FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「変ゼミ・・・?」 第5話

704 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 21:57:36.27 ID:JwDkDyYn0
第5話 変態開花宣言



木山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふう」

木山「今年度は豊作だったな・・・去年はAさんとBさんしか見つからなかったし
私の眼も衰えたかと思っていたが、いやなに、面白い事が起きるものだ」

木山「・・・となると、いつものアレ、だな」

カタカタカタカタカタ・・・
カタカタカタカタカタ・・・
メールを送信しました

木山「・・・・・・・・・・・・今年は、何人来るかな?いや、来れる、かな?」

ピッピッ・・・プルルル

木山「ああ、私だ、今年もやるよ・・・用意をしてもらいたい・・・
やってくれるか、ああ、君には世話になっている、ありがとう」


706 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:03:03.25 ID:JwDkDyYn0
上条「あ、木山教授からメールだ・・・・・・俺とインデックスに?なんだろ」

インデックス「ふぇ?ふぃわわふぉーふふぁらふぇーふ?」

上条「うっ・・・咥えたまま喋られるとっ・・・・・・・・の、飲んで!インデックス!」

インデックス「うぶぅっ!?・・・・・・・んんぐっ・・・・・・んぐっ・・・・・・・・・こくん」

上条「また上手になったんじゃないか?インデックス・・・シスターなのに」

インデックス「けぷっ・・・言わないで欲しいんだよ・・・でも気持ちいいんだもん!」

上条「ははは、こいつめー!」

スフィンクス(チッ・・・・・・・精子臭いでござる)

~~~

黒子「お姉さま~?メールが来てるみたいですわよ?」

御坂「あ、ほんとだ・・・木山教授?なんだろ一体」

黒子「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・ふーん・・・・・・・・・・あ、黒子?私明日出かけるからね?」

黒子「ぞんな”っ!?明日は私とセブンスミストでラブリーな下着を買う約束をしたではありませんの!」

御坂「そんな約束してないわよ!バカ!」

707 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:07:47.55 ID:JwDkDyYn0
そのメールを受信するッ!そのメールを受信するッ!(合成音声当麻ボイス)

一方通行「ん・・・?木山教授から?一体なにかな?」

打ち止め「ねぇねぇ黄泉川、私未だにこれが本当の一方通行だなんて信じられないかもって
ミサカはミサカはこの世の不思議どっきりびっくりな世界に驚いてみる」

黄泉川「でも本来は女だったんだろ・・・?だったらこうで正解なんじゃん?」

打ち止め「うぅーん・・・・・・・・」

黄泉川「・・・・・・・・・まぁ、自分の部屋に限らず、居間まで当麻グッズに占領されると
流石に私も保護者として危機感を覚えざるをえないじゃん」

黄泉川(でも一方通行が【会長様】だなんて・・・・・・私も会員だと告げるべきか?)

打ち止め「ううううううううーん・・・・・・・・・・・」

708 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:17:29.53 ID:JwDkDyYn0
木山 To 変ゼミメンバーへ

明日、変ゼミの活動は第3学区のセブンスホテルの○○で行う
と同時に君たち新入生の歓迎会を変ゼミOBも交えて開催したい
奮って参加してくれ
時間は9時から夜の8時までとなっている
都合がつかない場合は折り返しメールをくれ

P.S.
荷物の類は特にない、手ぶらでも構わない
ランチとディナーの準備も出来ているので食事の心配もしなくていいぞ



上条「だってさ?インデックス?俺はいくけど・・・行くか?」

ゴッゴッ

インデックス「ふもっ!うぶっ!ううっ!ひふんはよ!ほはんはふぁふぇれるんふぁふぉ!」

上条「よし!・・・じゃ、イクかっ・・・・・・・うっ!出るッ!」

インデックス「~~~~~~~~~~~っ」

710 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:21:38.97 ID:JwDkDyYn0
スフィンクス「チッ・・・次の日・・・」


上条「お?美琴?お前も来たのか」

御坂「ええ、どーせヒマだったしねー?
それに歓迎会って言うくらいだし、逆に来ないとまずいわよ」

インデックス「別に短髪は来なくてもよかったんだよ・・・」

御坂「ちょ、なによアンタ!シスターってのは皆口が悪いわけ!?」

インデックス「ふんだ、私が短髪嫌いなだけなんだよ!」

上条「ま、まぁまぁ落ち着けってお前ら・・・今日は祝いの席なんだし、な?」

御坂「当麻がそういうんだったら・・・」

インデックス「当麻がそういうなら仕方ないんだよ・・・」

御坂・インデックス「あぁん!?」「なんなの!?」

上条「お前らなぁ・・・・・・・・・・」イラッ

上条(ん?・・・・俺、イラッて・・・・?・・・・・・・・・?)

712 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:26:40.08 ID:JwDkDyYn0
上条(・・・・・・・・・・まぁ歓迎会でちょっと緊張してナイーブになってるだけだろ、気にするほどじゃないな)

ブロロロロロロ・・・・

上条「ん?黒塗りのバン?そこはかとなく不幸のかほりが・・・・」

バタン

一方通行「と!う!ま!く~んっ!」

ダダダダダダッ!

上条「うわっ!百合子!?ちょ、うわっ!?」

ドタドタッ

一方通行「あいたかったぁ~~~~~!百合子すっごい寂しかった!」

上条「ちょ、あの、人が見てますよ百合子さん!?往来でいきなり抱きつかないでください!?」

御坂・インデックス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条(oh・・・これは・・・・・・もう未来が読める・・・!)

土御門「やれやれ、元に戻っても一方通行はカミやんにベタ惚れかにゃー?」

上条「つ、土御門!百合子をなんとかしてくれよ!もうなんか色々とマズい!」

土御門「はいはい、カミやん病はもうどうしようもないんだから、諦めるんだにゃー」

713 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:30:54.82 ID:JwDkDyYn0
御坂「アンタ」

インデックス「短髪」

御坂「珍しく意見が合うじゃない・・・やるわよ」

インデックス「ムカツクけど・・・やるんだよ!」

御坂・インデックス「とうまぁ~~~~~~~~~~!」

上条「うわ!ごめんごめん!本当にすみません!・・・って百合子!?いない!?
あ・・・!土御門の隣に!?え、あ、なにこれ!?」

一方通行「ふふ・・・♪慌ててるとうまくんすっごいかわいいなぁ・・・♪」

上条「ちょ、なんですかソレはああああああ!?」

ビリビリビリビリビリ!ガジガジガジガジガジ!

上条「不幸だあああああああ!」

一方通行「あぁ・・・・・・理不尽な暴力に身もだえするとうまくん・・・・・・
いい・・・・・・・すっごくいい・・・・・・・」

土御門(これ直っても直らなくても結局変わらなかったんじゃないかにゃー?)

715 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:35:49.73 ID:JwDkDyYn0

・・
・・・

上条「で、土御門は一応OBなんだろ?じゃあ歓迎会には参加するのか?」

土御門「もちろんだにゃー?あと今回の歓迎会の司会も勤めてるぜよ?」

上条「なるほど・・・だから百合子と一緒に来たのか・・・ん?って事は色々準備でもあんのか?」

土御門「・・・・・・・・・・・・・・まぁ、色々とだにゃー」

上条「ふぅん・・・・・・・・」

一方通行「とーうまくん!ねね!早くいこっ?」だきっ

上条「どぅわっ!?百合子さん!?抱き疲れるとその、男として触れてはならない
禁断のダブルマシュマロンが上条さんの背中にっ・・・・!」

一方通行「・・・・・・・・・・あててんだぜェ?・・・・とうまァ?」

上条「怖ッ!いきなり一方通行モードにならないで下さい!?心臓に悪いって!」

一方通行「ふふふ!冗談だよ!」

御坂(何アレ・・・・・・・・・・・・)

インデックス(なんなんだよ・・・・・・・・・)

御坂・インデックス((すっごいムカつく・・・・・・!))

718 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:41:07.08 ID:JwDkDyYn0
ウィーン・・・・・・・・・

上条「おお、高級ホテルとなるとエレベーターにまでカーペットが敷いてあるんだな・・・」

土御門「毎回歓迎会はこのホテルって決まってるんだにゃー
もちろん会場の用意をしてくれたのも変ゼミOBぜよ」

上条「木山教授ってすげーなぁ・・・どこにでもコネがあるんじゃないか?」

土御門「そうそう、木山教授から伝言だにゃー・・・
午前中は変ゼミとして真面目に活動をするから、ハメをはずすのは午後からにしろだってにゃー」

上条「うへぇ、メールにも書いてあったけど歓迎会でも真面目に勉強かぁ・・・・・・
ま、学校の宿題をやるよりはマシだな」

土御門「気楽にやればいいんだにゃー、そもそも祝いの席なんだし、ハメをはずす時は
思いっきりはずせばいいんだにゃー」

チーン

上条「お、ついたか」

ウイーン

上条「おお・・・広々くつろぎ空間!いかにもセレブリティな雰囲気バリバリで
上条さん気押されしそうです!」

719 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:46:09.41 ID:JwDkDyYn0
土御門「ええ、木山教授から・・・・・・はい、全員います、ええ」

土御門「おーい皆こっちだにゃー!まずはこの部屋で午前の部を行うにゃー!」

上条「よし・・・おーい、お前ら?行くぞー?」

一方通行「あ、まってー!とうまくーん!」キラキラ

御坂(ちょっと、ねぇ)

インデックス(わかってるんだよ!短髪!)

御坂(不本意だけど仕方ないわね・・・)

インデックス(この場限りの共同戦線なんだよ!)

ガシィッ!!

上条(何やってんだ?あの二人・・・?)

一方通行「~~~~~~♪」

上条(ほお擦りしてる百合子は・・・・・・・もういいや、気にしないようにするか・・・・)

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ピシガシグッグッ!

720 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 22:55:37.19 ID:JwDkDyYn0
木山「お、来たか・・・全員来ると思っていたよ、ささ、立ち話もなんだ、座ってくれたまえ」

上条(テレビとイスが6つ?)

上条「あ、はい」

ぱたぱたぱた

木山「さて、本当なら午前から歓迎会でもよかったんだが・・・変ゼミOBの準備や
私の仕事上の都合、その他もろもろもあってこのような形になってしまった、申し訳ない」

木山「まぁ我々の本分はまず実践に有り、だ・・・これも活動の一環と思ってくれ」

木山「とりあえずはこの映像を見てほしい」

ピッ

神裂「・・・ほ、本当にやらねばならないのですか?五和?」

五和「そうですよ!【会長様」からの直々のご案内です!このチャンスをふいにするわけには!」

神裂「そ、そうですね・・・仕方ありません、やりましょう」

五和「その意気です!女教皇様!わ、わたしも後で大精霊チラメイドを着ますから!」

神裂「・・・・・・・では!」



土御門「ねーちん何やってるぜよ・・・」

724 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:05:13.12 ID:JwDkDyYn0
神裂「あ、あはははは!ふふふふっ!」

五和「表情が硬いですよ!女教皇様!もっと艶やかな感じで微笑んで!女豹のように!」

神裂「(女豹!?)こ、こうでしょうか・・・?」

スッ・・・

五和「!いいです!いいですよ女教皇様!これならあの人もイチコロです!・・・・って
私も負けていられないような・・・・・・ああでも女教皇様が・・・・うう・・・・」

神裂「でもどうして風船と戯れる必要があるんでしょう・・・・・・
いえ、でもこういうのがイイんですよね・・・これで普段の恩を返せるというのなら!いざ!」

ごろーん!ごろごろふにゃー!ぽよんぽよん!

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(でっかいめろんと風船がぽよんぽよん・・・・・)」

土御門「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・ふぅん」

神裂「こうなればヤケです!ほら!こんな事だって!」

五和「ぶっ!そ、それはヤバいです!いいセンいってます!ノックダウンです!」

725 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:10:19.23 ID:JwDkDyYn0
>>722書いててなんだけど、俺もイメージできんわ
ブチッ

上条「ああっ、いいとこだったのに!」

御坂・インデックス・一方通行・土御門「・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「あ、なんでもないです、はい」

木山「今見てもらった映像だが・・・通称【バルーンハラスメント】
ただ女性が風船と戯れるだけの映像だ・・・
だがこれに性的興奮を覚えるものは少なくはない・・・
まぁ上条君の場合は女性のほうをメインに興奮してたようだから違うかもしれないが」

御坂「こ、これで興奮・・・?え・・・どこが?」

インデックス「こういう知識は流石にないんだよ・・・」

土御門(っていうかねーちんと五和があんなに・・・【会長様】権限ってどんだけだにゃー)

一方通行「まぁ、趣味じゃないけど理解はできますね、【会長様】権限を使って
何をしてるのかと思ったらこれとは思いもよりませんでしたけど」

727 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:19:09.39 ID:JwDkDyYn0
木山「カール=グスタフ=ユングは人の意識の最下層に万人に共通する
普遍的意識が存在すると仮定した
普遍的無意識とは、たとえば世界中に龍やドラゴンを示す象徴が申し合わせたように
似たイメージで点在するのは、人の意識は奥底で繋がっているからだとする説だ」

木山「同様の共通意識がフェティシズムにも存在するのではなかろうか
・・・つまり、万人の意識のそこに変異的無意識が存在する可能性だ」

木山「個人の変体性の発露に幼年期の体験が無関係ではないと私は考えている
幼年期という時期は常識や言葉、概念に乏しい無意識の原野だ
そこへの外的な刺激が変態的無意識を呼び起こすのではないかと考えた」

木山「というわけで今日は幼年期の体験談を発表してもらう・・・
では、上条君・・・・・・

上条(マズっ!?俺記憶ないのに幼年期のことなんか話せられないぞ!?)

or 御坂君

御坂「え!?私!?」

728 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:23:02.27 ID:JwDkDyYn0
パンッ!

木山「ハイッ!」

木山「何がでるかな!何がでるかな!チャララチャンチャン!チャラララッ!」

木山「出ました!忘れられない話! あッのッ頃ォはァ~~~」

土御門「ハッ!」

上条「・・・・・・・・・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・」

木山「はい、土御門君ポイントゲットだ」

土御門「やっぱここは和田敦子じゃないかにゃー」

上条「なんだよそれッ!」

729 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:27:11.95 ID:JwDkDyYn0
木山「で?私はどっちからでもいいんだが・・・」

御坂「ちょっとまってよ!あのお昼番組だって事前に全部の目の話題仕込んでるはずよ!」

上条「そ、そうですよ木山教授!(美琴ナイス!)」

木山「・・・・・・では仕方ない、二人には後から聞くから仕込んでおきなさい」

木山「変わりに・・・土御門君」

土御門「今日の”おめざ”は出ないのかにゃー?」

木山「それは微妙に番組が違うな、土御門君」

土御門「俺の幼年期かにゃー・・・そうだにゃー・・・」

土御門「俺の場合は異様に早熟だったかにゃー」

731 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:31:53.72 ID:JwDkDyYn0
土御門「5歳の頃には女の子を意識してたし、遊びと称して女の子にボディタッチしまくってたにゃー


土御門「オナニーを覚えたのは舞夏が学園都市に来てからかにゃー・・・」

土御門「舞夏が始めて着たメイド服を見て興奮して、その日は猿みたいにオナってたもんだぜよ」

土御門「そのうち舞夏の下着でオナったり、舞夏の寝顔をオカズにしたり
舞夏に飲ませるジュースに精液混ぜたりしたもんだぜよ」

上条「・・・・・・・・・・うっ」

御坂「・・・・・・・・・相当ね」

一方通行「とうまくんのなら飲みたいかなぁ・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「まぁそれもあったのかもにゃー、舞夏は俺にべったべたのホレボレーなんぜよー!」

732 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:37:19.52 ID:JwDkDyYn0
木山「では次、百合子君」

一方通行「私ですか?・・・うーん・・・最近記憶が戻ったばかりで曖昧でもいいなら・・・」

一方通行「ここにいる人なら知っての通り、私は研究所をたらいまわしにされてたんだけど・・・」

一方通行「7歳くらいかな?まだレベル2くらいの時に・・・・・・・・・」

木原「あーん?おめぇ珍しい能力のクセしてまだレベル2かぁ?
チッ・・・ハズレを引いちまったぜ、クソつまんねぇじゃねえかよ、ああん?」

ダンッ!

一方通行「ご、ごめんなさい木原せんせい・・・」

木原「チッ・・・・・・上からは早く結果を出せっつってるしよぉ・・・・・・」

一方通行「わ、わたし何でもするから・・・嫌いにならないで・・・木原せんせい・・・」

木原「うっせぇよションベンくせぇガキが何いってんだ?ああ!?」

一方通行「ご、ごめんなさい・・・」

木原「ったくごめんごめんで済むなら俺はいらねぇーっつうのクソが」

一方通行「ごめんなさい・・・・・・・・」

木原「チッ」

733 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:42:00.92 ID:JwDkDyYn0
木原「あーもーここにゃあイイ女もいねぇしよー・・・クソ退屈だぜ・・・エロ本読むくらいしか
楽しみがねぇとかなんだここはよお?地獄か?ああ?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・」

木原「・・・・・・・・・・・・ああ?いい事もあんじゃねえか」

木原「おい?百合子ちゃん?今から俺の言う事に黙って従えば俺はお前の事を嫌いにならねえぞ?」

一方通行「ほ、ほんとに!?」

木原「ああ、だからよ・・・」

木原「しゃぶれ」

木原「俺本読んでっからよ・・・さっさとやりなよ?百合子ちゃん?」

一方通行「え、あ、これ、おち○ちん・・?」

木原「あぁ?チンコも見たことねえってか?ほらよく見ろこれが大人のチンコだぜ!?おい!
パンパンに腫れていてえからしゃぶれってんだよ!まぁテメーの顔みたら萎みそうだから
俺は本見てるからさっさとやれ!」

一方通行「あ・・・・・・・・・・はい、木原せんせい」

737 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:46:40.81 ID:JwDkDyYn0
上条・御坂・土御門・インデックス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「まあ当時はそういう行為がどういったものかよくわからなかったのもあるけど
アイツのクソお粗末な祖チンなんかしゃぶらされてただなんて、あんまり思い出したくないけどね」

一方通行「レベル4になって10人くらいに犯されたりもしたけど、そのおかげで私は強くなれたから
なんともいえないかなぁ・・・そのせいで、私の男の人格はサディスティックな性格になってたのかも」

一方通行「男になってから私に積極的になってたのはとうまくんしかいなかったから・・・
とうまくんみたいになりたいって思ったから、すっごいストーカーになったんだと思う」

一方通行「まぁ、今でもスキだからいいんだけどね♪」

御坂・土御門・インデックス(重すぎ・・・・・・!)

上条「百合子・・・わりぃ・・・・俺・・・・・・・」

一方通行「いいの、とうまくんはきにしないで・・・?」

上条「クソッ!」

御坂・インデックス(また・・・・・・コイツは・・・・!)

740 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/17(水) 23:55:58.58 ID:JwDkDyYn0
木山「はい、それじゃあインデックス君・・・は今が幼少期みたいなものだな・・・
倫理的にマズイかもしれないが、まあここではそんな常識通用しない、ささ、話してくれ」

インデックス「最近の話でもいいの?」

木山「もちろんだとも」

インデックス「それじゃあ・・・えっと、とある事情があって、とうまに助けてもらった時なんだけど」

インデックス「私の喉にある・・・えっと、能力で付けられた呪い?(ってことにしておけばバレないはずなんだよ)
をとうまに解除してもらったんだよ・・・そのときに、その、恥ずかしいんだけど
すっごく気持ちよくて・・・あんな感覚、初めてで、あの時は錯乱してて
よくわからなかったけど」

インデックス「後からのどの奥にに物が触れるたびに頭の中に電撃が走ったみたいになって
おなかの下のほうがびくってなって、おまたがむずむずして・・・その・・・」

インデックス「触っちゃいけないって思ってても、理性が体を制御できなくて・・・
触ってみると、すっごく気持ちよくて、でも、喉も気持ちよくて・・・
そのせいで私、ゼリーとか食べるだけでもう・・・イクようになっちゃって・・・」

御坂・土御門(・・・・・・・・・・・これはヤバい・・・色々な意味でヤバい・・・・)

一方通行「いいなぁ・・・喉で感じられるなんて」

743 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:03:04.55 ID:4RqmkSDd0
インデックス「だから、最近だと食事のたびにおまたがすごいことになるから・・・
・・・恥ずかしいけど、オムツ着用・・・なんだよ・・・」

木山「今もそうなのか?」

インデックス「・・・・・・・うん」

木山「見せてみたまえ」

御坂・土御門・上条(何ィッッッッッッッ!?)

木山「ただし、修道服を口で咥えてたくしあげてくれ、上目遣いでおねだりするように」

インデックス「あ・・・・・えっと・・・・はい・・・・・わかりました・・・」

インデックス「んくっ・・・・・・・・・・ふぉうふぇふふぁ?」

木山「いい・・・いいね、こういうポーズはメイド服に
シミのついたショーツでいかにも私興奮してます
というシチュエーションが最高だが、幼児用オムツというアンバランスさに
たくしあげてる本人がこれまた十○歳というキワモノっぷり
禁忌という名の扉にドロップキックをかましたってこうはいくまい」

木山「いい、非常にいいね、ここにハンディカムを持っていなかったことが悔やまれるよ」
カシャカシャカシャカシャ!パチコーン!パチコーン!

745 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:06:37.70 ID:4RqmkSDd0
>>743十○歳じゃわかりづらいな十ピー歳にしてくれ

土御門(うわ・・・木山教授携帯で怒涛の写真&ムービー連打ぜよ)

御坂(たしかにこれは犯罪級よね・・・・・・)

木山「・・・・・・・・・・・む」

木山「君はそこはかとなくナニをいきり立たせているのかね上条君」

上条「え!?あ!いやこれは!そのですね!」

土御門「カミやん・・・・・・うれしいぜよ・・・・・ついにカミやんもロリコンの仲間入りかにゃー・・・」

上条「違う!違います!これはそんなんじゃなくて!」

インデックス「とうま・・・私の体じゃ興奮できないの・・・?」グスッ

上条「あ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・しました、すごい興奮しました、チンコ痛いです」

746 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:10:44.94 ID:4RqmkSDd0
木山「それでいい、自分には素直になるべきだ」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・ジロッ」

インデックス(ふふん、思わぬところでポイントゲットなんだよ!)

上条(家に帰ったらインデックスに同じ格好でおねだりさせてみようかな・・・)

土御門(家に帰ったら舞夏に同じ格好でおねだりさせてみるのもいいかにゃー)

インデックス(ふっふー、いい気味なんだよ百合子!これで誰がとうまにふさわしいか・・・)




                     コロス
一方通行「      <●>        <●>    」




インデックス「――――――――ッ!?」

750 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:14:14.62 ID:4RqmkSDd0
上条「どうした?インデックス?そんなに震えて・・・ああ、たくし上げてるもんな、寒いよなそりゃ」

インデックス(ち、っちち違うんだよとうま!百合子が!百合子が!)

一方通行「・・・・・・・・・・・なんでもないよね?寒いんだよね?インデックスちゃん?」

インデックス「・・・・・・・・・・・・そそそそそうなんだよ!寒いんだよ!」

一方通行「じゃあ私があっためてあげる♪こっちにおいで?」

インデックス「(ヒィィィィ!?)わ、わかったんだよ・・・・」

一方通行「ボソッ 次は殺す、必ず殺す、わかったなァ?・・・インデックスさンよォ・・・?」

インデックス「」ブンブンブンブンブン!

一方通行「ふふっ♪インデックスちゃんあったかーい♪」

インデックス(コイツは悪魔なんだよ・・・・!)

一方通行(あァ?なンか言ったかァ?・・・アバズレがよォ・・・?)

インデクス(何も言ってないんだよ!心を読まないで欲しいんだよ!)

751 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 00:16:50.75 ID:4RqmkSDd0
お風呂いってくんね!

寒いと頭いたいね!

いや、俺のSSを危険視した超時空戦死アグネスの仕業かもしれない!

それか都知事か!?非実在なのか!?

755 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:11:36.34 ID:4RqmkSDd0
>>752ってことはあれかね?
ああっいいよぉ!アニェーゼのやわらかすべすべの指で頭ぎりぎりされてる!
ってことだな!おk!

木山「うむ・・・いい物が見れた、やはり今年は豊作だな・・・では次、御坂君イッてみようか」

御坂「あ、私?ははは、えーと・・・そうねぇ・・・」

土御門(木山教授がテンションあがってきてるぜよ)

御坂「知っての通り私は匂いフェチだけど・・・私にも好きな匂いとかがあるのよ」

御坂「そりゃいい匂いもあるし悪い臭いもあるわよ?だけど普段から物の匂いを嗅ぐクセ
のせいで、いろんな物の匂いを知っちゃったのよ」

御坂「私ってほら、常盤台中学だけど、小学生の時にね?――――」

756 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:17:55.94 ID:4RqmkSDd0
御坂「ふぅー・・・といれといれといれ」

まぁ普段は寮の個室についてるトイレ使うんだけど、たまたま共同トイレのほうが近かったから
そこを使う事にしたのよ

パタン

御坂「んっ・・・・・・」ぶるるっ

ほらあの、トイレの隅っこにおいてあるちっちゃなゴミ箱みたいなの、知らない?
あの中にさ、使用済みの生理用品とかおりものが入ってるのよね

御坂「そういやこれって・・・なんだろ?ゴミ箱?・・・・にしてはちっちゃいしなぁ」

御坂「あけてみよーっとぉ」

まあ運が悪かったのか良かったのか、誰かが使った後のが入っててさ・・・

御坂「ん?なにこれ・・・赤いけど・・・血?」

そこは当然私だから・・・

御坂「すんすん・・・・」

御坂「―――――!?!?」

そらもうすんごい臭いでしたとも、もう二度とこんな臭い嗅ぐまいって思ったけど
なーんかクセになりそうで、結局5分くらい色々なのを嗅ぎ比べしてたわ


758 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:21:33.54 ID:4RqmkSDd0
上条・土御門・一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

インデックス「あ、それ私知らなかったかも、へえ・・・そうなんだ」

上条(!?ってことはインデックスはまだ初潮が来てない!?)

御坂「・・・・・・・・・・ヤバいわね、さっきの展開に危険度+5ってとこかしら」

一方通行「他の女の月の物で興奮するあなたも大概だと思うけど?」

御坂「クッ・・・・・・悔しいけど認めざるをえない・・・・」

木山「なかなかいい体験談だ、ということは君自身使った物とか性器の臭いとかも
ついつい嗅いじゃうタイプなんだろう?」

御坂「あ・・・・・・・・はい、実はそうです」

上条・土御門「「・・・・・・・・・・・・」」

760 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:27:49.43 ID:4RqmkSDd0
一方別室では

??「~~~~~~~ッ!」ドン!ドンドン!ドン!

??「・・・そんなに頭を打ち付けるな、脳細胞が兆単位のスピードで死んでるぞ」

??「ですが!こんな話を聞いていては・・・!」

??「気持ちはわかる、だが今は我慢するんだな」

??「くぅぅ~、お、お姉さま・・・」ドン!ドンドン!ドン!

??「まったく・・・」

