FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「おにぃってさ・・・昨日の放課後なにしてたの・・・・・・・」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:23:29.59 ID:E0GlfqtX0 [1/25]

兄「・・・部活だけど?」

妹「そ、そうだよね!
  アハハっわたしってば何聞いてんだろ・・・・・・・・・・ウソツキ

兄「うん? お前も中学校に入ったんだから、部活はいってみればー?」

妹「うーん もう少し落ち着いたら考えてみるね・・・

いつだってお兄ちゃんはわたしにだけ本当のこと言わないんだね
わたし知ってるよ
昨日 お兄ちゃんが何してたか
ぜんぶ知ってるよ
母さんもお父さんもいなくなった理由も みんなみんな全部 

ほのぼのですよ!

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:30:26.00 ID:E0GlfqtX0 [2/25]
兄「? へんな間をつくるのやめろよなー
 悩みがあるなら 聞くぞー」

妹「な、なんでもないよ!
  わたし、もう寝るね!」
兄「んならいーがね おやすみー」
妹「・・・・オヤスミなさい」

お兄ちゃんは知らないよね
知る気もないのかな
そうやって いつも 子供扱いして

わたしの扱い・・・楽だもんね
妹の扱いらくだもんね


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:34:52.49 ID:E0GlfqtX0
妹「おにぃ もういくの?」

兄「ん ?
     おはよー 今日も遅いから先晩飯食ってろよなー
 んじゃ 俺あされん行ってくるわー」

妹「・・・・・いってらっしゃい・・・・・ウソツキ  ウソツキ




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:40:13.69 ID:E0GlfqtX0
女「兄くん おっはようー!
 今日もぎりぎり登校ですかーー!!」

兄「たまたまだってー
  おまえ 朝から声デケーよ」

女「そんなことなーいよ!
  ほらちょこっと 鏡みなさいな!
  寝癖がいっぱいついてるよー}

兄「めんどいから 気にせん」

女「あたしが直してあげるから
  しゃきっとなさい!
  世話やけるなー 兄くんは~」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:46:33.70 ID:E0GlfqtX0
兄「はー
  もういいだろう
  席つけよー おまえもさ~」

女「もーすこしだよー
  じっとしてて く らさーい」

兄「はぁ~
  おまえさー おれなんか構ってないでほかの
  とこで 女子高生 トークしてろよな~」

女「それはあたしの勝手なんですうー
  ほら動くと 変な髪がたにしちゃうよー
  あたしの手には なん百万本の命が  フフフ」
  
 

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:49:28.33 ID:E0GlfqtX0
兄「・・・・・・・・
 あっそ
  俺 トイレ行ってくるわー じゃな」

女「ちょ  兄くんー
  待っ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・兄くん






12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 21:55:05.72 ID:E0GlfqtX0
「あ、あの・・・センパイ 
  お、おはようゴザイマス・・・・・」

兄「あん?

   おー 後輩ちゃんかー
   おはよー」

後輩「オ、オハヨウゴザイマス!
   あの その 先輩がなんで一年せいの校舎に・・・イルんですカ?」

兄「うーん
  こっちのほうが静かだから?かな

  まーアレだ 気にスンナ」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 22:00:16.19 ID:E0GlfqtX0
後輩「そ、そうデスカ・・
  話かけて・・・その 
   すみませんシタ・・・」

兄「うん?
  全然いーよ 
  また 声かけてちょ」

後輩「!
   ありがとうございます
   まタ ・・・・・・・・・ハナシカケマス・・・

      ではっ! 」タッタッタ

兄 ・・・・へんなの
   そろそろ もどるかなー 

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 22:08:31.43 ID:E0GlfqtX0
出席とるぞー 井上ェー
植だー
小川ー
加藤ー

加藤ー加藤ー加藤ーーー
加藤はまた欠席かー  あいつは二年になってから一回も来てないな

兄 (・・・・・・・・・・)

こいけー
佐々木ー
女「はいっ」

蘇芳ー
兄「はーい」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 22:10:37.12 ID:E0GlfqtX0
残ってたら続き
書かせてもらいます

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 22:13:21.33 ID:E0GlfqtX0
4えん

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 22:21:37.74 ID:E0GlfqtX0
女「ねー 最近さー
  加藤くん ずっと休みだよねー
  なにかあったのかなー?」

兄「俺がしるわけねーじゃん
  めんどいから 話かけんなよな~」

女「席近いのなんて珍しいからいーの!
  席替え始まったら どーせまた離れちゃうんだから~」

兄「早く席替えしてー」

女「兄くん ひどいよー
  もう 答え教えてあげないからねー」

兄「別にいーよ~
女「・・・・・・・・・・・・・・・・・

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 22:27:19.33 ID:E0GlfqtX0
女「あたし 腹ペコー
 兄くん 食堂いこー!」

兄「俺 パンでいーから
  購買いく」

女「あたしも購買いくー
  サンドイッチかうのだー」

兄「ふーん
  遅れたらなにものこらねーから
  いそごーか」

女「うん!  えへへ

兄「早く立てって」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 22:32:47.57 ID:E0GlfqtX0
女「兄くん 兄くーん!
  購買いっぱいだねー!!
  あたし  すすめまぜん・・ううう」

兄「しゃーねーな
  おれ買って来てやるよー
  サンドイッチだけでいーんか?」

女「おとめにはデザートがかかせんのです
  うーん
  牛乳ぷりんもおねがいします!」

兄「りょーかい

女「兄くん がんばっ!
  応援してますね!!

