FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕「吸血鬼ですから」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 01:52:26.83 ID:YNbbr1VL0 [1/87]
男「(あ、あんなところに女の子がいる。かわいい服着て何処かのアイドルみたいだな)」

僕「…」

男「(でもこんな夜更けに何してるんだろう。彼氏と待ち合わせなのかな?)」

僕「…」

男「(もしかしてすっぽかされちゃったとか。時間が時間だし、ここは俺が送っていきましょうか?なんて気の利いたことを)」

僕「…」

男「(ないな。柄じゃないし、キモがられるのがオチだ。最近物騒だし)」

僕「何か御用ですか?」

男「い、いえ!(目が合っちゃった…気まずい…)」

僕「そうですか。それにしても、こんな夜更けに出歩くのは感心しませんね」

男「…はぁ(人のこと言えないじゃないか)」

僕「昨今の事件、知らないわけではないでしょう?」

男「吸血鬼事件のことですか。被害者はみんな血液を抜かれているっていう」

僕「…もし、その犯人が僕だったらどうします?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 01:55:52.21 ID:YNbbr1VL0 [2/87]
男「あはは、面白い冗談ですね」

僕「どうしますか?」

男「…!(いつの間に後ろに!?)」

僕「ねぇ」

男「(う、動けない!声も出せない!!)」

僕「動けない、声も出せない。…こんな状況で、何されちゃうと思います?」

男「…!」

僕「ふふ、プルプル震えて小動物みたいでかわいい。何か言い残すことはありますか?」

男「…っ」

僕「ああ、声が出せませんでしたね。…ほら、出せるようになりましたよ」

男「…お、俺はこれからどうなるの」

僕「んー、バラバラか八つ裂きですね」

男「どっちも一緒じゃ…」

僕「この状況でしっかりツッコミを入れられるあなたはすごいですよ、ふふ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 01:58:22.64 ID:YNbbr1VL0
僕「あなたは変わった人間ですね」

男「…?」

僕「こんな真夜中に、こーんなかわいい僕が1人で立っているのに…」

男「…」

僕「あなたは無視して通り過ぎようとしますし。今まで会った人間の男は皆声をかけてきましたよ」

僕「下品な笑みを浮かべて」

男「…」

僕「まぁ、全員バラバラにしておいしく頂きましたがね」

僕「それはどうでもいいことです。さて、そろそろお食事の時間といきましょう」

男「お、俺は殺さないほうがいいよ…!」

僕「ほう、理由を聞こうじゃありませんか」

男「理由!?」

僕「考えてなかったのですか…」

男「え!?」

僕「さようなら…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:00:39.94 ID:YNbbr1VL0
男「そ、そのかわいいお洋服が汚れちゃうよ!」

僕「服?」

男「そう!」

僕「……」

男「だ、だから…」

僕「……」

男「…」

僕「ふふ、あなたも面白いことを言いますね」

男「…」

僕「昔、友人に同じようなことを言われたのを思い出しました」

男「(助かった…のかな…?)」

僕「ですが、僕が空腹であることは変わりありません。バラバラにするのはやめるとして…」

男「…え」

僕「いただきます」

男「!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:03:00.72 ID:YNbbr1VL0
僕「ここではなんですから、向こうの林の中でお楽しみといきましょう」

男「…(身体が勝手に動く)」

僕「さぁさ、ここに寝そべってください。ちょっと冷たいけど我慢してくださいね」

男「…っ!」

僕「よいしょっと…。ふふ、やはり男性を組み敷くのはたまりませんね」

男「…」

僕「さて、何処からいただきましょうか。やっぱり首から?それともこっちでしょうか…」

男「ど、何処触って!」

僕「でも僕はあかーいのが飲みたいのですが、こっちだとしろーいのしか出ませんね」

男「!」

僕「ふふ、からかいがいがありますね」

男「からかったの!?」

僕「おふざけはこれくらいにして、そろそろ…」

男「…!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:05:17.64 ID:YNbbr1VL0
僕「んく…んく…」

男「…っ!(す、吸われてる!)」

僕「……ぷはぁ。ふふ、思った通りあなたの血は大変美味ですね」

男「ど、どうも」

僕「ここで殺してしまうのは惜しい。どうですか、僕に協力しませんか?」

男「…」

僕「吸血鬼事件、実は僕の同胞の仕業なんですよ」

男「…」

僕「僕はそいつにちょっとした借りがありましてね」

男「…」

僕「…先ほどからやけに静かですが、どかしましたか?」

男「その…お尻を…スリスリこすりつけるのやめていただけませんか」

僕「ふふ、すみません。でも、ここはとても嬉しかったみたいですね。こんなに固くなって…」

男「あっ…」

僕「ああ、そんな顔をしないでください。我慢できなくなってしまう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:08:56.58 ID:YNbbr1VL0
僕「処理してあげましょうか?」

男「…切り落とすとかそんなオチじゃないの」

僕「正解です」

男「勘弁してください」

僕「そうですか、残念です」

男「…」

僕「それはそうと先ほどの質問の答え、聞かせてください」

男「…断ったらこのまま殺されるんだろ」

僕「はい♪」

男「協力します」

僕「…」

男「さ、させてください」

僕「仕方ありませんね、そこまで言うのなら非常食として協力させてあげます」

男「どうも…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 02:13:54.06 ID:YNbbr1VL0
僕「この町に来たのは最近なのです。道案内も兼ねて協力者が欲しいと思っていたのですよ」

男「(ほんとかよ…)」

僕「それに、僕たちは血を吸わなければ本来の力は出せませんし、その点あなたの血は大変美味」

男「…どうも」

僕「まさに僕のパートナーにぴったりというわけです」

男「でも本当に道案内ぐらいしかできないよ?」

僕「ええ、戦闘はまかせてください。僕、こう見えて強いんですよ?」

男「頼りになるなー」

僕「…本当にそう思ってます?」

男「ひぃ!思ってます思ってます!!」

僕「ふふ、まぁ改めてお願いします。僕は僕と言います」

男「お、男です…」

僕「……」

男「?」

僕「…またよろしくお願いしますね、男君」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:16:23.06 ID:YNbbr1VL0
男「(酷い目にあった…)」

男「(また明日の夜来いって言ってたなぁ。行かなかったら…はぁ…)」

姉「男?」

男「ああ、姉さんただいま。具合どう?」

姉「今は良いの。それよりこんな遅くに何処に行っていたの?」

男「そこのコンビニまで買い物に行ってたんだよ」

姉「そう。でも最近物騒なんだから夜は出歩いちゃダメよ」

男「うん、気をつけるよ」

姉「約束だからね。じゃあ、お姉ちゃんはもう寝るから」

男「分かった。おやすみなさい」

姉「おやすみ」

男「(姉さんも最近になって身体壊しちゃうし、良い事ないな…。とりあえず、風呂入って寝よ)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:20:05.27 ID:YNbbr1VL0
─────

