FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方「いィ土下座だった」その3

849 名前:一方「いィ土下座だった」その3 1/6[saga] 投稿日:2010/12/11(土) 13:47:06.89 ID:Asfd.Qc0 [2/9]

黄泉川家リビング


番外個体「一方通行!」ポン

一方「あン?」プニ ホッペタツッツキ

番外個体「や~い、引っかかった」カラカラ

一方「……ガキくせェことすンな」

番外個体「あら、お気に召さなかった? ならこれはどうかな!」ダキッ

一方「ウゼェ、離れろ」

番外個体「それ無理。 ミサカは一方通行に嫌がらせするのが大好きなんだよ~」ギュゥゥ スリスリ

一方「だァァッ! 止めろ、うっとおしい!」

番外個体「そうそう。 その顔が見たいんだ~♪」

一方「そもそもオマエ、俺が憎いンじゃねェンですかァ? 対応おかしィンじゃないですかァ!?」

番外個体「もしかして憎悪フィルターのこと言ってる? あれならロシアであなたに押し倒されてから
     働かなくなったんだよね」

番外個体「だから、今は殺すよりもこーしてる方がいいんだ~」スリスリ

打ち止め「それ以上ダメーッ! ってミサカはミサカはあなたの背中に飛びついてみたり!」



850 名前:一方「いィ土下座だった」その3 2/6[saga] 投稿日:2010/12/11(土) 13:47:50.22 ID:Asfd.Qc0 [3/9]

一方「なンで俺に飛びつくンだよ」

番外個体「一方通行はミサカでお楽しみなんだから、邪魔しないでよね、最終信号」

一方「楽しンでねェよ」

打ち止め「この人はミサカの身体の方に興味あるんだから! ってミサカはミサカは驚愕の真実を
     暴露してみたり!」

一方「ねェよ。 後背中にしがみつくなァ」




芳川「モテモテね、一方通行。 でも夫婦喧嘩は他所でやってくれないかしら? テレビの音が聞こえないの」

一方「そゥ思うならなンとかしてくれねェか?」

芳川「嫌よ。 私って甘いもの」

TV「ここで臨時ニュースをお伝えします。 ただいま第七学区の銀行に強盗が押し入った模様。
   現場からの中継です」



851 名前:一方「いィ土下座だった」その3 3/6[saga] 投稿日:2010/12/11(土) 13:48:32.92 ID:Asfd.Qc0 [4/9]

TV「こちら現場です。 現在、武装した少年数名が行員を人質に立て篭っています。 これから警備員による
   交渉が開始されるようです。 今、白い着物を着た男性が現われました。彼が交渉人なのでしょうか?」

一方「ッ! 会長!?」ダッ

打ち止め「きゃあっ! ってミサカはミサカはテレビの前に陣取ったあなたから落っこちないように
     しがみついてみたり!」

番外個体「ひっどいなぁ。 振り解かなくてもいいじゃない」

芳川「一方通行、テレビ見えないんだけど」

TV「『――どうかぁ!! お引取りくださいませぇぇぇぇっ!!!!』」

TV「少年たちが投降を始めました! 彼らは口々に反省の言葉を口にしながら、警備員に身柄を
   拘束されていきます。 なお、人質は全員無事のようです」




一方「会長――いィ土下座だったぜェ」ニッコリ

打ち止め(この人のこんな笑顔初めてってミサカはミサカはドキドキが止まらなかったり///)

番外個体(スポーツ選手に憧れる少年って感じ。 笑うと可愛いんだね。 MNWにアップしとこ)

一方「こうしちゃいらンねェ――ガッ!」

番外個体「ちょっと、どこ行くのよ」



852 名前:一方「いィ土下座だった」その3 4/6[saga] 投稿日:2010/12/11(土) 13:49:15.10 ID:Asfd.Qc0 [5/9]

