FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「せつぶん?」憂「いいえ、せっぷんです」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 17:52:04.00 ID:I5/oXkrO0 [1/37]

 N市 とあるスーパーマーケット

唯「ねぇー憂」

憂「ん? どうしたのお姉ちゃん……あ」

唯「にへへ。一本買っていってもいいですかね?」

憂「またお酒? お姉ちゃんすごく弱いんだからだめだよ」

唯「一杯だけだからさ。ね?」

憂「んー……約束だよ? あと勝手に飲まないこと」

唯「うん約束! えへへっ、ありがとう!」コトン

憂「わっと……えーっと、これで後は福豆だけかな?」

唯「しいたけは?」

憂「もうあるよ。きゅうりにかんぴょうに……あれっ、たまご家にあったかな?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 17:54:57.68 ID:I5/oXkrO0 [2/37]

唯「あっ、タマゴならないよ。昨日の夜わたしが食べちゃったから」

憂「……そういうのはちゃんと報告してくれないかな?」

唯「えへへっ、ごめんね」

憂「お姉ちゃん。去年と違って今は二人暮らしなんだから、そういうの気をつけなきゃだめだよ?」

唯「そっかぁ、わたし憂と同棲してるんだもんね」

憂「ぅ……もうっ、真面目に聞かないんだから……」

唯「憂てれてるー」

憂「……とにかく、タマゴとあと福豆だね」

唯「あ、わたしタマゴ取ってくるよ」

憂「ううん、お姉ちゃんは豆探してきて? レジのあたりにあると思うから」

唯「そう? じゃわかった、行ってくるね」

憂「いってらっしゃーい」

憂(……さて、タマゴタマゴ)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 17:58:02.84 ID:I5/oXkrO0

――――

憂「あ、いたいたお姉ちゃん……って!?」

唯「おういー、豆ってどれくらい買ったらいいのー?」ガサガサ

憂「一袋でいいってば。私たちの家そんな広くないんだから」

唯「そっかー。実家は広かったからなぁ……何袋も買ってたよねぇ」

憂「ほら、棚に戻して」

唯「……んー。お家の話、憂はきらい?」ガサガサ

憂「……お姉ちゃんのせいでしょ。1年も家に置いてけぼりにされたら嫌にもなるよ」

唯「私だって、憂が生まれてくるまで1年ひとりぼっちだったけどなー」

憂「それは……そうだけど」

婆「すまんの、豆とらせてくれんか」

唯「あっはいっ、ごめんなさい」ササッ

婆「仲いいの」

憂「あはは……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:01:02.47 ID:I5/oXkrO0

憂「……」

唯「ま、いいよね」

憂「うん?」

唯「これからはいつだってどこだって、憂と一緒だよ」

唯「だからお家のことも、あんまり嫌わないでほしいな……」

憂「……わかってる。わかってるんだけど、ね」

唯「……買うものみんな揃ったっけ?」

憂「うん、そのはず。会計して帰ろっか」

唯「ん。あそこのレジ空いてる」

憂「よっし、行こう」カラカラ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:04:02.39 ID:I5/oXkrO0

唯「いよっと」ボスン

店員「いらっしゃいませー」

 ピッ ピッ

唯「……」じーっ

憂(また見てる……)

憂「そんなにぴっぴが好きならスーパーでバイトしたらいいのに」

唯「ぴっぴ……?」

店員「ふぷっ」

憂「っ……」カアッ

憂「だって……あれなんて言うのかわかんないもん……」

唯「かわいいなぁーういういー」うりうり

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:07:15.64 ID:I5/oXkrO0

店員「ふ……あ、えっと、こちらお酒なんですが」

唯「あ、わたしこれでもハタチなんですよ」

店員「身分確認できるものはお持ちですか?」

唯「学生証で大丈夫ですか?」

店員「はい、大丈夫です」

唯「んと……」ゴソゴソ

唯「はい」

店員「どうも」

唯「……ぴっぴ」ボソッ

店員「グフッ! げふん、はぁ、はい、お返しいたします」

唯「どもども」

憂「……お姉ちゃん、店員さん困らせちゃだめだよ?」

唯「うふふ、ごめんねぴっぴちゃん」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:10:00.32 ID:I5/oXkrO0

