FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美琴「クリスマスなんて中止になればいいのよ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:33:56.14 ID:h6p4cLu70 [1/40]
―12月24日 とあるコンビニ前―

美琴「…はぁ、私ってばイブになにやってるんだろ。昨日は結局あいつに会えなくて誘えなかったし……」

美琴「いや、でもまだ明日もあるわ!そうよ、明日こそ誘ってあいつと……///」

美琴「でも、どうやって誘おうかしら。電話するのは恥ずかしいし……」

美琴「あーあ、こんな時都合よくあらわれてくれればいいのに」

上条「あれ、ビリビリじゃん。なに一人でぶつぶつ言ってるんだ?」

美琴「あ、あんた!?///」

10 名前:こっちで投下します![sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:38:35.69 ID:h6p4cLu70 [2/40]
上条「何焦ってんですか?てか今日はビリビリって呼んでも怒らないんだな」

美琴「い、いや別に私は焦ってないわよ!!///(てかこんな日に会うなんて、ややややっぱり運命!?しかもコンビニに来てる時点で暇そうだし…)」

上条「ん?なんか顔赤いぞ?」

美琴「大丈夫よ//それより、あ、あんた今日は暇なの?」

上条「いや、上条さんは今日家族と一緒にイブ過ごそうと思ってな。ちょっと飲み物でも買ったらすぐ帰宅しますよ」

美琴「…そうなんだ」シュン

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:41:43.87 ID:h6p4cLu70
美琴「…ちなみに明日は?」

上条「明日も家族と過ごすけど。なんかあんのか?」

美琴「い、いや別になにもないわよ!そ、そうよね。クリスマスは本来家族と過ごすものよね!!」

上条「んま、欧米じゃあそうらしいな。じゃ、俺急いでるから、よいお年を!」

美琴「そ、そう!よいお年を!!(もうあいつ年内会わない気なんだ…)」

美琴「……」

美琴「……しょうがないから明日は黒子とどっか行くかな」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:46:04.38 ID:h6p4cLu70
―12月25日 とあるファミレス―

黒子「まさかお姉さまからクリスマスのデートの誘いを頂けるとは、黒子には夢のようですわ!!あぁ、ついにお姉さまもこの黒子の想いに気づいてくれましたのね!!」」

美琴「別に暇だっただけよ(黒子以外誘う人いなかったし)」

美琴「ところで佐天さんと初春さんは?まさか……」

黒子「ご安心なさいませ。あの二人は学校のご友人と夕方まで遊ぶそうですわ。ですので、今日は夜まで私と二人っきりですのよ」

美琴「あっそ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:50:40.12 ID:h6p4cLu70
ピりりりり

美琴「黒子、電話なってるわよ」

黒子「あら、こんな時になんですの?…もしもし?」

黒子「…えぇ。……え、今ですの!?わたくしお姉さまとクリスマスデートの最中ですのに……」

黒子「……しょうがないですわね。はい、わかりました」ぴっ

美琴「どうしたの?誰から?」

黒子「申し訳ありませんお姉さま。急きょジャッジメントの仕事が入りまして……」

美琴「仕事?なんか事件でもあったの?」

黒子「えぇ、なんだか地下街で能力者が暴れているらしいですの。残念ですが、ちょっと今からそちらに向かわせてもらいますわ」

美琴「まあジャッジメントなら無視するわけにもいかないししょうがないわよ。ほら、さっさと行きなさい」

黒子「かさねがさね申し訳ありませんの。では行ってきます」

美琴「いってらっしゃい」

黒子「夜のパーティまでには帰りますので!」シュン

美琴「…え、パーティ?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:53:47.15 ID:h6p4cLu70
美琴「はぁ、結局一人になっちゃったじゃない」モグモグ

美琴「……てかよーく見たら周りカップルだらけじゃん。とっとと食べて寮帰ろう」

?「ここだぞ、インデックス」

?「やっと着いたんだよ!もうお腹ぺこぺこで死ぬ直前かも!!」

?「はいはい」

美琴「あれ、この声は……あ、あんた!?」

上条「うぉ!って御坂か」

インデックス「あ、短髪!!」

美琴「…は?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:57:29.07 ID:h6p4cLu70
上条「まさか御坂にこんなところで会うとは…」

インデックス「とうま!わたしは別の場所にするほうがいいと思うんだよ!」

上条「いや、ここで約束しちまったし…」

美琴「ちょっと待ちなさいよ!あんた、昨日『クリスマスは家族と過ごす』って言ってたのになんでこの娘といるのよ!?」

上条「はぁ?いや、クリスマスは家族水入らずで過ごすけど?」

美琴「じゃあなんでこの女といるのよ!?」ビリビリ

上条「うわ、店内でビリビリ飛ばすな!!」パシュン

上条「ってか見ての通り家族だろ!?」

美琴「はぁ!?……って」

美琴「……え?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:59:28.21 ID:h6p4cLu70
上条「ん、なにへんな顔してんだ?」

