FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺「どっかに女が転がってね―かな・・・」-3

俺「どっかに女が転がってね―かな・・・」-2
続きです
678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:33:47.23 ID:DxHe/VfD0 [36/78]
女「いたッ・・・」

女「しっかり跡が残っちゃってる」

女「痛々しいなぁ。見せたくない」

女「内ももという見えにくいところなのが不幸中の幸いという・・・」

女「女からキスマークつけられるとは思ってなかった」

女「キスマークっていうか・・・ただのパンチか」

女「そして凍傷がひどい」

女「水が染みる・・・」


679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:38:41.57 ID:DxHe/VfD0 [37/78]
俺「テレビつけよう」

テレビ「お父さん・・・あ・・・こんなの・・・久々ね・・・」

俺「熟年夫婦もの・・・おぇ」

俺「俺らは年てってもセックスしたいな」

俺「ほかの熟年カップルのを考えるのはいやだけど」

俺「そういうのって本当勝手だ」

俺「ん・・・やば」

俺「眠くなってきた・・・」


682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:41:46.38 ID:DxHe/VfD0 [38/78]
女「俺くんお待たせ・・・って」

女「ふふふ、やっぱり寝てる」

女「全くどうしようもないんだから」

女「そっとしておいてあげよう」

女「・・・この寝顔を見てるといたずらしたくなる」

女「何しちゃおっかな・・・」

女「あ、今レム睡眠してる時って目がぐるぐるしてるんだよね」

女「調べて見たいかも。まぶた上げてみようっと」


683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:45:12.82 ID:DxHe/VfD0 [39/78]
俺「ん゛ん゛・・・」

女「起きちゃった?」

俺「何してた?」

女「寝てたからいたずらしただけ」

俺「そうか・・・ごめん寝てて」

女「いいよ。暇だっただろうし」

俺「さっき買ったガムあるんだった・・・いる?」

女「もらっとく」


684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:47:42.05 ID:DxHe/VfD0 [40/78]
俺「裸じゃないの?」

女「もう、あたしそんなにエッチじゃないもん」

俺「え、女さんってエッチじゃなかったんですか?」

女「違う。誰かと間違ってるんじゃない?」

俺「おかしいな・・・俺が知ってるのは今目の前にいる女さんだけのはずなんだけど」

女「ドッペルゲンガーかもね」

俺「いるの?」

女「入れ替わっちゃったのかも。俺くんが目を離した隙に」


685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:50:43.42 ID:DxHe/VfD0 [41/78]
俺「そうだったのか・・・てっきり」

女「さすがにそれは冗談。あたしはあたし」

俺「安心した」

女「でも鏡を見すぎると、自分が鏡の中の世界にいるんじゃないかと思えるよね」

俺「それこわい」

女「昔、主人公が鏡の中の人と入れ替わっちゃうマンガを読んだことがあって」

俺「でも、どっちでもいい感じがする。本当はこの世界が鏡の中だとしても」

女「確かに。実際そんなことわかんないもんね」


686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:54:50.04 ID:DxHe/VfD0 [42/78]
女「ってラブホでカップルがする話じゃなくない?」

俺「こほん・・・じゃあ本題に入ろうか」

女「急」

俺「やっぱり雰囲気が大切か。女さん、セックスは好きですか?」

女「直球」

俺「難しい」

女「そうだね、まずは頭撫でるとか」

俺「よしよし、お手!」

女「犬扱いしない!」


688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 17:58:55.22 ID:DxHe/VfD0 [43/78]
俺「わんわんプレイはどう?」

女「しません」

俺「う―ん、じゃあにゃんにゃんプレイ」

女「しない」

俺「わがままだな。仕方ない、モーモープレイ」

女「最高にかわいくない」

俺「ちえっ」

女「俺くんが犬か猫だったらいいよ。あたし飼い主」


689 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 18:00:56.60 ID:DxHe/VfD0 [44/78]
俺「え、いいの?」

女「本気?」

俺「割りと」

女「じゃあしよう」

俺「やった!」

女「俺くんは犬なんだから、わんわん、くぅーんとかしか言っちゃだめね」

俺「うん」

女「人間の言葉をしゃべったらおしりぺんぺんのおしおきを課す」

俺「よし。レディー、ファイッ!」




ごはん行ってくる

691 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 18:29:10.96 ID:DxHe/VfD0 [45/78]
女「じゃあまずは脱がせてもらいましょうか」

俺「わんわん!」

女「はしゃがない・・・ね、あたし凍傷で痛いから優しくするんだよ、ペロ」

俺「わん」

女「ペロ、元気よすぎ」

俺「わふっ」

女「そういえばペロお風呂入ってない、入れてあげようか?」

俺「わんわんッ」

女「勢いよく首振って。俺・・・もう我慢できないって感じ?」


692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 18:32:50.45 ID:DxHe/VfD0 [46/78]
俺「わん」

女「いや・・・ペロ・・・くすぐったい」

俺「わんわん」

女「焦らなくてもいいから、ね?」

俺「これ・・・」

女「あ、しゃべった」

俺「ごめ・・・でも」

女「まだ押すと痛いけど・・・そのうち直るから大丈夫」


695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 18:48:20.90 ID:DxHe/VfD0 [47/78]
俺「あのこに?」

女「そう。ま、気にしないで」

俺「はあ・・・」

女「悲しくならない」

俺「だって・・・」

女「もういいの。それより俺くんしゃべりすぎ」

俺「これはどうしようもないことだって」

女「約束は約束。お尻出しなさい」


696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 18:52:56.38 ID:DxHe/VfD0 [48/78]
俺「お手柔らかにお願いします」

女「ほら、犬にならないと回数が増えるよ?」

俺「わ、わん」

女「ペロが悪いんだからね」

俺「キャン」ぺんぺん

女「ちょっと面白い」

俺「わん・・・わん」ぺんぺん

女「あたしS気あるかも」


697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 18:55:49.83 ID:DxHe/VfD0 [49/78]
女「もう人間に戻ってもいいよ」

俺「ふぅ・・・よかった」

女「痛かった?」

俺「手加減してるんだろうな、とは思った」

女「さすがにね、やりすぎるのはよくないから」

俺「そのお気持ちに感謝します」

女「またやってあげてもいいよ」

俺「も、もう十分です」


698 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 19:17:37.62 ID:DxHe/VfD0 [50/78]
俺「この傷痛そう」

女「大丈夫、あたしの自然治癒力は驚くほど素晴らしいから」

俺「かわいそうに」

女「同情しない」

俺「同情じゃない、慈悲」

女「慈悲か・・・ねえ神様?」

俺「迷える子羊よ、願いを叶えてやろう」

女「あたし・・・今しあわせだから望むことはありません」


699 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 19:33:01.97 ID:DxHe/VfD0 [51/78]
女「また話がずれたね」

俺「いつになったらできるんだろう」

女「ほら、がんばって! 雰囲気を作って!」

俺「お、おう、まかせとけ!」

女「ところで・・・大学の単位はどう?」

俺「これ以上関係のない話題を持ち出さないで」

女「え―・・・ね、本当の本当に卒業できるの?」

俺「やめて・・・うつになる・・・」


700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 19:41:08.77 ID:DxHe/VfD0 [52/78]
俺「しませんか?」

女「まだかなぁ」

俺「よしよし・・・」なでなで

女「いい感じ」

俺「好きだよ」

女「もっと言って?」

俺「大好き」

女「・・・・・・」ちゅっ


701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 19:48:54.12 ID:DxHe/VfD0 [53/78]
俺「してもいい?」

女「聞かないで・・・こういう雰囲気になったら無言で始めるの」

俺「勉強になります」

女「俺くんも脱いで」

俺「う、うん」

女「男のひとが自分で服を脱いでるのってやっぱり面白い」

俺「見ないで・・・」

女「ストリップショー」


703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 19:56:04.18 ID:DxHe/VfD0 [54/78]
女「わ―わ―!」

俺「そんなつもりは・・・」

女「もっとやれ―」

俺「もう・・・」

女「あっ後ろ向かない」

俺「やだ」

女「いじわる」

俺「そっちの方がかなりいじわるだって」


704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 20:03:00.09 ID:DxHe/VfD0 [55/78]
俺「さあ、再開」

女「ベッドの上に座って?」

俺「うん」

女「ただぎゅってしたかっただけなんだけどね」

俺「肌痛くない?」

女「大丈夫。初体験の時に比べたら・・・」

俺「それ比べるものじゃない」

女「目、つぶって」


705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 20:08:24.36 ID:DxHe/VfD0 [56/78]
俺「え、俺が?」

