FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「ちゃんと肩までつかって50数えなさい」姉「はーい。」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:06:46.40 ID:3tPc9oj60 [1/28]
姉「いーち」

姉「にーい」

姉「さーん」

姉「しーい」

姉「……はっ!」

姉「ナチュラルに覗いてんじゃねー!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:11:43.03 ID:3tPc9oj60 [2/28]
男「いやいや、姉貴。俺はただちゃんと暖まってから出てくるようにいいたいだけだ。」

姉「だったら入ってくる必要がないだろ!」

男「それをいうなら、姉貴だってタオル巻く必要ないじゃないか!」

姉「お前が日常的に覗いてくるからいけないんだろーが!」

男「姉貴の体がエロいからだよ、俺は悪くない。男としては正常だ。」

姉「姉の入浴覗くのは正常じゃねー。」

男「身近なオカズに手を伸ばしてんだよ、弟諸君の2割はやってる。」

姉「姉としては8割の方になってほしかったよ。」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:14:55.97 ID:3tPc9oj60
男「というわけだ、姉貴。一緒に50数えようぜ。」

姉「お前と混浴とか5秒も耐えられんわ」

男「じゃあ、浴槽にははいらないからさ!」

姉「それでも嫌だよ!」

男「なんだよ、俺の弟心を理解できないとは。ダメな姉だな。」

姉「お前はダメすぎる弟なんだけど?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:17:56.09 ID:3tPc9oj60
男「なんて姉だ。弟の性欲すら満足に満たせんのか。」

姉「姉にそんな義務はねえ!」

男「もう妄想ではオカズにならないんだよ…。」

姉「だからって実物に迫るなよ!?」

男「妄想がだめなら実物だろうが!」

姉「他の女がいくらでもいるだろう!?」

男「ほう。つまり余所の女性に迷惑かけてもいいと?」

姉「お前割りと近いうちに捕まりそうだな」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:21:24.55 ID:3tPc9oj60
姉「いいか、男。お前ももういい年なんだから、そういう事ばかり言ってないで…。」

男「いい年だからこその衝動なんだよ!わかるだろ?」

姉「いや、私はそこまでの衝動を抱いた覚えが無いからな。」

男「なんて女だ。人類としてありえない。」

姉「ありえねーのはお前だからな。」

男「姉に欲情して何が悪いんだー!妹よりマシだろー!」

妹「私がどうかした?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:26:17.01 ID:3tPc9oj60
男「おお、我が愛しの妹よ!お兄ちゃんと一緒にお風呂に入ろう!」

妹「え、やだ。」

男「はぁあ!?ここでNoとかお前エロゲやり直してこい!」

妹「何いってんのこの人…。」

姉「ほっとけ、何時もの事なんだし。」

男「くそ、姉と妹がいながらキャッキャウフフが出来ないなんて、絶対におかしいぞ!」

姉「お前は姉と妹に何をもとめてやがんだ…?」

男「エロい事。」

姉「お前が弟なのが私の人生の最大の汚点だな」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:29:28.11 ID:3tPc9oj60
男「いーじゃんよ。混浴したりちゅっちゅしてもよー。減るもんじゃなしー!」

姉「減る減らないの問題じゃねーんだよ!」

妹「そうそう、きょうだいでそういうのって、変だよ?」

男「二次の世界じゃ普通にあるんだよ、俺はそれを現実にしたいんだよ!」

姉「お前の下らん野望で私達を汚そうとするんじゃねーよ。」

男「どうせそのうち誰かに汚されるくせにー。」

姉「お前本当にぶん殴るぞ?」

男「あ、そのまま締め技でお願いします。胸が後頭部にあたるように。」

妹「やだ…この人。」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:33:44.43 ID:3tPc9oj60
男「ふむ。ならどうすればちゅっちゅしたりしてれるんだ?」

