FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼馴染「透視ねぇ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 21:06:04.03 ID:5hoaQLWq0 [1/2]
男「信じてないね」

幼馴染「まぁねぇ」

男「ま、俺は知らないけど」

幼馴染「そんなこと言われてもね」

男「証明する?」

幼馴染「ん?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 21:11:42.00 ID:5hoaQLWq0 [2/2]
男「下着の色とか当てればいいの?」

幼馴染「うーん」

幼馴染「あてずっぽで当たらない?」

男「普通の下着なのか?」

幼馴染「普通だけど」

男「じゃあ、ブラも当てれば」

幼馴染「うーん」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:03:23.13 ID:oCsN5Zoj0 [2/18]

男「んじゃとりあえず見るねー」

幼馴染「どうせ無理だと思うけど」

男「そんなこと言えるの今のうちだぜ」

幼馴染「ほら、さっさとやって見せなよ」

男「後で泣くなよ。・・・はっ~・・・」

幼馴染「ぶっ。なにそれ、掛け声?」

男(・・・よし、いいぞ。見えてきた・・・)

男(・・・どれどれ、これは・・・、分かりづらい・・・肌色・・・?)

男(・・・案外地味――)

男「ぶふッ!!??」

幼馴染「ちょっ、なに!?」

男「・・・はぁー、はぁー」


男(こいつ・・・、ブラしてねぇっー!!??)


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:09:18.00 ID:oCsN5Zoj0 [3/18]

男(ちょっ、えぇっ!?どういうこと!?どういうこと!?)

男(こいつなんでブラしてないの!?なんで!?え!?)

幼馴染「・・・えーなに急に。大丈夫?」スッ

男「近づくなっ!!」バッ!

幼馴染「はぁ?心配してんのに・・・」

男「いや、ちょっとまって混乱中・・・」

幼馴染「・・・あ。さては出来なかった言い訳考えてるっしょ?」

男「!!」

幼馴染「やーっぱ嘘だったね、透視なんて。バッカみたい」

男「嘘じゃなっ・・・!!」

男(見えたんだよ!見えすぎた!見えちまった・・・!!)

男(そんなこと、言えねぇだろぉぉぉぉぉ!!!)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:14:29.09 ID:oCsN5Zoj0 [4/18]

幼馴染「・・・ふーん。じゃあ見えたんだ」

男「は・・・」

幼馴染「言ってみてよ」

男「ななななにを」

幼馴染「とぼけんなよー。私のブラの色!」

男「あ、ああ・・・。色ね・・・」

男(付けてねぇだろぉぉぉ!!)

幼馴染「ほら、言ってみ?」

男「・・・と、透め・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・ではなくー、えーとー、えー・・・」

幼馴染「早くギブアップしたらー?」

男「いや待てよー、えー・・・」

男(ちくしょぉぉぉどういうことなんだよぉぉぉぉ!!!)


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:19:51.01 ID:oCsN5Zoj0 [5/18]

男「・・・水色」

幼馴染「へ?」

男「水色・・・かなぁ・・・、ぼやけててよく見えないけど、うん」

男(ブラつけてないだろなんて言えるかっ!!)

幼馴染「・・・ブー。はずれ」

男(そりゃそうだッ!!!)

男「・・・えーマジかよー」

幼馴染「ほーら嘘っぱちだ」

男「ううう嘘じゃねーんだけどー・・・。あれー?調子悪いんかなぁー・・・」

幼馴染「んじゃ気が済むまで見てみればー?」

男「ッ!!・・・おーう、じゃあもう一回・・・」

幼馴染「どうせならパンツも当ててみれば?」

男「・・・そそそーだなー、サクッと当ててくかー!はは・・・」

男(たまたま付け忘れたんだよなぁ、そうなんだよなぁ・・・?)


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:24:58.95 ID:oCsN5Zoj0 [6/18]

男(まさかいつもつけないなんて事ねーよなぁ・・・!?)

男(それじゃあ痴女だよなぁ!?勘弁してくれよぉー・・・!!)

幼馴染「あ」

男「ななななにっ!?」ビクッ

幼馴染「・・・なんでキョドってんの?」

男「べべべ別に普通」

幼馴染「ほんとー?」

男「ホントホントー・・・!」

男(そりゃキョドるわ!幼馴染が痴女かどうかの瀬戸際なんじゃい!!)

幼馴染「怪しいなー。なんかキモい」

男「そっ。そりゃあさ、女の子の体マジマジと見るなんて緊張するしー・・・」

幼馴染「え・・・?」

男「あ、いや、うん。ごめんキモいよな、ははは。・・・さーてホンキで当てるぜー・・・!」

幼馴染「・・・あ、うん・・・」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:30:07.51 ID:oCsN5Zoj0 [7/18]

男「よ、よーし」

男(ブラをつけてないのはなんらかの理由がある。つまり、セーフだ・・・」

男(しかーし、パンツではどうか?)

男(パンツを履かないなんて痴女以外の何者でもない)

男(・・・つまり!パンツさえ履いていればコイツはシロ!うん、そうに決まってる!!)

男(・・・パンツなんて誰でも履いてるよなーそうだよなー)

男(パンツだけでも当てちまえばこっちの面目は・・・)

幼馴染「・・・早く見れば?」

男「・・・お、おう」

幼馴染「・・・言っとくけど、当てずっぽうになるから一回だけね」

男「よ、よーし。張り切んねーとな!ははは・・・」

男(余裕!パンツくらい余裕!当てられる!いける!)