女「そう。あたし目を開けてキスしてみたかったの」

俺「わ、わかった」

女「・・・ん」

俺「・・・・・・」パチ

女「ちょ・・・俺くん目を開けないで」

俺「視線が合ったらどうなのかな、と思いまして」

女「結論、ちょっときまずい」


706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 20:15:58.41 ID:DxHe/VfD0 [57/78]
俺「そのまま倒れて」

女「まさか・・・あたしを襲う気?」

俺「襲うよ」

女「きゃ・・・」

俺「恥ずかしがるなら言うなよ」

女「きゅんってするから」

俺「どこが?」

女「子宮」


709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 20:23:26.05 ID:DxHe/VfD0 [58/78]
俺「赤面するようなことをさらっと言うよね」

女「あたしとっては普通のこと」

俺「女ってかなりエロい」

女「普通だもん」

俺「そんなところも好き」

女「あたしも大好き」

俺「ん・・・はあ」

女「ちょ・・・苦し・・・」


721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/25(火) 20:38:14.98 ID:DxHe/VfD0 [59/78]
女「は・・・んん・・・」

俺「気持ちいい?」

女「うん・・・」

俺「胸大きくしてやる」

女「本当・・・? 大きくなるかなぁ」

俺「きっとなるよ」

女「あん・・・激しい・・・」

俺「まだまだこれから」


723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 20:39:49.51 ID:DxHe/VfD0 [60/78]
女「あっ・・・」

俺「だめ?」

女「あ・・・あん・・・や・・・」

俺「すごく濡れてる」

女「本当?」

俺「お尻の方まで」

女「やだ・・・本当」

俺「ずっと我慢してたんだ」


725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 20:45:11.82 ID:DxHe/VfD0 [61/78]
女「んふ・・・」

俺「もっと気持ちよくしてあげるからね」

女「あたし・・・クンニしてもらうの好き・・・」

俺「そうなんだ」

女「俺くんの顔・・・すごくエッチに見える」

俺「じゃあがんばろう」

女「あ・・・はあん・・・」

俺「いい声」



726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 20:50:09.60 ID:DxHe/VfD0 [62/78]
俺「指入れるよ・・・?」

女「あ・・・気持ちい・・・」

俺「嬉しい」

女「指入れてもらうと・・・満たされる気がするの」

俺「凹凸が埋まるからかな」

女「でも自分のじゃいや・・・俺くんのがいい」

俺「ニヤニヤしちゃう。ここかな」

女「あっあっ・・・ん・・・」



728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 20:56:06.50 ID:DxHe/VfD0 [63/78]
俺「ここか・・・」

女「や・・・はあ・・・」

俺「イってもいいんだよ」

女「うん・・・」

俺「かわいい」

女「あ、あ・・・イキそう・・・」

俺「いいよ・・・」

女「イク・・・はあ・・・ん・・・あ・・・」


732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:05:54.51 ID:DxHe/VfD0 [64/78]
女「イっちゃった・・・」

俺「イク時の顔ってそそる」

女「いや・・・あんまり見ないで」

俺「エッチな顔も好き」

女「あたしも俺くんのエッチな顔見る」

俺「咥えてくれる?」

女「うん・・・こうかなぁ」

俺「あ・・・いいよ・・・」


733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:18:04.62 ID:DxHe/VfD0 [65/78]
女「どんな気持ち?」

俺「天国・・・」

女「そんなにいいんだ・・・」

俺「びっくり・・・するくらい」

女「俺くんの顔・・・あんまり見えなかった」

俺「女の顔は見えるけどな・・・」

女「俺くんだけ得してる」

俺「もう少し口をすぼめられる・・・?」


734 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:23:34.14 ID:DxHe/VfD0 [66/78]
女「絶対かわいくない顔になってるよ・・・」

俺「それがいいんだって・・・」

女「変な趣味」

俺「きっと理解者は多いはず・・・」

女「口でイかせてあげようか?」

俺「それもいいけど・・・」

女「どこがいい?」

俺「中・・・」


735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:30:46.71 ID:DxHe/VfD0 [67/78]
俺「今回はちゃんとゴムつけるよ」

女「え、この前つけてなかったんだっけ?」

俺「ごめん」

女「忘れてた」

俺「痛かったら、我慢しないで」

女「大丈夫」

俺「ん・・・痛くない?」

女「俺くん心配しすぎ」


737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:36:18.76 ID:DxHe/VfD0 [68/78]
女「確かにちょっと痛いけど、気持ちいいって感覚はあるんだよ」

俺「そうだったのか・・・」

女「今は朝したからほとんどないかな」

俺「動くよ」

女「は・・・いい・・・」

俺「女の中って・・・本当すごい・・・」

女「大好き」

俺「すご・・・愛してる・・・はあ・・・」


738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:39:32.61 ID:DxHe/VfD0 [69/78]
女「ひとつになってる・・・」

俺「うん・・・嬉しい。そういえばパンパンって音・・・普通に・・・聞こえるよな」

女「確かに・・・」

俺「おおげさにしてるのかと思ってた」

女「いやらしい音だよね・・・」

俺「そろそろ・・・限界・・・」

女「いいよ・・・」

俺「中に出すから・・・うっ・・・」


739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:40:16.40 ID:DxHe/VfD0 [70/78]
俺「ふぅ・・・」

女「汗かいてる」

俺「セックスはスポーツだからな」

女「さわやかになった」

俺「好き」

女「ぎゅ―ってして」

俺「俺はしあわせものだ」

女「あたしみたいなかわいい彼女がいて、本当にしあわせだと思う」


740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:40:41.98 ID:DxHe/VfD0 [71/78]
女「いっぱい出た?」

俺「うん」

女「見せて」

俺「あ、だめ。見世物じゃありません」

女「むぅ」

俺「だって・・・」

女「ねえ、中ってどれくらい気持ちいいの?」

俺「すぐイキそうなくらい」


741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:47:20.32 ID:DxHe/VfD0 [72/78]
俺「もう一回しない?」

女「もちろん」

俺「69したい」

女「う・・・うん」

俺「やりたくない?」

女「その体勢ってすごくエロティックな気がして」

俺「ハメ撮りでもしておく?」

女「けっこうです」

俺「残念。帰ってから見ようと思ったのに」


742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:49:37.08 ID:DxHe/VfD0 [73/78]
俺「下になるから上に乗って」

女「ここかな」

俺「もうちょっと後ろ来れる?」

女「や・・・あん・・・」

俺「口の動き止まってる」

女「だっ・・・て・・・あっ」

俺「そんなに指入れるのがいいか・・・」

女「ん・・・ふ・・・」


743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:50:28.92 ID:DxHe/VfD0 [74/78]
女「あ・・・あたしもうダメ」

俺「よくがんばった」

女「褒められちゃった」

俺「じゃあ下になって」

女「俺くん・・・」

俺「大丈夫?」

女「挿れてもらえてしあわせ」

俺「ちょっとこのままでいよう」


744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:51:24.15 ID:DxHe/VfD0 [75/78]
俺「スローセックス」

女「それなに?」

俺「あんまり激しくないセックス? 俺もあんまり詳しくないけど」

女「あ、前テレビでガンガン突いちゃだめって言ってた」

俺「ガンガンしてなかった?」

女「うん。ちょうどいいくらい」

俺「よかった」

女「このまま時間が止まればいいのに」


745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:52:05.27 ID:DxHe/VfD0 [76/78]
俺「今度、家来ない?」

女「いいの?」

俺「うん。どうせ一人暮らしだし」

女「新婚さんごっこしたい」

俺「いいね。裸エプロンとか憧れ」

女「ハードルが高い」

俺「じゃあタンクトップ着ててもいいから」

女「どっちにしろエッチ」


746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:52:30.46 ID:DxHe/VfD0 [77/78]
俺「また動いてもいい?」

女「うん」

俺「あ・・・やっぱり気持ちいい」

女「締めつけてる?」

俺「すごく・・・」

女「大好きぃ・・・」

俺「好き・・・あ、イク・・・」

女「俺く・・・ん・・・」


747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 21:53:53.06 ID:DxHe/VfD0 [78/78]
俺「はあ・・・はあ・・・」

女「あ、疲れてる」

俺「疲れてるんじゃなくて、心地いい」

女「がんばったからキスしてあげる」

俺「・・・ふあ」

女「眠い?」

俺「ごめんあさい」

女「いい夢見てね」

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/26(水) 10:13:57.03 ID:sd2HlGmw0 [1/126]
俺「ん・・・よく寝た」

女「起こしちゃった? まだ6時だよ」

俺「女は早いな・・・」

女「いつもこれくらいに起きてるから」

俺「偉い・・・」

女「俺くんはまだ寝てて」

俺「うん・・・おやすみ」

女「おやすみなさい」

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 10:29:39.47 ID:sd2HlGmw0 [2/126]
俺「ん・・・むにゃむにゃ」

