FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミ「暁美さんが私のおっぱいで遊んでる……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 14:52:10.49 ID:1dzBzPXy0 [1/37]
マミ「暁美さんが私のおっぱいで遊んでたの!」

杏子「……ゴメン、そういうのはいいから、おやつは?」

マミ「何よ『そういうの』って!」

マミ「これでも食べてちゃんと聞きなさい!」カタッ

杏子「やったぁ」

マミ「つい昨日のことよ…… 暁美さんに呼び出されて」

マミ「絶対一人で来て、なんて念を押すから、おかしいと思ったのよ」

杏子「んで、おっぱい触りたいって?

マミ「いきなりガシッとこられたわ……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 14:58:16.40 ID:1dzBzPXy0 [2/37]
杏子「相変わらず、よくわかんないことするヤツだなぁ」

マミ「そういえば、何か言おうとしてたみたいだったわ」

杏子「今度会ったら聞いてみようか」

マミ「そっとしておいた方がいいんじゃないかしら……」


——数日前のほむホーム——
ほむら(ただいま~)グッタリ

ほむら(ワルプルギスの夜を倒してから、見た事無い魔女ばかり出てくるようになった……)

ほむら(慣れてきたけど、やっぱり疲れるわね……)

ほむら(シャワー浴びて寝ちゃいましょう。宿題は明日の朝やれば間に合うわね)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 14:59:50.08 ID:1dzBzPXy0
 スルスルッ
ほむら(ふぅっ)

ほむら(? 思わず出ちゃったけど、なによ今の『ふぅっ』は?)

ほむら(…服を脱いだから? キツかったのかしら)

ほむら(そうね、背も伸びる時期なんだし)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:01:36.58 ID:1dzBzPXy0
 フシャァーーー……

ほむら(? 違う…?)

ほむら(背が伸びた、というか)モニッ

ほむら(胸がキツくなってた… のかな)

ほむら(触ってもあんまりわからないわね。でも周りはブラの跡がくっきり)

ほむら(いや、別に驚く事じゃないのよ! そういう時期なんだから! ただ…)サッ

ほむら(こっちももうちょっとは育てばいいのに……)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:06:40.15 ID:1dzBzPXy0
——翌日——

ほむら(新しいブラを買ってきたから、早速着替えてみるとしましょう)

 スルリスルリ

ほむら(おお…… これはラクだわ……)

ほむら(今まで気に留めなかったけど、ちゃんとしたのを選べば違うものなのね)

ほむら(明日、洗い替えにもう何着か買ってこようっと)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:09:40.43 ID:1dzBzPXy0
——二日後——

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「おはよう」

さやか「ほむら~! 数学の宿題教えて!」

ほむら「お昼休みでいい?」

さやか「やった! ありがとう!」

まどか(ほむらちゃん今日は機嫌良さそうだなぁ)ニコニコ

ほむら(? まどかが笑ってる……?)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:13:36.92 ID:1dzBzPXy0
——教室——
男子生徒「暁美さん、俺次の授業の教科書忘れちゃったんだ。見せてもらってもいいかな?」

ほむら「じゃあ机をつけておきましょうか」

男子生徒「助かったよ」ズルズル

まどか(ほむらちゃんが男の子と話してる…)ざわ…

さやか(今日はどうしたんだろ?)ざわ……

ほむら(何か、妙に視線を感じるわね)

 ハッ!!
ほむら(まさか……!)



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:19:22.04 ID:1dzBzPXy0
ほむら(前にマミとさやかが言っていた… 胸ばっかり見られて困るって)

ほむら(あの時はひがんでロクに聞かなかったけど、これが……)

ほむら(それにしても、ちょっと胸が育ったくらいでこんなに来るなんて)

ほむら(みんな意外としっかりチェックしてるのね)

男子生徒「危なかったよ。今日は俺が当てられる番だったからさぁ」

ほむら(彼もおそらく… いや、間違いないわ!)

