FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと一緒に

2レスSS
87 名前:ずっと一緒に1/2[] 投稿日:2010/12/13(月) 16:25:04.28 ID:lGc2C0E0 [2/13]
美琴「ねぇ、まだあの娘の事好きなの?」

夏祭り、打ち上げ花火を眺めながら
美琴が上条に問いかける

美琴「ま、別にいいんだけどね」

上条の方を見ず、空を見上げたまま美琴は続ける
夜空に浮かぶ光の乱舞に、照らされた横顔は寂しげで

美琴「終わっちゃったね。帰ろっか」

上条「待てよ」

思わず、歩き出す美琴を呼びとめてしまう

美琴「何? どうしたの」

上条「確かに、アイツの事は大切だった。
今でもアイツが、困ってるんなら絶対に助けに行く。
でも、今俺が大切で傍にいたいと思うのお前なんだ。
もしも、お前が俺の事が不安だっていうのならそんな幻「ぷっあははは」

上条の言葉の途中で、美琴が遮るように笑い始める

上条「み、美琴?」



88 名前:ずっと一緒に2/2[] 投稿日:2010/12/13(月) 16:25:44.12 ID:lGc2C0E0 [3/13]
美琴「ごめん、ごめん。そういうつもりで言ったんじゃないの」

笑いながら上条の手を取り握り締める
美琴の体温が心地よい

上条「じゃあ、どういうつもりなんだよ」

いまさら、手を握られた程度でドギマギしてしまったことを
誤魔化すように上条は言う

美琴「うん、言葉のまんま」

美琴は言いながら、今度は上条に腕を絡める

「アンタが誰を好きでも、絶対に逃がさないってだけ」

耳元で熱い吐息とともに囁いてくる

上条「別に逃げねーよ」

美琴「そう? アンタ結構だらしないいし」

上条「そんなことねえよ」

何年も一緒にいるのに
まだまだ魅了され続けている
一緒にいるだけでこんなにも胸がわくわくする
だから、そんなことはありえない

美琴「どんな手を使ってもね」





89 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/13(月) 16:26:51.59 ID:lGc2C0E0 [4/13]
以上です

そげぶ中に笑いだす美琴さんのイメージが浮かんで書き始めました

お目汚し失礼しました

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。