FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「女体的な観点で見るとあずにゃんはちょお魅力的だよね」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 04:59:12.18 ID:91lSQpkt0 [2/209]
ぶしつ!

梓「何なんですかその特殊な観点。むしろ観点というか考え方が特殊ですよね」

唯「いや、あずにゃんは可愛いなあということを客観的に表現したくてですね?」

梓「女体的な観点じゃなかったら、可愛くないってことです?」

唯「そんなことは決してないよ!?」

 とはいえ。
 一応誉められているわけでして、私だって自然と顔がにやけてきちゃうのです。

唯「あ、あずにゃん何だか嬉しそう!」

梓「にゃ!? う、嬉しくなんかないですよ!?」

 こう、どうせならもっと直接的に誉めてもらわないと、手放しで喜べないというか。
 贅沢なことを言っているとは思うんですけどね。

梓「可愛いって言ったら、唯先輩や憂の方がよっぽど可愛いと思いますけど」

唯「うぅん? 確かに憂は自慢出来るくらい可愛いけど、私はどうかなぁ」

梓「双子かってくらいほとんど同じ顔してるんですから、唯先輩も自分で自分を自慢していいんじゃないですか」

 ええ、唯先輩も可愛いですよ。悔しいくらい。
 姉妹だから比較しちゃうのは仕方ないかもですけど、性格とか、ふとした仕草とか、私の目から見たら唯先輩のがよっぽど可愛いんですが。

唯「憂に比べたら、自慢出来ることは何もありません!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 04:59:43.59 ID:91lSQpkt0
梓「いえ……胸を張られても……」

唯「だって、憂だよ!? 私のどこが憂に勝ってるっていうの!?」

 まぁ、何でも卒なくこなしちゃう憂には敵わないって、私も思います。
 けど、唯先輩には唯先輩のいいところがあるんですよ。

梓「……歳、とか?」

唯「ハタチ越えたら逆にプレッシャーになっちゃうよ!?」

梓「あー……」

 生まれた順番は、確かに優劣と関係ないですよね。
 んじゃ、他には……何があるかなあ?
 軽音部のメンバーである、っていうのは……憂が入部すればすぐにアドバンテージじゃなくなるし。
 ……あれ?
 何に対してのアドバンテージなのかな?

梓「参考までに聞きたいんですけど、唯先輩は、どうして憂に勝ちたいんですか?」

唯「うん? 別に、勝ちたいとかじゃないんだけどね」

梓「はあ。だったら、今まで通りでいいんじゃないですか」

唯「……今まで通りだと、あずにゃんが憂を好きになっちゃうかもしれないでしょ」

梓「はい?」

唯「だから、私と憂が同時に『好き』って告白したら、あずにゃんはどっちがいいか比べて、結局最後には憂を選んじゃうでしょ?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:00:22.08 ID:91lSQpkt0
梓「……はい?」

 そんな状況は、今まで微塵も考えたことありませんでしたよ。
 っていうか、女の子同士で好きだの何だの、ほとんどジョークみたいなもんじゃないですか。

唯「憂はとっても大好きだけど、あずにゃんを取られるのは悔しいよ」

梓「え? どうして私が憂を選ぶと決め付けちゃってるんですか?」

唯「え? まさかあずにゃん、憂のこと嫌いなの?」

 うわあ、何なんだろこの正解のないクイズ。
 正直なところ、付き合うのが面倒臭いですよ。

梓「憂は友達、クラスメイトとして好きですが、唯先輩のことは、もっと深く真剣に真面目に好きです」

唯「ああ、やっぱりそうな……え」

梓「いきなり止まらないでください」

唯「……やっぱりそうなんだ、って言おうとしたのに、予想外の答えが返ってきて、え? ってなったんだよ……」

 ええ、まあ、さらっと告白しましたから、同じようにさらっと流される覚悟でしたけどね。
 でもしっかり引っかかってくれちゃって、唯先輩ってば変なところで律儀ですよね。

梓「好きです、唯先輩」

唯「へっ!? あ、その、私……えええ!?」

 周りをきょろきょろ見回したって、どっきりじゃないんですから、誰もいません。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:00:54.62 ID:91lSQpkt0
梓「……冗談ですよ。女の子同士の『好き』なんて、非生産的じゃないですか」

唯「えぇ……ものすごく嬉しかったのに、嘘だったんだ……」

 いえ、そんなにがっかり肩を落とさなくても。

梓「嘘じゃありませんよ。私は唯先輩が大好きです」

唯「ほわぁ……! じゃ、じゃあ!?」

梓「大好きですけど、女の子同士で何かをどうこう出来るわけないですよね?」

唯「……どうこうは出来ると思うんだけど……あずにゃんは、私とどうこうしたくないんだね……」

梓「したいとかしたくないとかじゃなくて、非生産的だってだけですっ」

 男の人が相手なら、結果的に子供が出来るとか、そういうことになるんですけども。
 女の子同士で指や肌をこすり付けるんじゃ、無駄に虚しい時間を浪費するだけでしょうに。

唯「……『非生産的』っていうのは、いわゆるレズい行為は何の感情も産み出さないから、っていう意味かな?」

梓「そこまでは言いませんけど、不毛じゃないですか。何度やっても、いつまで続けても、気持ちいいだけだなんて」

唯「私は……あずにゃんに気持ちよくなってもらえたら、嬉しいんだけどね」

 照れたような恥ずかしがる感じと、少し寂しげな感じが入り混じった表情。
 私を前に言うってことは、つまり、そういうことなんだろうな。

梓「私と、いわゆるレズい行為をしたいんですか?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:01:24.75 ID:91lSQpkt0
唯「……うん。私、自分にそういう気はないと思ってたんだけどね、あずにゃんと会ってからは……その、えっちぃ気分になってばっかりでね」

梓「えっちぃ気分っていうのは、えっと……こ、こういう感じ、ですか」

 唯先輩の胸へ、飛び込むように抱き着く。
 いつもとは逆。
 唯先輩が、普段は私の感触や匂いを楽しんでいるのとは逆に、私が唯先輩の感触や香りを堪能する。

唯「はう、う、うぁ……あっ、あずにゃんっ!?」

梓「レズいのが自分だけだと思わないでください。私だって、唯先輩にこうしたくって堪らなかったんですよ?」

唯「はう……」

 言っちゃった。
 今までずっと言えなかったけど、唯先輩が誘ってくれたから、言っちゃった。
 女の子同士なんて変なのに、唯先輩とエッチなことしたいって思ってたこと、思いっきりバラしちゃった。

唯「い、いいの? 私っ、変なんだよ!? 女の子同士なんだよ!?」

梓「いいんです。唯先輩は変ですけど、私も負けないくらい変ですし」

 ぎゅう、って。
 私からも抱き着いてるから、唯先輩に抱き締められると、いつもより深く強く身体が密着する。

唯「ううう……しやわせすぎて夢みたいだよう、あずにゃんっ」

梓「んむんむぅ……私も、まさか真正面から唯先輩の胸の感触を思いきり楽しめる日が来ようとは、夢にも思ってませんでした」

唯「え、ええと、えっと……ふふふ、子猫ちゃん? いくらでも楽しんでいいのよ?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:03:15.42 ID:91lSQpkt0
梓「……そういう演技されると、何だか気分が白けてきますね」

唯「わっ、わわっ、ごめーん! だって甘えられたらこう言わなきゃいけないのかなって、だから……」

梓「だから?」

唯「……もうしません。だから、もっとぎゅーってさせてくれる?」

梓「はい、喜んで」

 ぎゅううっ。

唯「はー。このまま横になって、ごろごろ転がれたらもっとしやわせなんだろうなあ」

梓「部室じゃ無理ですけど、ええ、まあ、とても素敵な感じですね、それ」

唯「うん、部室じゃ無理だねえ、部室じゃ……」

 そんなことを言いながら、私の髪に顔を埋めてくる唯先輩。
 今日は体育があったから、汗臭くないか心配だったんだけど。

梓「あ……」

唯「んん……あずにゃん、いい香りがする。あんまりくんくんすると嫌われちゃいそうだから、この辺にしとくね」

梓「い、いえ、別に……嫌なら嫌って言うので、言わない時は気にしないで続けて構いませんよ」

唯「……どうしよう、あずにゃんがすっごく優しい上に何でもかんでもさせてくれるなんて!」

梓「そこまでは言ってません」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:04:11.22 ID:91lSQpkt0
唯「えー」

 私だって、唯先輩の膨らみの感触をじっくりと味わっているんですから、お相子です。
 右にむにーってほっぺを押し付けたり、左にぎゅーっと鼻先を埋めてみたり、ふにふにって谷間の真ん中で顔を左右に振ってみたり。

唯「んっ、あん、あずにゃん……くすぐったいよぉ?」

梓「おっぱいがある人の運命だと思って諦めてください。こんなこと、私には無理なんですから」

唯「……私も、させて欲しいなあ。あずにゃんの胸に、お顔すりすり」

梓「制服ですれて痛くなるだけだから止めておいた方がいいです」

唯「あー、うん、そうじゃなくって……その、はだ、だ、裸っ、に、なって……すりすり……」

梓「言うだけで緊張しまくって心臓ばくばくなくせに、裸になったらどうなっちゃうんです?」

唯「……倒れたら介抱してくれる?」

梓「面倒臭い人ですね」

 はあ、とわざと大きな溜め息をついてみせる。
 唯先輩の身体が、びくっと震えたのが伝わってきた。
 ちょっと心配になって、見上げてみると。

唯「うく、ぐすっ……私っ、やっぱし、あずにゃんにとって、面倒でうざったい先輩なのかなぁ……?」

 そんな、今ので泣くことないじゃないですか。
 相手の一挙一動、何気ない言葉の端々で傷付くことないじゃないですか。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:04:45.23 ID:91lSQpkt0
梓「……はい。本当に面倒臭そうです、唯先輩とお付き合いするのって。今のところは、ですが」

 唯先輩の肩に掴まるように手を回して、背伸びして、紅潮したほっぺを伝う雫に口を付ける。

梓「ん、んっ、ちゅ……んもう、ほんとに……ちゅ……面倒、なんですから……」

 ちゅ、ちゅっと何度も塩辛い涙を吸っていると、唯先輩が硬直しているのに気付いた。

唯「あ、あう、あっ、あずにゃ……あうあうあぅ……」

梓「……唯先輩。私、お互いに気を遣いすぎる関係って嫌なんですよ。そりゃあ、大事なところでも無神経な態度を取るのはどうかと思いますけど……」

 唯先輩は、まだ動かない。
 仕方ないから、私はもっと頑張って背伸びしながら、耳元まで口を寄せる。

梓「私は、唯先輩が傍にいてくれると、嬉しいですよ?」

唯「ふぁ……!?」

梓「さっき『今のところは』って言ったのは、唯先輩が、きっと私のそんな気持ちをわかってくれてないからです」

梓「唯先輩は、どうです? 慣れない演技をしたり、エッチなこと考えただけで自信がなくなったり……まぁ、エッチの方は私も興味がないわけではないですけど」

梓「自然体で付き合えない相手に、私が気を遣って、その、今は大好きに違いないですが……もしかしたら、そのうち疲れちゃうかもしれませんよ?」

唯「……そんなの、やだ。あずにゃんが私に気を遣うせいで、疲れちゃうなんて、絶対に嫌だよぉ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:05:20.65 ID:91lSQpkt0
 さっきまでとは違って、優しく抱擁してくれる唯先輩。
 声色も、まだ鼻声だけど、とても冗談で言っているようには思えなかった。
 だから。

梓「じゃあ、唯先輩。いきなりレズいことしたいとか言わないで、そんな風に急がないで、ちゃんとステップを踏んだお付き合いをしましょう?」

唯「うん……そうだよね。勢いですることじゃないもんね」

梓「はい。勢いに任せるのは、もっともっとお互いを好きになってから、です」

唯「うん」

 ぎゅ。
 唯先輩は、ちょっと身を屈めて、私が背伸びしなくてもいいようにしてくれた。

唯「嬉しいよ、あずにゃん。私のこと真面目に考えてくれてて、すっごく嬉しい。大好きだよ」

梓「はい。私も大好きです、唯先輩」

唯「うん。ありがと、あずにゃん。ほんとに大好き」

 柔らかくてあったかいほっぺが、すりすりとこすりつけられる。
 唯先輩は、延々と説教を垂れていた私をずっとしっかり抱き締めていてくれて、話を聞いた上でも諦めないでくれたみたい。
 もし軽い気持ちだったら、とっくに離れてるハズ。

梓「で、でも、ですね?」

唯「んにゅんにゅぅ……んぅ?」

梓「私が入部して結構経つわけですし、その頃から唯先輩は私に抱き着いたりしてたわけですし……世間一般の、見知らぬ間柄が告白で成立したカップルじゃないと思うんですよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:06:02.01 ID:91lSQpkt0
唯「……そのココロは?」

梓「……き、キスくらいまでなら、しちゃっても、いい、の、かなー、なんて……」

 私は。
 一体。
 何を言っているんだろう。
 これじゃ、普段より濃密なスキンシップで発情したみたいなのに。

梓「いえっ! 今のは何でもないです! 聞かなかったことにしてくださいっ!」

 わたわたと腕を振って、唯先輩の身体を突き放そうとしたけれど、もう遅かった。

唯「んふー……今。ここで。キスまで……なら、しちゃってもいいんだね?」

梓「あ……だ、だから、その……」

 ほっぺすりすりが止まる。
 名残惜しそうに肌を離した唯先輩の両目は、とろとろに潤んでいた。

唯「え、えっとね、初めてだから、上手じゃないかもしんないけど……下手だからって怒らないでね?」

梓「あぅ……ん、んっく……私も、初めて、ですから……気にしないでください……」

 唯先輩の腕が、私の身体を解放した。
 その代わりに。
 指と指を絡めるように、私の両手を握ってきた。

唯「……嫌だったら逃げていいからね、あずにゃん」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:06:32.53 ID:91lSQpkt0
梓「は……い……」

 何かの儀式のように、私達は正面から真っ直ぐに向き直る。
 もう唯先輩の瞳しか見えない、目を逸らせない。

梓「ん……」

 私は観念して、目蓋を閉じた。
 そして、軽く……唯先輩の顔に、首を上向ける。

唯「キス……するよ、あずにゃん」

梓「…………」

 答えられない。
 言葉を発した瞬間に唇を塞がれたら、折角のファーストキスが間抜けになっちゃいそうから。
 だから、じっと目を閉じたままで待つしかないんですよ、私は。

唯「……ふふ。すっごく緊張してるあずにゃんも可愛いねえ」

梓「…………」

 早く。
 するなら、早くしてください。
 絡めた指をくすぐって遊んでないで、キス、してください。

唯「……あ、初めてなのに、部室だとムードないかな?」

梓「ん……んんっ……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:07:03.67 ID:91lSQpkt0
 だから、早くしてくださいってば。
 ずっと待ってるのに、唯先輩がちゅってしてくれるの待ってるのに、何のお預けプレイですか。

唯「……そんな難しい顔のあずにゃんにはキス出来ないかなぁ」

梓「……え?」

 目を開けると、唯先輩は何だか困ったような表情を浮かべていた。

唯「ううん、キスしたくないわけじゃないんだよ? でも、緊張して、唇をへの字にして、かちこちになってるんだもん」

梓「わっ、たし、そんな顔してました?」

唯「多分、あずにゃんが私にキスする側でも、同じ風に思ったんじゃないかな?」

 うわー、うわーうわー。
 偉そうなこと言っておいて、これ以上ないくらいの『キスしていいですよ』サインを送っておいて、唯先輩を覚めさせちゃうだなんて。
 最初からこんなに唯先輩に気を遣わせてたら、すぐに、嫌われちゃうよ……。

唯「ねえ、あずにゃん?」

梓「はい……?」

唯「私とキスするの、怖い?」

梓「そっ、そんなことないですっ! 目をつむってる間、まだかなまだかなって、ずっと待ってて……」

唯「あ、うん、今の顔がいい。恥ずかしそうだけど、キスして欲しいっていう気持ちが伝わってきたよ!」

梓「うぅ……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:07:36.52 ID:91lSQpkt0
 あんまり恥ずかしすぎて、目を逸らす。
 逸らした目を、そのまま閉じる。
 唯先輩にキスして欲しい。けど、難しい顔でなんかしたくない。
 どうすればいいのか、わかんない。
 そんな混乱の中、あったかくて柔らかな感触が、私の唇に触れた。