~~~

木山(監視されている別室でも相当興奮しているようだな・・・午後が楽しみだ)

木山「さて、オーラスの上条君の体験談・・・っと、もうこんな時間か」

木山「残念だが上条君の話は今度聞く事にしよう、とりあえずはこれで午前の部を終了とする」

木山「ひとまず休憩を取って、隣の大会場に移ってくれたまえ、ビュッフェ形式のランチを用意した」


762 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:34:45.28 ID:4RqmkSDd0
上条(セ~~~~ッフゥ・・・・・あぶなかったぁ~)

インデックス「ビュッフェ!?ってことは好きなだけたべていいんだね!?
遠慮なく食べるんだよ!とうま!今すぐ家に帰ってタッパーもってくるんだよ!」

上条「ムチャいうな!それにみっともないからそんなことやめなさい!」

土御門「・・・・・・・・・・・・・・・・」

御坂「ビュッフェかぁー、どんな料理が出るのかしらね」

一方通行「あんまり野菜は食べたくないかなぁ・・・肉だけとろーっと」

上条「おいおい百合子、そんなんじゃ早死にしちまうし、肌にもわりぃぞ?好き嫌いはよくありません!」

一方通行「・・・・・・とうまくんが言うならレタスくらい食べてみせるんだから・・・・・・・・」


御坂・インデックス(イラッ)

土御門(・・・・・・・・・・気づいてないな・・・・・・・・・これはただの昼食じゃない・・・・・
【変ゼミ】の昼食なんぜよ・・・・・?)

764 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:38:47.57 ID:4RqmkSDd0
土御門「カミやんカミやん」

上条「どした?土御門?」

土御門「悪いがはずせない予定が入った、昼食は一緒にとれそうにない」

上条「なんだぁ?もったいねぇなぁ・・・こんな高級ホテルなんだからランチも一級品だぞ?」

土御門「ああ・・・非常に残念だが、しょうがない、お前たちで楽しんでくれ・・・終わる頃には戻る」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・?まぁ、いいけどさ」

土御門「じゃなー!カミやーん!後で感想聞かせてほしいにゃー!」

上条「おーう!わかったぞ!」



土御門「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「木山教授には悪いけど、俺は無理だにゃー」

土御門「・・・・・・・・・・・・・・吉野家行くか・・・・・・・・」

765 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 01:40:06.41 ID:4RqmkSDd0
ここらで一旦おしまい
明日は休みだから結構早くから更新するかもしれない
変ゼミの昼食って?なんで土御門は逃げたの?
こうご期待なんだよ!

793 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 15:27:03.43 ID:4RqmkSDd0
来たわよ

木山「さて、お待ちかねのランチといこうか」

インデックス「やったー!食べるんだよ!頂くんだよ!がっつくんだよ!」

御坂「とことん食い意地張ってるわねー」

一方通行「いいじゃないですか、私もどんな料理が出るのか楽しみですし」

上条「貧乏学生にとっては高級料理なんてめったに食べれるもんじゃねぇしな・・・
俺も今日はたっぷり食べるか!」

木山「今日のランチは変ゼミOB協力の下に用意してもらった特別製だ
我々のモットーは実践にある、それはもちろん食事に関しても例外ではない」

木山「ちなみに、本来なら初級者コースから行くところだが、私の趣味でもあるので
初級者、中級者、上級者用諸々全て用意させてもらった」

木山「では、お披露目しよう・・・変ゼミ恒例【変食】だ!」

795 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 15:36:33.82 ID:4RqmkSDd0
上条・御坂・インデックス・一方通行「・・・・・・・・・・・・」

木山「まずは日本でも食されるイナゴの佃煮、ハチノコ、ざざむしの大和煮だ
もちろん米もある、遠慮せずに食べてくれ」

木山「このあたりはよく珍味といってテレビや雑誌で紹介されたりするが
基本的にたんぱく質が豊富で栄養価も高い、ハチノコに至っては
昭和22年に天皇御愛用という宣伝文句も使われた事から
その栄養価の高さもうかがえるといったものだ、栄養ホルモンの精とも
あるから、夜のお供にも最適だな」

木山「ハチノコは歯ごたえの少ない小エビだ、ほのかにハチミツの味がするぞ
イナゴはエビの殻の部分を食べてるようなものだが、この食感がついついクセになる、うまいぞ
ざざむしはトビケラ類川虫の幼虫だが、見た目はゲジゲジに近いな
これまた食感がエビに似ているが、見た目に反して常識的な味だ
名前や外見に惑わされてはならないぞ」



797 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 15:40:50.43 ID:4RqmkSDd0
上条「・・・・・・高級ランチ・・・・・・虫・・・・・・珍味・・・・・・」

御坂「うっ・・・・・・私ちょっとトイレいってくる・・・・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・・・・食べ物を粗末にしちゃいけないんだよ」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・ヒクッ」

木山「なんだ?食べないのか?うまいのに・・・」モシャモシャバリバリムチャムチャ

上条(土御門・・・あいつ逃げたな・・・!)

インデックス「・・・きっと木山がこれだけ食べてるからおいしいに違いないんだよ、食べるんだよ!」

一方通行「ここまで来るとその食い意地に感動すら覚えるなあ・・・・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・よし!・・・・・・・・・モチャモチャ・・・・・・・」

上条「イ、インデックス?・・・・・・大丈夫か?・・・・・・」

インデックス「あれ、おいしいんだよ?」

上条「ま、マジですか・・・」

800 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 15:45:24.87 ID:4RqmkSDd0
インデックス「うん、ハチノコのプリプリした食感も・・・うん、いけるんだよ!
とうま!ゴハン大盛りで持ってきてほしいんだよ!」

上条「す、すげえなインデックス・・・・・・よし、俺も・・・・!」

一方通行「・・・・・・・・・・わ、わたしは遠慮しとこうかな・・・・・・・」

上条「いっ・・・間近で見ると足とか触覚が・・・・・・」

パクッ

上条(ぐああ口の中に足が!足がバラけて!・・・・・・・・・・・ん?)

上条(あれ?イナゴの佃煮・・・結構カリカリしてる、なんだこれ、クセになりそうな食感・・・)

上条「うまい、うまいですね!木山教授!」

木山「そうだろう、日本で好まれた味だ・・・一応初心者コースだからな、これくらいは食べてもらわないと」

一方通行「・・・・・・・・(能力使って逃げちゃおうかな・・・・・)」




土御門「あ・・・はい、牛丼Aセットで、レタスでお願いします、はい」

801 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 15:53:10.91 ID:4RqmkSDd0
インデックス「んぐ、むぐ・・・昆虫を食べるなんて思いも寄らなかったけど・・・むぐ
カルチャーショックなんだよ・・・むぐむぐ・・・」

木山「最近ではテレビでもハチの巣を捕まえて、ハチを素揚げしたりして食べたり
いわゆるゲテモノ食も紹介されてきているからな、私としては嬉しい限りだ」

上条「味付けが濃くなかったら、オヤツとしてもイケるんじゃないですかね?これ」

木山「そうだろうそうだろう」

一方通行(おなかへったなぁ・・・・・・・・・)

木山「さて、次は中級だが・・・少々メタ的な話になるが、作者の知識不足であまり用意ができなかった
少ししか紹介できないので許してほしい」

上条「?」

802 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 15:59:50.59 ID:4RqmkSDd0
木山「ではまず、生きたウジだ」

上条「うげぇっ!」

木山「だと、上級を超えてしまうので・・・うじ料理だ」

モゾモゾ・・・モゾモゾ・・・

上条「うげぇ・・・ボールの中にウジが大量に・・・うわ、跳ねた!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・」カチッ

ガンッ!パリンッ!ゴアアアアアッ!

上条「百合子!?窓を割って逃げ出すだなんて・・・相当嫌だったんだな・・・ウジ・・・」

木山「研究所には死体処分場もあったそうじゃないか・・・おそらくその施設で死体に沸いた
ウジでも見たんだろう、そのトラウマが再燃したかもしれないな」

インデックス「・・・・・・・・・・・(戻しちゃダメなんだよ・・・もったいないんだよ・・・)」

木山「変ゼミOBにドイツへのツテがあってな・・・ドイツにあるとあるレストランで
ちょっとした冗談でウジ料理をメニューに加えたのだが、予想を上回る反響を得て
毎週完全予約となってしまったくらいだ、その料理を特別に再現してもらった」



805 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:11:50.43 ID:4RqmkSDd0
木山「ウジサラダ、ウジフライ、ウジアイスクリーム、ウジのチョコレートソース、ウジカクテル、生ウジ
ウジのクリームパスタ、と言ったところだ・・・
ウジは知っての通りハエの幼虫だ、動物の死体や汚物に即座と言ってよいほど
素早く出現する彼らは古来から忌み嫌われてきた虫だ・・・
成虫のハエもろとも、衛生害虫としても認知されている事から明らかだな」

木山「だが悪いことばかりでもない、戦争時、負傷した兵士の治療環境が
不衛生で、不潔な包帯を放置された場合に傷口にウジがわく場合がある
戦争を題材とした映画やドキュメンタリーでは、よく戦争の悲惨さを強調させる演出として
登場するな、けが人にとっては自らの体からウジがわくなど極めて不快なことこの上ないが
ウジが膿や腐敗した傷口を食べ、傷口が清潔になり、むしろ怪我の状態がよくなったり
患部周辺に至る切断や切除を免れる場合がある。
傷口にウジが発生した兵士の生存率が突出して高かったため
現在ではマゴット・セラピーというウジ虫を用いた専門の治療法も発達している
糖尿病で壊死した部分に這わせることで治療した例もあるぞ」

上条「へぇー・・・なんか急にタメになる話に・・・」

インデックス「・・・・・・そぉーっ・・・・・・ゾゾゾゾゾゾゾ」

インデックス「で、でも、き、気持ち悪いんだよ!」

807 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:17:10.61 ID:4RqmkSDd0
木山「まぁたしかに集合しているウジは嫌悪感が充分にあるのは間違いない」

木山「だがこいつらもたんぱく質が豊富だ、清潔な環境で養殖されたウジは
釣り用の餌、食用、治療用、その他諸々の用途に使われている
中々に人類に貢献している虫だぞ?」

木山「というわけでうじフライだ、食べてみたまえ、さあ」

上条「うっ・・・・・・うじが原型を留めていて・・・・ゾゾゾゾッ」

木山「ほら・・・あーん?」

上条「・・・・・・・・・あ、あーん・・・・・」

インデックス「きやま!それは私の仕事なんだよ!」

ぱくっ・・・

上条「・・・・・・・・・・・ムグムグ・・・・・・・ん・・・・・・?」

上条「外はサクサク・・・・・・中はジューシーで・・・・・・ナッツみたいな味がしますね」

上条「食べられはしますけど・・・・・・あんまり食べたくないですね、ビジュアル的に」

809 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:23:22.29 ID:4RqmkSDd0
木山「そんなものだ、私もたまに食べるくらいならいいが、流石にウジを常食にしたいとは思わん」

インデックス「・・・・・・・・・・パクッ・・・・・・・・・・・・うぐ・・・・・・・・・・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・む・・・・・・・・無理・・・・・・・・・なんだよ・・・・・・・」