姉「輪廻転生してきたら考えてやるよ。」

妹「むしろ、そのまま地獄にとどまってもいいよ!」

男「それが家族に対する言葉か!?お前ら常軌を逸してるよ!」

姉「てめぇ今すぐ鏡みてこいや!」

男「…ふむ、美男子しかうつってないな。」

妹「お兄ちゃんはきっと幸せになれるね、色々な意味で。」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:38:23.76 ID:3tPc9oj60
男「ああ、俺はなんて不幸なんだ。姉にも妹にも疎まれて…。」

姉「いや、お前自分の言動振り返ってみろよ。」

男「おっぱいもませてくれっていってもダメ!」

男「添い寝も、キスも、ハグもダメ!」

男「これのどこに家族愛があるというのか!俺はアメリカに生まれたかった!」

姉「いや、アメリカもハグとキスくらいだからな?」

男「なら今すぐ欧米風の家族愛をー!」

妹「ここ日本だよー。」

男「だからわざわざ風をつけているんだよ!さあ!」

姉「いや、だったら実際にハグとかする必要なくね?」

男「それは屁理屈ってもんだろ…。」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:43:37.49 ID:3tPc9oj60
男「ああ、もう俺は気が狂いそうだ。」

男「姉も妹おれを愛してはくれやしない!」

男「ああ、愛は何処に!」

姉「お前が愛を語るとかマザーテレサに失礼だぞ。」

妹「もう愛とか捨てちゃえばー?」

男「いや、おれは愛にくるしみ、愛に生きる!」

男「愛されなくても、それは愛情の裏返しだと分かっている!」

男「俺も愛してるぞ、ふたりとも!」

姉「馬鹿言え。」

妹「うん、別に愛してないよ。」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:47:46.85 ID:3tPc9oj60
男「そこまでいうか…、純情な青年の心を踏みにじりやがって。」

姉「何をいいやがる。煩悩の塊じゃねーか。」

男「煩悩は大事だぞ。煩悩がなければ人間は死んでしまう。」

姉「いや、確かにストレスは溜まるかもしれないが。」

男「オナ禁だとか、そういう煩悩の否定は男のすることじゃないと想うんだ。」

妹「否定してるんじゃなくてただガマンしてるだけなんだけどね。」

男「俺は毎日3発発射してるというのに。」

姉「多すぎんだよ!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:51:18.85 ID:3tPc9oj60
姉「あー、つーか。上せそうだ。ちょっと出るからお前らどけ。」

男「背中拭こうか?」

姉「死ね」

妹「背中拭こうか?」

姉「ああ、頼むよ。」

男「同性であることを考慮してもこの差は酷すぎる!」

姉「てめーの言動振り返れよ!」

男「清く正しいことばっか言ってるな。」

妹「その自身がすっごく羨ましいなー。」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:55:59.97 ID:3tPc9oj60
姉「ふう。とりあえず、男はもっと言動を慎め。」

男「服きちまったー、でも風呂上りのいい臭いだ!」 クンカクンカ

姉「嗅んでくんじゃねー!」

妹「あ、ほんとだ。」 スンスン

姉「シャンプーを変えてみたんだ。」

男「もう何なんだよこの差ー!ありえねーよ!」

姉「だからありえねーのはお前の方だっつの。」

男「俺は物心ついたころから二人を愛してきたっていうのに。」

姉「人生初痴漢が弟って結構キツいんだよな。じゃれつきとかじゃなくてガチで尻もまれたし。」

男「最高な揉み心地だったわ。」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 22:59:33.46 ID:3tPc9oj60
男「じゃあ、どうすればいいんだよ!どうすれば愛してくれんだよお!」

姉「そもそもそれを止めろというに。」

姉「その過激な発言をやめれば、少なくとも家族として愛してやらねーでもねーぞ。」

妹「うんうん。普通のお兄ちゃんになったら大好きになるよ!」

男「そしたら近親相姦もおーけーか!」

姉「だめだコイツ。」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:04:50.55 ID:3tPc9oj60
男「なーんで!きょーだいでって興奮するじゃねーか!」

