FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「女に、なってる……だと?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 10:16:33.83 ID:1xjlm+qxO [1/58]
男「なんだ気のせいか」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 10:24:14.90 ID:1xjlm+qxO [2/58]
男「女にというか、姉ちゃん……?」

姉『ぎゃああああああっ!?』

男「おわっ!?」

(がちゃっ)

姉「なななななんで私があんたになってるのよ!?」

男「姉…ちゃん?」

姉「イケメンならともかく!なんで私が!あんたみたいな!」

姉「あぁぁぁ…」

男「すごい傷つくんだけど」

姉「知るかっ!今すぐ戻しなさいよ!さあ!さあさあ!!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 10:28:12.20 ID:1xjlm+qxO [3/58]
男「さあさあ!とか言われても俺がやったんじゃないし」

姉「はあ!?あんたよく私のことイヤラシい目でみてたじゃない!」

男「なっ!?みみみみみてないわっ」

姉「見てた!だから犯人はあんた!」

姉「っていうかなんでそんなに落ち着いてるのよ!?」

男「目の前に半狂乱の人がいると逆に落ち着くだろ」

姉「きぃーっ!むかつく!むかつくぅ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 10:31:53.52 ID:1xjlm+qxO
姉「はぁ…はぁ…」

男「落ち着いた?」

姉「うっさいわね…最初から落ち着いてるわよ…」

男「いやいやいやいや」

姉「むっかぁ…」

男「で、どうするのさ」

姉「どうするって何をよ?」

男「学校とか」

姉「あ…」

男「今日のところは休むか」

姉「えぇー」

姉「私の皆勤が…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 10:34:27.32 ID:1xjlm+qxO
>>7善処する

が、仕事に戻る

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 11:31:24.81 ID:1xjlm+qxO
>>11
俺が思ってるスレならスレタイ変えて続いてる

寒い外仕事辛すぎしぬ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 11:47:02.44 ID:1xjlm+qxO
>>13
ちんちんぷいぷい

で検索

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:21:08.68 ID:1xjlm+qxO
男「入れ替わったまま学校に行ったとして」

姉「うん」

男「姉ちゃんの学校での人間関係なんか知らないし」

姉「確かに…」

男「姉ちゃんは俺の人間関係を知らないだろ?」

姉「それは大丈夫でしょ」

男「は?なんでさ」

姉「あんたはどうせぼっちでしょ?」

姉「事務的な会話だけして後は置物みたいになってればいいじゃない」

男「ふざけんな」

男「友達だっているし彼女だっ…やべっ」

姉「はいはい見栄なんか張らなくてもいいわよ?」

男「なんか納得いかねぇ…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:26:31.31 ID:1xjlm+qxO
姉「で、休んでどうするのよ」

男「とりあえず、元に戻れるか色々試してみる」

姉「それで?」

男「もしどうしてもダメなら、明日以降のためにお互い情報交換だ」

姉「そこは見栄を張らないでよね。明日恥をかくのは私なんだから」

男「…ちっ」

姉「ふんっ」

男「……さて、何をどうすっかな」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:32:31.39 ID:1xjlm+qxO
姉「そういえば…」

男「うん?」

姉「あんた、私の身体で変なことしてないでしょうね?」

男「変なことって?」

姉「…胸を触ったり」

男「たり?」

姉「あっ…あそこを触ったり…」

男「あそこ?」

姉「!!」

姉「しねばかしねっ!」

男「いたっ!?痛いって!これ姉ちゃんの身体だぞ!?」

姉「あ……そうだった…」

男「ま、冗談はともかく何にもしてねーよ」

姉「ほ、ほんとでしょうね…」

男「ほんとだって。起きて気が付いて、すぐ姉ちゃんが来たし」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:37:13.06 ID:1xjlm+qxO
男「ふむ…身体か」

姉「身体がなによ…?」

男「お互い身体を確認するか」

姉「えっ?」

男「何もなければそれでよし」

男「もしかしたら元に戻る手がかりがあるかも」

姉「そ、そうね……あっ!」

姉「あんたが私の身体を調べるの?」

姉「で、私があんたの身体を?」

男「それは…さすがに抵抗があるな」

姉「あ、当たり前じゃない!」

男「うーむ………よし」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:45:14.71 ID:1xjlm+qxO
男「俺は姉ちゃんを、俺の身体を調べる」

男「その間、姉ちゃんは目を瞑って待ってればいいし」

姉「ふむふむ」

男「それから、姉ちゃんは俺…姉ちゃんの身体を調べる」

男「これで問題ないだろ?」

姉「なるほど…わかった」

男「そうと決まればさっそく服を脱いでくれ」

姉「なっ!?ばかっ!変態っ!」

男「俺の身体だぞ?変態も何もあるか」

姉「あっ…そっか…」

男「分かったらとっとと脱ぐ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:51:08.19 ID:1xjlm+qxO
男「目ぇ閉じといてくれよ?」

姉「わかってるわよ…」

男「……」

男「姉ちゃん」

姉「何よ早くしてよ」

男「わかっちゃいても恥ずかしいとは思うんだけどさ」

男「俺の身体で内股で立って胸と股間を隠すのはやめてほしいんだけど」

男「自分の身体なのに、正直キモすぎる」

姉「わかったわよ…」

男「それでよし。さて……」

姉「うぅ……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 12:55:35.93 ID:1xjlm+qxO
男「ほほぅ…」

姉「なんか見つけた?」

男「いやまだ何も……おぉ」

姉「なになに?」

男「いや、我れながらなかなかいい尻だなと」

姉「ばかっ!早くしろっ!」

男「すまんすまん…ん?」

姉「今度はなに!?」

男「腰のところに星形の痣がある」

姉「そんなことどうでもいいでしょ!」

男「ん…終わり。服着せるから」

姉「次は私の番ね」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 13:01:43.53 ID:1xjlm+qxO
姉「ぜっっったいに目ぇ開けないでよ!?」

男「はいはいわかってますって」

姉「……」

姉「もうちょっと胸ほしいなぁ」

男「そうか?十分だろ」

姉「えー?Eくらいはほしい」

男「でかすぎると将来垂れるぞ?」

姉「そっかな……ってなんであんた私の胸知ってんの!?」

男「なんでって、風呂場にブラ置きっぱなしにしてるじゃん」

姉「なっ!?あんたまさか……」

男「しねーよ。見えるところに置いとく方が悪い」

男「嫌ならちゃんとしてくれ」

姉「むむむ…」

男「寒くなってきたから早く」

姉「あ…うん」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 13:06:11.51 ID:1xjlm+qxO
姉「……」

姉「こうして見ると、私ってなかなかないすばでーなのね」

男「そうだな……おっと」

男「風呂上がりに下着姿でうろつく方が悪い」

姉「くっ…」

男「ほれほれ早く」

姉「わかってるわよ…」

姉「……」

男「……」

姉「え…?あっ…やだ…どうしよ…」

男「ん?どうした?」

姉「やっ!今だめっ!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 13:10:39.57 ID:1xjlm+qxO
男「なんか見つけたのか?」

姉(こ、これが…ぼっ…)

姉(やばいやばいどうしよう…)

姉(と、とにかく早く終わらせ服を着せないと)

姉「なんでもな……あっ」

姉「私も腰に星形の痣かある…」

男「へぇ…偶然かも知れないけど、覚えておくか」

姉「うん…じゃ、じゃあ服を着せるから!」

男「はいよー」

姉(うぅ……)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 13:14:06.76 ID:1xjlm+qxO
男「痣以外はなにもなかったな」

姉「そ、そうね…」

男「どうした?さっきから変だぞ?」

姉「なっなんでないわよ!」

男「顔も赤いし…俺の身体に風邪引かせたりしないでくれよな」

姉「わかってるわよばか…」

男「??」

姉(やっとおさまってきたけど…なんかもやもやする…)

男「じゃ、次は入れ替わるまでの状況を確認するか」

姉「う、うん…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 13:15:55.59 ID:1xjlm+qxO
しごと

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 14:31:39.20 ID:1xjlm+qxO
セルフ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 15:27:54.88 ID:1xjlm+qxO
>>34
多分、元の>>1≠ここの>>1
そしてもちろん、≠俺

お客さんに捕まって休憩中に書けなさそうだ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 15:33:54.14 ID:1xjlm+qxO
男「気が付いたのはいつ?」

姉「朝」

男「俺も」

姉「…だめじゃん」

男「うっせ…あっ」

姉「うん?」

男「あっ…いやなんでもない…」

男(そういやヌいてすぐ寝たな…言えないけど)

姉「??」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 15:36:45.70 ID:1xjlm+qxO
男「寝る間際は?」

姉「えーっと…あ」

男「なんかあった?」

姉「う、ううん。いつも通り…」

姉(いつも通り自分でして、そのまま寝ちゃったけど…)

姉(言えるはずないし言う必要もないよね)

男「??」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 15:42:48.29 ID:1xjlm+qxO
男「なんにもわからないな」

姉「役立たず」

男「いやいやいやいや」

姉「どうするのよ?」

男「ここはもう、この場での解決は諦めよう」

姉「えっ?ちょっと早すぎない?」

男「そうは言っても、お互い身体に異常はないし生活も普段通り」

男「ノーヒントで解決は無理があるだろ」

姉「そりゃあそうだけど…」

男「とりあえず、身体の異常や変化には気をつけておくってことで」

姉「うん…わかった」

男「で、ここからは明日から入れ替わった状態で生活するにあたっての情報交換な」

姉「あんたのは聞かなくても大丈夫でしょ?」

男「だからぼっちじゃないっつーの」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 16:01:05.15 ID:1xjlm+qxO
>>39
ごめんしごと再開