唯「……ちゅ」

梓「ん……んんっ!?」

 驚いて目を開けると……眼前に、恥ずかしそうに目を閉じた唯先輩の顔。
 ただ、唇を触れさせるだけの口付け。
 なのに、唯先輩は緊張で小さく震えていて、ううん、私も同じなんだと思う。

梓「んっ……ちゅ、ちゅっ」

 触れている部分はほんの少し、唇だけなのに、とっても気持ちいい。
 そして、嬉しい。
 ……幸せ。

唯「ちゅ、んっ……ちゅ……はあぁ」

 唯先輩の唇の感触がなくなったところで、ゆっくりと目蓋を開く。
 すると、唯先輩も同じように目を開けているところだった。

唯「……えへへ。しちゃったね、キス」

梓「……はい。しちゃいましたね、キス」

唯「もっとしたいね、キス」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:08:09.38 ID:91lSQpkt0
梓「したいですけど、そろそろ他の先輩方が来ちゃいますよ」

唯「うー、残念だよー」

梓「はい、残念ですね」

 どきどきが治まらない。
 唯先輩も同じみたいで、あの柔らかいほっぺを真っ赤に火照らせながら、胸元に手を当てている。

唯「……はぁ。もっとすごいことしたら、私、どうなっちゃうんだろう」

梓「いきなりレズいことに挑戦しなくてよかったですね?」

唯「いや、今も裸で抱き合ったりとか、そういうことしたいって気持ちに嘘偽りはないんだけども!」

梓「……わからないでもないですけど、ちゃんと、健全なお付き合いから始めましょうね」

唯「うん。まずは今日の帰り、ぷちデートしようね!」

梓「でっ……!?」

 その、キスはしたけども、デートとなるとまた別の種類の心の準備は必要なわけで。
 私はその場の空気を誤魔化すように、ソフトケースからギターを取り出してチューナーを繋ぐ。

唯「……あずにゃんのいけずー」

梓「色気にかまけて練習しないとか、そういうのは嫌ですからっ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:08:41.37 ID:91lSQpkt0
 ぎゅいーん。
 ぎゅうーん。
 ちゅいーん。

唯「ねぇ、あずにゃん」

梓「はい?」

 ちゅーん。

唯「3弦、きっともうすぐ切れるよ。やっぱりデートついでに弦を買いに行こう!」

 ぴゅーん。
 いつもの交換時期には、ちょっと早いですよ。

梓「音は……今日は割と、狂ってないみたいですけど」

 ペグを少し締めて、もう一度合わせる。
 唯先輩は心配そうな顔で私を見つめてながら、自分の……ギー太を出して、じゃらんとひと奏で。

唯「……うん、やっぱりあずにゃんの弦の音、いつもと違うよ」

 ええまぁ、そちらは例の通り、チューナー不要なんでしょうけど。
 ……あれ? 『いつもと違う』?

梓「チューナーで合わせたのに違うってわかるんですか」

唯「うん」

梓「どんな感じなんです?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:09:14.35 ID:91lSQpkt0
唯「今日の練習は大丈夫そう。でも、帰って弾いたら急にバチンっていきそうな感じ」

 うわあ……そこまで詳細に言われると怖いですよ、唯先輩。
 嘘だったとしても、交換したくなっちゃうじゃないですか。

梓「……わかりました。デートじゃありませんけど、弦のストックもありませんからお買い物には行きましょうか」

唯「やったー! デート! あずにゃんとデートだ-♪」

梓「違いますってば!」

 ガチャ。

律「おー? またやってんなー、おふたりさん」

澪「唯がチューニングしてる……やっとやる気を出してくれたんだな!?」

紬「あらあらまぁまぁ、お祝いにお茶の用意をしましょうね~」

澪「ちょ!?」

唯「紬ちゃん! 今日のお菓子は一体なぁに!?」

梓「あ……」

 今日もこうして、なし崩し的にティータイムに雪崩れ込む。
 ただ、いつもと違うのは……私と唯先輩の関係が、少し変わったこと。
 だから、ちょっと強気に出てみる。

梓「唯先輩! ティータイムが済んだらすぐ練習ですからね!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:09:46.99 ID:91lSQpkt0
 いつもと同じ雰囲気、光景。
 先程の出来事を暴露したら、変わるんだろうか、変わらないんだろうか。

唯「楽しみだね、あずにゃん♪」

 ええ、確かに、色んな意味で。
 だから、私はこう答える。

梓「はいです♪」

~おしまい!~

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:10:15.97 ID:91lSQpkt0
~つづき!~

唯「デート終わっちゃったね……」

梓「デートじゃありませんでしたけど、まぁいつものお店でいつもの弦を買うだけでしたからね……」

唯「そ……そう! フラット! フラットは大丈夫!?」

梓「フレットです……ちゃんと手入れしてますよ。ペンチとか、女の子らしからぬ工具がクローゼットに揃ってますよ」

唯「そっかぁ……あずにゃんのお部屋には、色んな怪しい道具が揃ってるんだぁ……」

 にへらぁ、って笑わないでくださいよ。
 周りで聞いてる人達に、別の意味で取られちゃうじゃないですか。

梓「別に、珍しいものはありませんよ?」

唯「ほんと~?」

梓「本当ですっ」

唯「紙に誓って?」

梓「その発音的に、ザ・ペーパー!?」

唯「うんうん、それじゃあ恋人であり先輩である私としては、本当かどうかちょぉーっとお邪魔させてもらわないとねぇ?」

梓「何なんですかそのちょっとやそっとじゃ済まないような雰囲気は!? ほんの少し前に、ステップ踏んでお付き合いするって言ったばかりじゃないですか!」

唯「あ、憂~? 今日ね、あずにゃんのおうちにお泊まりするね。うん。え? いやー、実はそうなんだよ~……え? そんなのいいってば!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:10:54.69 ID:91lSQpkt0
梓「……唯先輩? 憂と何を話してるんですか?」

 私が問いかけた頃、電話は終わったようだった。

唯「あ、うん……あずにゃんに告白したよ、って。そしたらお赤飯炊くって、憂が……」

梓「それは何か違うですよね!?」

 実態の把握というか、飲み込みが早すぎませんか。
 それに私のうちに泊まるっていうことは……つまり、そういうことで……。

唯「だ、だから、炊かなくていいって……」

梓「そうじゃなくって、お泊まりって! 私のうちに! ステップなお付き合い、一足飛びで登っちゃってるじゃないですか!?」

 いえ、両親は今日もいないんですけど、いきなり来るって言われても困るっていうか片付いてたかなとか、お夕飯はどうしようかなとか、お風呂とか寝る時とか。

梓「…………」

 私以外のベッドを使わせるわけにはいかないよね?
 それに、客間とお布団はあるけど、それだとあんまり唯先輩との距離を取り過ぎちゃう気がするし……。

唯「ねぇ、あずにゃん。夕ご飯の献立、決まってた?」

梓「あ……いえ、まだですけど」

 冷蔵庫の中はほぼ空っぽだし、スーパーに寄って適当に決めようかと。

唯「じゃあファミレスで食べようよ! デート的に、レストランとはいかないけど!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:11:25.20 ID:91lSQpkt0
梓「……唯先輩なら、私の手料理を食べたいとか言うんじゃないかと思ってました」

唯「あ! それもいいね! そっちにしよう!」

梓「いえ、ファミレスにしましょう。丁度季節メニューで新作が出てますし」

唯「……ちぇー。失敗したなあ」

 残念そうにカバンとソフトケースを抱え直す唯先輩。
 私の手料理を食べて欲しかった気持ちはあるけれども、やっぱり、急にっていうのは練習も出来ないから困るですよ。
 ん、まぁ、朝の分はあり合わせでもふたり分は何とかなるし、簡単でいいし、うん。

梓「実は今週の食費の予算的に余裕があるので、ファミレスに行こうかなーどうしようかなーと思ってたんですよ」

 これは嘘じゃない。
 浮かせた食費をお小遣いにしてたし、お小遣いを食費にするのも私の自由だし。

唯「うーん、あずにゃんがそう言うならー」

 やたら、とっても、ものすごく残念そう。
 そんなに私の手料理を食べたいなら、ちゃんと練習して自信を持ってから、食べさせてあげますよ。

梓「さあ! キノコとナスのリゾットがオススメですよ!」

唯「おお、美味しそう!」

 実際より少々誇張されたファミレスの垂れ幕の写真に、唯先輩が瞳を輝かせる。
 いえ、実際に思ってたより美味しいんですけどね。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:13:53.72 ID:91lSQpkt0
しょくご!

唯「ふぁー、美味しかった! たまには外食もいいもんだねえ」

梓「たまには、って……もしかして、あんまり外食しないんですか?」

唯「え? だって、さっきのも憂に頼めば多分作ってくれるし、きっともっと美味しいと思うよ?」

梓(憂……恐ろしい子!)

 憂なら本当にやってのけるんだろう、とか何とか。
 それはまぁそれとして。

梓「私、憂みたいに料理上手じゃありませんけど、恋人が私でいいんですか?」

唯「え~? 当たり前でしょ、あずにゃんは憂じゃないんだもん。お料理が上手でも下手でも、私が好きなのは、あずにゃんなんだよ?」

梓「うっ……」

 そんな、真顔で言われると返答に困るんですが。
 こう……口元を押さえて横を向きたくなるような恥ずかしさがあるというか。

唯「あ! 猫ちゃんがいる! にゃんにゃ~ん!」

梓「…………」

 私としてはまだ話の途中だったのに、唯先輩はペットショップのウィンドウに駆けていってしまった。
 んもう、もっと絡んで恥ずかしい思いをさせたりさせられたりしたかったのに。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:15:11.54 ID:91lSQpkt0
唯「あずにゃ~ん、見て見て! ウサギだよウサギ! うさにゃんだよ!」

梓「……ウサギに『にゃん』は無理があると思いますよ?」

唯「ほらほら! もむもむしてる! エサ食べてる! かーわーいーいー!」

梓「うっ……え、ええ、可愛い……ですね」

 こう、問答無用で心の……母性本能? をくすぐるような仕草が堪らなく可愛らしくて、唯先輩が夢中になるのもわかります。

唯「やーん♪ お鼻をふんふんさせてる! 可愛いー! 可愛いー!」

 でも、くだらないってわかってるけど……私のことも可愛いって言ってくれるのに、ウサギに夢中だなんて、ちょっと悔しいですよ。

梓「唯先輩……知ってますか? ウサギって、自分の……を食べるんですよ?」

唯「ええ? うっそだあ、うさにゃんはそんなこと……しな……」

 もむもむもむ。

唯「…………」

梓「帰りましょう、唯先輩。食後に眺める動物じゃないですよ、ウサギなんて」

唯「う、ううっ……騙された……無邪気な草食動物の可愛さに騙されたよぉ……!」

 手を引くと、唯先輩は半分涙目になりながら私の後を歩いてくる。

唯「あ、あずにゃんは……うさにゃんより可愛いけど、私を騙して、あんなことしないよね?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:15:49.07 ID:91lSQpkt0
梓「絶対にしませんっ! っていうか、冗談でも今度そんなこと言ったら本気で絶交しますからね!?」

唯「ううっ……あーずにゃーん! 穢れたうさにゃんに騙された私の心を癒しておくれー!」

 がばっ、と飛び付いてきた唯先輩をかわして、でも地面に落ちないように支えようとして、でも支えきれなくて。
 重い、っていうか私が非力すぎるんだけど。

梓「ちゃ、ちゃんと、自分の足で立ってくださいっ……こんなところで押し倒すつもりじゃないでしょう!?」

唯「う、うん……ごめん、ちょっとショックが大きくて……あんなに可愛いうさにゃんが……ぐす……」

 い、いつまで引きずるんですか、唯先輩。
 物理的に支えきれないですよ、そろそろ、体力の限界です。

梓「……もう! うさにゃんとあずにゃん、どっちが好きなんですか!?」

唯「それは勿論、あずにゃんだよ!」

 ふんす、って踏ん反り返って腰に手を当てる唯先輩。
 いや-、直前のイメージがウサギだけに、何だか素直に喜べないなー。

唯「大好きだよ、あずにゃん!」

梓「……はい」

 ……やっぱり、嬉しい、かも。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:16:23.11 ID:91lSQpkt0
あずさのへや!

唯「ほえ~。ここがあずにゃんのお部屋かぁ~」

梓「あ、あんまり見ないでくださいよ。恥ずかしいじゃないですか」

唯「うへへ、そういうあずにゃんを眺めるのも、またオツなもんですなあ」

梓「今度そんなこと言ったら叩き出しますよ」

唯「ごめんなさい」

 荷物を置いて、とりあえずゆっくり。
 冷蔵庫と炊飯器を確かめて、うん、朝食は大丈夫。
 次はお風呂……かな?
 私のじゃないけど、バスローブがあるから、唯先輩にはそれを着てもらおうっと。

唯「えーと、充電器、充電器……あった。あずにゃん、そこのコンセント使っていい?」

梓「はい?」

唯「携帯の充電しときたいから……」

梓「そうじゃなくって! どうして充電器持ち歩いてるんですか! しかも機種専用のを!」

唯「いや~……いつあずにゃんとどこにお泊まりしてもいいように、って……あ、パジャマもあるよ?」

梓「準備よすぎですよ!?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:16:52.01 ID:91lSQpkt0
 呆れる私をよそに、唯先輩は空いてるタップに充電器を繋いで、携帯をセット。
 それに、パジャマどころかバスタオルや歯磨きセットまでバッグから取り出して。

唯「ふんふんふ~ん♪ あずにゃんとお風呂♪ あずにゃんとおねむ♪」

梓「……あの? 唯先輩?」

唯「え?」

梓「どうしてそんなに用意がいいんですか?」

唯「……えへへ。まだえっちぃことは出来そうにないって、部室でわかったけど……準備だけはしてたんだよ」

梓「……はあ。そうですか」

 理想と現実の差異を認識する前の行動なら、責めるに責められないか。
 それに、え、えと、バスローブ……とか、えっちぃ格好になられても私が困るし、不幸というか幸いというか、どっちなのかな。

梓「お風呂はお湯張ります? シャワーにしますか?」

唯「はい! あずにゃんと一緒に湯船に浸かりたいです!」

梓「……シャワーならすぐ浴びられますから」

唯「……うぅん、いけずぅ」

梓「エッチなことしないって、約束してくれますか?」

唯「うん! 触らないから! 背中流してあげるとか言いつつ前もとか思ってたけど、今の私にはきっと無理だから、約束するよ!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:17:17.15 ID:91lSQpkt0
梓「……微妙に不安ですけど、約束してくれるなら」

 バスタブは洗ってある。
 ぴっ、と壁の操作盤を押して、お湯を貯めることにした。

唯「わーい」

梓「水着で入ってもいいですか?」

唯「えっ? あずにゃんって帰国子女?」

 いえ、外国では温泉とか水着で入るのが当たり前って聞きますけど、その返しはどうなんですか。

梓「唯先輩にえっちぃことされないように予防線を張っておくんですっ」

唯「や、やだなぁ。私があずにゃんに触ったりしたら、ハナチ出してぶっ倒れちゃうよ?」

梓「裸を見る分にはぶっ倒れないわけです?」

唯「うん。ふたりきりでお風呂だなんてまたとない機会だし、頑張って我慢するよ!」

 頑張られても困るんですけど、今日は汗かいたし、水着はやりすぎかも。
 ここは……唯先輩を信じて、素で入ることにしよう。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:17:54.90 ID:91lSQpkt0
かっぽーん!