男(よーしよーし、信じてるぜぇー・・・。頼むぜぇー・・・)


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:35:40.25 ID:oCsN5Zoj0 [8/18]

男「・・・はぁ~・・・!」

幼馴染「なーに熱くなってんだか」

男「・・・うるせーな、真剣なんだよ俺は・・・」

幼馴染「こんなことに真剣とか、キモ」

男「・・・はぁ~・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男(・・・よし、いける、いけるぞ・・・)

幼馴染「・・・そんなに、私の下着見たいの?」

男(・・・上は見るな上は見るな・・・集中して・・・)

幼馴染(・・・私、ずっと女として見られてないと思ったから・・・えーっと・・・」

男(・・・よしよし、いいぞ、いいぞ・・・)

幼馴染「・・・と、とにかく、そ、そんなに見たいんなら・・・」

男(見える、見えるぞ、見え――)


男「――勘弁してくれよッ!!!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:41:28.98 ID:oCsN5Zoj0 [9/18]

幼馴染「ふあっ!?」

男「なんてこったぁぁぁッーーー!!!」

男(見えねぇー!パンツが見えねぇー!!)

男(キャンセルだー!強制キャンセルだぁー!!)

男(駄目だマジだうわぁー!クロだぁーー!!)

幼馴染「えっ、あ、な、なに?どうした?」


男(俺の幼馴染痴女だぁーーーーー!!!!)


幼馴染「な、なにを勘弁するって・・・?」

男「・・・いや、ななななんでもない・・・」

幼馴染「やっぱ、私の・・・」

男「お前のッ!下着!見えた!」

幼馴染「えっ・・・?」

男「見えた見えた!もーバッチシ!任せて!!!!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:47:53.14 ID:oCsN5Zoj0 [10/18]

幼馴染「そ、そんな熱くなるなよ・・・」

男「熱くなるって!お前のパンツだぜ!?」

幼馴染「・・・ッ!!」カアッ

男「熱くもなるってー!真剣だからさぁー!いやぁ参ったよー!!」

幼馴染「へ、へぇ~・・・」ドキドキ

男「おう!」

男(ヒー馬鹿になんねーとやってらんねーわぁ!!)

幼馴染「・・・で」

男「んー?」

幼馴染「な、何色だった・・・?」

男「あー!えーっとなぁー・・・」

幼馴染「うん」

男「・・・黒!黒だろー!?いやー、結構大人っぽい下着つけてんのなぁー!」

男(ホントはつけてませんけどなー!!まかせて!俺誰にも言わないからー!!)


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:53:45.02 ID:oCsN5Zoj0 [11/18]

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・あれー、ちちち違ったー?おかしいなぁー!」

男(安心しろー!俺だけの秘密だからー!)

男(お前の性癖馬鹿にしたり、お前と距離置くなんてことしないからー!)

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「あー、やっぱまだ精度悪いのかなぁ?なんてなー?はははー!」

男(人それぞれいろいろあるし!うん!そりゃちょっと心配だけどさ!)

男(それはお前の身の危険の心配であって、お前の行動は受け止めるからー!)

幼馴染「・・・よ」

男「んじゃーさー!もうちょい練習するからさー!またお前の」


幼馴染「・・・よく、分かったね」


男「・・・ホワッツ」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 22:58:00.92 ID:oCsN5Zoj0 [12/18]

男(あれー?あれあれー?んー?)

幼馴染「もしかして、覗いてたり・・・」

男「いやいやはは、まさか、え?もしかして」

幼馴染「えーじゃあたまたま?」

男「・・・・・・・・・」

男(お前、黒どころか白も水色もなにもつけてないじゃん!肌色じゃん!)

男(なにが当たったって?えぇー!?)

幼馴染「怪しいなー」

男「じ、実力だっての!ほら、信じたろ?透視?」

幼馴染「どうかなー」

男「はは・・・」

男(こいつ・・・まさか・・・)

幼馴染「んじゃ、今度は柄付きでやろーよ、それなら正確っしょ?」

男(自分の痴女隠すために、下着つけてるフリしてんのー!!??)


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 23:04:38.47 ID:oCsN5Zoj0 [13/18]

男「お、おお!臨むところだぜ!」

幼馴染「望む・・・」ドキドキ

男(・・・な、なんて狡猾な痴女なんだっ・・・。怖っ・・・!!)

男(つーかそこまで俺の透視能力信じないわけ!?)

男「よーし、んじゃ次も当てて、絶対信じさせてやるかーははー・・・」

幼馴染「やれるもんならやってみろって」

男「おーう任せろー!」

男(いっそ言ってやろうか!?俺がココまで気ぃ使ってんのに・・・)

男(・・・駄目だ!俺が居たたまれない!なんか弱み握ったみたいで気持ち悪いっ・・・!)

