FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル

677 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 22:41:54.94 ID:1bnFRGk0 [1/6]
もしも上条さんが勉強が得意で
かつ美琴と同学年だったら

ある意味キャラ崩壊注意してください

678 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 22:42:32.70 ID:1bnFRGk0 [2/6]
美琴「いよいよ、雪辱を果たす時が来たわね……」

放課後、帰ろうとした上条当麻の前に
クラスメートの御坂美琴が立ちふさがる

上条「何を唐突に言い出すんだよ、お前」

美琴「うるさいわね! 忘れたとは言わさないわよ!」

言いながら美琴が詰め寄ってくる
ふわっと微かに甘酸っぱい匂いが漂う

上条「上条さんに心当たりはありませんよ」

内心の動揺を悟られないように
つとめて冷静に返す

美琴「ふざけんな! 今のところアンタに2連敗中なのよ!」

上条「だから、何だよ」

美琴「だ・か・ら! 一回目は私の電撃を打ち消した事!」

上条「ああ」

そう言えば、そんな事もあったような気もする
入学式の前日
絡まれている女の子を助けようとしたら
チンピラごと電撃を浴びせられた

まさか、その女の子と
クラスメートになるとは思わなかった


679 名前:ライバル2/4[] 投稿日:2010/12/18(土) 22:43:42.66 ID:1bnFRGk0 [3/6]
美琴「あの時の悔しさは忘れないわ……」

上条「お前って意外と根に持つタイプだよな」

美琴「うるさい! そして二回目! 中間テスト!」

上条「俺が学年トップだったな、お前が2位。でも理数系はお前のが上だったろ」

美琴「総合点で負けてちゃ意味無いの!」

上条「ま、そうだな」

実は上条も理数系で負けた事は、ちょっと悔しかったりする
なので、今回は理数系に力を入れた
不幸をばねに勉強とスポーツに打ち込んできたのは伊達ではない

美琴「ふふふ、首を洗ってまってなさいよ!」

上条「ふん、そう簡単に上条さんを倒せると思うなよ」

垣根「……仲いいな、お前ら」

学園都市第2位にして中間テスト第3位の
クラスメートが何か言っている

でも、今は美琴しか見えない
ラブとかではなく

……いや、ほんと
だから、ラブ的意味じゃないって


680 名前:ライバル3/4[] 投稿日:2010/12/18(土) 22:44:09.90 ID:1bnFRGk0 [4/6]
美琴「期末テストに続いて、黒星が増えたわね……」

上条「お前は何でも勝負で考えんのか……」

包帯グルグル巻きの姿でベッドに横たわりながら
見舞いに来た美琴に突っ込む

美琴「そうでもないわよ」

上条「どーだか」

期末テスト後の夏休み
美琴のクローン『妹達』を巡る事件
美琴と『妹達』を守って上条は
学園都市最強の能力者に挑み、
ギリギリで勝利をもぎ取った


681 名前:ライバル4/4[] 投稿日:2010/12/18(土) 22:44:37.03 ID:1bnFRGk0 [5/6]
美琴「……一度しか言わないわよ」

上条「ん、何だ」

上条から目を背け
ほんの少しだけ頬を赤く染めて

美琴「……あ、ありがとう」

消え入りそうな声で美琴が囁く

美琴「でも、二学期の中間テストでは手加減しないからね!」

顔を真っ赤にしたまま
大きな声で美琴が叫ぶ

看護婦「上条さん! 他の患者さんの迷惑です!」

上条「あ、すみません。……お前のせいで怒られたじゃないか」

美琴「う、うるさ……ごめん」

素直に美琴が頭を下げる
しょんぼりとしたその姿が
何故か可愛らしくみえてしまい

上条「ま、次のテストも俺がいただくけどな」

その自分の感情を誤魔化すように
美琴に対して宣言する

美琴「ふん、アンタの時代は終わりよ」

上条「ふん、返り打ちにしてやるぜ」

看護婦「仲良いわね、貴方達」

担当の看護婦さんが何か呟いていたが
気にしない事にする
今は美琴しか見えない



708 名前:ライバル②1/3[] 投稿日:2010/12/19(日) 14:56:53.75 ID:odv7rvE0 [2/13]
美琴「ごめんなさいね、昨日の恩を仇で返す事になっちゃいそうで」

