FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春「今日の上条さんは……」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 23:12:02.83 ID:qI9IPoSO [1/2]

-風紀委員 第177支部-

初春「AM10時25分。上条さん、歩道を通行中…」カタカタ

初春「AM10時40分。上条さん、コンビニで本を立ち読み」カタカタ

初春「AM11時05分。上条さん……御坂美琴と遭遇。はぁ、またあの女ですか…」

黒子「初春~ 何をしてますの?」


初春「あっ、白井さん。不審者がいないか監視しているんです」

黒子「で、不審者はいましたの?」

初春「いえ、今の所は……」

黒子「そうですか。では、わたくしは外回りに行って来ますので」

初春「はい、分かりました……」

初春「白井さんの邪魔が入ったせいで上条さんを見失ったじゃないですか……」イライラ

初春「上条さんは?上条さんは?上条さんは…」カタカタカタカタカ

初春「いた!上条さん、自動販売機で飲み物を購入中。あのストーカー女から逃げれたんですね上条さん」

初春「PM11時26分。上条さん、公園のベンチで購入したジュースを飲み始める……はぁ、ジュースを飲んでる上条さんの顔…ハァハァ」

初春「ハァハァ、上条さん……あっ?さ、佐天さん!?」

2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 23:18:49.39 ID:qI9IPoSO

初春「何を喋ってるんでしょうか?……集音性アップ」カタカタ

佐天『当麻さん♪』ダキッ

初春「当麻さんだとぉ!?てか、離れろ!!」

上条『お、おい!涙子』

初春「る、涙子ぉ!?」ギリギリッ

佐天『今日は気怠そうですねぇ』

上条『仕方ないだろ?今日は補習だったんだからさ』

佐天『ふんふん、成る程。だからお疲れモードなんですね』

上条『そーなんですよ。はぁ…』

佐天『じゃあ、あたしが元気にしてあげますね』スッ

上条『元気って、何を……ん?』チュ

初春「!!!!」

佐天『ん……』チュパュパ

初春「や、やめて!やめてーーー!!」

佐天『ぷはぁ…元気でました?』

上条『ん、ま、まぁな……てか、こんな人前で恥ずかしいだろ!』

佐天『あはは!元気になりましたね~』

上条『……涙子』

佐天『当麻さん……』チュ

初春「あの淫乱痴女がぁぁぁぁ!最近やたら意気がってると思ったらよりに寄って上条さんとデキてただとぉぉぉぉ!!このメス豚がぁぁぁぁあ!!」ガンガンガンガン!!

初春「[ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー]!!」

初春「SA・TU・GA・Iしてやるーーー!!」ガンガンガンガン!!

固法「……隣、うるさいわね。それにしてもやっぱりムサシノ牛乳は美味しいわ」ゴクゴク

6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 01:12:56.77 ID:sIYzNMSO [1/7]
うぉ、 ピーピー地獄だ… まあ、いっか


-翌日 柵川中学校門-

初春「……昨日は一睡も出来なかった。これも全ては佐天のせいだ!!」

左天「うーいはー……」

初春「…ッ!!」ブンッ!! ドゴッ!!

左天「ガハッ……」ヨロヨロ

男生徒A「お、おい!見ろよ!」

男生徒B「スゲェ、ローリングソバット決まった!!」ヒヤッホイ!

男生徒C「バカ!そー言う問題じゃないだろ!」

佐天「……う、初春?」ヨロヨロ

初春「佐天さん?ごめんなさい。ちょっと、殺気があったので……」

佐天「うぅ……さ、殺気?」

初春「私の勘違いでした。ごめんなさい」スタスタ

佐天「うっ……初春……ッ、痛いよぉ」ポロポロ

女生徒A「佐天さん、大丈夫!?」

佐天「痛いよ…お腹が痛いよぉ……」ポロポロ

女生徒B「初春さん、あんな事する人じゃないのに…」

19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/03(土) 14:00:08.12 ID:sIYzNMSO [2/7]
情報提供サンクス 何分、初めてだから分からなかった


-放課後-

佐天「結局、今日は初春と一言も話せなかった…あたし、初春に嫌われちゃったのかな?いっつもスカートめくってるから?それとも、女捨ててるなんか言ってるから?……うぅ…嫌だよそんなの……」ポロポロ