女「おはよう、男君。なんだか眠そうだね」

男「おはよう。昨日はちょっと夜更かしして」

先輩「私も昨日はおまえのことを考えながらな、ふふ!一晩中してしまったぞ!」

男「おはようございます、先輩」

先輩「リアクションが薄いなぁ。なんで俺の教室に!?とか一晩中何してたんすか!?とか言わないのか」

男「慣れました」

女「…あはは」

先輩「そんなつれない男もかわいいぞ!好きだ!」

男「先輩は黙ってればかわいいですよね」

先輩「嗚呼!そこまで言い合える仲になったのだな!私は嬉しい!!」

男「もうチャイム鳴りますから、自分の教室に帰ってください」

先輩「うむ!ではまたお昼休みにな!」

男「結構です」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:22:26.92 ID:YNbbr1VL0
女「相変らずすごいアプローチだったね」

男「毎日あんな風だからね」

女「いつからこんなことしてるの?」

男「うーん、たしか先輩が転校してきてその初日に…」

女「そういえば転校してきたんだっけ」

男「うん。それで俺を見るなり、一目惚れしただのなんだの…」

女「それからずっと続いてるんだね」

男「うん」

女「大変だね」

男「最近は慣れてきたかも」

女「あはは…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:26:18.73 ID:YNbbr1VL0
先輩「男はおるかー?」

女「あ、先輩」

先輩「やぁ、女君。男の姿が見えないのだが、知らないだろうか?」

女「チャイムが鳴ると同時に何処かへ駆けて行きましたよ」

先輩「なんと!」

女「先輩に会いに行ったんじゃないかなと思ったんですけど。もしかしたらすれ違ったんじゃないですか?」

先輩「むう!ならばこうしてはおれん!今会いにゆきます!」

女「……男君も大変だなぁ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:29:22.56 ID:YNbbr1VL0
男「(なんとか先輩に会わずに学食までこれた)」

男「(女さんには先輩に会ったら適当に誤魔化してくれって頼んだし、食べ終わるまでは大丈夫かな)」

 『それでは続いてのニュースです。○○で発生した新型のスーパーインフルエンザですが…』

男「(吸血事件の被害者は最近出てないな。前は毎日のように新しい被害者の報道してたのに…)」

男「(どっちにしろ暗いニュースばっかりなのがなぁ)」

 「はい、カツ丼の人お待ち!」

男「あ、はい(飯食うか。ここのカツ丼うまいんだよなー。肉薄いけど)」

先輩「おいしそうだな。しかし私が食べたいのはいつだっておまえだ」

男「…ファックオフ」

先輩「ああ、私もしたいぞ!」

男「そういう意味じゃありません」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:31:56.34 ID:YNbbr1VL0
僕「こんばんは」

男「こんばんは」

僕「ちゃんと来たましたね。感心感心」

男「…」

僕「だいぶお疲れのようですね。何かあったのですか?」

男「色々と…」

僕「人間も何かと大変なのですね」

男「ええ」

僕「まぁこれから馬車馬のごとく働いてもらいますけど」

男「……」

僕「ほらほら、お馬さん。そろそろ案内を始めてください」

男「ヒヒーン」

僕「ふふ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:34:28.83 ID:YNbbr1VL0
男「…で、ここが駅」

僕「ふむ、だいたいこの町の主要な施設は分かりました」

男「何処か怪しそうな場所あった?」

僕「これと言って」

男「…やっぱり路地裏とかかな」

僕「定番ですね」

男「そういえば君は何処に住んでるの?」

僕「今はこの町のアパートを借りています」

男「アパート?」

僕「何ですか、その意外そうな顔は」

男「いや、廃工場なんかに巣食ってるんじゃないかなと」

僕「聞き捨てなりませんね。そんなとこよりもふかふかのベッドがある所のほうがいいに決まっています」

男「うーん…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:37:21.58 ID:YNbbr1VL0
男「そういえば吸血鬼だって言ってたけど、やっぱり日の光に弱いの?」

僕「ええ。身を焼かれ廃となってしまいます」

男「じゃあ日中は行動できないんだ」

僕「強制的に眠ってしまうのです。だから日中は部屋の中で寝ています」

男「へぇ」

僕「まぁ、中にはデイウォーカーと呼ばれる日中も行動できる輩もいますが」

男「今事件を起こしてるのはデイウォーカーじゃないんだね」

僕「はい」

男「ならこうやって夜中に見回りしたほうがいいんだ。…ふぁーあ」

僕「眠そうですね」

男「人間は夜行性じゃないから」

僕「眠気覚ましに僕といいコトしましょうか」

男「…!」

僕「ふふ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:40:17.02 ID:YNbbr1VL0
男「人が来るよ」

僕「こんな夜更けにこんな所に来る人なんて、吸血鬼か変態だけです」

男「…」

僕「ペロペロ」

男「おぅ!首舐めないでよ…」

僕「つい…ふふ…」

男「昨日飲んだんだし、今日はいいんじゃないかな」

僕「飲みたいなぁ」

男「(普通にしてたらすごくかわいいんだけどなぁ)」

僕「欲しいです」

男「そういえば身体動かないのですが」

僕「ふふ、逃げられませんね?」

男「…はい」

僕「じゃあ…頂きます…」

男「…あぁ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:42:26.50 ID:YNbbr1VL0
僕「ふぅ、今宵も男君の血は大変に美味でした」

男「どうも…」

僕「さてと、お腹も膨れたことですし僕はアパートに戻って寝ます」

男「…」

僕「男君もいつまでも裸で寝ていたら風邪を引いてしまいますよ」

男「…はい」

僕「それでは、また次の夜にお会いしましょう♪」

男「……」

男「(俺も早く服着て帰ろう)」

男「(朝は先輩のハイテンション、夜は吸血鬼の食料にされて…。これじゃそのうち倒れるんじゃないかな)」

男「(うう、寒い!あっつーいお風呂に入ってすぐに寝よう)」

男「は、はっくしょん!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:44:36.61 ID:YNbbr1VL0
女「…風邪?」

男「…そうかも…少し熱っぽいし…」

女「最近スーパーインフルエンザのことでニュースがもち切り出し、何だか怖いね」

男「そうだね。大事をとって早めに病院行こうかな」

女「そうしたほうがいいよ」

先輩「風邪か!そういうときは私が人肌で一晩中暖めてやろう!」

男「暑苦しいのでどっか行ってください」

先輩「熱があるときでもクールな対応な男好きだ!わ、私の中で暖めてやるのもやぶさかではないぞ…///」

男「…うぅ…くらくらしてきた…」

女「男君!」

先輩「男!私を1人にしないでくれ!!」

男「死にません…よ…」

先輩「おい!男!大丈夫か!?と、とりあえず保健室に連れていくぞ!!」

女「は、はい!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:48:14.18 ID:YNbbr1VL0
─────

先輩「男」

男「…ん」

先輩「そろそろ起きないと、学校閉まっちゃうぞ?」

男「…」

先輩「ははーん、キス待ちか!?王子様のキス待ちか!?」

男「…」

先輩「ふふん、致し方ないな!キスしないと目覚めないのであればな!舌がニュルンベルクと入るのはご愛嬌だぞ!」

男「あー起きた、ばっちし起きたなー」

先輩「では遠慮なく…むちゅー」

男「起きてます、起きてますから」

先輩「むぅ、空気よめと言わざるを得ない」

男「…随分と寝てたみたいですね、俺」

先輩「ああ、もう真っ暗だ。男女で真っ暗な学校の保健室に2人きり。愛が芽生えそうだな」

男「種すらありません」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:51:53.50 ID:YNbbr1VL0
男「先輩は」