男(紳士だ、俺は紳士だ。紳士は黙るぜェー。お前とは長い付き合いだしよォー・・・)

幼馴染「あー、くっだらない。あんたが変なこと言い始めるからさぁ」

男「ま、まぁいいじゃん。それよりどうする?久々にスマブラでもやっか?」

幼馴染「んー・・・。やめとく。今日はもう帰ろうかな」

男「そ、そっか。おっけ、分かった。またいつでも来いよ」

幼馴染「ん。じゃあ明日にでも。CD借りてくねー」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 23:11:45.90 ID:oCsN5Zoj0 [14/18]

男「じゃーなー」

幼馴染「ばいばーい」

・・・パタン

男「・・・・・・・・・」

男「・・・うわー!焦ったぁぁぁ!!!」

男「なんだアイツなんだアイツなんだアイツ!!!」

男「いつから!?いつからノーブラノーパン!?」

男「いつも!?いつもなの!?」

男「うわー駄目だってやばいってー!うわー!!」ゴロゴロゴロ

男「・・・うわー」ピタッ

男(・・・いままでここに、アイツが居たのか・・・)

男「・・・・・・・・・」

男「・・・うわー!マズいって馬鹿!ちくしょー!あのやろー・・・!!!」

男「俺は紳士俺は紳士俺は紳士俺は紳士俺は紳士・・・」ゴロゴロゴロ・・・


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 23:15:53.32 ID:oCsN5Zoj0 [15/18]
――幼馴染の部屋

幼馴染「・・・焦ったー。何が透視だよ、結局なんにも見えてないし」ボフッ

幼馴染「見えてたら、ヤバかったな。もうアイツのとこなんて行けないよ」ゴロン

幼馴染「・・・・・・・・・」

幼馴染(・・・あぁ、でも・・・。ちょっと、見られたかったかも・・・)

幼馴染(ヤバいのは分かってるけど、でも・・・)ギュッ・・・

幼馴染「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・駄目っ、バカ!私ホントバカ!!今だってもうヤバいのに・・・!」バタバタ

幼馴染「・・・・・・・・・」

幼馴染(アイツ、私の下着・・・見たいのかな・・・)ギュゥ

幼馴染(・・・私は、いつも、もっと、見てもらいたいのに・・・)

幼馴染「・・・んっ・・・」ピク

幼馴染(・・・あぁ・・・もう・・・)

幼馴染(アイツの・・・バカ――)


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/03(土) 23:59:54.15 ID:oCsN5Zoj0 [18/18]
――次の日

男「・・・・・・・・・」

男「・・・はは・・・紳士失格だ・・・俺・・・」

ガチャ

母「起きてっかー」

男「・・・うーい」

母「あれ?珍しい。早起き?」

男「逆」

母「なるほど。ご飯できてるよ」

男「たまには食うかぁー・・・」

母「早く起きてきな、たまにはのんびり学校行け」

男「んー・・・」

母「ああそうそう。お母さん、お父さんと夜出かけてくるから。夜飯どうする?」

男「テキトーに食う・・・」

母「はいよー」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:06:05.99 ID:xJ5AwllO0 [1/47]
――学校

男「・・・眠すぎて逆に眠くない・・・」

友「おろ?今日早いんじゃねー?」

男「俺は悟りを開いたかもしれん」

友「なにお前、変なもん食った?」

幼馴染「・・・・・・・・・」

友「あっ。おーい!なんかコイツ変なんだけどー!」

幼馴染「私に聞かないでよ」

男「う・・・」

友「なんか知んない?」

幼馴染「知らない。・・・あ、CD忘れた。家行けば大丈夫?」

男「んー良いよ」

友「俺も行って良い?」

男「お前は『ヒューヒュー朝からお熱いねぇ!』って言ってれば良いんだよ」

友「お前さ、友人ポジションを舐めてるだろ」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:14:13.61 ID:xJ5AwllO0 [2/47]

女「・・・ヒューヒュー朝からお熱いねぇ!」

幼馴染「・・・役割破壊・・・」

友「ちょ、ちょっと待って。ホントに俺の役割ってそこだけなの?」

女「何の話?」

男「なんでもないです」

女「ねぇねぇ、何で彼こんなにテンション低いわけ?」

幼馴染「私に聞かないでよ・・・」

友「悟りを開いたらしいよ」

男「なんか、ごめんなさい」

幼馴染「はぁ?」

男「・・・いや、俺が謝るのはおかしいだろっ!!」

幼馴染「さっきからなに言ってんの!?」

女「あんまり調子悪いようなら保健室行けな」

男「・・・了解です・・・」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:22:07.35 ID:xJ5AwllO0 [3/47]

先生「――で、あるからして~」

男(・・・・・・・・・)

男「・・・はぁ~・・・!」ボソッ

男(・・・女ちゃんは・・・、紫?か」

男(委員長は・・・白。うん、目によろしい)

男(・・・あー、あの子は縞々・・・こっちは水玉・・・)

男(んで、アイツは・・・)

男「・・・・・・・・・」ジー・・・

男「・・・!」ガツン!

先生「・・・どっ、どうかしたか!?」

男「・・・なんでもありませぬ・・・」

先生「そ、そうか・・・。静かにな」


男(・・・なんでアイツ学校でも着けてねーんだよぉぉぉ!!??)


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:26:25.77 ID:xJ5AwllO0 [4/47]

男(・・・ちょっと待ってぇ・・・嘘でしょ・・・)

男(そこまでなの!?そこまでなのかお前!?)

男(それで今までフツーにしてたのか!?おい、おかしいだろ!!)

男(うおぉぉぉぉぉ!!)ガツン!ガツン!ガツン!