テレビ「いや・・・あ・・・だめぇ」

女「はあ・・・はあ・・・」

女「俺くん・・・」

俺「何だ・・・?」

女「俺くん・・・大好きぃ・・・」

女「あ・・・イク・・・イっちゃう」

俺「え・・・あ、あ・・・」


779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 10:37:38.43 ID:sd2HlGmw0 [3/126]
女「やだぁ・・・見られちゃった?」

俺「うん・・・」

女「恥ずかしいな」

俺「でも・・・」

女「あたしの・・・まだイキ足りないみたい」

俺「え・・・」

女「舐めて・・・」

俺「ごほ・・・う・・・」


780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 10:43:32.53 ID:sd2HlGmw0 [4/126]
女「あっ・・・さすが俺くん・・・わかってる」

俺「おへ・・・苦し・・・」

女「奥まで入れてくれると嬉しいな」

俺「うう・・・」

女「あ―ん・・・いい」

俺「もう・・・いやだ・・・

女「イク・・・俺くんの口でイクよ・・・」

俺「うわ・・・」


781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 10:59:53.22 ID:sd2HlGmw0 [5/126]
俺「うおえ」

女「やりすぎた? ごめんね」

俺「何で俺が・・・」

女「飲んで?」

俺「いやだ」

女「残念、はい、ティッシュ」

俺「うえっうえっ」

女「ふふふ」


782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:07:51.96 ID:sd2HlGmw0 [6/126]
俺「うう・・・助け・・・」

女「あ、起きた?」

俺「・・・原因はお前か」

女「いたずらしてみたの」

俺「またお前が男になってた」

女「いい夢見られたでしょ?」

俺「なんて目覚めの悪い」

女「面白かったよ」


783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:11:40.45 ID:sd2HlGmw0 [7/126]
俺「何した?」

女「水鉄砲」

俺「それを口に入れて、水を出したわけか・・・どおりでリアリティに溢れるわけだ」

女「俺くんたらすぐエッチな夢見ちゃうんだね。欲求不満?」

俺「違う・・・」

女「・・・怒った?」

俺「別に」

女「やっぱり怒るよね」


784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:14:41.64 ID:sd2HlGmw0 [8/126]
俺「咥えろ」

女「や・・・きゃ・・・」

俺「その調子」

女「いや・・・ちょ・・・」

俺「仕返しだ」

女「ごめん・・・なさ・・・」

俺「許さない」

女「・・・ぐす」



785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:38:52.45 ID:sd2HlGmw0 [9/126]
俺「ごめん、泣かせるつもりは・・・」

女「嘘に決まってるでしょ」

俺「やられた」

女「もう、俺くんは単純」

俺「もう少ししゃぶってくれてもいいよ」

女「お断りしておく」

俺「せっかくいい感じだったのに」

女「若さゆえ元気なのね」


786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:43:13.01 ID:sd2HlGmw0 [10/126]
女「しょうがないなぁ」

俺「続けてくれるの?」

女「手なら」

俺「俺の右手に勝るものはいない」

女「よくありがちなせりふ。じゃあひとりでして、あたし見てるから」

俺「なんて高度なことを・・・」

女「ね、いいでしょ?」

俺「却下」

女「残念」


787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:50:31.21 ID:sd2HlGmw0 [11/126]
俺「せっかく勃ったしどうしようかな・・・」

女「しちゃう?」

俺「してくれるなら」

女「俺くん乳首弱いんだっけ」

俺「あ・・・やん・・・」

女「かわいい声出して・・・」

俺「わざとじゃない・・・」

女「そういうところもいいよ」



788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:53:30.83 ID:sd2HlGmw0 [12/126]
俺「やめ・・・て・・・ください・・・」

女「そう言われちゃうとね」

俺「勘弁・・・」

女「まだまだこれから、でしょ?」

俺「んはあ・・・もうだめ・・・」

女「乳首だけでこんなに感じちゃうなんて」

俺「あっ・・・あ・・・」

女「今日のところはここまでにしておこう」


789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:57:33.16 ID:sd2HlGmw0 [13/126]
俺「触ってないのに、女さんのここ・・・」

女「き、気のせいだもん」

俺「溢れてる」

女「や・・・あん・・・」

俺「感じてる顔見ようかな」

女「朝から・・・エッチぃ」

俺「同じくらい女もな」

女「あたしは・・・普通だもん・・・」


792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:28:55.49 ID:sd2HlGmw0 [14/126]
俺「普通なひとが朝から水鉄砲で遊んだりするかな?」

女「ただの遊び・・・」

俺「そっか・・・」

女「俺くん・・・あたしのこと好き?」

俺「そんなに心配?」

女「聞きたいだけ」

俺「大好き」

女「よかった。もっとシて・・・」



793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:34:53.39 ID:sd2HlGmw0 [15/126]
俺「挿れたい」

女「うん、いいよ」

俺「濡れてから大丈夫そう」

女「あ・・・」

俺「痛い?」

女「合体してる」

俺「面白い言い方だな」

女「俺くんとひとつになれてる」


794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:39:14.85 ID:sd2HlGmw0 [16/126]
女「あん・・・あん・・・」

俺「気持ちいい?」

女「うん・・・」

俺「俺もすごくいい」

女「キスしたい」

俺「好き」

女「俺くん・・・大好き・・・」

俺「あ、イク・・・」


795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:42:29.27 ID:sd2HlGmw0 [17/126]
女「朝からしちゃったね」

俺「うん・・・心地よい疲労・・・」

女「賢者タイム?」

俺「それとはまた違うかな」

女「何が違うの?」

俺「愛があるから」

女「そうなんだ」

俺「隣りにいてくれるだけで嬉しい」


796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:45:52.60 ID:sd2HlGmw0 [18/126]
女「帰りの飛行機は何時?」

俺「この前と同じくらい」

女「じゃあ・・・少なくとも5時には電車に乗らないとね」

俺「それまで何する?」

女「ずっとこうしてたい」

俺「外寒いしな」

女「それが理由?」

俺「冗談」


797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:48:33.09 ID:sd2HlGmw0 [19/126]
俺「全然会えないから、ただ一緒にいるだけでしあわせなんだよな」

女「しあわせって感じるハードルがかなり低いよね」

俺「本当。 そういえばデートらしいデートってしたことない気がする」

女「いいの。これが十分デート」

俺「裸でいちゃつくだけで?」

女「うん」

俺「俺にとっては女体はテーマパークか」

女「全然いいこと言ってない」


798 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:51:17.79 ID:sd2HlGmw0 [20/126]
俺「お腹すいた」

女「もうお昼過ぎたもんね」

俺「頼む?」

女「うん。俺くんが受け取ってね」

俺「え―俺この前出たし」

女「あたしだっていやだもん」

俺「どっちが出るか勝負だ」

女「望むところよ」


799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:53:13.71 ID:sd2HlGmw0 [21/126]
俺「何で決める?」

女「じゃんけん3回勝負」

俺「よし。じゃーんけーん」

――――

女「なんでずっとあいこなの?」

俺「真似すんな」

女「俺くんこそ」

俺「仕方がない・・・別なのにしよう」


801 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:53:42.19 ID:sd2HlGmw0 [22/126]
俺「こんな時のために・・・トランプ」

女「修学旅行か」

俺「持ってても困らなし、時々使えるから」

女「何する? 大富豪?」

俺「二人でやってもな・・・ポーカーは?」

女「あたしルール知らない」

俺「こうしている間にも時間は過ぎていく・・・」

女「もう、一枚カードを取って数字の大きいひとが勝ちになる一回勝負ね」




>>800get

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:54:37.24 ID:sd2HlGmw0 [23/126]
俺「シンプルでいいな。一番小さいのは1にしよう」

女「あたしこれにする」

俺「いいの? 本当にそれでいいの?」

女「え―・・・じゃあこっち」

俺「俺は女が捨てたやつにしよう」

女「いくよ、せ―の」

俺「うわ・・・」

女「それ捨ててよかった。俺くん1だって」





失敗

805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:00:34.93 ID:sd2HlGmw0 [24/126]
ピンポーン♪

俺「また俺か」

女「いってらっしゃい」

俺「はあ・・・俺弱ええ」

――――

女「かくれんぼしよ」

女「どこか隠れられるような場所・・・」

女「あ、この引き戸・・・高さないけど丸まれば中に入れそう」

女「入れた! あたし小さくてよかった」


806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:04:35.92 ID:sd2HlGmw0 [25/126]
俺「きたよーって消えた」