上条「ん、あれは……おーい、るい…!!る、涙子、どうしたんだ!?」ダッ

佐天「あっ…と、当麻さん…」グシグシ

上条「どうしたんだよ!?何があった?」

佐天「………」

上条「言えないのか?」

佐天「………」

上条「……何か理由があるんだな?分かった、涙子が話してくれるまで俺は何も聞かない。でも、せめて涙子を慰めてあげたい」ダキ

佐天「当麻さん…うぅ…」ポロポロ

上条「泣きたいだけ泣いていいんだ…」ギュ

-風紀委員 第177支部-

初春「…………」ギリギリギリ

初春「あの女狐め……ここぞとばかりに上条さんに慰めて貰うとは……」ギリギリ

初春「はやり、殺害するしか方法は無い見たいですね……佐天さん、覚悟しておいて下さい。ウフッ、ウフフフフフッ、アハハハハ~」

固法「……隣からキモイ声がするわ……それにしても、ムサシノ牛乳は1番ね!」ゴクゴク

24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 17:57:55.24 ID:sIYzNMSO [3/7]

-1週間後 廃工場-


佐天「初春から会いたいって言われたけど…此処でいいんだよね?」シーーン

佐天「でも、なんでこんな廃工場なんだろ?」シーーン

佐天「ううん、そんな事はどうだっていいのよ!初春と仲直り出来るチャンスなんだから!頑張れ、あたし!」

初春「お待たせしました…」スッ

佐天「初春?」

初春「………」

佐天「う、初春?なんか怖いよ?」

初春「そうですか?」

佐天「……あっ、そ、そうだよね。あたし、初春の気持ちも考えずに嫌な思いさせてるから怒ってるんだもんね?もう、しないから…ゴメンね」

初春「………」

佐天「………ごめんなさい!!」

初春「…許して欲しいですか?」

佐天「……うん」

初春「だったら、上条さんと別れて下さい」

佐天「えっ……」

27 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 18:39:44.03 ID:sIYzNMSO [4/7]

初春「知ってるんですよ。佐天さんが上条さんとお付き合いしてるの…」

佐天「で、でも…それはまだ誰にも…」

初春「教えてないですよね?でも、私には眼がありますから」

佐天「眼?……まさかっ!!」

初春「そうですよ。ずっと観察してたんです。……上条さんを」

佐天「………」

初春「気付いたのはほんの一週間程前でした。その日も上条さんを観察してたら見てしまったんです。私の上条さんと汚らわしい佐天さんがイチャ付いてるのを……」

佐天「………」

初春「もう、それはショックでしたよ。体を引き裂かれた気分でした」

佐天「………」

初春「だから、許して欲しかったら上条さんを諦めて下さい。そして、私と上条さんが恋人になるお手伝いをお願いします」

30 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 18:49:51.60 ID:sIYzNMSO [5/7]

佐天「………」

初春「黙ってたら分かりませんよ?どうするんですか?」

佐天「……や」

初春「……よく聞こえませんよ?」

佐天「嫌!!何?それって単なる逆恨みじゃない!どうしたの初春?こんなの初春じゃないよ!」

初春「じゃあ、どんなのが初春なんですか?」

佐天「初春は、ちょっとドジでおっちょこちょいで…でも、誰にでも優しくて正義感が強い!それが初春だよ!今のは初春じゃないよ!」

初春「そうですか。では、自分の正義を貫きましょう……」

佐天「初春!!」

初春「最終勧告です。今、上条さんと別れると約束してくれるなら、明日からは普通通りの生活を。それでも拒否すると言うのなら…私が味わった絶望をその身で味わって貰います」

佐天「初春?ねぇ、止めてよ!ちょっと、冗談悪いよ?」

初春「いつも冗談悪い佐天さんに言われたくは無いです。……お花飾り、リフトアップ」

佐天「!?」

35 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/03(土) 20:50:13.50 ID:sIYzNMSO [6/7]

初春「このお花飾り、ただの冠り見えますよね?でも、違うんです。実は、高周波カッターになっているんですよ?」

お花飾り「ギュィィィィン」

初春「これが私の真の能力」


ジェノサイドフラワー
殺 戮 お 花 畑


佐天「嘘…だって、初春の能力って、人間魔法瓶じゃ…」

初春「あんな適当な、片手間程度で考えた能力を私の能力と思わないで下さい。それに言いましたよ。“真の能力”だと」

佐天「そ、そんな!!」

初春「いいんですか?グダグダとそんな所で突っ立ってて。このお花飾りが佐天を引き裂いちゃいますよ?」

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「ヒッ!?」ダッ

初春「さぁ、行きなさい。お花飾り達」

お花飾り「ギュィィィィン」グーーン

初春「フフッ、誰の良心も痛めることがない、能力による佐天の粛清……直ぐに死んだら許しませんよ。苦しんで、あがいて、その果てに死んでくれないと私の憂さは晴れませんから……」



39 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/03(土) 21:42:19.40 ID:sIYzNMSO [7/7]