ほむら「あ、あら… そうなの……」プイッ

男子生徒(俺、嫌われてんの?)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:23:45.50 ID:1dzBzPXy0
ほむら(いけない… みんな怪しく思えてくる……)キョロキョロ

まどか(ほむらちゃん、何をそわそわしてるんだろ?)

さやか(おしっこ我慢してんのかな)

ほむら(前からは見られないとして、後ろからは防ぎようがないわね)

ほむら(大丈夫? 透けてないかな……?)

ほむら(ハァ… あの二人が毎日こんなキツい目に遭っていたなんて)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:33:08.32 ID:1dzBzPXy0
——昼休み——

ほむら「そこまで出来たら、次の問題は応用で何とかなるわ」

さやか「よっし、じゃあちょっと自力でやってみる!」

まどか「あ…… わたしのと答え違う…」

ほむら「どっちかが間違ってたのかしら」

まどか「よくわからないままやってたから、たぶんこっちが間違いかな」

まどか「ほむらちゃん、わたしにも教えて!」

さやか「ならあたしと席かわろう。ほむらの隣がいいでしょ」

まどか「うん、ありがとう」

ほむら「ノートを並べて、どこからズレたのか、比較してみましょう」

まどか「え~っと……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:39:55.86 ID:1dzBzPXy0
ほむら(この構図……)

ほむら(まどかが自分のと私のノートを比較してる訳なんですが)

まどか「ここまでは一緒なんだ」チラッ

ほむら(たまに… ノートから視線が逸れてるような…)

まどか「あ、次の式が違ってるよ!」

ほむら「ここは落とし穴ね」

まどか「やっぱりわたしのが間違ってたんだね」

ほむら(私のも気のせいなんでしょうか)

まどか「じゃあ今のうちに直しちゃおう。ありがとう、ほむらちゃん!」

ほむら(おそらく気のせいでは済まないわ…)

ほむら(だって、私とまどかは、クラスで最下位を争った仲だもの)

ほむら(きっと裏切り者の私を許しておかないはず!)

ほむら(ごめんなさい、まどか… あなたより一歩先へ抜け駆けしてしまったわ)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 15:44:43.37 ID:1dzBzPXy0
——放課後——
まどか「ほむらちゃん、一緒に」

ほむら「ごめんなさい、今日は寄り道しないでまっすぐ帰りたいの」

まどか「もしかして、魔女?」

ほむら「そうじゃないのだけど… ちょっと用事があって」

ほむら(胸ばかり見られて疲れたから、なんて言えないわ……)

ほむら(そんな当てつけみたいなこと)

さやか「ほむらにもついに春の訪れが」

ほむら「……残念だけど、それはないわ……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:01:32.65 ID:1dzBzPXy0
ほむら「危ない所だったわね」

男子生徒「あの…… あ、ありがとうございました!」

ほむら「その制服、あなたも見滝原中ね」

男子生徒「は、はい! えと、一年生の」

ほむら「見ない顔だものね。では気をつけて帰りなさい」

男子生徒「えと…… さっきの… 変なのは?」

ほむら「あれは魔女よ。怖かったけど、もう大丈夫よ」

男子生徒「お、お礼に… 何か、こう」

ほむら「いいのよ、お礼なんて」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:07:05.00 ID:1dzBzPXy0
男子生徒「でででも、助けてもらっ……」

ほむら(やけに拘るわね)

 ハッ!
ほむら(いけない、今は魔女に襲われたばかりで気が動転しているけど)

ほむら(この子も一年生の男の子… しかもさっき魔女と戦う時、わりと激しく動き回ってたから)

ほむら(そうか、それでちゃっかり味をしめて、お近づきになろうとしたのね)カァァ…

男子生徒「そそそうだ、近くに新し…」

ほむら「もう私のことは忘れなさい!」ダッ!