>>40
使われすぎてすり切れたネタだろ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 17:18:34.54 ID:1xjlm+qxO
男「じゃあ俺から」

姉「ぼっち。以上」

男「明日姉ちゃんの身体で悪さしまくってやる」

姉「ごめんもう言わない」

男「わかればよろしい」

男「とはいえ親しいのは男友くらいか」

姉「ややぼっち?」

男「いい加減にしないとこの乳揉むよ?揉んじゃうよ?」

姉「なっ!?ちょっとやめてよばかっ!」

男「なんて言うの?」

姉「……くっ」

男「あー、たわわなこの胸を揉みしだきたいなー」

姉「!?……ごめんなさい、もうぼっちとか言いません」

男「それでよし」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 17:26:25.57 ID:1xjlm+qxO
男「あとは……言わないわけにはいかんよなぁ…」

姉「なにもったいぶってんのよ」

男「そういうわけじゃないけど……仕方ないか」

男「同じクラスの女さん。俺の彼女ね」

姉「ぱーどぅん?」

男「次ふざけたら問答無用で揉むから」

姉「わかったわよ…で、ほんとなの?」

男「この状況で嘘なんかつくかよ」

姉「そりゃあまあ…へぇ…あんたが彼女ねぇ…」

男「文句あんのかよ」

姉「いーえー?べっつにぃー?」

男「なんかうざっ」

姉「まっ、姉として弟の彼女がどんな人が見せてもらうわ」

男「よけいなことすんなよ?」

姉「ふふふ…しないわよー?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 17:34:06.12 ID:1xjlm+qxO
男「あ、怪しすぎる……」

姉「ふふふ」

男「ま、堕ちるなら一蓮托生だからそのつもりで」

姉「うっ…」

男「じゃあ姉ちゃんの方ね」

姉「私の方は姉友ちゃんと後輩ちゃん、くらい」

男「俺と変わんねーし」

姉「私はクラス全員と仲がいいのよ!」

姉「でもあんたの頭じゃ覚えきれないでしょ!」

男「はいはいそういうことにしておくよ」

男「そういや姉ちゃん帰宅部なのになんで後輩とかいんの?」

姉「一年生なんだけど、なんか懐かれてるのよ」

男「ふーん」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 17:43:11.18 ID:1xjlm+qxO
男「じゃ、あとはまあそれぞれ学校のことなんかは予習しておくってことで」

姉「了解」

男「なんやかんやですっかり日が暮れたな」

姉「お父さんは今日は遅いんだっけ?」

男「たしかそのはず」

男「父さんが帰る前に部屋に引っ込もう」

姉「ボロが出たら困るしね」

男「そういうこと。ちゃっちゃと飯作るから手伝ってくれ」

姉「はいはい」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 17:48:42.05 ID:1xjlm+qxO
姉「ごちそうさま」

男「食った食った」

姉「じゃ、私は部屋に戻るから」

男「ほいほい……と言いたいところだが、風呂はどうすんの?」

姉「あっ……」

男「さすがに今朝みたいにはいかないだろ」

姉「うぅ…どうするのよ…」

男「一日くらい入らなくても大丈夫だろ」

姉「気持ち悪いなぁ…」

男「どんなやり方にせよ父さんがいたらやりづらいだろうし、今日は諦めろ」

姉「しょうがないわね…」

男「明日以降の課題ってことで、姉ちゃんも考えておいて」

姉「ん、わかった」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 17:54:16.04 ID:1xjlm+qxO
姉「ふぅ…」

姉「まったくなんでこんなことに…」

姉「……」

姉「この身体、私の裸を見て反応してたな…」

姉「私の心が私の身体に反応したのか」

姉「弟の身体が私の身体に反応したのか…」

姉「あーもうわけわからんっ!」

姉「うあ…またもやもやしてきた…」

姉「あっ…また大きくなってきた…」

姉「ど、どうしよう…」

姉「……何事も経験よね?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 18:05:24.03 ID:1xjlm+qxO
姉「うわぁ…」

姉「なんか…グロい…」

姉「握って…上下に擦るんだっけ」

姉「ん…ん…気持ち…いい?」

姉「あんまりわかんないな…」

姉「はぁはぁ…はぁはぁ…」

姉「…!?あっあっなんかくる…出るっ…んんっ」

姉「んはぁっ!……はぁはぁ」

姉「うわっ…汚しちゃった…変な臭い…」

姉「これが男の人のオナニーか…」

姉「……っ!」

姉「あいつ…まさか私の身体で…!」

姉「止めないと!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 18:08:29.22 ID:1xjlm+qxO
帰るので減速

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 18:59:40.96 ID:1xjlm+qxO
男「うーむ…担任の名前はおっけー」

男「クラス全員の名前はいらんか…」

男「どうせ覚えても顔と一致しないしな」

男『花咲く乙女たち』

男『きのうは 捨てたけど』

男『凛々しい姿を 七色に映し」

男『夢を見るわ いつも愛の夢』

男「……さすがに校歌はいらないな」

男「というか、この歌詞は…さすが女子校というべきか」

姉「ちょっと!入るわよっ!!」

男「なんだよ騒々しいな」

姉「な、なにもしてない……よかったぁ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 19:05:36.84 ID:1xjlm+qxO
男「なにもってなんだよ」

姉「えっあの…私の身体で…え、えっちなこととか…」

男「オナニーか?」

姉「ば、ばかっ!」

男「あいにく間に合ってるんで」

姉「…えっ?」

男「彼女いるっていったろ」

姉「あんたまさか…」

男「ふっ…童貞じゃないんだなこれが」

姉「私でさまだなのに……あっ」

男「ほほーぅ…姉ちゃんは新品だったのか」

姉「新品言うな!ばかっ!もう知らないっ!!」

男「はいはい。変なことはしないからとっとと寝なよ?」

姉「うっさいうっさい!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 19:13:19.33 ID:1xjlm+qxO
男「おはよう」

姉「ふあ…おはよ…」

男「なにそのあからさまに寝不足な顔」

姉「こんなおかしな状況で普通に寝られるわけないでしょ…」

男「俺は快眠だけど?」

姉「あんたはおかしいのよ…」

男「はいはい…で、昨日話しておくの忘れてたんだけど」

姉「なに…?」

男「着替えやトイレはそれぞれ自分でしよう」

姉「えっ……そんなの嫌よ…」

姉「昨日みたいに相手の着替えをさせるとかじゃだめなの?」

男「俺たち学校違うじゃん」

姉「そ、そっか…」

男「慣れるためにも諦めてくれ」

姉「うぅ…なんでこんなことに…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 19:16:55.59 ID:1xjlm+qxO
男「ああ、最後にもう一つ」

姉「まだあるの…」

男「お互い、中身が入れ替わってることを自覚しよう」

男「姉ちゃんは女っぽい言葉遣いや仕草に気をつける」

男「逆に俺は、男っぽくならないように」

姉「わかったわよ…」

男「じゃ…今日も一日ご安全に!」

姉「はぁ……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 19:30:35.88 ID:1xjlm+qxO
男(くぉっ…きっつぅ…)

男(姉ちゃんの愚痴を初めて理解できた…)

男(電車通学とかするもんじゃないな)

男(……ん?)

男(まさか…痴漢か?)

男(ふぉっ!?こいつぁ…ぞくぞくするな…)

男(んぉ…これは…)

男(いやいやいやいや)

男(さすがに姉ちゃんの身体を汚すわけにはいかんわな)

男(この手…だなっ!)

男「すみませーん!この人痴漢でーす!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 19:41:51.06 ID:1xjlm+qxO
姉「自転…車…通学…とか…はぁ…はぁ…」

男友「うぃーっすぅ」

姉「あっ…おはよう…」

男友「なんだテンション低いな。…寝不足か」

姉「う、うん…」

男友「…変なやつ」

男友「おっ今日も愛しの彼女が待ってるぞ。羨ましいねー」

女「お、男くん…おはよ…」

姉「おはよう…」

姉(ななななに!?この儚げな美少女は!?)

姉(この子が弟の彼女なわけ…!?)

男友「そのままいつまでも見つめ合ってるつもりかー?遅刻すっぞー?」

女「あっ…男友くんのばか…」

姉「えっあっ…い、行こうか」

女「…うん」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 19:50:20.40 ID:1xjlm+qxO
姉(ねむい……ぐぅ…)

先生「男ー?起きてるかー?」

女「男くん、男くん…」

姉「ふぇっ!?は、はい…えーっとぉ…わかりません…」

先生「いや何も聞いてないけどな」

姉「あっ…ごめんなさい…」

先生「ちゃんと聞けよー」

姉「はい…」

姉(うぅ…辛いよぅ…眠いよぅ…)

男友(今日はなんかナヨナヨしてんな…)

女(男くんどうしたんだろ…?)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 19:57:42.19 ID:1xjlm+qxO
女「男くん…ご飯の後、ちょっといいかな…?」

姉「あ…うん…」

男友「じゃあ俺は昼寝でもすっかな」

女「ごめんね?男友くん」

男友「今度慰めてな」

女「もう……男くん行こっか」

姉「う、うん…」

姉(どこに連れて行かれるの…?)

姉(私どうなっちゃうの…?)

姉(もうやだぁぁぁぁ…)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 20:04:52.24 ID:1xjlm+qxO
女「男くん、今日はなんか変だよ?」

姉「そ、そんなことないわ…ないよ?」

女「そう?私の思い過ごしかな…」

姉「そうそう!」

女「そっか…私ね」

姉「うん?」

女「男くん、溜まっちゃってるのかなって…」

姉「えっ?」

姉「えぇぇっ!?」

女「…いらない?」

姉「えっあっちょっあのっえーっと…あっいやっ今日はその…いらない…かな…」

女「そう……でも、私が…ほしくなっちゃった…」

姉「なっ!?……んむぅ!?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 20:13:29.65 ID:1xjlm+qxO
姉「んちゅ…むー!…んあっ…」

女「ちゅぱ…ぺろ…んっ…んはぁ…」

姉(なにこれどうなってんのーーーー!?)

