FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「なあ、なんでいっつも一人なん?」女「は?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:01:17.64 ID:aSo/KR0h0 [1/42]
男「一人のが気楽なタイプ?」

女「……てか、何? 急に」

男「暇そうだったからさ」

女「ふーん」

男「で、そうなの?」

女「まー……どっちでもいい」

女「で? それだけかい?」

男「それだけ」

女「……変な奴だな」

男「それほどでも」

女「褒めてねえよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:03:32.54 ID:aSo/KR0h0 [2/42]
キーンコーン

男「さて帰るかあ」

男「あいつ放課後は何してんのかな…」クル

男「って! もういないし」

男「ねえちょっと」

クラス女「ん、どしたの?」

男「女は? 帰ったの?」

クラス女「うん……? ちょっと前にでてったけど」

男「サンキュ」

クラス女「あ、ちょっと!」

男「なした?」

クラス女「えと……あんま、関わんない方が……」

男「は? なんでよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:05:56.98 ID:aSo/KR0h0
クラス女「あの、ね。詳しくはね!? 詳しくは知らないんだけど、
     前の学校では、かなりヤンキーだったみたいで……」

男「女がか?」

クラス女「うん……結構皆知ってるよ?」

男「そうだったんか……」

男「でもだからってハブはヒドくないか?」

クラス女「いやね、そういうつもりはないんだけど!
     なんか、ちょっと怖いかな~~……、って
     あと、誰とも話さないし、そっとしといた方がいいのかな~~、って」

男「ふーん」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:07:36.00 ID:aSo/KR0h0
男「~~♪」

男「お? あれは……」


女「こんなとこにほっぽるなんて、お前の元飼い主はひで~な」

犬「キュゥ~ン」

女「なんかしてやりたいんだが……」

女「餌はダメ、ウチでも飼えないとなりゃあ……」

女「撫でてやるくらいしかできねえんだ……」

女「生まれ変わったら幸せになんな、じゃな」


男「…………」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:10:10.90 ID:aSo/KR0h0
男「おっす」

女「おす」

男「女って、元ヤンだったんだって?」

女「……ったく、それどっから聞いたんだよ」

男「風の噂」

女「……やっぱお前変な奴だな」

男「どういたしまして」

女「あー……ヤンキーか。そうなのかね?」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:12:10.05 ID:aSo/KR0h0
男「髪染めたり?」

女「んー、やってないな」

男「タバコ?」

女「いや、……吸ってねえな」

男「学校サボりまくり?」

女「サボったことはねえ」

男「校舎の窓は?」

女「割ってねえよ」

男「何がヤンキーだよ」

女「なんでアタシに怒るんだよ、わけわかんね」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:15:10.20 ID:aSo/KR0h0
女「あー……でも友達にそーいうの多かった気ぃすんな」

男「へえ?」

女「でな、親父が厳しくてよ」

男「ふうん?」

女「この前バレちまって」

女「『問題起こして退学になるようなやつと友達とは』ってな。
  ここに来させられたってわけだ」

男「ははあ」

女「まあ、アタシが元ヤンとか噂される原因はそれなんかな」

男「かね」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:16:40.86 ID:aSo/KR0h0
女「で、聞けたいことは聞けたか?」

男「ああ、サンキュな」

男「あ、それと」

女「ん?」

男「ウチでな、犬飼うことにしたんだ。二匹目の」

女「そりゃよかったな。責任持って育てろよ」

男「当然」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:18:10.95 ID:aSo/KR0h0
クラス女「ちょっと!」ヒソヒソ

男「ん?」

クラス女「やけに話してたじゃない?」

男「ああ」

クラス女「怖くなかった?」

男「意外といい奴だよ」

クラス女「えっ」

男「あんま距離作ってやんな」

クラス女「う、うん……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:21:05.42 ID:aSo/KR0h0
クラス女「お、女さん」

女「ん?」

クラス女「え、えっと……」

女「何?」

クラス女「へっ!?」ビクッ

女「だから、何って」

クラス女「……ご、ごめんなんでもないっ」ピュー

クラス女「(やっぱり、なんか怖い~……)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:23:02.29 ID:aSo/KR0h0
男「よー」