一方「襟を引っ張るンじゃねェ。 ……会長に会いに行くに決まってンだろうが」

打ち止め「会長ってさっきの土下座してた人? ってミサカはミサカはあなたとあの人の関係が
     気になってみたり」

一方「会長には借りがあンだよ。 もう一度話がしたい。 ……で、オマエはなーにしてンですかァ?」

番外個体「ん? 出かけるんでしょ。 その準備だよ」

一方「連れて行くとは一言も言ってねェンですけどォ」

打ち止め「早く行こうよ、ってミサカはミサカはお出かけの準備万端整えてみる!」

芳川「観念しなさいな、一方通行」

一方「……どォしてこォなった」




番外個体「でさ、あのおじさんって誰なの?」

打ち止め「ミサカも知りたーい! ってミサカはミサカは知的欲求をぶつけてみたり」

一方「会長は……俺の恩人だ。 会長に借りたでっけェ借りを、少しでも返してやりてェンだ」

番外個体「……」

打ち止め「よっぽど大切な人なんだね、ってミサカはミサカはいつもと違うあなたが微笑ましく思えてみたり」

番外個体「ただのおじさんにしか見えなかったけどなぁ。 土下座なんてしてたし」

一方「直接見れば、あの土下座の凄さはわかる」

番外個体「そんなものかねぇ?」

一方「よし、着いた」



853 名前:一方「いィ土下座だった」その3 5/6[saga] 投稿日:2010/12/11(土) 13:50:26.20 ID:Asfd.Qc0 [6/9]

黄泉川「お前ら、こんなとこで何やってるじゃん?」

一方「黄泉川、会長は今どこにいる?」

黄泉川「会長? それ誰じゃん?」

打ち止め「土下座して犯人を説得した人だよ、ってミサカはミサカは説明してみる」

黄泉川「お前ら、あの人の知り合いじゃんか?」

一方「ちょっとまて、会長は警備員に協力してたンじゃねェのか?」

黄泉川「それはこっちが聞きたいじゃんよ。 あの人は警備員でもその協力者でもない一般人じゃん。 
    それが事件を解決してどこかへ消えて……警備員でも素性確認に追われてるじゃん」

黄泉川「一方通行、あの人について何かしってるじゃん?」

一方「……いや、俺も詳しいことは分からねェ。 ここにくれば会えるかもしれないと考えてきたンだ」

黄泉川「……なら、何か分かったら伝えるじゃん。 ちょっと、時間かかるかもしれないけど」

一方「ああ……頼む」





854 名前:一方「いィ土下座だった」その3 6/6[saga] 投稿日:2010/12/11(土) 13:52:30.41 ID:Asfd.Qc0 [7/9]




番外個体「さって。 それじゃ気を取り直しましょうか」ギュウ

打ち止め「あーっ番外個体ずるい! ミサカもあの人の腕に抱きつきたい! ってミサカはミサカは
     悔しがってみたり」

番外個体「ふっふっふ、先手必勝だよ、最終信号」

一方「いや、まず俺を無視すンな。 歩き辛ェから離れろ」

番外個体「せっかくこんな美女とデートできるんだから、役得くらいに思ったらどーよ」

一方「デートだァ?」

打ち止め「それいいかも、ってミサカはミサカはあなたの背中に負ぶさりながら番外個体の提案を
     支持してみる」

一方「クソガキ、オマエもか! っていうか下りろ!」

番外個体「で? 最終信号はどこ行きたい?」

打ち止め「パフェ食べた~い、ってミサカはミサカは腹ごしらえを提案してみる!」

番外個体「よーしレッツゴー」

一方「だから、無視すンじゃねェ!!」



855 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 13:53:03.81 ID:Asfd.Qc0 [8/9]
以上です

番外個体は、年下の男の子をからかうお姉さんを演じているつもりです
しかし、一方通行にとっては、好きな子にちょっかいかけてしまう男子小学生に見えるのかもしれません

ありがとうございます

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

No title

美女を否定しない一方さんがええやん

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。