FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「もっと知りたいな、あずにゃんのこと」心あたたまるけいおん!SS

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:08:40.22 ID:GOq3ktWz0 [1/27]
梓「あーあ・・・」

梓「ムギ先輩の体見てるとムラムラしてくるなー」

律「!?」

梓「嫌がるムギ先輩を押さえつけて」

梓「むちゃくちゃに[ピー]してやりたいなぁー」

律「!!?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:15:05.74 ID:GOq3ktWz0 [2/27]
律「えっ・・・」

梓「!?」

梓「そんなっ、律先輩、何時からそこに!?」

律「いや、あはは・・・」

梓「その、聞いちゃいましたよね?今の独り言・・・」

律「なっ、何だったかなー、よく聞こえなかったよー」

梓(やばいっ、絶対に聞かれてる!!!)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:19:47.33 ID:GOq3ktWz0 [3/27]
律「ちょっと私はトイレにー」コソコソ

梓「待ってください!」バッ

律「わっ、何だよ!?」

梓「澪先輩たちに今の事話すつもりでしょ!?」

律「違うっ、話さないっ!」

律「黙っててやるからそこを通してくれよ」アセアセ

梓「やっぱり聞こえてたんじゃないですか!?」

律「ううっ・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:26:25.52 ID:GOq3ktWz0
梓「内緒にするって約束してくれるまでここは通せません!」

律「するする、墓場の中まで持っていく!」

梓「本当ですか?」

律「本当だって、だからそこを通してくれよ、おしっこ漏れちゃうだろ?」

梓「嘘です!律先輩は絶対に言う気です!」

梓「私は騙されませんよ!」

律「だから言わないって言ってるだろ!?」

律「お前、いい加減に・・・」

律「!?」

律「お、おいっ、梓お前っ!!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:33:13.56 ID:GOq3ktWz0
律「どこ見てるんだよ?」

梓「べっ、別に何も見てませんよ!」

律「やめろよっ」バッ

梓「何隠してるんですか!?」

梓「私が律先輩の体なんて見る訳ないじゃないですか!?」

律「いいからそこを通せよなっ!」

梓「ダメですっ、律先輩は誤解してます!」

律「何が誤解だっ、変態のくせにっ!!!」

梓(へん・・・たい・・・?)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:40:36.96 ID:GOq3ktWz0
梓「わっ、私は変態じゃありません!」

律「変態だろーが!!!」

律「みんなに言ってやるからな」

律「お前がムギに何しようとしてたか!!!」

梓「しませんよっ、それは独り言じゃないですか!?」

律「独り言でも、そんな願望があるってことだろ?」

律「あっちに行け変態っ、汚い目で私を見るんじゃない!!!」

梓「!!?」

梓「そんなぁ・・・」グスッ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:50:50.53 ID:GOq3ktWz0
梓「私、変態じゃないですよぉ・・・」グスグス

律「うるさいっ、早くどけよっ」バッ

梓「きゃっ!?」ステンッ

律「早くみんなに知らせなきゃな」

梓「やめてくださいっ」バッ

律「バカッ、放せよ、しがみ付くなっ!」

梓「私っ、何でもしますから」

梓「他の皆さんには言わないで下さい」

梓「みんなに嫌われちゃったら、わたしっ、私・・・」グスグス

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:03:23.84 ID:GOq3ktWz0
律「いやだね」

梓「!!?」

律「大切な友達のムギが、お前みたいな変態に狙われてるんだ」

律「軽音部みんなで守ってやらなきゃな」

梓「・・・!?」

梓「私がこんなに頼んでるのに・・・」

梓「なんで、何で黙っててくれないんですか!?」

律「えっ、梓?」

梓「律先輩はっ、何でそんな意地悪をっ!!!!」グイッ

律「やめろバカっ、いい加減放せよっ」

梓「このぉーっ!!!!」バッ

律「わわっ!?」

ドサッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:14:10.58 ID:GOq3ktWz0
梓「いててっ」

