FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「缶けりやろうぜ!」一方通行(……?)

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:02:23.06 ID:y/1g4QeM0 [1/48]
pirr

一方通行「……、……」

pirrrr

一方通行「……っ、せェ……」

pirrrrrrr.

打ち止め「おっはよーってミサカはミサカは着信無視を決め込むあなたのベッドにダーイブッ!」

一方通行「ゥぐあ……ッ!」

打ち止め「ねえねえ携帯鳴ってるけど起きなくていいの? 出なくてもいいの? ってミサカはミサカは携帯を差し出してみる」

一方通行「いいから、上から退けェ……誰からだァ、電話」

打ち止め「んーと、上条当麻! ってミサカはミサカはにこやかに微笑みつつ友人のできたあなたを嬉しく思ってみたり」

一方通行(ンだァ、三下かよ)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:10:49.52 ID:y/1g4QeM0
一方通行「アー、眠ィ」

打ち止め「かけ直したほうがいいと思うってミサカはミサカは提案してみる」

一方通行「どうせくだらねェ用事だろォ……二度とメシは奢らねェ」

打ち止め「あ、また携帯光ってるよってミサカはミサカはサイレントモードに設定した携帯を見つめてみたり」

一方通行「ほっとけェ。それよりオマエ、朝食ったかァ」

打ち止め「ヨミカワとヨシカワと一緒に食べたのよってミサカはミサカは胸を張っちゃう」

一方通行(なら、めンどいからコーヒーでいいか)

打ち止め「……また携帯光ってるんだけど……出たほうがいいんじゃないのかなってミサカはミサカは相手を気遣ってみたり」

一方通行「朝からうっせェンだよォ、オレの機嫌の悪さくらい察しろってンだァ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:22:19.39 ID:y/1g4QeM0
一方通行「……もしもしィ」

上条『おう一方通行! お前起きるの遅いんだな! 何回も電話かけましたよ上条さんは』

一方通行(出たくねェだけだ)

上条『でさあ、今暇だろ?』

一方通行「ぜ、ン、ぜ、ン、暇じゃねェ」

上条『上条さん家の近くの公園に11時集合な。あ、砂場あってブランコもあるしわかりやすいと思うぞ』

一方通行「……なァに言ってやがンですかァ? 公園なンて腐るほどあンだろォが第一オレは暇じゃ」

打ち止め「わあっ、遊びに行くの? ミサカも行きたいなってミサカはミサカははしゃいでみるっ!」

一方通行「……、……」

上条『打ち止めも連れてこいよ! インデックスと気が合うみたいだし、大人数のほうが楽しいからさ』

一方通行「何しよォとしてンだよ、三下ァ」

上条『え? 缶けりだけど』

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:26:45.10 ID:y/1g4QeM0
一応前スレのネタを引きずる可能性があるので軽くまとめておく
・アクセラオーダーハイドアンドシーク…一方さん命名のかくれンぼ。超通行止め。
・ミサカ18264号…自称北欧出身の正直者。羊の誘拐もした。
・ジンギスカン…鍋にするとおいしい。
・イレソ…イエローレモンソープ。レモン石鹸。
・殺羊現場…一方さんが羊の解体ショーを行った、上条家からちょっと離れた公園。

あと何かあったっけ?
ああ、インドはアジアな

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:33:17.09 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「もしかしてまたお姉様達とも遊べるのってミサカはミサカは込み上げてくる喜びを隠し切れない!」

一方通行「ア? 知らねェよ、暇なら来ンじゃねェのか」

打ち止め「前はかくれんぼとジンギスカンだったけど、今日は何をするのかしらってミサカはミサカは想像してみる」

一方通行「かンけりだとよォ」

打ち止め「缶けり? ってたしか、鬼ごっことかくれんぼをミックスさせた遊びだったかなってミサカはミサカはデータを照合してみたり」

一方通行(かンけり……鬼ごっことかくれんぼのミックス……?)

一方通行(つまり……アクセラオーダーハイドアンドシークみんなでバージョン……?)

一方通行(クソッ、まったくわからねェ……「かン」って何だァ近親相姦の姦かァ?
     「けり」って過去助動詞のあれかァ……!?)

打ち止め「なんだか難しい顔してるねってミサカはミサカは真剣なあなたを見つめてみるんだけど、気づいてないなあ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:43:48.70 ID:y/1g4QeM0
一方通行「こいつァ事前に調べておいたほうがいいぜェ……」カタカタカタ

打ち止め「そうだね、まだ約束の時間まで1時間あるもんねってミサカはミサカはネットに接続しているあなたを応援!」

一方通行「ガキはあっちで世界名作劇場でも観てろォ! いいかァ、絶対こっち見ンなよ! くれぐれもだァ!」

打ち止め「言われなくてもあなたがwikiを見ようとしていることなんて知らないのよってミサカはミサカは呟いてみる」

一方通行「知ってンじゃねェか! って違ェ、これは決してかンけりがわからねェってことじゃなくて他の用事だ」カタカタ

打ち止め(べつに知らなくても幻滅しないけどなあってミサカはミサカは慌てっぷりを楽しんでみたり)

一方通行(かンけり、缶を蹴るから缶けりかァ……姦けりじゃァねェのか)

一方通行(缶、ねェ……)

ガサゴソ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 16:51:53.64 ID:y/1g4QeM0
某公園

黒子「……ねぇお姉様」

美琴「何よ、黒子」

黒子「ブランコから血なまぐさいにおいとか、しませんかしら?」

美琴「べっつにー? そんなのしないけど」

黒子(こんな殺羊現場で遊ぶだなんて、正直耐えられませんの)

上条「ていうか呼んどいてあれだけど、お前ら暇なんだな」

美琴「う、うっさいわねぇ! 打ち止めが来るって言うから来ただけよ!」

インデックス「あ、ってことは牛肉も来るかも!」

上条「それはどうだろうな。頼んでないし、機嫌悪かったし」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 17:00:22.02 ID:y/1g4QeM0
移動中

