FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律「およそ五十センチメートルの距離」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 14:54:54.99 ID:Y82RNiKH0 [1/77]
彼女の顔を見た時、稲妻が体を駆け巡った。

幼いながらも私は、彼女を好きになってしまったのだ、と理解した。

彼女の笑顔を見てみたい、と思って、彼女に近づいた。以来、私は彼女に話しかけるようになった。

彼女の笑顔を見たのは、私が髪型をパイナップルの形にした時だ。くすくすという笑い声が聞こえ、彼女の方を見やると、綺麗な笑みを浮かべていた。

その笑顔を見た私は、彼女への恋心を、より一層意識するようになった。

でも、私が彼女に告白したら、彼女はきっと困惑してしまう。笑顔を見せてくれなくなるかもしれない。

それが怖くて、私は未だ、告白できずにいる。

十年ほど経った今も、彼女には言っていない。

私、田井中律は澪に恋をしている――ということを。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 14:57:57.49 ID:Y82RNiKH0 [2/77]
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
朝起きてご飯を食べて歯を磨いて顔を洗って、そうして一日が始まる。

澪が家のチャイムを鳴らし、私は外に出る。いつもそうだった。澪が田井中家に来て、私と共に学校に行くのだ。知り合ったころからの慣習。

ほら、律、早く行こう――澪の言葉に私は頷く。ああ、わかった、トイレ行くからちょっと待ってて。

お手洗いを済ませ、鞄を持って再び外に。

律「じゃ、行こうか」

返事を聞かず、私は澪の先を歩く。後ろから澪の足音。そういえば、いつもこんな感じで二人歩いていた。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:00:41.59 ID:Y82RNiKH0
今日に限って私は、気付いてしまった。

一歩離れた距離が、私と澪に間にある。一緒に学校に行くときも、帰るときも。微妙な距離が存在している。

――ちょうど、私たちの関係みたいに。

そこまで考えて、気分が落ち込む。朝からネガティブになるのは止そう。頭をぶんぶんと振って、邪念を払う。

澪「何してるんだ? 律」

律「え、あー、いや。ただの考え事だよ」

澪「考え事?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:03:31.47 ID:Y82RNiKH0
律「あれだ、今日のムギのおやつは何なんだろうな、ってこと」

とっさに嘘をついた。私と澪の距離感について思索していた、なんて言うべきではないと思ったのだ。

まったく律らしいな、という声が聞こえた。

私らしい――とはどういうことなのだろう。

澪にとって私は、普段からムギのおやつにしか興味の無い人間、くらいの認識でしかないのだろうか。

ああ、また変なことを考えている。朝から暗くなっちゃいけない。

そう思い、私は気を紛らわすべく空を見た。

快晴。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:06:36.05 ID:Y82RNiKH0
学校に着く。靴を替えて教室へ。和と唯とムギはもう来ていた。

唯「あ、りっちゃんおはよー」

律「ああ、お早う」

私たちも唯たちに交じって、会話する。この中では唯と話をすることが多い。その次に澪。

一方澪は、和と話すことが多い。

澪と私が会話するときは、たいていが澪に突っ込みを入れられるときだ。

別に、和に嫉妬とか後ろ暗い感情を抱いているわけではない。

それでもやはり、むなしい。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:09:20.53 ID:Y82RNiKH0
本音を言えば、澪と一緒でおしゃべりしていたい。

澪とだけ会話しつづけたい。

和ではなく私を選んでほしい。

でもそれは、ただの我がままだ。独占欲が強すぎる。

こんなことを澪に言ったら、私と澪の関係は壊れてしまうだろう。

唯「それでね、りっちゃん――」

だから私は唯の話を、いつものように聴き続けることにした。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:11:50.15 ID:Y82RNiKH0
授業時間を寝て過ごし、やがて放課後になる。

澪は掃除で唯は日直の仕事。私はムギと二人で音楽室に向かう。

歩いている途中会話はない。気まずさを覚え、私は早足になっていく。

紬「りっちゃん、今日調子悪いの?」

歩幅が縮む。

律「え、そうかなー? そう見える?」

紬「うん。府抜けちゃってる、感じ」

律「……そっか」

紬「あ、変な意味じゃないのよ? 気分悪くしちゃったらごめんね?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:14:31.40 ID:Y82RNiKH0
律「いや、大丈夫。心配しなくていいよ、ムギ」

ぴたり、とそんな音がするかのように会話が途切れる。

そういえば、夏休みの時はムギと、もっと話をしていたような気がする。

今日の私はそのときより無口だから、ムギが『調子悪いの?』と訊いてきたのだろうか。

そんな考えをしているうちに、音楽室の前まで来てしまっていた。

部室にはもう梓がいた。

ムギはお茶の準備に行く。梓と二人。なぜか、落ち着かない。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:18:06.42 ID:Y82RNiKH0
梓「唯先輩と澪先輩はどうしたんですか?」

と、梓が話を振ってきたことに若干驚く。

律「日直と掃除」

梓「ああ、そうですか」

律「うん」

梓「………………」

律「………………」

梓「律先輩、今日は静かですね」

律「え、いつもこんな感じじゃないか?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:20:07.69 ID:Y82RNiKH0
梓「いえ、いつもはなんか、もっとはっちゃけているっていうか」

律「そうかなー」

梓「はい」

律「………………」

梓「………………」

律「…………あの」

梓「……やっぱり、いつもより静かです」

確信を持って指摘された。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:22:37.71 ID:Y82RNiKH0
律「ちょ、ちょっと考え事してただけだよ」

下手な嘘。

梓「なんか、調子悪いんですか? 最近風邪流行っているみたいですし、ああ、そういえば純も風邪ひいているんですよ」

ムギと同じ質問――。

私はやはり、調子が悪いのかもしれない。テンションもなんか、いつもより低いのが自覚できる。風邪は……ひいているっていう自覚はない。

私は平静を装った。

律「はは、大丈夫だって。そういう梓はいつもより優しいじゃんか、なんかいいことあったの?」

いつもの私を意識して。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:25:22.66 ID:Y82RNiKH0
梓「なんか、心配して損しました」

律「どういうことだそれー!」

ムギに続き梓にまで心配されるとは、と軽い罪悪感を覚える。今日の私は、変なのか?