女「おう」

男「自分から女子の輪に入っていったりしないの?」

女「あー……どうせ怖がられてるし」

男「俺が思うに、元ヤンなのが怖いんじゃなくて、
  表情とかが怖いんじゃない? あと話し方」

女「余計な御世話だ」

男「ほら、それとか。あとお前、立ち位置暗キャラっぽいし」

女「だから余計な御世話だっつーの」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:25:31.71 ID:aSo/KR0h0
女「入ったところで、女の子女の子したやつが多いから、アタシみたいなのは浮くだろ」

男「いやいや、女が思ってるより仲良くできるって」

女「そうか?」

男「そうさ」

男「それに寂しくなったら俺にも話しかけていいんだぞ」

女「ハハ、キモいな」

男「おい」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:27:15.19 ID:aSo/KR0h0
廊下

女「(この前の犬、いなくなってたな……)」

女「(保健所か、拾われたか……後者であってほしいな)」

女「(……ん?)」

クラス女「んしょ、んしょ……う~重い~……」

女「おい、大丈夫か?」

クラス女「はい……え? 女さん!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:29:13.00 ID:aSo/KR0h0
女「ぶちまけないうちに寄越しな、それ」

クラス女「で、でも……っ」

女「助けはいらなかったか?」

クラス女「いや! いりますいります! 助けて!」

女「よし、動くな。そのまま……よ、っと」

クラス女「あ、ありがとう!」

女「今度からは友達に手伝ってもらえ、な」

クラス女「はいっ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:31:17.39 ID:aSo/KR0h0
男「うす」

女「おう」

男「クラス女、助けたんだってな」

女「まあ」

男「自分からはいかないんじゃなかったの?」

女「話が別だろ。困ってたから手伝った。そんだけ」

男「やっぱお前いー奴だな」

女「……そりゃどーも//」フイッ

男「照れてんの?」

女「るさいハゲ」

男「ハゲてないわい」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:42:37.39 ID:aSo/KR0h0
飯いてくる
万が一落ちてなきゃなんとかする

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 19:58:24.22 ID:aSo/KR0h0
クラス女「さて、学校祭だけど、ウチは出し物何する?」

『劇がいいと思うー』『ありきたりじゃね』

『コントは?』『モノマネとかー』

『合唱は?』

男「お前はやるならどれ?」

女「やる前提なのか? やっぱ」

男「やらない気だったのかよ」

女「目立つのは好きじゃねえからな。喫茶店の裏方とかならいいんじゃね」

男「地ん味~~~」

女「じゃあお前何か言ってみろよ」

男「喫茶店の裏方で」

女「真似すんなよ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:09:12.89 ID:aSo/KR0h0
クラス女「というわけで、劇に決まりました~」

男「あー、いつの間にか決まったぞ」

女「よりによって劇かよ……」

男「ちなみに劇ならどこがいい? ポジション。大木1とか?」

女「裏で幕下ろす人」

男「木より地味なのがあったか」

クラス女「じゃあ姫役やりたい人~?」

『 シーン 』

女「……誰もいねえし」

男「主役は流石に度胸いるんじゃん?」

女「なんで劇にしたんだよ」

クラス女「じゃあキリがないので、くじ引きで~」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:14:08.02 ID:aSo/KR0h0
クラス女「はい、女さんっ」

女「はずれを引きゃいいんだもんな……ほい」

クラス女「……赤」

男「……赤だ」

女「……な、なあ、赤って……ハズレじゃ……」

男「ねえよ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:18:29.05 ID:aSo/KR0h0
クラス女「配役はこのようになりました! 各自台本に沿って練習して下さい」

女「はぁ……」

男「災難だったな」

女「……お前はなんで王子に立候補したんだよ」

男「俺なら女もやりやすいかなと思って」

女「ああ……確かに他の奴だとやりにくいかもな……」

男「ま、気楽にやってこう」

女「おう……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:24:03.21 ID:aSo/KR0h0
女「……ただいま」

妹「おかえりー」

ドサッ
女「(……やるからには、中途半端はダメだ、余計ハズい)」

女「(今更文句も言えんし……)」

女「……今日から練習すっかぁ」

妹『お姉ー! 子犬特集ー!』

女「……明日からにすっかぁ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:34:06.28 ID:aSo/KR0h0
女「―――きっと来てくれると、信じていました」