友「お、おい?ど、どうした・・・?」

先生「なんだ、何があった!?」

男「・・・先生ッ!!」

先生「はいっ!?」

男「・・・保健室に・・・行ってきます・・・!!」

先生「・・・あ、ああ。気を付けろよ・・・」

男「・・・・・・・・・」フラフラ

・・・パタン

幼馴染「・・・なんだ、アイツ」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:35:01.10 ID:xJ5AwllO0 [5/47]

キーンコーンカーンコーン・・・

男(アイツは痴女でぇ・・・)

男(俺は別に、アイツの性癖なんか気にしないわけでぇ・・・)

男(そりゃあ、反紳士的な行動は犯してしまったわけだが)

男(・・・ヒくとかそういうのは、無いし・・・)

男(・・・・・・・・・)

男(・・・嘘。ごめん、やっぱちょっとヒくわ・・・)

男(・・・でも、それでアイツのこと別に避けたりしたくなるわけじゃないし・・・)

男(・・・・・・・・・)

男(・・・なのに)

男(なのになんで、俺こんなモヤモヤしてんだ・・・?)

ガラッ

幼馴染「・・・失礼しまーす」

男「!?」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:44:10.63 ID:xJ5AwllO0 [6/47]

幼馴染「起きてるー?」

男「・・・寝てるー」

幼馴染「起きてんじゃん、バカ」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・なに、ホントに具合悪いの?」

男「・・・誰のせいだと・・・」ボソッ

幼馴染「ん?なに」

男「・・・べっつにー!ただの寝不足」

幼馴染「そんなことだろうと思ったよ」

男「あと、透視のしすぎ?」

幼馴染「まだ言ってる」

男「・・・信じてねーんだもんなー」

幼馴染「仮に本当だったとしたら、アンタ相当変態じゃん」

男「・・・・・・・・・」

男(・・・おめーにだきゃぁ言われたくねぇぇぇぇ!!!)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:49:27.73 ID:xJ5AwllO0 [7/47]

幼馴染「んじゃ、今日はもう透視やめとく?」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「まーそんなことどーでも良いんだけど。早く帰ろう」

男「お前、そーいうの嫌いなんじゃねーの?」

幼馴染「仕方ないでしょ、頼まれたんだから」

男「誰に」

幼馴染「先生とか」

男「あー・・・」

幼馴染「今日ホント、変だったよ?」

男「ちょっと悩んでてなぁ・・・」

幼馴染「へぇ。珍しい」

男「でもなんか、すげぇ下らないことで悩んでる気がしてきた・・・」

男(そもそも何故俺が悩んでいるのだろうか・・・)


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 00:54:17.83 ID:xJ5AwllO0 [8/47]

幼馴染「まだ寝てる?」

男「いや、帰る帰る」

幼馴染「んじゃ、早く行こ。鞄」

男「お、サンキュー・・・」

ガララッ・・・

男(・・・すっごく気の付く彼女ですが・・・)

男(パンツ履いてませんっ!痴女です!!)

幼馴染「・・・なに」

男「なっ、何でも・・・」

幼馴染「ふーん。早く歩けよ」

男「いやっ!階段はお前が先降りろよ!」

幼馴染「はぁ?」

男「れっ・・・レディファースト・・・」

幼馴染「小さすぎだろ・・・」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:00:38.08 ID:xJ5AwllO0 [9/47]

男「・・・・・・・・・」トボトボ

幼馴染「・・・ねぇ」

男「んっ!?」

幼馴染「なにキョドってんの」

男「いやー普通普通!・・・で、なに?」

幼馴染「・・・すっごい例えばの話なんだけど・・・」

男「おう」

幼馴染「・・・私がさ」


幼馴染「・・・ものっすごい秘密とか持ってたら、どうするよ」


男「・・・持ってんの?」

幼馴染「例えば」

男「え、あーうん」

男(持ってんだろ・・・)


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:06:01.58 ID:xJ5AwllO0 [10/47]

幼馴染「どう?」

男「どうとは」

幼馴染「いやー、だから・・・」

男「・・・つーか、どっち系の秘密?」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・ひ、ヒいちゃうような」

男「・・・も、持ってんの?」

幼馴染「例えば!」

男「あー、あー。うーん・・・」

男(ダウトォ!と言ってやりたいとこだが・・・)

男(・・・・・・・・・)

男(・・・俺、知ってんだよなぁ。秘密)

男(・・なーんか、セコい気がする・・・)


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:10:18.86 ID:xJ5AwllO0 [11/47]

幼馴染「どうする?」

男「・・・どうもこうも、いいんじゃねーの?」

幼馴染「いい、ってのは?」

男「俺は、ソレがなんなのか全然分かんないけど・・・」

男(・・・ホントは知ってるけど・・・)

男「・・・んー。ヒいちゃう系?」

幼馴染「ヒいちゃう系」

男「んじゃ、俺はヒかないっと」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男(実際ヒいて無いし・・・)

男「・・・ごめん、やっぱちょっとヒくかも」

幼馴染「どっちだよ・・・」

男「いやーでも、ソレ踏まえても、ってなると思うよ?」

幼馴染「・・・ふーん」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:16:19.05 ID:xJ5AwllO0 [12/47]

男(・・・実際、なってんだけど!)