店員「ふぅっ。お会計4,286円です」

憂「んっと。……はい」

店員「えー、4,536円お預かりします……」

店員「250円のお返しです。ありがとうございましたー」ペコリ

憂「行くよっ、お姉ちゃん」

唯「ほいほーい」

憂「はぁっ……まだ顔熱いよ」ペタペタ

唯「……」ガサガサ

憂「お姉ちゃん?」

唯「うい、早く袋に入れて帰ろう。あの店員さん、ときどき憂のほうチラ見してる」

憂「……いや、女の人だよ? それに見られるのもしょうがないような」

唯「いいから早く行こうって」

憂「……はーい♪」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:13:17.73 ID:I5/oXkrO0

――――

 小さなアパート 202号室

憂「よいしょ、ただいまー」

唯「うあー、重かった」

憂「お酒の瓶があったもんね。お姉ちゃん大丈夫?」

唯「大丈夫じゃないからこたつであったまるー」スタスタ

憂「そっか。休んでていいよ、わたし恵方巻きの準備するから」

唯「おーう、よろしう頼みます……」

憂「……さてと。がんばるぞっ!」

憂(お姉ちゃんの健康と幸福を願うお料理、手は抜けない!)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:16:36.45 ID:I5/oXkrO0

憂「……」モクモク

憂「……」モクモク

憂「ふっふーふーふーん」カチャカチャ

憂「すっきすっきーだーいすっきー……」

唯「うい?」

憂「わっ! お姉ちゃんどうかした?」

唯「ねぇねぇ、豆まきしなーい?」すりんっ

憂「ふあ……えっと、ちょっと待って。タマゴ焼いちゃったら、一旦冷ますから……」

唯「うい……」ゴソッ

憂「へ……ちょっと、どこに手入れて……」

唯「……ん。お豆さん探し」

憂「あのね……いたっ!?」ビク

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:19:55.27 ID:I5/oXkrO0

唯「あっ、ごめ……」

憂「もうっ、あっち行ってて!」

唯「ごめんね……」

憂「……いいよ。待たせちゃってる私がいけないんだし」

唯「ごめんなさい……」ショボン

 トボトボ…

憂「……」

憂(ちゅーは良いけど……やっぱりHはまだ)ジュー…

憂(……タマゴ焦げちゃうって)カチャッ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:23:25.24 ID:I5/oXkrO0

――――

憂(よし。これで下準備はできたし、具材は冷蔵庫に入れておいて)

憂「お姉ちゃーん?」

唯「……うい?」

憂「準備終わったから、豆まきしよ? ……変な意味じゃないけど」

唯「ん……よーし、鬼を追いだすぞっ!」

憂「おー!」

唯「さて、じゃあ豆の袋を……」ガサッ

憂「……お姉ちゃん。なんか少なくない、それ?」

憂「というか……なんでもう開いてるの?」

唯「だっておいしくって……」

憂「これじゃちょっとしか撒けないよ。どうする?」

唯「うぅむ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:26:37.67 ID:I5/oXkrO0

唯「大事なとこだけにしよう。両手に5粒ずつ持って。憂も」ガササ

憂「う、うん」

唯「わたしと憂の両手で4ヶ所だけ、大事なところの鬼をはらおう」

憂「なるほど。じゃあまずは……玄関かな」パタパタ

憂「鬼はー外!」パララッ

唯「ほー、憂はそうきましたか。私はまず~」トタトタ

憂「まず?」

唯「憂がいつもいる台所っ! 鬼はー外!」パララッ

憂「わぁ。……えへへっ」

唯「大事な憂には一匹たりとも鬼は近づけないよ!」フンス

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:30:03.01 ID:I5/oXkrO0

憂「じゃあ私は……」パタパタ

唯「ういはー?」

憂「お姉ちゃんがいつもいるおこたの中!」バサッ

憂「鬼は外ー!」パララッ

唯「ほほう、んじゃー私はっ」

憂「うん、うんっ?」

唯「憂と愛をはぐくむベッド!」パララッ

憂「ウフッ! ゲフ、お姉ちゃん!?」

唯「えぇー、何で笑うの憂ー?」

唯「いつもベッドでいっぱいちゅーちゅーするじゃん! 愛の営みだよ!」

憂「だ、でもだって、キスとエッチは……」

唯「違う?」

憂「……と、思うよ?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:33:20.28 ID:I5/oXkrO0