姉「そもそも、そういう興奮をもとめてねーからな?」

男「なんて姉だ。ここまで頭が悪いとは。」

姉「腐りかけてるテメーに言われたくねー!」

男「禁断の花園に踏み込んでの行為。それはパラダイス。そしてエクスタシー!」

妹「そんなに禁断がいいなら、男の人とすればいいじゃない。」

男「あ、そっちの趣味ないんで。BLとかひくわ…。」

妹(どうしよう、納得がいかない…)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:09:54.58 ID:3tPc9oj60
男「ああ、ここまで話のわからん姉妹だとは。」

男「頭が痛くなってくるな……。」

男「もういい、俺は部屋へ戻る!こんな分からず屋と一緒にいられるか!」

姉「あ、おい!弟!」

妹「あーあ、行っちゃった。」

姉「どうするも何も、放っときゃいいんだよ。」

妹「だよねぇ。」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:12:52.97 ID:3tPc9oj60
男「なんてヤツらだ。話にならん。」

男「ロマンを解さない女ほど会話が成立しない人間はいないな。」

男「まったく。困った姉妹だぜ。」


男「姉貴…姉貴…」 シコシコ

男「妹…妹…」 シコシコ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:16:36.19 ID:3tPc9oj60
男「フフフ、今日も3回抜いてしまったか。ノルマ達成だな。」

男「しかし、あたらしいオカズがほしい!」

男「一度でもいいから、どちらかを抱いてみたい。そしてその記憶をオカズにしたい!」

男「妄想はもう飽きた。下着は脱ぎたてを持ってきたが、これは被る用だし。」

男「こうなったら、夜這いをかけるしか道は残されていない!」

男「妹は流石にまずいから、姉貴を襲ってやるぞ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:21:46.30 ID:3tPc9oj60
男「……みな寝静まったか。」

男「よし、轡はもった。手錠ももった。」

男「あれからみっちりイメージトレーニングした。」

男「完璧だ。綻び様のない作戦が出来上がったぞ…!」

男「寝ている姉貴を拘束してから起こし、レイプする!」

男「完璧すぎる!もはや完全犯罪!」

男「というわけで、さっそく実行にうつさないとな!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:26:27.50 ID:3tPc9oj60
男「…一応、妹が起きていないかしらべねば。」 ソーッ

男「どれどれ…」

クチュッ…、チュクッ…、アァンッ…

男「………」

男「………ふぅ。」

男「って、違う!妹のオナニーでオナニーしてる場合じゃない!」

男「というかコイツはこんな時間になにやってんだ、けしからん。」

男「と、とりあえず写メにとってっと。」 ピロリン♪

男「よし、気づいてない。ムービーも撮っておこう。」

アァンッ…、ァ…、ヒャァアン!

男「……ふぅ。あっちもこっちもフィニッシュだ。」

男「この写メとムービーは後日にでも使うとして、さあ姉貴のところへ!」 ダッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:31:11.56 ID:3tPc9oj60
男「さて、姉貴はーっと…。へっへっへ、寝てやがるぜー。」

男「これから汚されるとも知らずに幸せそうに寝て…。」

男「興奮するじゃないか!イエス!イエース!」

姉「んっ…むにゃむにゃ…」

男「…やば。隠密隠密。拙者は忍ー。」

男「さて、とりあえず起こさないように手錠を…」 ガチャガチャ

男「難易度高そうだけど、俺ならできる。ヤればデキる子なんだ、俺は!」

男「……よし、何とかできたぞ。次は轡だ。大声出されたら親父がすっとんでくるからな。」 シュルル ギュッ


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:33:40.06 ID:3tPc9oj60
姉「……んっ!?」

男「あれ、起きたかい。姉貴。」

姉「んー!んー!」

男「いやぁ、姉貴が俺の熱弁を全然きかないからさ。」

男「これはいかんな、と。身体でわかってもらうしかないな、と。」

男「というわけで、背徳の近親相姦レイプしに来ました!」

姉「んぐー!むー!」

男「何行ってるか分からないし、肯定ととるわ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:39:07.71 ID:3tPc9oj60
男「おー、姉貴のおっぱい、パジャマ越しでもやわらけー。」