律「くそっ・・・」

梓「律先輩!?」

律「ううっ・・・」

梓「律先輩、おしっこ・・・」

律「梓のバカっ、お前のせいだぞっ」

梓「えっ、あの、ごめんなさい・・・」

律「わーん、もうヤダよぉ・・・」グスグス

梓「えっと、早く拭かないと」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:23:37.19 ID:GOq3ktWz0
梓「拭かない・・・と・・・」ハアハア

律「へっ、あずさ?」グスッ

梓「えへっ、私のせいだからぁー」

梓「私が律先輩を拭いてあげないとー」ハアハア

律「おまえっ、何だよ?何考えてるんだ?」

梓「まったく律先輩は仕方ないですねー」ハアハア

律「やめろっ、来るな変態!!?」

梓「えへへっ、おしっこ漏れちゃったんでちゅねー」ハアハア

律「ちょっと待てよっ、やめろっ!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:35:21.19 ID:GOq3ktWz0
梓「何逆らってるんですか!?大人しくして下さい!」ガバッ

律「わっ!!?」

梓「律先輩ってよく見ると可愛らしいですね」ハアハア

律「・・・!?」ゾッ

律「うっ、うわーっ!!!」

律「誰か助けてぇー!!!」

梓「静かにするです!」

梓「反抗しなきりゃ優しくしてやるですよ」

律「なっ、なにをする気だよ!?」

梓「えへっ、何って・・・」

梓「ムギ先輩にしようとしたこと、そのままですよぉー」

律「!!?」

律「助けてーっ!!!澪ーっ!!!みおーっ!!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:49:08.00 ID:GOq3ktWz0
梓「その泣き叫ぶ表情、興奮して来たですっ!!!」ハアハア

梓「やるです!やってヤルです!!!」

律「いやーーーーっ!!!!!」


~三十分後~


梓「ふぅ・・・」スッキリ

律「」

律「ちくしょう・・・」

律「梓なんかに、梓なんかにぃー」ポロポロ

梓「律先輩・・・」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:55:37.59 ID:GOq3ktWz0
律「お前、絶対にゆるさないからなっ」

律「憶えてろよ!」キッ

梓「律先輩!!?」

梓「その睨み付ける目」

梓「たまりませんっ!!!」ゾクゾク

律「えっ!?」

梓「もっ、もう一回っ!」ハアハア

律「そんなっ、嘘だろっ!!?」

律「ヤダっ、あっち行けっ!!!」

梓「律先輩っ、りつ先輩っ!!!!」ハアハア

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:05:54.24 ID:GOq3ktWz0
~一時間後~

梓「ふぅ・・・」スッキリ

律「・・・・・・」グッタリ

梓「あの、律せんぱーい?」

律「・・・・・・」

梓(どうしよう、反応すらない)

梓(流石にやりすぎたかな?)

梓(あーっ、どうしよう)

梓(律先輩にとんでもない事しちゃったよー)

梓(謝って済む問題じゃないけど、とにかく謝らなきゃ!)

梓「えっと、律先輩」

律「・・・・・・」

梓「あのですね」

梓「もしこの事ばらしたら、澪先輩にも同じ事してやりますよ」

律「!!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:16:41.67 ID:GOq3ktWz0
律「うっ、うわーん」ポロポロ

梓(わっ、なんでこんな事言っちゃったの!?)

梓「すいません、わたし帰りますっ」

梓(まさか自分が、本当にこんな事しちゃうなんて!?)

梓(どうしようっ、明日からどんな顔して軽音部に行けばいいの!?)


~次の日~


梓「失礼します・・・」ドキドキ

ガチャ

唯「あっ、あずにゃん!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:25:41.08 ID:GOq3ktWz0
梓「唯先輩だけですか?」

唯「うん、みんな遅れてくるって」

梓「へっ、へぇー」ドギマギ

梓(唯先輩は普通だな、あの事は知らないみたい)

梓(澪先輩やムギ先輩はどうなんだろ?)

