FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝俣「契約せずに魔女を倒しやがった!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 15:53:42.86 ID:dRTMWPzH0 [1/53]
番組『アッコにおまかせ!』終了後

皆「お疲れさまでしたー。」


アッコ「おー、おつかれ。」


勝俣「アッコさん、何時もの暴れっぷりはどうしたんすか?」


アッコ「ああん?」


勝俣「あ、そういうわけじゃwwww」


アッコ「ええわ。今日は怒る気力もないねん。」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 15:54:50.03 ID:dRTMWPzH0 [2/53]
勝俣「どうしたんすか?なんかあったんすか?」




アッコ「変な夢で眠れへんかっただけや。よう分らん夢やったなー。」




――た・・・けて・・・・



アッコ「?勝俣、何か言うたか?」



勝俣「えーーwwwwwまだ何も言ってないっすよwwwwwwww」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 15:56:20.51 ID:dRTMWPzH0
―――たすけて・・・・



アッコ「たすけて・・・?」


――――たすけて・・・アッコ・・・



勝俣「アッコさん?何か今日おかしいっすよwwwwもしかして妊しnグフゥ」



アッコ「・・・こっちや!!」ダッ




勝俣「アッコさん!?どうしたんすかwwww」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 15:58:18.96 ID:dRTMWPzH0
ガチャ・・・


アッコ「誰や?さっきから。どこにおるんや?」


???「助け・・・・」ドサ


アッコ「お前か?私を呼んどったんは!どないしたんや!!」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 15:59:47.01 ID:dRTMWPzH0
AD「そいつから離れて・・・」



アッコ「お前は!新人アシスタント・ディレクターの暁美ほむら!!


    どういうことや?怪我してんねんで!こいつ!」



???「ハァ・・・ハァ・・・」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 16:01:29.23 ID:dRTMWPzH0
アッコ「あかん。弱い者いじめはあかんで。」


AD暁美ほむら「貴方には関係ない」


アッコ「あ?」



ほむら「か、関係ございません。」



アッコ「あかん。私には聞こえたんや。私を呼ぶ声が」



ほむら「そう・・・・・・ですか。」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:02:48.09 ID:dRTMWPzH0
今見なおしてると矛盾点とか大杉でわろたwwwww


本篇も謎が多すぎるから俺の妄想でやってるwwww

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:04:37.52 ID:dRTMWPzH0
ドシュー




ほむら「くっ・・・」



勝俣「アッコさん!!こっち!!」



アッコ「勝俣!」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:05:28.75 ID:dRTMWPzH0
グニャ~




ほむら「こんなときに・・・」




勝俣「なんなんすか、あいつ!?確か新人ADの・・・・チョーかわいいっすよね!!



   つか、アッコさん、それなんすか?」




アッコ「わからへん。直感が言うんや。こいつを助けなあかんって。」





勝俣「さすがアッコさんwwwwかっけぇwwwww」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:07:57.58 ID:dRTMWPzH0
勝俣「あれ?非常口は?つかここ何処っすかwwwwwwwスタジオ内で迷子っすかwwwww」

アッコ「なんかおるで・・・・」



勝俣「気持ち悪ぃwwwwwどうなってんすかアッコさんwwwww」


アッコ「知らんがな!!」




ババーン!!



アッコ「なんや?」


???「危なかったっすね・・・。アッコさん、勝俣さん!
    

    でももう大丈夫!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:09:00.49 ID:dRTMWPzH0
勝俣「出川さんwwwwwなにやってんのwwwww」





アッコ「何してんねんお前!!」




出川「ちょwwww命の恩人の俺に対して言うことがそれかよwwww」





アッコ「あん?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:10:12.15 ID:dRTMWPzH0
出川「あ、アッコさん、キュゥべえを助けてくれたんっすね!」





アッコ「このうさぎみたいなやつのことか?こいつが私に呼びかけてきてん。頭の中に直接。」





出川「ふーん。なるほどねぇ」






勝俣「俺だけおいてけぼりっすかwwwww」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:11:18.38 ID:dRTMWPzH0
出川「2人には説明しますよ。でも、その前に・・・・


  

   ちょっと人仕事片付けちゃいますわ



    
       変       身      !! 」



       




勝俣「ちょwwwwww出川さんwwww」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:12:28.75 ID:dRTMWPzH0
出川「はあ!!」


ガシャンガシャン




勝俣「銃がいっぱいwwwwwかっけぇ!!!!」




アッコ「出川・・・・・」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:13:22.67 ID:dRTMWPzH0
シューン