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 22:35:30.37 ID:E0GlfqtX0
テスト

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 22:36:43.94 ID:E0GlfqtX0
パソコンの調子悪いっす
残ってたら書かせてもらいます

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:14:24.88 ID:E0GlfqtX0
保守ありがとう ございます!
coregaの無線LAN使ってるんですけど、これがちょっとくせものでして

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:19:05.22 ID:E0GlfqtX0
兄「ほれ
  これでよかったんかー」

女「ひゃくてん満点ですよ!
  よっし それでは お庭でたべましょう!!」

兄「日焼けするじゃん
  室内じゃないなら 俺はパス」

女「不健康男児め!!
  そんなんじゃ ムキムキ小麦肌にはなれませんよー」

兄「じゃー 俺行くから」

女「ちょ 待って待って!
  隠れ命スポット連れってあげるー」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:25:17.38 ID:E0GlfqtX0
>>30 おっしゃるとおりっす 俺の旧型ではようつべ動画再生すらままならん

兄「んで なんで体育館の倉庫なの?
  跳び箱に座って食べるとかバカじゃないの??」

女「えーいーじゃん
  ボールもあるし、マットもひいてるし、退屈しないじゃん ぷうー!」

兄「はい、はい
  俺に跳び箱で食う趣味ないんで 
  マットの上で食べますねー」

女「じゃー あたしもそっちで食べるー
  一緒に食べるから昼休憩って言うんだよー」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:30:06.57 ID:E0GlfqtX0
兄「これ うめーな」

女「兄くん 食べるの遅すぎー
  あたし デザートいって 一週しちゃったよー」

兄「急がすなよー
  食ってもすることねーんだから」

女「はやく はやくー」

兄「はあー
  食い終わるから だまってろって」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兄「終わったよ もうしゃべっていーぞ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:33:52.18 ID:E0GlfqtX0
女「ぷはあー!! 息とめてたから疲れたよ!
  ねー 兄くん あたし死んじゃうよ!!」

兄「・・・・・そんな簡単に死ぬかよ・・
  俺しゃべるなって言っただけだぞ
  ってか することねーじゃん どーすんだよ!」

女「そんなことないよ!
 早くぜんぶ マットの上かたづけよ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:36:24.58 ID:E0GlfqtX0
兄「はー わかったよ」

兄「んで なにすんだー?」

女「じゃじゃーん こんなこともあると思って用意してきました!
  質問カードです! 一枚ひいてくださーい!!」

兄「はー
  わかったよ 一個だけな」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:39:56.84 ID:E0GlfqtX0
女「絶対に答えてくださいねー さあ いっちゃってくらさい!!」

男「・・・・・・・んだよ、コレ

女「好きな女性のタイプは?
  っと綺麗な字でかいております!!」

兄「それは分かってるよ
  俺が言ってんのは内容の話だよ」

女「さあ 約束です!
  10000字以内でお願いします!!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:47:59.74 ID:E0GlfqtX0
>>43男→兄

兄「ってかさー おまえばかじゃねーの
  こんな密室に連れ出して
  好きな女のタイプなんか聞いちゃって
  俺に気があんのかしんねーけど

    迷惑なんだよ 」


女「・・・・・ゴ、ゴメンナサイ。
  じぶんかって だったよね・・・ゴメンナサイ」

兄「おまえさー
  もう俺なんかにかかわんな
  俺から話かけねーから 俺がウザくなったことにして
  友達んとこいってこい」  
 

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/25(木) 23:54:45.17 ID:E0GlfqtX0 [25/25]
女「あたしはそんなこと・・・
  あたしは・・ソンナこと ノゾンデナイ・・望んでないよ!!」

兄「はー おまえってほんとめんどくせーな
  じゃーなに? こんなとこ俺連れ込んで
  襲ってほしかったの?? へー 俺に抱かれたくて連れてきたんだ
  だったら やってやるよ おまえの望みどーりにな!!」

女「キャっ!!
  ちょ 兄く・・い、痛いよ
  
53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:02:27.45 ID:lRh1e1m90 [1/40]
女「・・・・・・・・・
  兄く・・・ん ?」

兄「なんで逃げねーんだよ!
  もっと拒否ればいいだろが!! 