男「つか、姉貴って基本パジャマの下はノーブラなんだな。」

男「やべー、すげぇ興奮する!」

姉「んっ…ふう……」

男「轡で吐息がくぐもっていいカンジだ!」

男「それじゃ、ボタンを外してっと……。」 ブチブチブチ

男「生おっぱいとご対面だ!やべえ、いい乳してんじゃんかー。」

姉(や、やめて、くれ……!)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:42:21.38 ID:3tPc9oj60
男「ちゅ…、レロ…、じゅる…」

姉(ふぁ…、弟が私のおっぱいを吸ってやがる…!)

姉(舌と唾液の温度が気持ち悪ィ…!)

姉(くそ…、頭が回らねぇ、変なかんじだ…)

男「姉貴ー、気持ちい…はい、肯定ねー。ちゃっちゃと下にいっちゃうな。」

姉(ふざ、っけんな!)

男「ほらほら、足バタバタさせない。…ロープでこっちも縛るべきだったか。」

男「いや、それじゃ足が開けないからヤり辛くなるか。」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:46:16.90 ID:3tPc9oj60
男「はーい。じゃあ下着脱がせるぞー?」

姉(ふざけんな!やめろ、てめえ!)

男「おっとぉ!なんとピンクの無地!かわうぃーねー!」

男「……やべぇ、すげえ興奮する。…お、毛がついてる。」 ペロ

男「…飲み込みづらい。…元の場所に返すか。」 ペロ

姉「……っ!」

姉(くそ…!なめがやった!一番敏感な場所を…!)

男「やべー!姉貴の下の口とベロチューしちまった!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:49:44.11 ID:3tPc9oj60
姉(ああ…、すげー……、獣みたいに舐めてやがる…)

姉(やめてくれ…、勝手に濡れてきちまってるじゃねーか…)

男「姉貴の蜜うめー、もっと舐めてやれ!」

姉(やだよ…、もうやめて…)

男「姉貴ー、気持ちいい?感じてる?」

姉(考えないようにしてんだから、聞くんじゃね…え!) ビクビク

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:52:32.49 ID:3tPc9oj60
男「そろそろびしょ濡れかな」

男「指で確かめてみようか。」 クチュクチュ

姉(ばかっ…!指、はっ…!)

男「ほうほう、いいカンジですなぁ。これなら痛くなさそうだ。」

男「クリちゃんもいいかんじだし。そろそろかな…?」

姉(このままじゃ、男に初めて奪われちまう…!)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 23:58:13.39 ID:3tPc9oj60 [28/28]
男「さて、ではこれからが儀式だ。俺の童貞を!姉に捧げるという、神聖な儀式を!」

姉(──もう、ダメだ…)

男「じゃ、入れるぞー。」 ズブ…、ヌプ…、グイッ

姉(ひゃぁ…、入っ…て、きやがった…ぁ…!)

姉(中が、埋まってるみてーだ…、熱くて、いてぇ…!)

男「うひょー、姉貴の中暖けェ!動くぞ、動いちゃうぞ!」 グイッ、

姉「~~~~ッ!!」

男「さて、ちょっと轡はずいてやるか…」 シュルル

姉「ぷは…、て、てめ…!こんなことしてただで済むと……ひゃぁあんっ!?」

男「ごめん、きこえなーい!喘がれてもわからないわー。」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:02:13.36 ID:ej+ICZhn0 [1/34]
姉「だから、犯、罪だぞ…、これェ…!」

男「姉貴が黙っててくれればいいだけじゃーん。」

姉「は、はぁ…っ!?」

男「黙っててくれるよな。それとも、弟に犯されたってバレて今後どうするの?」

姉「そ、それ、は…あぁんっ…」

男「姉貴が自殺するタマとも思えないしー、ここは黙っておくのが一番平和じゃね?」

男「そんでもって、これから楽しい背徳性活を楽しもうじゃんか。」

姉「ふざ、けん……なァ…」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:04:09.76 ID:ej+ICZhn0 [2/34]
男「しらねーよん。バレてから近所とかで噂になったら。」

