FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「どうしてこうなった……」警官『犯人に告ぐ!今すぐ少女

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 18:57:46.53 ID:mwtZ/OFQO [1/28]
を解放しなさい!もう一度、小学校を占拠している犯人に告ぐ!
少女を解放し、おとなしく投降しなさい!』


一方通行「俺ァただ打ち止めと二人で歩いてただけなのに、何でサツに追われてンだよ……!?」

打ち止め「ねーねーミサカはいつまでここに居なきゃいけないの?ってミサカはミサカは尋ねてみる」

一方通行「静かにしろ!」

打ち止め「きゃあ!むぐむぐ」


警官『女の子の悲鳴が聞こえたぞ!』

警官『まずい!早く人質を助けないと』


一方通行「もうやだ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 19:07:06.88 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「この不当な扱いに対する憤りはどうすればいいの!?ってミサカはミサカはむきー!!」

一方通行「あーあーはいはいスミマセンでしたから早くその口閉じろ!」

打ち止め「謝ってすむなら警察はいらないの!ってミサカはミサカは」

一方通行「その警察なら周りに沢山いるンだがなァ」

打ち止め「……もしかして笑い事じゃなかったり?ってミサカはミサカはおずおずと窓の外を窺ってみる」

一方通行「顔は見られンなよ」

打ち止め「わー!人がいっぱい!」

一方通行「本当冗談じゃねェ。最悪なのはここが学園都市の外だって事だ!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 19:16:42.72 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「奴らは俺を知らねェ……だから簡単に攻撃してきやがる!クソ!」

打ち止め「まあまあ」

一方通行「黄泉川のヤツ、何が『能力者も研究者もいないから安全じゃん♪』だ!
     社会的に危ない事態になってンじゃねェか!」

打ち止め「あの人もいつも大変なあなたに息抜きしてほしくて勧めてくれたんだし、
      ってミサカはミサカは怒れる一方通行を宥めてみたり」

一方通行「下手すりゃ捕まるこの状況でそいつを信用できるわけねェだろォが!」

打ち止め「あははは罪状は児童監禁及び暴行?」

一方通行「絶対にお断わりだ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 19:26:54.09 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「あそこに見えるのはヘリコプター?」

一方通行「ややこしくなってきたなァ……さてどうする?」

打ち止め「素直に外にいって誘拐じゃない、って言えばいいんじゃない?
     ってミサカはミサカは案を出してみる」

一方通行「ンな事したら銃で狙い打ちされンだろ」

打ち止め「ベクトル操作だから関係ないんじゃ……」

一方通行「反射して向こうに怪我させたら面倒だからなァ」

打ち止め「八方塞がりってわけだね!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 19:38:06.83 ID:mwtZ/OFQO
警官『犯人よ!要求は何だ!?』

一方通行「要求も何もねェよ!」

打ち止め「あ、テレビがあるよ!ってミサカはミサカは教室の隅を指さしてみたり」

一方通行「外の様子を見るには丁度いいか」


ぽちっ


アナウンサー『…………は現在、小学校で立てこもっており目的は不明。
       人質は女子児童と学校関係者数名です』

コメンテーター『やはりアニメや漫画の影響で近年犯罪数が増加してますね。
        いくら好みの女性が幼女だとしても立てこもりはねーよwwwwロリコン乙wwwwwwww」

一方通行「ちょっとあのテレビ局潰してくる」

打ち止め「待ってー!それはダメーっ!
     ってミサカはミサカは羽交い締めするも健闘虚しく引きずられてるーっ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 19:44:20.96 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「打ち止め離せェェェェェェ!!」

打ち止め「ムリー!」

一方通行「見ず知らずの野郎に犯罪者だのロリコンだの言われてもう我慢ならねェ!
     あいつら全部ぶっ壊してやる!!」

打ち止め「そんなこと捕まっちゃうよー!」

一方通行「上等だァァァァ!!!」

打ち止め「そんなのミサカはやだ!ってミサカはミサカは後ろから背中をぎゅってする」

一方通行「……ッ?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 19:51:03.92 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「あなたと離ればなれになるなんて不幸はもうやだよ……、
     ってミサカはミサカは決して涙は見せないもん……」

一方通行「………………クソッ」

打ち止め「落ち着いた?ってミサカはミサカは訊いてみる」

一方通行「あァ」

打ち止め「一緒に他の考え探そ?」

一方通行「……わかった」


警官『あれかーっ!?やっぱりその少女にいかがわしい行為が目的なのかー!?』


一方通行「やっぱ潰す」

打ち止め「ぎゃー!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 20:00:41.93 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「それにしても何で俺が誘拐犯に見えンだよ……どこからどう見ても健全な性少年なのに」

打ち止め「いやぁ……」

一方通行「どうしたその表情は。言いたいことあンなら言え」

打ち止め「えーと……何というか人相が普通じゃないかも、
     ってミサカはミサカはむしろ健全とは真逆だろ、と正直に暴露してみたり」

一方通行「……………………」

打ち止め「あー!ごめんなさいそんなに落ち込まないで!
     ってミサカはミサカはしょげるあなたを慰めたりー!」

一方通行「……しょげてねェ」

打ち止め「と、とにかくこの後はどうしよっか!?ってミサカはミサカは上手く話題転換!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 20:12:16.85 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「外と連絡が取れればいいンだが」

打ち止め「携帯で黄泉川か芳川と話せないの?」

一方通行「残念ながらこんな時に限って携帯は圏外なんだよなァ」

打ち止め「今時街中で圏外だなんて……」

一方通行「そうだ、ミサカネットワークはどうだ?」

打ち止め「一応妹達に応援要請は取ってるけど駆け付けるには
     まだ時間がかかるみたい、ってミサカはミサカは報告してみたり」

一方通行「……ヤベェな」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 20:24:48.06 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「何が?」

一方通行「……さっき確認したが、電極チョーカーのバッテリーはあと二時間くらいだった」

打ち止め「えぇ!?」

一方通行「この場面で演算能力が消えたら……」

打ち止め「それまでにどうにかしなきゃ!ってミサカはミサカはこの危機に焦りを隠せないよ!」

一方通行「こりゃ時間の問題だな……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 20:41:42.02 ID:mwtZ/OFQO





野次馬「小学校で立てこもりですって!」

野次馬「へぇー」

野次馬「しかも小さな女の子を監禁してるんですって!」

野次馬「あらあら、犯人さん的にはそっちの趣味があるのかしら」

野次馬「やっぱり若いうちから恋愛はしておかなきゃってことかもね」

野次馬「でも犯人は高校生ぐらいですって」

野次馬「うわあ……それはないわ……。美琴ちゃんはそんな変な人に絡まれなきゃいいけど」

野次馬「当麻さんもあの体質がなければこうなっちゃうのかしら……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 20:53:07.33 ID:mwtZ/OFQO
警官『こんなことをしていて恥ずかしくないのか!』