唯「よ、予想以上に恥ずかしいね、こりは……」

梓「お互い様、です、よ……?」

 女の子同士だから、気にすることはないハズなのに。
 おっぱいとか、股間とか、そこを見られて恥ずかしがる表情とか、変に意識しちゃう。

梓「唯先輩、ここまで聞こえるくらい息が荒いですよ……?」

 髪を洗っていた時はそうでもなかったけど、身体をスポンジでこすっていると、唯先輩の視線がやけに気になっちゃう。
 何故かぺったんこな胸も凝視するし、脇の下とかおへその辺りとか、椅子に座ってなかったら大事なところもまじまじと見られていたに違いない。

唯「う、うんっ!? 全然! ほんと! そんなことないよっ!?」

梓「明らさまに嘘じゃないですか! あーん、えっちぃ目で見られながら身体洗うなんて恥ずかしすぎますよぉ!」

 ……でも。
 大好きな唯先輩が、私の身体に興味を持ってくれるのは、正直なところ嬉しい。
 ぷーい、なんて明後日の方向を向かれてたら、一緒に入った意味がないっていうか、うん、矛盾した考えなんだけども。

唯「へーぇ。あずにゃんの身体って、こうなんだぁ……ちっちゃくて、触ったらすべすべで気持ちよさそうで……うぷっ」

梓「……ぷぁ、はー……唯先輩?」

唯「うぅ、うん、だいじょぶ、ハナチ出るかと思ったけど、出なかった……うん。つるぺたあずにゃんの可愛い裸、たっぷりじっくりねっちり脳内メモリに記録したから!」

梓「うく……つっ、次は唯先輩の番ですよ! 私だって、唯先輩の裸を隅々まで観察させてもらいますからね!?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:18:29.17 ID:91lSQpkt0
唯「う……うん。いいよ、あずにゃんに、なら」

 ……そんな返しをされると、妙に恥ずかしくなっちゃうじゃないですか。

梓「じゃ、じゃあ……」

唯「うん……」

 ざぱ、と私がボディソープの泡を流し終えたところで、唯先輩もバスタブから上がる。
 ……見えちゃった。
 思わず顔を逸らしつつ、誤魔化すように髪を掴んで絞って、くるくると結ぶ。

唯「あ……はぁ……あずにゃんのおっぱいも、脇も、とっても綺麗だね……?」

梓「なっ、何見てるですか!? 早く身体洗ってくださいよ!?」

 無防備なところを見られて、恥ずかしい。
 だけど、『綺麗』って言われて、嬉しい。
 こんな子供っぽい私の身体を、唯先輩は、誉めてくれた。
 とっても恥ずかしいのに、嬉しくて嬉しくて堪らない。

梓「…………」

唯「うん♪ たん♪ うん♪ たん♪」

梓「…………」

 綺麗だなあ、唯先輩って。
 お肌もそうだし、いつも『食べても太らない』って言ってるだけあって、プロポーションもいいし……。
 何このすべすべっぽいお肌。私なんて、少し焼いただけで別人かと間違われちゃうくらい真っ黒になるのに、まさに雪のような白さ。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:19:00.77 ID:91lSQpkt0
唯「泡がふわふわたーい……」

梓「いきなり鼻歌変えないでくださいよ!?」

唯「えええ!?」

梓「んもー。折角唯先輩の無意識な鼻歌に聴き惚れてたのに、台なしですよ」

唯「ご、ごめんね、あずにゃん」

 申し訳なさそうに、今までに比べて小さくこしこしとスポンジを動かす唯先輩。
 何だか、私のせいで萎縮させちゃったみたい。

梓「え、ええと……今の、うんたん、っていうので……嫌じゃなかったら、続けてください」

唯「嫌じゃないけど……ちゃんとした歌じゃなくていいの?」

梓「いいんです」

唯「じゃ、じゃあ……」

 こしこし。

唯「うん♪ たん♪ うん♪ たん♪」

 うん、ものすごく単純なリズムだけど……唯先輩の声が楽しそうで、聴いてて心地いいっていうか。
 無理強いしちゃったかな、って思ったけど、唯先輩も腕とか脇とかおっぱいとかお腹とか脚とか、軽快な感じで洗っていって……。

唯「うん♪ たん♪ うん♪ たん♪」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:19:33.48 ID:91lSQpkt0
梓「……ぷくぷくぷく」

 はぁ。
 どこもかしこも泡だらけ、大事なところも泡だらけ。
 最後にシャワーで泡を流すと、それらが全部あらわになって、妙な考えに支配されていた私の頭を灼く感じで。

唯「ふぷぁー! さっぱりしたよ、あずにゃん!」

梓「…………」

唯「あずにゃん?」

梓「は、はひっ!?」

唯「い、一緒にお風呂に入っても……いい、かな?」

 もう、入ってるじゃないですか。
 お互いに裸を見て、身体を洗ってるところを見て、同性でも恥ずかしいところを見て。
 ……あ。

梓「はっ、はい。狭いですけど、どうぞっ」

唯「うんっ♪」

 唯先輩が、ゆっくりバスタブに脚を入れてくる。
 ざぱ、ってお湯が溢れて、何だか申し訳なさそうな表情を浮かべたけど、ふたり分だからしょうがないじゃないですか。

梓「早く入らないと、風邪引きますよ」

唯「う、うん」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:20:04.08 ID:91lSQpkt0
 唯先輩は意を決したように、私に向かい合って肩まで湯船に浸かった。
 足先が触れて、すね、膝、太もも……こすれた部分が、とっても気持ちいい。

唯「ん……んぅ……」

梓「……あの」

唯「なっ、何かなっ!?」

梓「い、いつもの、その……抱っこされてる方が、落ち着くと言いますか……お風呂なんですし、唯先輩が嫌でなければ、その方がリラックス出来るかな、って」

唯「嫌じゃないよ!? ううん、むしろ喜ばしくてハナチ出るかと思ったよ! 出さないけど!」

 狭い浴槽の中で、唯先輩が私の背後へ回り込もうとする。
 肌同士が、お湯の薄膜を挟んでずるっとこすれて、想像以上に気持ちいい。
 やだ、別にこんな副産物を望んでたわけじゃないのに。
 ……望んでたのは、もっとえっちぃことなんだけども。

唯「え、えっと……じゃあ、抱っこしてもいい、かな?」

梓「は、はいです……どうぞ、お願いします……ぷくぷくぷく」

 私の口元は、半分お湯に浸かっている。
 自分からおねだりしたのに、恥ずかしすぎて、余計なことを言いそうだから。

唯「ん……あーずにゃーんっ!」

 ふにゅう。

梓「んにゃぁ!?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:20:37.77 ID:91lSQpkt0
唯「あ、あずにゃん?」

梓「んにゃ、にゃんでもないです……」

 唯先輩に、変なところを触られたわけじゃない。
 ただ。
 触れ合う肌とか、それがお湯でぬめる感触とか、特に背中に当たる唯先輩のおっぱいのやわらかさが気持ちよくって、変な声が出ちゃっただけ。

唯「あずにゃん、大丈夫? のぼせちゃった?」

梓「いえ……こんなぬるいお湯でのぼせたりしませんよ?」

唯「んじゃ、ええっと……追い炊きスイッチは、これかな?」

 ぴっ。

梓「あ」

唯「あ?」

梓「……唯先輩は、熱めの方がいいんですか?」

唯「ううん。あずにゃんがぬるいって言ったから。私はこのくらいで長く入ってる方が好きかなー」

梓「じゃ、じゃあ、そうしましょう」

 ぴっ。

唯「……あずにゃん。私と、この格好で、なが~く入ってたいんだ?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:21:04.50 ID:91lSQpkt0
梓「……そう取ってもらって結構です」

 ぷくぷくぷく。
 後ろを、振り向けない。
 唯先輩が、にんまり笑ってそうだから。

唯「ん~……あずにゃんは、裸で抱っこすると、いつもの三倍気持ちいいねぇ♪」

梓「そっ、そう、ですか……」

 何か、私は唯先輩のおっぱいが直接触れてる分だけ、三倍どころか十倍も気持ちいい感じですが。

梓「ん……んぅ……んん」

 やあらかいです。
 唯先輩の胸が、私の背中に押し付けられて、お湯で滑って、とっても気持ちいいです。
 それがもう、抱っこされて全身の肌がこすれ合ってるんだから、気持ちよすぎて、もう……。

梓「ふあ……♪」

唯「んー? あずにゃん、どしたの?」

梓「いえ、お風呂って、やっぱり気持ちいなあ……って思ってたんです」

唯「うんうん。お風呂は気持ちいいよねえ」

 むにむに、って。
 唯先輩は、わざとらしく胸の膨らみを押し付けてきて、私をもっと抱き締めて、お互いの肌のこすれ合う感触を強める。
 ズルいです、わかっててするなんて、本当にズルいですよ。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:21:42.10 ID:91lSQpkt0
梓「んぅっ、ん、んぁ……♪」

唯「お風呂の中だと、あずにゃんが大人しく抱っこされてくれるし、あずにゃんの感触をじっくりたっぷり直接たんのー出来るし、いいこと尽くめだね♪」

 するりと、唯先輩の手が私の胸元へ滑ってくる。
 唯先輩くらいあるならともかく、こんなぺったんこな平原を触って何が面白いんだか。

梓「んふっ、ふぅ……ふぁ、あぁ……」

唯「私に見られてたせいで、ここちゃんと洗ってなかったでしょ、あずにゃん?」

梓「ふぁ……い、そ、そおかも、しれないです……」

 嘘。
 洗った、洗いました。
 唯先輩に凝視されている緊張と興奮で、乳首がぷくってなってるの、覚えてます。
 でも、唯先輩が形の上だけでも、もう一度洗ってくれそうな雰囲気だし……。

唯「駄目だよぉ、あずにゃん。今日、体育あったんでしょ? 汗は流しておかないと……ね?」

 さすさす、と私のない胸を掌でなで回される。
 ないのに、気持ちいのは、何でだろう。

梓「あう、あ、あぅ、唯先輩っ……ちょっ、おっぱい触るの、駄目ぇっ」

唯「うーん? あずにゃんのおっぱいは、どこにあるのかなあ?」

 そんな意地悪なことを言いながら、唯先輩は手を動かし続ける。
 今まさに触っている場所が、私のおっぱいです。
 今後育つかどうか不安で、でも唯先輩への想いは沢山詰まっているんです。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:22:11.59 ID:91lSQpkt0
梓「や、唯先輩、えっちぃことしないって、約束っ……したじゃ、ないですかぁっ」

唯「私は、あずにゃんのお肌をマッサージしてるだけだよ? 美容の為だよ?」

梓「だ、だから、そこ、胸、おっぱいっ……なくても、おっぱいなんですっ」

唯「あ……ごめんね、そうだったんだ。悪気はなかったんだよ、許してくれる?」

 私の胸から、唯先輩の手が離れていく。
 気持ちよさが薄れて、段々と正気が戻ってきた。

梓「……約束、したのに」

唯「うん? 約束って……えっちぃことしない、って? 私、何かエッチなことしたかな?」

梓「う、うぅ……私のおっぱい、触ったじゃないですか……」

唯「……ごめん。本当に、どこがあずにゃんのおっぱいだったかわからないよ」

唯「あずにゃん、言ったもんね。本当に嫌な時はそう言う、って……ごめんね、嫌なことしちゃって」

梓「あ……は、はい……」

唯「私、先に上がってるね。もう充分あったまったし、これ以上あずにゃんとぴっとりくっついてると……本気でエッチしたくなっちゃうから」

梓「は、い……」

 今のはエッチなことじゃないんですか。
 本気になったら、何をするつもりなんですか。
 ……っていうか。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:22:33.95 ID:91lSQpkt0
唯「ドライヤー借りるね~」

 さっさと自分だけ上がっちゃって……私の中途半端に昂ぶった気分は、どうしてくれるんですか、もう。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:23:16.72 ID:91lSQpkt0
あずさのへやあげん!

唯「う~ん、もふもふもふ……♪」

梓「……ゆぃせんぱぁい……何してるんですか、私のベッドで」

唯「ふも!? こっ、これは違うんだよ! 私はただ、あずにゃんが毎日寝てるベッドの寝心地を確かめてただけで、別にくんかくんかしてたわけじゃないんだよ!?」

 いえ、見た目そのまんまだったんですが。

梓「はあ……まぁ、遅かれ早かれしたんでしょうし、別にいいですけど」

唯「えっ?」

梓「え、って。唯先輩のことですから、一緒に寝ようって言い出すんだろうなあと……」

唯「いいの!? ほんとに!? やったー!」

梓「そ、その……実はですね。折角唯先輩がうちに来てくれたのに、別々に寝るのは寂しいかな、って思ったりするわけで……」

唯「うん、うんっ! 別々は寂しいよ、今夜は一緒に寝ようね! あずにゃーんっ♪」

梓「わわっ、わあ!?」

 唯先輩が嬉しそうに駆けてきて、ぱふっ、と私を抱き締める。
 いつも通りといえばそうなんだけど、今回はだいぶ感触が違っていた。

梓「ふ……んも、もふぅ……の……のーぶら、ですか?」

梓「要は、時と場所さえわきまえてくれたら、ええ、私も気が済むまで甘えられるっていうか」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:23:57.04 ID:91lSQpkt0
唯「……お膝もじもじして、身体くねくねさせて、変なこと考えてるあずにゃんも可愛いねえ~」

梓「……はっ!? いえ、変なことなんかこれっぽっちも考えてませんよ!?」

唯「ふぅーん? へぇ~ぇ? ほぉぉぉぉ?」

 いえいえいえ、決して変じゃなかったですよ?
 こう、折角抱き着いてもらえるんだから、ゆっくりじっくり幸せな時間を過ごす為の約束ごと……みたいなものですし。

梓「どっ、どうなんですか! わかってくれましたか、唯先輩っ!?」

唯「うん、わかったよ。これからは時々、『今から抱き着くよー』って教えればいいんだね!」

梓「全然わかってないですよね、それ」

 今までとあんまり変わってないですし、全くもう唯先輩ってば。
 湯上がりだから、ただでさえ身体が火照ってるのに、あんな真似されたら余計に頬が熱くなってきちゃいましたよ。

梓「はー、暑い……唯先輩、何か飲みます? それとも帰りに買ってきたアイス食べます?」

唯「アイス!」

梓「はい」

 私はとりあえずジュースでも、っと。

梓「どぞ」

 くぴくぴ、と私はよく冷えたぶどうジュースを少しずつ飲む。
 ……あれ?

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:24:51.71 ID:91lSQpkt0
 やだなあ、お母さんったら。
 私がいつも頼んでるやつと違うよこれ、ちょっと味が変……飲めないこともないし、勿体ないから飲むけど。

唯「あずにゃん、ありがとー♪」

 唯先輩は、私の手からアイスを受け取ると、夢中になって食べ始めた。
 大好物だとは聞いてたけど、アイスの何が唯先輩をここまで変えるんだろう……。

唯「うまうま~♪ お風呂上がりに食べるアイスは最高だね!」

梓「はあ。さすがに、時期的に湯冷めしそうな気がするんですけど」

 でもまあ、嬉しそうだからいっか。
 それに今夜は一緒のベッドで眠るんだし……私が湯たんぽ代わりになって、湯冷めなんかさせないですよ。

唯「真冬におコタに入って食べるアイスも格別だよ!」

梓「あ、それは何となくわかります。うちの父も、真冬に暖房ガンガン利かせた部屋でキンキンに冷えたビール飲むことありますし」

 くぴー。

唯「おお、同好の士! あずにゃんのお父さんとは美味しいアイスが食べられそうだね!」

梓「そこは『お酒』って言うところじゃないんですか」

 くぴぴ。

唯「だって、お酒はハタチになってからだよ!」

梓「あうー。そういえばそうでしたねー」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:25:17.69 ID:91lSQpkt0
 くぴゅ。

唯「……あずにゃん?」

梓「はひ? 何れふか、唯しぇんぱい?」

 何でだろ、冷たいジュースを飲んでるハズなのに、身体が熱い。
 風邪引いちゃったかな、でも湯冷めにしては早すぎる気がするけど。

唯「それ、あずにゃんが飲んでるの……ジュースじゃない、よ?」

梓「へっ? やですよ、唯しぇんぱーい。どっからどう見ても立派なぶどうジュースじゃないれふかー」

 くぴくぴ。
 ほら、缶にプリントされてるのもマスカットの写真ですし。
 何か変な四角い模様が沢山刻んでありますけど、缶がやたらペコペコするから、きっとその為じゃないですかね。
 あれですよ、荷物を梱包するプチプチみたいに、缶をペコペコさせて楽しむんですよ、きっと。

唯「うわーん、あずにゃんが不良になっちゃったよぉ~!」

梓「誰が不良品ですか! しっけーな! 私はまだ発育途上なんですから、おっぱいだってこれから育つんです!」

 くぴー。

梓「そんな、ちょっと……いえ、かなり私よりおっぱい大きいからって油断しないでくださいね! すぐに追い越しちゃうんですから!」

唯「ううっ、しかも酒乱だよぉ、絡み酒だよぅ」

梓「にゃんですとー」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:25:50.57 ID:91lSQpkt0
 くぴくぴ……ぢゅー。

梓「あ、なくなっちゃったです……割と美味しかったからもう一本……」

唯「あずにゃん! 駄目だよ!」

梓「ほえ? 何がらめなんれふかー?」

 ああ、頭がふわふわして、これは本格的に風邪かなあ。
 何だか、真っ直ぐ歩けないし、あれれー?