男(なんだこれ・・・打ち明けてぇ・・・、ムズムズする・・・)

男(でも爆発すんの俺じゃなくてコイツだからなぁ・・・)

男(・・・あーなんで俺が悩んでんだ)

幼馴染「ほい、着いた」

男「お、おう。悪ぃなわざわざ」

幼馴染「近いんだから良いって。今日はもう寝なよ」

男「言われなくてもそーするわ」

幼馴染「CD、明日で良い?」

男「いつでも良いって。じゃあな」

幼馴染「ん。ばいばい」スタスタ

男(・・・あー、歩ってるよ。ノーパンで・・・)

男(変態だー、うわー変態だ。むしろすげーよ)

男(そんなに見られたいのかぁ?おかしいだろっ!)

男(・・・おかしいだろー・・・)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:53:33.77 ID:xJ5AwllO0 [15/47]

バタン

幼馴染「・・・ふっ、二人で、帰って、来ちゃっ、た・・・」ヘナッ

ペタン

幼馴染(あ~~~・・・、ヤバかった。非常に)

幼馴染(・・・・・・・・・)

幼馴染(・・・立てない。せめて部屋行ってからじゃないと・・・)

幼馴染「・・・んっ」ピクン

幼馴染(・・・あー)

幼馴染(いつまで、こんなこと続けてんだろ・・・)

幼馴染(・・・・・・・・・)


――いやーでも、ソレ踏まえても、ってなると思うよ?


幼馴染「・・・嘘、つけ」

幼馴染(・・・分かってるよ、分かってる)

幼馴染(ホント、どうしよっかな。私のコレ・・・)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:57:38.91 ID:xJ5AwllO0 [16/47]
――夜

男「・・・確かに、出かけるとは言ってたけど」

男「なにも家に食べ物が無いってのは酷すぎじゃありませんか」

男「・・・・・・・・・」

男「外で食うのもなー、なんだかなー」

男(・・・コンビニでテキトーに買って、家で食うか)

男「そ、う、と、き、ま、れ、ば~」

ガチャン、バタン

男「鍵鍵、っと」

・・・ガチャン

男「おっけー」

バタン

幼馴染「・・・あ」

男「あ」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:01:47.59 ID:xJ5AwllO0 [17/47]

幼馴染「・・・へぇ、今日おばさんいないんだ」

男「いつまでも仲良くて困っちまうよなー」

幼馴染「良いじゃん。良いことだよ」

男「いやーお前んとこみたいに、なんつーか歳相応の仲の良さって言うか」

幼馴染「んー。ウチってあんまり出るの好きじゃないし」

男「お前は好きだけどな」

幼馴染「アイス食べたくなるじゃん。アイス」

男「まぁなー」

男(・・・コイツ、まさか今も・・・)

男「・・・はぁ~・・・」

幼馴染「あー何買おうかな。そろそろ雪見大福も終わりの季節か・・・」

男(・・・よし、見える、見えてきて・・・)


男(・・・履いてる、だと)


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:07:00.55 ID:xJ5AwllO0 [18/47]

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「もうスイカバーって出てる?」

男(・・・何故ちょっと残念がってる俺・・・)

幼馴染「ねぇ」

男「えっ?あー。まだ早いんじゃね」

幼馴染「そっかー。思い出すと食べたくなるなー」

男(・・・いやでも、ほっとした)

男(てっきりストリーキングも好きかと・・・。ああでも・・・)

男(・・・んー?なんで俺ここまで安心してんだー・・・?)

幼馴染「何買うの?」

男「・・・ん、あー、えーと。今おにぎり百円だっけ?」

幼馴染「土日で終わった」

男「ああそう・・・。じゃあ弁当かな」

幼馴染「新しいおにぎり旨いよ。炊き込みご飯ってやつ。味付け海苔になってて」

男「そんなんあんの?うわー、ノーチェックだった、買おう」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:11:11.28 ID:xJ5AwllO0 [19/47]
――コンビニ

男「・・・ねぇよ炊き込みご飯!!」

幼馴染「この時間は少ないよ」

男「うわー信じらんねぇ・・・買う気になってた・・・」

幼馴染「早くアイス選び行こうぜ」

男「アイスで腹が膨れるか!」

幼馴染「んじゃ先見てるよ?」

男「あーちょっと待って。買ってやるから」

幼馴染「・・・え。なに急に。キモい」

男「いやー罪滅ぼしというかなんというか・・・」

幼馴染「は?アンタ私になんかしたの?」

男「いやこっちの話!うん!大丈夫!」

幼馴染「・・・・・・・・・」ジー

男「・・・さぁアイス選び行こうぜ!俺、『爽』!」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:18:52.64 ID:xJ5AwllO0 [20/47]

幼馴染「――レジ遅い」

男「この時間って混むよな」

幼馴染「みんな行くとこ無いの?」

男「行って帰ってきたとこっしょ」

幼馴染「あーそう」

男「そろそろ腹が限界だわー」

幼馴染「・・・あ」

男「なに」

幼馴染「あそこ、見てみ?」

男「んー?」

中年「・・・・・・・・・」キョロキョロ

幼馴染「・・・さっきからずっと居るよね、服装も怪しいし」

男「人を見かけで判断するのはよそうぜー」

男(お前のような痴女も世の中に居るのだ・・・)


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:25:38.49 ID:xJ5AwllO0 [21/47]

男「・・・まぁ確かに怪しい、ってか怪しすぎる・・・」

男(目深帽にサングラス?どんだけ顔見られたくないわけ?)

