FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「お兄ちゃんのパソコン貸して」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:41:07.58 ID:D3cHIN030 [1/67]
俺「えっ?」

妹「だ―か―ら―パソコン貸してって言ってるの」

俺「何に使う?」

妹「デジカメで撮った写真を友だちに送りたいの」

俺「なんで俺の・・・」

妹「たまには妹の役に立ちなさいよ」

俺「なんだよ、それが借りる側の態度かよ」

妹「はいはい、お兄様のパソコンをお貸しください」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:54:35.27 ID:D3cHIN030 [2/67]
妹「ちゃんと言ったよ?借りるから」

俺「ちょ・・・勝手に持っていくな!」

妹「すぐ返すってー」

俺(うわ・・・エロフォルダ覗かれたらどうしよ・・・)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:55:38.71 ID:D3cHIN030
妹「えっとーこれでいいかな・・・」

妹「あっあれ?どこに保存したんだっけ?」

妹「ここかな・・・え?」

妹「あ、あ、あ、キャ――!!」

妹「き、きも」

妹「エロ画像ばっか!!」

妹「しかも二次元」

妹「黒髪ロング、貧乳でセーラーが趣味・・・ないわ・・・」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:56:12.41 ID:D3cHIN030
妹「返しに来た」

俺「そうか」

妹「終わったから、ありがと」

俺「お、おう」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:57:14.99 ID:D3cHIN030
俺「様子がおかしかったな」

俺「やっぱり見られたか?」

俺「貸すんじゃなかった・・・」

俺「何だこのファイル・・・見てみよ」

俺「えっと、『きもいきもいきもいきもい』」

俺「確実に見られた・・・」

俺「ああ・・・まあ妹に嫌われたところで」

俺「支障ないか」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:57:51.51 ID:D3cHIN030
―次の朝―

俺「おはよう」

妹「・・・はよ」

俺「・・・見たんだろ?」

妹「えっ?」

俺「俺の」

妹「ま、まあ・・・」

俺「いいよ別に。恥ずかしくないし」

妹「お兄ちゃんって・・・」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 13:59:42.48 ID:D3cHIN030
俺「何?」

妹「あたしのこと狙ってんの?」

俺「は!?」

妹「だって・・・」

妹「あたし髪が黒くて長いし、貧乳だし、制服セーラーだし」

俺「ちょ・・・待てよ」

妹「どうなの?」

俺「ぐ、偶然だろ」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:00:54.11 ID:D3cHIN030
妹「本当?」

俺「嘘をついてどうする」

妹「神様に誓う?」

俺「俺神様なんて信じねーし」

妹「ふーん」

俺「何だよ」

妹「いいんだ?」

俺「だから何だよ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:01:59.44 ID:D3cHIN030
妹「あたしが誰かもわからない男と寝てたとしても」

俺「ちょ・・・」

妹「隣の部屋にお兄ちゃんがいるのに、あんあん聞こえててもいいんだ」

俺「おま・・・」

妹「居間で堂々とやって・・・」

俺「もうやめろよ」

妹「だってなんとも思わないんでしょ?」

俺「そりゃ・・・」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:03:49.01 ID:D3cHIN030
俺「なんとも思わないなんてことはないさ」

俺「お前は妹だし性欲の対象としては見られない」

俺「でも妹だからこそ大切に思ってるんだよ」

俺「お前が知らない男とセックスすることを考えるのは嫌なんだ」

妹「お兄ちゃん・・・」

俺「わかってくれるだろ?」

妹「・・・抱いて」

俺「は!?」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:04:51.66 ID:D3cHIN030
妹「お兄ちゃん耳遠い?抱いてって言ってるの」

俺「だから何で」

妹「ぎゅってして・・・」

俺「ま、まあ抱きしめるくらいなら・・・」

妹「頭なでなでして」

俺「お、おう」

妹「お兄ちゃん温かい」

俺「お前が冷え性なんじゃねーの」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:05:49.83 ID:D3cHIN030
妹「お兄ちゃんってキスしたことあるの?」

俺「え、は?」

妹「ないんだ」

俺「まあこれから今までの分を取り返すからな」

妹「あたしもまだなんだ」

俺「そ、そーか」

妹「キス、しよっか」

俺「ちょ・・・」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:06:59.36 ID:D3cHIN030
妹「お兄ちゃん目をつぶって」

俺「何でだよ」

妹「キスするに決まってるじゃん」

俺「何でお前と・・・」

妹「したくないの?」

俺「いやキスはしてみたいけど、相手がお前じゃ・・・」

妹「あたしが下手だって言うの?」

俺「そうじゃなくて・・・」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:08:14.80 ID:D3cHIN030
妹「じゃあ何よ」

俺「きょうだいでするもんじゃないだろ」

妹「ちっちゃい頃はしてたんでしょ?」

俺「それとこれとは・・・」

妹「いいから目を閉じてってば」

俺「いやだって」

妹「こうなったら力ずくで・・・」

俺「ちょ・・・やめ・・・」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:09:13.77 ID:D3cHIN030
妹「お兄ちゃんってうぶなの?シャイなの?」

俺「どっちもそうだけど今は関係ないだろ」

妹「・・・お兄ちゃんのけち」

俺「そういう問題じゃない・・・」

妹「もういい」

俺「そうすねるなよ」

妹「お兄ちゃんはあたしのこと嫌いなんだ」

俺「嫌いだからじゃなくて・・・」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:10:23.55 ID:D3cHIN030
妹「嫌いじゃなかったらどうして?」

俺「どうしてってそれは・・・」

妹「嫌いなんでしょ?」

俺「だから・・・」

俺「俺が言いたいのは・・・」

妹「うっ・・・ひっく・・・」

俺「ごめ・・・泣かすつもりは・・・」

妹「今だ!スキあり!!」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:11:24.36 ID:D3cHIN030
妹「初チューはいただき!!」

俺「うわ!」

妹「覚悟しろー」

・・・そこで俺は目が覚めた。

ああ、体がだるい。

俺は体を起こすのを諦めた。

仰向けになったままぼんやりと天井を眺める。

あいつがいなくなって、どれくらい経っただろうか。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:12:19.80 ID:D3cHIN030
あいつの言う通り、俺はあいつのことが好きだった。

黒くて長い髪、貧乳でセーラー服が似合う。完璧だ。

もちろん外見だけじゃなくて、性格も最高だった。

きょうだいだから、なんていう理由は嘘みたいなものだ。

俺はいつでも理性が吹っ飛んでしまいそうなところにいた。

あいつはそれくらい魅力的だった。

それなのにあいつは突然いなくなった。

俺の前から、永遠に・・・。


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:12:49.87 ID:D3cHIN030
ああ、俺は泣いたよ。

泣いて泣いて、何度も戻ってくることを願った。

神様なんか信じない俺なのに、必死ですがったよ。

・・・でも、だめなんだ。

いつかまた帰ってくるかもしれないって?

残念だけど、その可能性はない。

その理由はまた後で書くことにしよう。

妹が爆発したなんて言わないから、とりあえずもう少し読んでほしい。


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:13:25.89 ID:D3cHIN030
俺「おま・・・やめろって」

妹「いじわるー」

俺「いや、さ、なんでキスしたいんだよ?」

妹「キスしたいからするんでしょ」

俺「冷静になれ冷静に」

妹「ず―っと冷静だよ」

俺「ま、まあ落ち着けよ」

妹「だ―か―ら―落ち着いてるってば」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:14:22.35 ID:D3cHIN030
俺「だってキスしたいと思うのは感情で、理性がなくて本能にのっとって」

妹「もう何言ってるのかわかんない」

俺「ほ、ほらだからキスしたいのは・・・」

妹「キスのひとつでがたがたうるさいなあ・・・」

俺「キスのひとつとはなんだよ」

妹「減るもんじゃないからいいでしょ」

俺「減るとかそういう問題じゃないんだって」

妹「じゃあ何だって言うの?」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:15:07.39 ID:D3cHIN030
俺「もしお前に好きな人ができたら、俺とキスしたことを後悔する日がくるかもしれないだろ?」

妹「そんなことはありませ―ん」

俺「可能性は明らかに0じゃない」

妹「もう・・・全然わかってないんだから」

俺「何だって?」

妹「全然わかってないって言ったの!」

俺「どういう意味だよ」

妹「お兄ちゃん以上に好きな人なんて・・・できるわけないでしょ・・・」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:16:00.10 ID:D3cHIN030
俺「は、はあ・・・」

