FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「お兄ちゃんにチョコなんて、あげるわけないじゃん」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 05:43:36.21 ID:UdcSV3Ns0
妹友「なんで?」

妹「勘違いされたら困りますし」

妹友「なんて?」

妹「お兄ちゃんのことが好きって」

妹友「妹、お兄ちゃんのこと好きじゃん」

妹「……。」

妹友「…まあ良いけどね」

妹「うん」

妹友「じゃあ、妹があげないんだったら私があげよっかなー」

妹「え?」

妹友「なに?」

妹「…なんでもない」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 11:25:51.88 ID:AZFEw2V60 [1/84]
妹友「ふーん、ならあげてもいいかなー。っていうかさ、あげたいんだよねー」

妹「す、好きにすればいいじゃないですか!」

妹友「それに、お兄ちゃんのクラスの女の子とかも結構狙ってるらしいよ」

妹「わ、私には関係ありませんよ…」

妹友「あーぁ、明日になったらお兄ちゃんに彼女ができてるかもしれないいだなー」チラッ

妹「で、ですから、私には関係がないといってるじゃないですか…」

妹友「その彼女が私だったらどうする?」

17 名前:久しぶりに来たら書き込みのメッセージがウザすぎるお(´・ω・`)[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 11:30:43.57 ID:AZFEw2V60 [2/84]
妹「そ、それは兄さんが選ぶから私には関係ないです…」

妹友「なーんてね。お兄ちゃんがそんなにモテるわけないじゃんwwwww」

妹「そ、そんなことはないです! 兄さんは格好いいです!」

妹友「そんなこと思ってるのって私と妹だけだよ。何か、色々地味じゃん、お兄ちゃんってさ」

妹「じ、地味ですか…」

妹友「地味ですねー」

妹「…」

妹友「ははは」

妹「ふふふ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 11:34:58.52 ID:AZFEw2V60 [3/84]
兄「それを俺の目の前で話すってどうよ」

妹友「まあ、慣例行事ってやつです。あんまり気にしないでね」ニコッ

妹「兄さんは地味だけど、格好いいことは私たちが知ってますからね」ニコッ

兄「全然フォローする気ないじゃん」

妹「ふふ、困った兄さんも素敵ですね」

妹友「スキスキオラー全開だねー。妹はなんでそんなに好きなの?」

妹「これは私の武器です! これで兄さんを無力化して攻めることに意味があるんです!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 11:52:41.48 ID:AZFEw2V60 [4/84]
兄「俺のターンないから攻められっぱなしなんだが。 しかも、オーラじゃ攻撃できないだろ」

妹「いいえ違います! 兄さんは雰囲気に弱いからオーラくらいがちょうどいいんです!」

妹友「じゃあさ、攻めつづけたらどうなるのかな。 見てみたいなー」

妹「ですよね。私も見たいんですけど、防御力が凄くて、攻略できないんです」

妹友「お兄ちゃんは強いんですねー。でも、たまにはデレてるところを見たいんですけどー」

兄「お前らみたいに臭いガキに興味はない。 だから攻略されることはない!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 11:58:27.10 ID:AZFEw2V60 [5/84]
妹「ガキじゃありません!もうじき大学生です!大人になるんです!」

妹友「そうそう、最近、あっちもこっちも素敵になってきた私を見てくださいよー、お兄ちゃん」ニコッ

兄「ウゼーよお前ら。だいたい、俺の部屋に来てこまけー事いうな。 ってか、出かけてくる」

妹友「えー、せっかく来たんだから遊んでよー」

兄「うるさい。俺は今日は久しぶりのお休みなの。 だからゆっくりするの」

妹「そんなー、おじさん臭いですよ、兄さん」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:01:57.71 ID:AZFEw2V60 [6/84]
兄「もう、おじさんでいいです。地味なおじさんの事はほっといてください」
スタスタ

妹「ちょ、に、兄さん。 どこに行くんですか」

妹友「ほんとに行っちゃうのー。遊んでよー」

兄「まあ、女の子二人、仲良く遊んでな」
カチャ バタン

妹友「あーぁ、本当に行っちゃったよ」

妹「明日から仕事みたいですから、ゆっくりしたかったんですね、きっと」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:06:58.54 ID:AZFEw2V60 [7/84]
妹友「そうかなー。 実はデートだったりして」

妹「多分、一人ツーリングでしょう。 兄さんに女の影は見えないですから」

妹友「ふーん、おにちゃん私たちよりバイクの方がは好きなんだねー」

妹「それは嫉妬ですか?」

妹友「嫉妬です。 妹は悔しくないの? なんかさ、いっつも子供扱いされてるのにさー」

妹「今日はいいんです。さ、二人でチョコ作りましょ」

妹友「はーい。 でもさ、お兄ちゃんにチョコ上げなかったらどうなるかな?」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:10:30.11 ID:AZFEw2V60 [8/84]
妹「気にしないと思いますよ。 だって私たち小便臭いんですから」

妹友「うわー、妹は顔は派手だけど、怒り方は地味だねー」

妹「兄妹ですから似てるんじゃないですかね」

妹友「はいはい、悲しかったんだねー」
ナデナデ

妹「ちょ、子供じゃないんですから止めてください!」

妹友「はいはい、チョコ作ろうねー」
ナデナデ

妹「もー」

26 名前:うざいお(´・ω・`)修行が足りません(Lv=1)。しばらくたってから投稿してください。(107 sec)[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 12:18:00.26 ID:AZFEw2V60 [9/84]
ーーーーー