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:12:39.08 ID:1dzBzPXy0
ほむら(ふぅ…… 思わず逃げて来たけど、これからどうしよう)

ほむら(今まで考えもしなかったから、無防備だったわね)

 チラッ
ほむら(首のところから見えちゃう… かな……)

ほむら(さっきの子みたいに、おかしなこと考えさせちゃうのも悪いし)

ほむら(……思い出したら、恥ずかしくなってきたわ……///)

ほむら(でもあの四人の誰かに相談しても)

『その程度でブラチラが気になるとか10センチ早いっつーの』
『ほむらちゃんのそんなこれ見よがしな悩み、聞きたくないなぁ~』

ほむら(確実にこのどっちかになるわね……)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:20:08.66 ID:1dzBzPXy0
ほむら(しかし幸いにもココはいつものショッピングモール!)ビシッ

ほむら(探せば何か、こういう時に便利なモノを売ってるはず!)

ほむら(……まずは服を買いに行きましょうか)

ほむら(今の私服は入院する前に買ったのばかりだから、ちょっと子供っぽいし)

ほむら(それにしても、服を選ぶ時まで気にしなきゃいけないなんて)

ほむら(胸なんていざ大きくなってみると、いいことなんて一つもないわ)

ほむら(私もついに、そんな悩みを抱えるようになったのね)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:24:38.22 ID:1dzBzPXy0
——ほむホーム——

ほむら(意外と簡単に見つかったわ)フフッ

ほむら(これさえあれば、もう悩まなくて済むのね!)

ほむら(ちょっと着けてみましょう)スルリ

ほむら(携帯で動画を…… 斜め上から撮ってみて……)

ほむら(再生、と)ポチッ

ほむら(み、見えてない!? コレはいい買い物したわ……)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:31:12.17 ID:1dzBzPXy0
——翌日——

ほむら(またもや強い視線を感じるわ……)

まどか(……??)

杏子(何だアレ……?)

ほむら(でも仕方ないわね、この二人じゃあ)

杏子「あ、あのさぁ、ほむら…… ちょっと聞いていいかな」

ほむら「何かしら?」

杏子「あの… 答えにくかったらいいんだけどさ」

まどか(杏子ちゃん、頑張って!)

杏子「……胸元から出てるコレ、何なの?」

まどか「そ、そう! わたしも気になってたの」

ほむら「ああ、コレのことね?」ヒラヒラ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:42:34.33 ID:1dzBzPXy0
ほむら「これは胸元ラインカバーっていうのよ」

杏子「ほ、ほぉ」

まどか「変わったの着けてるね……」

ほむら(他にないの!?)

杏子「いや、あたしはてっきりそういう下着なのかと」

まどか「いくらほむらちゃんでも、そんな堂々と出しっ放しはないよね~」

ほむら(あれっ…?)

ほむら「な、何を言ってるのよ。これはむしろ、中が見えないように…」

杏子「」プッ

まどか「シーッ!!」

ほむら「え……」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:50:23.23 ID:1dzBzPXy0
杏子「見えないようにったってさぁ」

まどか「やめなさいって…」

杏子「それじゃ常に見えてるようなもんじゃない」

ほむら「……」

杏子「何それ?『見えちゃったらどうしよう!?』とか悩んでますよ~ってアピール?」

杏子「余計恥ずかしくない?」

ほむら(その発想はなかった……!)

杏子「もぅ~ ほむらもけっこう可愛いトコあるなぁ」ナデナデ

まどか「やめて杏子ちゃん… ほむらちゃん泣いちゃうから……」

ほむら(……)プルプル

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:54:09.30 ID:1dzBzPXy0
 トゥルルルル  トゥルルルル
マミ「はい巴です」

ほむら『もしもし? 今一人かしら?』ヒック

マミ「そうだけど… 何かあったの?」

ほむら『な、何でもないわ… 何でもないけど、ちょっと来てほしいの』

マミ「え、ええ……」

ほむら『いい? 一人で来てよ! くれぐれも誰かと一緒になんて考えないで!』

マミ「…深刻な話みたいね。わかった。一人で行くわ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 16:57:57.38 ID:1dzBzPXy0
 ピンポーン
ほむら「あいてるわ。上がってきて」