妹「お兄ちゃんのバカ」

俺「俺がバカなわけ・・・」

妹「バカバカバカバカ」

俺「感情的になるなよ・・・Don't get so emotional」

妹「DUOか」

俺「許してくれよ・・・どうしたら埋め合わせできるかな?」

妹「仕返しするぞ」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:16:49.02 ID:D3cHIN030
俺「仕返しはやめてくれ」

妹「じゃあ責任とってよ」

俺「いいだろう」

妹「あたしの処女をもらえ」

俺「ちょ・・・お前の処女って・・・」

妹「責任取るって言ったでしょ」

俺「『いいだろう』って言っただけで、『責任を取る』とは・・・」

妹「揚げ足とりめ」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:17:36.71 ID:D3cHIN030
俺「わかってるか?俺たちきょうだいなんだぞ」

妹「わかってるから言ってるの」

俺「じゃあどうして・・・」

妹「・・・一番信頼している人にあげたかったの」

俺「その気持ちだけもらっておくよ」

妹「体ももらってください」

俺「いや、それはさすがに・・・」

妹「もらってよ」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:18:24.46 ID:D3cHIN030
俺「だから・・・」

妹「もらって」

俺「気持ちだけ・・・」

妹「もらえって言ってるでしょ!」

妹「こんなにお願いしてるのに」

俺「いや、それお願いじゃないし」

妹「童貞ってこんなにめんどくさいの?」

俺「俺童貞だけど、これは童貞だからこうなんじゃない・・・」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 14:19:30.25 ID:D3cHIN030
妹「もういい」

俺「すねるなよ」

妹「どうせ嫌いだからしてくれないんでしょ?」

俺「そうじゃないって」

妹「嫌いじゃなかったらどうして?」

俺「どうしてってそれは・・・」

妹「ほら、言えないってことは嫌いなんでしょ」

俺(あれ?さっきもこんなことがあったような?)


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:20:10.17 ID:D3cHIN030
妹「もうお兄ちゃんなんか知らない」

俺「落ち着けって・・・」

妹「お兄ちゃんなんか浅い小川を飛び越えようとした時に、つまずいて足首を捻挫しちゃえ!」

俺「DUOかっての」

妹「好きな人・・・いるの?」

俺「いないといえば嘘になるかな」

妹「じゃあその人に童貞捧げるんだ?」

俺「んーまーそれはできないかも」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:21:24.57 ID:D3cHIN030
妹「なんで?その人童貞嫌いだから?」

俺「いやだって画面から出てこないし」

妹「二次元か!」

俺「悪いか」

妹「ないよないよそれないよ」

俺「何がないんだよ」

妹「現実見て、お願いだから」

俺「二次元だってそこに生きれば現実だ」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:22:43.98 ID:D3cHIN030
妹「リアルな世界に生きて!」

俺「十分リアルだって」

妹「・・・何で、今ここにいるあたしを好きなってくれないの?」

俺「え?」

妹「何でもない」

俺「気になる」

妹「何でもないって言ってるでしょ!」

俺「怒るなよ・・・」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:23:39.41 ID:D3cHIN030
妹「わかった、わかったから!」

俺「何が?」

妹「お兄ちゃんとあたしはそういう関係にはなりません!!」

俺「う―ん・・・そう言われるとなんだかな・・・」

妹「何?」

俺「な、何でもありません・・・」

妹「はあ・・・ごめん、きつかった?」

俺「謝ることないよ」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:24:29.16 ID:D3cHIN030
妹「傷ついた?」

俺「俺こそごめんな」

妹「ううん、当然のことだよね・・・うっ・・・ひっく」

俺「頭なでなでしていいか?」

妹「お兄ちゃん温かい」

俺「お前が冷え・・・」

妹「キスはしないよ?」

俺「・・・うん」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:25:24.46 ID:D3cHIN030
妹「キスしちゃダメ・・・あたしそういうつもりは・・・」

俺「何だよ」

妹「しないったら!だめだよぅあたしたちきょうだい・・・」

俺「そう言われるとしてみたくなる不思議?」

妹「いやあ!やめてお兄ちゃん・・・あっ・・・だめ・・・あ・・・」

俺「何だよ」

妹「何となく?」

俺「何だそりゃ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:26:34.58 ID:D3cHIN030
妹「ふふふ・・・大丈夫、わかってるから」

俺「お、おう」

妹「じゃあ部屋に戻るね」

俺「うん」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:28:19.49 ID:D3cHIN030
妹「う・・・うぇ・・・ひっく・・・」

妹「お兄ちゃんの・・・ばかばか」

妹「どうしてわかってくれないのぉ」

妹「お兄ちゃんなんか・・・――」

――――――
俺「き、緊張した・・・」

俺「妹って俺のこと好きだったのか・・・?」

俺「どうしてこうなった・・・」

俺「実は血が繋がってないとか、そんな設定ないのかよ・・・」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:30:25.14 ID:D3cHIN030
それから、俺と妹の関係は急によそよそしいものとなった。

俺たちはあいさつすらまともに交わさなくなってしまった。

考えてみると、今まで妹とどんなことを話していたのだろうか?

そんなことすらわからなくなった。


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:36:14.96 ID:D3cHIN030
妹友「で、ね・・・聞いてる?」

妹「え?うん、そうだったね・・・たらこをチンすると焦げるよね」

妹友「なんだそりゃ・・・そんな話してないって」

妹「じゃあ、眠る寸前って意味不明なことを考えてるよね~だった?」

妹友「全然違うでしょ・・・宿題やったかって話してたの」

妹「・・・そうきたか」

妹友「どうせやってないんでしょ?」

妹「んーそうなるかな?」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:47:49.92 ID:D3cHIN030
妹友「自分のきょうだいについて英語で紹介するんでしょー確かにめんどうだよね」

妹「自分の・・・きょうだい・・・」

妹友「どうした?」

妹「ひっく・・・う・・・」

妹友「泣き出した!?何かあったの?」

妹「何もないよー・・・うわーん・・・」

妹友「絶対何かあるでしょ!うちに来なさい!」

妹「ひっく・・・ぐす・・・すまぬ・・・」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 14:55:53.47 ID:D3cHIN030
妹友「ふむふむなるほど・・・仲が険悪だと」

妹「険悪なんじゃないの・・・気まずいの・・・」

妹友「どっちも同じだって。それにしても兄を誘惑するとは・・・なかなかやるなあ」

妹「だって大好きもん・・・ひっく・・・」

妹友「きょうだいに恋かー・・・」

妹「真剣に考えてくれてる?」

妹友「全然?」

妹「まあ、その方が妹友らしいというか・・・」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:02:54.35 ID:D3cHIN030
妹友「乙女だねーきゅんきゅんしちゃう!あーいいな」

妹「恋すること自体はいいと思うけど・・・」

妹友「叶わない恋のが切なくて、でもちょっとしたことが嬉しくて、はまっちゃうよね」

妹「ま、実際そう・・・かな」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:11:45.02 ID:D3cHIN030
俺「ただいまー」

俺「ってまだ誰も帰ってきてないのか」

俺「今日も疲れた・・・ん、紙が落ちてる」

俺「これ・・・妹の字?」

俺「宿題みたいだ」

俺「『わたしのきょうだいについて』」

俺「『わたしにはお兄ちゃんがいます』」

俺「『お兄ちゃんはいわゆるおたくです』ってひでーな」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:19:58.02 ID:D3cHIN030
俺「『お兄ちゃんは暇さえあればパソコンをしています』・・・そこまでしていないが」

俺「『お兄ちゃんはたくさんのエロ画像を持っています』こんなこと書くなよ!」

俺「『どうやら黒髪ストレート、貧乳、セーラー服が好みのようです』バラすな!!!」

俺「『でもそんなお兄ちゃんがわたしは好きです』・・・」

俺「『お兄ちゃんが好きすぎてわたしは苦しいです』」

俺「『神様はいじわるだと思います』」

俺「『どうして好きな人をお兄ちゃんにしたのでしょうか?』」

俺「『こんなに好きなのに・・・どうして気持ちを伝えられないのでしょうか?』」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:20:42.99 ID:D3cHIN030
俺「『彼がわたしのお兄ちゃんじゃなかったらよかったのに』」

俺「『でも・・・好きなんです・・・嫌いになれま・・・』・・・ぐすっ」

俺「妹・・・」

俺「俺は・・・俺は・・・・・・」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:22:33.53 ID:D3cHIN030
妹「ただいまー」

妹「ってどうせあいさつしないんだけどね」

俺「おかえり」

妹「うわ!た、ただいま・・・」

俺「ちょっと用があるんだ」

妹「な、何?」

俺「いいから部屋に来いよ」

妹「え?は?・・・うん」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:24:18.33 ID:D3cHIN030
妹「失礼しまーす」

