FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「フットサル……だとォ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:21:53.21 ID:4JGUusVMO
………

パンパカパーン

『学園都市・第一回!』

『フットサル大会~!』


イン「ねーとーま、フットサルってなにー?」

上条「んー?室内でやる、サッカーみたいなもん、だなぁ」

『優勝者にはなんと!』

『MGボール・サッカーボールカラー、一年分!』

上条「はは……いらねぇ」

『そして、おまけに何でも欲しいものを一つだけ!学園都市からプレゼントしちゃいます!』

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:26:14.21 ID:4JGUusVMO
イン「ねー、とーま。何でももらえるってー。出てみない?」

上条「うーん……でも俺、サッカーとか知らないしなぁ……」

イン「ちょっとメンバー集めてくるんだよー!」

上条「聞いてねぇ……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:32:44.51 ID:4JGUusVMO
上条「ったく、こんなん俺らがでたって、予選敗退が目に見えてるってのに……」

ピンポーン

上条「……インデックス、もう帰って来たのか?」

上条「はーい、今開けますよっと……」ガチャ

土御門「サッカーしようにゃー」

上条「……」バタン


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:41:16.50 ID:4JGUusVMO
土御門「ちょ、カミやんひどいにゃー!」ドンドン

青ピ「カミやーん、ボク達とフットサルしようやー」

上条「……」ガチャ

土御門「おお、カミ……」

上条「……」バタン

土御門「フェイント!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:46:54.61 ID:4JGUusVMO
………

上条「……んな事言ったって、お前らフットサルなんか出来んのかよ……」

土御門「できないにゃー」

青ピ「ボクも無理や」

上条「やっぱり……」

青ピ「まあ、ボクらが力を合わせればなんとかなるやろ!」

上条「いや、ならないだろ……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:53:30.88 ID:4JGUusVMO
………

一通「フットサル……だとォ?」

打ち止め「うん!なんか景品もでるんだよ!ってミサカはミサカはあれに出たいってアピールしてみる!」

一通「何でも……借金も返せンのかァ?」

打止「多分大丈夫なんじゃないかな?ってミサカはミサカは良いチャンスなんじゃ無いかな、って思ってみたり!」

一通「そォかァ……」

一通(そォいやァ……フットサルって何だァ?)

打止「メンバー集めてくるー!」

一通「!おィクソガキ、一人で外に出ンな!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:58:33.30 ID:4JGUusVMO
………

上条「じゃ、俺インデックス探しに行ってくるからな!」

青ピ「そんな殺生な!」

上条「じゃあなー」

土御門「行っちゃったにゃー……」

青ピ「……どうするんや?」

土御門「……どうしようかにゃー」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:06:34.60 ID:4JGUusVMO
イン「うーん……小萌とかどうなのかなー」

一通「オイ、クソガキ、走ンな!危ねェだろォが!」

打止「こっちこっちー!」

ドン

「「きゃっ!」」

一通「だから危ねェっつったろォが!」

打止「いたた……ごめんなさい……ってミサカはミサカは自分の非を認めてみたり……」

上条「お、あんな所に!おーい!インデックスー……って……」

一通「よォ」

上条「……どうも」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:11:22.26 ID:4JGUusVMO
イン「うーん……あ、とーま」

打止「知り合い?ってミサカはミサカはあなたに知り合いが居た事に驚いて見たり!」

一通「……いや、別に知り合いって程じゃねェよ」

上条「え、と……もしかしてウチのインデックスがまた何か……」

イン「ねぇとーま、メンバーが見つからないんだよー」

打止「メンバー?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:17:04.61 ID:4JGUusVMO
イン「あ、うん。フットサルのメンバーを集めてたんだよー」

打止「わぁ!やった!ってミサカはミサカは喜んでみる!」

一通「何もやって無ェだろォが、クソガキ」

打止「ねぇねぇ、じゃあ私達とチームを組まない?」

イン「え、いいのかな?」

打止「うん!こっちも今ちょうどメンバー集めしてたんだよ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:23:04.59 ID:4JGUusVMO
イン「やった!とーま、いいよね!」

上条「え?……あ、いや、そのー……」

一通「勝手に話しを進めてンじゃねェ」

一通「俺は三下と組むなんざァ、御免だぜェ」

打止「駄目なの……?」

一通「あァ、駄目だ」

打止「どうしても?」

一通「……あァ?」

打止「……本当に?ってミサカはミサカは涙目になってみたり……」

一通「……少しくらい、遊ンでやるかァ……」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:28:23.83 ID:4JGUusVMO
打止「わーい!ってミサカはミサカは喜びを全身で表現してみる!」

上条「あの、俺の意見は……?」

一通「良ィよなァ?」

上条「え?」

一通「い・い・よ・なァ!?」

上条「……はい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:35:08.30 ID:4JGUusVMO
イン「じゃ、あと一人なんだよ!」

上条「なぁセロリ、お前の知り合いにサッカー出来る奴いないか?」

一通「……あァ?」

打止「むしろ知り合いがいないんだよ!ってミサカはミサカは哀れんでみたり」

一通「……後で殺す、三下ァ……」

上条「何で俺!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:42:01.27 ID:4JGUusVMO
上条「ん……あれは……」

イン「あ、スフィンクス!あんな所に!」

上条「……なあ」

一通「あァ?」

上条「もう一人、スフィンクスでいいんじゃないか?」

一通「なめてンのかァ?」

打止「あ、それ名案!」

一通「名案だなァ!よくやった!」

上条「……」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:48:01.82 ID:4JGUusVMO
………

上条「大会まで、あと一ヶ月……」

上条「こうやって公園に練習しに来てる訳ですが……」

イン「あ、そっちいったんだよー!」

打止「わかった!ってミサカはミサカは振りかぶり……あれ?」スカッ

一通「コーヒーうめぇ」

スフィ「にゃー」

上条「はぁ……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:53:20.03 ID:4JGUusVMO
上条「はーい、皆集まってー」

イン「なーにー?」

上条「あのさ、サッカー……もとい、フットサルのルールって、解るか?」

一通「知ってる訳無ェだろォが」

スフィ「にゃー」

上条「やっぱり……」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:58:03.86 ID:4JGUusVMO
上条「えー、昨日、俺なりに色々調べてみました」

一通「意外とやる気なンだな」

上条「まず、手は使えません。使えるのはキーパーだけです」

打止「キーパー?」

上条「あー……もうwikiでも見ようか……」

ちょっとレールガン見てくる

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 23:34:38.90 ID:4JGUusVMO
上条「はーい、皆様wikiは見て来ましたかー?」

イン&打止「はーい」

一通「まァ、一応な」

上条「じゃ、取り敢えずポジションから決めますか」

上条「ちなみに、アラだとかフィクソだとか面倒臭いのでディフェンスとかオフェンスって呼称しますよー」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 23:40:39.93 ID:4JGUusVMO
上条「まず、もやしのセロリ君はあんまり動かないGKをやって貰います」

一通「任せとけェ!」

上条「インデックスはDFでじっとしてような?」

イン「わかったんだよ!」

一通「おィ」

上条「……何だ?」

一通「クソガキもDFにしろ。ボールがぶつかったら危ねェ」

上条「は?」

一通「俺の近くのポジションの方がいざって時駆け付けられンだろォが」

上条「……じゃ、DFで」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 23:46:34.56 ID:4JGUusVMO
上条「じゃ、俺がMFやるから」

上条「スフィンクスはFWな」

一通「なァ……」

一通「今更なンだけどよォ……」

上条「ああ」

一通「……なンで猫がメンバー何だァ?」

上条「本当に今更だな……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 23:53:24.44 ID:4JGUusVMO
上条「じゃ、まずは……何から練習すれば良いんだ?」