勝俣「おお!!スタジオに戻ったああ!!!!!」





出川「魔女は逃げた。今回は譲ってやるよ」





ほむら「私が用があるのは・・・」




出川「だーかーらー!今回は見逃してやるって言ってんの!!」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:14:58.33 ID:dRTMWPzH0
勝俣「あ、ほむらちゃん!!行っちゃったよ」



キュゥべえ「ありがとう出川!!」




出川「いやあ照れるなぁwwお礼ならアッコさんにも言っておいてくださいよ」




キュゥべえ「どうもありがとう!僕の名前はキュゥべえ!」



アッコ「お前が私を呼んでたんやな?」




キュゥべえ「そうだよ、和田アキ子!!それと勝俣州和!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:16:14.38 ID:dRTMWPzH0
勝俣「ちょwwww何で俺達の名前知ってんのwww」




キュゥべえ「僕、君たちにお願いがあってきたんだ!!」




アッコ「お願い?」





キュゥべえ「僕と契約して、魔法少女になってほしいんだ^ω^」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:17:26.63 ID:dRTMWPzH0
勝俣「魔法少女!?俺男だしwwwwwアッコさんなんて人間ですらnゴフゥ」





キュゥべえ「僕と契約したら、1つだけ何でも願いを叶えてあげるよ!!」




勝俣「ええええええまじっすかああああ!!!俺契約しちゃおっかなwwwwww」





アッコ「待てや。こない上手い話があるわけないやろ。冷静に考えたほうがええで。」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:18:42.60 ID:dRTMWPzH0
きゅぅべえ「普通ならすぐ2つ返事なんだけどな^^」





出川「まあまあ。あ、じゃあ魔法少女就職体験ツアーでもやりますか?」






勝俣「おお、いいねwwwそれwwww」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:19:47.40 ID:dRTMWPzH0
アッコ「出川、お前は何お願いしたんや?」




出川「俺っすかwwwww芸能界から消えませんようにってお願いしましたwww



   

   芸能界から消えない、すなわちTVにも出れるしリアクションもGoodってことになりますからねwwww」






勝俣「えええええ、いいなー出川さん!!もう人生安泰っすかwwwwww」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:21:13.44 ID:dRTMWPzH0
アッコ「おい出川、お前それでええんか?そんなつまらん人生で本間にええんか?」






出川「大物のアッコさんには分りませんよ…俺の気持ちなんて・・・・」



勝俣「まあまあ^^」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:22:28.94 ID:dRTMWPzH0
勝俣「ところで、さっきの化け物とかは何なの?」






出川「あれは簡単に言うと魔女だね。理由の無い殺人や自殺はだいたい奴らの所為なの」






アッコ「もう続きは明日でええやん。変な夢で眠れへんかったから眠いわ。」






勝俣「そうっすねwwwww願い事もじっくり考えたいしねwwwww」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:23:31.87 ID:dRTMWPzH0
次の日



「アッコに、おまかせー!!」



カットー   オツカレサマデシター







アッコ「一般人にはQBの姿は見えへんのやな」





QB「そうだよ!ついでにテレパシーも使えるよwwww」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:24:37.48 ID:dRTMWPzH0
勝俣「いやwwwwwすいませんwwwADほむらちゃんがさっきからずっと睨んでるんっすよwwwwマジ可愛いwwww」





アッコ「ほんまや。ガツンと何か言うてやろか。あ、目そらした。」





出川「大丈夫っすよ!アッコさん!俺も控室に控えてるんで!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:26:10.23 ID:dRTMWPzH0
アッコ「おい、そこの新米AD!!」





ほむら「な、何でしょうか・・・」





アッコ「お前は何をお願いして魔法少女になったんや?」




ほむら「・・・・・」




アッコ「言いにくかったら言わへんでええ。何を望むかは人それぞれやしな。」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:28:13.02 ID:dRTMWPzH0
出川「アッコさん!勝俣さん!そろそろ魔女狩りに行きますかwwww」





勝俣「おー待ってました!!」






アッコ「ほな、行くか」




出川「あ、俺ちょっと用事思い出したんで入り口あたりで待っててください。


 くれぐれも先に入らないでくださいね!!」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:30:51.95 ID:dRTMWPzH0
出川「ただ今戻りましたよっと。って勝俣さんは!?」


アッコ「中入ったんとちゃう?」


出川「えー、勝俣さんとQB先に行っちゃったんすか!!!!まじやばいよーそれ」




アッコ「目を離した隙に行ってしもうたわ。やっぱやばい場所なんやな」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:31:59.65 ID:dRTMWPzH0
出川「あーここだ」





グニャ~ン






アッコ「相変わらず気持ち悪い場所やな。」








出川「あ、ほむらちゃん!!」





ほむら「今回の獲物は、私がやる」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:33:01.63 ID:dRTMWPzH0
出川「駄目駄目。QBと勝俣さんが待ってるんでね」





