FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「性なる夜……ナニかが起こる」

1 名前:代理[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:03:15.40 ID:oGKACnAg0
女「開けてくれないか?」

男「断る」

女「寒いよ」

男「知ったことか」

今日はお前の冗談に付き合うつもりはない。

女「こんな服装で来たのに?」

男「それはコスプレと言うんだ」

ミニスカサンタが。

俺の家の前にいた。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:24:19.12 ID:jH8+SqmiP [1/29]
女「君を一人にさせないためさ」

男「……」

なんか。

俺、悲しいやつみたいじゃん。

そんなことないぞ。

俺には妹がいるから、一人じゃない。

……まあ、その妹はというと。

パーティーに行ってしまったけれど。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:26:29.02 ID:jH8+SqmiP [2/29]
男「俺には妹がいるから大丈夫だ」

女「そうか」

ニッコリと笑ってやがる。

なんだその笑みは。

女「さっき、君の妹くんがボクに会ったのだけれど」

……あいつ。

何出くわしてやがる。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:30:20.30 ID:jH8+SqmiP [3/29]
女「これをどう説明するんだい?」

だから、笑ってたのか。

男「それは……勘違いだ」

女「勘違い?」

男「幻覚というやつだ」

女「ボクは確かに、規律正しいけれど……」

厳格じゃない。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:32:40.99 ID:jH8+SqmiP [4/29]
男「で」

とりあえず聞いておこう。

女「なんだい?」

男「お前、何しに来た」

女「もちろん」

一息置いて。

女「君の自慰を……」

俺は受話器を置こうとした。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:35:27.41 ID:jH8+SqmiP [5/29]
女「待ってくれ、受話器を置こうとしないでくれ」

なぜわかった。

男「いい加減にしないと、本当に家に入れないぞ」

女「入れてくれるのかい? 君の、イチモツを」

ガチャンと。

俺は受話器を置いた。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:39:12.89 ID:jH8+SqmiP [6/29]
ピンポーン。

ああ、わかってる。

あいつだってことくらいは。

とりあえず、スルー。

男「俺は、出ない」

……あ。

違う意味じゃないからな。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:42:03.36 ID:jH8+SqmiP [7/29]
ピンポーン。

ああ、もう。

うるさいなぁ。

俺には用があるのになー。

……。

ただ、空しいいだけだった。

インターホンの受話器を取る。

男「なんだよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:45:07.62 ID:jH8+SqmiP [8/29]
女「さ、寒いよぉ……」

いつもとは違う声だった。

まるで別人だった。

男「……やれやれ」

受話器を置く。

そして、玄関に向かった。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:49:22.48 ID:jH8+SqmiP [9/29]
ドアを開ける。

男「なんだ」

ぶるぶると震えている、やつがいた。

女「やあ」

元気そうだが。

凄く寒そうだ。

男「そんな服装で来るからだ」

女「ふふ……失敗だったよ」

いや。

時期的にはストライクなんだけどな。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:51:48.91 ID:jH8+SqmiP [10/29]
季節的にミニスカはアウトだったんだ。

男「なんでそんな服装で来たんだ」

女「似合うかい?」

震えながらもポーズをとる。

女「君の大好きなミニスカートだ」

……。

男「やっぱり帰れ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:56:03.85 ID:jH8+SqmiP [11/29]
女「ただ一つの失敗は――」

俺のことは無視か。

女「パンツを穿いてくるのを忘れてしまったんだ」

俺は。

速攻で奴の肩を掴み。

家に入れた。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:03:51.18 ID:jH8+SqmiP [12/29]
女「ボクもおっちょこちょいだよね……おや?」

きょろきょろと周りを確認する。

女「穿いてないや否や、強引だね……」

男「馬鹿か!?」

女「馬でも鹿でもないよ」

男「文字通りに受けるな!」

女「君のならなんでも受け入れるよ」

調子狂うぞ。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:08:28.42 ID:jH8+SqmiP [13/29]
女「ふふっ」

ソファに座る。

男「……はぁ」

女「ため息だね」

暖かそうだ、と。

俺の目の前に顔を近づける。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:10:11.76 ID:jH8+SqmiP [14/29]
男「……なんだよ?」

女「いつもみたいに、してよ」

する?

女「ため息」

男「……」

いつもしてないぞ、俺。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:11:44.16 ID:jH8+SqmiP [15/29]
>>27
訂正。

×する?
○してよ?

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:13:06.13 ID:jH8+SqmiP [16/29]
女「暖かそうだし」

男「するかよ」

してと言われるとしたくなくなる。

それは人間の性だ。

女「寒いんだ」

男「俺に近づくな」

お前絶対今、冷たいだろ。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:16:27.81 ID:jH8+SqmiP [17/29]
女「ふふっ」

また笑って、ソファに座る。

勢いよく座るあまりに、スカートがめくれかける。

女「あっ、今、目、逸らしたよね?」

不注意過ぎる。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:19:17.98 ID:jH8+SqmiP [18/29]
女「まあ、とりあえず」

そう言って。

スカートを直した。

女「今日は、何の日か知ってるかい?」

男「……え?」

今日は、何の日か?

知らないなぁ。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:26:57.45 ID:jH8+SqmiP [19/29]
男「わからんな」

知りたくもない。

そろそろ今年も終わりが近づいてるのはわかるけど。

女「性夜だよ」

男「それは違う」

しまった。

女「ふふ、わかってるじゃないか」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:37:32.75 ID:jH8+SqmiP [20/29]
ソファから立ち上がる。

女「君と夜を共にしたい」

男「なんだそれ、ギャルゲの名前か」

女「現実逃避は良くないね」

男「……」

女「君と、出かけたいのだけれど」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:42:16.54 ID:jH8+SqmiP [21/29]
ニッコリと。

堂々としている。

女「駄目かな?」

俺「……寒いし」

女「君の部屋に暖かそうなコートがあったはずだけど」

なんで知ってるんだ。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:44:36.96 ID:jH8+SqmiP [22/29]
女「それを着れば、大丈夫だよ」

男「……そうだな」

女「じゃあ、行ってくれるかい?」

ウキウキしてやがる。

男「まあ待て」

女「どうしてだい? ボクはもうドキドキバクバクグチャグチャだよ」

最後の効果音なんだよ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:49:32.56 ID:jH8+SqmiP [23/29]
男「そんなに楽しみなもんか?」

女「当たり前だろう? だって――」

俺に背を向け。

耳を真っ赤にし。

サンタ帽子を深くかぶり、顔を隠して。

女「――初めての、デートなんだし」


……そうだったな。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:54:01.52 ID:jH8+SqmiP [24/29]
女「だから!」