バタッ

上条「インデックス!?大丈夫か!?・・・・・・・クソッ・・・・気絶してる・・・・・・・」

木山「残ったのは上条君だけか・・・・・・まだ中級はあと一つ残ってるというのに」

上条「!?」

~~~

土御門「お・・・今キャンペーンやってるのかにゃー・・・100円引きか、次来たら使うかにゃー」

カランカラン

店員「ッシャセー」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「げぇっ!?一方通行!?なんでここにいるぜよ!?」

一方通行「おい・・・つちみかどォ・・・てめェ・・・・・・あのこと知ってたなァ・・・・?おいィ・・・・?」

土御門「ひぃいぃ!?悪気はなかったんだにゃー!?」

810 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:29:16.34 ID:4RqmkSDd0
一方通行「【俺】はよォ・・・?腹減って仕方ねェ上に・・・この上なく不快な気分なんだぜェ・・・?
わかってンよなァ・・・?つちみかどォ・・・?」

土御門「で、でも!お前も見ただろう!?あのゲテモノキワモノ虫料理を!?」

客達「ブフゥーッ!?」

一方通行「あァ!?ンだコラ土御門てめェ!?ハチノコだのイナゴはまだ理解できっから
いいンだよ!でもよォ!?ウジ虫とかふざけてンじゃねェのか!?オイ!?」

客達「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

スタスタ・・・

土御門「お、落ち着くぜよ!ってことはまだ中級で逃げてきたってことだろう!?
上級を見なかっただけ幸運だと思うにゃー!?」

一方通行「あァ!?・・・ンだよ、まだ先があるってンのかァ?」

土御門「そ、そうだにゃー・・・アレを見た、いや食したら【変食】なんて二度と行きたくなくなるにゃー」

一方通行「チッ・・・オイ!牛丼並!味噌汁も付けてなァ!?」

シーン・・・・・・

一方通行「あァ?誰もいねェじゃねェか」

土御門(みんな食事中なんだから・・・ドン引きして当たり前だにゃー・・・)

812 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:37:26.62 ID:4RqmkSDd0
~~~

木山「では・・・もう一つの中級メニュー、ウジ虫つながりで、カース・マルツゥだ」

上条「これって、チーズですか?たまにテレビで見たりする円形のアレですよね?
・・・その割には、なんか中心がぐちゃぐちゃになってるような」

木山「ああ、イタリアサルデーニャのチーズの一種、サルデーニャ語で腐ったチーズを意味する
製造段階で意図的にチーズバエに卵を産み付けさせ、幼虫に発酵を促させる
まぁわかりやすく言えばウジ虫チーズといったところか」

上条「・・・・・・・・・・・・・・」

木山「このウジ虫は15センチも跳ねることがあるから、食べる時は目の保護をする事が
勧められている、まぁウジを取り除いて食べる人もいるし、そのまま食べる人もいるがね」

上条「ひっ・・・・・・どろどろしたものかと思ったらウジが蠢いてる・・・うげ・・・・鳥肌が・・・」

木山「パンに挟んでワインと共に食すのが最高と言われているが・・・まぁ君は未成年だ、パンで我慢しなさい」

木山「ちなみにこのカース・マルツゥだが、多様な危険性を含んでおり
アレルギー反応、有毒な状態まで進む腐敗の危険、ウジの腸内寄生
これらの健康障害の恐れのため、また単に汚染された食品であるとみなされているため
イタリアではこのチーズを販売する事は違法だ・・・
だがサルデーニャの中ではあまり守られておらず闇市で取引されたりしているので
変ゼミOBのツテで特別に買ってきてもらった」

813 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:41:40.48 ID:4RqmkSDd0
木山「さぁ食したまえ、私も始めて食べるからな、一緒に食べようではないか」

上条「・・・・・は・・・・はい・・・・」

パクッ・・・モグモグモグモグ・・・・・

*作者は流石にコイツを食べた事はないので描写ができません
ネットでは舌がヒリヒリして、粘着性で刺激性のあるネトネトした物体
と評されているので、多分うまいんじゃないかな?
余談だけどウジ料理食ったら吐いたよ

木山「――――――――!」

上条「――――――――!」



~~~

御坂「た・・・ただいま・・・うぷっ・・・」

御坂「・・・・・・ナニコレ?」

木山「ピク・・・・・・ピク・・・・・」

上条「ピク・・・・・・ピク・・・・・」

815 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:46:10.83 ID:4RqmkSDd0
木山「でだ、残念ながら上級を紹介する前に私が倒れてしまったのでな・・・
流石に君らにも悪いし、普通の料理も少しは用意してある、食べてくれ」

上条「おおお・・・ようやくもっともらしい料理が・・・!
うう・・・コーンスープが体にしみる・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・・・・ハッ!おいしそうな匂いがするんだよ!?」

上条「!?インデックス!?匂いで目が覚めるとは・・・こいつ・・・やはり天才か・・・」

御坂(トイレ行っててよかったわね・・・あんなの食べたら失神どころじゃないわよ私)

木山「まぁああいう料理もうまいが、普通はあんなもの食べないしな」

上条「教授がやったくせに何いってんですか!」

木山「何事も経験だよ上条君」

上条「・・・・・・・・・・・まぁそれもそうですけど」

818 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:51:08.76 ID:4RqmkSDd0
~~~

一方通行「はぁー・・・とうまくんと一緒にお昼食べたかったのになー」

土御門(一方通行が戻った・・・とりあえず一安心ぜよ)

一方通行「ま、あとで土御門くんはオシオキだから覚悟しといてね?」

土御門「ええっ!?」

一方通行「だって事前に私に教えてくれたら、とうまくんと一緒に抜け出せたかもしれないのにさ・・・
それに裏切りは極刑って昔から決まってるでしょ?」

土御門(・・・・・・・・舞夏・・・・・・・助けてくれ・・・・・)

土御門「な、なんとかカミやんに近づけるように協力するから、勘弁してほしいにゃー!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・結果を出せよォ?つちみかどォ?」

土御門「サー!イエッサー!」

820 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 16:57:01.15 ID:4RqmkSDd0
~~~
上条「あー食った食った」

御坂「まぁまぁってトコかしらねー?」

上条「あれでまぁまぁかよ・・・すげーうまかったじゃねぇか」

御坂「寮で出るご飯と同じレベルみたいなもんよ」

上条「はぁ・・・?マジかよ、常盤台って本当にお嬢様学校だなー・・・たはは、貧乏学生の貧相な舌ってことか・・・」

御坂「別にいいじゃないの、普通のゴハンのほうがおいしいって感じる時もあるんだから」

上条「・・・・・・・・ま、そうか」イラッ

上条(・・・・・・・・・・・・・なんなんだ、この感情は・・・・・・・・クソッ)

御坂「・・・・・・・・・?」

ダダダダダダッ!

上条「この嬉しさMAX200%な足音は・・・・・・百合子!?」

一方通行「だーいせーいかーい!とうまくーん!」

ガバッ

上条「・・・・・・・・・・もういちいち抱きつくのもツッコまねえよ」

一方通行「えへへ、本当?とうまくんとの心の距離が近くなったみたいでうれしいな~♪」

822 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 17:01:51.01 ID:4RqmkSDd0
>>819昼時を避けたのはこのためである
そしてそろそろご家庭によっては夕飯時・・・休憩しようかしらん?

御坂(・・・・・・・・チッ・・・・・・・ギロッ)

御坂(アンタ・・・第1位とかいって調子ぶっこいてると、背中刺されるわよ・・・?あぁん?)

一方通行(・・・・・ハッ!負け犬の遠吠えってヤツですかァ!?
せいぜいピーピー鳴いてキャンキャンいってろォ・・・メス豚ァ・・・)

バチバチバチバチバチッ!

上条(・・・・・・・・・・な、なんでせうか、この一触即発なゴイスーでデンジャーな空気は・・・)

インデックス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条(第三勢力!はいこれ死にました!上条さん死にましたよー!?)

土御門「まぁまぁカミやんも困ってるぜよ、一旦皆落ち着くにゃー?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・ふんだ」

スッ・・・

上条(おお!?なんかよくわからんが土御門ナイス!!)

823 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 17:04:59.66 ID:4RqmkSDd0
予告どおり休憩、これ残りでちゃんとシメれるかな?
シメれなかったら次スレも辞さない勢いだけど・・・
この話分の構想しかねえからすげー微妙な所で終わりそうな気がしてきた
あと1話くらい追加でもしたほうがいいかしらん

852 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 19:59:59.29 ID:4RqmkSDd0
>>841口噛み酒はむしろ常飲クラスでもいいんではなかろうかと
ただし美青年美少女ふたなりに限る
あとこのスレで終わらなかったら次スレ立てるね!
中途半端はよくないし!
まあその場その場で考えた事かいてて書きだめ0な俺が悪いんだけど!
あと食事中の人ごめんね!


853 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:07:47.27 ID:4RqmkSDd0
あ、美少年だった・・・でも美青年でもいいか別に

一方通行(おい・・・土御門テメェ何かの策があっての事なんだろォなァ・・・?)

土御門(もちろんだにゃー・・・あんまりベタベタすぎるのもよくないぜよ
押して引いての駆け引きが大事ってもんだにゃー)

一方通行(チッ・・・・・・しょうがねェな)

御坂(・・・・・・・やるわよシスター)

インデックス(がってんしょうちなんだよ!)

御坂・インデックス「「とうまぁー!」」

上条「え?ちょ二人ともなに、えっ!?」

だきっ だきっ

御坂「んふふふ~当麻結構いい匂いしてんじゃない、ボディーソープ何使ってるの?」

インデックス「んむぅ~~~」

ぐりぐりぐりぐり

上条(い、いきなりなんだよコレは!?女の子二人に抱きつかれるだなんて!?)


854 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:14:10.70 ID:4RqmkSDd0
上条(ハッ!)

一方通行「ギリギリギリギリギリギリギリギリギリ」

土御門(一方通行!一方通行!ガマンぜよ!ガマンするぜよ!)

一方通行「フーッ・・・・・・・・・フーッ・・・・・・・・・ええ、全然平気ですよ?本当に平気ですよ?」バキィッ

土御門(血涙・・・!マンガやアニメでしかない表現だと思ってたけどリアルに流す
ヤツがいるとはにゃー・・・規格外ぜよ・・・)

上条「ふ、ふたりとも急に抱きつくのはいいとして、そろそろ離れてはくれませんかね・・・?
主に上条さんの死期が間近に迫っているといいますか・・・」

御坂「だめよ」

インデックス「だめなんだよ!」

上条「そ、そんな・・・」

一方通行「フーッフーッフーッフーッフーッフーッフーッフーッ」

土御門(握り締めた手が青白く・・・!もう嫌ぜよ・・・!)

856 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:20:09.75 ID:4RqmkSDd0
木山「おや・・・?上条君、食事が終われば両手に華とは・・・中々君も隅に置けない男だな」

御坂「あああああはははは!いいいやなんでもないですって!ちょっと当麻の匂いを嗅いでた
だけっていうか!あはははははは!」

インデックス「私はいつもやってる事だから別に恥ずかしくないんだよ!」

御坂(あぁん?アンタ・・・後で覚えておきなさいよ!)

インデックス(共同戦線といっても使えるヤツは使って、あとはポイ!なんだよ!)

木山「・・・・?まぁいい、午後は活動も兼ねて特別な遊びを用意した、気楽に楽しんでくれ」

上条「遊び・・・?」

木山「ああ、それとこの遊びは上条君と土御門君は参加できないから、チームリーダーになってくれたまえ」

土御門「・・・・・・・・・・もしかして、アレですかにゃー?木山教授」

木山「察しがいいな・・・君が想像している物と一緒だ、今日はこんなに可愛い娘たちが
いるんだ、相当スリリングなものになるぞ?」

上条「??」

857 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:27:06.41 ID:4RqmkSDd0
木山「では第8回!チキチキ!露出アンルーレット!」

ドンドンパフパフプピプピ

木山「ルールは簡単だ、上条君と土御門君チームに分かれて、このホテルに二つある
エレベーターに一人ずつ乗ってもらう・・・最上階から2階まで降りて、誰かと
乗り合わせたら負けだ、両方乗り合わせた場合は、乗り合わせた階数が
上のほうが負けだ・・・・・・・・ただし」

上条・御坂・一方通行・インデックス「ただし?」

木山「服をはだけさせて、半裸でな」

御坂・一方通行・インデックス「!?」

木山「もちろんやるのは女性だ、男の半裸なんぞ見ても興奮は・・・いや、ないこともないか
が、まぁ3人だと端数が出てしまうからな、私も僭越ながら参加させてもらうよ」

上条「・・・第8回ってこんな危ない事を8回も・・・ってか木山教授ってもしかして
この露出アンルーレットが原因で脱ぎ女とかいう都市伝説になったんじゃ・・・」

858 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:33:19.55 ID:4RqmkSDd0
木山「都市伝説は知らないが、私の場合は趣味と実益を兼ねているぞ
私の体は起伏に乏しいが、男性諸君の値踏みするような視線で私の
体を舐められるように見られていると思うととても興奮するよ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門(男にとっては恥じらう様子と非日常なエロスが見れて得しかないんだけどにゃー)

木山「というわけでクジをひこう、勝ったチームは負けたチームに好きな事を1度だけさせる
あんなことやこんなことをしてもいいし、変ゼミ的に正しい活動の為の題材にしてもらってもいい」

御坂(相手チームに!?)

インデックス(好きな事!?)

一方通行(なら相手チームにとうまくんがいれば・・・!)



くじ結果

当麻チーム 一方通行・木山  土御門チーム 御坂・インデックス

一方通行(なンでこうなンだチクショウがあああああああああああ!!!?!?)

861 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:47:57.83 ID:4RqmkSDd0
最上階

木山「さて、どちらから行くかな?百合子君」

一方通行「クソッ・・・・・・どうしてよ・・・・・・百合子は・・・百合子は・・・」

上条「上条さん的にはどっちとも行かせたくないんですが・・・」

木山「では私からイこう、というかイキたいな、実を言うとこれが楽しみでな・・・」ワクワク

上条「(木山教授ニヤけてる・・・)あ、はい・・・どうぞ」

~~~

土御門「こっちはどうするかにゃー?」

御坂「・・・・・・・・・(あ、アンタが先に行っていいわよ?)」

インデックス「・・・・・・・・・(短髪が先にいくんだよ!)」

土御門「どっちでもいいけど、やるなら早いほうがいいんじゃないかにゃー?」

土御門「昼食を終えて外出か、部屋でくつろぐ人が多くなるこの時間帯はチャンスだと
思うぜよ?」

862 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:52:20.86 ID:4RqmkSDd0
御坂「・・・・・・・じゃあ私が行くわ、年長者の度胸ってヤツを見せてあげようじゃないの」

土御門「十ピー歳の言えたセリフじゃないけどにゃー」

御坂「うるさいわね!」

~~~

木山「では、ゲームを始める前に目隠しをしてくれ」

御坂「ええっ?」

木山「そうじゃないと燃えないじゃないか、ささ、早くつけるんだ御坂君」

御坂「そ、そんな・・・」

木山「よし、付けたな?上条君も私に付けてくれないか」

上条「あ、はい・・・(う、木山教授からいい香りが・・・見た目ぼさぼさの髪してたりするのに
実は結構気を使ってるのか・・・?)・・・・・つけましたよ」

木山「・・・・・ゾクゾクゾクッ・・・・・はぁ・・・・ありがとう上条君・・・・いいカンジだ・・・・」

864 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 20:57:54.29 ID:4RqmkSDd0
木山「では御坂君は服の前をはだけさせて、ブラを少し上にあげて乳首を見せる感じで・・・
あぁ、スカートもずらしてパンツが見えるようにするとなおいいな」

御坂「~~~っ!(こ、こんな恥ずかしい格好・・・!どうせなら当麻に見て欲しいのに!)」

土御門(舞夏とは違った感じでまた露出への恥じらいの初々しさがあっていいにゃー・・・
そうだ、露出プレイも今度してみるかにゃー・・・相変わらず変ゼミにいると楽しみが増えるぜよ」

木山「では私はブラウスのボタンを全部はずしてブラも脱いで・・・と
下着もついでだから脱いで、ストッキングは履いたままにするか」

上条(ノーブラでスケスケのブラウスな上に大きな乳!さらに下着を履かないでストッキングは
履くなんてちょっとマニアックだけど・・・上条さんのリビドーが!)

インデックス(とうまの視線がやらしいんだよ・・・)

一方通行(これって・・・もしかして私の裸をとうまくんに・・・余すところなくずずずいっと
見てもらうチャンスじゃ!?)

866 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:03:27.34 ID:4RqmkSDd0
木山「はぁっ・・・・・・顔が紅潮しているのが自分でもわかるよ・・・
上条君、土御門君、同時に1階のボタンを押してくれたまえ」

上条「あ、はい」

土御門「了解だにゃー」

上条(ボソッ・・・この露出アンルーレット、見つかったらどうするんです?)

木山「っ・・・私の場合は・・・そのまま相手の性欲処理をしてあげる事もあるし・・・
変ゼミメンバーに勧誘することもっ・・・あるっ・・・」

上条「は、はは・・・そうですか・・・(これが大人のエロスってやつか・・・深いな・・・)」

土御門(おい、もし見つかっても冷静に、下の階へ降りるぜよ?
中に入ってきてもノータッチならそのままスルー、襲われるようなら能力を使ってもいいにゃー)

御坂「え・・・?いいの?能力使って」

土御門(当然だにゃー・・・木山教授はともかく、お前は露出癖があるわけでもないし
やってる本人がもうギリギリなんだから、まずは身の安全だにゃー)

御坂「そ、それなら安心ね・・・」

868 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:04:37.75 ID:4RqmkSDd0
ちょいうんこ、クソ腹いてぇ
ケツの穴からトゲピーの泣き声がしそうだわマジで

876 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:18:34.52 ID:4RqmkSDd0
いやたしかに液状ウンコだけど
自分の小便と精液を飲んだとはいえウンコチャレンジは流石に
病気とか怖いんでご遠慮願いたい
あ、でも可愛い男の娘にケツ掘られるのはいいかな、気持ちよさそうだし

上条「では」

土御門「スタートだにゃー!」

ウィーン・・・・・・

木山(はぁ・・・はぁ・・・まずは15階か・・・・・・出会いたいが、勝負としては出会いたくないな・・・
このジレンマ・・・・・・たまらない・・・・・・)

御坂(・・・・・・ど、どうしよう・・・・・・すごい足が震えてきちゃった・・・・・・)

土御門「さーて、みんなこっちだにゃー」

上条「ん?これって監視カメラの映像か?」

土御門「ホテルのオーナーが教授の知り合いだからにゃー
この勝負をやるって言ったら快く手配してくれたぜよ」

上条「もうなんかAVの企画みたいになってんな・・・スケール的に」

878 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:23:51.74 ID:4RqmkSDd0
ウィィィィン
木山(はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・1秒が何倍にも長く感じられる・・・・・・)

御坂(こ、怖い・・・こんなのがあと14回もあるの・・・?
や、やめとけばよかったな・・・・・・)

チーン

木山(き、きた!)

御坂(!!)

上条・土御門・インデックス・一方通行「・・・・・・・・・・・・・・」

上条「二人ともハズレだな」

土御門「そうだにゃー」

一方通行「でもこれって、カメラの死角から誰かが見てるってこともあるんじゃないの?
それはアウトなの?セーフなの?」

土御門「カメラに移る範囲にいなければセーフだにゃー・・・
ま、遠くのザワザワ声を聞いて羞恥心をあおるのも、この露出アンルーレットの醍醐味ぜよ」

上条「・・・・・・・・・・・・なるほど」

880 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:28:48.77 ID:4RqmkSDd0
ウィーン

上条「あ、閉まった」

土御門「次は14階のカメラだにゃーっと」

御坂(・・・・・・遠くでヒソヒソ声がしてた・・・・・・私の裸、知らない人に見られたんだ・・・・・・
め、目隠ししてたけど・・・常盤台の制服だし・・・どうしよう・・・怖いよぉ・・・)ポロポロ

木山(・・・・・・はぁ・・・・・・最高だ・・・・・・今夜はこれをオカズに5回はイケそうだ・・・)

土御門「15階から二人ともバラバラになるはずだから、2画面用意しておいたにゃー」

上条「バッチリすぎだろ・・・やけに手馴れてるな土御門・・・もしかして」

土御門「無論、何回も参加してるから操作はお茶の子さいさいなのにゃー」

上条(くう・・・うらやましいぜ土御門・・・!)


・・
・・・
・・・・・・・・


883 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:35:23.95 ID:4RqmkSDd0
14階・・・13階・・・12階・・・・・・・7階・・・

土御門「接戦だにゃー・・・普段なら10階手前でどちらかが引っかかってもいいんだけどにゃー」

上条「もしくは、カメラに映ってないだけ、か・・・」

一方通行「・・・・・・・・ねえインデックスちゃん、これどう思う?」

インデックス「男二人が下品な顔してテレビを見てるだけなんだよ」

一方通行「やっぱり?私もそう思ってたんだ」

土御門「失敬な、由緒正しい変ゼミの活動ぜよ、やましい事なんかこれっぽっちもないにゃー」

上条「そうだぞ!これは活動の一環だから、やましいところなんかこれっぽっちもないのです!」

インデックス(・・・・・・・野獣の顔なんだよ)

~~~

御坂(ぐすっ・・・も、もうヤダぁ・・・怖いよぉ・・・・・・学校にバレたら、私・・・ぐすっ・・・
黒子の事散々変態扱いしてたのに・・・こんなの、サイテーだよぉ・・・えぐっ・・・)

木山(はぁ・・・はぁ・・・だれか・・・!だれか!私を見てくれ!
この薄汚い私を!堪え性のないはしたない体を!)