先輩「ん?」

男「ずっと看病してくれてたんですか?」

先輩「まぁ授業が終わって放課後になってからだがな」

男「そうだったんですか」

先輩「ああ、そうだ。これを飲むといい」

男「スポーツドリンク…」

先輩「けっこう汗をかいていたからな。水分補給は大切だぞ?」

男「ありがとうございます」

先輩「お礼は1000億万円だぞ!もし払えない場合は身体で…」

男「先輩って時々真面目になりますね」

先輩「そうか?惚れ直した?」

男「いいえ」

先輩「ぶー」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:54:59.08 ID:YNbbr1VL0
先輩「まぁ何はともあれ風邪を治してからだな」

男「身体で払うのはもう決定なんですか」

先輩「ああ!しっかり払ってもらうぞ!!」

男「そうですね。看病してくれたお礼に、今度買い物でも遊びでも何でも付き合います」

先輩「ちゅ、ちゅきあう!?」

男「さぁ、学校が閉まっちゃう前に帰りましょう」

先輩「お、おい!今言ったことは嘘じゃあるまいな!?本当だろうな!!」

男「保健室の先生は職員室かなぁ」

先輩「男!男大好きだー!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 02:57:29.79 ID:YNbbr1VL0
僕「おや、今夜はなんだか具合が悪そうですね」

男「…お陰様で」

僕「それにしても男君も隅に置けないな、あんな綺麗な女性とお付き合いしているなんて」

男「何のこと?」

僕「僕見ちゃったんですよ?先ほど2人で仲良く帰っている所」

男「ああ、先輩のことか。別に付き合ってるわけじゃないよ」

僕「そうなんですか?」

男「うん」

僕「……」

男「どうしたの?」

僕「それはそれで問題ですね。もうすぐクリスマスじゃないですか」

男「そう…ですね…」

僕「クリスマスは特定の異性といちゃいちゃうふふする日だと聞いています」

男「……」

僕「もう12月中旬だというのに、お付き合いしている異性がいないとは…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:00:18.40 ID:YNbbr1VL0
男「今年も1人です」

僕「ふふ、なんなら僕が一緒に過ごしてあげてもいいですよ?」

男「ブラッディクリスマスになりそうなので」

僕「そうですか。では楽しみにしていますね」

男「え!?」

僕「さぁ、今夜の見回りに出かけましょう。今日は人通りの少ない所を中心に行きます」

男「ちょっと…え…もう決定事項なの…クリスマス…」

僕「クリスマスプレゼントに2リットルほど赤いのがほしーです」

男「さ、サンタさんに頼んでよ。俺に言われても…、困る」

僕「ふふ、そうですね。ならサンタさんに男君の血をくださいってお願いしておきます」

男「そ、そもそも2リットルも出ないんじゃないかな」

僕「搾ればなんとかなるものですよ」

男「(∵)」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:02:36.82 ID:YNbbr1VL0
男「(はぁ…やっとうちに帰ってこれた…)」

男「(相変らず人使いが荒いよなぁ。いっつもこんな時間まで手伝わせるし…)」

男「(そういえば姉さん、ちゃんとご飯食べてくれたかな)」

男「(作っておいたやつがまるまる残ってる。まだ具合悪いのかな)」

男「(最近姉さんと全然話してないし、明日は夜の見回りをお休みさせてもらって姉さんの看病をしよう)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:05:28.05 ID:YNbbr1VL0
─────

女「男君おはよう。体調良くなったみたいだね」

男「うん、一晩寝たらすっかりね」

先輩「私の献身的な看病のお陰なのだとはっきり言え!この照れ屋さんめ!!」

女「あ、先輩おはようございます」

男「いい加減俺のクラスまで出張るのはどうかと思います」

先輩「今日もキレのいいクールっぷりだな!その分だと本当によくなったのだな」

男「ええ、昨日はありがとうございました」

先輩「ああ、気にするな。後日、ちゃーんと私とちゅきあって貰うのだからな!!」

女「男君と先輩付き合うの!?」

男「違うよ。看病してくれたお礼に遊びに付き合うってこと」

女「そ、そっか。…良かった」

男「え?」

女「な、何でもないよ!もう何処行くかは決まったの?」

先輩「それは私がちゃんとプランを考えておいたぞ!まずは結婚式場の下見だな!それから…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:07:49.50 ID:YNbbr1VL0
男「そうだ、良かったら女さんも一緒に遊ばない?」

女「わ、私が!?でもお邪魔になっちゃうんじゃ…」

先輩「ん?女君も一緒にか!私は大歓迎だぞ!」

男「やけに物分りがいいですね」

先輩「男との2人きりラブラブデートはまた別の日に行けばいいしな!」

男「え!?」

女「あはは」

先輩「今度の休日は三人で遊ぼうではないか!」

男「…まぁ別に行くのはないとして、それはいいですね」

女「2人がいいなら遊びたいです…」

先輩「はは!遠慮することはないぞ!それでは決定だな!!」

男「三人で遊ぶのは初めてだから楽しみだね」

女「うん!私ね、最近出来たショッピングモールに行きたいな」

男「いいね、俺も行きたいと思ってたんだよ」

先輩「はは!私そっちの気で盛り上がるのはやめないか!いい加減…なんだ…哀しくなる…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:09:57.96 ID:YNbbr1VL0
女「ふぅ、久しぶりにいっぱいおしゃべりしたね」

男「先輩が放課後は駅前のマックに集合って言うから何かと思いましたよ」

先輩「休日に何処へ行くか軽く打ち合わせしたかったのだ。しかし、もう真っ暗だな」

女「まだ6時なんですけどね。最近は物騒だからこの時間になってくると人通りもめっきり減っちゃいますし」

男「…物騒な吸血鬼が出る前に早くうちに帰ろう」

僕「それは誰のことですか?」

男「ひぃ!!」

女「(うわぁ、すごくかわいい子だな。男君の妹さん?…なわけないか)」

先輩「む、男。知り合いか?」

男「え…えっと…あの…その…」

僕「申し送れました。僕は男君の彼女で僕と言います」

男「…!」

女「か、かの…」

先輩「…じょ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:12:06.51 ID:YNbbr1VL0
男「おま、何言ってんだ!」

僕「ふふ、昨日の夜も2人でお楽しみだったのですよ。きゃ!言っちゃいました♪」

女「お楽しみ…」

先輩「な、な!私というものがありながら!!」

僕「今夜も寝かせないぜ?なんて毎晩のように言うもんだから体調崩しちゃったんですよねー」

男「ち、違うよ!全部嘘だよ!?」

女「毎晩…」

先輩「わ、私も言われたことないのに!!うぅ、私とは遊びだったのか!?」

男「はい」

先輩「…」

僕「さぁ行きましょうか。今夜も楽しませてくださいね?」

先輩「…」

女「ギシギシ…アンアン…」

男「ご、誤解だからね!女さん!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:15:40.29 ID:YNbbr1VL0
男「いい加減手を離してくれないか」