唯「あれ?どうしたのあずにゃん?」

唯「なんか落ち着かないねー」

梓「そっ、そんなことありませんよ」

唯「ふーん」

梓「なっ、何ですか?」

唯「あずにゃん!」ダキッ

梓「にゃっ!!?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:33:03.72 ID:GOq3ktWz0
唯「あずにゃん分ほきゅー」スリスリ

梓「やっ、やめて下さいっ」

梓「やめ・・・て・・・」

梓「」ハアッハア

唯「あれ?あずにゃん、今日は大人しいですなー」

唯「じゃあいっぱい補給しちゃえ」ギュッ

梓「唯先輩、やめてくれないと、私・・・我慢がっ・・・」

唯「???」

唯「あずにゃん?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:44:17.03 ID:GOq3ktWz0
梓「唯先輩、あの、ちょっと来て下さい」

唯「へっ?」

梓「ここだと・・・来ちゃうでしょ?他の皆さん」

唯「そりゃあ来るよー」

梓「だからですね、秘密のお話が・・・」

唯「秘密の話ー?」

梓「そうです、私と、唯先輩だけの、秘密です・・・」ハアハア

唯「りっちゃん達には内緒なの!?」

梓「はっ、はい・・・」ドキドキ

唯「えーっ、なにそれー」

梓(やっぱりダメか・・・)

唯「面白そう!!!」

梓「!!?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:02:51.84 ID:GOq3ktWz0
梓「じゃあ、こっちです!」グイグイ

唯「えーっ、どこ行くのかな」ニコニコ



梓「この階の突き当たりのトイレです」

梓「放課後は誰も来ないはずです!」

唯「えへへ、私達スパイみたいだね、あずにゃん!」

梓「はい」ハアハア

唯「秘密の取引だねあずにゃん!」

梓「はいっ」ハアハア

梓「ここですっ、着きました」

梓「奥の個室に入ってください!早くっ!」グイグイ

唯「あわっ、そんなに急がなくてもー」

バタンッ ガチャリ

唯「鍵まで閉めるの?」

梓「ゆっ、唯先輩っ!」ハアハア

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:15:20.91 ID:GOq3ktWz0
唯「あずにゃん、それで話って何?」

梓「うるさいっ!」ガバッ

唯「ちょっとあずにゃん!せまいんだから暴れちゃダメだよっ」

梓「うるさいうるさいっ、うるさーい!!!」

梓「唯先輩がいけないんですからねっ!」

梓「唯先輩がいつも私に抱きついてくるからぁっ!!!」

唯「あっ、あずにゃん!?」

梓「こうしてやるっ、こうしてやるぅっ!!!」

唯「ちょっと、あずにゃんっ!?」

唯「ダメだよっ、そんなとこさわっちゃ!?」

唯「あっ!」

唯「ダメだって」バッ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:26:16.01 ID:GOq3ktWz0
唯「何でこんなことするのぉー?」グスグス

梓「何でって・・・」

唯「あずにゃん、やめてよ、ね?」グスグス

唯「私、あずにゃんとこんな事したくないよぉ・・・」

梓「・・・・・」

唯「わたしはあずにゃんと、今まで通り、仲良しでいたいよぉ・・・」ポロポロ

梓「」

梓「唯先輩」

梓「ヤダ私ったら、ゴメンなさい、わたし、わたし・・・」

唯「あずにゃん・・・」ウルウル

梓「泣いてる唯先輩見ると、すっごく興奮してきちゃいました」

唯「!!?」

梓「あへっ、あははっ、もう堪りません!!!」ハアッハアッ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:41:32.68 ID:GOq3ktWz0
唯「ヤダよーっ、ヤダよーっ!」ジタバタ

