FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「ふこーだー」

閲覧注意?
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:05:29.42 ID:73mWgG6d0 [1/38]
上条「ということでインデックスさんを殴りたいと思いまーす」

禁書「え?」

上条「っしゃあ!」ボコッ

禁書「ウゲッ」バタッ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:08:45.57 ID:73mWgG6d0 [2/38]
上条「いきますかーインデックスさーん」

禁書「うえっ、とうま、どうしちゃったの」

上条「はいもういっぱーーーーーーーーーーーーーーーつ!!!」

禁書「ブベラッ」

上条「大丈夫ですよー、顔は狙いませんからー」

禁書「おええええ!!! やめて、やめてよぅ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:12:20.68 ID:73mWgG6d0 [3/38]
上条「じゃあ次は犯しまーす」

禁書「ひぃ!」

上条「騒いだら両手足へし折るからな?」

禁書「やだ、やだぁ」

上条「よし、選べ。自分で脱ぐか俺に脱がされるか」

禁書「なんなの、どうしたのとうま。私何かしたのかな!?」

上条「さーん」

禁書「私が何かしたんなら謝るんだよ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:13:33.01 ID:73mWgG6d0
上条「にー」

禁書「だからこんなこともうやめてほしんだよぉ」

上条「いーち」

禁書「とうまぁ!」

上条「ぜーろ。はい、無理やりコースですねー」

禁書「ひぃいい!!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:17:41.51 ID:73mWgG6d0
上条「はい、動かないでねー、顔は殴りたくないからさ」

禁書「いや、いやなんゴエッ!?」

上条「暴れんなよ。えーと、安全ピンをはずしましてー。はい全裸」

禁書「いたい、いたいいいい」

上条「ここに取り出したるは上条さんのイマチンブレイカーでーす」

禁書「やめて、やめてぇ」

上条「逃げんなよ。はい、それじゃあいただきまーす」スブッ

禁書「いギャアアアアアアアアああああああ!!!!!!!!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:21:55.51 ID:73mWgG6d0
上条「んー、あんまり気持ちよくねェな」

禁書「ひぎぃひぎぃ!!」

上条「あー、首絞めれば気持ちよくなるって言うけど本当かな。えいっ」

禁書「!? うごごごごっごごおご!!!」

上条「なんだ全然気持ちよくねぇよ。オナニーの方がまだましじゃねぇか」

禁書「んおっ!!おごおごおごおおお!!!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:25:59.23 ID:73mWgG6d0
上条「まぁいいや、早く出しちゃおう」

禁書「がgっがががががg、かっ・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「おうっ、出るっ」

禁書「・・・・・・・・・・・・・」

上条「ふぅ、出しただけで何も気持ちよくねぇな」

禁書『・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「おーい、効いてますかーインデックスさーん」

上条「返事しろよ」バギッ

上条「おい、無視すんなって」グチョッ

上条「んー?あ、死んじゃったのか」

上条「まいったなー。どうやって死体隠そう」

上条「ま、いっか。次だ次」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:29:30.14 ID:73mWgG6d0
上条「よう、御坂」

御坂「ん?なんだあんたか。何のようよ」

上条「頼みがあるんだ。御坂にしか頼めない内容なんだよ」

御坂「え、な、何よそれ///どうして私があんたの頼みなんか聞かなくちゃいけないのよ///」

上条「ダメか?」

御坂「ま、まぁ話しくらいは聞いてあげてもいいわよ!」

上条「そっかー助かったぜ。御坂さんマジ天使!」

御坂「馬鹿!何言ってんのよ///」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:33:06.05 ID:73mWgG6d0
上条「御坂!俺と付き合ってくれ!」

御坂「・・・・え?」

上条「好きなんだ!」

御坂「ええええええええええ!!!!!!!!!!!!」

御坂「突然何言ってんのよ!//////////」

上条「突然じゃない!ずっと好きだったんだ!お前じゃなきゃダメなんだよ!」

御坂「そ、そんなこと言われても、わわわ私は///////」

上条「・・・・・・・そっか、そうだよな」

御坂「え?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:36:08.43 ID:73mWgG6d0
上条「俺なんかじゃダメだよな。つりあわないよな」