僕「怒っちゃいました?」

男「当たり前だろ!なんであんなこと言ったんだよ」

僕「べっつにー。鼻の下を伸ばしてる男君を見たらちょっとイラっとしただけです」

男「はぁ…なんて言い訳すればいいんだ…」

僕「知り合いの子供がイタズラで言ったとでも言えばいいんじゃないですか?」

男「そうするしかないかなぁ…」

僕「ふん」

男「じゃあ俺は帰るよ」

僕「夜の見回りは?」

男「ああ、今日はお休みにしてほしいんだ。姉さんの体調が悪いから看病してあげたい」

僕「……」

男「頼むよ」

僕「分かりました。それじゃあ」

男「(何か機嫌悪そうだったな)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:18:35.72 ID:YNbbr1VL0
男「ただいまー」

男「(姉さんは部屋にいるのかな)」

男「(今日は消化にいいもの作って、つきっきりで看病しよう)」

男「(そうとなればまず準備しなきゃな。ご飯の材料は買ったし、冷えピタは…)」

男「(げ…ない…。コンビニ近いし急いで買ってこよう)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:20:44.90 ID:YNbbr1VL0
男「ねーさーん?具合どう?」

姉「…前よりは随分と良くなったわ」

男「部屋に入っていい?」

姉「いいわよ」

男「お邪魔します……っ!」

姉「どうかしたの?」

男「…ううん、なんでもないよ」

姉「あら、おかゆ作ってくれたの」

男「うん。姉さん卵がゆ好きだったよね」

姉「ええ」

男「食べたくないかもしれないけれど、弱ってるときは食べたほうがいいよ」

姉「そうね、せっかく作ってくれたんだし、頂くわ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:22:58.73 ID:YNbbr1VL0
男「…口をあんぐり開けて何してるの、姉さん」

姉「もう、相変らず鈍いわね。食べさせて欲しいの」

男「自分で食べられるでしょ」

姉「いいじゃない、お姉ちゃん病気なんだから。それに最近ほったらかしにされて寂しかったな」

男「わ、分かったよ。はい、あーん」

姉「フーフーってして」

男「…」

姉「熱くて食べれないもん」

男「フー…フー…はい」

姉「あーん…ん…おいしい…」

男「良かった」

姉「あーん」

男「はいはい…フーフー…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:25:19.13 ID:YNbbr1VL0
姉「ありがとう、とってもおいしかったわ」

男「お粗末様でした」

姉「こういう目にあえるならたまに病気になるのも悪くないわね」

男「俺は健康でいれくれたほうが嬉しいんだけど」

姉「ふふふ」

男「じゃあ食器片付けてくるから」

姉「ええ。ああ、男」

男「何?」

姉「こっちにいらっしゃい」

男「どうしたの?」

姉「…ちゅっ」

男「っ!」

姉「ふふふ、おかゆのお礼」

男「じゃ、じゃあもう行くよ」

姉「ええ、おやすみなさい」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:28:10.51 ID:YNbbr1VL0
─────

男「(あいつのせいで学校に行くのが億劫だな…はぁ…)」

男「(先輩はなんとかなるとして、女さんはちゃんと分かってくれるかな)」

男「(いまのうちに言い訳の段取りを考えておこう)」

女「あ…」

男「あ…」

女「お、おはよう男君。今日は早いんだね」

男「なんだが早く目が覚めちゃってね。女さんはいつもこの時間帯に登校してるんだ」

女「…朝帰り」

男「え?」

女「何でもないよ。それにしても男君に彼女がいたなんて知らなかったよ」

男「あ、あれは知り合いの子供で、言ったことは全部嘘なんだ」

女「そうなの…?」

男「うん。イタズラ好きの子でさ。あはは、まいっちゃうよね」

女「ギシギシ…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:31:47.46 ID:YNbbr1VL0
男「何か言った?」

女「何でもないよ。本当に彼女じゃないの?」

男「本当だってば。付き合うんだったら女さんみたいなしっかりした子がいいよ」

女「も、もう!そういう冗談は良くないよ!」

男「あはは、ごめんね」

女「…そういう冗談はダメなんだよ」

男「あ、うん、気をつけます」

先輩「おーとーこー!」

男「うわ!」

先輩「ズビッ!ヒッグ!わ、わだじじゃだめなのがぁ」

男「鼻水垂れてますよ!鼻かんで!ほら」

先輩「ん…チーン!」

男「はい、もう一回」

先輩「チーン!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:31:10.38 ID:lTLvk54fO
僕っ娘なのかゲイなのか
それが問題だ


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 03:35:00.71 ID:YNbbr1VL0
>>41
僕っ娘です
ゲイじゃなくてすみません

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:38:08.71 ID:YNbbr1VL0
男「…と、言う訳で昨日あいつが言ったことは全部でたらめです」

先輩「ふん、私はそんなことだろうと思っていたぞ!」

女「あはは、まだ鼻出てますよ」

先輩「む、失敬。チーン!」

男「だから彼女はいません」

先輩「照れなくてもいいぞ!はっきり私と付き合ってますとここで公言しても私は一向にかまわん」

女「僕ちゃんとはよく遊ぶの?」

男「うん。ああっと、あいつあんまり友達いないみたいだからさ」

女「そうなんだ。それじゃあ」

先輩「今度我々と一緒に遊ぼうではないか!」

男「あいつと?」

女「私もそれがいいと思うな。きっとかまって欲しくてそんなことしちゃったんじゃないかな」

男「うーん」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:40:57.95 ID:YNbbr1VL0
先輩「迷うより、まず行動だ!意外とうまくいくかもしれんぞ」

女「そうだよ、みんなで遊べばすっごく楽しいと思うな」

男「そうだね。根は悪いやつじゃないし、思い切って誘ってみるよ」

先輩「うむ!休日が待ち遠しいな」

女「こうして皆で遊ぶの初めてだから楽しみです」

先輩「私もだ。女君は何処か行きたい所あるか?」

女「そうですね、私は……」




男「……あいつ来てくれるかな」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:43:12.76 ID:YNbbr1VL0
僕「嫌です」

男「どうしても?」

僕「だいたい、なんで僕が参加しなくてはならないんですか」

男「集まってわいわい遊ぶのも面白いよ。あまりそういう経験ないんじゃない?」

僕「それはそうですが」

男「人間がどんなことして遊んでるか知るいい機会だよ」

僕「…」

男「たしかカラオケに行くって言ってたな」

僕「からおけ?」

男「すごく簡単に言うと、みんなで歌って騒ぐんだよ」

僕「へぇ」

男「興味出てきた?」

僕「べ、別に」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 03:45:30.35 ID:YNbbr1VL0
シミレーションではいつも100点ですすみません

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:48:18.43 ID:YNbbr1VL0
男「もしかして音痴だとか?」