マミ「はい。おじゃましま~す」

ほむら「……待ってたわ」

マミ「あ、暁美さん? やっぱり泣いてたんじゃない?」

マミ「しかも散らかってるわね、何これ? 破いたの……?」

ほむら「それはね、胸元ラインカバー…… だったものよ」

マミ「あ、ああ……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:02:25.38 ID:1dzBzPXy0
ほむら「あなたも持ってないの?」

マミ「着けてみようかな~ とは思ったけど」

マミ「出しっ放しみたいで、ちょっとね……」

ほむら「!!」キッ

マミ(え、何!? 地雷踏んだの!?)

ほむら「巴マミ…… どうしてあなたは平気でいられるのよ!!」

マミ(よくわからないけど、まずいわね……)

ほむら「こんなに… こんなに目立ってるくせに!」ガシッ

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:08:22.46 ID:1dzBzPXy0
まどか「携帯なってる!」

杏子「誰から!?」

まどか「ほむらちゃんだ! 出るよ!」

 ポチッ

まどか「もしもし、ほむらちゃん?」

ほむら『まどか……』

まどか「あの、さっきはゴメンね、杏子ちゃんが…」

杏子「あたしのせいかよ~」

まどか「ホントのことでしょ!」

ほむら『もう… いいのよ、まどか…… 私、わかったの』

まどか「?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:09:05.44 ID:1dzBzPXy0
ほむら『もういいわ… 胸なんて、どうでも良くなったの……』

まどか「? ああ、うん…… いいよね……」

ほむら『まどか… 私たち、ずっとこのままでいいよね!』

まどか「う、うん! いいと思うよ!」

 ピッ

まどか「あっ… 切れちゃった」

杏子「ほむらなんて?」

まどか「よくわかんない……」

杏子「いつも通りってことか」

まどか「……だね」


 完

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:13:30.93 ID:1dzBzPXy0
胸元ラインカバーがもっと人気出たらいいのに

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:24:17.41 ID:1dzBzPXy0
マミ「暁美さんは何が言いたかったのかしら…」

杏子「よくわかんないよね」

マミ「それに、部屋がすごく散らかってたの」

マミ「胸元ラインカバーって知ってる? あれを破いてたみたいで」

杏子「」ギクッ

マミ「どうしちゃったのかしら」

杏子「……ほむらもあれだ… いろいろ難しい年頃なんだよ……」

マミ「私たちと同年代でしょう」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:32:27.69 ID:1dzBzPXy0
——帰り道——

杏子(胸元ラインカバー、か……)

杏子(そんなに気になるもんかな?)

 コロコロ……
男の子「おねえちゃん、ボールとってぇ~!」

杏子(公園で遊んでたのか)ヨイショ

杏子「あんまり遠く飛ばさないようにな~」ヒョイ

父親「ありがとうございます。ほら、お姉ちゃんにありがとうは?」

男の子「ありがと~!!」

杏子「どういたしまし……」ハッ!

杏子(もしかして、今かがんだ時に…///)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:37:40.13 ID:1dzBzPXy0
杏子(この服、古くなって伸びちゃってるから、見えやすいのかも……)

杏子(いや大丈夫だろ!)

杏子(どうせ大して見えてない…… よね?)

杏子(いや、ちょっとならいいってもんでもないんだけど)

杏子(気になりだしたらキリがないな……)

杏子(…透けたりしてないよね? 人がいない所で試してみよう)

 ピトッ
杏子(おわあぁぁ……!!!)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:41:18.03 ID:1dzBzPXy0
杏子(どうすんの? これじゃ普通に歩いて帰るのも……)

杏子(最低でもここから帰るまではずっとこのままって事じゃん!)