数分して、唯と澪が来た。

ムギがお茶とお菓子を持ってくる。唯が歓喜して、澪が美味しそうだな、と漏らす

私たちは定位置に座って、ケーキを囲う。

いつもと同じ、なのに私は心のどこかで、空虚さを感じていた。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:28:29.30 ID:Y82RNiKH0
食べ終わったら雑談して、ちょっと楽器に触って、部活が終わると解散して、校舎を出て、途中まで五人一緒に帰って、唯と梓とムギが別方向に行って……。

今日の朝と同じように、澪と二人っきりになった。

私が一歩くらい進んだところを歩いていて、澪がその後ろを歩く。

距離感。

明確な差。歩幅にして一歩分。

気にしてしまうと、ずっと忘れられない。

つと、澪が言葉を発した。

澪「……今日は、律、いつもと違ったな」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:31:30.02 ID:Y82RNiKH0
律「……マジか」

似た質問を二人からされて、澪にまで訊かれた。これはもう、私はいつもと違うということを認めざるを得ない。

澪「うん。言っていいのか分からないけど、なんというか、暗かった」

律「暗かった、か」

距離感。私と澪の間には距離がある。幼馴染なのに――幼馴染だからこそ、澪との距離を感じる。

……前から、何となくわかっていた。距離感があるなんて、知っていたのだ。

今日になって意識し始めた、というだけにすぎない。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:33:34.38 ID:Y82RNiKH0
澪「お、おい、律?」

律「え?」

知らぬうちに、立ち止まっていたらしい。

律「悪い悪い、考え事だよ」

澪「……律、なんか悩んでることあるのか?」

数秒の間をおいて、答える。

律「別に、ないな」

笑顔を作った。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:36:47.71 ID:Y82RNiKH0
歩いている最中、また、一歩澪より先に進んでしまう。

一歩分の距離――およそ五十センチメートルの距離は、短いようで長すぎる。

澪と十年近く一緒にいるのに、未だ、その距離を縮められないのだから。

時を経るごとに、距離を縮めるのが恐くなる。

それまで積み上げてきた澪との関係を、壊してしまいそうだから。

幼馴染だからこそ、私は澪に近づくことを、躊躇してしまうのだ。

幼馴染だからこそ、私は澪に、恋をしているというのに。

空を仰ぐ。そうしたら、何もかも忘れられそうな気がして。

けれど、夕暮れの空は、私を憂欝にさせるだけだった。

私のため息が空に消えた。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:39:16.80 ID:Y82RNiKH0
家に帰ると、聡に、洗濯物をちゃんとまとめておいてくれと言われた。はいはい、と生返事をしながら、私は自室に戻る。

ベッドの上に鞄を放り、私はイスに座った。机の引き出しを開けて、それを取りだす。

中学生のころ書いた、澪へのラブレター。去年の年の瀬、部屋の掃除をしているときに出てきたものだ。

律「澪大好きだよ…………なんて、な」

ラブレターには、たくさんのハートのシールが貼られている。

これを書いているときは、告白する気満々だったはずだ。でも、渡すのに勇気が出なくて、結局今も、こうして我が家に残っている。

思わず、苦笑してしまう。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:41:24.99 ID:Y82RNiKH0
勇気が出ないなんて律らしくないな、と澪なら言うかもしれない。

私は、本当はとても臆病なのだ。澪よりも、ずっと。

ただ、みんなの前では強がっているだけだ。威勢を張っている、と言っても正しいだろう。

でも実際は臆病だから、距離を意識しただけで、口数が少なくなってしまう。その結果、みんなに心配される。

澪に近寄りたい。

澪の手を握り、澪の眼を見つめ、好きだよと言いたい。

そんな妄想を口に出したら、唯に『りっちゃんキモーい』と笑われるかもしれない。

また、苦笑いが浮かんだ。あれこれ悩むのに、私は向いていないのだろうか。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:44:14.77 ID:Y82RNiKH0
澪に告白したら、きっと彼女は戸惑った挙句にごめん、と言う。でも、これからも友達だからな、とフォローするに違いない。

そうしたら私は、澪を避けるようになるだろう。

澪と一緒にいると気まずくなるのが目に見えるから。

だから、この恋心は要らないものなのだ。私と澪の関係を壊す、核にも似た存在のものなんて。

明日は、いつも通りの私でいられるだろうか。今日みたいに暗い私ではなく、陽気な私でいられるのか――?

そんな自信、ない。

誰か他人を不安にさせるのは嫌だった。それが、ムギであれ梓であれ、誰であれ。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:46:59.35 ID:Y82RNiKH0
どうすれば、いいのだろうか。澪のことを意識せずに済むだろうか。

そう考えて、一つの結論に至る。

澪との接触の機会を減らす。それくらいしかないように思えた。

律「……ごめんな、澪」

出来ることなら、したくないのだけれども。

澪といたら、また数十センチの差を気にしてしまう。そうしたら、またムギや梓に心配をかけるかもしれない。

早いうちに、手を打っておかなければいけないのだ。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:49:53.18 ID:Y82RNiKH0
私の想いが暴走する前に。

距離をあまりに意識しすぎて、それしか目に見えなくなる前に。

椅子に背を委ねる。ぎぃ、とものさびしい音がした。

ああ、そうだ。聡のやつに洗濯物まとめておいてくれと言われていたっけ。

椅子から立ち上がる。喉も乾いた。ついでに水でも飲んでこよう。そう思い、私は階下に向かった。

ラブレターを、ゴミ箱に捨てて。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:51:50.83 ID:Y82RNiKH0
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
洗濯物をまとめる。そのあと、台所で水を一気飲みする。