ーーー

兄「よ、何か変わったことあったか」

後輩「あ、兄さん、お疲れっす。 今日は休みじゃなかったでしたっけ?」

兄「あー、ちょっとでかけてきたからお土産、はい」

後輩「豆大福ですかー。 あざーっす」

兄「で、変わったことは?」

28 名前:兄は食べ物やさんの店長さん[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:23:32.18 ID:AZFEw2V60 [10/84]
後輩「あ、そうそう。 女さんが体調悪いみたいだから帰ってもらいました」

兄「え、女が? インフル?」

後輩「いや、なんかダルそうだから帰ってもらいました」

兄「ふーん、そんなにおかしかったの?」

後輩「へへへ、気だるそうにボーッとしている女さんも綺麗でしたよー」

兄「アホだなー。 で、俺入ろうか?」

後輩「いやいや、自分が帰したんだから、自分がやりますよ。 それより、女さんって一人暮らしでしょ? ちょっと様子観にいけますか?」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:28:30.24 ID:AZFEw2V60 [11/84]
兄「俺一人で?」

後輩「はい。自分は仕事があるからいけませんし」

兄「わざわざ行かなくてもいいんじゃない? 一人暮らしの家とか迷惑だろ普通は」

後輩「えー、兄さんなら平気ですよ。 案外喜ばれたりして。HAHAHAHA」

兄「なんだよそれ。でも、インフルとか心配だから行ってみるわ」

後輩「さっすが、店長って感じっすね! あ、お持ち帰りされたら教えてくださいねー。自分、諦めないといけないっすから」

兄「ないな。 なんせ俺は地味なおじさんだから」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:31:16.69 ID:AZFEw2V60 [12/84]
後輩「なんすか、それ?」

兄「あー、妹の俺への評価だ」

後輩「そうなんすか?」

兄「俺に聞くな。 ってか、遅くならないうちに行ってくるわ。 店頼んだからな」

後輩「うぃっす!」

兄「じゃ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:35:11.92 ID:AZFEw2V60 [13/84]
ーーーーー

ーーー

ピンポーン

兄「さ、さみー」

兄「いないのかな? ってか、いきなり来られたら普通迷惑だよな」

ピンポーン

兄「い、居ないみたいだなー。ってか、さみー、さみー」

ピンポーン

兄「……。 よし、留守だな。 さみーから帰ろっと」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:39:14.59 ID:AZFEw2V60 [14/84]
ゴソゴソゴソ

兄「」ビクッ

兄「お、女ー。 生きてるかー。 俺だけどー」

女「は、はい、ちょっと待ってください」

兄「ごめんな、急に来たりして」

女「ちょ、ちょっと待ってください。 げ、玄関が汚くって」

兄「本当にごめんな。 すぐに帰るから」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:42:17.19 ID:AZFEw2V60 [15/84]
女「こ、こっちこそゴメンなさい。 せっかく来てもらったのに寒い中待たせたりして……」

兄「病人なら仕方ないだろ。 ってか本当に迷惑だろうから帰るよ」

女「せっかく来たんだから、寄っていってくださいよっと」

カチャ

女「ごめんなさい、家が汚くって」

兄「こっちこそ、急に来て申し訳ない。 で、体調はどう?」

女「熱が八度六分で、ちょっとふらふらします」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:47:40.61 ID:AZFEw2V60 [16/84]
兄「病院は行ったの? 食事はどうするの?」

女「一応、病院には行ってきましたけど、インフルエンザは陰性でした。 熱が続くようならもう一回病院に行ってきます」

兄「そっか、とりあえず店の事は心配しなくていいからゆっくり休んでな。 それと食事はどうする?」

女「ピザでも頼もうかなーって思ってたんです」

兄「それなら何か作るよ。 お粥とかうどんでいい?」

女「いや、迷惑かけちゃうのは申し訳ないですから」

兄「そういうなって。 いつも助けてもらってるのはこっちなんだから、たまにはお返ししだな」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:51:42.63 ID:AZFEw2V60 [17/84]
女「で、でも、うちには材料が……」

兄「大丈夫、大丈夫。こっからうちまで20分くらいだから、帰って作ってくるよ」

女「そ、それじゃあ、お願いします。 食欲ないから簡単でいいですから」

兄「ははは、気を遣うなって。 たまにはこういうことがあってもいいだろ」

女「ふふ。 普段から甘えてばっかりですみません」

兄「いいえ、いつも無理なお願いばっかりしてるから気にしないで。 じゃあ、作りに行ってくるね」

女「ありがとうございます」

兄「気にするなって」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 12:56:48.48 ID:AZFEw2V60 [18/84]
ーーーーー

ーーー

兄「ただいまー。 って、甘! 家中、甘!」

妹「兄さん、おかえりなさい! 妹友と一緒にチョコ作ったんだー。 兄さんも欲しい?」

兄「あー、ごめん。 店の子が風邪ひいたみたいで、飯作ってもってくから今はちょっと」

妹「せっかく作ったのに喜んでくれないんですか」

兄「ごめんな。 あんまり遅くなると悪いから早めにいきたいんだ。 だからごめんな」

妹「それなら、仕方がないです。 じゃあ、帰ってくるの待ってますから」

兄「せっかく作ってくれたのに悪いな。 ちょっと待ってな」

妹「はい。 あ、私の晩ご飯は自分で作るんで大丈夫ですからね」


37 名前:修行が足りません(Lv=1)。しばらくたってから投稿してください。(113 sec)[] 投稿日:2011/02/14(月) 13:06:06.72 ID:AZFEw2V60 [19/84]
兄「え? 母さん達は帰ってこないの?」

妹「さっきメールが来て、晩ご飯はお父さんと二人で外食ですって」

兄「あの二人は、、、、、まあいいや。 でも、ホントにごめんな」

妹「大丈夫ですよ。 帰ってくるの待ってますから」ニコッ

兄「さんきゅー」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 13:11:31.84 ID:AZFEw2V60 [20/84]
ーーーーー