俺「まあ座れよ」

妹「で、用って何?」

俺「まーなんだ、時間はまだまだあるし急ぐことはない」

妹「それはそうだけど・・・」

俺「まあまあジュースとおかしでも」

妹「はっ!騙されないぞ!この中にアヤシイ薬が・・・」

俺「混ぜるか!」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:26:53.78 ID:D3cHIN030
俺「取り乱さないで聞いてほしい・・・実は・・・」

妹「わーこれおいしー」

俺「って聞けよ!」

妹「え?何か言った?」

俺「んー、まあいいやとりあえず聞け。これ見たんだ」

妹「これ・・・!ちょ・・・何で見たの!!!」

俺「落ちてたから?」

妹「だからって見るな!ふざけないでよ・・・」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:27:52.68 ID:D3cHIN030
俺「ごめん・・・」

妹「今更謝られても・・・」

俺「そうだな・・・じゃあ仕方がなかったってことで」

妹「簡単に片付けないで!」

俺「じゃあどうしたらいい?」

妹「責任取りなさい!」

俺「お前の処女をもらうとか?」

妹「ば、ばか!」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:29:31.45 ID:D3cHIN030
俺「俺は少なくともお前よりばかではない」

妹「そういう問題じゃないでしょ」

俺「そうだったな・・・で、責任とは?」

妹「そ、そんなの決まってるじゃない」

俺「俺の童貞をお前に捧げる?」

妹「何でそうなる!」

俺「だったら?」

妹「・・・いい?」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:30:50.22 ID:D3cHIN030
妹「もう、ね、わかってる」

俺「何が?」

妹「お兄ちゃんを好きでいてもしょうがないってこと」

俺「・・・」

妹「だから決めたの」

俺「・・・何を?」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:32:20.23 ID:D3cHIN030
妹「お兄ちゃんを忘れる」

俺「え?」

妹「だからお兄ちゃんを忘れるの」

俺「忘れる・・・って?」

妹「もちろん同じ家で暮らしてるんだから、存在自体を消すことはできないよ」

妹「この家を出て行くこともできないしね」

妹「だから、『普通のお兄ちゃん』として接するよ、これからは」

妹「今まであたしが『愛したお兄ちゃん』を忘れる」

妹「お兄ちゃんも『ただの妹』として接して?」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:33:05.17 ID:D3cHIN030
俺「おま・・・そんなこと・・・」

妹「もう苦しいのはイヤなの」

俺「だからって・・・」

妹「だからってどうしようもないでしょ」

俺「そうだけど・・・」

妹「どんなに好きでも何もできないんだもん・・・」

俺「そうだよな」

妹「責任とって、お願い聞いてくれるよね?」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:37:32.29 ID:D3cHIN030
俺「仕方・・・ないよな」

妹「それしかないよ」

俺「でもなんだかなー・・・」

妹「もう、うじうじしない!」

俺「・・・わかった」

妹「それでよし!」

俺「うん」

妹「ね、最後にひとつだけ聞いてもいい?」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:39:19.06 ID:D3cHIN030
俺「何?」

妹「お兄ちゃんは・・・その・・・」

俺「何だよ?」

妹「やっぱいいや」

俺「そこでとめると気になるだろ」

妹「お兄ちゃんって・・その・・・・あたしのこと・・・好き・・・だったのかな?」

俺「え?」

妹「ほら、言わないほうがよかったでしょ?」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:39:59.22 ID:D3cHIN030
俺「・・・だろ」

妹「え?」

俺「当たり前だろ・・・」

妹「お兄ちゃん・・・」

俺「好きだよ・・・妹」

妹「お・・・兄・・・ちゃ・・・ひっく・・・ひっく」

俺「・・・抱きしめていいか?」

妹「うん」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:40:51.46 ID:D3cHIN030
俺「妹って温かいんだな」

妹「お兄ちゃんが冷えてるんでしょ」

俺「いい香りがする」

妹「変態」

俺「目、閉じて」

妹「え?」

俺「いいから閉じて」

妹「・・・おでこで」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 15:41:41.75 ID:D3cHIN030
妹「・・・ありがと」

俺「お礼を言われることなんか・・・」

妹「もう、大丈夫だから」

俺「そっか」

妹「こんな風にできてよかった」

俺「うん」

妹「・・・じゃあこれからは『普通のきょうだい』ね」

俺「ああ」


そして、俺は「愛する妹」と会えなくなったのであった―


おわり

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:14:42.85 ID:D3cHIN030
・・・あれから1ヶ月近く経った。

本当に、妹と俺は前みたいな接し方をしなくなっていた。

妹は何事もないかのように振る舞った。

そう、あの出来事が起こるまでは・・。


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:19:02.49 ID:D3cHIN030
妹「お兄ちゃん」

俺「どうした?」

妹「こうしていると・・・昔からこんな関係だったのかなって思うよね」

俺「そうだな」

妹「そうだなって、それだけ?」

俺「他に何かあるか?」

妹「ないけど・・・」

俺「もう過去のことだよ」


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:24:55.50 ID:D3cHIN030
妹「そうだよね。じゃあ行ってきます」

俺「気をつけていけよ」

妹「あのさ・・・お兄ちゃん」

俺「どうかしたか?」

妹「えっと・・・その・・・」

俺「どうしたんだよ」

妹「ううん、やっぱり何でもない。じゃあね」

俺「おう」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:28:23.49 ID:D3cHIN030
妹「言えないよね」

妹「あたしが・・・まだ忘れてないってこと」

妹「そう簡単に忘れられたら苦労しないよ」

妹「胸が張り裂けそう・・・張り裂けるほど大きくもないけど」

妹「お兄ちゃんはどう思ってるんだろ?」

妹「もう妹としてしか見てないのかな?」

妹「辛いよぅ」

妹「どうしたら・・・忘れられるの?」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:36:15.18 ID:D3cHIN030
妹友「妹おはよーなんだか調子悪そうだね」

妹「うん、まあ、ね」

妹友「もしかして・・・」

妹「・・・そうなの」

妹友「できたんだね!」

妹「え?」

妹友「お兄ちゃんとの子ども!!」

妹「ふざけないでー」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:42:40.42 ID:D3cHIN030
妹「なんでそんなこと言うの?明らかに違うでしょ」

妹友「違うの?てっきり・・・」

妹「ひどいよ・・・」

妹友「ご、ごめん・・・で、本当は?」

妹「諦めた」

妹友「諦めた?」

妹「『普通のきょうだいに戻ろう』って言ったの」

妹友「それは・・・大胆な決断」


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:50:05.40 ID:D3cHIN030
妹友「でも・・・まだ苦しい、と」

妹「うん」

妹友「あんなに好きだったのに、すぐ忘れられたならお兄ちゃんだって悲しく思うよ」

妹「そう思う?」

妹友「当然じゃん!あんたみたいに、かわいげがなくて貧乳で、わがままで・・・」

妹「悪口はそこまでにしようか?」

妹友「要するに、お兄ちゃんも辛いだろうってこと」

妹「全然まとまってないけど、そうなのかな・・・」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:53:48.14 ID:D3cHIN030
俺「授業だりー」

俺友「おい俺、今日隣の学校のヤツと合コンするんだけど来いよ」

俺「なんだよそれ、つまんなそう」

俺友「おま・・・合コンくらい一回は参加しとけよ。恥ずかしいぞ」

俺「合コン経験ないことが恥ずかしいわけないだろ」

俺友「いいからこいよ。かわいいこ呼んでるから」

俺「だからいいって。他当たってくれ」

俺友「いいじゃん、暇なんだろ?こいよ。じゃあ放課後」


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 21:58:09.45 ID:D3cHIN030
―放課後―

俺友「さ、いこーぜ」

俺「行かないって」

俺友「いやいやきたんで~っていう、失敗した時への言い訳か?」

俺「違うよ」

俺友「じゃあいいだろ」

俺「ったく、わかったよ」

俺友「それでよし!」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 22:03:51.67 ID:D3cHIN030 [67/67]
妹友「かわいそうな妹・・・今日はあたしとデートしよ?」

妹「女子って、遊ぶことなのにデートって言うよね」

妹友「デートだって!あたしはこんなに妹のことを思っているのに・・・」

妹「あたしはそっちじゃないもん」

妹友「興味くらいあるでしょ?」

妹「ないないない」

妹友「同性愛はこの上なくプラトニックなんだから・・・」

妹「それは認めるけどあたしを巻き込まないで」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 09:31:49.15 ID:+PTxlVNw0 [1/99]
妹友「あっこのお店、一度入ってみたかったんだ」

