FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やよい「あのね、伊織ちゃん…私実は…」伊織「な、何よ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 17:58:34.23 ID:mbGODFpi0 [1/84]
やよい「今すっごく暇なの…」

伊織「そ、そう」

伊織「(何か深刻な話だと思った私が馬鹿だったわね…)」

やよい「だからね、少しの間お話しない?」

伊織「それは別にかまわないけど…」

やよい「えへへー!じゃあ、しりとりしよ!」

伊織「お話はどこ行ったのよ…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:02:31.48 ID:mbGODFpi0 [2/84]
やよい「じゃあ、私から!キラメキラリ!」

伊織「り?り…り…律子」

やよい「Kosmos,Cosmos!」

伊織「す…START!!」

やよい「と!?伊織ちゃん、とはずるいよ」

伊織「え?そうなの?」

やよい「まあ今回はいいけど…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:06:26.77 ID:mbGODFpi0
やよい「隣に」

伊織「に…」

やよい「5…4…3…」

伊織「え?時間制限あったの?」

やよい「普通はそうだよ?ほら、早く早く」

伊織「え、えと…肉」

やよい「う…」ジュル

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:10:30.85 ID:mbGODFpi0
伊織「あら?もしかして降参?5、」

やよい「クロスワード」

伊織「今の『う』は何だったのよ…」

伊織「ど…ど……DREAM」

やよい「え、それって『じゅ』じゃないの?」

伊織「ドリームでしょ?」

やよい「じゅりーむじゃないの?」

伊織「確かに発音はそっちの方が近いかもしれないけど…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:14:18.67 ID:mbGODFpi0
やよい「まあいいや、じゃあ、無尽合体キサラギ」

伊織「ぎ…?銀色の王女」

やよい「そうくるとは…やるね、伊織ちゃん!」

伊織「やよいこそ!」

伊織「(何なのよ、このノリは…)」

やよい「女装男」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:20:01.49 ID:mbGODFpi0
伊織「女装男…?それ、私たちと何か関係あるわけ?」

やよい「違う事務所のコだけど、765ともちょっとだけ関係あるよ」

やよい「それに、別に縛りはかけてないよ?」

伊織「まあなんでもいいわ…こ…」

伊織「こ……小鳥」

やよい「竜宮小町」

伊織「アンタ異常に早いわね…」

やよい「えへへー、暇なときに長介たちとよくやってるから」

伊織「(何でかしら、涙が…)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:24:30.13 ID:mbGODFpi0
伊織「ち…千早」

やよい「やよい!」

伊織「伊織」

やよい「律子!」

伊織「あ…」

やよい「…!」

やよい「…さんの従弟!」

伊織「何て名前だっけ、あの子」

やよい「確か、涼さんだよ」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:28:35.70 ID:mbGODFpi0
伊織「『う』でいいのかしら?…えと、歌姫」

やよい「め…め?」

やよい「『て』じゃなくて『め』?」

伊織「どこから『て』が出てきたのよ…」

やよい「目が逢う瞬間」

伊織「めがあうとき、ね」

伊織「き…キミはメロディ」

やよい「ディ…でぃ…?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:33:13.60 ID:mbGODFpi0
伊織「さすがに『ディ』はないわよね?じゃあ今度こそ私の勝ちかしら?」

やよい「ディアリースターズ」

伊織「何で出るのよ…」

伊織「ず…何かあったかしら…?」

やよい「ねえねえ、伊織ちゃん」

伊織「何よ、今考えてるんだから静かにしてて」

やよい「飽きた」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:37:47.75 ID:mbGODFpi0
伊織「ああそう…」

やよい「じゃあ、次は我慢大会やろっか」

伊織「また強引ね…それに我慢大会って何よ?」

やよい「えっとね、ツッコミしたら負けっていうゲーム」

伊織「負ける気しかしないわ…」

やよい「じゃあ、すたーと!」

やよい「…ねえねえ、伊織ちゃん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:41:47.09 ID:mbGODFpi0
伊織「何よ」

やよい「小鳥さんのパソコンの中身って気にならない?」

伊織「別に興味ないわ…」

やよい「私、実は昨日黙って覗いちゃったんだけどね」

伊織「え、ええ」ゴクリ

やよい「中身はえっちな画像と動画でいっぱいだったよ」

伊織「それはプロデューサーのパソコンでしょ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:45:30.38 ID:mbGODFpi0
やよい「あ、今のツッコミだよね?」

伊織「ああもう、私の負けでいいわよ」

やよい「じゃあ罰ゲームだね」

伊織「そんなの聞いてないんだけど…」

やよい「じゃあ、早速脱いで」

伊織「何でよ…」

やよい「え、だってそろそろプロデューサー帰ってくるし…」

伊織「尚更よ…」

やよい「じゃあいいや、次は…何しよっか?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:49:18.53 ID:mbGODFpi0
伊織「急に聞かれてもぱっと思いつかないわね…」

やよい「そういえば、さっきプロデューサーのパソコンはえっちなのでいっぱいって言ってたよね?」

伊織「え?まあそれらしいことは言ったような…」

やよい「もしかして、プロデューサーのパソコン見たことあるの?」

伊織「え!?いや、ない…けど」

やよい「じゃあなんでそんなことわかるの?」

伊織「それは…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:51:50.06 ID:mbGODFpi0
伊織「それは…その…」

伊織「プロデューサーが変態だからよ」

やよい「…」

伊織「いや、ごめん、ホントは黙って見たことあるわ…」

やよい「どうだった?」

伊織「え?どうだったって何が…」

やよい「だから、えっちなの見た時の感想」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:53:38.08 ID:mbGODFpi0
伊織「何でそんなこと言わなきゃならないのよ…」

やよい「そろそろプロデューサー帰ってくるかな…」

伊織「わかった、わかったから」

伊織「別に何も感じなかったわよ」

やよい「本当は…?」

伊織「こう、お股のあたりがじんじんして…」

伊織「って何言わせようとしてんのよ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 18:56:53.14 ID:mbGODFpi0
やよい「伊織ちゃんはやっぱりえっちな子だったんだね」

伊織「もう何でもいいわ…」

やよい「それで、何しよっか」

伊織「何って…」

やよい「思いつかないなら、またしりとりでもする?」

伊織「アンタが飽きたって言ったんでしょうが…」

やよい「私ね、旅行行ってみたいなーって」

伊織「いきなり話ぶった切ったわね…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:00:27.26 ID:mbGODFpi0
伊織「というか、なんでいきなり旅行なのよ」

