FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後輩女「大好きですっ!! 先輩っ!!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:11:26.80 ID:cMOQpAr70
――――あれから――――


後輩女「……先輩、き、着替えてきました……」

男「ひゃっほおおおぉぉぉ!!! メイドさん最っ高ーーーっ!!!」

後輩女「うぅ……。なんかこのメイド服、露出多くないですか?」

後輩女「スカートも短いし……、恥ずかしいですよぅ……」

男「そういうのを選んだからな」

【2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:18:14.53 ID:cMOQpAr70
後輩女「こんな罰ゲーム、ひどいですよぅ……」

男「フィーバーなら絶対負けないって言ったじゃん」

後輩女「だからってこんなの……」

男「負けは負け。潔く諦めなって」

後輩女「…………はい」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:23:19.14 ID:cMOQpAr70
男「……しかし、いいね。二次元と三次元の融合っ! って感じで」

男「理想を具現化したというか、ね。最高の彼女を自分好みにするのは……」

男「なんという男のロマンっっっ!!!」

後輩女「……あぅ。そんな……最高の彼女だなんて……。えへへ……」

男「ふひひ。……さて、それじゃあそろそろ出かけようか」

後輩女「うっ……。ホ、ホントに行くんですか? 本気ですか?」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:28:25.48 ID:cMOQpAr70
男「負けたら何でもするんだったよね?」

後輩女「……。先輩のイジワル……」

男「今、後輩女ちゃんはメイドさんなんだから『ご主人様』って呼ばないとね」

後輩女「…………はい。……ご、ご主人様」

男「うっはーーっっ!! 真っ赤に照れながら上目遣いとかっ! 萌え死ぬねっ!」

後輩女「うぅ……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:45:22.80 ID:cMOQpAr70
男「さて、行こうか」

後輩女「…………」

男「へ、ん、じ、は?」

後輩女「はい。……ご主人様」

男「とりあえず、ソフマップかな」

後輩女「あうぅぅ…………」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:52:41.96 ID:cMOQpAr70
男「……あれ? どうしたのかなぁ、後輩女ちゃん?」

後輩女「……きょ、今日の駅前、なんか人多くありませんかっ?」

男「そう?」

後輩女「そうですっ!」

男「……だから?」

後輩女「…………。きっと、秋葉原も込んでるだろうから、行くの止めにしません?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 22:59:30.65 ID:cMOQpAr70
男「…………」

後輩女「…………」

男「……」カチリ

ヴィーヴィーヴィー

後輩女「……っっ!!!」ピクピクッ


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 23:07:02.04 ID:cMOQpAr70
男「行かないの? なんでもするんじゃなかった?」カチカチ

ヴィッヴィッヴィッヴィッ

後輩女「~~~~っっっ!!!」ビクビクッ

男「行くよね?」

後輩女「っは、はい! 行きます! ちゃんと行きますっ!」

後輩女「だ、だからコレっ! 止めてくださいっ! 先輩っ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 23:15:07.79 ID:cMOQpAr70
男「ん~? 俺のことはなんて呼ぶんだっけ?」カチカチ

ヴィヴィヴィヴィヴィヴィ

後輩女「あ、ご、ご、ご主人様っ! おねがいしますっ! ご主人様っ!」

男「うん」カチリ

後輩女「…………ふっ、うぅ……」

男「どう? 顔真っ赤にして。気持ちよかった?」

後輩女「……っ! バレたらどうしようかと思いましたよっ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 23:34:12.28 ID:cMOQpAr70
てす

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 23:39:31.99 ID:cMOQpAr70
男「またまた~。ちゃんと言われたとおり着けてきたんだから、期待してたんでしょ?」

後輩女「そんなことないですっ! てっきり、脅し程度で、実際にスイッチ入れるとは思ってもいなかったですよっ!」

男「ふーん……」

後輩女「…………」

男「まぁ、いいや。行くよ?」

後輩女「……はい」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 23:46:26.63 ID:cMOQpAr70
男(やっぱり、フィギュアは良いよね……)