梓「暴れるなです!」

梓「律先輩でもこんなには暴れなかったですよ!」

唯「えっ?りっちゃん!?」

唯「あずにゃん、まさかっ!りっちゃんにも!?」

梓「えへへ、律先輩は観念したら可愛いものだったです」

梓「やってる時の声はうるさいと程でしたけどね」ニヤリ

唯「そんなっ、りっちゃん!?」

梓「普段はホンワカしてる唯先輩は、一体どんな声でなくのかなー」

梓「楽しみです」ニヤニヤ

唯「いやーっ、助けてぇーーーーっ!!!!」

唯「ういーっ!!!みんなぁーっ!!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:51:59.20 ID:GOq3ktWz0
唯「わーん!こわいよーっ!!!」

唯「ういーっ、ういーっ!!!」

梓「いくら助けを呼んでも無駄ですよ」

梓「律先輩の時もそうでした」

唯「ういーっ、ういーっ!!!」バタバタ

梓「まったく、だから憂は来ないですってー」

梓「でも、こんなに暴れられるとかなわんです」

梓「ビニールテープで手足を縛らせてもらうです!」

唯「わーん!!!助けてーっ」


~~~~~


憂「!?」ピーン

憂「この感じはなに?」

憂「まさかお姉ちゃんの危機っ!?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 23:07:57.27 ID:GOq3ktWz0
憂「おねーちゃーんっ!!!」ダダダダッ

バーンッ!!!

憂「おねーちゃん何処っ!?」ゼイゼイ

唯「ういーっ!ここだよっ、助けてぇー!」

梓(えっ?何なの!?本当に来たっ!!?)

ガッガッ

憂「こんな鍵なんてぇっ!」

バキッ

唯「わーん、憂ーっ、怖かったよー」

憂「おねーちゃん、だいじょうぶ!?」

梓「あわ、あわわわっ」

憂「梓ちゃん、これ、どういう事なの?」

梓「それはちょっと、手違いと言うか・・・」ブルブル

唯「あずにゃんはね、私に酷い事しようとしたんだよっ」

梓「!!?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 23:18:52.76 ID:GOq3ktWz0
憂「梓ちゃん、お友達だと思ってたのに・・・」

梓「あのね、これは違うのっ!」

唯「あずにゃんは、私の体にいっぱいさわったしね」

唯「りっちゃんには、もう既に酷い事を・・・」

憂「梓ちゃん・・・絶対に許さないっ」

梓「あわっ、そうだ、唯先輩のテープを剥がさなきゃっ」ササッ

憂「やめてっ!!!」

梓「わっ!?」ブルブル

憂「梓ちゃんには、もう、二度と、おねえちゃんをさわらせないっ!!!」キッ

梓(ひえーっ!)ガタガタ

憂「さあおねえちゃん、自由にしてあげるね」スッ

唯「ありがとう憂」

梓「・・・・・・」

梓(憂の冷たい目・・・あんなのはじめて)

梓(なんか・・・なんだか・・・)ハアッハアッ

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 23:32:45.60 ID:GOq3ktWz0
梓(憂ってけっこういい体してるよね)

梓(なんだかしまりも良さそうだし)ゴクリ

唯「憂、来てくれると思ってたよ」

憂「当たり前だよ、どんな時でも私がお姉ちゃんを守ってあげるね」

唯「ありがとう憂・・・っ!?」

唯「憂、後ろっ!!!」

憂「きゃっ!?」

梓「やってヤルです!やってヤルです!!!」ガバッ

憂「梓ちゃん、やめてっ!」

憂「梓ちゃんなんかが、私を好きに出来ると思ってるの!?」

梓「もうやるしかないです!部活もクラスも、もう全部終わりです!!!」

梓「どうせダメならやりたい様にヤルまでです!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/12(日) 23:47:12.40 ID:GOq3ktWz0
梓「えへへっ、憂っ、もっと仲良くなるです!」

憂「きゃっ!?ちょっと、さわらないでよ!!!」

梓「憂っ、ういーっ」ハアハア

憂「もうこうなったら・・・」

