんにカッコイイって言えって言われてたのねwプクク」

妹「え?ち、違うよ??」

男「………」

姉「いいの、いいの!妹ちゃんも大変だったね~、こんな顔面凶器みたいなお兄ちゃんに変な事言わされて……ククク」

姉「に、しても……本当あんたってサイテーね。いくら皆に相手にされないからって、妹にこんな事言わせて」

男「………」

姉「しかも、妹ちゃんが言わないと怒鳴ったりして。恥ずかしいと思わないの?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 14:08:08.57 ID:T3CzxjvFO [10/45]
姉「そんなんだから、誰にも相手にされないって分かんないかな?」

姉「あ、分からないから彼女どころか友達さえいないのかwww」

男「………う、うぅ…」

姉「うわ、キモwww何変な声出してんの?しかも、何となく臭いしwww」

男「お、俺は……」

姉「あ~、臭いw臭いwwwあんた口臭酷いんだから喋んなwww」

男「……うぐぅ」

姉「うわw何涙目で人の事見てるのよwwwマジキモいんですけどwwwあっち向いててくんない?w」

男「う……うわぁぁぁぁん!!」ダダダッ

妹「あ!お兄ちゃん!!どこ行くの?!」

姉「あははw言い返せないから逃げたwwwもう帰ってくるなよぉ~www」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 14:18:12.13 ID:T3CzxjvFO [11/45]
妹「お姉ちゃん!!」

姉「そんな、お礼なんていいよw」

妹「そうじゃなくて!!」

姉「ん?じゃあ、何かな??」

妹「何でお兄ちゃんにあんな酷い事言ったの?!あれじゃ、お兄ちゃん可哀相じゃん!!」

姉「あ~、大丈夫w大丈夫wwwあいつはこのくらい言わないと分からないしw」

妹「少しはお兄ちゃんの気持ちも考えてあげなよ!!」

姉「え~…めんどくさい~」

妹「めんどくさいじゃない!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 14:26:43.00 ID:T3CzxjvFO [12/45]
姉「そんな事よりさ、お姉ちゃんお風呂入りたいなぁ~♪」

妹「そんな事って!!それに、まだ話しは終わってません!!」

姉「え~、もういいじゃ~ん…」

妹「よくない!!」

姉「ねね、もうあいつの事はいいからさ!早く一緒にお風呂入ろうよwww」

妹「い・や・で・す!!お兄ちゃんにちゃんと謝るまで絶対に一緒に入りません!!」

姉「えぇ~!!そんなぁ~!お願い!この通り!!」

妹「どんなにお願いされてもダメです!!一人で入って下さい!!」

姉「ふぇ~ん……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 14:33:10.34 ID:T3CzxjvFO [13/45]
姉「じゃあさ、じゃあさ!あいつが帰ってきたらちゃんと謝るから!!ね?」

妹「………本当に?」

姉「本当本当!!もう、三つ指ついて謝っちゃう!!」

妹「三つ指って…使い方間違ってるけど……本っっっ当に!!お兄ちゃんに謝るんですね??!!」

姉「うん!!だから、ね?」

妹「……分かりました。けど、約束破ったら……」

姉「分かってるって!!ささ、急いで急いでw」

妹「ちょ!そんな引っ張らないで!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 14:45:34.82 ID:T3CzxjvFO [14/45]
カッポーーン

姉「いや~、仕事の後はやっぱりお風呂だね~www」

妹「………」ワシャワシャ

姉「まだ怒ってるのぉ~?あ…そこ気持ちいい…」

妹「はい、ヘアパックも終わり」シャワー

姉「うーん、ありがと妹ちゃんwやっぱり妹ちゃん上手だよね~♪一日の疲れた髪を洗ってもらえてお姉ちゃん幸せw」

妹「………」

姉「もぉ~、ちゃんと謝るって言ったんだからいいじゃない~」

妹「………お姉ちゃんは、何でそんなにお兄ちゃんの事嫌ってるの?」

姉「う~ん……別に嫌ってる訳じゃ……」

妹「じゃあ、何であんなに辛く当たるの?」

姉「………それはね……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 15:08:22.67 ID:T3CzxjvFO [15/45]
男「飛び出してきてしまった……」

男「どこ行こう……家には帰れない……と言うか、帰りたくないし…」

男「一応、財布と……鳴らない携帯は持って来たけど……」

男「……はぁ」

呼び込み「お、兄ちゃん!いい子いる………」

男「………」

呼び込み「あ、そこ行く社長!!いい子いますよ~!!」

男「………」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 15:16:59.01 ID:T3CzxjvFO [16/45]
男「………とりあえず、コンビニ行くか…」

通行人(♀90歳)「すみません、そこいくお若いの」

男「は、はい……」

通行人(♀90歳)「○○病院へはどう行け……きゃぁぁぁぁぁ!!」

男「!!!」ビクッ

通行人(♀90歳)「だ、誰か助けてぇぇぇぇ!!犯されるぅぅぅぅ!!!」

男「……や、そ、そんな……」

通行人「おい!ご婦人があのキモい兄ちゃんに襲われてるぞ!!」

男「……ち、ちが……」

通行人「本当だ!!誰か!警察を呼べ!!それにしても、なんて醜悪な顔をしてるんだ!!絶対あれは極悪人だ!!」

男「ち、違う……お、俺は何も……」ダダダッ

通行人「逃げたぞーーー!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 15:33:23.83 ID:T3CzxjvFO [17/45]
男「………はぁ、はぁ……こ、ここまで来れば大丈夫だろ……」

男「走ったから…喉渇いた…あのコンビニで何か買うか……」

ウィーン

店員「いらっしゃいま………いやぁぁぁぁぁ!!!」

男「え……え……?」

店員「やめてぇぇぇぇ!!お、お金はあげますから!!こ、殺さないでぇぇぇぇ!!」

男「へ……こ、殺……」

客「ご、強盗だぁぁぁぁ!!レジの女の子が襲われてる!!」

男「や……襲っ……」

客「く……こ、怖い…逃げたい…だ、だけど、女の子を助けなくちゃ……に、逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ!!うわぁぁぁぁ」

男「ひぃっ!!」ダダダッ

客「か………勝った……」

店員「ありがとうございます!!お客さん…強くてカッコイイですね……一目惚れしちゃった……」

客「じ、実は僕も前から………」

※後にこの客は第3新東京の某組織のお偉いさんとなる

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 15:42:16.65 ID:T3CzxjvFO [18/45]
男「……う、うぅ……」

男「ち、ちくしょう……おれ、俺が何したって言うんだよ……」

男「ただ歩いてただけでレイプ犯にされて……」

男「喉渇いたからコンビニで飲み物買おうとしただけで強盗犯にされて……」

男「もう嫌だ……こんな人生……」

男「………死にたい」

???「ふぉっふぉっふぉっ。大分参っているようじゃな」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 15:49:21.64 ID:T3CzxjvFO [19/45]
男「だ、誰………だ?」

幼女神「私だ」

男「お前だったのか」

幼女神「暇を持て余した」

男「神々の」

幼女神・男「遊び」

男「じゃなくて!!お、お嬢ちゃん……誰?」

幼女神「ぐわぁ!!か、顔をこちらに向けるな!!怖い!!」

男「あ、ゴメン……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 15:59:51.55 ID:T3CzxjvFO [20/45]
男「で、お嬢ちゃんは誰?」

幼女神「神だ」

男「………」

幼女神「久しぶりだな、男」

男「へ?どこかで会った??」

幼女神「うむ」

男「そ、そう言えば……どもらず普通に話せてる…」

幼女神「一度会った事があるからな」

男「でも、いつ……?」

幼女神「お前の願いを叶えてやった時だから、まだ幼稚園児の頃だな」

男「かなり昔だな!てか、願いを叶えた?」

幼女神「うむ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 16:18:38.66 ID:T3CzxjvFO [21/45]
幼女神「なんだ、覚えてないのか」

男「まったく……」

幼女神「ならば説明しよう」

男「お願いします」

幼女神「お前がまだ幼稚園児だった頃、一人で寂しく砂場で遊んでいた私に、一緒に遊ぼうと声をかけてきた」

男「き、記憶にない……」

幼女神「嬉しかった私は、砂遊びを止め、男と遊んだ。だが、その遊びというのが…」

男「いうのが?」

幼女神「お医者さんごっこだった」

男「はいぃぃぃ??!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 16:29:19.85 ID:T3CzxjvFO [22/45]
幼女神「男は、嫌がる私の下着を脱がせ、診察と称してまだ汚れをしらぬ無垢な私のクレバスをいじくりまわし…」

男「う、嘘だ!!」

幼女神「嘘ではない。その後、注射をしなくちゃね!とか言って、熱く硬くそそり立つモノを私に入れようと……」

男「待て待て待て!!それは絶対嘘だ!!」

幼女神「うむ、その前に消毒だと言って、必要以上に私のアソコを舐め回し、私は昇天させられた……」

男「え?!俺ってテクニシャンだったの?!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 16:51:12.75 ID:T3CzxjvFO [23/45]
幼女神「まぁ、その後お前が注射をしようとした時、私の父、全知全能神に見付かって殴られ、注射は未遂に終わった」

男「ちょ!!俺って神様に殴られた事あんの?!」

幼女神「うむ。その時の後遺症でそんな顔になった」

男「この顔は貴様の糞親父のせいか!!」

幼女神「神にむかって糞とは……まあ否定はしないが」

男「いや、そこは否定してやれよ!親父さん可哀相だろ!!」

幼女神「男がそういうなら、とりあえずは否定しといてやろう」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 17:00:48.04 ID:T3CzxjvFO [24/45]
男「で、その時の俺は何をお願いしたんだ?」

幼女神「んむ、私を昇天させてくれたお礼に、願いを叶えてやったんだが、その願いとは……」

男「願いとは……」

幼女神「男のお姉さんをツンデレにしてくれって願いだったな」

男「な……に……?」

幼女神「何でも当時、お姉さんの脱ぎたてパンツをクンカクンカしてるのを姉に見られ、こっぴどく叱られたと言ってたな」

男「あ、それは記憶にある……」

幼女神「ツンデレならその後、仲直りの印に生脱ぎたてパンツをくれるはず!!とか言ってたな」

男「な、なんて子供な考え…まぁ子供だったが………うん?ちょっとまて!」

幼女神「どうした?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 17:03:19.94 ID:T3CzxjvFO [25/45]
ってとこで、飯作らなくちゃいけないので落ちます……

書くの遅くてすみません……


ここまで読んでいただいた方達、支援、ご意見をいただいた方達に感謝です!!

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:08:59.15 ID:T3CzxjvFO [26/45]
遅くなり本当にすみません!保守していただき本当にありがとうございます!!

続きです

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:10:48.09 ID:T3CzxjvFO [27/45]
男「姉ちゃんはツンデレなんだよな?」

幼女神「うむ」

男「あの頃から今までで、ツンしか見てないんだが……」

幼女神「うむ」

男「いや、『うむ』じゃなくて!!いつになったらデレるんだよ!!」

幼女神「その事なんだがな」

男「な、何だよ」

幼女神「姉はデレん!!」

男「はぁ???」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:17:27.74 ID:T3CzxjvFO [28/45]
男「いやいやいや、ちょっと待て!!」

幼女神「なんだ」

男「俺の願いを叶えて、ツンデレにしたんじゃないのか?!」

幼女神「したぞ」

男「じゃあ何でデレない!!」

幼女神「うむ、私が姉をツンデレにしてやろうとしたら、父に見付かってしまってな。それで、中途半端にツンの部分しかできなかったんだ」

男「そんなのありか?!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:23:43.50 ID:T3CzxjvFO [29/45]
幼女神「ありかと言われればありだな」

男「いやいやいや、ふざけるな!!」

幼女神「そのかわり」

男「そのかわり?」

幼女神「その後すぐに産まれた妹をデレにしといた」

男「や、意味わかんない!!」

幼女神「だから、不細工なお前にも妹は優しかっただろ?」

男「まぁ確かに……で、でも、妹がデレの割には余りデレてくれてないんだが…?」

幼女神「ああ、それはな、妹をデレにしてる最中にまた父に見付かってな」

男「へ??」

幼女神「中途半端にしかできなかった。文字で表すと、デrってとこか」

男「何それ?!」

88 名前:>>84む、難しいっす…朝型なもんで夜には弱いっす…多分寝落ち…[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:35:09.77 ID:T3CzxjvFO [30/45]
男「中途半端にも程があるだろ!!こんなんなら、最初からお願いしなきゃよかった!!」

幼女神「まあ、そう言うな」

男「いや、言いたくもなるだろ?!」

幼女神「だからこうやって、またお前のとこに来てやったんじゃろ」

男「ん?って事は?」

幼女神「もう一度、お前の願いを叶えてやろう」

男「マジか!!??」

幼女神「こう見えて神の端くれ。嘘はつかん」

男「おぉ!!さすが神様!!ありがたやありがたや!!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:44:32.36 ID:T3CzxjvFO [31/45]
幼女神「よし、では何でも望みを叶えてやるぞ。申してみよ」

男「急に言われても……ど、どうしようかな……」

幼女神「なんなら、先程の望みを叶えてやろうか?」

男「さっきの望み??」

幼女神「言っていたであろう、『死にたい』と」

男「いやいや、あれ嘘!!まだ死にたくない!!」

幼女神「そうか。私としてはその方が手っ取り早くていいんだが」

男「待て待て!何物騒な事言ってんの!!今考えるから!!ちょっと待って!!」

幼女神「早くしろよ。私も忙しいんだ」

男「分かってるよ!!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:49:30.38 ID:T3CzxjvFO [32/45]
男「よし、決まった!!」

幼女神「では、申してみよ」

男「姉と妹を完全なデレにしてくれ!!」

幼女神「なんだ、そんな事でいいのか?もっと、世界中の女を孕ませたい!とか、世界一の金持ちになりたい!!とかでもいいんだぞ?」

男「いや!!それさえあれば俺勝ち組だから!それでいい!!」

幼女神「勝ち組?よくわからんが、分かった」

男「うひょひょ~いw」

幼女神「よし、では先ずは儀式からじゃ」

男「は?儀式??」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 20:55:25.44 ID:T3CzxjvFO [33/45]
幼女神「そう、儀式じゃ」

男「ま、まさか生け贄を捧げろとか……」

幼女神「誰がそんな邪神みたいな事を言うか!儀式とは、ほれ、これじゃ」ピラッ

男「ぶふぅ!!な、何故いきなりスカートめくる!!し、しかもノーパン!!」

幼女神「先程も言っただろ。私を昇天させたお礼に願いを叶えてやったと」

男「え……って事は……つまり……」

幼女神「クンニしろやおらぁぁぁぁぁ!!!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:01:33.32 ID:T3CzxjvFO [34/45]
男「待て!!な、何故に神とはいえ、幼女にそんな事をしなきゃならん!!」