一方通行「チッ……まずは時間稼ぎだ」

打ち止め「ミサカはすることある?」

一方通行「人質のフリでもしておけ。そうすりゃアイツらも手を出しにくくなるだろ」


警官『長くいればいるほど罪は重くなるぞ!』

一方通行「ったく……勘違いでここまで閉じ込めた自分らが言


「きゃああああああああ!!!」


一方通行「!!?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 21:05:06.26 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「助けてぇぇぇぇえええ!きゃあぁぁぁあああ!おーかーさーれーるぅぅぅぅううう!!       ってミサカはミサカは妹達から教えてもらった言葉を力一杯叫んでみる!」

一方通行「テメェいきなり……!?」


警官『とうとう犯人が女の子に手を出したみたいだぞ!』

警官『敵は真性のロリコンだったのか……!』


一方通行「…………ッ!!」

打ち止め「お嫁にいけないよぉぉぉぉおおお!!!」

一方通行「やっ、やめろクソガキィィィィィ!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 21:17:38.57 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「いやぁぁぁぁ!触らないでぇぇぇぇ!」

一方通行「ちょっと一旦やめろ!そのフリやめろ!」

打ち止め「あああああぁぁぁぁああああむぎゅ」

一方通行「やめろっつってンだろ!?」

打ち止め「むぎゅむぎゅ」

一方通行「……で、今の何の真似だァ?」

打ち止め「人質の真似を」

一方通行「 何 の 真 似 だ ? 」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 21:31:11.23 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「だって人質のフリをしとけって言ったじゃん、
     ってミサカはミサカはってどうしてそんな恨めしそうな目で見つめてくるの?」

一方通行「……………………」


ぽちっ


『きゃああああああ!!』


アナウンサー『大変です!犯人が人質に襲い掛かった模様です!』

コメンテーター『警察に囲まれているこの最中に、大した奴だ……』

アナウンサー『つまりどういうことだってばよ…?』

コメンテーター『この私が認めたということ、つまり世界が認めたロリコンというわけです』


一方通行「        」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 21:43:43.26 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「どうしてくれンだよォォォォ!」

打ち止め「だ、大丈夫だよ!顔や名前は出てないんだしみんな分からないって!
     ってミサカはミサカはフォローしてみる」

一方通行「誰のせいだと……ッ!」


アナウンサー『犯人の身元が判明しました!名前は「鈴科百合子」!性別不明!
       特徴は若白髪に赤い瞳、服装は全身真っ白で杖をついているそうです!』


一方通行「どうでもいいやもう。世界なんて滅べばいいじゃない」

打ち止め「諦めないで!元気出して!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 22:22:37.75 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「……………………」

打ち止め「心配することないよ!情報は大分湾曲してるみたいだし!
     ってミサカはミサカは少し責任を感じてひたすら元気づけてみる!」

一方通行「…………あァ、畜生!こうなったら最後は無事に学園都市に帰ってやる!」

打ち止め「よしその意気!」


警官『早く出てきなさい!親御さんも悲しんでいるぞ!』


一方通行「警察が名前も知らないに犯人の親を分かるわけねェだろ」

打ち止め「嘘をつかなきゃいけないぐらいに向こうも焦ってるのかも、
     ってミサカはミサカは考えを口にしてみる」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 22:34:49.28 ID:mwtZ/OFQO
打ち止め「まぁずっとあの人達の話は無視しておけばいいよね、
     ってミサカはミサカはいつもの調子を取り戻したあなたに安堵」

一方通行「そうだ気にする必要はねェンだ」

打ち止め「ふぅ」


警官『ほら!育ての親がお前の顔を見たいらしいぞ!』


一方通行「ハンッ」


警官『はい、マイクをどうぞ』

『アクセラレータ!』

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 22:49:45.24 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「……?俺を知っている?」

打ち止め「誰だろ?ってミサカはミサカはこっそり外を眺めてみ…………」


打ち止め「        」


一方通行「どうした打ち止めそんな固まって」






『学園都市の外でも幼児に発情しちゃうなんてなぁ!
かっこいーっ!妬いちゃいそうだぜ一方通行!』


一方通行「木ィィィィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 23:02:57.21 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「何でテメェが生きてやがるンだよォォォォォ!!」

打ち止め「        」


木原『お前にまた会いたくて地獄から這い上がってきたんだぜぇ?』


一方通行「冗談はよせ……!一体どんな仕掛けを使った……!?」


木原『ふん……』








木原『学園都市はクローンを作り出す技術を持っているってのに、ソイツが超電磁砲だけだって有り得るのか?』

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 23:05:42.71 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「…………!まさか」

木原『そう、そのまさか』





木原『この個体は妹達同様に量産能力者計画で生まれたクローンであると、
   検体番号101号、キハラはキハラはこの後の展開を波乱に巻き込む爆弾発言をした』

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 23:23:01.28 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「何……だと……!?」


木原『本来は試しに100体だけ作られるはずだったんだがなぁ。俺は余り物、
   つまりそこにいる「最終信号」と似たような立場ってわけだ』


打ち止め「




木原『ほんと、俺は悲しいぜ、とキハラはキハラは育ての親として責任感じちゃう』

一方通行「お前なンかに育ててもらった覚えはねェよ!」

木原『能力を開発してやったじゃないの、
   とキハラはキハラはテメェの驚き顔を見てニヤニヤが止まんねぇ』

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 23:37:58.24 ID:mwtZ/OFQO
一方通行「…………それで何でこの場面で出てくるンだァ!?」


木原『そうそう、それ良い質問、とキハラはキハラはこの喋り方は面倒くさいと思いつつも続け……
   いや、やめるわ』


一方通行「…………」






木原『オリジナルの意志を継ぎ、一方通行に借りを返させてもらうぜ?』


一方通行「クソッタレが……!」


木原『来てくれよロリコン!あの時みたいにボロボロにぶっ壊してやんよぉぉぉぉおおおお!!』


一方通行「やれるもンならやってみやがれェェェェェェエエエ!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 23:51:43.40 ID:mwtZ/OFQO



野次馬「あらあら、いつのまにか大乱闘バトルに発展していたわ」

野次馬「あの黒い翼みたいなのは何かな?CG?」

野次馬「まるで学園都市の超能力みたい」

野次馬「あははっ。そうだったらビックリね!」






「ねえねえ、あそこに人がいっぱいいるんだよ」

「ん?……これ何の騒ぎなんだ?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 00:04:58.30 ID:wo2zTD2XO [1/50]


打ち止め「怪我はないみたいだね、ってミサカはミサカは触って確認してみたり」

一方通行「まァ危なかったが」

打ち止め「そうだね……、ってミサカはミサカは先ほどの悪夢を忘れたい……」

一方通行「まさか101号を倒した後さらに100体の木原達が現れ、
     同時に襲ってくるとはなァ」

打ち止め「うう……」

一方通行「色々と見られちゃマズいもンがあったが、学校内で戦闘したから大丈夫か?」

打ち止め「テレビには出てなかったよ、ってミサカはミサカは教えてあげる」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 00:17:17.69 ID:wo2zTD2XO [2/50]
一方通行「しかし今のでバッテリーが大分消費したぜ……」

打ち止め「あとどれくらい?」

一方通行「残り三十分もねェな……」

打ち止め「妹達も許可は取れたからあと十分くらいで来れるんだって、
     ってミサカはミサカは吉報を伝えてみたり」

一方通行「それだったら持つか?」

打ち止め「……このまま何も起きなければいいね」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 00:29:20.14 ID:wo2zTD2XO [3/50]


木原「……ハァッ!ハァッ!……ゲホッ!」

木原(黒翼の対策は用意してきた筈なのに……全く通用しなかった……!)