美琴「か、家族と過ごすって、今のあんたの周りのどこに……」

上条「いや、見ての通りでございますけど……」

美琴「……」

上条「……」

美琴「……」

上条「……」

インデックス「わたしととうまは家族なんだよ短髪?」

美琴「……えっ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:03:12.52 ID:h6p4cLu70
上条「なんでそこでびっくりするんだ?」

美琴「え、あんたたち兄妹だったの?」

上条「いやいや、この銀髪碧眼シスターと俺のどこが血繋がってるように見えるんですか?」

美琴「そうよね。……あ、もしかして兄弟の奥さんとか?」

上条「上条さんは一人っ子ですのことよ?」

美琴「じゃあ、なんなのよ!?あんたたちが家族ってどういうことよ!!」

上条「いや、改めて聞かれると……///」

美琴「なっ、なんでそこで顔赤くしてんのよ!?」

インデックス「落ち着くんだよ短髪」

美琴「あんたには関係 インデックス「関係なくないんだよ!!」 」

美琴「っ!?」

インデックス「夫が変な女に絡まれてるのを見過ごすことは出来ないんだよ!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:05:03.40 ID:h6p4cLu70
美琴「……」

上条「……」

インデックス「……」

美琴「……は、ははは!ちょっとあんた達、それはいくらなんでも冗談が過ぎるわよ!」

上条「えっ、冗談じゃなく俺とインデックスは夫婦なんですけど?」

美琴「……」

インデックス「……」

上条「……」

美琴「……えっ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:08:41.37 ID:h6p4cLu70
インデックス「なにを驚いてるの短髪?」

美琴「……ちょろっとあんたそこまで来てくれる?」

上条「え、今?今日は俺達家族でゆっくり過ごしたいんだけど」

美琴「いいから!……すぐ済む話だから」

上条「……インデックス?」

インデックス「いいんだよとうま。短髪がなんか話したいみたいだから行ってきて。でも、なるべくすぐ帰ってきて欲しいかも」ニコニコ

上条「あ、ああ!すぐ帰ってくるからな!///」

美琴(何人前でイチャイチャしてんのよ!!てかこの女、もう自分の夫だと思って余裕かましちゃって……)ビリビリ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:11:55.87 ID:h6p4cLu70
―ファミレス前―

上条「で、話ってのはなんでせうか?……もしかしてまた妹達に事件でも?」

美琴「いや、事件じゃないわよ」

上条「なんだよかった。で、話ってのはなんだ?」

美琴「……あんた、なんで結婚したこと私に言わなかったのよ?」

上条「……えっ、言ってなかったの?」

美琴「そんなのこれっぽっちも聞いてないわよ!!」ビリビリ

上条「ちょっ!!」パシュン

美琴「はぁはぁ……」

上条「頼むから電撃飛ばさないでくれ!言ってなかったのは謝るからさ!!」

美琴「……ごめん」シュン

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:14:30.85 ID:h6p4cLu70
美琴「で、いつの間にというか、いつあの娘と結婚したのかしら?」

上条「それが、俺もよくわからないんだ」

美琴「…よくわからないですって?」

上条「あぁ、記憶を失う前に結婚したみたいだからな」

美琴「へ、へぇ。……ちなみにどうやってあの娘と夫婦だって知ったの?」

上条「そうだな、あれは俺が記憶を失った直後、病院のベッドでの出来事だった……」

……

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:18:02.40 ID:h6p4cLu70
――――

上条「あの、俺達ってひょっとして知り合い?」

インデックス「……とうま、覚えてない?私達、学生寮のベランダで出会ったんだよ?」

上条「はぁ……」

インデックス「とうま、覚えてない?とうまの右手で私の服がビリビリになっちゃったんだよ?」

上条「び、ビリビリ…?」

インデックス「とうま、覚えてない?とうまは魔術師と戦って、わたしの命を救ってくれたんだよ?」

上条「命って、まさか……?」

インデックス「とうま、何も覚えてないの?」

上条「……ごめん」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:22:23.15 ID:h6p4cLu70
インデックス「覚えてないんだ……そ、そっか」

上条「ほんとすみません。(そろそろ演技始めようかな?)」

インデックス「とうま、覚えてない?インデックスは、とうまのことが大好きだったんだよ?」

上条「えっ、だ、だいす……」

インデックス「とうま、覚えてない?そんなインデックスを、とうまはお嫁さんにしてくれたんだよ?」

上条「……はぃ?」

インデックス「とうま。とうまとインデックスは夫婦なんだよ!ず、ずっと一緒にいようねって約束しあって、すべてを捧げあった仲なんだよ!!///」

上条「!?!?ご、ごめんごめん今までの全部演技!!全部覚えてるよインデックス!!///」

インデックス「と、とうまぁ」だきっ

上条「!?!?(で、出会ったばっかの女の子に抱きつかれた!!ここここれはどうすればいいんでせうか!?)」

インデックス「……ふっ」ニヤリ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:25:30.83 ID:h6p4cLu70