幼女神「儀式だからだ。クンニで昇天させてくれないならお前の願いは叶えん!!」

男「なんぞそれ!!」

幼女神「えぇ~い!つべこべ言わず、さっさと私を気持ち良くさせぬか!!ずっと楽しみにしてたんだぞ!!」

男「ん?ずっと楽しみにしてた?もしかして……昔、俺にされて以来癖になった…?」

幼女神「う、うむ……ま、まあそうとも言うな///」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:08:17.99 ID:T3CzxjvFO [35/45]
男「よし、分かった!!そういう事ならテクニシャンな俺がしてやる!!」

幼女神「おぉ!!」

男「姉妹パラダイスの為だ!!たっぷりイカせてやる!!」

幼女神「ま、まだ一度しかクンニの経験ないんだ!や、優しく頼むぞ!!」

男「うおりゃぁぁぁぁ!!」

幼女神「ひぃぃぃぃぃぃ!!!」

~~~~~~~~~

幼女神「も、もうダメ……」ピクンピクン

男「ふひひw10回はイカせてやったぜ……さあ、早く姉と妹をデレに……」

???「やったか?やったな?やりやがったな?」

男「ふひぃ?!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:16:45.62 ID:T3CzxjvFO [36/45]
男「だだだ、誰……誰だああんた!!」

神「わしか?わしゃ神様じゃ」

男「は?」

神「だから、わしゃ神様じゃ!そんな事より……嫁入り前の大切な娘に……大変な事をしてくれたの?」

男「え……あ……お、お父様でいらっしゃいますか!」

神「たこにも」

男「………」

神「い、いや、いかにもの『いか』と『たこ』をかけてみたんじゃが……」

男「あ、あぁ……(笑っといた方がいいのか?)な、なるほど!!こりゃ面白い!!あはははは!!」

神「うんうん、そうじゃろそうじゃろ!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:23:29.38 ID:T3CzxjvFO [37/45]
神「これなら、わしも吉本に入れるかの?」

男「は?」

神「最悪、松竹くらいは入れるかの?」

男「さ、さぁ……?」

神「わしも、エンタの神様に出てみたいんじゃよ!!なんせ、わしゃ本物の神様じゃからの!」

神「神様がエンタの神様に出るなんてかなりなネタになるじゃろ?がはははは!」

男「そ、そうですね……でも、もう番組終わっちゃいましたが……」

神「えっ?!」

男「ざ、残念ですね……(ダメだこいつ…)」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:30:49.47 ID:T3CzxjvFO [38/45]
神「な、なんじゃとー!!何で終わってしまったのじゃ!!」

神「わしをその気にさせといて!責任者を出せ!!Dは何をやっとるんじゃ!!」

男「ま、まぁまぁ……落ち着いて……」

神「これが落ち着いていられるか!!くっそ!!これだから人間は嫌なんだ!!こんな星破壊してやる!!」

男「いやいや、待って待って!!」

幼女神「相変わらず、馬鹿な事を言ってるな、この糞親父は!!」

神「ひぃ!!幼女神ちゃん!!ごめんなさい!!なんだか知らないけどごめんなさい!!」

男(あ、親近感w)

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:38:12.81 ID:T3CzxjvFO [39/45]
幼女神「おい、ボケ親父、何をしに来たんだ?」

男「ちょ!神様にむかってボケ親父って!」

神「ごごご、ごめ、ごめんなさい!!産まれてきてごめんなさい!生きててごめんなさい!!」

男「ちょ!!あんたも弱いな!!」

神「誰があんたじゃ!この人間ふぜいが!!まるこげにして、ピラニアの池に放り込んで、残った骨は粉にして豚の餌にするぞ!!」

男「ひっ!ごごご、ごめんなさい!!」

幼女神「その薄汚い手を離しやがれ!!このダボがぁ!!」

神「はい!!ただいま!!だから折檻しないで!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:47:08.25 ID:T3CzxjvFO [40/45]
幼女神「で、何しにきた?昨日、あれ程私には関わるなと言ったよな?」

神「ご、ごめんなさい!け、けど、幼女神ちゃんがまた家を出てったから…心配で……」

幼女神「それで?」

神「ま、また、こいつのとこに行ったんじゃないかと……」

幼女神「で、尾行した……と」

神「です……ごめんなさい…」

幼女神「………死刑」

神「ひぃ!!お、お助け……に、人間!わしを助けるんじゃ!!そうすれば、こたびの事は不問にいたす!!お願い助けて!!」

男「わ、分かった!」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 21:55:19.77 ID:T3CzxjvFO [41/45]
男「ま、まぁまぁ!神様も悪気があってやった訳じゃないんだし!ね?」

幼女神「しかし!」

男「ほら、幼女神が望むなら、またいつでもクンニしてあげるから!」

幼女神「本当か?……なら、今回だけは許してやるか」

男「そうそう!怒っちゃダメwスマイルスマイルwww幼女神は笑顔の方が可愛いんだし!!」

幼女神「う、うむ///男がそう言うなら…」

神「くっ……人間のくせに……これで勝ったと思うなよ?!」

神(ありがとう!!おかげで助かった!本当ありがとう!!)

男「ちょっと!神様、多分セリフが逆じゃない?!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 22:04:04.75 ID:T3CzxjvFO [42/45]
男「あれ?てか、昨日とか言ってたよね?」

神「うむ。わしら神は、お前ら人間と違って時間の流れがゆっくりじゃ」

神「だから、お前が最初に幼女神ちゃんをコネクリ回したのは、お前にとって10年以上前でも、わしらにしたら昨日の事なのじゃ」

男「なるほど……」

神「しかし……わしの娘に2度までも不埒な事をしおって……」

男「す、すみません!」

神「まあよい!だが、お前には責任をとってもらうぞ!」

男「責任??」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 22:08:51.98 ID:T3CzxjvFO [43/45]
神「幼女神ちゃんもお前を気に入っているみたいだからな」

男「だから?」

神「責任をとって、幼女神と結婚するんじゃ」

男「はい~??」

神「幼女神ちゃんも、それで良いな?」

幼女神「う、うん///」

男「ま、待って!それはどう考えてもおかしいでしょ!!」

神「では、結婚するにあたって……」

男「俺の意見はスルーですか!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/05(月) 22:16:15.31 ID:T3CzxjvFO [44/45]
~~その頃の姉・妹

妹「どうしてお姉ちゃんはお兄ちゃんに辛く当たるの?」

姉「う~ん、何でだろ?嫌いじゃないのよ?でも……」

妹「でも?」

姉「何故か顔見るとイジメたくなっちゃうのよね!昔から!!」

妹「何それ!!嫌いじゃないなら、もう少し優しくしてあげなよ!!」

姉「う~ん……分かった……何とか頑張ってみる……」

ガチャ

男「た、ただいま……」

妹「あ!お兄ちゃん帰ってきた!!」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 08:37:29.97 ID:0RzXlAqcO [2/29]
妹「お兄ちゃん!!お帰…り?」

男「た、ただいま…」

姉「おう…おかえ……どちら様で?」

神「じゅんでーす」

幼女神「ちょうさくでーす」

男「………み、三波春夫でございます」

幼女神「何でやねーん!!」スパーン

男「アウチ!!」

姉&妹「………」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 08:44:30.00 ID:0RzXlAqcO [3/29]
幼女神(おい、糞親父!)ヒソヒソ

神(ななな、何かな?)ヒソヒソ

幼女神(貴様の言う通りにしたのにシラけてるではないか!!)ヒソヒソ

神(そ、それは…男!男のせいじゃ!!男の落ちのタイミングが悪かったから!この馬鹿婿が!!)ヒソヒソ

男(ちょ!!俺は最初からスベルから止めろと言ったじゃん!!)ヒソヒソ

神(かくなる上は、パターン青でもう一度!!)ヒソヒソ

妹「お、お兄ちゃん…この人達、誰??」

神(き、キターーーー!!行くぞ!!)ヒソヒソ

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 08:51:13.56 ID:0RzXlAqcO [4/29]
神「この人達誰と聞かれたら!」

男「こ、答えてあげるのが世の情け!!」

姉「おい、愚弟。それはもういいから、さっさと紹介しろ!!」

男「ひぃ!ごごご、ごめんなさい!!」

神「いや、でも…せっかくの登場シーンじゃし、少しくらいかっこよく……」

幼女神「そーだそーだ!しかも、マイダーリンに対してなんだその口の聞き方は!」

妹「すみません、兄とどういった関係か知りませんが、少し黙ってていただけます?特に、そっちの腐れ童女!!」ギロッ ゴゴゴゴゴォ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:01:10.85 ID:0RzXlAqcO [5/29]
幼女神「は、はひぃ!!」ガクブル ジワー

幼女神(て、天使のような顔が一瞬で鬼子母神の顔に!怖い……ちょっとチビった…)

神「すすす、すみませんでした!!許して下さい!!私が間違ってましたぁ!!!」

神(この凄まじいプレッシャーは…わしの嫁と同等!思わず腹を出して服従のポーズをするとこだった……)

姉&妹「で、こちらのまともな挨拶もできない、失礼な方達は誰かな?」ニコッ

男「はい!紹介させていただきます!!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:10:44.07 ID:0RzXlAqcO [6/29]
男「えと、こちらの方が神さんで……」

神「ど、どうも…は、初めまして……神と申します」

姉「ほぉ~……」

男「で、こっちの女の子が幼女神ちゃんです…」

幼女神「こここ、こんにちは!はじ、初めまして!!幼女神です!!ふつつか者ですが、よろしくお願いいたします!!」ペコリ

妹「え?あ、はい…よろしくお願いします」ペコッ

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:12:22.65 ID:0RzXlAqcO [7/29]
幼女神「や、やったぞ男!!小姑を味方にできた!!」

妹「へ?小姑??」

男「ば、ばか!その話はまだ早い!!」

妹「どういう事でしょうか、お兄様??ご説明お願いします……」ギンッ ズゴゴゴゴゴォ

男「ひっ!!」ガクガク ブルブル

幼女神「ひっ!!」プシャー

神「クゥーンクゥーン」コロン

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:17:38.17 ID:0RzXlAqcO [8/29]
妹「まぁいいです。一応、お兄ちゃんが連れて来たお客様です。お茶くらいは出してあげます。上がって下さい」

幼女神「あ、ありがとうございます!」

神「ワンワン!」

妹「あ、そっちのオモラシちゃんは、お風呂が先かなw他人の家に来ていきなりオモラシしたんですからwwwあ~、恥ずかしいwオモラシだなんてwww」

幼女神「くっ……こんな辱め……初めてだ……」

男「い、妹…ちょっと言い過ぎじゃ……」

妹「な・ん・で・す・か?お・兄・様??」ニコッ

男「いいぞ、もっとやれ!」

男(い、妹がこんなに怒ったとこ初めて見た……)ブルブル

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:19:37.16 ID:0RzXlAqcO [9/29]
姉「では、幼女神とやらも戻って来たところで、話を聞こうか」

妹「はい、粗茶ですが、ど・う・ぞ!!」

幼女神「あ、ありがとうございます!!」

神「ありがとうであります!!あ、でも、できたら、わしはお神酒の方が……」

妹「ありません。なんなら、トイレとか拭いた雑巾の搾り汁でお茶を煎れ直しましょうか?」

神「こ、これで結構であります!!」

妹「それはよかったです。では、詳しく教えて下さい、お兄様?」

男「はい!!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:26:40.07 ID:0RzXlAqcO [10/29]
男「えと、何から話ましょうか……とりあえず、こちらのお二人は親子でして…」

妹「そんなのは見れば大体分かります。どういった人なんですか?」

男「ですよね~……えと、お二人とも神様です」

姉&妹「は??」

男「や、だから、天にいる神様です…」

神&幼女神「エッヘン!」

姉「………弟よ、とうとう頭がイカレたか?」

妹「どどど、どうしよう!び、病院!救急車!!」

男「いや、まあ、当然の反応だよな……」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:32:57.60 ID:0RzXlAqcO [11/29]
男「ま、まあ信じられないのは分かる!!けど、本当に神様なんだ!」

姉「ふむ……なら、何かしら証拠を見せて貰おうか」

妹「そうですね!」

神「証拠と言われましても……何をすれば……」

姉「そうだな……じゃあ、手っ取り早く、今すぐその場で姿を消してみろ。それくらい神ならたやすいだろ」

神「もちろんじゃ!ほれ!」パッ

妹「え……?き、消えた……?」

神『これでいいかの?』

姉「………」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:39:37.60 ID:0RzXlAqcO [12/29]
妹「こ、これは何かのトリックよ!!」

神『トリックではないわい!』

姉「……わ、分かった。信じよう。とりあえず、姿を現してくれ」

妹「お、お姉ちゃん!」

神『ほいほい』パッ

妹「………」

姉「で、その神様とやらが、何用で愚弟と一緒に来られたのですか?」

神「うむ、それは……」

幼女神「それは私から説明します!!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:47:27.80 ID:0RzXlAqcO [13/29]
幼女神「それは、人間の時間で言う、今を去ること10数年前…あ、私にしてみれば昨日の事なんですけどね!」

姉「ふむ」

幼女神「父が仕事で人間の世界に行く事になり、それに着いていって、遊びに来た美少女(※注 私)がいました」

妹「余計な事はいいから!さっさと話せ!!」

幼女神「は、はい!!で、父を待ってる間、公園の砂場で遊んでたところ、当時まだ幼稚園児だった男がブランコで遊んでまして!」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 09:49:02.01 ID:0RzXlAqcO [14/29]
幼女神「暇だった私は、男をナンパし、一緒に遊ぶ事に性交……成功!」

幼女神「で、人間の身体に興味があった私は、お医者さんごっこと言って、嫌がる男を裸にし、(特に股間を)玩んでいました!」

男「へ?」

幼女神「まあ、なんやかんやで私も我慢できなくなり、徐にスカートをめくり下着を脱ぎ、男に跨がり顔面騎上で無理矢理クンニさせ」

男「ちょちょちょ!!さっきと話しがちが!!」

妹「今、幼女神ちゃんが興味深い話しをしてるんです!お兄様は黙ってて下さい!!」

男「す、すみません…」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:05:25.02 ID:0RzXlAqcO [15/29]
幼女神「で、私が昇天したところで父が来てしまい、娘が人間に襲われてると勘違いし、私を払いのけ、男をそのままマウントポジションからフルぼっこ」

幼女神「神に人間が殴られれば一たまりもなく、その後遺症で男は現在の顔に…」

神「テヘッ☆」

男「テヘッ☆じゃない!!」

幼女神「まあ、罪悪感があった私は、男の願いを叶えてやろうとおもい、男の要望で姉をツンデレに…」

姉「ちょっと待て」

幼女神「何か?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:12:19.33 ID:0RzXlAqcO [16/29]
姉「ツンデレだと?!確かに私は弟の事は嫌いではないが、奴に対してデレた事など一度もないぞ?!」