ーーー

ピンポーン

兄「生きてるかー」

女「はーい、生きてまーす。 あ、鍵開いてるから入ってきてもらってもいいですかー」

兄「えらい不用心だなー。 女の子は気をつけてください!」

女「はーい。 でも、家の中汚いけど、気にしないでくださいね」

兄「そんの気にしないよ。って、やっぱり綺麗じゃん! 女が汚くしてるところは想像ができんもんなー」

女「そんなことないですよー。 って、 あーーー、お粥タッパーですかー」

兄「とりあえず、小分けにしてあるから3日分はあるよー。 それと、梅干しと、桃缶」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 13:14:56.99 ID:AZFEw2V60 [21/84]
女「やったー! 助かったー! 本当は買い物にもいけないから困ってたんですよー! ありがとうございます!」

兄「そっか、ならよかった。 他に欲しいもんとかある? なければ帰るけど」

女「えー、帰っちゃうんですかー」

兄「人がいたらゆっくり寝れないだろ」

女「ご飯を一人で食べるのは寂しいんですよね」チラッ

兄「つまり、話し相手になれと?」

女「ちょっとだけお願いします! すぐに食べ終わりますから!」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 13:17:29.04 ID:AZFEw2V60 [22/84]
ちょっと休憩
ってか、見てる人いるかな?
なんか、平凡な日常を書いてるだけでつまらなくない?

おりがそう思ってるから辛くなってきたお(´・ω・`)

47 名前:はいなの人じゃないよ[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 13:56:27.31 ID:AZFEw2V60 [23/84]
兄「なんか、結構元気じゃん。 八度以上でそんだけ元気なんてすげーな。 俺なら絶対動けないな」

女「へへへ、熱には結構強いんですよ。 でも、うれしいなー」

兄「なぜ喜ぶ」

女「病気の時の一人のご飯は寂しいんですよね。 なんか落ち込むっていうか…」

兄「あー、それはわかるわ。 まあ、とりあえず電子レンジ借りていい?」

女「すみません。 やってもらえるとうれしいです」



48 名前:しえんありがと[] 投稿日:2011/02/14(月) 13:58:52.13 ID:AZFEw2V60 [24/84]
兄「それじゃあ、勝手に使わしてもらうな」

女「おねがいしまーす」

兄「……」

女「……」

兄「そんなにうれしいの?」

女「はい! すっごくうれしいです! 一人で帰ってきたときはしょんぼりでしたから」ポリポリ

兄「そっか、女もそんな風に甘えるんだなー。 知らなかったよ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:06:00.40 ID:AZFEw2V60 [25/84]
女「えー、そんなに甘えてますかー」

兄「見たことないくらい、甘えてるな。店だとさ、何か綺麗でビシッとしたお姉様って感じだしさ」

女「お姉様ですかー。 じゃあ、年下のお姉さんですねー」

兄「そうだな。 じゃあ、ちょっと温めてくる」

女「はーい。いい子で待ってまーす」

兄(普段は、こんなやつじゃないよなー。何か妹が増えたみたいだなー)

兄(それにしても、片付いてるなー。 うちの台所はチョコが飛び散ってたし)

兄(高校生と大学生の差かなー。 それといい匂いがする)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:10:40.85 ID:AZFEw2V60 [26/84]
兄「できたよー。 そっちは片付いてるんだっけ?」

女「大丈夫ですよ。 おいしいご飯くださいな」

兄「あいよ」

兄「どうぞ、お食べ下さい」

女「ありがとうございます! いただきまーす」

兄「熱に強い体質っていいよなー。 俺なら動けないよ」

女「それじゃあ、兄さんが寝込んだら、私がお世話しましょうか?」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:14:16.62 ID:AZFEw2V60 [27/84]
兄「ははは、ありがと。 おしゃべりはいいから、まずは食べてよ。 簡単なのしか作ってないけどさ」

女「簡単でも、兄さんの料理はおいしいんですよ。 私、あのバイトで兄さん手作りのご飯が楽しみなんですから」

兄「そういってもらえるとうれしいよ」

女「ほらー! やっぱりお粥もおいしい! 幸せ過ぎー!」

兄「はいはい、食べて食べて」

女「そんなに急かさないでくださいよー。 なんか寂しくなるじゃないですかー」


53 名前:>>51 二人だけで話を広げるとか、無理[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:19:58.86 ID:AZFEw2V60 [28/84]
兄「何か元気っぽいから、安心したよ」

女「えー、結構心配してくれったって事ですかー」

兄「そりゃー心配だろ、普通にさ」

女「へへへへ。 なんか風邪ひいて得したかも」

兄「そっかー。 女は寂しがり屋なんだなー。 覚えとく」

女「へへへへ、やっふぉー! うれしいな! おいしいな!」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:25:25.68 ID:AZFEw2V60 [29/84]
兄「なんか、こっちが恥ずかしくなってくるな」

女「たまにはいいじゃないですかー。ってごちそうさまー」

兄「お粗末さまでした。 じゃあ、洗いもんだけしとくから、横になってな」

女「はーい。 幸せヌクヌク」

兄(えーっと、こんなに可愛かったっけ?? 熱のせいか?? 普段からは想像がつかないくらい可愛いんだが)

兄(一人暮らしは寂しいのかなー。 ってか彼氏とかいないのかな?? ん、俺、そんな話したことないなー)

兄(んんん!! 俺なに意識してるんだ!! キメー俺!! 洗い物終わったらとっとと帰ろう)


57 名前:>>54 そうかな? おりが下手なだけ何じゃない[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 14:29:45.46 ID:AZFEw2V60 [30/84]
兄「洗い物も終わったよ。 他にしてほしいことあるかな?」