聡が、今日父さんたち遅くなるみたい、と伝えてきたので、私は晩御飯を作ることにした。

二人だけで食べるご飯は少し味気ないな、と思いながらも箸を進め、ごちそうさまを言って食器を洗いに向かう。

その間に聡が風呂を沸かしてくれていた。一番風呂は私だ。

風呂上がり。バスタオルを体に巻きながら、自室に向かう。

宿題を終わらせる。その後、唯からメールが来たので適当に返信する。

そろそろ、寝ようか。私は欠伸を一つ出した。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:54:43.39 ID:Y82RNiKH0
疲れていたのかもしれない。夜になってベッドに入ると、すぐに睡魔が襲ってきた。

?「起きろー、律」

そして、その声で目が覚めた。

律「ああ……? 誰だよ、人が寝てるって言うのに」

目をこすりながら見た先には、私がいた。

律「ようやく起きた」

律「…………はぁあ?」

律「おーい、律」

よく見ると、もう一人の律は、今ここにいる私よりも背が小さい。顔つきもどことなく幼い。中学生の時の自分ほどだ。

――ああ、これは夢か。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:55:51.18 ID:Y82RNiKH0
律「起きてる? 律」

夢の中で頭をフルに使う。ひとまず、目の前の律を律Bとして、私を律Aにした。

律A「……何だよ、変な夢だな」

律B「なあ、律。本当にいいのか?」

律A「……何が?」

小さい自分に律、と呼ばれるのはなんか変な感じがした。

律B「いや、ラブレター捨てたじゃん、わりとあっさりと」

律A「……ああでもしないと、忘れられないだろ」

律B「何を?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 15:58:28.26 ID:Y82RNiKH0
律A「何をって……お前が私なら、わかるべ?」

自分は夢の中で、なに自問自答みたいなことをしているのだろうか。

律B「何を?」

律Bが笑う。いたずらっ子みたいな笑み。

律A「うるせーぞ律B!」

律B「律B?」

脳内設定は反映されないのか。不自由な夢だ。

律B「何を忘れる――忘れたいんだ?」

律A「………………」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:01:19.68 ID:Y82RNiKH0
私は眼を瞑った。

律B「ねえ、何をだよ、律」

五月蠅い夢から逃げ出したかった。

だんだんと、律Bの声が遠ざかる。

夢から覚められるのだ――。

律B「律」

その間際。

律B「忘れられるわけがない」

そんな声が聞こえた、気がした。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:03:55.60 ID:Y82RNiKH0
そして、目が覚めた。

律「――っはぁ! ………………うわ、寝汗びっしょり」

寝汗に不快感を覚えながらも、私はふう、と息を吐く。

律「へんな夢見せやがって……律Bめ」

パジャマを替えよう、と部屋の電気を付けた。壁掛け時計を見る。まだ、午前二時。余裕で寝ていられる。

ゴミ箱が視界に入る。端の方に、ラブレターが埋まっている。

何を忘れたいのか。そんなの、決まっている。

澪への想いを忘れたいのだ。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:05:43.63 ID:Y82RNiKH0
そうしたら、距離なんて気にならなくなるから。

私はそのラブレターを、ゴミ箱の奥の奥へと埋めた。

――忘れられるわけがない。

そんな声が聞こえたような、聞こえなかったような。

パジャマを替え、再び布団に潜る。

今度は、夢を見なかった。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:08:30.80 ID:Y82RNiKH0
朝起きてご飯を食べて歯を磨いて顔を洗って、そうしてまた一日が始まる。

澪と一緒に学校に行く。一歩分の距離は健在だ。気にしないように努める。

……でもやっぱり、気にしてしまう。靴二足を縦に並べたくらいの距離。

律「……あのさ、澪」

私は澪に向きなおる。

澪「どうした?」

言うのは心が締め付けられるようで、苦しい。でも、言わなかったら私は駄目になる。今でさえ、距離を気にしているのだ。

律「明日からさ、別々に学校行かないか?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:11:39.70 ID:Y82RNiKH0
私の表情はどんなんだろう。悲しんでいるだろうか。少なくとも、笑えてはいない。

澪「え、何で……?」

澪と一緒だと、また澪のことを意識して、距離を感じてしまうから。

そんなこと言えるはずもなく、私は虚言を吐こうとする。

律「あれだよ。ほら、さ」

が、とっさの嘘は浮かばない。ああ、もう、こういう時に限って……。

澪「なんか、私律に嫌なことしちゃったか……?」

律「違うんだ、そうじゃなくて……ああ、澪もさ、毎朝私を迎えに来るなんて面倒くさいだろ? 小学生のころはさ、私も寝ぼすけだったから助かったんだけどさ」

心が圧迫されているように、感じた。息苦しい。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:14:18.77 ID:Y82RNiKH0
澪の視線が痛い。

澪「べつに、私は面倒くさくはないぞ?」

律「それでも、さ。私が悪いなーって思っちゃうんだよ、私の為に毎朝来てくれるとかさ、心苦しいっていうか」

芝居がかった動作で、私は言葉を連ねた。

律「だから、明日から――いや、今から一人一人で学校に行かないか?」

澪「……帰りの時は?」

そっちは忘れていた。どう、嘘をつこう。私が必死に思索していると、澪が再び口を開いた。

澪「……わかった、別々に行こう」

私の横を通り抜ける。そして彼女は、一人学校に向かった。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:17:05.44 ID:Y82RNiKH0
一歩分以上の距離が、私と澪の間にうまれた。

私の横を通り過ぎる一瞬、澪の目に浮かんでいたあれは、涙? はは、まさか。

これでいいのだ、一歩分の距離を気にする必要はない。私は陽気なままでいられる。変な考え事をしない、私のままで。

これでいいんだ、ぜんぶ。これで澪のことを想わずにいられる。

律「…………ごめん」

誰の耳にも届かない謝罪は、頬を撫でる風に沿って、霧散していく。

私は遠回りの道を選んで、学校に向かうことにした。後ろからの足音は、ない。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:19:12.08 ID:Y82RNiKH0
学校に着いて、すぐに教室に向かう。澪はもう来ていた。