姉(この子こんな大人しそうな顔してるのに!)

姉(ってか弟!しょっちゅうこんなことしてるの!?)

女「男くぅん…んむぅ…ちゅっ…」

姉「ふぁ…ぴちゅ…」

姉(うああああ……)

姉(もーろーとしてきた…)

姉(もうどうにでもな~れ……)

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 20:23:18.94 ID:1xjlm+qxO
VIPのみんな!!!!
ちょっとだけでいい…
オラにエロシーンスキルを分けてくれ……っ!!!!!!!!!!!

中断

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 21:16:59.33 ID:1xjlm+qxO
もし来たなら俺はいつでも身を引くしな

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 21:33:37.68 ID:1xjlm+qxO
女「んんっ…ぷはぁ…」

姉「ふわわ…」

女「んふふ…男くんの…堅くなってるよ…」

姉「…えっ?…あっやだ…」

女「…ちゅっ」

姉「きゃっ」

女「今日の男くん、女の子みたい…かわいい…」

姉「あっ…いや…」

女「ん…ちゅぱ…ぺろ…んん…」

姉「あっ…んん…はぁっ」

姉(ちょっ…き、気持ちいい…!?)

女「ほんとに女の子みたい…いじめたくなっちゃうよ…」

姉「ぅあっ…やだぁ…」

女「だーめっ…んちゅうー…」

姉「あああんっ!?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 21:40:21.21 ID:1xjlm+qxO
姉「はぁ…はぁ…」

女「男くん…私もぉ…」

姉「ふぇ…?」

女「私も気持ち良くして…?」

姉「あっあの……」

姉「…あっ!ちゃ、チャイム鳴ってる!教室戻らないと!」

女「えっ!やだ男くん待ってよぉ!」

姉(やばいやばいやばい…!)

姉(あいつ毎日こんなことしてるの…!?)

姉(…もう帰りたいよぅ…)

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 21:46:24.49 ID:1xjlm+qxO
姉「…ふぅ」

男友「おかえりなさい。さきほどはおたのしみでしたね」

姉「!?!?」

女「男友くんのえっち!」

男友「はっはっは!若いってのはいいなおい!」

姉「……」

女「…男くん?」

男友「なんか具合悪そうだな」

姉「あ…ああ…うん…」

男友「昨日も休んでたし、まだ全快してないのか」

女「あっ……」

男友「今日はもう帰ったらどうだ?」

姉「そうしよう…かな…」

女「ごめんね男くん…」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 21:54:38.33 ID:1xjlm+qxO
男(結局遅刻か…)

男(警察の人が連絡してくれてるはずだし、姉ちゃんの出席には影響ないだろうけど…)

男(遅刻とか目立っちゃうよなー)

男(今日一日ひっそりと過ごしたかったのに…)

男(ま、慌てず騒がず…)

男「おはようございます。遅くなりましたぁ」

姉友「おっ重役出勤とはやるねぇ!」

男「違うっつ…てば」

姉友「ん?まだ体調不良かい?」

男「痴漢を捕まえてきた」

姉友「なんと!で、どうだった?」

男「どうって?」

姉友「感じちゃった?」

男「…冗談でもそんなこと言っちゃだめだ」

男(ちょっとぞくぞくしたけどな)

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 21:58:19.83 ID:1xjlm+qxO
姉友「ご、ごめん…」

男「わかればよろしい」

姉友「なんか…今日は雰囲気が違いますな?」

男(やべっ)

男「そ、そんなことないよ?」

姉友「ん……ま、いっかぁ!」

男(脳天気な人でよかった…)

男「さあさあ先生が睨んでるから」

姉友「あいあいさー」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:04:12.98 ID:1xjlm+qxO
姉友「ほふぅ…やっとお昼だ…」

男「お腹空いたね」

後輩「お姉さまあああっ!」

姉友「きた…ごめん!私は逃げるっ!」

男「えっ?えっ?」

後輩「お姉さまぁ!今朝はどうなされたんですかぁ?」

男(後輩ちゃんか……!)

男「あっうん…ちょっと痴漢を捕まえてね…」

後輩「えっ……ふぇぇっ」

男「えぇ!?なんで泣くの!?」

後輩「お姉さまが怖い思いをされたと思うと…うぅ…」

男「だだだ大丈夫だから!泣かないで!ねっ?ねっ?」

後輩「はいぃ…ひっく」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:13:42.89 ID:1xjlm+qxO
後輩「私のお姉さまを痴漢だなんて…許せない!」

男(…私の?)

後輩「お姉さま、少々お待ちを」

男「あ、うん…」

後輩「もしもし爺?私よ…ちょっとお願いがあるの…ええ…ええ…死ななければ手足の4本や5本構わないから…ええ…じゃ、よろしく」

男(こぇーーーー!?)

後輩「これで万事解決ですわ!」

男「えっ…あ、うん…」

後輩「お姉さま…さぞ不快だったでしょうに…」

男(また泣くのかよ!?)

男「ほんとにもう大丈夫だから!ね?ほらよしよし…」

後輩「あっ…お姉さま…」

男(やばっ…なんかまずいスイッチ押したかも…)

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 22:19:46.72 ID:1xjlm+qxO
後輩のキャラが……てへっ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:21:00.99 ID:1xjlm+qxO
後輩「ようやく…私の想いが通じたんですね…」

男「は?…えーっと…?」

後輩「お姉さまから触れてもらえるなんて…」

後輩「それも頭をなでなでだなんて…!」

男「いやあの……えっ?」

後輩「お姉さまぁ!」

男「おわっ!?」

男「ちょっ…離れ…んっ…胸…!?」

後輩「お姉さまぁ!私…私…」

男「わかっわかったから!んんっ…やめっ…んあっ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:35:44.20 ID:1xjlm+qxO
後輩「私に任せてください…」

男「なっ何言って…はんっ…」

後輩「お姉さまは楽にして…私を感じて…?」

男「だっだめだって…んあっ…あっ…んっ」

後輩「お姉さまぁ…素敵ですぅ…」

男「だめ…だ…立ってられない…」

後輩「うふふ…まだまだ…ですよ?」

男「え…?ふぁっそこは…」

後輩「お姉さまの大切な場所…」

男「んぁっ…あっ…んんっ」

男(やっべぇーー!!めちゃくちゃ気持ちいい!!)

後輩「とても…熱いですよぉ…?」

男「あっあっあっあんっ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:48:32.79 ID:1xjlm+qxO
後輩「熱くて…くちゅくちゅしてるぅ…」

男「やっ…だめっ…だっ…て…あっあっ」

後輩「イきそうですか?私で…イっていいんですよ…?」

男(なんだこれ……!やばい…うわぁぁ…!)

男「あんっあっあっ…イくっイっちゃう…っ!!」

後輩「お姉さまぁっ!」

男「あぁぁぁんっっ」

後輩「うふふ…お姉さま…かわいい…」

男(なんも考えられねぇ…)

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 23:00:24.10 ID:1xjlm+qxO [57/58]
男「んん……あっ」

後輩「ふふっ…おはようございますぅ」

男「…うわっ!?」

後輩「そんなに驚かないでくださいよぅ」

男「えっ…あっ…ごめん」

後輩「あっ午後の授業が始まっちゃいますよう」

男「う、うん…」

後輩「今度は私も…お願いしますねっ」

男「……ははっ」

男(ね、姉ちゃんごめん……)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 09:58:19.19 ID:4HFvZFXVO [5/27]
男「ただいま~」

男「真っ暗だな……姉ちゃん?」

姉「おかえり…」

男「大丈夫…?じゃなさそうだな」

姉「疲れた…すごく疲れた…」

男「はは、お疲れさん」
姉「なんなの…あんたの彼女…」

男「えっ……あっ」

姉「あんたに聞きたいことがあるんだけど、今はその気力が湧かないわ」

男「そ、そう……」

男「ご飯とお風呂と用意するから、姉ちゃんは休んでて」

姉「悪いわね…」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 10:11:11.21 ID:4HFvZFXVO [6/27]
姉「さあ」

男「…はい」

姉「なんなの?あのえっちな彼女は…」

男「あー普通だろ?」

姉「普通な訳ないでしょ…」

男「女の人も、生理前後はむらむらするんだろ?」

姉「えっ…な、なに言って…」

男「女さんは、どうやらそれが強いみたいで」

姉「へ、へぇ…」

男「ていうか、姉ちゃんしてきたんだ?」

姉「しししてないわよばかっ!」

姉「……されそうになって、途中で逃げたけど……」

男「おいおい…」

姉「あっでも怒ってはなかったから」

男「そういう問題じゃないんだけど」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 10:17:16.00 ID:4HFvZFXVO [7/27]
姉「そっそういうあんたの方はどうだったのよ!」

男「あー……ごめん」

姉「へ?」

男「まじごめん」

男「後輩ちゃんに、された」

姉「!?!?」

男「めちゃくちゃ気持ち良かった」

姉「うそ…でしょ……」

男「ほんと。だから、ごめん」

姉「あああ……」

男「なんで教えてくれなかったのさ」

姉「だって…」

姉「明日からどうするのよ…」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 10:21:52.54 ID:4HFvZFXVO [8/27]
男「俺たちがこのままならなんとかするさ」

姉「元に戻れたら?」

男「姉ちゃんが自分で頑張れ」

姉「そんな無責任な…」

男「それは…ごめん」

姉「……寝る」

男「そうだな…そうするか」

姉「うん……おやすみ」

男「おやすみ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 10:27:43.22 ID:4HFvZFXVO [9/27]
姉(とは言ったものの…)

姉(もやもして眠れないじゃない…)

姉(女ちゃんの手、柔らかくって気持ち良かった)

姉(あっ…また大きくなってきた…)

姉(ヌいたら…寝られるかな…?)