一方通行「日差しが強ェなァ。クソガキ、眩暈したらすぐに言えよ」カラカラカラ

御坂妹「おはようございます、気持ちの良い朝ですね、とミサカは爽やかに挨拶をします」

一方通行「……、……」ピタッ

打ち止め「どしたの? ってミサカはミサカはあなたの袖を引っ張ってみる」

一方通行「……18264号、北欧に帰ったンじゃなかったのかァ」カラカラカラ

御坂妹「これはこれは驚きです一方通行がついにミサカ達の見分けが付くようになりました、とミサカは驚愕してみます」

一方通行「そりゃあ、ここ最近嫌ってほどオマエの毒舌を受けてりゃ見分けも付くだろォがよ」カラカラカラ

打ち止め「ちょっと嬉しいような、浮気されてるような、複雑な気持ちなのよってミサカはミサカはさらに袖をきつく握り締めてみる」

一方通行「あン? めンどくせェガキだな、オマエはよォ」ガシガシ

御坂妹「最近めっきりオープンすぎやしませんか、とミサカはアクセロリータ説を確立させます」

御坂妹「ところで一方通行、あなたが今手にしている黒い袋の中身は何ですか?
    随分喧しいんですが、とミサカは騒音メイカーをたしなめてみます」

一方通行「黙れ」カラカラカラ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 17:10:10.52 ID:y/1g4QeM0
一方通行「そォだ。18264号、オマエ缶けりって知ってっかァ」カラカラカラ

御坂妹「かくれんぼに鬼ごっこを足して1.5で割ったような古くからの遊びですね。
    ただの遊びではなく頭脳戦としても非常に優秀な屋外遊戯です。とミサカは胸を張って答えます」

一方通行(……そンなにすげェゲームなのか)カラカラピタッ

打ち止め「しかも全速力で移動しなくちゃならないから、運動神経と体力も問われるねってミサカはミサカはちょっと先行き不安」

一方通行(……けどまァ、ベクトル操作でもしときゃ勝てるだろォ)カラカラ


公園

美琴「ところで今日は何をやるわけ?」

上条「缶けりですよ、缶けり! 上条さんの大得意な!」

黒子「……超能力使用はもちろんありですわよね」

上条「へ?」

黒子「この白井黒子、テレポーターとして缶けりに参加する以上は、まったく負ける気がしませんの!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 17:18:57.75 ID:y/1g4QeM0
上条「あ、来た。おーい一方通行ー!」

一方通行(もォ全員揃ってやがる)

インデックス「ジンギス!」グッ

打ち止め「カーンッ! ってミサカはミサカはやっぱりハイタッチ!」パンッ

上条「(一方通行のやつ、なんでゴミ袋携えてんだ?)
   まあいいか、ジャスト11時。じゃあ早速始めますか!」

美琴「で、鬼は誰がやるの?」

黒子「うふふふふ……わたくしがやりますの!」

御坂妹(一方通行にやらせたほうがネタ的に面白いのに、とミサカは内心で呟いてみます)

一方通行「公平に決めりゃあいいンじゃねェのか」ドサッ

上条「(あ、地面に投げた)
   公平、っていうと、やっぱりじゃんけんだな」

黒子「……せっかくわたくしが名乗り出ましたのに」

一方通行「待て、じゃンけンは公平じゃねェだろォ!」

上条「はい? 何をおっしゃいますか一方通行さん?」

一方通行「どォせまたオレの経験不足とやらで負けちまうンなら、こっちにも考えがあるぜェ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 17:30:17.91 ID:y/1g4QeM0
カリカリ

打ち止め「えーっと、地面に小枝で線を引き始めてどうしたのってミサカはミサカは隣にしゃがみ込んで訊ねてみたり」

インデックス「魔方陣、じゃないんだよ!」

美琴「アンタこれ、もしかしてあみだくじ……?」

カリカリ
カリッ

一方通行「あァ、もっとも平等かつもっともわくわくどきどきする決め方って言ったらあみだくじだろォ」

御坂妹「わくわくどきどきする必要がどこにあるのでしょうか、とミサカは非効率さに呆れます」


カリカリカリ

黒子「横線がただの直線ではなく、湾曲していたりぐるぐるだったりと妙に可愛げのあるあみだですの」

美琴「で、最後まで書き終えたらちゃんと鬼がわからないようにゴミ袋で隠すのね……」

上条「一方通行でもあみだくじって知ってたんだな……」

一方通行「やったこたァねェけどなァ。打ち止め、選べ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 17:42:21.88 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「じゃあ右の端っこがいいなってミサカはミサカは自分のあみだを確保!」

美琴「じゃあ私はその隣でいいわ」

黒子「では、わたくしはお姉様のお隣を」

御坂妹「その隣で構いません、とミサカは受動的に決めてみます」

上条「んー、じゃあ俺は御坂妹の隣で、インデックスもさらに隣。いいだろ?」

インデックス「どこでもいいんだよ!」

一方通行(じゃンけンとは違い、あみだくじは経験によって差が出る心配はねェ……計算通りッ!)

一方通行(ましてこのあみだを作ったのはオレだ、もうすでに誰が鬼になンのかくれェわかってる)

一方通行(だが、ここはあくまでも知らないふりをして……)

一方通行「じゃァ愉快に素敵にあみだくじを辿」



上条「あ、ちょっと辿るの待ってくんね?
   せっかくだし、線もう1本足そうぜ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 17:56:37.04 ID:y/1g4QeM0
カリカリッ

一方通行「……こンの三下がァァァアア!!!」

上条「えっ、なんでそんなに怒るんですか!?」

打ち止め「短気はなかなか直らないなあってミサカはミサカは変わらない性格に苦笑してみる」

御坂妹「もやしはほっといて、ちゃっちゃと辿りましょうかとミサカはあみだくじを辿ります」

一方通行「オイ北欧かぶれ調子のってンじゃねェぞ」

インデックス「あっみだ♪あっみだ♪あっみっだ~」

黒子「初めてお会いしたときよりも随分丸くなられたような気がしますの」

一方通行(まずい……数秒前までは読めていたあみだが演算できねェ!
     さすがは三下、ここでもオレを凌駕してやがる……!)