唯「珍しいね、澪ちゃんとりっちゃんが一緒に来ないなんて」

律「ああ、今日はちょっと寝坊しちゃってな」

唯「へー、遅刻しないで良かったね!」

律「ああ。そういえばさ――」

唯と談笑しながら、澪を見る。

ムギや和と喋っている澪は、楽しそうだった。

胸の奥に、形容しがたい感情が湧いてくる。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:23:04.06 ID:Y82RNiKH0
朝のホームルームが終わる。授業はすぐに始まった。

筆箱から、シャープペンを取り出す。水玉柄で、真ん中にクマの柄がプリントされているシャープペン。

これは、たしか、澪とおそろいにしようと買ったシャープペンだっけ……。

別のものを使うことにした。でも、他のも全部、澪とのつながりがあるシャープペンシルだった。仕方ないので、一番最初に取りだしたやつを使う。

授業中寝ていたら、ノートを貸してもらうことになる。私はいつも澪から借りている――今回、それは避けたかった。

かといってムギや和に借りると、澪と何かあったのか、と疑われてしまいそうだから。

私は授業をまじめに受ける必要があったのだった。休み時間の時、唯に「寝ないなんて珍しいねー」と言われるだろうな、と思った。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:25:04.48 ID:Y82RNiKH0
一時間目二時間目……と、順調に終わっていく。いつも授業中は眠っているので、今日は何だか新鮮だった。

唯「りっちゃん、居眠りしてないね」

案の定、言われる。

律「ああ、私は今日から生まれ変わることにしたんだー!」

唯「おおー、遅い!」

律「生まれ変わるのに早さは関係ないのだよ……」

唯「じゃあ私も今日から生まれ変わろうかな。よし、まずは一人で夜トイレに行けるようにする!」

律「今まで憂ちゃんと一緒に行ってたのか……?」

唯「? うん。普通じゃない?」

そんな会話をしているうちに休み時間が終わり、また、授業が始まった。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:27:39.37 ID:Y82RNiKH0
お昼休み。弁当は、唯達とではなくいちごと食べた。一人でいることの多い、物静かな女の子だ。

いちご「……何で今日は私と一緒?」

律「たまにはいいかなーって」

言いながら、弁当を開く。弁当に入れているお箸も、澪とおそろいのものなのだ、と思いだす。

いちご「……どうしたの? 箸を見つめたまま固まっちゃって」

律「え、――ああ、なんでもないよ」

いちご「……そう」

いちごと食べるご飯は、美味しかった。その反面、どこか、切なくもあった。

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:30:20.51 ID:Y82RNiKH0
放課後になった。澪は掃除、唯は昨日で日直が終わったので、私たち三人だけで部室に向かった。

部室には昨日と同じく梓がいた。

ムギがお茶の用意に消える。私は唯と、机に座ってお茶を待つ。直に梓が座り、続いて澪が入室して席に着く。最後はムギが、お菓子を持ってくる。

唯「そういえばあずにゃん、純ちゃん大丈夫なの?」

梓「え? 純? ああ、風邪なら治ったそうですよ、授業中に来たメールにそう書いてありました」

唯「よかったー、昨日憂がとても心配してたんだよ『純ちゃん風邪ひいてる心配だなあ』って」

梓「憂らしいですね」

唯「えへへ、でしょー」

梓「いや別に先輩のことを褒めているわけじゃ……」

そんな会話を耳にはさみながら、ムギの持ってきたお菓子にかじりついた。甘い。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:32:19.31 ID:Y82RNiKH0
私も何か話をしよう、と思い口を開――。

澪「あのさ、律」

それより早く、澪が切りだした。

律「……なんだ? 澪」

澪「今日、律と私、あまり会話してなくないか?」

ここで動揺してはいけない。自分に言い聞かせる。

律「ああ、そういえばそうだな」

紬「たしかに、澪ちゃんとりっちゃんがいつもみたいにはしゃいでるとこ、見ていないような……」

唯「珍しいよねー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:35:12.49 ID:Y82RNiKH0
律「あはは、偶然じゃないか? たまには、こういう日があってもさ」

澪「弁当も、一緒じゃなかったし」

律「今日は、いちごと弁当を食べる約束していたんだよ」

我ながら、急な嘘にしてはよく言えたと思う。

澪「……そうか」

瞳を伏せる澪。

しんみりとした空気が部室全体を覆って、沈黙が流れる。

水槽からするこぽこぽと云う音だけが、場違いに響いていた。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:37:34.07 ID:Y82RNiKH0
律「そ――それにしても、このごろ晴れてばっかだよな」

無理な話題転換をする。

紬「ああ、そういえばそうね」

唯「でも、土曜日くらいになると雨が降るらしいよ?」

律「休日に雨かー、タイミング悪いな」

今日は何曜日だっただろうか、と考え、ああ木曜日かと思い出す。

その後、唯がまた話を始めた。ムギがその話に興味を持って、どんどん話題が広がっていく。私もその中に加わる。

けれど、澪は黙りこくったままになった。

結局、それ以上喋ることはなかった。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:40:20.96 ID:Y82RNiKH0
六時前くらいに部活動が終わる。と、いっても大したことはしていないが。

部室を出て、更には校舎を出る。

空はうすい赤色。あと二十分もすれば、立派な夕焼けが見られるに違いない。

私たち五人はいつも通り、途中まで一緒に帰った。

ムギと唯と梓が別方向になる。

必然、私と澪が二人だけに。

澪「……じゃあな、律」

そう言い残して、澪は夕暮れの向こうに早足で駆けていく。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:42:39.10 ID:Y82RNiKH0
私に彼女を止める必要はない。その後ろ姿を、ぼんやりと眺めていることしか出来なかった。

空っ風が、私の脇を走り抜けていく。

一歩分の距離だったものが、いまはもう、どうしようもないほど広い溝となっていた。

そうしたのは私自身なのに、何故だか、澪に謝ってすべてを告白したい気持に駆られた。

一人で、歩幅を小さくしながら、私も帰る。歩幅は小さめ。

あまりにも静かで暇なので、私は物思いにふける。

――最初は、澪の笑顔が見たいだけだったのだ。

彼女が笑ったらどれだけ綺麗な顔なのだろうという、好奇心だった。

彼女はいつもうつむいていたから、私が何とかしなければ、と思った。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:46:05.14 ID:Y82RNiKH0
……考え事のはずなのに、私は澪のことしか考えられない。もっと考えるべきことがあるだろうに。地球温暖化とか、森林伐採とか。

律「私は………………」

私は、どうしても、澪のことを忘れられないようだ。

苦しい。

澪を遠ざけても苦しいし、近づけてもわずかな距離を気にしてしまう。

私はいったい、どうすればいいのだ?