男「おー、様になってる」

女「じゃなくて、次お前のセリフだよ、早く言え」

男「さあ、行(ゆ)きましょう、姫」

女「……かっくいいな」

男「そりゃどうも」

女「この"王子"がな?」

男「……俺、今めっちゃ恥ずかしい」

女「勘違いしやがってこのアホ」

男「ぐ……」

女「……男もだけど……//」ボソ

男「さ、続きやるか、次姫のセリフな」

女「ん。―――」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:41:48.81 ID:aSo/KR0h0
女「―――よし、演技は上出来、かな」

女「遂に明日か……」

妹「お姉ー、さっきから何独り言いってたの」ガチャ

女「ああ、じつはかくかくしかじか……」

妹「へえ! お姫様! じゃあちゃんとお化粧してかなきゃね」

女「……やっぱりすんのか」

妹「朝一番目でやるんでしょ? じゃあ、明日の朝、メイクしたげる」

女「お、おう」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:49:23.35 ID:aSo/KR0h0
男「ジャ~ン」

クラス女「おお! 似合ってる!」

男「クラス女も似合ってるよ」

クラス女「あは、ありがと」

男「あとは女だが……」

ガラ
女「―――お、はよう……」

クラス女「おは……っ、え!?」

男「……」あんぐり

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:55:57.68 ID:aSo/KR0h0
女「……えと……」

クラス女「え!? 女さんだよね!?!?」

男「……み、見違えたな」

女「こーいうヒラヒラした服、苦手なんだけどなぁ……変じゃねえか?」

男「全然。変じゃない」

女「に、……にっ、似合う……か?」

男「似合うよ、すごく」

女「そう……か?//」

男「(ちょっと緊張してるな……俺が)」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:01:41.25 ID:aSo/KR0h0
女「―――信じていました。きっと、きてくれると」

男「さあ、行(ゆ)きましょう」

『 ザワザワ…… 』

男「(練習より上手いな……)」


男「姫! やっと会えたのに……」

女「これも運命なのです……王子」

女「せめて最後に……口づけを……」

女「ん……」

男「(寸止め……な)」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:06:45.38 ID:aSo/KR0h0
女「……」グッ

男「……っ!?!?」

『 オオッ!! 』『 アレシテルヨナ? 』ザワザワ

男「(ママママジデ!?)」

女「……」

男「……」ドキドキドキ

女「……さようなら……」

男「ぅ、あ……っ」ドクン

女「……っ」タッタッタッ……

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:10:17.92 ID:aSo/KR0h0
男「…………」ドキドキドキ

クラス女「王子! セリフセリフっ」

男「…………」ドキドキドキ

『 アレ? 』 『 ドーナルンダ? 』ザワザワ

クラス女「ド忘れしてる!? ナレーション無理矢理締めて!!」

ナレーション『こうして~~~――――』

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:14:26.58 ID:aSo/KR0h0
クラス女「皆お疲れー!」

『結構良かったよねー』

『いやー楽しかったな~』

『オーディエンス(?)も盛り上がってたなぁ』

男「…………」

女『……さようなら……』

男「(あんな表情するのか、あいつ……)」

女『ん……』

男「(唇……柔らかかったなあ……)」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:19:30.84 ID:aSo/KR0h0
クラス女「男ってば!」

男「ほえい!?」

クラス女「男もお疲れさま! すごいよかった! クライマックスとか!」

男「ああ、あんがと」

『おお! 姫が帰ってきた!』『すごいよかったよー!』

女「……うす」

男「あ……」ドキ

女「……悪かったな」ボソ

男「…………」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:24:43.80 ID:aSo/KR0h0
クラス女「じゃあ打ち上げは~~日ね!!」

『あいよー』『っつかれしたー!』

『カラオケいこーカラオケー』

男「……」キョロキョロ

男「まーた先帰りやがった……」


女「(勢いでしちまったな……)」

女「(……引かれてるかな……?)」

「おい、女!」

女「……男?」

男「ハァ……ようやく追いついた」

女「…………」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:30:04.44 ID:aSo/KR0h0
男「……なぁ」