僕「今日はやけに挑発的ですね」

男「なら仕方ないね」

僕「勝手に決め付けないでいただきたい。僕はこう見えて歌もうまいのです」

男「ほんとに?」

僕「ええ、それはもうアイドル級だと近所のおばあちゃんが」

男「(何処の近所?)」

僕「不本意ではありますが、参加してあげますよ。舐められるのは飼い主としてのプライドが許しません」

男「…俺はペットだったのですか」

僕「ええ、そうです」

男「…」

僕「僕のことを音痴と罵るようでは躾が足りなかったようです」

男「あれ、身体が動かない」

僕「魔眼というやつです。これまでも何度かかけましたけど。さて、再調教を始めますよ」

男「勘弁してくださひぃ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:50:57.58 ID:YNbbr1VL0
男「お尻がヒリヒリする」

僕「ふふ、なかなかかわいい声で鳴くのですね」

男「棒立ちにして男の尻を鞭で叩くなんてひどいよ、叩きすぎだよ」

僕「あなたが悪い。あんな声で鳴かれては僕もついついその気になってしまう」

男「そうですか」

僕「ふふ」

男「(今日は機嫌がいいみたいだな)」

僕「何をしているのです?夜の見回りにいきますよ」

男「うん(姉さんの体調も良くなったみたいだし、今日はこっちに付き合ってもいいかな)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:53:07.05 ID:YNbbr1VL0
DQN1「でよ、そいつまじファビョってんの」

DQN2「ぎゃはははは!何それマジうける」

男「(ここら辺は相変らず怖そうな人が多いなぁ。…男として虚勢でもいいからガンと構えないと!)」

男「(でもこえー!!!)」

DQN3「…おい」

DQN1「あ?あぁ…」

DQN2「おい、にーちゃんかわいーな彼女連れてんな。ちょっと貸しくんね?」

男「え、あの」

DQN1「毎晩ヤッてんだろ?俺らにもさ、いい思いさせてくれよ、なぁ?」

DQN3「でもこの女胸なくね?つか中学生じゃねーの?おまえマジロリコンだな」

DQN2「まぁ締まりはいいんじゃね?俺のマジでけーから全部はいんねーかも」

DQN1「はぁ?おまえポーグビッツだろ」

DQN3「ちげーねーわ。ぎゃはははは!」

男「あ、じゃあ俺たちはこの辺で…」

DQN2「誰が帰っていいつった…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:55:27.73 ID:YNbbr1VL0
DQN1「あんま調子乗んなよテメー。女置いて帰れって言ってんだよ」

DQN3「さっさと帰れや。痛めみてーの?別にストレス発散できっからいいけど」

男「か、彼女じゃない…」

DQN2「ああ?じゃあいいだろが。どっかいけよ、これからお楽しみすっから」

男「でも、置いては、かか、帰らない」

僕「……」

DQN1「ああ!?もういいや、こいつボコってからヤろうぜ」

DQN2「さんせー」

男「お、俺が気を引いてるから、にににににげ、逃げて」

僕「……」

DQN3「メガトンパーンチ!」

男「ぐっ!!」

DQN1「ぎゃははは!おまえマジネーミングセンスねーよ!!」

男「逃げ…て…」

僕「……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:57:37.27 ID:YNbbr1VL0
DQN3「おい、この男もう伸びちまったぞ。殴りたりねーよ」

DQN1「俺は早くヤりてーわ」

DQN2「俺も俺も!んなやつほっといてさっさとヤろうぜ」

僕「……」

DQN3「この女、びびって声もでねーみたいだぜ」

DQN1「てめーが怖がらせるからだろが。おにーさんたちマジで紳士だからさ、怖がらなくていーよ」

DQN2「まーヤることはしっかりヤるけど。ぎゃははは!!」

僕「…お望み通り、お楽しみといこう」

DQN2「あ?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 03:59:46.58 ID:YNbbr1VL0
男「…ん」

僕「気がついたかい」

男「俺は」

僕「まったく、君は最高にかっこ悪かったよ」

男「あいつらは!?」

僕「そこで伸びてるよ」

男「…そういえば強かったんだっけ」

僕「吸血鬼ですから」

男「忘れてた」

僕「ふふ、忘れるぐらい怖かったのかい?」

男「ち、違う!ちょっとド忘れしただけだよ」

僕「じゃあそういうことにしておいてあげよう。男の顔を立てるのも女の仕事らしいからね」

男「ぐ…」

僕「ふふ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:01:55.92 ID:YNbbr1VL0
男「こいつら、死んでないよな」

僕「安心してくれ、殺してはいない」

男「そっか」

僕「全治二ヶ月ってところかな」

男「重症じゃないか」

僕「命に別状はないさ。僕のかわいいかわいいペットをいたぶったツケとしては安いものだよ」

男「やり過ぎな気もするけど、とにかく助かったよ」

僕「…」

男「ありがとう」

僕「どういたしまして」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 04:04:11.34 ID:YNbbr1VL0
たまにすごいスピードでSS投下していく人いるけどあれどうなってん
俺が書き込むと120秒近く規制入るのに不思議(∵)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:07:33.94 ID:YNbbr1VL0
僕「久しぶりに運動したらなんだかお腹がすいてしまったよ」

男「…」

僕「ふふ、皆まで言わずとも自ら服を脱ぎ出すなんて、躾がしっかりと行き届いたみたいだね」

男「どうも」

僕「……抱っこ」

男「え?」

僕「た、たまには趣旨を変えてみようかと思ってね」

男「まぁいいけど。よっこらしょっと」

僕「軽いだろう?」

男「ああ、子供みたいだ」

僕「男君は温かいのだね」

男「普通だよ」

僕「……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:09:42.57 ID:YNbbr1VL0
僕「いただきます」

男「…」

僕「ペロ…ペロ…」

男「お、おい。首筋舐めてないで早くしてくれ」

僕「辛抱たまらずおねだりかい?ふふ、そう焦らないで」

男「…ん」

僕「ペロ…」

男「うぅ、早く…」

僕「あぁ、そんな顔でそんな声でおねだりなんて卑怯だよ。我慢できないよ」

男「…つっ!」

僕「ゴク…ゴク…」

男「…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:12:50.17 ID:YNbbr1VL0
僕「ふぅ、ご馳走様」

男「なんだか首に違和感が残ってる」

僕「少し強く噛みすぎてしまったね。でも気持ちよかったろう?」

男「く、くすぐったかっただけだよ。それにおまえもぎゅうっと抱きついてきたじゃないか」

僕「そうだったかい?」

男「うん」

僕「そっか…ふふ…」

男「どうしたの?」

僕「何でもないさ。さぁ、そろそろ帰ろうか」

男「そうだね」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:16:28.72 ID:YNbbr1VL0
男「…」

姉「おかえりなさい」

男「あ、姉さん。もう起きていいの?」

姉「ええ。それよりも、こんな遅くまで何処に行っていたの?」

男「と、友達と遊んでたんだよ」

姉「…女の子?」

男「え?あ、うん」

姉「こんな遅くまで付き合わせてはだめよ」

男「気をつけるよ」

姉「向こうの親御さんも心配するし、私だって心配していたんだから」

男「心配かけてごめんね、姉さん」

姉「お風呂入れておいたから、入って寝ちゃいなさい」

男「うん、ありがとう姉さん」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:19:32.92 ID:YNbbr1VL0
─────