木原「一方通行……二度と殺されてやるか!オリジナルとは違うんだよ……!」




「よく頑張ったね、キハラ101号」


木原「!?……てめぇは……何でこんな所に!?」

「ご苦労だったね、そしてお疲れ様」

木原「なっ……!?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 00:34:27.38 ID:wo2zTD2XO [4/50]
パァン!


「……ふ、ふふひひ」

「ぎゃはははははははは!!よくもやってくれたぜ一方通行よぉ!」




「しかし所詮模造品……ダメだったなぁ。ここからは……」

「番外個体が相手になってやるよ……、とキハラは死体の頭を踏み砕きながらほくそ笑んだ」




続く!

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 00:50:12.78 ID:wo2zTD2XO [5/50]
寝ます
起きて残ってたら続き書きます
おやすみなさい


あと一応言っておくけど、ここは通行止めスレだから!
木原くンスレじゃないから!

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 11:24:57.34 ID:wo2zTD2XO [6/50]
がしゃーん


一方通行「……言ったそばからかよ!」

打ち止め「な、何今の!?ってミサカはミサカは服を引っ張る」

一方通行「さァな……一階から音がしたが」

打ち止め「じゃ、じゃあ警察が!?」

一方通行「いや、外はうるさいが動きはねェ」

打ち止め「ならどうして?」

一方通行「猫でも入ってきたかァ?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 11:37:30.57 ID:wo2zTD2XO [7/50]
一方通行「取り敢えず俺が見てくるからそこでおとなしくしておけ」

打ち止め「う、うん。わかった、ってミサカはミサカは教卓の下に隠れる」

一方通行「もし俺が帰って来なかったら、抵抗はせずにいろ」

打ち止め「え?」

一方通行「人質だと思われてンなら手荒く扱われるこたァねェ」

打ち止め「一般人ならあなたが負けるわけないんじゃ……」

一方通行「これだけ騒ぎになってンだ。
     木原のように俺を狙う学園都市の奴が仕掛けて来ない可能性もない」

打ち止め「そんな……」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 11:50:54.15 ID:wo2zTD2XO [8/50]
打ち止め「…………」

一方通行「…………変な顔してンな」

打ち止め「な……!ミサカは心配してるに!ってミサカはミサカは!」

一方通行「万が一の話をしているだけだ」

打ち止め「…………!」

一方通行「…………」

打ち止め「…………ミサカは」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 14:30:28.92 ID:wo2zTD2XO [9/50]
打ち止め「ミサカは」

一方通行「…………」

打ち止め「ずっと待ってるから、無事でいてね」

一方通行「……当たり前だ」




寝落ちしました

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 14:41:16.35 ID:wo2zTD2XO [10/50]
一階廊下


一方通行(と、ここまで来たのはいいが)

一方通行「こちらの武器はなし。能力は出来るだけ使いたくねェ」

一方通行(あの時は言わなかったが俺じゃなく打ち止めを狙っている場合もあるンだ。
     ここで叩いておきたいが)


一方通行「……ン?窓が開いている……」

一方通行(ガラスが割れた音だったのか。やっぱり人間が侵入したンだな)

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 14:52:27.17 ID:wo2zTD2XO [11/50]
ガラッ


一方通行「!」

一方通行(……扉がひとりでに開くわけねェよなァ?あそこに誰かいる)

一方通行「……………………」

一方通行(拳銃相手じゃあちと頼りねェが、鉈でも持っていくか……)

一方通行「……こんなン廊下に放っておくなよ。ありがたいけどよォ」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 15:02:10.74 ID:wo2zTD2XO [12/50]
そーっ


一方通行「ゴクリ」

一方通行(暗くてよく見えねェ……)

一方通行(敵は何人だ……?どれだけ隠れてやが)



「らああああああああああああ!!」

ガン!


一方通行「クソッ!」




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 15:18:28.36 ID:wo2zTD2XO [13/50]


野次馬「あらあら、噂をすれば当麻さん。インデックスちゃんも」

上条「噂って……変なこと言ってないだろうな母さん!?」

禁書「そんなことよりも、この人達は何で集まってるの?」

美鈴「小学校で立てこもりがあんのよ。小さい女の子を人質を取ってるらしいわ」

上条「へぇ。そりゃ大変だな」

禁書「……とうま!」

上条「……インデックスさん?どうしてそんなに機嫌悪そうなの?」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 15:31:46.60 ID:wo2zTD2XO [14/50]
禁書「今『助けに行っちゃおうかなー?』とか思わなかった?」

上条「……思いませんでしたが?」

禁書「嘘!いつもいつも女の子が困っていると聞いたらヒョイヒョイ飛んでいって!
   とうまのその尻軽さは一度徹底的に矯正した方がいいかも!」

上条「お前は俺をどう思ってんのかよくわかったよ!」

詩菜「あらあら、あらあらあら。やっぱり血というのはあらがえないのかしら」


美鈴(うーん……美琴ちゃんはもう手遅れなのかな……)

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 15:44:57.46 ID:wo2zTD2XO [15/50]
上条「ったく、素人が変に手を出すわけねぇだろ?俺もそこら辺はちゃんとわきまえてるっつの」

禁書「怪しい……それだったら魔術についてだっ」


ガバッ


美鈴・詩菜「「魔術?」」


上条「な、なんでもないよ」

禁書「ふがふが」

上条(おばかーっ!その言葉は出すんじゃありません!)

禁書「ふがふが」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 15:58:03.89 ID:wo2zTD2XO [16/50]
上条「と!とにかく俺達は悲しいけど、見てることしか出来ないし!人質は無事だと良いな」

美鈴「それがねぇ」

上条「?」

詩菜「さっき犯人さんが人質の女の子に襲いかかっちゃったそうなの」

上条「うわあ……」

禁書「犯人てどんな人なの?」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 16:12:01.73 ID:wo2zTD2XO [17/50]
美鈴「あ、それニュースで情報が出てた気がするわ。ちょっと待ってて」

上条「小さい子に欲情しちゃう奴なんだろ?どうせ変態思考の中年なオッサンだな」

禁書「むむ、意外に見かけはまともな青少年かもしれないよ!」

上条「まさかー!」

禁書「まぁどの姿でも軽蔑必至だけどね!」


上条・禁書「「わははははーっ!」」


美鈴「あった、これよこれ」

つ携帯

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 16:13:04.49 ID:wo2zTD2XO [18/50]
飯食ってきます