妹「へー」

妹友「少しは興味持ってよ」

妹「うんうん」

妹友「これだから妹はかわいげがな・・・」

妹「何か言った?」

妹友「何でもない。入ろ」

妹「しょーがない・・・」





おはよう
保守ありがとう

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 09:39:06.14 ID:+PTxlVNw0 [2/99]
妹友「結構込んでるね・・・あっ」

妹「どうかした?」

妹友「な、なんでも?」

妹「実に怪しい・・・」

妹友(あの制服は妹のお兄ちゃんの学校と隣の女子校)

妹友(これはきっと合コン・・・どうかお兄様ではありませんように・・・)

妹友(もしお兄様であっても、妹が気付きませんように・・・)

妹「あ、お兄ちゃん」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 09:46:48.85 ID:+PTxlVNw0 [3/99]
妹友「ひひひひと違いじゃない?」

妹「何慌ててるの?」

妹友「い、いや今すごいイケメンが通ったから」

妹「あれ、イケメン好きだった?たしか中の中くらいのひとが手頃でいいって・・・」

妹友「変わったの!イケメンは正義!」

妹「へー」

妹友「そそそそうだよ!」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 09:52:50.28 ID:+PTxlVNw0 [4/99]
妹友「あー」

妹友「行っちゃった・・・」

妹友「絶対合コンでしょあれは」

妹友「泣いて帰ってくるに違いない・・・」

妹友「あっでも待って、『お兄ちゃんの裏切り者!』」

妹友「『お兄ちゃんなんて大嫌い!』」

妹友「『やっぱりあたしを永遠に愛してくれるのは妹友なのよ~』・・・なーんて」

妹友「ならないか・・・あたしって不謹慎?」


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 09:58:59.00 ID:+PTxlVNw0 [5/99]
妹「おに―ちゃー・・・」

俺友「こいつ合コンの達人だから!」

俺「やめろよ」

俺友「場数こなしてる感じするだろ?」

女1「確かに~」

女2「俺くんってすっごい女好きそう」

俺友「やばいよこいつの女遍歴!」

妹「・・・・・・」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:06:09.38 ID:+PTxlVNw0 [6/99]
妹(お兄ちゃん・・・合コン・・・してた・・・)

妹(すごく楽しそうだった)

妹(あたしよりきれいな女の人に囲まれて・・・)

妹(お兄ちゃん何度もこんなことしてたんだ)

妹(それに・・・女なら誰でもいいだね)

妹(ひどい・・・お兄ちゃん)

妹(あたしは・・・こんなに・・・)

妹「・・・もうしらない」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:14:18.06 ID:+PTxlVNw0 [7/99]
妹友「あーこれはやってしまったパターン・・・」

妹「ただいま・・・」

妹友「ど、どうだった?」

妹「楽しそうだった」

妹友「そ、そう」

妹「お願いがあるんだけど」

妹友「何でも言いなさい」

妹「胸貸して・・・純粋な意味で」


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:21:21.23 ID:+PTxlVNw0 [8/99]
妹「おにーちゃんの・・・ばか・・うぅ・・・」

妹友「よしよし」

妹「あたしがあれからどんな気持ちでいたか・・・」

妹友「辛かったね」

妹「ひどいよ・・・」

妹友「・・・・・・」

妹「・・・妹友、慰めて」

妹友「え?」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:27:39.90 ID:+PTxlVNw0 [9/99]
妹「今日はお兄ちゃんの顔見たくない」

妹友「泊めてあげるくらいなら・・・」

妹「・・・借りは返す」

妹友「体で?」

妹「だから傷ついてる時になんでそんなこと言うの?」

妹友「ごめんごめん」

妹「妹友らしいというか・・・でも泣いたらスッキリした」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:35:15.72 ID:+PTxlVNw0 [10/99]
俺「俺、そろそろ帰るよ」

俺友「まだ早いだろ」

女1「そーだよーもっと楽しもー」

女2「俺くんとまだ話したいよー」

俺「まあそう言われると嬉しいんだけど・・・」

俺友「この後どこ行く?」

女1「静かなところがいいよね」

女2「そうだねー」


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:45:58.72 ID:+PTxlVNw0 [11/99]
俺(さっき一瞬だけど妹みたいなひとが見えたんだよな・・・)

俺(すぐ行っちゃったけど)

俺(もしかして・・・合コンだってことに気がついたから?)

俺(どうしよう・・・絶対嫌だよなそんなの)

俺友「どうした俺?ぼーっとして」

俺「いや、その」

女1「考えごとしてる俺くんもカワイイ」

俺「ごめん、やっぱ俺帰る!」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 10:56:39.39 ID:+PTxlVNw0 [12/99]
―妹友家―

妹「お泊りするの、久しぶりだね」

妹友「確かに。でも前に・・・」

妹「やめてその話!恥ずかしいから」

妹友「夜中に帰りたい~って言ってお兄ちゃんに迎えに来てもらったよね」

妹「それは過去だもん!」

妹友「いやいや、仲いいなって羨ましかったよ」

妹「今は違うんだから・・・」

妹友「でもちょっと悲しかったんだ」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 11:01:45.74 ID:+PTxlVNw0 [13/99]
妹「何が?」

妹友「あたしの妹が取られちゃうって」

妹「何それどういう意味?」

妹友「その時気付いたの。あたし、妹が好きなんだって」

妹「ちょ・・・冗談はやめてよ」

妹友「冗談なんかじゃない」

妹「何?全く話が見えない」

妹友「大人しくしてくれたら傷はつけないから・・・」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 11:08:02.18 ID:+PTxlVNw0 [14/99]
妹「やめてぇー」

妹友「その嫌がる顔・・・たまらない」

妹「本当お願い!やめて」

妹友「ふふふ・・・もっと泣き叫べ―」

妹「・・・って何なのこれ?」

妹友「え?まあ、ね・・・」

妹「こんな・・・変な声録音して」

妹友「うーん夜のお供?ご協力ありがとうございました」


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 11:18:12.12 ID:+PTxlVNw0 [15/99]
妹「何それ」

妹友「まあまあ、有効活用させてもらうから大丈夫!」

妹「全然健全な用途で遣われない気が・・・」

妹友「・・・これがあたしにできる精一杯なんだから」

妹「え?」

妹友「何でもないよ!あ、ごはんだって」

妹「妹友のお母さんの料理おいしいから楽しみ」

妹友「さあいこっか」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 11:28:27.52 ID:+PTxlVNw0 [16/99]
俺「ただいま」

俺「い、妹?どこだ」

俺「部屋にもいない・・・」

俺「母さん妹は?」

母「妹?今日はお友達の家に泊まるって」

俺「泊まる・・・?」

俺(やっぱり見られてたのか?)

俺(それで俺の顔なんか見たくないって・・・どうしよう)


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 11:38:37.20 ID:+PTxlVNw0 [17/99]
妹「いただきまーす」

妹友母「妹ちゃんに会うのは久しぶりね。大きくなって・・・」

妹「今日は急にお邪魔してしまってすみません」

妹友母「いいのよ。うちは一人っ子だから子どもが増えたみたいで嬉しいわ」

妹「そう言ってもらえると、こちらも嬉しいです」

妹友「何かしこまってんの?」

妹「い、いえそんなつもりは・・・」

妹友「妹ったらー」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 11:51:35.40 ID:+PTxlVNw0 [18/99]
妹友母「お風呂沸かしておいたから入ってね」

妹「すみません、何から何まで・・・」

妹友「一緒に入る?」

妹「な・・・」

妹友「小さい頃は一緒に入ってたじゃない」

妹「そ、それは一人では入れる年齢じゃなかったから・・・」

妹友「あはは。もう冗談だって」

妹「一瞬本気にしかけた・・・」


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 12:05:40.41 ID:+PTxlVNw0 [19/99]
妹「おなかいっぱーい」

妹友「無理して食べることないのに」

妹「だっておいしんだもん。残すのもったいなくて」

妹友「もう、うちのこになる?」

妹「え?」

妹友「冗談だって!」

妹「えーとお風呂いただいてきます」

妹友「いってらっしゃい。ごゆっくりー・・・」


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 12:24:12.51 ID:+PTxlVNw0 [20/99]
妹友「妹がお風呂に入った・・・」

妹「引っかかると~痛いの~さかむけ~あなたのこと♪」

妹友「・・・失礼しまーす」

妹「考えると~きゅーんと~感じる~優しい痛み~♪」

妹友「よし、ばれてない」

妹友「ごめん妹・・・あたしが」

妹友「脱衣所で下着をくんかくんかしようだなんて」

妹友「許してぇ!」


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 12:33:16.41 ID:+PTxlVNw0 [21/99]
妹友「妹のパンツ・・・」