そう言って、勢いよく振り向く。

しかし、帽子のせいで見えてない。

女「うわっ」

前方不注意とはこのことだ。

男「ぬがっ」

押し倒された。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:58:19.35 ID:jH8+SqmiP [25/29]
男「……やれやれ」

こんなことって本当にあるのか。

ふふっ、と顔を真っ赤にして笑っている。

女「このままでいようか……?」

男「ふざけるな」

そう言って、手で顔を押してやった。

女「酷いなぁ」

何故こいつは失敗を上手くかわせるのか。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 23:20:40.54 ID:jH8+SqmiP [26/29]
女「行ってくれるかい?」

男「ああ、わかったよ」

女「イってくれるかい?」

男「それは遠慮しておこう」

それは残念だ、と言って。

体を起こした。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 23:25:44.66 ID:jH8+SqmiP [27/29]
男「用意してくるから、待ってろ」

女「うん」

いつもだったらついてくるのに。

今回はそんなこともなかった。

なんか落ち着いてる。

男「さて」

着替えよう。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 23:31:30.18 ID:jH8+SqmiP [28/29]
♪。

♪。

男「ん?」

鼻歌が聞こえる。

大きくはないけれど。

あいつが歌っているのだろうが。

元気な奴だ。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 23:49:40.25 ID:jH8+SqmiP [29/29]
男「……おし」

準備できた。

部屋を出て、やつのいるソファに。

……。

寝てやがる。

ソファに寝そべって。

64 名前:クリスマスの約束観てた[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:08:17.27 ID:8PG09PghP [1/17]
やれやれ。

男「……」

結構ピチピチなやつ着てやがる。

そのせいで。

尻が強調されている。

男「……」

息子、スタンディングナウ。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:14:50.25 ID:8PG09PghP [2/17]
考えてみろ。

親がいない。

妹もいない。

そして、俺の家である。

きっちり施錠して、窓のカーテンを閉めれば……。

……いかんいかん。

何を考えてるんだ、俺は。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:19:26.35 ID:8PG09PghP [3/17]
これが本当の性なる夜。

っけ。

つまらん冗談だ。

考えてみろ。

谷間の無い胸!

いけすかない口調!

よだれを垂らしたアホな顔!

……アレ、この顔、可愛いな。

……ああ、くそう。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 02:31:20.43 ID:8PG09PghP [4/17]
男「……」

そっと顔を近づける。

呑気な奴だ。

まったく起きそうにない。

疲れてたのだろうか。

女「終わったのかい?」

いきなり。

目を覚ました。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 03:00:26.50 ID:8PG09PghP [5/17]
男「のわぁ!」

女「ふふ、ボクの顔になにかついていたのかい?」

くそ。

こいつ、寝てなかったな。

無理によだれを垂らすとは。

凄い芸当だ。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 18:43:46.45 ID:8PG09PghP [6/17]
今から書きます。

またせてごめんなさい

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:15:17.19 ID:8PG09PghP [7/17]
男「なんでもねぇよ」

女「そうか」

そう言って。

元気よく起き上がる。

女「もう、準備はいいのかい?」

男「とりあえずはな」

女「とりあえず……か」

中途半端で悪かったな。

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:17:44.52 ID:8PG09PghP [8/17]
女「それよりも……むぅ」

男「なんだよ?」

女「ちょっと、かっこよすぎるんじゃないかな?」

男「はぁ?」

女「見惚れてしまうくらいに、カッコイイ」

……やめろ、照れる。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:19:43.63 ID:8PG09PghP [9/17]
女「それにくらべてボクは……」

くるくると回る。

女「サンタさんな服装だ」

男「そっちのが合ってるだろ」

女「そうだけど……もっとエロティックが良かったとか、そういうのはないのかい?」

十分だと思うけどな。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:23:38.41 ID:8PG09PghP [10/17]
男「そんな要望はしても無駄だ」

女「どうしてだい?」

どうせお前はするから。

男「理由は特にない」

女「彼女にエッチな服装はいただけないのかな?」

男「彼女を強調するな」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:28:04.56 ID:8PG09PghP [11/17]
むう。

俺はこいつと付き合っていていいのだろうか。

女「彼女だから仕方ないよ」

くっつくな。

男「お前いい加減にしろって」

女「んー君は暖かいねぇ」

ずっとこうしていたい、と。

恥ずかしげもなく言った。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:32:33.01 ID:8PG09PghP [12/17]
男「ほら、でかけるぞ」

女「うんっ」

そう言うと。

すぐに離れた。

女「あっ、寒い」

結局またくっつくのか。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:41:48.84 ID:8PG09PghP [13/17]
男「おい、これじゃあ出かけられないぞ」

女「ボクはこのままでもいいけど?」

なんでだよ。

さっきの言葉は本気だったのかよ。

女「ふふふっ」

わかった。そっちがその気なら。

女「うわっ」

俺はお姫様抱っこをした。

俺らしくないなぁ、なんか。

105 名前:>>102 今回はそんな感じで[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:43:43.27 ID:8PG09PghP [14/17]
女「ふふ、女の子の憧れだね」

そうなのか。

女「重くないかい?」

男「全然」

女「ああ、間違えた」

どういうことだよ。

女「ふふ、なんでもないよ」

……ああ。

気づいちまった。

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:36:01.42 ID:8PG09PghP [15/17]
男「そういうことをおとこに言うな」

女「男の子にも知ってほしいのさ」

男「……」

まあ。

それがこいつのいいところなのかも。

かも、だからな。

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:49:23.83 ID:8PG09PghP [16/17]
女「それで」

男「あん?」

女「ずっとこのままなのかい?」

男「……」

すぐに降ろす。

女「ボクは君と一緒に歩きたいから、ね」

恥ずかしくないのだろうか。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:15:57.44 ID:8PG09PghP [17/17]
女「顔真っ赤」

おっと。

男「寒いからだ」

女「見栄張っちゃって」

どこみながら行ってるんだ。

男「どこか行く予定は?」

女「一緒にいれればいい」

そうかい。

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:54:56.14 ID:Un0HIS9jP [1/13]
綺麗なイルミネーションを見に行きたいと言えば。

少しは可愛げがあるのに。

今の現状に満足しているようだ。

男「腕を組むな」

女「絡めているのさ」

余計に変な表現になってるぞ。

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:02:51.36 ID:Un0HIS9jP [2/13]
男「なんだその言い方は」

女「スパゲッティみたいなものさ」

するすると。

俺の脇腹を触る。

女「むぅ、厚着は触り心地最悪だね」

何を求めてるんだよ、お前。

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:05:29.71 ID:Un0HIS9jP [3/13]
女「寒くて指がかじかんでしまったよ」

男「手袋持って来いよ」

女「忘れてしまったよ」

男「……ほら」

女「おや、いいのかい?」

寒い。

女「寒くて指がかんじてしまったよ」

男「いや、それはおかしい」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:08:29.08 ID:Un0HIS9jP [4/13]
女「ありがとう、これであったかあったかだよ」

男「ふんっ」

俺は寒くなるけどな。

もう冷えてきたし。

女「ふふ、それなら」

男「……んだよ」

女「君の手をボクが握ればいいんだよ」

ギュッと。

手袋をしないで握ってくる。

それが目当てだったな。

たしかに、やつの手は冷たい。

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:10:14.53 ID:Un0HIS9jP [5/13]
手袋意味ねぇ。

男「俺まで冷えそうだ」

女「大丈夫だよ」

どこからその自信がある。

女「ボクが発情して暖かくなるから」

いやな温まり方!