姉(……)

姉「はぁ…はぁ…」

姉「女ちゃん…はぁ…はぁ…」

姉「はぁはぁ…はぁはぁ…」

姉「……」

姉(あれの記憶が強烈すぎて…)

姉(どうしよう……)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:20:27.73 ID:4HFvZFXVO [10/27]
男(今日は朝から色々ありすぎたな)

男(まさか姉ちゃんが百合っ子に迫られてたとは)

男(姉ちゃんは姉ちゃんで女さんにされたみたいだし…)

男(あれ?寸止めか…ま、寝られなければ自分でするだろ)

男(……あれは気持ち良すぎた)

男(……)

男(ちょっとくらいなら…)

男「…んっ…はぁ…」

男(やっぱすげぇ…)

男「あんっ…ふあ…」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:26:08.07 ID:4HFvZFXVO [11/27]
姉『ちょっと…入っていい…?』

男「わわっ…あっどうぞ…」

姉「こんな時間にごめん…」

男「別にいいけど…どうした?」

姉「えっと…あのぅ…」

男「…?」

姉「もやもやして眠れないのよ…」

男「ああ…自分ですればいいじゃん」

姉「しっしようと思ったけど…」

男「けど?」

姉「女ちゃんの手の感触が…」

男「忘れられないと」

姉「…うん」

男「で、どうしろと?」

姉「して…よ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:31:39.56 ID:4HFvZFXVO [12/27]
男「この、姉ちゃんの、手で?」

姉「!!…私が許可するから…」

男「ふーん…」

姉「なっなによぉ…」

男「姉ちゃんがいいならいいけどさ」

姉「うぅ…」

男「俺にもしてよ」

姉「えぇ!?」

男「後輩ちゃんにされたとき、めちゃくちゃ気持ち良かったし」

男「せっかくだし、そのつもりで味わってみたいなーと」

姉「いっいやよ!」

男「そっか……じゃあおやすみ」

姉「あっ…」

姉「わかったわよ…」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:36:11.66 ID:4HFvZFXVO [13/27]
姉「で、でも!」

男「ん?」

姉「本番はなし…だからね…」

男「当たり前だろ、姉弟なんだし」

男「それに姉ちゃん処女って言ってたじゃん」

男「痛いのやだよ俺」

姉「ばっばかっ…」

男「初めてはちゃんととっておきなって」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:41:27.07 ID:4HFvZFXVO [14/27]
男「…ぎんぎんじゃんか」

姉「だって…」

男「自分のなにを擦るのって変な気分だな」

姉「ん…はぁはぁ…」

男「こっちもして」

姉「うん…うわ…なんでもうこんなにしてるのよ…」

男「はぁ…ん…ごめん…」

姉「はぁ…はぁ…何が…?」

男「んあっ…さっき…自分で…あんっ…」

姉「ちょっ…はぁ…ああっ…ばか…」

男「やばい…んっ…あん…気持ちいい…」

姉「……ねぇ…」

男「なに…やめんなよ…」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:44:41.85 ID:4HFvZFXVO [15/27]
姉「く、口で…許可、するから…」

男「それはちょっと抵抗があるな…」

姉「そっか…そうだよね…」

男「うーむ…姉ちゃんも口でしてくれるなら…する」

姉「えぇ!?それって」

男「うん。シックスナイン」

姉「えっ…あの…」

男「ほら、仰向けになって」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:50:58.65 ID:4HFvZFXVO [16/27]
姉「や、やだぁ…」

男「よいしょ…っと」

姉「うわ…これ…私の…?」

男「いやらしいだろ?」

姉「なんか…こわい」

男「まあそういわずに」

姉「んあっ!?…ひああ…気持ちいい…」

男「ちゅる…じょぽ…俺のも舐めてよ」

姉「…うん…ちゅ…」

男「ふぁぁっ!?…ぺろじゅぷ…んむぅ!…ふぁ…」

姉「ん…ちゅぱ…んは…ぴちゃ…ぺろ」

男「じゅぽじゅぽ…あんっあっあっ…ぺろ…」

姉「じゅるっ…ちゅう…はぁ…はぁ…ぺろっ」

姉「ふぁ…いく…出る…よぉ…!」

男「俺も…あっあっあああああっいくっっ!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 11:56:51.01 ID:4HFvZFXVO [17/27]
男「うぁ…やばかった…」

姉「んん…」

男「…あれ?ええっ!?」

姉「どうしたのよ…?」

男「ね、姉ちゃん…今目の前に何が見える…?」

姉「何って…」

男「俺の目の前には、姉ちゃんのあそこが…」

姉「!?!?!?!」

姉「ちょっばかっ!どきなさいよ!!」

男「ぐぼぁっ!?いてーよ!」

姉「ああああ恥ずかしいああああ」

男「元に…戻ったんだな」

姉「えっ…?ほ、ほんとだ…」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 12:00:40.37 ID:4HFvZFXVO [18/27]
姉「でもなんで…?」

男「同時にいったから…か?」

姉「同時だとなんで入れ替わるのよ」

男「そんなこと俺が知るか」

男「…一昨日の晩、オナニーしたよな?」

姉「な、なに言って…」

男「俺はした。最初の入れ替わりはきっとそれだ」

姉「だからなんで…」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 12:04:14.13 ID:4HFvZFXVO [19/27]
男「それはわからないって」

男「でもほかに思い浮かばない」

姉「……」

男「まあ、元に戻ったんだからよしとしよう」

姉「そりゃまそうだけど…」

男「お互いいい体験ができたしな」

姉「なっ……ばかっ!」

男「はははっ!また今度、入れ替わるか試してみようぜ!」

姉「す、するわけないでしょ!ばーかっ!!」


おしまい

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 12:10:34.40 ID:4HFvZFXVO [20/27]
昨日は途中で投げてごめんなさい
こんな終わり方でごめんなさい
入れ替わった姉と男友の濃厚なホモセクロスを割愛してごめんなさい
元に戻った姉と後輩ちゃんは姉がのらりくらりとかわしつつ後輩ちゃんのボディタッチが激しくなったって感じでごめんなさい
読んでくれてありがとう

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 19:56:57.41 ID:4HFvZFXVO [22/27]
―元に戻った次の日

姉「やだなぁ…憂鬱だわ…」

姉友「よっおはよう!」

姉「おはよー」

姉友「昨日も逃げて悪かったね!」

姉(姉友も一緒のときに後輩ちゃんが来たのね…)

姉「姉友、後輩ちゃん苦手だもんね」

姉友「しゃべり方から何から甘いでしょ…」

姉「そうねぇ」

姉友「脳髄までとろけそうでウケツケないわー」

姉「悪い子じゃないんだけどね」

姉友「で、昨日も逃げおおせたのかい?」

姉「えっ?も、もちろん…」

姉(イカされたなんて言えない…)

姉友「……はっ!この気配は…ごめん先いくよ!健闘を祈るっ!」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 20:14:05.72 ID:4HFvZFXVO [23/27]
仕事中だったり

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 21:50:45.63 ID:4HFvZFXVO [24/27]
書けても日常パート垂れ流しだす

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 22:03:35.12 ID:4HFvZFXVO [25/27]
姉「気配って……」

後輩「お・ね・え・さ・まぁ!」

姉「でた…」

後輩「人を妖怪変化みたいに言わないでくださいよぅ」

姉「ご、ごめん」

後輩「うふふふ…」

姉「え、なに…?」

後輩「昨日のお姉さま、とってもかわいかったですぅ…」

姉「うあ…あれは…」

後輩「私、昨晩は身体が火照ってしまって…」

姉「そうなんだ…はは…」

後輩「お姉さまのことを思いながら自分で慰めてしまいました…きゃっ言っちゃった!」

姉「あはは…はは……はぁ」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 22:29:16.89 ID:4HFvZFXVO [26/27]
後輩「それでですね」

姉「はい…」

後輩「もしよろしければ、私の家へいらっしゃいませんか…?」

姉「えっ…いやあの…ごめんなさい」

後輩「照れなくていいんですよぉ?」

姉「いや照れてはないから…」

後輩「想いをかわした二人が次に進むべきステップ…」

後輩「うふっうふふふふっ」

姉「あっHR始まるからごめんっ!」

後輩「あんっお姉さまのいけずぅ」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 02:30:54.64 ID:536lFinFO [2/32]
姉「だめだわ…」

姉「男のせいで後輩ちゃんが激しくなってる」

姉友「お悩みのようですな」

姉「ちょっとねー」

姉友「昨日からラッシュが激しくなってるね」

姉「う、うん…」

姉友「ここらで反撃に転じるのは?」

姉「反撃?」

姉友「ありきたりだけど、誰かに彼氏役をしてもって諦めさせるとか」

姉「そんな人いな…」

姉友「お、心当たりでもあるのかね?」

姉「弟…くらいしかいない」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 02:38:55.86 ID:536lFinFO [3/32]
姉友「ほう…まずは一度面接をしますか」

姉「え?なんで?」

姉友「後輩ちゃんに認めさせないといけないからね」

姉友「あまりにイケてなかったら諦めさせることもできないでしょ?」

姉「なるほど…でもそういうことなら弟じゃ役者不足かも」

姉友「そこはそれ、姉弟フィルターのかかってる君じゃ正しい評価はできないわけで」

姉友(個人的興味が70%ほどですが)