上条「いや、それはないからな」

新学期初日
通学路でクラスメートの御坂美琴に
休み明けのテストの事で勝負を
吹っかけられる

美琴「くくく、今のうちにせいぜい調子に乗っておくといいわ」

半分くらい予想通りとは言え
昨日のちょっぴりいい雰囲気はなんだったのか
綺麗な顔に嫌らしい笑顔を浮かべる美琴を見て思う

上条「ふん、そのセリフはそっくりそのまま返してやるよ」

美琴「舐めた口をきけるのも今日までよ……ふふふふ」

上条「ふふふふ……ん、あれは」

少し前をクラスメートのホスト風男が
歩いているのを見つける


709 名前:ライバル②2/3[] 投稿日:2010/12/19(日) 14:57:35.53 ID:odv7rvE0 [3/13]
上条「おーす、垣根!」

垣根「ん、お、おお」

ちょっと間があってから
垣根が返事をする
少し様子がおかしい気もする

美琴「何よ、元気ないわね」

垣根「……おまえらみたいなバカップルといっしょにすんな」

上条「誰が! 上条さんを、こいつとセットにすんな!」

美琴「ちょ、ちょっと! こ、この御坂美琴さんが、何でこんなヤツと!」

つい、声をあげて反論してしまう
自分の頬が熱いのがわかる
絶対に昨日の出来事のせいだ


710 名前:ライバル②3/3[] 投稿日:2010/12/19(日) 14:58:26.66 ID:odv7rvE0 [4/13]
美琴「…何よ、私とカップル扱いに不満でもあるわけ」

自分も否定したくせに美琴が不満げに
睨みつけてくる。理不尽だ

上条「あ、当たり前だろ! お前みたいなすぐビリビリするヤツ」

美琴「何ですって! こっちこそアンタみたいなのはお断りよ!」

上条「なんだと!」

美琴「何よ!」

美琴が詰め寄ってくる。上条も距離を詰める
顔がかなり近いが、ここで目を逸らすと負けだ

垣根「……上条に、御坂か」

上条「ん、なんか言ったか」

美琴と言い争っている横で
垣根が何か小さな声で呟いた気がした

垣根「いや、仲いいなお前らと思ってよ」

上琴「「良くない!」」

ハモってしまった
でも、仲良くないから
ホントだから



753 名前:ライバル③1/6[] 投稿日:2010/12/19(日) 21:16:52.60 ID:odv7rvE0 [7/13]
美琴「久しぶりね……一方通行」

一方通行「おゥ、オマエかァ」

美琴「ふん、あの実験の事は忘れたりしてないからね」

一方「……あァ」

美琴「絶対に仕返ししてやるんだから」

一方「……そうか」

美琴「まずは手始めに、明後日の模試でコテンパンにしてあげるわ!」

一方「はァ?」

一方通行を睨みつけながら
美琴が宣言する

美琴「くくく、覚悟して起きなさい……。あのバカもろとも叩きのめしてやるわ!」

上条「……何やってんだ、あいつ」

一方通行もわけのわからないという顔をしている
というか、さりげなく人の事をバカと言うな

垣根「お前もな」

上条の後ろの席の男が呆れた口調で言う

上条「は、何でだよ」

垣根「アイツらが話してるのを凄い顔で見てたぞ」

上条「……凄い顔?」

垣根「彼女が他の男と話すのを、睨みつける束縛男みたいな顔」

上条「そんな顔してねえよ!」

反論しようとするが
垣根は興味なさげにあくびをしやがる
そんな顔はしてないのに
……してないよな


754 名前:ライバル③2/6[] 投稿日:2010/12/19(日) 21:17:30.73 ID:odv7rvE0 [8/13]
「こんにちは! ってミサカはミサカは挨拶しながら教室に入ってみたり!」

教室に元気な声が響く
声の主は中学生くらいの女の子
栗色の髪に綺麗な顔立ち
元気いっぱいなその子の顔を
どこかで見たような気が……

上条「御坂、お前の妹か?」

美琴「私の妹は……。って妹!」

『妹達』
美琴のクローンとして造られた少女たち
悪夢のような実験で消えていく運命だったが
上条と美琴の手によって救われた

上条「ちょっと年下な子もいるのか?」

美琴「知らないわよ。私も初対面だし」

上条たちが話していると
その少女が教室の中に入ってきて
一人の生徒の前でとまる


755 名前:ライバル③3/6[] 投稿日:2010/12/19(日) 21:18:18.64 ID:odv7rvE0 [9/13]
打ち止め「はい、忘れものだよってミサカはミサカは紙袋を差し出してみたり!」