上条「すまん、忘れてくれ」クルッ

御坂「え、ちょ、待ちなさいよ!」

上条「なんだよ、敗者に鞭打つのはやめてくれよ」

御坂「ダメなんて言ってないでしょ」ボソッ

上条「え?なに?聞こえない?」

御坂「つ、付き合ってあげてもいいって言ってんのよ!//////////」

上条「本当か!?」

御坂「べ、べつにあんたが気になるわけじゃないけどそこまで言われたら流石の私も考えてあげてもいいかなって///」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:39:37.60 ID:73mWgG6d0
上条「マジかよ!やったぜ!」ギュッ

御坂「ひゃん!馬鹿!いいいいいいいいきなりなにすんのよ//////」

上条「だって御坂と付き合えるなんてこんなに嬉しい事はないぜ!」ギュウウ

御坂「ば、ばかぁ/////////」

上条「ってわけでお薬をプシュッと」プスッ

御坂「えっ・・・・・・・・・・・・・・・」クテッ

上条「おバカですねー御坂さん。こんなにあっさりいくとは上条さん驚きですよ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:43:05.34 ID:73mWgG6d0
御坂「・・・・・・・・・あれ・・・・・・・・ここ、どこ?」

上条「よー、御坂。目ぇさましたか」

御坂「・・・・・・・・・・・?あんたがどうしてここに・・・・・」ハッ

御坂「な、何!?ここどこよ!っていうか何で私縛られてんのよ!」

上条「ここは上条さんが緊急に作った隠れ家です」

上条「あー、ちなみに能力は仕えませんよー。キャパシティダウンで封じちゃってますから」

御坂「何!?何なのこれは!変な冗談やめてよ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:49:30.79 ID:73mWgG6d0
上条「冗談じゃありませんよーはい、お薬追加ー」プシュ

御坂「いぎっ!?」

上条「んー、これで十本目だからそろそろ効果が出てもいいんだけどな」

御坂「やだ・・・やだよこんなの!わ、わた、私あんたに告白されてうれしかったのよ!?」

御坂「なのに何でこんなことになってんのよ!」

上条「あれれー?まだ喋れんのか。しゃーない原液ぶっこむか。それっ」プシュッ

御坂「ンガッ!さ、さっきからにゃんんおおおおおおおおおおhhっほおおおおおおおお!??」

上条「ん、おっけーおっけー。ようやく効果でたか」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:54:27.98 ID:73mWgG6d0
上条「今の御坂じゃ理解できないと思うけど、このお薬はとっても強い媚薬みたいなもんです」

御坂「いっひいいいいいいいいいいい///////あっははああああ////////////」

上条「まー普通はちょっと呑む程度なんですけどね、原液直接注射しちゃったから全身性感帯ってレベルじゃないと思いますよ、はい」

上条「御坂さーん。それじゃあ聞きますけど、今何してほしいですかー?」

御坂「おおおおおおおおおおおおおおおおおせええええええええええええ//////////////」

御坂「セックチュ!」

上条「はい、了承。もう縛らなくてもいいな。はい。脱ぎ脱ぎしましょうね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 21:58:40.04 ID:73mWgG6d0
御坂「セックスセックスセックス!!!!!!!!!!!セックスウウウウウ!!!!!!!」

上条「はい、それじゃあいただきまーす」ズブッ

御坂「オヒョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!///////////////////」

上条「お、インデックスより気もちいいぞー御坂、えらいえらい」ナデナデ

御坂「えへへへへええあええええ////わたちえらいいいのおおお////」

上条「それじゃあ上条さんに合わせて動いてねー、はい、いちに、いちに」

御坂「おっ、ほっ、おっ、ふっ/////////////」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:01:07.40 ID:73mWgG6d0
上条「ふぅ、気持ちよくて5回も出しちゃったぜ」