姉「そんなもんかなぁ」

姉友「そんなもんよ。ま、君の弟なら大丈夫だと思うけどね」

姉「うーむ…」

姉友「ともかく!面接のセッティングをよろしくね」

姉「なんか不安だ…」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 02:48:41.87 ID:536lFinFO [4/32]
姉「とまあ、そういうわけなのよ」

男「やだよめんどくさい」

姉「ちょっ…あんたねぇ」

男「冗談だよ冗談」

姉「むっかぁ…」

男「ま、後輩さんの件は俺に責任があるしな」

男「気は進まないがわかった、やるよ」

姉「お礼は言わないわよ?」

男「最初から期待してねーよ」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 02:59:02.34 ID:536lFinFO [5/32]
姉「おはよう」

姉友「おはよー」

姉「弟とはファミレスで待ち合わせしてるから」

姉友「了解、了解」

姉「ところで…」

姉友「ん?なんだい?」

姉「なんか…ちょっと気合い入ってない?」

姉友「そうかな?気のせいだよきっと」

姉「いつもと雰囲気が…」

姉友「気にしない気にしない」

姉友「さあさあ、行こう行こう」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 03:04:30.53 ID:536lFinFO [6/32]
姉「いたいた」

姉友「おお…なかなかどうして…」

姉「微妙でしょ?」

姉友「いやいややっぱり悪くないよ」

姉「そうかなぁ…」

男「おはようございます」

姉「お待たせ。これ、弟」

男「どうもはじめまして」

姉「で、こちらが友達の姉友ちゃん」

姉友「はじめまして。今日はよろしくね」

男「こちらこそよろしく」

姉友(雰囲気も悪くないし…いいかも…)

姉友「じゃ、さっそく始めようか」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 03:09:19.35 ID:536lFinFO [7/32]
男「面接…ですか」

姉友「いや。作戦会議」

姉「え?面接は?」

姉友「一次審査は合格」

姉友「あとはまあ、作戦会議をしながら最終的に判断しようかな」

姉「なるほど…」

男「なんだかモルモットな気分ですよ」

姉友「あっ敬語じゃなくていいよ。気楽にね」

男「はいはい」

姉「うーん…」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 03:19:03.89 ID:536lFinFO [8/32]
姉友「聞いてると思うけど、作戦としては単純」

男「ええ。でもうまくいくかな?」

男「なんか思い込みの強そうな人だったけど」

姉友「あれ?後輩ちゃんのこと知ってるの?」

男「あっ…いや、姉からそう聞いてたから」

姉友「なるほどね。一応、そのための面接でもあるんだよ」

男「というと?」

姉友「ただ、“彼氏がいる”じゃ納得しないだろうけど、“素敵な彼氏がいる”ってなれば」

男「なるほど…俺で大丈夫かな」

姉(なんか私、蚊帳の外だ…)

姉友「私は、男くんは結構いいと思うけど」

男「えっ?」

姉友「かっこいいよ?」

男「あっいや、あの…ありがとう…ございます」

姉(えっ?……えっ?)

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 04:04:55.01 ID:536lFinFO [10/32]
男「えーっと…」

姉友「嘘は言ってないよ?」

姉(何よ鼻の下伸ばしちゃって…)

男「そ、それより作戦の続きは」

姉友「これだけだよ?」

男「そんな大雑把な…」

姉友「後輩ちゃんの耳に入れば、今みたい状況になるから」

男「だろうね」

姉友「あとは男くん頑張れ」

男「えぇー…」

姉友「ま、ふたりでラブラブなところを見せつければ大丈夫じゃないかな」

姉「そ、そんなことできるわけないじゃない」

姉友「ふりよ、ふり」

男「本気でラブラブするわけないだろ?」

姉「…!わかってるわよ!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 04:12:56.83 ID:536lFinFO [11/32]
姉友「とりあえず、作戦会議は終了ってことで」

男「はぁ…」

姉友「ところで男くんはさ」

男「うん?」

姉友「年上は好き?」

男「えっ?」

姉(!?)

姉友「たとえば…私とか」

姉「ちょっ姉友ちゃんなに言ってるの!」

姉友「いやー。私、男くんのこと気に入っちゃった」

男「えっ…いやその…」

姉「だっだめよ!だめだめ!」

姉友「なんで君がだめとか言うのさ…あ、さては…焼き餅とか?」

姉「なっそんなわけないでしょ!?」

男「ほんとほんと。ないない」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 04:26:04.11 ID:536lFinFO [12/32]
姉友「ジェラシーじゃないのかなぁ?」

姉「ちっ違うわよ!…そう!こいつ彼女いるのよ!だからっ!」

男「あ、うん。俺、彼女いるんだ」

姉友「あら…残念」

姉友「でもそれはそれで、やっぱり男くんがイケてるって証拠だよ」

男「そう…かなぁ」

姉友「そうそう」

姉(こいつ…こんなにもてるんだ…)

姉(言われてみれば、悪くはない…のかな?)

姉友「ま、そんな男くんが彼氏になるんだから、作戦成功間違いなし!」

姉「か、彼氏になんかしないわよっ!?」

姉友「だから、ふりだけでしょ?」

男「姉ちゃんさっきから変だぞ?」

姉「あっ…」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 04:26:58.48 ID:536lFinFO [13/32]
sage進行はいいなぁ
寝ます

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 20:00:06.40 ID:536lFinFO [14/32]
男「ふー…なんか最近どたばた続きで落ち着かないな」

男「姉ちゃんの彼氏役…ね」

男「ま、あれで見栄えは悪くないからなぁ」

男「並んで歩いても恥ずかしくない…」

男「ってか、むしろ姉弟じゃなけりゃ嬉しいだろうな」

男「あ…万が一のことを考えて、男友と女さんにも会わせておくかな」

男「保険に口裏合わせしといた方がいいだろ」

男「なんて言って会わすか…」

男「…協力してもらうなら、嘘は付かなくていいか」

男「あああ…半分は自分で蒔いた種とはいえ、めんどくせー」

男「姉ちゃんに声かけとくか」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 20:01:01.82 ID:536lFinFO [15/32]
寝過ぎた…
あまり高速ではいけないけど、がんばるお

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 20:44:23.77 ID:536lFinFO [16/32]
姉「なんだか変なことになっちゃった…」

姉「あいつが彼氏とか」

姉「うう…」

姉「女ちゃんに姉友ちゃん…なんであんなにもてるのやら」

姉「別にかっこよくないけど…いいのかなぁ」

姉「ふぅ…」

姉「彼氏…かぁ」

男『姉ちゃんちょっといい?』

姉「ひょあ!?」

姉「なっなにっ!?」

男『いや、例の件でこっちからも頼みたいことがあって』

姉「あ…うん、なに?」

男『てか廊下寒いから入れてくれよ』

姉「ご、ごめん…どうぞ」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 21:00:15.26 ID:536lFinFO [17/32]
男「でまあ、念のため男友や女さんと顔合わせをしてほしいんだ」

姉「え…なんか話が大きくなってない?」

男「俺もそう思わないでもないけど」

男「街中でばったり会ったりしたときにフォローできないのも困るだろ」

男「後輩さんの名前まで出す必要はないし、積極的に協力を求めるわけでもないから」

姉「そういうことなら…」

男「よし。早めに段取りするからよろしくな」

姉「うん…」

男「なんか不満か?」

姉「そうじゃなくて…頼りになるなって…あ」

姉「よ、用が済んだら出てって!」

男「はいはい」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 21:01:46.58 ID:536lFinFO [18/32]
>>183
ほんとにそうなりそう
また入れ替わらせたいんだけど、無能な俺には差し込む余地が見いだせないんだぜ?

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 21:55:17.70 ID:536lFinFO [19/32]
姉「うああ…」

姉「ちょっとかっこいいとか思っちゃった…」

姉「あんなやつ…あんなやつ…」

姉「ま、まああいついっちょ前に彼女いるし!」

姉「なにより姉弟だし!」

姉「…あれ?」

姉「あれれ?」

姉「別に否定も肯定もする必要ないわよね…?」

姉「……」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 22:11:35.50 ID:536lFinFO [20/32]
男「準備できたか?」

姉「ん…お待たせ」

男「まあ顔合わせと事情を説明するだけだし」

姉「うん」

男「飯でも食いながら説明して適当に帰るか」

姉「わかった」

男「てか、後輩さんへはどうやって知らせるんだ?」

姉「姉友ちゃんがまかせとけって」

男「ふーん…そこら辺も聞いておかないとな」

姉「なんでよ?」

男「こういうことは情報が全てなんだよ」

姉「そんなもんなの?」

男「そんなもんだ…さ、行くか」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 22:19:20.08 ID:536lFinFO [21/32]
女「あ…こんにちは…」

男「こんにちは」

姉「ど、どーも…」

姉(改めて見てもかわいいなぁ…)

男「女さん。これがうちの姉ちゃん」

女「は、はじめまして…」

男「で、女さん……俺の彼女」

姉「は、はじめまして」

女「改めて彼女とか言われると恥ずかしいな…」

男「…ん。俺も…」

女「しかもご家族の方に紹介なんて…なんか…」

男「えっ?……あっあの…ははは」

姉(うわっなにこのデレデレっぷり)

姉(家と全然違うじゃない…!)

