FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春飾利「ゾク・・・これがレベル5の力・・・」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 00:31:24.06 ID:fMljOs+d0 [1/59]
どうも、わかりますでしょうか?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 01:03:34.01 ID:fMljOs+d0 [6/59]
ガサッガサッ

森の中から出て来たのは初春だった

木山「君か、どうしたんだい?」



初春「・・・」

初春「私は・・・私はレベル2です」

木山「あぁ、そうだね」

初春「この間、佐天さんがもう少しでレベル3って言ってましたよね?」

木山「あぁ」

初春「友達の能力が上がっていくのは喜ぶことなんでしょうが、でも今の私はそれを素直に喜べないんです。

    嫉妬と焦りが合わさってもやもやしてるんです」

木山「まぁわからないでもないが・・・それでどうしたんだい?」

初春「わかりません・・・ここで私の能力を上げてください!!と言うのが普通なんでしょうが、

    ここには特訓に来てるわけですし・・・」

木山「ふふ、たしかにそうだな」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 01:06:53.77 ID:fMljOs+d0 [7/59]
初春「ただ、誰かに言いたかっただけなのかもしれません・・・」

木山「初春君・・・もう一つ上の段階へ進んでみるかい?」

初春「え?それは・・・」

木山「この特訓が終わった後、君だけの特訓をする気はあるかい?」

初春「・・・はい」

木山「よしわかった」

木山「覚悟していたまえ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 01:14:33.54 ID:fMljOs+d0 [8/59]
初春「でも、もう一つ上の段階というのは?」

木山「そうだね・・・君は自分の能力を正しく理解しているかい?」

初春「分子運動制御です」

木山「そうだね」

木山「ここでレベル5の話をしようか」

初春「レベル5・・・ですか?」

木山「一方通行、未元物質、原子崩し、超電磁砲これらの能力が似ている点は?」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 01:29:14.78 ID:fMljOs+d0 [9/59]
初春「原子レベルで能力を・・・」

木山「そうだね」

木山「そこで君の能力に話を戻す。分子運動の制御、そこだけで終わると思うかい?

初春「・・・まさか・・・」

木山「あぁ、私はその先があるのではないかなと思ってね」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 01:45:53.44 ID:fMljOs+d0 [10/59]
木山そうだねって言いすぎwww

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 01:59:02.87 ID:fMljOs+d0 [11/59]
木山「例えばだが分子の結合を自由に操れたとしたら?」

初春「そんなの・・・」

木山「無理だと思うかね?」

木山「分子の結合を操り物質さえもを自分の意志で作りかえる」

木山「それがレベル5力・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:03:40.97 ID:fMljOs+d0 [12/59]
しまった・・・メモ帳からコピペするとこ間違えてた・・・

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:06:55.27 ID:fMljOs+d0 [13/59]
木山じゃなくて初春だった
しかもレベル5"の"力だったw
すみません

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:08:09.00 ID:fMljOs+d0 [14/59]
木山「とりあえずまずは2週間やれることをやりたまえ」

初春「はい」

木山「では、寺へ戻るとしよう」

初春「はい!」

寺へと戻る初春と木山

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:13:30.50 ID:fMljOs+d0 [15/59]
合宿一日目の晩
佐天「あーいいお湯だったー、まさか温泉までわいてるとはね~」

初春「気持ちよかったですねー」

佐天「さーてお布団敷いて寝ますかー」

ススーッ
木山がj襖を開け部屋に入ってくる

木山「おいおい寝るのはまだ早いぞ、座学の時間だ」

佐天「えぇーもう9時ですよ?」

木山「あと2時間は勉強できるな」

佐天「そんなぁ~」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:37:30.77 ID:fMljOs+d0 [16/59]
佐天「睡眠たっぷりとらないとお肌によくないですよ、木山先生だってそういうの気をつけていかないと」

ピクッ
木山「・・・それはどういう意味だ?」

木山が佐天のほうを軽く睨みつける

佐天「木山先生は結婚のこととか考えないんですか?彼氏とかいないみたいですし」

木山「座学はやめだ・・・」

佐天「やった!さあ寝よう寝よう!」
佐天が布団を敷こうと押入れを開けようとする

木山「何を言っている、佐天涙子」

佐天「え?」

そういう木山春生の目はいつの間にか赤くなっていた

初春「き、木山先生!それって」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:47:18.35 ID:fMljOs+d0 [17/59]
初春「き、木山先生それってマルチスキルじゃ!」

木山「これか?これは以前佐天君の能力を開発した時に使った装置を改良した物だ。

    安全性も実証されているよ。」

木山「さぁ佐天君早く表へ出ろ、君には少し仕置きが必要だ」

佐天「いいですよ、私だって今の自分の力を試してみたかったですし。実戦トレーニングと行きましょうか」

佐天はふふんと軽く笑い腕を回している





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 02:56:13.62 ID:fMljOs+d0 [18/59]
寺から出て行く佐天と木山
初春が二人を追いかけて寺の裏へやって来た時にはすでにバトルは始まっていた

木山「はぁ!」

木山が一瞬で土を隆起させ佐天を宙へと舞い上げた

初春「あぁっ!佐天さーん!」

佐天「ふふん、これぐらいっ」

佐天は空中で回転し手から着地する体勢になった

佐天「はぁつ!!」

佐天は地面にぶつかる直前、手のひらから空気を起こし、勢いを完全に殺し綺麗に着地した

木山「ほぅ、空気をクッション代わりにしたか。少しは力の使い方がわかってきたじゃないか」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 03:03:20.05 ID:fMljOs+d0 [19/59]
木山「では、これはどうだ」

そういうと木山は氷の塊を作り出し佐天めがけ放った

佐天「なんの!」

ドゴォッ!!!

佐天は地面に向かって風を叩きつけ土の壁を作り出し、飛んでくる氷を防いだ

佐天「へへっ、射程距離は短いですけど強力な風を起こすのには慣れてきましたよ」

初春「す、すごい・・・」

物陰から見ていた初春が言葉を漏らす

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 03:14:02.53 ID:fMljOs+d0 [20/59]
佐天「今度は・・・こっちから!」

佐天は足元にあった石を2,3個拾い上げると風の力を使って勢いよく打ち出した

木山「ふんっ!」

今度は木山が地面を隆起させ壁を作り出す
ガッ!ガッ!ガッ!
飛んできた石は隆起した土の壁に弾き返される
すぐに壁になっていた土が元に戻る

木山「無駄だと・・・言っているだろう!!」

木山は佐天に向けて言い放った
が、佐天は木山の目の前から消えていた

木山「なっ、どこへ行った!!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 03:18:06.17 ID:fMljOs+d0 [21/59]
木山が土の壁を作って自ら視界をさえぎった瞬間、
佐天は足から風を噴出し空高く飛んでいた

佐天(まずった・・・今の私にはこれといった決め手がない)

佐天(なのに飛び上がって、今攻撃されたら防ぎきれない・・・どうしよう)

木山「そこか!!」

木山が頭上に飛んでいた佐天に気付いた

佐天(ピンチ!どうしよう!!)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 03:25:49.38 ID:fMljOs+d0 [22/59]
尿道が痛い・・・

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 03:32:44.75 ID:fMljOs+d0 [23/59]
佐天(とにかく攻撃を受ける瞬間に風を使って衝撃を吸収するしかない!!)

木山「ニヤリ」

佐天(!!!攻撃してこない!?なんで!?)