後輩女「…………」

男(さて、予算には限りがある。どれを選ぶかが重要なわけだが……)

後輩女(真剣な横顔はかっこいいのに……)

男(コレにするか……。いや、たしか再来月にグッスマからでるんだから、そっちにするか……)

後輩女「……なんで、フィギュアにばっかり……」

男「…………」ブツブツ

後輩女「…………はぁ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 23:54:38.38 ID:cMOQpAr70
DQN1「おっ! カワイイメイドさんみーっけ」

DQN2「コスプレ? ってかかなりカワイイじゃん?」

DQN1「ねぇ、そこのメイドさん。俺たちのメイドにならない?」

後輩女「……へ? えっ……?」

DQN1「カワイイね~。ツインテも似合ってるし、超俺好み」

DQN2「ね。こんなとこより、もっと楽しいトコ行こうよ」

後輩女「いえ、彼氏と来てるますので、お断りさせていただきます」

DQN2「えー、いいじゃん。こんなトコに彼女立たせてるヤツなんか放っとけよ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:03:01.79 ID:lVX77Uth0
後輩女「イヤです」

DQN1「なんで? 俺らならもっと大切に扱うよ?」

男「…………」

後輩女「あ、先輩っ!」

DQN2「てめえが彼氏か? んっだよ、こんな冴えないオタ野郎のどこがいいんだよ……」

DQN1「この娘、俺らが連れてくけどいいよな?」

男「……イヤ、それはちょっと……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:12:19.88 ID:lVX77Uth0
DQN2「え? なに? 聞こえない」

DQN1「はいどうぞっつったんだよな? あ?」

男「お、お引取り下し、さい……」

DQN2「お? 殴られたいん? いいよな?」

男「や、止めろって言ってるだろおおぉぉおおっっ!!!」

後輩女「先輩……」

DQN2「そっか。殴られてみたいんだね。どMだなぁ」ドコッ

男「ぐふっ……」フラフラ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:16:41.17 ID:lVX77Uth0
店員「ちょっと、店の中で暴れないでくださいっ!」

後輩女「……っ!」

DQN2「……ちっ!」

男「……店の中で大声出せば、店員が来るに決まってるだろうが……」

店員「申し訳ございませんが、他のお客様のご迷惑になりますので出て行っていただけないでしょうか?」

DQN2「てめぇ……。店の外で待ってっかんな。覚悟しておけよ……」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:23:55.86 ID:lVX77Uth0

男(痛ってええぇぇぇえ!! っていうか、何でこんなトコにDQNがいるんだよおおぉぉ!!)

男「…………。……ちょっと待ってください」

DQN2「あ? なんだてめぇ、ここでヤるか?」

男「いえ、そっちの人……」

DQN1「あ? 俺か?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:32:40.34 ID:lVX77Uth0
男「……ともだちに、なりたいんだ」

DQN1「……っ! 俺はDQN1だ」

男「男……です……」

DQN1「お、と、こ……」

男「……うん」

DQN1「おと、こ……」

男「うん、うんっ……」

DQN1「男っ!」

男「DQN1っ!」

DQN2、後輩女、店員「「「え? なにコレ……」」」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:41:34.15 ID:lVX77Uth0
男「いや、フィギュア売り場にDQNがいるなんておかしいと思ってね?」

男「で、DQN1がカバンにレイジングハートのメタルチャームつけてたから、オタだなと思って」

男「で、何とかしてDQN2のヤル気を挫こうと思って……」

後輩女「……そうだったんですか……」

男「おかげでなんとかなったでしょ?」

後輩女「あのときは、いきなり何を言い出したのかと……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:48:16.21 ID:lVX77Uth0
男「まぁ、俺の作戦勝ちってことで……」