幼女神「それを今からお話しします。男の要望で姉をツンデレにしようとしたら、父に見付かってしまい、ツンデレのツンの部分しか性格変更できなく…」

神「エヘッ☆」

男「エヘッ☆でもねぇ!!」

幼女神「なので、お義姉さんはツンになってしまいました」

姉「今、何か呼び方が微妙だったが……なるほど、弟に対して嫌いではないが顔を見てるとイジメたくなるこの気持ちは、そのせいだったのか…」

幼女神「そうです」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:17:13.23 ID:0RzXlAqcO [17/29]
妹「ちょっと待ってよ!それじゃあ、お兄ちゃんの願い叶えてないじゃない!!」

幼女神「そうなんです。なので、それでは神としていけないと思い、デレの部分は産まれたばかりの妹を性格変更する事にしました」

妹「え?」

幼女神「しかし、悲しいかな!私が妹の性格をデレに変えてる最中に、また父に見付かってしまい、義妹ちゃんは文字で表すとデrになってしまいました」

神「あはっ☆」

男「あはっ☆でもねぇ!!お前はちょっと黙ってろ!!」ゲシッ

神「ぐふぅ!す、すみません……」

妹「ちょっと!私のが年上なのに、なんでちゃん付けで呼ばれなくちゃいけないのよ!!」

幼女神「ま、まぁそれはいろいろと……」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:23:29.76 ID:0RzXlAqcO [18/29]
妹「でも…そ、そうだったのか……もの心ついた時から、お兄ちゃんを見てるだけでお股がキュンキュンしちゃってたのはそのせいだったのか……」

男「へ?」

幼女神「そのせいかと」

妹「よかった……何とか理性で歯止めしてたけど……兄に欲情する変態妹だとちょっと心配だったのよね……」

男「言ってくれれば兄ちゃんはいつだってよか……あべしっ」

姉「調子に乗るな!!」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:32:02.09 ID:0RzXlAqcO [19/29]
姉「で?それが、家に来る事になったのと関係が?」

神「そこはわしから説明しよう!!」

神「幼女神ちゃんと家に帰ってから話し合いをした結果、幼女神ちゃんがえらく男を気に入っての」

男「は?」

神「で、何とか男をこちらの世界に引っ張り込もうと計画を立てた訳じゃ」

男「ちょっと待て!じゃあ、さっき公園で願いを叶えてやるからってクンニさせ、またまたいいタイミングで貴様が出て来たのはそういう訳か!!」

神「いかにも!!」

妹「ちょっと、お兄様?さっき公園で??」

男「え、いや、その……」

姉「………願いを叶える為とはいえ、こんな幼女に手を出すとは……本当あんたキモいな…この社会のゴミが!!」

男「ち、ちが……」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:45:51.99 ID:0RzXlAqcO [20/29]
神「ああ、言い忘れたが、こう見えて幼女神ちゃんは人間で言う三十路前じゃ」

姉&妹&男「は??」

幼女神「エヘッ☆」

神「まあ、人間で言えばもうすぐ結婚適齢期だしの。そう目くじらたてて引き離すよりも、いっその事結婚させてしまおうと」

男「な、なんですとぉ」

幼女神「って事なので、よろしくね!お義姉さんに義妹ちゃん!!」

妹「だだだ、ダメ!ダメに決まってるじゃないですか!!ね、お姉ちゃん!!」

姉「ん?私は別に奴の顔を見ないで済むなら、それで構わないぞ?」

妹「何言ってるの!!」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 10:55:11.38 ID:0RzXlAqcO [21/29]
妹「とにかく!!ダメったらダメ!!お引き取り下さい!!」

神「しかしのぉ…あれだけ幼女神ちゃんの身体を弄んどいて、責任も取らないと言うのはのぉ……」

幼女神「ダメっていったのに何回もイカされました……もうお嫁にいけない……」シクシク

男「いやいや、あんた喜んでたじゃん!!」

妹「お・兄・様?」ニコッ

男「ひぃ!!」

妹「天誅!!」

男「ひでぶっ」

195 名前:おおう、安価間違えた……>>193です……[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 15:08:10.82 ID:0RzXlAqcO [26/29]
妹「お兄ちゃんがそこまでロリコンだとは思わなかった…」

男「いや、別にロリコンじゃ……」

幼女神「幼女神の中、暖かくてキツくて気持ちいいって言ってくれたじゃない!!」

男「ちょ!!言ってねぇ!!」

妹「お兄様?」

男「本当だ!信じてくれ!!」

幼女神「俺の子を産んでくれ!って、嫌がる私の中に何度も何度も……」シクシク

男「や、やってねぇ!!」

妹「………」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 15:23:06.08 ID:0RzXlAqcO [27/29]
妹「……分かりました」

男「ほ、本当か?!」

妹「女の子に、そこまで酷い事をしといて責任を取らせないってのはいけません!」

男「はい?」

妹「煮るなり焼くなり、お兄ちゃんを好きにしていただいて結構です!!」

男「ちょ!待て妹よ!!兄ちゃんは本当に!!」

幼女神「やったぁ!」

妹「ただし!!」

幼女神&男「???」

妹「私もお兄ちゃんに着いていきます!!」

一同「ええー?!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/06(火) 15:44:38.39 ID:0RzXlAqcO [28/29]
姉「ちょっと待ってよ妹ちゃん!!」

妹「なんです?」

姉「妹ちゃんが行っちゃったら、誰が私の髪洗ってくれるの?!」

妹「ご自分で洗って下さい」

姉「ええ~~!!!」

幼女神「ほ、ほら!新婚さんだから、できたら二人っきりであま~い生活を…」

妹「ほう、私の意見に刃向かうと言うんですか、そうですか」ギラッ ズゴゴゴゴゴォ

幼女神「ひぃ!!め、滅相もありません!!」ブシャシャー

神「わ、わしの家って、せ、狭いから!妹さんの部屋が……」

妹「なら、あんたが外で寝ればいいだろ」ギロッ

神「クゥ~ン…」コロン

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:27:32.78 ID:n19FX6VnO [6/23]
姉「え~!!じゃあ私も一緒に行く~!!」

幼女神「えぇ~!これ以上増えたら新婚気分が…」

姉「あ、大丈夫!あんな不細工に興味ないから、あんたらの邪魔はしないよ」

姉「それより、ちょっと耳貸しなさい!私を連れていけば……ゴニョゴニョ」

幼女神「……え!……ほ、本当に?!……そ、そんな趣味が……な、なるほど……」

幼女神「お義姉様!!」

姉「義妹よ!!」ガシッ

神「や、なんかそこだけ盛り上がって抱き合ってますが……」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:29:37.15 ID:n19FX6VnO [7/23]
神「ちょっといいかのぉ?」

姉「何?!」

神「さっきも言ったが、家は狭くて……こんなに来られても……」

姉「じゃあ増築すればいいじゃない!あんた神様なんでしょ?!そのくらい簡単よね?!役立たずじゃなければできるわよね?!」

幼女神「そーだそーだ!!しっかり働け役立たず~!!」

神「幼女神ちゃんまで……」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:30:53.96 ID:n19FX6VnO [8/23]
姉「じゃ、決まりね!!」

幼女神「です!!」

男「ちょっと!俺無視してなんか話し進んでない?!」

姉「いいのwいいのwwwあんたはミジンコなんだから、私の言う事聞いてればwww」

幼女神「そーだそーだwミジンコ~www」

男「………幼女神まで…」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:32:13.27 ID:n19FX6VnO [9/23]
妹「では、話も纏まったところで……」

神&男「全然纏まってねぇ!!」

姉「皆で神様んちに引っ越しましょうか!」

幼女神「はい!!素晴らしい新婚生活のスタートです!!」

男「俺には何の決定権もないの?!」

神「てか、このまま行ったら、わし外で寝起きする事になっちゃうよ?!」

女性一同「いいんじゃない?」

神「わし世帯主!!納得できんじゃろ?!」

幼女神「納得しようとしまいと関係ない!なんなら、お母様に浮気の事言うよ?」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:33:17.56 ID:n19FX6VnO [10/23]
神「へ?わわわ、わしゃうわ、浮気なんて……」

幼女神「へ~……じゃあ、何でこの前、泉の女神んとこ行ったの?」

神「あ、あれは………ほれ、最近不法投棄する輩が増え、環境破壊や水質汚染が酷いから何とかしてと……」

幼女神「ふ~ん……じゃあ、何でその泉にバイブを、わ・ざ・と!落としたの?」

神「さささ、さぁ?何の事かいのぉ……」

幼女神「ふ~ん………」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:34:34.80 ID:n19FX6VnO [11/23]
幼女神「泉の女神『あ、あなたが落としたのは、金のバ、バイブ?銀のバイブ?///』」

幼女神「神『フヒヒwどうじゃったかの!どれ、それが本当にわしが落としたバイブか、お前さんで使い心地を試してやろう!!』ガバッ」

幼女神「泉の女神『あ~~れ~~!神様、お戯れを~~~///』」

幼女神「神『よいではないか、よいではないか~wほーれ、前と後ろの穴にバイブ同時挿入じゃ~!!』」

幼女神「泉の女神『んひぃぃぃ!!か、神様ぁ、ダメ~~~!!』」

幼女神「神『うるさい口じゃのぉ!そんなうるさい口は、わしのマッターホルンで塞いで………』」

神「ストォォォォォォッッッップ!!!」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:35:44.14 ID:n19FX6VnO [12/23]
神「……ど、どこまで見てたのかいのぉ?」

幼女神「泉の女神『んはっ!も……ダメ……壊れちゃう……神様の…ぉぉきぃぃぃぃ!!!ビクンビクン』ガクッ」

幼女神「神『フヒヒwわしはまだ2回しか出してないぞぃ!!後5回は出させてもらうからのぉ!!』パンパン」

神「………」

幼女神「その後、泉の女神が失神しするまで」

神「そ、そうですか……」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 21:36:54.01 ID:n19FX6VnO [13/23]
姉「ちょっと妹さん、聞きました?」

妹「えぇ、えぇ!はっきりと!!」

姉「神様の癖にサイテーですね!妻子がいる身で部下?を無理矢理だなんて…」

妹「本当、あんなのが神様だなんて……信じられませんわ!」

男「本当本当!同じ男として許せませんわ!!」

神「わ、わしは無実じゃ!!」

306 名前:風呂入ってきました!後は飯食いながら投下します![sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:04:33.24 ID:n19FX6VnO [14/23]
妹「きゃぁぁぁぁ!!変態がこっち見たぁぁぁぁ!!」

姉「い、妹ちゃん!!目を合わせちゃダメ!!妊娠させられちゃうわ!!」

神「見ただけで孕ませるって!んな事ある訳ないじゃろ!!」

男「妹、あの変態神の口車にのっちゃダメだ!!絶対何か企んでる!!男の俺まで孕ませる勢いで見られてるし!!」

神「んな訳あるか!!」

307 名前:ちなみに、多分次猿さんになったら寝落ちしそうな予感が…[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:05:56.81 ID:n19FX6VnO [15/23]
幼女神「お母様に言っても?」

神「………ごめんなさい」

幼女神「じゃ、皆で引っ越していいですよね?」

神「………はい」

幼女神「よく聞こえなかったんだけど?」

神「はい!喜んで~!!!3名様ですね?!では、こちらの席へどうぞーーー!!!3名様ご来店~~~!!!こんちきしょー!!!」

幼女神「うむうむ!よきにかはらえ!」

神「くっ……この世に神はおらんのか……」

308 名前:>>289 鳥でググってもらえるとうれしいかも…[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:08:19.99 ID:n19FX6VnO [16/23]
男「じゃ、各自自室に戻って荷物をまとめて!で、神様んとこ引っ越すけど………」

姉&妹「おーー!!」

幼女神「どうしたのダーリン?もう我慢できなくなっちゃった?いくら私でも、皆が見てる前ではできないから、もう少し我慢してね?w」

男「ちゃうわ!!」

幼女神「じゃあ何?どうしたの??」

男「お前、何か忘れてはいないか?」

幼女神「???何だろ?」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:09:09.12 ID:n19FX6VnO [17/23]
男「ほら、公園でクン………」

幼女神「も、もう!ダーリンの馬鹿ぁ!!クンニも人前じゃダメですぅ!もう、エッチなんだから///」

男「違うわ!!」

男「クンニしたら姉と妹を完璧なデレにすると言っただろうが!!」

幼女神「あ~、そんな事も言ったね~」

男「言ったね~って!それだけ?!俺には死活問題なのに?!」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:10:39.62 ID:n19FX6VnO [18/23]
男「まぁいい。で、まだデレになっていないのは何でだ?」

幼女神「もういいじゃん!細かい事を気にしない!!」

男「気にするわ!!」

幼女神「まぁ、正直言うと、面倒だからしたくないw」

男「ちょ!面倒って!!たったそれだけの理由で?!」

幼女神「だって~、2人も性格変更するには、それなりに集中しなきゃならないんだよ?」

男「そうなのか?」

幼女神「うん。今はダーリンとの甘い生活の事で頭いっぱいで集中できないしw」

男「ぅおい!!理由になってないだろ!!」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:11:56.00 ID:n19FX6VnO [19/23]
幼女神「だから、落ち着くまでは、しばらくこのままねw」

男「ふざけるな!!ならせめて、勘違いで殴られたこの顔を本来あるべき顔に治せ!!」

幼女神「ああ、そのくらいなら簡単にできるけど……」

男「できるのか?!」

幼女神「うん。けど、私はオススメしないよ?」

男「何でだ!元の姿に戻れるんだぞ?!どこに躊躇う要素がある!!早くやってくれ!!」

幼女神「ダーリンがそこまで言うなら……やるけど………」

男「早く!早く!!」

幼女神「ん、分かった……えい!」パッ

男「か、変わったのか?」

幼女神「………うん」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:13:17.62 ID:n19FX6VnO [20/23]
男「妹!妹!!」ドタドタ

妹「何~?もう少しで荷物まとめ終わるから、ちょっと待っててよ、お兄ちゃ……どちら様で?」

男「俺だよ俺!!」

妹「オレオレ詐欺さん?」

男「ちが!!そういうお決まりなボケはいいから!!いいか、落ち着いて聞け!俺はお前の兄ちゃんだよ!!」

妹「あ、お前のお兄ちゃんさんて言うんですか。どうもはじめまして」ペコッ

男「そういうボケもいらないから!!男お兄ちゃんだ!!」

妹「………ええぇぇぇぇ!!!」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:14:34.26 ID:n19FX6VnO [21/23]
姉「ちょっと!!叫び声が聞こえたけど!妹ちゃんどうした……の?」

男「姉ちゃん!!」

姉「え……あの、だ、誰?妹ちゃんのお友達??」

男「だぁかぁらぁ!俺だよ俺!!」

姉「オレオレ詐欺さん?」

男「姉妹揃って同じボケすんな!!男!男だよ!!」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:16:12.62 ID:n19FX6VnO [22/23]