律「…………くしゅっ」

……寒い。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:48:31.84 ID:Y82RNiKH0
家に帰ると、聡が変な顔をした。

聡「姉ちゃん、顔赤いよ?」

律「え、マジ?」

体温を測ってみたら、37度1分。

律「なんだ、大したことないじゃん」

聡「でも、微熱だからって安心しちゃまずいだろ……。これから上がるかもしれないんだし」

律「私は滅多に風邪ひかないんだよ。だから、熱もこれ以上上がらない!」

聡「だから、って意味が分からない。……とか言って、お姉ちゃんが一年生の時ひいてたじゃん」

律「あのときは体が子供だったんだよ」

聡「今も変わらないと思うけど」

律「もう二年もたってるんだから、私の免疫たちも成長したはず。ま、明日には治るよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:51:25.99 ID:Y82RNiKH0
翌日の金曜日。

私は学校に一人で行った。熱はまだあったが、37度1分と昨日と同じだったので、大丈夫だろうと判断したのだ。

朝のホームルームが始まるまで唯と談笑した。

授業は真面目に受けた。

昼休みの弁当は、エリたちと食べた。

その後の授業もまじめに受けて、放課後になった。

部室でお茶を飲んで、ワイワイ騒いだ。

部活を終えると帰宅。もちろん、一人で。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:53:51.22 ID:Y82RNiKH0
その金曜日。澪との会話はなかった。ただの一言も交わしていない。おはようの挨拶すらしていない。

澪との距離をとれたのだ。

喜ぶべきことのはずだ。一歩分の距離を忘れられる、良い機会だ。

なのに私は、悲しかった。

澪のことを想わずにいられなかった。忘れられるわけがない。律Bが、夢の中でそんなことを言っていたのを思い出す。

考えすぎたのか、何だか頭が熱い。そういえば、寒気もするし。ぶるる、と体を震わせると同時に、咳が出た。

律「…………ごほっ、けほっ」

鼻水まで垂れてきた。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:55:44.24 ID:Y82RNiKH0
土曜日。聡の予想通り熱が上がっていた。39度ちょうど。

聡「……ほら、やっぱり」

律「うるせー」

聡「氷枕返るよ」

律「サンキュー。あ、おかゆがほしい」

聡「俺作れないから……澪さんとかに頼んで?」

律「聡の役立たずー……げほっ」

聡「大声出すから……あ、ちょっと用事があるんだ。だからどうであれ、看病とかはお姉ちゃんの友だちにしてもらわなきゃ……」

律「姉を見捨てる気かー」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 16:58:05.75 ID:Y82RNiKH0
聡「ごめんって」

律「用事の内容教えてくれたら許してやらないこともない」

聡「補習。期末考査で、ちょっと」

律「勉強が出来ないとこも姉弟そろって同じとは……」

聡「じゃあ、氷枕替えたら行ってくるから」

律「……頑張って来いよー」

聡「姉ちゃんもね」

減らず口をたたき合いながらも、会話の内容は愛を感じさせ……るのだろうか。

とにかく、聡の代わりになる助っ人が必要なようだ。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:00:48.71 ID:Y82RNiKH0
律「……澪にどんな顔して、看病頼めるんだよ」

聡が家を出ていったあと、私は一人自室で横になりながら、呟いた

律「……ムギか和だよなあ。いや、憂ちゃんもいいかもしれない……げほっ、あー。体がだるい」

目がかすむ。昨日学校休めば良かったと、いまさらながらに後悔した。

律「とりあえず、梓と唯はないな。料理作れなさそうだし」

律「ムギは……おかゆ作ったことあるのかな。憂ちゃんに頼んだら、唯が代わりに来そうだ」

律「…………和かな」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:03:14.54 ID:Y82RNiKH0
私のアドレス帳は、五十音順で並んでいる。

[真鍋和]、を選択した――はずだった。

しかし、実際に来たのは、唯。

唯「りっちゃん、風邪引いたんだって?」

律「な、なんで唯が?」

唯「え、メール来たんだけど」

私は焦って送信履歴を見る。[平沢唯]に送信されている。どういうことだろうか、そう思い、真鍋和の上に平沢唯が並んでいるのだと思いだす。

律「…………これが憂ちゃんだったら」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:06:05.88 ID:Y82RNiKH0
唯「任せてりっちゃん! 私憂をも看病したこともあるから!」

律「……信用するぞ」

唯「あ、でも私だけでうまく作れるか不安だったから、みんなにメールしたからね」

へ、と口から変な音が漏れる。

律「みんなって、誰?」

唯「あずにゃんとムギちゃんと和ちゃんと澪ちゃん」

律「…………澪も?」

唯「? うん」

唯は私のおでこを触ってきた。これは熱いね、目玉焼きがやけちゃうくらいだよ――病人の前でそういうこと言わないでくれ、と突っ込む気力はなかった。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:08:54.92 ID:Y82RNiKH0
一番初めにムギが来た。二番目に梓。ちょっと遅れて和。

唯「和ちゃん、おかゆってどうやって作るの?」

そう言って、和と唯は階下に消えていった。ムギは梓ちゃん看病よろしくね、と言い残して、和と唯の後を追った。意外と薄情だ。

梓と二人っきり。

あまり、こういう機会はなかったような気がする。気まずいとはいわないまでも、ぎこちない雰囲気。

梓「澪先輩、来ないんですかね」

今回もまた、梓が話を振ってきた。

律「…………みたいだな」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:11:21.16 ID:Y82RNiKH0
梓「唯先輩、澪先輩にメール送り忘れたのかもしれませんね」