俺「どこに行った? お風呂かトイレじゃなさそうだし」

俺「ベッドの中・・・いないな」

俺「ベッドの下は入れなさそう」

俺「ここか? って違った」

俺「いなくなったのなら仕方がない」

俺「パンツをくんかくんかするか」

女「イヤ―やめてぇ!」


807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:11:48.65 ID:sd2HlGmw0 [26/126]
俺「ここか・・・」ガチャッ

女「ばれた」

俺「よくそんなところに入れたな」

女「俺くんも入ってみる?」

俺「遠慮しておきます」

女「あ、パンツ! 返して!」

俺「ちょうだい」

女「絶対だめ」

俺「けち」


809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:27:08.09 ID:sd2HlGmw0 [27/126]
女「それよりごはん・・・って痛ッ」

俺「頭ぶつけてる。ドジなんだから」

女「違うもん、わざとだもん」

俺「わかってるって・・・」

女「完全にばかにされてる」

俺「かわいいと思うよ」

女「む・・・何だかな」

俺「早くしないと冷めるよ」


810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:34:04.58 ID:sd2HlGmw0 [28/126]
女「いただきます」

俺「どんどん食べて、大きくなれ」

女「横に?」

俺「そう」

女「い―や―」

俺「女のこはガリガリよりぽっちゃりしてる方がいい」

女「ぽっちゃりってどれくらい?」

俺「顔がかわいければ・・・太っててもぽっちゃり」

女「あいまいすぎ」


811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:38:02.33 ID:sd2HlGmw0 [29/126]
女「ごちそうさまでしたぁ」

俺「いつも思ってたんだけど何で手を合わせる時、顔の前に持ってくるの?」

女「高い位置で拝んでくれた方が喜ばれるって聞いたから」

俺「誰に?」

女「自分が感謝する人」

俺「え? なにそれ」

女「感謝する時って手の位置が高いと必死な感じがしない?」

俺「そうかも」

女「俺くんにありがとうを言う時は膝あたりで手を合わせるね」

俺「それはひどい」


812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:40:57.02 ID:sd2HlGmw0 [30/126]
俺「お風呂入ってくる」

女「一人で入れるの?」

俺「子どもじゃないんだから」

女「お風呂にまつわるこわい話をしてあげようか?」

俺「や、やめてください」

女「シャンプー中にあの言葉を・・・あれ、なんだっけ?」

俺「こわくなるから思い出させないで・・・」

女「あら・・・、あたし本当に忘れちゃった」


813 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:45:29.26 ID:sd2HlGmw0 [31/126]
俺「一緒に入ってくれてもいいよ」

女「けっこうです」

俺「そっか・・・」

女「ひとりかくれんぼだっけ?」

俺「惜しい気がするけど・・・」

女「思い出せなくて悔しい」

俺「こわい話やめて・・・」

女「臆病者」


814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:49:35.95 ID:sd2HlGmw0 [32/126]
俺「~~~♪」

俺「おばけなんているわけないさ」

俺「はは、所詮は脳が作り出した幻想に過ぎない」

俺「振り返っても何もいるわけ・・・」

俺「うっわ! 何かいるし!!」

女「びっくりした?」

俺「驚かすなよ・・・」

女「面白そうだったから」


815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:53:18.35 ID:sd2HlGmw0 [33/126]
女「ごめんごめん」

俺「全く」

女「お詫びに背中流してあげる」

俺「前隠すからタオルとって・・・」

女「相変わらず」

俺「見られてもいい時と悪い時が・・・」

女「昨日も朝もしっかり見たよ」

俺「恥ずかしい」


816 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:56:32.31 ID:sd2HlGmw0 [34/126]
女「終わり」

俺「お疲れ」

女「じゃああたし向こうに戻ってる」

俺「おう」

女「ねえ、そういえば・・・」

俺「何?」

女「俺くんの肩に何か乗ってるんだけど」

俺「本当やめてくれ・・・」


818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:02:00.32 ID:sd2HlGmw0 [35/126]
女「何時だろ・・・えっと2時」

女「どんどんと帰る時間が迫ってるなぁ」

女「いやだな。ずっとこのままいられたらいいのに」

女「悲しくなってきた」

俺「戻ったよって・・・泣いてる?」

女「泣いてない・・・もし泣いてるんだとしたら目にゴミが入っただけ」

俺「また悲しませちゃったな」

女「違う・・・自己嫌悪」


819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:05:27.52 ID:sd2HlGmw0 [36/126]
俺「何に対して?」

女「俺くんには俺くんの生活があるっていうのに」

俺「俺は女がいるから毎日楽しく過ごせてる」

女「・・・帰ってほしくない」

俺「帰りたくない、本当」

女「あたしが俺くんの近くに住んでたらよかった」

俺「たぶんそうしたら出会えてなかったはず。だから、こうでなきゃいけなかったんだよ」

女「思えばすごい偶然だよね」


820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:09:37.97 ID:sd2HlGmw0 [37/126]
俺「そうだなー・・・」

女「あたしと出会えてよかった?」

俺「もちろん」

女「どれくらい?」

俺「天文学的数字すぎて・・・」

女「よくわからない」

俺「難しく考えなくても、要するに好きってこと」

女「すごく噛み砕いた」


822 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:12:27.26 ID:sd2HlGmw0 [38/126]
俺「・・・・・・zzz」

女「また寝た」

女「本当しょーがないひと」

女「このひとはずっとこうなんだろうな。将来が心配」

女「まだ時間あるけど化粧でもしようかな」

女「早くやるに越したことはないしね」

女「俺くんの顔もいじっちゃおうかな・・・」

女「ふふふ・・・起きないでね」


823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:18:33.19 ID:sd2HlGmw0 [39/126]
俺「・・・俺・・・寝てた?」

女「寝てたよ。しっかり」

俺「ごめ・・・」

女「いいよ」

俺「寝てばっかりだな」

女「いいんだって。疲れてるんだろうし」

俺「ちょっと口ゆすいでくる」

女「・・・ニヤリ」



824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:21:01.06 ID:sd2HlGmw0 [40/126]
俺「なん・・・だよ・・・これ・・・!?」

女「気に入った?ギャルメイク」

俺「いつの間に・・・」

女「上出来でしょ?」

俺「どおりで怒らなかったわけだ・・・」

女「写真撮らせて」

俺「だ、だめ!」

女「笑って笑って・・・セイチーズ!」


825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:26:17.03 ID:sd2HlGmw0 [41/126]
俺「落としたい・・・」

女「時間はまだあるからそのままでいいよ」

俺「やだ・・・こんなの」

女「目覚めるのがこわいんでしょ」

俺「目覚めない」

女「けっこうかわいいと思うんだけどなあ」

俺「かわいくない!」

女「まあまあ・・・怒らない」


826 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:29:20.74 ID:sd2HlGmw0 [42/126]
俺「はあ・・・」

女「わかった、落としてあげるから」

俺「よかった・・・帰れないところだった」

女「ああ、落としちゃうのもったいない・・・」

俺「化粧ってこんなに変わるんだな」

女「確かに変わるね・・・誰かわからないときもあるし」

俺「マジック」

女「俺くんも始めてみたら? 女装きっと楽しいよ」


827 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:33:41.06 ID:sd2HlGmw0 [43/126]
俺「すっきりした」

女「さっきの写真待ち受けにするね」

俺「やめて! 俺変態だと思われる」

女「え―だって元から変態だからいいでしょ」

俺「変態の種類が違う」

女「よくわからない」

俺「とにかく消して」

女「俺くんにも送ってあげる」

俺「いりません」


828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:40:36.34 ID:sd2HlGmw0 [44/126]
俺「じゃあ代わりに裸の写真撮らせて」

女「やだぁ」

俺「一枚だけでいいから」

女「撮ってどうするの?」

俺「はあはあする」

女「・・・オカズ?」

俺「そう」

女「思いっきり悪用されてる」

俺「もしかして、俺が他の女を見てオナニーしてもいいの?」


830 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:44:07.42 ID:sd2HlGmw0 [45/126]
女「それは・・・いや」

俺「じゃあお願い!」

女「い、一枚だけだからね」

俺「やった、きた!」

女「脱げばいい?」

俺「うん・・・で、四つんばいになって」

女「ええ?」

俺「一枚だけだから満足のいくものにしないと」


833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 14:59:11.16 ID:sd2HlGmw0 [46/126]
俺「そうそう・・・そんな感じ」

女「何やらせるのよ・・・」

俺「もう少し上半身を落として・・・お尻を上げて・・・」

女「AVの監督か」

俺「作る?俺ら主演のAV」

女「作りません」

俺「そして、いつか子どもに見つかったりして」

女「子どもが親の顔見られないよね」


836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:08:49.03 ID:sd2HlGmw0 [47/126]
俺「いいよいいよ・・・こっち見て・・・切なそうな表情がそそる・・・」