佐天「な、なんなのよ!コイツ、しつこい!!」

お花飾り「ギュィィィィン」グワッ

佐天「ヒッ!?」スカッ

佐天「このままじゃ、殺されちゃう!!……あっ、あれは!」パシッ

佐天「この金属バットがあれば……」

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「ッ、ぶっ飛べぇぇぇ!!」カキーーン

お花飾り「!?!?」ドゴーン

佐天「やった!!」

初春『一つ倒しただけで喜んでは駄目ですよ』

佐天「えっ?」

お花飾り「ギュィィィィン」

初春『お花飾りは沢山あるんですからね』

佐天「嘘でしょ!?」

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「クッ、いい加減に!!」カキーーン

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「こいつら!!」カキーーン

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「全滅しなさいよぉぉぉ!!」カキーーン

お花飾り「!!!!」ドゴーン

佐天「はぁはぁ……」

46 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 13:46:51.90 ID:O09ppgSO [1/11]
再開します

-監視モニタールーム-

初春「意外としぶといですね。佐天さんのバッティングセンスを侮っていましたか…」カタカタ

初春「でも、長引けばそれだけ佐天さんのスタミナが無くなるんですから、焦る事もありませんね」

-廃工場 倉庫-

佐天「ッ、はぁはぁ……」キョロキョロ

佐天「来ない?……全滅したの?」

お花飾り「グワァァァァン」キョロキョロ

佐天「違う、あたしを探してるんだ…」

佐天「このままじゃ、持久切れして八つ裂きにされちゃう……」

佐天「誰か助けを……当麻さん……ダメ、あの人を巻き込むのは……」

-10分後-

佐天「……もう当麻さんと会えなくなっちゃうのかな?……嫌だよそんなの……」グスッ

-20分後-

佐天「……どうせ死ぬなら…最後に電話くらい…でも、電話したら……」ポロポロ

佐天「……ダメって分かってるのに…あたしって、弱いな……当麻さん、ごめんなさい」ピッ



48 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 14:01:37.13 ID:O09ppgSO [2/11]
-監視モニタールーム-

初春「……こんな事ならもっと監視カメラを付ければ良かったですね。予算をケチッたのが仇になりましか。でも、私のお花飾りちゃん達はお利口さんですから」ピピピッ

初春「電話?……白井さんから……どうせ、風紀委員の仕事でしょう。今は、それ所では無いんですよ」プツッ

-廃工場 倉庫-

佐天「………」プルルル、ガチャ

上条『涙子、どうしたんだ?』

佐天「………」グスッ

上条『泣いてるのか?』

佐天「えっ?ううん、ちょっと目にゴミが入っただけです」

上条『で、どうしたんだよ?』

佐天「……当麻さんの、声が聞きたくなって」

上条『なんだよそれ?だったら今から会おうぜ』

佐天「……それは出来ません」

上条『なんで?』

佐天「今、忙しいからです」

上条『そうなのか?そいつは残念だな。でも、嬉しいぜ。忙しい合間を縫って電話してくれるなんてよ』

佐天「………」

上条『涙子?』

佐天「あたし、短い間だったけど当麻さんの彼女でいられて嬉しかったです」

上条『お、おい?何を…』

佐天「本当なら、このまま恋愛して…そして結婚して、可愛い赤ちゃん産んで…って、何言ってんでしょうね?」

上条『おい!今、何処にいるんだ!?何かあったんだろ!』

佐天「……さようなら当麻さん…大好きでした……」ピッ

佐天「……これで、これで思い残す事は無いわ」

お花飾り「ギュィィィィン」ピピピ

佐天「バレた!?どうせ逃げれないんだ。だったら!」ダッ

49 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 14:14:09.64 ID:O09ppgSO [3/11]

-上条当麻の寮-

上条「おい、涙子!涙子!!」ツーツー

上条「クソッ、涙子に何かが起きてるのは間違い無い!」

上条「とにかく行かないと…でも、何処へ?……って、んな事考えてる暇はねぇ!」ダッ

-とある歩道-

上条「涙子が行きそうな所…考えろ、考えるんだ!」

黒子「……ん、あれは上条当麻。何やら急いでおりますの。まあ、わたくしには関係ありませんが。それにしも初春がサボったせいで、とんだとばっちりを…」

上条「……ん、あれは白井?おい!」

黒子「はぁ、言った側から声を掛けられましたの…」

上条「白井、涙子が何処にいるか知らないか?」

黒子「涙子?……佐天さんの事ですか?」

上条「それ以外に誰がいるんだよ!!」

黒子「そ、そんなに怒らなくても良いではありませんの!」

上条「わ、悪い……」

黒子「佐天さんなら見てませんわ」

上条「そっか。じゃあ、もし涙子を見たら連絡頼む!」ダッ

黒子「……お待ちなさい!」

上条「こっちは急いでんだよ!」

黒子「初春を見ませんでしたか?」

上条「いや、見てないけど…」

黒子「ふーむ。佐天さんと初春は良く一緒に行動してますの。行方不明の初春と佐天さん……気になりませんか?」

上条「気になるって…まさか!?」

黒子「あくまでも可能性の問題ですわ。しかし、ここ数日の初春の不可解な行動を考慮に入れると………わたくしは初春の自宅を調べますので、貴方は2人が行きそうな所を調べて下さいな」