木山「ほらほら、地面が迫ってきたぞ。衝撃を吸収しないと」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 03:40:00.79 ID:fMljOs+d0 [24/59]
地面が近づいてきた
佐天が衝撃吸収のために地面に向かって風を打とうとした瞬間、

木山「まだ二方向に風は打てまい」

軽く笑みを浮かべつつ、木山は佐天へ向けて氷の刃を放っていた

佐天「ちょ、ちょwww死ぬって!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 03:48:54.80 ID:fMljOs+d0 [25/59]
佐天「死ぬって!!」

防ぎきれない、佐天は覚悟をして目を閉じた

軽くパニックを起こして演算に集中し切れなかった為か
衝撃を殺しきれなかった佐天はワンバウンドし地面に転がった

佐天「がはっ・・・」

背中を強打して息をするのが辛い
が、生きている

佐天「ヒューヒュー・・・あ、あれ?刺さってない?」

佐天は息を整え上体を起こし自分の身体を見回してみる

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:00:06.32 ID:fMljOs+d0 [26/59]
木山「ふふ、殺すわけはなかろう」

佐天に氷の刃がぶつかろうかという瞬間、木山は氷を止めていた

佐天「ヒュー・・・ヒュー・・・」

まだ、息が整わない

佐天「全然・・・ダメだった・・・フー・・・」

佐天のやったことといえば超至近距離に強力な風を起こしての衝撃吸収だけだった

佐天「何もできなかった・・・」

木山「できるようにするための合宿だからね、そのために座学もやるべきなんだよ。わかったかな?」

佐天「はい・・・」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:03:17.48 ID:fMljOs+d0 [27/59]
木山「汗をかいたし汚れてしまったな・・・もう一度温泉に入ってから寝ようか」

佐天「そうですね」

2人は寺へ戻り風呂へと向かった

こうして合宿1日目が終わったのだった


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:15:00.48 ID:fMljOs+d0 [28/59]
チュンチュン・・・・チチチチ


初春「うーっ」

初春が目を覚まし体を伸ばして部屋を見回す
木山はまだ寝ていたが、佐天の姿がない

初春「どこに行ったんでしょうか」

パジャマは綺麗に畳まれていたのですでに着替えは済ませたのだろう
廊下を出て探してみるがどこにもいない

初春「外かも」

玄関へ向かってみると佐天の靴はなかった



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:31:12.19 ID:fMljOs+d0 [29/59]
初春は散歩がてら佐天を探してみることにした

空気が澄んでいて気持ちがいい
初春「すーはーすーはーっ」

初春「学園都市では味わえない気持ちだ」

そんなことを言いつつ森の中を歩き回っていると
いつの間にか滝の近くへと来ていた

初春「あ、いた」

佐天は滝割りをやっていた

佐天「ふーっ・・・はっ!」

佐天は風を起こす、が滝には何にも変化がない

佐天「ったく、ちょっとはどうにかなりなさいよ!」

初春「佐天さーん、おはようございますー」

初春が佐天に声をかける

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:34:00.01 ID:fMljOs+d0 [30/59]

初春「学園都市では味わえない気持ちだ」

初春「学園都市では味わえない気持ちよさだ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:34:45.07 ID:fMljOs+d0 [31/59]
すまん、ナルトで滝割りなんかやったっけ?

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 04:40:56.94 ID:fMljOs+d0 [32/59]
森の中から出てくる初春

佐天「おー、ういはるー起きたかー」

初春「えぇ、佐天さんは早速特訓ですか?」

佐天「うん、目が覚めちゃって。朝ごはんまで練習」

初春「見ててもいいですか?」

佐天「うん、私の成長の過程をとくと目に焼き付けたまえ」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 04:56:58.00 ID:fMljOs+d0 [33/59]
すこし寝ます

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 06:24:07.46 ID:fMljOs+d0 [34/59]
アークビショップかわうぇええええええ

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 07:03:07.19 ID:fMljOs+d0 [35/59]
佐天「そうだ、初春」

滝に向かって風を起こしながら佐天が喋りだす

初春「何ですか佐天さん」

佐天「初春ってどんなメニューなの?あ、朝食のことじゃないよ。合宿のトレーニングメニューね」

初春「わかってますって、今日木山先生から説明あると思います。まだ聞いてません」

佐天「そっか」

佐天「合宿頑張ろうね。大覇星祭でみんなを驚かそう」

初春「えぇ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 07:28:30.86 ID:fMljOs+d0 [36/59]
初春「えぇ・・・」

頷いた後、膝を抱えて座っていた初春はスッと立ち上がった

初春「私、ランニングしてきます」

佐天「あ、うん」

タッタッタッ
初春は走り出した
ランニングをしたくなった、というよりはこの場に居たくなかった

初春(私は何もしないでただ佐天さんのトレーニングを見てるだけ・・・)

初春(私だって昨日のうちにやることは聞けたはずなのに・・・これが佐天さんとの差)

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 07:49:41.80 ID:fMljOs+d0 [38/59]
初春「ハァ・・・ハァ・・・ハァ」

時計に目をやる、もう30分近く走り続けている
そろそろ朝食の時間なので寺へ向けて走り出す

寺へ戻ってきた時、丁度玄関に佐天を見つけた

初春「佐天さんも今お帰りでしたか」

佐天「あ、初春。お疲れ、ずっと走ってたの?」

初春「はい、お腹空きました」

佐天「私もー、ごはんごはんー」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 08:01:20.27 ID:fMljOs+d0 [39/59]
部屋に戻ると木山も起きていてパソコンをいじっていた

佐天&初春「おはようございます」

カタカタカタ

木山「おはよう、二人とも早起きだな」

パソコンから視線は移さずに答える

佐天「えぇ、ちょっとトレーニングしてきました」

木山「ほう、精が出るな」

初春「そろそろ朝ごはんですよ、和尚さん手伝ってきますね」

佐天「あ、わたしも行くよー」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 08:06:09.47 ID:fMljOs+d0 [40/59]
二人が台所へやってくると住職が味噌汁を作っていた

住職「おはようございます」

佐天&初春「おはようございますー」

初春「手伝いに来ました」

住職「ありがとうございます、料理はこれで最後ですのでご飯をよそってもらえますか」

初春「はい、わかりました」

佐天「じゃあ私はおかずを盛り付けますね」

住職「えぇ、お願いします」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 08:40:17.37 ID:fMljOs+d0 [41/59]
朝食を部屋へ運ぶ

佐天「木山先生、ご飯にしますよ。片付けてくださいー」

木山「あぁ」


朝食を食べ始める

木山「今日の予定だが基本各自でトレーニングだ。何かあったらここへ来てくれ

    対応できるように準備はしておく。夕方からは勉強をしようか」

佐天&初春「はい、わかりました」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 08:43:23.71 ID:fMljOs+d0 [42/59]
三人「ごちそうまでした」

佐天「じゃあ、私は滝割りに行って来ます」

初春「いってらっしゃい佐天さん」

佐天「ういー」

佐天が部屋から出て行く

木山「初春君は今日からだったね、でがメニューの説明をしよう」

初春「はい」

初春(ついに私の特訓が始まる・・・ドキドキ)

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 09:20:38.80 ID:fMljOs+d0 [43/59]
木山「君にやってもらうのはこれだ」

木山はそういうとあるものをテーブルの上に置く

コト

初春「ペットボトルですよね?」

木山「あぁ」

初春「中に入ってるのは何ですか?」

木山「水だ」

初春「薬でも飲むんですか?」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 09:33:58.18 ID:fMljOs+d0 [44/59]
木山「冗談はよせ、大体察しはついているのだろう?このペットボトルを破裂させるんだ」

初春「わかりました」

木山「危ないから気をつけてくれよ、これを着てくれ」

初春「これってアンチスキルの防護服じゃないですか・・・」

木山「暑いだろうが我慢してくれ」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 09:35:47.62 ID:fMljOs+d0 [45/59]
外に出て来た初春

初春「暑い・・・あとは手袋もはいて・・・これでよしと、さてやりますか」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 09:43:14.11 ID:fMljOs+d0 [46/59]
太陽が真上まで来た時、初春は暑さでフラフラになっていた

初春「はぁはぁ・・・今気付いたけどまだこれ着なくてもよかったんじゃ・・・」

初春の力はまだペットボトルの中の水を温かくする程度なので
破裂させてしまう心配はなかった

初春「とりあえず脱ごう・・・はぁはぁ」

初春「てかお腹も空いてきたし・・・」

ゴソゴソ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 09:49:09.66 ID:fMljOs+d0 [47/59]
一方その頃、佐天涙子

佐天「えいっ!」

バシュッ・・・・・・ふわぁ~ん

佐天「あーまたダメだー、風が拡がっちゃうよ~」

朝から風を打ち続けているが一度も滝まで風は届いていない

佐天「滝まで距離がありすぎるんだよぁ~」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 10:26:41.59 ID:fMljOs+d0 [48/59]
そんなこんなで2日目終了

そして3日目夜、消灯後

佐天「初春~寝た?」

初春「いえ」

佐天「特訓、進歩あった~?」

初春「全然ダメですね・・・はは・・・orz」

佐天「明日で4日目だよ、このままじゃあっという間に2週間経っちゃうね」

初春「そうですね・・・」

佐天「・・・寝よう」

初春「・・・ですね、おやすみなさい」

佐天「おやすみ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 11:03:08.36 ID:fMljOs+d0 [49/59]
>>118
いいってことよ

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 11:03:59.02 ID:fMljOs+d0 [50/59]
4日目 朝食後
佐天「じゃあ木山先生いってきます」