後輩女「…………。殴られたところ、大丈夫ですか?」

男「あぁ……、まあ……、痛いのは慣れてるし……」

後輩女「すいません、先輩。わたしのせいで……」

男「いや、メイドさんに絡んだっぽいから、むしろメイド服着せた俺のせいだと思うよ?」

後輩女「でも…………」

男「さてフィギュアも買ったし、カワイイ後輩女ちゃんがまた絡まれる前に帰りますかっ」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 00:56:13.84 ID:lVX77Uth0
男「ふっふふ~ん」カチリッ

ヴィーヴィーヴィー

後輩女「……っ! 先輩っ、どうしてっ!」ピクピクッ

男「いやー。いつのまにか呼び方が戻ってるし?」

後輩女「っ! や、止めてください。ご主人様っ!」ピクピクッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:04:16.97 ID:lVX77Uth0
男「やだ」カチカチ

ヴィンヴィンヴィンヴィン

後輩女「……っ! 何で強くっ!」ビクンッ!

男「あと50メートル位だし、家に着いたら止めてあげるから」

後輩女「そん、なっ! ……っふ」ビクンビクン

男「人通り少ないからいいでしょ?」

後輩女「だ、ダメですよっ! ……んっ……。止めてくださいって!」ビクッビクッ


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:12:22.15 ID:lVX77Uth0
男「や、だ」カチカチ

ヴィヴィッヴィヴィヴィ

後輩女「……っっ!!」ビクビクン!

男「感じてる顔、カワイイ……。」

後輩女「ホント、ダ、メ、……んっ。です、からぁ……」ビクビクッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:18:34.15 ID:lVX77Uth0
男「口答えするから、サイキョーね」カチカチ

ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ

後輩女「……イっ! ~~~~っっ!!!」ビクンビクンビクン!

男「あれ? え?」

後輩女「~~~~っっっっ!」ビクンビクンッ!

男「わ~お。とりあえず止めとこうか……」カチリ

後輩女「……~~っ、……ハァハァ……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:25:02.71 ID:lVX77Uth0
男「……だ、大丈……夫?」

後輩女「…………。大丈夫、です」ハァハァ

男「……その、ごめん。調子に乗りすぎた……」

後輩女「そ、それより、誰かに見られたりしてません?」ハァハァ

男「いや、それは大丈夫なハズ……」

後輩女「よかった……。もう、ホントに、止めてくださいよねっ!」

男「はい。ごめんなさい」

後輩女「まあ、もういいです。早く帰りましょ?」

男「あ、うん……」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:33:47.22 ID:lVX77Uth0
後輩女「ふっふふふ~ん♪ なにか飲み物入れてきますね?」

男(お、おかしい……。怒ってない? その方が恐いんだが……)

後輩女「ふふふっふふ~ん♪」

男「…………」

後輩女「先輩、コーラですよ~。……って、あっっ!!」

ガシャーン!!

男「うわっ! 冷てっ!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:45:20.58 ID:lVX77Uth0
後輩女「ご、ごめんなさいっ、先輩っ! いま拭くものを……」

男「いや、いいよ。汗かいたし、シャワー浴びてくる」

後輩女「ホントにすいません、先輩……」

男「大丈夫大丈夫。でも後輩女ちゃんってたまにドジっ子だよね」

後輩女「うぅ……。すいませんです……」

男「良いって。床だけお願いできるかな?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:51:27.01 ID:lVX77Uth0
後輩女「はい……」

男「うん。じゃあ、よろしく」

後輩女「…………」

後輩女(計画通りっ!)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:58:25.48 ID:lVX77Uth0
男「っ……、ふ~……」シャワー

後輩女「先輩、着替えここに置いておきますね」

男「うん。ありがとう~」シャワー

後輩女「……わたしも、失礼しますね?」

ギー、ガシャン

男「えっ? えっ? なんで入ってくるのっ!?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 02:08:02.16 ID:lVX77Uth0
後輩女「……後ろから、失礼しますね?」ガシッ