一通「決めて無かったのかァ?」

上条「ま、ツーバンでもするか」

一通「初心者丸出しな事言ってンじゃねェよ」

上条「まあまあ、それいくぞー」ポーン

一通「はァァアァ!」パァン

上条「ちょっとちょっと!」

一通「……危ねェ」

一通「ふわっとしたボールはクソガキの顔にあたンだろォが!」

上条「あー……もうあの子休んでて貰って結構です」

52 名前:>>49 さっき食ってきたわ 普通に売れ残ってた[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:01:09.72 ID:6hRSccFXO
上条「ボール割っちゃって、どうすんだよ……」

一通「買えば良いだろォが」

上条「そんな予算は有りませんよ……」

イン「ねー、あの子達に借りたらー?」

上条「……流石に小学生に借りるのは……」

一通「……」

一通「……行って来る。待ってろォ……」

上条「おいセロリ、って……」

ズンズン

一通「……あの、ボール貸してくれませンか……?」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:06:55.73 ID:6hRSccFXO
万里「おにぃちゃん、誰ー?」

ア、アノォ……

フシンシャ-?

ボールカシテッテ-


………

上条「なんか、妙におどおどしてんな……」

一通「……借りて来た」

上条「おお、サンキュー」

一通「……あの位が、ど真ん中ストライクだなァ……」

上条「ん?なんか言ったか?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:12:59.53 ID:6hRSccFXO
上条「さー、気を取り直して……あ、能力使用禁止な?また壊されたらたまらないし……」

一通「人から借りたもンだ、壊すかよ」

上条「行くぞー」ポーン

一通「よっと……」ブンッ!コロコロ……

一通「あ」

上条「……ぷ」

一通「殺されてェのか?」

上条「すいません……」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:20:23.57 ID:6hRSccFXO
一通「そォら!」ブン!……コロコロ……

一通「ふン!」ブン!コロコロ……

上条「あ、インデックス、ちょうちょだぞー」

イン「わー、食べれるのー?」

上条「食えないんじゃないかなー?」

一通「……オイ」

上条「ご、ごめんなさ……」

一通「どォやったら足にボールが当たるんだァ?」

上条「え?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:27:01.69 ID:6hRSccFXO
上条「いやぁ……なんかこう……ボールを見てさぁ……(なんでコイツ意外と素直なんだよ……)」

一通「……こォか?」ブンッコロコロ

上条「もっと力抜いて……」

一通「よォし……」ポーン
上条「おお!」

一通「よっしゃあ!やったぜェ!オイクソガキ、見てたか!?……」

打止「わー、ちょうちょー、ってミサカはミサカは追いかけたりー!」

イン「捕まえるんだよー!」

一通「……」

上条「……まあ、その何だ?……ドンマイ」

一通「……あァ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:34:41.20 ID:6hRSccFXO
………

上条「じゃあ、次はミニゲームでもやるか」

一通「わかった、オイガキ、こっち来てろォ」

打止「わかったー」

上条「……じゃ、こっちはインデックスとスフィンクスで」

打止「クスクスコンビだね!ってミサカはミサカはうまいこと言ってみたり!」

一通「別にうまかねェよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:40:47.55 ID:6hRSccFXO
上条「さー、始めるぞー!」ポーン

イン「あ、ボールが来たんだよー」

上条「インデックス、パス!」

イン「とーまーおなかすいたー」

上条「後にしろ!」

一通「クク……どうせクスクスコンビは使え無ェ……三下だけマークすれば……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:47:24.93 ID:6hRSccFXO
打止「私がボール取りに行く!」

イン「じゃあとーま、パスなんだよ」ポン

上条「よっしゃ!」パシュ
打止「行くよー!ってミサカはミサカは気合いを……」

一通「危ねェェエェエェ!」ドガーン

上条「お前が危ねぇよ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 00:49:46.77 ID:6hRSccFXO
なんだかんだで、少しは技術も上達し、セロリも多少は過保護で無くなった
そして……

………大会前日………


そろそろねる

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 10:33:04.24 ID:6hRSccFXO
上条「いよいよ……明日だなぁ」

一通「……あァ」

イン「優勝するんだよー!」

打止「おー!ってミサカはミサカは拳をかかげて見るー!」

上条「……じゃ、今日はゆっくり休んで、明日、全力を出せるようにしてこいよ!」

スフィ「にゃー」

上条「じゃ、解散!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 10:42:58.09 ID:6hRSccFXO
………大会当日………

上条「うわ……人、多いなぁ……」

青ピ「まあ、そりゃ何でも貰えるんやからねー」

上条「うおっ!?青ピ、いたのか!」

青ピ「まあねー」

上条「土御門は一緒じゃないのか?」

青ピ「……あれ?さっきまで……」

土御門(……なんでアイツがこんな所に居るんだにゃー!)

一通「……あ、そういえば、借金返さねェとなァ、その為に出たンだった……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 10:50:45.03 ID:6hRSccFXO
………

木山「えー……どうも、実況兼司会の、木山晴生です……」

黄泉川「解説の黄泉川じゃん」

黄泉川「あ、大会は私も参加するからなー」

木山「……じゃ、ルール説明です」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 10:58:09.25 ID:6hRSccFXO
木山「えー、フィールドのメンバーは五人まで、交代は自由です」

木山「試合は今回、短めで15分ハーフです」

木山「ボールがフィールドの外に出たら、キックインでのスタートです」

木山「で、今回使うボールですが……あれ?無い……」

「「「木山せんせー!がんばってー!」」」

木山「///……あ、有った」

木山「この学園都市で、開発した、超高性能ゴム製ボールです……」


105 名前:>>101 ミスった[] 投稿日:2010/03/23(火) 11:11:43.89 ID:6hRSccFXO
木山「で、今回は能力の使用は認めます、が……」

黄泉川「相手に直接危害は加えるな。あと、ボールが壊れない程度にするじゃん!壊れたら弁償な!」

木山「……だそうです」

木山「最後に、賞品ですが……」

木山「MGボールサッカーボールカラー一年分と、おまけで欲しいものをなんでも一つだけ、差し上げます」

木山「えー、では……」

黄泉川「第一回学園都市主催!フットサル大会!スタートじゃん!」

木山「私が言いたかったのに……」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 11:15:56.66 ID:6hRSccFXO
ちょっとお仕事中断

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:20:40.95 ID:6hRSccFXO
………

上条「俺らは最初、何処と当たるんだ?」

一通「あァ?待ってろ……」

一通「えーっとォ……妄想☆爆走!ラストアクセロリは……Bブロックだなァ」

上条「おいちょっと待て」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:25:26.30 ID:6hRSccFXO
上条「なんだよその……ラストアク……なんちゃら?は!」

一通「妄想☆爆走!ラストアクセロリだよォ!……チーム名に決まってンだろォ?」

上条「……チーム名?」

一通「登録ン時書かされたンだよォ……一時間悩ンでなァ……良い名前だろォ?」

上条「……」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:31:32.57 ID:6hRSccFXO
イン「Bブロックの一回戦対戦相手は……」

上条「……らぶ×2シスターズ?」

スフィ「にゃー」

上条「シスターズってまさか……」

ミサカ「そう、そのまさかです、とミサカはさりげなくあなたに近づきます」

上条「……やっぱりお前等か」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:41:11.53 ID:6hRSccFXO
………

木山「さあ、始まりました予選第一回戦、トーナメント制なのでここから半分にしぼられる訳ですね」

木山「どこか気になっているチームはありますか?」

黄泉川「あー、取り敢えず一万人の控えがいるシスターズは注目ですね」

木山「……全員が同じ顔、というのは圧巻ですね」

木山「あ、ちなみにこのゲームの審判はこの方」

鉄装「あ、どうも、鉄装綴里です……」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:43:57.57 ID:6hRSccFXO
……

ピー!