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 11:40:44.34 ID:Un0HIS9jP [6/13]
男「盛ってんじゃねぇ」

女「季節は冬だからね」

男「どういう意味だ?」

女「良く言うだろう? 体が冷たい人は心が――」

暖かいってやつか。

女「――欲情してると」

言わねぇよ。

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:40:59.70 ID:Un0HIS9jP [7/13]
女「性なる夜は、自慰に勤しむ……素晴らしいね」

男「聖なる夜に何をしてるんだよ」

字が違う。

女「欲情していなければできないよ?」

男「知るか」

だからと言ってさっきのお前の言葉が正当化されるわけではないと信じたい。

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:48:45.14 ID:Un0HIS9jP [8/13]
女「それでは問おう。君の性夜の過ごし方について!」

男「字がまずおかしい」

女「犯しい?」

男「なんでそうなる」

女「なんで早漏?」

いや。

いくらなんでもそれはない。

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:51:57.27 ID:Un0HIS9jP [9/13]
男「お前の耳は節穴か」

女「ボクの耳は障子さ」

男「どういうことだ?」

女「ほら、こう」

おい。

なんだその腰つきは。

どこの都知事だ。

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:56:26.51 ID:Un0HIS9jP [10/13]
それ以上に。

女の子がそんな動きするもんじゃありません。

男「そういうネタは抑えろ」

女「残念だ」

男「もっと楽しいことを考えようぜ」

女「楽しいこと……あっ」

男「あったか?」

なんだなんだ。

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 22:57:18.49 ID:Un0HIS9jP [11/13]
女「最近は定期的に来てくれて嬉しい」

男「何が?」

女「何って……もちろん」

……ああ。

男「把握した」

女「ふふっ」

結局そういう話かよ!

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:28:31.19 ID:Un0HIS9jP [12/13]
男「お前とのエロトークに花を咲かせるつもりはない」

女「じゃあ、誰だったら咲くんだい?」

男「それは……」

いや、いねぇよ。

男「妹……かな」

女「俺の妹がこんなにエロいわけがない」

言いたかっただけだろ。


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 23:37:26.80 ID:Un0HIS9jP [13/13]
女「でも、安心したよ」

男「あ?」

女「妹くんで」

男「なんでだよ?」

妹とエロトークで花が咲いたら引くだろ、普通。

女「ほら、他の女の子とかだったらね」

男「……ああ」

なるほどな。

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:27:34.14 ID:IG2YL47yP [1/23]
女「それじゃあ」

男「ん」

女「ご飯でも食べようか」

男「おいおい」

女「どうしたんだい?」

男「そんなに持ち合わせてないぞ」

女「ボクもだ」

男「……」

女「じゃあ、あそこでいいと思うよ?」

男「……ジャンクフードだな」

女「うん」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:32:41.97 ID:IG2YL47yP [2/23]
聖夜に粗末だなぁ。

まあ。

なんか、俺達らしい。

女「久しぶりの外食だ」

男「そうなのか?」

女「健康に気をつけてるからね」

ほほう……。

女「胸がないのはご愛嬌」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:38:33.29 ID:IG2YL47yP [3/23]
男「ああ、もう諦めた」

女「もうっ」

パシンッと。

控えめに叩かれる。

女「結構気にしてるんだから」

そうだったのか。

まあ、本当にまな板と変わらないしな。

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:39:49.77 ID:IG2YL47yP [4/23]
口調も相まって。

男の娘みたい。

まあ、ついてないけど。

女「人をジロジロ見て、視姦するつもりかい?」

男「しねぇよ」

女「言えば脱ぐよ?」

言わない。

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 00:42:35.43 ID:IG2YL47yP [5/23]
女「くちゅん」

男「ほらほら」

さらに脱げない状況になってるぞ。

女「ノーパンはきついね」

男「」

そうだった。

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:00:27.29 ID:IG2YL47yP [6/23]
男「どうするんだよ」

女「じゃあ、ご飯の前にランジェリーショップはどうだい?」

男「ふざけるな」

女「ふざけてないよ」

むしろベストだよ、と。

肩をすくめて言った。

男「まあ、確かに」

女「目の保養になるよ?」

お前の中の俺は一体どれだけ変態なのか。

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:08:16.41 ID:IG2YL47yP [7/23]
女「君の危惧していることはわかるよ」

男「なんだ」

女「ボクが着替えている間、君は一人になる」

男「うむ」

女「それは恥ずかしいだろう?」

そうだな。

やはり、恥ずかしい。

女「そういう時はね」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:29:18.65 ID:IG2YL47yP [8/23]
男「どうするんだ」

女「思いっきり開き直って、物色すればいい」

できるか!

男「何考えてるんだよ!」

女「最高の策だと思うよ?」

男「俺はいいと思わん」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 01:36:29.86 ID:IG2YL47yP [9/23]
男「なんでそんな変態にならなきゃいけないんだ」

女「男性用ブラというものがあるんだよ?」

男「それは知ってる」

女「着けてるのかい?」

男「なんでそうなる」

知ってるだけだ。

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:20:59.01 ID:IG2YL47yP [10/23]
女「この前屈辱的なことが起きてね」

男「ん?」

女「店員さんはボクのバストをサイズを測ったときのことだ。着けられるサイズのを探してくれているのに、どうもチラチラと目線が動いている」

男「それがどうかしたのか?」

女「その店員さんは、男性用ブラをずっと見ていたんだ」

……ぷっ。

女「確かにないのは認めよう。それでも、さすがに酷いだろう?」

男「……」

女「……笑うのかい?」

あ、凄い冷めた顔だ。

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:42:11.51 ID:IG2YL47yP [11/23]
男「最近の俺は、小さな胸もちょっとイケるんだぞ」

女「本当かい?」

すっごく目がキラキラしてやがる。

男「ああ、本当だ。嘘をつく意味がない」

女「そうかそうかぁ……そうなのかぁ……」

この上なく嬉しいようだ。

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:44:16.71 ID:IG2YL47yP [12/23]
女「あぁ~……早く下着を穿きたい! 着けたい!」

男「ちょっと待て」

女「?」

男「お前、下だけだろ、忘れたの?」

女「言い忘れていたね」

……まさか。

女「上も忘れてしまった」

馬鹿だ!