女「なかったら、どうなるんですか?」

兄「そりゃ帰るだろ。 ゆっくり寝ないと治らんぞ」

女「えーー、寂しいな。 もうちょっと遊んでくれないかなー」チラッ

兄「で、でも、寝ないといけないだろ」

女「じゃあ、寝付くまでお願いします! おとなしく横になってますから!」

兄「おぉー、何か必死な女とか始めてみた気がする」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:37:48.63 ID:AZFEw2V60 [31/84]
女「えー、必死そうに見えますかー。 でも、ちょっと必死だったりします」

兄「すっごい素直だなー。 こっちが恥ずかしいよ」

女「へへへへ。 兄さんと一緒にいれるのが嬉しいんです」

兄「そ、そっか。 なんか妹みたいだな、女って」

女「そうですか? 妹みたいって言われたことないな」

兄「そりゃそうだろ。 俺だって今日の女見るまでは、こんな風には思わなかったよ」

女「…失望しましたか?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:42:25.72 ID:AZFEw2V60 [32/84]
兄「失望はしてないな。 俺って妹がいるから、なんか身近に感じるかな。 前よりはさ」

女「そ、そうですか! きゃっふぉー! それじゃあ、色々期待してもいいですか」

兄「色々って何だよwwww」

女「それは時間をかけて、ゆっくりとお伝えしますよ」ニコッ

兄「はいはい、地味なおじさんをいじめないでくださいね」

女「え? 兄さんって地味なおじさんなんですか?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:45:57.55 ID:AZFEw2V60 [33/84]
兄「どうやらそうらしいよ。 なんか妹がそんな事いってた」

女「そっかなー。 地味って言うと言葉が悪いですけど、裏方に徹する優しい人って感じかなー」

兄「それって地味って事じゃん。 まあ、自分でも地味だともうけどさ」

女「あ、でもでも! バイクに乗ってるときはビシッってしてますよ!」

兄「それって、俺じゃなくって、バイクが目立つからそう見えるだけじゃないの?」

女「あー、、、なんか、そんな気がしてきました」

兄「泣くぞ!」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:49:20.12 ID:AZFEw2V60 [34/84]
女「いいですよ! 私の胸で泣いてください!」

兄「お断りします。 ってか女って彼氏とか居ないの?」

女「いるように見えますかね?」

兄「んーーーー、俺にはよくわからんな。 考えたことないしさ」

女「考えたことないんですか。ふーん、そーなんだー」ショボン

兄「いやいや、だって、バイトの子と俺ってそんな風になることありえないじゃん。 だから考えたことないだけだって」

女「ふーん、そーなんだー」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:52:47.28 ID:AZFEw2V60 [35/84]
兄「ちょ、ちょっと待て女。もしかして俺の事好きなの?」

女「えーーー!!! 今まで気がつかなかったんですかーーー!!!」

兄「えーーーーー!!!」

兄(いやいや、何だこの状況。 生まれて初めて告白されたとか)

兄(こ、これは喜んでいいのか。 それとも、何かの罰ゲームなのか)

兄(そう言えば後輩に言われてお見舞いに来たんだよな。 そうだ! 絶対に罰ゲームだ!)

女「本当に気がついてなかったんですか?」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:55:43.64 ID:AZFEw2V60 [36/84]
兄「まああれだ。 元気になったら告白してくれ。 それまでは聞かなかったことにする」

女「えーーっと、それは私が振られたって事ですか? ちょっと泣きそうなんですけど…」

兄「いや、そういうわけじゃないけど、、、、、えーーっと、、、あれだ」

女「何ですか」

兄「いや、えーっと、、、んーっと」

女「私の事が好きじゃないんですね」

兄「いや、そうはいってないだろ。 えっと、えーっと」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 14:57:56.28 ID:AZFEw2V60 [37/84]
女「」ジーーー

兄(し、視線が痛い! 逃げ道はどこだ! すっげー辛いんだけど!)

兄「まあ、あれだ」

女「だからなんですか」

兄「げ、元気になったら教えてくれって事だ」

女「また告白しなきゃいけないんですか?」

兄「だ、ダメかな?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:02:09.37 ID:AZFEw2V60 [38/84]
女「兄さんって地味でヘタレ何ですね」

兄「え??」

女「私が兄さんの事好きだって、お店の子はみんな知ってますよ」

兄「え?? え??」」

女「そもそも、兄さんって本当に彼女とかいないんですか? 実はバイク仲間とかに彼女がいるって噂もあるんですけど」

兄「え?? なにそれ?? い、いない、いない、いない。 俺聞いたことないし」

女「まあ、私も噂しか知りませんから、本当のところは兄さんにしかわからないと思うんですけどね」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:06:39.54 ID:AZFEw2V60 [39/84]
兄「ちょ、そ、その目は止めて! 俺何にも悪いことしてないじゃん! なんかさ、こう、もっと俺を大切にしようよ!」

女「まあ、悪いことはしてませんね。 ただ、私が好きだって事に気がつかないで、告白もなかった事にしてるだけですからね」

兄「えっと、だからお店の子と仲良くって

女「今日は、もういいです! すっごく嬉しかったのに! でも、お粥沢山作ってくれたから許します!」

兄「あ、ありがとうございます。 そ、それじゃあ帰ります!」

女「本当に地味でヘタレなんんですね。 私も色々考えておきます」

兄「こう、ダメージがコツコツ蓄積されていくんだけど…」

68 名前:>>66 なんか変な事書いたかな?[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:10:53.84 ID:AZFEw2V60 [40/84]
女「兄さんは地味に凹んでください。 はっきり言って似合ってますよ!」