886 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:41:32.17 ID:4RqmkSDd0
一方通行(あ・・・いい事思いついた)

ピッピッピッ

一方通行「あァ・・・俺だ・・・今すぐ第3学区のセブンスホテルの4階のエレベーター前に来い
・・・・・・あァ?そうだよ、【グループ】の仕事だ・・・・・・超特急で飛ばしてこい」

ピッ

上条「ん?どした?百合子?誰かに電話か?」

一方通行「うん♪いい事思いついたからねー♪」

土御門(・・・・・・・まぁ電話してはいけないなんて決まりはないしな・・・・・・
この勝負、木山教授の勝ちかにゃー)






海原「なんなんでしょうね・・・一体、一方通行も人使いが荒い・・・」

890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:45:14.18 ID:4RqmkSDd0
海原「まぁたまたま近い場所にいたからいいものの・・・緊急の要件だったらどうするんですか
まったく・・・」

海原「えーと、4階でしたっけ?・・・」

チーン

海原「エレベーター前って・・・・・・・・!?」

御坂(・・・・・・だ、だれ・・・・?人の気配がする・・・・?
や・・・・・やだ・・・・お願いだから来ないで・・・・)

海原(な、なんだこれは!?と、とにかくっ!)

ダダダッ

御坂「ひっ・・・?」

チーン

御坂(だ、だれ!?だれなの!?だれなのよぉ・・・!)

海原(もしやとは思いますが・・・美琴さん・・・なのか・・・?)

893 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:50:58.80 ID:4RqmkSDd0
美琴(・・・・・・・・・見られてる・・・・私見られてるんだ・・・・知らない人に・・・・
こんな恥ずかしい格好・・・すぐ近くで・・・・・・)

海原(でも仮に美琴さんだとしてもなぜこんなところに!?いやまずなんでこんな格好を!?
・・・・・・疑問は尽きないが・・・・・・本当に美琴さんならこんな事はするはずはない・・・)

海原(なら美琴さんのそっくりさんか・・・?にしては、常盤台の制服を着ていますし・・・・・・
・・・・・・何がなにやらで・・・・・・さっぱりですよ・・・・)

美琴(・・・・・・どうしよう・・・・・・襲われたら能力使っていいって言われたけど・・・
この人、乗ってきただけで何もしないし・・・・・・誰か助けてよ・・・・・・)

海原(・・・・・・・・・・・・・・よし、これは美琴さんではない、美琴さんのそっくりさんかつ
露出狂の女の人だ、美琴さんはこんな変態ではなかったはずだし・・・万に一つもないだろう)

海原(・・・・と、決まれば!)スッ

パシャッ

美琴(っ!!!?写真!?わ、わたし、しゃしんとられたの!?しゃしん!?とられちゃったの!?)

海原(ついでにムービーっと・・・)

ピコンッ

898 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 21:56:37.40 ID:4RqmkSDd0
あ、御坂が美琴になってた、素で気がつかなかった

御坂(この音・・・ムービー・・・?・・・・やだ・・・・私のこんな姿・・・・・・
ネットに流出なんてされたら・・・絶対バレちゃうよぉ・・・・・・・・
きっと先生にも怒られて、学校辞めさせられて、お母さんお父さんにも・・・・
やだよぉ・・・・・・・やだよぉ・・・・・・・)ヒグッ

海原(泣いてる・・・?ああ、なんでしょう・・・この人をすごく虐めたい・・・
・・・いえ、いけませんね、一般人?に手を出すだなんて、【グループ】として
ありえないでしょう・・・・・・はぁ・・・それにしても最近仕事ばかりで
美琴さんを見られなかったし・・・とうぶんはこれでがんばっていけそうです)

チーン

海原(もう下の階か・・・)

海原「あなたが誰かは知りませんが、そんな事をしていると危ないですし、風邪を引きますよ
誰の指示だとか自分でやってるとかは私の知ったことでもないですが・・・
とりあえずコレをかけておきます、あとは自分でなんとかしてください」

御坂「(これ・・・上着?)・・・・・・・ありがとうございます」

海原(正直チンコバッキバキでこんなセリフ言っても説得力0ですけどね)

899 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:01:09.07 ID:4RqmkSDd0
海原「・・・もしかして一方通行が連絡してきたのはコレを見せたかったからでしょうか・・・?
・・・ま、何があったかは知りませんが、一方通行もたまにはいい事をするものですね、役得役得っと」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・ふーむ」

土御門「・・・・・・・・・・海原・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「海原も結構いいセンスしてるね・・・あとで木山教授にこのビデオ提出しよっか?」

土御門「賛成だにゃー」

上条「俺もだ、アイツに『あれは実は美琴だったんだぜー!』とか言ったら即バラバラにされそうだけどな」

インデックス「・・・・・・・・・・・・揃いも揃ってだめなやつらなんだよ」

上条「美琴は4階でアウトっと・・・木山さんはまだ6階か?」

土御門「おお・・・そういえばこっちに集中しすぎて気がつかなかったぜよ」

900 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:04:57.23 ID:4RqmkSDd0
ピピッ

土御門「よし、もう戻っていいぞ御坂?お前は4階でアウトだにゃー」

御坂『ふ・・・・・ふぇ・・・・・わたし・・・・こわかったよぉぉぉぉ・・・・・』

土御門「あとでカミやんが慰めてやるから、まずは服を着るんだにゃー」

上条「んなっ!?」

御坂『あ・・・・・うん・・・・』

インデックス・一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「は、はは・・・・・お前らも怖かったら・・・・慰めてやるから、な?」

インデックス「そ・・・それならいいんだよ・・・頭なでなでしてほしいんだよ」

一方通行「じゃあ私はとうまくんにちゅーしてもらいたいなぁ・・・」

インデックス「なんなんだよ!?」

一方通行「あァン!?文句あンのかチビガキよォ!?」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「お、木山教授が5階に・・・・・・男と一緒に下りてるぜよ!?」

上条「なに!?」

902 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:10:11.66 ID:4RqmkSDd0
ピピッ

上条「木山教授!?いつ見つかったんです!?」

木山「はぁ・・・・はぁっ・・・んっ・・・・7階だ・・・」

木山「乗り合わせた男が私の体をまさぐってきてな・・・はぁ・・・
せっかくだから私も彼のペニスをしごいてやってな・・・」

木山「ソイツは普段からこういう状況になれているのか、すぐにイカされてしまって・・・
特に胸のいじり方が上手かった・・・連絡先をもらえばよかったな」

木山「お返しに私も手でしごきあげてイカせてやったが・・・
んちゅっ・・・・れろっ・・・・・・4日は出してない精液だな・・・
濃厚で・・・・んむっ・・・喉に引っかかる・・・・・・
これだからやめられない・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「これでちゃんと服は着てるし目隠しも取ってるんだから教授は恐ろしいぜよ」

木山「はぁっ・・・残念ながら私たちの負けだ上条君・・・・・・
まぁ、私はどっちかといえば先に見つかりたかったのだがね」

上条「いや・・・・・・・・・いいですけど・・・・・・」

904 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:17:01.09 ID:4RqmkSDd0
~~~

御坂「とうまぁぁぁぁぁぁぁ!うわあああああああ!」

上条「おお・・・よしよし・・・・怖かったよな?見つかったらどうしようかって思ってたんだよな?
・・・ここだけの話、木山教授のこのゲームはこのホテルの職員からすれば
風物詩みたいなもので、情報規制もしっかりしてるらしい、だから安心していいぞ、美琴」

御坂「ぐすっ・・・ぐすっ・・・わ、わたし・・・もう学校行けなくなるんじゃないかって・・・・ぐすっ・・・
お、おとうさんも・・・おかあさんにも・・・嫌われると思って・・・・ぐすっ・・・・
わたし・・・・えぐっ・・・・」

上条「よしよし・・・もう安心していいんだぞ・・・?」

インデックス「なんなんだよ・・・この甘いムードは・・・」

一方通行「イライラ」

木山「ふぅ・・・露出のあとのシャワーはまた格別だな」

木山「さて、今のところ1-0で土御門君チームがリードだ
次は百合子君とインデックスさんだな、楽しみにしているよ」

一方通行「・・・・・・・はぁーい」

インデックス「・・・・・・・・やるんだよ!」

908 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:27:59.88 ID:4RqmkSDd0
上条(無理しなくていいからな?百合子・・・
危ないと思ったらすぐ能力使えばいいし、俺に助けを求めてもいい)

一方通行「うん・・・頼りにしてるね?とうまくん・・・♥」

土御門(インデックスは他のみんなと違って能力も何も持ってないからな・・・
万が一があるとも限らない、コレを首に貼り付けておくぞ)

インデックス「ん?なにこれ?」

土御門(触るとここの職員に露出アンルーレットの緊急事態が発生したとの信号を伝えるボタンぜよ、このボタンを押せばすぐに職員がお前を助けに来てくれる)

インデックス(おお・・・ハイテクってやつなんだよ!これなら安心スーパーガードなんだよ!)

木山「双方準備はできたかな・・?ではインデックスさんは午前の活動で
してもらったのと同じ格好で待機・・・ただしオムツではなくノーパンで」

上条「ブフッ!?」

木山「百合子君は・・・そうだな、ワンピースをたくし上げて、少しショーツを下げて・・・
君のペニスとおまんこが見えるように、だ・・・あ、出来ればペニスは
勃起したままのほうがいい、そのほうが私的にはそそるからな・・・
なんなら乗ってる間はペニスをいじる、もしくは卑猥な妄想をする、でもかまわない」

909 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:35:12.61 ID:4RqmkSDd0
上条「そ、そんな!それじゃあまりにも二人には酷ですよ!」

木山「君は見たくないのか?普段では想像できないような格好で
衆人監視の下に恥らう二人を・・・・・・
君にベタ惚れの彼らが、いやらしい目つきで他の中年男や
汚らわしい男に嘗め回すように見られるサマを・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・う」

木山「きっと彼女らはこう思うだろう・・・『助けて・・・当麻・・・私、怖い・・・
こんな人たちに私の裸を見られるなんて・・・襲われたくない・・・
私の初めては・・・当麻にささげたいのに・・・』とな」

上条「やりましょう!」

木山「・・・・・っと、なんだね、ノリがいいな上条君」

上条「ええ・・・情報規制もされてるし、遊ぶならとことん遊びましょう教授!」

土御門(カミやん・・・お前はほんっとに成長したぜよ・・・)

911 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:39:52.39 ID:4RqmkSDd0
上条「でも、大丈夫か・・・?二人とも、こんな格好・・・って」

一方通行「あぁっ・・・ふぅんっ・・・じゅ・・・準備っ・・・ふあっ・・・できてますっ・・・」しこしこにちゃにちゃ

インデックス「ふんひへひへふんはよー?」

木山「君の心配は無用だったようだな」

上条「・・・・・・・・お前ら・・・・・」

御坂(・・・・・・・・・・私には無理かな)

土御門「おお・・・・・・ふたなりって俺は無理だなんて思ってたけど、いざ
こういう自慰行為をまざまざと見せ付けられると考えを改めさせられるにゃー」

木山「百合子君は【女】に目覚めてから女性ホルモンの働きが活発になっているそうだ
きっと顔や体つきも女性のソレに近くなっていくだろう」

土御門「将来有望なんだにゃー」

一方通行「・・・つちみかどっ・・・てめっ・・・・あとで・・・・覚えとけよっ・・・・んっ・・・」

土御門「チンポシゴきながら言われてもにゃー・・・でも、エロいのは事実ぜよ?」

913 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:52:20.49 ID:4RqmkSDd0
>>910そこはご愛嬌です、精神的なラブです、プラトニックなラブです
プラトニックといえば古代ギリシャのプラトンあたりも精神的な愛を押し出していたらしいね!
その代わり同性愛だったらしいけど!

上条「ああ・・・百合子がシゴいてるとこ、すっげぇかわいいし、エロいぜ」

一方通行「―――っ!・・・っつぁ!そんなこと言われたらっ・・・で、でちゃうよぉ!」

木山「まて!もったいない!私が飲む!」

上条・土御門・御坂(ええええー・・・・・)

木山「ふじゅむぅ・・・・んじゅっ・・・じゅぼっ・・・」

一方通行「きょ、きょうじゅ!?あ、そんな吸い付いたら・・・・ふあぁっ!」


915 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:54:38.70 ID:4RqmkSDd0
ビクッビクッビクッ

木山「ちゅうううう~・・・・」

一方通行「す、吸ってぇ・・・!?あくっ・・・腰がっ・・・・ふぁっ・・・・!」

っぽん・・・・・・・

木山「ふむ、精液の味も男性のソレと変わらないか・・・中々に興味深いな・・・
それにしても濃いし、半固形のゼリーのようだな・・・どれだけ自慰をしていなかった?」

一方通行「あ・・・・・・1週間・・・くらい・・・」

木山「なぜだ?」

一方通行「い、家には一緒に住んでる人もいるし・・・それに、するオカズはとうまくんしか
ないから・・・お、女の子のほうですると、気持ちよすぎて・・・・その・・・」

木山「グッドだ、実にいい、これからもそのスタンスでいきたまえ・・・
それに、君の乱れる様を見て、ほら、上条君もずいぶん興奮しているようだぞ」

一方通行「・・・・・・・・・・あ・・・・・・・♥」

上条「・・・・・・・・・百合子はエッチだなぁ・・・紳士としてけしからんと思うぜ、うん」

御坂(・・・・・・・・・・・悔しいけど、これは体の問題だしね・・・・うん)

916 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 22:59:48.03 ID:4RqmkSDd0
木山「さて、このままだとメインを前にみんなが満足してしまいそうだ、さっさと始めよう」

土御門(教授が引き伸ばしたんじゃないかにゃー・・・)

一方通行「・・・・・・・・・あ・・・・まだおっきく・・・・」

上条「百合子はエッチだなぁ・・・」

一方通行「・・・・・・バカ」

インデックス「ちょっと!また私が空気になりそうなんだよ!さっさとはじめるんだよ!」

土御門「すまんにゃー・・・俺もちょっと興奮してトイレ行こうかと思ってたくらいぜよ・・・
さて、スタートだぜい!」

チーン・・・ウィィィィィィ・・・・

上条「あーもうなんかこれだけでご馳走様って感じだなぁ」

土御門「右に同じ、ぜよ・・・一方通行もあんだけ普段からしおらしいといいのににゃー」

御坂「・・・なんでかしらね?知ってる人のお・・・おなにー・・・を見るのって
こうも罪悪感のあるものなのかしら」

木山「それが無くなってしまうような知り合いは友達ではなく恋人の関係だよ御坂君」

919 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/18(木) 23:11:34.78 ID:4RqmkSDd0
今思ったけど個人的に百合子は仮性包茎がいいなぁ、剥いてあげたい


・・
・・・

土御門「とりあえず二人とも10階まではひっかからず、かにゃー」

上条「うーん・・・・・・もうさっさと誰かエレベーター前に突撃したらどうだ?」

御坂「ちょっと当麻・・・なんか過激になってきてるわよ?」

上条「そうか?」

木山(いい兆候だな・・・上条君も成長してきて・・・コレは楽しみだ・・・)

~~~

一方通行(よ、予想とはちがって・・・すっごく怖い・・・
誰かの喋ってる声聞こえるし・・・い、今も実は誰か乗ってるんじゃないかって・・・
怖いよとうまくん・・・・・・でも・・・・・・なんで・・・・?
・・・・・・・・・・・・・おちんちん・・・・おっきくなって・・・痛いくらいだよぉ・・・・・)

インデックス(し、心頭滅却!心頭滅却なんだよ!・・・
こ、これくらいとうまに後で慰めてもらうと思えば・・・!平気なんだよ!)ガタガタブルブル

59 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 21:21:03.02 ID:TqyKCQ3q0
9階

一方通行(怖いのに・・・怖いのに・・・ぼっきがとまんないよぉ・・・
切ないよぉ・・・・・・おちんちんごしごししたいよぉ・・・・・・けど・・・・・・こんな格好してるのに・・・)

インデックス(な・・・泣きそうなんだよ・・・足にも力が入らなくて・・・
短髪がびーびー泣いてたのもわかるんだよ・・・!と・・・とうまたすけて・・・!)

上条「・・・・・・くそっ・・・ムラムラしてくるな・・・もうどっちでもいいから見つかっちゃえよ・・・」

土御門「ほんとぜよ・・・腹が極限まで減ったところで目の前で特上カルビを
焼かれて匂いだけかがされてる気分だにゃー・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・そりゃ私怖くて頭真っ白だったけど・・・これ見たらあの二人どう思うのかしらね」

木山「男は皆野獣であり紳士だ・・・こういった面を呆れつつも受け入れてやるのも
また、男を満足させてやる秘訣の一つでもある」

御坂「・・・・・・・それは経験からくる話ですか?木山教授」

木山「・・・・・・まぁ、ぶっちゃけヤる前は皆優しいが、いざとなったら遠慮と言うものを
知らないからな・・・」

御坂「・・・・・・・そですか」

61 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 21:28:22.09 ID:TqyKCQ3q0
皆の予想を裏切って申し訳ないが単なる車高での応急訓練でござる
ちなみに仕事は4月からプログラマーなんで妄想を今のうちに吐き尽くしたいだけなのよ

木山「ああ、猿のように腰を打ち付けて何度も私の名前を呼ぶんだがその様がまた
可愛らしいんだ・・・つまみ食いもいいものだ」

御坂(・・・・・・・・・・・木山教授って淫乱よね・・・っていうか恥女?)