男「俺は捕まるだけだけどさー。」

男「後ろ指さされるのって姉貴たちだよな。特に妹。」

姉「!!」

男「だからー、だまってようぜ?家族のためにも!」

姉「…わ、わか…った。」

男「よろしい。なら、もっと楽しもうか!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:07:09.31 ID:ej+ICZhn0 [3/34]
姉「そ、その代わり…!妹には手をだすんじゃね…え」

姉「私が、いくらでも相手するから…!」

男「あー、はいはい。わかった、わかった。」

男「じゃ、今日は飽きるまでいこうか?」 グイグイ

姉「あっ…!ひゃぁ…、だ、だめ…!はげしっ…!」

男「なあ、姉貴!きもちいい?最高?もっとして欲しい?」

姉「………う、うん、気持ちい…!もっと、くれ…!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:09:46.84 ID:ej+ICZhn0 [4/34]
男「ほしがりだなー。」

男「それに、人の脅迫にあっさりのったりして。」

男「ホント都合よすぎるわ。一番ヤりやすいタイプ。」

男「しかもすげー気持ちいいし!」

姉(くそ、くそ、くそ!)

姉(くやしい、くやしい!)

姉(コイツは悪魔だ、そして最悪な男だ!)

姉(何より、感じてる自分が一番最低だ!)

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:12:18.62 ID:ej+ICZhn0 [5/34]
姉「ひゃ、…あぁんっ…、男ォ、もっと、もっとォ!」

姉(こんなヤツに媚を売らなきゃいけないなんて!)

姉(ちきしょう、ちきしょう!)

姉「もっと、私を、突いてくれェ…!」

姉(言いたくも無い言葉なのに、半分本音になっちまってる!)

姉(けど、妹のためなんだ、私がガマンすればいいんだ!)

姉(せめて、ブッ壊れちまえばどんなにラクか…!)





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:17:05.46 ID:ej+ICZhn0 [6/34]
男「あぁ…!もう出る…っ!イク…!」

姉「わ、私も…!イ、ク!…イっちまう!」

姉(これさえ終われば、もう諦めつくよな…?)

姉(……一回でも、イっちまえばもう後はツラくないよな?)

姉(辛くても辛くても、我慢すれば妹は助かるんだよな…?)

姉(もし、そうなら……)

姉「はやく!…私の中で、いっぱい、…濃いのくれ…!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:20:04.80 ID:ej+ICZhn0 [7/34]
男「も~、エロくて仕方のない姉なんだから、姉貴は。」

男「それじゃっ、た~っぷり出してやるよ!」

姉(あぁ…っ!ナカで出てる……私も、…ダメェェエ!) ビクッ、ビクビクビクー!

姉「は、…はぁ…、ハァ…」

姉「ほら、掃除、してやるから…、来いよ。」

姉(どうせ、望むにきまってんだ。なら、こっちからやってやりゃぁいい。)

姉「はむっ…、ちゅっ…、じゅるっ…」

姉(何が何でも、ご機嫌をとって、妹に手を出させないようにしねぇと…)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:23:50.09 ID:ej+ICZhn0 [8/34]
姉「ほ、ほら…。もっとヤるんだろ…、好きなだけこいよ…。」

姉「寝かせるヒマもないくらいにシたっていいんだ……。」

姉(わからねえんだけどな、妹ためなのか、自分の性欲なのかは)

男「しかたないなー、じゃ、望み通りにしてやるよ!」




翌日

姉「…気分わりぃ、…腰いてぇ。」

姉「うわ、昨日の精液まだついてるよ…。」

姉「……今夜は男の部屋で、か。」

姉「…はは、考えるだけで濡れてるよ。一日ですっかり飼い慣らされたもんだ。」

姉「……それでも、私は。」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:27:09.22 ID:ej+ICZhn0 [9/34]
-昼すぎ-

