FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀吉「……明久よ、お主今日も昼食は塩だけなのか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 12:02:17.80 ID:rOccVRD0O
姫路「あ、私お弁当作って来たんですけどよかったら食べませんか?」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 15:06:27.84 ID:LGomJ5UiO
明久「」


姫路「いつもそれだけじゃ足りないですよね?どうぞ!」

明久「いいいいいよ!僕は遠慮しとくよ!」

姫路「育ち盛りの男の子はもっと栄養を摂らなきゃいけないです!
    吉井くんには脳に効くものが良いと思います!」

吉井(姫路さんのお弁当を食べたら栄養摂るどころか、吸われちゃうよー!」

姫路「本当は私の手作りをあげたかったんですけど、今朝寝坊しちゃって……」

明久「え?それじゃあそのお弁当……」

21 :あっ間違えた:2010/03/07(日) 15:18:18.58 ID:LGomJ5UiO
姫路「昨日の残りを詰めてきたんです。お母さんと作った天ぷらを」

明久「」

雄二「弁当箱の一角に紫色のドライアイスがッ……!」

ムッツリ「…………ッ!なんと邪悪な……!」

姫路「さぁ吉井くん!さぁ!」

明久「いやぁぁぁああっっ!!誰か助けふがぼしゅ」ドッカーン




秀吉「…………」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 15:30:08.61 ID:LGomJ5UiO
秀吉(明久はやはりお腹がすいているのかのぅ……。姫路が作ったんじゃないような素振りを見せたら、
    一瞬顔を輝かせたし……)

秀吉「……よし!」




 ‐翌日‐


美波「アキ!また塩だけなの?」

明久「うん。でもこれだけで充分なんだよ?」

美波「もう!育ち盛りはもっと食べなきゃだめよ!大事な所に栄養がいかないんだから!」

明久「ははは、それなら美波はその手に持ってるお弁当より食べなきゃだめだね」

美波「それってどういう意味よ!!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 15:40:06.49 ID:LGomJ5UiO
明久「もちろん胸のおおぉぉぉおおおうううううぅぅぅうううでが引きちぎれるような痛みぃぃぃ!!!」

美波「このバカアキー!!」

明久「きゃああああああぁぁぁああ!!」


秀吉「あ、あの」

美波「なによ!」

秀吉「ちょっと明久を借りてもいいかの?」

美波「?いいけど」

明久「た、助かっ」ボキッ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 15:57:03.06 ID:LGomJ5UiO
秀吉「昨日、姫路からお弁当もらったじゃろ?」

明久「ああうん


    …………ッッッ!!」がたがたがたがた

秀吉「ど、どうしたのじゃ!?」

明久「コワイヨコワイヨ海老天コワイヨ」ガタブル

秀吉「お、落ち着くのじゃ!明久……!」

明久「コワイヨコワイヨ」

秀吉「明久!」

明久「海老天コワイヨ」

秀吉(トラウマが植え付けられている……!恐るべし姫路!こうなったら)

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 16:06:28.59 ID:LGomJ5UiO
秀吉「えいっ」


明久(コワ……、え?あったかい?この温もりは……?)

秀吉「落ち着いたかのぅ?」

明久「秀吉……ってええ!?なんで僕に抱きついてるの!?」

秀吉「震えをなくすには人肌が一番かと思ったのじゃ」パッ

明久「あ……」

秀吉「ふふっ」

明久(もう離れちゃうのか……)

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 16:10:34.78 ID:LGomJ5UiO
秀吉「ん?」

明久「もっと触れ合っていたかったな……なんて」

秀吉「なぁ!?」

明久「しまったぁ!思ったことが口から出てしまったぁ!」

秀吉「そういうのは……面と向かって言われると……照れるのじゃ」

明久「…………///」

秀吉「…………///」

38 :>>4引用:2010/03/07(日) 16:22:48.05 ID:LGomJ5UiO
明久「そっ、それで用事ってなにかな?」

秀吉「そっ、そうじゃったな!はい、これ……」

明久「なんだい?このピンクの包みは」


秀吉「実はワシも明久にお弁当作って来たのじゃ」

明久「秀吉が!?」



秀吉「わ、ワシが作ってきたら……おかしいかのう?」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 16:37:20.87 ID:LGomJ5UiO
明久「全然そんなことないよ!むしろイメージ通りっていうか」