妹友「薄ピンクに赤ドット・・・これはあたしを誘っている!」

妹友「妹・・・妹・・・くんかくんか」

妹友「すーはー・・・あたしって変態・・・」

妹「暖かい~言葉で~前向き~今を♪・・・ん?」

妹友「は!気付かれた!」

妹「誰かいるの・・・?」

妹「パ、パジャマここに置いておくからー(裏声)」


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 12:50:32.62 ID:+PTxlVNw0 [22/99]
妹「あ、うん、ありがと」

妹友「どういたしま・・・」

妹「わたしは~毎秒~あなたに~夢中なのです♪」

妹友「は・・・疑ってないみたい」

妹友「焦った~まあでもよかった」

妹友「妹ってちょっとどころかかなり鈍感なんだよね」

妹友「そういうところも良かったりするんだけど・・・ま」

妹友「もうちょっと堪能させてもらいましょ」


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 12:59:23.67 ID:+PTxlVNw0 [23/99]
妹「お風呂は気持ちいいなあ・・・そろそろあがろ」

妹友「は!やば・・・夢中になりすぎた」

妹友「急がなきゃ・・・失礼しましたーリビングに避難だ!」

妹「あーいいお湯だった・・・ってあれ?」

妹「あたし・・・ここに下着置いた?」

妹「んーおかしいな・・・たしかそっちに」

妹友(わ!どうしよ!!)


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:15:40.88 ID:+PTxlVNw0 [24/99]
妹「まあ・・・いいかそんなこと。早く出よ」


妹「お風呂いただきましたーあ、妹友ここにいたの?」

妹友「う、うん」

妹「部屋で待っててくれれば良かったのに」

妹友「い、いや心配じゃん?一人では入れるかどうか・・・」

妹「もうそれいつの話?」

妹友「だ、だって勝手とか?家によって違うし?」

妹「それくらい順応するよ」

妹友「まあね、あはは、あはははは」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:26:41.17 ID:+PTxlVNw0 [25/99]
妹「変なの」

妹友「じゃああたしも入ってくるね。部屋で待ってて」

妹「わかった」

妹友「変なこと、し、しないでよねッ」

妹「妹友に言われたくないわ」

妹友「うーん認めなきゃいけないよねーそこは」

妹「自覚してるんだ」

妹友「と、当然・・・じゃん?不名誉だけど」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:31:19.36 ID:+PTxlVNw0 [26/99]
妹「この部屋もなんだか懐かしい気がする」

妹「あんまり変わってないな」

妹「あたしがあげたくまのぬいぐるみもまだ置いてくれてるんだ」

妹「あれ、今目が動いたような・・・?」

妹「ってそんなわけないか」

妹「ベッドもふかふか~はぅ」

妹「・・・あれ?枕の下に何かある」

妹「なんだろう・・・え、これ、あたしの写真!?」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:41:56.02 ID:+PTxlVNw0 [27/99]
妹「なんでこんなものが枕の下に?」

妹「あ!昔雑誌で見たことあるな」

妹「『好きな人の写真を枕の下に入れて寝るとその人の夢が見られる』」

妹「ま、まさか・・・!?」

妹「き、気のせいよね!壁に貼ってあった写真が落ちて偶然枕の下に入っただけよね」

妹「そうそうたまたまって、そんなわけ・・・!」

妹「ない・・・か」

妹「まず、あたしの夢を見たところで何にもないよね」


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:55:13.80 ID:+PTxlVNw0 [28/99]
妹「実は壁に、隠し部屋のスイッチがあって」

妹「その部屋の壁にはあたしの写真がバーって貼ってあったりして」

妹「まあ、ないと思うけど・・・むしろあったらこわい」

妹「まさかねーここが怪しいぞ!なんて」

妹「ポチっとな」

妹「・・・えっ?なに今ガコっていった!」

妹「え?え?そんなあ・・・嘘でしょ!!」

妹友「・・・何してんの?」


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:05:41.77 ID:+PTxlVNw0 [29/99]
妹「も、妄想?」

妹友「一人で何をやってるかと思えば妄想ですか妹さん」

妹「ご、ごめんなさい」

妹友「謝ることはないけど、面白いなって」

妹「面白い?」

妹友「妹ってそんな今年なさそうに見えるから」

妹「全然そんなことないよ!お兄ちゃんとえエッ・・・」

妹友「ほうほう、お兄ちゃんとエッチなことを」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:12:10.09 ID:+PTxlVNw0 [30/99]
妹「エッチとは言ってないエッチとは!」

妹友「今の話の感じではエッチとしかとれないよ」

妹「エッフェル塔!お兄ちゃんとエッフェル塔に行く妄想を・・・」

妹友「これまた苦しい言い訳を」

妹「違うんだってー」

妹「わかってるわかってる」

妹「通じた?」

妹友「お兄ちゃんとエッフェル塔でエッチする、でしょ?」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:20:53.93 ID:+PTxlVNw0 [31/99]
俺(妹・・・今ごろ何してるんだろうか)

俺(心配だ・・・無事なんだろうか)

俺(ああ俺は最悪だ・・・確実に嫌われたよな)

俺(自業自得か。俺ってヤツは本当に)

俺(友達の家にお泊り・・・)

俺(まあ友達なら安心だろう・・・でも)

俺(友達が女だと決めつけるのはできないんじゃないか?)

俺(妹が男と朝帰り・・・ああ、もう嫌だ)


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:30:52.70 ID:+PTxlVNw0 [32/99]
妹「だ―か―ら違うって!」

妹友「からかっただけだよ。大丈夫、わかってる」

妹「それなら・・・いいんだけど」

妹友「あたしたち、親友でしょ?」

妹「うん、親友以外のなにものでもないんだけどね」

妹友「まだ早いけど、何かする?」

妹「ごめん、今日はちょっと眠たい」

妹友「ベッド使っていいよ。あたし布団敷くから」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:42:38.50 ID:+PTxlVNw0 [33/99]
妹「いいの?」

妹友「もちろん!ベッドのふかふか具合、最高にしておいたから」

妹「悪いなあ・・・でも遠慮なく使うね」

妹友「じゃあ電気消すよ。おやすみ」

妹「うん。おやす・・・-すー」

妹友「相変わらず・・・そんなに疲れてたってことか」

妹友「あんまり見えないけど寝顔、かわいいなあ」

妹友「どうして妹ってあたしのこと好きになってくれないんだろ?」


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:49:47.66 ID:+PTxlVNw0 [34/99]
妹友「ま、今は、お兄ちゃん一筋だし、仕方ないのか」

妹友「あっでも今日はあれなんだ・・・」

妹友「きっと何か理由があると思うんだけどね」

妹友「早くお兄ちゃんと誤解が解けるといいんだけど・・・」

妹友「妹は強情なところがあるから・・・」

妹友「でもでも、誤解が解けないほうがあたしにはお得なんじゃない?」

妹友「なんてね、あたしって不謹慎なところあるな」

妹友「なんだか眠くなってきちゃった・・・おやすみなさい」


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 14:56:25.84 ID:+PTxlVNw0 [35/99]
俺「眠れない・・・いや、眠れるはずがない」

俺「もしかしたら妹が男と一緒にいるんだぞ?」

俺「お泊りして、男が何もしないなんてことはないだろう」

俺「きっと今ごろ・・・うぅ・・・何もできない俺情けない」

俺「捜しに行こうか?でもまずどこにいるのかもわからない」

俺「合コンなんて行かなければよかった・・・」

俺「行ったところで、後悔しかしてないしな」

俺「頼む妹、連絡してくれ・・・」


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:06:56.22 ID:+PTxlVNw0 [36/99]
俺「・・・結局一睡もできなかった」

俺「えっと、6時か。早いしまだ帰ってこないか」

俺「妹は今ごろ男の隣ですやすや眠ってるんだろうな」

俺「・・・くそぅ」

俺「眠い・・・」


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:14:04.27 ID:+PTxlVNw0 [37/99]
妹友「妹―朝だよー」

妹「うーんむにゃむにゃ」

妹友「起きて―」

妹「眠いよ・・・」

妹友「仕方ないな・・・添い寝してやろう」

妹友「はあ・・・妹温かい」

妹「ん・・・えっ?ちょっと・・・何?」

妹友「やっと起きたか」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:16:29.82 ID:+PTxlVNw0 [38/99]
妹「もう朝?」