杏子(近くに何か…… そうだ!)



杏子(ふぅ、どうにか人通りの少ない道を選んでここまでたどり着いたぞ)

 ピンポーン

ほむら『は~い』

杏子「この間はごめん!」

ほむら『……まぁ、入りなさい』

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:47:17.41 ID:1dzBzPXy0
杏子「お、おじゃまします」

杏子(部屋片付いてんのね)

ほむら「よく来られたわね」

杏子「それがさ… あたしも、ほら… 気になりだしちゃって」

杏子「良かったら… 一緒に服買いに行こうかなって…」ハハ…

ほむら「!!」

杏子「!? ご、ごめんなさいっ!!」

ほむら「」ガシッ

杏子「ひぃっ! ど、ドコ触ってんだよ!」

ほむら「静かに」モニモニ

杏子「う、うん…」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:51:58.39 ID:1dzBzPXy0
杏子(よく考えたら、人が気になりだしたって言ってんのに、ナニやってんだこいつは)

 モニモニ
杏子(そろそろ止めてくれないかな……)イラッ

ほむら「いいわ! 合格よ」

杏子「何がよ?」

ほむら「私たちはちょうど同じくらいtみたわ。サイズ的な意味で」

杏子「そう… なのかな? あんま測ったことないけど」

ほむら「まどかは仲間はずれみたいで可哀想だけど、一緒に乗り切りましょう!」

杏子「お、おう」

ほむら「そうとなったら買い出しに行くわよ!」

杏子「でもあたし、この格好じゃあ」

ほむら「気になるというなら上着を貸してあげるわ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 17:56:49.45 ID:1dzBzPXy0
——数日後——

まどか(ほむらちゃんの機嫌が直ったみたい)

まどか(よかったぁ~ もうどうなるか心配しちゃったよ)

ほむら(仲間が増えればなにも怖くない! と思ったけど……)

ほむら(学校では一人になっちゃうのね)

さやか「今日の体育、マラソンだってさ」

まどか「えぇ~」

さやか「キツいけどサボる訳にもいかないし、着替えよっか」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 18:00:24.09 ID:1dzBzPXy0
——更衣室——

まどか(ほむらちゃんは)チラッ

まどか(あ、またアレ着けてる……)

まどか(制服なら見えないのに、気に入ったのかな)

さやか「あれ、ほむら何それ?」

まどか(!!)

ほむら「フフッ これはね、胸元ラインカバーよ」

さやか「あ~… 杏子が何か言ってた気がする。コレのことか!」

ほむら「きっとそうね。彼女も一緒に買いに行ったの」

まどか(さやかちゃんが余計な事しませんように……)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 18:04:56.70 ID:1dzBzPXy0
さやか「杏子もだけどさぁ、あんたらホントにそれ必要なの?」

ほむら「そう言われると困るんだけど… 気に入ってるから着けてるだけっていうのもあるわね」

まどか(ホッ……)

さやか「そういうもんかぁ」

ほむら「あなたも一緒にどう? あればあったで、意外と安心するわよ」

さやか「あたしはいいや。どうせ誰も見てないっしょ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 18:12:12.39 ID:1dzBzPXy0
——病院——

さやか「……なんてのを着けてる子がいてさぁ」

上条「へぇ、流行ってるの?」

さやか「まさか! 気にしすぎなんだって」

上条「そうだね……」

さやか「大体そんなのじっくり見てる人なんて、いたらすぐわかっちゃうよね」

上条「え、わかるものなの!?」ビクッ

さやか「」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 18:13:47.62 ID:1dzBzPXy0 [37/37]
ほむら「メールが… さやかからだわ」

杏子「なんだろ?」

 パカッ
さやか『さっきはゴメン』

 パカッ

ほむら「……」

ほむら「美樹さやか……」

ほむら「仲間が増えたわ!」

杏子「やったね!」


 おわり




抽出レス数:37

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。