兄「…、じ、地味に凹んでおきます」

女「それと、夜も遅くなったから帰った方がいいんじゃないですか?」

兄「あー、、そうさせて貰おうかな。 なんかさ、怒らしてゴメンね」

女「謝らないでください。 私もちょっと調子に乗りすぎたことはわかってますから。 それと、ご飯作ってくださって、ありがとうございました」

兄「いいえ、なんか作りに来なかった方がよかったかな」



69 名前:>>66 なんか変な事書いたかな?[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:14:59.85 ID:AZFEw2V60 [41/84]
女「もーーーー! 兄さんがフナムシくらい鈍いって事が分かったから今日はよかったです!」

兄「ふ、フナムシって……」

女「ご、ごめんなさい。 ちょっと言い過ぎですよね。熱のせいかなー」

兄「そそ、熱のせい熱のせい。 じゃあ、ゆっくり休めよ。 店の方は一週間休みにしておくから」

女「あ、ありがとうございます。 治ったら一番に連絡しますから」

兄「それと、本当に困ったことがあったら連絡ちょうだいね。 一人は大変だからね」

女「は、はい! すぐに直しますから。 今日はなんだかごめんなさい」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:18:22.60 ID:AZFEw2V60 [42/84]
兄「いやいや、こちらこそ、色々とごめんなさい」

女「も、もうじき12時過ぎますから、早く帰って下さい」

兄「そ、そうする。 何か、遅くまでごめんな」

女「お、お休みなさい」

兄「ちょっと待って。 俺でてったら鍵だけかけてよ。 心配だからさ」

女「わ、分かりました。 それじゃあ、っと、何かめまいがしてきました」

兄「わわわわ! お、俺帰る!」

女「ありがとうございました!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:25:02.07 ID:AZFEw2V60 [43/84]
ーーーーー

ーーー

兄「ただいまー」

妹「おかえりなさい」

兄「お、起きてたの?」

妹「やっぱり忘れてるんですね」

ハァー

兄「え?? 何が??」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:28:32.19 ID:AZFEw2V60 [44/84]
妹「今年のバレンタインが終わったって事です」

兄「あ……」

妹「遅くなるんなら、連絡位下さい」

兄「…待ってましたか?」

妹「知りません。そうそう、妹友と電話して兄さんにチョコはあげないでって言われました」

兄「あ、、、えっとさ、、、、怒ってる?」

妹「もう少しデリカシーを持って女の子に接してください! だから地味なんです!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:32:10.24 ID:AZFEw2V60 [45/84]
兄「そ、そんなに地味なのかな…。女にも言われたよ…」

妹「看病って女さんなんですか! それでこんなに遅くなったんですね」

兄「そ、その目は止めていただけないでしょうか……。 心が痛いです」

妹「もういいです! お兄ちゃんにチョコなんて、あげるわけないじゃん」

兄「はい、おっしゃる通りです。 ちなみに晩ご飯は食べたの?」

妹「さっき食べ終わりました。 何か色々冷たく感じました」

兄「ごめんなさい。これからは気をつけます」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:35:07.14 ID:AZFEw2V60 [46/84]
妹「そうしてください。 お休みなさい」

兄「お休みなさい」

兄(なんなんだ…。 今日はとっても不幸な気がする。 何が悪かったんだろ……)

兄(そう言えば、今年は妹からも女からもチョコ貰えなかったな……)

兄(……もういいや、地味に飯食って地味に寝る!)



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:39:53.03 ID:AZFEw2V60 [47/84]
ーーーーー

ーーー

次の日の朝

From女
昨日はごめんなさい
来てくれて本当に嬉しかったです
今朝になったら熱が下がりました

To兄
了解です
元気になったら連絡下さい
待ってます

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 15:43:16.52 ID:AZFEw2V60 [48/84]
>>75 そうだね。みりょくないね。
>>76 そうだね。いいさくひんだね。

おでかけします


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:24:40.29 ID:AZFEw2V60 [49/84]
2日後

From女
おはようございます
熱が下がりました!
平熱です!
お医者さんも明日の朝に熱がなけれが大丈夫って言われました
たぶん、明日はバイトに出れそうだと思います
ご心配をお掛けしました

To兄
了解です
早くよくなってよかったね
でも、無理はしないでね

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:28:43.20 ID:AZFEw2V60 [50/84]
3日後

From女
今朝も熱がないから復活です!
バイトは今日から入ってもいいでしょうか?

To兄
復活よかったね
せっかくだから今日くらいは休みなよ
シフトだと明日の朝からになってるけど、これは大丈夫かな?

From女
明日の朝からでお願いします
本当にご迷惑をお掛けしました

To兄
了解

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:33:17.29 ID:AZFEw2V60 [51/84]
From妹友
妹ちゃんが元気ないんだけど、まだ喧嘩してますか?

To兄
喧嘩っていうか、口を聞いてくれないで困ってる

From妹友
妹がお兄ちゃんが怒ってるから口を聞いてくれないっていってますよ?
本当ですか?