男「(最近夜更かしばかりだからついつい居眠りしちゃうなぁ)」

女「男君、また居眠りしてたね」

男「あはは、なんだか寝足りなくて」

女「でも、この時期はお布団から出たくないよね。私なんか起きるたびにそう思うよ」

男「そうなんだ」

女「あー、お布団から出たくないー、でも起きて学校行かなきゃーって」

男「あはは、なんだか意外だな」

女「そう?」

男「うん。なんかかわいいかも」

女「か、かわいいかな?」

男「想像すると面白い」

女「馬鹿にしてるでしょ?」

男「してないよー」

女「ふーん」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:23:35.09 ID:YNbbr1VL0
女「と、ところで男君…」

男「何?」

女「今日の放課後暇かな?」

男「うん、特に予定ないし暇だよ」

女「じゃあさ、今度のお休みの予定2人で考えようよ」

男「今日?なら先輩も一緒に…」

女「先輩は今日の放課後は委員会のお仕事があるんだって」

男「そっか」

女「だからどうかな?」

男「先輩も色々と忙しいみたいだし、2人で考えておくのもいいかもしれないね」

女「そうだよ!後で先輩に話し合ったこと報告して、何か問題があれば変えればいいし」

男「うん、そうしよう。じゃあ駅前のマックでいいかな」

女「うん!約束だからね!忘れちゃだめだよ?」

男「あはは、大丈夫だよ」

女「じゃ、放課後マックで!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:26:15.19 ID:YNbbr1VL0
男「それじゃあ最初はショッピングモールでブラブラして、それからカラオケって流れでいいかな」

女「うん、いいと思う」

男「晩御飯はどうしよっか?」

女「せっかくだからみんなで食べようよ!最近出来たハンバーグ専門店あるじゃない?あそこ行きたいな」

男「ああ、ハンバーグ大魔人だっけ?おいしいって評判だね」

女「そうなの!友達に行った人がいるんだけど、こーんなおっきなハンバーグが出てくるんだって!」

男「すごいな、さすがハンバーグ大魔人」

女「先輩もたしかハンバーグ好きだったし、喜んでくれると思うよ」

男「そっか(そういえばあいつハンバーグとか食えるんだろうか)」

女「僕ちゃんはハンバーグ好きなのかなぁ」

男「どうなんだろうなぁ…。聞いてみるよ」

女「うん、お願いね」

男「もう暗くなってきたし、そろそろ帰ろうか」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:29:15.55 ID:YNbbr1VL0
女「えー、まだ夕方だよー」

男「そうだけど、あっという間に真っ暗になっちゃうしね」

女「うーん」

男「女さんにもしものことがあったら大変だし、もう帰ろう。ね?」

女「…分かったよ」

男「うん。そうだ、送っていこうか?」

女「え!?だ、大丈夫だよ!まだ太陽も沈んでないし…」

男「そう?」

女「その気持ちだけで十分だから。ありがとね」

男「じゃあ気をつけてね」

女「うん!私ね、みんなで遊ぶのすっごく楽しみしてるんだ!」

男「俺もなんだかんで楽しみだよ」

女「…バイバイ、男君」

男「うん、また明日ね」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:31:41.95 ID:YNbbr1VL0
男「こんばんは」

僕「今日は早いね」

男「そう?」

僕「いつもこれぐらいだと助かるんだけどね」

男「善処します」

僕「ほんとに改善する気あるのかい?」

男「ひぃ!」

僕「ふふ」

男「ところでハンバーグって知ってる?」

僕「君は僕を馬鹿にしているのかい…」

男「いや、もしかしたら人間の食事は口にしないのかと思ったので」

僕「言ってなかったけど、僕たちは人間の食事だけでも十分に生活できるんだよ」

男「そうなの?」

僕「本来の力は完全に出せないけど、日常生活に支障は出ないね」

男「へぇ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:34:07.84 ID:YNbbr1VL0
僕「そういえば僕の友人がハンバーグが大好きだったよ」

男「そうなんだ」

僕「いつもハンバーグばかり食べていてね、やらこれがうまいだのやれファミレスのハンバーグは絶品だの…」

男「…」

僕「気がついたら僕もハンバーグ好きになっていたよ」

男「仲がいいんだな」

僕「長い付き合いだからね…」

男「…」

僕「そうだ、今日の見回りは中止するよ」

男「どうして?」

僕「少し、気になることがあってね」

男「…俺じゃ力になれないこと?」

僕「ふふ、気持ちだけ受け取っておこう」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:37:05.57 ID:YNbbr1VL0
男「気をつけてね」

僕「僕はこう見えて強いんだよ?」

男「そうだったね。えっと、じゃあファイト?」

僕「一発?」

男「あはは」

僕「ふふ」

男「じゃあ」

僕「また明日の晩に」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:39:14.74 ID:YNbbr1VL0
男「ただいまー」

男「…」

男「(姉さん、また寝込んでるのかな。昨日は調子良さそうだったんだけど…)」

男「(起こしたらまずいからそっとしておこう)」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:42:38.57 ID:YNbbr1VL0
─────

姉「お早う、男」

男「ん…姉さん…?」

姉「そうよ、男の大好きなお姉ちゃんですよ」

男「何で俺の部屋に」

姉「男がなかなか起きないから起こしに来たに決まってるじゃない」

男「そうなんだ、ありがとね」

姉「お早うのちゅうは?」

男「いつもしないでしょ」

姉「ふふふ」

男「もうすっかり良くなったんだね」

姉「ええ、お陰様でね。今日は特に調子が良いの。そうだ、朝食作ったから一緒に食べましょうよ」

男「そうなんだ、ありがとね。姉さんが作ったご飯久しぶりだから楽しみだよ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:45:22.67 ID:YNbbr1VL0
男「うん、やっぱり姉さんのご飯はおいしい」

姉「ふふふ、ありがとう」

 『スーパーインフルエンザの感染拡大に伴い、WHOは警戒レベルをフェーズ3からフェーズ4に引き上げ…』

男「最近ニュースでインフルエンザのことばっかりだから、もしかしたら姉さんは…」

姉「インフルエンザにかかったのかと思った?」

男「うん。これだけ騒いでるとやっぱり心配になっちゃうよ」

姉「そうね、怖いものね」

男「でも違ったみたいだね。本当に良かった」

姉「ふふふ」

 『次のニュースです。○○町で相次いで発生してる吸血鬼事件ですが、新たな被害者が発見されました』

男「(また…)」

 『被害者の名前は…プツン』

男「あ!何でテレビ消しちゃうのさ」

姉「時計」

男「時計?…あぁ!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:47:57.31 ID:YNbbr1VL0
男「遅刻しちゃう!」

姉「のんびりご飯食べてるからよ」

男「久しぶりの姉さんのご飯を味わいたかったんだよ!」

姉「あら、私のせい?」

男「そうじゃないけど…あー!とにかく行って来ます!!」

姉「はい、行ってらっしゃい」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:50:31.69 ID:YNbbr1VL0
男「あ、先輩じゃないですか。お早うございます」