上条「分かった!」ダッ

黒子「……わたくしの杞憂ならいいんですけど」

55 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 18:51:00.85 ID:O09ppgSO [5/11]
再開しまっす

-初春飾利の部屋-

黒子「お邪魔しますの」シュン

黒子「こうゆう時にテレポートは便利ですわね。さて、ガサ入れと行きますか……って、何なんです、この部屋は!?」モジャモジャーン

黒子「……ジャングルと表現するべきですか。こうも、植物が多いと探すのに時間が掛かりそうですわ」

黒子「それにしても不気味な植物ばかりですの…初春の趣味を疑いますわ」

黒子「…見つかりませんわね」ガサガサ

黒子「此処で手間取っている間にも佐天さんは危険にさらされているかも知れないと言うのに」

ピピピ

黒子「なんの音ですの?」

ブーン、ブーン!!

黒子「警報!?ッ、初春の事を考えれば予想出来た事ですの…」

ズゴーーン

黒子「何が来ましたの!?」

パックン「アグアグ」グニグニ

黒子「お、お花……にしてはグロテクス過ぎますわ…」

パックン「アグアグ」グニグニ

黒子「……まさかこれが侵入者避け?……バカにするなですの!」シュン

黒子「チェストォォォォですの!」ゲシィ

パックン「アグアグ」グニグニ

黒子「効いてませんの?」



57 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 18:56:41.42 ID:O09ppgSO [6/11]

パックン「アグアグ」ビシュ

黒子「ッ、お花だけにツタ攻撃ですか?全く、こんなキモい植物に当たる訳にはいきませんの!」シュン

パックン「………」

黒子「止まった?…い、今なら!」

パックン「ガァァァァァァ!!」ブチブチ

黒子「いっ!?ま、まさか怒りましたの?こんな下等生物に知能があるとは……」

パックン「……オモッテイナカッタカ?デスノーー」グニグニ

黒子「喋ったですの!……って、ですのーー!?」

パックン「デスノー!」アグアグ

黒子「ムキィィィィ!!真似すんじゃねぇですのーーー!!」プンスカ

パックン「デスノー!!」アグアグ

黒子「ふざけんなですのーー!!」ダムダム

パックン「スキアリデスノー!!」シュ

黒子「しまっ!?」ギュ

パックン「トッダドー!デスノー!!」ジャーーン!!



58 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 19:07:04.75 ID:O09ppgSO [7/11]
>>56 オーケー でも今ん所は禁語使う場面無いから大丈夫


黒子「クッ、離しなさい!」バタバタ

パックン「イヤデスノ!」

黒子「だから…真似るなですの!誰から教わりましたの!」

パックン「ウリハルデスノ!」

黒子「うりはる?……初春の事を言ってますのよね?」

パックン「ウリハルマモルンデスノー」アグアグ

黒子「………グロテクスさんは初春の事、好きですの?」

パックン「クロコデスノ!」

黒子「黒子?ま、まさか…アナタのお名前、とか言うんじゃ…」

パックン「ソウデスノー!ウリハルニツケテモラッタンデスノー!!」

黒子「………」

黒子(初春、後で覚えとけですわ!)



60 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 20:49:08.59 ID:O09ppgSO [8/11]

黒子「……で、では…ク、クロコ?わたくしは、初春を助けたいんですの」

クロコ「タスケルンデスノ?」アグアグ

黒子「そうですの。初春を助けなければならないんですの。ですから、わたくしを降ろしてくれませんか?」

クロコ「………ワカリマシタノ」スッ

ドサッ

黒子「グエッ!……も、もう少し丁寧に降ろして欲しかったんですの…」

クロコ「デスノー!!」アグアグ

黒子「でも、これで捜査を再開する事が出来ますの」

クロコ「デキマスノ!」アグアグ

黒子「……見つかりませんの!!」ガサガサ

クロコ「マセンノー!!」アグアグ

黒子「うるさいですのーー!!」

クロコ「………」アグアグ

黒子「……そ、そうですわ。く、ク、クロコ。今日、初春が何処に行くか言ってませんでしたか?」

クロコ「イイマシタノ」

黒子「!!本当ですの!?」

クロコ「ホントーデスノー」アグアグ

黒子「で、では何処に!?」

クロコ「………ワスレマシタノ!!」

黒子「………植物に尋ねたわたくしがアホでしたわ」



61 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 20:57:33.95 ID:O09ppgSO [9/11]