土御門「このままじゃジリ貧ぜよ・・・何かいい案はないか?カミやん」

上条「うーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハッ!あるぞ!でもこれは上条さんの
良心にかけてやっちゃいけないことだと思います!」

土御門「ええじゃないのカミやん~減るもんじゃないしぃ~」

上条「キモッ・・・・・・いやダメだ、これをやってしまえば俺は文字通り明日、いやヘタをすれば
今日死んでしまいます・・・!」

土御門「・・・・・まぁカミやんだし、リアルにそうなりそうだしにゃー・・・やめとくかにゃー」

上条「おう・・・百合子が電話かけてたから俺もと思ったが、流石に百合子ほど酷いマネは
しようとは思わないからな・・・」

土御門(よく言うぜよ)



ステイル「ヘブシッ・・・・・・何か幸運を奪われた感じがするな・・・・・・ま、アイツでもないし
気のせいかな」

65 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 21:35:05.64 ID:TqyKCQ3q0
チーン

一方通行(ひっ・・・またドアが開いた・・・!わたしのはずかしいトコ・・・見られてる・・・
きっと遠くでわたしの事気持ち悪いって言ってるんだ・・・)

ザワザワザワ・・・            チワルイ・・・
ニアレ・・・   ザワザワザワ・・・   アリエナクナイ?  ザワザワ・・・

一方通行(い・・・いやっ・・・・・・気持ち悪がられてる・・・わたし・・・
けど・・・おちんちんいたいよぉ・・・・・・すっごくびくびくしてるよぉ・・・)

一方通行(・・・・・・見られてるダケなのに・・・・っ・・・くっ・・・・!!)

びゅるっ・・・びゅるるっ・・・びゅっ・・・・

一方通行(さわってないのに・・・・・・イッっちゃったよう・・・わたし・・・さいていだ・・・)

上条「ぬおおああああああ!?これは百合子の精液ですか!?イッたんですか!?
百合子イッたんですか!?ハイ!イキました!イキましたよ土御門さん!?)

土御門「うううううむ・・・今すぐビデオカメラを持って一方通行を撮影しにいきたいぜよ・・・
普段キツイ顔をしているアイツが羞恥と快楽に歪む様は絵になるぜよ・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・男って・・・・・・」

木山「そういうものだ、気にするな」

67 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 21:43:28.70 ID:TqyKCQ3q0
木山「しかしこの階には人はいないはずだ、それなのに性的興奮が高まって射精に至ったという言は・・・
これは幻聴だろうな」

上条「はぁはぁ百合子・・・!・・・・・え?幻聴?」

木山「極度の恐怖と緊張によって本来なら聞こえないはずのざわめき、喋り声が
今まで露出した階で聞こえた音を再生させ、なおかつ恥ずかしい格好をしている上に
ふたなりであるということから、きっと私を見た人は軽蔑するのではないか?という
恐れが重なり、いかにも彼女をあざ笑い、侮蔑するような声が彼女には聞こえているのだろう」

上条「はぁ・・・そりゃまた・・・」

木山「何も幻聴はこんな特殊な状況で聞こえるといったワケではないぞ?
たとえば怖い映画を見たときに、普段から聞こえるようななんでもない物音や
隣の家の立て付けの悪い扉が鳴らす嫌な音ですら、もしや
自らの部屋に幽霊が潜んでいるのでは・・・?と思う事だってあるだろう
あまりの恐怖に人間は自分で勝手に音を鳴らす事だって多々あるものさ」

木山「幻覚にも恐ろしいものがあってな・・・スティグマ、といって
被験者に目隠しをして、極度の恐怖に陥らせる・・・そして刃のないナイフで
脅し、手首に当てて傷を付けるフリをするんだ
そして手首に暖めた水を流し耳元でこう囁く・・・『お前の手首から血が止まらないぞ・・・
このまま放置すればお前は死ぬだろう・・』
そうした結果、どうなったと思う?」

土御門「・・・・・・・・・・・・・・・」

木山「被験者はショックで死んでしまったんだよ、だから考えようによっては、目隠しをされた暗闇の中、エレベーターの中で何人もの男にまさぐられる自分をイメージしても
それがリアルな感触で返ってくる可能性は充分にある」

68 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 21:49:02.96 ID:TqyKCQ3q0
木山「それに彼女は研究所での辛いトラウマがあるからな・・・彼女を虐げる声や
悪意のある声はよく聞いていただろう、きっと彼女が聞いてる声はもはや
ハッキリとリアルに聞こえているだろうな」

上条「そんな・・・百合子!だったら!」

木山「ダメだ上条君、行ってはいけない」

上条「なんでですか!」

木山「これを機に自らのトラウマに向き合ういい機会だ・・・
君は彼女のトラウマを払拭できたと思っているかもしれないが
トラウマなんて重大な心の傷はそう1日や2日で治るものではない・・・
彼女自身が自らに打ち勝つ事が大事でもある・・・それに」

上条「それに?」

木山「もしかしたらそのトラウマを昇華させて、自らの快感へと変換できるかもしれないだろう?
言ったじゃないか・・・後天的な性感帯や性癖は、トラウマからも発生すると」

上条「・・・・・・・・・・・・危ないと思ったら、すぐに助けに行きますからね」

木山「うむ、それでいい」

72 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 21:59:02.73 ID:TqyKCQ3q0
土御門「・・・・お?一方通行の精液を職員が颯爽と掃除しているぜよ」

上条「なに!?・・・・・・すげぇ手早い作業だな・・・もしかして教授、これも?」

木山「ああ、恒例だからな・・・いつでも後始末が出来るようスタッフが万全の用意をしている」

上条「あんだけ白く彩られた真紅のじゅうたんが元通りに・・・」

木山「やる時はとことんやるべきだからな」

木山「ちなみに清掃スタッフはああいった体液などは個人でお持ち帰りして
家で今晩のオカズに出来ると喜び勇んでいたよ」

木山「もちろん自慰的な意味でもそうだが・・・そのまま食うヤツもいる」

上条「oh・・・」

土御門「む・・・一方通行の方に動きがあったぜよ」

上条「ってさっき言ったばっかりなのに!?見せてみろ土御門!」

74 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:04:24.10 ID:TqyKCQ3q0
上条「・・・・・・これは誰だ?いかにも中年サラリーマンっぽい小太りかつハゲ気味の・・・」

土御門「さっき一方通行の露出現場を目撃したが・・・驚きのあまり固まってるぜよ」

上条「普通はそうだろ・・・・・・・・・・あ、コイツ!ニヤけてるぞ!」

土御門「なんか順応してる人が多いのは気のせいかにゃー」

上条「入っていきやがった・・・百合子大丈夫か・・・?」

土御門「まぁ触られたり襲われたりしたら能力使うように言ってあるし、大丈夫なんじゃないかにゃー」

上条「そうはいってもな・・・心配だぜ・・・百合子・・・」

御坂(・・・・・・・・・悔しいけど私も心配になってきたわね・・・)

75 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:11:35.91 ID:TqyKCQ3q0
~~~

中年「・・・いやぁ、こんな可愛い娘がこんな所で露出を・・・しかもふたなりとは・・・
人生長生きするもんだねぇ、ふたなりっ娘なんかマンガの世界でしかないと思っていたよ」

一方通行(ひっ・・・誰・・・!?誰なの・・・!?)

中年「ふぅー・・・絶景だねぇ・・・君、名前はなんていうのかな?
それとも誰か、ご主人様とかの命令でこういう事をしているのかな?うん?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・ゆ・・・・・・ゆりこです・・・・・」

中年「おほほっ!可愛い名前だねぇ~!ゆりこちゃんかぁ!
いいなぁ、おじさんエッチな娘は大好きだよ~?」

中年「それにしても、ゆりこちゃんか・・・昔似たような名前の可愛らしい子がいたっけなぁ
・・・なんていったか・・・ガラの悪い研究員に紹介してもらったが・・・き・・・・きはら・・・・だっけ?」

一方通行「ビクッ・・・・・・・・き・・・はら・・・せん・・・・せい・・・?」

中年「おお!そうだそうだ!木原クンだよ!・・・・ん?君がなぜそんな事を?
・・・ハハッ!もしや君はあの【ゆりこちゃん】かい!?いやぁー!大きくなったねぇ!」

中年「あの時から体つきもよくなって・・・!そうか、能力で体に異変が起きたとかで
『あの』集会には呼ばれなくなったのは、なるほど、それが原因か!おじさん納得だよ!」

78 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:17:51.92 ID:TqyKCQ3q0
一方通行「・・・・も・・・・もしかして・・・・わたしを・・・・・・犯したのは・・・・・・」

中年「ははは、10年ぶりくらいかなぁ・・・あの頃は私にも近い年頃の娘がいてねぇ
南米あたりの出張でよく子供を【買って】はいたがなかなか満足できなくてねぇ・・・
研究所への融資の話なんぞつまらんと思っていたが、まさか君のような娘を抱けるとは!」

中年「木原クンもなかなかいい趣味をしているじゃないか!・・・ということは、あれかな?
これも木原クンの命令かい?・・・いやぁ!ますます気に入った!
おじさんはちっちゃい子も好きだけど、若い娘も大好きなんだよ!
あれから木原クンもうまくやっているかと心配はしたが、これならまたサービスしてあげてもいいなぁ!うん!」

一方通行「う・・・・そ・・・・でしょ・・・・・・や・・・・・いや・・・・・」

中年「そうと決まればだな!早速私の息子を舐めてくれんかな?
君のそんな姿を見ていたら興奮してきたよ!
ココでは君みたいな露出が一部では風物詩のように語られているそうだし
準備も万端なんだろう?目隠し露出プレイとはなかなか趣があっていいじゃないか!
ささ、やってくれたまえ【ゆりこちゃん】!あのときのようにちろちろと!」

一方通行「う・・・そよ・・・あのときの・・・・・・・いや・・・・生きてるなんて・・・・いや・・・」

83 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:22:48.24 ID:TqyKCQ3q0
中年「ん?どうした?早くしてくれたまえよ・・・
まだ木原クンの下にいるんだろう?なら早めに終わらせないと、木原クンに【おしおき】されるんじゃないかい?」

一方通行「ヒッ・・・・・・・・・や・・・・いやぁ・・・・・」




上条(スゲェの見せてくれよ、【鈴科百合子】)

一方通行「あ・・・・・」

上条(お前が【男】でも【女】でも、お前は友達さ、【一方通行】)

上条(充分うまくやれてたじゃねぇか、そんなお前なんだ
女に戻ったって、うまく【一方通行】やれるさ)

一方通行「・・・・・・・・・・・・そうだ」

一方通行「私、何やってるんだろ・・・・・・」

中年「ん?」

一方通行「いつまでも【過去】に引きずられてるなんて・・・・・・【女】を捨てた意味がないじゃない」

中年「何を言ってるんだ・・・?」

84 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:26:04.58 ID:TqyKCQ3q0
一方通行「・・・・・・・ふふ・・・・こんなんじゃとうまくんに笑われちゃうな」

一方通行「・・・・・・・いいよ!おじさん?い~っぱいサービスしてあげちゃう!」

中年「おほっ!そうこなくてはね!」

一方通行「あ~ン・・・・」

中年「その可愛らしいお口も相変わらず・・・ふひひ、たまらんねぇ」

一方通行「でもよォ・・・・・・・・」

中年「え?」

一方通行「サービスするようになンのはテメェの【ケツ】でだ、覚悟してンだろうなァ・・・?」

中年「な・・・・・・・・!」

ガブッ・・・・・ブチリ



その日
この世から
一人男が
減った

88 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:30:40.85 ID:TqyKCQ3q0
一方通行「オラオラオラオラァ!?どうしたンですかァ!?俺を犯してたあン時の威勢はどォしたァ!?
テメェのケツで俺のデカチンを満足させてミロってンですよォ!?」

中年「ひぃっ!ひぃ~っ!・・・・な・・・なぜ・・・!わ、わたしのチンコが噛み千切られたのに・・・
血が出ない・・・・・痛くもない・・・・!」

一方通行「はァ~い!それは俺の能力【一方通行】のおかげでェーっす!
俺がテメェの血液と痛みの信号のベクトルを操作してあげてんですよォ!?
俺が操作してなきゃ、テメェは今頃ショック死してますっつーンだよクソ豚ァ!」

中年「ひぃ・・・ひぃ・・・なぜ私が・・・・ぎひぃ!・・・こんな目に・・・・ひぃ」

一方通行「アァァァァ!?」

ガシッ

中年「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

一方通行「胸に手を当てて10年前の自分に聞いてみなァ・・・?
今更遅ェだろうがなァ!?ギャハハハハハハハハッ!!」

中年「たすけてくれぇ・・・・・たすけてくれぇ・・・・!」

91 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:37:13.59 ID:TqyKCQ3q0
一方通行「さァー!ここで哀れな豚にこの先の選択肢を与えてやンぜェ!?
①!この俺の性欲処理のためにボロ雑巾のように扱われ、用が済んだら能力解除で
大量出血!あァ~ンド痛みのショックで死亡!
②!さっさとその中年メタボリックなステキマウスからあの時かかわったヤツラの情報を吐いて
無様ながらも止血だけはさせて頂く!
③!誰も助けに来ないし、助かることはありませェ~ン!
お好みのコースを選んでいいぜェ!?これでも大判ぶるまいだァ!ヒャハハハ!!」

中年「に、②!②だ!なんでも言う!だから・・・助けてくれ・・・!」

一方通行「イ・ヤ・ダ・ヨ♪オジサマ?♥」

中年「ひっ・・・・・うわあああああああああ!」

一方通行「っとォ・・・・イクッ・・・・!」

中年「ひっ・・・・ひっ・・・ひっ・・・・ひっ・・・」

一方通行「さァ~てェ、性欲処理も済んだし、ゴミ豚野郎はさっさと廃棄処分とイキますかァ!?」

中年「ご、後生だ・・・なんでもする・・・!金だっていくらか用意する・・・!だから頼む・・・!」

一方通行「うっせェ、豚が言葉を喋るな・・・クソはクソらしく野たれ死ンどけ」

カチッ

94 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:42:36.74 ID:TqyKCQ3q0
中年「」ブクブクブク・・・ジョロロロ・・・・・

一方通行「・・・・・・誰が殺すかよ、自分でその罪を死ぬまで償え」

チーン

一方通行「おい!お前ら!コイツの止血はしてある・・・病院とアンチスキルに連絡しろォ!」

清掃員「ハッ」

一方通行「・・・・・・黒服サングラスとか、明らかに怪しいンだっつーのォ・・・」

~~~


土御門「?一人?中に一緒に入ったオッサンはどうなったんだにゃー?」

上条「さっきの清掃員が・・・・あっ、オッサンをかついで出てき・・・・うげ」

土御門「・・・・・・・・・・・チンコがない・・・・・!」

御坂「うわぁ・・・・・・・・・・・・・・(ま、でも少しはコイツらも落ち着くわね・・・こんなのみたら)」

木山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(呼んでみたかいがあったな、百合子君・・・君は本当に強いな・・・恐れ入る)」

上条「・・・・・・別の意味で百合子が怖いしチンコが痛い・・・・」

土御門「俺もぜよ・・・・・・ヘタな発言は控えるべきにゃー・・・・」

95 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:48:01.96 ID:TqyKCQ3q0
木山(危ない賭けだったが・・・こういう時は荒療治がよく効くものだ
まぁ余計に心の傷を負う心配もあったが・・・そのときはそのときで私が慰めてやればいいしな)

上条「う・・・・・・あ・・・インデックスはどうなったんだ?」

土御門「・・・・・・・・・・・・・何!?2階!?
まさかの最下層までバレずに到達かにゃー!?」

上条「な、なんだそりゃ・・・」

御坂「・・・バレないほうがよかったんじゃない?十ピー歳でノーパンだなんて
普通の人が見ても普通じゃなくても通報モノじゃない」

木山(・・・悪いがインデックスさんは2階まで発覚しないよう仕向けさせてもらったよ
・・・彼女は露出するだけで、充分Mとして快楽を得られる、それ以上はもはや麻薬だ)

上条「それにしてもチンコ・・・うっ・・・噛み千切ったのか?これ・・・
百合子に・・・あんまり詳しく状況を聞きたくないな・・・」

土御門「・・・・・・・・・・・・上に同じ、ぜよ・・・・・」

99 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:54:15.15 ID:TqyKCQ3q0
~~~
スタスタ

上条「あっ!百合子!お前だいじょう」

一方通行「・・・・・・・・・・シャワー借りるね」

上条「あ・・・・・・・あぁ」

スタスタ・・・・バタン

木山「そっとしておいてやれ・・・・・・後で君に話すだろう」

上条「・・・・・・・・・・・・・はい」

ダダダダダダダッ!

インデックス「うわああああああとうまああああああ!」

上条「インデックス!?お前2階まで見つからなかったってどんだけ幸運なんだよ!?」

インデックス「そ、そんな問題じゃ・・・・ないんだよお・・・・・・ぐすっ・・・」

インデックス「いつまでたっても・・・・えぐっ・・・・おわらないし・・・・・ひぐっ・・・
誰も連絡しにこないしっ・・・・・いつまでたっても・・・・エレベーターが動かないからっ・・・
壊れたのかとおもって・・・・・・とじこめられたのかとおもって・・・ぐずっ・・・・
目隠しも・・・すっごく硬くてほどけなくて・・・やっとほどけたとおもったら・・・・
目の前に・・・・く、くろふくの・・・かくがりの・・・サングラスが・・・えぐっ・・・」

インデックス「わ・・・・わたし・・・・襲われるかと・・・・おもったんだよ・・・・ふぇぇぇぇぇ」

100 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:56:59.58 ID:TqyKCQ3q0
上条「おお・・・よしよし・・・だからあんなに走ってきたのか・・・
大丈夫だぞ・・・そいつはただの清掃スタッフだ、お前を襲いにきたんじゃない
きっと心配で様子を見にいったんだろう」

インデックス「でも!でもぉっ・・・!」

上条「大丈夫大丈夫・・・ここに俺がいるから、な?」

インデクッス「・・・・・ふぁぁぁぁぁぁ!こわかったよぉぉぉぉぉぉぉ!」

上条「よしよし・・・よくがんばったなインデックス・・・」

インデックス(チラッ・・・短髪ばっかりいい思いさせないんだよ・・・・ぐすっ)

御坂(・・・・・・・・フン)

木山「すまないがちょいと失礼・・・」

ぬるっ

インデックス「ひゃぁん!?」

木山「ふむ・・・ペロ・・・やはり興奮して濡れていたようだな、合格合格・・・と」

インデックス「~~~~~~~~~ブルブルブルブル」

上条「・・・は・・・・・ははは・・・・・」

103 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:01:23.50 ID:TqyKCQ3q0
土御門「あ、教授!俺もちょっといいかにゃ~?」

木山「ああ、いいz」

上条「ダメに決まってんだろペドみかど!」

土御門「酷いにゃー・・・でもロリをすっ飛ばしてペドは心外だにゃー」

インデックス(・・・・・と・・・・とうま以外に触られた・・・・!)