秀吉「食べてくれるのか?」

明久「うん!」

秀吉「良かった」ゴソゴソ パカッ

明久「(久し振りのまともな食事っ!)……あれ?」

秀吉「なん…じゃと……」




久保(ごめんね木下くん……!僕は愛の為ならどんなことでもするんだ……)

優子「久保、ほっぺにごはんつぶ付いてるわよ」

久保「おっと失礼」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 16:49:28.18 ID:LGomJ5UiO
秀吉「何故中身がすべてさくらでんぶになっているのじゃ?!」

明久「しかもお米抜き……これはちょっと……いや!さすが秀吉!独創性に溢れているね」

秀吉「違う!確かに白米とかおかずとかが入っていたのじゃー!」

明久「とっても個性的!」
秀吉「どうしてこうなったのじゃ……」


ぐぅ~


明久「」

秀吉「……ん?」

47 :>>9引用:2010/03/07(日) 16:56:00.66 ID:LGomJ5UiO
秀吉「もしかして……」

明久「はは……お腹鳴っちゃった……」

秀吉「しょうがないのぅ……。あ、そういえば」ゴソッ

明久「?」

秀吉「食べかけのおにぎりじゃが……いるかの?」



明久「!!?どうして胸元のシャツの中にそんなものがあるんだい!?」

秀吉「色々あったんじゃ」

明久「…………ッ!!」

秀吉「あ、明久!鼻から血が!」

51 :鋼錬始まった:2010/03/07(日) 17:04:32.08 ID:LGomJ5UiO
秀吉「せめてこれだけでも……」

明久「秀吉」

秀吉「やっぱり、嫌じゃったかのう」

明久「そんなことない!秀吉がくれたものならなんだっておいしいよ!」

秀吉「明久……」

明久「いただきまーす!」

秀吉(明久は優しいのう……。他にも何かしてあげればいいのじゃが)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 17:42:06.90 ID:LGomJ5UiO
明久「痛っ」

秀吉「どうしたのじゃ」

明久「唇が切れてて……。さっき美波にしめられた時のかも」

秀吉「……」

明久「いてて」

秀吉「あきひさっ」

明久「なに?」

秀吉「わ、わしが食べさせてあげるのじゃ……口移しで」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 18:03:53.44 ID:LGomJ5UiO
明久「……ちょちょちょちょっと待って!どうして口移しになるの!?」

秀吉「わしはこれでも唇が柔らかいと自負しておる」

明久「うん」

秀吉「だから明久には箸のような固いものより柔らかいもので食べさせた方が、
    傷口に障らないと思ったのじゃ」

明久「そこぉー!それがおかしい!!『一足す一はニ』みたいなふうに言わないで!
    どんなけ飛躍してんのさ!」

秀吉「め、迷惑だったかの……」

明久「う……」

秀吉「…………」

明久「…………秀吉」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 18:18:38.07 ID:LGomJ5UiO
明久「秀吉……」

秀吉「明久……」

明久「こんな僕でよければ……///」

秀吉「…………///」


秀吉「こちらこそなのじゃ///」

明久「……」ドキドキ

秀吉「……ぱくっ、もきゅもきゅ」

明久「…………」ドキドキドキドキ

秀吉「もきゅもきゅ……こっちを……もぐもぐ……向くのじゃ」

明久「うん……」

秀吉「明久……」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 18:29:45.70 ID:LGomJ5UiO
     『ダメぇぇぇぇえええええ!!!』




明久「わああぁぁあ!?」

姫路「くくく口移しなんてハレンチです!」

美波「アキ!!アンタ木下になにしてんのよ!!」

久保「異性同士の恋愛なんて誰も許さないぞ!」

ムッツリ「…………ッ!」ボタボタ

秀吉「なんじゃ!?どこから……いや、いつから見てたのじゃ!?」

雄二「明久が『唇が切れてて……』とかなんとか言ってる当たりからだな」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 18:41:47.36 ID:LGomJ5UiO
明久「いやぁぁぁああっ!恥ずかしいぃぃい!!」