  なに受け入れちゃってんだよ・・・
   
  もう 俺に関わるなよ・・・俺なんか 相手すn

女「あたし そばにいるよ
  ずっと 兄くんのそばにいる  
  嫌われても
  無視されても
  ずっと となり・・・ 
   はなれないよ  」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:17:03.87 ID:lRh1e1m90 [2/40]
女「だから あたしね・・・
  その・・い、いやじゃなイヨ・・」

兄「・・・おまえなんで 入ってくるんだよ・・ 
  もう やめてくれよ・・
   もう ・・やめてくr

女「無理しないで」ギュッ
女「兄くん・・いっつも無理してる
  あたしね 力になりたい
  もっと知りたい
  もっと支えたいの
  だからね・・あたし・・その・・」

兄「!
  そんな・・ソンナ・・

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:23:58.90 ID:lRh1e1m90 [3/40]
兄「ソンナ・・そ、そんな眼で俺を見るな・・・
  そんなにやさしい眼を・・俺に向けるな・・・・
  価値のない人間なんだよ 俺は・・・」
女「あt
兄「・・
  おれもう戻るわ

  わるかったな 押し倒して    それじゃ」

女「・・・・・・・兄くん・・」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:29:55.24 ID:lRh1e1m90 [4/40]
後輩「(あ、先輩だ・・・
    体育館なんかから飛び出してきてどうしたのかな
    補習?そんなわけないか
    ブレザーのままだったし・・・

   
    だれ あの人・・・ 泣いてる
    兄先輩と関係あるの? 
    なんで なんで なんで なんで分かんないよ
    だって 先輩は・・・・  )

    パチッ ピコピコピコ     ピッ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:34:42.20 ID:lRh1e1m90 [5/40]
女「(はあー あたし完全に嫌われちゃったかも・・
  もう 涙とまんないし・・・
  だってさー でもさー
   あたし どうすれば 正解だったの?
   どうやったら 近づけるの
   わかんないよー うううわあああああん)



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:43:32.56 ID:lRh1e1m90 [6/40]
妹「!
  おにぃ おかえり
  今日は早かったね!」

兄「今日は部活休みだったんだよ」

妹「そ、そうなんだ
  スグ ご飯温めるね!! 今日はね
  ハンバーグ作ったんだよ!」

兄「そうか ありがとうなー
  妹の料理に はずれないから
  楽しみだなー」

妹「もうっ!おにぃったら
 早く早く
  席ついてくださいねー!」

今日は寄って帰ってこなかったんだね
喧嘩でもしたのかな?   そんなはずないよね・・・
だって二人はいつも・・・
   

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:48:53.26 ID:lRh1e1m90 [7/40]
兄「すんげー 美味かったよ!
  ご馳走さまー 妹はほんと
  なんでもできるなー にいちゃんうれしいよ」

妹「・・・えへへ(・・・ウソツキ)
  あたしも嬉しいよ!(あたしのこと邪魔なくせに・・)
  おにぃがたくさん食べてくれるから
  料理の勉強してるんだからね!
   

    (本当はあの人と暮らしたいくせに・・)」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 00:50:55.75 ID:lRh1e1m90 [8/40]
すまん・・成人してもてる
ちょっと 行ってくる

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 01:25:16.98 ID:lRh1e1m90 [9/40]
もうちょいっす
保守ありがとうございます

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 01:48:56.28 ID:lRh1e1m90 [10/40]
pi pipi pipi pi
兄「うん? メールか・・・

from 後輩ちゃん
件名 こんばんわ

突然メールして、すみません。
明日すこしでいいので、時間作ってもらえませんか?
ご迷惑でなければ、相談にのってもらいたいんですが


兄 ・・・・・・・・

わかった。
昼休憩 体育館前にきて

            送信

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 01:54:00.51 ID:lRh1e1m90 [11/40]
妹「おにぃ どうしたの?
  なんだか 怖い顔・・してるよ?」

兄「なんでも ないよー
  妹は心配性だなー ほんとに

   俺 風呂はいって寝るわ オヤスミー」

妹「あっ ・・・おにぃ・・・」

本当に隠し事がへたなんだね
気づかないと思ってるのかな
お兄ちゃんはあの人のことになると・・・
ちがう・・あのひとのことしか・・・考えてくれないんだね・・・

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 01:58:49.98 ID:lRh1e1m90 [12/40]
妹「おにぃ・おはよぅ・・・
 もう行くの? まだr
兄「今日もあされーん
 んじゃ 戸締りよろしくなー」

妹「・・・ウソツキ ウソツキ ウソツキ」

わたし分かってても聞かないよ
これって大人なのかな フフフ
朝が一番生き生きしてるよね
そんなにあのひとにあえるのが嬉しいの?
ねぇ   お兄ちゃん

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:09:33.08 ID:lRh1e1m90 [13/40]
女「兄くん♪ おはよー!
  今日もぎりぎりさんの おねぼーさんだね!!」

兄「・・・・・おまえさ
  昨日いt
女「あたし 約束した!
  ずっと そばにいるって!!
  だからね・・その・・あたし・・・
兄「かってにしろ
  もう何もいわねーから」

女「うん!
  ありがとね・・その 
  兄くん ・・嬉しいよおおお
  兄くうううう うわああああああん」
兄「ちょ おまえ泣くなよ!
  うわっ まじ 泣きやめって!!」

女「うれじぐで・・ずっと・きのう
  かんがえでて・・・どうじたら許ひて
  くれるかなっで ううう・・・あたし 嬉しいよ・・兄くぅン」

兄「分かったから
  泣きやめよ  なっ? 

