FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「なんか変なのが近づいてくる」   θ゙゙ ヴイィィィィン

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:20:53.06 ID:jdHzFOSV0 [1/49]
梓「ねぇ唯先輩!」                                        θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「ん? どったのあずにゃん」

梓「なんか来てるんです」                                   θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「ほえ?」

梓「見てくださいあれ」                                    θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「なんもないけど」

梓「あれですよ。見えないんですか!?」                        θ゙゙ ヴイィィィィン


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:22:33.22 ID:jdHzFOSV0 [2/49]

唯「あずにゃん……疲れてるんだよ」

梓「そ、そんなはずは……現にあそこに……」                    θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「今日はもう帰ったほうがいいよ……」

梓「ちょっ! 段々近づいてきてる!!」                       θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「秋山せんせー。患者さんの容態がおかしいです。あははっ」



澪「……そ、そうか」              θ゙゙ ヴイィィィィン

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:23:44.72 ID:jdHzFOSV0 [3/49]
澪(なんなんだこれさっきから)      θ゙゙ ヴイィィィィン   

律「おいおいどうしたってんだ澪。口数すくないぞー」

澪「あまりしゃべれないんだよ」     θ゙゙ ヴイィィィィン

律「へ?」

澪「長くしゃべると追いつかれる」   θ゙゙ ヴイィィィィン

律「なんのこっちゃ」


紬「あぁ……そういうことね……」                              θ゙゙ ヴイィィィィン

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:25:53.63 ID:jdHzFOSV0
梓「澪先輩とムギ先輩も見えますか」                      θ゙゙ ヴイィィィィン

梓「どうやら喋れば喋るほど近づいてくるみたいです」           θ゙゙ ヴイィィィィン

梓「ひいいいっ喋っちゃったああああ」                    θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「ねぇ……これどうしたらいいのかな……」                   θ゙゙ ヴイィィィィン三

紬「えっなんで!? 私のだけ早いわ!!」               θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

梓「だめですよしゃべっちゃ! きちゃいます。あ」            θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「こないでええええ!!」                     θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:28:23.39 ID:jdHzFOSV0
律「んー?」                                    θ゙゙ ヴイィィィィン

                                           ヌプッ
律「なんだーお前ら、みんなしてどうかしたあっひゃああんんぅあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」


律「んぅ、おいっあああんこれぇええなんとかああっあああ、なんなんθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「り、りっちゃん! どうしたの!! なんで今日はそんなえっちな感じなの!」

梓「あわわわわわわ、律先輩が……」                  θ゙゙ ヴイィィィィン

澪「……律、うぅ」          θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「りっちゃああああん!!」                θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:30:58.33 ID:jdHzFOSV0
律「あびゃああびゃびゃびゃああんっああああんあんあんあんあθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「だめだよ! ここ部室だよ! そんなえっちな声だすのやめなよ!」

律「あああ唯っんっでも、これ、とまらなああっんひぃいいああθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「りっちゃんの身になにが起きてるの……!!」

唯「ま、まさか! 超常現象!!?」

唯「って映画をみたんだよ! えへへ~」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:32:56.11 ID:jdHzFOSV0
梓(このまま唯先輩にしゃべらせとけば私は安全……)      θ゙゙ ヴイィィィィン

梓(ってきてるうううううう!!!!)                 θ゙゙ ヴイィィィィン

澪(バカ、梓っ)         θ゙゙ ヴイィィィィン

澪(ああああっもう!)    θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「ねぇねぇ、みんなでしりとりしようよ~。じゃあ私からね」

梓「ばかなのおおおおお!!!」                 θ゙゙ ヴイィィィィン


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:34:09.50 ID:jdHzFOSV0
唯「ひ、ひどいよあずにゃん、ほんとなんかあったの?」

梓「話ふらないでくださああああいい!!!」         θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「……変なの。ねぇムギちゃん」

紬「……」                      θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

唯「ムギちゃん?」

紬(だまっててもくるんだ……)     θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:37:33.18 ID:jdHzFOSV0
唯「ねー、どうしてそんな顔してるのー? りっちゃんはずっと喘いでるし意味分かんないよ」

律「あんっあんっ、いやあぁああん、だめだってんああああθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「みんなぁ、もしかしてこれがイジメってやつかな? ん? 泣いちゃうぞ?」