御坂「あへええええええええええええええええ//////セックチュうううううううううう///////////」

上条「さて!ちょっとまともになるまで寝るか!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:03:40.89 ID:73mWgG6d0
御坂「・・・・・・・・・・・・あれ、私・・・・・・・・」

上条「よー御坂、おはよー」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!あ、あんたあああああああ!!!!!」

上条「その乳首を引っ張りまわす!!!!!」グイッ

御坂「ひあああああああああん/////////////」

上条「ダメですよ。そんなに暴れちゃ」グイグイ

御坂「あっ///な、何よこれぇえええええ/////」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:09:25.29 ID:73mWgG6d0
上条「今御坂の体は超敏感になっててな」ペロペロ

御坂「やめって///////なめないでぇ/////////」

上条「多分5分もほっときゃセックスしたくなって発狂しちゃうんじゃないかなー」グッチョグッチョ

御坂「いひいいい///////////だめええええええええええ//////////」

上条「でもですねぇ、普通にやってももういけない体になっちゃったんですよ」

上条「このお薬がないとね」

御坂「や、やあああああああああ////////////」

上条「御坂さーん、お薬ほしいですかー」

御坂「い、いらにゃいいいいいいいい/////////」

上条「そっか、じゃあしばらく放置するから」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:14:03.46 ID:73mWgG6d0
御坂「おくしゅりいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!」

御坂「おくしゅりほしいおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

上条「あちゃー、まだ一分ですよ御坂さん」

御坂「にゃんでもするからおくしゅりちょうらああああああああああああ!!!!」

上条「俺の奴隷になる?」

御坂「なるなるなる!!!とうまの奴隷になるからおくしゅりいいいいいいいいいい!!!!」

上条「そっかー、それじゃあはい。あ、いくときはいくって言えよ」プシュッ

御坂「ああああああああああああああ//////////////いく行くいくいきゅうううううううううううううう!!!!!」プッシャアアアア

上条「あーあー。常盤台のお嬢様がはしたない」

上条「ま、これで便利な道具が手に入ったからいいか」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:18:16.60 ID:73mWgG6d0
次誰か希望ある?

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:23:31.21 ID:73mWgG6d0
上条「よー姫神ー」

姫神「上条君。どうしたの?」

上条「いや、お前に合いたくてさ」

姫神「・・・私に?何のよう?」

上条「あー・・・ここじゃ言いづらいから、こっち着てくれないか?」テレッ

姫神「・・・・・・わかった///」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:27:03.96 ID:73mWgG6d0
上条「お前ってさ、目立たないけど美人だよな」

姫神「何、突然。・・・でもそういってもらえるのは嬉しい///」

上条「・・・・・・もうだめだ」

姫神「え?」

上条「好きだ姫神!!!!!」ギュッ

姫神「え、ええ? えええ!!??////////」

上条「ずっと気になってたんだ!」

姫神「ちょ、ダメ/////上条君。そんな、強く抱きしめちゃ/////////」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:33:50.48 ID:73mWgG6d0
上条「いや・・・なのか?」

姫神「いや、じゃないけど、これは、唐突すぎる////」

上条「ごめん、姫神。そうだな、お前の気持ち考えてなかった」パッ

姫神「あっ・・・うん。ごめんね。でも上条君がそんなに私のことを思ってくれてたのは、とても嬉しい///」

上条「じゃあ、俺と付き合ってくれるのか?」

姫神「・・・・・・・・私でよければ、お願いします/////」テレッ

上条「そっか!!じゃあ俺の好きにしていいよな。御坂やれ」

御坂「チェイサーーーー!!!!!!!!!」ビリビリビリビリ」

姫神「・・・・ガッ」バタッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:37:12.49 ID:73mWgG6d0
上条「さすが御坂、スタンガンとして役に立つなお前は」