やよい「え、だって私、家族旅行とか行ったことないし…」

伊織「そ、そう…なの?」

やよい「うん…だからね、一回くらいはプライベートで行ってみたいなーって」

伊織「アンタ、明日暇?」

やよい「…え?」

伊織「明日はお仕事入ってるのかって聞いてるの」

やよい「えっと、明日から2日はお休みだけど…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:05:48.60 ID:mbGODFpi0
伊織「今日中に準備しておきなさい」

やよい「え…」

伊織「旅行に連れてってあげるって言ってるの!」

やよい「え、なんで…」

伊織「きゅ、急にアンタと一緒に旅してみたくなったのよ」

やよい「伊織ちゃん…」

伊織「どこか行きたいところはある?」

やよい「うーん…京都奈良は小学校の修学旅行で行ったし…」

やよい「去年の夏に響さんに沖縄には連れてってもらったから…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:09:51.12 ID:mbGODFpi0
伊織「え、去年沖縄行ったの?」

やよい「うん、伊織ちゃんがハワイ旅行行ってる間に事務所のみんなで」

伊織「何でよ…」

伊織「何で誘ってくれなかったの…」グスッ

やよい「伊織ちゃん…?」

伊織「私も…私もみんなと旅行行きたかったのに…」ブワッ

やよい「あう…泣かないで?ね?」

やよい「みんな、意地悪で誘わなかったわけじゃないから、ね?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:15:07.06 ID:mbGODFpi0
伊織「嘘よ!だって旅行の計画があったことすら教えてくれなかったじゃない!」

やよい「それは…響さんが…」

伊織「響がなによ…」グスッ

やよい「響さんが、伊織ちゃんには伝えるなって…」

伊織「…何で?」

やよい「確か、ぼっちは自分じゃない、とか何とか…」

伊織「…それ、かんっぜんに確信犯よね…」

伊織「あのぼっち…」ボソッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:19:47.65 ID:mbGODFpi0
やよい「わ、私は伊織ちゃんと行きたかったんだよ?」

伊織「ええ、アンタは悪くないわ、悪いのはあのぼっちよ」

伊織「じゃあ、事務所のみんなも誘いましょうか…ぼっち以外の」

やよい「え、さ、さすがにみんなは…」

伊織「そうね…さすがにお仕事があるわね」

伊織「じゃあ、どうする?誰か誘いたい子いる?」

やよい「えっと…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:24:25.90 ID:mbGODFpi0
やよい「わ、私は二人がいいかなーって…」

伊織「アンタ…」キュン

伊織「わかったわ、じゃあ明日から二日間は水入らずで楽しみましょう」

やよい「でも、確か明日は竜宮のお仕事が…」

伊織「いいのよ、スーパーアイドルなんだから一日くらいサボっちゃっても」

やよい「ホントに大丈夫…?」

伊織「次事務所に来たとき全力で謝れば多分…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:29:52.25 ID:mbGODFpi0
伊織「で、話は戻るけど、行先はどうする?」

やよい「うーん…京都奈良に沖縄に北海道に名古屋県は行ったことあるから…」

伊織「結構日本の端から端まで行ってるじゃない…」

やよい「伊織ちゃんのおうちに旅行行きたいな」

伊織「私の家?」

やよい「うん、お泊りで」

伊織「それは別にかまわないけど…それでいいの?」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:33:46.85 ID:mbGODFpi0
やよい「色んなところで色んな名物見るのも楽しいけど、伊織ちゃんとお話してる時が一番楽しいし」

伊織「な、何よ突然、恥ずかしいわね…」

やよい「だから…だめ?」

伊織「いいわ、来なさい」

伊織「それなら私も怒られずに済みそうだし」

やよい「えと…今日から行ってもいい?」

伊織「いいわよ、客間くらいすぐ用意させるから」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:39:52.07 ID:mbGODFpi0
-----水瀬邸
やよい「うっうー!伊織ちゃん、見て見て!おっきな噴水だよ!」

伊織「あんまり近づきすぎると落ちるわよ?」

やよい「だいじょーぶ!あ、伊織ちゃん、あれなぁに?」

伊織「昔はあそこに小さなブランコがあったんだけど…今となってはミント畑よ」

やよい「ミント?」

伊織「ええ、昔私が子供のころに植えたミントが育ちすぎて…」

伊織「う…思い出したくもないわ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:45:00.36 ID:mbGODFpi0
やよい「ふーん、ねぇねぇ、伊織ちゃんはこのおうちにずーっと住んでるんだよね?」

伊織「そうだけど…」

やよい「いいなー、私もこういうおうちに生まれたかったかも…」

やよい「あ、でも、今のおうちももちろん大好きだよ!」

伊織「別に、こんなトコロ、大していいもんじゃないわよ」

伊織「無駄にだだっ広いだけで、お花摘みに行くだけでも一苦労よ…二つの意味で」ドヤ

やよい「でも、ミントならそこらじゅうに生えてるよ?」

伊織「そうだったわね…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:49:20.65 ID:mbGODFpi0
国木田「お嬢様お嬢様wwwwwww」

伊織「あら、国木田じゃない、どうしたのよ」

国木田「お庭のお手入れ終わったのでお伝えに参りやしたwwwwwww」

伊織「そう、ご苦労様」

国木田「それじゃあ失礼しゃーっすwwwwww」タタタ

やよい「…伊織ちゃんのお兄さん?」

伊織「違うわよ、あれはうちの専属の庭師」

伊織「広すぎて手入れしきれないから、ああいうのだっていちいち雇わなきゃいけないの」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:53:27.87 ID:mbGODFpi0
やよい「ふぅん、なんだか大変そうかも…」

伊織「まあお金はかかるわね、かといって放っておけば雑草やミントがすごいことになるし…」

伊織「それに何より、ああいうのがいるせいで、庭じゃプライベートも何もあったもんじゃないわ」

やよい「確かにおうちの庭に知らない人がいたら嫌かも…」

伊織「さ、そろそろ暗くなってきたし中に入りましょ」

やよい「うん!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 19:56:40.89 ID:mbGODFpi0
伊織「さて…と」

伊織「先にご飯にする?お風呂にする?それとも…」

やよい「わ・た・し?」

伊織「アンタ、一体どこでそういうの覚えてくるわけ?」

やよい「え?これは亜美たちがやってたの真似しただけだけど…」

伊織「まあいいわ…先にご飯にしましょっか」

やよい「うっうー!私も作るの手伝いまーっす!」

伊織「え?いや、もうできてるはずよ?」

やよい「え?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:00:22.04 ID:mbGODFpi0
-----水瀬邸食堂
やよい「うわ…これ何…」