唯「あずにゃんっ」

 ぎゅう。

梓「ふぁ……唯、先輩……? らめれふよ、抱き着く時はちゃんと先に……」

唯「お酒臭いあずにゃんにはあんまし抱き着きたくないけど、ここは先輩として止めてあげなきゃいけないんだよ!」

梓「お……さ、け?」

 手の中の空き缶をよく見てみる。
 ……何なの、この『5%未満』って。

梓「あり……私、どうしてお酒なんか飲んだんれしゅか?」

唯「え? あんまりナチュラルに飲んでたから、あずにゃんはいっつも湯上がりチューハイが習慣なのかと思っちゃったんだけど」

梓「いやー、ぶどージュースのつもりだったんれふよ? れも、変な味だなあと思ったんれふよ? れも、ひと口しか飲まないの勿体ないなあって」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:26:15.24 ID:91lSQpkt0
唯「うん、私もお正月とか、ちびっとだけお酒舐めさせてもらったことはあるけど……気付こうよ! チューハイだよこれ!」

梓「ううっ、しゅみましぇん……どーりで身体が熱かったり、ふわふわした感じになってたんでしゅね……」

唯「……うう、あずにゃんがだらんって身体預けてきてくれてすっごく嬉しいのに、お酒臭くてそれどころじゃない……!」

梓「はう……と、とりあえず、今度こそせーりょーいんりょーを飲んで、お酒覚ましますから……」

唯「心配だから私も冷蔵庫までついてくよ」

 ううん、もう、唯先輩ったら。
 お酒臭い私は嫌って言ったくせに、こんなに私のこと心配してくれるなんて。
 なんかもー、嬉しくて幸せで、ロマンチックが止まらないじゃないですかぁ。

梓「あうー。いい感じに酔っ払って唯先輩に抱っこしてもらって、まさにふわふわターイム♪」

唯「手ぇ放して、鉄山靠かましちゃってもいい?」

梓「……しゅみましぇん」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:26:48.12 ID:91lSQpkt0
そのご!

梓「お見苦しいところをお見せして、大変申し訳ないです……」

唯「いいよいいよー。もう酔いは覚めたみたいだし、あずにゃんも大酒飲みじゃなかったし、安心したよ」

梓「い、いつもは冷蔵庫のあの場所に、私の好きな濃縮果汁100%のジュースが入ってるんですよ!? でも、何でだか、今日に限って……」

唯「……今度からは、ちゃんと確かめてね?」

 いえ、その……そんな目を潤ませてお願いされなくても、今日で充分懲りましたから。

梓「はい……」

唯「くんくん……うう、まだちょっとお酒臭いよ」

梓「あの、唯先輩は私のベッドで寝てください。私は親のベッドで寝ますから」

唯「それはやだ。さっき一緒に寝るって言ったじゃん」

梓「でも、お酒臭いのが消えるまで、もうしばらくかかるんじゃないかと……」

唯「……こうなったら、私もお酒を飲むしか!」

梓「たった今、私にお酒飲むなって言ったくせに!?」

唯「私もお酒臭くなれば気にならないと思ったんだけど……そうだよね。ハタチになってからだもんね」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:27:23.68 ID:91lSQpkt0
 はう。
 舞い上がっちゃって、不注意でチューハイ飲んじゃって、私が招いた結果とはいえ……何てことしちゃったんだろう。
 本当なら今頃、唯先輩とベッドの上で抱き合って、ごろごろ転がったりしながらじゃれ合ってたハズなのに。

唯「じゃあ、テレビで夜更かししよう! そんでもって、匂いがわかんなくなったら一緒に寝よ?」

梓「はい……あ、ついでだから弦の交換しちゃいますね」

唯「だ、駄目だよ! 酔っ払いにそんな危ないことさせられないよ!」

 いえ、別に危なくないと思うんですけど……でも、今夜のところは唯先輩の言う通りにしておこうっと。

唯「はい、あずにゃんはここ! 早く来て!」

 テレビの正面に陣取った唯先輩が、自分の座ってるクッションをぽむぽむと叩いて私を急かす。
 ……って。

梓「あの、私がそこに座ると……お酒臭いんじゃ」

唯「あずにゃんの息が私にかからなかったら平気だよ! それにお酒が抜けたかどうか、すぐ確かめられるしね!」

 あー……。
 何となく、唯先輩のしたいことがわかっちゃいましたよ。

梓「えと、うち、衛星放送映るんで……これ、番組表です」

 誘われるがまま、唯先輩の目の前に、背中を密着させるように膝を抱えてちょこんと座る。
 すると、女の子なのに行儀悪いって思うけど、唯先輩はあぐらをかくように脚を回してきて、腕は勿論私の身体を抱き締める。

唯「ううん、あずにゃん……あったかいねぇ♪」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:28:00.23 ID:91lSQpkt0
 予想通り、ぴったり、密着。
 しかもしっかりホールドされてて、どう頑張っても逃げられそうにない。

梓「あっ、あの、チャンネルは……」

唯「あずにゃんの見たいやつでいいよ? 私はこうして、あずにゃんからお酒が抜けたかどうかチェックするので忙しいから!」

 くんくんくん。

梓「じゃ、じゃあ、とりあえず、動物番組の専門チャンネルで……」

 ぽちっとな。

唯「うわ! 何この可愛い生き物!?」

 くんくん、ぎゅう。

梓「さ、さあ……? でも、吹き替えですから、すぐに解説が入るかと」

 落ち着かない。
 薄いパジャマ越しに唯先輩のおっぱいが、これでもかってくらいに押し付けられてるし、髪とか首筋とか喉元とか、絶えず匂いを嗅がれてるし。

唯「すんすん……おおう!? 肉食だよ、この子!?」

梓「ん……そ、そうみたい、ですね……」

 ぞくりと寒気に思わず震えた私の身体を、改めて抱き直す唯先輩。
 声色が、ちょっと、意地悪な感じ。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:28:28.14 ID:91lSQpkt0
梓「さ、寒くはないですよ、はい」

唯「でも、今、ぞくぞくって震えたよね? あずにゃん」

 くんくんくん。

梓「は、はぅ……それは、唯先輩が、変なとこに息をかけるからっ……」

唯「はぷっ」

梓「んにゃっ!?」

 首筋に、噛み付かれた。
 歯を立てられたわけじゃないから、痛くはないんだけど……その、何ていうか、気持ちいい。

唯「んむむ、はむはぷ……ちゅーぅ」

梓「にゃ、にゃにをするんですか、いきなりっ」

唯「……えへーぇ。あずにゃんのお酒臭い息を嗅いでたせいで、私も酔っ払っちゃったのかなあ?」

 そんな馬鹿な言い訳が通ると思っているんですか。
 ……っていうか。
 この背後から抱っこされた無防備な体勢、もしかして、ものすごくヤバいんじゃないのかな?

唯「あーん……はぷっ。んむ、ちゅ、あむっ」

梓「にゃああ!? み、耳っ、耳はっ、やっ、ちょ、唯先輩いいいいっ!?」

唯「あれ、耳は嫌だったかな、それじゃあ……んむっ、ん、んんっ……ちゅうううっ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:28:55.06 ID:91lSQpkt0
梓「ふああ、あっ……ま、た、首っ……あううっ、あっ、ひゃあん!」

唯「首も……嫌、なの? それじゃあ私、あずにゃんのどこにキスしたらいいのかな?」

 そんな、さっきまでの酔った時なら、お酒のせいに出来たのに。
 今されたら、何のせいにも出来ないじゃないですか。
 唯先輩ってば、本当に、意地悪……。

梓「き、キスするなら、最初にっ……お、お口に、してくださいよぉ……」

唯「んー? だってあずにゃん、お酒飲んだでしょ? キスして、まだお酒の匂いがしたら、嫌だし」

梓「もっ、もお、絶対に間違っても飲みませんから、だからっ……意地悪なこと、しないでくださいっ」

唯「ほんと?」

梓「唯先輩にキスしてもらえないなんて、つらいです……だから、特別に今日だけ……許してくださぁい」

 手足に力が入らない。
 喉から漏れるのは、私自身も信じられないくらいに甘えた声。
 首筋や耳を甘噛みされたっていっても、ほんの少しだけ。
 なのに、唯先輩のキスだけで、こんなに自分が気持ちよくなっちゃうなんて思ってもみなかった。

唯「……うん。酔っ払って、くてんってなったあずにゃんも可愛かったけど……でも、やっぱりお酒臭くない方が好きだよ、私」

梓「ん、く……」

 唯先輩の方を向く。
 私、息が荒くなってるけど……まだお酒臭いかな、許してもらえるかな。
 キス、してもらえるかな。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 05:29:19.03 ID:91lSQpkt0
唯「……ちゅ」

梓「ん、んっ……はぁ……♪」

唯「オレンジ味だね」

梓「……お酒臭くて、すみません……」

唯「うん、まだちょっとだけアルコールの匂いがするけど……もう遅いし、寝よっか?」

梓「いいんですか?」

唯「寝ちゃったらきっとわかんないよ。さ、歯磨きして寝よ?」

梓「……はい」

 このまま寝ちゃうっていうのは、何だか納得いかない、けど。
 それよりも、唯先輩と一緒に眠れなかったら、もっと寂しい気分になっちゃいそうだから、私は頷くしかなかった。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:32:45.58 ID:91lSQpkt0
ボボン行きになってた
黙々と投下しようと思ってたけどさすがに無理ぽ
というわけで支援してくれる人よろしくおながいします

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:33:47.84 ID:91lSQpkt0
いんざべっど!

 電気を消して薄暗い中、ベッドの傍に並ぶ。
 ええと、割と結構、緊張気味するもんですね。

唯「ね、ねえ、あずにゃん?」

梓「はい?」

唯「こういう時って、どうすればいいのかな? 横に並んで寝る? 私があずにゃんを後ろから抱っこ? 逆?」

梓「……お互いに正面で抱き合うってのもありだと思いますよ」

 うん、私としてはその方が望ましいっていうか、唯先輩の胸に顔を埋めて眠ってみたいです。

梓「あ、でも、身体の下に腕を回したら、起きた時にものすごくしびれてそうですよね」

唯「あ」

梓「はい?」

唯「その前に、あれしようよ! あれ!」

梓「あ……あれ!? す、するんですか? しちゃうんですか!?」

 いやいやいや!
 唯先輩がエッチしないっていうから、それっぽいことはされましたけど全然警戒してませんでしたから!
 ううん、でも、わざと私をむらむらさせてる節もあったし……最初からそのつもりだったのかな。
 そのお陰で、私も何だかおかしな気分だし……唯先輩となら、いいかも。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:34:35.78 ID:91lSQpkt0
唯「おいで、あずにゃん! 部室じゃ出来なかったけど、ベッドの上で抱き合ってごろごろしよー!」

梓「ああ……はい。そうでしたねー、わぁい」

 両手を広げて私を誘う唯先輩の胸に、ちょっぴり残念な気持ちになりつつ飛び込む。
 すかさずぎゅっと抱き締められて、そのまま一緒にベッドに倒れ込んで。

唯「あーずにゃーんっ♪」

 ごろごろごろごろごろ。

梓「んにゅ……む、胸っ、はうう、予想以上に、押し付けっ……んむむっ」

 回転して唯先輩が上になる度、体重がかかって息が苦しいくらいにおっぱいを押し付けられる。
 鼻も口も塞がれて、唯先輩の香りを嗅ぐ余裕もないくらい、だけど、何故か不思議に素敵で幸せな気分。

唯「あずにゃん、あずにゃん、あっずにゃ~ん♪」

 ごろごろごろり、ごろごろり。

梓「あう、あうぅ……ゆっ、唯先輩……おっぱい、おっぱいが! もがもがっ」

唯「ふう……あり? どうしたの、あずにゃん? 元気ないよ?」

梓「い、いえ、違う意味で元気ですから、ご心配なくっ……ふー、ふーっ……」

唯「そお? んじゃあ、あずにゃんの感触をたっぷり堪能したところで、寝るとしますかね!」

梓「も、もうお終いなんですか……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:35:34.80 ID:91lSQpkt0
唯「明日も学校だし、寝坊したら大変だもんね」

 私的には、少しくらい苦しくてもいいから、もーちょっと唯先輩の胸で窒息していたかったなあと。
 ええ、まあ、窒息しない程度に抱き着いている分には、唯先輩も何だか嬉しそうだけど。
 ああ……好きな人とベッドに横になって向かい合うのって、妙な気分になっちゃう。

梓「んふう、もふぅ~」

唯「んふふ、あずにゃんってば甘えん坊さんだねえ。もー、かーわーいーいーっ♪」

 もっと、おっぱいの感触を楽しんでいたい。
 私のそんな気持ちに気付いてくれたみたいで、唯先輩も私を優しく抱き返してくれる。
 う~ん、ふにふにもふもふ……やっぱり羨ま素敵ですよ、唯先輩。

唯「んぅ、んんっ、あふ……あずにゃんにこうやって甘えられるの、すっごく嬉しいよぉ」

梓「んみゅんみゅ、ふも……そ、そおですか、嬉しいですか……じゃ、も、もっとさせてください……んむんむっ」

唯「あ、待って。このまま寝ちゃってもいいように、お布団かぶろうね」

梓「はいですっ」

 ふにふにの胸が気持ちよくって、ぽやんとした気分になってくる。
 そうしているうちに、唯先輩が私の頭に手を伸ばし、優しくなで始めた。

梓「ふもふもっ、もふう……私もいつか、このくらいおっきなおっぱいになりたいです……」

唯「うん。そうなったら、今度は私があずにゃんの胸にもふもふさせてもらうからね?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:36:24.80 ID:91lSQpkt0
梓「はぁい……どぞ、遠慮なく……んみゅ、にゅむぅ……んぅ……♪」

 布団をかぶって密着した唯先輩の身体は柔らかいし、おっぱいなんて特に最高の感触。
 ちっちゃな子供を寝かしつけるように、そっと髪をなでつけてくれて、もう……とっても素敵な気分ですよ、本当に。

梓「んむぅ……おやしゅみなしゃぃ、唯しぇんぱ……んにゅ……すぴ……」

唯「……うん。おやすみ、可愛いあずにゃん」

 あったかいです。
 いい匂いです。
 やあらかいです。
 ……大好きです、唯先輩。

~おしまい!~

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:37:38.27 ID:91lSQpkt0
べつのとあるひ・しょうこうぐち!