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:47:16.28 ID:IG2YL47yP [13/23]
女「参ったよ」

つまりこいつは。

サンタのこの服一枚ってことか。

男「とんだ変態じゃねえか!」

女「変態だよ?」

否定しろ!

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:50:37.79 ID:IG2YL47yP [14/23]
男「お前には恥じらいはないのか」

女「どんなものでも興奮に変えられる」

男「順応な変態だな!」

女「順応な変態です」

男「はぁ……」

女「臨機応変態です」

男「五字熟語作ってんじゃねえ!」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:54:04.53 ID:IG2YL47yP [15/23]
男「……ほら、着いたぞ」

女「うん」

そんなこんなでランジェリーショップ。

聖夜の夜にランジェリー。

聖夜の夜にランデブー。

……忘れよう。

俺の彼女が変態だということは、忘れ――

女「ノーパンノーブラでランジェリーショップなんて、興奮するね」

――られそうもない。

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 02:57:44.38 ID:IG2YL47yP [16/23]
男「ほら、行って来い」

女「え?」

きょとんとしてる。

男「俺は中に入らない」

女「ど、どうして?」

すっごく不安そうな顔。

男「恥ずかしい」

女「だ、男性用のブラ……」

男「買わないぞ!?」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:02:07.56 ID:IG2YL47yP [17/23]
女「サンタのコスプレをしたノーパンノーブラの彼女を、たった一人で行かせるのかい?」

声でけぇ!

男「ああ、わかった! 入る入る入る!」

女「は、初めてなんだけど……」

男「そっちじゃねえ!」

女「優しく……」

男「否定しただろうが!」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:17:01.96 ID:IG2YL47yP [18/23]
聖夜なのにこんなに卑猥な話ばかりしたくねぇよ!

女「ボクとは遊びだったっていうのかい!?」

男「遊びだったらまず体目当てだろ!」

女「そ、そんな目で見ていたのか……」

男「見てねぇよ! 純粋に好きだよ!」

女「え……」

ポロリと。

本音がこぼれた。

女「ふふっ……ふふふっ……」

不気味な笑い声だ。

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 03:26:47.49 ID:IG2YL47yP [19/23]
女「ボクも大好きだよ」

男「お、おう……」

話が急すぎて困る。

女「さて、それじゃあ入るか」

男「おう」

突っ込みパート終了……か?

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 12:47:49.22 ID:IG2YL47yP [20/23]
男「……」

なんだ、この妖艶とした雰囲気は!

女「入るのは初めてかい?」

男「当たり前だ!」

女「良かった、童貞なんだね」

男「やめろ」

女「ランジェリー童貞卒業だね」

ああああ、人見てるだろうが!

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/27(月) 12:53:34.18 ID:IG2YL47yP [21/23]
それにその言い方は。

俺がこれからランジェリーを穿くみたいじゃねえか。

やめろよ。

ランジェリーショップ童貞卒業にしろよ。

いや、その言い方をまずやめろよ。

女「君の好きな色の下着にしてあげよう」

いらねぇよ。

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:05:09.92 ID:MRIEuq/wP [1/37]
女「君は……迷彩柄が好きだったっけ?」

どこ情報だ。

男「違う」

女「虹色? それとも、どどめ色かな?」

なんて色をチョイスしやがる。

女「あ、茶色だっけ? でもボクはそっち系はわからないんだ」

俺もそっち系は無理だ。

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:10:07.28 ID:MRIEuq/wP [2/37]
女「なんて、ね」

そう言って。

一つの下着を取って見せる。

女「君は白が好きなんだよね」

……。

その通りである。

しかし。

俺、言ったっけ?

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:19:06.49 ID:MRIEuq/wP [3/37]
女「君はわかりやすくて嬉しいよ」

ニコッと笑う。

怖いぞ。

男「……」

女「ふふ、そんなに凝視しないでくれよ」

エッチだなぁ、と。

妖艶な微笑みを浮かべている。

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:22:50.86 ID:MRIEuq/wP [4/37]
男「はっ、俺はまだ好きなんて言ってないぜ?」

女「おや、そうだね」

そうだ、勝手に決め付けるな。

すでに俺は結構他のお客さんの視線に耐え切れてないんだから。

女「やはり、ノーパンが好きなんだよね?」

男「いえ、白が好きです」

やられた。

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:30:49.42 ID:MRIEuq/wP [5/37]
くそ。

ノーパンなんて言ったら。

俺の体力は持たないだろう。

視線に対するダメージは相当である。

女「ふふっ、素直でよろしい」

そう言って。

やつはそこで。

俺の目の前で。

その下着を穿いた。

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:35:36.78 ID:MRIEuq/wP [6/37]
俺に対する視線が。

さらに攻撃的になる。

女「うん、良いフィット感だ」

じゃねぇよ。

男「お前、馬鹿……」

女「どうだい?」

チラリと。

スカートをめくる。

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:42:21.89 ID:MRIEuq/wP [7/37]
女「似合うかな?」

勘違いしないでいただきたい。

こいつが、自分でめくったのである。

女「純白のボクだ」

男「いい加減にしろ!」

女「いい加減(で俺の息子を綺麗)にしろ?」

なんだよその括弧!



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 00:47:01.08 ID:MRIEuq/wP [8/37]
女「じゃあ、脱いでくれ」

男「そのまま話を進めるな」

女「君が言ったんだろう!」

怒られた。

勝手なやつだ。

男「それより、穿くなら試着室行け!」

女「一緒に入ってくれるかい?」

男「アホか!」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 01:11:48.14 ID:MRIEuq/wP [9/37]
女「む、なら入らない」

なにムキになってんだよ。

男「一緒に入ったら試着室の意味がないだろう!」

女「どうせ君にしか見せるつもりはない」

いやいやいやいや。

それは違うよね?

全然違うよね?

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 01:14:51.47 ID:MRIEuq/wP [10/37]
下着の意味が違うよね?