クロコ「………」スッ

黒子「これは?」

クロコ「ウリハルノニッキ」

黒子「日記?」パラッ

~日記内容~

9月10日

今日は上条さんは学校のお友達と歩いていました。お友達は金髪サングラスのヤクザと青髪ピアスでエセ関西弁を話す、いかにもアホそうな人達でした。こんな人達と接する事が出来るなんて、やっぱり上条さんはステキです。


9月11日

今日は上条さんは白井さんに蹴られてました。あの人、風紀委員のクセによりによって上条さんに暴力を振るうなんて最低のクズ野郎です。それでも怒らない上条さんは紳士です

黒子「なんなんですの、これはぁぁぁぁぁ!!」ウガァァァァ



63 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 23:38:16.87 ID:O09ppgSO [10/11]
色々調整してたら時間掛かりすぎた…

黒子「って、キレてる場合ではありませんの。何か情報は………ん?9月20日。今日は、とてもショックな事がありました。私の大好きな上条さんに彼氏がいたんです。その人は私の親友の佐天さんでした。佐天さん、親友だと思ってたのに……思っていたのにぃぃぃぃぃ」

黒子「こ、これは!……次は…9月21日。今日は佐天涙子の腹にローリングソバットをかましてあげました。でも、そんなんじゃ私の怒りは収まりません。そう、もっと絶望を……私以上の絶望を味わって貰わないと」

黒子「初春……他に何かありませんの?」ペラペラ

黒子「ん?9月27日。明日は計画の実行日。これで上条さんは私のもの……」ピラッ

黒子「紙切れ?」

黒子「………こ、これは!!」

クロコ「………」アグアグ

黒子「殿方さんに連絡しないと……アナタのおかげですのよ?」

クロコ「………」アグアグ

黒子「………まあいいですわ。では、わたくしはこれで…」

クロコ「………マタデスノ、オネイサマ!」

黒子「ブッ!?お、お姉様!?」

クロコ「オネイサマ!オネイサマ!オネイサマデスノー!!」

黒子「だーーー!!うるさいんですのーーーー!!」ダムダム

-初春のマンション前-

固法「あのマンションうるさいわね…っと、ムサシノ牛乳を買いに行かなきゃ」

71 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 12:34:44.13 ID:zGIErwSO [1/9]
少し再開します 彼氏ん所は彼女で脳内変換宜しくです。てか、指摘されるまで気付かんかった…


-廃工場-

佐天「ハァハァ……」

初春『佐天さーん、止まったら挽き肉ですよ~』ニヤニヤ

佐天「うっさい!!はぁはぁ……」

初春『まだ怒る元気があるんですかぁ。流石に無能力者は体力だけは一人前ですねぇ』ニヤニヤ

佐天「初春、アンタこんなんで満足してんの?」

初春『何がですか?』

佐天「当麻さんの事が…好きだってなら、そう言えば良かったじゃない!」

初春『………』

お花飾り「グワァァァァン」ピタッ

佐天「こんな汚い手を使って、当麻さんを奪おうだなんて…そんなんで当麻さんは振り向くと思ってんの?好きになってくれると本当に思ってるの!?」

初春『説教ですか?……ああ、成る程。上条さんの物真似ですね?上条さんも説教するのが好きですから』



72 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/05(月) 12:41:03.48 ID:zGIErwSO [2/9]

佐天「こんなやり方じゃ、誰も幸せになれないよ?ならないよ!初春、本当は分かってるんでしょ?」

初春『うるさい…』

佐天「初春!」

初春『うるさいって言ってるんです!佐天さんはいいですよ!!明るくて、行動力があって…そりゃ、上条さんも好きになりますよね!それに比べて私なんか……』

佐天「違うよ、初春。あたしだって凄く緊張した、もし好きじゃないって言われたらどうしようって思った。でも、一歩踏み出さないと進めるものも進まないんだよ」

初春『………』

佐天「初春はそこで止めちゃったから……」

初春『勝ち組、リア充の戯れ事は聞きません……』

佐天「………もう、何を言ってもダメなの?」

初春『二度は言いません』

佐天「そう、でも…あたし信じてるよ。初春は今、ちょっと、魔が差してるだけだって…」

初春『おめでたい人ですね。今から私に殺されるのに信じてるだなんて…』

佐天「だって、あたしが信じてあげなきゃ…初春はあたしの親友だもん」

初春『………戯れ事は聞かないって言った筈です!!』

お花飾り「ギュィィィィン」ブ-ーン

佐天「……初春、分かったわ。初春がそこまで意固地になるんだったら、まずはその幻想を……」



73 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 13:03:49.86 ID:zGIErwSO [3/9]