店員「お待ちのお客様どうぞー」

幼馴染「あっ。私ら行けるよ、ほら」

男(・・・よーし、顔見てやろ。野郎を視るのは趣味じゃないけどー・・・)

男「おう、ちょい払っといてー」ポン

幼馴染「うん?」

男「・・・はぁ~・・・」

男(おっ見える見える。・・・なんだ、普通のおっさんじゃねぇか。おどおどすんなよ・・・)

店員「お箸お付けしますかー?」

幼馴染「あ、お願いします」

男(・・・よし、汚ぇおっさんの体見る前に、解除解除――」


男「――ちょっとまて、アレピストルじゃね?」

幼馴染「は?」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:30:24.96 ID:xJ5AwllO0 [22/47]
夜食きゅうけーい!!!

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:39:04.90 ID:xJ5AwllO0 [23/47]
ふぅ・・・

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:40:53.41 ID:xJ5AwllO0 [24/47]

店員「ありがとうございましたー」

男「おおおお前、ちょっとコレ持って表出てろ」

幼馴染「なに、急に・・・」

男「早く!」

幼馴染「う、うん」タッタッ

男「・・・・・・・・・」

スタスタスタ

中年「・・・・・・・・・」キョロキョロ

男(どどどどうする?どうする?俺喧嘩したことないし・・・!)

中年「・・・・・・・・・」

男(・・・後ろから・・・回り込んで・・・)

中年「・・・!」ビクッ

男「――りゃっ!!」バキッ!

中年「ぐえっ・・・!!」ドシン!


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:45:11.73 ID:xJ5AwllO0 [25/47]

男「うわっ、うわわわわ!」ガシッ

中年「ぐっ・・・!」

男「・・・だだっだだだだ出せやこらぁっー!!」

店員「お、お客様っ!?」

中年「ひっ、ひぃーっ!!」

男「知ってんだ、ここの・・・」ゴソゴソ

男(ひぃぃぃー暴発とかやめろよぉぉぉー!!)

中年「やめっ・・・ぐ・・・」

男「・・・おらぁ!」


・・・コトンッ--


店員「――ッ!!」

中年「あっ・・・」

男「・・・け、けーさつ呼んで!!」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:51:19.77 ID:xJ5AwllO0 [26/47]

客「きゃあぁぁぁー!!」

店員「も、もしもし警察ですかっ!?け、拳銃を持った男が・・・」

男「おおお大人しくしてろよ!!」

中年「クソっ、なんで、なんで・・・」

男「・・・あ」

男(見つけた理由を説明できない・・・!)

男(透視なんて信じてもらえないし、信じてもらえたら捕まるわ俺!!)

店長「おい君!大丈夫か!!」

男「えっ、あ、はい!」

店長「変わるよ、俺が取り押さえる」

男「あっそうですかじゃあお願いします!」ダッ!

店長「あ!?待って君には・・・!」

男(逃げるっきゃねーな面倒臭ぇっ!!)


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 02:54:58.78 ID:xJ5AwllO0 [27/47]

幼馴染「――おいっ!!」

男「よし、いーところに!」

幼馴染「な、なにがどーなって・・・」

男「逃げるぞ!!」

幼馴染「なっ!駄目でしょ!?」

男「いいから!いろいろ面倒だから!!」

幼馴染「アンタ怪我はっ!?」

男「無ぇよんなもん!走れ!ほらっ!」

幼馴染「う、うんっ」

ダッダッダッダ・・・

男「・・・とりあえず俺んち来い!」

幼馴染「わ、分かった!」

男「・・・あーもうあの店行けねー!!」

幼馴染「・・・・・・・・・」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:00:57.57 ID:xJ5AwllO0 [28/47]
――男の部屋

・・・バタン

男「・・・ふーっ、疲れたぁ」

幼馴染「はぁっ・・・はぁっ・・・」

男「・・・あー。息上がるわ」ゼェゼェ

幼馴染「ひ、久しぶりに、全力で走った・・・」

男「運動不足だなぁー・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」ゼェゼェ

男「・・・あー!飯食おう、飯!」

幼馴染「・・・なんで」

男「ん?」

幼馴染「なんで、分かったの?」

男「・・・あ」

幼馴染「見えたの?それとも・・・」


幼馴染「――視たの?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:04:59.14 ID:xJ5AwllO0 [29/47]

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・見えた」

幼馴染「嘘」

男「・・・お前、だって信じねーだろ?」

幼馴染「そりゃ、信じないよ。信じてないよ。でも」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・透視、してよ」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「今日の・・・、ううん」


幼馴染「・・・『今日こそは』、何色の下着着けてるか」


男「!!」

幼馴染「・・・答えてよ」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:09:35.53 ID:xJ5AwllO0 [30/47]

幼馴染「・・・当てられるんじゃないの」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「あの距離で、あのおっさんが拳銃持ってたの、見えないでしょ普通」

幼馴染「なーんか、ブツブツ言ってたし、ずっとおっさん見てるし・・・」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・拳銃の場所当てるより、簡単だと思うよ」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・上下」

幼馴染「・・・・・・・・・」


男「上下くらい柄そろえろよ。バーカ」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:14:25.26 ID:xJ5AwllO0 [31/47]