To兄
嘘だよ
今朝もおはようっていったけど、ガン無視だったよ

From妹友
やっぱり嘘ですよね
ちょっと妹と話してみます

To兄
ありがとう
助かるよ
今度、ご飯食べにお店においで
おごるからさ

From妹友
ありがとう
また、何かあったら連絡しますね

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:38:41.17 ID:AZFEw2V60 [52/84]
女「おはようございまーす」

兄「おー、元気になったみたいだね。よかった、よかった」

女「あのー、お店終わったらちょっと話がしたいんですけど……」

兄「俺はラストまでいるから、ちょっと時間が会わないかもしれないなー」

女「そうですか…。 じゃあ、一つだけ」

兄「何?」

女「先日はお見舞いに来てくださったのに怒ったりして本当に申し訳ありませんでした」


88 名前:4日後です[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:41:53.25 ID:AZFEw2V60 [53/84]
兄「ああ、いいよ。 なんか普段の女さんとは違ったから具合悪かったんでしょ?」

女「そうだったんだと思いたいです…。本当にごめんなさい」

兄「だから、いいってば。気にしてないからさ」

女「本当ですか? 怒ってたりしませんか?」

兄「大丈夫、大丈夫。さ、仕事がんばろ」

女「はい! 頑張ります!」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:48:50.79 ID:AZFEw2V60 [54/84]
お店でちょっと遅い昼ご飯

兄「あ、妹友からメールだ」

お仕事中にごめんなさい
返信はお仕事終わってからでお願いします
妹ちゃんと話をしたら一生懸命チョコ作ったのに、もらって貰えないからいじけてるみたいです
それと、一人でご飯食べてたら寂しくなってちょっと怒ったんで、引っ込みがつかないみたいです
それで、お兄ちゃんと話がしにくくなったから、ますます落ち込んでます


兄(だろうなー。どうやって機嫌取ろうかなー。面倒くさいけど、ご飯待たせたのは悪かったよなー)

兄(メール入れておけば、こんなことにはならなかったんだろーなー)


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 16:57:06.19 ID:AZFEw2V60 [55/84]
兄「さーてと、これで締めていいかな」

後輩「いいっすよー。 あとはレジの締めだけですかねー」

兄「だなー。 先に上がっていいからー」

後輩「了解っす。 お疲れ様でしたー」

兄「おつかれー。 さてと、今日の売上はっと…」

ブッー ブッー ブッー ブッー ブッー

兄「電話?  はい、兄です。あー妹友ちゃん、こんばんわ。 メール有難うね。読ませてもらったよ。 ん?」

兄「えーっと、長くなりそう? え? 今からくるの?」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:04:25.12 ID:AZFEw2V60 [56/84]
兄「どうしたの、急に? え? ん、ん、ん、そんなにイジケてんの? えー、二日も飯食ってないの!」

兄「ん、わかった。 っていうかお願いしてもいいのかな。 ん、ん。 分かった。妹友ちゃんの家には電話しておく。 助かるよ」
プチッ

兄(飯食わない勢いでイジケるってどうよ…。 なんで怒った方がイジケるのか意味わかんねー)

兄(まあ、あんな風に怒ったから恥ずかしいんだろーな。 ちゃんとメンテするか。 可愛い妹のためだしねっと)

ジュージュー

カランカラン
妹友「お兄ちゃん、こんばんわ。 遅い時間にゴメンねー」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:33:52.69 ID:AZFEw2V60 [57/84]
兄「いやー、こっちこそゴメンね。 もうじきご飯できるから座って待ってて」

妹友「はーい。 妹はしっかりして。 ちゃんとお兄ちゃんに話をするんだよ」

妹「…うん」

妹友「本当に大丈夫なの?」

妹「…うん」

妹友「ちゃんと言わないと寂しい思いするからね」

妹「…うん」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:36:36.79 ID:AZFEw2V60 [58/84]
妹友「もー、しっかりしてよね!」

妹「…うん」



兄「お待たせー! あ、妹友ちゃんの家に電話したらうちに泊まることになってたんだけどさ」

妹友「へへへへ、何時に帰るかわからなかったから泊まるって行っちゃった」

兄「そういうことは先に言っておいてよ。 一応、OKは貰っておいたよ」

妹友「ありがとうございます」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:39:12.13 ID:AZFEw2V60 [59/84]
兄「さて、本題だ。 飯も食ってないってどういうこと?」

妹友「ほら、ちゃんといいなよ」

妹「…うん」

兄「えーっと、チョコの事そんなに怒ってるの? それとも晩ご飯の事?」

妹「…うん」

妹友「ちゃんと話しないから、こんな風になったんだよ。もう、私知らないよ」

妹「…うん」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:43:09.40 ID:AZFEw2V60 [60/84]
兄「まあいいや。 とりあえず食べなさい。 別に怒っててもいいから、ご飯は食べなさい」

妹「…うん」

妹友「私は食べるからね。 いただきまーす」

兄「はい、召し上がれ」

妹「…いただきます」

兄「はい、召し上がれ」

妹友「うわー! 久しぶりにお兄ちゃんの賄い料理食べたけど、やっぱりおいしい!」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:46:12.41 ID:AZFEw2V60 [61/84]
兄「ありがと、妹友ちゃん。妹はおいしい?」

妹「…うん」

兄「そっか。 ちゃんと食べなさいね」

妹「…うん」ポロポロ

兄「どうしたの? おいしくて泣いてるの?」

妹「…うん」

兄「ならいいけどさ。 そう言えば妹友ちゃんは大学どこ行くの?」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:50:35.27 ID:AZFEw2V60 [62/84]
妹友「言ってなかったっけ? もちろん、妹と一緒だよ」

兄「そっか、また仲良くしてね。 よかったな、友達と一緒の大学に行けてさ」

妹「…うん」ポロポロ

兄「よしよし」ナデナデ

妹友「もう、しょうがないな。 最初だけ話してあげる」

兄「自分で言わなくていいのか?」

妹「…自分で言う」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:53:00.38 ID:AZFEw2V60 [63/84]
兄「じゃあ、教えてください」

妹「…あのさ」

兄「なに?」

妹「うちって引っ越すって知ってる?」

兄「は? 誰が引っ越すの?」

妹「お父さんが東京に転勤になるかもしれないって。 そしたら、お母さんも一緒に東京に住もうっていってたの」

兄「え? まじで? 俺聞いてないけど」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 17:57:26.74 ID:AZFEw2V60 [64/84]
妹「兄さんには決まってから話すって言ってた。 どうせこっちに残るって言うだろうから後でいいって言ってた」