木山「さぁ、今ホイッスルがなりました、予選スタートです」

黄泉川「じゃ、決勝大会まで私達は休憩じゃん」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:50:15.42 ID:6hRSccFXO
………

上条「さあ、円陣作んぞー!」

一通「……下らねェ」

打止「って言ってもやるんだね!」

イン「がんばるんだよー!」

スフィ「にゃー」

上条「えいえい!」

「「「おー!」」」

スフィ「にゃー」

ミサカ「……何故猫が……とミサカは疑問に思ってみます」

ピー

『さぁ、今ホイッスルがなりました、予選スタートです』


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 12:58:24.23 ID:6hRSccFXO
ミサカ「まずはミサカ達が先攻ですね、とミサカは……」

ミサカ「10032号、パス、とミサカは要求します」

ミサカ「わかりました、15760号。とミサカは華麗にパスします」

ミサカ「ミサカにもパスを下さい、とミサカは15760号に要求して見ます……」

上条「……すっげーややこしい……」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:07:35.98 ID:6hRSccFXO
ミサカ「16824号、交代しましょう、とミサカは身を乗り出します」

ミサカ「まだ20秒しかたっていませんよ、とミサカは拒否してみます」

ミサカ「30分で全員回さなければならないんですよ?とミサカは無理矢理フィールドに入ります」

ミサカ「大丈夫です、今の会話で10秒立っていますから、もうどうせ全員には回りません。とミサカは入って来た12354号を押し戻します」

鉄装「そこっ!勝手に入っちゃいけません!ファウルです!」ピー



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:12:23.86 ID:6hRSccFXO
一通「アイツら、アホかァ?」

ミサカ「あなたには言われたく有りませんよ、とミサカはセロリに反発してみます」

一通「……あとで八つ裂きだかンな」

上条「おいセロリ、キックインだぞ!早くこっち来い!」

一通「俺はキーパーだぞォ!」

上条「お前意外使えるやついねぇんだよ!」

一通「俺だって今電力節約中なンだよォ!」

打止「あたしにパスしてー!ってミサカはミサカは手を振ってアピールしてみたり!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:19:31.07 ID:6hRSccFXO
ミサカ「……ミサカネットワークを一時的に切断すれば、セロリは動け無いのでは?とミサカは提案してみます」

ミサカ「ナイスアイディアです、とミサカは10032号を褒め讃えてみます」

ミサカ「そんな事をしたら上位個体に叱られますよ、とミサカはフェアじゃないことを批判します」

ミサカ「それはまずいですね、とミサカは考えを改めます」


上条「ほらセロリ、パスだ!」ポン

一通「オーケェ!」スカッ ……コロコロ

一通「……あ」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:26:48.34 ID:6hRSccFXO
一通「……」

上条「せ、セロリ……ドンマイ、次が有るって……」

ミサカ「流石もやし、能力が無いとクソ並に使えませんね……と、ミサカは哀れむと同時に煽ってみます」

上条「余計な事言うんじゃねぇよ!」

一通「……良いぜェ」

上条「……え?」

一通「もォ温存なンてやめだァ!お望みどォり、ぶっ潰してやるぜェ!」

一通「ヒャハハハハハァ!」

上条「……あーあ」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:33:55.46 ID:6hRSccFXO
………

一通「おらァ!変化球だァ!」ドーン

鉄装「ゴール!」ピピー

一通「ベクトル変換だぜェ!」ズドーン

鉄装「またまたゴール!」ピピー

一通「ほらよォ!消える魔球だァ!」ドッカーン!

鉄装「ゴンゴンゴンゴンゴォーーールゥ!」ピピー-!

ミサカ「あーあ……とミサカは挑発した15760号に呆れてみます」

ミサカ「すみません、とミサカは自分の非を素直に認めます」

上条「……ボールだけは壊さないでくれよ……?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:39:58.37 ID:6hRSccFXO
………

鉄装「試合終了!」ピ・ピ・ピー

鉄装「552対0で!」

鉄装「妄想☆爆走!ラストアクセロリの勝利でーす!」

「「やったー!」」

一通「……」ゼェ……ゼェ……

スフィ「にゃー」

上条「……なんだかなぁ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:47:16.00 ID:6hRSccFXO
ミサカ「負けました、やりますね。とミサカは敗北の悔しさを噛み締めつつ、あなたと握手をします」

上条「ああ、良い勝負だった」

打止「たのしかったね!ってミサカはミサカは下位個体の努力は認めてあげたり!」

一通「てめェはなンもして無ェだろォが」

ミサカ「次は私が握手します、とミサカは10032号を払い除けます」

ミサカ「この後一万人全員と握手して貰いますよとミサカは当然の如く発言してみます」

上条「は?」

ミサカ「でないと一万人が集まった意味が有りません、とミサカはさりげなく顔を近づけて見ます」

上条「ふ、不幸だ……」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 13:58:00.57 ID:6hRSccFXO
………一方そのころ………

青ピ「いやー、負けちゃったんやねー」

土御門「はぁ……せっかく舞夏とかぐる……友達も呼んだのににゃー……」

舞夏「まー、次があるから、落ち込むんじゃないぞー」

土御門「ま……舞夏ー!!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:05:16.22 ID:6hRSccFXO
中断

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:25:24.99 ID:6hRSccFXO
………

上条「取り敢えず勝ったな……」

一通「あァ、電力がもう全然足り無ェ」

上条「握手し過ぎて手がつるつるに……」

イン「わー!手がちゅるんちゅるんなんだよー!」

打止「ほんとだー!ってミサカはミサカはすべすべな手にすりすりしてみたり!」

一通「……」スリスリ

上条「……おい、何手ぇ擦ってんだ……?」

一通「……うるせェ」

135 名前:ごめんね、仕事中だからさ[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:32:29.59 ID:6hRSccFXO
上条「……で、どうすんだ?電池、もう無いんだろ?」

一通「……どォすっかなァ……」

神裂「……私に任せて下さい、上条当麻」

上条「おお、神裂!お前も来てたのか!……つか、任せろ、ってどういう事だ?」

神裂「はい、私は助っ人として此処に来ました」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:37:53.60 ID:6hRSccFXO
上条「助っ人?」

神裂「ええ。フットサル大会に上条当麻が出場すると耳にし、援護しよう、という話になったんです。五和やステイルとじゃんけんをしましたが、私が勝ちましたので」

上条「しかし……選手登録はしたのか?」

神裂「入国手続きすらしてません」

上条「いや、駄目だろそれ!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:42:34.40 ID:6hRSccFXO
神裂「予選にちょっと出場する位です。きっと大丈夫でしょう」

上条「まあ、確かに神裂がいれば、百人力なんだけどな……」

一通「まァ、所詮ババァだよなァ」

上条「お前は黙って充電してろ」

上条「じゃ、次は神裂とセロリは交代な」

一通「オイ、いくら疲れてるからっつったって、ネコよりは使えンだろォが!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:51:13.35 ID:6hRSccFXO
………

神裂「行きますよ!」

上条「おう、やっちまえ!」

神裂「堕天使エロメイドシュゥーッっっ!」ドーン
鉄装「ゴール!」ピピー

一通(……一人だけベンチ……)

打止「優勝したら何貰うのー?ってミサカはミサカは今更だけど尋ねてみたり!」

イン「やっぱりおいしいごはんなんだよー!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 14:57:42.59 ID:6hRSccFXO
………予選Bブロック決勝戦終了………

鉄装「3対1で妄想☆爆走!ラストアクセロリの勝利です!」

鉄装「よって、ラストアクセロリは決勝大会に進出!おめでとうございます!」

上条「はぁ……なんか勝ち残っちまったな……」

イン「やったんだよー!」

打止「わーい!」

スフィ「にゃー」

一通「……なンか、余裕だったなァ」

上条「お前最初意外ずっとベンチだったろーが」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:03:44.71 ID:6hRSccFXO
………

木山「……えー、予選大会が終了しました……」

木山「勝ち残ったチームは、決勝大会への出場手続きを行って下さい……」

木山「なお、決勝大会は三日後となります……」

黄泉川(……私らも勝ち上がってやったじゃん!)