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 16:51:31.60 ID:wo2zTD2XO [19/50]
上条「どれどれ」



『犯人の身元が判明しました!名前は「鈴科百合子」!性別不明!
特徴は若白髪に赤い瞳、服装は全身真っ白で杖をついているそうです!』



上条「………………………………え?」

禁書「あれ?」

詩菜「知り合いなの?インデックスちゃん」

上条「え?え?」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 17:04:01.30 ID:wo2zTD2XO [20/50]
禁書「うん。前にごはん食べさせてくれた優しい人なんだよ!」

美鈴「ちょ、ちょっと!それ危なかったんじゃない!?」

禁書「?」

美鈴「きっと狙われてたのよ!性的な意味で!」

禁書「えー!?でもそんな風には見えなかったんだよ?」

美鈴「そういうもんなのよ!」

上条「………………………………」

詩菜「当麻さん?」

上条「…………ええー」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 17:16:37.60 ID:wo2zTD2XO [21/50]
上条「やべぇぇぇぇぇえええええええ!」

禁書「ど、どうしたの!?」

上条「こんなの捕まえようとしたら警察が壊滅するぞ!?
   っつかそれよりも何で!?何でコイツが追われてんの!?」

美鈴「だから女の子を人質に」

上条「うわああああああああああ!女の子がアイツの気に障ったんだ逆鱗に触れちゃったんだ!」

詩菜「よくわからないけど当麻さんの知り合いでいいのかしら」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 17:29:07.39 ID:wo2zTD2XO [22/50]
禁書「あの優しい人がこんなことする筈がないんだよ!何かの間違いかも」

上条「間違いというのには同意だが、とにかく女の子の命が危ない!」

美鈴「ロリコンなんでしょ?殺すとかはないんじゃない?」

上条「そっちの趣味は知らないけど、どうなんだろ。うわ、学園都市に連絡した方がいいのかな」


禁書「あれ?けーたいにあの小学校が映ってるんだよ」

美鈴「これはVTRよ」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 17:42:40.79 ID:wo2zTD2XO [23/50]
『きゃああああああ!!』


詩菜「この子が人質なのね……」

美鈴「ん?この二人どっかで見たような」

詩菜「何となく御坂さんに似てるわね」

禁書「とうま?口がすごい開いてるよ」

上条「          」


上条「打ち止めぁぁぁぁああああああああああ!?」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 17:55:29.39 ID:wo2zTD2XO [24/50]
上条「ごめん、俺ちょっと行ってくる!」

詩菜「と、当麻さん!」

上条「母さんインデックスを頼む!」

禁書「な!?とうま!」

上条「ここは正面玄関だから入れねぇ……裏口は人が少ないか!?」

禁書「待って!また助けに行くの!?」

上条「この子は俺の知り合いなんだ……見捨てるわけにはいかねぇよ!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 18:08:59.89 ID:wo2zTD2XO [25/50]
禁書「だったら私も行く!二人共私の知り合いだもん!」

上条「……スマン。お前にも危険な目には合わせたくない」

禁書「とうま……」

上条「じゃあよろしく!」


詩菜「当麻さん!」

禁書「………………」

美鈴「……男の子ねー」




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 18:21:47.68 ID:wo2zTD2XO [26/50]


上条「げっ、裏もたくさんいやがる」

上条(……軍隊引き連れても勝てない相手だ。警察が勝てるとは思えない)

上条「また戦わなきゃいけないのか……あー、恐いなぁ……」

上条(あれ?)

上条「このフェンス穴空いてる……」


きょろきょろ


上条(周りには誰もいないし……いってみよう)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 18:34:30.91 ID:wo2zTD2XO [27/50]


上条「しっかしあっけなく侵入できたけど、警備は大丈夫なのかよ。この辺りは体育館か?」


がたがたっ


上条「っ!?」

上条(一方通行!?)


教師「ひ、ひゃあ……」

上条「違った……良かったー!そこの人、大丈夫でしたか?」

教師「ひいっ!?」

上条(あ、そっか、俺が犯人の仲間に見えるのか)

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 18:45:49.97 ID:wo2zTD2XO [28/50]
上条「俺は味方ですよー、刃物も何も持ってませんよー」

教師「……よ、よかったぁ」

上条「怪我はありませんでした?」

教師「は、はい」

上条「でもどうしてこんな場所に一人で居たの?」

教師「子ども達を引率していたらはぐれて逃げ遅れちゃったんです。君は?」

上条「え?あー、いやぁ……まぁ成り行きで……」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 19:02:39.19 ID:wo2zTD2XO [29/50]
上条「そ、そうだ!あなたは早く逃げてください!ここは危ないから」

教師「でも」

上条「俺は犯人に会わなきゃいけないから。あなたを巻き込ませたくない」

教師「はぁ……」


上条「この扉を出て、向こうに歩いていけば、穴の空いたフェンスがある。
   ちょっと狭いけど、くぐり抜けるぐらいは出来ると思います」

教師「ありがとう……助かったわ」

上条「いえ」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 19:07:43.08 ID:wo2zTD2XO [30/50]
ガラッ


上条「!?」

教師「?」

上条「さがって!」


ガバッ


教師「きゃあ!?」

上条「うわあああ!」


どしーん

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 19:19:30.88 ID:wo2zTD2XO [31/50]
上条「いてて……ぶ、無事ですか!?」

教師「う、うん」

上条「……って、うおおぉおい!?」

教師「あ……いや!」

上条「す、すいませんーっ!!そんな胸を触るつもりはこれっぽっちもなかったんだぁぁぁ!!!」

教師「わ、わかったから離れてください……っあん」


上条「ひぃぃぃぃいいいい!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 19:26:47.66 ID:wo2zTD2XO [32/50]
少年「何をやっているの?」


上条・教師「「あ」」


上条「い、いやこれはですね少年」

教師「は、は、」

上条「色々な偶然が重なって実際に体が重なってしまったわけで……」


教師「離れて下さい!」


ばちーん


上条「いてぇ!……ふ、不幸だぁぁぁぁぁぁああああ!!」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 19:40:09.82 ID:wo2zTD2XO [33/50]


少年「先生達はなんでプロレスしていたの?」

上条「そ、そんなやらしいことしてませんっ!」

教師「あう……」

少年「やらしい?」

上条「ごほんっ、と、とにかくお前も先生と一緒に逃げろ」

少年「でも……」

上条「どうしたんだ?」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 19:54:10.97 ID:wo2zTD2XO [34/50]
少年「友達が怪我していて動けないんだ……」

上条「な……!?」

少年「お兄ちゃん、どうしよう……」


上条(早く打ち止めを助けたいけど……、もし戦闘になったらその子も危ない)


上条「……俺をそこに案内してくれ。急いで運ぼう」

少年「お兄ちゃんありがとう!」

上条「お礼はまた後だ!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 20:07:53.32 ID:wo2zTD2XO [35/50]
教師「あのう……私はどうすれば……?」

上条「先生はフェンスの所で待っていてくれると嬉しい。とにかく校舎の遠くへ」

教師「わかりました」

上条「さあ、行くぞ!」

少年「うん!」






教師「行っちゃった……」

教師(すごいなぁ……私よりも年下なのに。それにしても)



教師「あの子、この学校にいたかしら……?」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 20:21:58.67 ID:wo2zTD2XO [36/50]
少年「こっちだよ」

上条「ああ!」



上条「ここは……」

少年「理科室だよ。変質者が来た時の衝撃で、扉が開かなくなっちゃったんだ」

上条「そうか……お」

少年「それは?」

上条「この金属バッドで扉を壊そう。おーい!教室の中にいる人!
   ちょっと入り口から離れてくれ!」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 20:31:53.09 ID:wo2zTD2XO [37/50]
がしゃーん!