妹友「あんまり目覚めが良くないみたいだね」

妹「何が仕方なくて添い寝するの・・・?」

妹友「えーだっていつもはお兄ちゃんを抱き枕にして寝てるのかなって思って」

妹「何でそうなる!」

妹友「あたしが一肌脱いでやったわけよ」

妹「もー朝から何考えてるの」

妹友「まあいいじゃん。ごはんごはん」


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:26:47.12 ID:+PTxlVNw0 [39/99]
妹友母「妹ちゃん、昨日はよく眠れた?」

妹「あっはい、おかげさまで」

妹友母「今日は学校ないし、ゆっくりしていってね」

妹「ありがとうございます。でも・・・」

妹友「そうだよね、お兄ちゃんにあいたいよね」

妹「ち、違うよ」

妹友「顔が赤い」

妹「違うもん・・・」


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:37:19.24 ID:+PTxlVNw0 [40/99]
妹友「・・・とか言いつつ、もう帰るんだ」

妹「決してお兄ちゃんのためじゃないんだからねッ」

妹友「わかってるって」

妹「お母さんが心配するといけないから・・・」

妹友「お兄ちゃんもね」

妹「関係ないってそれは!」

妹友「うんうん。気をつけて帰りなよ、寒いから」

妹「大変お世話になりました。また学校で」


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:43:10.65 ID:+PTxlVNw0 [41/99]
妹「ふあ~寒い・・・」

妹「早く帰って温まろう」

妹「・・・お兄ちゃん心配してるかな?」

妹「そんなわけないよ。何度も合コンしちゃうくらい女なんて誰でもいいんだから」

妹「きっと今だってあのときの女のこと何かしてるよ」

妹「お兄ちゃんはやっぱりあたしみたいのじゃなくて」

妹「きれいで大人っぽくて、わがままを言わないひとがいいのかな・・・」

妹「あたしなんかじゃ・・・ひっく・・・だめ・・・なのかな?」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:50:50.29 ID:+PTxlVNw0 [42/99]
妹「ただいま・・・」

母「おかえり。早かったのね」

妹「うん、まあね」

母「着きましたって電話してくるわ」

妹「あ、よろしく。あたしもうちょっと寝るから」

母「そういえば、お兄ちゃん心配してたよ」

妹「お兄ちゃんが・・・?」

母「そうよ。何度も自分の部屋から居間に来るもんだから、お母さんも眠れなかったわ」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 15:58:42.31 ID:+PTxlVNw0 [43/99]
妹「お兄ちゃんが心配・・・」

妹「そ、それは、あの女のことうまくいってなかったからよ」

妹「そうに決まってる!」

妹「ふああ・・・眠い・・・おやすみ」

――――

俺「妹、帰ってきたみたいだ」

俺「朝帰りか。やっぱすることはひとつだよな」

俺「静かだ・・・寝たのか?」

俺「ちょっと覗いてみよ・・・」


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:08:59.18 ID:+PTxlVNw0 [44/99]
俺「ちょっと邪魔するぞー」

妹「すやすや」

俺「眠ってる・・・まあ、無事だったようだ」

俺「妹の寝顔、かわいいな・・・は!」

俺「い、いやいやこれくらいなら『普通のきょうだい』でも考えることだろ」

俺「男に乱暴されなかったか?」

妹「むにゃ・・・」

俺「誰かもわからない男にこの寝顔を見せた・・・のか?」


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:14:02.25 ID:+PTxlVNw0 [45/99]
妹「ん~お兄・・・ちゃん?」

俺「わ!起きたのか?」

妹「お兄ちゃ・・・ん・・・」

俺「どうやら寝ぼけてるみたいだ」

妹「・・・ちゅう・・・して」

俺「え?キスか、おう。おでこでいいよな?」

妹「んん・・・え!お兄ちゃん!?何してんの??」

俺「起きた・・・?」


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:19:41.22 ID:+PTxlVNw0 [46/99]
妹「何してんの?何でここにいるの?」

俺「ちょっと・・・心配だったから」

妹「あたしなんかに構ってる場合じゃないでしょ」

俺「何だよそれ」

妹「いいから出て行って!」

俺「あ・・・う・・・ごめん」

妹「お兄ちゃんなんか・・・見たくない・・・」

俺「・・・・・・」


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:25:33.64 ID:+PTxlVNw0 [47/99]
妹「・・・うう・・・ひっく」

妹「さすがに言い過ぎたかな?」

妹「でも、ひどいのはお兄ちゃんのほうでしょ」

妹「どうして・・・どうしてなの」

妹「あの女はお兄ちゃんを愛せるって言うのに」

妹「どうしてあたしは・・・だめなの?」


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:33:25.00 ID:+PTxlVNw0 [48/99]
妹(あれから…お兄ちゃんとわたしは『普通』の兄弟として過ごしている)

妹(でも…自分で決めたことなのに胸の苦しさは消えてくれない…)

妹「ヒック…お兄ちゃん…」

俺「ん?呼んだか?」ガチャ

妹「あっやっ違うの!」

俺「お前…泣いて…」

妹「なんでもないの!なんでもないから出てって!」

俺「わりぃ…」バタン

妹(もう…どうしていいかわかんない…)


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:41:11.22 ID:+PTxlVNw0 [49/99]
妹「・・・何で出て行かせた直後にまた来るのよ」

妹「意味わかんない・・っていうか部屋の前にずっといたの?」

妹「一体なんなの・・・本当もう・・・」

妹「・・・妹友に電話しよ」

妹「話を聞いてもらえればきっとスッキリするはず」

妹「あ、あれ?おかしいな」

妹「携帯がないよーどこにいった?」

妹「もしかして忘れてきちゃったのかな?家電で掛けよ」


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:46:48.46 ID:+PTxlVNw0 [50/99]
妹「もしもし?あたしだけど」

妹友「こんなに早くどうした?あたしが恋しく・・・」

妹「・・・なってない。そんなことより」

妹友「そんなことってひどい!あたしにとってはこの上なく重要なことなのに」

妹「うん、わかった・・・その話は今度にしよ。それよりあたし携帯忘れてない?」

妹友「流された・・・。携帯?なかったよ」

妹「見つからないから、もしかしてと思って」

妹友「う~ん、帰る途中に落としたのかな?」


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:54:04.12 ID:+PTxlVNw0 [51/99]
妹友「ま・・・まさかあたしが取ったとでも・・・!?」

妹「行動は疑わしいけど、それだけはないと思ってる」

妹友「嬉しいけど素直に喜べないな・・・」

妹「携帯は落としちゃったか・・・わかった、ありがと」

妹友「捜すの手伝おうか?」

妹「大丈夫、ひとりでできるから。なかったら交番行くし」

妹友「風邪引くなよ」

妹「うん。朝からごめんね。じゃあ」


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:22:15.07 ID:+PTxlVNw0 [52/99]
妹「ちょっと出かけてくるー」

母「温かいかっこした?気をつけてね」

妹「大丈夫だよ」

母「ねえ、お兄ちゃん元気なさそうだったけど・・・何かあった?」

妹「何もないよ。パソコンしてて寝不足なんでしょ、どうせ」

母「そうね、ふふ」

妹「じゃあそんなにかからないと思うから。行ってきます」

母「あ、ついでにこれ買ってきて」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:30:38.51 ID:+PTxlVNw0 [53/99]
妹「携帯落ちてないなー」

妹「どこに落としたんだろう・・・なきゃ困るよ・・・」

妹「おかしいなー見つからない!もういいや」

妹「交番にも行ったし、家に帰ってから携帯に電話してみよう。だれかが拾ってくれたのかもしれないし」

妹「まずは買い物を済ませよう」

妹「・・・・・・」

妹「さっきから視線を感じるんだよね」

妹「なんだか気持ち悪いな・・・」


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:34:46.23 ID:+PTxlVNw0 [54/99]
妹「ただいまー」

母「お帰りなさい。あっ、買い物ありがとう」

妹「あたし携帯落としちゃったんだけど、見つからなかったよー」

母「それは大変」

妹「一応交番にも行ったんだけど、届いてないって」

妹「ちょっと家電から携帯に電話かけてみる」

母「見つかるといいわね」

妹「本当・・・」


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:37:07.52 ID:+PTxlVNw0 [55/99]
妹「・・・なかなか出てくれないな」

妹「・・・やっぱまだ落ちてるのかな?」

妹「そろそろ切ろう・・・」

男「もしもし・・・?」

妹「あっ、もしもし?」

男「さっきこれ拾ったんですけど、持ち主の方ですか?」

妹「そうです・・・拾っていただいてありがとうございます」

男「渡したいので会いませんか?」


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:38:02.52 ID:+PTxlVNw0 [56/99]
妹「え、ええお願いします」