男「……あふんっ」ビクン

後輩女「ふふふっ。さっきからずっと大きくなっちゃってましたもんね……」クニクニ

男「う、あ……、知って……」

後輩女「もちろんです。コーラだってわざとなんですよ?」クリュクリュッ

男「うふぅ……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 02:17:10.26 ID:lVX77Uth0
後輩女「わたしが感じてるところを見て、興奮しちゃったんですよね?」クリュクリッ

男「ふっ……!」ビクッビクッ

後輩女「わたしがイったみたいに、先輩もイっていいですよ……」クニュクリュグリュ

男「う、ぁ……」ビクビクッ

後輩女「先輩の……硬くて……、すごく熱い……」グリュグニュグリュ

男「は、あ、……」ビクビクン

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 02:23:40.72 ID:lVX77Uth0
後輩女「いつでも、イっていいですからね……」グリュグニグリュグリュ

男「う、あ、もう、もう……っ!」ビクンビクン

後輩女「いっぱい、出してくださいっ!!」グリュッ!ギュッ!

男「うあっっ!!」ビュクルルルル!!

後輩女「出てますっ、出てますよぅ!」ニチュッニチュッ

男「うあ、……は、あ……」ビュクンッ!ビクンッ!


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 02:29:59.94 ID:lVX77Uth0
後輩女「気持ちよさそうな先輩の顔……。カワイイ……」

男「……はぁはぁ、……はぁはぁ」

後輩女「どうですか? 気持ちよかったですか……?」

男「……はぁはぁ、うん。気持ちよかった。それに……」

後輩女「それに……?」

男「後ろから、後輩女ちゃんのおっぱいが当たって、すごく、興奮した」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 10:45:31.09 ID:lVX77Uth0
後輩女「……あぅ……」

男「はは。照れなくて良いのに。ところで……」

男「もしかして、胸、大きくなってない?」

後輩女「……実は、はい」

男「おお、やっぱり」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 10:56:57.17 ID:lVX77Uth0
後輩女「ようやくな感じですけど、Bカップになりました……」

男「ほほう……。では、さっそく」ムニュッ

後輩女「ひゃんっ!」

男「おおっ! 揉み応えが上がった……、気がする……」ムニムニ

後輩女「……んっ、……はっ」

男「ふひひっ」ムニュムニュッ

後輩女「……はぁ、……んっ、ふっ……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 11:04:38.66 ID:lVX77Uth0
男「よいではないか、よいではないか」ムニュウニュムニュニュ

後輩女「はぁっ……、先輩に、んっ……。揉まれるの、気持ち、……良い、です……」

男「……みたいだね。すごく感じてる顔してるよ……」ムニュウーッムニュッ

後輩女「はあっっ!! ……ふぅっ、……んっ……」

男「……下の方も、物欲しそうだ……」クチュッ

後輩女「……っ、ま、待ってください……」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 11:22:21.15 ID:lVX77Uth0
後輩女「……えっと、……その、ふぇ、フェラチオ、を……」

後輩女「し、してみたいんですが……」

男「……え? 前にしてくれって言ったときは、あんなにイヤがってたのに……」

後輩女「……い、今はしたい気分なんです……」

後輩女「だ、ダメです、か……?」

男「いやいや。ぜひっ、お願いしますっ!」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 11:43:06.27 ID:lVX77Uth0
後輩女「んっ……、ちゅっ……」チュッチュッ

男「おぉう……、あったけ……」

後輩女「はむっ……、ふっ……」チュッチュルッ

後輩女「れる……んむっ……、はぅ……」レロレロッ

男「…………っ」ビクンッ!