俺「いいの撮れた! 見る?」

女「見ません」

俺「力作なのに」

女「変態」

俺「しばらくはこれでいけると思う」

女「へぇ・・・そんな写真でいけるんだ」

俺「じゃあ次は動画を撮らせて」

女「調子に乗らない」


838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:16:34.16 ID:sd2HlGmw0 [48/126]
女「何見てるの?」

俺「おっぱい」

女「おっぱい星人め」

俺「子どもができても、俺のものだからな」

女「どうしようかなぁ」

俺「予約優先!」

女「わかったわかった」

俺「・・・よし、しよう」


839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:19:59.47 ID:sd2HlGmw0 [49/126]
女「えらく急に」

俺「だってしたいから」

女「まあ、いいでしょう」

俺「もうすでに濡れてる・・・。撮られることに興奮したの?」

女「偶然なんだから・・・」

俺「本当かな?」

女「優しくしてね・・・」


840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:23:24.44 ID:sd2HlGmw0 [50/126]
女「あっ・・・ね・・・俺く・・・」

俺「どうした?」

女「あたし・・・気持ちいい・・・」

俺「くちゅくちゅって音がすごく聞こえる」

女「エッチ・・・」

俺「どうしてほしい?」

女「挿れて・・・」

俺「素直でよろしい」


841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:26:43.74 ID:sd2HlGmw0 [51/126]
俺「いいよ・・・やっぱり・・・」

女「本当・・・?」

俺「なにしろ俺専用だからな・・・」

女「そういう形になるっていうもんね」

俺「は・・・う・・・」

女「俺くん・・・大好きだよ」

俺「大好き・・・」

女「俺くんイキそうな顔してる・・・」

俺「やば・・・限界・・・」


842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:30:25.40 ID:sd2HlGmw0 [52/126]
女「またいっぱいでたね」

俺「ふあ・・・疲れた・・・」

女「またぴくぴくしてるの見ちゃった」

俺「あ・・・恥ずかしい・・・」

女「お腹拭かないと・・・」

俺「あ、いいよ。俺やるから」

女「じゃあ汗拭いてあげる」

俺「すいません・・・」


843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:34:16.54 ID:sd2HlGmw0 [53/126]
女「今日はたくさんできて満足」

俺「うん」

女「余韻に浸ってる」

俺「家に帰っても俺とのこと忘れないでね」

女「忘れないよ」

俺「俺も思い出しながらオナニーするから」

女「ゴミ箱妊娠させちゃダメだよ」

俺「大丈夫・・・たぶんだけど」


846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:38:38.33 ID:sd2HlGmw0 [54/126]
俺「ちょっと早いけど、もう行くか」

女「そうだね」

俺「服・・・散らかり放題」

女「掃除は俺くんの担当分野だからね」

俺「あ、はい。以後気をつけます」

女「あたしはさっき化粧したし、もう行けるよ」

俺「忘れ物ない?」

女「ない・・・かな。じゃあ出発」


847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:41:39.65 ID:sd2HlGmw0 [55/126]
女「電車すぐありそう」

俺「この前も言った気がするけど、やっぱあっという間」

女「そうだね。楽しい時って時間経つの早い」

俺「いやな時はすごく長く感じるのにな」

女「本当不思議」

俺「あ、来た。座れるかな」

女「あ、急いで! 席取られちゃう」

俺「おばちゃんか」


848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:45:24.01 ID:sd2HlGmw0 [56/126]
女「あたしだってもう肌は曲がり角だし、若くないんですよ」

俺「どこが」

女「女の命は短いの」

俺「女性の方が寿命が長いじゃん」

女「女として魅力的で、若く美しい期間は短いってこと」

俺「女って大変だな」

女「そうそう」

俺「お前だったら80歳過ぎてもセックスできるけどな」


849 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:49:02.55 ID:sd2HlGmw0 [57/126]
―新千歳空港―

俺「搭乗手続きもしたし、何か食べてく?」

女「甘いもの」

俺「味覚が子どものままだな」

女「ソフトクリーム食べよ」

俺「真冬に?」

女「寒くてもアイスは食べるものなの」

俺「信じられない」

女「わ―い」

俺「喜ぶ姿も子ども」


850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:49:52.64 ID:sd2HlGmw0 [58/126]
俺「あと少しだ」

女「さみしくなるな」

俺「目を閉じればいつでも目の前にいるよ」

女「おばけみたい」

俺「ひとをオバケ扱いして」

女「待ち受けでいつでも会えるんだけどね」

俺「本当に待ち受けにしてたんだ・・・次会う時までに消しておいて」

女「え~せっかく撮ったのにぃ」


851 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:51:00.84 ID:sd2HlGmw0 [59/126]
俺「さて、そろそろ時間だ」

女「・・・ひっく」

俺「泣かない。また会えるから」

女「だってぇ・・・」うるうる

俺「次はこっちに招待するよ」

女「新婚さんいらっしゃいごっこしようね」

俺「普通に新婚さんごっこでいいよ」

女「帰ったらすぐ連絡して」


852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:52:06.32 ID:sd2HlGmw0 [60/126]
女「・・・あたし携帯ないんだった」

俺「そうだった! 困ったな」

女「あ―どうしよ・・・。とりあえずこれ家電」

俺「ここに掛ければいい?」

女「うん。家電はほとんど使われないしね。携帯変えたらまた連絡するわ」

俺「わかった。そういえばスカイプで着ない?」

女「専用の持ってないし、パソコンが居間なんだよね・・・」

俺「そっか・・・それはむりそう」


853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:53:48.96 ID:sd2HlGmw0 [61/126]
俺「もう行くかな」

女「キスして」

俺「・・・・・・」ちゅっ

女「ありがと」

俺「あんなに人目を気にしてたのに」

女「こういう場合はしょうがないの」

俺「そっか。じゃあまた」

女「またね」



ここまでお付き合いありがとう
ちょっと休みがてら書き溜めてくる
6くらいに再開予定

854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:54:43.98 ID:sd2HlGmw0 [62/126]
「時」が抜けた・・・

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 15:57:11.05 ID:sd2HlGmw0 [63/126]
>>855
すまんこ普通に忘れてた・・・
あとで設定練っとく

863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/26(水) 17:53:34.15 ID:sd2HlGmw0 [64/126]
女「ただいま」

女「俺くんのアドレス覚えておいてよかった・・・パソコンから送っておこう」

女「『3日間ありがとうございました。着いたら電話ください』っと」

女「ひとりになると寂しいな」

女母「あら、帰ってたの?」

女「うん。ただいま」

女母「彼氏さんが来てたんでしょ? 風邪引いてなかった?」

女「大丈夫そうだったよ」


865 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:01:30.63 ID:sd2HlGmw0 [65/126]
女「あ、お母さんあたし携帯なくしちゃって・・・しばらく家電使うかも」

女母「あらそうだったの? 彼氏さんの電話料金が心配ね」

女「早く携帯を換えないと」

女母「彼氏さんはどこの携帯?」

女「うちと同じハードバンク・・・あ、お母さんの借してくれる?」

女母「ただともが増えたわね」

女「お母さんとは話させないからね」

女母「わかってる」




写真の件はデジカメでいけるか?
でも待ち受けという問題があるな

867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:05:51.43 ID:sd2HlGmw0 [66/126]
女「電話来た! もしもし?」

俺「もしもし、俺だけど・・・今大丈夫だった?」

女「うん。お母さんに携帯借りたから、そっちに電話してくれる?」

俺「わかった。掛け直す」

――――

女「もしもし?」

俺「初めまして。女さんのお母様ですか?」

女「もう。俺くんって熟女好きなの?」

俺「違うよ。女が一番好き」


868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:11:39.15 ID:sd2HlGmw0 [67/126]
俺「こっちももうすぐ家に着くよ」

女「体調を崩さないように気をつけてね」

俺「おう」

女「明日は?」

俺「補講あるんだ。単位がやばいから絶対出ないと。そっちは?」

女「秘密」

俺「教えてくれないの?」

女「あたしはもう春休み。じゃあまた明日連絡して」

俺「うん。おやすみ」


870 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:25:42.23 ID:sd2HlGmw0 [68/126]
俺「ただいま」

俺「ああ・・・部屋が汚い」

俺「行く前急いでたからそのままだったんだ」

俺「ま・・・明日からちゃんとしよう」

俺「今日は疲れたし眠い」

俺「明日の講義何時間目からだっけ?」

俺「うわ・・・午前中にあった。行きたくない・・・」

俺「一応アラーム設定しておこう。おやすみ」


871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:31:25.06 ID:sd2HlGmw0 [69/126]
ピピピピピピ