姉「ぶっwwwあんたみたいなイケメンが男の訳ないじゃんwwwあいつは踏み潰されたうんこみたいな顔だしwww」

男「本当だって!!ちなみに、姉ちゃんが12歳までおねしょしてるのをしって……たわらばっ」

姉「変な事言うと殴るわよ!!」

男「殴ってから言うな!!」

姉「てか、真面目にその秘密を知っているのは愚弟だけ!!あんた、本当に男なの?!」

男「さっきからそう言ってる!!」

姉「………」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/07(水) 22:19:39.42 ID:n19FX6VnO [23/23]
妹「ねぇねぇお姉ちゃん…」

姉「な、何かな、妹ちゃん?」

妹「服や髪型や声や話し方はお兄ちゃんなんだけど……」

姉「うん………」

妹「お兄ちゃんって、あんなにイケメンだったっけ??」

姉「そんな訳ないじゃん……あいつは象に踏まれた後、コニシキ100人がコサックダンスんしながら踏み付けたような顔してたのに……」

妹「だよね………」

男「いや、妹よ!そこは否定しろよ!!」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 08:29:39.40 ID:qqDXL4fUO [2/38]
男「まだ分からないのか?俺だよ!!」

妹「そんな事急に言われても………ねぇ、お姉ちゃん?」

男「本当だって!幼女神に本来あるべき顔に戻してもらったんだって!」

姉「う、うむ~……」

男「どうしたら信じてくれるんだ……あ、そうだ!!」

姉&妹「???」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 08:31:13.57 ID:qqDXL4fUO [3/38]
男「ほら!姉ちゃんが中学生の頃……確か3年生の夏休みだったよな!」

姉「は?」

男「夜、姉ちゃんが寝てる時に部屋へ忍び込んでオナニー用に下着漁っててさ」

男「ガサゴソしてたら姉ちゃんが起きちゃって見つかって、罰として電気あんま2時間されてたら失禁したじゃん!」

男「で、それを学校中に言い触らされて、俺についたあだ名が下着泥ボー失禁マンとかついたじゃん!!」

姉「……ま、まさか」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 08:32:03.00 ID:qqDXL4fUO [4/38]
男「それに、妹!」

妹「は、はい!」

男「妹が小学2年生の時、怖いテレビ見て寝れなくなったからって、一緒に寝たよな?」

妹「う、うん……」

男「一緒に寝た妹は、俺の脚をお股に挟んでスリスリしてたよな?」

男「それに興奮した俺が直に挟まれたい!!と全裸になって妹にいろいろ挟んでもらって更に興奮し」

男「オナニーをしてフィニッシュ寸前で急に腹が痛くなり、あろう事か射精ではなく脱糞しちゃったよな?」

妹「………う、うん」

男「で、それを学校で言い触らされ、ついたあだ名がビチビチうんこマン……あれは辛かった…」

妹「ま……まさか……」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 08:35:48.45 ID:qqDXL4fUO [5/38]
男「なんか…振り返ってみると、俺の小中学校生活って……最低だったんじゃね……?」

姉「本当に……弟……?」

妹「お兄ちゃん………なの?」

男「だから何度もそう言ってるだろ!!」

姉「ちょちょちょ、ちょっと!!あんた本当はそんなにイケメンだったの?!」

妹「う、嘘!!信じらんない!!皆に自慢できる!!」

男「え……今までは自慢じゃなかったの…?」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 08:37:51.14 ID:qqDXL4fUO [6/38]
では、すみませんがバイト行ってきます!残ってたら続き書かせていただきます!

が、落ちたら落ちたですので、皆さんもリアル用事を優先していただき、無理な保守はおやめ下さい!

それでは後ほど!

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 13:42:18.47 ID:qqDXL4fUO [7/38]
休憩中にセルフ保守

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 17:23:32.15 ID:qqDXL4fUO [8/38]
遅くなりました!終わりました!!

今から自転車飛ばして帰ります!!


保守ありがとうございます!!

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 17:44:05.00 ID:qqDXL4fUO [9/38]
着きました!が、飯食わせて下さい…昼ろくに食べられなかったので……

お待たせして申し訳ないですが、今しばらくお待ち下さい!

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 18:46:07.22 ID:qqDXL4fUO [10/38]
戻りました!!

保守ばかりのSSですみません……


本日は書き溜めないので投下遅いですが頑張ります!

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 18:50:54.87 ID:qqDXL4fUO [11/38]
幼女神「みんな、支度はできた?」

男「おう!」

姉&妹「できたよー」チラチラッ

男「ん?何??」

姉&妹「べべべ、別に!!」

男「そ、それならいいけど…じゃ、行こうか」

姉&妹「うん!!」

幼女神「しゅっぱーつ!!」

神「はぁ~、嫁になんと言えば……」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:00:32.34 ID:qqDXL4fUO [12/38]
幼女神「着いたよ~!」

妹「え?もう??玄関出て3分しか歩いてないよ?」

姉「てか、ここは近所の公園のトイレ……」

幼女神「そうだよ~」

男「まさか、神様の癖にトイレに住んでるとかいう落ちじゃ……」

幼女神「それはないw」

神「では、行こうかのぉ」スタスタ

男「おい、変態!ちょっと待て!」ガシッ

神「な、なんじゃ」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:15:01.88 ID:qqDXL4fUO [13/38]
男「何で女子トイレへ入ろとしてる」

神「は?入り口が……」

姉&妹(ジトーーッ

神「いやいや待て待て!ほほほ、本当じゃぞ?!」

姉「どもるとこが怪しい……」

神「本当じゃて!!のぉ、幼女神ちゃん!!」

幼女神(ジトーーッ

神「幼女神ちゃんまで!!」

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:24:54.94 ID:qqDXL4fUO [14/38]
幼女神「さ、冗談はよしとして、行きましょうか」

神「いいんじゃいいんじゃ……どうせわしは変態セクハラ神様なんじゃ……」

男「レイプ魔が抜けてる」

神「そ、そこまで堕ちてはせん!!」

男「へぇ~、泉の女神とは最初無理矢理……」

神「んな訳あるか!彼女とは、お前らの時間で、もう500年続く関係……はっ!!しもうた!」

幼女神「へぇ~………これはもう、お母様に報告しなくちゃな……」

神「わしは無実じゃよ~!これは誘導尋問じゃ~!!弁護士を要求する!!」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:34:02.52 ID:qqDXL4fUO [15/38]
妹「ちょっと、奥様!聞きました?!」

姉「えぇ!!神様の癖にかなり前から浮気してたみたいね!」

妹「本当、サイテーですわよね!」

姉「あんなのに神頼みするくらいなら、まだ悪魔に魂を売った方がマシですわ!」

妹「本当本当!絶対、願いを叶えてやるからやらせろとか言ってきますわ!」

姉「それどころか、やらせるのを断れば、無理矢理犯されそうですわね!」

男「本当に!私も気をつけなくちゃ!!」

神「そ、そこまで鬼畜じゃないわい!!それに、男にはちょっとしか興味ないわい!!」

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:44:28.46 ID:qqDXL4fUO [16/38]
幼女神「ほら、馬鹿な事やってないで、さっさと行くぞ糞親父!」

神「はい………」トボトボ

男「ちょっとイジメ過ぎたか?」

幼女神「いえ、あれでいて実はドMなんで喜んでるかと」

男「………そうなのか」

妹「お、お兄ちゃんは浮気とかしないよね?」

男「も、もちろんだ!!」

妹「で、でも!幼女神ちゃんに飽きたら、いつでも私に乗り換えていいからね?!籍入っててもいいから!!」

男「な、何言ってんだ?!」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:45:46.72 ID:qqDXL4fUO [17/38]
姉「そうよ妹ちゃん!世間一般では、それを浮気と言うんだよ!」

姉「それに、この童貞君にそんな度胸ないってwまぁ、あんたも、どうせ浮気するなら私みたいに上手くごまかせる人を選ぶんだな」

男「は?」

幼女神「はい、なんだかんだで着きましたよ~」

男「おお~!!」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:51:53.03 ID:qqDXL4fUO [18/38]
男「女子トイレの最奥の使用禁止の扉を開けたら、すぐに着いた!」

幼女神「説明ありがとうございます」

男「いえいえ」

神「で、では!よ、嫁に説明してくりゅ……くるから、ここですばす……しばし待ってるのじゃ!!」

男「何をそんなにテンパってるんだ?」

姉&妹「さあ??」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:58:27.43 ID:qqDXL4fUO [19/38]
神「あの……奥様にご相談が……」

神「…………はい……はい……すみません…」

神「や、ちょ!!本当すみません!!ごめんなさい!!痛い痛い!!」

神「や、止めて!!そんなので殴られ!ひぶぅっ!」

神「あ、あ、い、いや……うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

姉&妹&男「………ゴクッ」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 19:59:22.86 ID:qqDXL4fUO [20/38]
神「ヨロヨロ…ま、待たせたのぉ。嫁には、わしがガツンと一発言っといたからのぉ」ボロボロ

男「一目で分かる嘘をつくな!!」

神「う、嘘なものか!!わ、わしは亭主関白じゃ!!嫁の一人や二人、従順に……」

男「じゃ、それを奥さんに聞いてみていい?」

神「………ごめんなさい、嘘つきました」ガックリ

男「ま、俺も男だ。気持ちはわかる…同情はするよ……」ポンッ

神「む、婿殿………///」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 20:01:23.93 ID:qqDXL4fUO [21/38]
すみません、風呂行ってきます!

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 20:46:57.58 ID:qqDXL4fUO [22/38]
戻りました!ありがとうございます!

続きです

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 20:47:59.45 ID:qqDXL4fUO [23/38]
男「にしても、大丈夫なの?幼女神ちゃん」

幼女神「何がです?」

男「いや、さっきお母さんかなり怒ってたみたいだし…突然押しかけちゃってるし…」

幼女神「あ、大丈夫です!あれは糞親父が浮気してたのを教えといたからです」

男「へ?いつの間に…」

幼女神「ま、女にはいろいろと秘密があるのです」

男「さ、さようですか……」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 20:52:57.88 ID:qqDXL4fUO [24/38]
男「こんにちは~…お邪魔します」

神嫁「あら、いらっしゃい。男さんね?」

男「あ、はい!は、はじめまして!男と言います!よろしくお願いします!(うへぇ~、綺麗な人だな…)」

神嫁「うふふ、こちらこそ、よろしくお願いしますね」

男「えと、幼女神ちゃんのお姉さんですか?あの、お母さんにも挨拶をしたいのですが……」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:02:20.54 ID:qqDXL4fUO [25/38]
神嫁「うふっ、あらあらお世辞が上手ね!うふふ」

男「は?」

神嫁「私が幼女神の母親よ」

男「へ?こんなに若くて綺麗な方が?」

神嫁「若くて綺麗だなんて……もう、そんな事言われたの久しぶりだわ!」

男「いえいえ!本当に綺麗で!真面目に幼女神ちゃんのお姉さんかと思っちゃいましたよ!!」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:03:11.01 ID:qqDXL4fUO [26/38]
男「てか、姉妹でも充分通用しますって!!幼女神ちゃんが羨ましいなぁ、こんな人が母親だなんて!」

神嫁「もう!そんなに褒めても何も出ませんからね!ふふ…男さん、よろしければ、今夜二人きりでお酒でも……」

男「え…そ、それはもし………あぶしっ!!」

幼女神&姉&妹「何をデレデレと鼻の下伸ばしてるんじゃ~!!」

妹「へ?お、お姉ちゃん??」

姉「あ……い、いや、二人につられて身体が勝手に…」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:13:02.72 ID:qqDXL4fUO [27/38]
男「………妹と姉からラリアットとアックスボンバー…そして幼女神ちゃんからはネリチャギ……死ぬかと思った……」

幼女神「私のお母様相手にデレデレしてる奴が悪い!!」

姉&妹「そーだそーだ!」

神嫁「うふふ、若いって羨ましいわぁ」

神「奥様、なんなら今夜、わたくし共も昔を思い出して……」

神嫁「豚は黙ってろ!!」ドカッ

神「ほげぇ!!き、金的は……」ピクピク

男(う……ジャストミート…あれは心から同情する……)

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:23:43.52 ID:qqDXL4fUO [28/38]
神嫁「話しは伺ってますわ。今夜は狭いですが家でくつろいでいただいて、明日、幼女神と男さん、そのご姉妹さんの新居に案内しますね」

男「あ、ありがとうございます!!」

神嫁「男さん」

男「はい?」

神嫁「私、今夜は1番奥にある寝室で一人で寝てますので……ふふふ」ヒソヒソ

男「ははは、はいぃ??!!」

幼女神&姉&妹(ギロッ

男「ん、んん!ゴホンゴホン!!」

幼女神「お母様!早く自室に戻られたらどうです?!」

神嫁「はいはい、わかりましたよ。おお、怖い怖い!では、男さん……(ウインク」

男「ふひぃ!!」

429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:28:54.70 ID:qqDXL4fUO [29/38]
幼女神「むったく!!お母様相手に何をさっきから!!」

妹「本当よ!何考えてるのよ!お兄ちゃんは!!あんな年増のどこがいいのよ!!」

姉「そうだぞ愚弟!!身の程をわきまえろ!!あんな美人がお前みたいな不細工を本気で相手すると思ってるのか!!」

姉「どうせ、ちょちょっと遊ばれてポイッだ!!ま、まぁ、私はそんな事はしないがな」

男「ふへ?」

妹「へ?」

姉「な、何でもない……///」

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:36:49.76 ID:qqDXL4fUO [30/38]
幼女神「しかし……」

妹「どうしたの、幼女神ちゃん?」

幼女神「このままでは、ダーリンが心配です…」

姉「と、言うと?」

幼女神「お母様の色香に血迷って、フラフラと夜這いに……」

妹「それはダメ!絶対にダメです!!」

姉「だな!何としてもそれだけは阻止しなくては!!」

幼女神「ですね!!」

妹「けど、一体どうしたら……」

姉「う~む……」

幼女神「私に考えがあります」

姉「聞こうか」