御坂妹「……おや、どうやら鬼は上位個体のようですね、とミサカは不幸体質であるはずの上条当麻の思わぬ幸運に驚きます」

美琴「え、打ち止めが鬼なの?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 18:04:31.95 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「わーい鬼になったよー! ってミサカはミサカは大興奮っ!」

一方通行「チッ」

美琴(こいつ、さっき先読みして逆ギレしたわけ?)

上条(もしかしてあそこで1本足さなかったら俺が鬼だったんだろうか)

御坂妹「ところで缶けりは蹴る缶がなければゲームスタートすらできなそうです、とミサカは自販機を見つめながら言ってみます」

上条「あーそうだな。上条さんがなんか買ってきますよ」

美琴「えっ、あ、……わ、私がちょっとあれいじって何か1本缶出すわよ!」

黒子「お姉様、それは一応犯罪ですの!」

一方通行「オイ待てオマエら。缶ならここにあンぜ」

ドサガララッ

打ち止め「うわあ、これってうちにあったあなたのコーヒーの缶ねってミサカはミサカは改めてカフェイン中毒を心配してみる」

上条(あ、ゴミ袋の中身って空き缶だったんだな)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 18:16:27.92 ID:y/1g4QeM0
一方通行「べつに集めたわけじゃねェぞ。家にあっても邪魔だしよォ、それに大量に消費するってンなら使えるだろうと思っただけだァ」

黒子「大量もなにも、コーヒーの缶ならつぶれにくいですし、1本で十分だと……」

上条「いやいやいや、こんだけあれば何度でもできるし! うん、これなら一日中缶けりできるな!
   (意訳:一日中缶けりできればインデックスも食欲を忘れるだろ)」

打ち止め「一日中!? さすがに体力がもたないかもってミサカはミサカは危惧してみたり」

美琴「ていうか一日中缶けりってどこの小学生でもしないわよ」

御坂妹「この空き缶全然洗ってませんし正直ゴミですね、とミサカは1本をまるで汚いものを触るかのようにつまみあげます」

打ち止め「この人いつもそこらへんに投げてるのよってミサカはミサカは内部事情を明らかにしてみたり」

上条「……何、一方通行ってずぼらなんですか?」

一方通行「洗う必要ねェだろ。めンどくせェ」

打ち止め「しかもたまに空き缶でピラミッドとかタワーとか使って、
     崩れそうになったらベクトル操作までして維持しようとしてるってミサカはミサカはさらに密告してみる」

一方通行「言うンじゃねェ!」


ここまで書いておいて何だけどさ
俺そういえば缶けりって見たことあってもやったことないんだよ
マジでかくれんぼと鬼ごっこミックスしたもんなの?

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 18:27:22.15 ID:y/1g4QeM0

一方通行「そォいや、内臓ってうめェンだとよォ」

打ち止め「内臓? 羊の? ってミサカはミサカは訊いてみたり」

一方通行「あァ。捌いたときに隔離しといたからやンよ」

ポン

打ち止め「……、……」

一方通行「どォしたァ? いらねェのか」

御坂妹「必要か不必要かの問題以前に、なぜ洗ったとはいえきれいに内臓の形を保っているそれを上位個体に差し出してんだよ、
    とミサカは気遣いのできない一方通行を冷めた目で見つめます」

一方通行「あ……アー……。
     (解体ショー見せンのと大差ねェじゃねェかァ!)」

打ち止め「べつに、グ、グロテスクってわけじゃないんだけど!
     ……せめて刻まれたものとか、焼き上げたものとかを見せて欲しかったなってミサカはミサカはフォローしてみる」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:21:31.17 ID:y/1g4QeM0
一応学んできたぜwwww
缶けりってすげえな、ハイレベルすぎワロタ
これ実際にやってみねえと細部までわかんねえよ


上条「じゃあ、打ち止めが鬼で俺らが隠れるってことでいいよな」

一方通行「いいわけねェだろオマエの目は節穴ですかァ!」

美琴「はあ? まさか打ち止めが心配だから自分も鬼になるとか言うんじゃないでしょうね」

一方通行「正当だろォが。鬼ってなァ複数でもいいンですよねェ?」

黒子「まあたしかに、小さいお姉様お一人で隠れている方を見つけ名前を呼び缶を踏み、を繰り返したらお疲れになってしまますの」

御坂妹「そこまで真剣になる必要はどこにもないだろ、とミサカは真剣すぎる一方通行を露骨に卑下してみます」

打ち止め「ミサカはちゃんと缶けりできるのにって、ミサカはミサカは過保護すぎるあなたにちょっと距離を置いてみる」

一方通行「! でもよォ、走るンだぞ? 隠れてるやつを見つけて名前呼んで踏んでって、すげェ体力使うんだぜェ?」

打ち止め「できるもん! 一から十まであなたに一緒にやってもらわなくたっていいのよってミサカはミサカは反抗期!」

一方通行「ンだとォこのクソガキィ! 人が甘やかしてりゃァいい気になりやがってよォ……!」

インデックス「とうまー、空き缶の中におしるこがまじってるんだよー! しかも未開封なんだよー!」

上条「インデックス、ちょっと空気読め。今一触即発だから」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:28:28.13 ID:y/1g4QeM0
黒子「まあまあ、ではこうしましょう。わたくしが鬼をやりますの」