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:18:37.57 ID:lRh1e1m90 [14/40]
後輩「・・来てくれテ ありがとウゴザイマス・・
  あの・・そノ・・
兄「相談なんだろ? 
  ここじゃあれだから
  移動するぞ」
後輩「ハ、ハイ・・・・」

後輩「た、体育用具室デスカ・・・
   ・・ここ、よくつかうんでスカ・・?」

兄「いんや
  初めてだよ」

後輩「!」
兄「んで
  相談ってのは なんだ-?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:27:36.74 ID:lRh1e1m90 [15/40]
後輩「ハ、ハイ・・
   私の兄の話なんですが・・・」
兄「・・・・・・・・・・
  つづけて・・」

後輩「知っていると思いますが、私の兄は学校にいってません」

兄「・・・ たしかに担任が騒いでたな」

後輩「・・・先ほど行ってないといいましたが、本当は
   行けて
   いないんです」
兄「・・・・・・・・」
後輩「私の兄 加藤ゆうすけには
   いま
   腕
   と 
   眼
   がありません・・だから 行こうとも行けないんです」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:32:59.08 ID:lRh1e1m90 [16/40]
後輩「食事はおろか 
   音をはっすることもできません。
   のどをバーナーか何かで
   焼ききられたからだそうです」

兄「・・・・・・・・・・・
  そんなこと 俺なんかに教えていーのか?
  学校にもまだ報告してないんだろ」

後輩「・・・先輩に聞いてもらいたかったンデス・・センパイニ」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:38:28.68 ID:lRh1e1m90 [17/40]
兄「!
  ・・・俺なんかでよかったら聞くよ
  たいした アドバイスなんてできないけど」

後輩「・・・ありがトウゴザイマス
  それで兄のk
兄「まー
  今日はもう時間もないから
  またゆっくりはなそーか。
  外じゃできない話しだし
  今度ゆっくり うちに遊びにおいでっ ねっ?」

後輩「・・・・ハイ・・」

兄「んっじゃ
  チャイム   遅れるなよなー」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:48:50.48 ID:lRh1e1m90 [18/40]
女「おーい!
  どこ行ってんだよー!!
  昼休憩 どこいってたんさー!」

兄「・・・・・ナンデモネーヨ」

女「あれれ
  兄くん?
  お顔が真っ青ですよ?
  え どうしたの?」

兄「・・・・・・・・
女「へ、平気?!」
兄「う、うっせーな!!
  だまってろ!!!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:51:14.11 ID:lRh1e1m90 [19/40]
女「ひゃっ!
  ご、ごめんなさい・・ゴメンナサイ・・」

兄「・・・・・・・すまん

  ちょっと 今は
  一人にしてくれ」

女「・・・はい


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 02:55:58.90 ID:lRh1e1m90 [20/40]
すみません
今日は寝ます
もしのこってたら
続き書かせて下さい

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 21:28:47.36 ID:lRh1e1m90 [21/40]
妹「~~~それでね、B組のさt~~~~
  ~~~~~~~~~~~~でね、~~~~


pi pipi pipi pi
兄「! ・・・・・」
from 後輩ちゃん
件名 今日はありがとうございました

お話を聞いていただき、ありがとうございました。
また相談にのってくれると嬉しいです。

それと、先輩のおうちに遊びにいきたいです。
先輩に、おいでと言ってもらえるなんて夢みたいでした。



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 21:30:53.50 ID:lRh1e1m90 [22/40]
兄「・・・・・・」
妹「ちょっと!おにぃ聞いてる?!
  今日はずっとぼうっとしてばっかだよ!!
  学校でなにかあt
兄「わりー 妹・・
  ちょっと出かけてくるわ
  飯もう片付けてくれていいからさ」

妹「おにぃ・・・」

わたし気づいてるよ
知らないことなんてなにもない
お兄ちゃんのこと
ぜんぶ ぜんぶ 知ってるもん
お兄ちゃんには
あたしが

見えてるのかな?



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 21:43:23.46 ID:lRh1e1m90 [23/40]
女「おっはよー! 兄くん!!
  なんで ナンデ?
  おねぼーさんの兄くんが
  あたしより早く登校するなんて!!」

兄「たまたま 早起きしたんだよ
  さわがしーなー おまえは」

女「だって だって
  こんなチャンスめったにないよ!!
  おはようの会話を はずませようよ!! 」

兄「俺 ねみーんだよ
  じゃーな 担任来るまで起こすなよな」

女「ぷぅー!!
  なんだそれ! あたしは目覚まし時計じゃないやい
  朝のコミュニケーションって大事なんだぞ!!」

兄「・・・・・・・・・」
女「うわあああああああああん
  無視されたー」

ピッ ピッ ピッピ
to 後輩ちゃん
件名 今日の放課後だったら空けれるよ
   いけそうなら 校門で待ちあわせな
   

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 21:55:08.01 ID:lRh1e1m90 [24/40]
後輩「スみませン ・・ま、まちマシタカ・・?」

兄「いんや 俺もいまきたとこー
  約束どおり 俺んち行きますかー」

後輩「ハ、はい
   ・・なんだカ どきどキしまスネ」

兄「ん?
  心配すんな 襲ったりしねーよ」

後輩「・・・・
   私ハ、その・・ あノ・・ 
兄「俺んちにさ 後輩ちゃんより3つ下の
  妹いんだけど
  仲良くやってくれなー」

後輩「い、いもうトサンですカ・・もちろン 喜ンデでス
   先輩のいもうトサンなら 美人さんなんでしョウネ」




150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:02:08.21 ID:lRh1e1m90 [25/40]
兄「あれっ
 妹いねーな~
  あいつ帰るの遅かったんだ」

後輩「・・おじゃマシマす・・・
   きれいなおうちでスネ 
兄「これ 履いて あがってー」

後輩「あ・・ ありがとうございまス・・・」

兄「俺の部屋 つきあたりを右だから
  先いっててー
  ジュースもってくっから」

後輩「・・・・ハイ・」


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:13:15.41 ID:lRh1e1m90 [26/40]
兄「おまたせー
  オレンジしかなかったから
  これで簡便なー 」

後輩「・・・いただきマス・・」

兄「そんなに一気にのまなくても
 あっ
  おかわりいったら言ってね」

後輩「・・・緊張してまシテ・・・・
  お部屋もきれイにされてるんですネ・・・」

兄「妹がうっさいからなー
 定期的に部屋そうじしてるみたいだし」

後輩「・仲イイんでスネ・・
   先輩の口かラ・・・人の話きイタノ初めてデス・・」

兄「・・・・・・・・・
  んで
  相談ってのはもういいのか?
  昨日はまったく助言できてねーけど」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:21:01.32 ID:lRh1e1m90 [27/40]
後輩「もウ・・平気です・・・
  兄先輩に聞いてもらえテ スゴク
  楽になレタ ンデス・・
  それだけデ・ 私は救われまシタ」

兄「・・・・・・ そか。
  俺でよかったら 何でも聞くから
  また聞いてほしいことあったら いって
  一人で抱え込むとしんどいだろー」

後輩「先輩・・
   せんぱイってやさしいでスネ・・・
   私 兄先輩に出会えて    ヨカッタデス」

兄「んな おーげさな
  それじゃ せっかくだし
  楽しい話でもしよっか」


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:26:03.81 ID:lRh1e1m90 [28/40]
ハハハ  
  ハハハ あはは

妹「あれっ? お兄ちゃんの声だ
  今日はもう帰ってるんだ

でも・・・ ダレ?かの 声もする・・?!

お んな の声 だよね?

これ おん な の靴 だよね?

昨日は 一晩中かえってこないで

今日は お  んな を連れ込むの? フフフ

お兄ちゃんってば イジワルダナ  アハハ」

  だ

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:37:23.74 ID:lRh1e1m90 [29/40]
兄「そんでさ ~~~いったときなんて~~~~
   ~~~~~~だったんだぜ」