木山「しっかりと休養をとって下さい……」

黄泉川「じゃ、出場手続きはこっちじゃん!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:09:54.86 ID:6hRSccFXO
………

神裂「……それでは、私はそろそろおいとまします」

上条「もう帰っちまうのか?」

神裂「ええ、あまり時間も有りませんし」

上条「そっか、神裂、今日はありがとな!」

神裂「……いえ、構いませんよ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:15:58.19 ID:6hRSccFXO
一通「オイ、三下」

上条「ん、なんだ?」

一通「空港まで送って来やがれ、オマエンとこのシスターは俺が見ててやっからよォ」

上条「……わかった」

一通「ったく……オイガキ共、ファミレス行くぞォ!」

イン「やった!ごはんなんだよー!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:41:09.41 ID:6hRSccFXO
………ファミレス………

上条「悪い悪い、遅くなっちまった!」

一通「……オイ」

上条「?」

一通「オマエン所のシスター、どンだけ食えば気が済むンだァ!?」

一通「おかげで苺パフェの分の金が無ェじゃねェか!」

上条「あー……すまん」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:41:50.69 ID:6hRSccFXO
>>145
ジンギスカンパーリィした
もい落ちた

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:46:19.04 ID:6hRSccFXO
上条「つかお前、甘いもん食えんのか?」

一通「クソガキの分に決まってンだろォが!」

打止「私は別にいいって言ってるんだけどね!」

一通「育ち盛りは食わねェと駄目だろォが!」

イン「そうなんだよ!」

一通「オマエはもう食わなくて良いだろォが!」

上条「仲良さそうで何よりだ」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 15:56:43.77 ID:6hRSccFXO
………

上条「……で、どうする?」

一通「何がだァ?」

上条「作戦会議だよ」

一通「あァ……確かに、戦力になンのは俺と三下、クソガキ。他の二人……いや、一人と一匹は戦力外だもンなァ」

上条「いや、それより電池切れを何とかしないとな……」

イン「私に良い考えがあるんだよ!」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:02:26.88 ID:6hRSccFXO
………

ゴニョゴニョ……

一通「そンなだせェ真似、出来っかよォ……」

打止「良いんじゃないかなってミサカはミサカは提案してみる!」

一通「最高のアイディアじゃねェかァ!」

上条「……」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:10:46.18 ID:6hRSccFXO
………大会当日………

木山「さぁ、始まりました、決勝戦。八組の中から、当然ながら一組しか優勝はできません」

黄泉川「なお、決勝からは実況が付く!」

黄泉川「ま、私は大会にも出場してるから、プレーしながらの解説になるじゃん!」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:14:36.19 ID:6hRSccFXO
黄泉川「あと、うちチームの選手が怪我したから、メンバーはちょちょいと変えて置いた!」

黄泉川「それじゃあお前ら!」

木山「……健闘を祈るじゃん」

黄泉川「あ、おい!人の台詞を取るとは、何事じゃん!」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:24:21.72 ID:6hRSccFXO
………

上条「セロリ、トーナメント表見に行こうぜ」

一通「あァ」

上条「……あんま強いとことは当たりたくねーな……」

一通「ここまで残ってンだ、弱ェハズがねェだろ」

上条「はは……そうだな」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:30:07.15 ID:6hRSccFXO
上条「一回戦は……ぴちぴちティーチャーズ?」

一通「八ッ、そりゃ黄泉川達のチームだなァ」

上条「え?マジ?」

打止「ヨミカワと戦うの?ってミサカはミサカはちょっとだけワクワクしてみる」

イン「よみかわ、って誰?」

スフィ「にゃー」

美琴「ん……?アイツは……!」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:36:33.68 ID:6hRSccFXO
上条「んじゃ、ちょっとアップしとくか……」

美琴「ねぇ!アンタ!」

上条「?……うおぉっ!ビリビリ!?」

美琴「こんな所で何やってんのよ……ま、理由一つしか無いだろうけど」

上条「まさかお前も……」

一通「なんだァ?誰かと思ったらオリジナルじゃねェかァ?」

美琴「!アンタは……一方通行!」

一通(久しぶりに名前で呼んでもらえた……)

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 16:44:54.52 ID:6hRSccFXO
美琴「アンタ……そいつと何やってんのよ……」バチバチ

上条「まあまあ……落ち着けって……」

一通「何だァ?やんのかァ……?」ゴゴゴゴゴ……

打止「あー!お姉様ー!」

美琴(!……あの子は……)

美琴「……やめた」

一通「はァ?」

美琴「どうせならフットサルで決着付けてやるわ!覚悟しなさい!」

一通「! ……面白ェ……」

上条(収まった……のか?)

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:01:49.71 ID:6hRSccFXO
………

木山「さー間もなく始まります、決勝第一回戦。どんな闘いを繰り広げてくれるのか」

木山「えー、初戦は『妄想☆爆走!ラストアクセロリ』対『ぴちぴちティーチャーズ』です」

木山「まずはメンバー紹介。最初は『ぴちぴちティーチャーズ』から……」

木山「FW、黄泉川。隣に月詠。その下MFに鉄装が一人。DFとしてジャッジメント固法。最後に……」

木山「GK兼実況兼司会、みんなの先生木山!」

木山「また、本来GKの予定だった芳川は怪我で退場です」

木山「また、審判は鉄装の代理でテレスティーナ木原が務めます」

一通「……木原ァ?」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:10:49.43 ID:6hRSccFXO
上条「実況のマイク持ちながらゴール前に立ってるの、なんかシュールだな……」

木山「……おっと、『妄想☆爆走!ラストアクセロリ』。ゴール前で何かをやっている」

打止「じゅーでん~!ってミサカはミサカは頑張ってみたり!」ビビビビビ

一通「これでしばらく充電は切れねェな……」

木山「どうやら、一方通行選手と電気タンクがコードで繋がっており、タンクに打ち止め選手が電気を送りこんでいるようです」

黄泉川「……あれだとあの範囲しか動けないじゃん」

上条「……確かに、一メートルじゃ短いな……」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:18:47.17 ID:6hRSccFXO
テレ「……」ピー!