――

上条「ってな感じで俺は知ったんだ……」

美琴「……あんた、それは本気で信じてるの?」

上条「いや、信じるもなにも俺には記憶がないわけでして」

美琴「いや、信じるかなんてどうでもいい!!あんたはそれでいいの!?」

上条「え?」

美琴「あんたはあの娘を妻として愛してるかって聞いてるのよ!!」ビリビリ

上条「そ、それは……」

美琴「……」

上条「……」

美琴「……」

上条「……あぁ//」

美琴「っ!?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:30:20.82 ID:h6p4cLu70
上条「あぁ、恥ずかしがってもしょうがない。全部話してやるよ。

そうだ、たしかに初めてインデックスが自分の妻だって知った時は驚いたさ。
どう反応して、どう接すればいいのかもわからなかった。

でもな、今は違うんだ。

記憶を失う前の俺がインデックスをどれくらい愛して、そして結婚を申し出たのかは知らない。
でも。
でもな、そんなの関係ねぇんだよ!!昔の俺がどんな気持ちだったかなんて、今の俺にはどーでもいいことなんだよ!!

そう、今!今この瞬間!!インデックスを愛しているからな!!

今はもう迷いなんてない。インデックスを妻として一生愛する決意は決まってるんだ、御坂。

あいつの笑顔、あいつの華奢な体つき、あいつのワガママ、あいつの頭脳……すべてを俺は愛しているんだよ!!

この思いは、この気持ちだけは誰にも傷つけられたくねぇ!いや、誰も傷つけることなんて出来ない!!させやしない!!

もしそんな奴がいるんなら、そいつを俺はぶっ飛ばす!!!!!」

美琴「!?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:31:01.45 ID:h6p4cLu70
ごめんアニメ見てくる

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:56:41.62 ID:h6p4cLu70
美琴「……はぁ、わかったわよ」

上条「?」

美琴「あんたがあの娘を愛してることも、なにもかも」

上条「御坂……」

美琴「なーにぼーっとしてんのよあんたの奥さんが待ってるし、さっさと店内戻るわよ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:59:07.39 ID:h6p4cLu70
―ファミレス店内―

上条「待たせたなインデックス」

インデックス「ぜんぜん気にしてないんだよとうま!」ニコニコ

上条「いや、せっかくのクリスマスに少しの間でも一人にしちまったんだ。お詫びをしなきゃな」

インデックス「お詫び?」

上条「目潰れ、インデックス」chu♪

インデックス「!?」

美琴「……」イライラ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:02:35.40 ID:h6p4cLu70
インデックス「ちょ、人前では流石に恥ずかしいかも……///」

上条「残念でしたー、もうやっちゃったから!ははは!!」

インデックス「……///」

美琴「……」

上条「イチャイチャ」

インデックス「イチャイチャ」

美琴「……じゃ、じゃあ私はお邪魔みたいだしそろそろどっか行くわね!!」

上条「ああ、んじゃまた来n」

御坂妹「お待たせしましたお父様とお母様、とミサカは家族という新しい繋がりを持つことにいささか緊張しつつ、礼儀正しくお辞儀をします。…あれ、お姉さま?とミサカは意外な人と出会ったことに驚きを隠せません」

美琴「え、あんた?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:06:38.64 ID:h6p4cLu70
上条「おぅ、待ったぞ御坂妹」

インデックス「いらっしゃいなんだよ、くーるびゅーてぃー」

御坂妹「お待たせしてすみません、イヌが一人になるのをさみしがってしまって、とミサカは言い訳くさい言葉を発します」

美琴「ちょっと、あんたなんでこいつらと待ち合わせしてたみたいな雰囲気なのよ!?」

御坂妹「いえ、お姉様のおっしゃる通り待ち合わせをしていたのですが?とミサカはお姉様が驚いてることに逆に驚きます」

美琴「…は?だってこいつら今日は家族水入らずで過ごすって……」

上条「あぁ、これは本当にまだ言って無かったな」

美琴「?」

上条「実は俺とインデックスの夫婦で、御坂妹を養子として迎え入れることに決めてな」

美琴「」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:11:56.79 ID:h6p4cLu70
美琴「……は?」

上条「いや、だって御坂妹って家族もいないし可哀そうだろ?ちょうど俺達子供欲しいと思ってたし、両者の思惑が合致するかなって」

インデックス「私とくーるびゅーてぃーは仲いいからね!」

美琴「……」

御坂妹「お姉様にはまだ言っていなかったのは申し訳ないと思います、とミサカは形式上のお詫びだけを済ませておきます」

上条「まぁまぁ、娘よ!お父さんの横に座りなさい!」だきっ

御坂妹「失礼しますお父様、とミサカは不本意な形ではあるもののあこがれの殿方の家族となれたことに喜びを隠せません///」

インデックス「ところでくーるびゅーてぃーの名前はどうするのとうま?」

上条「うーん、上条妹だと違うことになるし……上条ミサカ?」

ミサカ「私もなんとなく上条ミサカがいいです、と絶句してるお姉様を横目で見下しながら答えます」

美琴「」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:15:47.53 ID:h6p4cLu70
美琴「……ちょっと待ちなさいよ」