打ち止め「何の解決にもなってないよってミサカはミサカは呟いてみる」

黒子「そして、わたくしが見事全員を捕まえることができたら……」チラ

美琴「!?」ゾクッ

黒子「……なぜかここにある、ツイスターをやりますの!」ジャンッ

一方通行「それツインテメントのやりてェことだろォが。まったく問題解決にならねェよ」

インデックス「おしるこ……飲んでみたいんだよ」

上条「それ一応一方通行のだから。あいつに聞いてから飲め、な?」

御坂妹「それならいっそ、ミサカが鬼になります、とミサカは妥協策を出してみます」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:33:20.35 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「だーかーらーあー! ミサカもミサカも鬼になりたいの!」

一方通行「オマエごときの体力じゃあもちませン!」

打ち止め「もやし体型のあなたに言われたくないのってミサカはミサカは大声を張り上げるっ!」

一方通行「言ったなァ!? いくらもやしだろォがオレはオマエより体力あンだよ多分! きっと! おそらく!」


美琴「使う空き缶洗っとく?」
黒子「そうですわねぇ。かるーく水洗いでもしましょうか」
上条「インデックス、おしるこ飲んでいいぞ」
インデックス「わーい、ってちょっとこれ生暖かいんだよ」
御坂妹「……イレソのひとつがなぜか少し赤茶色に染まっていますが、これはどうしてでしょうかとミサカは首を傾げます」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:38:39.85 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「はぁっ、はぁ……何が何でも折れないのねってミサカはミサカはあなたをきつくにらみつけてみたり!」

一方通行「はァ、はァ……ッ! 何があろォとオマエに鬼をさせるわけにはいかねェ!
     この日差しの下ではしゃぐと日射病になっちまうだろォがァ!」

打ち止め「そうなる前にあなたが介抱してくれればいいのにってミサカはミサカは叫んでみる!」

一方通行「だァからそうなる前にオレが介抱……ア? オレが介抱ォ?」

打ち止め「うんっ! それならミサカは日射病にならないし、あなたも納得できるでしょってミサカはミサカは我ながらいいこと考えたなって思ったり!」

一方通行「……、まァ、オレがオマエの異変に気づけばいい話かァ」


美琴「ブラックをこれだけ飲んでるって危険じゃない?」
黒子「カフェインの摂り過ぎはよくないですの……第一位ならどうってこともないのでしょうけれど」
インデックス「おしるこおいしいんだよーとうまー」
上条「上条さんはいいです結構です」
御坂妹「おや、向こうの口論もようやく終わりましたねとミサカは缶を拭きながら言ってみます」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:41:27.01 ID:y/1g4QeM0
上条「はーい、じゃあ一方通行も納得したみたいなので、缶けりをはじめたいと思いまーす」

黒子「お待ちくださいな!」

美琴「どうしたのよ?」

黒子「この公園では、缶けりをするのにあまりにも狭すぎますの」

一方通行「あン? 広いと打ち止めが疲れるだろォが。オレは疲れねェけどなァ!」

打ち止め「う……なんだかあなたの言い訳に使われているような気がするってミサカはミサカはぶーたれてみる」

御坂妹「しかし、この公園は砂場もあってブランコもあり、シーソーもあって滑り台も完備しているので走るスペースは少ないです、とミサカは客観的に述べます」

黒子「隠れるという意味では滑り台の後ろくらいしか場所もありませんのよ」

一方通行「つまりィ……どこか別の公園でやろォってェことですかァ?」

黒子「はい!」

美琴(黒子がいい笑顔で私を見つめてるときって、嫌な予感しかしないわ……)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:48:37.95 ID:y/1g4QeM0
黒子「この学園都市内でも有数の大きさを誇る公園……あそこは缶けりに適していますの」

上条「まあ俺はべつにどこだっていいんだけど。じゃあ移動するか?」

一方通行「……あそこかァ」

黒子「そして! せっかくですし、早く始めたいと思いますの。
   ですから、お姉様とふたりめのお姉様はわたくしが空間移動で運びますわ」

美琴「な、なに言ってんの!?」

黒子「第一位さんは……」チラ

一方通行「打ち止めとそこのシスター運ぶ」

上条「えっじゃあ上条さんは徒歩ですか!?」

一方通行「オマエは運びたくねェ。すげェ嫌だ」

打ち止め「本当に嫌なのねってミサカはミサカは無表情に言葉を吐き出したあなたに苦笑い!」

インデックス「歩かなくていいの? 楽なんだよー」

一方通行「とにかくオマエはすげェ嫌だ」

上条「わかりましたよ! 二度も言うなよ傷つくから!」

美琴(そもそもあの変な右手のせいで運べないんじゃないかしら)

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 19:57:08.81 ID:y/1g4QeM0
公園到着

一方通行「鬼は打ち止めで、ルールはめンどいの取っ払って鬼が隠れてるやつを見つけたら名前を呼ンで缶を踏む。
     その間に隠れてるほかのやつがどうにか缶を踏めば鬼はまた探さなきゃならねェ、踏まれなければ見つかったやつは捕らわれる。
     これでいいンだよなァ?」

上条「ああ、それでいい。じゃあ、一番最初に見つかって捕らわれたやつが次の鬼ってことでいいよな」

美琴「いいわよそれで。打ち止め、今から缶をここに置いたら60数えるのよ」

打ち止め「はーい! ってミサカはミサカは元気に返事!」

御坂妹「この公園はけっこう隠れる場所がありますね、とミサカはアスレチックを眺めながら感想を述べます」

黒子「ええ、かくれんぼしやすい公園なんですの」

一方通行「……打ち止めァ」チョイチョイ

打ち止め「なあに? ってミサカはミサカはあなたに擦り寄ってみる」

一方通行「耳かせェ」コショコショゴニョゴニョ

打ち止め「うーん、それずるいんじゃないのかなってミサカはミサカは言いつつも採用してみる」

一方通行「ずるくねェ。いいかァ、必勝法はこれしかねェよ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 20:04:22.93 ID:y/1g4QeM0
トン