初春「いってきます」

木山「あぁ、気をつけて」

二人が特訓へ出かけて部屋には木山だけが残った

木山「そろそろ手を貸すか」

ぼそっ

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 11:15:30.07 ID:fMljOs+d0 [51/59]
滝-

佐天「えいっ!!」

バシュッ・・・ゥゥン

相変わらず風は滝まで届かない

佐天「だーめだこりゃ・・・」

佐天は地面に大の字になって仰向けになった

佐天「何がいけないんだろ・・・」

パキッ

枝が折れる音がした

ビクッ!
佐天「おーい・・・」

佐天「誰ですかー?」

佐天が警戒しながら森へ呼びかける


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 19:58:59.29 ID:fMljOs+d0 [52/59]
木山「私だ」

森の中から出て来たのは木山だった

木山「どうも修行が進んでいないようなのでね、助言をしにきたよ」

木山「このまま2週間が終わってしまってはもったいないだろう」

佐天「助かります!」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 20:14:36.02 ID:fMljOs+d0 [53/59]
木山「ちょっと風を滝に向けて放ってみてくれ」

佐天「はい」

佐天「えいっ!」

佐天が滝に向かって風を打つ

バシュッ・・・・・・・ふわぁ・・・・

佐天「やっぱりダメだ・・・」

木山「だろうね、それじゃただ打ってるだけだ」

木山「風に螺旋回転を与えてみろ」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 20:25:29.02 ID:fMljOs+d0 [54/59]
佐天「それで強く遠くまで飛ばせるんですね?」

木山「さぁ」

佐天「さぁ、って・・・」

木山「あくまでも飛ばし方の一つだ、あとはリング状にして飛ばしてみるってのもあるぞ」

木山「君にあった飛ばし方を考えろ」

佐天「はい」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 20:51:05.44 ID:fMljOs+d0 [55/59]
木山が去っていく

佐天「流れか・・・考えたことなかったかも」

佐天「よし、やってみるか」

滝に背を向け木の枝を拾い地面に刺す

佐天「とりあえず近い距離で試してみるか」

もう一度演算をし直す
今度は打ち出す瞬間に回転を与えてみる

佐天「そいやっ!」

バシュッ・・・・ふわっ

佐天「さすがにいきなりは上手くいかないか」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 21:31:06.29 ID:fMljOs+d0 [56/59]
木山「次はあの子だな」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 21:50:23.03 ID:fMljOs+d0 [57/59]
初春「んああっー!」

初日に比べると温度は高くなってきた

木山「初春君、どうだい?」

初春「あ、木山先生」

木山は初春からペットボトルを受け取る

木山「ほう、いい感じになってきてるじゃないか」

木山「アドバイスをと思っていたがこの調子で続ければ大丈夫そうだ」

初春「ありがとうございます!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 21:55:33.55 ID:fMljOs+d0 [58/59]
4日目 夜
初春「佐天さん、何読んでるんですか?」

佐天「漫画だよ」

佐天「初春も読むかい?」

初春「あ、どうも」

初春が佐天から漫画を受け取る
しばらく漫画を読んでいる二人

佐天「ブルブル・・・・」

佐天が小刻みに震えだす

初春「佐天さん?」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:15:06.96 ID:oUXeRUxS0 [1/23]
佐天「これだ・・・」

佐天は漫画を何冊か手に取りパラパラとめくっている

佐天「初春ちょっと」

初春「はい?」

佐天「これ見てみて」

佐天が見せてきたページにはワニかトカゲのようなモンスターが手から渦を出している
さらに次に見せてきたページには両手から放つ渦を合わせて敵にぶつけている

初春「なんですかこれ」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:22:27.52 ID:oUXeRUxS0 [3/23]
佐天「強力な風をおこすには回転と風を組み合わせればいいんじゃないかってね、

    この漫画は逆向きの渦をぶつけてるけど」

初春「佐天さん、一度に複数の風起こせましたっけ?」

佐天「だからそれをやってみるんだよ」

佐天「とりあえず明日は回転と組み合わせの練習をしてみるわ」

佐天「初春は順調なの?」

初春「はい、木山先生がこのペースでいけば大丈夫だろうって」

佐天「おぉー」

初春「そろそろ寝ましょうか」

佐天「うん、じゃあおやすみ」

パチッ

4日目終了

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:27:27.75 ID:oUXeRUxS0 [4/23]
5日目終了

6日目終了

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:36:20.45 ID:oUXeRUxS0 [5/23]
7日目
佐天「えいっ!!」

バシュッ!!・・・・

カラン

ついに地面に刺していた枝に風が届き、枝が倒れた

佐天「やった・・・やったぁ!!」

佐天「あとは滝に届くまで距離を伸ばしていくだけだー」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:45:04.87 ID:oUXeRUxS0 [6/23]
くらぁっ

ドサッ

その時だった佐天が急に倒れてしまった

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:59:06.59 ID:oUXeRUxS0 [7/23]
佐天「力使いすぎたー」

ぐぐぐっ

うつぶせの状態から手を使って仰向けになる

佐天「今日で一週間か、あと一週間で滝割りできるかな」

佐天「今日の内に滝まで届かせたいな・・・」

佐天「持ってきたお弁当食べるかぁ」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 01:13:09.46 ID:oUXeRUxS0 [8/23]
佐天「どうも一人で練習してると独り言が多くなっちゃうな、イカンイカン」

ゆっくり立ち上がり荷物を置いてある木陰に向かう
木に背中もたれて座る
持ってきた弁当の包みを開き昼食を食べ始める

佐天「だいぶ汗かいたなー、それにしても暑いし」

佐天「昼の練習始める前に水浴びでもするか、もぐもぐ」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 01:33:03.25 ID:oUXeRUxS0 [9/23]
場面変わって初春

木山に順調と言われたように初春の特訓は順調だった
6日目までにペットボトルが変形するまで来ていたので
この日から初春はまた防護服を着ていた

初春「うあああああああ!!!」

ボゴボゴボゴボゴ

初春「よし」

初春「でも変形しちゃって破裂まではいかないや、目標としては一瞬で水蒸気にして

    一気に体積を増やして破裂なんだけどな」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 02:34:53.56 ID:oUXeRUxS0 [10/23]
バシャバシャ

佐天「あー気持ちいいー」

佐天「こんなことなら水着も持ってくれば良かったなー」

スーッと空を見上げ水に浮く佐天

目を閉じる

サワサワ~
森を通って来た風が優しく佐天の頬をなでていく

佐天「さーて、そろそろ午後の特訓始めますか」


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 03:08:28.48 ID:oUXeRUxS0 [11/23]
7日目終了

8日目 夕方
佐天が特訓を終え寺へ戻って来た

ガララ

佐天「ただいまー」

初春「おかえりなさい佐天さん」

初春の声が台所の方から聞こえてくる
夕食の準備をしているのだろう
佐天が靴を脱いでいるとそこに木山が通りかかる

木山「今日の成果は?」

佐天「風が拡がらないようになりましたよ」

木山「そうか、無理はしないようにな」

佐天「はい、わかってますって」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 03:10:41.70 ID:oUXeRUxS0 [12/23]
9日目
佐天「すーはぁーすーはぁー」

佐天は滝の前で大きく深呼吸をしている

佐天「よし」

目をあけて、右手を滝に向かって構える

佐天「はぁっ!!」

バシュッ!!

手から風が放たれる、滝までは届いていない

佐天「まだまだここから!」

左手も構える

佐天「はぁ!!」

バシュッ!!!

左手からも風が起こる

佐天「やった!よし、ここからぁ~・・・」

そういうと、地面と平行に伸ばしていた右手と左手をゆっくり慎重に近づけていく

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 03:24:27.05 ID:oUXeRUxS0 [13/23]
手のひらを横にして手首を合わせる

佐天「いっけええええええ」

それまでそれぞれの手から吹いていた2つの風が1つになる

バシャシャシャシャ・・・・・
風が滝にぶつかっている

佐天「届いてる・・・届いてる!!」

佐天「ちょっとした獣王激烈掌気分だ、あははは」


夕方

ガララ

佐天「戻りましたー」

靴を脱ぎ手を洗い部屋へ向かう
襖を開けると木山はPCをいじっていた

佐天「木山先生。風、滝まで届きました」

木山が作業の手を止め佐天の方へ顔を向ける
木山「おぉ、ついにやったか」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 03:27:56.14 ID:oUXeRUxS0 [14/23]
木山「今日で8日目、あと5日で滝割りは完成しそうだね」

佐天「はい!頑張ります!」

佐天「そうだ、初春は?」

木山「まだ戻ってきてないよ」

佐天「あ、そうですか。私見てきますね」

木山「あぁ、わかった」

佐天はそう言うと部屋を出て玄関へ行き、もう一度靴を履いて初春が特訓している場所へ走って行った

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 04:07:51.10 ID:oUXeRUxS0 [15/23]
パァンッ!