幼馴染「・・・っ」

男「だらしなさすぎ」

幼馴染「だらしない理由は、検討つくっしょ?」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・なぁんだ。全部、視られてたのか」

男「・・・ごめ」

幼馴染「謝んないで!」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・謝んの、私のほう、だから」

幼馴染「・・・ごめん」

男「・・・意味分かんない」

幼馴染「こんなんで、ホントごめん・・・」

幼馴染「キモいよね、すごく。それ知ってて・・・」

幼馴染「・・・知ったまま、無理に気使わせて、ごめん」

男「・・・・・・・・・」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:22:40.18 ID:xJ5AwllO0 [32/47]

幼馴染「・・・うん、ダメだ。ごめん」

幼馴染「もう、やめるから」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「忘れて。・・・っても、無理か、はは」

幼馴染「・・・うん、じゃあ」


幼馴染「・・・ばいばい」


ガチャ・・・



――その『ばいばい』に頷いたら、


    二度とコイツに会えなくなる。





男「・・・CDッ!!!!」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:28:48.05 ID:xJ5AwllO0 [33/47]

幼馴染「・・・ッ」

男「CD!お前、返してないんだけど!!」

幼馴染「・・・そんなん、いつでもいいじゃん」

男「駄目っ!今返せ!すぐ返せっ!!」

幼馴染「いつでもいいって、言ったくせに・・・」

男「借りたもんはちゃんと返さんかいっ!」

幼馴染「・・・じゃあ、今、とってくるから・・・」

男「CDなんてどーでもいいんだよバカっ!!」

幼馴染「・・・意味分かんないっ、言ってること滅茶苦茶ッ!!」

男「うるせー!とりあえずちょっと座れ!!」

幼馴染「ヤだっ!」

男「座んなくてもいいからドア閉めろっ!!」

幼馴染「なんでっ!?」

男「お前と居たいんだよバーカっ!!!!」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:34:32.70 ID:xJ5AwllO0 [34/47]

幼馴染「はっ・・・?」

男「いいか!なに勝手に自己完結してるか知んねーけどなぁ!!」

男「俺がどんだけ考えてたと思ってんの!?ソレをさぁ!!」

男「わけわかんないんだけどッ!!勝手に色々決めちゃわないでくんない!?」

幼馴染「だって・・・!おかしいじゃんっ!!」

男「おかしいかどうか決めんのはお前じゃねーし!!」

男「おかしいかどうか決めた後にどーするかも俺の勝手だしっ!!」

男「お前の考えとか言うのって、そのずーっと後だし!!」

男「だから!だからっ・・・!!」

幼馴染「・・・・・・・・・」ヘタッ

男「・・・なんか、急に居なくなりそうなの、やめて・・・」

男「俺とちゃんと、話して」

男「俺にちょっと、余裕くれてもいーじゃん・・・」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:38:19.11 ID:xJ5AwllO0 [35/47]

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「あ、アイス、溶けるぞ」

幼馴染「・・・いい」

男「お前、雪見大福って溶けるとマズイの、知んねーの?」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・まぁ、大体のアイスは溶けるとマズイんだけど」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・」ヒョイッ

幼馴染「・・・・・・・・・」パシッ

男「この寒いのにアイスとか・・・」

幼馴染「・・・自分で、買ったんじゃん・・・」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:50:21.76 ID:xJ5AwllO0 [36/47]

男「・・・・・・・・・」パクパク

幼馴染「・・・・・・・・・」パクパク

男「・・・・・・・・・」パクパク

幼馴染「・・・ヒいたでしょ」

男「・・・少しな」パクパク

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・理解できないし、なんつーか、『変』だとは思った」

男「・・・もっと言えば、理解したくもなんないわけで・・・」

幼馴染「・・・だよね」

男「・・・いつから、みたいなの聞いても良い?」

幼馴染「・・・結構、前。この部屋に来るときは大体」

男「へぇ・・・」

幼馴染「・・・学校とかは、最近。物足りないときとかに」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・ごめん。結局、アンタを利用してたわけ」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 03:54:38.12 ID:xJ5AwllO0 [37/47]

幼馴染「・・・ホント、バレたらどうするつもりだったんだろ。とにかくさ」

幼馴染「そういうスリルが、すごく良くて、気づいてからは、はまっちゃって・・・」

幼馴染「・・・ずっと、アンタを利用してた」

男「・・・ふーん」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・俺が今日言ったこと、覚えてる?」

幼馴染「・・・・・・・・・」


――いやーでも、ソレ踏まえても、ってなると思うよ?