唯先輩らしいです、と梓は微笑む。そんなわけがない、と私は心の中で否定する。唯は、さっき『澪ちゃん』と確かに言ったのだ。

でも、それを言ったら、澪と私の間に何があったのかを言わなければいけないから――私は「確かに唯らしいな」と梓に同調した。

梓「でも、風邪引いたのが休日で良かったですよね」

律「よくねー」

梓「え、だって明日に治ったら、また学校に来れるじゃないですか」

律「……学校って楽しい?」

梓「? もちろんですよ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:13:26.11 ID:Y82RNiKH0
律「物理とか、化学とかが?」

梓「授業は楽しくないですけど、憂や純がいますし――純って、私の友だちですよ――それに、唯先輩やムギ先輩に会えるから、楽しいです」

律「……そこで『律先輩に会えるから嬉しいです』っていごほっ! けほ!」

梓「律先輩大丈夫ですか?」

背中をさすってくれる。

律「あ、ああ、なんとか」

こんこん、と咳を続けたまま言う。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:16:01.82 ID:Y82RNiKH0
数分経って、暇になったのか、梓は私の部屋を見回した。

律「面白いものはないぞー」

梓「一回来てるから知ってますよ」

律「ああ、そういやそうだったな」

梓「あれ、この写真立て何で伏せてあるんですか?」

言いながら梓は、机の上に伏せられた写真立てを起こす。

律「……写真見たら、元通りに寝かしとけよ」

梓「……澪先輩と律先輩の写真、ですか。律先輩って写真うつりいいですね」

律「そうか? そうだろー」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:17:43.04 ID:Y82RNiKH0
梓「いつの写真ですか?」

律「……中学生の時の、修学旅行。北海道に行ったんだよ」

梓「ああ、だから律先輩クラークのポーズしてるんですね」

律「冬なら雪が降ってたのかもしれないけど、夏行ったもんだからさ、全然北海道って気分がしなかったんだよ」

思い返す。

律「ラベンダーだらけの畑行って、小樽ってとこでガラスの白鳥買って、函館から夜景見おろしたな。とにかく移動が長いっての」

梓「澪先輩も一緒だったんですか?」

律「ああ、澪も一緒だった。途中、二人して迷子になってさ。先生が駆けつけてきてくれたっていうハプニングがあったけどな」

――澪。

また、思い出してしまう。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:20:45.53 ID:Y82RNiKH0
私の生きる世界には、澪との思い出が多すぎた。シャープペンに箸一膳。今学校で使っている靴だって、確か澪と一緒に買ったものだ。

忘れることなんて、出来なかった。

忘れられるわけがない。その通りだった。澪との思い出がたくさんある場所で、澪のことを忘れようなど、不可能なのだ。

律「もう帰れないのかなー、って澪不安がってさ。私が必死に笑わそうとしたなあ」

梓「そのときから、そういう関係だったんですね」

律「そういう関係? なんか不穏な響きが」

梓「あ、変な意味じゃありませんよ? なんて言うか……一心同体だったんですね、と」

律「一心同体、ねぇ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:23:03.70 ID:Y82RNiKH0
今はどうだろうか、一心同体であるだろうか。そんなはず、ない。

私たちは離れてしまった。いや、私が一方的に離してしまった。

澪は、私の横を通り過ぎた時、泣いてはいなかったか――?

そんな私の思考を中断するように、唯達が入ってきた。

唯「お待たせ、りっちゃん! おかゆ作ったよ」

和「どこに何があるか分からなかったわ」

紬「ちょっと手こずったわね」

唯「ほらほら、はい! りっちゃん、あーん」

スプーン一すくい分のおかゆが、ほのかに湯気を立てている。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:25:17.71 ID:Y82RNiKH0
律「あ、あーん……って、熱い!」

唯「え、あ、ごめん。ふー、ふー、ふー……これくらいで冷めたかな? はい、もう一回あーん」

律「あーん……おお、味はまとも」

おかゆを咀嚼する。風邪の時に食べるものは何でもおいしく感じられる。

唯「私が本気を出したらこんなものです!」

律「……うん、なかなかイケる。ありがとう、唯、和、ムギ」

唯「えへへー、……あれ? メール来た」

おかゆの入った皿を和に渡し、唯は携帯を開く。

和がふーふーしたおかゆを二杯ほど食べたとき、唯がそのメールを見せてきた。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:28:05.16 ID:Y82RNiKH0
唯「澪ちゃんから」

あとでいく。

と、それだけ書かれた簡素なメール。

和「ほら、律。口あけて」

律「え、あ、ああ」

三度目のあーん。

あとでいく。どこに? 私の家に、だろう。あとっていつだ? 一時間後? それとも明日? 

そんな考えが頭の中に湧く。思考が飽和して、私は脳はショートを起こす。

どうせ後でくるんだ――そうまとめ、私はおかゆを食べることに専念した。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:30:35.22 ID:Y82RNiKH0
聡が帰ってきたのは、それから一時間ほど経った後で、そのころにはもうおかゆは食べ終わっていた。

唯「じゃ、聡君帰ってきたから私たちももう帰るねー」

紬「早いうちに治してね? りっちゃん、ファイト!」

ああ、わかってるよ、と心ここに非ずな風で答える。

澪は、まだ来なかった。唯達が帰るのとすれ違いになるんじゃないか、と期待していたが、それすらも外れた。

天気が崩れ始めてきた。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:33:13.30 ID:Y82RNiKH0
午後二時。澪は来ない。

