FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁書「……『幻想物語』?」

302 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:11:13.39 ID:cmkF1os0 [1/7]
乙! しおらしい麦のん可愛いよ!

ちょっと電波を受信してしまったので、5レスもらいます

若干上条さんのキャラ崩壊がありますので苦手な人は避けてください

303 名前:禁書「……『幻想物語』?」 1/5[] 投稿日:2010/12/15(水) 23:12:05.29 ID:cmkF1os0 [2/7]

上条「学校に行ってくるよ。留守番たのむな、インデックス」

禁書「任せてとーま。 行ってらっしゃい」

上条「おお、行ってきます」バタン タッタッタ

禁書「……とーま行っちゃったね」

禁書「よーし! 作戦開始なんだよ! スフィンクス」

スフィンクス「ニャー」

禁書「とーまにはたくさんお世話になってるんだよ。 だから私も、とーまにお返ししなきゃ
   なんだよ!」

禁書「この日のために、小萌に家事全般のやり方、家電の使い方を教えてもらったんだよ」

禁書「部屋をきれいにしておいしいご飯を作れば、とーまはきっと喜んでくれるんだよ!」

禁書「まずは掃除から、頑張るんだよ!」

禁書「ふんふんふ~ん♪」ガーガー

禁書「掃除機は便利なんだよ」ガーガー

禁書「ふんふ~ん♪……あれ?」



304 名前:禁書「……『幻想物語』?」 2/5[] 投稿日:2010/12/15(水) 23:12:37.13 ID:cmkF1os0 [3/7]

禁書「壁と机の間に本が落ちてるんだよ」

禁書「ん~とぉ。 ……取れた!」

禁書「ノートなんだよ。 何が書いてあるんだろ?」ペラ

禁書「……『幻想物語』?」

禁書「これとーまの字だよね? 『登場人物』『幻想殺しについて』『魔術について』『世界
   観』……いろいろ書いてあるけど、魔術についての考察、なのかな?」ペラペラ

禁書「! もしかしてとーま、魔術について勉強してたのかも!」

禁書「水臭いんだよとーま。 言ってくれれば手伝ったのに」

禁書「よーし。 とーまのために添削してあげるんだよ。 まずは『登場人物』から」

禁書「イラストもついてる。 とーまって絵上手かったんだ」


305 名前:禁書「……『幻想物語』?」 3/5[] 投稿日:2010/12/15(水) 23:13:24.86 ID:cmkF1os0 [4/7]

禁書「まずは……『主人公・神常討魔。 あらゆる異能を打ち消す右手・幻想殺しを持つ』かぁ」

禁書「これってとーまのことだよね……。 絵もとーまそっくりなんだよ」

禁書「! そっか、自分を客観視するために自分のこと書いてるんだね! えっと、幻想殺し
   についてはっと」ペラ

禁書「『あらゆる異能を打ち消すことができる……(中略)……切断された右腕から竜王の顎
    が出現した……』」

禁書「『……その正体は神常討魔の体に眠るドラゴンである。 神上の存在であるドラゴンは
    自浄作用を持ち、存在するだけで空間そのものを清めることができる。 その空間で
    は全ての存在があるべき状態へと落ち着こうと働くため、それを乱す行為――魔術に
    よる世界への介入は不可能となる。 幻想殺しは、その自浄作用が限定的に発現した
    ものである』……?」

禁書「流石に飛躍し過ぎかも。 それに所々に誤解が……」カキカキ

禁書「ふぅ。 添削は思ったより時間かかるかも。 さて次は……」

禁書「『雷の神に祝福されし皇女』 短髪に似てるんだよ。 『魔術を司りし巫女』 あ、
   これ私に似てるんだよ!」

禁書「『銀髪灼眼の討ち手・鈴科百合子』……これ、あくせられーたなのかな? 似てるけ
   ど女の子なんだよ」

禁書「ノートの半分以上が設定とか人物紹介なんだよ。 北欧神話とかいろんな国の神話や
   英雄の話が引用されてるんだよ。 意欲は感じるけど、どれも中途半端で分かりにくく
   なってるかも」カキカキ

禁書「小説も書いてるみたいだけど……見せ場だけを書いてるみたいで分かりづらいかも。 
   でも発想は悪くないし、添削のし甲斐があるんだよ」カキカキ






306 名前:禁書「……『幻想物語』?」 4/5[] 投稿日:2010/12/15(水) 23:14:02.74 ID:cmkF1os0 [5/7]

上条「ただいま、インデックス。 いやー、今日は補修もないしセールに間に合ったし、上条
   さん幸せですよー」

禁書「おかえりー、とーま」

上条「あれ、なんか部屋がスッキリしてるけど……まさか掃除してくれたのか!?」

禁書「えへへ、時間なくなっちゃって簡単にしかできてないんだけど」

上条「インデックス……上条さん、今モーレツに感動してますよ……!」ジーン

禁書「あとね、とーま。 魔術の勉強してるなら、先に言って欲しかったかも!」

上条「? ってインデックス! そのノートはっ!!」

禁書「私は魔術の専門家なんだよ。 言ってくれればいくらでも手伝うのに」

上条「い、いいいいや、インデックスさん。 そ、そそそそのノート……見ちゃったんですか……?



禁書「うん! とーまって絵が上手だったんだね。 考察も、今まで見たことない切り口だっ
   たから面白かったんだよ!」

上条「」

禁書「……とーま?」

上条「………………ぃ、ぃ」

禁書「い?」

上条「いやぁぁぁぁぁぁぁあぁああああああぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!」ダバダバダバダバ

禁書「とーま!? どこ行くのとーまぁぁぁぁ!!」



307 名前:禁書「……『幻想物語』?」 5/5[] 投稿日:2010/12/15(水) 23:14:59.89 ID:cmkF1os0 [6/7]




美琴「今日は、アイツと会えなかったなぁ」ハァ

美琴「アイツ、今何やってんだろ?」

上条「ぅ……えぐっ……えぐっ、うぅぅぅ 」

美琴「! ちょっとアンタ、どうしたの? なんで泣いてんのよ!?」

上条「ぅぅ……み゙ざかぁ」グス

美琴(やだっ、泣き顔カワイイ……って違う!)

美琴「ほら、落ち着いて。 いったい何があったの?」ナデナデ

上条「み゙ざかぁ……俺、俺ぇ……恥ずかしいの、見られ、ちゃったぁ……」

美琴「」

上条「インデ、ックス……完全きおくっのお、りょく……もって……から……忘れてくれないぃ」

美琴「なっななな何言ってんのよアンタは!!?」

上条「もう、俺……生きていけないぃ~」ビェーン ギュウゥー

美琴「ちょ、抱きつくなんてっ。 てか顔が胸に当たって……! 恥ずかしいものって!?」

美琴「な、何なのよ一体ー!?」



308 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:17:39.24 ID:cmkF1os0 [7/7]
以上です

黒歴史ノートの一つ二つ、皆さんも持っていると思います 管理には十分に気をつけましょう
かく言う私は以前……

ありがとうございました

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。