???「ぶち壊すか?パクんなよ!」

佐天「当麻さん!?どうして!」

初春『な、何でここが……』

上条「白井が初春さんの自宅を調べたら分かったんだよ」

初春『なっ!?そんな筈はありません!私の家には完璧なセキュリティが!!』

上条「ああ、何でもそのセキュリティのおかげで分かったって変な事言ってたな」

初春『な、なにぃぃぃぃぃ!?あ、あの役立たずがぁぁぁぁぁぁ!!帰ったら焼却処分にしてやる!!』

上条「……初春さん、もう止めようぜ?」

初春『フ、フフッ……』

上条「?」

初春『上条さんにまで知られちゃいました……だったら!!』

お花飾り「グワァァァァン」ギュィィィン

佐天「当麻さん危ない!」

上条「………」バシュ

初春『えっ……』

上条「そのお花飾り、異能なんだろ?だったら、俺には効かねぇな」

初春『う、嘘…!?ハッ!……ま、まさか、学園都市七不思議の一つの……あれは単なる七不思議じゃ……』

初春『幻想殺しなんて、単なる迷信です!!』

お花飾り「ギュィィィィン」

上条「だから効かねぇって」バシュ

初春『……だ、だったら!!これだけの数でもそう言えますか!!』

お花飾り×100「ギュィィィィン!!」ワラワラ

82 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:05:01.43 ID:zGIErwSO [5/9]
今晩は。再開します

佐天「ちょ、多過ぎでしょ!?」

上条「さすがにちょいと数が多いな。……走るぞ!」バシュ

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「はい!あっ、当麻さん上!」

お花飾り「ギュィィィィン」

上条「おう!でも、これじゃキリがねぇな!」バシュ

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「どうするんですか?」タッタッタ

お花飾り「ギュィィィィン」

上条「そうだな。こう言う子機止めるには、本体潰せばいい筈だ」バシュ

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「じゃあ、初春を…でも、初春は何処に?」タッタッタ

お花飾り「ギュィィィィン」

上条「多分、ここから遠くない安全な所…そう言えば、途中に離れた倉庫見掛けたな。そこに行くぞ」バシュ

お花飾り「ギュィィィィン」

佐天「はい、おりゃぁぁぁぁ!!」カキーーン

お花飾り「ギュィィィィン」

上条「涙子スゲェ!」バシュ

佐天「当麻さん程じゃないですよ!」



84 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/05(月) 22:12:51.55 ID:zGIErwSO [6/9]

-監視モニタールーム-

上条「……入るぞ!」バタンッ

初春「………」

上条「やっぱり此処か…」

佐天「初春、もう終わりにしよう?」

初春「………」

上条「今、自首すればなら白井も恩情をかけてくれるって…」

初春「自首すると思ってますか?」

上条「なっ……」

初春「私の力が殺人お花飾りだけと思ったら大間違いです」グニグニ

佐天「う、初春!!」

上条「ゲッ……頭が触手まみれに……」

初春「私のコアお花飾りにはこんな力もあるんです。さしずめムチ見たいな」ビシュ

上条「……ッ」バシュ

初春「やっぱり正法政では上条さんには通用しませんか…でも」ブゥゥゥン

佐天「初春のつたの先端が発光してる?」

上条「な、なにをする……!ヤベェ!!」

初春「これだけのエネルギー波、避けられますか?」ドキュドキュドキューーン

佐天「よ、避けれない……」

上条「……涙子!!…ッ、大丈夫か?」シュゥゥゥ

佐天「は、はい…」

初春「隙ありです」シュ

佐天「きゃ!!」グルグル

上条「しまっ…涙子!」

85 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/05(月) 22:20:05.90 ID:zGIErwSO [7/9]

初春「上条さん、動いたらダメですよ。少しでも動いたら佐天さんを絞め殺します」

上条「て、テメェ!!」

佐天「当麻さん、あたしの事はいいですから初春を止めて下さい…」

初春「佐天さんは黙って下さい」ギュ

佐天「うぁ……う、ういはる……」グググ

上条「止めろ!止めてくれ!」

初春「じゃあ、上条さん。佐天さんと別れて私と付き合って下さい」

上条「なっ……」

初春「もう一度言います。私の彼氏になって下さい」

上条「……出来る訳ねぇだろ」

初春「そうですか。では、佐天さんは絞め殺しです」ギュゥゥゥ

佐天「あぁぁぁぁぁ!!」ググググ

上条「涙子!!わ、分かったから!分かったから止めてくれ!」

初春「じゃあ、私と付き合ってくれるんですね?」

上条「……ああ」

佐天「……だ、駄目です」

初春「黙れと言ってるんです!」ギュ

佐天「あがっ……あたしの好きな当麻さんは…そんな卑怯な手に屈する様な人じゃありません!」

上条「涙子、でも……」

佐天「あ、あたしの事ならいいんです。初春に殺されるんなら…あたしのせいで初春がこうなっちゃったんだから…」

初春「………」

上条「ッ……」



87 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/05(月) 22:29:24.55 ID:zGIErwSO [8/9]