上条「あれ、まだいたのか御坂?」

美琴「うっさい!ってか勝手に人の妹養子に入れてるんじゃないわよ!!」

上条「いや、勝手にって言われてもお前ら実際家族として暮らしてないだろ?」

ミサカ「その通りです。確かにお姉様とはDNA上の繋がりがありますが、家族とは言えません。ましてや保護者などとはお姉様もおっしゃらないですよね?とミサカはお姉様を論破します」

上条「あ、一応今のところ保護者っぽいカエル医者には許可取ったからな?」

インデックス「というわけで、みさかととうまと私で家族水入らずの時間を過ごすから、短髪にはとっとと帰ってほしいかも!」

美琴「」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:20:17.48 ID:h6p4cLu70
美琴「……いや、まだ話は終わってないわよ!!」

上条「あん?」

美琴「あんた貧乏学生でしょ!?そんなんで2人も養えるんでしょうね!?」

上条「あぁ、その点については問題ないぞ。一方通行を倒してから、学園都市から奨学金もらえるようになってな。今では実は結構余裕ある生活をしてるんですよ」

美琴「」

インデックス「絶句してる短髪は置いといて、そろそろどっか行きたいかも!」

ミサカ「ミサカは見たい映画があるのですが、とミサカは行き先を提案します」

上条「んじゃ映画にでも行きますか。じゃあビリビリはまた来年なー」

インデックス「じゃあとっとと行くんだよ!…じゃあね短髪w」

ミサカ「ではお姉様失礼します、と勝ち組の余裕を携えつつ両親についていきます」ニヤニヤ

美琴「」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:22:15.73 ID:h6p4cLu70
――

美琴「」

美琴「……」

美琴「……なんなのよ」

美琴「最悪、最悪すぎるでしょ……」

美琴「……もう無理、寮に帰って寝よう」とぼとぼ

……



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:25:49.67 ID:h6p4cLu70
―とある路上―

美琴「…はぁ」てくてく

美琴「どこ歩いても周りはカップルばっかり……」

美琴「…・…あー、イライラするわね!」



一方通行「…あァ、あれは」

打ち止め「あ、お姉様!ってミサカはミサカは飛びついてみる!!」だきっ

美琴「あ、打ち止めじゃない。……と、一方通行!?」

一方通行「はァ、なンでこンな日に超電磁砲と会うンだか……」

美琴「なにあからさまにめんどくさそうな態度取ってるのよ!?ってかなんであんたたち二人で!!」

打ち止め「だってこの人とミサカは恋人みたいなものだもん!ってミサカはミサカは照れながらも大胆発言をしてみたり!!///」

美琴「……恋人?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 02:30:28.33 ID:h6p4cLu70
一方通行「ァあ?なにふざけたこと抜かしてンですかァ!?なンで俺がこのガキと!!//」

美琴「……セロリ」

一方通行「うッせェ!!」

打ち止め「まあ恋人ってのはまだかもしれないけど…///でもでも、家族に近い存在なのは間違いない、ってミサカはミサカは譲歩してみたり!!」

一方通行「はァ、もう反論する気も起きねェよ」

美琴「なんでこいつらまでリア充なのよ……」

一方通行「あァ、なんか言ったかァ?」

美琴「なんでもないわよ!!」

打ち止め「ところでお姉様はなんでクリスマスに一人ぼっちなの?ってミサカはミサカは素朴な疑問をぶつけてみる!」

美琴「」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:39:02.22 ID:h6p4cLu70
美琴「そ、それは……」

一方通行「ン?もしかして、クリスマスなのに恋人はおろか友達にも相手にしてもらえないッてオチですかァ?ww」

美琴「」

一方通行「クケカキクケカココ!こりゃァ傑作だなァ!!超電磁砲は俺と違ってちゃんと普通に学校行ってンのに、にも関わらずみンな恐れて周りに近づかいてこないのかァ!!いーねいーね、最高だねェ!!
       結局バケモノはどォあがいてもバケモノっていうことですかァ!!w」

打ち止め「やめなよお姉様が可哀そうだよwってミサカはミサカは最低限気を使ってみたりw」

美琴「……うっせぇーーーー!!!!!!!」ビリビリ

一方通行「反射ァ!!」ピューン

美琴「ぐはぁ!!」バリバリ!!