唯「あずにゃ~ん、今日はうちに寄ってかない?」

梓「あ、唯先輩っ!? ちょ、ちょっと待ってくださ……ああっ」

 ばさばさー。

唯「…………」

梓「…………」

唯「……いちおー聞くけど、これ、ラブレター……だよね?」

梓「は、はい、多分……何故に私なんかにラブレターをくれるのか、さっぱり理解出来ないんですけども」

 いつもは見られる前にカバンに仕舞っちゃうんだけど、今日はタイミングが悪かった。
 ううん、別に私にやましいことがあるわけじゃないんだけど、何だか居心地が悪いっていうか、唯先輩に対して後ろめたいっていうか。

唯「へ……へー。モテモテなんだね、あずにゃん。うん、わかるよ。とっても可愛いし、ツンっとしてるようでいて実は甘えん坊だし、口が悪いようでいてちゃんとフォローしてくれる優しさもあるし……」

梓「あの、唯先輩?」

 何か、怒ってませんか?
 これは私が望んでもらったラブレターじゃないんですから、怒られるいわれもないんですが。

唯「あ、あはは、やっぱ今日はいいや。よく考えたら、憂が用事で遅くなるから、自分でご飯作らなきゃいけないんだったよ!」

梓「あ……」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:38:46.09 ID:91lSQpkt0
 落ちたラブレターを放っておくわけにもいかなくって、走り去る唯先輩を追うことが出来なかった。
 っていうか、憂の帰りが遅くなるっていうことは……つまり、一緒にご飯作ろうとか、あの広い部屋で抱き抱きごろごろしようとか、そういうお誘いだったに違いないのに。

梓「……はあ」

 女子校なのに、ラブレター。
 しかもほぼ毎日、両手の指じゃ足りないくらい届くって、どういうことなんだろ。
 私や唯先輩みたくレズい関係だったり、そうなりたがってたり、或いは興味本位や冗談で書いてる人もいるんだろうなあ。
 今まで、読んでて『むむ、これは!』って思うくらい本気っぽい手紙も確かに何通かあったけど。

梓「……はあぁ」

 また、思わず溜め息が出る。
 自分が唯先輩ラヴなことを考えると、こういう手紙を書く人達に文句を言えるわけもなく。
 かといって、今みたく唯先輩に明らさまに避けられるのは……すっごく、つらい。

梓「んしょ……よっと」

 とりあえず、手紙を拾って束にして、カバンの中に詰め込む。
 これはこれで、書いてくれた人の気持ちがこもっているハズだから、読まずに破ったり捨てたり、そういうことはしたくないし。

梓「……ええと」

 ぴ、ぴぴ、ぴっ。

梓「…………」

 ぷるるるる、ぷるるるるっ。

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:39:58.94 ID:91lSQpkt0
梓「…………」

唯『……なぁに、あずにゃん?』

梓「あの、唯先輩……どこまで行っちゃったかわかりませんけど、今から頑張って追いかけますから、一緒に帰りませんか……?」

唯『……ラブレター読むのが先じゃないかな? 放課後に体育館裏で待ってます、っていうのがあったら、相手の子が可哀想でしょ?』

梓「っく……い、今まで、そういう急な呼び出しはありませんでした。ほら、部活がいつ終わるかわからないですし」

唯『……へーぇ。あずにゃんって、結構場数踏んでるんだねぇ』

 止めてくださいよ、唯先輩。
 そういう言い方されたら、何か、ちょっと、鼻の辺りがツンとしてきちゃいますよ。

梓「あの……」

唯『じゃあ、ゆっくりラブレター読みながらでいいから、私のおうちまで来て。私はスーパーでお買い物してくから、ゆっくりね』

梓「……はい。それじゃ、また後で」

 ぴっ。

梓「……ぅう、ぐす……」

 唯先輩、冷たい声だった。
 どうして怒るんですか。
 私だって、ラブレターが欲しくてもらって回ってるわけじゃないんですよ?
 なのに、いちいちラブレターのこと持ち出して。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:41:00.04 ID:91lSQpkt0
 私の気持ちを知ってるくせに、酷いじゃないですか。酷すぎるじゃないですか。
 今まで唯先輩以外の誰から告白されたって、私は完全完璧にお断りしてきたのに。

梓「……っすん」

 でも、目を赤くして唯先輩に会うわけにはいかないよね。
 うん。
 平気、私は大丈夫。
 さ、唯先輩の家に行こう。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:41:48.53 ID:91lSQpkt0
ゆいのいえ!

唯「あれ? 早かったね、あずにゃん」

梓「……どもです」

唯「ゆっくりでいいって言ったのに……最近冷え込むし、待ってる間も寒かったでしょ?」

 カチ、ガチャリ。

梓「い、いえ、ついさっき着いたばかりですし……」

唯「まあ、どうでもいいよ。すぐ暖房入れるから」

 ドアの鍵を開けた唯先輩は、買い物袋を抱えて、私の真ん前を通り過ぎていく。
 視線のひとつさえ、寄越してくれない。

梓「……はい」

 やっぱり、来なきゃよかった、かも。
 唯先輩が落ち着いた頃を見計らって説明した方が、よかった……かも。

唯「えーっと、これはすぐ使うからこっち、これは冷凍庫、これも冷凍庫……」

梓「…………」

 家に入れといて無視って何なんですか、唯先輩。
 そりゃあ、暖房は入れてくれたし、おコタの電源も点けてくれましたけど。
 お料理のお手伝いとか、させて欲しいのに。

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:46:11.63 ID:91lSQpkt0
唯「暇なら、さっきのラブレター読んでていいよ。テレビ見ててもいいよー」

梓「…………」

唯「あずにゃん?」

梓「本気でそう言ってるんなら、私っ……も、もう、帰りますよ!?」

 酷いです。
 私がどんな気持ちでここにいるのか、さっぱりわかってないですよね?

唯「んー? 材料、余っちゃうから……ご飯食べてってくれないと、困るんだけどなぁ」

梓「だからって、だからって……私をいじめて楽しいんですかっ」

唯「……え?」

梓「私が嫌いになったんなら、そう言えばいいじゃないですか! なのに、わざわざおうちに呼んで、意地悪なこと言って……んく……うぅ、ぐすっ……う、うわあああああん!」

唯「あずにゃん!?」

 今まで我慢していた涙が、ぽろぽろと両目から零れ落ちる。
 その途中、がさっ、と買い物袋が床に落ちる音。

梓「やだ、やだ、こんな風に唯先輩にいじめられるなんて、もうやだぁ! 私、こんなに唯先輩のこと好きなのに、どうしていじめられなきゃいけないんですかぁ!?」

唯「う……ん……ごめんね、あずにゃん。そお言われると、今日の私、すっごく意地悪なことしてたね……」

梓「んっ、んぅ……っく、ぐす……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:52:32.19 ID:91lSQpkt0
唯「だ、だってね? あずにゃんってモテモテで、ラブレターも一杯もらってたし……私より好きな人がいるんじゃないかな、って……思った、から」

梓「私、そんなこと……ひと言でも、言いましたか?」

唯「……言ってない、ね」

梓「私が好きなのは、唯先輩だけなんですっ! なのに、なの、に……意地悪っ、唯先輩の意地悪ぅ! 本当に酷いですよっ!」

 涙でぐっしょり濡れた唯先輩の制服に、深く顔を埋める。
 まだ、涙は止まらない。
 でも、唯先輩は私の背中に腕を回し、ぎゅっと優しく抱き締めてくれた。

唯「……ごめんね、あずにゃん。私、ヤキモチであずにゃんをすっごく傷付けちゃったんだね」

梓「んううっ、ぐすっ、う、ううっ……ゆ、唯せんぱぁい……」

唯「私は、ずーっとあずにゃんだけが大好き。でも……ほんとに、ごめんね。私、あずにゃんを泣かせちゃうつもり、なんか、ぐすっ……なく、って……ほんとだよ、あずにゃんの泣いてるとこなんて、見たくない、もんっ」

 私の制服の肩口に、じわじわと熱く濡れた感触が広がる。
 唯先輩が目元を押し付けてる場所。

梓「う、うっ……うわぁぁぁん! 唯せんぱぁぁい!」

 唯先輩も、胸元に同じような感触を受けているんだろう。
 だから、私が演技とかじゃなくって、本当に泣きじゃくっているんだって、わかってくれてるんだろう。

唯「うく、うう、ごめん、あずにゃんっ……意地悪して、ごめんね……でも、誰かにあずにゃんを取られると思ったら、あんな態度しか取れなくって……」

梓「ん、っく……わ、私は、唯先輩だけのものですっ……唯先輩以外と付き合う気なんて、全然ありませんよぉ!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:54:35.10 ID:91lSQpkt0
唯「んぅ……私も、あずにゃんとしか付き合いたくないよぉ……私は、あずにゃんが大好きなんだもんっ」

 また、ぎゅっと抱き合う力が強くなる。
 ……思えば、くだらない喧嘩の理由だけど。
 こういう小さな理由を潰していけば、私と唯先輩の仲は、もっとずっと強いものになるのかな。

梓「ん、ぐす……唯先輩? お願いがあるんですけど……」

唯「にゃ、にゃに、あずにゃん? んく、はう……」

梓「私の気持ちを疑わないでください。私も、唯先輩の気持ちを疑いません……だから、こんな風に、もう泣かせないでくださいよぉ……」

唯「んっ、うん……ごめん、ほんとにごめんね。大好きな人のこと、疑っちゃ駄目だよね……うん。もう、疑わないから、信じて……くれる?」

 きゅ、と不安そうに少しだけ腕の力が強まる。
 ……うん。大丈夫ですよ、唯先輩。

梓「はい、信じます。だって唯先輩は、私の最愛の人なんですから!」

唯「んきゅ……あ、あずにゃーんっ! ありがと、嬉しい、ごめん、でもやっぱ嬉しいっ!」

梓「はう、んぅ、あ……ちょ、苦しいです、唯先輩っ……は、はう……♪」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:58:00.59 ID:91lSQpkt0
 この抱き締められる苦しさは、唯先輩の想いの強さ……だと、思う。
 だって、そうでなきゃ、ただの後輩のひとりにすぎない女の子を、こんなに強く抱き締めるハズがないから。

唯「んっ、好き、大好き。あずにゃん大好きだよ、んっ、ちゅ、ちゅちゅっ、んちゅー」

梓「あう、あ、ちょ……んむっ……唯せんぱ、い、待っ……ちゅく、んちゅっ」

唯「ごめんね、ごめん。もう泣かせたりしないからね」

梓「……はい。約束ですよ」

唯「うん、約束……仲直りに、一緒にお夕飯作ってくれる?」

梓「はいです」

 ちょっとだけ残った涙を拭いて、唯先輩の目元も拭ってあげて。
 お互いに顔を見合わせて、真っ赤になった目を見て、笑って。

梓「……ふふっ。唯先輩には、泣き顔は似合わないですよ」

唯「うん。あずにゃんも、笑ってる顔が一番可愛いよ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 07:59:52.27 ID:91lSQpkt0
 その、お互いの言葉で照れ合って、でも、生理現象は止められなくて。
 偶然にも、私と唯先輩のお腹が、ぐきゅ~って鳴っちゃった。

唯「……ご飯作るの、手伝ってくれる?」

梓「はい! 望むところですよ!」

 ……ああ、空気が元に戻った。
 ぽやぽやして、ちょっと恥ずかしくて、でもどきどきする雰囲気。

梓「さあ、献立は何ですか?」

唯「んーとね、とりあえずぅ……」

 並んだ材料を見れば、何を作りたいのか大体の察しは付くけど、私は唯先輩の指示を待つ。
 こう見えて、私はリードされたい性格なんですよ、唯先輩。

~おしまい!~

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:00:51.38 ID:91lSQpkt0
とあるべつのひ!

梓「実はこんなチケットを親からもらったんですが」

唯「……高級ホテルのスゥイートルームのペアチケット?」

梓「はい。自分達で使えばいいじゃん、って言ったんですけでど……何か押し付けられちゃって」

 実のところ、唯先輩と甘々タイムを過ごす為に無理矢理奪ったわけですが。
 高級ホテルのスゥイート、ワイン……はお預けだけど、乾杯とかしちゃって、おっきなベッドで抱き合って……えへへへへへへへへ。

梓「えへへへへへへ」

唯「あずにゃん?」

梓「あ、いえ、何でもないです……というわけなんですが唯先輩、今週末はお暇ですか?」

唯「うん、暇だよ~」

梓「じゃあ、週末は一緒にホテルでデートしましょう! 温水プールもありますから、水着の準備も忘れないでくださいね!」

唯「うんっ!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:05:57.85 ID:91lSQpkt0
~ほてる!~

唯「ほわあ……すっごいね、お金持ちになった気分だよ!」

梓「とりあえずチェックインします。部屋に行くまで、なるべく大人しくしててください」


唯「うん」

……………………。
…………。
……。

唯「うっわあ! すっごーい! こんなすごいお部屋にお泊まりしていいの!?」

梓「はい。一応、そういうチケットなので」

唯「えええ!? あっちの部屋にもこっちの部屋にもベッドがあるよ!? どこで眠ればいいの!?」

梓「好きなところでいいんじゃないかと」

唯「……じゃ、じゃあ、そっちの部屋のベッドが一番おっきいから……あずにゃん、一緒に寝てくれる?」

梓「ば、馬っ鹿じゃないですか!? ホテルにまで来たのに、一緒に寝ない意味がないじゃないですかっ」

唯「……う、うん、私、馬鹿かもしんないけど……私と一緒のベッドで寝てくれる?」

 ……ああ。
 いくら恥ずかしいからって、こんな言い方するなんて酷いですよね。

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:08:24.05 ID:91lSQpkt0
梓「え、えと、馬鹿って言ったのは本気じゃなくて……そ、そう! こういうホテルに来た時のお約束なんですよ!」

唯「お約束?」

梓「はいです。同じベッドで眠りたい時、でもちょっと恥ずかしい時、今みたく言うのが作法なんですっ」

唯「おお~。さすがあずにゃん、勉強になるよ!」

梓「とりあえず着替えましょうか」

唯「うん」

 お洒落な服、っていう指定はしたけど、大丈夫かな。
 憂が付いてるから問題はないと思うけど。

梓「…………」

 いやー、まさかこんな形で買ってもらったドレスを着るとは思わなかったなあ。
 親の付き合いで引っ張り出されるのは覚悟してたけど、その、唯先輩に見せるとなると……また違う緊張感があるというか何というか。

唯「あずにゃーん、着替え終わったー?」

梓「は、はいっ。私は大丈夫ですっ」

唯「んじゃ……じゃーん! どーかな!?」

梓「…………」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:09:32.25 ID:91lSQpkt0
 素敵なイブニングドレスじゃないですか。
 その、失礼ながら、唯先輩のご両親は普通の親御さんだと思ってましたから、私がホテルの中で買うのも考えてたんですが。

唯「え、えへ……ど、どうかなっ?」

梓「綺麗、です……唯先輩ぃ……」

 自分の顔が緩んでるのがわかる。
 唯先輩の姿に見惚れて、たり、って唇が緩んでる。

唯「んへー……あずにゃんも、すっごく可愛いよぉ?」

梓「ど、どぉも、です……」

 私なんかより、唯先輩の方が比べるまでもなく可愛いです。
 あぅ……もお、今すぐ抱き着いてふにふにむにむにして、喉の奥からえっちぃ声を絞り出して欲しいくらいに。

梓「はぁ……唯先輩、ほんとに、綺麗ですよぅ……」

唯「えへ、えへへ……照れちゃうよ、あずにゃんにそう言ってもらえるなんて」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:10:40.33 ID:91lSQpkt0
梓「いえ、本当に綺麗なんですから……お世辞抜きで、唯先輩、素敵です……」

唯「……うん。ありがと、あずにゃん」

 唯先輩の両腕が、中途半端な高さに持ち上がる。
 私に抱き着こうとしたけど、自重してるみたい。

梓「……ホテルのディナー、食べてから。ね、唯先輩?」

唯「う、うんっ……そおだね、折角のドレスだし、ぐちゃぐちゃにしたらいけないよねっ」

 ……どんな風にされるとこだったんだろ、私。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:15:42.23 ID:91lSQpkt0
しょくご!