伊織「夕食よ」

やよい「これ、どこのお姫様が食べるの?」

伊織「アンタが食べるの」

やよい「わ、私がお姫様!?」

伊織「よくわかんないけど冷める前に食べちゃいましょ」

やよい「うん!」キラキラ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:05:54.83 ID:mbGODFpi0
やよい「いっただっきまーっす!」

伊織「頂きます」

やよい「ねーねーいおりひゃん」ムグムグ

伊織「飲み込んでからしゃべりなさい」

やよい「んぐ…私、何聞こうと思ってたんだっけ?」

伊織「知らないわよ…」

やよい「えへへー!」//

伊織「何でそこで照れるのよ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:09:50.85 ID:mbGODFpi0
やよい「…あれ?…そんな……」

伊織「どうしたの?」

やよい「伊織ちゃん…どうしよ……」

やよい「私…壊れちゃったのかな、病気なのかな…」ウルウル

伊織「な、何!?気分でも悪いの?」

やよい「あのね…入らないの…」

伊織「え…?」

やよい「食べようとしても…食べようとしても、どうしても口に食べ物が入らないの…!うぅぅ…」グスン

伊織「は?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:13:08.43 ID:mbGODFpi0
やよい「食べたいのに…!こんなにおいしいの、食べたことないのに…!」

伊織「…」

やよい「何で…!」

伊織「いや、ただの食べ過ぎでしょ」

やよい「え…」

伊織「ちゃんとお腹と相談して食べなさい、それに、食べ過ぎると太っちゃうわよ?」

やよい「え…え?」

伊織「ごちそうさま」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:17:05.57 ID:mbGODFpi0
やよい「ご、ごちそうさま…?」

伊織「さ、お風呂入りましょっか」

やよい「えと…その……え?」

伊織「はぁ…あのね、アンタはお腹いっぱいでもう食べられないの、わかる?」

やよい「お腹…いっぱい?」

伊織「そうよ、いくらなんでも食べ過ぎよ」

やよい「えっと…」

伊織「だから!アンタは病気でも何でもないから安心しなさいって言ってるの!」

伊織「むしろ健康そのものよ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:19:33.76 ID:mbGODFpi0
やよい「ほ、ほんとに…?」

伊織「ホントよ」

やよい「ほんとにほんと?」

伊織「ホントにホント」

やよい「ほんとにほんとにほんと?」

伊織「ホントにホントにホントよ」

やよい「ほn」

伊織「それ以上聞いたら起こるわよ?ああもう、『ホント』がゲシュタルト崩壊してきたじゃない」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:27:02.90 ID:mbGODFpi0
やよい「うん…じゃあ、伊織ちゃんを信じるよ…」

やよい「私がもし死んじゃったら、長介たちにごめんねって伝えてね…」グスッ

伊織「…もうなんでもいいわ」

伊織「で、お風呂の順番どうする?」

やよい「え?」

伊織「だから順番よ、先に入りたい?それとも後に入りたい?」

やよい「え?伊織ちゃんと一緒に入りたい」

伊織「え?」

やよい「え?」


拾い物
ちゃんとうpで来てなかったらスマン
。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:31:42.44 ID:mbGODFpi0
伊織「えと…え?」

やよい「伊織ちゃん、それ以上『え』って言ったら怒るよ?」

伊織「えと、ええ…」

やよい「こらっ!」パシッ

伊織「ひっ」ビクッ

やよい「さ、お風呂入ろうよ」

伊織「一緒に…?」

やよい「一緒に」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:34:51.89 ID:mbGODFpi0
やよい「伊織ちゃん!」

伊織「な、何よ?」

やよい「お風呂はどこ!」

伊織「いや、私たちの目の前にあるのがお風呂の入り口だけど…」

やよい「男湯と女湯に分かれてるよ!」

伊織「アンタはさっきから何が言いたいのよ…」

伊織「さ、一緒に入りたいならとっとと入るわよ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:39:38.14 ID:mbGODFpi0
----水瀬邸浴場内
やよい「わあ…」

伊織「どうしたの?」

やよい「伊織ちゃんのおうちって温泉屋さんだったんだね!」

伊織「違うけど…確かにその辺の銭湯よりは広いかもしれないわね」

伊織「さ、とっとと体洗って湯船に…って、何しようとしてるの?」

やよい「えっへへー!私が背中流してあげるね!」

伊織「もう…勝手にして頂戴」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:43:49.56 ID:mbGODFpi0
やよい「んしょ、んしょ…」コシコシ

やよい「痒いところは有りませんかー?」

伊織「あ、昨日蚊に刺された太ももが痒いです」

伊織「って、安い美容室じゃないんだから…」

やよい「え?私に太もも掻いてほしいの?いいよ」

伊織「いや、いいから…」

伊織「さ、今度はアンタの番ね、こっちに座りなさい」

やよい「え?いいの?」

伊織「何言ってるのよ、アンタだって私の背中流したじゃない」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:48:53.19 ID:mbGODFpi0
伊織「……」ゴシゴシ

やよい「ねえねえ、伊織ちゃん」

伊織「ん?何?」

やよい「お風呂あがったら、伊織ちゃんのお部屋見せてほしいな」

伊織「そうね、どうせ上がってもすることないし、私の部屋で時間つぶしましょうか」

やよい「うんっ!」

伊織「…はい、終わったわよ」ザパァ



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:53:01.01 ID:mbGODFpi0
やよい「ふぁあ…きもちいぃ……」

伊織「そうね…」

やよい「足を伸ばしてゆっくり出来るなんて、すごいね…」

伊織「アンタの家の、狭いものね…」

やよい「うん……せまい」

伊織「もしかして眠い?」

やよい「…!ね、寝てません!聞いてました!」

やよい「すいへーりーべーみきはふねです!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 20:55:25.62 ID:mbGODFpi0
伊織「アンタ、たまに意味わかんないこと言うわね」

やよい「うぅ…」

伊織「さ、そろそろ出ましょ、のぼせちゃうわ」

やよい「うん」

伊織「出るとき気を漬けなさいよ?少し滑るから」

やよい「大丈夫だよぉ、春香さんじゃあるまいし」

伊織「変なフラグ立てなくていいから…」

86 名前:いつの間にいおりんちにお泊りするssになったんだ[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:00:19.28 ID:mbGODFpi0
------伊織部屋
やよい「わー!これ何!?しゅじゅちゅだい?改造じゅじゅつとかするの!?」キラキラ