憂「怪我しても知らないいんだからね!」

梓「憂、唯先輩が見てるよ・・・」

唯「ういー」

梓「唯先輩が見てる前で、こんな事されちゃうね」

憂「!!?」

憂「だめっ、おねえちゃん、見ないでぇーっ!!!」ゾクゾク

梓「ほらほらぁー」

憂「ちょっと、やめてぇ、お願いっ」

梓「あれあれ?さっきまでの強気な態度はどうしたですか?」

唯「ういーっ、あずにゃん、憂から離れてよっ!!!」モゾモゾ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 00:04:50.37 ID:wMu+uPa80 [1/4]
唯「ういーっ」グスグス

梓「唯先輩は大人しく、妹が乱れる姿をそこで見ているといいです!」

憂「だめぇーっ!」

唯「やめてぇー!!!」


~三十分後~


梓「ふぅ・・・」

憂「・・・・・・」

唯「ういーっ」グススグ

憂「ごめんねおねえちゃん、私、わたし・・・」

唯「私こそごめんね、わたしがお姉ちゃんなのに」

唯「私、憂を助けてあげられなくて・・・」

憂「ううっ、おねえちゃん・・・」シクシク

梓「・・・・・・」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 00:17:02.04 ID:wMu+uPa80 [2/4]
梓「いい姉妹愛です」

梓「私、感動しちゃいました」

唯「あずにゃん?」

梓「ごめんなさい、私が悪かったです・・・」

憂「梓ちゃん・・・」

梓「私が間違っていました」

梓「こんな仲の良い姉妹なら、二人一緒がいいですよね?」

梓「二人まとめてしてあげたら好かったんですね!」

唯「えっ?」

梓「二人の姉妹愛にうたれて、私、また興奮してきました!」

梓「今度は二人まとめて相手してヤルです!」

憂「も、もう限界なの、やめてぇー」

梓「大丈夫、交互にいろんなことしてヤルです!」

唯「わーんっ、だめぇーっ!!!!!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 00:31:14.84 ID:wMu+uPa80 [3/4]
~一時間後~

梓「ふぅ・・・」

唯憂「・・・・・・」

梓「あの、二人ともー」

唯「憂、私達いっしょだよ」

憂「そうだねおねえちゃん」

梓(やばい、絶望と愛の、なんとも複雑な境地に到達している)

唯「うふふ」

憂「あははは」

梓(わたし、大好きな二人に、酷い事を・・・)

梓(なんでぇ、こんなことするつもりじゃなかったのにっ)グスッ

梓(謝らなきゃ、私、最悪だ、これから一生償わなくちゃ・・・)

梓「唯先輩、憂・・・」

梓「写真撮ったから、ばら撒かれたくなけりゃ、今日のことは人に言うなよ」パシャパシャ

唯憂「!!?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 00:41:16.48 ID:wMu+uPa80 [4/4]
唯「もっと知りたいな、あずにゃんのこと」心あたたまるけいおん!SS


次回予告(最終回)

秘められし欲望を開放した梓、このまま修羅の道に落ちてしまうのか?

ところが事態は意外な方向へ

次回奇跡的な軌道修正で本当に心あたたまる終焉を迎える

澪「絶対に見てくれよな!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:23:51.30 ID:X2JdcQGd0 [2/10]
~梓の家~

梓「私、なんてことしちゃったんだろ」

梓「一昨日まで自分の欲望を抑えて、普通にやって来れたのに・・・」

梓「やっちゃいけないって自分でわかってても」

梓「ダメなの、もう押さえ切れないよ・・・」

梓「やっぱり私、おかしいんだ、変態なんだ」

梓「ううっ、律先輩、唯先輩、憂・・・」

梓「ごめんなさい、私、責任をとらなきゃ」

梓「私じゃ私を止められない」

梓「だから・・・」

梓「もう・・・」

梓「死ぬしかないよね・・・」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:31:53.85 ID:X2JdcQGd0 [3/10]