先輩「お早う、男。君が遅刻とは珍しいな」

男「先輩こそ」

先輩「昨日はちょっと夜更かしをしてな、それでつい」

男「俺も似たような感じです」

先輩「はは、そうか。…ときに男、君はサーカスが好きだったか?」

男「ええ、そうですがそれがどうかしたんですか?」

先輩「ふふ!実はな、最近巷で公演している…あれだ…なんとか…なんとか…」

男「あぁ…、えーと、シルクド…シルクドなんとかですよね」

先輩「そう!そのシルクドなんとかな!そのチケットが手に入りそうなのだ」

男「本当ですか!?一度見てみたいと思っていたんですよ!!」

先輩「はは、君は本当にサーカスが好きなのだな」

男「でもチケットはすぐ完売してなかなか手に入らないって噂なのにどうして」

先輩「関係者にな、知り合いがいるんだ。そのコネで4人分手に入りそうなんだ」

男「す、すごいです先輩!見直しました!!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:52:57.20 ID:YNbbr1VL0
先輩「惚れ直したなんて…そんなこと言われるとなんだ…濡れる…」

男「じゃあ今度の休日はみんなでサーカスですね!早く女さんにも知らせてあげなくちゃ!」

先輩「このまま2人で学校サボってあれしちゃうのもやぶさかではないぞ」

先輩「……あれ?」

先輩「お、男!待ってくれ!私を置いて学校に行くなんてひどいぞ!!」

先輩「大好きだー!!」

先輩「だからちょっと待って!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:55:08.49 ID:YNbbr1VL0
男「(ふぅ、なんとか先生が来る前に教室に入れた。早速女さんにサーカスのこと教えてあげよう!)」

男「(…あれ、女さんまだ来てないのか。真面目な女さんが遅刻なわけないし、風邪とか?)」

男「(昨日は元気そうだったのになぁ。それになんだか教室が騒がしいような…あ、先生が来た)」

先生「お早う。来て早々だが皆に残念な知らせがある。中には今朝のニュースで知っている者もいるだろう」

男「(……今朝のニュース?)」


  『○○町で相次いで発生してる吸血鬼事件ですが…』

             『新たな』

            『被害者が』

           『発見されました』


先生「今日は女が休んでいるが病欠などではない。女は………」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:59:48.33 ID:YNbbr1VL0
男「また、犠牲者が出たんだ」

僕「……」

男「しかも俺のクラスメイトでさ」

僕「……」

男「君もあったことある人だよ。ほら、先輩と一緒にいた…」

僕「女さん」

男「休日にみんなで遊ぶんだって、女さんすごい楽しみにしてた」

僕「残念だったね」

男「…何でこんなことになったんだ。なんでこんなこと」

僕「実は僕も男君に話していないことがあってね」

男「…」

僕「当初、僕が聞いていた吸血鬼はとても弱いやつだったんだ。でも今いるのは違うみたい」

男「…」

僕「同属ならばある程度気配で分かるんだよ。今感じる吸血鬼の気配は聞いていたやつより遥かに強い」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:02:43.07 ID:YNbbr1VL0
男「血をいっぱい吸って強くなったってこと?」

僕「多少力があがるだろうけど、ここまで劇的に強くなることは考えられない」

男「じゃあ今いるやつは」

僕「僕が狙っていたやつが、また新たに来たやつにやられたのか、もしくは…」

男「吸血された人間は必ずしも吸血鬼になるってわけじゃないんだろ?」

僕「吸血鬼になるには吸血した者の血を吸血した相手に送り込んで初めて吸血鬼化するんだけど」

男「けど?」

僕「大抵は身体の変化に耐え切れず死んでしまうよ。想像を絶する痛みだからね……」

男「……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:04:54.02 ID:YNbbr1VL0
男「ところで今いる奴の気配を感じ始めたのっていつなの?」

僕「昨日からかな。断続的に弱い気配を感じていたんだけど、昨日あたりになって急に強くなったみたいなんだ」

男「君が追ってるやつの気配を感じなくなったのは?」

僕「たしか、4~5日前から」

男「……」

僕「それがどうかしたのかい?」

男「……」

僕「もしかして、心当たりの人物がいるのかい?」

男「うん」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:08:10.16 ID:YNbbr1VL0
男「ここにいたんだ」

?「…」

男「路地裏はいっつもジメジメしてるから、あんまり好きじゃないな」

?「そう」

男「ひどい臭いだね。あのときもこんな臭いがしたんだ」

?「臭い、か。それで気付いた?」

男「うん」

?「そっか」

男「吸血鬼になれたってことは素質があったのかな」

?「そうね」

男「俺もなれるのかな」

?「ふふふ、たぶんね」

男「吸血鬼ってどんな感じ?」

?「悪くないわ」

男「どうして女さんを殺したの、姉さん」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:10:20.38 ID:YNbbr1VL0
姉「両親が死んで、家族はあなただけになってしまった。姉だから私がしっかりしないとって頑張ってたらね…」

姉「いつしかあなたが家族以上の存在になってたの。私の心の支えに、拠り所に」

男「…姉さん」

姉「最初は家族だから、姉だからと我慢してこれたの。あの日まではね」

男「姉さんが吸血鬼に襲われた日のこと?」

姉「ええ、あの夜に私は襲われた。怖かった、すごく怖かった。何度も男の名前を呼んだ」

男「……」

姉「でも助けに来てはくれなかった…」

姉「まぁ、結局吸血鬼になって蘇生するわけだけど。相手もまさか本当になるとは思わなかったみたい」

男「そいつを殺したのも姉さんだよね」

姉「ええ、なんだか弱ってたみたいだし、不意をついたらあっさりね」

男「…」

姉「でもそれからが大変だったわ。あちこち痛いし、血も出るし」

男「まだ完全に吸血鬼化してなかったんだ」

姉「そうみたい」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:12:29.65 ID:YNbbr1VL0
男「…」

姉「本当に大変だった……。あら、何の話だったかしら」

男「…」

姉「ああ、なんであいつを殺したかって話だったわね。ほら、あいつ男に色目つかってたでしょう?」

男「…」

姉「以前から気に食わなかったんだけどね。完全に吸血鬼になったあの夜、見ちゃったの」

男「俺と一緒に歩いてる女さんを?」

姉「ええ、それを見たらね、殺したくなっちゃった」

男「そんなことで殺したの」

姉「だって大好きな男にちょっかいを出すんだもの」

男「…」

姉「そういえばもう1人いけすかないのがいたわね。ほら、あなたの学校の先輩。いっつも男にひっついてた」

男「まさか先輩も?」

姉「まだ、ね。でも私がこんなに我慢しているのにずるいと思わない?あんなにベタベタベタベタベタして」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:15:16.56 ID:YNbbr1VL0
姉「だから今夜あたりぶち殺してやろうかなって。ふふふ」

男「させないよ」

姉「止められるの?私、けっこう強いんだから」

僕「僕も腕には自信があるんだよ」

姉「……誰こいつ」

男「…」

姉「夜遅くまで出歩いていたみたいだけど、こいつが原因?ふーん」

僕「…っ!」

姉「じゃあこいつも処分しなきゃね」

僕「(速い!)」

姉「あら、あなたなかなかやるわね。私をこんな目にあわせたやつはこれで死んだんだけど」

僕「お褒めに預かり光栄だね。でも僕のほうが先輩なのだからもっと敬って欲しいものだ」

姉「そうね、あなたが私より強かったら」

僕「くっ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:17:26.53 ID:YNbbr1VL0
男「大丈夫!?」