男「はぁ……勝手にしろ」

女「それは困る」

男「は?」

女「それはつまり、君がボクのことを見放すということだろう?」

自由でいいじゃねえか。

女「ボクは君に見ていて欲しい。だからこそちょっかいを出しているんだ」

かまってちゃんめ。

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 01:17:30.15 ID:MRIEuq/wP [11/37]
というか。

ちょっかいの範疇を超えてる。

男「範疇を超えすぎだろ」

女「は、半チュー!?」

男「え?」

女「完全なキス……そうか、なるほど……」

ああ、またなんか変な感じになってる。

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 01:36:43.97 ID:MRIEuq/wP [12/37]
女「さあ!」

唇を尖らせている。

勘違い甚だしい。

男「ふざけるな」

女「あれ?」

すっごいきょとん顔。

女「パーフェクトキッスは?」

男「知らん」

話が一向に進まない。

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 01:39:33.84 ID:MRIEuq/wP [13/37]
男「いいから、お前は下着を買えよ!」

女「今日はクリスマスだよ」

男「……」

もう、過ぎてるけどな。

おっと。

なんでもないなんでもない。

そう、クリスマス。

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 01:44:43.01 ID:MRIEuq/wP [14/37]
女「メタ表現は感心しないよ」

悪かった。

男「……わかった、買ってやる」

女「そうか……それじゃあ」

そして。

やつは俺の目の前で下着を脱ぎ。

女「脱ぎたてホヤホヤだ」

差し出してきた。

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:22:01.53 ID:MRIEuq/wP [15/37]
男「え?」

女「買ってきて」

男「帰る」

女「買える」

男「ちげえ」

こんなこと言うのは失礼だけど。

こいつ、狂ってる。

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:38:43.50 ID:MRIEuq/wP [16/37]
男「もう、駄目だ」

女「クンカクンカしたいかい?」

男「しねぇよ」

クンカクンカって。

どんな嗅ぎ方だ。

女「嗅いでもいいんだよ?」

これ、売り物だぞ。

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:42:13.55 ID:MRIEuq/wP [17/37]
女「どうせ買うんだ」

男「……」

俺は黙って下着をやつに押し付けた。

男「面倒見切れん」

そう言って。

俺はランジェリーショップを出ようとした。

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:50:24.69 ID:MRIEuq/wP [18/37]
女「おや」

後ろから声が聞こえる。

知ったことか。

こんな聖夜に。

俺は怒りの感情を抑えることができなかった。

ここまで面倒な奴だったとは。

俺は思っていなかった。

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:51:45.12 ID:MRIEuq/wP [19/37]
ギュッと。

後ろから抱かれる。

女「逃がさないよ」

そう言って。

ぐいぐいと引っ張っている。

小さい体で頑張って引っ張っているが、まったく意味はない。

女「えいっ、えいっ」

無駄だ無駄だ。

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:56:54.30 ID:MRIEuq/wP [20/37]
女「……行っちゃヤダ」

男「……」

くそ、むかつくぜ。

本当に腹が立つ。

腹が立腹。

これは間違いか。

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 02:59:18.50 ID:MRIEuq/wP [21/37]
さっきまでむかつくやつは。

こうやって後ろで俺を捕まえているやつは。

一言で。

俺の胸を鷲掴みするがごとく。

キュンキュンさせる。

すでにやつは半泣き状態である。

女「下着は自分で買うから、行かないでくれ」

男「……おう」

あーやだやだ。

可愛いじゃねえか、くそう。

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 03:21:33.54 ID:MRIEuq/wP [22/37]
そして

女「調子に乗ってしまった」

男「乗りすぎだ」

女「どうですマスオさん、一杯」

男「ノリスケだ」

女「君の上に……」

男「乗客拒否!」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 03:34:07.98 ID:MRIEuq/wP [23/37]
女「これで準備が整ったね」

男「あん?」

女「純白サンタクロースです」

パンツを見せるな。

女「純潔サンタクロースです」

上目遣いをするな。

女「純血サンタクロースです」

お前……きてないよな?

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 03:43:33.87 ID:MRIEuq/wP [24/37]
女「もしかしたら、この純白が、純血に変わる可能性がある」

やめろ、生々しい。

女「ボクはタンポンだ」

男「俺はゆたんぽだ」

女「ふふ、確かに暖かい」

……タンポンなのか。

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 11:57:13.80 ID:MRIEuq/wP [25/37]
帰宅後書きます。

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 17:45:52.59 ID:MRIEuq/wP [26/37]
そんなことはどうでもいい。

男「じゃあ、レシート出せ」

女「え?」

男「金出してやるから」

女「玉を出してくれるのかい?」

なんでそっちになってんだよ。

女「いや、いいよ」

男「なんで?」

女「一緒に入ってくれただけで十分だから」

なんだそりゃ。

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 17:50:47.75 ID:MRIEuq/wP [27/37]
女「レシートも貰ってないし」

男「……」

というか。

財布、持ってたんだな。

落としたけど。

いや。

ここは書いてるやつの事情なんて挟まなくていいんだ。

メタ、良くない。

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 18:00:15.16 ID:MRIEuq/wP [28/37]
男「それじゃあ、これからどうする?」

女「君の言われるがままに」

男「俺が決めていいのか?」

俺はすでに帰りたいんだが。

女「うん、君から動いてくれ」

……なんか、引っかかる言い方だ。

女「ゆっくり動いてくれよ?」

引っかかるどころか、その通りだった。

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 18:10:23.79 ID:MRIEuq/wP [29/37]
女「さて」

腕を組もうとしてきた。

すかさずかわす。

女「む」

もう一度。

かわす。

女「むむむ」

すっごい笑顔で「むむむ」と言われても。

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 18:33:05.00 ID:MRIEuq/wP [30/37]
女「意地悪だね」

男「お前が言うか」

お前の方が意地が悪い。

女「ボクは肘が悪いんだ」

語感だけで言ったなこいつ。

女「膝が……悪いんだ」

老人か。

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 18:43:54.54 ID:MRIEuq/wP [31/37]
そう言って。

ストンと。

地べたに腰を下ろした。

女「ああ、いたい……」

男「お、おい」

女「もう、駄目だ」

ま、マジだったのか?

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 18:59:49.67 ID:MRIEuq/wP [32/37]
女「いたいよ……」

おいおい。

膝痛いとか。

本当に年寄りか。

男「ったく……ほら」

女「?」

男「おぶってやるよ」

女「いいのかい?」

男「……歩けないだろ」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 19:28:35.31 ID:MRIEuq/wP [33/37]
女「ふふっ」

ラッキー、と。

俺の背中に体を預けた。

女「君は優しいね」

男「ふんっ」

女「ボクは君と『いたい』と言っただけなのに」

男「」

だまされた。

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 20:36:23.70 ID:MRIEuq/wP [34/37]
男「……謀ったな」

女「ふふふ」

キュッと抱きしめられ。

耳の近くでささやかれる。

女「優しい男の子は、モテるよ」

……。

その情報、俺にはいらないだろ。

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 20:44:03.70 ID:MRIEuq/wP [35/37]
俺には、な。

……。

お惚気です。ごめん。

女「えっと」

男「ん?」

女「やっぱり、小さいんだね」

何がだよ?