梓「お父さんお母さん、ごめんなさい」

梓「私、もう大切な人を傷つけたくはないの」

梓「今からこのナイフで手首を切るからね」

梓「さよならみんな!」

パサッ

梓「あれ?これは・・・」

梓「今日撮った唯先輩と憂の写真・・・」

梓「私、こんな酷い事をっ!?」

梓「破らなきゃ・・・」

梓(でも・・・)

梓(あの時すっごく気持ちよかったなぁ)

梓(あれっ?)

梓(なんだかまた興奮してきちゃった・・・)

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:43:56.47 ID:X2JdcQGd0 [4/10]
梓「あーっ!またヤリたくなってきた!」

梓「あのねっとりとした体の感触が忘れられないよー」

梓「あいつ等であんなに気持ちよかったなら」

梓「すごい体した澪先輩なんて、どんなに気持ちいのかな?」

梓「このナイフを澪先輩の首元に付き立てて」

梓「恐怖で震える澪先輩を無理やりに・・・」

梓「あーっ、ヤリたい!」

梓「やらせろ!やらせろ!」

梓「小生意気な純をヒーヒー言わせてやるっ!!!」

梓「もうっ、早く明日にならないかなーっ」ムラムラ

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 22:58:10.92 ID:X2JdcQGd0 [5/10]
~次の日の体育用具室~

純「もうやめてぇーっ、死んじゃうっ、死んじゃうよーっ!!!」

梓「オラオラっ、まだまだぁー!!!」

純「あっ、ああーっ!!!」ビクンビクン

純「」グッタリ

梓「えーっ、またへばったの?」

梓「ほらほら、早く目を覚ましてよー」パシパシ

純「うぅ・・・」

純「お願い、もう、許して・・・」

梓「は?何言ってるの?」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 23:06:06.11 ID:X2JdcQGd0 [6/10]
梓「こんなんじゃ、ウォーミングアップにもなりゃしないよぉー」

梓「ね?澪せんぱーい」ニッコリ

澪「・・・・・・!?」ガタガタガタガタ

梓「あれぇ?恐くて声も出んですか?」

梓「言っときますけど、澪先輩はこんなもんじゃ済みませんからね?」

純「ゆるして・・・ゆるし・・・て・・・」グッタリ

澪「ひぃっ」ガタガタガタガタ

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 23:19:40.49 ID:X2JdcQGd0 [7/10]
澪「り・・・つ・・・助け・・・て」ガタガタ

梓「はぁ?律先輩?」

梓「あのしょんべん垂れ、もうやっちゃいましたよー」

澪「!!?」

梓「あれから律先輩、学校お休みしてるみたいですね?」

梓「ちょっと責め過ぎちゃったかなー」

澪「そ、そんな」ブルブル

澪「律は風邪だって、言ってた」ブルブル

梓「へー、風邪ですか?」

梓「ちなみに、今日は唯先輩と憂も風邪で休んじゃいましたねー」

澪「まっ、まさかっ!?」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 23:30:21.75 ID:X2JdcQGd0 [8/10]
梓「明日は、純と澪先輩も風邪で休んじゃいますねー」

梓「えいっ」

ツンッ

澪「ひゃっ!!!」ビクビク

梓「澪先輩っていい体してるのに、すごく敏感なんですねー」

澪「そんなっ、ちがうっ」

梓「そんな体して、感度が良くて、まるでやられる為に生まれてきたような澪先輩」ハアハア

梓「まったく、まったくけしからんです!」ムラムラ

梓「しかも、こんなに私を誘っといて被害者気取りですか?」イライラ

澪「あっ、梓!?」ブルブル

梓「この野郎っ!!!調子にのるなぁっ!!!」ガバァ

澪「!!?」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 23:41:27.85 ID:X2JdcQGd0 [9/10]
