FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通行止め

1レスSS
953 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 02:22:56.47 ID:/eMWWUoo [2/3]
 ソーサーを下に置くこともなく、少し乱暴にテーブルの上に直接カップがコトリ。

「コーヒー淹れたよ」

「ン」

 椅子に座ってPDAのタッチパネルを指先で弄ぶ白髪の少年は、置かれたカップを掴むと、立ち上って熱さを主張する湯気も気にしたふうもなく、グイっと煽るようにしてそのおよそ半分を飲んだ。
 カップを持ったまま樹形図の設計者の天気情報へアクセスして、あァ明日は雨降ンのか。なんて俗なことを思っていると、コーヒーを運んだ、同じ白髪を持った少女は何故だかそこに立ったままだった。

「ンあ? どォしたよ」

 座ったまま少女を見上げて、少年が疑問の声を上げると、

「あ、あァいや、別に、なンでもないっつゥか……、うん、いや…………、うん」

 そんな素っ頓狂な言葉が返ってきた。
 いまいちすっきりしない返事の少女は、今もあーとかうーとか言いながら頭を掻いている。
 ……コイツはなにを言いたいのだろう。
 というよりも、何かを待っているのだろうか?
 そういえば、コイツがコーヒーを淹れてくれたことなんてあっただろうか?
 少女に続いて少年も、うーっと唸って、十秒と少しが経過して、


「…………美味かった。あ、ありがとォ?」


 たっぷりと、時間を掛けて出てきた言葉は疑問系。
 歯切れの悪い言葉で、少年では果たしてそれが少女の正解なのかかどうか、いまいち自信を持てなかったが、

「……っ! また淹れる!」

 少なくとも、嬉しそうに頷く少女の声は弾んでいたのだった。

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。