伊織「何で自分の部屋にそんな物騒な物置かなきゃなんないのよ…後半手術なんだか呪術なんだかわかんないし」

伊織「それはベッドよ、ベッド」

やよい「ベッドって…寝るための道具だよ?」

伊織「何で心配そうな目で見るのよ!」

やよい「じゃあ…あれは?」

伊織「どれ?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:05:36.78 ID:mbGODFpi0
伊織「ああ、あれ?あれは加湿器よ、乾燥して喉とかダメにしたら困るし」

やよい「ふぅん、で、伊織ちゃんは誰に改造しゅじゅちゅしたの?」ワクワク

伊織「まずは改造から離れなさい…」

伊織「で、どうかしら、私の部屋は?」

やよい「広い!」

伊織「そ、そうね」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:09:32.48 ID:mbGODFpi0
伊織「で、隣の部屋にアンタのベッドも用意させたんだけど…」

やよい「伊織ちゃんと寝るので必要ないです」

伊織「ああ、うん、多分そういうだろうなって予想してた」

やよい「えへへー!」

伊織「褒めてないわよ」

伊織「枕だけ持ってくるから、てきとうにくつろいで待っててくれるかしら?」

やよい「はーいっ!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:13:04.33 ID:mbGODFpi0
やよい「…伊織ちゃんの部屋に一人……」

やよい「そして適当にくつろいでて、の一言…」

やよい「部屋を漁る以外の選択肢が…ない」

やよい「…よし!」

伊織「よし!じゃないわよ」

やよい「わ!伊織ちゃん!?どうしてここに…」

伊織「どうしてもこうしても…ここ、私の部屋だし…」

やよい「でも、枕持ってくるって…」

伊織「枕あったのすぐ隣だし…」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:17:20.73 ID:mbGODFpi0
伊織「で、何しようとしてたのかしら?」

やよい「な、何も…」

伊織「じゃあ、よし!ってなによ、よし!って」

やよい「よし…よし……永川きよしさんっていい声してるなーって」

伊織「…」

やよい「伊織ちゃん、まくら投げしよう」バッ

伊織「ちょ、危ないじゃない!」

95 名前:どうすんだこれ[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:20:25.31 ID:mbGODFpi0
ガシャン
やよい「あ、何か落ち…」

伊織「あ……」

やよい「これは…オルゴール?」

伊織「そんな…」グス

やよい「あ、あの…」

伊織「出てって…」

やよい「え…」

伊織「いいから出てってよ!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:25:11.69 ID:mbGODFpi0
----水瀬邸廊下
やよい「あう…大切なモノだったのかな…」

やよい「い、伊織ちゃん?」コンコン

やよい「ごめんね、悪気はなかったの…」

伊織「……」

やよい「うぅ…」

やよい「鍵、閉められちゃった…」

やよい「どうしよう…」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:28:06.94 ID:mbGODFpi0
やよい「と、隣の部屋、私の為に用意してくれたんだよね?」

やよい「伊織ちゃんが落ち着くまで、そっちで待ってるね…」

伊織「……」


----水瀬邸客室
やよい「えへへ、こっちの部屋も広いです…」

やよい「でも…」

やよい「でも、こっちの部屋…伊織ちゃんの匂いがしない…」

やよい「伊織ちゃん…」グスッ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:34:04.01 ID:mbGODFpi0
伊織「…さて、今ごろあの子はどんな反応とってるのかしら?にひひ♪」

伊織「先月買ってきたこのオルゴール、正直処分に困ってたのよね…」

伊織「壊れてもないのに捨てるのはもったいないし、突然鳴り出すこともあってこわかったし」

伊織「ま、そんなことよりも今はやよいね」

伊織「ちょっとやりすぎちゃった感が否めないけど…」

伊織「取りあえずのぞいてみましょうかしら」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:39:45.44 ID:mbGODFpi0
やよい「うぅ…伊織ちゃん…伊織ちゃん…」グスン

ガチャン
伊織「(泣いてる…のかしら?)」

やよい「……」

伊織「(ここからだとよく見えないわね…)」

伊織「(…にしても、泣かせちゃったんならさすがに罪悪感が…)」

伊織「(話が拡大する前に伝えてあげないとね)」

伊織「や、やよい?」

やよい「…!」ビクン

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:44:11.27 ID:mbGODFpi0
やよい「い…伊織ちゃん?」

伊織「ごめん、さっきのはちょっとした冗談よ」

伊織「って、何してたの?」

やよい「えと…これは…なんでもないよ!」

やよい「部屋出る前に掴んだこの枕、伊織ちゃんの匂いがするなーって…」

伊織「匂いと脚に挟むのとは関係ない気がするんだけど…」

やよい「それより、冗談って…」

伊織「ああ、ちょっとアンタの反応が気になったから、演技してみたの…ごめん」

やよい「うぅ…ひどいよ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:47:00.60 ID:mbGODFpi0
やよい「それより、ちょっとおトイレ借りてもいいかな?」モジモジ

伊織「ええ、部屋を出て、左側の突き当りにあるわ」

やよい「うん、ありがと!」

伊織「もう機嫌直ったのかしら?」

伊織「転換早いわね…」

伊織「まあいいわ、部屋戻ろうかしら」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:50:41.92 ID:mbGODFpi0
-----伊織部屋
やよい「ただいま!」

伊織「はい、おかえりなさい」

やよい「ごめんね、伊織ちゃん…」

伊織「ん?何が?」

やよい「そのオルゴール、壊しちゃって…」

伊織「ああ、これはいいのよ、夜中に突然鳴り出したりしてうるさいだけだから」

やよい「怒ってない…?」

伊織「え?ええ、他のモノだったらものすごく怒ったかもしれないけどね」

やよい「うぅ…気を付けますぅ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:56:09.97 ID:mbGODFpi0
オルゴール『ワッホイワッホイ』

やよい「!」ビクッ

伊織「言ってるそばからこれね…」

伊織「はぁ、ようやく壊れて鳴らなくなったと思ったのに」

やよい「い、伊織ちゃんは怖くないの…?」ガクガク

伊織「こんなの3日で慣れたわ」

やよい「だって…!だって壊れてるのに鳴り続けてるんだよ…?」

伊織「壊れたから何の迷いもなく捨てられるわね」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 21:59:31.05 ID:mbGODFpi0
やよい「伊織ちゃん、何かたくましいね…」