澪(全員にふった)     θ゙゙ ヴイィィィィン

梓(最低です)                          θ゙゙ ヴイィィィィン

紬(もうすぐ私)         θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

律「あんっゆいっだめっていったあんっああんあんんっθ゙゙ ヴイィィィィン」

                                               ヌヌヌ ピキーン! 
唯「え? 私なんかした?」                               θ゙゙ ヴイィィィィン 

                                             ゴゴゴゴ
唯「あれ?」                                       θ゙゙ ヴイィィィィン

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:41:06.44 ID:jdHzFOSV0
唯「おっとこれはもしかして」                             θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「うんたん! うんたん!」                           θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「おーまいがー!」                               θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「……」                                     θ゙゙ ヴイィィィィン


梓「わかりましたか?」                   θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「みんなごめんねええええええ!!!」                 θ゙゙ ヴイィィィィン       


澪「ふるなあんあっあんっんθ゙゙ ヴイィィィィン」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:43:25.94 ID:jdHzFOSV0
梓「ついに澪先輩まで……」               θ゙゙ ヴイィィィィン

律「あんっ澪もっああんあ、気持ちよくあんあん、なろっθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「これ、りっちゃんと澪ちゃんであえぐ長さが違うけど……」    θ゙゙ ヴイィィィィン  


唯「気持よさも違うのかなぁ……」                    θ゙゙ ヴイィィィィン  


紬「え?」        θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:45:03.76 ID:jdHzFOSV0
唯「なら少しでもながいうちにいいいんっああんぁんあっあっあんθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「バカですか」                     θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「そっかあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「は?」                        θ゙゙ ヴイィィィィン

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:46:18.95 ID:jdHzFOSV0
唯「んぅ、んんんっあああんああんきもちいよおあずにゃんっんθ゙゙ ヴイィィィィン」

律「梓も、んぅああん、はやくこれんんっうあ体験してみθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「やばっ…やみつきああθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「きもちいいいいθ゙゙ ヴイィィィィン」





梓「…………ゴクリ」                 θ゙゙ ヴイィィィィン?




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:50:07.56 ID:jdHzFOSV0
梓「あれ、とまった!」               θピタッ

梓「と、とまったああ!」              θ

梓「やりました、ざまぁないです!」        θ

梓「……でも」チラッ                 θ


唯「あんあんあんあんっきもちいよおおっあんっいやああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」

律「はぁん……これぇあんんっやばすぎるってああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「だめっ、いくういかせてよθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「あああんんんθ゙゙ ヴイィィィィン」



梓「……気持ちイイのかな」           θココデ、ボーナスターイム! タラララッタラーン




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:52:29.30 ID:jdHzFOSV0
梓「……え」                         ビュン 三三θ

梓「……!」                                                  θピタッ

梓「!!」                                                    θカモン


梓「こ、これだけあれば一体どれだけ……」                               θソリャスゴイヨ


梓「……やっ」                                                 θ゙゙ヴィイイ

梓「やってやるですうううううううううううあああんああんあんっあんああっああんあんらめぇえθ゙゙ ヴイィィィィン」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:55:04.57 ID:jdHzFOSV0

梓「ひゃあぁっんんぅあんっ……あんっだめぇああんこんなのすぐ、あんきもちっあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」


梓「ああっんっぅん、ああん、にゃぁあ、ひゃうんっあっだめぇ……せつないよぁあっはあθ゙゙ ヴイィィィィン」


梓「ああぁんああん、んっふぅ……やぁああ、んんっ、ふぅ……あぁっ……いいっよぉθ゙゙ ヴイィィィィン」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 17:57:40.79 ID:jdHzFOSV0
唯「ひゃあん、あんあん、ううん……たぁん、いいくぅううあんθ゙゙ ヴイィィィィン」

律「はぁはぁ、あぁあん、はやくっ、いきたいぃああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「いかせてぇ、あああんθ゙゙ ヴイィィィィン」


紬「んああぁんθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「ああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「ああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「あっθ゙゙ ヴイィィィィン」


紬「θ゙゙ヴィ 」



紬「あああぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああっん!!θ」ビクンビクン




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:02:09.45 ID:jdHzFOSV0


紬「   」 三θ
     ウワアアアオシダサレルー


紬「……はぁ……はぁ……しゅご、ひぃ……さいこぉ……」 


θ「エヘヘ、サヨナラムギチャン」


紬「ふふ……うふ……あはっ……ありがと……」


θ「マタネ―――――シュンッ


紬「きえた……うふっ、えへぇ、みんな……みんなもはやくイこ? とってもきもちーわよ?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:05:12.22 ID:jdHzFOSV0