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:42:59.56 ID:qqDXL4fUO [31/38]
幼女神「至極簡単!ダーリンと一緒に寝ればいいのです!!」

姉「なるほど…そうして見張っていればいいんだな」

幼女神「その通りです!!そうすれば、ダーリンが夜這いに行く事も、逆にお母様が来る事も阻止できます!」

妹「幼女神ちゃん頭いい!!」ナデナデ

幼女神「えへへ♪……でも、ここで一つ問題が……」

姉「問題?」

幼女神「誰が一緒に寝るか…です」

姉&妹「なるほど……」

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 21:50:31.84 ID:qqDXL4fUO [32/38]
幼女神「やはりここは、妻である私が…」

妹「何言ってるの!まだ籍を入れてないんだから、妻じゃないでしょ!ここは、1番年下の私がか弱い妹を演出して…」

姉「いやいや、ここに一緒に来ると強引に決めた妹ちゃんがか弱いとかちょっと無理があるから、姉として間違いを起こさせる訳にはいかないから私が…」

妹「何言ってるの!!お姉ちゃんはお兄ちゃんに興味ないんでしょ?!なら無理して一緒に寝なくていいから!!」

一同「いやいや、私が!いえいえ、私が!!ギャーギャー」

男「うは!こっちのテレビも意外と面白いな!!」

神「じゃろ?しかも、夜11時を過ぎると大人向け番組もある!」

男「それは楽しみwww」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 22:02:11.44 ID:qqDXL4fUO [33/38]
幼女神「わかりました!ここは公平にじゃんけんで決めましょう!」

妹「いいでしょう!!」

姉「望むところだ!!」

幼女神「一回勝負、で、勝った人が添い寝!勝った人が二人の時は二人で添い寝です!いいですね?」

姉&妹「異議なし!!」

幼女神「じゃあ、いきますよ!!じゃーん、けーん……」

男「うぉ!!何でこの子脱いでくの?!」

神「もうそろそろ大人の時間だしのぉ!裸で天気予報じゃ!ちなみに、これはわしが決めた法律じゃwん?」

男「神界すげぇ!!マジすげぇ!!引っ越してきてよかった!!!」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 22:10:03.19 ID:qqDXL4fUO [34/38]
幼女神「ポン!!」

幼女神:グー
妹:グー
姉:グー
神:パー

神「やったぁ!!わしの勝ちじゃ~!!」

幼女神&姉&妹「………」

神「やったぞぃ!!で、勝つと何が貰えるんじゃ?」

幼女神&姉&妹「オドレは何さらしてくれとんのじゃゴラァ!!!」ドカッ バキッ ボキュッ

神「ヒィィィィィィィ!!お許しをぉぉぉぉぉ!!!」

男「すっげ!!モザイクも無しで、ここまで放送していいのか!!マン筋丸見えじゃん!!ビバ神界!!!………ん?悲鳴?ま、気のせいか」

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 22:18:49.65 ID:qqDXL4fUO [35/38]
幼女神「………」

妹「………」

姉「………」

神「」ピクンッ ピクンッ

幼女神「………はぁ~…何だか、一気に疲れが……」

姉「だな………」

妹「あのさ……」

姉「……ん?」

妹「最初っから、三人で添い寝すれば………」

幼女神&姉「!!!」

幼女神「そ、それは盲点でした…」

姉「それで決まりだな!」

幼女神&妹「ラジャ!!」

男「うはw全裸になったと思ったら、M字開脚でクパァwwwカメラもそこをアップで写してたら、天気予報の意味ねぇじゃんwww」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 22:39:42.47 ID:qqDXL4fUO [36/38]
男「あれ?神は??って!な、何でこんなところでノビてるんだ?!」

妹「さ、さぁ?」

姉「年寄りは早寝早起きが基本とか言ってたけど?」

男「いや、だって、この後、PM11と大人の神の絵本を一緒に見ようって…今夜はオールで撮り貯めてたのも一緒に見ようって…」

妹「……なんですか、それ?」

男「い、いや!な、何でもない!!さぁさぁ!もう夜も遅いし、女子供は寝た寝た!!」

神「そうじゃそうじゃ!!さっさと寝るんじゃ!!」

男「お!強敵(とも)よ!復活したか!!」

神「もちろんじゃ!こればっかりは見逃せないからの!ぐひゃひゃひゃ!」

男「うししし!」

幼女神&姉&妹「…………」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 22:49:25.31 ID:qqDXL4fUO [37/38]
幼女神「………寝ましょうか…」

姉「だな……夜更かしは肌荒れの元だし……」

妹「私も……今日はいろいろあって…疲れちゃった……」

幼女神「この分じゃ、変な事も起きないでしょ……」

妹「……うん」

幼女神「じゃ……おやすみなさい」

姉&妹「おやすみ~~……」

男「ちょ!!強敵(とも)よ!!これは!!」

神「PM11(ピーエムイレブン)名物のキャットファイトじゃ!!」

男「すげ!!ってか、キャットファイトって泥の中とかでやらね、普通!何でベッドの上なんだよ!!これじゃただのレズ物じゃん!!」

神「神界特別ルールじゃよ!ちなみに、このルールもわし発案w」

男「さすが我強敵(とも)!!!」

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 15:40:49.48 ID:nITTdqDcO [5/46]
男「ムハァァァーー!!」

神「ムハハァァァーー!!」

男「ちょ!!今のとこもう一度!!」

神「オヌシも好きよのぉ!!」

妹「おはよ~」

幼女神「おはよー」

男「うは!たまらん!!この子の脚がなんともセクスィー!」

神「ウム!!さすがは次期神様候補!いや、次期神様じゃ!!そこに気が付くとは見る目がある!!」

姉「おはよ……って、こいつらまだ見てたの……」

幼女神「みたいです……」

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 15:49:12.37 ID:nITTdqDcO [6/46]
神嫁「あらあら、皆さんおはようございます」

幼女神「お母様、おはようございます!」

姉&妹「あ、おはようございます」

神嫁「ゆっくり眠れたかしら?」

妹「はい!お蔭様で!!すっごいお布団がフワフワしてて安眠できました!!」

神嫁「よかったわぁ。で、男共は……」

男「マジか!!こんな純情そうな子が四つん這いであんなに高くお尻を突き出して!!」

神「これも、神の頂点に立つわしの命令じゃよ!ふぉっふぉっふぉっ!!」

男「神様すげぇ!マジすげぇ!!」

神嫁「はぁ~………」

504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 15:56:40.06 ID:nITTdqDcO [7/46]
神嫁「………」ピッ

男「な!!!」

神「誰じゃぁ!!いいとこでテレビを消し……奥様!!」

神嫁「あなたは一体何をしてるのかしら?」

神「い、いえ、婿殿が私のコレクションを見たいと言うから…の、のぉ!婿殿!!」

男「ピューピュー ピピー さ、さあ?何の事やら?自分は今起きたとこだし…ふぁぁああ、良く寝た!!皆おはよう!」プィッ

神嫁「あなた、ちょっとあちらでお話しが……」ズルズル

神「う、裏切りおったなぁ!!あ、奥様!すんませんでした!勘弁して下さい!!」

男「神よ…お前はまさしく強敵だった……俺の中で生き続けよ!!」

神「いやぁぁぁぁぁぁ!!」

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:02:12.40 ID:nITTdqDcO [8/46]
神「じゃ、じゃあ、娘夫婦とそのご姉妹の新居に案内しようかの……」ボロボロ

男「す、すまん、神よ!あそこで二人が倒れる訳には……」ヒソヒソ

神「ふ……強敵よ、かまわんよ…わしはお前が助かっただけでも嬉しいさ…」ヒソヒソ

男「こ、こんな俺をまだ強敵と呼んでくれるのか……神!!」スッ

神「男!!」ガシッ

神嫁「馬鹿な事やってないで!!早く行きなさい!!」ゲシッ

神「はい!!」

幼女神「わーい!新居だ新居だぁ!!」

妹「どんなとこだろ…ちょっとドキドキ」

姉「うん……」

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:11:10.72 ID:nITTdqDcO [9/46]
神「着いたぞぃ……ここが新居じゃ…」

男「ここが……?」

神「小さくてすまんがな、4人で暮らすには充分じゃろ」

妹「そんな!!スッゴく大きくてビックリです!!」

男「い、妹!」

妹「な、何?」

男「ちょっと着ボイスにするからさっきのセリフもう一度!!」

神「あ、わしも!わしも!!」

姉「おのれらは何をしてる!!」ガスッ

神&男「たわらば!!」

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:19:38.08 ID:nITTdqDcO [10/46]
神「じゃ、わしは帰るでの…」

幼女神「ご苦労、糞親父」

男「いや、せっかく新居を用意して、案内までしてくれたんだから、もう少し優しく言ったら?」

幼女神「ダーリンがそう言うなら……ありがとな、おうんこ親父」

男「おをつければいいってもんじゃないけど…ま、いっか」

姉「それにしても、こんな家をポンと用意するなんて、神様って本当は偉いんだな…ただのキチガイな変態かと思ってた」

男「うん……あんな事やこんな事を女の子にさせ、それを公共の電波で流せられる位偉いんだよな…ただのレイプ魔かと思ってた」

神「ねぇ!せめて、本人いなくなってから悪口言ってくれんか?!」

幼女神「中入ろ~」

姉&妹&男「うん!!」

神「スルーですか……わしも帰ろ……」トボトボ

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:25:51.37 ID:nITTdqDcO [11/46]
男「うっわ!中めちゃくちゃ広いじゃん!!玄関だけで俺の部屋より広い!!」

妹「お兄ちゃん、このお風呂見て見て!!小便小僧が勢いよくお湯出してる!!」

男「いや、ちょっとそんなお風呂は嫌かな……」

妹「しかも、競技用プールより広いし!!洗い場なんか野球が出来そうな位広いよ!!」

男「ちょっと待て、何千人入らせる気だよ!」

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:35:10.39 ID:nITTdqDcO [12/46]
姉「弟!!ちょっと来てみろ!!」

男「何だよ姉ちゃん」

姉「ト、トイレが!!」

男「トイレがどうした?」

姉「ここと、ここと、ここと………全部で12ヵ所もある!!」

男「こ、こんなにいらないだろ!!」

姉「掃除……大変だな……」ポンッ

男「え?全部俺がやるの?!」

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 16:51:21.05 ID:nITTdqDcO [13/46]
幼女神「あ、そだ!部屋を決めましょうか!」

妹「いいですね!!じゃ、私はこのピンクで統一されたのお部屋!!」

姉「それじゃ、私はこの部屋でいいや」

幼女神「はーい」

男「俺はどこにしようかな…」

幼女神「あ、ダーリンの部屋は決めてあります」

男「お!どこどこ?」

幼女神「ここです!!」

男「え……ここは……2畳しか広さが…しかも、窓があんな高いとこにあって、鉄格子が…壁も灰色基調で扉も内側に取っ手や鍵が……」

幼女神「この部屋は、別名独房といいます!では、お母様にデレデレしてたのといかがわしテレビを見てた罰です。反省して下さい」ガチャンッ

男「え…ちょっと…待って!!」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 17:08:26.37 ID:nITTdqDcO [14/46]
すみません、幼女とお風呂入ってきます!うひひ!!

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 17:54:50.50 ID:nITTdqDcO [15/46]
戻りました!ちょっと書き溜めします!開始は1時間位見てもらえるとありがたいです

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:03:30.18 ID:nITTdqDcO [16/46]
すみません!遅くなりました!

書き溜めたのをガンガン投下します!


てか、いつの間にか500超えてたんすね…いったい、このレスの中に自分のレスは何個なのか………

本当、保守スレですみません…

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:04:16.10 ID:nITTdqDcO [17/46]
男「ごめんなさ~い!!反省してます!!」

男「あ~け~て~~~!!シクシク」

幼女神「ちゃんと反省してます?」

男「幼女神ちゃん!!反省してます!!」

幼女神「なら、今回は許してあげます!でも…次は一ヶ月閉じ込めますからね?」

男「はい!!ごめんなさい!!」

幼女神「では、出ていいですよ!」ガチャッ

男「出られた……よかったぁ……」

幼女神「さ、私達の寝室に案内しますね!」

男「はい……(いきなりもう尻に敷かれてる?)」

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:06:06.82 ID:nITTdqDcO [18/46]
幼女神「一通り家の中見たかな?」

姉&妹「うん!」

幼女神「私はこれから日用品を買いに行くけど、一緒にくる??」

妹「私は部屋の模様替えしたいからいいや!」

姉「私は寝る」

男「俺も寝る」

幼女神「そうですか、わかりました!じゃ、行きましょダーリン!」

男「え……俺も寝たい……」

幼女神「荷物持ちお願いね!」

男「スルーですか…(ヤバい、このままだと俺の立場が神と同等に!!)」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:08:24.14 ID:nITTdqDcO [19/46]
幼女神「こうして二人で買い物してると新婚さんに見えるかな///」

男「ど、どうだろ……(良くて兄妹、悪くて親子だろ……)」

神々「おい……幼女神様が連れてるあいつ……」ヒソヒソ

神々「うわ……マジ……?」

男(俺を見てる?何だろ?)

幼女神「ダーリン、今夜のご飯は何にする~?」

男「え、あ、すき焼き?」

幼女神「わかった!じゃ、次は食材買いに行こ!!」

男「うぃ」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:10:10.16 ID:nITTdqDcO [20/46]
幼女神「おーじさん!こんにちは!」

店員「おぅ!幼女神ちゃん、いらっしゃい……そっちは幼女神ちゃんの連れかい?」

男「?あ、こんにちは」

店員「お、おう……」

幼女神「私のダーリンだよ!」

店員「そ、そうか……」

男「???」

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:11:21.80 ID:nITTdqDcO [21/46]
幼女神「食材も買ったし!帰りましょ、ダーリン♪」

男「う、うん」

幼女神「じゃあね、おじさん!!」

店員「お、おう!またな!!」

幼女神「あ!いっけない!買い忘れがあった!ダーリンちょっと寄っていい??」

男「ん、いいよ」

店員「よ、幼女神ちゃん!!」

幼女神「なぁに、おじさん?」

店員「い、いや、気をつけろよ」

幼女神「はーい!」

男「???」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 20:13:55.26 ID:nITTdqDcO [22/46]
男「で、どこに行くの??」

幼女神「ここ!!」

男「え……ここは…下着専門店……」

幼女神「さ、行こ!!」

男「や、ま、待って!!心の準備が!!」

店員1「幼女神様、いらっしゃいま……ヒィィィィィィィ!!」

店員2「し、神兵!神兵に連絡して!!」

幼女神「ど、どうしたの?!」

店員1「幼女神様!!早くその男から離れて、こちらへ!!」

男「へ?」

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:02:19.08 ID:nITTdqDcO [23/46]