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 22:45:06.07 ID:536lFinFO [22/32]
姉「ねぇちょっと!」

男「ああごめん。いたんだっけ」

姉「なっ…もう一人友達来るんじゃないの?」

男「そういえば…女さん、男友は?」

女「まだ見てないよ」

男「相変わらずだなったく…」

女「あっ…そういえば」

男「なんか聞いてた?」

女「お姉さんに会うなら気合い入れてくって言ってたような…」

男「ばかだ…」

女「んー…でもお姉さん綺麗だし、男友くんは気合いを入れて正解だよ」

姉「そ、そんな…」

男「まあ姉ちゃん見栄えは悪くないからなぁ」

姉「なっなにばかなこと言ってるのよ!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 22:52:25.68 ID:536lFinFO [23/32]
女「……あっ、男友くんきたよ」

男「まったく…」

男友「す、すまん!」

男「なにやってんだよ」

男友「いやちょっとな…おっ!」

男友「はじめましてお姉さん。男くんの友人の男友と言います」

姉「あ…あの…姉です」

男友「いや僕は幸運だ!こんな素敵な人に出会えるなんて!」

姉「へっ!?」

男友「僕はいい友人を持ったことを神に感謝する!」

男「おい」

女「男友くん……遅刻はきっと減点…だよ?」

男友「な、なんだ…と…?」

姉「あは…は…」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:12:20.04 ID:536lFinFO [24/32]
男「で、本題だが」

男「姉ちゃん最近、ちょっとつきまとわれててな」

女「やだ…怖いね」

男「いや、ストーカーとはまた違うし、身に危険が及ぶようなことはないとは思う」

男友「そんなの一発殴って終了じゃね?」

男「あほか。わざわざ事を荒立てる必要もないだろ」

姉「できれば穏便に…」

男「だから、しばらく俺が彼氏のふりをして諦めてもらうことになった」

女「ふりって具体的に何かするの?」

男「一度デートでもして目撃させるくらい…だと思う」

男友「思う?」

男「姉ちゃんの友達に協力者がいるんだけど、まだつめてないんだわ」

女「私は…いいと思うよ」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:18:34.17 ID:536lFinFO [25/32]
女「知らない人なら嫌だけど、お姉さんなら安心だし」

姉「も、もちろんじゃない…」

男友「…お姉さん!」

姉「はいっ!」

男友「その彼氏役、この男友に仰せつかるわけにはまいりませんか!?」

姉「えっあ、あの…」

男「却下」

男友「即答かよ!?」

男友「お前には女ちゃんがいるじゃねーか!独禁法違反だ!」

姉(…えっ?それって…)

男「ばかも休み休み言え」

男「お前、姉ちゃんのことなんにも知らないだろ?」

男「ボロを出されて失敗されるわけにはいかんよ」

姉(あっ…そうだよね…)

女(……)

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:25:20.06 ID:536lFinFO [26/32]
男友「そこはそれ!今からお互い深く知り合えば…」

男「却下。そんな時間の余裕はないし」

男「そもそもお前を兄と呼ぶのは抵抗がある」

男友「くっそぉ…」

女「男くん、お姉さんのこと大事なんだね?」

男「ん?まあ家族だからね」

女「それだけ?」

男「え?他になにかあるっけ?」

女「ううん、なんでもないよ」

姉(家族…かぁ…なんだろ…)

姉(胸が痛い…)

姉(二人が仲良くしてるの、見たくない…)

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:32:25.09 ID:536lFinFO [27/32]
男「そういうわけで、よろしく」

女「うん…わかったよ」

男友「色々納得いかないが…了解した」

姉「あの…面倒かけてごめんね?」

男友「いえいえ!今度は是非、二人で食事でも行きましょう!」

姉「あはは…」

男「じゃあ悪いけど今日はこれで」

女「え…そうなの?」

男「ちょっと考えをまとめたいんだ。ほんとごめん」

女「埋め合わせ…してね?」

男「もちろん」

姉「遠慮しなくていいのに」

男「は?なんで遠慮なんかするのさ」

姉「えっ…それはその…」

男「いま大事なのは姉ちゃんの方だろ。解決したら思う存分遊ぶさ」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:39:05.79 ID:536lFinFO [28/32]
姉「そう…だよね」

男「そういうこと」

男「じゃ、二人ともまた」

男友「おう、またな!」

女「うん、また学校でね」

男「俺らも帰ろうか」

姉「あ、うん…」

女「お姉さん!」

姉「な、なに?」

女「あの…ちょっといいですか?」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:42:59.09 ID:536lFinFO [29/32]
女「男くんとお姉さんって」

女「実は血が繋がってないとか、そういうのじゃないですよね?」

姉「えっ!?実の姉弟だけど…」

女「二人は家族…ですよね?」

姉「う、うん…でもなんで?」

女「ただの確認です。ありがとうございました」
姉「い、いえ…」

男「女さんどうしたの?」

女「男くんには内緒!」
男「??」

姉(家族…姉弟…)

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:46:43.94 ID:536lFinFO [30/32]
>>205
指摘してる部分がわからんごめん

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:52:04.67 ID:536lFinFO [31/32]
男「ふぅ…これで一応、フォローは済んだな」

姉「なんかごめん」

男「しおらしいな。気味が悪いぞ」

姉「うっさいわね…」

男「ああそうだ」

姉「なに?」

男「姉友さんと連絡が取りたいからメアド教えて」

姉「えっ…いやよそんなの」

男「いやってなんだよ…計画の段取りを聞きたいんだけど」

姉「そ、そっか…でも私経由じゃだめなの?」

男「いちいち面倒だろ」

姉「それはそうだけど…」

男「はぁ…拒否する理由がわからん」

姉「そ、そうよね。わかった」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 23:56:15.43 ID:536lFinFO [32/32]
姉「姉友ちゃんにokもらったから…はい」

男「ん、さんきゅ」

男「じゃあ俺は風呂入って寝るわ」

姉「はいはい」

男「姉ちゃんも早く休めよ?どたばた続きで疲れてるだろ」

姉「いっ言われなくてもそうするわよ!」

男「なんでそこで怒るかな…」

姉「あ…ごめん…」

男「やっぱり疲れてるんだろ……じゃ、おやすみ」

姉「ん…おやすみ」


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 00:02:37.48 ID:5XpOSmyOO [1/35]
姉(なんなのよもう…)
姉(……)

姉(まさか…ね)

姉(だってあいつだし、弟だし……でも)

姉(女ちゃんといちゃいちゃしてたら嫌な気分になった)

姉(男友くんのアピールを遮ってくれて嬉しかった)

姉(姉友ちゃんのメアドを聞かれて教えたくなかった)

姉(なんか妙に頼りになるし…)

姉(好き…に、なっちゃったのかな…?)

姉(姉弟なのに……)

姉(どうしよう……)

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 02:40:13.30 ID:5XpOSmyOO [5/35]
男「おはよう」

姉「お、おはよ…」

姉(やばいまともに顔見れない…)

男「どうした?顔赤いけど…風邪?」

姉「ち、違うわよ…」

男「辛いなら無理するなよ?」

姉「う、うん…」

姉(家族としての優しさってわかってる…)

姉(でもやっぱり…嬉しい)

男「ぼーっとして…やっぱ熱あるんじゃないか?…どれどれ」

姉「わひゃ!?」

男「変な声出すなよ。ってか、どんどん熱くなってないか?」

姉「あっあっ…だ、大丈夫だってば!ばかっ!」

男「なんなんだありゃ…」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 02:56:23.83 ID:5XpOSmyOO [6/35]
姉「おはよー」

姉友「やっおはよう!」

姉「で、結局どうなったの?」

姉友「それを昨日、男くんと相談したよ」

姉「そ、そうなんだ」

姉友「やっぱいいね、男くん」

姉「えっ?」

姉友「彼女いてもいいから、ちょっと頑張っちゃおうかなー」

姉「えっあの…それより後輩ちゃんの件は?」

姉友「ああ。そっちは多分もう耳には入ってるはず」

姉「もう?」

姉友「うん。あとは先方さんに納得して諦めてもらうだけ」

姉「うまくいくといいんだけど…」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 03:54:12.19 ID:5XpOSmyOO [7/35]
後輩「お姉さま…」

姉友「ぎゃあ!?いったいどこから…」

姉「あ…お、おはよ…」

姉友「じゃ、私はこれで!」

姉「あああ待ってよおおお」

後輩「逃げないでくださいよぉ」

姉「あうっ…な、なにかな?」

後輩「なにかな?ってわかってるくせにぃ…」

姉「あはっあはは…」

後輩「お姉さまに恋人ができたって本当ですかぁ?」

姉「えっ…あ…うん」

後輩「やっぱり…」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 04:10:54.98 ID:5XpOSmyOO [8/35]
後輩「私とのひとときは遊びだったんですね…」

姉「あっあれはこちらのミスというか後輩ちゃんの勘違いというか…」

後輩「お姉さまは頭をなでなでしてくれました…」

後輩「あれって、そういうことじゃなかったんですかぁ…」

姉「頭なでなでって…ええぇ…」

後輩「ふぇ…うぇ…」

姉「あわわ…あのっちょっと泣かないでよぉ」

後輩「私はこんなにお姉さまが好きなのにぃ…うぇぇ…」

姉「私も泣きたくなってきた…」

姉「うぅ……あのね?」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 04:17:07.80 ID:5XpOSmyOO [9/35]
後輩「ひっく…はい」

姉「私ね、その人のことほんとに好き…なんだ」

姉(ああ…あいつの顔が浮かぶ…)

後輩「お姉さま…」

姉「だから…こういう言い方はずるいかもしれないけど」

姉「後輩ちゃんが私を好きなら、私の気持ちを認めてほしいな」

姉「認めて、祝福してほしいよ」

姉(ほんとは認められないし、祝福もされない恋…だけどさ)

後輩「それは…ほんとにずるいですぅ」

後輩「お姉さまに嫌われたくないなら…私が引かないとだめじゃないですかぁ…」

姉「ほんと…ごめん」

後輩「…わかりました」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 08:56:50.59 ID:5XpOSmyOO [10/35]
じぶんで

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 11:28:57.85 ID:5XpOSmyOO [11/35]
そろそろ

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:11:59.43 ID:5XpOSmyOO [12/35]
後輩「でもひとつだけ」

姉「うん?」

後輩「私のお姉さまの心を奪った方がどんな方なのか…」

姉(きた…!)