伊織「金縛りにあう、とか物が宙に浮くとかしてれば私も怖いけど…」

伊織「コレは鳴るだけで何も実害ないし」

やよい「そういうものなのかなぁ…」

伊織「そういうものよ」

伊織「さて、これは廊下にでも出しておくとして…」

やよい「これから何しよっか」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:02:21.39 ID:mbGODFpi0
伊織「じゃあしりとりでもしましょうか」

やよい「え?」

伊織「冗談よ」

やよい「もう!伊織ちゃん、これから冗談禁止!」

やよい「破ったら私、怒っちゃうから!」プンスカ

伊織「(なにこのかわいい生き物)」

やよい「うー」ジトー

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:05:36.43 ID:mbGODFpi0
伊織「じゃあ、もう寝る?」

やよい「今何時?」

伊織「えっと…9時半ね」

やよい「わわわ!もうそんな時間!お仕事間に合わなくなっちゃうよぉ…」

伊織「アンタは明日休みでしょうが…」

やよい「えと…そうだっけ?」

伊織「だから旅行の話になったんでしょ?」

やよい「そういえばそんな話もあった…ような」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:08:48.26 ID:mbGODFpi0
伊織「まあいいわ、あれだけはしゃげば疲れたでしょ?」

伊織「もう寝ちゃいましょ」

やよい「うー、もっと伊織ちゃんとお話ししてたいのに…」

伊織「はいはい、話ならベッドの中でも聞けるから」

やよい「私より先に寝ちゃダメだからね!」

伊織「わかったわよ、ほら、電気消すからベッド入っちゃって」

やよい「はぁい」ゴソゴソ

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:12:31.73 ID:mbGODFpi0
やよい「…伊織ちゃん、起きてる?」

伊織「起きてないわよ」

やよい「もー!意地悪は禁止ってさっき言ったのに!」

伊織「はいはい、で、どうしたの?」

やよい「あのね、さっき隣の部屋で泣いてた時の話なんだけど…」

伊織「(やっぱり泣いてたのね…)」

やよい「伊織ちゃんの枕に抱き着いたら変な気分になってね?」

伊織「…ええ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:17:15.00 ID:mbGODFpi0
やよい「こう、なんていうのかな、頭が真っ白になっちゃうみたいな感じで…」

伊織「やよい、そのことは絶対誰にも言っちゃだめよ?」

伊織「特に、千早や小鳥…それから男の人にでも聞かれたらどうなることか…」

やよい「…え?どうして?」

伊織「アンタも、もうちょっと大人になればいずれはわかるわ」

伊織「その時までは、そのことは絶対誰にも言っちゃダメ、いい?」

やよい「うん…」

伊織「大丈夫よ、別に変な病気だとかじゃないから」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:20:22.97 ID:mbGODFpi0
伊織「さ、わかったらもう寝なさい」

やよい「わかんない…」

伊織「え…?」

やよい「わかんないよ、私、バカだから…」

伊織「何言って…」

やよい「伊織ちゃんは…」

やよい「伊織ちゃんはそういう気分になったこと、あるの?」

伊織「それは…」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:25:13.53 ID:mbGODFpi0
伊織「ああもう!その話はおしまい!」

やよい「何で?」

伊織「いい女っていうのは、あんまり深く首を突っ込まないものよ」

やよい「うぅ…」

伊織「ほら、いい子だから寝なさい」

やよい「いい子じゃないもん…いい女だもん…」

伊織「はいはい、おやすみ」

やよい「…」スー

128 名前:誰誰誰誰誰がー[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:29:18.18 ID:mbGODFpi0
目覚まし『わっほいわほほい!』

伊織「んん…朝ね」

やよい「…」クゥ

伊織「朝よ、起きなさい」

やよい「んん…伊織ちゃん…?」

伊織「ほら、朝よ」

やよい「うん…」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:33:38.94 ID:mbGODFpi0
伊織「朝ごはんだけ食べたら私は事務所に行くけど…」

伊織「アンタはどうする?」

やよい「うーん…じゃあ、取りあえずついていこうかな…」

伊織「わかったわ、じゃあ、取りあえず朝ごはんだけ食べちゃいましょ」

やよい「じゃあ、今度こそ私が!」

伊織「残念ながら朝食ももう用意されてると思うわ」

やよい「寝てるだけで朝ごはんが出てくるなんて…」

やよい「やっぱり伊織ちゃんちってすごい」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:39:36.53 ID:mbGODFpi0
-----事務所
やよい「おっはようございまーっす!」

小鳥「あらあら、やよいちゃん、今日も元気いっぱいね」

やよい「はいっ!」

小鳥「今日は伊織ちゃんと一緒に出勤かしら?」

伊織「…」キッ

小鳥「な、なんで睨まれ…」

やよい「えっとですね、小鳥さんと千早さんには絶対言ったらだめなので…」

伊織「そういう余計なことは言わなくていいの…」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:42:54.18 ID:mbGODFpi0
小鳥「何それ、すっごく気になるんだけど…」

小鳥「それより、やよいちゃん、今日はお仕事お休みじゃないの?」

やよい「今日は、伊織ちゃんの保護者としてついて来ましたー!」

小鳥「保護者!?恋人じゃなくて保護者なの!?」ピヨピヨ

伊織「昨日はうちに泊まったから、そのままついてきたのよ」

小鳥「お、お泊り!?やよいちゃん、何か酷いことされなかった?」

伊織「アンタにだけは絶対に言われたくないセリフね…」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:47:51.73 ID:mbGODFpi0
伊織「さて、じゃあ私はお仕事行ってくるけど…アンタはどうする?」

やよい「うーん…」

伊織「というか、帰らなくって大丈夫なの?」

やよい「うん、今日は大丈夫!だから、もし迷惑じゃなければ、ここにいてもいいですか、小鳥さん」

小鳥「むしろ大歓迎よ、最近みんな忙しくて事務所にいないから」

小鳥「伊織ちゃん帰ってくるまでお話して待ってましょ」

やよい「はいっ!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:52:56.88 ID:mbGODFpi0
-----数時間後
やよい「それで、伊織ちゃんちの庭がですね!」

小鳥「へぇ、ミントの繁殖力ってすごいらしいものね」

やよい「はい!ミントでいっぱいでした!」

伊織「ただいまー」

小鳥「あ、お帰りなさい」

やよい「伊織ちゃん!おかえり!」

小鳥「あら?あずささんと亜美ちゃんは?」

伊織「現場から直帰したわ、最近忙しいから疲れたって」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 22:58:20.08 ID:mbGODFpi0
小鳥「無理もないわね、今日でこそ数時間で終わるお仕事だったけれど…」