唯「わたしは一緒だと思うなぁ」

唯「なんか、少なくともステップで別れてるようなものじゃないかなって」

唯「どっちも憂を愛してるから、したいって思うんだよ?」

憂「……」

憂「なんか、ちょっと勇気出たかも」ニコッ

唯「では」

憂「でもまだ待って!」

憂(……あ)

唯「えへへ、冗談だよぅ。じゃ憂、年の数だけ豆を食べよう」

憂「38個も残ってるかな?」

唯「足りなかったら豆を半分に割って、2個ぶんに数えたらいいんだよ!」

憂「節分をつくったご先祖さまたちが泣くだろうなあ……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:36:32.57 ID:I5/oXkrO0

 ポリポリ…

唯「んふふ、おいしぃ~」

憂「だねー。ぜんぜん残ってないけど」

唯「ふふっ、まあ食べたかったらまた明日買いに行けばいいんだよ」

憂「節分に食べるのが大事なのに……」ポリポリ

唯「憂は慣習にうるさいよねー」

憂「う、うるさいかな……」

唯「もうちょっとゆるくてもいいじゃない、ねぇ?」

憂「お姉ちゃんはゆるすぎ。先輩のお酒を断り続けて怒られて泣いたんじゃなかったっけ」

唯「だって、私酔ったら危ないもん! 憂以外の前じゃ絶対飲めないって」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:39:58.61 ID:I5/oXkrO0

唯「憂だって分かってるでしょ? それは」

憂「そうだけど、……んん、やっぱり嬉しいや」

唯「でしょでしょ~」ごろんっ

唯「もう私って、けなげで最高の彼女だよね」

憂「うん。最高のお姉ちゃん」

唯「ぷふー」ポリポリ

憂「……」パキッ

 ポリポリ

唯「いま何個たべたっけ……」

憂「お姉ちゃんはもう20個以上食べてるから気にしなくて大丈夫だよ」

唯「憂がいま16個だから私は18個ぐらいかな……」

憂「あくまで食べるんだね」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:43:22.15 ID:I5/oXkrO0

――――

憂「お姉ちゃん、お姉ちゃん」ユサユサ

唯「んあぁ……だめぇん憂ぃ~……」

憂「変な声だしてないで。起きて。恵方巻き食べようよ」

唯「ハッ! 恵方巻き!」ガバッ

憂「いちおうお酒も持ってきたからね」

憂「食べ終わったら、1杯だけ飲んでいいよ」

唯「わかった、いっぱい、ね?」

唯「ほれ、私の横おいでー、うい」

憂「じゃあ失礼して、よいしょっと」

唯「ういー、いらっしゃーい!」ナデナデナデ

憂「ん、えへへ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:46:44.57 ID:I5/oXkrO0

憂「材料ちょっと多かったから3本作ったけど、多かったかな?」

唯「3本……1本あまるよ、憂?」

憂「それはお姉ちゃんが食べていいよ」

唯「えーっ、やだよ半分ずっこがいい!」

唯「ん、半分ずつ……そうか、ほぉう」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「ちょっとね。まぁいいから食べようよ!」

憂「あっ、待ってお姉ちゃん」

唯「ほえ?」

憂「こほん。恵方巻きを食べる時はね、目を閉じて、何も喋っちゃいけないんだよ」

憂「口を開けると、せっかく食べた幸せが逃げちゃうんだって」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:50:10.15 ID:I5/oXkrO0

唯「へー、なおさらだね」

憂「なおさら?」

唯「あぁいや、こっちの話で。じゃあ改めて……」

憂「お姉ちゃん、恵方巻きなんだから恵方を向かないと」

唯「あ、そっか。んーと、南南東だったよね」

憂「うちの窓が真南だから、こっからちょっとだけ左を向いて」

唯「このくらい?」

憂「うん、ちょうどいいと思うよ」

唯「よしっ! では目を閉じて……いただきます」

憂「いただきまーす」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:53:20.06 ID:I5/oXkrO0