午後三時。澪は来ない。どこか遠くで雷鳴が聞こえる。

午後四時。まだ、澪は来ない。窓から覗ける外は、霧雨が降っていた。

午後五時。来ない。雨が降るのは日曜日だったんじゃないか? とどこかにいる天気予報士に言いながら、しとしとと降る雨を見つめ続けた。

午後六時――私もあきらめ始めた。澪は来ないのだ、と落胆すると同時に熱も下がりはじめた。37度3分。微熱の域だ。

午後七時。聡が弁当を買ってきてくれた。聡のあーんは勘弁なので、三十分かけて一人で弁当を完食して見せた。普段なら十分もたたずに食べられるだろうに。

午後八時。雨は本降りになっていた。家の中でも、雨粒がアスファルトを叩く音が聞こえる。

ああ、今日はもう来ないだろうな。そんな諦観が胸中を支配し始めたなか。

――そんななか、田井中家のインターホンは鳴ったのだった。

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:35:28.34 ID:Y82RNiKH0
聡が私の部屋に、澪を入れた。

長い髪の先端は、雨にぬれている。履いているジーンズの裾も、三センチくらい水が滲んでいた。歩いてここに来たのだ、ということがわかる。

そんな澪の姿を私の目が捉えた瞬間、体中が熱くなった。熱だけが原因ではないだろう。澪が、来てくれた――!

律「…………澪。こんな時間に、大丈夫なのか?」

澪「律の家行くって言ったら、ママも許してくれたよ」

ママ、という発言について、追及はしなかった。

澪「……私が行っていいのか、わからなかった」

澪はそう漏らした。

澪「律、教えてほしいんだ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:38:04.39 ID:Y82RNiKH0
律「……何を」

澪「私が、律に何をしたのか」

律「何も、してないよ」

澪「嘘だ」

律「本当だ」

澪「じゃあなんで、私と一緒に学校行くのやめようとか言ったんだ? お昼ごはんも一緒じゃなくなってたし……」

律「……私さ、今風邪ひいているんだ。変に頭使わせないでくれよ」

我ながら、ひどい言い草だ。雨の中きてくれた人に、冷たいことを言っている。弁解にもなっていない、言い訳。

澪「…………私は、律を、傷つけてしまったんだろ?」

律「それは、それだけは、ない」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:40:39.25 ID:Y82RNiKH0
澪「律に嫌われたんだ、と思った。学校に一緒に行くの止めよう、って言われたとき。ああ、私は律に何かしたんだって」

律「何もしてないよ」

ただ、私が身勝手にも、彼女を突き放しただけだ。

澪のことを意識して、距離感を自覚して、私は暗くなってしまう。

それを避けるために、私は、澪と距離を置いたのだ。一歩分よりも、もっと長い距離を。

澪「私は、律の言葉に賛成したよ。かたくなに拒否したら、律に嫌われるんじゃないかって思ったんだ」

澪の独白は続いた。

澪「でも、たった一日律と居られないだけで、私は気が変になりそうだった」

だから、と澪は懇願してくる。

澪「せめて、理由だけ聞かせてほしい。そうしたら、気が楽になるから」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:43:25.57 ID:Y82RNiKH0
理由?

そんなの決まっている。

私は澪のことを好きだから、澪を遠ざけたのだ。

私の恋心は、あってはいけないものなのだ。

私自身や、私たちの関係をも壊す、危険な爆弾。

澪の笑顔をもう、見ることが出来なくなるかもしれない。

必死に、澪のことを忘れようとした。

それは確かに不可能だろう。私の周りには、澪との思い出でいっぱいだ。でも、少しくらいは忘れられるはず。

だから、澪との距離を広げた。

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:46:16.16 ID:Y82RNiKH0
澪「律、私が何かしたなら謝る、謝るから……」

私は、澪の顔を直視できなかった。

だって、澪は泣いていたから。

私はなぜ、澪に近づいたのか。澪の笑顔を見る為に、だ。

それがなんだ。今、澪は泣いている。私が、泣かせてしまった。

律「………………」

何をどう言えばいい? 律B、いるなら教えてくれよ。私は今どうすればいい?

全部をさらけ出すか? 澪のことが好きだと告白するか? でもそれが、私たちの関係をぎこちないものにしたら……。

今でさえ、私と澪の関係は危うくなっている。そんなところで告白なんて、火に油を注ぐようなものだ。

とにかく、何か言わないと、この場は切り抜けられない。

この場に限って、雄弁が金で沈黙が銀だ。

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:49:24.23 ID:Y82RNiKH0
律「…………言えない」

澪「……何で、だ?」

律「言ったら、澪は私のことを軽蔑するかもしれないから」

澪「しない、絶対にしない」

律「私は、臆病なんだよ。何かを失うのがとても怖いんだ」

澪「私もだよ」

律「真実を言ったら、澪を傷つけてしまうかもしれない」

澪「気にしない」

律「澪との仲が壊れるかもしれない」

澪「……そうしたら、また一から始めればいい。だから」

………………………………。

その言葉に私は、すがりたくなった。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:52:14.98 ID:Y82RNiKH0
律「澪」

澪「何?」

律「また一から始めることになってもいいか?」

澪「いい」

――今なら、言っても許されるだろうか。

心変わり、というにはあまりにも唐突な心理の変化。

全てを言えば、彼女は――澪は、泣きやんでくれるのだろうか……?

不安に胸が震える。

澪「律、私は律のことを軽蔑するような人間じゃない。断じてない」

震えた声音で言う澪。

ああ、そうだ、澪は優しいのだ。

恐がりで人見知りだけど、澪は親切なのだ。私は知っている。だてに、澪の幼馴染ではない。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:55:14.11 ID:Y82RNiKH0
今なら、言っても許されるんじゃないか。

疑念が確信に変わる。彼女なら――澪なら、きっと、私の言葉を受け止めてくれる。

律「私は澪のことが好きでたまらない」

澪は無言だった。構わず私は語を継ぐ。

律「でも、澪にそう言ったら、澪とわたしの距離が離れてしまうかもしれない。――だから、私は澪と一緒に学校に行くのを拒んだんだ」

独白は続く。

律「……私は、澪と一緒にいても距離感を自覚しちゃうんだ。澪と一緒にいなくても、澪のことばかり考えてしまう。私はどうしたらいいのか分からないんだ」

私は苦笑して。

律「なんか、意味の分からない台詞になったな。風邪ひいてるからさ、ちょっと変なんだ今。澪のことが好きだから澪と離れたってことだけ伝わればいいよ」

雨の音が相変わらず響いていた。うるさい。今はシリアスな場面なんだ。ちょっと空気を読め。頭が混乱に混乱して、ハイになっていくのが分かる。 

私はもう言ってしまった。後戻りはできない。後悔はしていない。だってまた、一から始められるのだと、澪が言っていたから。

律「――澪、大好きだ」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 17:58:10.25 ID:Y82RNiKH0
駄目押しとばかりにそれだけを口にして、私は布団の中に丸まった。

布団を一枚隔てた向こうで、澪はどんな顔を浮かべているのだろう。驚愕? 微笑?