上条「よし、開いたぞ!」

少年「この中に友達がいるんだ」

上条「大丈夫だったか!?」


上条(……誰もいない?薄暗くて熱い。変な臭いもするし……)

少年「……あ、窓際にいるよ」

上条「よ、よし。早く運ぼう…………っ!!?!」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 21:04:20.55 ID:wo2zTD2XO [38/50]
上条「何だよ、これ……」


教室に漂う異臭の発信源はソレだった。ソレは窓際に取り付けられた水道の中で
黒い液体にひたされていた。暗闇で目を凝らさないとわからないがその正体はお
そらく、蛇口から漏れだす水道水と自らの血だろう。ぷかぷかと浮いている塊か
ら油がじっとりとしみ出ている。最も大きな塊は青アザや切り傷が無数にあり体
液が今でも流れ続けていた。腹に開いた傷は腸が飛び出す程に酷く、内側の脂肪
が丸見えだった。足はかろうじて繋がっているらしく、皮膚と筋が張り今にも切
れそうである。頭と思われる部分……と言うのも原型を留めていないから全体の
形からして予想するしかない。柔らかそうな肉片が頭蓋骨の間からはみ出し、顎
まで垂れ下がっていた。もっとも、顎は吹き飛んでいたが。


上条「ど、どういうことなんだ……!?」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 21:06:46.43 ID:wo2zTD2XO [39/50]
飯食ってきます

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 21:56:21.95 ID:wo2zTD2XO [40/50]
食ってきました

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 22:06:37.16 ID:wo2zTD2XO [41/50]
上条「おい!お前!」

少年「……ひっ」

上条「……!み、見るんじゃねぇ!後ろを向くんだ!」

少年「……う、うん」

上条(一方通行……なんてひどいことを……)

上条「クソッ!……とにかくこの部屋から出よう」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 22:20:23.99 ID:wo2zTD2XO [42/50]
上条「……いや待て」

少年「そんな所で立ち止まってどうしたの?先に僕がでちゃうけど」


上条「どうして暗闇の中であんなモノが友達だってわかったんだ?」

少年「……」

上条「白衣を着ているアレが先生じゃなくて友達なのか?そもそも何でアレを見て平常でいられるんだ?」

少年「…………」

上条「……何者だ」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 22:28:46.35 ID:wo2zTD2XO [43/50]
少年「……人を騙すのは性に合わねぇなぁ」

上条「てめぇ!」

少年「うろたえるわけねぇだろ?単価十ニ万のそいつが壊れたってどうなったっていいし、
   最後にとどめをさしたのが自分なんだから」


じゃきっ


上条「銃!?」

少年「初めまして『幻想殺し』。てめぇには『一方通行』と戦ってもらうぜ」

上条「…………」

少年「このキハラの代わりにな」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 22:38:32.86 ID:wo2zTD2XO [44/50]
木原「ひひひ」

上条「くそ……」

木原「言っておくが」

上条「……?」

木原「一方通行が最終信号を監禁している件については、キハラは関わってねぇぞ」

上条「……?それは」

木原「最終信号は今でも危険な状態ってことだ」

上条「っ!!」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 22:54:34.64 ID:wo2zTD2XO [45/50]
上条(……相手の体は小学生並だ。銃さえ叩き落とせば)

木原「キハラがてめぇに話さなくとも、どの道戦う羽目になっていたんだ!
   運命は所詮、一方通行ってなぁ!」


ガラッ


木原「一方通行は二階で待っている。さぁ行こうぜ、幻想殺し。……あん?」

上条(俺はバッドを持っている。……いける!)

木原「はは、良いところに来てくれたぜ」


上条「らああああああああああああ!!」


ガン!

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 23:03:12.70 ID:wo2zTD2XO [46/50]
上条「避けられた……!」

一方通行「クソッ!」

木原「ギャハハはははははははッ!!!よろしく頼んだぜ!?」

上条(準備室から……!)

上条「ま、待て!」

一方通行「テメェが待てやァゴラァ!!」

上条「!?」


ガンッ!

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 23:17:32.70 ID:wo2zTD2XO [47/50]
上条(一方通行!?こんな時に!)

一方通行「テメェは……あン時のォォォオオオ!」

上条「って斧ぉ!?」

一方通行「死に腐れェェェェェェエエエエエ!!」

上条「っぎ、ぎゃああああああああああああああああああ!?」

一方通行「チッ」

上条「死ぬっ死ぬっ!刃物はねーだろ!何その完全凶器!?」

一方通行「これァ鉈だ」

上条「知らねぇよぉぉぉぉぉぉおおおおおお!!!」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 23:27:46.11 ID:wo2zTD2XO [48/50]
一方通行「まさかお前がこんな所にいるとはなァ。ずっと会いたかったンだぜ?」

上条(バッドを捨てて右手を空けるべきか……?)

一方通行「わざわざ俺を狙ってきたとは思わなかったけどなァ!」


ガキンッ!


上条「くぅ!」

上条(何故能力を使わねぇ!?)

一方通行「さァて……これからお楽しみの殺し愛ですかァ?」

上条「……んなの突き合ってられっかよ」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 23:40:20.87 ID:wo2zTD2XO [49/50]
一方通行「……それとも打ち止めを殺しに来たのか」

上条「違う!俺は救いにきたんだ!」

一方通行「嘘だッ!!」

上条「……!」



一方通行「俺が目的ならその金属バッドはいらねェだろ。打ち止めを殺すってンなら今ここでお前を殺す」


上条「……てめぇの言ってることがよく理解できねぇし、情報が交差し過ぎてて話が通じねぇ。
   ……一度説明したいぐらいだが歪んだ物語はクライマックスに突入したみたいだ。
   幸せに終わらせる為にも、その幻想はぶっ壊す!」



一方通行「どうしてこんなったンだろうなァ!?」

上条「こっちが聞きてぇよ!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/10(土) 23:53:58.70 ID:wo2zTD2XO [50/50]


打ち止め(あの人はどうなったのかな……、ってミサカはミサカは膝を抱えて隠れてる……)

打ち止め「早く帰ってきて……」


ガラッ


打ち止め「!おかえ」


「ラストオーダーちゃん」


打ち止め「……?あなたはだぁれ?ってミサカはミサカは」

「ひひ……」

打ち止め「……?」


「一緒にあーそびーましょう」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 00:12:39.55 ID:eHDvNDVzO [1/42]
上条「うおおおおおおおおおおおおっ!!」

一方通行「があああああああああああ!!」


ガキィン!