唯憂「……」モソモソ

 モソモソ…

唯憂「……」ごくんっ

憂(うん、おいしい)

唯憂「……」モソモソ…

唯憂「……」モソモソ

唯憂「……」ごくんっ

唯「……ふぅー」

憂「思いのほか、なかなか疲れるね」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 18:56:33.37 ID:I5/oXkrO0

唯「ういっ、まだ喋っちゃだめだよ!」

憂「へっ?」

唯「まだ恵方巻きを食べ終わってないよ?」

唯「憂は今からわたしと、この余った恵方巻きを食べるんだから!」

憂「……お、お姉ちゃん。なんか言い方がお芝居みたいだけど」

唯「あぁー、喋って幸せが逃げちゃった!」

唯「でも残ってる恵方巻きは1本! となると、倍の量の幸せを食べる手段を考えないと!」

憂「……」

唯「そうだ憂!」

憂「なぁに、お姉ちゃん?」

唯「この恵方巻きで、ポッキーゲームならぬ恵方巻きゲームをすればいいんだよ!」

憂「えほっ?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:00:07.40 ID:I5/oXkrO0

唯「はい、憂はこっち側くわえて」ぐいっ

憂「むぐっ、ほ、ほっとぉ」

唯「ほら、しゃべったらめっ、だよ。目閉じて」

憂(もう……ほんとに変なことばっかり思いつく)

憂「ふん」コクッ

唯「はじめるよー、あーん……」

唯「ふたーと!」

 モソモソ…

憂(わわわ、お姉ちゃんが食べてるのが分かる……)

憂(私も食べなきゃ……ちゅ、ちゅーくらい別に……)

 フー、フー

憂(お、お姉ちゃんの鼻息……)モソモソ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:03:16.12 ID:I5/oXkrO0

 ごくんっ

憂(わっ、今飲みこんだ……すごい音)

憂(普段のちゅーでお姉ちゃんがツバ飲みこむことはよくあるけど……)モソモソ

憂(やっぱり唾液だけとはぜんぜん音が違うんだ)モソモソ

唯「ん……」

憂(! す、すっごい近くまで来てる!)

憂(あと一口食べたら、ちゅうだ……)ごくんっ

憂(ん、んんっ)ハムッ

 むにっ

唯「むっ……ふふっ、ういーっ」ちゅうっ

憂「ん、ぅ……」モグモグ

唯「んれーっ」ニュル

憂「ちょっ、舌まっへ……まあ飲みこんれないっ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:06:32.19 ID:I5/oXkrO0

唯「はぅ、ふっ……んりゅっ」

 ピチャピチャッ ズジュッ

唯「んっ……」ごくっ

唯「ふふ、憂の幸せちょっともらっちゃった」

憂「は、はふぁっ……ん、んっ」ごくんっ

唯「んーっ」チュー

憂「むぅーっ!」

唯「口開けちゃめーだよ、んべっ」

 ペロ、ピチュ…

憂「っ、ぅ!!」ゾクゾクッ

唯「んっ、んっ……」チュチュッ

唯「ん、よし! これで憂の幸せは憂の中にばっちり封印されたよ!」

憂「ぅ、……はぁっ」くたっ

唯「よしよし、おつかれさま」ナデナデ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:09:58.63 ID:I5/oXkrO0

憂「んぅーっ……」ぎゅうっ

唯「あれぇ? まだしたいのかな?」

憂「……っ。そういうんじゃないもん」

唯「そっか? まぁいっか。うーいっ」ユサユサ

憂「なあに?」

唯「お酒。一杯酌んで?」

憂「ん、わかった……」

 キュポン

唯「~♪」トクトク…

憂「よっと」チャポン

唯「どもども」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:13:19.52 ID:I5/oXkrO0