森の中を走っていると初春のいる方向から音が鳴り響いた

佐天「今の・・・もしかして!」

佐天は急いで初春のところへ向かった

パァンッ!

また、音が聞こえた
ようやく初春がいる場所へ着いた

佐天「ハァハァ・・・」

そこには破裂したペットボトルを持つ初春の姿があった

初春「よし、また成功」

森から出て初春の方へ近づいていく
佐天「またってことは、何度か成功してるのそれ?」

初春「あ、佐天さん。今ので3回目ですね」

少し離れたところから声をかけられた初春が振り向いて答えた



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 04:44:32.38 ID:oUXeRUxS0 [16/23]
佐天「初春もとうとうやったかー」

初春「"も"ってことは、佐天さん課題クリアしたんですか!?」

佐天「まだ滝に風が届いただけなんだけどね」

初春「そうですか・・・私もうちょっと練習していきますんで」

佐天「ちょっと何対抗心出してるのよ、そろそろ夕食だから戻って来いって言ってたよ」

初春「佐天さんに遅れをとってばかりはいられませんから!!」

初春「でも、まぁ夕食なら仕方ないですね。戻りましょう」

佐天「わたしゃちょっとビックリしたよ、初春がそこまで熱くなるとは・・・」

初春「先にレベル3になるのは私ですから!!」

佐天「何を~私のほうが先じゃー」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 04:50:02.34 ID:oUXeRUxS0 [17/23]
じゃれ合いながら寺へ戻ってみるとすでに部屋に膳が運ばれていた

木山「夕食は運んでおいた、食事にしようか」



三人「いただきます」

佐天「そうだ、初春、報告しなよ」

初春「そうでした、木山先生。課題できました」

木山「そうか・・・なら二人は既にレベル3はあるね」

初春「え?計測しなくてもわかるんですか?」

木山「あぁ、君達の課題はレベルから逆算して作ったからね

    今は初春君が一歩リードといったところかな」

初春「やったー」

佐天「かーっ、悔しい!負けたかー」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:25:38.96 ID:oUXeRUxS0 [20/23]
>>214
木山8日目って言ってるけど9日目だね

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:28:35.89 ID:oUXeRUxS0 [21/23]
10日目 朝食後
木山「初春くんは引き続きペットボトル割りだ、一瞬でできるようになるまで頑張ってくれ」

初春「はい、わかりました」

木山「佐天くんの方は滝割りを完成させることだな」

佐天「はい」

木山「では、何かあったら来てくれ」

佐天&初春「はい」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:35:06.31 ID:oUXeRUxS0 [22/23]

佐天「ハァッ!!」

ギュリュリュリュリュ!!!!

バチャチャチャチャ
風が滝にぶつかって水しぶきをあげる

佐天「よし、だいぶスムーズに出来るようになってきた」

佐天「でも、ここからあと一押しがなー」


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:59:56.14 ID:oUXeRUxS0 [23/23]
11日目 滝
佐天「あー出来な~い、ここから滝に穴を開けるなんて無理だよ」

地面に寝転ぶ


佐天「あー空気が美味しい・・・」

ぼーっと空を見上げていると視界が急に暗くなった
誰かが佐天を見下ろしている
逆光なので誰かはわからない

「佐天さん、特訓は捗ってますかな?」

声の主は住職だった

佐天「あ、住職さん。特訓の方ですか?うーんここに来て足踏みですね」

住職「・・・佐天さん、先ほど空気が美味しいと言いましたね」

佐天「はい、」

住職「空気が美味しいということはどういうことですか?」

佐天「え?」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:07:01.67 ID:4YNHQlim0 [1/26]
住職「古来より聖人にはいろいろな伝説が残っています」

住職「私はそれはあなた方の使っている能力ではないかと思います、まぁ魔術の類もあるかもしれませんが」

佐天「魔術?魔法なんてあるわけが-」

住職「はは、そうでしたね」

住職「しかし、そんな古代には今みたいな科学力はなかったです」

佐天「はぁ・・・」

佐天(何を言おうとしてるのかよくわからないよ・・・)

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:14:34.28 ID:4YNHQlim0 [2/26]
住職「話が脱線しましたね、空気が美味しいとうことはどういうことですか?」

佐天「実際に味がついてるわけじゃ・・・ないですよね?」

佐天「匂いとかかな、湿度とか?成分とかは大して変わらないだろうし・・・思い込みかも」

住職「学園都市の空気とは違う。ということはなんとなく感じているのですね?

佐天「ええ、なんとなくですけど」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:17:05.81 ID:4YNHQlim0 [3/26]
佐天「あ、これって・・・共感覚になんとなく似てるかも・・・」

佐天(匂いとかで目には見えない空気を感じることができれば)

ハッ!

佐天「木山先生はもしかしてそれを狙ってここに連れてきたんじゃ・・・」

住職「私には詳しいことはわかりませんが、木山さんにも考えがあってのことだと思います」

佐天「そうだよね・・・あれだけ頭のいい人だもん、なにか狙いがあるんだよね・・」

佐天「和尚さんありあがとうございます!」

寺へと走っていく佐天を見送る住職

住職「住職です」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:18:18.71 ID:4YNHQlim0 [4/26]
ガララ

バタバタバタ

バンッ!!
勢いよく襖をあける佐天

木山「どうした佐天くん、そんなに慌てて。廊下は走ってはいけないよ」

佐天「ハァハァ・・・すみません、き、木山先生!」

木山「どうした」

佐天「木山先生って共感覚の研究もしてましたよね!」

木山「あぁ」

木山は軽く頷いた後、ニヤリと笑った

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:20:20.48 ID:4YNHQlim0 [5/26]
佐天「共感覚が使えるようになる装置みたいなの持って来てますか?」

木山「ふふ、やっと来たか」

佐天「やっと・・・?」

木山「私は特訓を始めた2日目から何かあったら来てくれと確かに言っていたよ」

佐天「あれってこういうことだったんですか?」

木山「君達が協力を求めてきたらサポートできるように準備はしていたんだよ」

佐天「なぁ~んだ」

佐天「ならもっと早く頼ってればよかったですよー」

木山「最初から頼りきっていては特訓になるまい」

木山「さて、無駄話はこの辺にして・・・準備をしてくるから待っていてくれ」

木山はそう言うと部屋から出て車へと荷物を取りに向かった

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:27:41.29 ID:4YNHQlim0 [6/26]
戻ってきた木山はアタッシュケースを持っていた
木山がケースを開け、中からパックされた注射器を取り出す

木山「今から打つのは一時的に共感覚を使えるようにする薬だ

    少し吐き気がするかもしれないが我慢してくれ」

佐天「はい・・・」

佐天(ドキドキ・・・なんか実験ぽくなってきたかも)

木山「では、打つよ」

ぷすっ

ちゅー

佐天「あっ・・・」

木山「はい、打ち終わったよ。効果が出るまで目をつぶって横になって15分くらい待っててくれ。」

佐天「はい・・・」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:32:43.80 ID:4YNHQlim0 [7/26]
佐天(うっ・・・少し吐き気が)

木山「効果は3,4時間続くからね」

佐天「あ、はいー」

15分後

木山「そろそろだな、目を開けてもいいぞ」

佐天「はい」

パチ

佐天「なにこれ・・・」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:36:15.61 ID:4YNHQlim0 [8/26]
そこにはなんとも表現しがたい世界が広がっていた

佐天「ちょっと酔うかも、あはは」

木山「空気の温度が色で見分けられるようになっているんだ、空気の流れも読めるぞ」

佐天「なんか不思議な感じです、色の付いたコンタクトしてる感じ。ちょっとチカチカしますね」

木山「慣れるまではゆっくり歩いたほうがいいよ」

佐天「はい、わかりました」

木山「では、頑張ってくれ」

立ち上がり部屋を出て行く佐天

佐天「っとと」

フラフラ

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:42:59.95 ID:4YNHQlim0 [9/26]
滝へと戻ってきた佐天

佐天「それにしてもすごいないこれ」

部屋の中と違い外は色々な色が混じりあっていた
滝から飛んだ水しぶきがオーラのように拡がっていたりする

佐天「さて、早速」

シュンシュンシュン・・・

佐天(空気を集めて)

佐天(打つ)

バシュン!!! ドウッ!!