打ち止め「置いたよーってミサカはミサカは宣言してみたり」

一方通行「よし、今からアクセラオーダーカンキッキング開始だァ!」

上条「いろいろ言いたいことはあるんだけど、お前それ気に入ってんの? 前よりうまくないぞ」

みんなが隠れ始めます

打ち止め「いーち、にーい、さーん……」

打ち止め「……よーん、ごーお……」

黒子(とりあえず木の陰に隠れておけば空間移動でどうとでもなりますわ)
上条(打ち止めの視界にジャングルジムのてっぺんは入らないだろうから、っと)
美琴(60秒あるから焦らなくてもいいわね、あのゾウさんの後ろでもいいか)
御坂妹(どこに隠れるのがベストでしょうか、とミサカは意識を張り巡らせます)
一方通行(見つかりやすいとこに隠れねェと)

打ち止め「ろーく、……かける10! ってミサカはミサカは裏技行使!」

一同「!?」
一方通行(上出来だぜェ打ち止め!)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 20:13:19.16 ID:y/1g4QeM0

美琴「ちょっと打ち止め、私は60数えてって言ったのよ!?」

打ち止め「秒とは言われてないもんってミサカはミサカは言い訳しつつ、……あ」

一方通行「あン? どォしたクソガキ。オレと今目が合ったンだから名前呼ンでさっさと缶踏めェ!」

打ち止め「えーっと、その……」

一方通行「まさか、もう眩暈がしてンのか!? 待ってろ、今すぐ水分補給用のおしるこを」

インデックス(あれって水分補給にはならなかったんだよ)

打ち止め「そうじゃなくて、あなたの名前はなんて呼べばいいのってミサカはミサカはとっても初歩的なことを訊いてみたり……」

一方通行「……、……」

御坂妹「それを言ってしまえば、ミサカは何て呼ばれたら……?」

上条「インデックスはまあインデックスでいいとして、打ち止めと一方通行と御坂妹はどう呼べばいいんだ……?」

黒子「……まさかの超初歩的失敗ですわね」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 20:23:22.24 ID:y/1g4QeM0
上条「ビリビリは御坂で、御坂妹も御坂。さらには打ち止めも御坂……区別付かないな」

御坂妹「では、ミサカのことは18264号と呼んでください。とミサカは頼んでみます」

打ち止め「それならミサカは20001号かなってミサカはミサカは便乗してみる」

美琴「……そのぉ、私は……御坂で」

上条「ふたりが番号だし、ビリビリは美琴だな!」

美琴「!!」

上条「どした? あ、嫌だったか?」

美琴「い、嫌なんかじゃ、ないわよ……好きに呼べばっ!」

上条「うん、そうする」

美琴(落ち着け落ち着けただのミコトじゃないミコトよミコトなのよ)


黒子「無自覚って恐ろしいと思いますの。意味もなく名前呼びだなんて」
一方通行「あァ、今のはキただろォ。べつに御坂でもいいってェのになァ」
インデックス「短髪の顔が真っ赤なんだよ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 20:41:07.23 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「そしてそしてっ! あなたはなんて呼ぶべきなのかしらってミサカはミサカは期待しながら訊いてみる!」

一方通行「名前、なァ……」

御坂妹「セロリでもいいのでは、とミサカは親指を立てつつナイスアイディアを出してみます」

一方通行「ちっともナイスじゃねェ」

上条「鈴科百合子だったりしませんか」

美琴「!?」

一方通行「なンでオレがそンな女みてェな名前してなきゃならねェンだよォ!」

美琴「そ、そうよね……いくら性別不詳って言っても百合子じゃないわよね!
   (ライバルかと思った、って違う違う違う何のライバルよぉ!)」

インデックス「めんどくさいからあくせられーたでいいんだよ」

上条「鈴科さんじゃないなら仕方ない」

一方通行「この平てェ胸を見せ付けてあげましょォかァ!?
     つゥか前にも男だって言ったはずだよなァ!」

上条「夢見たかったんだよ悪いか!」

黒子(結局通り名で呼ぶのなら、無理に番号や名前で呼ばずともいいのでは)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 20:50:31.54 ID:y/1g4QeM0
上条「ちっくしょー鈴科さん説が消えた以上、御坂妹と打ち止めでいい気がしてきましたよ」

一方通行「オマエほンと覚えてろよォ」

御坂妹「たしかにこの場にいるミサカは上位個体を除いてミサカ一人だけですし、とミサカは番号を呼ぶときの長さを考慮します」

美琴「あ、……そうよね、アンタたち通り名で見分けつく、し……」

黒子「あら。それでも、お姉様のことはわかりやすく名前呼びのほうがいいかもしれませんわねぇ」

上条「そうか?」

一方通行「そォだなァ。そっちのほうがわかりやすいだろォ」

上条「まあ、わかりやすいに越したことはないし。美琴は美琴でいいよな」

美琴「……、好きにしなさいよ!
   (ああもう、顔が見れないっ)」

打ち止め「なんだかんだであなたはいつも空気を読むのねってミサカはミサカは微笑みかけてみたり」

一方通行「あン? 見てていらいらするだけだってェの」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 20:58:47.68 ID:y/1g4QeM0
北欧出身なんだが上条と缶けりする

1 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka18264
18264号って呼ばれそうになったwwwww
うらやましいだろwwwwwww

2 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka13874
北欧イキってんじゃねーぞ
アイルランドもアイスランドも大して変わんねーよ@三重

3 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka16732
どうせまた例の面子だろ

4 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka10057
セロリがいる時点でアウト

5 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka14510
いやでもお前ら考えてみ?
一方通行さんけっこうきれいな顔してるんだぞ
手足長いし肌は白いし強いし細いしかっこいいじゃん

6 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka16139
>>5
>>5
>>5

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 21:05:37.28 ID:y/1g4QeM0
7 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka10032
もしかしてあのでかい公園?
今から行って乱入してやろうかwwww

8 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka17600
スネークなら任せろ

9 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka11477
そういえばジンギスカンうまかったのか?
食うときだけ感覚共有切りやがって

10 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka18614
うまかったぞジンギスカン
あんまり食えなかったけどな・・・
あの白いシスター牛飲馬食ですた

11 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka20001
>>2
三重って松坂牛の本場だよね?
ってミサカはミサカはにっこり訊ねてみたり

12 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka10060
運営様こんにちは!
本日はお日柄もよく、絶好の缶けり日和っすね!