男「じゃあ30分後に駅前でどうでしょう」

妹「わかりました。わざわざありがとうございます」

男「いえいえ。ではまた後で」

妹「あー見つかってよかった!」

妹「拾ってくれたのも親切そうな人だし・・・」

妹「30分後だ!早く行かなきゃ」

妹「おかーさーん!また行ってくるー」


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:38:43.11 ID:+PTxlVNw0 [57/99]
妹「ちょっと早かったかな」

妹「うう・・・寒い・・・」

妹「あ!そういえば・・・」

妹「特徴とか言ってないのに、あたしのことわかるのかな?」

妹「んーでも、それらしい人って見ればわかるか」

妹「声は男だったし」

妹「寒いよー早くこないかな」

男「あの・・・すみません」


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:39:39.13 ID:+PTxlVNw0 [58/99]
妹「あ、携帯・・・」

男「そうです。これ」

妹「あ、ありがとうございます」

男「いえいえ。返せてよかった」

妹「あ、あのお礼とか」

男「いいですよ。拾っただけだし」

妹「本当にありがとうございました」

男「・・・やっぱりかわいいなあ」


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:40:15.63 ID:+PTxlVNw0 [59/99]
妹「え?」

男「いや、なんでも」

妹「じゃ、じゃあお手数おかけしました」

男「あ、はい。では」

――――

妹「・・・なんか、なんかね」

妹「もやもやするっていうか、なんというか・・・。あの顔どっかで・・・」

妹「うーん思い出せない・・・なんだろう」

妹「・・・あ!さっき行ったスーパー・・・」


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:41:06.78 ID:+PTxlVNw0 [60/99]
妹「ただいま」

母「携帯見つかったの?」

妹「う、うん」

母「あら、よかったわね」

妹「よかったんだけど、なんだかね」

母「どうかしたの?」

妹「嫌な感じがするんだよね」

母「きっと気のせいよ」


215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:41:25.99 ID:+PTxlVNw0 [61/99]
俺「妹が帰ってきたな」

俺「ああもう俺どうしたらいいんだ」

俺「顔見たくないって言われたし」

俺「・・・『普通のきょうだい』なんだ」

俺「よくあるんだよ、こういうことは」

俺「時が経てばわかります、だよ。うん」

俺「でもやっぱり・・・なー」


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:42:33.66 ID:+PTxlVNw0 [62/99]
―週明け―

妹「行ってきます」

妹「・・・・・・」

妹「・・・・・・」

妹「・・・なんだか変な感じがする」

妹「何だろう」

妹「もちろん怪しそうなものは何もないし」

妹「気のせいなんだよね」

妹「・・・やっぱり視線を感じる」


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:43:01.70 ID:+PTxlVNw0 [63/99]
妹友「おはよー妹」

妹「わ!びっくりした!おはよ」

妹友「なんでそんなにびっくりするの?」

妹「なんかちょっとね・・・」

妹友「んーらしくないな。そういえば、携帯見つかった?」

妹「うん、見つかった」

妹友「あたしへの疑いが晴れてよかった」

妹「もう、もとから疑ってなん・・・か・・・ないんだよ?」


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:43:27.35 ID:+PTxlVNw0 [64/99]
妹友「あーやっと終わった!帰ろ、妹」

妹「うん」

妹友「それでねーお母さんが・・・どうした、妹?」

妹「え?いやごめん」

妹友「ぼーっとしちゃって。お兄ちゃんのことでも考えてたの?」

妹「違うってば!」

妹友「じゃあ何?」

妹「さっきから・・・視線を感じるの」


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:43:56.03 ID:+PTxlVNw0 [65/99]
妹友「視線?誰もいないよ」

妹「だよね・・・」

妹友「自意識過剰じゃない?」

妹「そうだといいんだけどねー」

妹友「心当たりは?」

妹「うーん、あると言えば・・・」

妹友「気をつけなさいよー」

妹「うん・・・」


223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:52:19.54 ID:+PTxlVNw0 [66/99]
妹「ただいま」

妹「誰も帰ってきてないか・・・」

妹「・・・ひとりなのは心細いな」

ピンポーン♪

妹「誰か来た」

妹「はーい」

「宅急便でーす」

妹「今出ますー」


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:55:18.77 ID:+PTxlVNw0 [67/99]
妹「はーい、お待たせしま・・・」

男「こんにちは」

妹「あの時の・・・」

男「・・・大人しく部屋まで案内してもらおうか?」

妹「ちょ・・・やめ・・・」

男「僕だって傷つけたくないんだよ?」

妹「・・・う」


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 17:59:36.28 ID:+PTxlVNw0 [68/99]
男「それでよし」


男「ここが君の部屋か・・・かわいらしいな」

妹「な、何しにきたんですか」

男「わかってるんだろ?」

妹「・・・・・・」

男「脱げ」

妹「は?」

男「聞こえなかったかな?脱げ」


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 18:11:49.20 ID:+PTxlVNw0 [69/99]
妹「何で・・・そんなこと!」

男「・・・逆らうと怖いよ?」

妹「いやです!絶対に」

男「威勢がいいね・・・そういうの嫌いじゃない」

妹「か、帰ってください!」

男「きみ、自分がどんな状況に置かれてるのかわかってる?」

妹「あたしは・・・」

男「傷つけたくないんだ。言うこと聞こう?」


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 18:24:52.29 ID:+PTxlVNw0 [70/99]
妹「・・・うう」

男「いいこだ。僕はここで見てるから」

妹(お兄ちゃん・・・助けて・・・)

男「あーいいね。その調子だ」

妹(何でこんな時にいないのよ・・・)

男「あ、靴下は脱がなくていい」

妹(ここで男の趣味出ました!)

男「よくできました」


231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 18:26:07.47 ID:+PTxlVNw0 [71/99]
男「僕の膝の上に座って」

妹「え?」

男「聞こえてたよね?座って」

妹「・・・はい」

男「かわいいな。いいこいいこしてやろう」

妹「・・・やめて」

男「嫌だったか・・・しょうがない」

妹「あ・・・ふぁ・・・やめ・・・」


233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 18:35:24.24 ID:+PTxlVNw0 [72/99]
男「好き嫌いをする悪いこはこうだ」

妹「やめ・・・て・・・あっ・・・」

男「こんなに敏感・・・胸が小さいのにエッチなんだ」

妹「・・・う・・・うえ・・・やめて・・・ください」

男「違うんだろ?本当はもっと舐めてほしいんだろ?」

妹「やだ・・・やだ・・・」

男「すごく感じてる顔してるよ?」

妹「ちが・・・」


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 18:39:20.40 ID:+PTxlVNw0 [73/99]
俺「ただいま・・・あ」

俺「靴が一足多いな・・・誰のだ?」

俺「もしかして・・・妹の彼氏?」

俺「この前のお泊りの相手・・・きてるんだ」

俺「そっか・・・とりあえず部屋にいこ」

俺「あー隣の部屋で妹は・・・」

俺「静かだし、きっと・・・」

俺「うああ・・・気になる」


249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:29:19.92 ID:+PTxlVNw0 [75/99]
男「今度は君の番だよ」

妹「・・・ひっく」

男「まずは僕のを脱がせてもらおうかな」

妹「・・・いや」

男「きみは、断ることができない」

妹「・・・やめてください」

男「ほら早く。我慢できないんだよ」

妹「・・・あっ・・・いや」


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:29:55.51 ID:+PTxlVNw0 [76/99]
男「不器用なんだね・・・それもまたいいんだけど」

妹「・・・う・・・ぐす」

男「ボタンも外せないとは・・・ほらこうやって」

妹「・・・や、やめ」

男「小さい手だな」

妹「もう・・・やだ・・・」

男「まだやめさせないよ?楽しみはこれからなんだから」

妹「ひっく・・・ふぇ・・・」


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:30:36.36 ID:+PTxlVNw0 [77/99]
俺「うう・・・どうしようどうしようどうしようどうしよう」

俺「部屋に行きたいけど・・・まずいよな」

俺「『お、お兄ちゃん!?何しに来たのよばか!!』とかなりかねないし」

俺「でもだまっていることもできない・・・」

俺「あー時間だけがむだに過ぎていく・・・どうしたらいいんだ」

俺「迷っていても仕方がない・・・よし、様子を見に行こう」

俺「おかしを持っていけばきっと怪しまれないはず」

俺「『妹がお世話になってます~』ってな感じでいけばいいさ!」


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:31:08.05 ID:+PTxlVNw0 [78/99]
男「これ、初めて?」