男「で、これは何かな?」

妹「そ、それは……!」

男「オナニーなんかしちまって。イケない妹だな。」

男「そんなに足りないなら、俺がシてやんのに。」

妹「何いってんの!?そんなの撮るなんて、最低!」

男「おっとぉ、いいのか。そんなこといって。」

男「ネットにばら撒くぞ?お前の学校のBBSとかに。」

妹「…!そ、それだけは……。」

男「それじゃ、お兄ちゃんのいう事きけるよな?」

妹「……」 コクリ

男「いい子だ。たっぷり、可愛がってやるからな?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:31:04.29 ID:ej+ICZhn0 [10/34]
男「おぉ~、妹の口のなか気持ちいいわ…」

妹「はむ…、んっ…、じゅ…」

妹(お、男の人の…それもおにいちゃんのおチンチン…咥えちゃった…。)

妹(今は家にふたりだけだし…、どうしよう…)

男「こら、口元がお留守ですよーっと!」 ガバッ グイッ

妹「もごっ…、んっ、んー!」

男「やべー、イラマチオいいわ!あれ、イマラチオだっけ?まあ、いいか!良さには変わりないし!」

男「おらっ、もっと舌つかえ!」

妹(しょっぱいよ…、先のほうから何か出てきてる…。)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:35:23.56 ID:ej+ICZhn0 [11/34]
妹(おちんちんで舌が熱いよぉ…)

妹(でも、ちゃんとしないと…、アレが皆に見られたら…!)

俺「あー、やばいな。想った以上に気持ちいいわ…。」

俺「あっ、やべ…、でるっ…くあぁっ!」

妹「!?」

妹(く、臭い!あとすごく変な味!はやく!はやく口からだしてえ!)

俺「ほらほら、ちゃんと飲めよ~?」

妹(…んんっ。の、喉に張り付いて気持ち悪い…飲みたくない…)

俺「本当に飲んだよ、コイツまじで淫乱だな。」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:38:37.01 ID:ej+ICZhn0 [12/34]
>>96
あ。俺になってら…。
俺じゃなくて男な!


妹「ぷはっ、けほっ、けほっ、けほっ…。」

男「あー、顔射のがよかったかもしれん。」

男「そしたら視覚的にも楽しめたし。飲ませることもできたし。」

男「でも、目にはいっちゃ痛いよなー。」

妹(…なんでそこは気遣うの…?」

男「でも、おまんこなら痛くないから、大丈夫だな?」

妹「……!」

妹「は、…はい。」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:41:25.76 ID:ej+ICZhn0 [13/34]
妹「それじゃ、…入れるよ?」

男「ああ、ゆっくり腰を落としてくるんだ。」

妹「…んっ…あ、…あぁあ・・っ!」

妹(入ってきてる…、ナカが抉れてるみたい…!)

妹(お兄ちゃんに、初めてとられちゃった……)

男「ほら、妹?お兄ちゃんが下から突いてあげるから、動きなさい?」

妹「は、…はい。」

妹(すご…、お兄ちゃんが動くたびに、ビクビク、するぅ…!)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:45:22.58 ID:ej+ICZhn0 [14/34]
妹(やばい…、頭がボーっとするぅ…!)

男「あー、妹まんこやべー…。」

男「おっぱいの方はどうかな?」

妹「ひゃぁんっ!?お、お兄ちゃん……っ、だめっ…!」

男「そうか、妹は乳首が弱いのかあ!」

妹「あ、ひゃ…、だめ、いじ、くちゃァ…!」

男「あははは、この痴女め。もっと乱れろや。」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:49:28.47 ID:ej+ICZhn0 [15/34]
妹(だめっ、気持ちいい…っ…)

妹(オナニーと全然ちがう……!)

妹(私、…イっちゃうよぉ……!)