今までと違う力強い音がした

バッシャシャシャシャ

佐天から放たれた風は滝の表面にただぶつかるだけではなく
落ちてくる水を弾き飛ばし滝をえぐる

佐天「すごっ・・・いきなりこれか。これならイケるかも!」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:50:01.77 ID:4YNHQlim0 [10/26]
佐天「だああああああ!!!」

佐天「回転回転!!もっと回転も加えて」

佐天(色が付いただけでこんなに操作しやすいなんて)

佐天「もっともっと!!くけけけきこここおおおおお」

佐天「はあっ!」

ドウウッッ!!

風はさっきよりも滝をさらに深くえぐる

ババババババババババ!!!

佐天「うわあああああああ!!!」

さらに力を込める

遂に風は滝をぶち破り、崖の壁面が顔を覗かせた

バァンッ!

その時、合わせていた手が反動で離れる

佐天「はぁはぁ・・・すごい・・・一気に進んだ」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:17:15.37 ID:4YNHQlim0 [11/26]
夕方 寺
佐天が部屋に戻ってきた

木山「戻ってきたか、体調はどうだい?」

佐天「特に変わったところはないですね」

木山「そうか。それで、課題の方はどうだ?」

佐天「滝に穴を開けられましたよ!完全な滝割りとまでは行きませんでしたけど」

佐天「それにしてもすごいですね、あの共感覚の薬」

佐天「明日は2,3本一気にぶすーっと・・・」

木山「はは・・・どうなるかわからんぞ」

佐天「あはは」

初春「ただいまー」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:23:26.76 ID:4YNHQlim0 [12/26]
12日目
佐天「じゃあ、今日もお願いします」

木山「では、腕を出してくれ」

佐天「はい」

スッ
袖をまくり腕を出す

ぷすっ
ちゅー
佐天「うっ」

その様子を初春が見つめている

初春「共感覚ですか、考えても見なかったですよ」

カチャカチャ
木山「まぁ、君の能力は他の感覚に結びつけにくいからね」
木山が注射器を片付けながら言う

初春「そうですかー」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:31:24.16 ID:4YNHQlim0 [13/26]
>>320の木山の
「まぁ、君の能力は他の感覚に結びつけにくいからね」ってのは
初春の超能力は分子を扱うために他の感覚とのリンクが弱く
佐天みたいに共感覚を使ってもトレーニングの効率は変わらないってことです

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 02:07:03.00 ID:4YNHQlim0 [14/26]
13日目
木山「さて、明日は掃除して帰るだけなので今日が実質的には最終日だ」

木山「特訓の成果も見せてもらうよ」

佐天「ふっふっふっ任せてください」

初春「随分強気ですね、まさか滝割り完成したんですか?」

佐天「それは見てのお楽しみ、ささっ木山先生早いとこ注射をぶすっと!」

木山「あぁ」


30分後
滝へとやって来た三人
木山「佐天くん、すぐにいけるか?」

佐天「ちょととウォーミングアップいいですか?」

木山「納得するまでどうぞ」



327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 02:11:24.30 ID:4YNHQlim0 [15/26]
佐天「じゃあ・・・初春ペットボトル1本貸して」

初春「どうぞ」

初春からペットボトルを受け取る

佐天「んじゃ」

ぶんっ
佐天がペットボトルを宙に投げ上げる

佐天「ほいっほいっほいっ」

佐天が左右から交互に風を打ち出しペットボトルにぶつけて跳ね上げていく

初春「随分高く上がりましたね、」

佐天「次は・・・・」

そう言うと佐天は落ちてくるペットボトルにもう一度風をぶつける
が、今度は風を当て続けている
下から風を受け続けているペットボトルはふわふわと浮いているように見える

初春「すごいですね・・・」

木山「あぁ、細かいコントロールも身につけたようだ」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 02:18:09.00 ID:4YNHQlim0 [16/26]
佐天「よし、いい調子だ。もういいかな」

そう言うと佐天は風を止めた

パシッ
落ちてきたペットボトルをキャッチして初春に投げて返す

佐天「じゃ、滝割りやりますね」

二人に背を向けて滝に向く

佐天(まずは空気を見てっと、今日は割と扱いやすいかも)

佐天(さて、演算開始)

佐天がスッと両手を前に出す

佐天「ハァッ!!」

ドウッッッッ!!!

両手から風が勢いよく発射された
それを即座に合わせて1本にして滝にぶつける




337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 02:48:55.04 ID:4YNHQlim0 [17/26]
ズドオォオオオオオオンンンン

滝に大きな穴が開き滝の奥の壁面が剥き出しになる

佐天「だああああああ」

佐天は大声を出しながら滝の流れに大穴を開けるほどの風を維持している



木山「おぉ・・・」

初春「すごい・・・すごすぎる」

二人の目の前の滝は確かに割れている

佐天「はーはっはっはっはどんなもんだー」

ぶわぁー

佐天が徐々に力を弱めていくと分かれていた滝が元に戻る

佐天「ま、こんなもんですかね」

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 02:53:39.68 ID:4YNHQlim0 [18/26]
佐天「どうでしたか?」

佐天が振り返って木山に聞く

木山「あぁ、見事だ」

佐天「レベルは!?レベルの方はどうですか!?」

木山「薬さえ使っていなかったら文句なくレベル4だろうね」

佐天「そうですか」

木山「不満かな?」

佐天「いえ、不満どころか大満足です。だって春休みまで無能力者だったんですよ?

    あとは個人的に練習しておきます」

木山「成長したな」

佐天「へへ、ありがとうございます!」

佐天が満面の笑みを浮かべる

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 03:56:07.66 ID:4YNHQlim0 [19/26]
木山「さて、次は初春くんの番だな」

初春「はい、では」

初春は防護服を着始めた
ゴソゴソ

佐天(あ、頭の花は外すんだ・・・)

初春「スタンバイ完了!」

初春「では、二人とも離れててください」

佐天と木山が充分に距離をとったのを確認して初春は
地面に置いておいたペットボトルを掴んだ

初春「はいっ!」

パァンッ!

初春が声をかけると一瞬でペットボトルは破裂した

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 04:08:32.12 ID:4YNHQlim0 [20/26]
初春「そうだ!佐天さーん風を使って私にペットボトルをぶつけてくださーい」

佐天「はぃ?」

木山「やってみたまえ佐天くん、なにか考えがあるようだ」

佐天「そうですか?じゃあ」

水の入ったペットボトルを試しに一本初春に向けて打ってみる

初春は自分に向かって飛んでくるペットボトルに手のひらを向けて待っている

パァンッ!

初春の手にペットボトルがぶつかった瞬間ペットボトルは弾け飛んだ

木山「能力を一瞬で発動させたわけだな」

木山「オーケー、終了だ」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 05:18:54.60 ID:4YNHQlim0 [21/26]
14日目
使っていた部屋の掃除をしている3人

佐天「なーんかあっという間だったなー」

初春「ですねー」

木山「ふふ、それは君達2人が真剣にやっていたからだよ。君達の頑張りには素直に驚いたよ」

佐天「そうですかー?」

初春「なんだか照れますね」


数分後
木山「こんなものかな。さて、掃除道具を閉まったら帰るか」

佐天&初春「はい」


さらに数分後
荷物を持って玄関へ向かう3人
住職が見送りにやってきた

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 07:09:07.02 ID:4YNHQlim0 [22/26]
住職「では、気をつけてお帰りください」

佐天「短い間でしたけどお世話になりましたー」

木山「では」

初春「ありがとうございました」ペコリ

バンに乗り込む3人

ブロロロロ・・・

車中
佐天「そういや住職さん、魔術がどうとか言ってたんだけどさ」

佐天「なんか昔の人は魔術を使ってたとか」

初春「魔法ですか?そんな非科学的なものはありませんよ~」

佐天「だよねー」

木山「ふふ」

合宿編 完

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 07:34:59.52 ID:4YNHQlim0 [23/26]
学園都市のゲートの前で車が止まる
ガラー
佐天と初春が車から降りる
運転席のウィンドウが降りる

木山「では」

佐天「じゃあ、2週間ありがとうございました!」

初春「ありがとうございましたー」

木山「あぁ、こちらこそ。いいデータが取れたよ」

木山「それじゃあな」

ウィンドウを閉め木山が初春にめくばせをする
気付いた初春は軽く頷いた

ブロロロー
木山が去っていった

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 07:39:07.78 ID:4YNHQlim0 [24/26]
ゲート職員「はい、確認しました。通っていいですよ」