俺「眠い・・・黙れ・・・」

俺「もう朝か・・・ふあ!」

俺「やばっこれは完全遅刻コース」

俺「まずい・・・急げ俺」

俺「いってきます!」

俺「走るの辛い・・・あ、ゴミだし忘れた」

俺「もういいや。何とかなれ!」

俺「はあ・・・はあ・・・ぎりぎり間に合った・・・」


872 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:36:36.76 ID:sd2HlGmw0 [70/126]
教授「この・・・から・・・という結果が・・・」

俺「眠い・・・」がくっ

俺「いけね・・・寝てた今」

俺「今日は後ろの席を取ったし寝ててもばれないだろ」

俺「・・・すーすー」

教授「そこ、寝るな!」

俺「す、すいません」

教授「またお前か・・・」


874 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:44:12.42 ID:sd2HlGmw0 [71/126]
俺「レポートさえ出せば晴れて春休みだ!」

俺「試験も終わったみたいだし、やっぱり大学に人が少ないかな」

俺「試験前だけすごく混むのいやだよな。コピー機の前の列とか」

俺「図書館もがらがら」

俺「図書館って・・・無性に眠くなるよな」

俺「・・・・・・」

俺「・・・寝てるぞ俺」

俺「がんばれ・・・がんば・・・zzz」


875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:51:00.95 ID:sd2HlGmw0 [72/126]
俺「ん・・・よく寝た」

俺「ふああ・・・大学生活も終わるんだな」

俺「思い出してみればたくさんの記憶がよみがえって・・・こない」

俺「よくサボってたしな。サークルもしてなかったし」

俺「大学生活なんてこんなもんだろう」

俺「まあ、最後の最後で好転したかな」

俺「手が進まない・・・帰るか」

俺「そして寝よう、とりあえず」


876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:54:40.94 ID:sd2HlGmw0 [73/126]
俺「ただいま。そしておやすみ」

俺「・・・zzz」

――――

女「俺くん今何してるかな」

女「ちゃんと学校行けたかな?」

女「メールしておこう・・・『おはよ!生きてる―?』」

女「返事が来ない。便りがないのは元気なしるし、かな?」


878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 18:59:01.77 ID:sd2HlGmw0 [74/126]
俺「何時だ・・・?」

俺「7時か。けっこう寝てたな」

俺「メール着てる・・・女からか」

俺「『生きてる、とりあえずは』っと」

俺「電話だ。もしもし?」

女「ちゃんと学校行った?」

俺「行った。次の予定なんだけど・・・」

女「やっぱり早いな、俺くんは。しっかりしてる」


880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:08:13.13 ID:sd2HlGmw0 [75/126]
俺「来月はいつごろ暇?」

女「春休みだしだしなあ・・・いつでも」

俺「そんなに予定ないの? 暇人」

女「失礼な! あたしだって就活生になるんです」

俺「じゃあ暇じゃなくない?」

女「大きい説明会とかない限りはいけると思う」

俺「計画的にやってる?」

女「あんまりやる気でない」


881 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:12:51.01 ID:sd2HlGmw0 [76/126]
女「周りも熱心じゃないし」

俺「そう言ってるといつの間にか内定ないまま卒業してるよ」

女「適度にがんばっとく」

俺「それでよし」

女「そういえば俺くんってどこに就職するの?」

俺「家から通えるところ」

女「へえ・・・って俺くんでも内定出るならあたし余裕だ、きっと」

俺「ひどい・・・」


883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:25:31.59 ID:sd2HlGmw0 [77/126]
俺「えっと、この日でいい?」

女「うん!」

俺「予約しておいたから、また進展あったら連絡する」

女「俺くんいいの? 何から何まで」

俺「いいよ、気にしなくて」

女「ごめんね」

俺「謝るんだったらレポート手伝って。締め切り迫ってるんだ」

女「俺くんらしいかも」


885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:30:27.19 ID:sd2HlGmw0 [78/126]
―次の日―

俺「今日は昼からバイトだ」

俺「久々だから仕事内容忘れてたりして」

―――

俺「お疲れさまです」

店長「あ、俺くん。彼女のところに行ってたの?」

俺「え、何で知ってるんですか?」

店長「JKちゃんから彼女がいるって聞いたよ」

俺「筒抜けなんですね」


887 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:37:12.98 ID:sd2HlGmw0 [79/126]
JK「俺さん、そうですよね?」

俺「実はそうなんだ。また休んでいる間大変だった?」

JK「もう、大変でした。いない時に限って混むんですから」

俺「本当ごめんな。あ、これおみやげ」

JK「熊出没注意のキャラメル・・・」

俺「そういえば前あげたの食べた?」

JK「罰ゲームに使いました」

俺「それ最高の用途」


888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:42:14.96 ID:sd2HlGmw0 [80/126]
俺「ありがとうございました―」

俺「あと10分であがりだ」

俺「終わったらチケット代金振込もう」

俺「いらっしゃいませ―」

俺(あ、やべ・・・あのお客さんだ・・・)

俺(どうしよう・・・あれからメール返してないし、拒否したんだよな)

俺(もうそろそろ来るな)

俺「いらっしゃいませ・・・」


889 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:48:43.49 ID:sd2HlGmw0 [81/126]
俺「お弁当温めますか?」

客「いいです」

俺「756円です」

俺「4円のお返しです」

客「あの・・・」

俺(きた・・・)

客「あの節は・・・ありがとうございました」

俺「はい・・・?」


891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 19:57:33.90 ID:sd2HlGmw0 [82/126]
客「あたし、気になってる人にアドレスを渡したかったんですけど・・・勇気がなくて」

客「でも店員さんに渡せたら、好きな人にもできる気がしたんです」

客「おかげで大成功しました! ありがとうございます」

俺「そうだったんですか・・・おめでとうございます」

客「また来ますね」

俺「ありがとうございました―・・・」

俺「俺は踏み台だったのか」

JK「かっこ悪―い」


892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:02:06.97 ID:sd2HlGmw0 [83/126]
俺「見てた?」

JK「見てました。残念でしたね」

俺「モテ期が来たのかと思ってたのに」

JK「恋人ができるとモテ始めるひといますもんね」

俺「俺もてっきり」

JK「それ聞いたら彼女さん悲しみますよ」

俺「確かにな。JKちゃん何時上がり?」

JK「俺さんと同じです。タイムカード切りましょう」


894 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:10:33.42 ID:sd2HlGmw0 [84/126]
俺「お疲れさまでした―」

JK「途中まで一緒に帰っていいですか?」

俺「ちょっと時間かかるけどいい?」

JK「何するんですか?」

俺「振込み」

JK「なんのですか?」

俺「飛行機のチケット。今度彼女に来てもらうんだ」

JK「そうなんですか。楽しみですね」

俺「本当。俺そのために生きてるって感じする」


895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:16:27.91 ID:sd2HlGmw0 [85/126]
JK「いいなあ・・・彼女さん」

俺「え、そうか?」

JK「俺さんみたいなひとに好きになってもらえて」

俺「そう言われると嬉しい」

JK「羨ましいです」

俺「JKちゃんは褒め上手だね」

JK「・・・褒めてるんじゃないんです」

俺「え?」

JK「いえ、何でも。じゃあここで」


896 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:24:42.99 ID:sd2HlGmw0 [86/126]
俺「ただいま・・・」

俺「彼女が来る前に部屋の掃除しないと」

俺「前に大分きれいにしたはずなのにいつの間にか・・・だし」

俺「毎日少しずつやればいいはず」

俺「あ、これ懐かしい・・・」

俺「これ、なくしたと思ってたのに!」

俺「うわ・・・すげー」

俺「って全然進んでない!!」


897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:31:49.85 ID:sd2HlGmw0 [87/126]
俺「電話だ・・・もしもし?」

女「もしもし、大丈夫?」

俺「うん」

女「何してた?」

俺「部屋の掃除」

女「気を遣わなくてもいいのに」

俺「いや・・・足の踏み場もないから・・・」

女「そんなに汚いんだ。この前掃除もできるって言ってたのに」


898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:33:58.25 ID:sd2HlGmw0 [88/126]
俺「そういえば飛行機のことだけど・・・」

女「わざわざありがとうございます」

俺「チケット引き換え番号教えるからメモしておいて。えっと・・・」

女「・・・うん、完璧!」

俺「もういくつ寝ると、かな」

女「一ヵ月ないもんね」

俺「楽しみすぎて寝れないかも」

女「毎晩寝不足になっちゃうね。そういえばあたし携帯買ったの。番号は・・・――」


899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:34:24.73 ID:sd2HlGmw0 [89/126]
―そんなこんなで前日―