妹「・・・・・・」

男「そうなんだ。純粋そうだもんね」

妹「・・・ひっく・・・ぐす」

男「じゃあしゃぶれ」

妹「・・・いや・・・です」

男「しゃぶれよ」

妹「痛ッ・・・」


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:31:36.34 ID:+PTxlVNw0 [79/99]
妹「う・・・うぇ・・・」

男「うん、いい顔してるよ。すごく」

妹「やだ・・・こわい・・・」

男「こわくないよ・・・さあ」

妹(お兄ちゃん・・・あたし汚れちゃう・・・)

男「早くしゃぶってよ」

妹「い・・・いや・・・」

俺「しつれーしまーす」


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:31:54.57 ID:+PTxlVNw0 [80/99]
俺「飲み物とおかし持ってきまし・・・」

男「これはこれは」

妹「お兄ちゃん・・・助けて・・・」

俺「ちょ・・・妹!!」

妹「う・・・うえ・・・ひっく」

俺「俺の妹に何をした!」

男「見てわかるだろう?」

俺「ふざ・・・けるな」


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:32:16.41 ID:+PTxlVNw0 [81/99]
男「はあ・・・一気に覚めた」

俺「何がだよ!妹にひどいことしやがって」

男「邪魔しないでくれよ。いいところだったのに」

俺「お前・・・」

妹「助・・・けて・・・」

俺「妹!今お兄ちゃんが助けてやる!」

男「動くな」


257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:32:35.43 ID:+PTxlVNw0 [82/99]
男「お前が動いたら妹の命は保証しない」

俺「・・・くそぅ」

妹「お兄・・・ちゃん・・・お兄・・・ちゃん」

男「お前はそこに突っ立て見てろ」

俺(俺は妹を危機から救ってやれないのか?)

俺(俺は・・・そんな最低なヤツなのか?)

俺(妹をしあわせにできない兄なんて存在する意味がない・・・ッ!!)

俺「うわあああああああああああああ」


259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:34:51.20 ID:+PTxlVNw0 [83/99]
男「おかしくなったか?」

俺「やめろおおおお!妹に触るなああああ!」

男「近づくな」

俺「やめろって言ってるんだよおおおおお」

男「・・・やるのか?」

俺「どっからでもかかってこいよおおおお」

男「すぐに倒してやるよ」

妹「う・・・ひっく・・・お兄ちゃん・・・」


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:43:30.28 ID:+PTxlVNw0 [84/99]
俺「うらああああ」

男「そんなのが効くか」

俺「よくも・・・よくも俺の妹に・・・!!」

男「たかが妹だろう」

俺「たかが・・・だと?俺の大事な妹なんだよ!!」

妹「おにーちゃん・・・」

男「はあ・・・愛する人を守るために強くなれるってわけか・・・くだらない」

俺「黙れえええええ」


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:47:26.12 ID:+PTxlVNw0 [85/99]
男「お前けんかなんてしたことないんだろ」

俺「いッて・・・」

男「弱いな・・・相手にもならない」

俺「うわ!!・・・ぐぅ・・・」

男「妹の前でかっこ悪いところをまだ見せるのか?」

俺「く・・・ぐは・・・」

男「見苦しい」

俺「まだまだああああ」


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 19:56:49.16 ID:+PTxlVNw0 [86/99]
男「口だけは元気だな」

俺「くそっ・・・」

男「こんなにやられてもまだ立つのか」

俺「ま、まだまだだって言ってるだろ・・・」

妹「もしもし・・・警察ですか?」

妹「あの・・・強姦魔がうちに」

妹「住所は・・・で・・・はい。急いで願いします・・・」


278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:02:06.19 ID:+PTxlVNw0 [87/99]
俺「はー・・・はー・・・」

男「大事な妹すら守れなくて・・・お前はかっこ悪い男だな」

俺「ちくしょう・・・」

男「大人しく諦めろ」

警察1「あーはいはい暴れるな」

警察2「犯人はお前だな」

警察1「17時39分、現行犯逮捕」

警察2「話は署で聞こう」


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:07:17.70 ID:+PTxlVNw0 [88/99]
俺「い、妹・・・」

妹「おにーちゃん・・・こわかったよう」

俺「守ってやれなくてごめんな・・・」

妹「う・・・うわーん」

俺「ごめんな・・・ごめんな・・・」

妹「なんで・・・もっと・・・早くきてくれなかったの・・・」

俺「本当にすまない・・・これ着な・・・」


284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:12:06.06 ID:+PTxlVNw0 [89/99]
警察「なるほど・・・宅急便を装って・・・はい・・・」

妹「う・・・ぐす・・・」

俺「妹の部屋に入ったら・・・男が・・・それで・・・」

警察「・・・わかりました。また詳しい話を後日聞きにきます」

俺「・・・妹に嫌なことを思い出させないようにお願いします」

妹「ひっ・・・ひっく」

警察「はい。ではまた」


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:14:47.09 ID:+PTxlVNw0 [90/99]
俺「妹、もう大丈夫だよ」

妹「おに・・・ちゃん・・・」

俺「ごめんな・・・」

妹「お兄ちゃんの・・・ばかばかばか・・・」

俺「ばかだよな・・・俺・・・本当に」

妹「も・・・やだ・・・全部・・・」


287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:20:54.89 ID:+PTxlVNw0 [91/99]
妹「全部・・・忘れたい・・・あたし・・・生きていけない・・・」

俺「そ、そんなこと言うなよ」

妹「お兄ちゃん助けて・・・」

俺「妹・・・ごめん辛いよな」

妹「・・・抱いて」

俺「・・・え?」

妹「・・・ぎゅってして」


290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:27:09.93 ID:+PTxlVNw0 [92/99]
俺「うん」

妹「お兄ちゃん・・・温かい」

俺「・・・・・・」

妹「お兄ちゃん・・・」

俺「どうした?」

妹「何でもない・・・もう少しこのままでいて・・・」

俺「何もできなくてごめん・・・」


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:32:54.26 ID:+PTxlVNw0 [93/99]
俺「・・・妹?」

妹「すー・・・すー・・・」

俺「寝てる・・・」

俺「このベッドで寝かすのはかわいそうだよな」

俺「俺の部屋に連れて行くか」


294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:38:12.97 ID:+PTxlVNw0 [94/99]
妹「う・・・ん」

俺「起きたか?」

妹「あれ・・・ここお兄ちゃんの部屋・・・?」

俺「さっきあのまま寝てたんだ」

妹「・・・う・・・ひっく・・・ぐす」

俺「思い出しちまったか?」

妹「こわいよ・・・お兄ちゃん」

俺「お兄ちゃんがだきしめてあげるから」


295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:43:26.59 ID:+PTxlVNw0 [95/99]
妹「・・・うわーん」

俺「ごめんな・・・ごめんな・・・」

妹「お兄ちゃん・・・謝って・・・ばっかり」

俺「それ以外何もできなくて・・・ごめん」

妹「また・・・言った・・・」

俺「ご、ごめん」

妹「・・・お兄ちゃんキスして」

俺「おでこ・・・?」


296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:47:15.50 ID:+PTxlVNw0 [96/99]
妹「違う」

俺「じゃあ・・・?」

妹「ほっぺ」

俺「・・・これでいいか?」

妹「お兄ちゃん・・・かっこ悪いけどかっこよかった」

俺「どっちだろう」

妹「お兄ちゃん・・・あたしのこと・・・嫌いになった?」

俺「ならないよ」


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:54:07.32 ID:+PTxlVNw0 [97/99]
妹「無理しなくていいよ」

俺「無理なんかしてない」

妹「だって・・・あたし他の男に・・・」

俺「・・・もうそれは忘れよう」

妹「でも・・・」

俺「今日は何もなかった」

妹「そうだね・・・」

俺「決まりだ」


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:59:14.23 ID:+PTxlVNw0 [98/99]
妹「お兄ちゃん・・・あの・・・」

俺「どうした?」

妹「お願い・・・聞いてくれる?」

俺「何でもきくよ」

妹「・・・忘れてくれる?」

俺「忘れるって・・・さっきのは・・・」

妹「そっちじゃない」

俺「じゃあ・・・?」


300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:00:01.36 ID:+PTxlVNw0 [99/99]
妹「・・・前の」

俺「前のって?」

妹「覚えてないの?」

俺「ご、ごめん」

妹「・・・『普通のきょうだい』でいるってこと」

俺「あ、ああそっちか」

妹「もう一度・・・お兄ちゃんのこと・・・好きなってもいい・・・?」

俺「もちろんだ・・・好きだよ妹」



おわり

本当にいろいろすいませんでした


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。