「 ぐうぜンってすごイデスネ」

兄「だろー あはは 腹いてー」

妹「・・・・・・・・・・・」

こんなに笑うお兄ちゃん声初めて聞いたよ
そんなにそいつと一緒がたのしいのかな?
そうだね
やっぱり
いそがないとだめそうだね
あたしには その眼を向けてくれないもんね
お兄ちゃん あたしの お兄ちゃん 待っててね

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:53:29.37 ID:lRh1e1m90 [30/40]
後輩「兄さん 今日はありがトウ ございましタ
  とっても楽しかったデス」

兄「俺も楽しかったよ
  もう暗いし送っていくわ」

後輩「あの そノ・・ ありガトウございまス」

兄「妹ー ちょっと後輩ちゃん送ってくるわー
  鍵あけといてー 」

妹「・・・・うん」

後輩「あ・・妹さンですか
  はじめましテ 後輩と申しまス・ 
  挨拶がおくレテ ・申し訳ございませン・・・」

妹「!
  兄がお世話になってます。
  また い つ で も いらしてくださいね」


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:55:23.01 ID:lRh1e1m90 [31/40]

後輩「・・・ありがトウごザイマス・・
  それでハ 今日は失礼しマス・」
兄「んじゃ 行ってくるわ」


妹「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

そいつってかわいい顔だったんだね
壊れそうで 守ってあげたい感じだね
お兄ちゃんの好きなタイプだもん
楽しそうなのも無理ないよね
でもね お兄ちゃんには気づかないんだね
お兄ちゃんには 見えてないものが多いから・・・
そうじゃない  何も眼にうつらないから

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:06:00.43 ID:lRh1e1m90 [32/40]
兄「それでな 後輩ちゃんのやつ~~って~~~~~~んだぜ」

妹「・・・フフフ おにぃ 楽しそう
  ひょっとして もう付き合ってるとか?」

兄「ばっ そんなんじゃねーよ!
  俺はいたって先輩ごこr

pi pipi pipi pi
兄「おっ メールか

from 後輩ちゃん
件名 今日は楽しかったです

兄さんとふたりでいると、ほんと楽しいです。
また会いたいです
もっと 兄さんのこと知りたい
もっと 一緒にいたいです。
明日も ふたりで遊びませんか?