唯「ってことはっ、ああん、やんこれってあああんなあんθ゙゙ ヴイィィィィン」

律「最後まで、あああん、行かないとっあああんnθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「わたひ、もうすぐっんθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「にゃああんっそんなぁ、わたひっ、うっく、んんっひどいで、す、ああんいやぁθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「いひゅに、なったりゃっあああん、いけ、いけるんですっっふああんやあんθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「うれしいね梓ちゃん? ずっとずっときもちーのが続くのよ?」

唯「あじゅにゃっあああん、よかった、ねぇああん、あんθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「いやぁああっ、わたひっ、あぁはやぐ、いきたいでしゅっあああんんっふぅθ゙゙ ヴイィィィィン」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:08:15.07 ID:jdHzFOSV0

唯「むぎちゃあっおねがひぃ……いきたいのっあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「ふぅむ……わかった! じゃあ押しこんであげる~」

唯「ありがっ、っふぁん、ああんあんやぁんっ、はぁんθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「いっきまーす! それ!」

               
唯「やあああああああっああんθ∈紬 ズブズブ
                ヴイィィィィン



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:10:50.68 ID:jdHzFOSV0

紬「どう? 唯ちゃん気持ちいい?」

唯「もっとぉおおっああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「わかった。イカせてあげるね? 覚悟ぉ!」


唯「あっθ∈紬ズブズブ
   ヴイィィィィン


唯「θヴィ」キュピーン

紬「うふふ~。さぁ、たっっっっぷり気持ちよくなってね!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:13:21.26 ID:jdHzFOSV0

唯「あっ……」




唯「ああああああああああああああああああああああああああああああああああっあっっん!!!」


唯「あああああああああああああああああああああああああああああああああなにぃっこれっ!!!」


唯「いやああああああああああああああああああああああああああああああっっああああんっ!!!」


唯「とまりゃないよおおおおおおおおおおおおおあああああああああああああああっあああああ!!」


唯「ひぐぅううううわたしイっちゃってるうううううううああああああああああああああああああああ!!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:16:19.04 ID:jdHzFOSV0

唯「    」 三θ
        チュポン

θ「エヘヘ、サヨナラユイチャン」

唯「ロー太……ロー太ぁ……いか、ないでぇ……グス」

θ「ゴメンネ」

唯「……うううっ……はぁ……んぅ……」


θ「マタネ―――――シュンッ


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:19:03.37 ID:jdHzFOSV0

唯「はぁ……はぁ……ロー太ぁ……す、すご……さよ、なら……」

唯「なに、これ……こんなぁ、はぁ、しゅごいの……あっていいの」

唯「わたし……頭とけちゃって……んっ、ハァ」

唯「ムギちゃ……ロー太ぁ……ありがと……はぁ」

紬「お礼なんていいのよ~。さぁ後は三人がいくのを待つだけね」

紬「それとも私たち二人で手伝ってあげよっか?」

唯「ハァ……いいねぇ……ちょっと落ち着いたら……補助するよ」

紬「じゃあ私さきにやっとくね? だれにしよっかなー」

唯「あずにゃ、は……はぁ、おいといて……」

紬「うん! わかった~♪」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:23:28.00 ID:jdHzFOSV0
紬「さてと」チラッ


律「ああんあああんあはやくっ、いきたいにょおおθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「んんっ、ああああんθ゙゙ ヴイィィィィン」


紬「終わりが近いのは澪ちゃんね。じゃあ澪ちゃんから!」

紬「よーし! 澪ちゃん。すぐ楽にしてあげる!!」


澪「ま、まってぇ……θ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「え?」

澪「りちゅと一緒ひθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「……!!」

紬(これが……真の友情!!)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:26:52.36 ID:jdHzFOSV0

紬「まかせて!!」

律「むぎぃ……あああんはやくうううっあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「そろそろ、限θ゙゙ ヴイィィィィン」