御坂「えへへー///////////ほめてほめてええ////」

上条「えらいえらい、さ、こいつを運べ」

御坂「はぁい//////ねぇ帰ったらおくすりくれるぅ?」

上条「いいぞ!今回は奮発して2ショットだ!」

御坂「やったぁあああああああ!!!!おっくすり!おっくすり!」ズリズリ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:44:34.58 ID:73mWgG6d0
姫神「・・・・・・・・・・うぅ・・・・何が・・・・」

上条「おはよー姫神。元気?股から水たらしてるけど大丈夫か?」

姫神「かみ、じょう君?え、…なん、なの?」

御坂「とうまぁ、早くこいつ玩具にしてよぉ////おくしゅりぃいい///」

上条「わかったわかった。ま、簡単に説明するとなお前俺の玩具になるからよろしこ」

姫神「・・・・・え?」

上条「うん、理解してねぇな。それじゃあお薬ターイム」プシュッ

姫神「え、あ、あひいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!///////////」

上条「御坂よりも敏感なんだなー。見習え御坂」

御坂「ぶーーーーーーーーー。わたちわるくにゃいもん!!!」

姫神「ひいいい////なにこれえええええええ///////」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:50:03.61 ID:73mWgG6d0
上条「説明は面倒だからカットだ!いただきます」ズブッ

姫神「おおおおおおおおおおお//////////いやあああああああ/////////上条君のが入ったああああああ///////」

上条「んー、御坂よりは気持ちよくないな。よし御坂電流流せ」

御坂「はぁーい!えいっ!ビリビリ」

姫神「アアアガがあっガがががががっがあああああああ!!!!!!」

上条「おっ、いいねいいね、ぴりぴりして気持ちがよくなってきた」

御坂「じゃあこれは?ビッリビッリビッリビッリ!」

姫神「一ッギイッギッギイッガッガガッガ」

上条「おおう、いいぞいいぞ。俺のリズムを覚えてるとは優秀だな御坂」

御坂「だぁってぇ、とうまのを何度も受けれいてるもん////////」

上条「よしいくぞ!思いっきりやれ!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:53:04.63 ID:73mWgG6d0
御坂「ひゃアアアアアアアアアアあああああああはああああ!!!!!!!////////////」

姫神「アアアアアアッがガガガガガガババアババババババ」ガクガクガクガク

上条「おおおおおおおおおお出るっ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:56:40.51 ID:73mWgG6d0
上条「ふぅ、またあたらしいプレイを開発してしまった」

姫神「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「あれー、姫神死んじゃったか」

御坂「ねぇ!そんなのどうでもいいからおくすり!」

上条「おっとそうだったな。よーし上条さん3ショットあげちゃうぞー!」

御坂「ええ!本当!とうま大好き//////////////」

上条「ほいっ」プシュプシュプシュ

御坂「アアアアアアアアアアアアエエエエヒイイイイイイイイイイインン//////////////////////」

御坂「イキマシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!!」

上条「死体の処理は御坂に黒焦げにしてもらえばいいか、さ、次だ次」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 22:58:35.44 ID:73mWgG6d0
次は誰がいい?

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:09:24.44 ID:73mWgG6d0
御坂「打ち止めー」

打ち止め「あ、お姉さまー!」ダキッ

御坂「こ、こら!抱きつかないの!」

打ち止め「えへへーミサカはお姉さまの言うことを聞かないってミサカはミサかはもっとギュってしてみたり!」

御坂「もう!誰かに見られたらどうするの!」テレテレ

打ち止め「とかいいながら照れてるお姉さまはとっても可愛いってミサカはミサカは嬉しくなったり!」

御坂「こら!あんまり調子に乗るとお買い物中止にするわよ!」

打ち止め「そ、それは横暴だってミサカはミサカは上目遣いで講義する!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:15:42.42 ID:73mWgG6d0
御坂「ところで一方通行は?なんか言われなかった?」