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 20:52:22.24 ID:MRIEuq/wP [36/37]
男「どういうことだ?」

女「さっき、下着を買っただろう?」

男「お、おう」

女「実は、結局ブラは買ってないんだ」

男「……」

ああ、そういうことか。

感触ゼロだ。

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/28(火) 22:28:10.81 ID:MRIEuq/wP [37/37]
女「残念だ、非常に」

男「別に良いじゃねえか」

女「乳首はこんなに感じているのに」

なんつー告白だ。

女「こすれて変な気持ちだよ」

生々しいって。

344 名前:>>339 私の中で何かが目覚めた[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:12:56.35 ID:lbCENRjNP [1/64]
女「体が熱くなってきた」

男「ええい、降ろすぞ」

それはいやだ、と。

力強く後ろから抱き締められる。

甘いにおいがする。

男「甘ったるいにおいがするぞ」

女「どこかで料理でもしているのかな?」

お前だお前。

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:21:43.73 ID:lbCENRjNP [2/64]
男「お前、香水とかつけてるのか?」

女「つけている女性がいいのかい?」

つけていないけれど、と。

不安そうな顔で言った。

男「どうしたんだよ?」

女「だから、つけている女性が……いいのかい?」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:28:53.00 ID:lbCENRjNP [3/64]
不安そうな顔がより深刻になる。

男「別にそんなことはないけど」

女「はっきりしてくれ、そして好きな匂いを教えてくれ」

男「……」

そんなこと。

俺が決めることじゃない。

お前はお前でいいと思うんだが。

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:37:14.62 ID:lbCENRjNP [4/64]
女「ボクは君の好みでいたいんだ」

男「……」

嬉しいんだけど。

なんか、それは違う。

女「だから……」

男「お前はお前だ。俺が決めることじゃない」

女「でも……」

男「あっ、でも黒の下着はやめろよ。お前じゃあまだセクシーさが足りない」

女「む、それには異議ありだ」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 01:45:33.42 ID:lbCENRjNP [5/64]
男「お前のどこにセクシーがある」

女「頑張れば谷間ができる」

男「頑張れ」

女「感度がいい」

男「それは……セクシーか?」

女「じゃあ、ボクにどのような魅力があって、君はボクと付き合ってるんだ!?」

わりと本気で聞いてるみたいだ。

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:07:25.95 ID:lbCENRjNP [6/64]
男「それを聞くか?」

女「う……」

いつも気取ったやつが。

少し戸惑っているように見える。

へへへ。

男「言ってやろうか?」

女「いや、いい。なんだか怖いよ」

男「そうか、それならいい」

女「そう言われると……聞きたくなるね」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:12:41.59 ID:lbCENRjNP [7/64]
男「どうするんだよ?」

優位に立つのって。

こんなに嬉しいものなのか。

やはり俺はSだな。

女「わかった……聞こう」

男「よし、後悔しないな?」

女「う、うん」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:16:17.08 ID:lbCENRjNP [8/64]
男「言ってやろう」

女「う、うん!」

男「そんなものはない!」

女「!?」

ははは。

言ってやったぞ!

男「決め手みたいなものはない」

女「じゃあ、なんで……?」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:19:51.59 ID:lbCENRjNP [9/64]
気づかないのか。

いつもだったら変な勘違いとかするのに。

そんな余裕も、ないのか。

男「こうやって話してて、一緒にいて」

なんか、俺、喋ってる。

男「全部含めて、好きだ」

女「……」

驚いてる。

俺も、驚いてる。

なんだ、顔から火が出るほど恥ずかしいぞ!?

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:33:26.77 ID:lbCENRjNP [10/64]
男「……お、おい。とりあえず飯食わないか?」

女「ボクはもうこのままLOVEなHOTELに行きたい気分だ」

上機嫌なようだ。

男「飯を食うっつっても、本当にファストフードでいいのか?」

女「うん。ボクも君もそんなに持っていないし」

ボクはさっき買っちゃったから、と。

ハニかんで言った。

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:41:18.10 ID:lbCENRjNP [11/64]
男「ん~、ファストフードって言ってもたくさんあるぞ?」

女「そうだね。……あ」

おぶって歩いていると。

男「この音は……」

石焼き芋。

女「いいね、いかにも冬っぽい」

男「食べるか?」

女「食べたいね」

それなら、食べよう。

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:46:01.90 ID:lbCENRjNP [12/64]
男「降りろ」

女「いいじゃないか、このままで」

暖かいし、と。

さらに強く抱かれる。

そして。

焼き芋を購入。

二本五百円くらいである。

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 02:54:58.88 ID:lbCENRjNP [13/64]
実に滑稽な絵だっただろう。

サンタコスをしたおんなをおぶってる絵は。

それでも。

『カップル仲がいいね』と言われる。

そう言った途端、やつが興奮していたのは。

背中から伝わってくる以上に。

鼻息の荒さでわかった。

女「ボクたちはカップルに見えるらしい。嬉しいなぁ……嬉しいなぁ……」

……はぁ。

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:01:26.35 ID:lbCENRjNP [14/64]
男「今度は計画を立てような」

女「ああ、そうだね」

乗り気ではないみたいだ。

男「イヤか?」

女「いや、そうじゃなくてね」

そう言って、やつは口を塞いだ。

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:06:45.89 ID:lbCENRjNP [15/64]
男「冷えてきたな」

ヒュウッと、冷たい風が吹く。

女「ボクは君のおかげで暖かいよ」

男「そりゃ良かった」

そう言って。

俺は一つの場所に向かった。

男「とりあえず、この焼き芋を食おう」

女「ここからだと……あの公園だね」

そう。

あの公園。

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:24:38.71 ID:lbCENRjNP [16/64]
……と、言っても。

もう跡形もないのだけれど。

男「やっぱり全部撤去されてるな」

女「そうだね」

少子化って怖いな。

女「こどもは何人欲しい?」

唐突だな。

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:29:43.69 ID:lbCENRjNP [17/64]
男「ほれ」

女「ボクはおとこじゃないよ」

掘らなくていい。

しかも、なんでそっちの掘るなんだよ。

男「焼き芋だ焼き芋」

女「ん……大きいね」

確かに、大きな芋だった。

女「巨根……」

言うと思った。

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:40:06.48 ID:lbCENRjNP [18/64]
さーて、俺のはっと……。

……ん?

あれ?

二つ……入ってたはずなんだが。

一つだけ?