打ち止め「お姉様じゃこの人にはかなわないよ、ってミサカはミサカは忠告してみる!!それとあなたもやりすぎーって、ミサカはミサカはあなたをしかってみたり!!」

一方通行「はィはィ、でもあんな電撃食らうわけにはいかねェンだよ。特に今日はな……」

打ち止め「///」

美琴「」

一方通行「んじゃ、可哀そうな超電磁砲なんかほッといてさっさといくぞォ」

打ち止め「はーいってミサカはミサカはあなたの腕に抱きついてみる!!」だきっ

美琴「」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:43:19.63 ID:h6p4cLu70
「なにあの子?さっき能力で電撃放ってたけど…」

「いいよほっとこうぜ、どうせ非リアの嫉妬だろw」

美琴「」

「なんだか可哀そうなオーラを放ってるぜよ。まあ、俺は上やんと違ってこんな日にまでトラブルに巻き込まれるつもりはないけどにゃー」

「あれは御坂?…まあいいか!早くいくぞ兄貴!!」

美琴「」

「なんだか可哀そうな生徒がいるのですー」

「一人にしてやるのも優しさじゃんよ。ま、私らも人の事言えないけど」

美琴「」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:48:41.68 ID:h6p4cLu70
美琴「…なによ」

美琴「……なんなのよ」

美琴「一人でいるのが悪いっての?」

美琴「いいじゃない!一人でいるくらいいいじゃない!!」ビリビリ

美琴「どいつもこいつもイチャイチャしやがって!ここはあんたたちだけの町じゃないのよ!!今日はあんたたちだけの日じゃないのよ!!」

美琴「クリスマスですって!?そんなの知らないっつーの!!」

美琴「そうよ、そうよね!あんたたちは悪くないわよね!!あんたたちだって『クリスマス=恋人とイチャイチャする日』『孤独でいちゃいけない日』って教えられた可哀そうな被害者だものね!!」

美琴「……はは、ははははははははははは!!!」

美琴「そうよ、悪いのは!!悪いのは全部!!!!」

美琴「クリスマスなのよ!!このクリスマスの街のイルミネーション!店のデコレーション!テレビの雰囲気!!」

美琴「悪いのは全部クリスマス!!」ビリビリ

美琴「そーんな悪いクリスマスなんて……」ビリビリ

美琴「クリスマスなんて中止になればいいのよ!!」バリバリバリバリバリバリィィィィィィイイイイイ!!!!

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:54:07.04 ID:h6p4cLu70
―とある映画館―

びゅいーん!!

上条「ん?停電?」

インデックス「あー!せっかくいい所だったのに最悪なんだよ!!」

上条「学園都市で停電なんて珍しいな。俺の記憶だと、なんらかの事件の時以外は……」

ミサカ「どうやら……」

上条「ん?なにかわかるのか?」

ミサカ「MNWの情報だと街中で誰かが暴れているようです、とミサカは報告します」

上条「暴走能力者か?こんな日にけったいな野郎だな」

ミサカ「いえ、どうやらこんな日だから暴れているようです、とミサカはたまたま近くに居合わせた妹達からの情報を報告します」

上条「クリスマスだから?」

インデックス「もしかしたら、異教徒が十字教の記念日を祝うことに反発してるのかも?」

ミサカ「詳細はわかりませんが、どうやらクリスマスを中止に追い込もうとして能力を発動しているようです、とミサカはせっかくの記念日をつぶされたことに落ち込みつつ報告を続けます」

インデックス「私も残念なんだよ。せっかく夫婦になって初めてのクリスマスなのに……」

上条「インデックス、ミサカ……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:58:50.65 ID:h6p4cLu70
ミサカ「あ、続報です。どうやら加害者は『リア充爆ぜろ!!』と絶叫しながら電撃を放っているようです、とミサカはお姉様の事を思い出しながら報告します。ちなみにミサカ達の仕業ではないことだけは言っておきます」

インデックス「ま、まさか短髪じゃあないよね(調子に乗ってバカにしすぎたかも……)」

上条「……ははっ」

ミサイン「?」

上条「いいぜ、どこの誰だか知らないが、加害者のやろー」

上条「せっかく人様が年に一度のイベントを楽しんでるっていうのに、それをてめぇの都合だけで潰そうってんなら……」

上条「…まずはてめぇのその歪んだ性格(幻想)をぶち殺す!!」たったったっ


インデックス「あ、とうま!!……わたしたちもいくんだよ!!」

ミサカ「はいお母様、とミサカはお姉様が加害者であったら面白いなぁと思いつつ走ってお父様を追いかけます」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:04:02.05 ID:h6p4cLu70
打ち止め「あぁーせっかくのきれいなイルミネーションが台無しだよーってミサカはミサカは落胆してみたり……」

一方通行「ッっていうか、地下街全部真っ暗じゃねェかァ……」

打ち止め「うぅぅ残念ってミサカはミサカは……」

一方通行「……はァ」

打ち止め「……ちなみにMNWによるとこの停電は電気系能力者の(ry」

一方通行「能力者かァ……どォやら俺の出番だなァ」

打ち止め「…え?」

一方通行「止めンなガキィ、俺はそいつをちょっくらぶっ潰してくンよォ」

一方通行「せっかくのガキと初めてのクリスマスをよォ……」

打ち止め「あ!待って!私も一緒に行くって、ミサカはミサカは再びだき付いてみる!!」

一方通行「……振り落とされンなよォ!!」ビューン!!