木山「さー始まりました。注目の選手はいますか?」

黄泉川「やっぱり黄泉川ですね。素晴らしい選手じゃん?」

木山「私は木山が活躍してくれると思います」

上条「セロリ、行け!」ポン

一通「……足が……届かねェ……!」

イン「任せて!とってくるんだよー!」

イン「それ!」ポーン

スフィ「にゃー」

上条「ああ!どこ蹴ってんだ!」

一通「チッ……仕方無ェ……」

黄泉川「貰ったじゃん!……あれ?」

木山「おおっと!ボールが摺り抜けたー!」

一通「クク……光のベクトル操作っと……」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:22:50.27 ID:6hRSccFXO
上条「よくやった!セロリ!……で、ボールはどこだ?」

一通「アソコだ、アソコ」

上条「……よし、ここか?」

一通「違ェ!もっと右だ!」

上条「ここか?」

一通「違げェ!……もうイマジンなんたら使えば良いだろォが!」

上条「わかった!そげぶ!」パリーン



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:28:58.56 ID:6hRSccFXO
小萌「あ、上条ちゃん!ボールを渡して下さい!」

上条「渡せって言われてそう簡単にやる奴は……」

小萌「……」

上条「……」

小萌「……」ウルウル

上条「……どうぞ」

小萌「やった!」

一通「オイこらァ!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:36:14.25 ID:6hRSccFXO
木山「おおっと上条選手。なんと敵にボールを渡したー」

黄泉川「……流石じゃん!」

固法「先生、こっちに!」

小萌「はい!」ポン

固法「威力弱っ!届いてませんよ!」

スフィ「にゃー」

固法「!猫がボールに……これじゃあ、蹴るに蹴れ無いわ……」

スフィ「にゃー」

打止「ナイス!ってミサカはミサカは初めて約に立ったスフィンクスを褒めてみる!」

イン「スフィンクス、ボールに乗っちゃ駄目なんだよー!」

テレ「ファウル!」ピピー!
上条「!?」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:42:44.00 ID:6hRSccFXO
テレ「ハンド!」

上条「はぁ?……あ、スフィンクス!」

黄泉川「おお、そういえばよくみるとハンドじゃん!」

一通「……オイ」

テレ「……何ですか?」

一通「ありゃ前足だ。ハンドじゃ無ェ」

テレ「いいえ、ハンドです」

一通「ハンドじゃ無ェ」

テレ「……」プチッ

テレ「……ハンドじゃ」

一通「……?」

テレ「ハンドだろぉがハンドじゃなかろぉがどっちでもいいんじゃああああああ!」

一通「!?」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:49:21.26 ID:6hRSccFXO
テレ「あたしゃさっさと帰って研究の続きしてぇんだよぉおぉお!
更正院から引きずりだしてきやがってええぇえ!」

テレ「しかも何だ!?フットサルの審判?はぁ?」

テレ「低レベルなプレーばっかしやがってぇえぇえぇえぇ!!」

テレ「……」フーッ フーッ……

テレ「……ってな訳でハンドだから♪」

鉄装(……怖い)

一通「いや、だってよォ……」

上条「セロリ、あんま刺激してやんなって……」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 17:57:07.77 ID:6hRSccFXO
テレ「……じゃ、ぴちぴちティーチャーズからフリーキックです」

固法「ここは任せて下さい」

木山「おおっとキッカーは固法です。この位置からの直接は大きい」

固法「いけっ!」ポーン

木山「アウトフロントでカーブをかけた!この試合、固法選手一人だけ真面目です!」

鉄装「私も真面目なんだけど……」


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 18:04:43.23 ID:6hRSccFXO
木山「ボールは綺麗な曲線を描き、黄泉川の頭上へ」

黄泉川「よ、っと……」ブォン

木山「おっと、高いジャンプ。なんと、この状況で胸トラップを選んだか」

黄泉川「……喰らうじゃん」ドーン


木山「なんとここからダイナミックにボレーです!ほぼ体を横に倒しつつ、腰の回転を利用した!」

黄泉川「どうだ!」

木山「ゴール隅目掛けて一直線!これは入ったか!?」

ドーン……

一通「……いやァ、ベクトル操作して有るンで……」

木山「……弾かれました」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 18:08:52.60 ID:6hRSccFXO
ちょっと車運転するから中断

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 18:55:50.63 ID:6hRSccFXO
上条「よし、インデックス、ボール取りに行け!」

イン「任せるんだよ!」

イン「はい、とーま、パス!」ポン

上条「サンキュー!」トス
黄泉川「しまった!守りが足りないじゃん!」

木山「おおっと上条、ゴールに迫る……って、私まずいんじゃないか……?」

上条「……いいぜ。てめえらのフットサルが俺達より強いってんなら……」

上条「まずはその……」

上条「ふざけた幻想を蹴り飛ばす!」ドーン

カン

木山「おっとしかしポストに弾かれたー」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:01:34.41 ID:6hRSccFXO
上条「……」ズーン

一通「オイ隅で膝抱えてンじゃ無ェ!さっさと戻りやがれ!」

上条「だって……だって……恥ずかしい//」

一通「大丈夫だよォ!格好良かったぜェ!?なァ?オマエ達ァ?」

打止「いや……あれはない、ってミサカはミサカは正直な感想を言ってみる……」

イン「うん……あれは、ねー……」

スフィ「にゃー」

上条「うわああああああ!」

一通「オマエ達ァァァァア!」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:05:09.71 ID:6hRSccFXO
ピピー

木山「ここでハーフタイムです」

木山「ここまで0対0。どう思いますか?」

黄泉川「もちろん、私達が勝つじゃん!」

木山「……そうですか」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:11:10.32 ID:6hRSccFXO
………

上条「……よし」

一通「おォ、立ち直ったのかァ?」

上条「当たり前だろ?この上条さんがあれくらいで落ち込む訳……」

イン「そのふざけた幻想をけりとばすんだよー!」

打止「おっとしかしポストに弾かれたー、ってミサカはミサカは最大限のものまねをしてみるー!」

上条「……」

一通「……オイ、三下……?」

上条「うわああああああああん!!」

一通「オマエ達ァァァァァァァア!!」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:16:17.59 ID:6hRSccFXO
………

一通「いいですかァ?アイツああ見えてナイーブだから、傷つける様な事は言っちゃァ駄目ですよォ?」

「「はーい」」

一通「ホラ、三下、クソガキ共には注意したンだ、もう泣くな」

上条「……別に泣いてねーし……」

一通「……涙拭けよ……」

上条「……ありがとう」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:21:26.94 ID:6hRSccFXO
テレ「はーい、そろそろポジションについて下さーい!」

一通「全然休んだ気がしねェ……」

上条「よし!気合入れて行くぞ!」

「「おー!」」

スフィ「にゃー」

一通「……はァ」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:29:24.23 ID:6hRSccFXO
ピー

木山「さあ、ぴちぴちティーチャーズからのスタートです」

固法「よっ!」ヒョイ

木山「おおっと、いきなり仕掛けた!」

上条「しまった!」

木山「一人かわしました!」

一通「まァ、ベクトル操作さえしときゃあ、負けねェよなァ……」

打止「痛っ!」バタン

一通「! クソガキ、大丈夫かァ!」

打止「うん、ちょっと転んだだけ……ってミサカはミサカは怪我の軽さを伝えてみる……」

一通「心配させンじゃねェ……」

固法「えい」ドン

ポスン

テレ「ゴール」ピピー

一通「……あ」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:35:34.49 ID:6hRSccFXO
小萌「やったー!ほら、ハイタッチ!」

固法「どうも!」パシン

上条「すまん、セロリ。今のは俺のせいだ……」

一通「……いや、俺がボールから目を離さなけりゃ……」

打止「私が転ばなければ……ってミサカはミサカは後悔してみる……」


イン「わたしはなんにも悪くないんだよー!」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:45:00.81 ID:6hRSccFXO
………

木山「さあ残り5分。今だに0対1です。妄想☆爆走!ラストアクセロリは、この曲名から逆転出来るのか」

一通「ふン……そろそろ俺の出番かァ……?」

一通「オイ三下、ポジション変われェ。もうそろそろ全力でも良いだろォが」

黄泉川「……チートが出て来たじゃん」

一通「……」ガシッ

一通「……このコード、どうやって取ンだァ……?」

打止「あ、それ外しちゃ駄目だよー!外したら電気逃げちゃうから!ってミサカはミサカはそのコードが外せない事をおしえてあげてみたり!」

一通「……マジでかァ?」

打止「マジだよ!」


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 19:55:29.22 ID:6hRSccFXO
一通「……仕方ねェ。三下、俺にボール回せ!」

上条「わかった!だけどまだハーフライン越えてないんだ!待ってろ!」

一通「早くしろォ!時間がねェんだ!」

鉄装「……ここは通しません!」

上条「……さて、どうするか……」

一通「……三下、一旦そいつにボール取られろォ!」

上条「……?」

上条「っ……!そうか!」

上条「へい、パス」ポン

鉄装「へ?……ど、どうも」パシュ

上条「はい、返して」

鉄装「あ、はい」ポン

上条「どうも」パシュ

上条「よっしゃセロリ、行くぜ!」

鉄装(……今の、何だったの?)