店員1「し、失礼致しました!!幼女神様の旦那様でしたか!!」

男「い、いえ……」

幼女神「も~、あわてんぼさんなんだから!」

店員2「も、申し訳ございません!私はてっきり……」

男「あ、いえ、わかっていただければ!」

店員2「ヒィィィィィィィ!!」

男「えっ」

店員2「し、失礼致しました!!」

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:05:18.15 ID:nITTdqDcO [24/46]
やっと書けた!さるって嫌だ……


>>529 多分、そのうちまたやると思います

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:06:30.17 ID:nITTdqDcO [25/46]
幼女神「ねぇダーリン!」

男「な、何?」

幼女神「私にはどの下着が似合うかしら?」

男「え……(ど、どれとか言われても、白のお臍まで隠れる綿パンしかない……)」

店員1「………ヒソヒソ」チラッ

店員2「………ヒソヒソ」チラッ

男「うぅ……いずらい……こ、これでいいんじゃない?」

幼女神「え~!!こんな大胆なの?!ダーリンてエッチー!!」

男「へ?ふ、普通の綿パンだよね?!」

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:08:00.64 ID:nITTdqDcO [26/46]
店員1「あ、ありがとうございました……」

店員2「あり、ありがとう……ウップッ…わ、私もうだめ……」

男「だ、大丈夫ですか?!」

店員1「だだだ、大丈夫です!!ひっ!は、早く出てって!!」

男「ちょ!酷くね?!」

幼女神「どうしたの?ダーリン、早く行こうよ!」

男「う、うん」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:09:07.21 ID:nITTdqDcO [27/46]
幼女神「えへへ♪今日はいい買い物できた!」

男「そ、そう?」

幼女神「まさか、ダーリンがこんなにエッチだとは思わなかったな!」

男「ややや、ちょっと待って!な、何で?どこが?!」

幼女神「だって……妻にあんな破廉恥な下着を履かせるんだもん……///」

男「だから、普通のだったじゃん!!」

幼女神「ダ、ダーリンにとってはあれが普通……そ、そこまで変態だったなんて///」

幼女神「は、恥ずかしいけど、私ダーリン好みの淫乱女になる!!」

男「………も、好きにして……」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:10:07.27 ID:nITTdqDcO [28/46]
幼女神「た、ただいま~」タタタッ

妹「おかえり……あれ、幼女神ちゃんどうしたの?」

男「ただいま~」

妹「ちょっとお兄ちゃん!」

男「ん?」

妹「幼女神ちゃんが、顔真っ赤にして部屋に走っていったけど?!変な事してないでしょうね!」

男「し、してないしてない!!」

妹「本当に~?」

男「本当だって!!」

妹「ならいいけど…(後で幼女神ちゃんに聞いてみよ)」

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:11:35.12 ID:nITTdqDcO [29/46]
妹「コンコン 幼女神ちゃん、いいかな~?」

幼女神「あ、はい!ちょ、ちょっと待って下さい!!」パサッ シュッ ガサゴソ

妹(ん?何かを着た音?)

幼女神「ど、どうぞ!!」

妹「入るね~!お邪魔します」

幼女神「どうぞどうぞ!」

妹(何か着替えてたようだけど、服装は変わってない?)

幼女神「ど、どうしたの?」モジモジ

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:14:52.69 ID:nITTdqDcO [30/46]
妹「あの、帰ってきた時、ちょっと様子が変だったから…」

幼女神「そ、そんな事ないです!」

妹「本当に?」

幼女神「はい!」

妹「お兄ちゃんに……何か変な事されたんじゃない?」

幼女神「そ、そんな事ない……よ///」

妹(あ、赤くなった……何かあったな……)

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:20:56.02 ID:nITTdqDcO [31/46]
妹「本当に何もなかった?本当は何かあったんでしょ?」

幼女神「や……本当に…何も……」モジモジ

妹「よかったら相談のるよ?」

幼女神「本当に…?だ、誰にも言わない…?」

妹「もちろん!!」

幼女神「じゃ、相談するけど…誰にも言っちゃダメだよ!約束!!」

妹「わかった!!」

幼女神「じゃ、じゃあ、これ……見て///」スゥー ペラッ

妹「え?」

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:55:03.32 ID:nITTdqDcO [32/46]
幼女神「ど、どう?///」

妹「どうって言われても……」

幼女神「や、やっぱりこのパンツ、エッチ過ぎるよね!!」

妹「う、うん?(普通のパンツよね?)」

幼女神「やっぱり!!は、恥ずかしい///」

妹「は、恥ずかしい??」

幼女神「こ、これは、私の趣味じゃなくて、ダーリンの趣味だからね!!」

幼女神「私は、こんなに淫乱じゃないんだから///」

妹「はぁ…」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:02:50.56 ID:nITTdqDcO [33/46]
幼女神「きょ、今日、ダーリンと買い物行った時に選んでもらったんだ!私は恥ずかしいって言ったんだけど…」

妹「そ、そうなんだ…」

幼女神「でも、そしたらダーリンがこの位普通に履けるようにならなくちゃいけない!って///」

妹「お、お兄ちゃんがそんな事を?!」

幼女神「うん!だから、私はダーリン好みの淫乱女になるって決めたの!!」

妹「そ、そうなんだ……が、頑張ってね?」

幼女神「うん!!あ、いけない!もうこんな時間!!ダーリンの為に夕飯の仕度しなくちゃ!!」

妹「は、はは……ダーリンの……為……ね」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:10:51.48 ID:nITTdqDcO [34/46]
猿はだいたい1時間以内に10レスすると喰らいますね
で、それの解除方法が、だいたい1時間以内の総レス数が7(書き手)対3(支援等)の割合になると、一度解除されますね
あとは、毎時間の0分で解除かな


自分は投下してて、そういう印象を受けました

明日は休みなので、遅くと言ってもてっぺん位までですが…頑張りますので30分程、休憩させて下さい

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:50:23.91 ID:nITTdqDcO [35/46]
やっぱりポチポチは疲れますね……休憩取らせていただきありがとうございました!

続きです!

574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:51:38.96 ID:nITTdqDcO [36/46]
幼女神「みんなー!ご飯出来たよー!!」

男「おお!!本当にすき焼きだ!!」

幼女神「ダーリンが食べたいって言うから頑張っちゃった♪」

男「ありがとう!!」ナデナデ

幼女神「えへへ♪」

妹「よかったですね!ダーリンさん!!」

男「へ?」

妹「では、ダーリンさんに感謝しつつ、頂きましょうか!!ね、お姉ちゃん!!」

姉「は?そ、そうだね!!(な、何か機嫌悪い??)」

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:52:56.48 ID:nITTdqDcO [37/46]
幼女神「ダーリン、美味しい?」

男「うま!!何この肉!!」

幼女神「神界の高級牛、厠牛のA-5だよ!!」

男「へ、へぇ……(かわや牛?)」

幼女神「ダーリンに喜んでもらえて嬉しいな!奮発したかいがあった!」

男「ま、まぁ、美味いからよしとするか!本当、幼女神ちゃんはいい子だね~」ナデナデ

幼女神「でしょ?」

妹「………」ピキッ

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:54:55.83 ID:nITTdqDcO [38/46]
男「本当美味い!!って!熱!!」ポト

幼女神「あ!ダーリン大丈夫??洋服についちゃったね!すぐに拭くからね!」フキフキ

男「幼女神ちゃんは気が利くねー」ナデナデ

幼女神「えへへ!もっと褒めて~!!」

妹「………」ピキピキッ

姉「ん?」

幼女神「いっぱいあるんだから、ゆっくり食べてね!」

男「うん!」

幼女神「で、これで精力つけたら今夜は……ダーリンが選んでくれた下着付けて……///」

男「ぶふぅ!!」

妹「………」ビキッ!!

姉(ひっ!!い、妹ちゃんが般若に………)ガクブル

582 名前:妹がダークサイドに身を堕としたようです。嫌な方は飛ばして下さい[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:00:32.78 ID:nITTdqDcO [39/46]
妹「お兄様…?」

男「は、はい!!」

妹「仲がよろしいのは結構ですが……」

男「はい!!」

妹「食事中は程々にお願い致します……ね!」

男「はいぃぃ!!」

妹「それと、幼女神ちゃん?」

幼女神「なに~?」

妹「飲み物なくなっちゃった。持ってきて」

男「おま、その位自分……」

妹「はい?何かおっしゃいました?ダーリンさん!」

男「い、いえ……」ガクガク

幼女神「あ、いいよ!私持ってくるから!!」

妹「グズグズしてないで、早くしてね!!」

幼女神「う、うん!」

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:09:38.82 ID:nITTdqDcO [40/46]
幼女神「お茶です。はい、どうぞ」

妹「おっそいわね!もっと早く持って来なさいよ!」

幼女神「ご、ごめんなさい…」

男「い、妹!持ってきてもらっといて何だその言い方は!!」

妹「遅いから遅いって言っただけじゃん!!」

男「そんなに遅くなかっただろ!ありがとうの一言も言えないのか!!」

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:20:49.67 ID:nITTdqDcO [41/46]
妹「はいはい!幼女神ちゃん、ありがとね!!飲み物持ってきてもらえて嬉しかったわ!!本当にありがとね!!!これでいいんでしょ!!」

男「な、何だその言い方!!もっとちゃんと言え!!」

幼女神「あ……わ、私はそれでいいから…」

妹「ほら、本人がそう言ってるんだから、いいじゃない」

妹「あ、幼女神ちゃん。キッチンから帰ってきたとこ悪いんだけど、お肉なくなっちゃったから持ってきてくれない?」

幼女神「う、うん!!」

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:24:09.63 ID:nITTdqDcO [42/46]
幼女神「はーい、追加のお肉でーす」

妹「ありがと。あ、ごめんなさい!お野菜も追加って言い忘れちゃった」

男「今度は妹が行けば…」

妹「な・に?」ニコッ

男「な、何でもありません!」

幼女神「お野菜だね!わかった!すぐ持ってくる!!」

妹「急いでね~」

幼女神「はい!!」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:33:13.08 ID:nITTdqDcO [43/46]
幼女神「はい、お野菜です」

妹「あ、ごめんね、ご飯おかわり頂戴」

幼女神「あ、はい!!」

妹「次はお茶のおかわり……次は卵…次は……次は……」

姉(私さっきから空気……ま、今はそれが有り難いけど……さってと食べて部屋に待避しよ)

……………

妹「あ~、食べた食べた!ご馳走様でした!」

幼女神「も、もう大丈夫かな?それじゃ、私も食べよ!」

妹「あ、ごめんね~!お肉が美味しかったから、全部食べちゃった!野菜しか残ってないけど、いいよね?」

幼女神「え……あ、うん……わ、私ダイエット中だから!野菜だけで充分!!」

妹「そ。それはよかった!」

男「………」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:42:08.44 ID:nITTdqDcO [44/46]
男「な、なんか……妹が……ごめんな?」

幼女神「う、ううん!私本当にダイエット中だから!それより、ダーリンはちゃんと食べれた?」

男「うん、一応……」

幼女神「それならよかった!ダーリンの為に一生懸命作ったかいがあったってもんだよ!!」ニコッ

男「幼女神ちゃん………」

妹(な、何よ何よ!あんなに楽しそうにして!!お兄ちゃんは私のもの何だからね!!)

男「それにしても、妹の奴……後で説教しなくちゃな!」

幼女神「いいよ、別に!気が利かない私がいけないんだし!!そんな事より、今夜は初夜だよ…?///」

男「………(か、可愛い)」ゴクリ

妹(ま、まずい!このままでは!!何とかして邪魔しなくては!!)

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:50:30.81 ID:nITTdqDcO [45/46]
妹「お姉ちゃん!!」

姉「なぁに、妹ちゃん?」

妹「一緒にお風呂入ろ!!」

姉「い、妹ちゃん!!とうとうお姉ちゃんの気持ちに気付い……」

妹「幼女神ちゃんも誘ってさ!!」

姉「ですよねー……」

妹「でさ、今日ってお兄ちゃんと幼女神ちゃんにとっては大切な日じゃない?」

姉「そうね~」

妹「だからさ!まぁ、どんな事をしたらいいか教えてあげようよ!!」

姉「それはいいね!そうしよう!!」

606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 23:58:25.09 ID:nITTdqDcO [46/46]
妹「でさ!幼女神ちゃんには……ゴニョゴニョ」

姉「え~!!そんな事教えるの?!」

妹「ね、お願い!!経験豊富なお姉ちゃんの言葉なら信じると思うから!!」

姉「でもな~……(面白そうだから反対ではないけど……)」

妹「お願いします!!お姉ちゃんの命令ん、何でも一つきくから!お願い!!」

姉「やりましょう!!」

妹「お姉ちゃんありがとう!!」

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:06:25.79 ID:/wiERUk6O [2/57]
妹「幼女神ちゃん!一緒にお風呂入ろ!!」

幼女神「まだ洗い物があるから…」

姉「いいからいいから!そんなのは愚弟にやらせとけばいいから!」

男「え?!俺がやるの?!」

姉「当たり前じゃん!何言ってんの?自分はこの家で1番偉いとか思ってる?馬鹿じゃない?1番偉いのは、わ・た・し!」

姉「それとも何?私や妹ちゃんや幼女神ちゃんを奴隷の様に働かせて、自分は楽したいとか思ってんの?うわ、こいつ最悪!」

男「そ、そんな事ないけど…」

姉「じゃ、後片付けお願いね~」

男「は、はい……」

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:13:20.71 ID:/wiERUk6O [3/57]
妹「幼女神ちゃん、さっきは辛く当たってごめんね?」

幼女神「え……」

妹「ちょっとさ、お兄ちゃんの態度にカチンときちゃって、幼女神ちゃんに八つ当たりしちゃった……本当にごめんなさい!!」

幼女神「いえいえ!!そうだったんだ!私でよければ、いつでも相談とかのるから!」

妹「ありがとう!!」ギュッ

幼女神「えへへ♪」

姉「話が纏まったところで!幼女神ちゃん」

幼女神「はい?」

738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:21:49.83 ID:/wiERUk6O [4/57]
姉「話は妹ちゃんから聞いたわ!」

幼女神「え?え??」

姉「愚弟に、エッチな下着を買わされ、それを付けるように強制され……」

幼女神「え……」

姉「純粋な幼女神ちゃんは、そんな鬼畜弟の為に、恥ずかしいのを我慢して、愚弟好みになるよう頑張って……幼女神ちゃんは女の鏡だわ!!」

幼女神「そ、そうかな…///」

姉「けどね……」

幼女神「???」

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:30:40.09 ID:/wiERUk6O [5/57]