女「いよいよ明日だね!」

俺「楽しみ」

女「部屋はきれいになった?」

俺「65%くらい」

女「中途半端」

俺「その中でも人が暮らせるから」

女「俺くんは暮らせても、あたしは違うもん」

俺「そういえばひとりで飛行機乗れる?」


900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:34:45.46 ID:sd2HlGmw0 [90/126]
女「ちゃんと乗れるから」

俺「わかんなかったら連絡するんだよ」

女「孫がひとりで飛行機に乗って遊びに来る祖父母の心境か」

俺「すごく心配だよ・・・」

女「修学旅行で乗ったことあるから」

俺「ところで荷物まとまった?」

女「うん。気が付いたらいっぱいになっちゃってた」

俺「そんなにはりきらなくてもいいよ」




>>900get

903 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:44:10.75 ID:sd2HlGmw0 [91/126]
―当日―

女「さっき空港に着いてチケット取ったよ」

俺「気をつけて来るんだよ」

女「うん。でも飛行機落ちたらいやだな」

俺「そういうことを心配するひとがいると落ちないって聞いたことあるから心配しておけばいいんじゃない」

女「俺くんも祈っておいて」

俺「もちろん」

女「そっちに着いたらまた連絡するね」

俺「じゃあ空港で」


906 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:56:06.44 ID:sd2HlGmw0 [92/126]
女「久しぶりの飛行機緊張するな・・・」

女「おみやげ買っていこう。何がいいかな・・・やっぱりロイズ?」

女「あ、やば・・・保安検査締め切られちゃう」

女「問題なしっと」

女「搭乗準備できたみたい・・・乗り込も―」

女「席は窓側! わくわくする」

女「わ、動いた! すごいすごい」

女「無事に着きますように・・・」


908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:59:39.66 ID:sd2HlGmw0 [93/126]
俺「そろそろかな。ひとがでてきた」

女「俺く―ん」

俺「お、きた」

女「久しぶり」

俺「ご無沙汰してます」

女「こっちは温かいね。札幌の感覚で来ちゃった」

俺「雪ないしね。そうだ、キスはいいの?」

女「あとのお楽しみにする」


910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:03:10.02 ID:sd2HlGmw0 [94/126]
俺「電車に乗ればすぐだよ」

女「わ―景色が全然違う」

俺「そんなにか?」

女「雪ないのにびっくり。もちろん大分溶けたけどさ」

俺「それ着てて暑くないの?」

女「若干」

俺「脱いだら?」

女「コートはかわいいけど中はテキトーなんだもん」


911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:07:33.53 ID:sd2HlGmw0 [95/126]
女「どこで降りるの?」

俺「次の駅なんだ」

女「俺くんってこういうところで暮らしてるんだ」

俺「うん。もうすぐ5年目」

女「大学入ってからずっとか」

俺「さて、着いた。降りるよ」

女「荷物重・・・」

俺「貸して。持つよ・・・って重ッ!」

女「あたし何入れたんだっけ・・・」


912 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:14:46.29 ID:sd2HlGmw0 [96/126]
女「俺くんの生活」

俺「それがどうかした?」

女「そこに入り込めるのが嬉しくて」

俺「あ、俺のアパートここなんだ」

女「駅から近くていいね」

俺「いいところはそれだけだけどな。どうぞ」

女「お邪魔します」

俺「散らかってるけど」

女「うん、否定はしない」


913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:15:04.74 ID:sd2HlGmw0 [97/126]
女「どうしたらいい?」

俺「テキトーに座って」

女「うん・・・座布団借ります」

俺「お茶でも入れるか」

女「あ・・・なんだか緊張する」

俺「自分の家だと思えばいいよ」

女「うろうろしてもいい?」

俺「お好きにどうぞ。面白いものは何もないけど」


914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:22:20.68 ID:sd2HlGmw0 [98/126]
女「こんな風になってるんだ」

俺「何か発見があった?」

女「俺くんがここで暮らしてるんだって思ったら」

俺「思ったら?」

女「う―ん、なんと言うか・・・うまく言葉にできない」

俺「お茶いれたよ」

女「いただきます。あ、おみやげ買ってきた」

俺「わざわざ買ってこなくていいのに」


916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:28:44.57 ID:sd2HlGmw0 [99/126]
女「あたしセレクトはバトンクッキーと、三方六と、雪やこんこ」

俺「ありがとう。俺全部食べきれないけど」

女「おいしいよ」

俺「うん、それは、きっと」

女「男の人がいれたお茶って初めて飲んだ気がする」

俺「さて、これから何する?」

女「したいことも特にないなぁ」

俺「寝る? いろんな意味で」


917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:34:43.08 ID:sd2HlGmw0 [100/126]
女「昼間から・・・」

俺「だめだったか」

女「こうしてお話してるだけで楽しいね」

俺「うん。でも向かい合わせじゃなくて隣りに来たら?」

女「そうする」

俺「まずは久々のキス」

女「・・・ん」

俺「会いたかった」


919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:39:28.98 ID:sd2HlGmw0 [101/126]
女「俺くん・・・会えて嬉しい」

俺「この日が来てよかった」

女「しあわせ」

俺「今なら死んでもいい」

女「確かにそれぐらいの境地」

俺「勃ってしまう」

女「もう、今すごく純粋に愛し合ってたのに」

俺「愛してるからこそ性も必要なんだって」


921 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:44:00.74 ID:sd2HlGmw0 [102/126]
女「俺くんご飯食べた?」

俺「忘れてた」

女「作ってあげようか?」

俺「え、いいの?」

女「大したものは作れないけど」

俺「手作りってだけでいいよ」

女「冷蔵庫・・・使えそうなものが何ひとつない・・・」

俺「ちょ、ちょうど切らしちゃって・・・」

女「俺くんっていつもなに食べてるの・・・?」



923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:52:47.35 ID:sd2HlGmw0 [103/126]
俺「買い物に行こう」

女「近所にスーパーってあるの?」

俺「あるよ。めったに利用しないけど」

女「俺くんの生活って一体・・・」

俺「コンビニ中心?」

女「体によくないよ」

俺「それにも関わらず病気したことないんだ。親に感謝しないとな」

女「そういえば前に料理もするって言ってたのに・・・嘘だった?」


925 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:56:03.82 ID:sd2HlGmw0 [104/126]
俺「何買う?」

女「とりあえず野菜」

俺「野菜嫌いだし・・・」

女「子どもじゃないんだから」

俺「野菜か・・・最後に摂ったはこの前食べに行ったうどんのネギ?」

女「そんなんで健康でいられるのが不思議」

俺「これ買って」

女「お酒・・・だめです!」


926 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:00:34.36 ID:sd2HlGmw0 [105/126]
女「・・・新婚さんみたいだね」

俺「うん」

女「ねえ、あなたぁ・・・」

俺「照れるな」

女「あたしも恥ずかしかった」

俺「これでいい?」

女「とりあえずは・・・これで生きていけるでしょ」

俺「サバイバルみたいな言い方するね」


928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:03:27.24 ID:sd2HlGmw0 [106/126]
俺「ただいま」

女「おかえり」

俺「返してくれる人がいるのっていいな」

女「一人暮らしだとひとり言が増えるって聞くんだけど本当?」

俺「すごい増えるよ」

女「そうなんだ。面白い」

俺「テレビが話し相手」

女「それは寂しいけど笑える」


929 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:08:35.11 ID:sd2HlGmw0 [107/126]
女「調理開始」

俺「家庭科みたい」

女「俺くんはじゃがいもの皮をむく係」

俺「わかった」

女「俺くん本当に料理するの?」

俺「するよ・・・レンジでチンするとか、インスタントのラーメン作るとか・・・」

女「それ料理じゃないし」

俺「いつの間にかできてる! ごはんだ」

女「本当に大したものじゃないけど」

俺「久々だ・・・温かいご飯に味噌汁・・・」

女「いっぱい召し上がれ」

俺「う・・・うう・・・」

女「泣かなくても・・・」

俺「だって・・・」

女「ごはんお代わり? よそってあげる」


930 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:12:40.20 ID:sd2HlGmw0 [108/126]
女「俺くん食べすぎじゃない?」

俺「うん、ちょっと後悔してる」

女「お茶にする、コーヒーにする?」

俺「お茶で」

女「こたつっていいね。うちにはないから」

俺「入ると出たくなるのが難点」

女「コタツでみかんって憧れる」

俺「それ憧れるものか?」

女「お腹いっぱいになったから眠くなったんじゃない?」

俺「なぜわかった・・・」

女「誰でもわかるよ」

俺「ごめ・・・」

女「おやすみ。あたしちょっとお散歩に行ってくるから」

俺「30分したら起こして・・・」

女「はいはい」


932 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:18:21.07 ID:sd2HlGmw0 [109/126]
女「気温が温かくてお散歩にはちょうどいいな」