紬「琴吹紬! いきます!!」


        ヴイィィィィン
律「あああんθ゙゙∈ズブズブ
           紬
澪「あああんθ゙゙∈ズブズブ
        ヴイィィィィン

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:29:43.81 ID:jdHzFOSV0

紬「これでぇ!! フィニッシュよ!!」



律「θ゙゙∈コツン
      紬
澪「θ゙゙∈コツン
     


律「θ」

澪「θ」


「「あっ」」

「「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」」

澪「りつうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう」
律「みおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」


「「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」」






118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:34:48.68 ID:jdHzFOSV0

澪「   」

律「   」


θ「モウカエッテイイスカ、ムスメガマッテルンデ」

θ'「マタネ、ミオチャン―――シュンッ

θ「サキイクナヨ,ジャアナ――――シュンッ


澪「ハァ……はぁ……ひぐ、うぐ」

律「なんだよ、これぇ……はぁ、はぁ、うんっ……すごい、じゃん」

澪「まさに……ふわふわ……たいむ……はぁ、ハァ」

律「へへっ……澪ぉ……だらしない顔……」

澪「りつ、こそ……ハァ」



唯「おうおう、イッとるねぇ」

紬「ふふふ、ふたりとも仲良く果てたわ~」


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:38:41.81 ID:jdHzFOSV0

唯「さて、最後は……」


梓「ああぁんああんにゃああんいかせてぅ、くだしゃああいっひんっあああんっっうθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「あっずにゃ~ん♪」

紬「あらあら、まだこんなに残ってるのね」

澪「よかったなー梓、まだまだ気持ちよくなれるぞ」

律「イきたいか? イきたいのんか?」

唯「そこにまってるのは快楽地獄です」


梓「いきたいよぉあああんnかいりゃくじごくに、おちたいでしゅううあああああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:42:26.62 ID:jdHzFOSV0

唯「だ~めっ。まだまだイカせてあげない」


梓「しょんにゃあああああああんっはぁんふ、ああんにゃああんだめえええええθ゙゙ ヴイィィィィン」


律「そうだ、このまま梓を放置して帰ったらどうなるんだ?」

澪「それはたぶん……」

紬「完全に消化しきるまで終わらないから」

唯「ふふ、エンドレスワルスだね」



梓「いやあああっあああだめなのおおおいきたいのおおいきたいよおおおっθ゙゙ ヴイィィィィン」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:46:58.84 ID:jdHzFOSV0

唯「そうだ! おーいロー太!」

θ「ナァニ、ユイチャン」

律「うぉ、いきなりでてきた」

澪「すごい! 手懐けたのか!」

唯「ロー太のお友達も呼んでさ、みんなであずにゃんをもてなしてあげてよ」

θ「イイヨ-、オーイミンナー」

θ「ヨ」
θ「ロ」
θ「シ」
θ「ク」


梓「えっ、ちょおおぁああああんそんにゃのむりだよおおおあああんああnθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「いけぇ! ロー太軍団! あずにゃんのお◯んこに突撃だあああ!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:50:56.38 ID:jdHzFOSV0

梓「にゃああああっいやあああこにゃいでええええああああんああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」  θθθθ三

                                            シンニュウセイコウ         
梓「やああんはいってきちゃらめええええあああんにゃあああんんふθθ゙゙ ヴイィィィィン」 θθθ三



唯「がんばれーがんばれー! あっずにゃん!」

澪「ふれふれ! あずさ!」

律「ふれふれ! あずさ!」

紬「がんばれ~~」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:55:36.71 ID:jdHzFOSV0

                                          キヲツケロッ セマイゾ
梓「あああんはいらにゃいよおおおあああん、だめぇ、ああんあんθθθ゙゙ ヴイィィィィン」 θθ三

                                          モットオクヘ!
梓「にゃああああああああ、もうむりにゃのおおおおっあああんθθθθ゙゙ ヴイィィィィン」 θ三



唯「あとはロー太だけ……!」ゴクリ

紬「大丈夫かしら」

唯「不安だよ……」

澪「唯、信じろ……お前の信じる梓とロー太を!」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 18:58:50.69 ID:jdHzFOSV0

律「……いけっ! いけっ!!」

唯「うん……! いっけえええええ!! あずにゃんのお◯んこ総攻撃だあああああ!!!!!」


                                      クラエー
梓「あああああああああああああんんんっあああんらめええθθθθθ゙゙ ヴイィィィィン」 


梓「はいってりゅうううじぇんぶはいってるうううううううう!θθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」

梓「んはぁあああにゃめえええさいこおおああああああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」

梓「お◯んこおおおおしんじゃうにょおおおおおああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「あずにゃん! どう!? 5倍だよ!!?」