ほむら「2人の安全は私が保証する。だから手を引いて」





出川「信用できないな。フンッ!!」




ほむら「くっ・・・・馬鹿・・・こんなことやってる場合じゃ・・・!今度の魔女は・・・」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:34:00.10 ID:dRTMWPzH0
出川「大人しくしてたら助けてやるから。じゃ、行きましょうかアッコさん!」






アッコ「協力せえへんでええんか?」






出川「今時仮面ライダー同士だって協力しないんっすよwwwアッコさんwwww






    あ、着きました。ここが魔女の部屋っす」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:35:34.71 ID:dRTMWPzH0
勝俣「アッコさん!出川さん!!俺死ぬかと思ったwwwwww」





出川「もー、勝手な真似はしないでくださいよ。一応危険な仕事なんだから。






   あれが今回の魔女・・・・。」







魔女 Charlotte 



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:37:05.13 ID:dRTMWPzH0
出川「じゃ、ちょちょいとやってきますww」



勝俣「行け―!出川マーン!!wwwwww」






アッコ「これ、しくじったら死ぬんか?」




勝俣「大丈夫っしょwwwww」





出川「今回も楽勝っすわwwwwwwファイナルベントなんちってwwwww」




勝俣「やったか!?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:38:25.12 ID:dRTMWPzH0
ギュイイイイイイイイイン  



出川「ちょ、まじやばいってこれ!!まじやめて!!ぎゃあああああああああああああ」





パク   もぐもぐ






勝俣「出川さああああああああああああん」






QB「アッコ!今なら間に合う!僕と契約を!!゜x ゜」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:39:58.01 ID:dRTMWPzH0
アッコ「どりゃあああああああああああああああ!!!」





シャルロッテ「!?」ドゴォォ






アッコ「大丈夫か!出川!」






出川「アッゴざああああああん。俺死ぬかと思いましたああああ。マジやばいってあれ!!」






勝俣「出川さん唾液まみれwwwwwwくっせぇwwwww」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:41:22.71 ID:dRTMWPzH0
QB「す、素手で魔女と!?アッコ!僕と契約を!!」



アッコ「どおおおおおおりゃあああああああああせええええええええええい!!!」



シャルロッテ「ギャース」ドーン


勝俣「さすがアッコさんぱねぇ!!!契約せずに魔女を倒しやがった!!!」




シューン


アッコ「終わったか・・・・」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:42:31.83 ID:dRTMWPzH0
ほむら「出川が生きている・・・・。まさか、アッコ、契約を・・・?」




勝俣「あ、ほむらちゃん!!アッコさんが生身の体で魔女倒したんすよwwwww」





QB「・・・・・・・・・」





ほむら「・・・・・・・・・」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:44:12.59 ID:dRTMWPzH0
アッコ「QB、契約や」




QB「え、マジで!?あ、僕と契約すると何でも願い事を1つだけ叶えてあげるよ!」






アッコ「ほな、この世界から魔女という概念を消せや。魔女という存在事態を消してしまってくれ」





ほむら・QB「!?」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:45:57.08 ID:dRTMWPzH0
勝俣「さすがアッコさん!!みんなの幸せを願うとかwwwww」




出川「いいんすか!?アッコさん!そんな願いで!!」




QB「え、あー、いい願いだとは思うんだけど、それはちょっと無理というか・・・。」





アッコ「何や?魔女が消えたらお前の都合が悪いんか?」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:47:52.44 ID:dRTMWPzH0
QB「そういうわけじゃないんですが・・・あ!そうそう、力が強すぎるんですよ!魔女の!


  ドラゴンボールみたいな!!」



アッコ「ほな、すべての魔法少女を普通の人間に戻したってや」



ほむら「え・・・?」




アッコ「こんな若くて綺麗な子が、自分の人生潰して戦う運命を背負うのは間違うてる思うねん。



    どうせ、他のとこでも少女ばっかり勧誘してんねんやろ?その子がこれからどんなひどい目にあうかも



    説明せんと、戦場に放り込んでるんやろ?今もどっかで必死に戦うてる少女らには素晴らしい未来があったんや。


    それを壊したQBの罪は重いで。」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:50:10.60 ID:dRTMWPzH0
QB(一度取りだした魂を元の身体に戻せるのかなーwwwわかんねぇwwwwまあ、どんな願いでも叶えられるわけだし、
  

  アッコの力は強大だから魔法少女はアッコ1人でも十分か・・・・)