小鳥「最近スケジュールいっぱいだったものね」

伊織「ホントよ、休みも何もあったもんじゃないわ」

やよい「私は2連休なので元気150%ですぅ!」

小鳥「大丈夫よ、やよいちゃん!あなたもすぐに売れっ子アイドルになるから!!」

小鳥「…いいえ、私がしてみせるから!」

伊織「アンタは少し落ち着きなさい」

伊織「で、今日も泊まってくのよね?」

やよい「うん、そのつもりだったけど…だめ?」

伊織「アンタさえよければ大丈夫よ」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:01:34.48 ID:mbGODFpi0
やよい「今日は意地悪したらだめだからね!」

小鳥「…」ピクッ

伊織「はいはい」

小鳥「いじわる…されたの?」

やよい「はい、伊織ちゃんったら酷いんですよ?」

やよい「私がなんにも知らないのをいいことに、」

伊織「そういうことも言わなくていいから、ほら、帰るわよ」

小鳥「ちょ、その話、kwsk!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:07:15.97 ID:mbGODFpi0
やよい「そういえば、まだお昼前なんだね」

伊織「そうね、このまま家に向かうのは早すぎるかしら…」

やよい「うーん…」

伊織「あ、あれは…」

やよい「からおけ?」

伊織「折角だからここで時間つぶしましょうか」

やよい「で、でも!私お金が…」

伊織「大丈夫よ、私の奢りだから」

伊織「私、一応先輩なんだから、そのくらいさせなさい」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:10:52.43 ID:mbGODFpi0
店員「ラッシャーセー」

店員「オフタリシャーッスネー」

伊織「えっと、このフリータイムってのでお願いできるかしら」

店員「ウーィ、シャーッス」

店員「2カイ20ゴウシツシャーッス」

やよい「…あの店員さん、なんて言ってたの?」

伊織「わかんないわ…2階の20号室ってとこだけ聞き取れたから、そこでいいんじゃないかしら」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:14:34.14 ID:mbGODFpi0
やよい「うっうー!20号室せまいですー!」

「あおいいいいいいいいいいいいとりいいいいいいいいいいいい」

伊織「何か聞き覚えのある声が19号室から聞こえるんだけど」

やよい「…これ、絶対千早さんだよね」

伊織「ええ…どうする?放っておく?」

やよい「うーん…一応挨拶だけでもしておこうよ」

伊織「まあそうね…」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:18:50.67 ID:mbGODFpi0
スクリーン『98.720点』

千早「…くっ、99点の壁が大きいわね……」

やよい「あ、やっぱり千早さんだ」

千早「た、高槻さんと、水瀬さん!?」

伊織「何で売れっ子アイドルがヒトカラしてんのよ」

千早「今日は…その……どこもスタジオが明いてなかったから仕方なく…」

伊織「そう、私達隣の部屋にいるんだけど」

やよい「よかったら一緒にうたいませんか!」

148 名前:>>147これで書き溜めだったら俺は泣く[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:21:34.42 ID:mbGODFpi0
伊織「ちょ」

千早「え?いいの?」

やよい「はい!人数が多い方が楽しいので!」

千早「高槻さん…」ウルッ

伊織「はあ、まあいいわ、部屋はこっちの方が少し広いみたいだから、こっちに移動しましょ」

やよい「うん!」

千早「(高槻さんと…デュエット…//)」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:25:14.92 ID:mbGODFpi0
-----
やよい「すっまっいっるたいそおー」

千早「いえい!」

伊織「ノリノリね…」

伊織「こんなに楽しそうにしてる千早見るのって初めてかも…」

スクリーン『90.111点』

やよい「うっうー!やっと90点越えましたー!」

千早「やったわね!高槻さん!」

やよい「じゃあ、次は伊織ちゃんの番だね」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:28:58.52 ID:mbGODFpi0
伊織「ええ」

やよい「何入れたの?」

伊織「聞けばわかるわ」

-----
伊織「笑ったこーとも、キスしたこーともー」

やよい「うぅ…伊織ちゃあああん!絶対に忘れないよ!…えぐっ」グスッ

千早「(高槻さんかわいい…//)」

伊織「ねえ千早、今のどうだった?私なりに頑張ってみたんだけど…」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:33:37.63 ID:mbGODFpi0
千早「ふぁい!」

伊織「何だか今日の千早は新鮮ね…」

千早「そ、そうね、えと…き、97点と言ったところね」

千早「それで、特徴的なビブラートですね、もう少し抑揚をつけると…」

伊織「誰も採点結果そのまま読んでくれとは言ってないわよ…」

千早「ごめんなさい…ちょっとぼーっとしてて…」

伊織「まあいいわ、次はアンタね」

スクリーン『キラメキラリ』

伊織「あれ?やよい順番間違えた?」

やよい「んぐ?」モグモグ

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:36:33.29 ID:mbGODFpi0
やよい「私、まだ入れてないよ?」

伊織「じゃあまさか…」

千早「ふれっふれっがんばれ♪」

伊織「やっぱり…」

やよい「わあ、千早さんのキラメキラリ、すっごくかわいいですぅ!」

----
千早「ギターソロ、かもーん!」

伊織「ダンスからセリフまで完璧ね…」

162 名前:さるさん食らったった…[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:52:37.80 ID:mbGODFpi0
スクリーン『99.998点』

伊織「何よ、この点数…」

千早「…ふぅ、この曲は物凄く練習したから」

千早「東京特許きょきゃ…許可局で噛まなければ満点狙えたかもしれないわ」

やよい「なんだかわからないですけど、千早さんすごいですぅ!」

伊織「ねえ、千早」

千早「何かしら?」

伊織「東京特許許可局」

164 名前:解除…されたのか?[] 投稿日:2012/06/02(土) 23:58:12.02 ID:mbGODFpi0 [84/84]
千早「東京特許きょきゃきょく」

やよい「とうきょうきょっきょきょきゃきょく」

伊織「(何だろう、この何とも言えない気持ちは)」

千早「(かわいい…///)」

千早「そ、そうだわ!高槻さん、せっかくだし何か一緒に歌わない?」ワクワク

やよい「はい!じゃあ、伊織ちゃんも一緒に…」

千早「…」キッ

伊織「わ、私は少し疲れたからいいわ」

千早「なら仕方ないわね!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:02:55.49 ID:3D3yfRlP0 [1/28]
やよい「えっと、千早さんは何が歌いたいですか?」

