FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫神「……ビタミンウォーター?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 06:51:26.47 ID:rgZBo9rh0 [1/11]
TV「そんざいかあああああああああん!!」

………

姫神「………」ジー

姫神「ビタミンウォーター…これで私も構ってもらえる…っ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 06:54:48.14 ID:rgZBo9rh0 [2/11]
コンビニにて

姫神「見つけた…」

姫神「すいません…」

店員「(仕事中で気づかない)」

姫神「すいません…」



姫神「すいません…」

店員「あ! 申し訳ございません。 お待たせしました!」(ちょ、いつから居たのこの人www)

姫神「いえ、つものことなんで…」

姫神(こんなことも今日で終わりなのね…!)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 06:57:39.14 ID:rgZBo9rh0
姫神「早速飲んでみよう…」ゴクゴク

姫神「ん…何か変化は…」

姫神「………飲んだら叫ばないといけないとか…?」

スゥー

姫神「そ…そんざいかぁぁぁぁん!!」

上条「おい…街中で何やってんだ…」

姫神「!!」

姫神(やった!声をかけられた!!)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 07:02:07.12 ID:rgZBo9rh0
上条「どうしちまったんだよ一体…頭でも打ったのか?」

姫神「いや…それより」

上条「スルーかよ…なんだ?」

姫神(私がスルーする側になるとは…すごい効き目…)

姫神「私にいつもと変わった所はないか?」

上条「だからさっき叫んでたじゃん。充分いつもと違うだろ…」

姫神(いつもとの違いまで見つけてもらえた。これは本物かもしれない)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 07:06:26.29 ID:rgZBo9rh0
上条「なんだ 悩みでもあるならこの上条さんが…」

姫神「ありがとう 私の悩みはたった今無くなった…」

上条「……そうかい…。じゃあ、元気でな!」 テクテク

姫神(それにしてもすごい効き目…)

姫神(………買い占めるしかない…)

先ほどのコンビニへ…

店員「いらっしゃいませー」(あれ、さっきの人また来たよ…今度は気をつけてあげよう)

姫神(入店時に挨拶…だと… はじめてかもしれない…)

9 名前:書き溜めは無い。そして思いつきなので急に止まるかもしれません。[] 投稿日:2010/04/08(木) 07:13:40.55 ID:rgZBo9rh0
姫神「在るだけ買おう…」(ガサゴソガサゴソ)

店員「…」(ずいぶん大量に買うんだな…)

姫神「お…重い…しかし…コレがあれば私だって…レギュラーキャラくらいに格あ…げ…」

店員「あ、ありがとうございます~」(こんなに大量にどうすんだよwww)

姫神(し…しまった、これではうちまで持って帰れない…)

姫神(どうしようか…)

上条「なんだこの量…しょうがねぇ!俺が持ってやるよ!」ヒョイ

姫神「!」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 07:15:59.06 ID:rgZBo9rh0
………

上条「しっかし…何本あるんだ…?」

姫神「わからない…あるだけ買ったから」

上条「お前なぁ…なんでビタミンウォーターばかりこんなに沢山…」

姫神「私には…」

上条「んー?」

姫神「私には…存在感が無いから…!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 07:19:06.79 ID:rgZBo9rh0
上条「はぁ? 充分インパクトあんだろ。その巫女服に黒髪。雰囲気それに~…」

姫神「でも…私は…もっと出番が欲しかった…」

上条「出番? なんだそりゃ」

姫神「もっと構って欲しかった…!」

上条「……なぁ」

姫神「…?」

13 名前:俺にはやっぱ無理なようだ、強制終了させますん。[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 07:29:08.80 ID:rgZBo9rh0
上条「どんなことを出番って呼ぶのかはしらないけどさぁ~」

姫神「それは…もっとアニメのバトルシーンなどを…」

上条「はぁ?何意味わからない事を…でもまぁ、そういう出番が無いってことは、お前が平和の中に居て、幸せに生きてるってことじゃねーのか?」

姫神「…」

上条「俺は姫神が無事生きてるってだけで 充分だとおもうけどな」

姫神「…!」

上条「お前が納得するかはしらねー。だが俺はそれで充分嬉しい。」

上条「寂しくなったら電話でもくれりゃいいじゃねーか。上条さんがお相手するぜ」

姫神「…あ、あの」

上条「それにしてもコレって最近CMでやってる、存在かーんとか言うやつだろ?」

姫神「!!」

上条「悩んでたんなら、飲み物に頼るより俺たちに頼れ!友達なんだから」

姫神「友達…」

上条「まぁー、そんなで必死になってる姫神もかわいかったけどな!ははは!」 

姫神「な…かわ…っ」

14 名前:誰か適当に思いついたら書いてくれると 俺も喜びます。[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 07:37:12.19 ID:rgZBo9rh0
荷物を運び終わって…

上条「よし、と。 しかし50本も買うなんてなー」

姫神「重たかった…」

上条「粗末にだけはすんなよな~」

姫神「そ…その。ありg」

上条「んじゃー俺は帰るわ。 またなー!」

姫神「あ…待って。 私…私は…」

上条「~~♪」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 07:44:20.13 ID:rgZBo9rh0
────
──

姫神「………」

姫神(行ってしまった…)

姫神(…可愛いって言われた…)

姫神(でも最後はやっぱり話を聞いてもらえなかった…)

姫神(飲料を飲んでから既に1時間と少し…もしかしたら…)

姫神(飲み物に頼るなとは言われたけれど…やっぱりこの飲料の力なのでは…?)

姫神(このヒロインフラグは折るわけには行かない…よし)ゴクゴク

姫神「そんざいかああああああああああああん!!!」

姫神(ヒロインの座は私が…!)
─────
美琴「ん…なんか寒気が…」

黒子「あらあらお姉さま 寒いんでしたらワタクシと肌を寄せ合って…オゴッ!!」 ドゴッ!

美琴「余計寒いわ!!バカ!!」
─────
禁書「んー。なんだかとっても嫌な予感がするんだよ…」

夜勤明けだからつかれまいた。頭働かないので続きは人任せということで…おやさいなさい

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。