そう、一方通行の前で

一方「な、何しに来たンだ! オマエェ!」

打ち止め「ひどい、せっかく持ってきてあげたのに! ミサカはミサカは好意を怒声で返されてショックを受けてみたり!」

一方「いらないンだよ! その袋はァ! 俺は全部置き用具してっからァ!」

打ち止め「せっかく持ってきたのに……あっ」

少女がこちらに気づき
近寄ってくる
近くで見るとますます美琴にそっくりだ

打ち止め「はじめまして、お姉様! ミサカは検体番号20001『打ち止め』ですってミサカはミサカは自己紹介してみたり!」

美琴「あ、どうも御坂美琴です」

上条「上条当麻です」

打ち止め「ミサカ達を助けてくれた人だね! その節はどうも!」

上条「いえいえ、大した事は……」

美琴「ってそうじゃなくて! やっぱりあんたも『妹達』なわけ? なら、なんで中学生くらいなの!?」

上条「アイツの趣味だろ」


756 名前:ライバル③4/6[] 投稿日:2010/12/19(日) 21:19:04.92 ID:odv7rvE0 [10/13]
一方通行に視線を送りながら
美琴の質問に口をはさむ

美琴「あ、なるほど……」

一方「納得すンなァ!」

こっちに駆け寄りながら一方通行が叫ぶ
白い顔を真っ赤にしながら

垣根「だってお前、同い年の女の子と話せないって顔してるしよ」

一方「してねェよ!つか、オマエだってアレじゃん」

垣根「アレってなんだよ」

一方「まえ見たぞォ、オマエが巫女さん侍らしたり、シスターと歩いたりをォ」

垣根「あ、あれは違うんだよ!」

第一位と第二位が互いの性癖を暴露し始める
仲いいなこいつら

打ち止め「あの人もクラスに溶け込んでるんだね、良かった」

打ち止めが優しげな笑顔で
一方通行を見詰めながら呟く
あの会話内容でいいのか


757 名前:ライバル③5/6[] 投稿日:2010/12/19(日) 21:19:44.96 ID:odv7rvE0 [11/13]
美琴「しっかし、すごい子だったわね」

放課後、二人っきりの教室で
美琴が上条に洩らす

上条「遺伝的な問題じゃないのか」

美琴「どういう意味だコラ。ていうか、すごいってそういう意味じゃないわよ」

上条「じゃあ、何だよ」

美琴「一方通行と普通に話せる事。私には無理だもん」

上条「結構、普通に話してないか」

美琴「無理無理。話しかけるたびに『妹達』の事がよぎってケンカ腰になっちゃうもん」

上条「……お前は誰にでもケンカ腰だろ」

美琴「そんなこと無いわよ。何にも気にしてない相手にケンカ腰になったりはしないわよ」

手を仰ぎ軽く笑いながら美琴が言う
その様子につい口が滑る


758 名前:ライバル③6/6[] 投稿日:2010/12/19(日) 21:21:04.79 ID:odv7rvE0 [12/13]
上条「でも、お前。いつも俺にはケンカ腰じゃないか」

余計な事を聞いてしまう
なんで、こんなことを聞いてしまったのか
自分でもわからない

美琴「そう?」

上条「そうだよ」

美琴「そうかなぁ」

上条「そうだって言ってるじゃねえか。俺は―――」

初めて出会った日、電撃を消されて驚いた顔
中間テストで上条が勝った時の悔しそうな顔

「お前の事が」

『妹達』を守るために決意した悲壮な横顔
上条に偽装デートを頼んだ時の照れた顔

そして、さっき一方通行と話していた横顔

それらが上条の脳裏を駆け廻り
口が勝手に言葉を紡ぐ

「好きなのにな」

ああ、確かにバカもしれない

自分の声を聞くまで
気付かなかった

この想いに……



837 名前:ライバル④1/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:04:45.85 ID:H3fbQdk0 [2/14]
美琴「あの、今時間良いかな」

中学時代の後輩経由の縁で知り合った友人に電話する
電話を前に悩んでいたせいで、少し遅めの時間になってしまった

佐天『はい、大丈夫です。どうしたんですか』

美琴「ええとね……ちょっと相談があるんだけど」

佐天『相談ですか?』

美琴「……うん」

今日の放課後の事を誰に相談するべきか
さんざん迷った挙句、最後に浮かんだのは
彼女の顔だった

クラスメートには、恥ずかしすぎて
常盤台時代の後輩は役に立ちそうもない

美琴「前に、クラスに気になってる人がいるって言ったでしょ」

佐天『ああ、言ってましたね。学年トップの人でしたっけ』

美琴「うん、私より成績が良い事はいつかぎゃふんって言わせるつもりだけど」

佐天『……ぎゃふんですか』

美琴「それは置いといて、今日の放課後、そいつに……」

佐天『はい、その人に』

美琴「あのね、そのね」

すぐには言葉が出てこない
音になる前にしぼんで消えてしまう


838 名前:ライバル④2/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:05:50.39 ID:H3fbQdk0 [3/14]
佐天『はい』