唯「すぅー……こくっ。ういも早く大人になるといいね~」

憂「そうだね、私もお姉ちゃんと飲みたいかな」

唯「酒はいいぞー、やなことみんな忘れられる……」

憂「だめ人間のせりふ……」

唯「うえへへ……ごくっ。はやく憂が大人にならんかねぇ?」

憂「視線がいやらしいよ? ……っていうか体だったらお姉ちゃんのほうが」

唯「んぁ?」

憂「あっ」

唯「おーいおい、ういうい? いまなーに言おうとしたの? ん?」

憂「お姉ちゃん、酔いのまわり早すぎでしょ……」

唯「ふーむ……?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:16:40.60 ID:I5/oXkrO0

唯「んー」グビッ

 ガシッ

憂「ちょっ、ま」

唯「んいーっ」ブチュ

憂「ん、っ!!」

 とろっ……

憂(お、お酒がっ……!)

 チャパ ピシャッ

憂(ぁ……舌にかかって)ブルッ

憂「……ぅ」ゴクン

唯「どーだ、姉にさからうものは、こう、ねぇ、大変なのだー!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:20:04.64 ID:I5/oXkrO0

唯「ってのはぁ、どうでもよくて。ういー、初めてのお酒の感想はどーお?」

憂「おいしかった……すごく」

唯「れしょれしょ、もっと飲ましたげるよぉ」クイッ

唯「んー……」チュウ

憂「んぁ、は」

 しゃああぁ……

憂「っ……」ゴク、ゴクッ

憂(……あぁ、なんだろ。手足の先が冷たいような……)

憂(? ううん、違うかな、ほっこりしてる……?)ゴクンッ

唯「ぷはー。あひゃ、ういったら顔まっか!」

憂「えへへ、そーかなぁ?」

唯「まっかっかだよー。リンゴみたいでかわいーっ!」ぎゅうっ

憂「えへー、かわいい憂ちゃんでーす!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:23:25.10 ID:I5/oXkrO0

唯「そんなかわいい憂にはー……さらにお酒を、あらぁ?」

唯「す、すっからかんだ!」

憂「あはは、私がほとんど飲んじゃったねー」

唯「くそーっ、返せ返せー!」

 むちゅっ

憂「んー、やーら!」

唯「かえふんらー、わあひのおさけー!」

 ピチャッ ピチャパチャッチュチュレロッジュウッ

憂「んぁー、きもひぃ……」

唯「おぉ?」チュパッ

唯「へへー、うい! ごはん粒いっこ取り返したよ!」

憂「……うりゃっ」ハムッ

唯「うわー! ご、ご飯の一粒さえも!?」

唯「お、鬼だ! 鬼がここにいるぅ!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:26:36.71 ID:I5/oXkrO0

唯「くっ!」スック

憂「あぁー、おれえひゃんどこいくのぉ……」ヒタヒタ

唯「おふとーん! たすけてー!」

 ガバッ ゴロゴロ

唯「防御だ、防御! 鬼にはかなわん!」

憂「あはっ、おねえひゃん、お布団に巻かれて恵方巻きみたいになってるよぉ」

唯「ほんとー? たべていいよー、幸せになれるよー!」ゴロゴロ

憂「わーい、いただきまーす!!」

 ボフッ

唯「うひゃっ、鬼の攻撃が容赦ない!」

憂「わー、やわらかーいあったかーい♪」ぎゅっぎゅぅ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:29:56.39 ID:I5/oXkrO0

唯「鬼さんは恵方巻き食べないのー? 食べてよー、んーっ」ちゅー

憂「鬼じゃないもん、憂だもん!」

唯「んっ。じゃあ憂さん、ゆい恵方巻きを食べて!」

憂「いいよー! いただきまーす!」

 ちゅうっ

唯「んー、ぁー」

憂「ほれぇ、舌を出すのだ!」

唯「はい、ろーぞ憂さぁん」ベー

憂「んぁむ……んちゅーっ」

 れろれろっ ちゅうぅ

憂「はっ、は、ぁ……」

唯「んくぅ……ぅあ、れぇ憂、これ、あれだね」

憂「んむ?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:33:17.79 ID:I5/oXkrO0

唯「ふとんにくるまってね、上から憂がぎゅーって抱いてるから」

唯「わたし全然身動きとれないんだぁ」

憂「ほんとだ。お姉ちゃんまさに恵方巻きだよ!」

唯「わたし恵方巻き?」

憂「うんっ、おいしいし動かないし、幸せになるもん! 恵方巻きだよ!」

唯「やったー、恵方巻き合格だよー!!」モゾモゾ

憂「あーこら、動かないのー」ぎゅうっ

唯「ひゃっ、ごめんなさーい!」

憂「ゆるさーん! お仕置きだっ、ちゅっちゅしてやる!」

 ちゅっ、ちゅっ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:36:41.66 ID:I5/oXkrO0