兄「ま、まじっすか。 家はどうなるの? 俺、すむところなくなるじゃん!」

妹「家は残しておくって言ってる。3年くらいで帰ってくるらしいから、その間人に貸すって言ってた」

兄「俺、家なし子になるじゃん」

妹「でも、会社の寮があるから大丈夫だって言ってた」

兄「それはさ、仕事始めたばっかりのやつが住むの! 店長になったら住めないの! って妹にいっても仕方ないか…」

妹「それで、私も東京に住めって、お父さんとお母さんが言うの」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:03:37.38 ID:AZFEw2V60 [65/84]
兄「まじで? 何時聞いたの?」

妹「先週の金曜日」

兄「えーーーーー。 聞いてないし。 でもさ、妹が東京いったら通学できないじゃん」

妹「そうなの。 そしたらさ、妹友にも会えなくなるし、兄さんの料理が食べれなくなっちゃう」

兄「もしかして、日曜日に相談しようとしてたの?」

妹「うん。 でも、兄さん帰ってこないし、お父さんもお母さんも東京にいけるのが嬉しいとか言って不動産屋さんに行って帰ってこないし」

兄「そっかー。 寂しかったんだね」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:07:42.85 ID:AZFEw2V60 [66/84]
妹「誰も私の側にいてくれないから寂しくってさ。 ご飯が冷たいんだよ」

兄「あー、お前は嫌いだよな、冷たいご飯とチンしたご飯」

妹「うん。本当は温め直そうと思ったんだけど、一人だからいいやって思ってそのまま食べたの」

兄「で、メチャメチャ怒ってたんだな。 飯くらい温めればいいのに」

妹「なんかさ、意地になっちゃってさ」

兄「まあ、それはいいや。 一人で考えてどうだったの?」

妹「引越ししたくないよー。一人で家にいるのは嫌だよー」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:13:58.83 ID:AZFEw2V60 [67/84]
兄「でもさ、妹も大学生になるんだから一人暮らしすればいいじゃん」

妹「嫌だもん。一人の家に帰るのは寂しいもん。そんなのつまんないもん」

兄「それでも大学生なんだからさ」

妹「いやいや! 最近はお兄ちゃんと話ができるようになってきて楽しいもん! だからいや!」

兄「どうしたんだよ。 お前って小学生とか中学生の時って一人暮らしするんだっていってたじゃん」

妹友「ちょっといいですか?」

兄「えっと、俺?」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:20:22.32 ID:AZFEw2V60 [68/84]
妹友「はい。 えーっとね、それってお兄ちゃんが一人暮らししてたときの妹ですよね」

兄「ん? そうかな?」

妹友「そうなんです。 でね、高校に入るくらいに家に戻ってきたじゃないですか」

兄「あーー、そうだ、そうだ、そんなことあったな」

妹友「その時にね、お兄ちゃんがご飯作ってくれたりしてすっごく嬉しかったんだって」

兄「?? 母さんも作ってくれるじゃん」

妹友「でも、お母さんは家族全員の分でしょ? お兄ちゃんは妹のためだけに作ってくれるでしょ? だからスッゴく嬉しかったんだって」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:33:22.61 ID:AZFEw2V60 [69/84]
妹友「多分、お兄ちゃんわかってないと思うけど、お兄ちゃんが誰かのために作るご飯っておいしいんだよ」

妹友「妹って、お兄ちゃんと年が六つも離れてるじゃない?
   だから小さいころは気がつかなかったんだけど、家に帰って来たらスッゴくスッゴく優しくって美味しくって嬉しかったんだって」

妹友「妹はそれが取っても大事なんだって。お兄ちゃんにご飯作ってもらった日はとってもよろこんでるよ」

妹友「甘ったれかもしれないけど、妹に取ってはスッゴく大事な事なんだって。
   大学生にもなってお兄ちゃんとかおかしいかも知れないけど、妹はそれが一番嬉しいからいいんじゃないのかな?」

妹友「だから大学生だから、こうしなさいとか言わないであげてほしいな。
   気がついたのが高校生だからもう少しだけ一緒にいてあげてほしいなって思うの」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:38:46.01 ID:AZFEw2V60 [70/84]
兄「へー、そんなこと思ってたんだ」ナデナデ

妹「小さい頃は全然気がつかなかったんだけどさ、お母さんも普段パートじゃない? だから一人でご飯食べることも多かったんだ」

兄「そっかー、そう言えば俺も自分の分は自分で作っててよなー」ナデナデ

妹「私もそれでいいと思ってたんだけどね、お兄ちゃんは何にも言わないで作ってくれるから嬉しかったんだ」

兄「まあ、誰かが作ってくれたご飯って美味しいよなー」ナデナデ

妹「でもさ、東京に引っ越しちゃったら、お兄ちゃんのご飯が食べれなくなっちゃう」ウッグウッグ

兄「そっかー、俺の作るご飯は美味しいから引っ越したくないんだー」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:42:37.75 ID:AZFEw2V60 [71/84]
妹「でも、私のために部屋を借りたりするとお金かかるし。 大学入っただけでもお金かかって迷惑じゃない」

兄「で、相談したいけど帰ってこなかったと。こういう話でいいのかな?」

妹「うん、、、、でもさ、どうしよう。 兄さんのご飯のために引っ越したくないって言えないよ」

兄「そりゃそうだな。 でもさ、大学にどうしても行きたいって言ったらどうかな」

妹「言ったけどさ東京で働いた方が楽しいってお母さんが言ってたよ」

兄「ほー、そんな事いってるんだー」

妹「働いた方が楽しいのかな? 働いてもいいけど、地元に残りたいなー」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:46:42.42 ID:AZFEw2V60 [72/84]
兄「んーーーーー、よし。 お前はご飯の話を母さんにはするな」