女「知らないまちって面白い」

女「札幌より都会のはずなのに、場所によっては田舎みたい」

女「公園で休もう」

――――

俺「ん・・・30分経った?」

俺「え、何でここにいるの?」

JK「お邪魔してます」

俺「え、夢? 何?」


933 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:20:50.04 ID:sd2HlGmw0 [110/126]
JK「鍵空いてたから・・・」

俺「どういうこと・・・?」

JK「ちょっとあたし困ったことがあって・・・俺さんに相談したかったんです」

俺「うん、それで、なんだろう?」

JK「あたし、バイトやめようかと思うんです」

俺「そうか・・・きっと大変な問題があるんだね。今度ゆっくり・・・」

JK「そうなんです! とっても大変で・・・一刻を争うんです!」

俺「でもちょっと今は・・・」

女「ただいま」


936 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:24:48.49 ID:sd2HlGmw0 [111/126]
女「あれ・・・誰の靴? 俺くん、誰か来て・・・」

JK「あ・・・」

俺「ちが!違うんだ・・・これには訳が・・・」

女「・・・一体どんなわけがあるというのかしら?」

俺「ごめんなさい」

女「しっかり説明してもらいましょう」

俺「俺寝てて・・・目が覚めたら・・・」

女「あたしがいない間に呼んだの?」

俺「あわよくば3Pって・・・違う!」


937 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:30:13.07 ID:sd2HlGmw0 [112/126]
JK「ごめんなさい・・・あたし勝手に入ったんです」

女「あなたはいいの。俺くんに聞くから」

JK「あたし、俺さんが彼女さんに会うの・・・いやで・・・」

女「え?」

JK「あたし・・・いやなんです! 他の女をこの部屋に呼ぶの・・・」

俺「JKちゃん・・・」

女「何? よくわからない」

JK「あたし帰りません」

女「はあ・・・」



939 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:33:41.75 ID:sd2HlGmw0 [113/126]
俺「ま、まあお茶でも飲んで落ち着こう」

女「もうよく落ちついていられるよね」

俺「だって・・・こういう時は・・・冷静にならないと」

女「ん・・・まあそうかも。JKちゃん、これどうぞ北海度みやげ」

JK「え、いいんですか? わ―い」

女「どうせ俺くん食べないだろうし。おいしく食べてもらった方がうれしいよ」

俺「お、お茶はいりましたよ」

JK「女さんって札幌の人ですか?」

女「うんそう。一回も引っ越したことないんだ」

JK「これおいしいですね・・・」

女「JKちゃんて礼儀正しい! 偉いね。みんな見習うべきだよ、本当」

JK「そんなことないですよ。そう言われると恥ずかしいです」

女「初々しくてかわいいね・・・」

JK「えへへ」

俺「いつの間にか仲良くなってる・・・」


941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:41:18.83 ID:sd2HlGmw0 [114/126]
JK「あたし・・・彼女さんに嫉妬してたんですけど・・・女さんならまかせられる気がします」

女「そうかな?」

JK「そういうところも全部。あ、アドレス交換してください」

女「あたしのでよければ。かわいいJKとアドレス交換しちゃった!」

JK「おねえさんって読んでもいいですか?」

女「いいよ。かわいい妹」

JK「あたしずっとおねえさんがほしかったんです」

女「あたしでよければいくらでも」

俺「え、何、ここがくっついちゃうの?」

JK「・・・じゃああたし帰ります。お邪魔しました」

女「また来てねー」

JK「はい、おねえちゃん」

俺「ここ俺の家なんですけど・・・」

945 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:48:11.60 ID:sd2HlGmw0 [115/126]
女「妹ができた!」

俺「はあ・・・俺は死ぬかと思った」

女「あたしだって・・・びっくりした」

俺「俺に限って浮気なんて・・・」

女「そういう人こそ怪しいのが現実」

俺「疑ってる?」

女「今はしてない。 俺くんは絶対うまく隠し切れないタイプだと思うし」

俺「なんだか嬉しくないな・・・」

女「要するに大好きってこと!」

俺「まとまってないけど・・・」

女「それは気にしない」


949 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:54:31.29 ID:sd2HlGmw0 [116/126]
女「俺くん・・・あたし・・・」

俺「何?」

女「したい」

俺「うん。今日は積極的だね」

女「あたしだって・・・我慢してたの。ね、脱がせて?」

俺「まかせろ」

女「俺くんのも脱がせてであげる」

俺「いいよ。そんなのあとで」

女「や・・・」

俺「エッチな体してる」


951 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 22:57:51.38 ID:sd2HlGmw0 [117/126]
俺「すごいもう濡れてる」

女「俺くん・・・指入れて・・・」

俺「そんなに好きなんだ」

女「気持ち・・・いいから・・・」

俺「ここがいいんだよな」

女「あ・・・あっ・・・」

俺「感じてる顔がまたいい」

女「俺くんも縫いで・・・?」

俺「うん・・・でも笑わないでね」

女「・・・やっぱり面白い」




次スレは行かない予定

954 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:05:19.01 ID:sd2HlGmw0 [118/126]
俺「舐めてくれる?」

女「うん・・・俺くんの感じてる顔も見たい」

俺「あんまり変えないように・・・がんばる・・・」

女「そこはがんばらないで・・・」

俺「またがってくれると嬉しいな・・・」

女「騎乗位? 待って・・・このへんかな・・・?」

俺「痛かったら無理しないで。うん、そこで・・・挿れて・・・」

女「入った・・・?」

俺「すごく上手・・・上下に動ける・・・?」

女「えっと・・・えっと・・・こう?」

俺「うん、いいよ・・・すごくエロい」



955 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:14:07.21 ID:sd2HlGmw0 [119/126]
女「脚が疲れちゃった」

俺「こっちの方に体を倒して・・・俺が動くから」

女「髪、顔に当たってない?」

俺「大丈夫・・・」

女「あっ・・・俺くん・・・気持ちい・・・」

俺「痛くない?」

女「今日は大丈夫みたい・・・」

俺「う・・・そろそろやば・・・俺に上なる・・・」


956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:20:01.21 ID:sd2HlGmw0 [120/126]
俺「そのまま後ろに倒れて・・・」

女「うん・・・俺くんぎゅってして」

俺「好き」

女「キスして・・・」

俺「はあ・・・ふ・・・」

女「気持ち・・・いい?」

俺「いい・・・」

女「ずっと我慢してたんだもんね・・・」

俺「本当・・・途中でしようかと思ったくらい・・・」


957 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:23:46.87 ID:sd2HlGmw0 [121/126]
女「俺くん・・・イキたそうな顔してる」

俺「わかる・・・?」

女「わかるよ、やっぱり」

俺「ごめんな、早くて」

女「早くないよ・・・我慢してたんだもん」

俺「顔に出していい・・・?」

女「ん・・・いいよ・・・俺くん大好き・・・」

俺「あ・・・はあ・・・イク」


958 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:26:15.35 ID:sd2HlGmw0 [122/126]
女「・・・温かい」

俺「ごめ・・・髪までかかった」

女「やっぱり苦いというかなんというか・・・」

俺「舐めなくていいよ」

女「せっかくだし?」

俺「せっかくなんてことないから・・・今拭くね」

女「キスして」

俺「それは・・・ごめんなさい」


959 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:31:15.03 ID:sd2HlGmw0 [123/126]
俺「疲れた・・・」

女「今試合を終えた選手にインタビューしようと思います。お疲れさまでした」

俺「え? あ、どうも」

女「一線を終えていかがですか?」

俺「いい汗かきました」

女「感想を一言」

俺「気持ちよかったです」

女「全国の童貞さんにメッセージを」

俺「が、がんばれ・・・? ってなんだろうこれ」


960 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:35:04.75 ID:sd2HlGmw0 [124/126]
俺「話題を変えて真剣な話をするんけど、聞いてくれる?」

女「なあに?」

俺「一緒に暮らさない?」

女「え?」

俺「もちろん今じゃないけど。まだ1年大学あるし」

俺「女が就職をこっちの方で決めて・・・」

俺「俺も4月からがんばるから」

俺「そしてゆくゆくは結婚しよう」


961 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:35:31.03 ID:sd2HlGmw0 [125/126]
女「・・・ひっく」

俺「いやだった・・・?」

女「そんな大切な話ピロートークにしないで・・・」

俺「ごめん・・・」

女「雰囲気ってものがあるでしょ」

俺「でも俺すごく真剣だから・・・だめかな・・・?」

女「いいに決まってるでしょ、ばか」


おわり


962 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 23:37:00.63 ID:sd2HlGmw0 [126/126]
クソSSですまんこ
たくさんの保守支援ありがとう

最後の方焦りすぎたけど余っちゃった

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。