唯「んーっ♪ ういのちゅっちゅだー、これ好きっ!」

憂「お仕置きなのに喜んじゃうんだね、お姉ちゃんはほんとドエムなんだから!」

 ちゅちゅ……ちゅううぅ

唯「はんんぅ……ぷはっ。だって憂のちゅー気持ちいもん!」

憂「むーっ、じゃあ気持ちよくなるお仕置きだー!」

 ちゅ… レロッ、ニュチ

唯「は、ぁ……ベロだぁ、おいひぃ」

憂「ん……んぁ、ふ……」ジュ、チュ…

 ピチャ、レロレロチュッ…シュ、スッコスッ

唯「はふぁ……んんっあ」ビクッ

憂「ん、おれえちゃん……」チュパチュ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:39:58.44 ID:I5/oXkrO0

憂「ねぇ、おねえひゃん、きもひよくなってるれしょ」

唯「うふふぅ、はーい。とってもきもちくなってまーっす」

唯「なんかねぇ、動けないからかわかんないけど、すぐイキそうになるんだよぉ」

憂「ん。じゃあこのまま、舌なめなめでイカせてあげるね?」

唯「わーい、いかひていかひてー!」

憂「んー、ちゅちゅ……」

 れろ、れろぉっ

 プチュッ チュク、レロチュ…チュチュチュ

唯「んはああっ、むぅふうううっ!!」ビクビクッ

憂「はぁっはふ……ちゅるるる」

唯「んあっああっ……!! ういっ、く、いふぅっ!!」

憂「……んんっ」ちゅうっ

唯「くむっ……んんんんんんうぅーっ!!」ガクンッ

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:43:18.31 ID:I5/oXkrO0

唯「ぅあ……はぁっ」くたっ

憂「こぁー、休むなー!」

唯「はふぁ? ……ん、んんっ」チュチュッ

唯「やっ、待っ……ふへぁっ」

憂「んー、んふ。おれえひゃんちゅーちゅー♪」

唯「ぁうっ、んっ! やぁっ、あめっ、無理ぃっ!!」ビクビクビク

憂「んーんー、動けないでしょー? 今日はいっぱいちゅーしたげるねぇ」

 チュッチュ、チュク…ペロッツプレロレロ ピチャクチャッ

唯「ふぁ、ふぁああっ、まああああっ!!」ブシュッ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:46:40.66 ID:I5/oXkrO0

――――

 よくあさ

唯「ふあ……」

憂「すぅ、すぅ……」

唯「きもちよさそうに寝ちゃってぇ……」ナデナデ

唯「っくぅ、何回イかされたんだろ。まだアソコが痛い……」

唯「しかし……うい。あんたも酒乱だったとは」

唯「てことは、守ってあげないとね。ま、安心めされよ」

唯「恋人として頑張るから……だから、そろそろ……」ナデナデ

 ナデ…

唯「……ううん。待ってるよ、憂」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/03(木) 19:50:12.29 ID:I5/oXkrO0 [37/37]

せつ-ぶん【節分】

1 季節の変わり目。立春・立夏・立秋・立冬の前日。せちぶん。

2 立春の前日。2月3日ごろ。この夜、鬼打ちの豆をまいたり、柊の枝に鰯の頭をさしたものを戸口にはさんだりして、邪気を払う習慣がある。翌日は立春であるが、実際の春の訪れはまだ遠い。


せっ-ぷん【接吻】

[名](スル)相手の唇やほおなどに自分の唇をつけ、愛情や尊敬の気持ちなどを表すこと。くちづけ。キス。この一線を越えても、想いが通じ合っているとは言い難い。「妹に―する」


 おわり

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。