兄「・・・・・・ あはは」

   もちろんだよ
送信

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:12:46.41 ID:lRh1e1m90 [33/40]
女「あれれ 今日は早くもなく
  遅くもなく
 いったい ぜんたい 最近の
 兄くんは不審者くんですなー!」

兄「うっせーな これからはこの時間に
  統一だなー 」

女「寝癖もないし へんにゃのー
  毎日の 変化が著しいのは
  思春期のあかしかなー にゃはっ」

兄「うっせ
  おまえに言われたくないわ
  万年思春期おんな」

女「おやおや 今日はたくさんしゃべってくれるんですね
  あたしの努力が実ったのかな?
  これはめでたい!
  ご一緒に放課後に打ち上げなんてどーです?」

兄「いんや 今日は予定がある」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:16:45.97 ID:lRh1e1m90 [34/40]
後輩「兄さん まちまシタカ?
  私ノ クラス終わるの 遅いデス ごめんナサイ」

兄「待ってないよー さ いこっか」

後輩「今日ハ どこニ連れてってくれるんですか?」

兄「そうだなー 今日は
  ショッピングデートだよ」


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:22:36.57 ID:lRh1e1m90 [35/40]

後輩「今日モ ほんと楽しかっタデス
  それニ・・ 付き合ってもラエるなんて おもってなカッタから
  スゴク 嬉しいでス」

兄「俺のほうこそ 告白してもらえて光栄だよ
  これからもよろしくな 後輩ちゃん」
後輩「ハイっ!!」

兄「じゃ またメールするよ~
  バイバイ」

後輩「はィ 失礼しマス」


後輩「・・・・・・・・・・・」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:28:53.31 ID:lRh1e1m90 [36/40]
女「兄くんの三日坊主が 一週間も持続するなんて!!
  な、なにが日本におきてるんだああ」

兄「俺は決めたことは 貫くんだよ!」

女「なんか先週からテンション高くない?
  学校終わったら すぐ走ってでちゃうし・・


  ひょっとして!!
  オヌシ!!!」

兄「なんでもねーよ 長く生きてりゃ
  気分イイ日もあるもんさ
  そんなことより
  今日の数学の宿題 教えてくれよ」

女「フムフム どれどれ~」

  

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:31:32.09 ID:lRh1e1m90 [37/40]
後輩「お待たせシマシた 兄さン
   今日はどこ行きまス?」

兄「もう一週間も毎日出かけてるもんなー
  今日は骨休みに
  公園でゆっくりお話しよーか」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:34:22.27 ID:lRh1e1m90 [38/40]
兄「~~~で~~~~~~~みたいな あはは」

後輩「あノ 兄なンにきいてもらいたイ話があるンデス」

兄「おー なになに?」

後輩「私の兄 加藤ゆうすけのことなンデスケド」

兄「・・・・・・・・」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:46:09.12 ID:lRh1e1m90 [39/40]
後輩「10日ほどまえ 兄さんに伝えたとおり
  ゆうすけさんは眼と腕、声を失っています。
  それが ここ最近変わり始めてるんです。
  はじめは なにか かすれた音が聞こえ
  私は兄のほうに振り向きました。
  
  私は兄の必死で音を発しようとしてることに気がつき、
  何度も何度も呼びかけました。

  兄は事件のあと 意思表示はおろか
  動くことさえなかったので疑問にかんじ
  ひとつ推理をたて こう尋ねたんです

犯人 の 記憶 が戻ったの? 

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:58:20.62 ID:lRh1e1m90 [40/40]
後輩「兄は 何度も何度も頷きました
  兄は興奮状態のままかすれた音を発し、
  しばらくして疲れ果て、また眠ってしまいました。

   これが今朝の話です。
   私は父と話あい、兄を病院に入院させることにきめました。
   治療をすれば喉だけでも・・声だけでも出せるようになるかも
   しれない。
   ソンナ希望をもって 知り合いに無理をいい ふじと中央病院の
   一部屋あけてもらうことにしました。
   兄の体のことを考え、離れにある病棟を使わせて頂けるそうですが・・

  これからのことが不安で・・私どうすれば・・・

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 12:07:17.77 ID:gXYZ9DBA0 [2/21]
後輩「私は浮かれてしまってたのかもしれません・・
  兄さんとお付き合いできて
  兄さんと毎日デートして
  いまの生活をずっと続けばいいなって・・・

  兄の様態が回復すればと思う反面、
  真実をしり、家族にとっての新しい戦いが始まるのが
  怖かったんです・・
  いや 違います。 私の
  いまの生活を壊されたくない・・・
  私、  最低ですよね」

兄「・・・・・・・・・・・じゃない・・
  ・・最低 なんかじゃない・・
  最低なのは・・・・・・・れだ・・

  

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 12:23:33.42 ID:gXYZ9DBA0 [3/21]
後輩「兄さン あノ・・キスしてくれませんカ・・」

兄「!
  後輩ちゃん・・」ギュッ

後輩「・・・兄さンの体あったカイでス・・」

兄「眼を とじてくれる かな?」

後輩「・・ハイ・・・・」

お兄ちゃん そいつの唇の味はどうだった?
今回かぎりの 一度だけの
お許しなんだからね
もう これでお終いだよ
でもね お兄ちゃん
わたしは怒ってないんだよ?
  