後輩「見させてくれませんか?」

姉「う、うん…それで後輩ちゃんが納得してくれるなら…」

後輩「納得…しないかもですよ?」

姉「え?」

後輩「お姉さまに相応しくないと思ったら、そのときは…」

後輩「やってやるです」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:25:00.26 ID:5XpOSmyOO [13/35]
姉「後輩ちゃんに聞かれたよ」

男「そう…か。いつにする?」

姉「いつって?」

男「今更なにを…デートだよ」

姉「あ…で、でもデートって言ってもふりだけなんでしょ?」

男「そりゃ厳密に言えばふりだけど」

男「俺は、姉ちゃんとのデートを彼氏として本気で楽しむつもりだが?」

姉「えっ…本気でって…」

男「形だけ取り繕ってもきっとバレるぞ?」

姉「そ、そうかな…?」

男「多分な。それに姉ちゃんと出かけるのも久しぶりだし、いいんじゃね?」

姉「うん…そう…だね」

男「そうそう。姉ちゃんも俺のことを彼氏だと思って、楽しんでよ」

男「デートらしくなるよう、それなりに考えておくからさ」

姉「わかった…うん!」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:31:30.33 ID:5XpOSmyOO [14/35]
姉(あいつとデート…)

姉(えへへ…)

姉(ふりでも…嬉しいや)

姉(……)

姉(なんで、実の弟を好きになっちゃったんだろ…)

姉(どうにもならないのに)

姉(気持ちを伝えたら…どうなるんだろう?)

姉(今の関係も壊れちゃうのかな…)

姉(気持ち悪いとか思われて、姉弟としてもうまくいかなくなっちゃうのかな)

姉(それは…いや…)

姉(男…好きだよぉ…)

姉(………よし)

姉(今度のデートで、終わりにしよう)

姉(思い出を作って…それで…おしまい)

姉(これで…いいよ…ね?)

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:40:06.22 ID:5XpOSmyOO [15/35]
男「準備はできたか?」

姉「うん…」

男「おぉ…馬子にも衣装とはこれ如何に」

姉「もう…ばかっ!」

男「冗談冗談。すごい似合ってるよ」

姉「えっ?あの…えーっと…あ、ありがと…」

男「な、なんだよ…まじで照れるなよ」

男「こっちまで恥ずかしくなるだろうが」

姉「う、うっさいわね!いいでしょ!?」

男「なんだかな…とりあえず、俺はもう出るわ」

姉「え?もう?」

男「後輩ちゃんに家を張られてたらまずいだろ」

姉「そ、そっか」

男「俺は適当に時間潰すから、3時間後に駅前で」

姉「うん、わかった。行ってらっしゃい」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:45:56.13 ID:5XpOSmyOO [16/35]
男「とは言ったものの、3時間も何するかな…」

女「男くーん!」

男「あれ!?女さん…どうしてここに?」

女「今日って言ってたでしょ?気になっちゃって…」

男「でも時間までは言ってなかったよね?」

女「ん…男くんなら、早く来るかなって」

男「いい読みしてるね」

女「うふふ…男くんの彼女ですから」

男「あ、あはは」

女「お姉さんとのデート…ふりなんだよね?」

男「そうだけど…なんで?」

女「ううん、なんでもないの…」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:51:18.52 ID:5XpOSmyOO [17/35]
男「あっでも、一応ちゃんと楽しむつもりだよ」

女「そう…なの?」

男「形だけで装って後輩さんにバレちゃ元も子もないしね」

女「そっか…。あの…お姉さんも女の子だから…ね?」

男「ん?どういうこと?」

女「あっ…男くんが私と一緒のところを見られたらまずいよね」

女「私もう行くね!」

男「あ、うん…わざわざありがと」

女「ううん、いいの」

女「男くん…」

男「うん?」

女「大好き…だよ」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 13:57:12.07 ID:5XpOSmyOO [18/35]
姉「男と最初で最後のデート…かぁ」

姉「うぅ…うぇぇ…」

姉「最後なんて…やだよぉ…」

姉「ふぇぇ…ぐすっ」

姉「……」

姉「…こんな顔をしてたら後輩ちゃんに気づかれちゃうな…」

姉「…笑顔笑顔っ!」

姉「笑えっ!わたし!!」

姉「…さあ、行こう!」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 14:02:03.74 ID:5XpOSmyOO [19/35]
男「よっ」

姉「お待たせ、待った?」

男「3時間ほど」

姉「もうっ…」

男「初デートの中学生って気分じゃなかったけどな」

姉「うふふ…なによそれ」

男「ははは……ん、やっぱいいじゃんそれ。かわいいよ」

姉「えっ…か、からかわないでよ…」

男「からかってないって。じゃ、行こうか」

姉「う、うん…」

後輩()

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 14:07:16.60 ID:5XpOSmyOO [20/35]
姉「で、最初はどこに行くの?」

男「無難にウィンドウショッピング」

姉「ありきたりねー」

男「文句言うなよ」

後輩()

姉「うふふ」

男「ご機嫌だな」

姉「まあねー」

男「変な姉ちゃ…あ」

女()

姉「どうしたの?」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 14:13:04.35 ID:5XpOSmyOO [21/35]
男「呼び方、忘れてた」

姉「あ…」

男「今日一日は名前で呼ぶか」

女()

姉「えっ…うん」

男「よし。姉、こっち」

姉「あっあっ…うあ…」

後輩()

男「ん?どした?」

姉「名前で呼ばれるの…恥ずかしい…」

姉(でも…嬉しい…)

男「なんか朝からマジ照れしすぎだろ…」

姉「だ、だって…」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 14:19:27.10 ID:5XpOSmyOO [22/35]
男「だって…?あっここだここだ」

姉「えっ?なにか買うの?」

女()

男「ん…俺じゃなくて、姉にな」

姉「えっ…」

男「もうすぐクリスマスだろ?なんか買ってやるよ」

姉「…嬉しい」

後輩()

男「大して予算はないけどな」

姉「ううん…そんなの関係ないよ?」

男「そう言ってもらえると助かる。…さ、選ぼうぜ」

姉「うん!」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 14:27:39.24 ID:5XpOSmyOO [23/35]
男「結局500円のストラップかよ…さすがにもうちょっとよかったのに」

姉「うん…でも、近くに置きたかったから」

男「うーん…今日はあれだな」

後輩()

姉「な、なに?」

男「のりのりだな。ほんとに恋人同士みたいだ」

姉「なっ…男が楽しめって言ったんじゃない…」

男「ん…そうだな。よし…はい」

姉「えっ…手?」

男「繋がないのか?」

女()

姉「つ、繋ぐ!繋ぐわよっ!」

姉(し、幸せ……)

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:00:00.16 ID:5XpOSmyOO [24/35]
男「なんやかんやで結構遊んだな」

姉「そうね…」

後輩()

男「そろそろ帰るか?」

姉「えっ…やだ…」

男「え?もう十分だろ?」

姉「いやよ…もう少し…お願い」

男「しょうがねえな…少し歩くか?」

姉「うんっ!」

女()

姉「そういえば、後輩ちゃん見ないね?」

男「最初からずーっと見てるぞ?」

姉「うそっ!?」

男「ほんとほんと。まあ…ぱっと見では問題なかったはず」

姉「デートふり…だったっけ…」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:05:22.46 ID:5XpOSmyOO [25/35]
男「ん…まあ俺も割と本気で楽しかったぞ?」

姉「あっ…」

男「買い物したり手ぇ繋いだり、色々遊んで」

男「ねえちゃ…姉の以外な面もたくさん見れたっつーか」

姉「なっ…やだ…」

男「なあ」

姉「なに…?」

男「ちゃんと彼氏…作ったら?」

姉「いや…よ」

男「そんなこと言わずにさ。姉のこと、弟ながら魅力的だと思ったんだぜ?」

姉「あ、あんたがそんなこと言わないでよ…」

姉「そんなひどいこと、言わないでよぉ…」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:12:38.51 ID:5XpOSmyOO [26/35]
男「え…なんで泣くんだよ…」

姉「……ばか」

男「泣いたり怒ったりなんなんだよ」

姉「あ、あんたのことが好きだからよっ!」

男「えっ…なに言って…えっ」

姉「好きなのよ!家族や姉弟じゃなく、男性として!」

姉「そんな気なかったのに!」

姉「優しくて、頼りになって…」

姉「だめってわかってるのに」

姉「自分でも気持ちを抑えられなくなって…」

姉「だから…今日のデートで吹っ切ろうって」

姉「そう思って来たのに…!」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:24:09.69 ID:5XpOSmyOO [27/35]
男「姉ちゃん…」

姉「あんたはいつも通り優しくて…!頼りになって…!」

姉「プレゼントが嬉しくて…」

姉「手を繋げたことも嬉しくて…」

姉「たくさん思い出を作れたから、もういいかなって」

姉「がんばって吹っ切ろうと思ったのに…」

姉「なのに!あんたは…!」

姉「彼氏作れとか…」

姉「なに言っちゃってるの!?」

姉「好きな人に…そんなこと言われたくないわよっ!」

姉「うわぁぁぁぁぁん……」

男「……」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:34:16.46 ID:5XpOSmyOO [28/35]
姉「ちょっ!?やめてよっ!離してよっ!?」