女「あれ? 一つだけだったのかい?」

男「そうらしい」

大きくなかったら怒ってたぜ。

女「それじゃあ」

芋を真ん中でホクッと割って。

女「はい」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:47:15.79 ID:lbCENRjNP [19/64]
……。

女「はべないのはい?」

口に物入れながら喋るな。

男「いや……」

このシチュエーション。

すっごくいい。

はんぶんこってやつ。

最高だ。

男「いただきます」

女「ほうほ」

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 03:55:50.57 ID:lbCENRjNP [20/64]
俺は。

女「?」

やつが食べている方の芋を取る。

女「ふふっ、意地悪だね」

男「こっちの方が美味そうだったからな」

女「ふふ」

間接キスだね、と。

口の周りに芋をつけながら言う。

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 04:08:30.11 ID:lbCENRjNP [21/64]
男「ふんっ」

女「美味しいかい?」

男「ああ、甘くて美味しい」

女「ふふっ、良かった」

すると。

やつはいきなりハッとした。

男「どうした?」

女「芋を食べると、オナラが出ないだろうか?」

出るだろうな、生理現象だし。

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 04:09:38.40 ID:lbCENRjNP [22/64]
男「出るんじゃねえの?」

女「血も出るしね」

そりゃお前だけだ。

俺は出ないぞ。

というか。

それは違う生理現象だろう。

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 04:11:08.44 ID:lbCENRjNP [23/64]
ごめんなさい。
寝ます。

明日で終われるよう頑張ります。

勝手でごめんなさい。

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 13:24:42.86 ID:lbCENRjNP [24/64]
女「こうやって、ここに君と一緒に入れるとは思わなかったよ」

男「どういうことだ?」

女「全ての始まりはここからだった。そして今もここにいれる」

たしかに、そうだ。

女「まあ、公園自体は無くなってしまったけどね」

男「そうだな」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 14:23:57.80 ID:lbCENRjNP [25/64]
女「公園がなくなっても、ボクは一向に構わない」

この跡地が何になろうと。

俺達には関係ない。

女「君がいなくなってしまったら、困るなぁ」

男「俺、明日いなくなるかもしれないぞ」

女「それならついて行くよ」

男「突然いなくなったら?」

女「ずっと一緒にいるよ」

そうかい。

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 14:41:22.31 ID:lbCENRjNP [26/64]
女「さて」

まだ食い終わってない。

女「そろそろ、行こうか」

食い終わってないって。

男「ひょっとまへ」

女「急がなくてもいいよ、ゆっくり食べてくれ」

ニッコリしてこっちを見られると。

逆に焦っちまう。

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 15:01:36.65 ID:lbCENRjNP [27/64]
男「ん……食い終わった」

女「じゃあ、行こうか」

男「おう」

と言いながら、動かない。

男「どうした?」

女「おんぶ?」

男「……わかったよ」

わがままなやつだ。

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 15:08:58.84 ID:lbCENRjNP [28/64]
男「ほらよ」

女「ん……あっ」

なんだその声は。

女「うん、安定感が素晴らしい」

男「そうかい」

そして、俺は歩き出した。

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 15:18:01.12 ID:lbCENRjNP [29/64]
男「お……」

女「なんだい?」

男「見ろよ、あれ」

女「……うわぁ……凄いね」

そこには。

たくさんの色で彩られた、イルミネーションであった。

女「お、降ろして」

ジタバタするな。

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 15:21:32.82 ID:lbCENRjNP [30/64]
女「凄い凄い! 綺麗だねぇ」

男「そうだな」

クリスマスは。

いつも家にいたからな。

女「いつも君の家にいたから、知らなかった」

そう、こいつと一緒に。

404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 15:27:30.63 ID:lbCENRjNP [31/64]
女「これからは」

モジモジとするやつ。

女「君と毎年、見れるんだね」

なんだそりゃ。

男「これから毎年」

俺も何か言っておこう。

男「お前のミニスカサンタが見れるんだな」

あれ、何言ってんだ俺。

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 15:43:00.26 ID:lbCENRjNP [32/64]
女「なんだ、結構好印象だったのか」

そう言って。

くるりと回ってみる。

女「ミニスカ、がいいんだね」

男「……」

俺の欲望が顕著に出ていた。

恥だ、恥。



408 名前:>>407 最高の誉め言葉と受け取っておきます[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:01:08.96 ID:lbCENRjNP [33/64]
女「プレゼントは何が欲しい?」

男「別に」

即答だね、と。

ちょっと怪訝そうに言った。

女「じゃあ、勝手に決めてもいいかな?」

男「ああ、いいぜ」

変なもんじゃなかったらな。

410 名前:>>409 ツンデレが書きたくなりました[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:13:06.77 ID:lbCENRjNP [34/64]
やつがミニスカのポケットらしき場所からリボンを取りだす。

……まさか。

そして、それを自分の頭につけて、言いやがった。

女「ボクがプレゼントだ」

……こんなことを本当に言うやつがいるとは。

男「ひ、引くわぁ……」

女「惹くかい?」

そっちじゃない。

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:19:43.25 ID:lbCENRjNP [35/64]
女「じゃあ、ボクはゴミ箱にポイ……ということか」

男「んなわけあるか」

そう言って、どこかに行こうとしたやつの手を掴む。

女「じゃあ、どうするだい?」

ニヤニヤするな。

男「俺のプレゼントをやろう」

このために買っておいた――恥ずかしくて言えないけど――マフラー。

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:27:57.66 ID:lbCENRjNP [36/64]
くるりと、やつの首に巻きつける。

女「……可愛いマフラーだね」

男「……似合うかどうかはわからん」

女「ボクにはわからないよ」

そう言って、俺の目をジッと見てくる。

女「どうかな?」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:30:39.51 ID:lbCENRjNP [37/64]
>>412
訂正。

×女「ボクにはわからないよ」
○女「ボクにもわからないよ」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:35:31.97 ID:lbCENRjNP [38/64]
ミニスカサンタにマフラー。

正直に言おう。

物凄い破壊力だ。

寒と暖を併せ持っていて。

そのギャップがまたいい。

男「似合ってる……ぞ?」

女「最後の疑問符はなんだい?」

うるさい。

恥ずかしくてちょっと濁したんだ。

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:47:34.49 ID:lbCENRjNP [39/64]
男「似合ってる! これでいいか!」

恥ずかしくてなんか逆にはっきり言っちまった。

女「ふふ、顔が血みどろだよ」

顔が赤いなら赤いって言え。

どんな比喩だ。

女「ありがとう、暖かくて、最高だよ」

男「そりゃあよかった」

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 16:54:46.10 ID:lbCENRjNP [40/64]
女「やっぱり、ボクをプレゼントは無し」

なんだよ。

くれよ。

いや、なんでもない。

ちょっと混乱してる。

女「だから、改めてプレゼントをあげる」

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 17:00:11.81 ID:lbCENRjNP [41/64]
女「目を、つぶってくれ」

男「ん」

これはまさか……。

MASAKA??

OHSAKA!?

ちょっと待て、落ち着きましょう。

うん、一度しんこきゅ――

女「メリークリスマス」

――そう言って。

やつは俺の頬に軽くキスをした。

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 17:05:14.79 ID:lbCENRjNP [42/64]
女「ふふっ」

男「……」

それだけか。

頬に軽くキスで。

おしまいなのか!?