男「あー・・・、もうそんとき、お前の『秘密』って、知ってたわけだけどー・・・」

幼馴染「・・・嘘でしょ」

男「嘘じゃねぇよ」

幼馴染「嘘だよ」

男「じゃあなんでお前と居るんだよ」

幼馴染「ソレは・・・」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:02:03.26 ID:xJ5AwllO0 [38/47]

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・俺、お前のその、性癖?知ってからさ。すげーモヤモヤすんの」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「あっ。ムラムラじゃねーよ痛ッ」グサッ

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・お前、雪見大福食べる棒が製造中止になったらどーすんだよ」

幼馴染「くだらないこと言うから」

男「・・・んで、なんでモヤモヤすんだろーなー、ってずっと考えてんだけど・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・お前が今さ、下着着けてんのって、俺と会うつもりが無かったからだろ?」

幼馴染「・・・!」

男「どうよ」

幼馴染「・・・なんで」

男「あー、やっぱそーか。・・・いやぁ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:07:01.94 ID:xJ5AwllO0 [39/47]

男「安心した」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「モヤモヤとれたー、スッキリ!」

幼馴染「・・・どういうこと?」

男「俺さぁ。なんつーか、上手く言えないんだけど・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・お前がその、プチ露出みたいなのするの、嫌みたいんだよ」

幼馴染「は・・・」

男「いや!誤解すんなよ!?お前のことも露出するお前も嫌じゃないんだけどー、えーっと・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・うん、そうだな。っと・・・」


男「・・・お前の露出の対象が、俺以外になんのが嫌みたい、俺」


幼馴染「――え」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:11:59.08 ID:xJ5AwllO0 [40/47]

男「・・・つーまーりー」ボリボリ

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「お前がさぁ、俺の部屋にパンツ履かないで来て、俺にバレそうになるスリル味わって・・・」

男「なんか、気持ち良いんなら、良いんだけどー」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・お前が、学校とか外とかで、俺以外の、よく分かんない奴にバレそうになるスリルで」

男「気持ち良くなんの、嫌だ、俺」

幼馴染「・・・それって」

男「・・・んー、だからー。そのー・・・、えー・・・」

男「・・・ジェラシー?的な」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・ごめん、やっぱなし」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:18:24.88 ID:xJ5AwllO0 [41/47]

幼馴染「えぇ!?」

男「いやだってー!キモいじゃん!なにそのジェラシーとか!信じらんねぇ!!」

幼馴染「じ、自分で言ったんじゃん!」

男「そりゃ他の焼きもちなら分かるけど・・・、えーなんか嫌だ!酷く!!」

幼馴染「で、で、でも」

男「・・・あれ、なんか顔赤くね?」

幼馴染「・・・!」バッ!

男「ん?あれ?照れた?プチ露出する人が照れるか?」

幼馴染「ちがっ・・・、だって!」グイッ

男「あっ!お前俺の布団散らかすなよ!」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・んなもんに包まっても、俺には見えるんだけど」

幼馴染「・・・・・・・・・」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:22:16.55 ID:xJ5AwllO0 [42/47]

男「・・・はぁ~・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・見える、見えてきたぞ・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「・・・顔が赤くなってますが・・・」

幼馴染「なってねーし」

男「・・・つか、なんで泣いてんだよ」

幼馴染「泣いて・・・ないし」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「お前、俺のこと見くびりすぎたんじゃねー?」

幼馴染「・・・え?」

男「俺の許容性、見くびりすぎたんじゃねーの」

幼馴染「・・・・・・・・・」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:29:21.74 ID:xJ5AwllO0 [43/47]

幼馴染「・・・私、相当変態だよ」

男「知ってる」

幼馴染「・・・今でも私、アンタに見てほしくて仕方ないくらいだよ」

男「ふーん」

幼馴染「・・・そんなん普通、嫌でしょ」

男「まぁ嫌かも知んないけど、意外とそーでもない」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「そんなんいくらでも踏まえて、付き合えるよ」

幼馴染「・・・私、見て欲しくて仕方ないんだよ」

男「じゃあ、見てやるし、視てやる」

幼馴染「・・・・・・・・・」

男「俺の部屋でだけな。そこは約束」

幼馴染「ジェラシーするから?」

男「うっ・・・。ま、まぁな」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:33:59.50 ID:xJ5AwllO0 [44/47]

幼馴染「・・・じゃあ一個、私も」

男「あん?」

幼馴染「私以外は、視ないで」

男「・・・・・・・・・」

幼馴染「・・・肯けよ!」

男「えー!?だって浪漫ですよ!?」

幼馴染「そんなん、ジェラシーするじゃん」

男「・・・善処しましょう」

幼馴染「・・・ぷ。バカみたい」

男「んー、だいぶバカだわ」

幼馴染「こんな関係、絶対無いよね」

男「無いなー、まず無い」

幼馴染「いいの?」

男「しつこい」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:40:33.38 ID:xJ5AwllO0 [45/47]

男「お前は俺にだけ見られてりゃ良いわけ」

幼馴染「じゃあ、私だけ視てよね」


――視える俺と、見せたいお前。

   この関係が、いくらでも上手くいく自信がある。


幼馴染「・・・どうせなら、もっと進んでみる?」

男「なっ・・・!」

幼馴染「いーじゃん、ほら」ガバッ

男「やめろバカ!!信じらんねぇ!!」

幼馴染「私、変態だし」

男「開き直りやがった!嫌だ痴女怖い・・・!!って待てっておわっ!?」



――この関係が、どこまでも続いていく自身がある。


END☆

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:44:36.87 ID:xJ5AwllO0 [46/47]
支援とかありがとう。ちょいちょい休憩挟んでごめんぬ。
のっとり&即興だからなんかよく分からんようになったけど仕方ないね・・・
最近保守SSばっかりだし、意地でも終わらせるのが俺のジャスティス。
とりあえずなんで>>60がばれたのか気になる。方言出てた?

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/04(日) 04:47:45.61 ID:xJ5AwllO0 [47/47]
解散っ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。