姫路「吉井くんにきききキスされたら木下くんが可哀想です!代わりに私がやります!」

久保「何言っているんだ姫路さん!男女間なんて不純すぎる!僕がやろう」

姫路「放してください久保くん!」

久保「そっちこそ!」


美波「しょ、しょうがないわね!アキに怪我させたのはウチなんだから、ここは……」

美春「お・ね・え・さ・まああぁぁぁあああん!!」

美波「きゃああ!?美春!?」

70 :>>63引用:2010/03/07(日) 18:49:22.42 ID:LGomJ5UiO
美春「じゃあ美春がお姉さまから口移しで……!!」

美波「なッッ!?なんでアンタは!?んん!ハグッ」

美春「んう……お姉さまの唇やわらかいよ……」

美波「ふんぅ~~!!」

ムッツリ「…………ッ!」ピクピク


雄二「悪かったな、明久。あいつらきかなくてよ」

明久「ううん!逆にありがたかったかも」

雄二「……?」

明久「もし止めてくれなかった僕、止まらなかったよ」

雄二(……ああ。こいつガチか)

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 18:53:29.53 ID:LGomJ5UiO
雄二「さて、ムッツリーニを起こしてくるわ」

明久「いってらっしゃい」


秀吉「……」

明久「騒がしくなっちゃったね……」

秀吉「そうじゃな……」

明久「…………」

秀吉「…………」

明久「…………」

秀吉「あきひさ」

明久「!」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/07(日) 18:59:27.67 ID:LGomJ5UiO
秀吉「今回はお弁当食べられなかったじゃろ?……だから今週末、うちに夕飯に来ないかの……?」

明久「……!」

秀吉「どうじゃ?」

明久「…………楽しみにしてる!」






 ~家でナニしよ♪フラグ立て編・終~

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 00:16:49.81 ID:L9afLuPP0
秀吉宅

明久「トホホ…ここ最近塩水しか食べてないからお腹ぺこぺこだよ~…」

明久「たしかここらへんに秀吉の家があるはずなんだけど…あ!」

明久「やっと見つけた。ここが秀吉の家か~」トントン

秀吉「ん?おお!!明久か!上がってくれ!!」

明久「おじゃましまーす」ガチャ

秀吉「やっと来たか、遅いから待ちくたびれたぞ?」

明久「ごめん、早く来たかったんだけど帰りに美波の足四の字固めを食らって
   行動不能になっちゃってさー、アハハハハハ」

秀吉「お主らも相変わらずじゃなあ…」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 00:47:10.60 ID:L9afLuPP0
明久「アハハハハ…ハ………バタッ」

秀吉「!明久!!!大丈夫か!?一体どうしたのじゃ!?」

明久「お腹がへって…………も…う………だめ……」

秀吉「おい!明久!!目を覚ますのじゃ!!死ぬな!おい!!!」

明久「せめて死ぬ前に…女の子と…付き合って……みた…かっ……た……ガクン」

秀吉「明久ーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:01:22.12 ID:L9afLuPP0
明久「………………ん………?」

秀吉「おお明久!!目が覚めたのか!」

明久「ここは……そうか、ここはあの世か…短い人生だったなぁ……」

秀吉「何を言っておるのじゃ、ここはわしの家の寝室じゃ!」

明久「え?うそ?ここはあの世じゃないの!?」

秀吉「お主がわしの家の玄関で倒れたんじゃろうが!!!忘れたのか!?」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:09:43.05 ID:L9afLuPP0
明久「え?ああそうか、たしか僕は秀吉の家に夕御飯を食べに来て…」

秀吉「そうじゃそうじゃ、やっと思い出したのか」

明久「うん、やっと思い出したよ………(ん?ちょっと待てよ)」

明久「(家…寝室…そして目の前にかわいい美少女………)」

明久「(これははまるでアニメや漫画でありがちな黄金のシチュエーションじゃないか!!)」

秀吉「ん?どうかしたのか明久?」

明久「いや!!何でもないよ!!ハハハハハ!!!!!」

秀吉「?」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:19:03.92 ID:L9afLuPP0
明久「(いや!理性を保つんだ!!あくまでも秀吉は男だぞ!?)
    いくら女子にもてないからってBLに走るわけには…」