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 20:01:04.02 ID:6hRSccFXO
黄泉川「何やってる!?」

鉄装「はぁ……何やってるんでしょうねぇ……」

黄泉川「お前に言ってるんだよ!」

鉄装「へ?」

黄泉川「今のアイツらは、キーパーに戻せない状態だったんだよ!」

黄泉川「で、ハーフライン越えるか敵が触るかしないといけなかったんだ」

鉄装「へぇ、それで私にパスを……って!」

上条「へいセロリ!」

一通「……おーけェ!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 20:05:40.60 ID:6hRSccFXO
一通「必殺ゥ!『小学生よ永遠に』シュートォ!」

ドーン

テレ「ゴール!」ピー

上条「よっしゃあ!」

一通「さァ、俺の時代が来たぜェ!」


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 20:11:12.26 ID:6hRSccFXO
………

テレ「えー、結果、3対1で……」

テレ「『妄想☆爆走!ラストアクセロリ』の勝利です」

一通「あー、そのォ……一つ提案があンだけどよォ……」

テレ「……何ですか?」

一通「やっぱ『妄想☆爆走!ラストアクセロリーズ』にチーム改名してくれねェか?何か語呂が悪くて、ずっと引っ掛かってたンだよォ」

テレ「……」

テレ「『妄想☆爆走!ラストアクセロリーズ』の勝利です」

一通「話がわかるじゃねェか!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 20:12:38.18 ID:6hRSccFXO
中断
帰宅する
途中でご飯食べる

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 20:37:12.15 ID:6hRSccFXO
オフサイドは
敵の最終ライン(一番後ろに居る奴)より後ろに味方がいて
ソイツにパスをすること

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 21:41:07.70 ID:6hRSccFXO
小萌「うぇっ……うぇっ……負けちゃいました……」

固法「小萌先生、泣かないで下さいよ……私まで悲しく……」グスッ

黄泉川「この後飲みに行く奴ー!」

小萌「はーい!」

鉄装「あ、じゃああたしも……」

木山「実況が有るんですが……」

黄泉川「うーん……じゃあ、後は任せた!」

黄泉川「さぁ行くじゃん!」

「「はーい!」」


固法「……」

木山「……」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 21:47:54.88 ID:6hRSccFXO
………

上条「やったな!」

一通「あァ……だがまだ気は抜けねェ……」

上条「そうだな、まあ、他の試合でも見に行くか……」

イン「とーまー、おなかすいたー!」

上条「あとで売店行ってやるから」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:03:35.55 ID:6hRSccFXO
………

その後、上条達はなんだかんだで勝ち抜き……

テレ「3対0で『妄想☆爆走!ラストアクセロリーズ』の勝利です!」


絹旗「くっそ!超負けた!」

麦野「そんな……私たちの『あいらびゅー・あいてむーず』が……」

一通「……はン」

テレ「よって、決勝戦進出は妄想☆爆走!ラストアクセロリーズとなります」

打止「やったね!ってミサカはミサカはハイタッチしてみたり!」パチン

イン「やったんだよー!」

上条「良く考えたらコイツら必要ないんじゃあ……」

スフィ「にゃー」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:10:36.97 ID:6hRSccFXO
………

上条「しっかし、まさか決勝まで行けるなんてなぁ……」

一通「……まァ、俺の手にかかれば、こンなもンだなァ」

上条「ああ、確かにお前が一番活躍してるよ、ありがとな!」

一通「……ケッ///」

上条「そういえば、決勝ではどこと当たるんだ?」

打止「お姉様のチームだよ!ってミサカはミサカはスパイしてきた情報を教えてあげる!」

上条「……あいつら、まだ残ってたのか……」

美琴「あら、失礼じゃない」

上条「うおう!」

美琴「まさかアンタらが、決勝までに残ってるなんてね……」

あれ?もしかしてゴムって電気通さない?どうしよう

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:17:06.05 ID:6hRSccFXO
美琴「ま、ともかく、明日は正々堂々と勝負しなさいよ?逃げちゃ駄目だからね」

一通「オマエ、なめてンのか?……そっちこそ逃げンじゃねェぞォ?」

上条「まあまあ、そう熱くなんなって……ほら、俺の小学生の時の卒アルやるから」

一通「……同級生に可愛いコ、いンのかァ?」

上条「ああ、居る」

一通「……今日は見逃してやらァ」

美琴「……うわぁ」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:26:31.67 ID:6hRSccFXO
………決勝当日………

木山「さぁいよいよ始まります決勝戦」

黄泉川「解説は黄泉川でお送りするじゃん」

木山「えー、メンバー紹介です。まずは『愛のゲコゲコウインナーズ』。FW、御坂。MFに婚后と白井。DFに初春。GKは佐天。」

木山「……どう思いますか?」

黄泉川「レベル5が一人、レベル4が二人。そのうち一人はテレポーター。これは厳しいじゃん」

木山「……そうですか。えー……学園都市主催、第一回フットサル大会、決勝戦、間もなくキックオフです」


249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:32:56.24 ID:6hRSccFXO
上条「レベル4以上が三人……?」

一通「オイオイ、アイツどンだけ勝ちたいンだよ……」

上条「……まあ、俺達も勝つしか無い、頑張ろう!これが最後だ!」

イン「わかったよ!とーま!」

一通「まァ、所詮は第三位、格の違いを見せ付けてやンよ!」

打止「大丈夫!きっと勝てるよ!ってミサカはミサカは気合いをいれてみる!」

スフィ「にゃー」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:37:36.63 ID:6hRSccFXO
ピー!

木山「さあ、始まりました決勝戦。なんとどちらのチームにもレベル5が居ます」

上条「まずは俺達から……よし、取り敢えずキープ……」

黒子「甘いですの」シュン

上条「な!?」

黒子「テレポート!」ビュン

ファサッ……

一通「なン……だとォ……?」

テレ「ゴーール!」ピピー

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:43:21.94 ID:6hRSccFXO
木山「あーっと白井、なんと開始15秒で点を入れてしまいました!」

黄泉川「……やっぱしテレポート禁止にしてきゃ良かったじゃん……」

上条「……ビリビリ、やるじゃねーか」

美琴「降参するなら今のうちよ?」

上条「……誰が!」

木山「さぁ、再びセロリーズからのスタートです」

一通(あのテレポーター、素足で冷たく無ェのかァ……?)