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 21:15:58.87 ID:y/1g4QeM0
ちくしょおおおおミスった
>>10は18264だな北欧めええええ


13 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka15038
運営様日差しには気をつけてくださいね!
あのセロ、一方通行さんは反射してますから問題ないと思うんすけどね!

14 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka20000
相変わらずセロリたんと仲良しでうらやましいです
ちょっとセロリたんの後ろの穴貸してくださbbbbbbbb

15 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka14510
運営様べつに自分狙ってないんでほんと狙ってませんよ
かっこいいとかまじ言葉のあやなんでほんとっす許してください

16 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka13874
自分>>2っすけど運営様何か御用っすか!?

17 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka20001
松坂牛が食べたいなってミサカはミサカは頼んでみる

18 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りしますID:Misaka13874
・・・了解っす!!!1!!!

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 21:27:31.49 ID:y/1g4QeM0
上条「仕切りなおしな。はいじゃあこれから缶けり第一回戦始めまーす」

一方通行「…………った」

上条「ん、なんだ?」

一方通行「……オレが! アクセラオーダーカンキッキングスタートォ! って言いたかったンだよォ!」

打ち止め「さすがにカンキッキングはないと思うってミサカはミサカは呟いてみたり」

御坂妹「なんでもカタカナにしてりゃかっこいいと思ってんじゃねえ、とミサカはセルフィッシュセロリにうんざりします」

上条(セルフィッシュってなんだ……?)

一方通行「わがままとか言ってンじゃねェ! ちょっとした願望だろォが!
     オマエらはねェのかよ、かけっこのよーいどンの合図、あれピストルで撃つ役やってみたいなあとか!」

美琴「あるわけないでしょ」

黒子「ありませんの」

インデックス「とうまー、おなかすいたんだよー」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 21:35:20.00 ID:y/1g4QeM0
上条「さっきおしるこ飲んだだろ、お前」

インデックス「とてもじゃないけど足りないんだよ」

一方通行「待て、今オマエ何つったァ? おしるこ飲ンだとか言いやがりましたかァ?」

インデックス「うん。あれね、喉は全然潤わないんだよ」

一方通行「……、クソガキの水分補給にと買ってきたおしるこをいつの間にか飲ンでたってことですねェ?」

御坂妹(水分補給にはなりえませんね、糖分補給が関の山ですとミサカは判断します)

インデックス「だっておなかすいたんだもん」

一方通行「オマエ、あれはなァ……喉を潤したいけど甘いものも食べたいって言われたときのためにわざわざ選別した飲み物なンですよォ!」

打ち止め「そんなわがまま言いませんってミサカはミサカはみくびってもらいたくない!」

一方通行「ガキはおとなしく大人の優しい心遣いに身を委ねてろォ!」

美琴「心遣いの方向性が間違っている気がするんだけど」

黒子「というか思いっきり逆効果ですのよ」

御坂妹「さすが一方通行。心遣いのベクトルも自分勝手に操作するとはさすがですねwwwwwとミサカは評価します」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 21:46:48.97 ID:y/1g4QeM0
打ち止め「……これじゃいつまでたっても缶けりできないねってミサカはミサカはしょんぼりしてみる」

一方通行「な……ッ」

打ち止め「ミサカはみんなとただ楽しく遊びたいだけなんだけど、あなたはそうじゃないのねってミサカはミサカはしゃがみ込む」

一方通行「く……ッ」

打ち止め「そういえば今まで友達らしい人はいなかったもんねってミサカはミサカは目を伏せる」

一方通行「う……ッ」

打ち止め「そんなあなたに出来た友達だから、ミサカはミサカはとってもうれしかったのに、ミサカの勘違いだったのねってミサカはミサカはちょっと泣きそうになる」

一方通行「……ッ」

打ち止め「やっぱりあなたはおうちでコーヒーの空き缶を一心不乱に組み立ててベクトル変換してピラミッドやタワーを作っているときのほうがずっとずっと楽しいのかもってミサカは」

一方通行「もォ……それ以上言うなァ……ッ!」


インデックス「唐突にシリアス展開なんだよ」
上条「一方通行が騙されやすいだけじゃないか?」
美琴「明らかに演技よね」
黒子「彼の位置からは小さいお姉様の頭部しか見えませんの」
御坂妹「ていうか趣味が地味すぎねーかwwwwwwwとミサカは草を生やしまくります」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 21:56:06.05 ID:y/1g4QeM0
一方通行「オレが、悪かった」

一方通行「知らねェ遊びに誘われて、過保護になっちまったンだ」

一方通行「クソガキ、……いや、打ち止めだってもォ10歳なのになァ」

一方通行「普通なら外で跳ね回ったり飛んだり泥だらけになったり……そうやって遊びたい盛りだよなァ」

打ち止め「……、……」


御坂妹「外見だけでいえば10歳ですねとミサカは呟きます」
黒子「外見だけ、とおっしゃいますと?」
美琴「この子達はちょっと特殊なの」
上条「実年齢は違うよな」


打ち止め「……、えっと、正確には0歳、ってミサカはミサカは感傷に浸っているあなたにおずおずと切り出してみたり」

一方通行「はッ……オマエ今すぐベビーカーに戻るべきじゃねェのか!?」

インデックス「牛乳飲みたくなってきたんだよ」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 22:13:03.72 ID:y/1g4QeM0
上条「ええいもうこれ以上は耐えられん! と上条さんはふたりの間に割って入ります」