千早「そうね…じゃあ、これなんてどうかしら?」

やよい「お、おとなのはじまりですか?ちょっと恥ずかしいかも…」

千早「大丈夫よ、ほら」

-----
やよい「ごーごーれっつごーあだると、あはん」

千早「(可愛い…////)」

伊織「アンタも歌いなさいよ…」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:08:42.07 ID:3D3yfRlP0 [2/28]
スクリーン『72.720点』

やよい「あー、残念…」

千早「…くっ」ギリ

伊織「本気で悔しそうね…」

やよい「ねーねー、伊織ちゃん」

伊織「何?」

やよい「今度は伊織ちゃんと一緒に歌いたいなーって」

伊織「別にかまわないけど…何が歌いたいの?」

やよい「えっと、じゃあ…」ピッ

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:16:55.28 ID:3D3yfRlP0 [3/28]
やよい「これ!」ピピピ

スクリーン『relations(REM@STER-A)』

伊織「リマスターA…私歌えないかもしれないけど」

やよい「だいじょーぶ!大体マスターバージョンと一緒だから」

やよい「あ、ほら!始まっちゃうよ」

伊織「え、ええ」

-----
やよい「おもいーでにーのこりそうでー」

伊織「このこーいがーあそびならぁばー」

伊織「割り切れるのにー かんたんじゃないぃ」

千早「(…!!まさか!)」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:21:11.46 ID:3D3yfRlP0 [4/28]
やよい「うー、わっほい!」

千早「んはっ」ブバッ

伊織「ちょ、千早、鼻血が…」

千早「大丈夫…大丈夫だから続けて…お願い!」

伊織「え、ええ…」

----
スクリーン『95.987』

やよい「えへへー!95点越えましたー!わっほい!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:27:04.72 ID:3D3yfRlP0 [5/28]
伊織「やよい…アンタ、それが言いたかっただけでしょ?」

やよい「うん!」キラキラ

千早「たかちゅきさん!すっごくきゃわいかったわ!」

千早「ええ、春香なんて足元にも及ばないくらい!」ダラダラ

伊織「千早は鼻血を拭きなさい、結構酷いことになってるわよ…」

やよい「なんだか伊織ちゃん、お母さんみたいだね!」

伊織「アンタたちがだらしないからでしょうが…」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:33:47.67 ID:3D3yfRlP0 [6/28]
やよい「千早さん!」

千早「な、なあに?」

やよい「千早さんの歌うキラメキラリもすっごくよかったんですけど」

やよい「私、千早さんのバラードとかも聞きたいです」

伊織「そうね、レッスンやライブだとなかなか人まで気が回らないから、私も一度近くで聞いてみたいわ」

伊織「未来の歌姫、如月千早の歌をね!」

千早「う、うたひ…そこまで言うなら仕方ないわね」//

伊織「(扱いやすいわね…)」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:39:36.12 ID:3D3yfRlP0 [7/28]
やよい「ねえねえ伊織ちゃん、退出時間っていつだっけ?」

伊織「えっと…フリータイムが4時までだから…あと10分弱ね」

やよい「じゃあ、千早さんがフィナーレだね!最後にどっかーんとやっちゃってください!」

千早「ええ、全力を尽くすわ!」

伊織「ライブのとき以上に目が本気なのは、やよい分を補給し続けてるからかしら…」

-----
千早「眠りいいいいいいいいいひめえええええええええええ」

やよい「…」

伊織「近くで聞くとホントにすごいわね…」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:39:44.10 ID:RVsymmGHO [1/4]
やよいが商店街の福引きで家族旅行券当てて人数分なかったからやよいが我慢して弟達に行ってもらったんだろう
やよいは優しいなぁ


180 名前:>>179おいこら[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:45:38.43 ID:3D3yfRlP0 [8/28]
伊織「千早…やっぱりアンタはただの変態じゃないのね、見直したわ」

やよい「千早さんすごいです…私、かんろうしちゃいました…」

千早「ふぅ…」

スクリーン『99.999点』

千早「…くっ」

伊織「いや、悔しがる点数じゃないでしょ、絶対」

千早「さて、そろそろ時間的にどうかしら?」

伊織「あと2分弱ね」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:51:44.10 ID:3D3yfRlP0 [9/28]
やよい「みんなで君が代でも歌う?」

伊織「なんで君が代なのよ…」

やよい「あれならすぐ終わるからいいかなーって」

千早「気を引き締める、という意味ではいいかもしれないけれど」

伊織「まあ今日のところは帰りましょ…」

伊織「さすがにブレイク寸前のアイドル3人が、仲良く国家なんて歌ってるところ撮られでもしたら、何となく嫌だから」

千早「…確かに滑稽ね」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:55:18.65 ID:3D3yfRlP0 [10/28]
店員「ッカイケー3000エンシャーッス」

伊織「えと…19号室も併せて払えるかしら?」

店員「シャーッス、4500エンシャーッス」

伊織「カードで」

店員「ウーィ、シャーッス…カードカシャシャシャーッス」

伊織「どうも…」

店員「アジャジャーッス」

千早「水瀬さん、私の分までよかったの?」

184 名前:また猿さんキターーー!![] 投稿日:2012/06/03(日) 01:00:24.14 ID:3D3yfRlP0 [11/28]
伊織「大丈夫よ、たまには私にいい格好させなさい」

千早「そういってもらえると嬉しいんだけど…」

千早「それにしても、一体何語で話していたの?」

伊織「私もわっかんないわ…4500だけ聞き取れたから、多分4500円だったんじゃないかしら?」

千早「そう…」

伊織「あ、私達こっちだから」

千早「そう、じゃあまた事務所で」

やよい「ウーィ」

186 名前:猿さん規制こわい[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:08:41.59 ID:3D3yfRlP0 [12/28]
伊織「いや、そういうの真似しなくていいから…」

やよい「はぁい」

伊織「じゃあ、帰りましょっか」

やよい「うん!今日のご飯はなにかななにかなー」

伊織「もう…」

やよい「でも、ちょっともやしの味も恋しいかも」

189 名前:>>187thx[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:16:53.11 ID:3D3yfRlP0 [13/28]
-----水瀬邸
やよい「うわぁ、やっぱりいつ来ても広いね、伊織ちゃんち」

伊織「まあ、この辺だと一番大きいでしょうね」

やよい「絶対、秘密の地下室とか開かずの扉とかあるよね」

伊織「ないわよ…」

やよい「じゃあ、この部屋は?」

伊織「そこは…書庫ね」

やよい「へぇ、すごい…」

やよい「で、書庫って何するところなの?やっぱり改造しゅじゅちゅ?」キラキラ

伊織「だから!アンタいつからそんな改造しゅじゅちゅ好きになったのよ!」

やよい「あ…」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:23:12.80 ID:3D3yfRlP0 [14/28]
伊織「ぅ…」