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:50:10.77 ID:6hRSccFXO
一通「オイガキ、このタンク、どの位持つンだ?」

打止「取り敢えず試合一杯までは余裕かな、ってミサカはミサカは具体的な数字がわからないので適当に答えてみる!」

一通「よし……だったら!」

黒子「……ボールが……」

佐天「消えた!?」

一通「ふン……光のベクトル操作だよォ……用は触れられなきゃいいンだろォ?」

美琴「まだまだね……甘いわ!」

一通「!?」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 22:56:59.81 ID:6hRSccFXO
美琴「みことレーダー!」

美琴「ボールは……そこぉっ!」

上条「あいつ……あんな事も出来たのか……!」

美琴「喰らえ……超電磁球!」ドォォン

一通「……クッ……!反射ァ!」

木山「ボールは見えませんが察するにフィールド外に出たようです」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:02:20.49 ID:6hRSccFXO
一通「ケッ……オリジナルにボールの場所が察知された所でなァ……テレポーターに見え無けりゃ、こっちのもンなンだよォ!」

美琴「くっ……」

黒子「……お姉様、どう致しましょう……」

婚后「私に任せて下さいな!」

黒子「婚后さん……いらしてたんですの?」

婚后「最初からいましたわ!」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:14:55.35 ID:6hRSccFXO
黒子「で、何か案はありますの?」

婚后「ええ、私、なぜかベビーパウダーを持ってまして……」

婚后「私がこれを放り投げ、一時的に煙幕を作ります……」

婚后「その隙に御坂さんはボールを奪還……」

婚后「レーダーで辿って、白井さんに近づき、直接パス」

婚后「それを白井さんがテレポートでゴールまで!」

婚后「どうです?素晴らしいアイディアではなくて?」

美琴「道具って使ってもいいのかしら……」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:19:15.99 ID:6hRSccFXO
黒子「まあ、やってみましょうか……」

婚后「では、そーれ!」ボン

上条「うわっ!?煙幕か?」

婚后「よし、この隙に……」

テレ「ファウル!」ピピー

婚后「え?」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:25:08.04 ID:6hRSccFXO
………

婚后「イエローカードを貰ってしまいましたわ……」

美琴「やっぱズルは駄目よね、うん」

上条(……何やってんだ?あいつら……)

一通「……しかしどォする……?これじゃあこっちにも見ェ無ェ……」

一通「このままじゃリードされたまま終わっちまうンじゃ無ェのか……?」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:31:08.74 ID:6hRSccFXO
一通「……!そうだ、クソガキ、オマエもあのレーダー、使えンじゃねェのか?」

打止「うん、微弱だけど少しなら出来るよーってミサカはミサカは役に立つ事をアピールしてみたり!」

一通「でかしたァ!」

上条「あの……俺は何をすれば……」

一通「クソガキを守れェ!以上!」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:37:44.08 ID:6hRSccFXO
………

打止「あっちだよー!」

上条「よっしゃ!」

一通「ちゃんとおンぶしとけよォ!落とすなよォ!」

打止「あ、ストップ!」

上条「よし、これで……」

美琴「させるかぁ!」

上条「くっ……!」

上条「ここは俺が押さえる!セロリにパスだ!」

打止「えい!」ポーン

一通「よっしゃ来たァ!」


290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:44:16.72 ID:6hRSccFXO
一通「必殺!『別にオレはロリコンじゃねェ』シュートォォォオ!」ズドーン

美琴「な……!佐天さん、伏せて!」

佐天「ひぃっ!」パシュ

テレ「ゴール!」ピピー

黒子「……くっ!」

一通「どうだァ?ベクトル変換で超変化球にしてやったぜェ?」

佐天「いや、変化無くても、普通に取れないです……」

初春(……そういえば私、今日まだ喋ってませんでした……)

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:53:39.04 ID:6hRSccFXO
ピピー!

木山「さあ、ここで前半戦の終了です……」

一通「オイ、三下、コーヒー取ってくれェ」

上条「おま、スポーツ中にコーヒーとか、ヤバいんじゃ無いか?」

一通「良いから、寄越せってェの」

上条「……ほらよ」

一通「……サンキュー……」ボソッ

上条「は?」

一通「……何でも無ェ……」

イン「ねぇねぇとーま?」

上条「んー?」

イン「今日はあれやんないのー?」

上条「あれ?」

イン「『その幻想を蹴り飛ばす!』ってやつー!」


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/23(火) 23:59:28.31 ID:6hRSccFXO
上条「……」

一通「おい三下ァ……?」

上条「……」

一通「やめろォ、思い出すンじゃ無ェ!」

上条「……よし」スタスタ ……トスン

一通「……?収まったかのかァ……?」

上条「うわああああああああああああ!!!」ガン!ガン!

一通「やっぱりかァァァァァァァァア!!!」

イン「ねえ、とーま?なんで壁に頭を叩きつけてるのー?」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:05:15.38 ID:kp7lgIDxO
………

上条「はぁ……はぁ……忘れろ……あれは夢だ……あれは夢あれは夢……」

一通「そうだァ!オレ達は最初からなンも見てねェ!元気出せ!」

上条「なんか……元気だせとか言われると……逆に無くなっちゃう……」

一通「なンでそンなにデリケートなンだよォ!」

ピピー

打止「時間だよー!ってミサカはミサカはいつまでも遊んでる二人に教えてあげる!」

一通「別に遊ンで無ェよ!」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:12:59.55 ID:kp7lgIDxO
一通「オラ!気合入れるンだろ!」

上条「……頑張ってみます」

木山「さぁ、ウインナーズからのスタート。後半はどんな熱戦が繰り広げられるのか」

黄泉川「目が話せないじゃん!」

美琴「さ、始めるわよ!」

ピピー!

黒子「最初の位置からテレポートさせてしまえばこちらの物……」

ビュン

黒子「よし、これは確実に……」

テレ「コート外、キックイン!」

黒子「!?そんな!」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:18:26.70 ID:kp7lgIDxO
テレ「あれを見て下さい」

黒子「……?」

黒子「!」

黒子「あれは……!」

黒子「ゴールが……動いて、る……?」

一通「はン」

婚后「そんな!」

美琴「ちょっと!あんなの反則じゃない!」

テレ「いえ、ルールブックにはそんなこと……あ、少し審議して来ます」

黒子「確実に入る、唯一の方法でしたのに……」


311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:24:07.21 ID:kp7lgIDxO
………

テレ「審議が終わりました」

黒子「当然、ファウルですのよね!?」

テレ「次からはダメよ☆との事です」

美琴「てことは……」

テレ「はい、今回に限り、ノーファウルです」

美琴「なんじゃそりゃぁー!」

黒子「八百長!八百長ですの!」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:29:10.79 ID:kp7lgIDxO
一通「じゃあ、こっちからだなァ……」

一通「オイ三下、ゴール前に立ってろォ」

上条「ああ、わかった!」

美琴「!初春さん、そいつマーク!」

初春「はい!」

一通「行けェ!」ビュン

シュルルル

黒子「……な、これは……!」

木山「さあ、一方通行選手、ボールを天井すれすれまで投げたー!」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:35:48.95 ID:kp7lgIDxO
木山「ボールは大きなこを描き、ゴール前へ……」

木山「おっと、ここでボールが消えた!」

美琴「くッ……させない!」ビリビリ

木山「美琴選手、電撃でゴール前にバリアーを張ります」

一通「甘ェ」ビュン

美琴「な!……コードで繋がれてたはずじゃ……」

一通「あァ?オレが何の対策もしねェとでも思ってンのかァ?」

一通「……小型のバッテリー式に戻したンだよォ」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:40:08.89 ID:kp7lgIDxO
一通「ベクトル変換!」

美琴「!……あたしのバリアが……」

木山「ボールはそのまま、ゴールに……」

美琴「……ふふ……アンタ知らないの……?」

美琴「キーパーが投げたボールは、直接入ってもゴールじゃ無いのよ?」

一通「……だから三下を置いたンだろォが……」

美琴「……まさか!」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:46:08.29 ID:kp7lgIDxO
上条「……へへ……」