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 12:31:53.65 ID:gXYZ9DBA0 [4/21]
妹「おにぃ おかえりー
  今日は早かったね 」

兄「おー ただいまー
  部活終わるの早かったんだよ」

妹「・・・ごはんすぐ 用意するね
  今日はゆっくり時間あるから 食べたら部屋で一緒n

兄「すまん 飯食ったら
  出かけるんだわ わりー」

妹「・・・そうなんだ・・」

兄「適当に帰ってくるから 先寝てていいからなー」

妹「・・・・うん・・」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 12:50:51.05 ID:gXYZ9DBA0 [5/21]
女「おっはよーございますうう
  麗しの君はなんとも 遅い登校で!
  ひさびさのお寝坊さんですね!」

男「・・・・ 声でけーな・・」

女「おっとこれは失礼おば
  兄くん 寝癖だらけだよー
  はい 座って座って あたしが
  なおしてあげちゃうぞー」

兄「・・・・・・・おう」

女「おっ これは手ごわい寝癖さんだ へいやっ ありゃ
  そうそう 兄くんニュースみたー?
  全国ネットで地元のこと放送されてたから
  あたし びっくりしたよ!」
兄「!」


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 12:52:35.62 ID:gXYZ9DBA0 [6/21]
女「ふじと中央病院のやつ!!
  兄くんもニュースみたー?

  なんか重症みたいなんだってねー 怖いよおおお」

兄「・・・・・・・・・・」

女「犯人もまだ捕まってないらしいしぃし  
  あたし 怖くってぇ 今日
  一人で帰れないなー

  誰か送ってくれないかなー
  誰か送ってくれないかしらー 」

兄「・・・・・・・・今日だけな」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 13:09:13.97 ID:gXYZ9DBA0 [7/21]
女「放課後デートきたああああ
  兄くん 兄くんどこ行きましょう!
  マックですか? カラオケですか? ショッピングですか???」

兄「デートじゃねーよ それより早く帰るぞ」

女「そ、そんなあぁ
  あたし楽しみすぎて 授業まったく集中できなかったんだよ・・
  ・・・・責任とって!」

兄「・・・責任とかちがくない?」

女「じゃーせめて買い物つきあって!」

兄「わかったよ ったく
  なに買いに行くんだよ」

女「新しいコテ買いたいのよねー 
  兄くんのためにくるくるパーマやっちゃうんだー むふふ」

兄「パーマ好きなんて 俺言ったっけか?」


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 13:11:04.62 ID:gXYZ9DBA0 [8/21]

女「えー だって ストレートじゃ
 兄くんに振り向いてもらえてないじゃん!!」

兄「・・そんなことで・  無駄遣いすんなよな」

女「いーの 買うの!
 大人の巻き髪女性になってやるー!」

兄「はあー めんど」

女「れっつ ごおー!
  兄くんほら行くよっ」ギュッ

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 13:17:16.27 ID:gXYZ9DBA0 [9/21]
女「すっごーい 家電製品がたくさーん
  このテレビとか ちょう大きいよー
  ほら 兄くん見てみて!」

兄「コテ買いに来たんだろ
  早く そっちいくぞ」

女「えー もっと見たいよー
  テレビおっきいの欲しいよー」

兄「どうせ帰りも通るだろ さき買い物すませろよ」

女「わかりやした・・ じゃーね あたしの薄型液晶たち~」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 14:00:49.70 ID:gXYZ9DBA0 [10/21]
女「これであたしも~ 巻き髪でびゅう~♪
  えへへ いーでしょー 」

兄「いや 俺ストレート派だから」

女「んにゃ! 先言いなさいよ こあくとうー!!
  ひどい あたしを もてあそんだのね・・」

兄「・・・・・ うそだって
  女の巻いた髪 興味あるし」


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 14:02:09.15 ID:gXYZ9DBA0 [11/21]

女「!
  えへへ 明日は巻いていっちゃうからねー
  楽しみにしててくらさいね にゃは」

~~昨日起きた~~ふじと中央病院の~~~~~~~~最新の映像です

女「おっ 大画面液晶で 地元情報!!
  これはこれは
兄「! ・・・・・・・・・・・・・・・」

ふじと中央病院で昨日おきた事件での 犯人が逮捕されました。
事件に関する目撃情報から特定され
現場に残された、毛髪からDNA鑑定したところ容疑者と一致、
犯人逮捕といたったということです。
なお犯人は、
 ~~県~~~~~~~~~~在住の

蘇芳裕子(スオウ・ユウコ)38歳・無職の女性です。
また~~~~~~~~~~~は~~~~~~~~~~~~~~~


兄「・・・・・・・・・・ウソダ・・・チガウ・・・・ウソダウソダウソダ」ダッ
女「!
 ちょt 兄くん!! 
 おいて・・・・・カナイデヨ・・」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 15:26:25.51 ID:gXYZ9DBA0 [12/21]
兄 なんで・・ なんでなんだよ・・・
  母さんはやってない・ やったのは俺なのに・・・
  いったいどうなってんだよ いt

妹 !

お兄ちゃんみっけ・・ フフフ
あんなに慌ててどこ行くのかな
分かってるんだけどね
可愛いなぁ お兄ちゃんは・・・ フフフ
そんなに あの人が
  大事なの?

妹「どこ行くのっ! おにぃっ!!」

兄「!?
 い、妹・・」


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 15:31:14.96 ID:gXYZ9DBA0 [13/21]

妹「母さんのところに行くの?
  もう・・あの人の家に行ってもいないよ・・?