初春「どうもー」

佐天「この後どうする?」

初春「今日は寮に帰って休もうかと」

佐天「そっか・・・今日初春のとこ泊まっていい?」

初春「・・・いいですけど、どうしたんです?」

佐天「なんか合宿気分が抜けないみたい、楽しかったからさ」

初春「佐天さん・・・寂しくなったんですか?」

佐天「な・・・違うって!変なこと言う子にはこうだー!」

佐天「えい!」

びゅお

佐天が風を起こして初春のスカートをまくる

初春「ちょ、ちょっと佐天さん!何するんですか!!」

佐天「能力の練習、あははー」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 07:48:55.86 ID:4YNHQlim0 [25/26]
次の日
ジャッジメント支部177支部

ガチャ

初春「おはようございますー、帰ってきましたー」

黒子「あら、初春久しぶりですわね」

固法「おかえりなさい初春さん」

初春「はい、ただいまです。お土産ありますよ!」

固法「食べ物?」

初春「食べ物もあります、合宿したのが山の中のお寺だったので

    お土産!っていう感じの物ではないんですけど・・・」

ガサガサ

初春「学園都市の外に出る機会が少ないので・・・」

ガサガサ



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 07:58:37.57 ID:4YNHQlim0 [26/26]
初春「ここに戻る途中で新宿に寄ってもらって色々と買って来ました・・・っと」

初春「はいこれ」

固法「!これは!!フランスの有名ショコラティエの限定物じゃない!!!」

固法「牛乳いれてこようっと~♪」

パタパタ

黒子「あらあら、固法先輩ったら」

初春「あ、白井さん、御坂さんにこれ渡しておいてください」

初春「ゲコ太のがま口財布です。バリバリ財布もあったんですけどこっちの方が渋いかなと」

黒子「そうですか・・・はは」

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 00:09:05.01 ID:X2BL9Jue0 [1/19]
初春「あの・・・実は、お話がありまして・・・」

黒子「はい、なんでございましょう?」

初春「はい、もう少しお休みを頂きたいんです・・・」

黒子「2週間も休んだ上にさらに休みたいと?」

初春「はい、だめでしょうか?」

黒子「馬鹿おっしゃい!」

黒子「アナタはこの学園都市の秩序と安全を守るためにジャッジメントになったのではなくって?」

初春「はい・・・」

黒子「その仕事を蔑ろにして-」

固法「まぁまぁ、まずは理由を聞きましょうよ」

固法「それに2週間休んだといっても非番の日もあったから実質、少し休んだだけじゃない」

黒子「まぁ!!固法先輩は優しすぎますわ!」

固法「はいはい。で、どうしてもう少し休みたいのかしら?」

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 00:38:43.99 ID:X2BL9Jue0 [2/19]
初春「はい、実は木山先生がもう少しだけ能力開発の特訓に付き合ってくれると言ってくれたんです」

固法「そう」

黒子「また木山ですの・・・」

黒子「あの人とあまり親密になるのは危険だと-」

初春「木山先生はそんな人じゃありません!」

初春「この話だって私が佐天さんに遅れを感じて焦って・・・

    落ち込んでいる時に声をかけてもらったんです・・・」

黒子「初春・・・」

固法「仕方ないわね、いってらっしゃい」

黒子「っ-」

固法は黒子が喋ろうとするのを手で遮る

固法「私も足踏みした時のつらさはわかるわ、それにもう約束しちゃったんでしょ?」

初春「はい」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 00:48:02.20 ID:X2BL9Jue0 [3/19]
固法「その代わり夏休み明けしばらくは休みなしよ!」

初春「はい、わかりました」

黒子「まぁ~ったく!固法先輩は初春に甘すぎますの!」

固法「はいはい、白井さんにも優しくしてあげるわよ~」

そう言って黒子の頭を撫でる固法

黒子「な!!!そういうことを言ってるのでは-」

固法「あらあら照れちゃって、うふふ」


2日後

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 00:56:23.24 ID:X2BL9Jue0 [4/19]
学園都市ゲートの外に初春が一人で立っている
向こうから赤いスポーツカーがやって来る

キキーッ

スポーツカーは初春の前で止まる

ドアが開き木山が降りてくる

木山「待ったかい?」

初春「いえ、丁度出て来たところです」

木山「そうか。では、行くか」

初春「はい」

挨拶もそこそこに車に乗り込む2人

初春「車変えたんですね」

木山「あぁ」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 01:12:44.58 ID:X2BL9Jue0 [5/19]
初春「ところで、能力の特訓するところは遠いんですか?」

木山「いや、近いよ。赤いスポーツカーなら施設まで30分だ」

初春「近いですね」

木山「あぁ、高速も使うしね」


30分後

キッ 車が止まる
木山「着いたぞ」

初春「はぁ~、立派なところですね」

以前、木山が学園都市で勤めていた研究所より一回近く大きいだろうか

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 01:27:37.23 ID:X2BL9Jue0 [6/19]
木山「さぁ、入ろうか」

初春「はい」

今日からは初春だけの特訓が始まる

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 01:59:54.32 ID:X2BL9Jue0 [7/19]
>>450
減圧症っすね

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 02:46:14.98 ID:X2BL9Jue0 [8/19]
研究所
受付を通り進んでいく
突き当たりのエレベータの▽ボタンを押して待つ

チーン
2人はエレベータがやって来て乗り込む

チーン
エレベーターが目的の階に着く
エレベーターを降り、突き当りの扉の前で止まる
木山がパスをリーダーに通し中へ入る

初春「あ、あのここは?」

木山「ふふ」

ピッ ガチャ
さらにドアを開け部屋を進む

そこには高さ5メートル、横幅3メートルほどの大きな装置があった

初春「な、なんですかこれは・・・」



461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 03:17:48.95 ID:X2BL9Jue0 [9/19]
木山「電子顕微鏡さ」

初春「もしかして・・・これで対象を見ながらってことですか?」

木山「察しがよくなってきたじゃないか」

初春「要は佐天さんが合宿中にやってたことですね、能力を感覚と結びつけると」

木山「あぁ」

こうして初春の特訓が始まった

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 03:26:23.96 ID:X2BL9Jue0 [10/19]
翌日
ジャッジメント支部

ガチャッ!

佐天「おっはよございまーす!ういはるいますかー?」

固法「あら、おはよう佐天さん。あなたは行かなかったのね」

佐天「はい?」

佐天「行かなかったというのは?4日前に帰ってきましたけど」

固法「そうじゃなくてその後よ、追加の特訓とかいうやつよ」

固法「初春さんは昨日から行くって」

佐天「ええええ!!!!何ですかそれ!!」

固法「あら・・・」

佐天「ブルブルブルブルブル・・・」

佐天が震えだす

固法「佐天さん?」

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 03:34:46.11 ID:X2BL9Jue0 [11/19]
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧     ,. :´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
<         _     > /., . : : : : : : : : : : : : : : : : : ::r‐ 〈 〉, ィ:.ヽ
< ┌┐  ┌┘ └―┐ >/. :/ : : :./:/: : : : : .、: : 、: : : :ヽ:`フ(0)く: : :.',
< ││  │┌─┐│ >/.:.:,'. : : l: | |: : : |.:.:.:.:.}.:.: l.:i: : : :|.〈 _人 _〉..:. :',
< ││  └┘ //  >,'.: .:|.:.:.:i.:l ハ:|: : : |.: :.:ハ.:.:|.:|: : | |: : : : : : : : : : :.'
< ││    //    >i.:l.:::|.:::十:‐仆、.: :トー:==|十メ、|: : : :.:|::.:.:. : : l:.i
< ││     ̄      >|.:l.:::L.:.: /\ヽ ∨〃/\  \.:.:.:|:::: :. : :.l:.|
< ││       _    >|:.l:::::|:ヽ/(・) \ゞ/ /(・)  〉   |.:.:.:i:::::::::. l.: |
< ││     //   >|.:l.::::|.: :|\_/ノ  \_/ ノ し|l/ : : : :.:l: |
< ││    / |   >|∧::」::::il:::::::::∠~        ⌒|ノ} : : :l: l: |
< ││   //||   >| .`T: :|:::::::::r~~‐、ヽ      /   : : : : : l
< ││   ̄  |_|    >   |: :|:::::::::)jjjjjjjjjjjヽヽ    /  :::.:.::l: : : :|
<   ̄      __ __    >   |: :.|:::::::::|,,    ||  /   : : : :.l: : : :|
<  ロロ┌┐  / 八\   >   |: :.!::::: ヽiiiiiiiii // /    :. : :.:.:l:: :.:.:.:l
<   ┌┘│/ /  \\ >   |: .:l;ヽ  ヽ~~"/     . : : : : :l: : : :.:l
<     ̄ ̄/_/     ヽ_ヽ>   |: :.l.: ヽ、__,,,_∠_///: : : : : :./: : : : :.l
< ┌┐┌┐   _ _  >  |: .:|.:.l/.:.:.]:::::::   [_/. : :/:::/  <: : : .:l
< ││││  / / | |  >  レ'´/.:.:.:/      /. : ://:/ ̄ ̄>=、:}
< ││││ / /  | |、, >    /.:.:./      /. : ://:/    ,~ヽ
< └┘└┘/_/   |_ノ >   /.:.:.:../      /: : ://:/   ~ ノ ̄\
<  [] []         >  .:.:.:.:./      l: : :/〃  ’ノ⌒⌒⌒⌒〉〉
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨   {:.:.:./      l: : /    {       Y∫