妹「え?? やっぱり、言わない方がいいのかな」

兄「いや、言ってもいいけど、今は待て」

妹「なんで?」

兄「今は大学にいきたってだけでいいよ。 それにさ、俺大学いけなかったから仕事してるけど、勉強は出きるときにしておいた方がいいよ」

妹「そうなのかな?」

兄「それはそうだよ。 仕事したら勉強してる暇なんかないからさ」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:50:49.77 ID:AZFEw2V60 [73/84]
妹「そうなの? よくわからないけど、いけるんなら大学行きたい」

兄「よし、それじゃあ、父さんと母さんには俺から話しておく。お前は大学行ってもしっかり勉強しろよ」

妹「うん、勉強は好きだから頑張る」

兄「よしよし、じゃあ、ゆっくりご飯食べな。 あ、温める?」ナデナデ

妹「今日はいい。 私の話で冷めちゃったんだからいいの」

兄「そっか」

妹「うん」

妹友「さっすが、お兄ちゃん! ご飯を前にしたときの話は説得力あるよね」

115 名前:ご飯食べてきます&しえん、ありがとう[] 投稿日:2011/02/14(月) 18:55:31.07 ID:AZFEw2V60 [74/84]
妹「ふふふ、いつもは地味なおじさんなのに」

兄「いやー、そんなに地味なのか」

妹友「あーー、そう言えば女さんにも地味って言われたんだよね。 なんでそんな話になったの。 教えて教えて」

兄「それは秘密だ」

妹友「それって告白されたの! されたんでしょ! チョコ貰ったの?」

兄「いや、チョコは貰ってないし、告白はなかったことになってだな」

妹「告白がなかったこと? でも好きだって言われたんでしょ? なんて返事したの!」

119 名前:ありふれた話だよ[] 投稿日:2011/02/14(月) 19:56:55.90 ID:AZFEw2V60 [75/84]
兄「それは、、、、、秘密だ」

妹友「えーーー、そこまで話したんなら教えてよ」

兄「俺は何も話してないし、喋りません」

妹「でも、地味って言われたんでしょ? そんなことは仲良くならないと言われないよ、普通は」

兄「べ、別に仲良くねーし」

妹友「私は怒らないから教えてくださいよ」

兄「知りません。 女に聞いてください」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 20:00:12.63 ID:AZFEw2V60 [76/84]
妹友「じゃあ、メールしておく」

兄「ちょ、お前なんでメアド知ってんだよ!」

妹「前に来たときに教えてもらったんだー」

兄「うっそん! ちょっと勘弁して欲しいんだけど…」

妹「お断りします」

妹友「じゃあさ、後で一緒に送ろうっか」

妹「家に帰ったらゆっくりやろうねー」

兄「うっぜー、こいつら」

121 名前:もうちょいで終わるはず![] 投稿日:2011/02/14(月) 20:07:01.34 ID:AZFEw2V60 [77/84]
で、土曜日

兄「おはようー」

女「おはようございます」

兄「あ、今日はラストまで一緒だっけ?」

女「はい。今日は仕事が終わったら話いいですよね」ニコッ

兄「いやー、妹にご飯作るって約束したんだ」

女「それなら大丈夫ですよ。私が告白して結果を教えるっていったら、その時は自分で作るって言ってましたよ」ニコッ


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 20:10:18.06 ID:AZFEw2V60 [78/84]
兄「マジで?」

女「はい。 ちゃんと話はしてありますよ。 それに妹ちゃんの話聞いてあげたんでしょ? それなら私も聞いてほしいなーって」

兄「なぜ女の話を聞かなきゃいけないんだよ」

女「そこは、店長としての器ですかね」

兄「その、都合がいいときだけ上司扱いとか止めてほしいんだけど」

女「まあ、そこも含めて、ゆっくり話をしましょ」

兄「嫌だなー。 本気で嫌だなー」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 20:12:21.28 ID:AZFEw2V60 [79/84]
女「大丈夫ですよ。 この前みたいに怒ったりしませんから」

兄「それでも、嫌なんだけど…」

女「はいはい、私が納得できる理由があったら引き下がりますよ?」

兄「理由ね…」

女「それじゃあ、仕事しますか」


 ・
 ・
 ・
 
 ・

126 名前:fromとtoが逆じゃんorz[] 投稿日:2011/02/14(月) 20:15:59.59 ID:AZFEw2V60 [80/84]
女「さて、仕事も終わりますけど理由は見つかりましたか?」

兄「…思いつかないよ、そんなの」

女「なら妹ちゃんに遅くなるって連絡してくださいね」

兄「あーー、それはもうした」

女「へー、それじゃあ早く閉めましょうっか」

兄「じゃあ、片付け頼む。 俺レジやっておくから」

女「はーい」


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/14(月) 20:23:45.65 ID:AZFEw2V60 [81/84]
兄「あ、そう言えば返信見てなかったけど……」


 もういいもん!
 私からお兄ちゃんにチョコなんて、あげるわけないじゃん


兄「俺、悪い事してねーのに。 結局、チョコ貰えなかったし」

orz



-- おわり --

131 名前:おわったどーーーーー[sage] 投稿日:2011/02/14(月) 20:27:38.05 ID:AZFEw2V60 [82/84]
ちゃんと見てないけど、兄が妹に送るときはTo:妹
Fromは逆

っていうか、初めてSS書いたけどメチャメチャつかれた
なんか、ちゃんと書いてる人ってすっげーなと改めて思った
まあ、突っ込まれてるけど、読み返す元気がないから寝ます

読んでくれた人、ありがと&乙

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。