澪「…………あのさ」

律「…………何だよ」

澪のその声のトーンに、嫌悪の響きはない。私は若干安堵する。

澪「律、律は臆病なんかじゃないよ」

律「……何言ってるんだよ、澪」

布団越しの澪の台詞は、くぐもって聞こえる。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 18:00:17.91 ID:Y82RNiKH0
澪「律は、私に全部言ってくれた。全然、臆病なんかじゃない」

律「風邪で、ハイになってるだけだよ」

澪「それでも、さ」

だって、と澪は続ける。彼女の浮かべている表情は分からないが、喜んでるんじゃないかと云うことは、口調で分かった。

澪「私は、律にずっと言えなかったんだから」

何を?

澪「律、私は律が大好きだ」

凛とした声。

胸が爆発しそうになった。頭が白紙になって、何一つ考えられなくなる。

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 18:02:11.55 ID:Y82RNiKH0
澪は、今、何と言った?

澪「でも、律の隣にいるだけで、私は緊張しちゃうんだよ。だから、律に面と向かって言うことはずっと出来なかった」

布団の中で咳込む。風邪が原因じゃない、気恥ずかしさが原因だ。

澪「律、私は律が好き――私も律が好きだ」

その言葉は、世界中にあるどんな名言よりも、価値のあるものだった。私の葛藤とか迷いを全て帳消しにしてくれる、金言。

律「……本当?」

澪「本当」

律「……人が風邪で寝込んでるって言うのにさ、驚かさないでくれよ」

私は布団から顔を出す。

澪「これで、仲直りできたかな、律」

律「……ああ。ごめんな、澪。私が、勝手に、澪のこと……」

澪「いいよ。気にしない」

嬉しさとか、戸惑いとか、たくさんの感情が私の中でごちゃ混ぜになる。私の恋した幼馴染は、どこまでも優しかった。

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 18:04:26.96 ID:Y82RNiKH0
律「…………あとさ、もう一つごめん。その、さっき、泣かせちゃって」

澪「それも、気にしてない」

律「そっか…………」

嬉しさで涙があふれそうになる。いつぞやの学園祭ライブの時の感動と、似ていた。

澪「どんなことされてもさ、私は、律のこと嫌いになれないんだよ」

律「……ありがとう、澪」

果たして、何に対しての『ありがとう』だったのか。許してくれたこと? それとも……。

澪の顔を見やる。涙の代わりに笑顔が浮かんでいた。いつか見た、澪の綺麗な笑顔。

私もつられて笑顔になる。そうだ、泣いてはいけない。澪だって、私の泣き顔は見たくないはずだ。笑わなきゃ、澪に申し訳がない。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 18:07:01.12 ID:Y82RNiKH0
律「澪、好きだ」

澪「私も、律、好きだ」

お互いの気持ちを確かめあえるよう、ずっとそう言いあった。好きという言葉によって、どこまでも繋がっているのだ、と実感できた。

雨音のBGM が、どこか心地いい。

私たちの関係は、一から始めなければならないようだった、

友達としてではなく、もっと親しい関係――恋人として。

このままずっと二人でいような。

私は澪にそう言った。

ああ、ずっと。

澪は私にそう返した。

私と澪は、最初から繋がっていた。ただ私たちが、そのことに気づいていないだけで。私の独り相撲でしかなかったのだ、と。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 18:09:23.08 ID:Y82RNiKH0
澪「月曜日からは、また私と二人でさ、学校行こうな?」

律「……いいのか?」

澪「当たり前だろ、律」

休み明けの登校が、何だか楽しみになってきた。ああ、梓も言っていたっけ。学校に行くのは楽しい、と。だって、みんなと会えるから――。

澪「じゃあ、月曜日までに風邪、治しておいてくれよ?」

律「わかってるって」

澪が部屋を出ていく。……澪もそろそろ帰らなきゃいけない時間だもんな。心の奥底で寂しいという感情が湧きあがるが、口には出さない。

だってまた、必ず会えるのだから。私と澪は、これからもずっと一緒なのだ。

澪との繋がりが溢れる自分の部屋で、ゆっくりと目を瞑る。

今日ならいい夢が見られそうな、気がした。

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/02(水) 18:10:15.42 ID:Y82RNiKH0 [77/77]
◆ ◆ ◆ ◆ ◆
風邪は日曜日の午後に完治した。

でも雨は降り続いていて、結局、月曜日の午前三時くらいまで道路をびしょ濡れにしていたという。

月曜。私が起きたのは六時だったので、そのときは外に青空が広がっていたけれど。雨上がりの空だというのに、虹はなかった。

ベッドから出てご飯を食べて歯を磨いて顔を洗って、そうして一日が始まる。同じ始まり方、だけど今日この日からは、いつもと違う一日が始まるに違いない。

澪がインターホンを鳴らしに来る。私は家を出た。風邪治ったんだ? 澪の台詞に私は頷く。ああ、おかげさまでね。

そして、二人は歩いて行った。

自然と歩幅が合うようになっている。隣同士、肩を合わせて進む。

澪の体に、私は寄り添う。何だよ、と澪は恥ずかしがるが、嫌がるそぶりは見せない。

およそ五十センチメートルの距離は、もう、なくなっていた。

                                     終わり

コメント

管理人生きてたか…
あとなぜクロスss?

管理人生きてて嬉しいぜ


そしてこれは良SS

No title

律澪至高

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。