~~~

シャアアアアアアアア・・・

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・っ」

シャアアアアアアアア・・・・・・

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・私のバカ・・・・・・・」

一方通行「なんであんなやつ・・・・生かしておいたのかなぁ・・・・?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかんないや・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・グスッ・・・・・」

104 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:06:41.25 ID:TqyKCQ3q0
ガチャッ

上条「あ!百合子!大丈夫か!?・・・心配したんだぞ」

一方通行「・・・・・・・・うぅん、へいき・・・だいじょうぶだよ、とうまくん」

上条「百合子・・・・」

一方通行「・・・なんでもないの、ただの・・・【私】の【過去】が・・・
たまたま、浮かび上がってきただけだから」

一方通行「・・・またとうまくんに助けられちゃったなぁ・・・うん、とうまくんは
私のヒーローだよっ」

上条「・・・・・・百合子」

一方通行「はぁー・・・それにしても、なんであんなの逃がしちゃったかなぁ?
前の私だったら」

上条「百合子!」

一方通行「・・・・・・どしたの?」

上条「強がってるんじゃねぇよ・・・俺たち【変ゼミ】の仲間だろ・・・?
・・・・・・泣きたきゃ、いつでも泣いていいんだ・・・・・・・」

105 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:10:55.51 ID:TqyKCQ3q0
一方通行「・・・違うよ、ただ私は」

上条「違わねぇ」

上条「あんなの尋常じゃないことが起きたってくらいわかる・・・
チンコ・・・うっ・・・噛み千切るくらいなんだから」

上条「俺は痛みを我慢して強がってる百合子なんか見たくない・・・
痛かったら素直に痛い、苦しかったら苦しいっていうのが普通なんだ」

上条「・・・【変態】の【変】は【変われる】の【変】だ」

上条「・・・少しずつでもいい、お前も変わっていけばいい・・・百合子」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そんな、優しくしないでよ・・・・」

一方通行「【私】も【俺】も・・・・・・・甘えちゃうよぉ・・・・・・・・」

上条「甘えろよ、甘えてる百合子はサイッコーに可愛いぜ?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・ばかぁ・・・・・・・」

106 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:14:21.94 ID:TqyKCQ3q0
トッ・・・

一方通行「ばか・・・とうまくんのばか・・・そんなだから・・・不幸になるんだから・・・」

上条「不幸でもいいよ、こうやって慰めてやれる幸運が手に入るしな」

一方通行「ばか・・・・ばか・・・・ほんとにばか・・・ばかなんだから・・・」



土御門「いい加減こういうオイシイ役も欲しいんだけどにゃー・・・」

木山「ガマンしたまえ、君には舞夏君がいるだろう」

土御門「そうだけどにゃー・・・もうまいどまいどこんなの見せつけられるとにゃー・・・」

木山「だったら私が君を慰めてやろうか?」

土御門「・・・・・・・・・・・それは舞夏のために遠慮しておくにゃー・・・
それに、俺を慰めてくれるのは舞夏だけにゃー・・・ぐふふふふ」

木山「そうか・・・それは残念だ」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか私も空気になってきたわね」

インデックス「ふっ・・・・・・そのうちなれてくるんだよ・・・・」

110 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:19:05.98 ID:TqyKCQ3q0
上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っと、そろそろいいか?百合子?」

一方通行「・・・・・・・・・・・いや、まだダメだぜェ?【俺】が満足してねェ」

上条「いっ・・・・!」

一方通行「【私】は満足したけどよォ・・・【俺】はこないだからずーっとお預け食らったまんまでよォ・・・
もういい加減ガマンできねェんだよォ・・・?」

上条「いや!それって二重人格!?いや、記憶は共有してるんじゃないのか!?そういうのって!」

一方通行「精神面の問題だっつーのォ・・・とにかく、満足するまで離さねェからなァ・・・♥」

ニタァァァァァ

上条「ひぃぃぃぃ!?その笑い方with顔芸な感じはやめてくださいませんか!?
上条さん怖くて怖くて仕方ありません!」

一方通行「・・・・・・・・・・わりィ」ギリッ

上条「痛い!?つねらないで!つねらないで!?」


112 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:24:35.50 ID:TqyKCQ3q0
御坂「・・・・・・・・・・・・共同戦線条約、延長しない?」

インデックス「・・・・・・・・・・・・・同感なんだよ」

イチャイチャギリギリイチャイチャ

土御門「ああ~・・・舞夏のメイド服かわいいぜよ・・・俺にとっての癒しのオアシスにゃー・・・」

木山「・・・混沌としてきたな、そろそろシメるとするか」

パンパン!

木山「このままでは収集がつかん!今からゲームのご褒美タイムにするぞ!」

上条「あ、そういや勝ったチームが負けたチームに好きなことできるんでしたっけ」

木山「インデックスさんが2階までノーアラートで降りたからな・・・2-0で土御門君チームの勝ちだ
・・・この命令権は今日中でなくともいい、課題のために有効利用するもよし
今この場で自らの欲望のために使うもよし、相談して決めてくれたまえ」

土御門「なるほどにゃー・・・だったらまず一方通行が」

ガシイッ!

土御門「ヒッ!」

御坂「ちょっとこっちに」

インデックス「くるんだよ!」

114 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:29:47.12 ID:TqyKCQ3q0
ボソボソ

御坂(私たちがどんな思いで露出したかアンタわかってるんでしょうね!)

インデックス(そうなんだよ!全てはとうまにあんな事やこんな事をさせたいからなんだよ!)

土御門(いや、はははははは・・・)

御坂(大体アンタ露出してないじゃない!むしろ露出した私たちに権利があってしかるべきよ!)

インデックス(そうなんだよ!短髪もたまにはいい事を言うんだよ!)

土御門(・・・・・・・・・嫌だと言ったら、どうするにゃー?)

御坂(もちろん、レベル5超電磁砲の力を持ってして、アンタを電力バッテリーのように
ひたすら電気を流させてもらうわ)

インデックス(学園都市側について、原典の知識を公開しちゃうんだよ!)

土御門(ふ・・・・・・不幸だにゃー・・・・)

御坂(私たちがこの権利を使う!)

インデックス(それで文句はないんだよね!?)

土御門(・・・・はい、スキにするといいぜよ)

御坂・インデックス(よし!)

115 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:34:51.45 ID:TqyKCQ3q0
土御門(・・・・・ただし、今日はやめておいたほうがいいにゃー)

御坂・インデックス「?」

土御門(・・・・・・・・・・・・・後ろを見てみろ)

御坂・インデックス「え・・・・?」







一方通行「               <●>

           <●>             」

御坂・インデックス「―――――――!」

土御門(今までは真っ直ぐ見て訴えかけてきたのに・・・視線が斜めになってるぜよ・・・
これは間違いなく『テメェらその権利を今使ってみろォ・・・?死ぬほうがマシだと
思える拷問ハッピーセットが待ち構えてンぜェ・・・?ン・・・?』
って事だと、不肖土御門はそう思うのですが)

御坂(こ・・・・今度にしましょうか!)

インデックス(そ・・・そうだね!時間はいつでもあるんだよ!)

119 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:41:24.58 ID:TqyKCQ3q0
~~~
土御門「というわけで、権利の使用は後日、だにゃー!」

上条「ほっ・・・上条さんはどんなムチャな要求をされるのかとヒヤヒヤしてましたよ・・・
愛玩奴隷上条当麻になろうかと思ったくらいです」

一方通行「・・・なンだァ?そりゃァ?」

上条「べ、別になんでもないですよ百合子さん!?ただ上条さんにはこういった状況の時に
そういうジョブチェンジ的な事が出来るフシギ人間っていいますかね!はい!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・ふゥン・・・・・・」だきっ


御坂(く・・・・・・・・悔しい!)

土御門(でも感じちゃうんだにゃー!びくびく!)

インデックス(筋肉バカは黙ってるんだよ!)ベシッ

木山「・・・なんでもいいが、権利を使った行動については仔細レポートをまとめて提出だ
内容によって評価を出す、遊びの報酬だから、被験者ともどもいい評価を約束しよう」

土御門「こういう時って教授は太っ腹だからうれしいにゃー」

上条「ふぅ・・・これならここでの評価で、どんどん小萌先生の宿題も
減らせていけそうだな・・・」

120 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:48:20.67 ID:TqyKCQ3q0
プルルルルル・・・ピッ

木山「はい、木山です」

木山「・・・・・・そうか、今年はそれだけか・・・まぁ来れただけでも良しとしようじゃないか」

木山「こちらもokだ・・・ああ、別室に彼女もいる・・・ああ、今年の【皿】は彼女だ」

木山「ハハッ・・・贅沢だろう?君も腕がなるんじゃないか?・・・ああ、ではまた」

上条「どうしたんですか?教授?」

木山「いやなに、ディナーの準備の話だ・・・昼と違ってフランス料理のフルコースだ
安心して食べていいぞ」

上条「や・・・やった・・・またあの悲劇を見なくて済むのか・・・!」

インデックス「え!?こ、こんどこそたっぷり食べるんだよ!」

御坂「フルコースかぁ・・・当麻、マナーとか知ってるの?大丈夫?」

一方通行「うゥン・・・とうまァ・・・・あったけェ・・・・・ふにゃァ・・・・♪」

土御門「・・・・・・・・・・・教授」

木山「・・・・・・・・・・・・なんだ」

土御門「アレ、やるんですかにゃー?」

木山「当然」

122 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/19(金) 23:53:27.95 ID:TqyKCQ3q0
土御門「・・・ま、昼よりはマシなレベルだろうし、俺はアレ、好きだからいいですけどにゃー」

木山「私だって好きだ・・・・・・翌日腹を壊しやすいのが難点だが」

土御門「違いないにゃー」

木山「さってと・・・ここからしばらくは自由時間だ、好きにくつろぐもよし
外出するもよし、乱交するもよし・・・私は準備のために出かけてくる
君たち用にオーナーから部屋もあてがってもらった、自由に使うといい」

上条「何か変なのが1個混じってたような・・・・・・まぁ、とにかくわかりました」

インデックス「いってらっしゃいなんだよー!」

御坂「ね、ねぇ当麻!下のお店にゲコ太ストラップがあったんだけどさ・・・か、買いに行かない?」

一方通行「とーまァ・・・・・・うゥン・・・・・・♥ちゅっ・・・・ちゅっ・・・・
いいニオイだなァ・・・・とーまァ・・・」ゴロゴロニャーン

土御門「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・舞夏のトコいくかにゃー」

土御門(カミやん・・・・・・・・・やっぱ変ゼミに入れないほうがよかったかにゃー?・・・)

123 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 00:01:09.95 ID:nQ6oYmtm0
~~~
御坂「ほ、ほら!みてみて!いや~かわいいっ!セブンスホテル限定の
セブンラインズゲコ太だって!ゲゲ、ゲコ太が7人も一緒に・・・か、可愛すぎるわよ・・・」

上条「人って・・・人扱いでいいのかよゲコ太・・・」

御坂「ぽぉ~・・・・・・」

上条「聞いてねぇし・・・」

一方通行「とーまくーん・・・私にも何か買ってよー」

上条「百合子はずっとくっついてるし・・・てかいつの間にか変わってるし・・・」

インデックス「あ!トルコアイスだ!日本じゃ一旦ブームになってから絶滅したって聞いたけど
まだ残ってたんだよ!とうま!一緒にたべるんだよ!」

上条「飲むアイスクリームくらいでガマンしときなさい!・・・ってトルコアイス安ッ!
50円!?賞味期限切れとかじゃねぇだろうな・・・うわ、超大量にある・・・しかも賞味期限内・・・」

御坂「はぁ・・・ゲコ太・・・ゲコ太・・・かわいい・・・」ウルウル

インデックス「安いんだよ!だから思い切って30個くらい買うんだよ!」

一方通行「ねーねーとうまくんったらー」

上条「お・・・おまえらなぁ・・・・・・不幸だ・・・・」イラッ

上条(・・・・・・・・・・・また・・・・・か・・・・?)

125 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 00:06:57.53 ID:nQ6oYmtm0
~~~
土御門「・・・・・・でにゃー・・・カミやんのカミやん病もここまで来るとバイオハザードレベルに
被害者を増やして、学園都市のオンナノコ全員がカミやんを好きになるんじゃないかと
思うんぜよ・・・」

舞夏「そうだろうなー、御坂のやつもゾッコンらしいからなー」

土御門「カミやんも誰かをこう、ビシッとこいつが俺の女だ!とか
決めちゃえば俺にも被害がこないはずなんだけどにゃー・・・
いや、カミやんの事だからそうなっても他の子は諦めないでアタックしそうぜよ」

舞夏「アニキも大変だなー・・・よしよし、私が慰めてやろうではないかー」

土御門「あぁぁ・・・舞夏がいればあと100年は生きていけるぜよ・・・
至福・・・圧倒的至福ぜよ・・・胎内回帰~」

舞夏「ほんとアニキはダメ人間だなー?そこが可愛いからいいんだけどなー」

舞夏「カルピスソーダにナチュラルに精液混ぜたりしなければなー?」

土御門「あ・・・・・・まいか、さん?」

舞夏「あと私の下着で毎晩オナニーしなければなー?そんでその乾いてカピカピになったの
をさりげに私のタンスの中に混ぜたりしなければなー?」

土御門「あ・・・・・・その・・・・・・これは舞夏に対する愛情の深さを・・・」

舞夏「本当ダメなバカアニキだなー・・・せっかく時間取れてるんだし、満足させろよー?」

土御門「・・・・・・・・まいかぁああああああああ!」

128 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 00:11:44.25 ID:nQ6oYmtm0
紆余曲折あって夜7時くらい

木山「お・・・皆いるようだな」

上条「は・・・・はひ・・・・」

御坂「も・・・ダメ・・・・頭痛いし・・・寒いし・・・」

一方通行「ベクトル操作で熱量増やしてるから私は平気だもーん」

インデックス「まだまだ食べれるんだよ!トルコアイスはおいしいんだよ!
若干もちっとした感じがまたいいんだよ!」

木山「・・・・・・・まあ勝手だが、ディナーは【残さない】ようにな?
先生、お残しする子は嫌いだな」

上条「は・・・・はひ・・・・」ガタガタ

御坂「・・・・・・・暖房のスイッチってない?・・・それか毛布でもいいわ・・・」

一方通行「・・・とうまくん・・・別の部屋で私とあっためっこしない・・・?」

インデックス「寒さもなんのそのなんだよ!トルコアイス万歳なんだよ!」



土御門「ただいまにゃー(テカテカ)・・・なんぜよこれは」

131 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 00:25:29.92 ID:nQ6oYmtm0
木山「アイス30個とは・・・寒中ガマン大会でもしたかったのか?」

上条「・・・・・・・俺にもよくわかりません」

御坂「・・・・・・・・・・・・あー・・・・まだ頭痛いかも」

インデックス「フン・・・これは間食にすぎぬ・・・本番はこれからだ・・・・なんだよ!」

土御門「・・・・・・腹が痛くなってもしらないぜよ」

上条「あ・・・・・・そういや会社員AさんとBさんってどうしたんですか?
新入生じゃないけどあの二人は一体・・・」

木山「ああ、その彼らなんだが、結婚したから変ゼミをやめたよ」

上条「ええ!?」

木山「今までAさんがBさんを支配してきたが、完全には自分のモノにしてしまっては
Bに負担がかかると思っていたそうだが・・・このたび決心がついたらしい
結婚指輪の変わりに3か月分の給料で作った首輪(トゲ仕様)をプレゼントして
プロポーズしたそうだ、再来月あたりにオランダで結婚式を執り行う予定で
理解ある保育所から養子を迎えるとの連絡も来ている・・・順風満帆だな」

上条「そうだったんですか・・・おめでとうございます、Aさん」

上条「公園をケツにバイブ入れながら歩いてたAさんが結婚か・・・人生何が起きるかわからないな」

御坂(そんな人だったんだあの人・・・・・・・・)

168 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:41:06.90 ID:nQ6oYmtm0
きましたわよ
最終話感動したぜよレールガン2期でも禁書2期でもいいから
続きを作ってほしいぜよ

木山「まあその話は置いといて、だ・・・そろそろ頃合だ、会場に入ろうじゃないか」

インデックス「ふっるこーす!ふっるこーす!」

上条「あんまりマナーって自身ねえんだよな・・・恥かきそうですよ」

御坂「マナーっていってもそんなに気負いしなくていいわよ?
元々はご飯をおいしく食べるための取り決めみたいなものだから・・・
ちょっと間違えちゃったくらいなら、気にせず食べ続けてたほうが見苦しくないわよ?
・・・まぁ、パンにそのまま噛り付くとか、落としたフォーク拾っちゃうとか
スープを音を立てて吸ったり、食べ終わったわけでもないのにフォークやナイフの
置き場所を間違えて料理を下げられたりしないようにね?」

上条「・・・・・・自身ねぇ、わりぃ美琴、よければ食べながらでもいいから教えて欲しい
・・・この通り!」

御坂「・・・・・・・と、当麻がそうしてほしいっていうんなら・・・て、手取り足取り教えてあげるわよ
・・・か、感謝しなさいよね」

上条「へへっ、頼りにしてるぜ?美琴」

御坂「・・・・・・・・・・うん(ポイントゲットよ・・・!お嬢様学校で本当によかった・・・!)」

169 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:49:21.90 ID:nQ6oYmtm0
上条「インデックスはマナーとかわかるのか?」

インデックス「ナメないでほしいんだよ!テーブルマナーくらい楽勝なんだよ!」

上条「ふーん、ならいいな・・・百合子は?」

一方通行「学園都市レベル5は知識の面でもこの学園都市のトップだから・・・
それくらいなら10歳までには皆習うと思うんだけどなぁ」

上条「さ・・・さいですか・・・ははは」

木山「ま、社交界でもないんだ、気にせず食べてくれればそれでいい・・・
ただし私は【クチャラー】だけは断じて許さん、口を開けながら物を食べるやつは
【家畜】だ、食卓に立つ権利などない」

木山「そこさえ守ってくれれば、たとえ箸の持ち方がクロスしていようが
箸で食べ物を取る時に挿さないと取れないだとか、そういうのはokだ」

上条「はぁ・・・でも教授がそこまでこだわる理由ってなんですか?」

木山「・・・小さい頃にな、物を食べる時にクチャクチャやるガキ大将がいて
給食の時に・・・ほら、若菜ご飯というものがあるじゃないか、おにぎりの具としても
市販されているアレだ・・・アレのかかったご飯を見て・・・」

木山「・・・これ、ハナクソがついたご飯みてーだな!・・・と戯けた事を言ってな・・・」

上条(うわぁ・・・・・・・・・)

木山「それ以来、【クチャラー】及び【若菜ご飯】は受け付けなくなってしまってな・・・
私の払拭しがたいトラウマだ・・・記憶を消せればどれだけいいことか」

170 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 14:55:31.24 ID:nQ6oYmtm0
上条「・・・それ、俺たちにも言えることなんじゃないでせうか・・・?」

御坂「うぷっ・・・想像したら気持ち悪くなってきた・・・」

インデックス「・・・食べ物への冒涜なんだよ」

一方通行「それは引きますね・・・」

土御門「・・・・・・・・・・・舞夏が弁当で作ってくれるおにぎりに若菜ご飯あるんだけどにゃー・・・
・・・今度から食べにくくなるぜよ・・・・・・」

木山「君たちも道連れだよ・・・ふふふ・・・」

上条「教授・・・最低です、そんなトラウマは心のうちにしまって置いてくださいよ・・・
しかも食事前なのに・・・不幸だ」

木山「とまぁ散々な話をしてしまったが、無論若菜ご飯は私の命をかけて
今夜のメニューには含まれていない、というか今後生涯で口にする機会はない、安心したまえ」

御坂「私たちの将来が安心できないわよ!」

インデックス「・・・・・・とうま、明日は白いご飯がいいんだよ」

土御門「・・・・・・・・・説明したくないしにゃー・・・舞夏の弁当・・・楽しみだったのににゃー・・・」

木山「ふふふ・・・旅は道連れ世は情け、トラウマを共有するのもまた一興だろう」

木山「さて、気を取り直してディナータイムといこう!さぁさぁ食べるぞ?みんな?」

173 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:07:37.57 ID:nQ6oYmtm0
上条「教授から悪意しか感じられませんよ・・・」

土御門「多分何気なく若菜ご飯を食べる時にこの話がフラッシュバックして
気持ち悪くなる時間差トラップなんだにゃー・・・酷い話ぜよ」

~~~

木山「各自好きに座ってくれたまえ、私は余った席に座ろう」

上条「うーん・・・丸テーブルだしな・・・美琴は俺の隣に座ってもらわないといけないし・・・
ま、とりあえずここに座るか、美琴?ここでいいか?」

御坂「あ、うん!当麻の隣ならどこでもいいわよ?(やったぁ・・・当麻の隣だ・・・)」

上条「じゃあ俺の左は・・・」

インデックス「わたし!わたしがすわるんだよ!」

上条「お・・・おう・・・」

一方通行「私はここにしますね?」

土御門(・・・おい、一方通行・・・いいのか?カミやんと向かい合う位置だが)

一方通行(こっちのほうがとうまの顔が見れていいンだよォ・・・それに変な動きがあれば
即能力使ってけん制できるしなァ・・・?引くのも大事なンだろォ?)