上条「だっ!」

一方通行「ぐッ!」

上条(前より反応が早い……喧嘩の仕方が成長しているみてぇだ!その上刃物は部が悪過ぎる!)

一方通行(クソ!重たい……振り回すので精一杯だ!)


一方通行「がァァァァァァ!」


ガッ! プシュー

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 00:22:45.16 ID:eHDvNDVzO [2/42]
上条(!今のはガス栓!?)

一方通行「ボーッとしてんじゃねェぞ!」

上条「……マズ!」


ガチャーン!


一方通行「……外したか」

上条「危ない!危ない危ない!」

一方通行「ったく刃物ってのは面倒くせェな」

上条「……!?待て。マテマテマテマテ!ここは理科室そこは薬品棚!」

一方通行「……あン?何逃げちゃって……」


ジュウウウウウウウ!

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 00:31:41.18 ID:eHDvNDVzO [3/42]


ガラガラガラッピシャン!

ゴオオオン!


上条「わああああああああああああああああああ!!!」


上条「……っ本気で死ぬかと思ったー!何でアイツは爆発ばっかするんだよ!」

上条(……思わずドア閉めちゃった。さっきまで能力使わなかったけど、大丈夫かな)


一方通行「ああああああああァァァァァァァァァ!!!」

上条「!!?」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 00:35:38.17 ID:eHDvNDVzO [4/42]
一方通行「死ぬかと思ったァァァ!!本気で死ぬかと思ったァァァァァァ!!」


上条「……………………」

一方通行「………………」

上条「……………………」

一方通行「…………何だよ」

上条「……お前にも人間らしい所があるんだなぁと」

一方通行「今すぐ死ねッ!!」

上条「いやああああっ!」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 00:44:19.50 ID:eHDvNDVzO [5/42]
一方通行「ハハ」

上条「…………」

一方通行「このまま続けても泥沼だもンなァ。……能力でケリつけさせてもらうぜ」

上条「…………ちっ」

一方通行「……あの時の様にはいかねェぞ」

上条「……臨むところだ」


「ストーップ!!」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 00:52:31.93 ID:eHDvNDVzO [6/42]
一方通行「あァ?……ッ!!?」

上条「キハラ……!」


木原「てめぇら熱いバトルしてる暇があんのか?さっさと殺せばいいものをチンタラと……」

打ち止め「……あ、うぅ……」


ガチッ


木原「おら、幻想殺し。打ち止めが殺されたくないなら、一方通行を殺せ」

上条「打ち止めを離せ!」

木原「キハラは命令してんの。こんな子どもに言われないと出来ないぐらいに頭パーなの?」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 01:06:00.14 ID:eHDvNDVzO [7/42]
一方通行「ンだァこのクソガキは?」

木原「やっほう。初めまして、一方通行。お前を殺すためだけに作られた『番外個体』だぜ」

一方通行「ハッ……ならテメェは失敗作だなァ。オリジナルならもっと徹底してるし、
     なんなら同じ格闘技を使えた量産製木原の方が強かったンじゃねェの?」

木原「ひひ、キハラのポイントはそこじゃねぇんだよ」

一方通行「…………?」

木原「何でキハラはわざわざこんな姿でいるんだよ」

一方通行「はァ?」

木原「わかんねぇかなあ?」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 01:16:41.74 ID:eHDvNDVzO [8/42]
木原「大きい方が戦闘に向いてるし、便利だろ?なのに、
   なぁんでキハラはこんなに小さいのかなぁ?」

一方通行「……まさか」

木原「そう」








木原「キハラは特別製、対一方通行及びペ〇フィ〇アバージョンだ!!」



一方通行「

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 01:24:32.64 ID:eHDvNDVzO [9/42]








             」


木原「くくく……驚いたか?」

上条「あー、あー、上条さんは何も聞いていませんよー」

打ち止め「ペ……、ド……?」

上条「打ち止め止めなさい!」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 01:37:21.53 ID:eHDvNDVzO [10/42]
一方通行「…………よく聞こえなかったわ。もっかい言って?」

木原「対一方通行及びペ」

一方通行「ぐォォォォォォォォォォォォ!!!落ち着け俺落ち着け俺!テメェは誰に作られた!!?」

木原「ふん……学園都市の上層部に決まって」

一方通行「あァァァァァァァァァン!!?つまりあれか!?俺に対する認識は」

木原「勿論ぺ」

一方通行「ぎゃああああああァァァァァァァァァ!!!!殺せェェェェェェ!!
もう殺せばいいだろォォォォォォ!!!」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 01:44:03.36 ID:eHDvNDVzO [11/42]
木原「お望み通り殺してやるよ……おい!幻想殺し!そいつの腹を刺せ」

上条「何も聞いてない何も聞いてない何も聞いてない何も聞いて」

木原「幻想殺し!!」


ジャカッ


打ち止め「ひっ」

上条「!!」

一方通行「……ッ」

木原「おふざけの時間は終わりだ」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 01:53:23.87 ID:eHDvNDVzO [12/42]
木原「だーいじょーぶだよぉ?幻想殺しは罪に問われないようこっちで取り計らってやるよ」

上条「ふっざけんな……」

一方通行(ここでコイツに殺されるわけにはいかねェ……!
     約束したンだ、打ち止めの所に戻ってくるって……)

木原「ぎゃははははははは!」

一方通行(どうする……どうする!?)

上条「あ……」

一方通行(何で惚けてる?窓の外なんか見て……?)

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:02:08.27 ID:eHDvNDVzO [13/42]
ビ……ビビ……ガビ……


一方通行(──────ッ!)

木原「おら!鉈を早く幻想殺しに……ん?」

一方通行「………………」

木原「つっ立ってんじゃねぇぞ!これが見えねぇのか!?」


ガチッ


打ち止め「…………」

木原「ん……?」

一方通行「あのよォ、ソイツはさぁ。争い事が大嫌いで、こっち側の住人じゃねェンだよ」

木原「……それがどうした」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:14:25.50 ID:eHDvNDVzO [14/42]
一方通行「いつもウイルスブチ込まれて、今のように人質にされて。
     本当ならそンな風に扱われていい筈がねェんだ」

上条「………………」

一方通行「頼む。ソイツを……打ち止めを巻き込まないでくれ」


木原「ふふ……ぎゃはははは!何を言い出すかと思えばこりゃホンモノですかぁ?」

一方通行「………………」

木原「甘ぇんだよぉぉぉぉぉぉ!!一度こっちにきたてめぇが人様に願ってんじゃねぇぇぇ!!
   てめぇの大事なモンはボロっ布になるまで使ってやるよぉぉぉぉ!!」


一方通行「そォかよ。残念だ……」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:20:07.27 ID:eHDvNDVzO [15/42]
一方通行「確かにテメェの言う通りだ」

木原「……あ?」

一方通行「自分は自分で守ンなきゃなァ!?」


木原「……っ!幻想殺し!一方通行を殺せぇぇぇぇ!!」

上条「うおおおおおおお!!」


「ああああああああああああああああああ!!!」

木原「なっ!?」


バチバチバチバチィ!