梓「あへっ、ああああぁっらめえええええええええθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」





140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:03:46.89 ID:jdHzFOSV0
唯「……長いよね」

澪「なんか見てるのもしんどくなってきたな」

律「練習する?」

紬「あ、いま紅茶いれたわよ」



梓「うひぃにゅいいいいにゃふうううああああああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「……そろそろ終われせてくるよ」

澪「うん、なんかこれだと他の人達に変な目でみられちゃうし」


唯「あずにゃ~ん、そろそろイカせてあげるね~?」



梓「うにゃああうれひいいあああいきたいれすθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」

梓「唯しぇんぱいにいかせてもらいたいれすθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:08:24.07 ID:jdHzFOSV0

唯「よしよし。いますぐ唯先輩の手でイカせてあげるね?」ナデナデ


梓「にゃふっにゃふっにゃふうううああああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「……だめでしょ? こんなに床ベトベトにしちゃ」


梓「ごめんにゃしゃいいいいかしぇてええθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「……すごいえっちな顔だね。それじゃあいくよ!!」



                ギュイィィィィン
梓「にゃあああああああθθθθθ゙゙∈唯「全軍突撃だああああああ!!」
               ズブズブズブズブズブズブ



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:11:29.29 ID:jdHzFOSV0

澪「唯! 無茶はするな! 梓が壊れる!」

律「うっはっ! 梓白目むいてるぞ!!」

紬「もう興味なくなっちゃった~」


           ギュイィィィィン
梓「にゃあああθθθθθ゙゙∈唯「とどけえええ!!」
          ズブズブズブズブズブズブ



        ギュイィィィィン
梓「にゃああθθθθθ゙゙∈唯「てごわいね!!」
        ズブズブズブズブズブズブ



       ギュイィィィィン
梓「にゃあθθθθθ゙゙∈唯「でもこれで!!」
       ズブズブズブズブズブズブ



     ギュイィィィィン
梓「にゃθθθθθ゙゙∈唯「おわりだあああああ!!」
     ズブズブズブズブズブズブ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:14:08.39 ID:jdHzFOSV0


梓「θθθθθ」
   キュピーン…



唯「どうだ!」



梓「θθθθθ」



唯「……あずにゃん? きもちいい?」



梓「θθθθθ」



唯「あずにゃ……」



唯「え?―――――――――――――――



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:19:40.78 ID:jdHzFOSV0

梓「ふふ、ふふふふふθθθθθ」


唯「あず……にゃん?」


梓「うははははっははθθθθθ」


律「あれ、イかないのか梓? ならもっぺん」 

                            ピュン
梓「ククク、フフ、くらえですθθθθ」   三三三θ


  ズギュン!
三θ律「ぐはあああっ!!!」ブシュウウウ


律「が……は……」バタリ

律「   」




162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:23:24.14 ID:jdHzFOSV0

澪「りつうううう!!!」

紬「きゃあああっ!!!」


唯「え? え……? なに……?」

唯「なにがおきてるの!!? りっちゃん!!」


梓「残弾は4発……ふふふθθθθ」


唯「もしかしてあずにゃんがやったの!?」

梓「……私以外だれだと? ふふθθθθ」

唯「な、なにもの……!」

梓「お◯んこスナイパー梓ですよ、唯先輩……ふふθθθθ」

澪「まさか……膣圧で飛ばしたのか!!」

紬「うそでしょ……梓ちゃんが……なんで!!」

梓「ククク、なかなかイカせてくれなかった復讐ですよθθθθ」

紬「に、にげないと!!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:27:16.69 ID:jdHzFOSV0
                      ピュン 
梓「にがしませんθθθ」  三三三θ

 ズギュン
三θ紬「ぎゃああああっ」



紬「あっ、あ、あず……さ、ちゃ……」バタリ

紬「   」


唯「ムギちゃん!! ひどいよあずにゃん!!」

梓「唯先輩は最後です……θθθ」

唯「み、澪ちゃんがあぶない!!」

梓「っと、もうここにはいないようですね。さすが逃げ足は早いθθθ」

唯「あ、もう校庭まで!!」

梓「ふふ、狙い撃つですθθθ」



澪「はぁ……はぁ、逃げないと、逃げないと……!!」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:32:36.85 ID:jdHzFOSV0
唯「あずにゃん……ま、窓から……まさか!!」

梓「風向きは……手前、北東から15ノットθθθ」

梓「奥は北北西から10ノットθθθ」

梓「乱流はなしθθθ」

梓「湿度、気温の計算はクリアー、コリオリクリアーθθθ」

梓「膣圧力に問題は無しθθθ」

唯「な、なにをいってるの?」

                             ピュン
梓「弾道をイメージ……そこだθθ」   三三三θ




173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:35:12.52 ID:jdHzFOSV0


唯「あ、あああっ! 澪ちゃ……!!」



ズギュン!!