佐天「う、初春…聞いて?」グググ

初春「……冥土の土産に聞いてあげます。何ですか?」

佐天「昔、初春が…あたしの為に頑張ってくれた事があったよね?」

初春「………」

佐天「あの時、本当に嬉しかったよ……あたしなんかの為にボロボロになって……」

初春「………」

佐天「だから、今度は…あたしの番。あたしが、初春を助けてあげたい。だから初春、あたしなんかで気が済むんら…いいよ」

上条「涙子!!」

佐天「当麻さん。初春があたしを殺しても、恨んだり復讐したらダメですよ?」

上条「……涙子」

初春「………」

上条「……いいのかよ?初春さんはこれでいいと思っているのかよ!?」

初春「………」

上条「涙子はこんなになっても初春さんの事を思ってんだぜ。親友なんだろ?」

初春「………」

上条「俺なんかの為に親友を殺すなんて悲しい過ぎる事はやめろよ…」

94 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 19:28:25.92 ID:j8lJ4sSO [1/7]
今晩は。取り敢えず一つだけアップします

初春「…い、今更、今更そんな事、言われたって!!」ググググ

佐天「あがっ………」ミシミシ

上条「止めろ!もう、分かってんだろ?」

初春「もう取り返しは付かないんです!」

上条「……馬鹿野郎!まだだよ!勝手に諦めんな!まだだ!今ならまだ直せる!そうやって、悲観的になるな!!」

初春「、あ、貴方に何が分かるんですか!?こ、恋人でも無い貴方がっ!!」

上条「そうだな、確かに分からねぇよ。でも、本当の初春さんは……涙子の一番の親友の初春さんがそんな子じゃないって事だけは分かるんだよ!」

佐天「う、うい…はる………」ミシミシ

初春「佐天さん……私はは、私はぁぁぁぁぁぁぁ!!」

100 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/04/06(火) 22:10:55.67 ID:j8lJ4sSO [4/7]
個人的にはイマイチだけど、ネタが浮かばないので取り敢えずアップします

上条「ッ、間に合わねぇか!!」

ドサッ

上条「……えっ?」

佐天「ッ、はぁはぁ…う、初春?」

初春「わ、私は……」

佐天「はぁはぁ……ふ、踏み止まってくれたんだね。有り難う初春…」

初春「な、何を!?私は佐天さんを殺そうとしたんですよ!」

佐天「でも、生きてるよ?」

初春「そ、それは……」

佐天「あたしこそゴメンね。初春の気持ち、全然気付いてあげられなかった…」ナデナデ

初春「………」

佐天「当麻さん、こっちに来て下さい」

上条「ん?ああ」



101 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:12:06.91 ID:j8lJ4sSO [5/7]

佐天「初春。今日だけ当麻さんを貸してあげるね」

初春「えっ?」

上条「貸すって、俺は物かよ…」

佐天「細かい事は気にしない!ほら、初春」ポンッ

初春「……あっ」ヨロヨロ ポフ

上条「お、おい涙子?」

佐天「後は宜しく頼みましたよ!じゃ、初春また明日ね!」スタスタ

上条「はぁ、やれやれ…」

初春「あ、あの…嫌ならいいんですよ?」

上条「……涙子と約束した…って訳じゃねえけど。正直な話し、嫌じゃねえよ」

初春「はぅ//////」

初春「……佐天さん有り難う」

上条「んじゃ、せっかくだからどっか行くか?」

初春「は、はい!」



102 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/06(火) 22:23:46.38 ID:j8lJ4sSO [6/7]

-後日談-


~白井黒子のレポート~

わたくし達が現場に到着した時には既に事件は解決しておりました。現場には上条当麻と初春飾利の2名のみ。佐天涙子はいませんでした。
後日、佐天涙子から聴取した所、当日は一人でショッピングを楽しんでいたとの事。上条当麻も偶然会った初春と話していたと、どう考えても苦しい言い訳にしか聞こえませんでしたが、当事者が被害を訴えなかった事と、謎の証拠資料消失と言う形でこの件は不問となり、事件は幕を降ろしましたの。