待たせてしまって、申し訳ないと思う
でも、思い出すだけで顔が熱くなる
口に出そうと思っているだけで
心臓が破裂しそうな気さえする

美琴「……す、好きって言われたの」

佐天「そうなんですか! おめでとうございます!」

華やいだ声が、携帯電話越しに聞こえる
でも、まだ本題では無かったりする

美琴「……で言われたんだけど」

佐天「だけど?」

美琴「い、言われただけなの」

佐天「そうなんですか。え!?」

美琴「う、うん」

佐天「好きってだけ!? 付き合ってとか、お前はどうだとか無かったんですか!?」

美琴「無かった」

と言うよりも、聞いた直後
驚きすぎて、その後の記憶が曖昧だ
気がつくと何故か自分の部屋にいた


839 名前:ライバル④3/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:06:44.27 ID:H3fbQdk0 [4/14]
佐天「ど、どんな流れで言われたんですか?」

美琴「ええと、……」

簡単に昨日の出来事を説明する
相手――上条当麻が美琴の事を
誰にでもケンカ腰と言いだして
それを否定していたら、
俺にはケンカ腰と言いだして……

佐天「そこで好きですか」

美琴「……もしかしたら、そういう好きじゃなかったのかも」

ケンカばかりだけど仲良くしよう
その程度の意味だった気がしてきた

佐天「そ、そんなこと無いですよ。絶対告白ですって」

美琴「そうかなぁ……。だったら、やっぱり付き合えとかも言うんじゃ」

口に出してみると、ますますそんな気がしてきた
アイツから告白してくるなんて……

佐天「大丈夫ですって」

美琴「……ほんと?」

佐天「はい。じゃあ、明日確認してみればいいじゃないですか」

美琴「……確認」

明日、アイツに確認する
言葉にすれば簡単そうなのに
明後日の模試よりも、ずっと難しそうに感じる


840 名前:ライバル④4/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:07:50.02 ID:H3fbQdk0 [5/14]
佐天「で、御坂さんはどうなんですか? その人の事!」

美琴「私?」

佐天「はい。気になってる人って言ってますけど、どうなんですか?」

御坂美琴が上条当麻をどう思っているのか
いつも口げんかばかりで
テストの事でも張り合って

美琴「どうって……」

でもあの時、美琴の為に立ちあがってくれて
偽装デートにもぶつくさ言いながらも合わせてくれて

佐天「好きなんですか」

レベル5の『超電磁砲』じゃなくて、いつも等身大の美琴を見てくれていて

美琴「……好き、うん、大好き」

きっかけは、たくさんあった
でも何よりも
アイツはアイツだから

佐天「よし! じゃ、頑張りましょう!」

美琴「……頑張る?」

佐天「はい! その人と、彼氏彼女になっちゃいましょう!」

元気いっぱいに励ましてくれる声
やっぱり相談して良かった

美琴「うん、頑張るね」

さぁ! 明日は決戦だ!


841 名前:ライバル④5/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:08:40.29 ID:H3fbQdk0 [6/14]
一方「おィ、夫婦喧嘩かァ?」

美琴「……唐突に何よ」

一時間目の授業の後
後ろの席のモヤシに失礼な事を言われる
どういうつもりだ

一方「今日一回も会話してないだろォ、オマエら」

美琴「なんでアンタが、そんな事確認してるわけ」

わざわざ、人が会話をチェックしているのか
暇なモヤシだ

一方「オマエら飽きもせずに、毎休憩ごとにでけェ声で言いあってンじゃねぇかァ」

美琴「……そうかしら」

一方「少なくとも、俺が転校してきてからは確実にそうだなァ」

美琴「そんなに目立ってた?」

一方「目立ってた。なンかあったのかァ、オマエら。お互いの事チラチラ見てるしよォ。……それはいつもの事かァ」

美琴「……そう?」

言われてみれば
授業中の上条が簡単に思い浮かぶ
無意識のうちに見ていたのか

好きと気付いたのは昨日なのに


842 名前:ライバル④6/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:09:25.84 ID:H3fbQdk0 [7/14]
一方「やっぱ、ケンカかァ? 早く仲直りしろよ」

