FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗くなった部屋

417 名前:暗くなった部屋[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 00:25:52.46 ID:8HUnBkDO [2/14]
上条「あ、停電?」

禁書「でもテレビはついてるよ?」

上条「ってことは単に電球が逝っちまったのか」

禁書「えー。じゃあ今日はこのままなのとうま?」

上条「明日電球買ってくるまでこのままだな」

禁書「このままテレビ見てたら眼が悪くなっちゃうよー」

上条「お前の心配事はそれかよ」

禁書「他になにかあるの?」


上条「いや、そんなもんか。まぁ今日くらい大丈夫だろ」

禁書「うー、なんか気分が悪くなってきたかも……」

上条「暗い中テレビ見てるからだろ。今日は我慢しろよ」

禁書「うん……」

上条「なにかと不便だし一応懐中電灯くらい用意しておくか」

禁書「大丈夫? 私が取りに行ってもいいんだよ?」

上条「インデックスがそんなこと言うなんて珍しいな。気持ちはありがたいけど、インデックスじゃ届かない所にあるし足元危ないしな」

禁書「とうまが一番危ないんだよ……」

上条「ん、なにか言ったかインデックス?」

禁書「とうま、健闘を祈るんだよ」

上条「え? あ、あぁ」

418 名前:暗くなった部屋[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 00:28:21.77 ID:8HUnBkDO [3/14]
上条「えっと確かこの辺りにいで! ガタン! う゛っ! ガシャン! ふぎぃ! ドタン! おんぎゃああああああっ!!」

禁書「……思った通りかも」

上条「へ、へへへ……このくらいは予測済みだぜ俺の不幸さんよ。だが本当の不幸は! 懐中電灯の電池も切れてるってんだろォ!?」

カチッ、パッ

上条「あ、ついた。だ、け、ど、体のあちこちがいてェええええ!!」

禁書「はぁ。だから私が取りに行くって言ったんだよ」

上条「うぐぐ……でも、これで良かったんだよ」

禁書「なんで?」

上条「もしもあの時お前が行ってたら俺と同じ目に遭ってたかもしれないだろ。まぁ結果論だけどさ」

禁書「そだけど……。ねぇねぇ、とうまとうま」

上条「いててて。なんだ早速懐中電灯が必要なのか?」

禁書「うん。こっちこっち」

上条「はいはい、なんですかっと」

禁書「じゃじゃーん! ばんそうこう!」

上条「絆創膏? いつシスターからナースに転職したんだ?」

禁書「そんなことより早く座って座って」

上条「分かったよ。それじゃあ頼むよインデックス」

禁書「うん!」

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。