土御門「(な・・・なるほどにゃー・・・)・・・じゃあ俺は一方通行の右隣にするかにゃー」

木山「なら私は百合子君の左に座るか・・・」

176 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:22:09.96 ID:nQ6oYmtm0
木山「食事を始める前に・・・少し話がある・・・」

ガタッ

木山「さて、本日は変ゼミ新入生歓迎会に参加いただき、ありがとうございます」

木山「本年度は不作かと思われたが・・・君たちのような【原石】を見つける事ができた
これも上条君・・・土御門君の協力あっての事だ・・・
無論、百合子君に至っては皆で力をあわせたからこそ出来た事だ
この場を借りて感謝をしたい・・・本当にありがとう」

インデックス(・・・・・・わたしのことみーんな忘れてたくせに・・・)

木山「・・・インデックスさんには、起点となる上条君の勧誘にも尽力してもらった
・・・ありがとう、インデックスさん」ニコッ

インデックス「・・・・・・・・・・どういたしまして、なんだよ」

木山「これからも皆には期待している、各々が自らを納得せしめ、満足できるような
変態になれるよう、一層努力していってくれ・・・私からは以上だ」

パチパチパチパチパチ・・・

土御門「実は今日、変ゼミOBの人たちもお前たちの顔を見ようと、忙しい時間の
合間を縫って参加して頂いたにゃー!」

木山「自らの変態道を追い求めすぎてヘルクライム(刑務所)へと行ってしまった者や
やんごとなき事情で参加できない者もいて少数だ・・・そこは残念だが、仕方ない」

木山「君たちも、卒業しても一般の人様には迷惑だけはかけないようにな?」

179 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:36:08.26 ID:nQ6oYmtm0
木山「私たちは変態を軽視はしないが・・・普通の人は変態を軽視、畏怖、差別して当然だ・・・
自分とは違うものは相容れない、だからこそ、やるならばとことん、しかし迷惑はかけてはいけない
・・・まぁ私の趣味の露出は不快に思う人も多いと思うので、こういった場所以外でするのは
知り合いがいる時か深夜だけだ、君たちもそこんところを気をつけてやりなさい」

コンコンコン

???「失礼します、オードブルの用意ができました」

御坂(ん?・・・この声はどっかで聞いたことあるような・・・)

木山「っと・・・いかん、説明し忘れていたな・・・
本日のフルコースのオードブルは少し趣向を凝らした変ゼミ特製のものだ
・・・君たち、【女体盛り】は知っているかな?」

上条「いや・・・なんですかそれ?」

木山「性的道楽のひとつで、現在でも温泉旅館やストリップ劇場等で行われることがある
女性の裸体に刺身など食べ物を盛り付けることを言う・・・
まぁヤクザ映画なんかでも見ることはあるだろうな、昔は16歳の少女を使って女体盛りを
したなどとして、逮捕者も出たが・・・まぁ例の如くここでは気にしてはいけない」

木山「毎年変ゼミメンバーの女性の中から【皿】を選ぶんだが・・・今年はいかんせん
人が少なくてな、君たちもいきなり【皿】役をやれと言われても無理だろう?
なので変ゼミOBに変わりにやってもらうことにした・・・いいぞ、入ってくれ」


寮監「失礼します」

御坂「りょ、寮監!?」

181 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:43:17.57 ID:nQ6oYmtm0
寮監「御坂か・・・実は私もOBだ、生徒諸君には秘密にしていたが君が
変ゼミに入ったと聞いて驚いたぞ」

御坂「いやっ・・・っていうかこの時間寮は!?黒子に偽装を頼んでおいたのに!」

寮監「寮には現在私の代わりに、青髪でピアスを付けた高校生をバイトで雇っている
名前を教えてもらわなかったが、まあいい・・・彼に任せてあるから安心しろ」

御坂「そ、そういう問題じゃ・・・っていうか・・・・・・門限破ってるから・・・戻ったら、罰ですよね・・・?」

寮監「変ゼミの歓迎会だから不問・・・と言いたいところだが規則は規則、守らねば他の生徒に
示しがつかん、覚悟しておけ、御坂」

御坂「は、はい・・・わかりました・・・」シュン

上条「お前も大変だな・・・(っていうか青ピの野郎常盤台でバイト・・・?どっからそんなツテを?)」

~~~

青ピ「ええなぁ~ええなぁ~やっぱ常盤台ともなると女の子のレベルも高いなぁ~
武者修行のつもりで入った変ゼミやけど、こんな事もあるならずーっと入っててもええなぁ~」

女生徒「きゃっ!寮監!やめてください!」

青ピ「ほれほれ~早く自室に戻らないと狼さんに襲われちゃうで~?」

キャーキャー タスケテー リョウカンサマガー!

青ピ「くぅー・・・嫌々ながらも付き合ってくれる子たち・・・幸せやなぁ・・・」

183 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:49:09.45 ID:nQ6oYmtm0
~~~
寮監「ちなみに誤解の無いように言っておけば、私は【皿】ではない・・・
・・・恥ずかしいが、正直この歳で【皿】をやろうとは思わん・・・」

上条「・・・・・・じゃあ昔はやってたんですか?」

寮監「・・・・・・恥ずかしい事を言わせるな、馬鹿者」

土御門「俺も見たかったにゃー・・・別に今からやってもいいのに」

御坂(り、寮監が【皿】を・・・とことん凄いところねここは・・・!)

インデックス「そんなことより早くご飯なんだよ!お腹と背中がハイタッチするんだよ!」

一方通行「・・・女体盛りだろうと食う気マンマンなんですね・・・」

寮長「さて、今回の【皿】役は・・・御坂、お前もよく知る人物だぞ」

御坂「えっ?」

寮長「よし・・・運べ!」

職員「イエス!マイマスター!サー!イエッサー!」

寮長「遅い!早くしろ!この私を1秒以上待たせるな!ケツから手を突っ込んでヒィヒィ言わせるぞ!」




上条(なるほど・・・寮長さんは女王様ってことだな)

186 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 15:54:49.99 ID:nQ6oYmtm0
サーイエッサーだけで充分だった気がしないでもない
ガラガラガラガラ・・・

・・・・・・・・・・・・まぁ~!

御坂「へっ?」

・・・・・・・・・・・さまぁ~!

御坂「ま・・・まさか」

・・・お姉さまぁ~!

御坂「この声は!」

バタンッ!

黒子「おおおおおおおねえええええさまああああああ!」

御坂「黒子おおおおおおおおおおおおおお!?」

寮監「白井をテーブルの上に!7秒以内!初めろ豚ども!」

職員「サー!イエッサー!」

ザッ、ザッ、ザッ、チーン

寮監「6.3秒・・・よくやった豚ども!後で私の靴を舐める権利をやる!」

職員「サー!感謝の極みです!サー!」

187 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:00:29.87 ID:nQ6oYmtm0
寮監「盛り付け!1分以内!初め!」

職員「サー!イエッサー!」

ちまちまむにむにのせのせ

御坂「え・・・いや、なにこれ・・・え・・・?ええー・・・?」

黒子「あぁ・・・・・・黒子はこの時を待ち望んでおりましたの・・・!
いつか・・・いつの日か私の恥ずかしい所も全てさらけ出して・・・
文字通り・・・・おおおおねえさまに食していただくこの時を・・・!」

チーン

寮監「1分・・・2秒だと・・・?ふざけるな豚ども!タマ落としたか!
頭が死ぬほどシゴき落とすぞ!ケツの穴でミルクを飲むようになるまでシゴキ倒すぞ!」

ガシッ!

寮監「貴様か!遅れた原因は!」

職員「サ、サーイエッサー!」

寮監「腐れマラめ!地獄に落ちろ!」

バキィ!

職員「サー!イエッサー!」

188 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:07:04.50 ID:nQ6oYmtm0
寮監「帰ってよし!次呼んだ時は私がキレる前にこい!わかったな!」

職員「サー!イエッサー!」

ザッザッザッザッ・・・

寮監「ゾクゾクゾクゾクゾクゥッ・・・・・・いかん、つい興奮してしまったな」

御坂「は・・・・はは・・・・・」

黒子「あぁ・・・お姉さま・・・♥もっと黒子の恥ずかしいところをごらんになって・・・
あっ・・・あぁんっ・・・♪お姉さまの視線を感じますわ・・・!
あああこのままエクスタシーを迎えてしまいそうですのっ!」

上条「・・・・・・・・・・・・・・」

黒子「ハッ・・・!かみじょうとうま・・・!・・・・・・いえ、あなたも変ゼミのメンバーですのよね
どうぞお食べになってくださいまし・・・まぁもっとも?私の♥Private☆Zone♥は
お姉さまのためですから、あなたのような猿人類は鎖骨あたりでひらひらしてる
イカでも食べてなさいな」

上条「・・・いや、お前のそんなとこさわらねぇよ・・・うん・・・」

192 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:12:40.21 ID:nQ6oYmtm0
インデックス「じゃあ私はお腹のあたりのマグロをもらうんだよ!」

一方通行「・・・じゃあおへそに埋まってるウニでも」

土御門「乳首のワサビとか痛そうだにゃー・・・まぁ無難にタマゴでも」

上条「順応はえーなお前ら・・・・・・・・・わりぃ、イカもらうぞ、白井」

黒子「さぁ!さぁさぁさぁさぁさぁ!あとはお姉さまだけですの!」

御坂「え・・・えーっとぉ・・・あはは・・・」

黒子「私の・・・大事なトコロの・・・赤貝を・・・お食べになってくださいまし・・・」

御坂「あー・・・・・・・・・・・・」

チラッ

上条(お前が食べるべきだろ・・・白井なんだし)

土御門(悪いけど舞夏意外の女の子のデリケートゾーンは触らないぜよ)

インデックス(・・・・・・?食べちゃいけない空気?よくわかんないんだよ?)

一方通行(ケヒヒ・・・いいザマだぜェ・・・?オリジナル・・・?)

193 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:18:41.14 ID:nQ6oYmtm0
上条(テメェ土御門、さっきインデックスのアソコ触ろうとしたじゃねえか)

土御門(ありゃ冗談だにゃーカミやん)

御坂(助けは無し・・・・・・どうしよっかなー・・・ははは・・・)

木山「御坂君」

御坂「ハイッ!?」

木山「先生、お残しする子は・・・嫌いだな・・・」

御坂(逃げ道完全封鎖・・・!)

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いくわよ、黒子」

黒子「あぁ・・・!きて!きてくださいまし!黒子の願いが!
お姉さま自らの手で私の恥ずかしいところに・・・!
く、黒子は感動で・・・な゛い゛でじま゛い゛ぞう゛でずの゛・・・」

御坂「既に泣いてるじゃないのバカ!」

195 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:24:58.84 ID:nQ6oYmtm0
黒子「くっ・・・さぁ!どうぞお姉さま!黒子のバージンを受け取ってくださいまし!」

御坂「・・・・・・・・ぐっ・・・・・・」

グニッ

黒子「だぁ゛~~~~~う!ん゛ー!ん゛ー!
箸が赤貝を押してぐにょりと触れ合って・・・!黒子は、黒子はもう・・・!」

ピッ

御坂「もうとったわよ・・・って黒子・・・濡れて・・・・ハッ!赤貝も!?」

黒子「あぁ・・・お恥ずかしい事に・・・既に黒子はお姉さまの視線だけで・・・
♥LoveJuice♥が溢れてしまいましたの・・・名づけて黒子ソース・・・
醤油なんて無粋な黒い液体よりも、濃厚かつお姉さまへの愛の詰まった
黒子特製大吟醸ソースですの!」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・くっ・・・・・・・・・これを食えっていうのね・・・・?」

木山「おのこs」

御坂「わかってます教授!」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やったろうじゃないの!」

196 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:32:02.29 ID:nQ6oYmtm0
御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

はむっ

黒子「あ゛あ゛あ゛あ"あ"!黒子の!黒子の分身がお姉さまの体内に!
ふむぉおおおおお私赤貝になりたいですの!お姉さまの口内を思うがままに
駆け回りたいですの!」

モグモグ

御坂(な・・・なるべく味の事は考えないように・・・ちょ・・・ちょっぴりしょっぱい・・・
これが黒子の味・・・?ハッ・・・わ、私何を考えて・・・)

ゴクンッ・・・

御坂「た・・・・たべたわよ・・・?黒子」

黒子「はぁぁぁぁんっ・・・お、お姉さまの体内で私の分身が栄養となり
体中を駆け巡るだなんてっ・・・ま、まさしく至上の喜び・・・!
おおおお姉さま!ほかの魚を食べるときも私特製ソースをぜひ
お使いになられて!ぜひ!ぜひ1」

御坂(付き合ってらんないわよ・・・!)

木山「おのk」

御坂「わかってますって!」

197 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:37:35.20 ID:nQ6oYmtm0
御坂「・・・・・・・・・・・・・・」

ピチョッ

黒子「はぁぁぁぁぁ・・・」

モグッ・・・

御坂「・・・・・・・・・・・・・」

上条「モグモグ・・・美琴?うまいか?それ」

土御門「俺も気になるにゃー」

インデックス「あむ・・・人肌に温められてなんか不味いけど・・・腐らないうちにたべるんだよ!」

一方通行「・・・・・・なんか女体盛りって文化が出来た理由がわかる気がする」

御坂「うっさいわね!今食べるのに集中してんのよ!」

黒子「お・・・お姉さま・・・!お姉さまが黒子の事をそんなにも想って・・・!
あぁ・・・・・・達してしまいそうですの・・・!」

トプトプトプ

御坂「た、大量に・・・・・・(でもイッてないだけマシよね・・・)」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:42:06.04 ID:nQ6oYmtm0
木山「んー・・・・・・残してはいけないが、食べすぎもよくないからな
温められた刺身は不味いし腐りやすい、腹痛の原因にもなる
一応白井君には清潔にしてもらったが、雑菌が混ざってないともいえない、程ほどにな・・・」