一方通行「うおわァッ!」

上条「缶けりするのかしないのか! ここでとっとと決めろ、一方通行!」

一方通行「……くッ」

上条「たしかにお前の言いたいこともわかるよ。缶けりしたことないやつはさ、最初は難しいって思うんだ。
   当たり前の反応なんだよ、それは。
   缶蹴ったり踏んだり忙しいし名前呼ばれたり鬼の裏をかいたり名前間違えたり別人のふりをしたり、
   ……かくれんぼや鬼ごっことは訳が違う。
   だから、とっつきにくいのもわかるし、お前がわざと打ち止めに見つかりやすいように砂場にもぐってたのも気持ちはわかる」

上条「だけどな!」グッ

一方通行「ンだよ……」

上条「お前がそうやって打ち止めを甘やかしてたら、いつまでたっても子離れできねえんだぞ!」

一方通行「!!」

上条「それでも打ち止めを甘やかすって言うんなら、いいぜ――今はとにかくその幻想をぶち殺、」



一方通行「いや悪ィ、正直言うとかなり楽しみにしてたンだわ」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 22:43:41.10 ID:y/1g4QeM0
上条「つまりお前は缶けりをやらないんだな?」

一方通行「あァ、やらねェ。それが打ち止めのためだァ!」

上条「そ! げ! ぶ!」

一方通行「ぐっはぁ!」

上条「お前がそんな奴だとは思わなかった!」

一方通行「チクショウ……」

295 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 14:30:29.00 ID:PjpoXS4i0 [2/10]
一方通行「すげェ楽しみにしてたンですよ」

一方通行「でなきゃ調べねェしそもそも来ねェだろォ」

上条「……、ああ、そう」

一方通行「だけどよォ、さっきオレなりに考えて思ったンだが」

上条「なんだよもう……いいぜ、好きなだけ好きなことしろお前は!」

一方通行「なァにキレてンですかァ? ま、いいや。要するにだ、缶けりってなァスピードが大事だろ」

美琴「スピード、周囲への気配り、集中力、判断力が必要ね」

一方通行「でよォ。スピードしかり周囲への気配りしかり集中力しかり判断力しかり……そこのテレポーターに敵うわけなくねェかァ?
     オマエジャッジメントでもあるンだろ?」

一同「……、……」

打ち止め「たしかに、ツインテールの後輩さんがテレポーターである以上は、どう考えても彼女の勝ちなのよってミサカはミサカは同意してみる」

一方通行「だろォ? いくらオレが学園都市最強の一方通行であったとしても、さすがに空間移動はできねェし、
     ていうかその超能力ちょっとうらやましい」

296 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 14:36:56.67 ID:PjpoXS4i0 [3/10]
黒子「……、はじめからわかったうえで承諾していたのだとばかり思っていましたわ」

御坂妹「何も想定していなかった一方通行にミサカは若干呆けます」

美琴「ていうか、基本的に黒子は鬼ごっこもかくれんぼも無双じゃない」

一方通行「だよなァ。うン、やっぱイイわ空間移動。そのうち空間もベクトルで操作できりゃァいいのになァ」

打ち止め「それはさすがに無理じゃないかしらってミサカはミサカはあなたの貪欲さに頭を抱えてみたり」

インデックス「えーっと、つまりどういうこと? 私が牛乳飲んでもいいの?」

一方通行「ンなこと誰も言ってねェよ」

美琴「でも、まあずるいっていうか、勝利が見えてるわね」

上条「あー、うん。俺もそれ考えてたんだ、でさ。
   いっそ超能力なしでただの缶けりやりゃあいいんじゃねえかって思ってた」





一方通行「それはオレが負けそうだから困る」

300 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 14:45:03.80 ID:PjpoXS4i0 [4/10]
一方通行「そこで一方通行さンは考えたわけですよォ」

美琴「さっさともったいぶらずに言いなさいよ」

一方通行「とりあえず缶けりやめねェ?」

一同「……、……」

一方通行「負けがわかってて勝負挑むほどオレァ潔いヒーローなンかじゃねェし、やるからには全力出さずに勝ちてェ」

上条「お前それはちょっとない。なさすぎる。ひどい。上条さんの純潔を返して」

一方通行「だァから話は最後まで聞けェ! いいですかァ、競技が移動系ってェか走る系? とかそォいうのはよくねェ。
     打ち止めが疲れちまう。オレは疲れねェけど、打ち止めが疲れるンですよォ」

打ち止め「やっぱり言い訳にされてる感が否めない! ってミサカはミサカは打ち震えてみる」

一方通行「で、だ。走らねェし疲れねェし(オレが圧勝できそォな)楽しい競技っつったら、アレしかねェ」

御坂妹(このセロリどこまでわがままなんだよねーよ、とミサカはもはや草さえ生やせません)

302 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 14:51:46.02 ID:PjpoXS4i0 [5/10]
一方通行「……」チラ

一同「?」チラ

子供「よーし、じゃあトンネル作るよぉ」
子供「じゃあこっちから開通させまーす」
子供「まてまてー怪獣のお出ましだー」
子供「いっけぇハイパーマン!」
子供「ぐっひゃあああああ」