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 03:35:44.31 ID:X2BL9Jue0 [12/19]
佐天「あんにゃろう抜け駆けしやがったあああああああ」

固法「佐天さん!お、落ち着いて落ち着いて!」

佐天「落ち着いてられますか!これは裏切りですよ!」


その後、固法は初春が自分と黒子に話したように、佐天に初春が抱いていた焦りを話してやった


佐天「はぁ・・・あの子がそんなふうに感じていたとは・・・」
佐天は固法に入れてもらったホットミルクの入ったカップをギュッと握り締めながら呟く

佐天「私、あの子の親友なのにそんなことにも気付いてあげられないなんて」

固法「ね?だから怒らないであげて」

佐天「それとこれとは話は別です!あの子が帰ってきたら親友にくらいは

    悩みを素直に打ち明けろーってしかってやりますよ!」

固法「佐天さん・・・」

佐天「へへ」

固法「うふふ」

469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 03:44:02.82 ID:X2BL9Jue0 [13/19]
-しばらくして

佐天「さてと、今日は帰りますね」

固法「そう、じゃあまた今度ね」

佐天「はい、それじゃあ」

ガチャ バタン

タンタンタン

ジャッジメント支部を後にした佐天は通りへ出た

佐天「それにしても初春が・・・私も負けてられないな」

佐天「特訓しなきゃ・・・特訓。修行に出かけるか?」

佐天「でも、私だけじゃすぐに学園都市の外への外出許可なんて降りないだろうしなー」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 04:00:22.94 ID:X2BL9Jue0 [14/19]
佐天「そうだ、初春にメールしとこ」

カチカチカチ

題名 初春へ

話は聞いたよ、ういはるくん
よくも抜け駆けしたな、帰ってきたらお仕置きだな
花全部もいでやるから覚悟しとけ

佐天「送信とw」

佐天が送信ボタンを押した時だった

「きゃああああああ」

突然、数メートル先から女の叫び声が響いた

携帯に落としていた視線を上げると地面に跪いている女が道路へ向けて手を伸ばしている
その先には女の手から離れてしまったと思われるベビーカーが車道のセンターライン付近まで進んでいた

反対車線からは大型のトラックがベビーカーの進路に向けて突っこんできている
ブレーキをかけても絶対に間に合わないだろう

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 04:16:56.86 ID:X2BL9Jue0 [15/19]
「誰かああああああ」

女が叫ぶ

佐天は反対側の歩道に人がいるのを確認し、ベビーカーに向けて風を放った

佐天「誰か受け止めてー!!」

ゴウッ!

佐天の放った風が道路を一瞬で横切る

ガッシャアア

風はベビーカーに当たり、ベビーカーを反対側の歩道まで吹っ飛ばした

「うおおっ!」

反対側の歩道にいた男が見事にベビーカーを体を使って受け止めた
受け止めたというよりは男に当たったという方が適切だっただろうか
とにかく吹っ飛んだベビーカーは男により衝撃を受け止められ
見事に赤ちゃんは助かった

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 05:09:03.37 ID:X2BL9Jue0 [16/19]
佐天「よかったー」

女はすぐに反対側の歩道へ走っていきベビーカーの中の赤ん坊を抱きしめる
とりあえず佐天も道路を渡って女の側へ近寄ってみる

女「ありがとうございます!ありがとうございますッッ!」

女が男に深々と頭を下げている

男「いえいえ、俺はただベビーカーを受け止めただけで・・・お礼なら風使いのその子に」

そう言って男は女の後ろに立っていた佐天の方を指さした

女「ありがとうございます!!」

女は今度は佐天に深く頭を下げてきた

佐天「あ、いや、私は当たり前のことをしただけで・・・」

佐天「それより咄嗟に風ぶつけちゃって赤ちゃんに怪我とかありませんか?」

女は赤ちゃんの身体に怪我がないか一通り確かめて、大丈夫ですと佐天に伝えた

佐天「よかったよかった」

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 05:12:15.29 ID:X2BL9Jue0 [17/19]
女「あの、お礼をしたのであなた達のお名前と連絡先を教えてください」

男「お礼?いいですいいです」

佐天「私も。当然のことをしたまでですから」

女「そんな・・・それじゃあせめてお名前だけでも」

男「ただの通りすがりの男子学生と名乗っておきます」

男「じゃ、俺は特売セールの時間がありますんで!」

タッタッタ

「たまごたまご~!」

男子学生は去っていってしまった

佐天「ちょっとかっこよかったかも今の人」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 01:02:42.55 ID:D5mG+XxV0 [1/23]
数日後 研究所の食堂
木山「ここ、いいかね」

初春「あ、木山先生。どうぞ」

カタ
木山が初春の向かいに座る

木山「どうだい?」

初春「ん?おいしいですよこのカレーうどん」

木山「・・・食事のことではなく、特訓の方だよ」

初春「失礼しました、すいません・・・」

恥ずかしさで少し照れてしまう初春

初春「トレーニングの方は順調ですね」

木山「そうか・・・」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 01:06:01.70 ID:D5mG+XxV0 [2/23]
木山が割り箸立てから割り箸を一膳抜き、力を込める

バキッ

割り箸が折れる

木山「折れたね」

初春「ええ、先生が折ったんですよ」

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 01:56:12.00 ID:D5mG+XxV0 [3/23]
オワタ

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 03:19:10.63 ID:D5mG+XxV0 [4/23]
木山「なぜ折れた」

初春「なぜって先生が無理矢理折ったんじゃ・・・」

木山「確かにそうなんだが、そうではなくて結びつきを力を加えて壊したと考えるんだ。

    そして・・・君の能力を使ってこれと同じようなことができないか?」

初春「ええっ?」

木山「そうだな、具体的に言うと合宿でペットボトルを破裂させたね。

    あれはペットボトルの中の水の体積を爆発的に増やしたからだ。

    君に今度挑戦してもらいたいのはペットボトル自体の破壊だ」

初春「そんなことが本当に出来るんですか?」

木山「さぁ」

初春「さぁって・・・」

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 04:13:27.80 ID:D5mG+XxV0 [5/23]
ガチャ

佐天「こんにちはー」

黒子「佐天さん・・・あなたこのところよく来ますわねェ・・・」

佐天「だって初春がいないからつまらないんですもーん」

黒子「だからってここは溜まり場じゃございませんのよ」

固法「なら佐天さんもジャッジメントになったら?」

固法「それならここに居ても白井さんに小言を言われなくて済むわよ」

黒子「小言って・・・」

佐天「うーん、ジャッジメントかー」

固法「次の公募は冬になるから期間はあるし、一度考えてみてよ。パンフレット渡しておくわね」

佐天「あ、あの・・・」

固法「あ、推薦もあるからその気になったらいつでも言ってね」

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 10:43:51.55 ID:D5mG+XxV0 [6/23]
午後、ベンチに腰をかけ紙パックのジュースを飲んでいる佐天

ちゅー

佐天「考えてもみなかった・・・ジャッジメントか・・・」

カラカラ

佐天「それ」

パシュッ

佐天が空になった紙パックを打ち出す
パコン
ゴミ箱のふちに一回当たって見事にシュートが決まる

佐天「うしっ」

当麻「お見事」

見覚えのある男子学生が声をかけてきた

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 10:51:43.94 ID:D5mG+XxV0 [7/23]
あ、当麻って書いちゃった

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 11:12:08.84 ID:D5mG+XxV0 [8/23]
佐天「あなたはこないだの」