やよい「しゅじゅちゅ」

伊織「しゅずつ…ああもう!何が正しいのかわかんなくなったじゃない!」

やよい「伊織ちゃん…かわいい」

伊織「うっさいわね!アンタの方がかわいいわよ!」

やよい「え…///」

伊織「きぃ!もうわっけわかんない!私は一体何口走ってんのよ!」

伊織「ほら!ご飯食べてお風呂入ってゆっくりして寝るわよ!」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:30:04.72 ID:3D3yfRlP0 [15/28]
やよい「はぁい!かわいい伊織ちゃん!」

伊織「うるさい!」

-----食堂
やよい「わぁ、今日もすっごく豪華ですぅ…」

伊織「今日は和食ね、おいしそうだわ」

やよい「ねぇねぇ、伊織ちゃん、食べていい?食べていい?」ワクワク

伊織「いいわよ」

やよい「それじゃあ、いっただっきまーっす!」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:33:59.86 ID:3D3yfRlP0 [16/28]
----
やよい「うぅ…伊織ちゃぁん」

伊織「そのネタはもういいから…」

伊織「ご飯3杯も食べればそりゃそうなるわよ」

やよい「これがわっほい状態なんだね…」

やよい「いつか長介たちにも体験してほしいな…」

伊織「お腹いっぱい、ね…」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:39:33.97 ID:3D3yfRlP0 [17/28]
伊織「ごちそうさま」

やよい「ご、ごちそうさまでした…」

伊織「さて…お風呂といきたいところだけど…」

やよい「うー…」

伊織「少し休んでからにしましょうか」

やよい「うん、もうお腹わっほい…」

伊織「その単語から離れなさい…」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:45:38.41 ID:3D3yfRlP0 [18/28]
----浴場
やよい「うっうー!いつ見ても学校のプールみたですぅ!」

伊織「アンタ、昨日は温泉って言ってなかった?」

やよい「そうだっけ?」

伊織「いや、まあなんでもいいけど」

やよい「取りあえず、今日も背中流すねー」

伊織「はいはい、お願いします」

やよい「はい!お任せください!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:51:10.62 ID:3D3yfRlP0 [19/28]
やよい「~♪」ゴシゴシ

伊織「そういえばさ…」

やよい「ん?なあに?」

伊織「アンタ、湯船に入ってないときはタオルくらい巻きなさいよ…」

やよい「なんで?」

伊織「何でって…アイドルなのに人に裸見られたら大変でしょ?」

やよい「伊織ちゃんになら見られても平気だよ?」

伊織「いや、まあうちでだけならいいんだけど…」

伊織「もしも温泉とか行く機会があったら、隠しなさいよ?」

伊織「どこに小鳥や千早みたいのがいるかわかんないから」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:56:58.45 ID:3D3yfRlP0 [20/28]
やよい「うーん、あんまり行く機会はないと思うけど…気を付けるね」

伊織「ええ、そうしなさい」

やよい「…と、はい!終わりましたぁ!」バシャー

伊織「はい、ご苦労様、今度はやよいの番ね」

やよい「適当に握っちゃってください、大将!」

伊織「ヘイ、タマゴお待ち!ってなんでお寿司屋さんなのよ…」

伊織「まあなんでもいいけど…」コシコシ

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:04:14.73 ID:3D3yfRlP0 [21/28]
やよい「それにしてもさ」

伊織「うん?」ゴシゴシ

やよい「千早さんの歌、凄かったね」

伊織「そうね…そんじょそこらの歌手より、遥かにすごいんじゃないかしら…」

やよい「私、人の歌を聞いて初めて本気で泣きそうになちゃったよ」

伊織「私のフタリの記憶でも泣いてなかった…?」

やよい「…じゃあ、2回目だったね」

伊織「随分適当ね…」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:12:10.09 ID:3D3yfRlP0 [22/28]
伊織「…はい、終わり」バシャー

やよい「うん!ありがと」

伊織「それじゃ、湯船でゆっくりしましょうか」

やよい「うん!」


やよい「あー、きもちい…」

伊織「そうね…」

やよい「うー…」

伊織「アンタ、のぼせたんじゃないでしょうね…?」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:15:05.13 ID:3D3yfRlP0 [23/28]
やよい「そんなことないれすよ…?」

伊織「アルコールでも飲んだんじゃないでしょうね…顔も真っ赤よ」

伊織「取りあえず出るわよ」

やよい「ふぁーい」

伊織「ちょっと、ホントに大丈夫なの?」

やよい「うん、何とか…」ヨロヨロ

伊織「ほら、捕まって…もうちょっとだから」

やよい「うん…」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:21:07.85 ID:3D3yfRlP0 [24/28]
伊織「ほら、体拭いて…」

伊織「あ、こら!濡れたままで服着ないの!」

やよい「うぅ…?」

伊織「もう…私がやってあげるからじっとしてて」

やよい「うん…」

-----
伊織「はい、終わったわよ」

やよい「うん、ありがとう」

伊織「だいぶ顔色がよくなってきたみたいね」

やよい「うん、ちょっと楽になってきたかも」

215 名前:また猿…[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:34:50.70 ID:3D3yfRlP0 [25/28]
----伊織部屋
やよい「ごめんね…伊織ちゃん」

伊織「ん?何よ、唐突に」

やよい「私、迷惑かけてばっかりで何もしてあげられなくって…」

伊織「何言ってるのよ、お互い様でしょ」

伊織「さ、明日の為にももう寝るわよ」

やよい「うん…」グスッ

伊織「何で泣くのよ…」

やよい「だって…だって、今日でもう終わっちゃうのかと思うと寂しくて…」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:46:07.61 ID:3D3yfRlP0 [26/28]
伊織「ホントに馬鹿ね…」

やよい「え…?」

伊織「別に今生の別れってわけじゃないんだから」

伊織「それに、事務所に行けばいつでも会えるでしょ?」

やよい「うん…うん!」

伊織「じゃあ、電気消すわね」

やよい「おやすみなさい!」

伊織「はい、おやすみ」

伊織「また…いつでも泊まりに来なさい」

おわる

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:49:02.02 ID:3D3yfRlP0 [27/28]
鼻っから何にも考えずに書いてきただけあって、結局大したおちもつけられずに終わりました
何かあれば3時過ぎくらいまでは見てます多分

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 03:14:46.18 ID:3D3yfRlP0 [28/28]
それじゃあ読んでくれた人ありがとう
そして響ごめん

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。