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:26:57.14 ID:eHDvNDVzO [16/42]
木原「最終信号ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

打ち止め「ミサカだって……ミサカだって戦えるもん!」


ガチャン!


木原「死にやがれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

打ち止め「…………っ!」

一方通行「遅ェ!」


ガチン!


木原「銃がっ……!?」

上条「はは!」

木原(幻想殺しの持っていた鉈が、一方通行を通して飛んできた!)

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:33:19.57 ID:eHDvNDVzO [17/42]
一方通行「終わりだ」

木原「……かはっ!」

一方通行「こンな細い首なら、さぞきれいな音が鳴るンだろうなァ?えェ?」

木原「…………ぁ……」

一方通行「ヒギャハハハハハハハハハハハ!」


木原「……………………」

一方通行「………………」




一方通行「その右手を離せ、幻想殺しサンよォ」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:38:18.48 ID:eHDvNDVzO [18/42]
上条「それはできない」

一方通行「誤解していたのは謝るぜ。だがこれは俺の問題だ。口出しするな」

上条「一方通行、言えるのか?」

一方通行「…………?」

上条「打ち止めを目の前にして、同じ言葉が言えるかって聞いてんだ!」

一方通行「ッ」


打ち止め「…………ミサカはミサカは」

一方通行「打ち止め……」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:45:30.09 ID:eHDvNDVzO [19/42]
打ち止め「あなたには、あまり人を、死なせてほしくない……、ってミサカはミサカは……」

一方通行「…………クソ!」

木原「ゲホッ、ゲホッ!」


一方通行「これでいいンだろ」

打ち止め「……大好き!ってミサカはミサカは腰に全身タックルー!」

一方通行「あっテメェ!」

打ち止め「えへへ!」

上条「………………」

一方通行「何ニヤニヤしてンだァ!?」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 02:58:02.33 ID:eHDvNDVzO [20/42]
御坂妹「お取り込み中申し訳ありません、とミサカは窓から屋内へ侵入します」

上条「御坂妹!」

打ち止め「迎えにきたんだね!」

御坂妹「拳銃を突き付けられていた上位個体を見つけた時はヒヤヒヤしました、
    とミサカは番外個体改め木原弟をゴムホースでぐるぐる巻きにします」

一方通行「フン……来るのが遅ェよ!」

御坂妹「反撃するという選択肢を持たない彼女に指示したのはミサカなのですが……」

上条「ありがとう御坂妹!お前のおかげで助かったよ!」

御坂妹「い、いえ……当然の行動をしたまでです、とミサカはあなたに感謝されて頬を染めます」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 03:13:52.24 ID:eHDvNDVzO [21/42]
一方通行「とにかく早く帰ンぞ」

御坂妹「それなのですが、とミサカはこの中の一人に不幸をもたらす準備をします」

打ち止め「?」

御坂「実は何故か連絡があらゆる形に湾曲して」

つ携帯


アナウンサー『犯人の鈴科百合子十六才性別不詳は児童性癖で同性愛趣味があるそうです!』

コメンテーター『wwwwぺ[ピーー]にホモはwwwwwねーわwwwwww』

アナウンサー『あっ!警察が突入準備に入るようです!』

コメンテーター『wwwwwwwwww』


一方通行「うん、そうだね!みんな消えればいいのに!」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 03:22:43.97 ID:eHDvNDVzO [22/42]
御坂妹「頑張ってください、とミサカは握りこぶしををグッとします」

打ち止め「せ、世間の目に負けないで!ってミサカはミサカは応援してるよ!」

一方通行「もーいいよ。なんか、なれた」

木原「………………」

一方通行「テメェェェェェェェ!!今笑ったろォォォォ!?破裂させンぞォォォォォォォォォ!!?」

上条「あーハイハイ!八つ当たり禁止!」

一方通行「チッ!」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 03:30:40.38 ID:eHDvNDVzO [23/42]
上条「えーと、木原弟?大丈夫か?」

木原「…………ああ」

上条「そっか!良かった!」

木原「………………!」

上条「にこっ」

木原「………………うん」


御坂妹「………………なんと」


御坂妹(この人は例え性別男だとしても、可愛いければフラグを立ててしまうのですか、
    とミサカは新たなライバルの登場に動揺を隠せません)

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 03:39:30.32 ID:eHDvNDVzO [24/42]
一方通行「……ったく、じゃあどうすンだよ」

御坂妹「あなたの能力でばーっとお願いします、とミサカは手振りで警察を凪ぎ払う様子を再現します」

打ち止め「そんなことしたら捕まっちゃうよう!ってミサカはミサカは」

御坂妹「あとで学園都市がフォローするそうです」

一方通行「丁度良い、ストレスが溜まっ…………」

上条「っ!?一方通行!?」

一方通行「………………クソ、立てねェ……」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 04:38:05.80 ID:eHDvNDVzO [25/42]
打ち止め「バッテリーが切れちゃったんだ!」

御坂妹「まずいですね」

上条「じゃあどうするんだ!?」

御坂妹「一方通行を犠牲にすればミサカ達は無傷で出れますが……」

打ち止め「そんなのダメ!」

御坂妹「とのことですから……、とミサカは上司に弱冠不満を感じます」

一方通行「妹達……覚えとけよ……」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 04:40:58.47 ID:eHDvNDVzO [26/42]
寝ます

一応もう一回言うけど、通行止めスレです
木原くンスレじゃないです

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 10:24:17.70 ID:eHDvNDVzO [27/42]
一方通行「……だが……もォすぐ……、警察……が、突入する……。俺のことはいい……逃げろ……」

打ち止め「……っ!」

上条「そんなことできっかよ!みんなで無事に逃げるんだ!」

一方通行「……そんな上手い話、……ある……わけが……」

御坂妹「いえ」

一方通行「……?」

御坂妹「手ならあります」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 10:40:45.32 ID:eHDvNDVzO [28/42]
御坂妹「こちらへ到着する前に小学校の見取り図を調べたのですが、とミサカは説明し始めます。
    脱出にはどうしても警察の目に触れなければならず、顔が知れた一方通行は邪魔なんです、
    とミサカは事実を述べます」

上条「それなら向こうに抜け道があるぞ」

御坂妹「それでは学校を出た直後も追われてしまいます、とミサカは反論をします」

上条「……じゃあどうすれば」


御坂妹「一方通行」

一方通行「…………あァ……?」

御坂妹「必ず助かる覚悟は終わりですか?」

一方通行「………………」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 10:48:43.06 ID:eHDvNDVzO [29/42]
御坂妹「ニュースが全国放送された今」

一方通行「……ッ!?……ちょっと……待て!……それは……どういう」

御坂妹「少なくともあなたを軽蔑する人が増えます、    とミサカはあなたの敵の出現を予期します」

一方通行「………………」

御坂妹「もう一度問います。それでもあなたは必ず助かる覚悟がありますか?」


一方通行「………………」

打ち止め「………………」

一方通行「……今さら、敵が増えた……とこで……どォでもいい」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 10:59:00.77 ID:eHDvNDVzO [30/42]
打ち止め「…………」

一方通行「だけどなァ……コイツが……打ち止めが……、みんなで助かりたいっつってンだ……。
     俺は死んでも助かってやる……」

打ち止め「……ふふ」

御坂妹「よく言ってくれました、とミサカはあなたを見直します」

一方通行「……フン」


上条「御坂妹、でも具体的に何をすればいいんだ?」

御坂妹「この小学校には」

上条「?」


御坂妹「演劇部の部室があるようですね……、とミサカは解決のヒントを与えました」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 11:15:24.11 ID:eHDvNDVzO [31/42]


教師(さっきゴーグル付けた女の子が入っていったけど、大丈夫かしら?)