男「おっ、…根元の袋から何かきそうだ…!」

妹「!?」

男「妹ー、出すぞ?出しちゃうぞ?」

妹「うん!きて、出して!お願い!」

妹「あ、は…、ひゃぁああんッ!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:51:10.98 ID:ej+ICZhn0 [16/34]
男「妹?誰にも言わないでやるから、またしような?」

妹「……うん。」

妹(また…?)

妹(また、気持ちよくなれる……?)

妹(………。)

男(さて、姉貴戦に備えてマムシドリンクでも飲むか。)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:53:48.71 ID:ej+ICZhn0 [17/34]
姉「はぁんっ、男!いい、いいぞ…、最高…だ!」

俺「だしょー?」


妹「お兄ちゃん、もっときて!いっぱい突いて!」

俺「ああ、好きなだけしてやるよ。」




姉妹「最初は、やむを得ず従っていた私達も、求められ、応じていく間に…」

姉妹「完全に彼に堕ちていってしまいました。」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 00:56:41.14 ID:ej+ICZhn0 [18/34]
姉「弟…、その、ローター、新しいの買ったんだ。だからその…使って?」

男「仕方が無いなぁ。姉貴は本当にエロいな?」

姉「お前の奴隷だからな…、その、用意したご褒美に、キスしてくれよ?」

男「甘えん坊だな、姉貴は…。ほらよ。・・・んっ。」

姉(あぁ…、幸せだ・・・。妹も守れて、私は愉しめて…、最高だ…)

男(…あれから2ヶ月。妹に手を出したのがばれるとまずいが、3Pしてぇな。)

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:00:40.69 ID:ej+ICZhn0 [19/34]
>>109
ほら。結構gdってるし。

男「妹ー、首輪と手錠かってきたぞー。」

妹「お兄ちゃん、私のために!?」

男「ああ、妹ためだぞ?」

妹「わーい!お兄ちゃん大好き!…お礼に、お口でしてあげるね?」

妹「はむ…、ちゅ…んっ、れろ…」

男(うーん。業界に叩きうるのもありか?)

男「なあ、妹?お前まだ彼氏はつくらねえの?」

妹「えー?お兄ちゃん意外とエッチしたくなぁい。」

男(まあ、そうなるか。)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:04:06.26 ID:ej+ICZhn0 [20/34]
男「…ふう。」

男「とりあえず、3P試してみっか。」

男「『今日も俺の部屋』で、二人に送信っと。」

男「さて、…今日は俺の小規模なハーレムだ。」

男「…前準備しないとな…」 シコシコ

男「うぅっ…!」 ドピュッ

男「……うん。やっぱ自家発電には自家発電の風情がある。」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:06:48.80 ID:ej+ICZhn0 [21/34]


男「というわけで、3Pをしようと想うんだ。」

姉(妹に手をだしていたのか…。)

姉(でも、ここで怒ったらもうエッチしてくれなくなる…。)

妹(お姉ちゃんもだったんだ…)

妹(お兄ちゃん、節操ないなあ。)

姉(けど、まあ。私の方を男は好きなはずだぜ。)

妹(お兄ちゃんが好きなのは私だよね。)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:09:28.01 ID:ej+ICZhn0 [22/34]
男「さ…始めようか?」

姉「ああ…、ほら妹。一緒にフェラしてやろうか。」

妹「う、うん!」

妹(私のテクのが上だってみせてあげないと。)

姉「ちゅ…、れろ…、んっ…」

妹「れろ…、んふ…じゅる…」

俺(やべぇ…、同時だとありえんほど気持ちいいわ!)

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:13:01.06 ID:ej+ICZhn0 [23/34]
男「んっ…、二人とも、いい、いいぞー。」

姉「ふふ、妹…、そっちは任せたぜ…。」

姉「ほら、男…ん…」

男「姉貴はほんとにキスが好きだな…ん。」

妹(もおおお!なによー!いちゃいちゃしてえ!!)

妹(こうなったら、意地でも私の口でイかせるもん!)あむっ…

男「んっ…」

男(いいカンジに対抗しあってるな…)

男(かわいいヤツらめ、俺の奴隷にピッタリだぜ!)