女「さて、それじゃあ……」

納得がいかない。

俺はやつの肩を掴む。

女「ど、どうしたんだい? 怖い顔をしているよ?」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 17:08:49.46 ID:lbCENRjNP [43/64]
男「俺もプレゼントをやる」

女「いいよ。ボクは貰ったから」

男「いいから!」

奴の顔が真っ赤になる。

俺の顔もきっと紅色。

女「……」

物凄く混乱した顔のやつの唇を。

力強く、奪った。

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 17:17:23.90 ID:lbCENRjNP [44/64]
女「!」

ドンッと。

強く押された。

女「馬鹿っ!」

お怒りのようだ。

息が荒い。

女「……」

早歩きで俺を置いていこうとする。

やべえ。

本気だ。

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 17:31:41.83 ID:lbCENRjNP [45/64]
男「お、おい!」

女「……」

無視。

男「ちょ、ちょっと待てって!」

女「……」

スルー。

男「どうしたんだよ、いきなり!」

女「……」

受け流し、聞き流し。

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 18:58:10.08 ID:lbCENRjNP [46/64]
賑やかな場を抜けて。

人気の無い場所になる。

男「おい」

早歩きなやつに。

俺も早歩きで追う。

なんか、走るのは嫌だった。

別に理由はないけど。

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 19:02:37.26 ID:lbCENRjNP [47/64]
女「……!」

いきなり止まって。

俺を睨む。

男「!」

ズンズンと近づいてくる。

男「な、なんだ?」

女「馬鹿っ」

そう言って、目から涙を零した。

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 19:29:44.65 ID:lbCENRjNP [48/64]
俺は。

何故怒っているのか理解できなかった。

男「な、なんで怒ってるんだよ」

いつもこんなに怒りをあらわにしないやつが。

女「怒るよ」

そう言って、涙をぬぐう。

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 19:37:33.25 ID:lbCENRjNP [49/64]
女「あんなに人の多い所でキスするなんて……考えられない!」

男「」

まさか。

そんなことだったとは。

女「恥ずかしくて仕方ないだろう……」

グスグスと。

泣いている。

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 19:41:10.05 ID:lbCENRjNP [50/64]
男「……悪かった」

女「ボクは怒っている」

男「そういわれてもな……」

確かに、人が多かった。

でも、そんなことで本気で怒るとは。

女「だからボクは軽く頬にチュッとしたんだ」

軽く頬にチュッ。

なんか可愛い。

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 19:50:22.85 ID:lbCENRjNP [51/64]
女「それなのに君は……ふむっ!?」

やつの口を手で抑える。

男「お前が言えるのか?」

ノーパンで家にやってきて。

下着を買わそうとしたりして。

巧妙な手口でおんぶまでさせたくせに。

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 19:55:09.41 ID:lbCENRjNP [52/64]
それでも俺は。

こんなに怒ってないぜ。

……まあ、下着はさすがに怒ったけど。

女「……」

男「……! おまっ!?」

突然やつは。

覆っていた俺の手を舐めた。

男「いきなりなんだよ!?」

女「しょっぱい」

もう、その時には。

奴の顔は怒りから笑顔になっていた。

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 20:04:00.31 ID:lbCENRjNP [53/64]
女「そうだね、そうだ……」

男「……?」

女「確かに、ボクにも悪いところがあったね」

男「ん……そ、そうだ」

そうだぞ。

お前にもたくさんあった。

女「だからお詫びとして……その……」

またモジモジしてる。

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 20:14:53.12 ID:lbCENRjNP [54/64]
背伸びをして。

俺の唇にキスをする。

女「……これで、いいかな?」

男「悪い、ちょっと気が抜けてた」

女「ええっ」

は、恥ずかしいのに……と。

可愛らしく恥じらう。

ときめいている。

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 20:28:12.74 ID:lbCENRjNP [55/64]
男「本人が認めてないんだぞ」

女「わかったよ……する、するから」

こんなに困惑したやつをいまだかつて見たことがあるだろうか。

可愛い。

くそう、可愛いぞ。

男「なんだ、しないのか?」

女「こ、心の準備というものがあってだね……」

すーはーすーはーと。

深呼吸。

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 20:47:30.46 ID:lbCENRjNP [56/64]
女「よし……!」

気合十分。

女「行くよ……」

そう気合の入ったやつに。

俺からキスをしかけた。

女「っ……ん」

柔らかい、唇。

小さな体を引き寄せる。

ギュッと、力強く。

絶対に離れないように。

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 20:57:59.93 ID:lbCENRjNP [57/64]
女「……大胆で、強引で、積極的だね」

男「悪かったな」

女「むしろ嬉しいよ。大好き」

男「そうかい」

俺にしては確かに、凄い行動だ。

女「ねぇ、男」

男「あん?」

女「メリークリスマス」

男「おう、メリークリスマス」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:02:57.06 ID:lbCENRjNP [58/64]
聖夜ってのは。

こういうもんだったんだな。

男「さて、これからどうするか」

女「ボクの家に行こう」

男「はぁ? なんでだよ。こういうときくらい、外で……」

女「今日、両親がいないんだ」

男「……マジで?」

女「うん、マジで」

こんな、クリスマスだった。

END

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:05:40.51 ID:lbCENRjNP [59/64]
妹「……納得いかない!」

男「なんだよ」

妹「次は私が……主役をやらせてもらう!」

男「えぇ……お前かよ」

妹「というわけで、ご期待ください!」

男「スレタイは?」

妹「……決まってない!」

めんどくさそうだな……。

To be continued...

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:12:16.31 ID:lbCENRjNP [60/64]
クリスマスの話をしながら、遅筆のせいですでに世の中は年末ムードであります。

ボクっ子最高です。
でも、そんなボクっ子も今回で終わり……にしようかと考えております。
やはり、マンネリというものは怖いです。
……皆さんの反響がございましたら、書きます(ボソボソ。
というか、書きたい。

>>460でいいましたが、次は妹です。
「ひひゃあ、わたくしめには妹萌えはありませぬわ!」という方。
もちろん、姉もやります(と、言ってみる)。

そんなこんなで長きにわたり保守をして下さった皆様、そして見てくださった皆様、ありがとうございました。

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:13:03.99 ID:vSBtXUHr0 [3/3]
男と女はどうやって出逢ったの?

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:23:21.92 ID:lbCENRjNP [61/64]
>>471
大したことじゃないですよ。
女が砂遊びをしているという違和感を拭い切れず、話しかけたのが最初です。

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:25:10.23 ID:mc/wO9jE0 [2/2]
>>105はどういう意味だったんだ?


478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 21:28:24.71 ID:lbCENRjNP [62/64]
>>476
生理です。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。