女「ん?」

男「アレ、ってさ……」

女「…………悪かったって」

男「なんも悪くない」

女「え?」

男「嬉しかった」

女「そう、か……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:35:07.40 ID:aSo/KR0h0
男「お前、あんな演技上手かったっけ?」

女「さぁ……」

男「すげえ綺麗だったし、女優かなんかかと思ったわ」

女「そうか」

男「うん」

女「……で、それだけか?」

男「……好きだ」

女「……っ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:39:57.21 ID:aSo/KR0h0
男「ずっと気になってて、な」

男「勢いでじゃなくて、今日のはきっかけだっただけで」

女「そ、そ、っか。ふうん。じゃ、アタシ帰、るわ」

男「え? おい」

女「ま、またな」ダッ

男「あ……」

男「……フラれた、のか?」

男「…………」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:45:37.44 ID:aSo/KR0h0
女「はぁ、はぁ……」

女「逃げちまったな……」

女「(マジかよ……どうしよ)」

女「(あ、アタシも……男のことは嫌いじゃないし……)」

女「(だからっ、き、キs……したんだし)」

女「(もっというと男のこと、す、すす好k……だけどさ、だけど!)」

女「……すっ、好kとかキsとか言うのハズいんだよ! アホ!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:51:00.51 ID:aSo/KR0h0
女「はぁ~~……」

男『好きだ』

女「~~~~///」

女「あんなセリフ、よく素で言えんなアイツ……」

女「……あれから数日か……ん?」

ドタドタ

女「妹、今日って何曜日?」

妹「土曜でしょ」

女「あ~~~……今日じゃん打ち上げ……もう遅いし、いつもどおりふけるかぁ」

クラス女『MVPなんだから絶対参加ね!』

女『お、おい……』

女「あ~~~……」

女「……しゃーね、行っか」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:58:32.26 ID:aSo/KR0h0
女「えー、ここを右か……」

女「んで、三軒目と……お?」

女「あれは……モブ女か? あいつも遅れたのか」

女「……って……」

モブ女「あの、すいませんごめんなさい」

チャラ男「何謝ってんの。一緒に遊ぼうって言ってるだけしょ?」

チャラ男2「あれじゃね? 金ないんじゃね?」

チャラ男「そうなの? 奢ったげるよ?」

モブ女「えと、友人がい、いるので……」

チャラ男「え? ごめんちょっと聞こえなかった」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:03:26.78 ID:aSo/KR0h0
女「あー、ワリ。この子、アタシのツレだから」

モブ女「お、女……さん?」

チャラ男2「あ、じゃあ君も一緒に行く?」

チャラ男「よく見りゃ結構可愛いし」

女「るさい、てめぇに言われても嬉しかねぇよ、死ね」

チャラ男「……ねえ誰に口きいてんの?」ガッ

女「……おめぇだよ!!」ドム

チャラ男「おっ!?」

モブ女「……き、金的……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:08:41.34 ID:aSo/KR0h0
チャラ男2「おい、しっかりしろ!」

チャラ男「おあ、あああ……」

チャラ男「くそ! 覚えてろよ!」

女「(ぴったりのセリフだな……)」

モブ女「…………」

女「あ、ワリ……(ちと乱暴だったか)」

モブ女「すっごーい! 女さんて超頼りになる!」

女「へ?」

モブ女「早速皆に言わなきゃ! ね!」

女「お、おい……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:14:15.73 ID:aSo/KR0h0
モブ女「―――で、助かったんだ!」

『それマジか!?』『姫とは思えねーな』

『ってか金的……(泣』ガヤガヤザワザワ

女「あ、お、おう……」

モブ女「ねえ、アド教えてよ!」

女「い、いけど……」

『俺もー』『あたしもー』

女「マジかよ……」

男「俺ももらっていい?」

女「っ」

女「……おう」

男「サンキュ」

男「な? 仲良くできそうじゃない?」

女「え? あ、ああ。うん……」

女「(……直視ができねえ)」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:19:33.03 ID:aSo/KR0h0
学校

男「おす」

女「……おう」

男「なんで目逸らすん?」

女「……(お前のせいだろバカ)」

男「あのさー……」

女「ちょ、っと便所」ガタッ

男「あ、ごめん」

男「……便所て」

女「(なんであいつはあんないつも通りなんだよ)」

女「(こっちは気が気でないってのに)」

女「あ~~……また逃げたなアタシ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 22:25:00.50 ID:aSo/KR0h0 [42/42]
クラス女「おはよー女さん!」