~報告者 風紀委員 第177支部所属 白井黒子~

黒子「……わたくしもお人よしですわね」

クロコ「デスノ!」パクパク

黒子「これが最後の資料ですの。ほら、お食べなさい」

クロコ「タベマスノー!!」パクパク

黒子「美味しかったですか?」

クロコ「オイシイデスノー!!オネイサマ!モットタベタインデスノー!!」

黒子「はいはい。じゃあ……」チラッ

固法「ん?この牛乳いる?」ゴクゴク

113 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 22:06:17.23 ID:7FzGB6SO [1/6]
今晩は、再開します

クロコ「ノミマスノー!」
固法「はい、どうぞ」スッ

クロコ「イタダキマスノ」グビクビ

固法「美味しい?」

クロコ「……マジーデスノーーー!!」ブフゥーーーーー!!

固法「………」ベトベト

黒子「あら、クロコに牛乳は合いませんでしたのね」

固法「……ッ、こ、このお花無勢がぁぁぁぁぁ!!」

クロコ「ムサシノ牛乳マズインデスノー!」

固法「ムサシノ牛乳を馬鹿にするんじゃないわよーー!!」ボカボカ

クロコ「ウルサインデスノー!」ガブリッ

固法「ギャァァァァァァ!!」

黒子「クロコ、固法先輩は餌じゃないんですのよ。……それにしても、初春と佐天さん。仲が戻っていると良いんですが…」

クロコ「コノリタベマスノ~」アグアグ

固法「た、助けて~」ジタバタ



114 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 22:11:20.11 ID:7FzGB6SO [2/6]

-1ヶ月後-

佐天「うーいはるーん♪」バサッ

初春「キャアアアアア!!な、何してるんですか佐天さーーん!!」ポカポカ

佐天「今日はお花柄かぁ。もっと、色っぽい方が当麻さんは喜ぶぞ~」

初春「な、何で当麻さんの名前が出るんですかぁ~」

佐天「んふふ~、今日は初春の日じゃなかったっけ?」

初春「そ、そうですけど//////」カァァ

佐天「頑張れ初春!」

初春「は、はい!」

-とある歩道--

上条「ふぅ、やっと学校が終わった……ん?」

初春「あっ、当麻さーん」

佐天「当麻さん、こんにちは~」

上条「おっ、2人共学校帰りか?」



115 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 22:20:56.95 ID:7FzGB6SO [3/6]

佐天「はい」

初春「当麻さんもですか?」

上条「ああ、これから2人を迎えに行こうと思ってたんだけど、手間が省けた」

佐天「それは、あたし達が惹かれあってるからですよ~」

初春「ひ、惹かれるって……」

上条「ハハハッ、かもな~」

佐天「じゃあ、早速買い物に行きましょ~」グイグイ

上条「って、おい!引っ張んな~」

初春」ああ!佐天さんだけてズルイですよ~」ダキッ

上条「おい、飾利まで腕絡めて来たら歩き辛いだろ~」ヨロヨロ

佐天「気にしない、気にしない~」ニコッ

初春「そうですよ~」ニコニコ

上条「まあ、いいか。俺は2人を守るって改めて約束したしな……って、世間から見たら二股なんだけどなぁ」

佐天「大丈夫です!あたし達なら何とかなりますよ」

初春「そ、それに…いざとなったら……重婚出来る国に行けばいいですから!」

佐天「わぉ、初春ったら~」

初春「そ、そう言う佐天さんはどうなんです?」

佐天「あたし?あたしはもう、気分は上条涙子よ」

初春「あー!私だって上条飾利ですよ~」

上条「おいおい、2人共、気が早過ぎだっつーの!でも、悪かねーな。いいぜ、涙子と飾利が俺の嫁さんになるって言うなら、俺が2人を幸せにしてやるよ!!」


~END~

118 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 22:28:37.87 ID:7FzGB6SO [4/6]
以上で終わりです。
初めてのSSだったのですが、無事に終わらせて良かったです。かなり短いSSでしたが、支援して下さった方有り難うございます。
また、SS作る時は宜しくです。ではノシ

124 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 23:19:31.23 ID:7FzGB6SO [5/6]
バッドかぁ。
需要がありそうなら書いて見ますけど、どうですか?

129 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/04/07(水) 23:43:41.40 ID:7FzGB6SO [6/6]
デレデレは一から作らないといけないのでかなり時間が掛かります

バッドですが、取り敢えず構想はあります。どうバッドエンドになるかは、此処では伏せさせて下さい

コメント

No title

クロコ可愛いすぎw

黒子とクロコの絡みが良いなwww

固法先輩ムサシノ牛乳飲み過ぎワロタwww

こんなに不愉快なSSは初めてですよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。