バタリ

キャアアアア  ウワアアアアア

ウワ-ナニ- トツゼンタオレタヨー

キュウキュウシャダー



唯「あ……あ、あ、ああああ!!」

梓「ふふふ、ちょろいもんですθθ」

唯「なんてことを……」

梓「……あと二発θθ」

唯「!!」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:40:32.70 ID:jdHzFOSV0

梓「でも……返しますθθ」ヌチョヌチョ

唯「え?」

梓「どうぞθ」 つθネトォ

唯「そ、そんな、嫌だよ……そんな恐ろしい物」

梓「強くなるんです」

唯「!!」

梓「その一発の魔弾が……世界を変える」

唯「私に、お、お◯んこスナイパーになれっていうの!」

梓「気持ちよくなってほしいだけですよ」

唯「気持ちいい?」

梓「殺人という快楽は、オーガズムなんて比べものにならない神充」

唯「ッ!!」

梓「さぁ、受け取ってください。唯先輩だからこそ私は手をさしのべるのです」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:43:56.33 ID:jdHzFOSV0

唯「あれ、あずにゃん……どうして二発とも」

梓「私を撃ってください」

唯「え?」

梓「おまんこスナイパーは世界にひとりだけしか存在できない力なのです」

梓「だから……私を撃つんです!」

唯「む、むりだよおお!!」

梓「うて!! 唯先輩!!」

唯「いやだ!」

梓「なら無理にでも!」

ツプツプ

唯「ふあああっあああんθθ」

梓「……さぁ、膣口をこっちにむけて」

唯「……うぅθθ」カチャ

梓「クリトリガーをひいてください」

唯「……グス、グスθθ」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:48:39.00 ID:jdHzFOSV0

唯「いやだ……あずにゃん、あずにゃん!!θθ」

梓「……さよなら、唯先輩。ごめんなさい」

唯「いやあああああθθ」


クリッ

                        ドギュウウン
唯「~~~っああん!!!θ」   三三三θ



梓「……」ニコッ



三θ梓「   」



唯「あずにゃあああああああん!!!」


梓「   」




199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:54:20.65 ID:jdHzFOSV0


『いいんです。いいんですよこれで。究極の愛とは殺してあげること』

『私は唯先輩の手にかかって、愛につつまれて幸せです』

『忘れないで、私たちはお◯んこスナイパー』

『あなたはロー太を奏でるのです。ずっとずっと』

『夢の武道館にむけて……』


梓「   」

唯「どうして……どうしてこんなことに……」

                    ポイッ
唯「こんなものいらない!」 つ~θ

唯「いらない……グス」

唯「だから……みんなぁ、帰ってきてよ」


梓「  」
紬「  」
律「  」
澪「  」


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 19:58:14.93 ID:jdHzFOSV0

θ「ヒトツ、ホウホウガアルヨ」

唯「!! えっ、なに!?」

θ「……ボクヲツカッテ」

唯「……ま、まさか!!」

θ「ソウ、ワカルヨネ? ユイチャン」

唯「あはっ……そっかぁ、それがあった! みんなにまたあえるんだね!」

θ「ウン、ミンナマッテルヨ」

唯「うん! みんなーまっててー」

ツプツプ

唯「ああああんっθ」

唯「それじゃあえっと、膣口を覗き込むようにしてっと♪θ」


クリッ


お し ま い



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/10(木) 20:03:15.41 ID:jdHzFOSV0 [49/49]
みなさま
放課後ヴイィィィィンタイム お楽しみいただけましたでしょうか?
わたくし恥ずかしながら、途中で抜いてしまいまして最後までうまく書ききれませんでしたが
この作品がみなさまのよりよいオナニーライフに少しでも役に立てれば幸せに思います


平成23年 2月10日

コメント

No title

これが天才ってやつか…

クリトリガーww

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。