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:07:14.99 ID:h6p4cLu70
―とある路上―

上条「くそ、どこだ暴走能力者!!」

どかーん

上条「あっちか!!」

インデックス「ちょ、待つんだよとうま!!」

ミサカ「電気系能力者が暴れているならお母様はミサカが守らなければいけませんね、とミサカは決意します。……というかこの電磁波の波長は……」


どかーん!!

一方通行「あっちかァ!!」びゅーん

打ち止め「あれ、この電磁波はってミサカはミサカは(ry

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:11:16.54 ID:h6p4cLu70
美琴「あぁ!路上に巨大クリスマスツリーなんて邪魔なのよ!」ビリビリィ

どかーん!

美琴「ツリーに群がるあんたたちも邪魔よ!!たかが木のどこがありがたいっつーのよ!!」バリバリバリ

通行人「うわぁぁぁぁぁあああ!!」

青ピ「僕はリア充じゃありまへんでぇ!!ただサンタコスの店員を見に来てるだけですのに!!」

美琴「リア充は爆ぜろ!!クリスマスはもう終わりよ!!消灯時間よ!!!」バリバリバリ!!

上条「待てこの糞野郎!!」

一方通行「お遊びは終わりだぜェ腐れ非リアァァァァァ!!」

美琴「うっせぇ!……ってあんたたち!?」

上条「あぁ御坂!?」

一方通行「超電磁砲!?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:17:12.16 ID:h6p4cLu70
美琴「な、なんであんたたちがここに!?(ちょっと!こんな怪物達相手じゃクリスマス中止に追い込めないじゃない!!)」

上条「いや、俺達が見てた映画館が停電してな」

一方通行「俺は地下街を真っ暗にされちまってきれてンだよ」

上条「はっ!まさか御坂もクリスマスを潰そうと暴れてる陰険野郎を潰すために!?」

美琴「い、いやそれは……」

一方通行「どォやら犯人も電気系の能力者らしいンだが、超電磁砲の能力でどこにいるかわかンねェか?」

美琴「う、うーん私はそういう場所を特定する能力じゃないから……(とりあえずこいつらをどっかに行かせるしかない!!)」

上条「くそ、一体犯人はどこにいるんだ!!どう見てもここが被害の中心っぽいのに!!」

一方通行「敵が来たとたん逃げるたァ、ホントに糞みてェなやろォだな」

美琴「……」

青ピ「あ、上やんやないか!!なにしとんねん!!」

上条「青髪ピアス!!お前、犯人がどこいったか知らないか!?」

青ピ「何いうとんのや!?目の前におるやないか!!」

上条「?」

青ピ「その娘が犯人やで!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:24:40.11 ID:h6p4cLu70
上条「は?いや、俺の目の前には御坂しか…」

一方通行「こンな大規模な停電や破壊の被害をもたらすような電気系能力者ねェ……」

美琴(くそ、一方通行は気づいてる!!でも、こいつは……)

上条「ああ!青ピ、もっとわかりやすく言ってくれ!!」

青ピ「だからぁ!その茶髪の娘が犯人やて!!」

■■「その、制服の女の子が、犯人」

上条「通行人の方!制服って言っても学園都市じゃあ制服の女の子なんてたくさんいるんですが!?」

木原「その常盤台のガキが犯人だっつってんだよぉぉぉぉぉぉおおお!!!!」

一方通行「木ィィィィィィィ原ァァァァクゥゥゥゥゥゥゥぅン!?」

上条「常盤台!?ってか一方通行こえぇよ!!」

土御門「にぶいにゃー上やん、だから超電磁砲が犯人ぜよ」

上条「れ、超電磁砲?って……」

美琴「」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:26:56.21 ID:h6p4cLu70
上条「……」

美琴「」

一方通行「……」

美琴「」

上条「……」

美琴「」

一方通行「……」

美琴「」

上条一方通行「おい(おィ)」

美琴「……ぅぅう」シクシク

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:29:36.42 ID:h6p4cLu70 [40/40]
上条「!?」

一方通行「!?」

美琴「ご、ごべんだざい゛ぃぃぃぃ……」

上条「い、いやまあ……」

一方通行「なンつゥか……」

美琴「ぐやじがっだんでず……」

上条「……(うわぁ気まずい……)」

一方通行「……(ジャッジメントかアンチスキル早くこいよォ……)」

美琴「……」

上条「……」

一方通行「……」

シュン!!