教師「…………あ!」


御坂妹「無事に帰還しました、とミサカは敬礼します」

教師「ああ、よかったわ!」

木原「……………………」

打ち止め「………………」

上条「……………………」

教師「……あら?」






一方通行「…………………………」


教師「君がお姫様抱っこしているセーラー服の女の子は誰?」

上条「……触れないであげてください」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 11:29:46.21 ID:eHDvNDVzO [32/42]


禁書「あ!とうま!……って」

詩菜「あらあらあらあら」

禁書「その女の子は誰!?またどこの不幸な少女を助けたの!?」

上条「まあ不幸な、って部分はあってるけど……いやインデックス、
   どうして歯をガチガチ鳴らしてるんだ!?」

木原「…………」むすー

詩菜「もうその遺伝は治らないのかしら。死ぬまで治らないのかしら」


御坂妹(この方が上条当麻のお母様……)

打ち止め「あなたは何であの女の人と一緒にお味噌汁を作ってるの?
     ってミサカはミサカは下位個体の妄想の内容をばらしてみる」

御坂妹「これからミサカは上位個体の口封じを行います」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 11:37:33.89 ID:eHDvNDVzO [33/42]
禁書「もう我慢ならないんだよ!」

上条「噛み付きはダメだインデックス!俺は人を一人抱き抱えてぎゃあああああああああ!!」


どしーん


一方通行「あいたァ!」

打ち止め「だ、大丈夫!?ってミサカはミサカは心配してたり」

一方通行「あ、あァ……」

打ち止め「…………」


がやがや がやがや


打ち止め「……すごい騒ぎだったね」

一方通行「……あァ」

打ち止め「最初は二人で、歩いてただけだったのにね」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 11:46:48.15 ID:eHDvNDVzO [34/42]
一方通行「周りからすりゃ野郎とガキが一緒にいるのは危険なンだろォよ。厳しい世になったぜ」

打ち止め「…………」

一方通行「……踏んだり蹴ったりだ」

打ち止め「……待ってて!」

一方通行「あン?」

打ち止め「今度はミサカがあなたの場所まで行くから!早く行くから!……だから」




打ち止め「ミサカが大きくなるまで、ずっと……待ってて!」


一方通行「……ゆっくりでいい」

打ち止め「……?」

一方通行「いつまでも待ってやるよ」


上条「……………………」

一方通行「だからテメェは何でニヤニヤしてんだァ!!?」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/11(日) 11:55:54.72 ID:eHDvNDVzO [35/42]
僕もニヤニヤが止まりません

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 12:01:58.35 ID:eHDvNDVzO [36/42]
上条「え?上条さんは別にニヤついてなんかありませんことよおおおおああああああ!!?」

禁書「ふがー!」


御坂妹(大きく……ですか)

打ち止め「何で自分の胸を押さえてるの?ってミサカはミサカは下位個体の不振な行動を」

御坂妹「もういい加減黙りなさい!」


だだだだだだっ……


一方通行「…………はァ」


美鈴「上条さん、お待たせー!って、人数増えてるわね!」

一方通行(…………コイツは)

美鈴「ん?」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 12:09:00.42 ID:eHDvNDVzO [37/42]
美鈴「こんな所でへたりこんで大丈夫?」

一方通行「あ……」

美鈴「ん?どっかで見た顔ね……まぁいいわ!立てないようなら肩貸すね!」

一方通行「…………ありがとォ」

美鈴「いいわよ!」

木原「………………」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 12:21:27.03 ID:eHDvNDVzO [38/42]
禁書「それで。私が待ってる間、とうまはあの学校ではどうだったの?」

上条「はっはっはー、実は俺の出る幕はなかったみたい」

禁書「なっ!?……こんなに心配させたくせにどういうこと!?」

上条「すみませんでしたー!インデックスさんには大変申し訳ないと」

禁書「…………はぁ」

上条「……呆れないでくれ」

禁書「……結局あの二人は救われたの?」

上条「さあ?俺からじゃあいつらの気持ちなんて分からないけど」




上条「お互いに大切に思い合ってるなら、幸せなんじゃねぇの?」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 12:47:21.87 ID:eHDvNDVzO [39/42]


学園都市のどこか


上層部「無断行動、及び番外個体存在の露呈は本来ならば、その個体を破棄しなければならないが」

木原「…………」

上層部「君が冥土還しに保護された今、それは困難だ。周りの人間を巻き込まれたくなければ、
    こちらが強硬手段を取る前に一方通行について情報を話せ」

木原「……一方通行が児童性愛というのは間違っていました」

上層部「ほう」

木原「しかし事件後、最終信号に情愛を注いでいたのは見てわかりました。
   そして超電磁砲の実の母親にも好意を持っているようです」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 12:51:38.29 ID:eHDvNDVzO [40/42]
上層部「……つまり」

木原「はい」




木原「一方通行は超電磁砲と同じ顔を持った者なら、誰でもいいようです」


その後、反一方通行機関がとあるクローンを開発したのは別の話……




終わり!

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 13:04:20.74 ID:eHDvNDVzO [41/42]
おまけ




詩菜「刀夜さん、私事件の時、ここにいたのよ。テレビに映っているかもしれないわ」


アナウンサー『やはり今後は、児童性癖に関するアニメ漫画などは取り締まっていくべきですか?』

コメンテーター『いえ、そんなことをしたら欲求不満の人々が暴動を起こしてしまいます。
        逆に、もっとロリショタキャラを増やすべきだと僕は思います!』

アナウンサー『熱いコメントありがとうございます。
       さて、そろそろ終了させて頂きます。今回のゲストは』

コメンテーター『海ば……』

アナウンサー『うなば?』

コメンテーター『いえ、一一一です!』

アナウンサー『それでは』


詩菜「一一一さんってこんな人だったかしら……?」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/11(日) 13:12:13.49 ID:eHDvNDVzO [42/42]
これでこの話は終了です
ギャグ路線の筈が途中でバトル物になったり木原クローンの出番が増えたり、
予定外が多かったけど完結できてよかった

支援と保守、読了ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。