唯「さすがにワインは出なかったね~」

梓「未成年ですもんね」

唯「出ても力尽くで止める覚悟だったけどね」

梓「い、いえ、ちゃんと申し込む時に、高校生だって書きましたから……」

 もう、お酒に酔って唯先輩を困らせるのは懲り懲りですよ?
 抱っこしてもらえなくなっちゃいますし。

唯「でも、高級ホテルはやっぱ違うね。フルコース料理なんて、私、初めて食べたよ~」

梓「初めての割には、食器使う順番とか間違いませんでしたし、静かに食べてましたね」

唯「やー、あずにゃんに恥をかかせないように、憂にみっちり仕込んでもらったんだよ。あと、わかんなくなったらあずにゃんの真似をすればいいから、って言ってた」

梓「ああ、なるほど……」

 さすがは憂、抜かりなし。
 実はいつどんな失敗をするか冷や冷やしてたんだけど、お陰で食事を楽しめたよ。

唯「でもさ、ボーイさん、私達の格好見て不思議そうな顔してたね?」

梓「あぁ……女子高生がふたりでドレス着て食事なんて、珍しいからじゃないですか?」

唯「そんじゃ、もし今度こういうチャンスがあったら、どっちかがタキシード着て素敵カップルのふりしようよ!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:17:43.45 ID:91lSQpkt0
梓「あ、いいかもですね、それ」

 ぽやんぽやんぽやん……。
 こう、ぴしっとキメた唯先輩に寄り添って、腕にすがっちゃったりして!
 ちゃんとハタチになってからなら、ワイングラスで乾杯なんかもして!
 んでもって、ちょっと酔っちゃった私を唯先輩が優しく支えながら部屋まで連れてってくれて!
 その後は……いやーん! きゃー! もーやんやんやーんっ!

唯「でもさ、あずにゃん」

梓「はっ……はい?」

 唯先輩は、じっと自分の胸元と私のそれとを見比べた。
 ……そうして導き出された結論は。

唯「タキシード着るのはあずにゃんだね! うん、きっとぴったし似合って格好いいと思うよ!」

梓「……今、何気に酷いこと言いましたね?」

唯「私が着ると、ほら……ね? どうしても……でも、あずにゃんなら大丈夫っぽいし!」

梓「いつまたこういう場に来られるかどうかもわかりませんけど、その頃には私だって成長してます! タキシードは唯先輩に着てもらいますからっ」

唯「ふぇ……? う、うん、あずにゃんがどーしてもって言うんなら、私が着てもいいけど……本当に格好いいと思うんだけどなぁ」

 そう言ってもらえるのは嬉しいんですが、やっぱり私、ぴっと凛々しい唯先輩にエスコートしてもらいたいですよ。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:20:50.06 ID:91lSQpkt0
すいーとるーむ!

唯「もうドレス脱いじゃっていいかな、あずにゃん?」

梓「ええ、ホテルの探検するんでもなければ、お風呂入ってゆっくりしましょう」

唯「あ、そうだお風呂! さっき見た時すっごく広かったよ! ふたりで入ってもちょー余裕だよ、あずにゃん!」

 するり、とドレスを肩口から脱ぎつつ、振り返り気味に視線を送ってくる唯先輩。

梓「んくっ……」

 明らかに『一緒に入ろ?』って、誘ってる眼差し。
 食い気の次は色気ですか、食休みもなしに。

唯「えへへへ……あずにゃん、広~いお風呂で洗いっこしよ?」

梓「はう……ん、っく……はうぅ……」

 駄目。
 きっとまた、私だけえっちぃことされて、もう最後までされちゃってもいいかなって思い始めた頃に、唯先輩が急に素に戻って何事もなかったようにお風呂から上がるんだ。
 だから、駄目……なのに。

梓「い、いいですよ……洗いっこ、しましょう……」

唯「やた! そーこなくっちゃね!」

 半分脱ぎかけの行儀の悪い姿のまま、私に向かって腕を広げる唯先輩。
 ドレスが胸元まではだけちゃって、ブラの紐も片っぽ外れて、かなり目の毒。
 でも、私はぼーっとしながらとてとてと走って、唯先輩の胸元に飛び付いた。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:22:52.87 ID:91lSQpkt0
唯「えへ……あずにゃんは素直ないい子だね、可愛い可愛い」

梓「んうぅ……いつもみたいな意地悪は、しないでくださいね?」

唯「うんっ。こんな特別な場所に連れて来てくれたお礼に……あずにゃんがおねだりしてくれたら、何でも言うこと聞いてあげちゃうよ」

梓「じゃ、じゃあ、早速ですけど……ドレス、脱がせてくださいです……」

唯「……私が全部脱いじゃってからでいい?」

梓「唯先輩のは、続き、私が脱がせてあげたいです」

 唯先輩の胸に頬をすりつけると、段々とブラがズレて素肌同士がこすれ合うようになる。
 いつもながら最高に柔らかくて、いい香りがして、あったかい。

唯「うん、わかった。それじゃあずにゃん、後ろ向いてくれる?」

梓「は、はい……」

 生おっぱいの感触はとっても名残惜しいけれど。
 私は言われるがまま、髪をかき上げながらドレスの背中を唯先輩に向けた。

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:25:52.72 ID:91lSQpkt0
ばするーむ!

 かっぽーん。

唯「うわあ……改めて見ると、すんごいお金かかってそうだよねえ……」

梓「そういうものですよ。普通ならひと晩泊まるのに、十万とか二十万って料金取られるんですから」

唯「何だかものすごく場違いな気がしてきたよ、私……」

梓「偶然手に入れたタダ券でも、私達は立派なお客様なんです。さあ、お願いします。唯先輩」

唯「う……うん。よ……ほっ」

 繋いでいた手を放して、唯先輩の首筋に回す。
 唯先輩は、私の背中と膝の後ろに腕を差し入れて、ひょいっと私を抱え上げる。

梓「わ、うわぁ、お、お姫様抱っこだ、ほんとにお姫様抱っこ……唯先輩、重くないですかっ」

唯「うん、だ、大丈夫だよ……あずにゃんちっこいから、意外と軽いしねっ」

 平気そうに振る舞ってるけど、やっぱり女の子の腕力じゃ無理があるみたい。
 でも、もう少しだけ。
 ちっちゃく丸まって、唯先輩に強くしがみ付いて、全身すべすべな感触を楽しませてください。

梓「んにゅ……ふふっ、うふふ……えへへへへへ、唯先輩に、憧れのお姫様抱っこされてますよぉ……♪」

唯「んー……しょ、っと、よっと……そ、そろそろいいかな、あずにゃんっ?」

梓「あ……は、はい。無理言ってすみませんでした」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:28:01.77 ID:91lSQpkt0
唯「あは、あはは、このくらい別にいいのことアルよー」

 ぺたっとタイルに足を付くと、唯先輩の額にはじんわり汗がにじんでいた。
 嬉しくって、気持ちよかったけど……あんまり頻繁に頼めそうにないなあ、お姫様抱っこ。

梓「唯先輩っ。お姫様抱っこしてくれたお礼に、気合い入れてお背中流しますっ」

唯「う、うん……気合い入れなくてもいいけど、お願いしちゃうよー」

 腕をさすりながら、唯先輩。
 私を抱っこしたせいで筋肉痛になっちゃったりしたら、嫌だなあ。

梓「唯先輩。ここのお風呂、ジャグジー付きなんですよ」

 わしゃわしゃわしゃ。

唯「おお、豪華だねぇ。スーパー銭湯みたいだよ!」

梓「……何か急にジャグジーが庶民的なモノに見えてきました」

 しかしお高いホテルだけあって、置いてあるボディソープやシャンプーやらも触感からして違う。
 ホテルのロゴ入りボトルに詰め替えられてるから、商品名はわかんないけど……私達が普段使ってるような安物じゃないってことだけはわかる。

唯「ふわーぁ。すっごいあわあわだね、あずにゃん♪」

梓「そうですね。一生懸命に泡立てなくてもコレですから、その気になったら一体どうなっちゃうんでしょう」

 ごっしごっしごっし、しゃわしゃわしゃわ。

唯「あっ、前は自分で洗……わないことにしよっかな、あずにゃん?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:30:01.86 ID:91lSQpkt0
梓「はいです。全身ばっちり私に任せちゃってくださいっ」

 かと言って、私は唯先輩の前に回るでもなく。
 後ろから抱き締めるように、泡にまみれた肌へ覆い被さる。

梓「んにゃっ……ふ、ふぁ……あ、あぅぅ……」

唯「あっ、ああ……んく……あ、あずにゃん。早く洗ってくれないと、ふたりとも風邪引いちゃうよぉ?」

 ぬるる、って。
 泡がぬめって滑って、何をしたわけでもないのに、肌同士をこすれ合わせるだけで脱力しそうなくらい気持ちいい。

梓「んみゅ、ふう、ふうっ……んんぅ……はふぅ……」

 わしゃしゃ、わしゃ。

 快感を堪えて、頑張って腕を伸ばして、唯先輩のお肌を綺麗にしていく。
 で、でも、洗い終わったら、次は私の番だよね……まともな気分でいられる自信ないなあ、ちょっと、これは。

唯「んふ、ふふふ……あずにゃんのぺったんこなおっぱい、ぷにぷにって背中に押し付けられてて気持ちいーよ?」

梓「はうっ……ん、もう、唯先輩っ……そーゆー目的でしてるんじゃないんですっ、私は純粋な気持ちでですね」

唯「うん、でも、あずにゃんはいつも私のおっぱいが好きって言うけど……私も、あずにゃんの控え目なおっぱい、大好きだよ?」

梓「んくっ、う、うにゅ……」

唯「まだ膨らみかけで可愛いし、けっこー敏感だし……おっきくなったら、今よりえっちぃおっぱいになるのかなあ?」

梓「う、ううっ、はうう……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:32:02.09 ID:91lSQpkt0
 胸の辺りは最後のお楽しみに、って取っておいたんですけど。
 あらかた洗い終わりましたから、もういいですよね?

梓「ええ、えっちくなっちゃいますとも! 唯先輩に、こんな風に弄くり回されて、えっちぃ声上げさせられてるんですからっ」

唯「やあんっ♪ んっ、んあっ、ああ、や!? ちょっ……ぬるぬるして、すごっ……ふああ、あぅ、あっ、あずにゃんっ、ああう、あうっ」

梓「んきゅ……か、可愛い声出したって駄目ですよっ!? まだまだ、唯先輩が本気で降参するまで止めませんからっ」

 ぬるぬるむにゅん、って。
 掴もうとすればぬめって逃げるし。下から支えて揉もうとしても手の中から柔らかく滑るし。
 ええい、唯先輩のおっぱいなだけあって、往生際の悪さもタダモノじゃないです。

唯「んううっ、ん、あぁんっ! ひゃ、ひゃううんっ、んぅぁ……はぁ。はふ、んく……ちょっと、おねが……ひゃぁぁぁ」

梓「んんん、はう、はぅはぅ……んもー、唯先輩ってば、本当にもー。ただ身体を洗ってるだけなのに、えっちぃ声で悶えたって騙されませんからねっ」

 唯先輩の背中に、胸がぬるぬるこすれて気持ちいい。
 お腹だって、腕だって、唯先輩の体温を直接感じながら、泡のぬめりで滑って余計に感じちゃう。
 それに、両手も。
 ぷくっと膨れて固くなった乳首に掌をくすぐられたり、柔らか滑らかなおっぱいを揉みしだく感触も堪んなく心地がいい。

唯「ふあっ! あ、ああっ、も、もぉ、駄目だよ、あずにゃぁんっ! ほんとに、も、こおさんするよぉ!」

梓「っん……ま、だ、です……まだ洗い足りないです、から……おっぱいが大きい分、丁寧に時間をかけて洗わなくちゃですよっ」

唯「んやぅ、はううっ……んっ、あんっ、丁寧すぎ、だよぉ……も、もお、ほんとに洗うのいいからっ」

梓「『いい』んですね? なら、もっと続けるですっ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:34:03.50 ID:91lSQpkt0
 もにゅもにゅむにゅん、って。
 揉んでるだけで気持ちいいおっぱいとか、卑怯すぎますよっ。
 唯先輩はズルいんですから……本当にズルいですよ、もう。

唯「んぁ、あっ、んんっ……きゅふぅぅぅぅんっ! んっ、あ、あずにゃ、んんっ! んあっ、あずにゃ……ああ、あぅっ、ひゃあぁぁんっ!」

梓「……あれ?」

 唯先輩が全身を震わせたのが、ぴっとりくっつけた肌から伝わってくる。
 びくびくんっ、ぎゅうううって。

唯「ひゃふ……ん、んくぅ……あず、にゃぁん……こおさん、だよ、もうらめ……ゆるひてぇ……」

梓「あ……えっ? そんな、唯先輩、まさか……本気で、降参なんです?」

唯「ふやぁ……あ、あー……んっ、んんっ、あ、あう……んくぅん、ん、ひゃうぅ……♪」

 何度か大きくわなないて、今は小刻みに震えている唯先輩。
 乱れた息遣いが今まで見たこともないくらいえろっちくて……演技とは思えなかった。

梓「ん……ゆ、唯先輩? あの、すみません、ちょっと調子に乗っちゃいました」

唯「……はうぅ、んっ、あん……酷いよぉ、あずにゃん……ふぁ、あ、あぅ……降参って、ゆったのにぃ……」

梓「その……私も気持ちよかったですし、唯先輩のおっぱい、もっと揉んでいたくって……」

梓「こんな風に、無理矢理しちゃうつもりじゃなかったんです! ごめんなさいっ!」

唯「ううん。わ、私もね、嫌じゃなかったから……いい、よ? でも、次からは……ちゃんとして欲しいなあ?」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:36:00.94 ID:91lSQpkt0
 まだ唯先輩の胸に添えたままだった私の手を、唯先輩が上からそっと包むように握る。
 慌てて離そうとしたけれど、唯先輩が振りほどいたりせず、こうしてくれるってことは……別に、怒ってない、みたい。

梓「すみません、興奮のしすぎには重々気を付けます……」

唯「えへへ……あずにゃんってば、えっちぃんだあ。やーい、おっぱい大好きあ~ずにゃんっ♪」

梓「にゃっ!? わ、私が好きなのは唯先輩のおっぱいだけですよっ!?」

唯「……うん。あんなに強く揉まれたのに、全然痛くなかったもん。それって、あずにゃんが私を気持ちーくしてくれようって思いながら揉んでくれてたからだよね?」

梓「あ、や、そういうことにしといた方がいいかなって思うんですけど、割と欲望の赴くままに……」

唯「でも、痛くなかったんなら、そういうことなんだよ」

梓「……はい」

唯「あずにゃん、あずにゃん。お顔、もちょっとこっち」

梓「……んぅ?」

唯「洗ってくれてありがと。とっても気持ちよかったよ!」

 ちゅっ。

梓「は、はわっ!?」

唯「えへへ。次は私があずにゃんを洗ってあげる……って言いたいとこだけど、腰が抜けちゃったみたい」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:38:01.63 ID:91lSQpkt0
 あ……と、とりあえず、泡を流して湯船にでも。
 次は私の番だとしても、とりあえず唯先輩が落ち着いてからでないと。

梓「お湯かけますね、じゃないとまたにゅるんってなって触っただけで気持ちよくなっちゃって、私っ」

唯「うん。お願いね、あずにゃん」

 ざぱー、ざぱぱー。

梓「うく」

 お湯を珠のように弾く唯先輩のお肌が、普段よりすべすべに見える。
 今すぐ触って確かめたい、けど、我慢我慢。
 ううう、恐るべし高級ボディソープ。

唯「ふあー。さっぱりしたー」

 よろめきながら立ち上がろうとする唯先輩に、肩を貸してあげる。
 身体を支えようと思ったけど、変なとこ触っちゃったらいけないし……ううん、悩ましいです。

梓「気を付けてくださいね」

唯「うん。ありがとーね、あずにゃん」

 そう言いながら、唯先輩はジャグジーの中へ、ざぶんと、入った。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:40:01.25 ID:91lSQpkt0
唯「んひゃああああああああ!?」

梓「どっ、どうしたんですか唯先輩っ!?」

唯「あ、ちょ、助けっ……あわあわが、ああっ、ヤバいよ、ちょお敏感になってるのにっ……こことかそことかあそことか、ひゃ、ああ、んふううううっ!?」

梓「……ああ。なるほど」

 私も今ので身体に付いた泡を綺麗に洗い流してから、唯先輩と一緒の湯船に入る。
 ぶくぶくのあわあわが勢いよく、四方八方から全身にぶつかってきて、なかなか気持ちいいです。
 ええ、今の唯先輩には酷な刺激かもしれませんけどね、うふふ。

唯「ひゃんっ! あ、ああっ、あぅぅぅ、あずにゃん、助けて、ああ、ふあああんっ! 駄目、ちょっ、あ、ま、またっ、私っ……またあっ!」

梓「……ぶくぶくぶく」

 色っぽく叫んで、艶っぽく身をくねらせて、何かを我慢するみたいにぎゅーってなって、でもまた身悶えを始めて。
 いやー、これはなかなかの眺めですよ、唯先輩?