後輩女「ろ、ろうれふか……? きもひい、れふか……?」ルレロレロ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 11:48:34.62 ID:lVX77Uth0
男「あぁ……。すごい、イイよ……」

後輩女「よはっ、った、……んちゅっ……、れふ……」レロンレルン

後輩女「く、咥えますね……。あむ……、おも……」グプッグポッ

男「お、おぉぉお……」

後輩女「……んっ、……む、ふっ……」グプッジュル

男「う、あ、すげ……」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 11:59:08.98 ID:lVX77Uth0
後輩女「……はっ、……ちゅむっ、んんっ……」グポッグポッズチュッ

男「ちょう、……興奮、する……」

後輩女「い、いふでも、……イって、いいでふかやね……」ピチャチュルッ

男「そ、そんなこと、言われる、……と」ビクビクッ

後輩女「はぷっ……、……んっ、ふっ……」グチュッグップグッポ

男「んあっ! 早く、なっ……!」ビクビクンッ


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 12:06:28.46 ID:lVX77Uth0
後輩女「ふっ……、んっ……、……ふぅ、んんっ……」グプッグポッグチュッズチュッ

男「うあっ! もう、出るっ!!」ビュクルルルルル!!!

後輩女「……んっ、ふっ……」ズズッ

男「そんな、……吸われたらっ!!」ビュクッビュクッ!!

後輩女「…………」

男「……はぁ、……はぁ」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 12:44:07.34 ID:lVX77Uth0
後輩女「…………」

男「……はぁ、……はぁ。……あれ? どうかした?」

後輩女「…………んあ」ニチャァア

男「ちょっ、なんで吐かないのっ!?」

後輩女「…………」クチャクチャ

男「ほら、はやく、ぺっ、しなさいって!」

後輩女「…………」ゴクンッ!

男「……飲んだ……、だと……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 13:24:55.69 ID:lVX77Uth0
後輩女「…………」

男「……だ、大丈、夫……?」

後輩女「……えへへ。苦くって、粘っこいですけど、飲めないことはないですね」

男「別にムリして飲まなくてもいいのに……」

後輩女「男の人は、飲んであげると喜ぶってきいたので……」

男「それは、まあ、嬉しいけど……」

後輩女「それに……」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 18:07:30.93 ID:lVX77Uth0
後輩女「さっき、絡まれてたところで、ちゃんと助けに来てくれたじゃないですか」

後輩女「だから、感謝を表したかったというか……」

男「うはーーーーっっっ!!! か、わ、ええええぇぇぇぇぇ!!!」

後輩女「……っ!」

男「やばいって、我慢できないよ? 早くシャワー上がろう!」

後輩女「……はい」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 18:17:25.49 ID:lVX77Uth0
男「じゃあ、挿入れるよ……」

後輩女「はい。来てください、先輩……」

男「うん。……ふっ」グッ

後輩女「先、輩の……、熱いの、挿入って……、きたぁ……」グチュッ

男「いくよっ!」スパンスパン

後輩女「んっ……、あっ……」グチュッニチュッ

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 18:25:24.72 ID:lVX77Uth0
男「……はっ」パンパンパンパン

後輩女「ちょっ、先輩っ、いきなり、早っ……!」グジュッジュプッ

男「…………」パンッパンッパンッパン

後輩女「……んはっ、はう……、あんっ……」グチュグジュグチュ

男「良く濡れてるね……。感じてる顔も、すごい、そそる……」パンッパンッパンッパンッ

後輩女「早っ……! 深っ……、いっ……!」ジュブッジュプッ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 18:34:33.07 ID:lVX77Uth0
男「ごめん……。後輩女ちゃん、可愛すぎて、あんまり、余裕、ないっ!!」パンパンパンパンッ!!

後輩女「ひゃっ……、はぁう……、ひんっ……」ジュブッグピュッグプッ

男「カワイイ、カワイイよっ! 後輩女ちゃんっ!」パンパンパンパンッ!!

後輩女「……う、嬉し、です。先輩っ! ……き、キス、して、くださいっ!」

男「うん、うんっ!」チュッチュッ

後輩女「せんっ、ぱっ、……先輩っ!!」チュックチュッ


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 18:47:35.54 ID:lVX77Uth0
男「……はぁはぁ、イ、イクよ」パンパンパンパンパン

後輩女「……は、はひ。……わ、わたし、も、もうっ……」グジュッポジュッポ

男「うっ……、出るっ!!」ビュクン! ビュクルルルル!!!