男「…やめないし、離さない」

姉「なによ!?なんなのよ!?あんたには彼女がいるでしょ!?」

姉「今日のデートだって全部ふりじゃない!」

姉「私は…私は……本気で…」

男「…ごめん」

姉「謝らないでよぉ…」

姉「うぇぇぇぇっ…」

後輩「お話は聞かせていただきました…」

男「こ、後輩さん!?」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:48:43.86 ID:5XpOSmyOO [29/35]
後輩「お二人は…ご姉弟なんですね?」

男「いや…それは…すみません」

後輩「嘘をついたこと、お姉さまを泣かせたこと、それは許せることじゃありません」

後輩「でも…お姉さまの気持ちが、本物であることはわかります」

後輩「私は、お姉さまのことが大好きだから」

後輩「身を…引きます。…でも!」

男「!?」

後輩「二度とお姉さまを泣かせないと、誓ってください」

男「ああ…わかった。二度と泣かせない、約束する」

姉「男…ぐすっ」

後輩「もし泣かせたときは…私が、お姉さまを奪いに行きますから」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 15:54:43.73 ID:5XpOSmyOO [30/35]
後輩「では、私はこれで……お姉さま?」

姉「あっ…うん」

後輩「この世の全てが敵になっても、私だけは、お姉さまの味方ですからね」

姉「ありが…と…」

男「ありがとう…ございます」

後輩「…ぐすっ…お姉さまぁ、また学校で!」

姉「うん…!」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 16:02:39.32 ID:5XpOSmyOO [31/35]
男「姉ちゃん…?」

姉「もう…落ち着いた…」

男「うん…帰ろうか」

姉「待って…」

男「ん?」

姉「これで…吹っ切るから…最後だから…」

姉「お願い…」

男「姉ちゃん…」

男「いいのか?俺たち、姉弟なんだぞ?」

男「姉ちゃんの気持ちに…応えられない…」

男「かもしれないんだぞ?」

姉「それでもいいって言ってるの!」

男「…………わかった」

姉「……んん」

男「………ん」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 16:13:07.64 ID:5XpOSmyOO [32/35]
女「男……くん?」

男「女さん!?いやこれは……」

女「ねぇ、ふりはもう終わりでしょ?」

女「いつまでごっこ遊びしてるの?」

姉「……」

女「男くん…こっち来てよ」

女「今からホテル…いこ?」

女「気持ちいいこと、いっぱいしてあげるから」

男「女さん…」

女「いつまで…いつまで抱き合ってるのよ!?」

女「男くんは私の彼氏でしょ!?なのに…」

女「なのに…!」

女「あんた!実の姉って言ったじゃない!」

女「嘘付いたの!?」

姉「う、嘘じゃない…」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 16:29:13.47 ID:5XpOSmyOO [33/35]
女「じゃあなに?実の弟が好きだって言うの!?」

姉「そ、そうよ!あなたには関係ないじゃない!」

女「なによそれ…気持ち悪い…」

姉「あっ…」

女「子供、作れないのよ?結婚もできないのよ?異常だって思わないの!?」

男「やめてくれ…」

女「ねぇ男くん…私となら赤ちゃん作れるよ?中出ししていいんだよ…?」

姉「うあ…あ…」

女「そんな気持ち悪い人ほっといて、私と行こう?ね?」

男「やめろって言ってんだろっ!!」

女「男…くん?」

男「悪いけど…帰ってくれないかな…」

女「えっ?なに言って…」

男「帰れっ!!」

姉「男……うわぁぁ…」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 18:23:58.68 ID:NNlsEkkoO [2/16]
女「そう…そうなんだ…」

女「男くんは、私よりその人を取るんだ…」

男「そういうわけじゃない…けど…」

女「なら、こっちに来てよ…」

姉「ぐすっ…行って…いいよ…ひっく」

男「姉ちゃん…」

姉「女ちゃんの言う通り、私がおかしいんだよ…」

女「ね?お姉さんもそう言ってるし…」

男「……ごめん。やっぱり放っておけない」

女「なっ…それ…本気?」

姉「もう…優…しくっぐすっ…しないで…よぉ…」

男「ああ、本気だ」

男「愛とか恋とか、家族とか他人とか、そんなことは関係なく」

男「今はこの人のそばにいてあげたい」

女「……わかったよ」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 18:34:06.22 ID:NNlsEkkoO [3/16]
女「これで、さよなら、だね」

男「あ…ああ…」

女「…さよなら、男くん」

男「………さよなら」

姉「うぅっ…うぇぇ…」

姉「私のせいでごめんねぇ、ごめんねぇぇぇっ!!」

男「俺が…選んだことだから」

男「姉ちゃんは悪くないさ」

姉「なによぉぉ…かっこつけてぇぇ…うぇぇぇ…」

男「…さ、帰ろう?風邪、引くぞ?」

姉「ぐしゅっ……うん」

男「姉ちゃん」

姉「なに…?ひっく」

男「…はい、手」

姉「ありがとぉぉうぇぇぇ…」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 18:34:58.96 ID:NNlsEkkoO [4/16]
>>269
ごめんしてない

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 18:51:05.64 ID:NNlsEkkoO [5/16]
姉「ひっく…」

男「もう泣くなよ」

男「後輩さんと約束したのに」

姉「そうだよね…ごめん」

男「ん。風呂、入ってこいよ」

姉「……うん」

男「落ち着いたら、少し話そう」

姉「うん…わかった」

男「じゃ、またあとでな」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 19:01:16.08 ID:NNlsEkkoO [6/16]
男「はぁ…」

男「どうすりゃいいんだよ…」

男「家族だぞ?姉ちゃんだぞ?」

男「好きだって言われてはいそうですか、なんてなるかよ」

男「でも傷ついた姉ちゃんはほっとけないし…」

男「そもそも姉ちゃんはどうしたいんだ?」

男「気持ちを抑えたとして」

男「お互いそうと知りつつ今まで通りでいられるのか?」

男「姉ちゃんがこのまま気持ちをぶつけてきたとして」

男「俺はどうするんだ?」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 19:11:01.65 ID:NNlsEkkoO [7/16]
男「姉ちゃんのことは好きだ」

男「でもこれは…家族としての好き…だよな?」
男「そう…なのか?」

男「ちゃんと一人の女性として見れていないのに、中途半端に付き合えない」

男「だからと言って、俺の気持ちが定まるまで待てとは言えないし…」

男「一人の女性…か…」

男「さすがに、疲れた…な…」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 19:49:13.66 ID:NNlsEkkoO [8/16]
姉「はぁ…」

姉「あんな大見得切って…どうしたらいいのよ…?」

姉「諦める?思い出は作れたし…今まで通りに?」

姉「そんなの無理…」

姉「普通になんかできないよ」

姉「きっとまた、顔が赤くなったり…する」

姉「あいつのことが気になって」

姉「あいつのすることで一喜一憂して」

姉「覚悟……決めるか」

姉「振られれば…すっきりする」

姉「あいつは私より大人だし…私さえ落ち着けば」

姉「きっと大丈夫」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 19:55:10.32 ID:NNlsEkkoO [9/16]
姉『お待たせ』

姉『…男?入る…わよ?』

男「……」

姉「寝ちゃってる…」

姉「疲れさせちゃってごめんね?」

姉「困らせてばっかりのお姉ちゃんで…ごめん」

姉「……好きだよ」

姉「寝てたら素直に言えるんだけどな…」

姉「小さい頃から、ずっと一緒だったもんね」

姉「いつの間にか私より身長も伸びて」

姉「いつの間にか頼れるようになっちゃって」

姉「いつの間にかかっこよくなっちゃって」

姉「いつの間にか…好きになっちゃったよ」

姉「……姉弟なのにね」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 20:00:27.22 ID:NNlsEkkoO [10/16]
男「……」

姉「あんたがね」

姉「誰よりも私のこと、わかってくれてる」

姉「私も、あんたのことをわかってるつもり…」

姉「だった」

姉「でもこの何日かで、私の知らないあんたをいっぱい見れたよ」

姉「ねぇ…どうしたらいい?」

姉「気持ちが…抑えられないよ…」

姉「好きで好きで、たまらないよ」

姉「あんたが望むなら…なにされてもいいと思ってるよ」

姉「うぅ…ぐすっ…」

姉「また泣いちゃった」

姉「えへ…だめなお姉ちゃんだね…」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 20:04:32.72 ID:NNlsEkkoO [11/16]
姉「……私、明日から元に戻るよ」

姉「あんたと毎日一緒にいられるんだもん」

姉「朝起きて、最初に会うのも」

姉「夜寝る前に、最後に言葉を交わすのも」

姉「今までも、これからも、きっと私だから」

姉「今は…それで満足するよ」

姉「大好き…だ…よ…」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 20:09:08.37 ID:NNlsEkkoO [12/16]
男「……」

男「…寝ちゃったな」

男「姉ちゃん、ありがとな」

男「色々考えたけど」

男「家族の姉ちゃんと」

男「家族じゃない他の女性と」

男「別に何も変わらないわ」

男「大切な人だから、そばにいたい」

男「俺にはそれで十分」

男「一緒にいよう、姉ちゃん」

男「これからも、よろしく」

姉「……うん」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/16(木) 20:10:46.26 ID:NNlsEkkoO [13/16]
これで…おわりだっ!!

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/16(木) 20:13:40.35 ID:NNlsEkkoO [14/16]
最後はageるのが俺のジャスティス!
なのにage忘れた

保守してくれた人
読んでくれた人
本当にありがとうございました

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。