姉「幼女神ちゃん、今夜は愚弟と初めての夜よね?」

幼女神「は、はい///」

姉「幼女神ちゃんは、そういう経験は…あるの?」

幼女神「は、恥ずかしながらまだ…///」

姉「そう……じゃあ、エッチの作法も知らない訳か……」

幼女神「作法??」

姉「ええ。こちらではどうか知らないけど、人間界にはエッチする時の作法があるのよ!!」

幼女神「ええー!し、知らなかった……」

741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:40:11.12 ID:/wiERUk6O [6/57]
幼女神「そ、それを知らないと……どうなるの…?」

姉「あまり言いたくないけど……無作法者って事で、良くて離婚。最悪、愚弟は浮気しまくりで他の女に種付けしまくり!」

幼女神「そ、そんな…」

姉「幼女神ちゃんは、一生愚弟と結ばれる事なく、奴隷の様に扱われるわ……」

幼女神「ど、どうしよう……私、知らない……」

姉「大丈夫!!私がいるじゃない!!」

幼女神「え?」

姉「こう見えて、私は作法のプロよ!!並み居る男をくわえてはハメ、くわえてはハメした百戦錬磨!!」

幼女神「………ゴクリ」

姉「私がいれば、夜までに幼女神ちゃんを立派な作法者にできるわ!!」ニコッ

幼女神「お義姉様!!一生ついて行きます!!」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:44:24.58 ID:/wiERUk6O [7/57]
姉「ふふふ…けど、私の修業はキツイわよ?」

幼女神「頑張ります!!」

姉「分かったわ!では、時間ももったいないし、修業を始めるわよ!!」

幼女神「はい!!」

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:52:41.34 ID:/wiERUk6O [8/57]
姉「いい?まず、ベッドには、殿方を先に入らせ、横にならせるの」

幼女神「はい!」

姉「そしたら、ここに用意した手錠で両手を頭の上でベッドに固定。あ、固定できる柵がない時は、後ろ手にしてもいいわ」

幼女神「ふんふん」

姉「それができたら、ガムテープで口を塞ぐのよ」

幼女神「え?!そんな事したら、苦しくないの?!」

姉「ふふっ……その苦しさが、二人を燃え上がらせるスパイスになるのよ……」

幼女神「な、なるほど……勉強になる……」

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 08:59:10.73 ID:/wiERUk6O [9/57]
姉「ここまでが準備段階よ」

幼女神「はい!先生!!」

姉「いい?この準備が疎かだと、この次の本番が台なしになってしまうわ!だから、しっかりと逃げられないようにやっとくのよ?」

幼女神「え…?逃げ……?」

姉「やぁねぇ!言葉のあやよ!じゃ、次は本番について説明するわ!!よく聞いておくのよ!!」

幼女神「はい!師匠!!」

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 09:12:50.30 ID:/wiERUk6O [10/57]
姉「いい?拘束したら、先ずは足元に周りこんで、足の裏や指を使って男の人の竿を軽く刺激するの」

幼女神「ふんふん」

姉「この時、卑猥な言葉をかけてあげると喜ぶわ」

幼女神「わかりました!!」

姉「で、一通り撫でまわしたら……両足を掴んでそのまま電気あんま強!!」

幼女神「ええ~!!」

姉「いい?これは、力が強ければ強いほど、やる時間が長ければ長いほど、相手は喜ぶわ!!」

幼女神「そ、そうなんだ…」

姉「いい?何があろうと、最低2時間は続けなさい!」

幼女神「はい!!」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 09:19:41.38 ID:/wiERUk6O [11/57]
姉「電気あんまの後は、掴んでいた足を開き、股間を一気に……蹴る!!」

幼女神「け、蹴る?!」

姉「そうよ!これも、蹴る力が強ければ強いほど喜ぶわ!!」

幼女神「痛くないの??」

姉「大丈夫!泡を吹いて喜んでくれるわ!!」

幼女神「わかりました!!あ、だからお母様に殴られてる時、糞親父は気持ち良さそうな顔してたのか!」

姉「そ、そうよ!」

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 09:33:47.24 ID:/wiERUk6O [12/57]
姉「蹴る時は、足の甲じゃなく、つま先で思いっ切り、ねじ込むように蹴るのよ!」

幼女神「ねじ込むように……こうかな?」ヘロッ

姉「違う!!もっと鋭く!!こうよ!!」シュバッ

幼女神「こ、こう?」シュッ

姉「まだまだ甘いわ!!もっと踏み込んで!!失敗を恐れない!!」

幼女神「こう??」シュバッ

姉「そう!それ!!いいよぉ!!次はもっとねじ込むように!!そう!!蹴る時はつま先!!いいね!!」

幼女神「はぁ…はぁ…コーチ、ありがとうございます!!」

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 09:42:33.44 ID:/wiERUk6O [13/57]
妹「幼女神ちゃんの特訓も終わったし!」

姉「私が教える事はもうない……幼女神は、すでに私を超えた!こんなに素晴らしい弟子を持てて、私は嬉しいよ……」

幼女神「いえ!師匠の教え方がよかったんです!私なんてまだまだです!!」

妹「はいはい、素晴らしい師弟愛はいいから!そろそろ寝室に行かないと!」

幼女神「あ、はい!!お二人とも、本当にありがとうございました!!」

姉「いいのよ~!頑張ってらっしゃい!」

幼女神「はい!行ってきます!!」

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 09:59:03.84 ID:/wiERUk6O [14/57]
妹「行ったわね?ふふふ……上手くいったわ……楽しみ……」

姉「おぬしも悪よのぉ~」

男「え…?よ、幼女神ちゃん?な、何…むぐぅ!!」

妹「いえいえ、お姉様ほどでは……」

姉「ふっふっふっ……」

男「んがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!………」

姉&妹「ほぉーっほっほっほ!!」

幼女神「ダーリン!気持ちいい?ねえ!気持ちいい?!」ゲシッ ガスッ ドカッ グシャッ

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 10:17:41.73 ID:/wiERUk6O [15/57]
すみません、ちょっと買い物行ってきます

804 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 18:15:29.57 ID:/wiERUk6O [16/57]
お待たせいたしました!!買い物後すぐにバイトに行ってしまいました!

今日急いで自転車飛ばして帰ります!!

保守・支援していただきありがとうございます!!

805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 18:33:25.37 ID:/wiERUk6O [17/57]
戻りました!では、続き書かせていただきます!

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 18:40:09.49 ID:/wiERUk6O [18/57]
幼女神「どう?気持ちいい??」ゲシッ ゲシッ

男「」

幼女神「ダ、ダーリン??」

幼女神「あ、あれ?気絶してる?そんなに気持ちよかったのかな??」ツンツン

幼女神「って!さ、最初に見た時よりも、ダーリンの金の玉が……赤黒く……腫れてきてる?」

幼女神「どどど、どうしよう!!と、とにかく治さないと!!えい!!」

幼女神「………ほっ。とりあえず、もとに戻った…」

808 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 18:47:06.81 ID:/wiERUk6O [19/57]
男「はっ……!!ふがっ!」

幼女神「あ、ダーリンが起きた!!」

男「ふんが!ふんが!!」

幼女神「あ、今ガムテープとるね!!」ペリペリ

男「ぶはぁ!!ちょっと幼女神ちゃん!手錠も外してちょうだい!!」

幼女神「う、うん!!」カチャカチャ

男「ふぅ~……どうなるかと思ったわよ!!」

幼女神「へ?」

809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 18:55:34.66 ID:/wiERUk6O [20/57]
男「ちょっと!何であんな事したのか説明してちょうだい!!」

幼女神「え、いや、え?」

男「まったく!手錠で繋がれて足コキされたとこまではよかったわよ!そういうプレイ大好きだし!!けど、マイサン&マイボール(蟻のと渡り男)を蹴るのはよろしくないんじゃない?!」

幼女神「な、何で……」

男「何でじゃないでしょ!他人の玉々を蹴っちゃダメって学校で習わなかったの?!」

幼女神「何でオカマ口調?!」

811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 19:06:04.87 ID:/wiERUk6O [21/57]
男「そんな事はどうでもいいざんしょ!!今は、何で幼女神ちゃんが私のマイボール(裏筋舐め太郎)を蹴ったかってのが重要ざます!!」

幼女神「言葉もめちゃくちゃだし、名前も違ってない?」

男「おだまり!!で?何で蹴ったのかしら?」

幼女神「足で?」

男「そういうお約束はいいから!!蹴った理由を聞いてるのよ!!」

幼女神「えっと…お姉様に習って……」

男「あいつか!!」

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 19:12:32.45 ID:/wiERUk6O [22/57]
妹「うふふ♪」

姉「ご機嫌ね」

妹「まぁね♪何たって…」

バタン!!

姉&妹「!!!」ビクッ

男「姉ぇぇぇちゃぁぁぁんんん!!!」

姉「お、弟……久しぶり!げ、元気だった?」

男「元気?ええ、元気だったわよ!!優しい優しいお姉様のおかげでね!!」

姉「な、何の事かな?かな?」

男「とぼけるのも大概にしてちょーだい!!」

姉&妹(何でオカマ??)

818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 19:29:31.96 ID:/wiERUk6O [23/57]
男「今日という今日は、絶対に許さん!!俺がどれだけ痛い思いしたか……同じ目に合わせてやる!!」

姉「ま、待って!!話せば分かるから!!」

男「いいや、待たん!!」

姉「あ、あれは!妹ちゃんに唆されて!!」

男「な・に!」

妹「ひぃっ!!」

男「妹ぉぉぉぉ!!」

妹「あわわわわ!ご、ごめ……」

821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 19:38:01.03 ID:/wiERUk6O [24/57]
男「姉!!」

姉「はい!!」

男「妹を抑えつけろ!!そうすれば、お前は無罪放免にしてやる」

姉「はい!!」ガシッ

妹「お、お姉ちゃん!!裏切ったわね!!」

姉「ごめんね妹ちゃん!!我が身が1番可愛いのよ!!許して!!」

妹「ひっ!!お、お兄ちゃん!落ち着いて!!」

男「でゅふふ……どうしてくれよう……」

822 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 19:57:07.80 ID:/wiERUk6O [25/57]
幼女神「ま、まぁまぁ!ダーリン、その辺で許してあげて……?」

男「ダメだ!さっきからの態度といい、今回の事といい!絶対に許さん!!ロープで縛って、鞭で叩いてローソク垂らして、乳首を洗濯ばさみで挟んで……お嫁に行けない身体にしてやる!ぐふふ」

妹「そ、それは………ちょっと嬉しいかも///」

男「えっ」

妹「ななな、何でもない!!は、早くして?」ドキドキ

825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:03:59.51 ID:/wiERUk6O [26/57]
幼女神「そ、それなら、騙されたとはいえ、やってしまった私も同罪です!わ、私にも妹ちゃんと同じ罰を///」ドキドキ

男「むぅ………幼女神ちゃんがそこまで言うなら……」

妹「えー!!罰を受けるからぁ!!やってやって~!!ちくばさみ!ちくばさみ!!」

幼女神「そうです!!罰は罰です!!は、早くスパンキン……鞭叩きを!!」

男「気のせいか、なんか二人とも喜んでない?」

妹「よ、喜んでなんて!!ね、幼女神ちゃん?!」

幼女神「そ、そうですよ!あぁ…これから鞭で叩かれるなんて……考えただけで……ヌルヌルに……」

男「今、ヌルヌルとか言った?」

幼女神「さ、さあ?」

826 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:09:03.82 ID:/wiERUk6O [27/57]
男「と、とにかく、今回は幼女神ちゃんに免じて許し……ぐはっ!」

姉「なんばゆーとっとねぇ!!こん、ばかちんがぁ!!」ドカッ

男「ね、姉ちゃん?」

姉「きさんには失望した!!美しい女子二人が望んじょるのに!!どげんしてそん望みをかなえちょらんがかね!!」

男「あの……日本語でおk……」

姉「とにかく!!姉ちゃんは失望した!失望した姉ちゃん!!」

男「お、俺にどうしろと?」

姉「男になれ!!」

男「は、はぁ……??」

829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:20:01.55 ID:/wiERUk6O [28/57]
姉「いいか、あそこにMな美少女と言う山がある」

男「う、うん……」

姉「お前は、あの山を見て何も感じないのか?」

男「か、感じるって……?」

姉「登ってみたいとか、征服してみたいとか!!!」

男「そ、そりゃあ…まぁ……ちょっとは……」

姉「だろ?だろ??それでこそ男だ!!しかもな?」

男「しかも?」

832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:29:53.19 ID:/wiERUk6O [29/57]
姉「あそこにいる美幼女は貴様の嫁だ……」

男「う、うん……」

姉「嫁と言えば…もう、全てがお前のもの!!」

男「全てが……俺の……もの?」

姉「そう!!あれ全部お前のものだ!!って事は…?」

男「って事は?」

姉「何をしようが……オールOKだ!!」

男「何をしても……オールOK?!」チラッ

幼女神「???」ニコッ

男「ムハァァァーーー!!!」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:35:02.58 ID:/wiERUk6O [30/57]
男「姉ちゃん!!」

姉「なんだ、弟よ」

男「ごめんよ!!お、俺が間違ってたよ!!女の子の期待に応えてこそ男だよね!!」

姉「あぁ……!!」

男「俺……やるよ!やってみせる!!あの山を征服してみせる!!」

姉「それでこそ我が弟!!頑張るんだぞ!!じゃ、私は妹ちゃんを貰ってくな!お互い楽しもう!!」

男「おう!!よ、幼女神ちゃ~~~ん!!」ガバッ
幼女神「いや~~~ん!ダ~リ~ン」

こうして和解した4人の夜は更けていくのであった

男「何そのナレーション!そんな訳あるか!!それに、勝手に終わらすな!!」

835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:36:22.84 ID:/wiERUk6O [31/57]
男「はぁ~……昨日は疲れたな……」

幼女神「おはようございます、ダーリン!昨夜は……激しかったですね///」

男「ちょ!!いかにも何かありました的な事言わないで!!何もなかったでしょ?!」

妹「おはよう~!お兄ちゃん……昨日は…凄かったね///」

男「何もしてねぇ!!」

姉「おはよ……あ…お、弟///おは、おはよう///」

男「お前まで何頬染めてんだ!!何もしてないだろ!!」

姉「わ、分かってる!弟は、幼女神ちゃんの旦那さんだもんね…例え私と何かあっても……」

男「だから!!何もしてねぇ!!」

姉「さて、弟をいじるのもこれくらいにして、今日の予定は?」

836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 20:40:49.78 ID:/wiERUk6O [32/57]