後輩女「膣中でっ……! イっ! クっ……!」ビクンビクンッ!!

男「……っはぁ……」ビュクンッビュル

後輩女「…………~~~~っっ!!!」ビクンッ! ビクンッ!

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 18:56:01.66 ID:lVX77Uth0
男「……っ」

後輩女「……っ」

男「……ふぅ、……はぁ、……はぁ」

後輩女「……はっ、……はぁ、……はぁ」

男「……はぁ、……はぁ、……ぬ、抜くよ……」ズルリ

後輩女「……んっ。……はぁ、……はぁ」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:09:56.67 ID:lVX77Uth0
後輩女「……せ、先輩ので……、いっぱいですぅ……」ドロリ

男「……ちょっと、飛ばしすぎちゃったよね……。大丈夫だった?」

後輩女「……大、丈夫、です……」

男「……さすがに、三連発はちょっと、疲れちゃった……」

後輩女「……ふふっ。そうですか……」

男「うん。ちょっと休憩しよう。っていうか、今日はもう勃たないかも……」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:38:18.18 ID:lVX77Uth0
後輩女「……ダメです」

男「……えっ?」

後輩女「まだ、ダメです」

後輩女「もっと、……シましょう?」

男「いや、ほら、物理的にダメっぽいし……。勃たないことには……」

後輩女「じゃあ、ちょっと待っててくださいね」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:47:49.58 ID:lVX77Uth0
後輩女「……こ、この格好ならどうですか? ご主人様?」

男「メイド服……、だと……」

後輩女「はい。……メイドが、ご主人様のために、ご奉仕して差し上げますね……」パクッ

男「……っ! またフェラ……!」

後輩女「……んっ、ちゅっ……、っちゅっ……」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:57:54.56 ID:lVX77Uth0
男「おぉう……」

後輩女「れろ……、れる……」レロレロ

後輩女「……あむ、んっ……、ふっ……」グチュッジュッ

後輩女「……はっ、れろ……、んむっ……」レロジュポ

男「うっ……」ビクンッ

後輩女「……あはっ。ご主人様の……、また、大きくなってきましたよ……」レルレロ

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:07:11.08 ID:lVX77Uth0
男「あぁ……。後輩女ちゃん……」

後輩女「……んちゅっ。ほら、これならまた、出来そうですよ?」

男「うん。ビンビンになっちゃった……」ビクビクン!

後輩女「それじゃ、ご主人様はそのまま横になっていてください……」

後輩女「わたしが上になりますから……」

男「な、なんというサービス……。俺好みすぎる……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:15:35.56 ID:lVX77Uth0
後輩女「それじゃあ、挿入れますね……」

男「あぁ……。後輩女ちゃんに任せるよ……」

後輩女「んっ……、ふぅっ……」グッ ズニュッ

後輩女「えへへ。ご主人様のおちんちん、わたしのおまんこで食べちゃいました……」

男(淫語プレイまでっ? なんか、逆に恐くなってきたんだが……)

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:22:12.12 ID:lVX77Uth0
男「……夢、じゃないよな……」

後輩女「……何言ってるんですか、ご主人様?」

男「あ、いや、なんというか、その、幸せすぎる気がして……」

後輩女「……ふふっ。それは、わたしのセリフですよ?」

男「…………」

後輩女「…………」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:28:35.39 ID:lVX77Uth0
後輩女「……う、動きますね……。んっ……」グチュズリュッ

男(あはは。照れててカワイイ……)

後輩女「……はっ、んっ……、んっ……」ズチュッグリュッ

後輩女「はぁっ……、んっ……、どうですか?」グチャッニチャッ

後輩女「ご主人様、も、……んっ。気持ちいいです、か……?」グチュッグッチャ

男「うん……。すごく、気持ちいいよ……」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:39:33.81 ID:lVX77Uth0
後輩女「……膣中で、ご主人様のが、ビクビク、なってるのが、わかります……」グチュッニチュッズチュッ

男「うん。今日は早くて、申し訳ないんだけど、また、出そうだ……」

後輩女「いいですよ。……んっ、いっぱい、出して、くださいっ!」グチュッグチュッ

後輩女「わたしの膣中で、……っは、気持ちよく、なって、くださいっ!」ズチュッズリュッ

男「うん。イクよ、イクよ……」

後輩女「……はい、……はいっ!」ズチュッグチュッグブッグチュッ

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:57:49.23 ID:lVX77Uth0
男「出っ……、るっ……!!」ビュクルルルルルルル!!!

