FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある青ピの日常風景

72 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 04:27:49.83 ID:ebXq95k0 [1/5]
青ピメインの話を、3レス投下させてもらいます

73 名前:とある青ピの日常風景 1/3[] 投稿日:2010/12/13(月) 04:28:35.33 ID:ebXq95k0 [2/5]

夕日の差し込むパン屋には数人の買い物客がいた。 棚には空になった商品プレートが目立ち、メイド服
に似た制服を着た少女が空になったプレートを回収している。 レジに陣取った主人は、店にいる常連と
談笑し、時おり店内に豪快な笑い声を響かせている。来客を告げるドアベルが鳴ったのは、そんな時だった。

「ただいまぁ」

「お帰りなさい、青ピさん」

現われたのは、青い髪にピアスをつけた大男であった。 従業員の少女が声をかけると、にへらとだらし
のない笑みを浮かべた。

「すまへんなぁ。 仕事手伝うはずだったんやけど遅れてしもうたわ」

「いえいえ。 後片付けが残ってますから、そっちを頑張ってくださいね」

青髪ピアスは頭を下げると、今度は力強く胸を叩いた。 「任せてや。 ボクがキレーに片付けるやさかい」

そのまま彼は奥に引っ込み、2階の彼にあてがわれた部屋へと向かう。 少女と話せたのがよほど嬉しいのか、

へらへらと表情をゆるめたまま鼻歌を歌いだす始末だ。

しかし部屋のドアを開けた瞬間、彼の表情は一変した。



74 名前:とある青ピの日常風景 2/3[] 投稿日:2010/12/13(月) 04:29:29.28 ID:ebXq95k0 [3/5]

ゆるんだ口元は一文字に引き締められ、糸のように細められた目は鋭い眼光を放っていた。
部屋に入り、ゆっくりとドアを閉める。 じろりと虚空を見つめると、彼は口を開いた。

「いつまで盗み聞きするつもりや? アンタのことはとっくにバレとるんやけどなぁ」

ややあって、青髪ピアスはため息をついた。 「やれやれ、逃げ足だけは速いんやなぁ」

その瞬間、彼の携帯が鳴った。メールを受信したのだ。 彼は携帯を手に取ると窓から外を確認する。
彼の住むパン屋は繁華街の一角にあり、大通りに面していた。 その大通りを一台のキャンピングカー
が通りかかった。 
それはパン屋の前を通り過ぎると、短くクラクションを鳴らした。
青髪ピアスの目が見開かれる。

「これから店の手伝いしなきゃあかんのになぁ」

ポツリとつぶやく。 しかしその口元は愉悦に歪んでいた。 「こんな能力、使わへんですむ日は遠いわなぁ」




「ホンマ、第六位っちゅーても面倒なだけやでぇ」


そして、彼はメールを確認した。



75 名前:とある青ピの日常風景 3/3[] 投稿日:2010/12/13(月) 04:30:57.42 ID:ebXq95k0 [4/5]




Sub:当選おめでとうございます!
------------------------------------------------
本文:厳密な抽選の結果、あなた様は学園都市が
   極秘裏に開発した『能力進化促進ドリンク』
   のモニターに選ばれました。

   付きましては以下のWebページで手続きを
   お願いします。

   ⇒http://●●●●●



青ピ「…………」

青ピ「……くっくっく」

青ピ「ハーッハッハッハッハァ!!」

青ピ「いややわぁ。 ボクが学園都市第六位で特殊部隊所属ぅって妄想してたらメール来るんやもん!」

青ピ「もうタイミングよすぎやぁ!! 我ながら雰囲気ですぎ! 本気で能力に目覚めたかと思ったでぇ!!」

青ピ「そんで届いたメールがこんな迷惑メールって! ボクのドキドキ返してぇな!!」

青ピ「ハッハッハッハァ」

青ピ「……はぁ」

青ピ「さて、お手伝いせなぁねっと」



76 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 04:33:53.30 ID:ebXq95k0 [5/5]
以上です

青ピの妄想にビビッときた方もいるんじゃないでしょうか。かく言う私もしょっちゅう……

ありがとうございました

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。