QB「でも彼女らは願いを叶えて幸せになったんだ!!それでいいじゃないか」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:52:09.83 ID:dRTMWPzH0
アッコ「QB、あんた、人間つーもんをわかってないな。



   人間はな、たった一度の奇跡の為に生きてるわけちゃうねん。




   その人が一生懸命自力で積み上げて、まあ何度も他人に崩されたり自分で崩してもうたりするけどな、



 
   そうやって1つ1つ積み上げてできるのが人生ってもんや。人間の人生は魔法じゃ作られへんのや・・・。」






勝俣「アッコさん・・・・。すげえ綺麗にまとめようとがんばってるな・・・」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:54:11.94 ID:dRTMWPzH0
QB「そうしたとしても、君は魔法少女になってしまう。君は1人戦い続けなければいけなくなるんだよ?」






アッコ「それでええねん!魔法少女は1人でええねん。私が戦い続けることで大勢の人の運命が変わるんならな!」





QB「・・・・・・君のような人間は初めてだよ。僕にはさっぱり理解できないけど。でも、100人の魔法少女よりも



  アッコ1人のほうが強いから・・・・・。うん、いいよ。その願い。」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:55:13.39 ID:dRTMWPzH0
アッコ「そうか・・・。契約を。すべての魔法少女を人間に戻す。」





勝俣「アッコさん!!本当にそれでいいんっすか!?アッコさん1人で世界中の魔女を倒していかないといけないんすよ!!」






アッコ「作戦はあんねん。」




皆「何!?」





アッコ「魔女の本部、どこにおるか知らんがそいつをぶっ潰せばええんとちゃうの?」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:56:12.76 ID:dRTMWPzH0
勝俣「アッコさん!俺も出川さんもついていきますよ!!!人間のままだけど、アッコさんの手伝いくらいさせてくださいよ!!!」




出川「えーー何で俺も入ってるんだよ!!勘弁してくれよマジで!!」




アッコ「ついてくんな言うてもくるんやろうな。まあええわ!あんたらの人生も背負うたる!!」



出川「行きませんよ!」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 16:58:46.93 ID:dRTMWPzH0
ほむら「・・・・・私も行くわ・・・。」


出川「えーーーなんで!!」





アッコ「あんたは若いし、綺麗やし、人生これからやろ?私らみたいな終わりかけとちゃうんやから。



    自分の道を行ったほうがええんとちゃう?」




ほむら「私は、魔法少女になるために生まれてきたようなものだから。
    


    貴女に契約させないためにADになったのに、こんなことになるとは・・・」



アッコ「あんたも頑固そうやから、着いてくんな言うても無駄なんやろうな」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:00:03.71 ID:dRTMWPzH0
QB「準備はいいかい?契約内容はすべての魔法少女を人間に戻すということで」





アッコ「ええで。契約成立やな」



勝俣「うわっ眩しい!!!」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:00:46.91 ID:dRTMWPzH0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アッコ「何か、あまり変わった気がせんな」



出川「あれ、変身できなくなってる!!」




QB「これが、アッコのソウルジェムだよ!あ、それと、暁美ほむらは僕と契約したわけじゃないからどうしようもなかったよ。」





ほむら「構わないわ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:02:09.12 ID:dRTMWPzH0
出川「あ、俺の願い事とかどうなるわけ?」


QB「(わかんねぇwwww適当に言っておこうwwww)うーん。大金がほしい!とかの願いなら、人間に戻っても大金は消えないだろうけど、出川のように、
 

  芸能界から消えない!!というのはたぶん持続しないんじゃないかな。」




出川「そんな~~~~」



勝俣「あああああああ!!じゃあ大金先にお願いしとけばよかった!!!」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:03:21.55 ID:dRTMWPzH0
アッコ「お、魔女の反応があったで。」







アッコは、戦いの宿命を受け入れた。






しかし、


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:04:06.40 ID:dRTMWPzH0
勝俣「よーし!じゃあさっそく行きますかwwwwwwww」




出川「えー、マジで俺も行くんっすか!?勘弁してよ~」




ほむら「アッコは私が守る。必ず」





しかし、アッコには仲間がいる。心の底から信頼できる仲間が。


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:06:02.38 ID:dRTMWPzH0
アッコ「ほな、魔女狩りに行くで――」



アッコ達の冒険は、ここから始まった!!!





???「アッコ!?アッコが魔法少女やて!?



    ククク・・・・ちいとは楽しめそうやな・・・!!」



第1部 完


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 17:08:23.15 ID:dRTMWPzH0 [52/53]
つまり、何が言いたいのかと言いますとですね・・・。


誰か別世界でのアッコの物語を書いてくれ!!


僕と契約しようよ!書いてくれたら何でも願いを叶えてあげるよ!




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。