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:42:02.26 ID:91lSQpkt0
ちょっとあと!

唯「ひゃあう……んっ、んんぅ……も、もぉ、らめぇ、あ、あぅぅっ、らめらよぉ……うふぅぅぅぅんっ」

梓「のぼせたら大変ですから、少しそこに座って待っててくださいね。私も急いで身体洗っちゃいますから」

 背中を流してもらえなくなっちゃったのは、少し残念だけど……眼福、眼福。
 唯先輩ってば、限界を超えるとあんなやーらしい声であえいじゃったりするんだぁ……えへへ、えへへへへ。
 いつか、私だけの力で唯先輩をここまで骨抜きにしちゃえるようになりたいなあ。

梓「ふんなふんなふーん♪」

 わしゃわしゃわしゃのわしゃ、っと。
 唯先輩があの様子じゃ、お風呂では無理だろうけど……寝る頃になればきっと大丈夫、そう、ベッドの中で可愛がってもらえばいいもんね。
 その時の為に……こうして、お肌を磨いておかなきゃ。

梓「……んにゅー」

 脚は、まぁ、細い方だよね。
 二の腕にも余分なお肉はないし……腰の周りも大丈夫、だと思う。
 難点を言えば、全体的に肉付きがよろしくないっていうか……ひんそーっていうか。
 ううっ、唯先輩みたく肉感的になりたいなあ。
 そうすれば唯先輩も、私に抱き着いた時にもっといい感じになってくれるだろうに。

唯「はうー……あずにゃーん」

梓「はいはい、何ですか?」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:44:00.77 ID:91lSQpkt0
 しばらくまともに身動き出来なさそうだったから、いきなり背後から抱き着かれる心配はない。
 私は概ね洗い終わったことだし、とお湯をかぶりながら、ちらっと声のした方に目を向けた。

唯「え、えへー。こんなマットがそっちの隅っこに置いてあったよぉ?」

梓「……にゃああああ!?」

 マットっていうか、正確には海水浴なんかで使いそうなエアマット。
 その上にうつ伏せに横たわって、とろんと潤んだ瞳で私を見つめる唯先輩がいた。
 ……いえ、お風呂にあるっていうことは、浮かべて使う用途のモノじゃないんでしょうけど。

唯「ぽよんぽよんして、面白いよぉ~?」

梓「……ちょ、ちょっと、それ以前に、唯先輩が動くとおっぱいもぽゆんぽゆん弾んで、目のほよぅ……いえ、目の毒ですよ」

唯「んも~、あずにゃんってば……そんなに私のおっぱいがお気に入りなんだぁ?」

梓「す、好きなのは、おっぱいだけじゃありませんけどっ……どーしても目がいっちゃいますよ、そんな格好だと!」

唯「えへへ。恥ずかしいけど、嬉しいなあ……あずにゃんに『好き』って言われると、いつもすっごくどきどきしちゃうんだよね」

梓「んくっ……」

 それはつまり、私が唯先輩の『特別』だっていうこと。
 そうじゃなきゃ、見られるのさえ嫌だもんね。
 でも、このギリギリ一杯まで潰れたおっぱいの質感……これもこれで結構いいけど、やっぱり何か違う。

梓「ううっ……唯せんぱぁい。おっぱい、ふにふにしたいから上向いてくださいよぅ」

唯「もー、仕方ないなぁ。はい、おっぱいでちゅよー?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:46:01.14 ID:91lSQpkt0
 くるんと転がって、今度は仰向けになる唯先輩。
 そうなると当然、おっぱいが重力に引かれていやらしい感じになっちゃうわけで。

唯「ねー、あずにゃん。身体洗ってあげる約束、守れなかったけど……ちょっと休んだから、さっきの続き出来そぉだよ?」

梓「い、いえっ、無理にしなくても……いい、です……よ?」

 本当は、して欲しい。
 でも、ずっとジャグジーの中で悶え続けてたの見てたから、唯先輩が何度も気持ちよくなっちゃったのだって知ってるんですよ?
 だから、元気になるまで休んでいてもらっても……。

唯「ほらほら、そのボディソープ持ってきて? このマットの上で、ぬるぬるになりながら抱き合お?」

 ……それは、とてもとても素敵なお誘いですね。

梓「は、はい……んっ、く……」

 逆らえない。
 命令じゃないんだから、逆らうっていうのも変なんだけど、身体が唯先輩の言う通りに動いちゃう。

唯「マットだから痛くないし、冷たくないし、滑り止めも付いてるから危なくないし……えへへ。たっぷりぬるぬる出来るねえ?」

梓「はい……」

 えろいやらしい瞳で私を誘う唯先輩。
 さっき唯先輩を洗った時の昂ぶりや、湯船の中で悶える姿を見ていた興奮が、一気に募ってくる。
 その前に、ちょっとだけ準備。

梓「んっ……ちょ、ちょっと冷たいかもですけど、最初だけですから……」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:48:06.17 ID:91lSQpkt0
 ちゅー、ちゅっ、ちゅちゅーっ。
 ポンプを何度も押して、唯先輩のおっぱいやお腹にボディソープをかける。

梓「……ふうう!? う、うくっ」

 ええと、これはその、予想外にえっちぃ姿の唯先輩が出来上がっちゃったんですが、どうしましょう。

唯「んひゃあ♪ ちべたっ……早くあっためて、あずにゃぁん♪」

梓「ふぁ……ふぁい……」

 まるで男の人とエッチした直後のような、欲望の猛りをぶち撒けられて穢されたかのような、肌を上気させて白濁液にまみれた唯先輩。
 ……ボディソープは、手に取って塗り付けた方がよかったですかね。
 いやぁ、危うくハナチ出ちゃうところでしたよ。

梓「んと、それじゃ、唯先輩……んしょ」

 ぬりゅん、ぬりゅりゅ。

梓「んぅ、ふぅっ……ん、んく……」

唯「んあ……あったかいよぉ、あずにゃん」

 大きさは違うけど、胸同士を合わせるように抱き着く。
 早速ぬるぬる滑って気持ちいーけど、もっと、もっともっと気持ちよくなれると思うと、嬉しくて期待が一杯です。

梓「えへへ……終わったら、また一緒にジャグジーですからね?」

唯「ちょ、ちょぉーっと、それは、許して欲しいかも……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:50:01.84 ID:91lSQpkt0
梓「駄目です。私、また唯先輩が感じて悶えてだらしなく口を開けて、気持ちよさそうにあえいでるとこ見たいんですから」

 ねちゃねちゃって卑猥な音を鳴り響かせながら、唯先輩の耳元でささやく。
 ゆっくりと身体を滑らせて、肌をこすり合わせる度に、私の耳にも唯先輩の感じてる甘い声が聞こえる。

唯「んあ、あっ、あふう……わ、私っ、さっき、そんなに、だらしない顔になってたの……?」

梓「はい。とっても、こーふんしました。だって唯先輩、何度も何度もイっちゃってましたよね?」

唯「ん……っう、うん……イってた、よ……気持ちよすぎるから、助けて欲しかったのにぃ……あずにゃん、どうして助けてくれなかったの?」

梓「だから、唯先輩のイってる表情が堪らなくえっちくて、見惚れちゃってたんですってば」

 はあ。
 首筋も、うなじも、何て色っぽいんだろ。
 耳元なんて、ちょっと舐めただけで大きく跳ねそうなくらいに赤く火照ってる。

梓「んぅ……んむ、ちゅ、ぴちゅっ、んちゅーっ♪」

唯「ひゃあああんっ!? やぁ、あっ、あずにゃああんっ!」

梓「んふ、くちゅっ、くぷっ、んぬぷ……ふふ、何だか唯先輩を襲ってる気分です」

唯「さ、さっき、おっぱい魔人に襲われたばっかしだよぉ……んはぁ、はぁ、はううっ……やぁ、だ、駄目、また気持ちよくなっちゃいそっ」

 私の背中に回された腕に、ぎゅっと強く力が込められる。
 同時に、痙攣のように小さく震えながら、唯先輩があられもない声で叫ぶ。

唯「あぅ、あっ、あー! 駄目っ、駄目ぇぇ! 気持ちいいよ、あずにゃんっ……ふあぁ、あああっ、んあああああ!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:52:01.65 ID:91lSQpkt0
梓「んっ……ゆ、唯先輩っ……」

 またイっちゃった、みたい。
 唯先輩がひとまず落ち着くまで、ほっぺをすり寄せながら、抱き合って震えを感じ取る。
 ……まだ敏感になってるんですね。
 だからって、こんな、イく有り様を直接感じちゃったら……もう本気で堪らないですよ?

唯「ふぇ……ごめん、ね、あずにゃぁん……私、こんな早く、気持ちよくなっちゃったよお」

梓「今度は私の番じゃなかったですか? もお、また唯先輩ってば、こんなにえろっちぃ表情して……んちゅっ、ちゅぅ、んむぅ」

唯「はうう、んぅぅ……んくっ、んちゅう、れるりゅっ……ちゅ、ちゅちゅっ」

 ほんと、唇を重ねただけですぐに舌を割り込ませてくるし、それだけじゃなくって舐るように絡ませてくるし。
 やらしくって、とっても素敵です、唯先輩。

唯「んふ、ちゅるっ、んっ、んく……ごめんねぇ? でもでも、あずにゃんが優しく気持ちよくぬるぬるしてくれるから、我慢出来なくって……はむっ、ん、ちゅぷ」

 息をするのも苦しそうなのに、私の口中をねろねろと舐め回す唯先輩は、舌を絡めたまま離してくれない。
 表も裏も、先っちょは勿論、根元まで執拗になぞり上げて、それでも飽きずにキスを続ける。

梓「んあ、あう、んはむ、んむむっ、ちゅぷ、ちゅう……ん、あぅ、ゆ、唯、せんぷぁ……んちゅっ、くぷっ」

唯「んちゅー♪ んむあむ、くちゅるっ、ちゅむむむ、ちゅうっ、んむう……あむあむ、ちゅるるっ」

 あれ。
 何か、頭、私の方がぼーっとしてきてる……。
 もう何回か唯先輩をイかせてあげて、またしばらくジャグジーで悶えるとこを眺めさせてもらって、上がるつもりだったのに。

唯「んふう、ふう、ふー……ちゅううっ、くむっ、んっ、んるれるっ、ちゅっ、ちゅくく……んむぅぅぅ~♪」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:54:01.52 ID:91lSQpkt0
梓「はぷっ、あ、ちょ、唯せん、んあっ、あう、ふぁぅ……んちゅ、くちゅる、ちゅむちゅるっ」

 涎を吸い取られて、喉を鳴らして飲まれてる。
 私が上になってるんだから、垂れるのが自然なんだけども、それだけじゃ足りないって言ってるみたいに唇をちゅうちゅう吸われてる。
 肌がこすれ合う感触と同じくらい気持ちよくて、でもお口の中を熱い舌先で刺激されて、頭の奥まで熱さでしびれるような感じ。

梓「はあっ、はう……ん、ちゅううっ、ちゅぷ、んむぅ……はっ、はうぅ、あふ……んぷ、ちゅぅ、ぴちゅる」

唯「んっ、んく、はふう……キス、とっても気持ちいいね。ぬるぬるで抱き合ってるせいかな?」

 きっと、違うと思います。
 理由のひとつではあるかもしれませんが、唯先輩のキスの仕方が上手だから、かと。
 ……そう言えたらいいのに、私ってばだらしなく唇を半開きにして、荒い呼吸を繰り返すことしか出来なかった。

梓「あぅ、あ、はぅぅ、んんっ……唯、せんぱぁい……どおして、こんな、キス、上手なんですかあ?」

唯「え? 私、そんなに上手かなあ? あずにゃんの方が、とろっとろに涎を流し込んできてくれたりして、えっちぃと思うんだけど」

梓「んちゅっ、ちゅうっ、ちゅ、ちゅっ……ふぅっ、んふぅぅ……んちゅ、ちゅちゅ」

唯「ん、あん、ほ、ほらぁ。こんなに、丁寧に、キスしてくれるしっ……ん、あっ、やぁん♪」

 いえ、それは単にキスが気持ちよくて意識を持ってかれちゃって、唾液を垂れ流してるだけですよ?
 今だって、私が零した涎で唯先輩の口元を汚しちゃったから、せめて自分で吸い取って綺麗にしたいと思ってるだけであって。

唯「……あれ? あずにゃん、何だか止まってる……動くの疲れちゃったの?」

梓「はぁぅ、は、はう……そおじゃ、ありませっ、けどぉ……すみません、少しだけっ……すぐ続きしますからっ」

唯「そっか……えへぇ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:56:01.90 ID:91lSQpkt0
梓「疲れたんじゃなくって、その、ですね? 唯先輩……?」

 唯先輩の笑みを見た私の背すじに、ぞくりと寒いモノが走った。
 割と悪い意味で。
 嗜虐的、っていうのかな。
 唯先輩の唇の端がちょっぴり吊り上がったような気がした。

唯「あずにゃんが休んでる間、私がぬるぬるしてあげるね?」

梓「えっ? あ、いえ、すぐっ……唯先輩は、イったばかりですし……にゃあっ!?」

 にゅるんっていうか、ぐるんっていうか、一瞬で視界の真ん中にいる唯先輩以外の景色が反転する。
 ……ああ。
 身体の位置、逆にされちゃったんだ。

唯「ふえぇ……一杯イっちゃったせいかな、まだ頭がふらふらするよ~」

梓「だ、だから、ここは私に任せてください……んくっ」

 このままじゃ、マズい気がする。
 息を飲みつつ、ぼうっとした意識のままお願いしてみたけど……やっぱり、唯先輩は聞いてくれなかった。

唯「ううん、遠慮しないで? あずにゃんに触られたのと同じくらい、私もたーくさんおっぱい揉ませてもらうから♪」

梓「ううっ……」

 やっぱり恨んでるんだ、さっきのこと。
 でも、どういうお返しされたって私は後悔しないもん!
 あんなに唯先輩のえろっちぃ顔を見られるなんて、滅多にないんだから!