幼女神「あ、私はお掃除とかしてるんで、皆さんは近所を散策してみたらどうです?」

妹「あ、それいいかも!」

姉「ふむ……そうしようか」

男「だな~!少しこの辺の地理も把握しとかなくちゃいけないしな!」

幼女神「じゃあ、決まりですね!あまり遅くならないうちに帰って来て下さいね!」

姉&妹&男「あーい!」

838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:08:34.34 ID:/wiERUk6O [33/57]
妹「どこ行こうか?」

男「とりあえず、その辺ブラブラで」

姉「弟の金玉で」

男「意味わかんない!!」

妹「私もわかんない!教えて!!」

男「妹は知らなくていい!!」

姉「あのね、男の金玉ってのは、トランクスを履いてる時……」

男「説明しなくていいから!!しかも、何で俺が今日はトランクス履いてるって知ってる!!」

通行神A「おい、あれ………ヒソヒソ」

通行神B「え………ヒソヒソ」

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:13:40.04 ID:/wiERUk6O [34/57]
妹「もー!お兄ちゃんが大きな声だすから目立っちゃってたじゃない!恥ずかしいなぁ!!」

男「ご、ごめん……」

姉「本当だぞ!恥ずかしいったらありゃしない!!」

男「誰のせいだ!!」

妹「あ、公園発見!!行ってみよ!!」

男「おう!」

姉「昼間の公園で露出プレイか…悪くない」

男「やらないから!!」

840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:24:11.08 ID:/wiERUk6O [35/57]
妹「けっこう子供が遊んでるね!」

男「だな。のほほんとしてて、平和でいいな~」

ママ神1「……やだ……ヒソヒソ」

ママ神2「うっ……ほ、本当だ……ヒソヒソ」

男「ん?なんか俺の事見てる??」

ママ神1「あ、だ、駄目よ!そっち行っちゃ!!」

子供神「ねぇねぇ!おずちゃん!!」

男「お、どうした坊主!それに、俺はお兄ちゃんだ!」

子供神「お兄ちゃん!何でお兄ちゃんはそんなにぶっ……」

ママ神1「駄目!!こっち来なさい!!ひぃぃぃ!!」

ママ神2「きゃーーー!!神兵さん!神兵さん!!子供神ちゃんが!!助けて~~~!!」

男「え……お、俺は何も……と、とりあえず逃げとこ!!」

841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:29:00.15 ID:/wiERUk6O [36/57]
男「こ、ここまでくれば……ハッハッ」

妹「ど、どうしたのよお兄ちゃん!突然走りだして……」

姉「そうだぞ!私は胸がたゆんたゆんして走るのは苦手なんだ!!」

妹「………巨乳は死ね」ボソッ

姉「い、妹ちゃん?」

妹「なぁに、お姉ちゃん?」ニコッ

姉「な、何でもない……」

843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:34:23.56 ID:/wiERUk6O [37/57]
男「な、なんかわからんが…叫ばれたので思わず逃げてしまった……」

姉「何それ」

妹「神様って、人見知りなのかな?」

男「わ、わからんが、とりあえず走って喉が渇いた……とりあえず、あそこの喫茶店に入ろう」

姉「だな。愚弟にしてはナイスな判断だ」

男「あっと!ちょっと靴紐解けてた!結んでからすぐ行くから、先に入ってて」

妹「はぁーい!」

844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:36:29.54 ID:/wiERUk6O [38/57]
あれ?840超えてる??しまった!!早急に終わらせます…

846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:44:13.11 ID:/wiERUk6O [39/57]
カランカラーン

店員「いらっしゃいませ~!お二人ですか?」

妹「いえ、すぐにもう一人来ます」

店員「畏まりました!では、こちらの席へどうぞ。すぐにお冷やとオシボリお持ちしますね」

姉「ありがとう」

カランカラン

男「あ、いたいた!さって、何飲もうかな!」

店員「いらっしゃいませ!こちらお冷や……」ガチャーン

男「おわ!!な、何??」

店員「ひぃぃぃ!!ごめんなさいごめんなさい!な、何でも言う事聞くから殺さないで!!ガクガク ブルブル」ブシャーッ チョロチョロ

男「え?み、水かけられたくらいで殺すって…そ、そんな事しないから、落ち着いて…」スッ

店員「いやぁぁぁぁ!!」ダダダ

男「な、なんだ?」

847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:48:56.12 ID:/wiERUk6O [40/57]
男「な、なんかヤバい雰囲気……とりあえず、出ようか」

姉「え~!まだ何にも飲んでないんだけど~!帰るなら弟一人で帰りなよ~」

妹「そうです~!」

男「わ、分かったよ……じゃ、先に帰ってるわ」

姉「ほいほーい!」

妹「夕飯までには帰りますんで!」

848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 21:54:27.12 ID:/wiERUk6O [41/57]
男「た、ただいま…」

幼女神「ダーリンお帰りなさい!どうしました、浮かない顔して?」

男「や、ちょっと……」

幼女神「そうですか。あれ?お義姉様と妹ちゃんは?」

男「あ、そこで別れてきた」

幼女神「そうですか、まぁ、あの二人なら大丈夫でしょう」

男「あのさ、幼女神ちゃん。聞きたい事があるんだけど……」

幼女神「何です??」

849 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:01:06.56 ID:/wiERUk6O [42/57]
男「あのさ、昨日や、今もそうだったんだけど…」

幼女神「はい?」

男「みんなが、俺を見て噂話と言うか、コソコソと話をしてるんだが……」

幼女神「そ、それは……」

男「何か知ってる??」

幼女神「あの…その……」

バーン!!

神「強敵よ!!その質問、わしが答えてしんぜよう!!」

男「神……」

神「あ、その前に、シッコ!どうも歳を取ると近くなって困る」

男「………」

850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:08:42.54 ID:/wiERUk6O [43/57]
神「ふぃ~、爽快爽快!!」

男「で?質問の答えは??」

神「まぁ、待て待て。幼女神ちゃん、お茶をくれんかのぉ?」

幼女神「あ?客でも何でもない奴に出す茶はない!どうしても飲みたきゃ自分で入れろや!!」

神「あぅ……久しぶりに会ったと言うのに、厳しいのう……」

幼女神「昨日も会っただろ!糞親父!!」

神「そうじゃったかの?最近、物忘れが酷くて……」

男「そんな事はどうでもいいから、早く話せ!!」

神「ほいほい、実はの……」

852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:15:09.05 ID:/wiERUk6O [44/57]
妹「ただいま~!!!本当、しつこいったらありゃしない!!!」

姉「ただいま!!まったくだ!!」

男「あ、お帰り。どうした??」

妹「聞いてよ、お兄ちゃん!!あの後さ、お姉ちゃんとお茶してたら、ぶっさいくな二人組にナンパされてさ!!」

妹「ナンパ神1『お嬢さん、なんて綺麗な指なんだ!まるでジュゴンのよう!!美しいお嬢さんにピッタリだ!!』」

妹「とか言って、手を握ったりさすったりしてきたのよ!!気持ち悪いったらありゃしない!!」

男「そ、そうなんだ…」

853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:20:47.31 ID:/wiERUk6O [45/57]
姉「妹ちゃんなんてまだいい方じゃない!!私なんてさ!」

姉「ナンパ神2『君、どうせ非処女でしょ?よかったら、君の水族館で僕の亀を泳がせてくれない?』」

姉「とか言ってさ!チンコ握らせてきたから、思わず爪を立てて、握力MAX(300kg)で握り潰してやったわよ!!」

男「握力300kgって?!ゴリラ並だな!そんなんで握られた奴に同情するよ…」

855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:27:34.26 ID:/wiERUk6O [46/57]
妹「でさ!そいつらが本っっっ当に不細工なのよ!!」

姉「うむ!!前の弟よりはマシだが、かなりの不細工だった!!」

男「そ、そんなに…」

妹「あーもう!思い出しただけでもムカつく!!」

男「た、大変だったね……」

姉「ま、過ぎた事だ!早いとこ忘れよう!!」

妹「うん!で、お兄ちゃんは何してたの?」

男「あ、そうだ!!神!話の続き!!」

神「うむ」

856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:33:06.05 ID:/wiERUk6O [47/57]
神「単刀直入に言うと、男よ、お前は不細工じゃ」

男「は?」

妹「な、何言ってるの?お兄ちゃんはイケメンじゃん!!」

神「人間界ではの。ここでは、不細工この上ないのじゃよ」

男「なんだと……」

幼女神「そうなの……私でさえ、気を抜くと卒倒しそうになるくらい……」

男「マジか?!」

神「嘘をついてどうする」

男「………」

859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:39:58.87 ID:/wiERUk6O [48/57]
妹「って事は、こちらでは向こうと美意識が全くの逆って事?」

神「それはちと違うのぉ。女性に関しては、向こうと同じじゃ。ただ、男に関してはの……」

幼女神「全くの逆って事です!!」

男「そ、そんな……って事は何か?俺は、せっかくの美男子だったのを不細工に変えてこっちに来てしまった……と?」

神「そうなるのぉ」

男「待てぃ!じゃあ、何であの時それを説明しない!!それを知っていれば、わざわざ顔治さなかったのに!!」

幼女神「一応、私は言ったんだけどね。ダーリンが話を最後まで聞かなかったから」

男「あ………」

864 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:47:52.25 ID:/wiERUk6O [49/57]
神「今の男は、凶悪犯も土下座して泣きながら詫びるほどの顔面の持ち主!!」

幼女神「例えるならば、奇面フラッシュを100回浴びても尚、余裕で勝ててしまう程です!!」

男「例えはよくわからんが……そ、そうか……そんなに……」

妹「お兄ちゃん……可哀相……」

姉「うひゃひゃひゃwそれでこそ良くできた弟wwwそうじゃなくちゃ、こっちとしても楽しみがなくて困るwwwうははははw」

男「………くっ」

865 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 22:57:13.07 ID:/wiERUk6O [50/57]
男「なあ!頼む!!元?の顔に戻してくれ!!あんた神様だろ?!それくらい簡単に出来るよな?!」

神「すまん……出来んのじゃ……」

男「何でだよ!!」

神「昔、モテようとして整形が横行してしまっての……どげんかせにゃならんと思い、整形した奴は死刑と決めてしまったのじゃよ…」

男「なん……だと……」

神「ほんに、すまなんだ……」

男「は…はは……」

バターン!!

側近「神様!!大変です!!」

神「何じゃ?」

868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:04:30.86 ID:/wiERUk6O [51/57]
側近「内乱が起きました!!」スタスタ

神「何じゃと!!」

男「内乱…?」

側近「首謀者は神様の弟君で………う、うわぁぁぁぁ!!おた、お助けぇぇぇ!!!」バタッ ブクブク

神「ど、どうしたのじゃ!!………し、死んでる…」

男「え?え??も、もしかして俺のせい!?」

姉「流石、顔面凶器www」

男「笑い事じゃないだろ!!………正直、マジ凹むわぁ」

妹「お、お兄ちゃん!ファイト!!」

男「ファイトって!何を頑張ればいいの?!」

871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:20:50.50 ID:/wiERUk6O [52/57]
神世紀YJDS0089、神界にて神率いる正規軍と、神の弟率いるレジスタンスとの戦いの幕が開けた

側近の死は神により情報操作され、レジスタンスによるものとされた

それに腹を立てたレジスタンスの志気は高まり、次々に領土を拡大していった

さらに、時勢は神よりレジスタンスとみるや、神側の多くの者が寝返り、更に戦況は悪化していった……

神「くそ!な、何か…何か手はないのか!!」

開発者「神様!!例の兵器が開発できました!!」

神「おお!!こ、これで勝つる!!」

正規軍がこの戦況を打開すべく、新兵器の開発に乗り出し、完成させたもの……その兵器の名は……

男「待て待て待て!!俺じゃないよな?!」

875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:30:54.19 ID:/wiERUk6O [53/57]
神「む?察しがいいな!」

男「ちょっと待て!!俺は戦えないぞ!!」

神「大丈夫じゃ!ちょっと戦場に行ってスキップでもしててくれれば!」

男「ふざけるな!!そんな怖い事できるか!!」

神「この戦いで勝てたら、男を神様にしてやるぞ?」

男「なりたかない!!」

神「神になれば、やりたい放題じゃぞ?不細工であっても、誰も後ろ指指して笑ったりせんぞぃ??」

男「……本当か?」

神「もちろんじゃ!!しかも、神様が神界でのルールじゃ!!女子は着衣禁止と言えば、皆それに従うし、イケメン隔離村等を作る事もできる……」

男「やりましょう!!お国の為に尽くしましょう!!」

神「さすが婿殿!!」

881 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:40:14.25 ID:/wiERUk6O [54/57]
数日後

神「え……な、何か鎮圧が早くないかの?」

側近2「男様に活躍していただき、あっという間に終わりました」

神「そ、そうか…」

側近2「彼が戦場に出ただけで、敵軍は白旗をあげ、一歩踏み出しただけで逃走し、更に一歩踏み出しただけで、自害する……まさに地獄絵図でした」

神「そ、そうか……まぁ、何にせよ、また平和が戻ってよかった!」

バンッ

男「神~!!帰ったぞ!!さぁ、約束通り俺を神様にしろ~!!」

側近2「うぐぅっ!!がはっ……」バタッ

神「………」

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:49:01.87 ID:/wiERUk6O [55/57]
男「なぁ、妹……」

妹「なぁに、お兄ちゃん?」

男「俺が神様になって早5年……」

妹「だね~」

男「広場には内乱を沈めた英雄って事で、銅像まである……けど、何で顔がない?!」

妹「それは……」

男「なぁ妹……俺ってそんなにキモいのか?」

~~fin~~

姉&幼女神「ちょっと!最後くらい出してよ!!」

885 名前:自転車 ◆x1uhMp/0TmMS [sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:51:08.18 ID:/wiERUk6O [56/57]
以上で終わりです!ダラダラグダグダと申し訳ありませんでした!

ここまで読んでいただいた方達、支援・保守・ご意見をいただいた方達に多大なる感謝です!!

またどこかで上の鳥を見かけましたら、生暖かく支援等をしてやって下さい!!

本当にありがとうございました!!

892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 23:56:09.49 ID:/wiERUk6O [57/57]
いや、正直、次スレ行くような内容じゃないし、何より眠くて…多分、そろそろスレの寿命でもあるし……
打ち切りで申し訳ないです……本当すみません…

はい!次は、もっとテンポを上げて書けるよう努力します!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。