僕「参ったね、男君のお姉さん、やっぱり僕より強いんじゃないかな」

男「…」

僕「…そんな顔をしないでくれ。なんとか止めてみせるから」

男「でも」

僕「おっと!」

姉「今のも防いじゃうんだ。じゃあもうちょっと速く動くわね?」

僕「なっ!?」

男「姉さんやめて!」

姉「大人しく待っていてね、いい子だから。ふふふ」

僕「ちぃ!!」

姉「もうついてこれないの?うーん、やっぱりあなた弱いわね」

僕「はぁ…はぁ…」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:19:47.03 ID:YNbbr1VL0
姉「そろそろ終わりにしましょう」

僕「ぐがっ!!」

男「あ…!」

姉「ふふふ、お腹におっきな風穴が開いちゃったわね」

僕「ごふっ!」

姉「んー、でも見通しはよくないみたい」

男「そんな、そんな…」

姉「お姉ちゃんこれからもう一仕事してくるから、大人しくしているのよ?」

男「やめて…もうやめてよ姉さん…」

姉「あらあら、急に抱きついてくるなんて甘えん坊さんね」

男「何でも言うこときくから、だからもうやめて」

姉「素敵な申し出ね。でもどうしようかなぁ?」

男「姉さん、お願い」

姉「じゃあ…、男の血を吸ってみたいなぁ」

男「うん、うん。吸っていいよ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:22:27.61 ID:YNbbr1VL0
姉「なら遠慮なく……」

男「つっ!」

姉「ん……」

男「…っ!!」

姉「はぁ、おいし……あら?」

僕「はぁ…はぁ…」

姉「あなたまだ生きてたの?今取り込み中なのだけれど」

僕「ふふ、それは失礼」

姉「ところで、あなたが持ってるそれなぁに?」

僕「あなたの心臓、だよ」

姉「………あ?」

男「姉さん!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:25:48.13 ID:YNbbr1VL0
─────

僕「それはできない」

男「でも方法はこれしかないんじゃないかな。姉さんは君より強いんだろ?」

僕「気配からするとおそらくね」

男「正面から行っても勝てないならこうするしかないんだよ」

僕「しかし」

男「君は一旦姉さんにやられたフリをする。その後、俺が姉さんを引き止めるから」

僕「…」

男「血を吸ってる間は無防備になると思う。君がそうだったし」

僕「そうだね」

男「だから姉さんが俺の血を吸っている隙に、俺ごと姉さんを殺して欲しい」

僕「…」

男「つらい役目をさせて申し訳ないと思う。けど…」

僕「…」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:16:48.32 ID:YNbbr1VL0
男「これは俺の責任なんだと思う」

僕「そんなことはない、男君は何も悪くはないよ」

男「一番近くにいたのに、姉さんを止めることはできなかった」

僕「…」

男「ほんとはさ、何となく気付いていたんだ。気付きたくなかっただけで」

僕「男君…」

男「だから罪滅ぼしってことになるのかな」

僕「…」

男「それに姉さんのことは許せないけど、たった1人の家族だから…」

僕「それでも僕はできないよ」

男「…そっか、そうだよね。…自分を殺してくれなんてどうかしてる」

僕「…」

男「あー、やっぱり今のなし。忘れて」

僕「うん」

─────

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:19:36.26 ID:YNbbr1VL0
猿喰らってました
今からラストスパート

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:22:16.85 ID:YNbbr1VL0
男「姉さん…」

姉「男…ごふっ!がっ!!」

僕「いくら吸血鬼と言えど、心臓をやられて無事なやつはいないよ」

姉「そう…。ぐっ!!」

男「血がこんなに…姉さん…」

姉「ふふふ、こんなのでも姉さんと呼んでくれるのね」

男「…」

姉「…男」

男「姉さんのやったことは許せないけど、それでも俺も姉さんのことが好きだよ」

姉「…」

男「姉さんに死んで欲しくない、これからも一緒にいたいよ」

姉「…」

男「…姉さん」

僕「…」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:25:00.88 ID:YNbbr1VL0
男「…」

僕「…」

男「どうして一緒に殺してくれなかったの」

僕「すまない」

男「…」

僕「…」

男「わがまま言ってごめん。つらい、役目だったよね」

僕「僕を恨んでくれてかまわないよ」

男「ありがとう」

僕「………」

男「…」

僕「僕と一緒にこないかい?自由気ままに暮らすのも悪くないものだよ」

男「うん」

僕「どうかな?」

男「素敵だね」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:29:03.54 ID:YNbbr1VL0
男「…よっと」

僕「お姉さんを担いで何処へ行くんだい?」

男「家に戻るよ。このまま姉さんを放って置くのはかわいそうだから」

僕「そうかい」

男「それじゃあ」

僕「男君、さっきのこと本気だからね」

男「そう」

僕「僕たちが初めて会った場所で待っているよ?」

男「うん、先に行ってて」

僕「ちゃんと後から来るんだろう?」

男「…」

僕「男君!!」

男「さようなら」

僕「…っ!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:31:58.14 ID:YNbbr1VL0
─────

 「はいよ、カツ丼の人お待ち」

先輩「ありがとうございます」

先輩「(今日は男お休みか…)」

先輩「……」

先輩「(いかんな、私がこんなでは。男も気が滅入っているんだ、これでは余計に暗くなってしまう)」

先輩「(私はしっかりせねば、私が男を元気付けなくてはな)」

先輩「(サーカスのチケットも手に入ったことだし、これで元気付けられないだろうか)」

先輩「(こんなときに先輩は無神経だって怒鳴られるかな。はは…)」

先輩「(…怒鳴られても、私は男と一緒にいきていきたい。女君の分まで)」

先輩「(おっと、つい物思いに耽ってしまった。せっかくのカツ丼が冷めてしまう)」

先輩「これ肉薄いなぁ。ははは、本当にこれがオススメの学食メニューなのか、男」


 『続いてのニュースです。昨夜○○町で民家一棟を焼く火事がありました。火事があったのは………』

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 06:34:16.46 ID:YNbbr1VL0 [85/87]
もう終わりなんだ…すまない…

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 06:37:09.75 ID:YNbbr1VL0 [86/87]
ちなみにこのお話しは

少女「そこを退け、人間」

の続きだったりするのです
お暇でしたら合わせてご賞味くださいませ

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:36:06.46 ID:UEnfrlGe0 [2/3]
実は生きていた姉が火傷だらけでもがいてるのはまた別のお話…


>>107
荼毘に服す

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 06:48:27.86 ID:YNbbr1VL0 [87/87]
調子こいてかっこいい言葉遣うと間違うから気をつけよう

荼毘に付す

コメント

No title

面白かったです。
以前前作を見たことがあったので読んでいる途中に
もしや、とは思いましたがあなたでしたか。
次回作を期待しています。乙!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。