 ニュース見たんだよね?
 もう忘れようよ・・ もとから関わりなかったんだからさ

 お母さんのことは  忘れようよ・・」

兄「ち、ちがう!!
  母さんはやってない!! やったのは・・
 俺なんだ・・・・・
  俺が加藤を  やったんだ・・・
 これは何かの間違い なん だ
 間違いなんだよ!!」ダッ

妹「・・・・・・・・・・ フフフ ふふふfffffffffff」


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 15:47:55.72 ID:gXYZ9DBA0 [14/21]
兄 ちくしょう 警察のやつらが邪魔ではいれねー
  どうすりゃいいんだよ
  なんだってんだよ・・ おれはただ母さんと静かn
後輩「・・・クスクス 
   やっぱり きましたね せ ん ぱ い」

兄「ど、どうしてここに?!!」

後輩「どうしてって?
  ずっとはってましたから 
  あなたと あなたの愛するあの女を」

兄「!
 ま、まさか 加藤に!」

後輩「いいえ、 兄には聞いていませんよ。
  いや 違いますね。  
あなた達が 兄を壊したから
 聞けていませんよ。
  ほんと 鬼畜ですよね
 あなたも あなたの母親も フフフ」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 15:51:31.14 ID:gXYZ9DBA0 [15/21]
兄「な、なんで そ、それを・・
 そのために・ そのために俺に近づいたのか?!」

後輩「すこしだけ正解です
  もっと前から ぜんぶ知ってましたから

  先輩とあの女が親子以上の関係だったのも
  毎朝 放課後 あの女の家に通っていたことも
     
   それを知った兄に 先輩が脅迫されていたことも」

兄「・・・・・・・・・ 加藤にいったのって・・まさk

後輩「正解です 私ですよ フフフ
   はじめは あの女さえ不幸になればいいと思ってました

  邪魔だったんです あの女が
  父の妾である あの女が・・・
  あなた達は私たち家族の影なんですよ?
  幸せにしてるなんておかしいじゃないですか
  妾は二号らしく 大人しくしていればいいんですよ」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 16:00:44.04 ID:gXYZ9DBA0 [16/21]
兄「で、でも 母さんは病院に行ってない!
  やったのは俺ひとりなんだ・・・ なんでなn
後輩「まだ 気づかないんですか?
   本当に先輩にはなにも見えていないんですね

  私が先輩に近づいたのは
  兄が[声を出せる]かもしれないこと
  を伝えるためだけなんです

  あとは居場所さえ教えれば
  先輩は、あの女との生活を守るために
  勝手に動いてくれますからね
  
先回りして、兄の病室にあの女の髪を残しておいたんですよ」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 16:07:37.43 ID:gXYZ9DBA0 [17/21]
兄「て、てめー!!」

後輩「いいんですか? 白昼堂々
   警察かんの近くで
   私も手にかけますか?

  かけませんよね・・フフフ 先輩はあの女のためじゃないと
  動かない
  あの女以外 眼に映らないから・・」

兄「・・・・もぅ・終わりだ・・・
  こんなの夢だ・・・
    こんなの・・・ちがう・・・・
 もう・・・・おれは・・ブツブツブツ・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・コロシテコロシテコロシテ・・
・・・・・・・・・・・・コロシテコロシテコロシテコロシテコロシテコロシテ
・・・・・・・・


後輩 「・・・・・・・・フフフ」
   [あとは任せますよ ・・妹さん]

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 16:15:08.00 ID:gXYZ9DBA0 [18/21]
妹「おにぃっ! こんなところで
  どーしたの?!!
  怪我したの!!???
 立てる? おにぃ! しっかりして!!!」

兄「・・・・・・・コロシテコロシテコロシテコロシテk
妹「しっかりして!!!!」

兄「ロシt・・・・・・・い、いもう・・と?」

妹「おにぃしっかりして!!
 こんなところで うずくまって
 どーしちゃったの?!!!

 さあ立って!! もう家に帰るよ!!」

兄「で、でも・・お・・おれは・・・」

妹「帰るよ!! ほら掴まって!」
兄「・・・・・ウン」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 16:19:10.60 ID:gXYZ9DBA0 [19/21]
妹「ねぇ おにぃ
  今日のごはんもおいしいー?
  おにぃの好きな ハンバーグだよ」

兄「・・・・・・・あ・あ」

妹「うれしいっ 
  たくさんあるから
  いっぱいたべてね 
  たべてね」

兄「・・・・・は・い」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 16:26:28.90 ID:gXYZ9DBA0 [20/21]
妹「ごはんたべたら
  お風呂はいろーね
  時間たくさんあるもんね
  はいろーね」

兄「・・・・・・・う・ん」

妹「ウフッ おにぃ可愛いー♪」

おかえりお兄ちゃん
これからは ずっと ずっと
ふたりでいられるね
これからは もっと もっと
あたしを みてね
    その眼で        [fin]

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/27(土) 16:30:45.77 ID:gXYZ9DBA0 [21/21]
保守ありがとうございました

後日談もありますので
また残っていれば 書かせてくださるとうれしいです

Tag : 妹スレ ほのぼの

コメント

No title

毎回思うんだがほのぼのじゃねーと思うんだ、うん

定義が分からんから閲覧し終わったあと気づくよパトラッシュ・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。