御坂(ぐっ・・・・・・)ピチョ・・・モグモグ

黒子「あぁぁんっ♥」

~~~

黒子「・・・・・ピクピク・・・・・黒子は・・・しあわせですの・・・・♥」

木山「食べ終わったか・・・前菜はこれで終わりだ、次からは普通のメニューだぞ」

御坂「・・・・・・愛液の味に抵抗がなくなってきたような気がするわ」

上条(・・・・・・・・・・・・・・イカしか食えなかったな)

土御門「なんか刺身だけ食べてると寿司でも行きたい気分になるにゃー」

インデックス「ぜんぜんたりないんだよ!次のスープをもってくるんだよ!」

一方通行「ふぅ・・・ふきふき」

木山「まぁまぁ・・・話に華を咲かせるのも楽しみのうちだ、焦らなくても食事は来る」

寮監「カモオオオオオオオン!マイスレイイイイイイイイイイイイブ!」

木山「ほら」

202 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:51:06.86 ID:nQ6oYmtm0
上条「ひよこ豆のカレースープか・・・なぁ、これってどうやって飲めばいいんだ?」

御坂「スプーンを使って飲むけど、奥から手前に、手前から奥にすくっても、どっちでもいいわよ
あとは飲む時に音を立てないで・・・量が少なくなったら、カップをもってスープを掬いやすいようにすればいいわ」

上条「なるほど・・・あ、スプーンとかって、外側からか?」

御坂「ええ、そうよ?・・・間違って内側から取っちゃっても、店員が勝手に変えてくれるから
気にしなくてもいいわよ」

インデックス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」コクコク

土御門「・・・・・・・・・・・・おいしいにゃー、カレースープなんて珍しいけどにゃー」コクコク

一方通行「・・・・・・ルーは何を使ってるんでしょうね?コクがあっておいしいです」フキフキ

木山「・・・・・・・・・・・・・・・・・うむ」コクコク

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

御坂「アンタだけみたいね、マナーがよくわかってなかったのって」

上条「・・・百合子はともかく土御門にインデックスまでもが・・・悔しい、悔しすぎる・・・」

203 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 16:57:53.28 ID:nQ6oYmtm0
あ、マナーはうろ覚えだった・・・自身ないけどまあいいよね
それにしてもなんで料理の名前長ったらしいのかね、思い出せないよ

上条「ふぅ・・・うまかった」

御坂「次は魚料理だけど・・・料理の内容によって使うスプーンの形が変わるときもあるけどね
食べてる途中に一旦席を立ったりする時にフォークとナイフを同じ向きに一緒に置くと
『このご飯はもういらないよー』って合図だからね?×印を描くように置けば『まだ食べたりない』
って合図になるから、お手洗いに行くときなんかはそうするといいわ」

上条「なるほど・・・お、きたきた」

インデックス「これは鯛?おいしそうなんだよ!」

土御門「学園都市には珍しく、養殖じゃなく外からの輸入品らしいにゃー」

一方通行「魚は骨を取るのめんどくさいから好きじゃないんだよなぁ・・・」

木山「おn」

一方通行「わかってますよ教授」

205 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 17:04:19.94 ID:nQ6oYmtm0
カチャカチャ・・・

上条「・・・緊張して切りづらいな・・・」

御坂「・・・・・・肩に力を入れないで普通にすればいいのよ」

上条「・・・ありがとな、美琴、へへっ」

御坂「・・・・・・べ、べつに私が何かしたってワケじゃないじゃない・・・で、でも、どうしたしまして・・・」

インデックス「・・・・・・・・・・フキフキ・・・・・・この魚料理を作ったやつはだれだぁ!なんだよ」ボソボソ

上条「ん?なんか言ったか?インデックス?」

インデックス「なんでもないんだよ」

一方通行(なれない食事に悪戦苦闘するとうまくん・・・いいなぁ・・・かわいい・・・)ジー

土御門(盗撮してるし・・・相変わらずストーカー癖は直らないみたいだにゃー)

木山「・・・・・・・たしかに骨が多いな」

207 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 17:10:56.36 ID:nQ6oYmtm0
上条「そういやパンはかぶりついちゃいけないとか言ってなかったっけか?それって見苦しいからか?」

御坂「うん、そうね・・・それにパンは口の中を綺麗にして、次の料理の味を楽しむって意味もあるわ
パンは一口大にちぎって、それからバターナイフでバターをつけるなりして食べるのがいいわよ」

上条「ほほう・・・」

御坂「私たちは未成年だからないけど、魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワインを
あわせて飲むといいみたいよ、でも・・・そんな事にこだわらないで、どっちの順番でも
構わないんだけどね?」

上条「さすが美琴大先生だな・・・高校生なのに、美琴さんには頭があがりませんよほんと」

御坂「ふふーん・・・これくらい知ってて当然よー!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・フキフキ」カチッ

御坂「!?」ビリッ

一方通行(調子付いてンじゃねェぞ・・・?アバズレ・・・)

御坂(黙りなさい・・・!ここで一気に巻き返すんだから・・・!)

上条「?」

208 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 17:17:35.76 ID:nQ6oYmtm0
>>206後日インデックスのタレコミで骨をはずしてないことが発覚、寮監のオシオキに会いましたとさ

インデックス「にく!にくなんだよ!」

上条「最近肉食べてなかったしなぁ・・・きっとうまいんだろうな」

御坂「お店にもよるけど、肉料理の前に柑橘系のシャーベットがお口直しに
出ることもあるわよ、お肉を食べた後はデザート、その後にコーヒーもしくは紅茶って感じね」

上条「ふむふむ・・・」

木山「」

土御門「わかってますにゃー」

木山「・・・まだ何も言ってないじゃないか」ムスー

土御門「流石に肉を残すなんてやつはいないですにゃー」

一方通行「私もお肉は大好きですしから」

210 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 17:24:31.20 ID:nQ6oYmtm0
上条「ふぅ・・・デザートもうまかったしコーヒーもおいしいし・・・昼間の惨状がまるで嘘のようだな」

御坂「・・・・・・黒子の女体盛りがなければだけどね」

御坂「あ、寮監と黒子はどうしたんですか?さっきから姿が見えないけど・・・」

木山「ああ、彼らはこの料理と女体盛りのために呼んだからな、用が済んだから帰ったよ」

御坂「・・・・?黒子ならあの後私に襲い掛かってもフシギじゃなかったのに」

木山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まぁ後々わかるだろう」

御坂「?」

インデックス「こくこく・・・魚料理はともかくとして、普段とうまの料理じゃ味わえない
味が楽しめてよかったんだよ」

土御門「コーヒーもたまに飲むといいものだにゃー」

一方通行「・・・私苦いから嫌い・・・紅茶のほうが好きかな」

ダバーッ

上条「・・・シュガースティック5本かよ」

木山「糖分は疲れた頭によく効く・・・頭脳が仕事の人間にとっては欠かせぬ栄養素だよ」

213 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 17:29:37.16 ID:nQ6oYmtm0

・・
・・・

木山「ん、もうこんな時間か」

上条「ふあぁ・・・ねみ・・・あ?9時?」

木山「さて、これにて本日の歓迎会は終わりだ・・・
明日からは普通の変ゼミに戻る、気持ちを入れ替えてしっかりとやってくれ」

インデックス「・・・・・Zzz」

御坂「・・・・・・・かくっ・・・・・・・かくっ・・・・」

一方通行「ふぁ・・・眠いなぁ・・・」

土御門「ま、仕方ないかにゃー」

土御門「一方通行は俺と一緒に車で、御坂は木山教授が、インデックスはカミやんにまかせたぜよ」

上条「へい・・・うう・・・ねむ・・・」

木山「では、また明日な」

はぁーい


218 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 17:31:29.85 ID:nQ6oYmtm0
きっと女の子の百合子ちゃんは紅茶のほうがすきなんですよ・・・・・・
やべぇこのままじゃ緩んでくる、一旦休憩するよ

248 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:08:12.33 ID:nQ6oYmtm0
んんんんん投下ですぞ!

木山「・・・・・・・上条君」

上条「ふぁ・・・へ?なんですか教授」

木山「・・・この歓迎会は君たちの歓迎というものは表の顔にすぎない」

上条「どういうことですか?」

木山「私が君たち各々の内なるものを解放できるよう色々と細工させてもらったんだ」

木山「君は・・・今日、少なからず自分が苛ついていたと感じているだろう」

上条「・・・・・・・・・・まぁ・・・・たしかに」

木山「君の本質はサディズムにある、自分の思うとおりに動いてくれず
自分勝手な希望ばかり押し付ける彼女らをみて、呆れ、怒りを覚えたはずだ」

木山「それは人間として当然だ・・・誰だって好き勝手されれば不快になるだろう」

木山「だが君は極めて女性に対し紳士に尽くそうとしている・・・酷い矛盾だ
君はインデックスさんに己の欲望を放つために、彼女の口に暴力を働いているのに」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

木山「きっと彼女らは君のためなら、君の全てを受け入れてくれるだろう
・・・あまり溜め込みすぎるのもよくないぞ、君は確実にガマンできなくなるはずだ」

250 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:15:20.06 ID:nQ6oYmtm0
上条「・・・・・・・・・ありがとうございます、教授」

木山「うむ・・・また明日な?・・・・・・・・・・・・・・後は御坂君か」

ピッピッ・・・プルルルル

木山「私だ」

黒子「お待ちしておりましたの」

木山「御坂君と一緒に帰る、車で寮まで送ろう・・・君は必要な物を持って
待機していてくれ、私から寮監に手配もしておく」

黒子「感謝の極みですの・・・ですが、よろしくて?お姉さまは・・・悔しいですけど、あの猿人類の事を・・・」

木山「それは君次第だろう」

黒子「・・・そうですわね」

木山「これは経験から言うが果たして3Pも悪いものではない、女性だけとしか
出来ないだなんて、ちょっとした不幸だぞ」

黒子「・・・・・・考えておきますの、木山教授」

ピッ

251 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:19:33.10 ID:nQ6oYmtm0
~~~
上条「ほら、インデックス、起きろ?帰るぞ?」

インデックス「むにゃ・・・・・・おぶってー、とうまー」

上条「仕方ねぇなぁ・・・・・・よっと・・・あんだけ食ってるのにインデックスは軽いなー」

インデックス「乙女の不思議パワーなんだよ・・・・・・zz」

上条「じゃ、今日はありがとうございましたー!」

テクテク

土御門「俺たちも帰るかにゃー・・・一方通行?歩けるか?」

一方通行「ん・・・大丈夫・・・」

テクテク・・・バタン・・・ブロロロロロロロ

木山「・・・・・・・・・御坂君、帰るぞ?」

御坂「・・・・・ふぇ!?あ、教授・・・私寝てました?」

木山「ああ・・・もう遅い、最近物騒だからな、車で送っていこう」

御坂「あ・・・・・ありがとうございます、教授」

253 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:30:16.68 ID:nQ6oYmtm0
ブロロロロロロロロ

木山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・眠たかったら、寝ててもらってもかまわないぞ」

御坂「・・・・ふぁ・・・ありがとうございます・・・それじゃ、お言葉に甘えて・・・」


・・
・・・

バタン

木山「・・・・たぞ・・・ついたぞ、起きろ、御坂君」

御坂「あ・・・すみません教授」

黒子「お姉さま、お帰りなさいませ」

御坂「黒子・・・?あ・・・そうか、先に帰ったんだっけ・・・」

黒子「ええ、寮監からの罰を受け大広間の掃除を命じられ、先ほど終わったところですの」

御坂「ん・・・ありがと・・・くぁー・・・ねむ・・・」

黒子「お姉さま、目が覚めたばかりで喉が渇いてらっしゃるのでは?
よければここにお飲み物がありますので、お飲みになられてはいかがですの」

御坂「あー・・・サンキュー、黒子・・・・・んぐっ」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:35:32.40 ID:nQ6oYmtm0
黒子(・・・・・・・くふふ・・・・くふふひひひひへへへへへ)

御坂「ごくごくっ・・・・!?・・・っげほっげほっ!な、なにこれ・・・?体が熱く・・・く、黒子アンタまさか・・・!」

黒子「察しの通りですの・・・いつの日かと取っておいた【PCパーツ】ですのよ・・・?
もう黒子の情熱は抑えられないですの・・・・・・お飲み物、お借りしますわね」

黒子「んぐっ!・・・・・・ごくごく」

御坂(なにこれ・・・体が熱くなって・・・ボーっとしてきて・・・こんなのを黒子はあの時通販で頼んだわけ!?)

黒子「ふゃ・・・おねえさまぁ・・・黒子と熱いベーゼを・・・」

御坂「だ・・・だめよ・・・黒子・・・こ、こんなの・・・木山教授も・・・なんとかいって・・・」

木山「すまないが私はカメラを回すので忙しい、話は後で聞こう」

御坂「そ・・・そんな・・・・・・」

黒子「お覚悟あそばせ・・・おねえさま・・・・・・・・・・・・・・・・いざ・・・!」

御坂(頭がボヤけて・・・演算ができない・・・!・・・っくっそ・・・)

259 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:41:08.02 ID:nQ6oYmtm0
ちゅっ・・・

黒子「んむっ・・・うぇるっ・・・・・・ぴちゃ・・・・・・ちゅっ・・・」

御坂(く、黒子とキスしてる・・・!・・・・・・キスしてるだけなのに・・・
頭真っ白で・・・気持ちよくて・・・なによこれぇ・・・・・・)

黒子「ちゅぷっ・・・ほへえはま・・・んぷっ・・・ひゅめにはへひは・・・
ほへえはまのはひ・・・れるっ・・・まひゃにはんろのあひ・・・さいほうへふは・・・」

御坂(このままじゃ流されて・・・取り返しのつかない事になるっ・・・!
なんとかして能力を・・・・・・・・・そうだ!)

黒子「!?」

ビリリッ

黒子「きゅぅ・・・」バタッ

御坂「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・」

木山「口内に向けて局地的に放電、ブレーカーを切るように意識を絶ったか」

御坂「はぁっ・・・はぁっ・・・一体どういうつもりなんですか・・・」

木山「どうもこうもない、君がハッキリしないからだ」

260 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:47:22.45 ID:nQ6oYmtm0
御坂「ハッキリって・・・?」

木山「今の彼女を見ただろう、媚薬を飲ませてでも、君に愛をささげようとした様を」

木山「白井君は限界だった、いつ君を襲うのに本気を出すかわからない状況だったんだぞ」

御坂「・・・でも黒子は私がスキをみせようものならいつだって」

木山「ああ、そうだろう・・・寮長を通じて白井君が君の事を好きだという事、その好きの
度合いが常軌を逸しているともな」

御坂「じゃあなんで!」

木山「同姓を好きになる事が、そこまで悪いことなのか?」

御坂「え・・・」

木山「君は彼女の事をパートナーとして認めてはいるだろう・・・だが、彼女の好意を
受け止めきれずにいる・・・無論、君が上条君を好きだという事も知って言っているが」

御坂「・・・・・・ならなんでそんな」

木山「君がいつまでたっても、上条君が好きだと明確に意思表示しないから
白井君は諦めがつかないんだよ」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

261 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:52:27.02 ID:nQ6oYmtm0
木山「彼女はもう君が上条君が好きだという事に気がついてはいるが、決して諦めてはいない
『いつかきっとお姉さまを振り向かせる事ができるはず』だとな」

木山「だからここでハッキリとさせておきたかった、君が上条君の事を好きだというなら
白井君を拒絶すればいい、上条君はこれから確実に次の段階に目覚める
君のような中途半端な意思をもったまま彼に近づかれると、迷惑なんだ」

御坂「・・・教授といえど、言っていい事と悪い事があります」

木山「ほう?何がだ?いつまでたっても自分に素直になれないせいで、後輩を苦しめている御坂君の事か?」

御坂「・・・・・・・・教授!」

ビリリッ・・・

木山「・・・・・・・・・・・・無理はするな、薬の効果でまともに演算できてはいないだろう
今の君の電撃はエレクトロマスターのレベル1にも劣るぞ」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・ギリッ」



黒子「・・・・・・・・・・・・・・・・・いいですの、教授」

御坂「黒子っ・・・!」

262 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 21:57:37.17 ID:nQ6oYmtm0
黒子「私は、今までお姉さまをお慕いしてきましたの・・・
ですが、お姉さまがあの猿人類と恋仲になることがお姉さまの幸せならば、それは黒子の幸せでもありあますの」

御坂「・・・・・・黒子・・・・・・アンタ」

黒子「いいですの・・・今日、忘れられない思い出もできましたことですし、諦めはつきましたの
お姉さまとキスをする事も・・・私の想いはいつまでも変わりませんが、お姉さまの幸せを影ながら・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・黒子」

御坂「・・・・・・・・・・・ごめん、黒子、たしかに私は、アイツが、当麻が好きよ」

黒子「・・・・・・ええ、存じ上げておりますの」

御坂「でもそれがなによ!」

黒子「お・・・・ねえさま?」

御坂「黒子は・・・それを知ってても私にその想いをぶつけてきたじゃないの!」

267 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:16:48.37 ID:nQ6oYmtm0
御坂「黒子の事はよくわかってるつもりだったわ・・・でもそれは間違いだったわ
私、黒子の事、なにもわかっちゃいなかったのよ」

御坂「女同士だなんて、私も理解は出来ても受けいれることは出来ないかもしれない・・・
けどね、誰も黒子を拒絶するだなんて言ってないわよ!」

御坂「・・・私は当麻が好き・・・けれど、黒子、アンタは私のパートナーとして・・・
頼れる後輩として・・・・・・大事な友達なんだから・・・」

御坂「そんな悲しい事言わないでよ・・・」

きゅっ・・・

黒子「お、ねえさま・・・」

御坂「黒子の事を嫌いになったりなんかしない・・・
アイツの言葉を借りるようだけど、そんな幻想、私がぶち殺しちゃうんだから」

黒子「・・・・・・・・・・お゛ね゛ざま゛あ゛・・・・・・・・」

御坂「・・・まぁ・・・私も、黒子を受け入れる・・・とは言わないけど・・・努力はするわ」

黒子「・・・・・・・・・じゃ、じゃあ・・・今夜私の初めてを」

ソゲブッ

御坂「調子にのんな!」

271 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:25:38.83 ID:nQ6oYmtm0
黒子「いたたたた・・・あんまりですわ、おねえさま・・・映画で言えば感動のシーンですのに・・・」

御坂「・・・・・・・・・仕方ないわね、これでガマンしなさい」

ちゅっ・・・

黒子「―――――!」

御坂「・・・・・・・・・・私だってこんな事するの恥ずかしいんだから・・・」

黒子「おね、おおおね、おねえさま・・・おねえさまからキスを・・・・キスを・・・・!」

御坂「ちょ、黒子アンタまさかさっきの流れがあるのに私を襲おうだなんて思っちゃいないわよね・・・」

黒子「・・・・くひ・・・・くひひ・・・・・も、もうガマンできませんの・・・
お姉さま!今すぐ私と一つにっ!」

御坂「いっ・・・!教授!ちょっと!さっきの雰囲気がぶち壊しに!」

木山「君が余計な事をするからだ・・・カメラ回してるから、ハッスルしなさい、ほらほら」

御坂「い・・・・いーやー!」

黒子「ぐふへへ・・・お姉さま・・・お姉さまはココがいいんですのー?うりうりー?」

木山(・・・・・・・・・これで御坂君も両刀使いだな
ゆくゆくは上条君も含めて3Pを撮影してもいいな・・・まさに夢がひろがりんぐといったところか)

275 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:32:01.60 ID:nQ6oYmtm0
スフィンクス「次の日!」

上条「ちーっす・・・あれ?美琴どうしたんだ?なんかやつれてるけど」

御坂「・・・・・・・・・・聞かないで頂戴」

木山「彼女は昨日」

御坂「しーっ!しーっ!」

木山「・・・・・・・・・・・むう」

上条「?」

御坂(言えない・・・結局あの後部屋で黒子に3回もイカされた上に
寮の前でキスしてる所を他の子に見られて私と黒子が付き合ってるって噂が
寮内を光の速度で駆け巡ってるだなんて・・・!)

御坂(ああ・・・初春さんにも佐天さんにも合わせる顔がないなぁ・・・・ははは・・・)

一方通行「こんにちわ・・・・・・あら、ちょうどいいところに」

グイッ

御坂「えっ?あっあっ・・・ちょ、ちょっと!」

一方通行(ダメぇ!黒子!も、もうひってるからぁ・・・感じすぎちゃうのぉ!)

御坂「いっ・・・・・・・」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:39:18.13 ID:nQ6oYmtm0
一方通行(スゲェ乱れようだったなァ・・・?ン?オリジナルさンよォ)

御坂(あ、アンタなんでこの事を知ってるのよ!?)

一方通行(とうま以外のメンバー全員に昨日、動画データがメールで送られてきてよォ・・・
どっかのイタズラ野郎がスナッフ動画(実際の殺人動画)でも送りつけてきたのかと
思ったら、こりゃァスゲェのが写ってるじゃありませンか・・・っとなァ)

御坂(きょ、教授・・・なんて事を!)

一方通行(あぁん!そこ・・・・ダメったら・・・!汚いったら・・・!)

御坂(いーやあああああ!やめてやめてやめて!)

一方通行(安心して下さいのお姉さま・・・決して、決して黒子はお姉さまの処女膜は破らないと
お誓いいたしますの)

御坂(お願い!お願い!勘弁して・・・!お願いだから・・・!)

一方通行(うぁっ!あうぅっ!いやぁっ・・・・〔ショロロロー〕あぁ・・・お姉さまったら粗相を・・・
これはいけませんわね・・・私が綺麗にしてさしあげますの・・・)

御坂(も・・・・もうやめて・・・)

279 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:44:27.19 ID:nQ6oYmtm0
上条「おーい、さっきから二人してなにやってんだ?」

一方通行「なんでもありませんよ?当麻くん♪」

上条「?ならいいけど・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・・(もう、私終わった・・・これをダシに何をされるか・・・)」

一方通行(・・・・・・・・・・・ま、とりあえずチョコクリームパフェってとこかなー♪)」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかったわよ」

一方通行「~♪」

土御門「こんにちはぜよー!・・・お、御坂・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・なによ」

土御門「同じ道を辿った、か・・・・・・」

御坂「え、じゃあアンタももしかして・・・」

土御門「ああ・・・舞夏との、な・・・」

御坂「・・・・・・・・・・・・もしかしてアンタ、自主参加じゃなくて、教授に手綱を握られてるだけなんじゃ・・・」

土御門「皆まで言うな・・・自覚してるぜよ」

御坂「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

280 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:50:50.89 ID:nQ6oYmtm0
インデックス「こんにちはなんだよ!」

御坂(・・・・もしかしてこのシスターも知ってるのかしら?)

インデックス「短髪も、こんにちは!」

御坂「あ・・・こ、こんにちは・・・」

土御門(安心しろ御坂・・・インデックスは機械の扱いに詳しくない
きっと携帯の電源すら入っていないぜよ・・・まぁバレるのは時間の問題かもしれないけどにゃー)

御坂(そ、そう・・・・・・あぁ・・・なんであんな事になっちゃったのかな・・・・)

御坂(・・・・・・・・・・・・・・・・でも、気持ちよかった)

木山「・・・・・・・・・・・・・・・うむ」

木山(これでレベル5超電磁砲も完全に引き入れる事ができた・・・
しばらくは、このゼミに否定的な上の連中も黙らせられるだろうな)

木山(百合子君も上条君がいるからここにいるようなもの・・・
上条君を完全に目覚めさせ、ゆくゆくは私の補佐となってもらわねば)

木山(そしていつか・・・この学園都市全ての変態を管理、変態の理想郷となる
【変態都市】を創る・・・ふふ、先は長いな)

木山「さて!今日の活動だが―――――」

第5話 変態開花宣言 おわり

コメント

No title

カオスすぎるだろこれwwww

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。