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:17:01.82 ID:ej+ICZhn0 [24/34]
姉(男の唇、最高だ…、唾液もっとくれ…!)

妹(お兄ちゃんのおちんちん、おいしい…。はやく濃いの出して…)

男(最高だ…、二人とも俺のために頑張ってくれてる!)

姉「…はぁん。…、もう、ガマンできないな。」

妹「んっ、もーお?はやくない?」

姉「うるせー、妹もほしいんだろうが?」

妹「うん!」

男「あ?」

姉妹「ほら、姉妹丼!」

男「いただきます!」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:19:52.91 ID:ej+ICZhn0 [25/34]
男(おぉー!これぞ3Pの醍醐味!)

男(騎乗位と顔面騎乗を想定していたがこうくるか!)

男「くっ~・・・、すげーいいよ、ふたりとも!」

妹「そう?よかったァ!ひゃぁんっ、もっと激しく擦ってよぉ!」

姉「んっ、…、はぁん…、そうだぜ?まだ、たりねーぞ…。」

男「わかってますって!」

姉(あぁっ、すごくいい…!)

妹(しあわせェ…)



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:23:01.17 ID:ej+ICZhn0 [26/34]
男「ハァ、ハァ…!」

男「やべ、もうそろそろイく…!」

姉「もう、かよ…!早漏なところは可愛いな…、いいぜ…こい!」

妹「わたしたちに、たっぷりかけて・・・ぇ」

男「応…っ! く、 あ、…、くぁああっ!」

ビュルルル! ビュクッ! ビュー!!

姉「ふわああああんっ!」

妹「きゃぁあんんっ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:26:21.79 ID:ej+ICZhn0 [27/34]
男「はあ、はあ…。ちょっとタンマ、息もたねえ…。」

姉「あれだけ激しく動きゃァな?」

妹「わたしも、つかれたァ…」

男「はは、はは…。ちょっとお茶飲んでくるわ。」



姉「…妹。いっとくけど、正妻は私だぜ。」

妹「えー!わたしだよお!」

姉「私の方が愛されてんだよ!」

妹「わーたーしー!」

姉「こ、こうなったら!明日どっちが男を満足させれるか勝負だ!」

妹「望むところだー!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:29:36.68 ID:ej+ICZhn0 [28/34]
男「あー、ヤれるのはいいけど。」

男「体もたねえわ…」 グビグビ ゴクン

男「ふぅー。今日は三人で添い寝するかね。」

男「明日からまた忙しくなりそうだし。」



数ヵ月後。

姉「弟!妊娠しちまった。」

妹「わ、私も…!」

男「本当か?…それはそれは。」

ピロピロリン

男「お、メールだ。」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:33:07.74 ID:ej+ICZhn0 [29/34]
男「ふむふむ。」

男「了解、っと。」

姉「どうしたんだよ?」

男「ちょっとな。」

男「俺、出かけてくるから…、子供の事は後でな!」

男「ちゃんと、男女でニパターン名前考えとけよ!」

男「子供と暮らすためにわざわざ家出たんだからな。」

男(いや、実際はバレて追い出されたんだけど。)

男(まあ、口外しないって言ってたし。大丈夫だろうな。)

男「それじゃあ、いってくるぜ。」

姉妹「いってらっしゃーい。」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/22(木) 01:35:33.56 ID:ej+ICZhn0 [30/34]
男「…さて、どこかなーと。」

男「お、いたいた…、あの~、すいません!」

姉友「!!…お、男くん?」

男「約束どおり、きましたよー。」

姉友「あ、ありがと…。それで、あのことは…」

男「はい。姉友さんがバイト先の店長と不倫してる事は誰にもいってませんよ。」

男「俺も、たまたまホテルにいくのを見ただけですし。」

男「安心して下さい、誰にもいいませんから。」

男「俺のいう事を聞いてくれるなら、ね。」




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。