黒子「ジャッジメントですの!!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:34:16.14 ID:h6p4cLu70
美琴「ぐ、黒子?」

上条「白井!?」

黒子「ここいらで暴走能力者が暴れていると通報を受けて駆けつけましたの!!……ってお姉様!!それに、類人猿までぇ!?!?」

上条「いや、まぁ……」

美琴「はぃ?」

黒子「お姉様!?まさかせっかく黒子をデートに誘ってくれたと思ったら、別れた途端類人猿と二人っきりなんて……!!」

美琴「い、いやこれはその~……」

上条「あの、白井さん勘違いしてませんか?上条さんと御坂は偶然ここで会っただけなのですが(偶然じゃないけど……)」

黒子「では、類人猿はここでなにをしてますの!?」

上条「いや、暴走能力者が暴れてるって聞いて、それを止めようとですね……」

黒子「……では、お姉様とはなんでもないとおっしゃるのでして?」

上条「当たり前だろ!上条さんにはもう奥さんと娘がいるんですよ!!」

インデックス「///」

ミサカ「///」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:37:48.25 ID:h6p4cLu70
黒子「はぁ、それを聞いて安心しましたわ!お姉様!!」だきっ

美琴「く、黒子?」

黒子「この黒子は安心しましたの!!そうですわよね、お姉様に、クリスマスを一緒に過ごす殿方なぞおられるはずがございませんわよね!!」

美琴「……ま、まぁ」

黒子「お姉様に、この黒子以外にクリスマスを一緒に過ごすご友人などおられるはずがございませんのよね!!」

美琴「」

黒子「まあお姉様のことですの!きっと暴走能力者の騒ぎを聞きつけて、そいつを止めるために駆けつけたってところでしょうけど」

上条「い、いや白井さん?」

黒子「お姉さまは一般人!ここは手出し無用ですの!!」

美琴「……」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:42:43.36 ID:h6p4cLu70
黒子「それにしても、クリスマスに騒ぎを起こすなど、犯人はどういった糞野郎なのでしょう」

美琴「」

黒子「まぁさしずめ彼女・彼氏がいなくて周りに嫉妬してるモテないキモメン野郎か」

美琴「」

黒子「恋人どころか友達すらいない可哀そうな糞野郎なのでしょうが……」

美琴「」

黒子「それにしても、だからって人の幸せを踏みにじり、ぶち壊そうとは、たいした糞野郎ですの!」

美琴「」

黒子「いったいどれほど性格がひん曲がってるのでしょうねぇ……そんなんだから恋人も友達も出来ないんですの」

美琴「」

黒子「……お姉様?なにか顔色が優れない御様子ですが」

青ピ「ジャッジメントの可愛いロリロリババァ声の天使ちゃぁぁぁん!その目の前のお姉様が犯人やで!!」

美琴「」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:46:43.28 ID:h6p4cLu70
黒子「……はぁ?お姉様が犯人?」

美琴「」

黒子「ま、まさか……お名前はたしか上条さんでした?あなた、犯人を知りませんの?」

上条「い、いやあそこの青髪ピアスの言うとおり、御坂が……」

黒子「……そこの白モヤシの殿方?」

一方通行「白モヤシじゃねェ。あァ、超電磁砲が犯人で間違いねェよォだ」

黒子「……」

美琴「」

黒子「……」

美琴「」

黒子「……は、ははは!!お二方とも御冗談が過ぎますのよ!!」

上条「いや、そのですね……」

一方通行「めンどくせェ……」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:50:46.31 ID:h6p4cLu70
黒子「ははは!!で、では私は真犯人を捜しに参りますの!!」

上条(逃げる気だ……)

一方通行(逃げンのかよォ……)

黒子「で、ではお姉様!!黒子は仕事に行ってまいりますので、また夜のパーティーで!!」

美琴「……ちょっと待って黒子」

黒子「お、お姉様?」

美琴「昼間も言ってたけど、夜のパーティーのこと?」

黒子「あらお姉様、佐天さんからのメール読みませんでしたの?」

美琴「メール?」

黒子「こちらですの」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:52:36.93 ID:h6p4cLu70

――

from:佐天涙子

sub:クリスマスパーティー!!

本文:

こんばんわ白井さん!!

突然ですがクリスマス(12月25日)の夜って暇ですか?

よかったらいつものメンバーと固法先輩の4人で夜からクリスマスパーティーをしませんか?

私と初春は夕方まで中学校の友達と遊ぶので、そのあとでよかったら是非☆


――

黒子「これですの」

美琴「……」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:55:02.56 ID:h6p4cLu70
黒子「お姉様はメールご覧にならなくて?」

美琴「メールって……ちょっと待って」 (←携帯確認中)

黒子「……」

美琴「……ぃ」

黒子「?」

美琴「……そんなメール来てないわよ」

黒子「……はぃ?」

上条(あーあ、やっちまったな……)

一方通行(wow...)