美琴「違うわよ」

一方「でもよォ」

美琴「ええい、うるさいわね。……見てなさい」

呼吸を落ちつけて
静かに自分自身を整える
そして

「上条当麻ぁぁぁぁぁ!!!」

腹の底から声を出す

上条「お、おおおう」

上条が驚いた顔を浮かべている
でも、かまわずに

美琴「放課後にっ!!! 屋上に来なさいぃぃぃぃ!!!」

全力で続ける

上条「お、あ、何で」

美琴「良いから!! 来る!!」

上条「はい!」

一方「……やっぱケンカじゃねェか。ついにシメンのかァ」

白いのだけじゃなく
クラス中に注目されているが
もはや、気にしない
今は、放課後のことしか考えられない


843 名前:ライバル④7/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:10:08.47 ID:H3fbQdk0 [8/14]
美琴「……来たわね」

風が吹き抜ける屋上
秋とは思えないくらい
照りつけてくる太陽の下

上条「おう」

待ち人が現れる
いつも通りのツンツン頭
でも、今日はそんなに見てない
見られなかった

美琴「用件は分かってるわね」

上条「いや、さっぱり」

美琴「昨日の事よ!!」

上条「お、おう。あれか……」

上条当麻の頬が赤くなる
そして、美琴の顔も熱い

たぶん、同じような顔をしているのだろう


844 名前:ライバル④8/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:10:44.44 ID:H3fbQdk0 [9/14]
美琴「き、昨日のあれどういうつもりなの」

上条「あ、あれはな」

美琴「う、うん」

そこで上条が黙りこむ
美琴も、何を言っていいのかわからない

(何やってるんだろ、私)

いつもだったら、コイツとどうでもいい事で
言い争って
明日のテストの事でも張り合って

でも、最後には一緒に笑いあう

そんな時間なのに

そういうのがずっと続いて行くと思っていたのに
そうであってほしいと、心のどこかで願っていた

でも、

昨日もコイツの事の言葉を聞いて

もっと、奥底にあった願いに気づいてしまった

だから


845 名前:ライバル④9/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:11:22.14 ID:H3fbQdk0 [10/14]
美琴「アンタが、どういうつもりで言ったかわかんないけどさ」

その実現のために

「私は好きだよ、アンタの事。一人の男の子として……」

精一杯の言葉を伝える

美琴「昨日まで、自分でも気づいてなかったけどね」

結局のところ
そうすることくらいしかできない
少なくとも、今の美琴には


846 名前:ライバル④10/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:11:51.63 ID:H3fbQdk0 [11/14]
上条「俺もさ、自分で言うまで気付いてなかったけど」

真っ直ぐに美琴を見詰めてきながら
上条が言葉を紡ぎ始める
美琴の大好きなその瞳を逸らさずに

「お前の事、好きなんだ。一人の女の子として」

美琴が聞きたかった言葉を、囁いてくれる
自分でも気づかないくらい無意識な願いのなかの

美琴「……うん」

上条「だから、俺と」

「付き合ってください」

「うん」

昨日まで
ただのライバル、よくて友達だった
無意識にそう思い込もうとしていた
でも、今日からは


847 名前:ライバル④11/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:12:26.15 ID:H3fbQdk0 [12/14]
美琴「と、ところで明日の模試なんだけど……」

上条「あ、ああ」

美琴「しょ、勝負しない?」

上条「ん? いつもやってるだろ」

美琴「ば、罰ゲームつきの」

上条「罰ゲーム?」

美琴「そう、負けた方は勝った方の言う事を何でも聞くの」

上条「い、いいのか。付き合い始めた以上、上条さん手加減しないぞ罰ゲーム」

美琴「て、手加減しないって」

どんな要求をしてくるのだろうか
つい、上条の唇に目が惹き付けられてしまう
まさか、そういうことなのか

美琴「ふ、ふん。どーせ私が勝つからいいのよ!」

上条「言ったな。手加減しないぞ、罰ゲームも模試も」

美琴「ふ、ふん。望むところよ」

言いながら目が離せない
むしろ、美琴が勝ったときも……


848 名前:ライバル④12/12[] 投稿日:2010/12/20(月) 22:13:02.84 ID:H3fbQdk0 [13/14]
上条「……て、手とか握るぞ。罰ゲーム」

上条が小さな声でなにか言っているが
もう頭に入ってこない
でも、上条の事しか考えられない

昨日までライバルとして
今日からは彼氏として

明日も、明後日も、その次も
これから先ずっと……


Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。