澪「やだっ、やめてくれぇー!!!」

澪「りつーっ、りつーっ!!!」

梓「うるさいですっ、こっちへ来るですっ!」グイッ

澪「いやっ、いやぁーっ」

梓「お前は泣き喚いても絶対にゆるしてやらんです!」

梓「考えられるだけの、あらゆる方法で攻めまくってヤルです!」

澪「やめてぇーっ」ビエーン

純「あぅ、澪、先輩・・・」

梓「ふへへへっ、ぐひゃひゃひゃひゃひゃっ!!!!!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 23:57:16.02 ID:X2JdcQGd0 [10/10]
バーンッ!!!!

紬「ちょっと待ったぁーっ!」

梓「えっ!?ムギ先輩!!?」

紬「澪ちゃん純ちゃん、もう大丈夫よ!」

澪「ムギっ、助けに来てくれたのか!?」

純「ううっ、良かったぁ、ありがとうございます」

梓「へんっ、ムギ先輩一人に何が出来るって言うんですか?」

梓「逆にちょうどいいです、この後、ムギ先輩をやっちゃおうと思っていた所です!」

梓「ムギ先輩の体もいただくですっ!!!」バッ

紬「きゃっ」ステン

梓「やってヤルですっ!やってヤルです!」

紬「へー、梓ちゃん・・・」

紬「こういうのが好きなんだ」

梓「!!?」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 00:12:04.70 ID:C/Uz/oZk0 [1/4]
紬「私もね、実はこういうの好きなのぉー」ガバッ

梓「あわっ、何ですか?やめるです!?」

紬「私ね、前から可愛い梓ちゃんに、こういう事したかったのよぉー」

梓「やめろっ、さわるなぁーっ!!!」

紬「えーっ、イヤなの?」

梓「イヤですっ、早くどくですっ!!!」バタバタ

紬「嫌がる梓ちゃんも可愛いわぁー」ムラムラ

梓「わっ、わわっ」ゾゾッ

梓「いやだぁーっ、やめろーっ!!!」

紬「あはぁ、それじゃあ、しちゃいまーす!」ハアハア

梓「いやだぁーっ、助けてぇー!!!!」

紬「先ずはこの辺りはどお?」

サワサワ

梓「!!!!?」ビクン

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 00:24:45.66 ID:C/Uz/oZk0 [2/4]
梓「うっ・・・・・・」

梓「あはははっ!!!」

梓「あひゃひゃひゃっ、ふふっ!」

梓「ははっ、もうっ、やめてぇっ!!!」

紬「まだまだぁーっ!」コチョコチョ

梓「はひゃひゃっ、もうっ、だめぇっ!!!」ビクビク

梓「純っ、ふふっ、助けてっ!はひゃっ」

純「なに言ってんの!イヤだよ梓」プンスカ

純「まだまだやっちゃって下さいっ!」

純「梓ったら、私が泣いて頼んでもやめてくれなかったんですからー」

紬「りょうかーい!」コチョコチョコチョ

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 00:26:07.02 ID:C/Uz/oZk0 [3/4]
~一昨日の学校~

梓「あーあ・・・」

梓「ムギ先輩の体見てるとムラムラしてくるなー」

律「!?」

梓「嫌がるムギ先輩を押さえつけて」

梓「むちゃくちゃにコチョコチョしてやりたいなぁー」

律「!!?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 00:35:42.75 ID:C/Uz/oZk0 [4/4]
澪「やれやれ、律や唯たちはくすぐりまくられて」

澪「肌蹴た格好で長時間いたから、風邪引いちゃったんだなー」

紬「それそれぇー」コチョコチョ

梓「あひゃひゃっ、ゆるしてぇーっ」

澪(人をくすぐるのが好きってのは変わってるけど)

澪(今まで我慢しすぎて暴走しちゃったのかも)

澪(たまにはくすぐらせてやろうかな・・・)



唯「エッチな想像した悪い子はIDの数字だけ腹筋だよー」

唯「クシュンっ!!!」


お わ り

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。