FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の街

4 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/22(水) 23:17:52.34 ID:wwFr/VI0 [1/6]
さっそく5,6レスもらいます

上琴です

5 名前:君の街1/5[] 投稿日:2010/12/22(水) 23:18:57.89 ID:wwFr/VI0 [2/6]
美琴「はいはい、じゃ、待ってるからね」

上条「長かったな。誰から」

受話器を置くと
テレビから視線を外さずに
夫が尋ねてくる

美琴「ん、気になる」

上条「べ、別にそういう訳じゃねえけど」

ちょっとだけ照れたように
上条が言う
昔は美琴がそっち側だったのに

美琴「じゃ、秘密で」

上条「お、おう……」

しょんぼりした声で夫が言う
ここでかわいそうと思ってしまうあたり
自分はやはり、甘いのかと思う


6 名前:君の街2/5[] 投稿日:2010/12/22(水) 23:19:36.66 ID:wwFr/VI0 [3/6]
美琴「うそうそ、刀旅からよ」

上条「なんだぁ」

息子の名前を聞いたとたん
ほっとした声を出す
ほんと、わかりやすい

美琴「夏休みに帰ってくるって」

上条「ああ、そうか」

今度は嬉しそうに呟く
でも、これは美琴もうれしい

上条「学園都市はどうだって」

美琴「『僕も自分が変な名前だと思ってたけど、上には上がたくさんいた』だって」

上条「じいさん二人の字を取った、いい名前じゃないか」

美琴「むかしから嫌がってわよ、あの子」

上条「むう」

悔しそうに呻く
自信があったのだろう
あの子の名前に

生まれる前に悩んでいる姿もおぼえている


7 名前:君の街2/5[saga] 投稿日:2010/12/22(水) 23:20:14.36 ID:wwFr/VI0
美琴「あと、今年こそ『超電磁砲』を倒してみせるだって」

上条「……お前、手加減しないからなぁ」

美琴「獅子はわが子を千尋の谷に突き落として、這い上がってくる最中もレールガンよ」

上条「鬼か、お前は」

美琴「おほほ、負けイヌが言うわね」

上条「ぐう」

そう、幻想殺しは一度負けている
去年の春休みに帰ってきた時
どうせ打ち消されてしまうのならと
能力を使わなかったあの子に


8 名前:君の街4/4[] 投稿日:2010/12/22(水) 23:21:15.57 ID:wwFr/VI0
上条「ま、仕方ない。年には勝てない」

美琴「そう?」

そんな事を言いつつ
雪辱戦の為
夫がボクシングジムに通い始めた事を
美琴は知っている

負けず嫌いなのだ

上条「ま、それはいいとして楽しみだな」

美琴「そうね」

上条「あの街でアイツがどう変わったのか、早く見たいもんだな」

美琴「そうね」

あの街で過ごした事は
美琴の宝物だ

だから、あの子にも
なにかを掴んでほしい

ただ、それだけを願う




9 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/22(水) 23:23:10.32 ID:wwFr/VI0 [6/6]
以上です

1レス数え間違えてた……

お目汚し失礼しました

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。