女「おう」

クラス女「最近、男と仲悪いの?」

女「えっ」ドキ

クラス女「いつもはあんなに仲良かったじゃん」

女「そ、そんなには……」

クラス女「えー? よかったでしょ」

女「……そうか?」

クラス女「そうだよ」

クラス女「ケンカでもしちゃった?」

女「あー……そんなトコ、かね」

クラス女「そっかぁ、早く仲直りできればいいね」

女「うん……」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 22:30:36.73 ID:aSo/KR0h0
女「はぁ……」トボトボ

女「アタシのせいなんだけどね……」

女「……はぁ」

女「……またかよ」

モブ女「えちょ、ホントごめんなさい、すいません!」

女「しかも五人いやがる……」

女「(キチーな……)」

チャラ男「……お」

女「ヤメな」

チャラ男「……来ると思ってたぜ」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 22:34:39.83 ID:aSo/KR0h0
男「はぁ……」

男「また逃げられてやんの……」

男「やっぱ俺のせいかね……」

ブブブブブ

男「……モブ女? 電話たぁ珍しい」

モブ女「どっ、どーしよ!!? 男助けて!!」

男「おい、なした? 落ち着け」


男「―――マジか」

モブ女「どうしよう、あたしのせいだ……」

男「いや、モブ女のせいじゃないって」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 22:40:10.11 ID:aSo/KR0h0
男「とにかく、なんとかなる。落ち着いて」

モブ女「ごめんね……グスッ……」

男「どっち行ったかわかる?」

モブ女「――のとこから西……で右に曲がって……そこからわかんないよ……」

男「……了解」

男「いったん切るぞ」

モブ女「……うん、ごめんね! もし会えたら、ごめんねって言ってたって言っといて!」

男「はいはい」ピッ

男「くそ……厄介だな……」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 22:45:10.74 ID:aSo/KR0h0
ブブブブ

男「メールね?」

男「……女」

男「……まれいせいめん?」

男「ったく、初めてのメールがこれかい」

男「とりあえずモブ女に転送しとくか」


パパァー

男「街に来てみたはいいが……くそ、雲をつかむ感じだ……」

男「無事でいろよ……」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 22:48:38.30 ID:aSo/KR0h0
女「…………」

チャラ男「いやぁ、あっさりつかまっちまって」

男2「どう? 両手両足縛られてる気持ちは?」

男3「口ふさいでんだからいえねーよ」

女「…………」

女「(手は上じゃなくて後ろで縛られたのは助かったな……)」

女「(おかげで携帯に手が届いた)」

男4「この子超良いカラダしてねえ!? しかも可愛いし」

男2「だからこうなってんだって。ブスだったらポイでしょ」

女「…………」

チャラ男「ま、何されるかは、わかってるよな」

男3「もういいの? もういい?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 22:51:16.15 ID:aSo/KR0h0
男2「じゃあ……しますか」

女「(はーあ、結局女子が野郎五人相手取るのはムリだったか)」

女「(こーなるのも、あたりめーだわな)」

女「(情けねえなあ……)」

女「(……男……)」

ガン!! ガン!! ガシャ-ン!!

チャラ男「!?」

男「ふぅ……」

男「というわけでね」

男「……助けに来たよ」

女「……!!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:00:39.00 ID:aSo/KR0h0
男2「は? 何? 誰お前? ってか知り合い?」

男3「あーあ、こっちは四人いるんだけどなぁ。タコにされにきたの?」

男「こっちはもっといるぞ?」

『 オトコニツヅケー! 』『 ダイジョブカー? 』

『 カンネンシロー! 』

チャラ男「はあ!? なん……なんで!?」

男「……皆はメールでわかったみたい」

男「○井正面てね」

男「俺は間抜けにも見張りがいたからすぐわかったんだけど」

チャラ男「くっ……」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:05:43.67 ID:aSo/KR0h0
『 フザケンナヨー! 』『 ケイサツニツキダスゾー! 』