後輩女「んっ……、はぁっ……!!」ビクンッ! ビクンッ!!

男「…………」ハァハァ

後輩女「…………」フゥフゥ

男「……はぁ、……はぁ」

後輩女「……ふぅ、……はぁ」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:06:33.34 ID:lVX77Uth0
男「……はぁ、……後輩女ちゃん、大丈、夫……?」

後輩女「……はぁ、……はい。すごかったです……」

男「はぁ……。四連発は、初めてだね……。さすがに、打ち止めだ……」

後輩女「ダメです……」

男「…………」

後輩女「…………」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:14:49.13 ID:lVX77Uth0
男「いやいや。もう一回って、次は五回目なんだけど……」

男「さすがにこれ以上は、ツライかなって思うんだけどっ!!」

後輩女「ダメですってば……、ふっ……」グチュッニチュッ

男「いやいや、出したばっかりでちょっと痛いしっ」

後輩女「さっき、止めてっていったのに、止めなかったんですからわたしも止めません」グリュグリュ

男「う゛っ……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:21:31.97 ID:lVX77Uth0
後輩女「あはっ。……んっ、先輩がそんな顔をするから……」グリュッグチュッ

後輩女「……もっと、イジメたくなっちゃうじゃないですか……」グチュッズチュッ

男「う、あ……、ぐぅ……」

後輩女「先輩と繋がってるトコロから、溢れてきちゃいましたぁ……」ニチュッグチュッ

男「……うぅっ……」ビクンッ!

後輩女「いま、膣中でビクンって、しましたね……」グッチュグッチュ

後輩女「先輩、どMですもんね……。もっとイジメてあげますから……」ズプッグチュッ

後輩女「……いっぱい気持ちよくなりましょう……?」ズッチュズッチュル

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:30:45.69 ID:lVX77Uth0
男「…………」ハァハァ

後輩女「…………」ハァハァ

男「……はぁ、はぁ。もうダメ。さすがに、死にそう……」

後輩女「まだ、七回目じゃないですか……。まだまだ……もっとです……」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:35:00.97 ID:lVX77Uth0
男「もう、勘弁して……。さすがに、命の危機を感じるよっ!」

男「今日は、激しすぎだって……」

後輩女「…………。……だって」

男「…………?」

後輩女「そろそろ、先輩との赤ちゃんが……、欲しいかなって……」

男「……~~っっ!!!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:39:04.05 ID:lVX77Uth0
後輩女「……その、……だから……」

男「そんな、焦らなくてもいいのに……」

男「そんなに焦らなくたって大丈夫。まだ若いんだから、ね?」

後輩女「…………」

男「ゆっくり、二人で歩んで行こうって、言ったでしょ?」

後輩女「……はい」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:42:45.24 ID:lVX77Uth0
男「うん。今日は疲れちゃったし、もうこのまま寝よう?」

後輩女「……はい」

後輩女「……えへへ。んっ……」チュッ

男「……」チュッチュッ

後輩女「ギューってしてください……」

男「うん」ギューッ

後輩女「えへへ。大好きですっ!! 先輩っ!!!」

後輩女「いいえ。男さんっ!!!!」



おわり


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:19:16.58 ID:DH7Mz+PY0
私ノンアルコールビールで酔った最初の書き手だけど、
こんなことになるとは思いもよらなかった・・・

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:21:27.00 ID:lVX77Uth0
>>42
すべてはあなたのおかげです

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。