一方通行「……あとは、わかるなァ?」

御坂妹「あなたがロリコンということしかわかりませんとミサカは全員の思いを代弁します」

美琴「砂場を意味深に見つめたところで何もわかりゃしないわよ」

上条「砂場、走らない、疲れない……まさか!」

一方通行「あァ、そのまさかだよォ!」



一方通行「砂場でお城作り。もっともテクニックを駆使し、さもヨーロッパ風のキャッスルを創り上げたやつが勝者だァ」

306 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 14:59:03.65 ID:PjpoXS4i0 [6/10]
黒子「そういえばさっきも小さいお姉さまが『空き缶でピラミッドやタワーを作るほうが』とかおっしゃっていましたわね」

美琴「え、っていうかわざわざこのでかい公園に来た意味ないわよね?」

御坂妹「その前にこの人数で城を作るだけの砂がありませんとミサカは一方通行に精神科行きをすすめます」

打ち止め「あ、でもお城作りってしたことないなあ、楽しそうかもってミサカはミサカはけっこう期待してみちゃう」

一方通行「さすがクソガキ、わかってやがるぜェ。
     オレの超能力を駆使すれば、一介の城どころか姫路城、タージマハルまで再現可能ってなァ!」

上条「……一方通行、お前は俺の不幸体質をまだ理解してないようだな」

一方通行「あン?」

上条「昔から不幸になるから寄るなだの近づくなだとお前とは友達になりたくないだのと言われて育ったひとりぼっちの上条さんは!
   夕方はいつも砂場でいかに完璧な城を作れるかということに情熱を注いでいました!
   ベクトル操作で創り上げるお前の城と、十数年で培ってきた俺が作る職人技のような城と!
   どっちが優れているかなんてわかりきってるだろうが!」

黒子(あらスイッチでも入ったのでしょうか)

310 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 15:06:43.25 ID:PjpoXS4i0 [7/10]
一方通行(こいつ……なンて暗い幼少期を過ごしてきてンだァ……!?
     いや、でもオレも似たよォなモンだ。この力のせいで化け物扱い、公園で満足に遊ンだことなンざ数回しかねェ)

一方通行(よくよくよォーく考えてみりゃ、こいつはオレにとってはじめてのフレンド……)

一方通行(あァ、友達ってなァたまにぶつかるモンだ。そォして大人になっていく、友情は深まっていく)

一方通行(だが、オレ達はもォぶつかったじゃねェか。最強と最弱の戦いを繰り広げたじゃねェか)

一方通行(オレ達は、こンなことでもめてる場合じゃねェ。やっとできたフレンドを、オレは失う気かァ……っ!?)

上条「おい、一方通行? 聞いてるのか、一方通行!」

一方通行「あァ、聞こえてるぜェ。オマエの声がこのオレに届かねェわけあるかよォ、


     ――心の友よ」


美琴「な、んですってぇええ!?」
黒子「お、お姉様落ち着いてくださいまし!」
御坂妹「あいつジャイアンかよまじうぜーな、とミサカはなめきった態度をとります」
打ち止め「あの人が笑顔ならいいんだけどってミサカはミサカは応援してみる」
インデックス「ぎゅーにゅーのみたいよー」

312 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 15:14:52.93 ID:PjpoXS4i0 [8/10]
上条「はい? あのー、今なんと言ったのでせうか、一方通行さん」

一方通行「皆まで言うなよ、心の友。すれ違ってばかりだったオレ達は、ここでようやく分かり合うことができたンだ」

上条(なにこの全米が泣いたモード)

一方通行「そォだ。明日は暇かァ? せっかくだし、友達なンだから町出てスキルアウトでもぶっ潰しに行こォぜ」

上条「いえ、だからですね、上条さんは」

一方通行「待てェ……オレとしたことが柄でもねェ失態を犯しちまったな。まずは友好を深めるためにも食う。
     食欲を一緒に満たすことにより友情は深まる、誰かがそォ言ってた。木原くンかな、いやあいつはねェかァ」


美琴「ちょ、ちょっとどうなってるのよ……」
黒子「このまま様子を伺いますの、お姉さま!」
御坂妹「なんだよこの流れどこのロボット映画だよとミサカはポップコーンのかわりに砂を投げつけます」
打ち止め「……あなたに友達ができてよかった、ってミサカはミサカは感動してみたり」
インデックス「む! さ! し! の! ぎゅうにゅう!」

317 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 15:24:40.59 ID:PjpoXS4i0 [9/10]
一方通行「オイクソガキ。明日は三し……心の友ン家で何か食うぞォ」

打ち止め「やったーってミサカはミサカはあなたの足にだきついてみる!」ギュッ

一方通行「ったく、可愛くねェガキだなァ」ナデナデ

上条(何が一方通行をここまで変えたんだろう、俺かなあ俺じゃないよなあ)

一方通行「じゃあもォ2時だし、オレ今からガキに洋服買いに行くからまた明日なァ!」

打ち止め「まったねーってミサカはミサカはみんなに手を振ってみる」

一同「……、ま、またねー……」

一方通行「あ、そォだったァ。
     美琴、黒子、18264号、インデックス。オマエらももォオレの心友だからよ、気軽に連絡しろ。
     あと明日は上条くン家でパーリィな。武蔵野牛乳もちゃァンと買って行きますよォ」

インデックス「えっほんと!? ありがとうなんだよこころのとも!」

一方通行「ハハッ、よせやィ照れるぜェ……じゃ、明日会おうなァ!」ブンブン


美琴「……、……」
黒子「……、……」
御坂妹「……、……」
上条「……、どうしてこうなった……」

324 名前:1[] 投稿日:2010/03/25(木) 15:27:41.90 ID:PjpoXS4i0 [10/10]
俺完璧すぎるwwwwwww
どうにかこれで前スレ1が書いてくれることを祈ってハロワ行ってくるwwwww
書き上げたら勇気が出たんだ…
そしてこの壊れた一方通行さんを前スレ1が男前に拾い上げてくれると信じてるぜwwwwwww

Tag : とある魔術の禁書目録 ミサカネットワーク

コメント

No title

これをなんとか続けた前スレ>>1はすごいやつだと思う

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。