FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇らしい事

608 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:12:07.49 ID:N2NxaL60 [1/8]
>>542と>>580の人見知り上条さんを書いたものです

なんか続きの電波を受信しましたので

6~7レスほどもらいます

上条さんキャラ崩壊 上琴気味です

関連
苦手なこと
恥ずかしい事

609 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:12:42.40 ID:N2NxaL60 [2/8]
美琴「こんにちはー」

挨拶をしながら、上条のアパートの扉をあける
謎の外国人が出現するたびに呼び出されて
いつの間にか暇な日にも
遊びに来るようになっていた

上条「おう、御坂か、おはよう」

寝間着姿の家主が現れる
ツンツン頭も、ボサボサ頭だ

美琴「おはよう、じゃないわよ。何時だと思ってるの」

上条「朝?」

美琴「11時半! もうこんにちわの時間よ」

上条「上条さんにとって、日曜日は正午までおはようの時間なんだよ」

美琴「もう! 昼までごろごろしてたらダメじゃない!」

上条「ダメだと。ふっ」

美琴「何、鼻で笑ってるのよ」


610 名前:誇らしい事[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:13:27.83 ID:N2NxaL60 [3/8]
上条「ふっ、上条さんを昨日までの上条さんと同じと思うなよ」

キメ顔を作りながら、
上条が言う
当然、パジャマのまま

美琴「どこが違うのよ」

上条「ふふふ、聞いて驚くなよ、何と!」

美琴「なんと?」

上条「知らない人に話しかけれた! 昨日!」

美琴「へぇ、凄いじゃない。私と初対面のときみたいに困ってる人?」

結局、その時のチンピラは美琴が倒してしまった
でも、その後に何度も……

上条「ふっ、昨日までと同じじゃないと言った。……昨日のできごとだけど」

自信満々の表情にちょっと茶化したくなって


611 名前:誇らしい事その3[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:14:28.26 ID:N2NxaL60 [4/8]
美琴「へぇ、じゃあ私と間違えて、初対面の妹達の誰かに話しかけたとか」

上条「……」

美琴のその言葉を聞いた瞬間に
調子よく話していた上条が固まる

美琴「えっ、どうしたのよ」

上条「……電気系って記憶まで読み取れるのか」

美琴「意図してはできないわよ。ってそうじゃない! ……妹達だったの?」

上条「……うん」

ちょっと俯いて上条が答える

美琴「へぇ、……私に話しかけたつもりだったの」

上条「……気付いた時、むっちゃテンパった。途中で逃げた」

美琴「そ、そうなの」

上条「良く思い出すと、向こうもテンパってた。……俺なんかが、人に話しかけちゃいけないんだ」



612 名前:誇らしい事その4[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:15:49.26 ID:N2NxaL60 [5/8]
上条が唐突に体育座りで背を向ける
また、このモードか

美琴「そんなこと無いわよ」

上条「でも、あの子凄くビビってた」

美琴「ビビってたんじゃないわよ。驚いてただけ」

上条「そうだな、俺なんかに話しかけられたら、驚くよな」

美琴「そうじゃないわよ。アンタ『なんか』でおどろいたんじゃない」

「アンタ『だから』驚いたの」

上条「どこが違うんだよ」

美琴「だって、アンタは恩人だもの。私とあの子たちの」

あの時、どうしようもなく追い詰められた時
こいつが現れた
ただ、いつものお礼と言って

上条「大したことしてない。白い人とケンカしただけ」

学園都市最強に挑んでくれた



613 名前:誇らしい事その5[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:17:03.02 ID:N2NxaL60 [6/8]
美琴「それで救われたの、私たちは。その子は急に命の恩人に話しかけられて驚いたの」

「アンタが嫌いとか、怖いとかじゃない。むしろその逆なの」

上条「……そっか」

美琴「私たちだけじゃないよ、アンタに感謝してるの。だからアンタは自分を誇っていいの」

上条「……ありがとうな、御坂。駄目だな、俺すぐ落ち込んで」

美琴「ほら、そーゆーのが良くないよ。無理して直す必要もないけど」

上条「わかった。ほんと、世話になってばかりだな」

突然電子音が鳴り響く
上条が一度奥に引っ込み
携帯を手に戻ってくる

上条「はい」

小萌『上条ちゃん、また補習です』

上条「ええ」

小萌『じゃ、明日居残りですからね』

上条「はい」



614 名前:誇らしい事その6[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:17:44.15 ID:N2NxaL60 [7/8]
美琴「電話、誰からだったの?」

上条「先生、補習が決まった」

美琴「また? 理由は?」

上条「わからん。聞いてない」

美琴「聞きなさいよ」

上条「聞けない。先生とそんなに話せない」

先生とすら話せないのか、この男は
そんなやつなのに、
いざとなるといつも……

美琴「はぁ、全く。じゃ、これからも知らない人と話して困ったら呼びなさい」

上条「おう。これからも助けてくれ。ずっと」

美琴(……ずっと、か)

こういう事を、意識せずに言うから困る
ずっと助けるってことがどういう事なのか
わかっているのだろうか

もちろん、わかって無くても
いつか、わからせてやるつもりだけど




615 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/09(木) 21:19:31.15 ID:N2NxaL60 [8/8]
以上です

なんかビビッときましたので続けましたが
もう無理です

もう人見知りどころじゃありませんし

お目汚し失礼しました



Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。