『 サイテー! 』『 ネエ、アノヒトイケメンジャナイ? 』『 エ、ドレ? 』

男3「に、逃げるぞ!!」

男「あ、おい!」

クラス女「だいじょぶ、一応警察も呼んだし」

男「……そだな」

男「さてと」ベリ

女「……プハっ」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:09:22.92 ID:aSo/KR0h0
男「……間に合ってよかったよ」スッ

女「……」

男「……じゃあ」

男「『行(ゆ)きましょう、姫』

女「……っっ」

女「……う、るせぇよ……カッコつけんな……バカぁ……」ボロボロ

男「……違うだろ?」

女「……『信じていました……』」

男「そうこなくっちゃあ」

『 ヒュー 』『 ヨカッター 』パチパチ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:12:51.22 ID:aSo/KR0h0
女「―――ありがとな、皆」

『いいってことよー』『姫だもんなー』

クラス女「はい! 皆さんのおかげで女さんを助けられました!
     ありがとう、今日はもう暗いから解散!」

『明日もガッコかぁ』『やべ、宿題!』『あーっ!』

男「……いい奴らだ、ホント」

女「そうだな」

男「……暗いし、送ってくよ。俺たちも帰ろう」

女「……おう」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:19:28.58 ID:aSo/KR0h0
男「そうそう、なんでこーなったん?」

女「かくかくしかじか……」

男「お前らしいや」

女「るせっ」

男「そういうとこも、好きだよ」

女「…………よく平気で言えるな」

男「言えるさ」

女「…………アタシは……」

「おい! こんな時間までなにやってた!!」

女「えっ……、お、親父……」

女父「探したんだぞ! 心配かけやがって……!」

女「あの、聞いて……! ワケが……」

パン!

女「っ……」

男「!」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:22:46.04 ID:aSo/KR0h0
女父「聞かん! こんな夜遅くまで男子とふらついてけしからん!
   大方……」

男「待って下さい」

女父「何?」

男「女さんは街でトラブルに巻き込まれただけなんです。
  僕とは何もやましいことはしていません。本当です。だから……」

女父「だとしても連絡一本すら寄越さないのは許せん。
   それとこれは家族の問題だ。君には関係ない」

男「確かにそうです……でも、それが親御さんでも、
  目の前で俺の一番大事な人を殴るのは我慢できないんです」

女「男……」

女父「……ほう?」

男「……っ」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:25:59.28 ID:aSo/KR0h0
女「父さん……男は……悪くねえから……」

女「ごめん……アタシが悪かった……」

女父「……わかった。君に免じてこれで終いにしよう」

男「恐れ入ります。……出過ぎたまねをして、申し訳ありませんでした」

女父「……娘を送ってくれて、ありがとう」

女「父さん……」

女父「ほら、帰るぞ」

女「お、おう……」

男「女!」ブンブン

女「男……」

女「……」バイバイ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:32:32.20 ID:aSo/KR0h0
女父「あの男……」

女「父さん、ホントなんだ。あいつとは……」

女父「わかってるさ」

女父「――いい友達を持ったな。」

女「あ、おう!」

女父「あの子なら、お前の彼氏でも俺は文句言わんよ」

女「え……っ」

女父「俺に心配さえかけなければ、どんな奴でもいいんだがな」

女「父さん…………うん」

女「ワリ!」ダッ

女父「あ、おい!?」

女「すぐ戻る!!」

女父「……またあの子に送ってもらうことになりそうだな……」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:36:52.03 ID:aSo/KR0h0
女「男!」ハァ,ハァ

男「あれ、帰ったんじゃ……」

女「あ、アタシも……!」

女「お前の事……す、好きだから……」

男「……サンキュ」

男「これで晴れて、お前の王子様になった、ってわけだ」

女「くせえよ、バカ」

男「くさくて悪いかy……っ」

女「ん……っ」

男「…………」

男「い、いきなりキスすんなって……」

女「悪いかよ」

男「……悪くない」

女「正直だな」

男「……//」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:46:11.14 ID:aSo/KR0h0
男「……で、この後どうすんの?」

女「家まで送ってくれ」

男「またかよ? 二度手間じゃん」

女「いいだろ?」

男「……勿論」

男「……それじゃ」

男「行きましょう、女」

女「おうっ。頼りにしてるぜ、王子サマ!」



おわった

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。