上条「なぁビリビリ、そろそろ決着、付けようぜ……」

木山「さぁ、見え無いボールは多分上条に向かっているようです」

上条「俺らは、この一ヶ月、頑張って来た……」

上条「いや、三人くらい頑張って無かったが、それでも友情という大切で、掛け替えの無い物を手に入れた……」

一通「二人と一匹だ、勘違いすンなァ」


321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:53:02.26 ID:kp7lgIDxO
一通「あ、あと、クソガキは頑張ってただろォが。努力は認めてやれェ」

上条「……ともかく、今の俺達は、誰にもとめられない!」

木山「お、少しずつボールが見え始めました……!」

上条「てめえ達がもし……」

木山「ボールはポストへ近づき……」

上条「フットサルで勝つ気でいやがるなら……」

木山「バーで跳ね返った……だんだんと上条へ引き寄せられていく……」

上条「まずはその!ふざけた幻想をけり……」ベチャ

木山「おおっと顔面直撃だーー!」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/24(水) 00:57:46.17 ID:kp7lgIDxO
美琴「……なにやってんの」

一通「これで良いンだよォ……」

木山「お?上条に当たったボールが更に跳ね返り……」

木山「なんと、ゴールキーパー、佐天の頭上を……」

佐天「ああ!」

木山「越えたー!」

ポスッ

テレ「ゴール!」ピピー!

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:02:00.06 ID:kp7lgIDxO
黒子「……そんな……」

美琴「まさか……!」

木山「ゴール!ゴールです!なんと、上条経由で、ネットに叩き入れてしまいました!」

黄泉川「さすが一方通行。予想を遥かに越えるプレーをやってくれるじゃん」

一方通行「……どンなもンよォ!」

美琴「くっ……まだ!終わったわけじゃ無いわ!」

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:08:22.39 ID:kp7lgIDxO
美琴「必ず取り返してみせるわ!」

一通「上等だァ!」

上条「……」

一通「よォ、三下、起きたかよォ……」

上条「……棄権したい」

一通「あァ?」

上条「もう俺、棄権したい……」シクシク

一通「……済まねェ」

上条「うぇっ……ひっく……あやまんなよっ……!別にお前は悪くねぇよ!……ひっく」

一通「……どォしよォか……」

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:15:02.32 ID:kp7lgIDxO
………

黄泉川「さぁ、ラスト5分じゃん!」

木山「取るか、取られるか!実力はほぼ互角です!」

一通(三下は隅のほォで泣いてやがる……。よォし、ボールキープで時間を稼ぐとするかァ……)


345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:21:07.91 ID:kp7lgIDxO
美琴「……どうすればこの状況を打破できるかしら……」

初春「あ、私キャパシティダウン持ってますけど、使いますか?」

婚后「道具は反則ですのよ!そんなことも知らなくて?」

初春「……すみません」

美琴「んー……あ、そうだ!」

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:25:30.41 ID:kp7lgIDxO
………

美琴「……じゃ、婚后さん、あたし達を上に飛ばして」

婚后「解りましたわ!」ピューン

木山「あーっと白井と御坂、二人で空高くに飛び立ちました!何をするのか……!」

美琴「よし、今よ、黒子、テレポート!」

黒子「はい、お姉様!」

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:30:17.97 ID:kp7lgIDxO
ヒュン

木山「白井が一方通行の後ろに回り込みました!」

一通「……挟み打ち、……ってかァ?」

一通「いいぜェ、俺から取れるもンなら……」

婚后「捕まえましたわー!」

一通「!?」

打ち止め「助けてー!ってミサカはミサカは卑怯者の腕から逃げようとしてみたり!」

婚后「誰が卑怯者ですって!?」

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:35:47.92 ID:kp7lgIDxO
美琴「ふ、あたし達は囮よ……」

黒子「見事に、引っ掛かりましたわね……」

「「ふふふふふ、ふはははははははは!」」

一通「クソ共がァ……!」

美琴「さ、人質を返して欲しくば、ボールを渡しなさい」

木山「なんと下劣!なんと卑怯!さっきまでのアクションは全て囮!気を引き付けさせる為の罠だったのです!」

打止「はーなーしーて~!」

婚后「だ・め・で・す・わーー!」

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:40:18.88 ID:kp7lgIDxO
テレ「ファウル!」ピピー
婚后「え?」

美琴「は?」

テレ「レッドカード!」ピシッ

木山「あーっ!やはり退場です!これは当然の処置でしょう!」

一通「……オイ」

黒子「えーと……」

美琴「ごめんなさい……」

一通「ぶ・っ・こ・ろ・す……!」

黒子「きゃー!」

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:45:58.30 ID:kp7lgIDxO
………
テレ「試合終了!」ピピー
テレ「2対1で……」

テレ「『妄想☆爆走!ラストアクセロリーズ』の勝利でーす!」

一通「優勝かァ……悪くねェ響きだなァ……」

打止「やったね!ってミサカはミサカはあなたに抱き着いてみる!」

イン「これで賞品が貰えるんだね!」

美琴「はぁ……負けた……」

黒子「この黒子が着いていながら……」

婚后「退場させられた……」

初春「空気だった……」

佐天「無能だった……」

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:51:28.57 ID:kp7lgIDxO
………

木山「……では、優勝者の皆さん、檀上にあがって下さい……」

一通「クソガキ、転ぶなよォ」

打止「んしょ」

イン「あれ?とーまは?」

一通「……」

木山「えー、『妄想☆爆走!ラストアクセロリーズ』……貴方達は、本大会に置いて、優勝しましたので、これを賞します。……統括理事長代理、木山春生」

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 01:56:30.36 ID:kp7lgIDxO
一通「オイ、ちょっと三下呼ンでくる」

打止「賞品は?」

一通「オマエらで決めとけェ、変なモン頼むンじゃねェぞ……?」

イン「わかったんだよー!」

一通「ったく、手間ァ掛けさせやがって……」

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 02:03:12.91 ID:kp7lgIDxO
………

上条「はは……結局俺、何もしてねーや……」

上条「ここまでこれたのも、全部……セロリのおかげなんだよな……」

一通「ンなこたねェよ」

上条「……セロリ!」

一通「オマエのリーダーシップの御蔭で、ここまでこれたンだよォ……」

一通「オマエが努力してたから、オレもやる気になったンだろォが……」

上条「セロリ……」

一通「……なんか、悪かったなァ……今日はよォ……」

上条「いや……いいんだ、もう」

一通「……ホラ、行くぜェ……」

上条「ああ……」

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 02:08:26.80 ID:kp7lgIDxO
………

一通「……」

イン「あ、とーま!おかえりー!」

上条「……ああ、ただいま」

一通「ンで、結局何にしたンだァ?」

上条「俺も気になるな」

打止「えっとねー!」

イン「ごはんなんだよー!」

一通「……ごはン……飯かァ?」

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/24(水) 02:18:12.60 ID:kp7lgIDxO
上条「食い物……まあ、インデックスらしいっちゃあインデックスらしいが……」

一通「メチャクチャ勿体無ェ……」

打止「ま、こんなラストもありなんじゃ無いかな、ってミサカはミサカは綺麗に纏めてみたり!」

一通「……下ン無ェ……」

---

その後、賞味期限切れ一週間前の米が大量に届きました。
因みに、シスターさんが余裕で平らげちゃったんですけどね。
……残ったのは、最初の二個で飽きて作るのを断念した、MGボールだけでした。

一通「……オイ三下、ここ上手くはまンねェ」

上条「どれどれ、貸して見ろ……」



スフィンクス「……解せぬ」


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。