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 08:58:00.87 ID:91lSQpkt0
唯「んー……とりあえず、えいっ」

梓「にゃあああん!?」

 唯先輩はわざわざ両手を広げて、私のちっちゃなおっぱいを包み込む。
 そして、絞るように……にゅるにゅる滑るのを利用して、何度も何度も揉み上げる。

梓「ひゃああ……! ああっ、あう、ゆっ……唯せんぱぁい!? んにゃう、あっ、あううんっ!」

 平気なふりをしようと思っていたのに、背すじが勝手に仰け反っちゃう。
 唯先輩の手、優しくって、あったかくって……気持ちよくって……ぞくぞく、しちゃう。

唯「えへへ~。ぺったんこーなおーっぱい、あーずにゃーんのおーっぱい♪」

梓「にゃ、にゃふううぅ……へっ、変な歌、作らないでくださいよぉ……んっ、あ、ふにゃあんっ」

 やだ、恥ずかしいくらい身体が震えてる。
 さっきまでの唯先輩みたいに、えっちく、小刻みに。

唯「あはぁ……そんなに可愛い顔して、感じてくれてるの? あずにゃん」

梓「んぁぅ、あっ、あ、ふにゃぁんっ! あぅぅぅ、あっ、唯せんぱっ、やんっ、ちょっ……んにゃあ!」

 感じてます、とっても感じてます。
 そんなの、わざわざ聞かなくてもわかるじゃないですか。

唯「えへ、おっぱい触ってるだけなのに、腰までぷるぷるしてるよぉ? 何か、どきどきしちゃうねっ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:00:01.29 ID:91lSQpkt0
 ええ、そうでしょうとも。
 私だって唯先輩が反応してくれるのを見たから、嬉しくなって、興奮して、どきどきしてましたもん。

梓「んうっ、んん……は、はぁっ、はぅ、ぅんっ……む、胸ぇ……私のおっぱいなんて、全然揉めないのにぃ……」

唯「そんなことないよ? ほら、こう、ぷにぷにって……膨らんじゃうのが勿体ないくらいだよっ」

梓「やぁ、わ、私、もっと成長するんですっ……唯先輩くらいに……ううんっ、唯先輩よりおっきくなるんですからっ」

唯「うん、うんっ。おっきくなったら、それはそれで揉み甲斐があって楽しそうだよね」

 そう言って、唯先輩は平べったい私の胸を愛おしそうになでて、揉んで、時々乳首を刺激したりして。
 いちいち反応しちゃう自分が情けないというか、悔しいというか。
 唯先輩に何をされても気持ちよくって、もう、えろいやらしー声しか上げられなくなってる。

梓「ひゃうんっ! んにゃあ、あっ、ああ、あっ、やだ、ち、くび、んひぃんっ!? ひゃあぁ、ああぁ、んにゃあああんっ!」

 唯先輩は、私がしたように……ううん、もっと強く乳首をつまんだり、引っ張ったり。
 ボディソープのぬめりが痛みを消しちゃってて、逆に滑りがよすぎて気持ちよさばっかりになっちゃってて。
 恥ずかしいのに。
 もう許して欲しいのに。
 ぎゅうってされると、ちっちゃい胸なのに思いっきり反らして突き出しちゃう。

唯「んくっ……と、とぉってもえろっちくて可愛いよぉ、あずにゃん……もっとして欲しいんだね?」

梓「ふあっ、あ、はあっ……あぅ、あぅっ……んっ、んあぅ……ゆ、唯せん、ぱいっ……私ぃ……」

唯「……まー、して欲しくないって言われても、気が済むまでおっぱいいじり倒させてもらうんだけどね?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:03:12.39 ID:91lSQpkt0
 にまー、って意地悪な微笑みに、さっきの悪寒とは違う寒気を感じた。
 楽しみっていうか、怖いっていうか、両方が混じったような……ちょっと複雑、かも。

梓「んぅ、ふぅぁ、あぁ、あっ……駄目です、そんな、私……このまま続けられたら、きっと……」

唯「きっと……どうなっちゃいそうの?」

梓「き、きっと……イっちゃいます……」

 っていうか、もう一杯一杯ですよ。
 私みたいな薄い胸でも、唯先輩への想いとか、気持ちよさとか、はちきれんばかりに詰まってるんですから。

唯「……じゃあ、イかせてあげないと可哀想だよね?」

梓「んぅっ……ん、ふ、ふあ……!」

 唯先輩は嬉しそうに目尻を下げながら、きゅっ、と指の間に私の左右の乳首を挟み込む。
 そのまま転がすように、そして器用に薄い乳房を揉みつつ、耳元を舐め上げてくる。

唯「ん、ふぅ……あずにゃん、ほんと、可愛いよぉ……好き、大好きぃ……んちゅ、ちゅうう、んっ、んむっ」

 首筋から耳までをしつこいくらい丁寧に舐められて、すっごく、ぞくぞく。
 胸を揉む手だって休んでくれなくて、こっちも身体の芯から、ぞくぞく。
 ボディソープで滑る肌がこすれ合って、唯先輩が感じてる震えも伝わってきて、やっぱりぞくぞく。

梓「んにゃああああ!? ああっ、やぁん、駄目駄目っ、唯せんぱぁい、そんなこと言いながらっ……にゃあ、ふにゃあああああっ!」

 唯先輩の背へ回した腕に、思いっきり力を込める。
 我慢しようと思っても、出来る類のものじゃない。
 もお、ふわって浮かんでどっかに飛んで行っちゃうような、大好きな人にしがみ着いていないと怖い感覚。

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:05:02.10 ID:91lSQpkt0
梓「んんんっ! にゃ! あああっ! はぁっ、は、ふにゃぁ……あぁ、あぅっ、う、んっ……んにゃ……♪」

唯「んひひ……あずにゃん、イっちゃったみたいだね?」

 ちろちろと、猫がミルクを飲む時みたいに、唯先輩が私の唇を舐めてくる。
 それがとっても気持ちよくて、私も快感の波に流されそうになりながら、同じようにちろちろと舐め返す。

梓「んちゅ、んるっ、れりゅる……んぅ、は、はぁい……イき、ましたぁ……」

唯「……約束、守れたかな?」

梓「ん……はい、でも、気にしなくてもよかったのに……」

唯「そんなわけにはいかないよ。とっても大好きで、大切な、あずにゃんとの約束だも……ちゅ、ちゅく、んむっ」

 少しずつ引いていく気持ちよさの昂ぶりが、唯先輩のキスで引き留められてる。
 普段、これくらいなら、もう少しで素に戻れる頃なのに。

梓「ん、ちゅ、ちゅう……んふ、唯せんぱぁい……とぉっても、気持ちーですぅ」

唯「そお? よかった。私だけあんなに気持ちよくなってたら、あずにゃんに悪いもんね」

梓「にゃふ……?」

 ……『あんなに』?
 って思ってたら、唯先輩が自分ごと何回かお湯をかぶって、ぬるぬるを洗い流す。

梓「……い、嫌っ……唯先輩? まさか、えと、まさかっ……」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:07:02.42 ID:91lSQpkt0
 ふるふると首を左右に動かす。
 でも、唯先輩はにっこりと笑っているだけで、『何が嫌なの?』とか、尋ねようとしない。
 そんな、ちょっと、お願いだから待ってください。

唯「とーお! 必殺! お姫様抱っこぉ!」

梓「嫌あああああああぁ!?」

 唯先輩が向かう先は、勿論……。

梓「んにゃあああああ! あっ、あああ! ゆ、唯先輩っ! あっ、ふにゃああんっ!?」

 ざぶん、とジャグジーの中に落とされて。
 溺れはしないけど、むしろそっちの方がマシだったかもしれない。

唯「うわぁ……本当だ。あずにゃん、すっごくえろっちぃ顔してるよ……♪」

梓「ひああああんっ! ちょ、あぅ、さ、さっきは、もぉちょっと、ゆーよがっ……あ、あああああ、にゃ、んにゃっ……にゃああああああぁんっ!」

梓「うふふ……ぷくぷくぷく……♪」

 鼻先まで水面に沈めて、唯先輩はじーっと私が身悶える様子を観察してる。
 あっちやこっち、そっちから、もう予想もしてない方向から泡がぶつかってきて、おかしくなりそう。
 ついさっき、唯先輩も、この感覚を嫌っていう程に味わったわけですね。
 この、地獄のような快楽天国を。

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:10:00.98 ID:91lSQpkt0
べっどるーむ!

梓「ふにゃあ……♪」

唯「気持ちいかったね、あずにゃん」

梓「……はい、です……」

 身体も髪も唯先輩が拭いてくれたけど、まだ天井がぐるぐる回ってる。
 ベッドがよく弾むせいか、感覚が変になってるせいか、ぽわんぽわん弾んでるみたい。

唯「ええと……冷蔵庫の中、飲んでいいのかな?」

梓「は、はい……親からカード借りてますし、何なら、ルームサービス頼んでも平気ですけど……」

 もう少し後にしてもらわないと、こんなイきまくって、ぜいぜい息してる姿なんて、ホテルの人に見られたくないですが。

唯「ミネラルウォーターでなくっても、私は水道のお水でいいんだけどなあ……」

梓「あ……私のバッグに、飲み物入ってます。カルピスですけど」

唯「初恋の味だね! いただきます!」

 元気ですね、唯先輩は。
 私なんて、もう数えきれないくらい気持ちよくなっちゃって、何ていうか……お腹一杯ですよ。

唯「んぐ、んく……ぷはー。はい、あずにゃん! 間接キス!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:12:00.93 ID:91lSQpkt0
梓「あっ……ど、どもです。ん……はむ。んっ、んぅっ、んくっ……はあ……♪」

 普段そういうこと全然気にしないくせに、どうしていきなり間接キスとか言うんですかね。
 お陰で、自分のペットボトルなのに無駄にどきどきして……妙に美味しく感じちゃったじゃないですか。

唯「あずにゃん、あずにゃん! 私、他の部屋のベッドでもぼーんって跳ねてくるね!」

梓「あ、あっ……」

 まあ、その、どうせ使っても使わなくてもベッドメイクはするんだろうから……少しくらい遊んでも、別にいいと思いますけど?
 そんなにはしゃいじゃって、子供みたいじゃないです?
 そりゃあ、こんなスプリングの効いたベッドで遊ぶ機会なんて滅多にないでしょうけど?
 ……こういう遊びでうずうずしちゃうのって、やっぱり私がまだ子供ってことなのかなあ?

梓「わ、私も行きます、唯せんぱーい!」

 やだ、まだ膝ががくがくしてて、普通に立てない……。
 でも、唯先輩と一緒に遊びたいから、頑張る。

梓「ゆ、唯先輩っ! ひとりだけで遊ぶなんてズルいですよーぉ!」

 ばゆんばゆんって、私も跳ねて遊びたいですよ。
 ただでさえ面白そうなのに、唯先輩が一緒なら、それはもう楽しいに決まってます。

唯「え~? ベッドで跳ねて遊びたいだなんて、あずにゃんはまだまだお子ちゃまだねぇ~」

 ……よりによって、貴女がそれを言いますか。

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:14:01.45 ID:91lSQpkt0
いんざべっど!

唯「楽しかったね、あずにゃん」

梓「はいです」

唯「……お風呂、とっても気持ちよかったね」

梓「……はい、です」

唯「一泊二日……なんだよね」

梓「はい。屋内プールで遊ぶなら、夜更かししないで早寝するのがベストですよ?」

唯「んう~……」

 何かされそうだけど、私はもぞもぞと唯先輩に向かって這いずってく。
 ふたりで寝てもとっても広いベッドだけど、やっぱ、相手がいてこそだよね。

梓「んにゅ~……唯せんぱぁい」

唯「んん……あーずにゃん♪」

 ぎゅうっ、って。
 ぴっとりくっつくと、期待通りに唯先輩が抱き締めてくれる。
 いつもとは違う匂いと、慣れないバスローブの感触。
 でも、唯先輩のあったかさは同じ。

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:16:01.55 ID:91lSQpkt0
唯「……あずにゃん、どおする?」

梓「プールで遊ぶんなら、このまま寝ちゃいましょう」

唯「折角のホテルなんだし、こう、えっちぃことしてあずにゃんと非日常な夜を過ごすのもいいかなと」

梓「そ……れは、私もいいかなと思いますが、時季外れのプールも捨てがたいな、と」

唯「……私、水着新しいのじゃないよ?」

梓「私は新しいの用意しました」

唯「じゃあ寝る! 今すぐ寝るよ!」

梓「……どういう基準なんですか」

唯「えへへ。ちゃんとわきまえるから、抱き着いたり抱っこしたりさせてね?」

梓「えっちくなければ、別にいいですけど」

唯「んじゃあ、そうゆうことで……おやすみ、あずにゃん。好きだよ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:18:01.76 ID:91lSQpkt0
 ……はい。
 言わなくても、いえ、言ってくれると嬉しいですけど、私も大好きですよ。

梓「はい。おやすみなさいです」

 バスローブ越しでもふよふよの胸に、顔を埋める。
 唯先輩は、半分寝ぼけながらも、しっかり私を抱き締めてくれた。
 嬉しい。
 気持ちいい。
 あったかい。
 ……幸せ。

梓「……大好きです、唯先輩」

唯「んう……」

 まだ起きてるのか、もう寝ちゃったのか、わかんないけど。
 きゅ、って少しだけ、私を抱く腕の力が強くなった気がした。

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:20:01.92 ID:91lSQpkt0
めざめのあさ!

 何かむにっとしてあったかい。
 気持ちいいからすりすりしちゃえ。えいっ。

梓「にゅむにゅぅ~……」

唯「んんぅ……♪ もお、あずにゃんってば寝ぼけちゃって……」

 ……ああ、そっか。
 この柔らかいのは、唯先輩のおっぱいなんだ。

梓「ふにゅ~」

 すべすべしてて、こうしているだけでとっても幸せな気分です。
 こう、指を動かすと素肌の程よい弾力も楽しめ、て……?
 ……素肌?

梓「ふえっ!?」

唯「あ。おはよー、あずにゃん。よく眠れた……みたい、だね」

梓「はわわっ!? あの、私、ええっ!? どおして、こんなことに……」

 ちょっぴり顔を赤くした唯先輩が、目覚めの私に微笑みかけてくれている。
 けど、寝る前は確かに合わせてあったバスローブが、今ははだけて胸元全てがあらわになってしまっていた。
 勿論、それだけじゃなく。
 跳ね起きる前は、私は唯先輩の生乳に頬をすり寄せていた気がするし、何より、まだ両手が唯先輩のおっぱいを掴んでいた。

唯「んー、何かね、あずにゃんが寝ぼけたまんま私のおっぱいを触ろうとしてね」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:22:01.07 ID:91lSQpkt0
梓「は、はい……」

唯「バスローブが邪魔だったみたいで、眠ってるとは思えない鮮やかな手付きで脱がされちゃって、びっくりしてたらお顔でもすりすりしてきて」

梓「……す、すみませんでした……はぅぅ」

 私ってば、何ていう真似をしちゃったんだろう。
 寝ぼけてた、なんて言い訳にならない。
 少なくとも唯先輩の睡眠を妨げたことには違いないし、了解も得ず勝手に胸を触って……しかもその行為をほとんど覚えてないなんて悔しすぎる。

唯「えへへ……謝らなくてもいいよ? 私も、あずにゃんの可愛い寝顔を眺めて楽しませてもらったもん」

梓「ん、んく……ど、どうもです……素敵な胸枕、ご馳走様でした」

唯「うふふ、変なお礼。こんな胸でよければ、いつでも貸してあげるのに」

梓「は、はぁ……そ、それじゃ、またいずれ、一緒に寝る時にでもお願い出来れば……」

唯「うんっ。今度からは、脱がされやすそうなパジャマを用意しとくね!」

 寝ている間にこんな真似しちゃうなんて、もしかしてものすごく欲求不満だったりするのかな、私。
 ううん、昨夜は唯先輩の気が済むまで悶えさせられたし、私だって、他人には絶対に見せないような唯先輩のやらしー表情を堪能させてもらったし。
 だから、欲求不満ってことだけはないとおもうんだけど……ううっ、唯先輩の顔、まともに見られないよぉ。

梓「…………」

 ちらっと視線を上げて、顔色を窺ってみる。
 何か、ちょっと困ったような表情を浮かべてる。

唯「ねえ、あずにゃん」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:24:01.15 ID:91lSQpkt0
梓「はいっ、何でしょうかっ」

唯「……おっぱい、もういいかな? お腹減ってきたし、朝ご飯食べたいんだけど」

梓「…………」

 むにゅむにゅむにー。

梓「んひゃあ!? すすすっ、すみませんすみません!」

 唯先輩の胸元から慌てて手を放して、バスローブの前を合わせて膨らみを隠した。
 本当、何やってるんだろ、私ってば。

梓「はうー……」

 頬が熱い。
 恥ずかしいし、唯先輩に変な子だって思われちゃったかもしれないし。
 両手で顔を覆うように隠して、強烈な恥ずかしさが落ち着くまで、少しだけじっとしていようと思ったんだけど。

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/28(火) 09:26:02.49 ID:91lSQpkt0
唯「うわあ、あずにゃんってばえっちぃなぁ。私のおっぱい触ってた手、そのまま顔に当てて感触に浸るなんて」

梓「んにゃっ……!?」

 確かに、状況だけ見ればおっしゃる通りなんですが、何でもそういう方面に結びつけるのはよくないと思います。

梓「浸ってませーんっ!」

唯「えへへ、そっか」

 駄目だめ、こんな間近にいたら、またおかしな気分になっちゃう。
 早く着替えて朝食を済ませて、そんでもって、お楽しみのプールに行かないと!


唯「女体的な観点で見るとあずにゃんはちょお魅力的だよね」-2
続きます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。