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 03:58:25.56 ID:h6p4cLu70
美琴「……」

黒子「は、ははは!佐天さんったら!きっとお姉様にメールをし忘れたに違いないですの!まったく、あの使えない無能力者ったら……」

美琴「……黒子」

黒子「はいぃぃいいいい!?」

美琴「……メールの『いつものメンバー』って誰?」

黒子「え?それは私と佐天さんと初春とお姉様じゃあ……」

美琴「じゃあ、なんで『いつものメンバーと固法先輩』を合わせたら4人になるのかしら?」

黒子「!?!?」

上条(これは流石の上条さんも息が止まりそうですよ……)

一方通行(帰っていいのかなァ……)

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:02:55.62 ID:h6p4cLu70
黒子(こ、これはまさか……)

美琴「」

黒子(たしかにお姉様だけ一つ年上ですので、私と佐天さんと初春の3人で遊ぶことはよくありますの。むしろ、お姉様を含めて遊ぶことは正直稀ですの……)

美琴「」

黒子(それにおそらく、お姉様入れて4人で遊ぶより、固法先輩を入れて4人で遊ぶことの方が多い……お姉様には内緒ですけれど)

美琴「」

黒子「……」

美琴「」

黒子「……え、えぇっと」

美琴「」

黒子「……!!そうですわ、私仕事があるのでしたわ!でででではお姉様!!また夜に、いやもしかしたら今日は寮に帰らないかもしれませんのでまた明日に!!」シュン

美琴「」

上条(あ、逃げた)

一方通行(よりによってテレポーターかよォ)

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:05:45.82 ID:h6p4cLu70
美琴「」

インデックス(とーま、さすがにこれは短髪が可哀そうかも!!)

上条(いや、そう言われましても……)

打ち止め(ねえあなた!お姉様をどうにか励ましてあげて、ってミサカはミサカはお願いしてみたり!!)

一方通行(いやァ、そりゃ俺も出来れば励ましてやりてェけどよォ……)

美琴「」

上条(……おい、一方通行!!)

一方通行(なンですかァ三下ァ?)

上条(ここは…お前の力しかないっ!!)

一方通行(はァ!?!?!?)


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:09:56.60 ID:h6p4cLu70
一方通行(ふざけンじゃねェぞ!!俺の力は人を殺すだけしか能がねェんだよ!!)

上条(いや、お前のアレなら……)

美琴「」

インデックス(わたしからも頼むんだよあくせられーた!!)

ミサカ(私からもお願いします、とミサカはお姉様を救える唯一の方に頭を下げます)

一方通行(あァ!!なんで俺が超電磁砲のためにアレをしなきゃいけないンですかァ!?)

打ち止め(あなたしかいないの!!ってミサカもミサカもお願いしてみる!!)

一方通行(打ち止めァ……)

打ち止め(ミサカ達に……命を与えてくれたお姉様を救ってあげて、ってミサカはミサカは……)

一方通行「……」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:12:18.05 ID:h6p4cLu70
美琴「」

一方通行「……」

上条「……頼む」

インデックス「……お願いなんだよ」

ミサカ「……お願いします」

打ち止め「……お願い、ってミサカはミサカはダメ押しの涙目上目使いをしてみたり……」

一方通行「……ッたく、しゃァねェなァ」

美琴「」

一方通行「……おィ、超電磁砲」

美琴「……なによ?」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:16:09.71 ID:h6p4cLu70
美琴「……」

一方通行「……」

美琴「……笑いなさいよ」

一方通行「……」

美琴「笑いなさいよ!!このみじめな私を!!」

一方通行「……」

美琴「周りの、あ、あんたたちも!!」

上条「……」

美琴「この、孤独で空回りして、中途半端な力しか持たないこの私を!!バカにして笑いなさいよ!!」

一方通行「……もォいい、黙れ」

美琴「はぁ!?」ビリビリ

一方通行「……もォ、終わったンだよ」

美琴「?」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:24:05.21 ID:h6p4cLu70
一方通行「ソォ ディスイズ クリスマァス」

美琴「!?」

一方通行「アンワッハブユゥダァァァン」

上条「アナザーヤーズオバー」

打ち止め「あーにゅーわんじゃすびぎゃん!」

インデックス「And so This is Christmas!!」

一方通行「アイホーピューハブファン!!」

青ピ土御門「ザにゃーアンザでぁーワンズ!!」

木原「ザオルダン アンザヤング!!」

美琴「!?!?」


一同「アベリーメリークリスマース!!
    アンダ ハッピーニューヤー!!
    レッツホープ イッツァ グッドワン!!」

美琴「……without any fear!!」

 


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:27:22.29 ID:h6p4cLu70
美琴「war is over!!(戦争は終わる!!)」

一同「if you want it!!(もし君が望むなら!!)」

美琴「war is over!!(戦争は終わった!!)」

一同「あーあーあーあー!!!!」


もし、君が望むなら、戦争は終わるはずさ。
リア充達が謳い――

――一方通行は黒い翼を生やし

――そして一方通行は空へ旅立った。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/25(土) 04:30:50.71 ID:h6p4cLu70


一方通行が消えた空から降ってきたもの――

それは漆黒の翼の色とは異なり、まるで彼の肌のような、彼の髪のような――

白い粉だった……


美琴「war is over!!(戦争は終わった!!)」

一同「if you want it!!(君が望んだから!!)」


一方通行が降らせた雪を体に浴びながら、すべての人々が平和を謳った――


美琴&一同「非リアたちに!!Merry Christmas!!!!」



―完―

コメント

ワロタwwwww

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。