打ち止め「ううん。たまには姉妹で遊んで来いって言ってくれたよってミサカはミサカはあの人の優しいところをアピールしたり!」

御坂「へぇ、あいつがねぇ。ま、それならいいわ。じゃあいきましょうか」キュッ

打ち止め「えへへ///な、なんか嬉しいねってミサカはミサカはつながれた手をギュってしてみたり」

御坂「こんなことでいいならいくらでもやってあげるわよ」

打ち止め「/////」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:25:30.11 ID:73mWgG6d0
打ち止め「ねぇ、お姉さま、ここはどこ?ってミサカはミサカは暗い所がちょっと怖かったり」

御坂「あはは、不安にならなくてもいいわよ。ここによく当たる占い師がいてねー」

御坂「しかも恋愛なら100%当たるって有名なのよ」

打ち止め「恋愛!?ってミサカはミサカは露骨に態度を変えてみる!」

御坂「あら?気になる人でもいるの?」

打ち止め「そ、そんなことはないってミサカはミサカは/////」

上条「そっかー、じゃあ遠慮しないでいいよな」プシュッ

打ち止め「・・・・・・・・・え?・・・・・・・」バタッ

上条「ご苦労、御坂」

御坂「あーもう!さすが私の妹!可愛くてずぅっとオナニーしたかったわ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:30:17.74 ID:73mWgG6d0
打ち止めちゃんは殺す?生かす?

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:40:17.26 ID:73mWgG6d0
打ち止め「・・・・・・・・・・んぅ?」

上条「お目覚めか?打ち止め」

打ち止め「あなたは・・・え?ど、どうしてあなたがここにいるのってミサカはミサカは驚きを隠せなかったり!」

打ち止め「っていうかここはどこ!?ミサカはミサカはどうして拘束されているの!?」

御坂「ごめんねー、私とうまの言うことには逆らえないの。逆らうつもりもないけど/////」

打ち止め「お姉さま!?」

上条「まぁそういうわけです。あ、ちなみにミサカネットワークにはダミープログラムを御坂に流してもらったから切断されてることには気づけませんよ」

打ち止め「ひっ・・・・な、何をするつもりってミサカはミサカはにらみつけてみたり」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:44:23.01 ID:73mWgG6d0
上条「今回は局所集中で行きたいと思います」

上条「ということでおしりにプシュッと」

打ち止め「ひゃん//////////」

御坂「あぁ~////とっても可愛いわー。お尻ナデナデしてあげましょうねぇ~」

打ち止め「やめてお姉さまっ・・・!?」

上条「じゃあ俺もナデナデしましょうか」

打ち止め「いいひい!?これはなにってミサカはミサカは未知の感覚にとまどってみたりいいい////」

上条「あそっか、そりゃ感じたことなんてねぇよな。それじゃあとっとと女の快楽を教え込みますか」

打ち止め「やめって///////これ以上変にしないでええ/////////」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:48:46.59 ID:73mWgG6d0 [36/38]
上条「うーんケツの穴がちっさくて入らないかな?」

御坂「無理やり広げても大丈夫よ!私の妹だもん!」

上条「そうだよな!いただきます!」ズブッ

打ち止め「ギャアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:53:57.81 ID:73mWgG6d0 [37/38]
上条「クソッ!きつすぎて痛いだけじゃねぇか!どうなってんだ御坂!」

御坂「ごめんなさいとうま!このっ!何やってんのよ役立たず!私の妹なら当麻のために奉仕しなさいよ!」

打ち止め「イギがアアアッがああああうわわああああん!!!!!」

御坂「泣いてごまかしてんじゃないわよクソガキがあああああ!!!!!!!」

上条「仕方ねぇ、一発抜いて体作るところからやってやるか」

御坂「ごめんねとうま!ごめんね!謝るからおくすりの量減らさないで!」

上条「おおおお出るでる出る!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:55:29.53 ID:73mWgG6d0 [38/38]
疲れた
続きはwebで

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。