当麻「はい?どこかで会いましたっけ?」

佐天「こないだのベビーカーの・・・」

当麻「あーあの時の子か」

当麻はベンチに座り持っていた缶ジュースを開ける

佐天「チラッ・・・チラッ」

当麻「ん?何?」

佐天「い、いえ・・・」



617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 13:49:32.28 ID:D5mG+XxV0 [9/23]
佐天「お名前聞いてもいいですか?」

当麻「ええ、俺上条当麻って言います。よろしく。ニコッ」

佐天「ポッ」

佐天「あ、私は佐天涙子って言います。よろしくどうぞ」

当麻「よろしく」

佐天がしばらく当麻と話をしていると遠くの方で男が二人、こちらの方を見て何か話をしていた
当麻は気付いていないようだった
佐天も男達に見覚えがなかったので気にはせずに当麻と話を続けた

しばらくして先ほどの男二人が大勢の男達を連れて歩いてきた
こちらの方へ向かってきている

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 13:55:41.22 ID:D5mG+XxV0 [10/23]
男達はどんどんこちらに向かってくる
さすがに当麻もその集団に気付いた

当麻「げ・・・あいつら・・・」

男達は佐天と当麻が座っているベンチの前で立ち止まり、その中の一人が当麻に向かって怒鳴った

スキルアウトA「おう糞ガキ!こないだはよくもやってくれたなァ!!」

当麻「あれはお前らが先に手を・・・」

スキルアウトB「んなこたぁ関係ねーんだよ!」

当麻「関係なくはないだろ、あれは一般的に正当防衛って言うと思うのですが」

スキルアウトAは当麻の言葉に対し額に浮かんだ血管をピクピクとさせ怒りを顕にしている

スキルアウトA「いい加減にしろよ・・・てめぇ・・・」

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:02:55.43 ID:D5mG+XxV0 [11/23]
スキルアウトA「ぶっ殺してやる!」

スキルアウトB「その隣に居る女は知り合いか?」

ブチ切れているスキルアウトAの隣のスキルアウトBが佐天を指さして言った

スキルアウトB「なかなか可愛いじゃねえか、てめぇをぶっ飛ばした後に遊んでやるか!ヒヒッ」

気持ち悪い笑い方を最後に付け加えてスキルアウトBが佐天を見つめる

当麻「おい!この子は関係ないだろ!」

当麻「俺だけじゃなく佐天さんにまで手を出そうとするとは・・・

    女の子には優しくしろって親や学校の先生から言われなかったのか?

    いや、そんなこと言われなくても男ならわかるよなぁ!いくらお前らが不良だからって

    人として守るべきことは守れよ!それができないってなら俺はお前らをぶっ飛ばす!

    何度向かってきてもその度に返り討ちにしてやるよ!!」

佐天(ヒィー・・・この言い方じゃ完璧に知り合いみたいな言い方じゃないですかー)

佐天(「さぁ知らね」とか「先にベンチに居ただけだ」とか言ってくださいよー)

と心の中で当麻に突っこみをいれてみる

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:06:35.79 ID:D5mG+XxV0 [12/23]
>>621
書き始めたんだから保守いらないでしょw

626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:33:20.23 ID:D5mG+XxV0 [13/23]
すみませんでした

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:38:54.04 ID:D5mG+XxV0 [14/23]
スキルアウトA「うるせぇ・・・うるせぇうるせぇうるせぇ!!」

男が持っていた鉄パイプを地面に勢いよく振り下ろす

カァンッ!

乾いた音が響く

その音を合図にしたかのようにスキルアウトが当麻に襲い掛かかる
金属バットを持った男が当麻に向けてフルスイングをした

当麻「うわぁ!」

当麻がベンチから飛び出し攻撃をよける

ガン!

金属バットがベンチにぶつかり鈍い音がする

佐天もベンチから立ち上がりスキルアウトから距離をとる

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:09:51.19 ID:D5mG+XxV0 [15/23]
佐天「あ、当たったらどうすんのよ!危ないわね!」

佐天がスキルアウトに向かって叫ぶ

スキルアウト「あぁ?当てようとしてやってんだよ!!」

当麻「お前ら・・・いい加減にしろ!」

当麻がスキルアウトに向かって走り出す

ヒュッ グシャ!

当麻の左ストレートがスキルアウトの顔面にめり込む
喧嘩慣れしているのだろうか、当麻は次々にスキルアウト達を殴り倒していく
が、さすがに一人で大勢を相手にすると捌ききれない
当麻の死角から鉄パイプが当麻の頭めがけて振られる

佐天「危ない!」

632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:11:27.46 ID:D5mG+XxV0 [16/23]
え?スレストされるんですか?

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:35:25.81 ID:D5mG+XxV0 [17/23]
佐天が当麻と鉄パイプの間に割ってはいる

ドグゥ

鉄パイプが佐天の右腕にヒットする
佐天の身体がわずかに浮く

佐天「っっ・・・」

スキルアウトC「ヘッ!馬鹿が!」

当麻「てめぇ!」

当麻がスキルアウトCに右ストレートをくらわす
佐天は右腕を押さえてうずくまっている

当麻「佐天さん大丈夫か!?」

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:47:04.89 ID:D5mG+XxV0 [18/23]
佐天「は、はい。かなり痛いですけど・・・」

佐天「ただ、完全に怒りました」

そう言うと佐天はスッと立ち上がりスタスタとスキルアウトCの目の前に立った

スキルアウトC「ん?なんだぁ?」

スキルアウトCの言葉を完全に無視し佐天は左手を徐に相手のみぞおちに手を当てた

佐天「ハッ!」

バシュッ!

佐天がゼロ距離で風を放つ
今度はスキルアウトCの身体が30cmほど浮き上がった

スキルアウトC「あがっ・・・あががっ・・・」

スキルアウトCは言葉にならないうめきを漏らし背を丸くして、それから力なく地面に倒れこんだ
口からは何か液体が流れ出ている

スキルアウト「こ、こいつ能力者か!!??」

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:59:38.58 ID:D5mG+XxV0 [19/23]
佐天がポケットからボトルキャップを取り出した

ビスッ ビスッ ビスッ
佐天がスキルアウト達に向けてキャップを打ち出していく

スキルアウトE&F&G「がぁっ げぇっ ごぉっ」

簡単に3人のスキルアウトが吹っ飛ぶ
佐天が軽く3人を倒したのを見てスキルアウト達の顔色が変わる

スキルアウトA「お、おい!退くぞ!」

気絶した仲間の肩を担ぎ去っていくスキルアウト達

当麻「それは退くって言うんじゃねぇ、逃げるって言うんだ!」

去っていくスキルアウト達を見ながら当麻が言う
当麻が振り返って佐天を見つめる

当麻「佐天さん、大丈夫か?腕見せてみて」

佐天「あ、はい」

642 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:11:35.63 ID:D5mG+XxV0 [20/23]
当麻が佐天の腕にさわる

佐天「いたっ・・・」

当麻「折れてはないみたいだけど、ヒビが入ってるかも・・・

    とりあえず病院に行こう。いい先生知ってるから」



病院

冥土帰し「やれやれ、君もよっぽどこの病院が好きと見える。今月何回目になるっけ?」

診察室に入って来た当麻の顔を見るなり冥土帰しが言う

当麻「いや、今日は俺じゃなくてですねこの子です、この子」

冥土帰し「なんだ、君じゃないの。そちらのお嬢さんね。どれどれ」

冥土帰しが佐天の腕を見る

冥土帰し「うわ、随分腫れてるね、痛そうだ」

冥土帰しえ「でも骨は大丈夫だ、湿布出しとくから」

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:22:04.36 ID:D5mG+XxV0 [21/23]
またあとにした方がよさそうですね・・・

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:27:03.14 ID:D5mG+XxV0 [22/23]
佐天「ありがとうございます」

冥土帰し「はい、お大事に」


スライドドアを引き診察室から出る当麻と佐天

当麻「じゃあ帰りますか、寮まで送っていくよ」

佐天「あ、いいですいいです」

佐天(こないだのことといい今日のことといい、上条さんが近くにいると何か起こりそうで怖い・・・)

当麻「怪我した子を一人で帰すのは上条さんとしては-」

佐天「本当にいいですから!寮近いですし!」

佐天(この人こうでも言わないと引き下がらないだろ)

当麻「そっか、なんか困ったことがあったらいつでも言ってくれ」

当麻「じゃあ」

佐天「さようなら~」

                                     スキルアウト撃退編 完

653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:50:26.06 ID:D5mG+XxV0 [23/23]
とりあえず次は夏休み明け辺りから書きたいんですが
次の書き込みは夜になると思います
遅筆ですみません<(_ _)>

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。