秀吉「ん?BL?何の話じゃ明久?」

明久「え?あああしまった!!!ごめん何でもないから今のは忘れてちょうだい!!」

秀吉「?…なんか分からんがお主お腹がすいておるのじゃろう?もう夕ご飯は出来ておる
   それに元々家に夕ご飯を食べに来たわけなんじゃから早くご飯を食べるのじゃ」

明久「あ…そうだね!いただくよ!!」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:28:41.51 ID:L9afLuPP0
明久「うわあ…すごいご馳走だね秀吉!!スパゲッティにハンバーグにステーキ!!
   もしかしてこれ全部秀吉が作ったの!?」

秀吉「うむ。明久がお腹をすかしてると思ってたくさん作っておいたぞ」

明久「じゃあ遠慮なくいっただっきまーす!」ガツガツモシャモシャ

秀吉「なんじゃ明久、そんなにお腹がへっていたのかの?」

明久「だってここ数日塩水しか食べてないんだよ~?そりゃお腹もへるよ」ガツガツ

秀吉「塩水は「食べた」に入らないじゃろ…」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:35:00.56 ID:L9afLuPP0
明久「ふう…もう食べられない……久々にちゃんとした料理を食べたよ」

秀吉「お主の食生活は本当に大丈夫なのかの…?」

明久「ありがとう秀吉!!君は僕の命の恩人だよ」

秀吉「む…そんなに褒められても照れるのじゃ………////」

秀吉「………明久!!よかったら家に今日泊まっていかないかの?」

明久「え?」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:41:15.01 ID:L9afLuPP0
明久「僕が秀吉の家に泊まる…?」

秀吉「そうじゃ!もう外は暗いし夜道は危険じゃろ?だから家に泊まっていくのじゃ!」

明久「(これはもしや…フラグ!?)」

明久「(いやいやいや!!待て今の僕!!何度も言ってるように秀吉は男だぞ?)
    でもこのフラグを無駄にするわけには…」

秀吉「ん?フラグ?何の話じゃ明久?」

明久「え?あああああ!!しまった!また僕の悪い癖が…」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:45:50.19 ID:L9afLuPP0
秀吉「で、どうするのじゃ明久?泊っていくのか?」

明久「うん!!夜道は危険だしね!今日は秀吉の家に泊まっていくことにするよ!!」

秀吉「そうか…………よかった」ボソッ

明久「ん?秀吉今なにか言った?」

秀吉「いや、何でもないのじゃ」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:50:14.71 ID:L9afLuPP0
秀吉「あ!そうじゃ明久」

秀吉「ご飯も食べたしとりあえずシャワーでも浴びてきたらどうじゃ?」

明久「う、うんそうだね、じゃあ先に浴びてくるよ」


スタスタスタ……


秀吉「それにしても明久の健康状態は本当に大丈夫なのじゃろうか…」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 01:55:57.33 ID:L9afLuPP0
シャアアアーーーーーーーーーーーーーー

明久「ふう………」

明久「それにしても本当に良かったのかな?秀吉の家に泊まったりなんかして…」

明久「でもフラグの件もあるし…」

明久「ハッ!!何を言ってるんだ僕は!!秀吉は男だぞ!?」

明久「でも秀吉は第三の性別「秀吉」でもあるし…」

明久「はあ………」

コメント

No title

って、おいいいいいいいいいい!!ここで終わりかよwww
秀吉成分が足りなさ杉なんですけど?

てかもちろん続きはあるんだろうな・・・?

Re: No title

スレはここでdat落ちでした。
明久秀吉のSSについては、エロパロのSSもまとめちまおうか悩んでます。
という訳でやっちまうのが自分。

No title

まじですか・・・そりゃ残念

エロパロ・・・だと・・・?
ご褒美以外の何物でもありませんw

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。